注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ゴールドアクター(競走馬)

注目ホース
ゴールドアクター
ゴールドアクター
ゴールドアクター
ゴールドアクター
写真一覧
現役 牡6 青鹿毛 2011年5月18日生
調教師中川公成(美浦)
馬主居城 寿与
生産者北勝ファーム
生産地新冠町
戦績19戦[9-2-2-6]
総賞金68,258万円
収得賞金24,200万円
英字表記Gold Actor
血統 スクリーンヒーロー
血統 ][ 産駒 ]
グラスワンダー
ランニングヒロイン
ヘイロンシン
血統 ][ 産駒 ]
キョウワアリシバ
ハッピーヒエン
兄弟 ゴールドムーランゴールドウインド
前走 2017/03/25 日経賞 G2
次走 2017/04/30 天皇賞(春) G1

ゴールドアクターの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/04/30 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 -- 1761220.9----** 牡6 58.0 横山典弘中川公成---- --------
17/03/25 中山 11 日経賞 G2 芝2500 166121.715** 牡6 57.0 吉田隼人中川公成498(0)2.33.2 0.436.2シャケトラ
16/12/25 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 16127.933** 牡5 57.0 吉田隼人中川公成498(-6)2.32.7 0.135.7サトノダイヤモンド
16/11/27 東京 11 ジャパンC G1 芝2400 17234.534** 牡5 57.0 吉田隼人中川公成504(+8)2.26.4 0.635.1キタサンブラック
16/09/25 中山 11 オールカマー G2 芝2200 12562.011** 牡5 58.0 吉田隼人中川公成496(+6)2.11.9 -0.034.4⑥⑥⑥④サトノノブレス
16/05/01 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 188173.8112** 牡5 58.0 吉田隼人中川公成490(-4)3.16.1 0.835.6⑦⑦④キタサンブラック
16/03/26 中山 11 日経賞 G2 芝2500 9893.321** 牡5 58.0 吉田隼人中川公成494(0)2.36.8 -0.133.8サウンズオブアース
15/12/27 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 164717.081** 牡4 57.0 吉田隼人中川公成494(+4)2.33.0 -0.034.8サウンズオブアース
15/11/08 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 187152.111** 牡4 56.0 吉田隼人中川公成490(+2)2.34.0 -0.034.1メイショウカドマツ
15/10/12 東京 10 オクトーバー 1600万下 芝2400 12332.011** 牡4 57.5 吉田隼人中川公成488(+2)2.25.8 -0.333.4サムソンズプライド
15/07/04 函館 12 洞爺湖特別 1000万下 芝2000 13571.911** 牡4 57.0 吉田隼人中川公成486(+10)2.02.0 -0.335.1ヤマニンアルゴシー
14/10/26 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 1851019.673** 牡3 57.0 吉田隼人中川公成476(-2)3.01.7 0.735.0⑤⑤⑦⑥トーホウジャッカル
14/08/23 札幌 12 支笏湖特別 1000万下 芝2600 14571.811** 牡3 54.0 吉田隼人中川公成478(-2)2.44.2 -0.234.8テイエムダイパワー
14/08/02 札幌 8 3歳以上500万下 芝2600 10551.711** 牡3 54.0 吉田隼人中川公成480(+6)2.42.5 -0.635.4ゴッドフロアー
14/05/03 東京 11 青葉賞 G2 芝2400 1851022.574** 牡3 56.0 石橋脩中川公成474(+6)2.26.6 0.134.4⑥⑧⑦⑥ショウナンラグーン
14/04/05 中山 9 山吹賞 500万下 芝2200 168155.232** 牡3 56.0 石橋脩中川公成468(+6)2.15.7 0.034.9⑥⑤トーセンマタコイヤ
14/02/10 東京 10 ゆりかもめ賞 500万下 芝2400 165944.8142** 牡3 56.0 石橋脩中川公成462(-18)2.30.6 0.234.1⑤⑤⑥⑥ラングレー
14/01/12 中山 6 3歳未勝利 芝2200 166128.631** 牡3 56.0 石橋脩中川公成480(-4)2.15.8 -0.135.8⑦⑦⑧④バンズーム
13/12/21 中山 3 2歳未勝利 芝2000 181212.964** 牡2 55.0 石橋脩中川公成484(-4)2.04.7 0.335.9⑯⑯⑭⑭ショウナンラグーン
13/11/24 東京 4 2歳新馬 芝2000 1651060.1117** 牡2 55.0 蛯名正義中川公成488(--)2.04.8 0.634.2⑦⑦⑦クワトロガッツ

ゴールドアクターの関連ニュース

【天皇賞・春】前哨戦を斬る

2017年04月28日(金) 05:04

 《阪神大賞典=A》勝ちタイム3分2秒6はコースレコードにわずか0秒1差と優秀。5ハロンごとのラップは61秒5−60秒4−60秒7で、中だるみが多い長距離戦にあって、中盤のラップが一番速いレースは珍しい。かなりのスタミナが求められた一戦。1着サトノダイヤモンドと2着シュヴァルグランは長距離馬としての資質が相当高い。

 《大阪杯=A》GI昇格にもかかわらず過去10年で3番目に速い程度のV時計は物足りなく映るが、今年の馬場は例年の良馬場と比べて力の要る状態だった。前後半5ハロン59秒6−59秒3という緩みない流れを早めに動いて押し切ったキタサンブラックは強いの一語。前年2着時より明らかに成長している。

 《日経賞=B》残り1400〜400メートルまでが加速ラップで、ラスト1ハロンで12秒6と急失速する競馬。一見、ド派手なシャケトラの差し切りも、展開に恵まれたものと考えられる。逆に厳しいペースを前々で追走したゴールドアクターは巻き返しの余地あり。

 《ダイヤモンドS=C》超スローで上がりの競馬を後方から差し切ったアルバートの力が抜けていた。ただ、展開、メンバーレベル的に本番につながるとは言い難い。

 結論 近年では飛び抜けてハイレベルだった阪神大賞典の勝ち馬サトノダイヤモンドが中心。同2着のシュヴァルグラン、そして大阪杯を勝ったキタサンブラックを加えた3頭の争いが有力。他では日経賞で展開が向かず5着に敗れたゴールドアクターを押さえに。

【天皇賞・春】厩舎の話2017年04月28日(金) 05:04

 (2)ラブラドライト・斉藤崇師 「いいところに入った。前に行くので淡々と競馬をします。外過ぎなくてよかった」

 (4)スピリッツミノル・古川助手 「出たなりで、どんな競馬でもできる馬。そんなに枠にこだわりはありません」

 (5)ファタモルガーナ・荒川師 「いいんじゃないかな。ゲートも安定しているし、どこでも気にしていない」

 (6)シュヴァルグラン・友道師 「外枠は嫌だったけど、偶数の内めだしね。キタサンブラックを見ながら競馬ができそう」

 (7)アルバート・森助手 「しまいを生かす馬なので枠順は特に気にしていない。前走くらいの状態を維持している」

 (8)タマモベストプレイ・南井師 「最初は行けない馬だし、真ん中あたりでちょうどいいんじゃないかな」

 (9)ディーマジェスティ・篠原助手 「欲を言えば(後入れの)偶数枠がよかったが、真ん中でいいと思う。緩やかだけど、体つきも良くなっている」

 (10)アドマイヤデウス・前原助手 「枠に特にこだわりのある馬ではないですが、内過ぎず、外過ぎずのいいところじゃないですかね」

 (11)プロレタリアト・杉原騎手 「もう少し内が希望だったけど、すごい外にならなくてよかった。道中で内にもぐって、ロスなくスムーズに運びたい」

 (12)ゴールドアクター・野田助手 「もっと内がよかったが、与えられた枠で競馬をしなければならない」

 (14)ワンアンドオンリー・山手助手 「内の他の馬を見ながら行けるだろう。あとはジョッキー(和田騎手)に任せますよ」

 (16)レインボーライン・浅見助手 「枠はいいんじゃないですか」

 (17)ヤマカツライデン・池添兼師 「決まったものは仕方ない…。自分の競馬をするだけだ」

[もっと見る]

【天皇賞・春】東西調教ウオッチャー2017年04月28日(金) 05:04

 今週の東西調教ウオッチャーは天皇賞・春が対象レース。美浦トレセンからは東京サンスポの花田記者が参戦し、好調教馬をピックアップ。一方、栗東トレセンからは大阪サンスポの正木記者、競馬エイトの坂本和也トラックマンが鋭く目を光らせた。

 正木 “2強”キタサンブラックサトノダイヤモンドはともに上々の調教やな。

 坂本和 どちらかと言われればキタサンですね。動きに無駄がないのが、スタミナの根源にもなっています。

 正木 俺は一発ならシャケトラに魅力を感じるわ。今週のCWでも、しっかり追われて加速力もすごい。順調に使えなかった素質馬がハードに追えている。不気味な存在や。

 坂本和 僕はシュヴァルグランです。攻め駆けしない馬が、ここ2週はCWで序盤から飛ばし、ラストも踏ん張って好時計。今週の坂路も時間帯を考慮すればパワフルな動きでした。美浦はどうですか?

 花田 ゴールドアクターは馬なりでもスピード感抜群の走り。前2週は新コンビの横山典騎手が騎乗して好感触でした。底力を見直したいですね。昨年の皐月賞ディーマジェスティもシャープな動き。美浦は、この2頭です。

[もっと見る]

【天皇賞・春】キタサンブラック2枠3番!枠順確定 2017年04月27日(木) 14:15

 4月30日に京都競馬場で行われる古馬最高峰のGI競走「第155回天皇賞・春」(GI、京都11R、4歳以上オープン、定量、芝3200メートル外回り、1着賞金1億5000万円)の枠順が確定した。

 昨年の年度代表馬で、天皇賞・春連覇がかかるGI4勝馬キタサンブラックは2枠3番、昨年の有馬記念優勝馬サトノダイヤモンドは8枠15番、一昨年の有馬記念優勝馬のゴールドアクターは6枠12番、前哨戦の日経賞勝ち馬シャケトラは1枠1番、昨年のジャパンC3着馬シュヴァルグランは3枠6番、ステイヤーズS2勝など長距離重賞3勝のアルバートは4枠7番にそれぞれ決まった。

 勝ち馬投票券は28日にウインズ後楽園、梅田、難波の3カ所で、金曜日発売(午後2時から午後7時)を実施し、29日からは全国のJRA競馬場、ウインズ等で前日発売する。なお、金曜日発売では、29日に東京競馬場で行われる青葉賞(11R)もあわせて発売。

 天皇賞・春は30日、京都競馬場(11R)で、午後3時40分にスタートが切られる。

★天皇賞・春の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【天皇賞・春】シャケトラ、下克上追い!2強食う 2017年04月27日(木) 05:08

 天皇賞・春の追い切りが26日、東西トレセンで行われた。前走の日経賞を快勝したシャケトラは、栗東のCWコースで豪快に最先着。打倒2強へ向け、仕上げに抜かりはない。美浦ではディーマジェスティゴールドアクターのGI馬が軽快な動きを見せた。枠順は27日に確定、28日に金曜発売が実施される。

 シャープな伸び脚で、今の充実ぶりを示した。日経賞を制したシャケトラが、CWコースの3頭併せで最先着。2強ムードに“待った”をかけた。

 「ラストに肩ムチで、反応を確かめる感じ。前走の疲れを見せず、痛いところもありません。順調に(調子を)上げてきています」

 辻野助手が順調ぶりを伝えた。朝一番に、僚馬2頭を追走してスタート。スムーズに折り合いながら、徐々に差を詰めていく。手応えよく直線に向いて、鞍上が合図を送ると瞬時にギアチェンジ。ラスト1ハロンは11秒8(6ハロン83秒3)と鋭く伸びて、中ハッピーモーメント(OP)に2馬身半、外エルビッシュ(1000万下)に半馬身先着した。中間も柔軟性のある動きを見せており、臨戦態勢に不安はない。

 重賞初制覇を飾った前走の日経賞が、価値のある内容だった。スローペースで中団のやや後方に位置。外を回りながら追い上げ、メンバー最速の末脚で突き抜けた。昨秋は500万下の条件馬にすぎなかったが、そこからわずか4戦でGIの有力馬に躍り出た。「以前はソエもあって、不安を抱えながらでしたが、今は脚元も体もしっかりしました。体質が強化したのが大きいですね」と、辻野助手は成長力に目を細める。

 折り合い面に不安がなく、父マンハッタンカフェは2002年天皇賞・春など中長距離GIを3勝。初めての3200メートルをこなせる下地がある。キタサンブラックサトノダイヤモンドに対し「2頭の胸を借りるつもりで挑みます。今の充実ぶりなら…」と辻野助手は逆転を意識する。

 キャリアはわずか6戦。そのぶん良化の余地は大きい。馬名は、イタリアの幻のデザートワインのこと。熟成のときを迎えつつあるシャケトラが、大金星を挙げる。 (鈴木康之)

★天皇賞・春の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【天皇賞・春】スピード感あふれるゴールドアクター 2017年04月27日(木) 05:07

 ゴールドアクターはWコースで単走。馬なりながらスピード感にあふれる走りで、5ハロン66秒5、3ハロン37秒3−12秒7をマークした。1週前、2週前と、新コンビを組む横山典騎手が騎乗して負荷をかけられており、きっちりと態勢を整えた。「具合はいいし、動きも問題なかった。前走後、馬体が締まって状態は良くなっている。横山ジョッキーで新しい面を見せてくれたら」と中川調教師はベテランの手腕に期待している。昨年は木曜に輸送したことが災いしたが、今年は金曜に京都競馬場へ移動する。

★天皇賞・春の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ゴールドアクターの関連コラム

閲覧 306ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさん、こんにちは。ウマニティ公認プロ予想家のkmです。

このコラムでは、決め撃ち穴馬ハンターのkmが、『過去5年で勝ち馬を出していないデータから今年破られそうな項目』を”データブレイカー”と称し、ウマニティ会員の方だけに独自の見解を交えてお伝えします。
データ競馬全盛期の今だからこそ、”逆張り”が効果的です。データ派の意表を突く、過去の傾向を覆す可能性の高いポイントにズバッと斬り込んでいきますので、ぜひご活用ください。
また、以前コラムとして連載し好評をいただいていた”次走の狙い馬”につきましては、後半部分でご紹介いたします。さらに、おまけコーナーとして”血統診断”も追加しましたので、合わせてお楽しみください。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


G1データブレイカー
天皇賞(春)

・前走4角5番手以下【0.2.3.42】

アルバート→前走4角12番手(ダイヤモンドS1着)
シャケトラ→前走4角8番手(日経賞1着)
ディーマジェスティ→前走4角10番手(2016皐月賞1着)
トーセンバジル→前走4角7番手(阪神大賞典3着)
レインボーライン→前走4角(2016菊花賞2着)

先行馬有利の現代競馬。スタミナが物を言う長距離戦ですから、その傾向は更に強く出ています。
今年は、伏兵・有力馬の多くを前目で競馬をするタイプが占め、道中の位置争いが激しくなりそうで、後ろから競馬をする馬の出番です。
キャリア7戦目でG1まで昇りつめたシャケトラ、距離を延ばしてサトノダイヤモンドに迫ったトーセンバジル、3000m超重賞3勝のアルバート等の末脚が炸裂するでしょう!

続きは、VIPクラブ会員登録でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、一般会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2017年04月28日(金) 11:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2017天皇賞(春)
閲覧 428ビュー コメント 0 ナイス 2



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われるG1出走予定馬の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。
前回に引き続き、前走からの中間の調整内容(評価はA〜F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思いますので、私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
なお、シューナカコラムで取り上げている競走馬については同コラム内でコメントしていますのでそちらでご確認ください。


◇優先出走馬◇

シャケトラ(B)
昨年の6月にデビューしたレースでの予想でこの馬は大きなところまで行く馬と書いたのですが予想通り1年も経たないうちにG1の舞台で有力馬の1頭として出走してくれました。まだ粗削りな感じもあり不安なところもありますのでまだまだ成長する馬だと思います。状態に関してはこの中間も1週前にCWで長めから併せ馬で追われ、日曜日にも坂路で速い時計が出ており乗り込み豊富で順調な仕上がり。直前は馬なりで速い時計が出ていれば好勝負できそう。


<賞金決定順>

ゴールドアクター(B)
前走時もしっかり乗り込まれていて動きも悪くなかったのですがパドックでのイレ込みがきつくその辺が直線での伸びきれない結果につながってしまったのかもしれません。この中間は2週前、1週前と今回騎乗する横山典騎手が騎乗して追い切られ動きも良く仕上がりは良さそう。あとは関西への輸送もあるので当日のイレ込みが一番重要になってくると思います。

アルバート(B)
1週前追い切りの動きを見ると首が上がり気味ですが時計は優秀。輸送もあるので最終追い切りは軽めの追い切りになると思いますが昨年より良い状態で出走できそう。

ディーマジェスティ(A)
ジャパンC以来となった前走はしっかり乗り込まれていましたが+6キロとまだ絞れそうな馬体で少し集中力を欠くパドックでした。前走時しっかり乗り込まれていたので反動もなくこの中間も入念な乗り込みで1週前の追い切りは動きが軽くなった感じで上積みがありそう。関東馬で輸送がありますがそれでもビッシリ追ってくるようなら勝負調教かもしれません。

シュヴァルグラン(B)
前走の阪神大賞典では直前の追い切りを坂路にするくらい休み明けから仕上げてきている感じでした。この中間も2週前、1週前とCWを長めから一杯に追われ直前の日曜にも坂路で時計を出して調子落ちなく順調にきている感じ。

ワンアンドオンリー(B)
前走時も調教内容に関しては悪くなかったのですがレースでは特に見せ場もなく凡走。この中間も入念な乗り込みで和田騎手が2週前、1週前と追い切りにも騎乗して時計も優秀ですが勝ち鞍のない京都でのレースで気持ちのスイッチが入らないと好走は厳しいかもしれません。

ファタモルガーナ(E)
昨年と同じローテーションで調教でもそれほど速い時計の出る馬ではないのですが今年も時計のかかる馬場とはいえ目立つ時計はなく昨年と比べても物足りない。

タマモベストプレイ(B)
この中間は2週前、1週前とCWを3頭併せで追い切られ前走並みの好時計が出ています。しっかり乗り込まれ状態面も良さそうなので良い状態で出走できそうです。

アドマイヤデウス(A)
日経賞から中間速い時計3本。1週前の追い切りは岩田騎手騎乗で長手綱で気分良さそうな走りで好印象。京都大賞典ではキタサンブラックと差のないレースをしておりその時に近い出来で臨めそう。

ヤマカツライデン(C)
今年は日経新春杯から始動するも調教では時計が出ている割に結果がついてこない状況。昨年の春の好成績が出ていた時は坂路で好時計が出ていたが近走はCW中心の調教内容でこの中間も時計は出ているが何かキッカケがないと厳しいように思います。

トーセンバジル(C)
休み明けの前走は調教内容も良く好仕上りで内容も悪くなかったが最後伸びそうで伸びきれないところは能力の差のように思います。今回も長距離戦で1週前が馬なりというところは状態面で少し気になる。

スピリッツミノル(F)
1週前の追い切りでは手応えの割に伸びそうで伸びない内容。中間も速い時計少なくこの内容では好走は厳しそう。

ラブラドライト(D)
それほど速い時計の出る馬ではないがこの中間も特に目立つ時計もなく上積みはそれほどなさそう。

プロレタリアト<C>
休み明けの前走から間隔も空いているので乗り込みようは多いがこれと言って目立つ時計もなく1週前の追い切り終いもうひと伸びが足りない感じで今回は相手が強い。


サトノダイヤモンドキタサンブラックレインボーラインについてはシューナカコラムコラムにてコメントしていますので、そちらをご覧ください。


近年の天皇賞(春)、菊花賞の予想で毎回書くことですが現在の長距離戦において重要なことは血統よりも折り合いだと思っています。特に京都のようにスタート後のポジション争いで下り坂があり1週して勝負どころでも下り坂とあまり行かせたくないところで勢いがついてしまうコース。そんなコースということもありゆったり流れることもあれば出入りの激しいレースになることもあります。それでも折り合いがついて鞍上の指示にしっかり従うことのできる馬は騎手の判断ミスがなければ無駄にスタミナを消耗することはありません。今年は昨年のようにキタサンブラックが主導権を握るレースになるのかその他の馬がハナを叩きに行くレースになるのか分かりませんがいずれにしても何があっても自分のペースが守れて動きたいところまでジッと我慢できる馬が好走する可能性は高いと思います。2強対決にそれぞれの騎手の駆け引きと見どころはたくさんある淀の3200m戦、皆さんそれぞれの◎馬に自分が乗っているつもりで応援して見てみるのも面白いと思います。

天皇賞(春)出走各馬の最終追い切り評価については最終予想でコメントする予定です。それでは次回、オークス編(予定)でお会いしましょう。(*^^)v


※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2017年04月25日(火) 15:00 覆面ドクター・英
天皇賞・春 2017
閲覧 5,162ビュー コメント 0 ナイス 13



桜花賞、皐月賞と断然人気馬が敗れたり、大荒れ100万馬券となったりで、1週間クールダウンして(と言っても全36レース買っているのですが(笑))ここから6週連続G1の春競馬真っ盛りの楽しいシーズンがやってきました。今週はさすがに荒れないと思いますが、サトノ対キタサンの対決だけで盛り上がれるのではないでしょうか。

まずは恒例の1週前の段階での全馬診断から(人気になりそうな順で)

サトノダイヤモンド:仕上げ切らなかった皐月賞と落鉄あったダービー以外とりこぼしなく安定感のある王者で、阪神大賞典の内容からも好走まず間違いないタイプ。人気だが外せない。

キタサンブラック:ちょっと距離短いのではないかと私自身は危惧していた大阪杯も完勝してきて本当に安定感のある走りを続けている。サトノダイヤモンドとの一騎打ちの様相だが、速い脚無いし相手は力伸ばしてくる時期でもあり、有馬記念よりあっさり差し切られるのでは。母父サクラバクシンオーだから距離うんぬん言う人はさすがにもう居ないでしょう(母系はアンバーシャダイの近親という表現が妥当では(笑))

シュヴァルグラン:阪神大賞典はサトノダイヤモンド倒すチャンスだと踏んでいたが完敗を喫した。ただあれで少し人気を落としてくれたり、新興勢力のシャケトラに人気行けば、3番手としては十分やれる実力で父ハーツクライらしく長距離重賞で底力見せられる。

シャケトラ:昨年10月はまだ500万下に居たのだがすごい勢いでトップグループに加わってきた。日経賞も強い競馬で人気になりそうだし、ノーザンF生産で勝負服はおなじみの金子さんの馬で能力高く今居るステージが本来居るべき場所なのだろうがマンハッタンカフェ×シングスピールという血統で自身は菊花賞馬だったが産駒は驚くほど長距離で結果出ておらず人気ほどやれないのでは。

ゴールドアクター:昨年の天皇賞(春)で1番人気だったのはみんな忘れているんじゃないかと思いますが12着と惨敗して、このあたりから気難しくなってきて安定感無くなってきました。京都3200Mは我慢効かなそうで、この手薄なメンバーならそれなりに人気になりそうで消しが妥当か。

アルバート:Rムーア騎手限定で走るステイヤーで他の騎手だと動かないので穴人気しそうだが買えない。京都のスピード競馬も向かなそう。

レインボーライン:昨年の菊花賞2着馬だがサトノダイヤモンドには完敗だし、その後もJCと日経賞はいまひとつで古馬には完敗の現状で人気にも思えるがそんなに人気ないなら距離や条件問わず上位に来れる部分ありヒモに入れるのが良さそう。

アドマイヤデウス:日経賞3着で、まだやれるところ見せたが、それなりにいつも穴人気タイプでアルバート同様アドマイヤドン産駒は京都向かないのでは。消しの予定。

ディーマジェスティ:昨秋以降スランプに陥り復活厳しいのでは。そもそもこの世代はサトノダイヤモンド以外はあまり買いたくない世代で特にハイレベルとは私は思っていない。距離も長く向かないので消しの予定。

トーセンバジル:阪神大賞典では地味だが3着に来ており、母父フジキセキだけに人気にならないだろうが重いハービンジャーならこのくらいでちょうど良さそうだし現在の天皇賞(春)はズブいステイヤーは向かない。3着楽しみな一頭。

カレンミロティック:2年連続好走した渋い馬だし、メルボルンCはノーカウントとしてもセン馬で衰えゆるやかだとしても今年は厳しい。


11番人気以降想定の馬たち〜今年は全馬要らないのでは・・

ラブラドライト:万葉SとダイヤモンドSと長距離で連続2着と頑張っているがここ通用は期待できない。

タマモベストプレイ:阪神大賞典4着とは言え惜しくない4着で、通用せず。7歳になっても衰え少ないので夏の札幌2600Mなどでまだ出番ありそうだがここは要らない。

スピリッツミノル:阪神大賞典5着や万葉S3着など長距離路線で頑張っているが、ステイヤーズSなどオープン特別やG3くらいで今後も頑張るであろう馬で、ここは要らない。

ワンアンドオンリー:阪神大賞典は久々好走期待したが、がっかりの7着で特にここで好走するのは期待できず。ダービー馬なんですが・・・。

トウシンモンステラ:阪神大賞典8着でオープン実績ゼロなので期待ゼロ。キングカメハメハ×ピンクパピヨンと購入時は結構高かったんじゃないかと思いますが(オープンで走っているだけ立派なのかもしれませんが)。

ファタモルガーナ:2008年よりセン馬も天皇賞出走可能となっていて、ディープインパクト産駒にしては長距離を得意にしているし、高齢まで頑張っているにしてもここ通用は厳しい。

プロレタリアト:人気薄で準オープン勝ち上がってからはオープンでは惨敗続きの牝馬で買う要素なし。

ヤマカツライデン:昨年3月から9月の半年で逃げて4勝して500万下からオープンまで一気に駆け上がってきたがその後イマイチで先導役で終了か。

<まとめ>
人気薄の激走はあまり期待できない。上位2頭は強力で当てやすいが、あとはどう少点数で買って稼ぎ確保するかのレースでは。

◎(1着固定候補)サトノダイヤモンド
〇(2着固定候補)キタサンブラック
△(3着候補)シュヴァルグラントーセンバジルレインボーライン

[もっと見る]

2017年04月23日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年04月23日号】特選重賞データ分析編(44)〜2017年天皇賞(春)〜
閲覧 1,607ビュー コメント 0 ナイス 6



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 天皇賞(春) 2017年04月30日(日) 京都芝3200m外


<ピックアップデータ>

【前走が“JRAのレース”、かつ前走の上がり3ハロンタイム順位が2位以下だった馬の、枠順別成績(2011年以降)】
○1〜4枠 [4-1-3-29](複勝率21.6%)
×5〜8枠 [0-2-0-45](複勝率4.3%)

 基本的に内枠有利なレース。より詳しく見てみると、前走が“JRAのレース”、かつ前走の上がり3ハロンタイム順位が2位以下だった馬のうち、馬番が1〜3番だった馬は2011年以降[3-1-2-8](複勝率42.9%)と健闘していたものの、4〜7番だった馬は2011年以降[1-0-1-17](複勝率10.5%)、8〜18番だった馬は2011年以降[0-2-0-49](複勝率3.9%)でした。前走が“JRAのレース”、かつ前走の上がり3ハロンタイム順位が1位だった馬は2011年以降[2-3-2-13](複勝率35.0%)と安定しているうえ、外寄りの枠から好走した馬も少なくないのですが、今年はこの条件をクリアしているのがアルバートサトノダイヤモンドシャケトラの3頭だけ。例年よりも枠順を重視した方が良さそうです。

主な「○」該当馬→未定
主な「×」該当馬→未定


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

[もっと見る]

2017年03月30日(木) 16:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(3/25〜3/26)kmプロ・☆まんでがんプロが100万超の高額払い戻しを記録!
閲覧 643ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は、26(日)に中京競馬場でG1高松宮記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1高松宮記念は1番人気がレッドファルクスで3.6倍、2番人気がレッツゴードンキで5.1倍、以下メラグラーナ5.3倍、シュウジ6.2倍、セイウンコウセイ8.7倍とここまでが10倍を切る形で上位人気を形成しました。
 
注目のスタートは抜群のダッシュを決めたセイウンコウセイシュウジがハナを伺いますが、内から押して押してラインスピリットが先頭に立ちます。先頭はラインスピリットでリードは1馬身、2番手にシュウジ、続いてトウショウピストセイウンコウセイレッドファルクスソルヴェイグワンスインナムーンと先団を形成。中団からは、ナックビーナスクリスマスティーハーフスノードラゴントーキングドラム。2馬身ほど間が空いてメラグラーナレッツゴードンキバクシンテイオーフィエロヒルノデイバローと続いて最後方にレッドアリオンの態勢。前半の3F通過は33秒7(稍)の淀みない流れ、ラインスピリットシュウジが馬体を併せて直線コースに入ります。
 
ラインスピリットシュウジ、2頭の叩き合いに外から抜群の手応えでセイウンコウセイ、内からはレッドファルクスティーハーフが迫って激しい先頭争い、後方各馬はズラッと横に広がって追い出されます。残り200mを通過、ここで先頭は馬場の真ん中からセイウンコウセイ、2番手争いは内に固まってレッツゴードンキレッドファルクスティーハーフの3頭!残り100mを通過、ここでセイウンコウセイが力強い末脚でもうひと伸び!内の各馬との差を広げると最後は流しての完勝!初G1制覇を飾りました!1馬身1/4差の2着にレッツゴードンキ、そこからクビ差の3着にレッドファルクスが入っています。
 
公認プロ予想家ではスガダイプロ他9名が的中しています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →kmプロ
勝負レースに指定した25(土)中山11R日経賞G2で『まだまだ完成は先だが、能力の高さは際立っている。前を行くゴールドアクターを目標に進められる今回は逆転のチャンスだ。』と本命に推した◎シャケトラ1着固定の3連単(◎△▲)を1000円的中させ、167万3100円の高額払い戻しを達成しました!週末トータル回収率1045%、収支プラス151万3100円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
25(土)中京12Rで単勝52.4倍の伏兵◎オヒアを本命に抜擢し、馬単11万5270円を900円的中!103万7430円の高額払い戻しとなりました!週末トータル回収率194%、収支プラス65万650円をマークしています。
  
☆☆☆注目プロ →馬っしぐらプロ
勝負レースに選んだ26(日)中山11RマーチステークスG3で◎インカンテーションディアデルレイアルタイルの印で単勝25.4倍、馬連107.6倍、3連複838.9倍を仕留め、10万2270円を払い戻しました!週末トータル286%、収支プラス12万2200円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →甘粕代三プロ
26(日)ドバイ7Rドバイターフで『馬体も昨秋より大きく成長。心配された輸送も克服して当地到着後も順調の一言。このメンバーの中では戦績劣るが、力的には全く差はない。モレイラ騎乗で5馬身のアドバンテージ見込む。』と狙った◎ヴィヴロスからの馬連116.4倍を600円、3連単1627.1倍を200円的中させ、39万5260円を払い戻しました!

この他にもろいすプロ(149%)、シムーンプロ(123%)、スガダイプロ(117%)、河内一秀プロ(116%)、加藤拓プロ(102%)、ジョアプロ(101%)が回収率100%超の活躍を見せています。

※全レースの結果速報はこちら
 
来週も競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2017年03月25日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第257回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜日経賞 G2
閲覧 660ビュー コメント 0 ナイス 0

みなさんこんにちは!

本日は中山11R「日経賞 G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、ゴールドアクターのみ1頭。
第2グループ(黄)は、アドマイヤデウスのみ1頭。
第3グループ(薄黄)は、ディーマジェスティから1.0ポイント差(約1馬身差)内のシャケトラレインボーラインレコンダイトまで4頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと、上位2頭がそれぞれ次点に差を付け、一方で以下は大きな“溝”が生じない配置となっています。
さらに去年とは打って変わってフルゲートと頭数が揃い、ここからG1戦線を賑わせてきそうなメンバーも多数。多士済々の状況故、思わぬ盲点となってくる隠れ実力馬が現れそうな印象です。

そんな中、今回の私の本命は◎アドマイヤデウスにしました。中山2500でのパフォーマンスはもちろん、前年のJCや有馬記念に出走していた組が活躍傾向のこのレースで、56キロでの出走とあれば積極的に狙ってみたいと思います。(特にJC・有馬のうち、JCを使わず有馬のみ出走していた組は好走傾向が強く、手元の資料にある近12年で複勝率83%となっていました。)
頭数は揃ったものの逃げ・先行勢は多くなく、昨年のように流れが落ち着いてくれればこの馬のチャンスはさらに大きくなるとみています。3位以下を引き離しているこの凄馬出馬表評価も信頼してこの馬から。
○は普通にゴールドアクター。人気でも、休み明け緒戦でも、ここでは格好はつけてくれるのではとみます。
▲にレインボーライン。血統的にも、戦績的にも中山2500での一発に期待。この舞台への適性が割れていない分、少し妙味も出てくれるのではないかと思いましたが、鞍上が......。というわけで、あまり当日妙味は無さそうですね。それでも好走確率という意味では追い風と判断し上位進出を期待。
☆にシャケトラ。まだ実績馬たちとは斤量利があってこの指数評価であればチャンス十分。関東圏への輸送は初めてとなりますが、ここでも期待の方が大きいと見て上位評価。
そして、今回の私の馬券は当日オッズ次第では◎の単複勝負となりそうですが、当コラムでは◎○からの3連複とお楽しみの馬連ボックスを組み合わせた馬券で勝負とします。


【3連複軸2頭流し】
◎○=印
10,12=3,6,7,8,9,11,13(7点)

【馬連ボックス】
◎▲☆
9,10,13(3点)

計10点

[もっと見る]

⇒もっと見る

ゴールドアクターの口コミ


口コミ一覧
閲覧 39ビュー コメント 1 ナイス 5

■1年たちました

春の天皇賞から、もう1年。

キタサンブラックとカレンミロティックの激闘がありましたが

今年はカレンミロティックが故障のため、出場できませんね。

==================================================

カレンミロティックが春盾回避
[デイリースポーツ 2017.4.19]
https://mcaf.ee/0le6ux

天皇賞・春に出走を予定していた
カレンミロティック(騸9歳、栗東・平田)が19日、
1週前追い切りを終えたあとに左前肢に裂蹄を発症。
同レースを回避することとなった。

==================================================

■今回の日記は

日記を書いているだけでなく、
競馬は、GIでもメンバーや頭数を見て
たまに馬券をお遊び程度に手を出してます。

昨年は武豊騎手と福永騎手の馬連とか
(キタサンブラックとゴールドアクター軸の三連複など)
馬券持ってましたが

そのときの13番人気のカレンミロティック、
そろそろ後退しないかな(馬券持ってた人ごめんなさい)
あれ?そのまま行っちゃうの?

止まらないの?というのを日記にある程度書いたのです。

…が、投稿のタイミングを逃した、というよりも
完成しきらなかったように思えたのか
未投稿のまま1年になっていました。

書いて完成してそのまま投稿せず、というのが
結構あります。こういうのをいずれ出せたら
出してみます。

さて、未投稿のを今回一部手直しして
ほぼそのままの状態で投稿してみます。

■なんともいえない状態

作った画像を見返したら、まだ当時は…(いや、今も)
ものすごい簡単というか雑というか

手探り状態でやっていたので、オチもまとまってませんが
まあ、天皇賞を振り返る意味でプレイバックと称して
投稿します。

内容の一部にわからない表現があるかもしれませんが
よろしかったら、どうぞ。

■その他の作品は

2つあります。

サークルにおいておきます。(サークルに画像に直でリンク)

サブちゃんのウマの名前は?
http://umanity.jp/circle/photo_detail.php?id=b30c86bc25&photoid=5


天皇賞の騎手、誰が乗ってんの?
http://umanity.jp/circle/photo_detail.php?id=b30c86bc25&photoid=6

ひとつの日記の画像としては
添付するまでに至らない内容かな?と思うので
これまた、もったいないので、別のところに
おいておきます。

 馬券のエース 2017年04月28日(金) 12:31
天皇賞(春)≪データ攻略ポイント≫その2 
閲覧 56ビュー コメント 0 ナイス 3

【天皇賞:春】京都3200m

昨日更新した≪その1≫で
1. 前走≪ステップレース≫
2. 前走≪着順≫
3. ≪好走条件≫
4. 【穴馬の方程式】
5. ≪ポジション≫
から該当馬を出しましたが

【総括】
荒れるレースと分かっていても「2強」の実績を見ると人気馬から狙いたくなりますね(^o^;)

≪血統≫
近5年の3着馬からはステイゴールド3勝、ハーツクライ産駒2・3着6頭
菊花賞と同じくディープ産駒は【0-1-0-9】とやはり距離の壁はつきまとうが
初の菊花賞馬となったダイヤモンドがここでもジンクスを破れるか!?
目立たないところでいうと「父母父」にグレイソヴリンのある馬が
近5年の3着以内馬15頭中7頭が該当。

≪馬体重≫
シャケトラ 520 栗東 510 〔+10kg〕 ※プラ4キロ以上は≪凡走条件≫
ラブラドライト 498  栗東476 〔+22kg〕 ※プラ4キロ以上は≪凡走条件≫
キタサンブラック 540 栗東 540 〔+-0kg〕
スピリッツミノル 496 栗東 498 〔-2kg〕
ファタモルガーナ 498 栗東 492 〔+6kg〕
シュヴァルグラン 478 栗東 474 〔+4kg〕
アルバート 484 美浦 478 〔+6kg〕
タマモベストプレイ 496 栗東 490 〔+6kg〕
ディーマジェスティ 482 美浦 488 〔-2kg〕
アドマイヤデウス 498 栗東 486 〔+12kg〕  ※プラ4キロ以上は≪凡走条件≫
プロレタリアト 444 美浦 438 〔+6kg〕
ゴールドアクター 498 美浦 498 〔+-0kg〕
トーセンバジル 486 栗東 482 〔+4kg〕
ワンアンドオンリー 504 栗東 496 〔+8kg〕
サトノダイヤモンド 508 栗東 506 〔+2kg〕
レインボーライン 448 栗東 448 〔+-0kg〕
ヤマカツライデン 538 栗東 524 〔+14kg〕 ※プラ4キロ以上は≪凡走条件≫

1枠…単勝10倍以上の馬(11年で6頭)人気薄が好走
6枠…単勝10倍未満の馬(11年で5頭)人気馬が好走

【穴馬の方程式】にローテの好走条件
・叩き2走目が一番!中でも前走た裕ぐ米發覆蕁5-5-2-21】複勝率37%
・6走以上休養を挟んでいない4.5歳馬【4-1-4-18】複勝率33%
・リピーター
・≪血統≫
を加えて、≪消し材料のない馬≫の中からかなり項目に当て嵌まる馬を探すと
◎キタサンブラック◎シュヴァルグランが一番項目が多い。
私は毎年このレースは有馬記念・日経賞の「上がり上位馬」を重視しています。
日経賞も3年前ホッコーブレーヴ・4年前フェノーメノ・5年前ウインバリアシオンと
きていますが、理由は最終の800mの流れがタフな上に最後の急坂。
これが坂の下りから平坦京都では、さらに加速力が活きるという見立て。

ただ、今年のステップの中では「阪神大賞典」が一番直結する内容だと思うので
荒れる傾向と書いておいて、この選択は・・・って感じですが、
結論は
◎はシュヴァルグラン、もちろん勝ったサトノ・キタサンも評価しているので
左程荒れない予想です。
今年は大好きな日経賞組では上がり最速シャケトラ、2位ディーマジェスティだけ
荒れるとすれば大賞典組5着以内馬から・・・
といった感じでしょうか?

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

個人サイト:【馬券Aエースの≪超抜≫競馬】|馬指数・坂路調教・重賞攻略
http://relax-myodani.jp 馬券Aで〔検索〕も可

データ・馬能力・LAPレベルの3方向から自分で【根拠】を探し出せる予想理論

[もっと見る]

 ムーンホーセズネック 2017年04月27日(木) 22:31
競馬検討 追い切り 2 
閲覧 34ビュー コメント 0 ナイス 5

天皇賞 春

シャケトラ 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

ラブラドライト 長め、単走、動き軽快、前向き

キタサンブラック 長め、併せ馬、動き豪快、集中して前向き、ビッシリ、先着、一叩きした効果ありあり

スピリッツミノル 長め、併せ馬、動き軽快、集中して前向き、ビッシリ

ファタモルガーナ 長め、単走、動き軽快、集中して

シュヴァルグラン 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、突き放す

アルバート 長め、単走、動き軽快、集中して前向き、リズミカル

タマモベストプレイ 長め、併せ馬、動き軽快、前向き、ビッシリ

ディーマジェスティ 長め、併せ馬、動き豪快、集中して前向き、ビッシリ

アドマイヤデウス 坂路、単走、動き軽快、集中して、時計優秀

プロレタリアト 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

ゴールドアクター 長め、単走、動き軽快、集中して

トーセンバジル 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、突き放す

ワンアンドオンリー 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、先着

サトノダイヤモンド 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

レインボーライン 坂路、単走、動き軽快、集中して前向き

ヤマカツライデン 長め、単走、動き軽快、集中して


青葉賞

アドマイヤウイナー 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

アドミラブル 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

イブキ 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

サーレンブラント 長め、併せ馬、動き軽快、前向き、ビッシリ

タガノアシュラ 長め、単走、動き軽快、集中して

ダノンキングダム 坂路、単走、動き軽快、集中して前向き

トリコロールブルー 長め、単走、動き軽快、前向き

ベストアプローチ 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

ポポカテペルトル 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、突き放す

マイネルスフェーン 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して前向き、ビッシリ

[もっと見る]

ゴールドアクターの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

ゴールドアクターの写真

ゴールドアクターの厩舎情報 VIP

2017年3月25日日経賞 G25着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ゴールドアクターの取材メモ VIP

2017年3月25日 日経賞 G2 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。