サトノクラウン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
サトノクラウン
サトノクラウン
サトノクラウン
サトノクラウン
サトノクラウン
写真一覧
現役 牡5 黒鹿毛 2012年3月10日生
調教師堀宣行(美浦)
馬主里見 治
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績14戦[7-0-1-6]
総賞金42,494万円
収得賞金21,750万円
英字表記Satono Crown
血統 Marju
血統 ][ 産駒 ]
Last Tycoon
Flame of Tara
ジョコンダ2
血統 ][ 産駒 ]
Rossini
La Joconde
兄弟 サトノヴィクトリーシャレードスマイル
前走 2017/06/25 宝塚記念 G1
次走予定

サトノクラウンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/06/25 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 118119.031** 牡5 58.0 M.デムー堀宣行488(+10)2.11.4 -0.135.4⑦⑥⑥⑥ゴールドアクター
17/04/02 阪神 11 大阪杯 G1 芝2000 14574.636** 牡5 57.0 M.デムー堀宣行478(-12)1.59.3 0.434.2⑤⑤⑥⑤キタサンブラック
17/02/12 京都 11 京都記念 G2 芝2200 10664.431** 牡5 58.0 M.デムー堀宣行490(+6)2.14.1 -0.234.9スマートレイアー
16/12/11 香港 4 香港ヴァーズ G1 芝2400 14--------1** 牡4 57.0 J.モレイ堀宣行484(--)2.26.2 -0.1----ハイランドリール
16/10/30 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 153421.5814** 牡4 58.0 福永祐一堀宣行480(0)2.00.8 1.535.4⑤⑤④モーリス
16/06/26 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 1781528.796** 牡4 58.0 岩田康誠堀宣行480(+3)2.13.5 0.736.8⑬⑬⑭⑨マリアライト
16/04/24 香港 8 QE2世C G1 芝2000 13--------12** 牡4 57.0 Z.パート堀宣行477(--)2.04.3 3.0----ワーザー
16/02/14 京都 11 京都記念 G2 芝2200 15479.261** 牡4 56.0 M.デムー堀宣行474(-6)2.17.7 -0.536.6タッチングスピーチ
15/11/01 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 182312.5717** 牡3 56.0 C.ルメー堀宣行480(+10)1.59.9 1.535.1⑤④④ラブリーデイ
15/05/31 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 186116.333** 牡3 57.0 C.ルメー堀宣行470(-4)2.23.5 0.333.8⑭⑭⑭⑬ドゥラメンテ
15/04/19 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 15583.116** 牡3 57.0 C.ルメー堀宣行474(-8)1.58.9 0.734.5⑫⑫⑬⑨ドゥラメンテ
15/03/08 中山 11 報知杯弥生賞 G2 芝2000 11446.321** 牡3 56.0 福永祐一堀宣行482(+8)2.01.8 -0.235.7④⑥⑤④ブライトエンブレム
14/11/24 東京 11 東スポ2歳S G3 芝1800 13118.141** 牡2 55.0 R.ムーア堀宣行474(+6)1.47.9 -0.033.8⑨⑩⑩アヴニールマルシェ
14/10/25 東京 5 2歳新馬 芝1800 165102.721** 牡2 55.0 福永祐一堀宣行468(--)1.50.0 -0.233.5⑦⑦⑧アンタラジー

サトノクラウンの関連ニュース

 美浦・堀厩舎のGI馬2頭の秋の始動戦が決定した。宝塚記念を制したサトノクラウン(牡5)は、天皇賞・秋(10月29日、東京、GI、芝2000メートル)でGI3勝目を狙う。その後は国内のレースに専念する見込み。キ甲のすぐ後ろの骨の部分に痛みが出たため、連覇を狙った札幌記念を回避したネオリアリズム(牡6)も登録していた豪GIコックスプレート(10月28日、ムーニーバレー、芝2040メートル)には向かわず、天皇賞・秋に参戦する。

 また、天皇賞・春5着のアルバート(牡6)は、産経賞オールカマー(24日、中山、GII、芝・外2200メートル)で復帰。豪GIメルボルンC(11月7日、フレミントン、芝3200メートル)への出否は、レース後に判断される。いずれも鞍上は未定。

サトノクラウンの競走成績はこちら★ネオリアリズムの競走成績はこちら

【札幌記念】モレイラも合格点!ロブソン1馬身半先着 2017年8月18日(金) 05:07

 夏競馬最大のレース、札幌記念が17日に確定した。ただ一頭の木曜追いとなったマウントロブソンには、来日したばかりのジョアン・モレイラ騎手(33)=ブラジル出身、香港拠点=が騎乗。僚馬にあっさりと1馬身半先着した。この動きには“マジックマン”も合格点のジャッジ。復調気配の素質馬が、心強い相棒を得て飛躍を果たそうとしている。

 北の大地から、人馬ともに飛躍へ。9カ月ぶりで福島テレビOPを快勝したマウントロブソンが、モレイラ騎手を背に札幌のダートコースで力強い走りを披露した。香港の名手も、手綱から伝わる感触にご満悦だ。

 「すごくいいフィーリング。テンションが高くなったけど、困るほどではない。元気がいいという感じだね。併せてからの反応も良かった」

 朝5時半の馬場開場直後に登場。涼しげな風が吹き込む中、半マイルからサトノヴィクトリー(3歳未勝利)を2馬身追いかける。リズムのいい脚取りで、4コーナーで内へ。馬なりで僚馬を抜き去ると、4ハロン54秒8、3ハロン39秒6−12秒6で1馬身半先着した。

 11日の輸送まで、美浦トレセンで入念な乗り込み。「順調に仕上がっています。休養明けを使った後も反動はなく、前走より状態もいい」と小林厩務員も自信のデキだ。

 手綱を託されたモレイラ騎手は、3季連続のリーディングに輝いた香港のNO・1ジョッキー。日本でも【26・19・8・36】で勝率29・2%、連対率50・6%と破格の数字を残すなど、その技量は世界中に知られている剛腕だ。

 日本馬の海外挑戦でもGI4勝。サトノクラウン(香港ヴァーズ)、ネオリアリズム(クイーンエリザベス2世C)をGI初制覇に導くなど、その“神騎乗”ぶりは日本のファンにも浸透している。「カミキジョウ? ナイスなニックネームだね。ありがたい」と名手は笑顔を見せつつ、切なる思いもある。「昨年はモーリスに乗って2着。悔しかった。札幌記念は勝ちたいレースになった。日本ではまだ重賞を勝っていないし、今回は取りたい」と雪辱&初タイトルへ意欲を燃やす。

 「しまいの脚がすごくいいし、非常にポテンシャルは高い。スムーズに流れに乗れれば、チャンスはある」。マウントロブソンの持ち味を生かし切り、札幌のファンを魅了する。 (千葉智春)

★札幌記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

モレイラ・メモ

 ◆連勝 昨年の8月27日・札幌12Rから翌28日の札幌9Rまで、騎乗した7頭ですべて1着。JRAでは武豊騎手に次ぐ、史上2人目の騎乗機会7連勝を成し遂げた。今年3月5日には、香港・シャティンで一日8勝を記録している。 ◆毎年記録更新 現在の拠点である香港では、2014/15シーズンに145勝を挙げて従来の年間最多勝記録(114勝=ホワイト騎手)を大幅に更新。15/16シーズンは168勝、16/17シーズンは171勝を挙げ、自身の記録を次々と塗り替えている。 ◆雷神 “マジックマン”のニックネームがついているが、香港では漢字で「雷神」というあだ名も。すさまじい勝ちっぷりと、モレイラの漢字表記である「莫雷拉」が由来とされる。

ジョアン・モレイラ(Joao Moreira)

 1983年9月26日生まれ、33歳。ブラジル出身。2000年に同国でデビューし、13年からは香港を拠点。“マジックマン”と呼ばれる鮮やかな手綱さばきで、香港で14/15シーズンから3年連続リーディング首位。日本馬ではモーリス(16年チャンピオンズマイル)、サトノクラウン(16年香港ヴァーズ)、ヴィブロス(17年ドバイターフ)、ネオリアリズム(17年クイーンエリザベス2世C)でGI4勝。15年にワールドオールスタージョッキーズ優勝。JRA89戦26勝。1メートル65、52キロ。

[もっと見る]

サトノクラウンは凱旋門賞に挑戦せず 里見オーナー言及2017年7月10日(月) 21:45

 里見治オーナーは、宝塚記念でGI・2勝目を挙げたサトノクラウン(美浦・堀宣行厩舎、牡5歳)の今後のローテーションに言及した。仏GI凱旋門賞には挑戦せず、現状では宝塚記念優勝で優先出走権を得たブリーダーズCターフ(11月4日、米デルマー、GI、芝2400メートル)から香港国際競走に転戦するプランと、国内に専念して天皇賞・秋(10月29日、東京、GI、芝2000メートル)、ジャパンC(11月26日、東京、GI、芝2400メートル)、有馬記念(12月24日、中山、GI、芝2500メートル)に向かう二択。

 「凱旋門賞は、サトノダイヤモンドで。まだ(海外か国内か)どちらにするか決めかねていて、詳しいことも話をしていない。夏が終わってから考えたい」と同オーナーは話した。

サトノクラウンの競走成績はこちら

[もっと見る]

【宝塚記念】3番人気サトノクラウン、国内初戴冠! 2017年6月26日(月) 05:05

 第58回宝塚記念(25日、阪神11R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝・内2200メートル、1着本賞金1億5000万円 =出走11頭)ミルコ・デムーロ騎乗で3番人気のサトノクラウンが、中団から力強く伸びて差し切り、香港ヴァーズに続く2度目、国内では初のGI制覇を成し遂げた。タイム2分11秒4(稍重)。3/4馬身差の2着は5番人気のゴールドアクター。圧倒的人気を集めたキタサンブラックはまさかの9着と大敗を喫し、秋の仏GI凱旋門賞は断念することが決まった。

 鮮やかにリベンジマッチを制した。サトノクラウンが稍重のターフを豪快に伸び、前走の大阪杯6着の雪辱を果たすV。引き揚げてきたミルコ・デムーロは、拳に力を込めて喜びを爆発させた。

 「キタサンブラックの後ろでいい位置だった。馬場も合っていたし、すごい手応えで何でもできると思った。香港ヴァーズで2着に負かしたハイランドリールが今週のアスコット(プリンスオブウェールズS)で勝っていたし、サトノクラウンにも自信があった」

 道中は中団を追走したが、向こう正面で早くも動く。堀調教師が「流れが落ち着いている感じのところで動いて、つられて他の馬も動いた。この馬向きの流れに仕向けたミルコさんは上手でした」と絶賛するタイミングで、3番手にいたキタサンブラックの外まで進出し、完全にレースを支配。最後は、内から伸びてきたゴールドアクターを3/4馬身抑えて、歓喜のゴールに飛び込んだ。

 「いい状態で能力を出せば、負かせないことはない」。21日の共同会見で堀師が口にした言葉が現実となった。ハイランドリールなどの強豪を破って昨年の香港ヴァーズを制したが、前走の大阪杯では6着に敗退。その巻き返しに陣営は燃えていた。

 厩舎で体調を整えるだけでなく、長距離輸送の馬運車内ではスペースを広げ、阪神競馬場では担当部署と交渉して比較的静かな馬房を手配。フレッシュな状態でレースを迎えるためにできる対策をすべて施し、「一丸となってやってきて結果が出て良かった」とトレーナーは笑みをこぼした。

 “もうひとつのリベンジ”もあった。鞍上、厩舎にとって、昨年のドゥラメンテで味わった苦い記憶は、忘れられるものではない。ミルコは「ドゥラメンテは故障して全部夢がなくなった。リベンジができてうれしい」と満面の笑み。ドゥラメンテと同世代であるサトノクラウンとのコンビで「凱旋門賞に行きたい。どこでも行きたい」と頬を紅潮させた。

 同馬主のサトノダイヤモンドがフランスへ遠征するため、サトノクラウンの秋は国内というのが既定路線。ただ、この日の完璧な勝利によって、流れが変わることもあり得る。仁川の曇天とは対照的に、サトノクラウンの未来は大きく、明るくひらけてきた。 (板津雄志)

★25日阪神11R「宝塚記念」の着順&払戻金はこちら

★サンスポe−shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!

昨年の宝塚記念VTR

 単勝1・9倍の1番人気に推されたドゥラメンテは、直線大外から猛然と追い込んできたものの、マリアライトに首差及ばず2着。そのゴール後、馬場に脚を取られてバランスを崩し、異常を感じたM・デムーロ騎手が下馬した。診察の結果、左前脚の腱と靱帯を傷めていることが判明。競走能力喪失と診断され、レース3日後に引退が発表された。

[もっと見る]

【宝塚記念】サトノクラウンが逆襲 差し切ってGI・2勝目 2017年6月25日() 15:47

 6月25日の阪神11Rで行われた第58回宝塚記念(3歳以上オープン、GI、芝・内2200メートル、定量、11頭立て、1着賞金=1億5000万円)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の3番人気サトノクラウン(牡5歳、美浦・堀宣行厩舎)が快勝。大阪杯6着からの巻き返しに成功し、昨年12月の香港ヴァーズに次ぐGI・2勝目を挙げた。タイムは2分11秒4(稍重)。3/4馬身差の2着はゴールドアクター(5番人気)で、さらに1馬身1/2離れた3着にミッキークイーン(4番人気)が入り、単勝1.4倍の人気を背負ったキタサンブラックは9着に終わった。

 レースはシュヴァルグランがハナに立って、シャケトラミッキーロケットと続き、キタサンブラックは4番手。クラリティシチーも先行集団に加わった。サトノクラウンは向こう正面で8番手からまくり、キタサンブラックの外の4番手までいったん進出した後、また控える形に。直線で、3番手にいたキタサンブラックがズルズルと後退する中、シャケトラがいったん先頭に立ったが、サトノクラウンが一気に脚を伸ばして差し切った。6〜8番手にいたゴールドアクターが追撃して2着。9番手を進んでいたミッキークイーンが3着で、シャケトラ(2番人気)は4着だった。

 サトノクラウンは、父マルジュ、母ジョコンダII、母の父ロッシーニという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は里見治氏。通算成績は14戦7勝(うち海外2戦1勝)。重賞は2014年東スポ杯2歳S・GIII、15年弥生賞・GII、16年京都記念・GII、香港ヴァーズ・香港GI、17年京都記念・GIIに次いで6勝目。宝塚記念は、堀宣行調教師、ミルコ・デムーロ騎手ともに初勝利。

 ◆ミルコ・デムーロ騎「すごく強いキタサンブラックを見ながら乗っていました。直線で馬なりで伸びて、気持ちよかったです。さすが(香港ヴァーズを制していた)GI馬。この馬場(稍重)も合いますね」

★25日阪神11R「宝塚記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【宝塚記念】サトノクラウン、軽快13秒02017年6月22日(木) 05:06

 大阪杯6着から巻き返しを図るサトノクラウンはWコースで5ハロン69秒8、3ハロン40秒2−13秒0をマーク。時計は平凡だが、走りは軽快だった。

 「暑い時期でフィジカル的にあまり動かしたくなかった。でも気持ちは乗せておきたいので、そのあたりが難しい調整。昨年(6着)は香港遠征(QEIIC12着)帰りでフレッシュさを欠いたけど、今年は元気な状態で臨める」と堀調教師。さらに「この馬は相手より自分との戦い。いい状態で能力を出せば、負かせないことはないと思う」とキタサンブラック相手でも期待していた。

宝塚記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

サトノクラウンの関連コラム

関連コラムはありません。

サトノクラウンの口コミ


口コミ一覧
閲覧 35ビュー コメント 0 ナイス 0

それでは、時系列に沿って感想書いていきましょう。


--------------------------------------------------------------------------------

☆札幌2歳Sの結果☆
1着ロックディスタウン
2着ファストアプローチ
3着ダブルシャープ

収支は−3000Pでした。

宣言通り、単勝 4(カレンシリエージョ)を買いましたがハズレ・・・。
カレンシリエージョは中団やや後方からの競馬してたんですけど、内枠引いてたし、持久力が持ち味っぽいんで、もっと前めで競馬してほしかったです。
まあ、レースの上がり3F36.6というタフな競馬だったし、じっくり構えてた割にはあまり伸びてなかったんで前めで競馬しててもあっさり失速してたかもしれないですが・・・。

メモ
1着ロックディスタウン
新潟の1800mを上がり3F32.5で勝ってきてた馬なんで、こういう馬は小回りの持久力勝負は向いてないやろうな〜と思ったら、勝ってたんで驚きました。
パッと見た感じあまりレースレベルは高いとは思わなかったし、2着馬・3着馬(地方馬)とは同タイムだったんで、どのくらい強いのかはよくわかりませんが、牝馬なんでよく頑張ってると思います。

2着ファストアプローチ
前めで競馬してしぶとく粘ってましたが、母がサトノクラウンの全姉だけあって、こういう上がりのかかるタフな競馬は得意なのかもしれませんね。

3着ダブルシャープ
地方馬ですが、前走のクローバー賞でタワーオブロンドンを負かしてOP勝ちしてる馬だけあって重賞でも頑張ってました。


--------------------------------------------------------------------------------

☆すずらん賞の結果☆
1着リュウノユキナ
2着モルトアレグロ
3着ハッピーグリン

収支は−3000Pでした。
宣言通り、単勝 15(サフランブーケ)を買いましたが11着でハズレ・・・。
直線向く頃にはもうスタミナがなくなってました。

メモ
1着リュウノユキナ
3着ハッピーグリン
この時期のJRAのOP馬は条件戦などを勝って実績積んでOPまで上がってきた古馬のOP馬とは全然違いますけど、それでも1・3着に地方馬がくるなんて地方馬もすごいですね〜。


--------------------------------------------------------------------------------

☆丹頂Sの結果☆
1着プレストウィック
2着アングライフェン
3着バロンドゥフォール

収支は−3000Pでした。

宣言通り、単勝 5(ラブラドライト)を買いましたがハズレ・・・。
4コーナー先頭でしたが、そこまでにかなりスタミナ消費してたのか、バテて全く踏ん張れませんでしたね。

メモ
1着プレストウィック
ダイワメジャー産駒なのに、長めの距離こなせるめずらしいタイプですけどタフなレースをよく頑張りました。
ルメールも今週鬼のような活躍でしたね〜。


--------------------------------------------------------------------------------

☆小倉2歳Sの結果☆
1着アサクサゲンキ
2着アイアンクロー
3着バーニングペスカ

収支は−3000Pでした。

宣言通り、単勝 9(ヴァイザー)を買いましたがハズレ・・・。
直線で他の馬とぶつかりながらも最後かなりいい脚で伸びてきて能力のある所は見せてくれただけに、乗り方次第でもっと上の着順あったかな〜とか思っちゃいました。

メモ
1着アサクサゲンキ
前走の小倉1200mの未勝利戦で逃げて2着に0.7差をつける快勝してた馬ですけど、今日は好位からの競馬で勝ちましたね〜。
テン乗りでしっかり勝つ武豊もさすがです。


--------------------------------------------------------------------------------

☆新潟記念の結果☆
1着タツゴウゲキ
2着アストラエンブレム
3着カフジプリンス

収支は−3000Pでした。

宣言通り、単勝 10(ソールインパクト)、単勝 4(ロッカフラベイビー) を買いましたがハズレ・・・。
ソールインパクトは前めで競馬してたけど今日の流れだとそれは正解だったかも。前が壁になったとこはあるけど、それを差し引いても力負けかな?
ロッカフラベイビーは重賞で上位争いするにはまだ力が足りてなかったかな?

メモ
1着タツゴウゲキ
小倉記念から斤量3kg重くなるんでどうかな〜と思ったけど、好位から競馬して最後は接戦を制してサマー2000王者になりましたね〜。
マーベラスサンデー産駒というのが非常に渋くてかっこいいです。

2着アストラエンブレム
2000m初めてでしたけど、斤量差あってのクビ差2着なんで2000mでもやれそうですね。
とはいえ、1600mか2000mかといえば、1600mの方が高いパフォーマンス出す感じはしますが。


--------------------------------------------------------------------------------
☆複勝ころがし企画(日曜日分)☆
新潟記念 ソールインパクト・・・11着

何の言い訳もできない完敗です。

投資1900Pが0Pになっちゃいました。



--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
・超おいしい単勝選手権
・複勝ころがし大会
・2歳新馬戦予想対決


どの企画も、
枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までの間、指名馬を受け付けております。


ルールの詳細や指名馬の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。
指名馬の書き込みは、コメント欄でも投票所でもどこに書いてくださってもOKです。

参加者は誰でも大歓迎ですし、気が向いた時だけの参加も全然OKな自由すぎる環境なので、常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

※このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、いろいろな記録については、このブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。


--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
今日で夏競馬終わりましたね〜。
夏競馬の赤字を減らすぞ〜!と意気込んでここ4週間ほど頑張ってきましたが、
8/13 −44800P

8/20 −35800P

8/27 −36100P


9/3 −51100P


赤字、増えとるやないか〜い!(笑)

 やすの競馬総合病院 2017年8月3日(木) 20:56
POG2017−2018の馬を物色するpart.5の巻
閲覧 28ビュー コメント 0 ナイス 1

先週の金曜日に、突発的にPOG馬に指名したつもりのメジェールスーが実はPOG大会開催してるnetkeiba.comにもJRA-VANにも登録してなかったということで、
6頭から5頭に逆戻りですが、ミスしたものは仕方ないということで、めげずにPOG馬を探していきましょう。

2歳馬に関しての知識は本当に少ないので、ただただPOG初心者が知識もないまま指名馬を探ってるだけという、読んでも何も得しない非常に薄っぺらい内容ですが許してくださいね。

と、最初に毎回恒例の言い訳のような謝罪を済ませたので、早速やっていきましょう。


--------------------------------------------------------------------------------

牡馬 イシュトヴァーン(父ルーラーシップ 母ドナウブルー 石坂厩舎)
父のルーラーシップはエアグルーヴの子供という良血馬。
母のドナウブルーはジェンティルドンナの全姉という良血馬。
ルーラーシップは香港でGI勝ちありますけど、2頭ともに能力の高さは十分に見せながらも日本国内ではGI勝ちにあと少し足りなかったんですよね〜。
個人的に、2頭ともかなり好きな馬だったんで、この2頭から生まれた息子が国内GIを勝って両親に国内GIのタイトルをプレゼントしてくれたらいいな〜。
500kgを超える大型馬ということもあって、じっくりと育成中らしいのでデビューはまだ先っぽいけど楽しみです。

牡馬 ジンゴイスト(父ハーツクライ 母ラヴズオンリーミー 矢作厩舎)
半兄にドバイターフを勝ったリアルスティールなどがいる良血馬。
半兄のリアルスティールはディープインパクト産駒で距離適性はマイル〜中距離って感じでしたが、ハーツクライ産駒になって距離適性の面で中・長距離って感じになったりするのかな〜?
器用さのいる中山の皐月賞よりは、直線長くて瞬発力が活かせて距離も2400mのダービーの方が向いてる気はするけどどうかな?
ボーンシストという関節周辺の発育不良の病気を患ってしまい、デビューも遅れそうですし、POG的にはかなり厳しそうな馬ではありますが、デビューに向けて調教再開できて調教後の馬体にも問題なかったというのは朗報ですし、こういう困難に見舞われたけどデビューに向けて頑張る馬は応援したくなります。

牡馬 グランソード(父ハーツクライ 母ドリームオブジェニー 高野厩舎)
牝馬ながら今年の皐月賞で1番人気に支持されたファンディーナ(父ディープインパクト)の半弟。
半兄のナムラシングン(父ヴィクトワールピサ)も皐月賞に出走。
兄・姉が違う種牡馬で皐月賞に出てるんで母もかなり優秀なのかな〜。ぜひ、この馬も皐月賞などクラシック戦線に出れるといいですね〜。
父がハーツクライなんで皐月賞よりはダービー向きっぽい気はしますけど、デビューが楽しみです。
疲れが出たので1度休ませて、最近また調教再開したそうなのでデビューは秋ぐらいになるのかな。

牝馬 エアデジャヴーの2015(父ルーラーシップ 母エアデジャヴー ??厩舎)
半姉に秋華賞を勝ったエアメサイア(エアスピネルの母としても有名)がいる良血馬。
エアデジャヴーの最後の仔ということもあるんで頑張ってほしいです。
両親ともに2000mのGI勝ってるんで、中距離で活躍しそうな雰囲気あるけど、どんな活躍してくれるか楽しみです。
調べたところ、あまり情報が見つけられなかったんですが順調に育成されてるのかな?気になります。

牝馬 ポンデザール(父ハーツクライ 母ジョコンダII 堀厩舎)
香港ヴァーズ、宝塚記念でGI2勝のサトノクラウンの半妹ですけど、サトノクラウンに似てパワー型でタフな競馬に強い馬なのか、
ハーツクライ産駒ってことで切れ味が鋭い馬なのかどっちになるのかな〜?
血統や半兄から想像するとスタミナそこそこありそうなんで、クラシックだと桜花賞よりオークス向きかもですが、どんな活躍してくれるかな〜。
関係者のコメントによると、「ストライドが大きくて切れ味もありそう。じっくり成長を促せば結果出ると思う」と評価されてるみたいなんで、秋以降のデビューが楽しみですね。


--------------------------------------------------------------------------------

☆今回のまとめ☆
イシュトヴァーンは、父も母も好きだったし、ルーラーシップ産駒からクラシック勝つような大物出てきてほしいという願望も込めて指名しましょう!!!

POG2017−2018の指名決定馬
・シーリア(毎年の固定枠)
・ダイワメモリー(毎年の固定枠)
・シーイズドーター(2歳戦からバリバリ活躍してほしい馬枠)
・タニノフランケル(なんでも選べる自由枠)
・イシュトヴァーン(クラシック制覇を期待する牡馬枠)
・?????(クラシック制覇を期待する牡馬枠)
・イルーシヴグレイス(クラシック制覇を期待する牝馬枠)
・?????(クラシック制覇を期待する牝馬枠)
・?????(新種牡馬のロマン枠)
・?????(なんでも選べる自由枠)

これで6頭決まって残りは4頭ですね〜。
まあ、ボチボチ行きましょう。


--------------------------------------------------------------------------------

☆おまけ☆
皐月賞2着のペルシアンナイトは秋はマイル路線に向かうそうです。

まあ、菊花賞だと明らかに距離長そうやし、マイルがベストっぽい雰囲気もあるんで得意な距離で活躍してほしいです。

[もっと見る]

 おかべ 2017年6月30日(金) 22:02
宝塚記念 
閲覧 62ビュー コメント 0 ナイス 8

上半期のグランプリ

宝塚記念  ・・・大ハズレなんは置いといて

サトノクラウン 楽に抜け出しましたな

馬場もこの馬にちょうどいい感じやったんやと。

キタサン 大惨敗

ダービー以来のパッタリっぷり

昨年の方が馬場悪かった気がするし、、、

うーん。GI連戦はやっぱり疲れるんかいな

[もっと見る]

⇒もっと見る

サトノクラウンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  一粒万倍   フォロワー:8人 2015年3月9日(月) 16:19:42
重賞連勝で このまま皐月賞まで ぶっこ抜いてくれんかなぁ〜

150万P で落札して 現在で 5880万P  咥えてきてくれた! 

孝行息子だぜ! 

サトノクラウンの写真

サトノクラウンの厩舎情報 VIP

2017年6月25日宝塚記念 G11着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

サトノクラウンの取材メモ VIP

2017年6月25日 宝塚記念 G1 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。