ゴールドアクター(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録

ゴールドアクターの関連ニュース

 東京の日曜メインはハンデGIIのアルゼンチン共和国杯(芝2500メートル)が組まれている。過去10年の勝ち馬を見ると、2007年アドマイヤジュピタは翌08年天皇賞・春を制覇。08年スクリーンヒーローは次走のジャパンCも優勝。10年トーセンジョーダンは翌11年の天皇賞・秋、15年ゴールドアクターは続く有馬記念を制するなど、GIに直結するレースになっている。09年ミヤビランベリ(11番人気)、13年アスカクリチャン(7番人気)と人気薄で勝った馬もいるが、それ以外の8頭は1〜3番人気で、トップハンデの好走例も多い。

 今年もジャパンCや、ステイヤーズS有馬記念を見据えたスタミナ自慢の馬たちが集まった。前日最終オッズは以下の通り。



枠番−馬番 馬名      単勝オッズ1−1 セダブリランテス    7.31−2 マイネルサージュ   80.32−3 デニムアンドルビー  11.12−4 スワーヴリチャード   1.93−5 トウシンモンステラ 205.33−6 プレストウィック   18.04−7 ソールインパクト   15.14−8 カレンミロティック  38.85−9 シホウ        55.35−10 サラトガスピリット 91.26−11 アルバート      4.66−12 トルークマクト   85.97−13 ハッピーモーメント 55.87−14 レコンダイト    20.98−15 ヒットザターゲット 35.28−16 カムフィー    246.3



アルゼンチン共和国杯の枠順はこちら 調教タイムも掲載

【アルゼンチン】レース展望 2017年10月30日(月) 18:30

 11月第1週の中央競馬は、GI開催は小休止。文化の日の金曜(3日)が京都&福島、土曜(4日)が東京&福島、日曜(5日)が東京&京都の変則3日間開催となっており、東京の日曜メインにはハンデGIIのアルゼンチン共和国杯(芝2500メートル)が組まれている。過去10年の勝ち馬を見ると、2007年アドマイヤジュピタは翌08年天皇賞・春を制覇。08年スクリーンヒーローは次走のジャパンCも優勝。10年トーセンジョーダンは翌11年の天皇賞・秋、15年ゴールドアクターは続く有馬記念を制するなど、GIに直結するレースになっている。09年ミヤビランベリ(11番人気)、13年アスカクリチャン(7番人気)と人気薄で勝った馬もいるが、それ以外の8頭は1〜3番人気で、トップハンデの好走例も多い。

 今年もジャパンC(11月26日、東京、GI、芝2400メートル)や、ステイヤーズS(12月2日、中山、GII、芝3600メートル)、有馬記念(12月24日、中山、GI、芝2500メートル)を見据えたスタミナ自慢の馬たちが集まった。

 スワーヴリチャード(栗東・庄野靖志厩舎、牡3歳)はレイデオロが勝ったダービー2着以来の出走。春の疲れが尾を引いたため、菊花賞を自重してここに回ってきた経緯があるが、10月26日の1週前追いでは栗東CWコースで6ハロン84秒0−11秒7(馬なり)をマークし、復調気配を示している。「まだ体に余裕があるし、ダービー時に比べると手前の段階。追い切ってやっと気持ちが目覚めてきた感じ」と庄野調教師は慎重だが、世代トップクラスの実力があることは間違いない。初の年長馬相手でハンデは56キロと楽ではないものの、同じ3歳馬で一昨年にダービー9着以来だったレーヴミストラルが55キロで3着に善戦しているだけに、好勝負は十分可能とみていいだろう。

 アルバート(美浦・堀宣行厩舎、牡6歳)は昨年のこのレースでシュヴァルグランの2着。15&16年ステイヤーズS、今年のダイヤモンドSと長距離重賞を3勝している安定勢力だ。前走の産経賞オールカマーは勝負どころの4コーナー手前で外に張られるロスがあり7着。それでも直線よく追い上げてルージュバックの2馬身3/4差まで詰めてきたのは評価できる。叩き2走目で上積みは十分。3走前のダイヤモンドSを58キロで勝っているので、今回トップハンデの58.5キロは仕方がないところだろう。8勝中4勝を挙げている東京コースなら上位争いは必至だ。

 セダブリランテス(美浦・手塚貴久厩舎、牡3歳)は新馬、早苗賞、GIIIラジオNIKKEI賞と3戦全勝。セントライト記念は挫跖(ざせき)で自重したが、しっかりと治療してその影響は皆無だ。前3走はいずれも1800メートル戦。今回は初の年長馬相手で、初めての東京コースと2500メートルの距離が鍵になるが、半兄モンドインテロが芝2400〜2600メートルで5勝を挙げ、昨年のこのレースで0秒2差の4着と好走しているので、弟も克服する下地はあるだろう。ハンデの54キロも多少恵まれた印象だ。

 デニムアンドルビー(栗東・角居勝彦厩舎、牝7歳)は一昨年の宝塚記念2着後、脚部不安で長期休養を余儀なくされた。復帰後は振るわないが、3カ月半の休み明けだった前走の産経賞オールカマー8着後、上昇気配を見せている。GIでは他に13年ジャパンCジェンティルドンナのハナ差2着に入った実績もあり、調子が戻ればここならチャンスは十分。ハンデ54キロも実績を考えれば有利といえる。

[もっと見る]

ゴールドアクターJC断念、休養へ 2017年10月7日() 05:01

 一昨年の有馬記念優勝馬ゴールドアクター(美・中川、牡6)が、目標としていたジャパンCへの出走を断念することになった。4日に美浦トレセン近くの牧場へ放牧に出された。「疲れが取れないので。(年内も)無理をさせないつもり」と中川調教師。年内休養の公算が大きい。宝塚記念2着後は北海道で休養し、8月下旬に美浦トレセンに帰厩したが、体調が整わず始動戦に予定していた産経賞オールカマーを回避していた。

ゴールドアクターの競走成績はこちら

[もっと見る]

【オールカマー】レース展望 2017年9月19日(火) 16:12

 中山3週目の日曜メインは、天皇賞・秋の前哨戦として定着している産経賞オールカマー(24日、GII、芝2200メートル)。1着馬には本番への優先出走権が与えられる。

 過去10年の優勝馬を振り返ると、2007年から3連覇したマツリダゴッホ有馬記念を含め重賞6勝の舞台がすべて中山だった。11年のアーネストリー宝塚記念(阪神)を制覇した直後で、12年のナカヤマナイトは翌13年の中山記念もV。16年のゴールドアクターは前年の有馬記念でGIウイナーの仲間入りを果たしていた。東京の天皇賞向きの切れがあるタイプより、中山向きの持続力のあるタイプが勝ち馬に名を連ねている。

 今年のメンバーでは、アメリカジョッキーズクラブC(AJCC)を勝ったタンタアレグリア(美浦・国枝栄厩舎、牡5歳)があてはまる。東京での一昨年の青葉賞(2着)とダービー(7着)は、いずれも上位馬とは切れ味の違いが出た印象だった。続くセントライト記念は今回と同じ舞台で6着だったが、勝ったキタサンブラックとは0秒2差。レースの内容としては中山の方がパフォーマンスが上がる。

 前走のAJCCは中団から馬群の内をさばき、早め進出でV。同様の競馬ができれば今回もチャンスは十分だ。しかし、深管骨瘤を発症したため天皇賞・春、宝塚記念を自重し、約8カ月の休み明けとなるのは気になるところ。帰厩後は併せ馬で入念に調教を消化しているが、最終追い切りに注目したい。

 札幌日経オープンを連覇したモンドインテロ(美浦・手塚貴久厩舎、牡5歳)も、切れ味よりスピードの持続力で勝負する馬。中山の芝はステイヤーズS3着があるだけだが、勝ったアルバートに一歩先にスパートされたぶんの負け。上がり3ハロンはどちらも35秒0でメンバー最速の脚を使っているので、力量は互角だろう。むしろ、3000メートル以上が得意なアルバートよりも、2200メートルでは分がある。

 そのアルバート(美浦・堀宣行厩舎、牡6歳)はステイヤーズS連覇やダイヤモンドS勝ちなど、長距離戦に実績がある。ただ、2400メートル未満の距離を使うのは、15年8月の札幌500万下・芝2000メートル戦(1着)以来。実に2年1カ月ぶりの中距離戦だけに、スピードへの対応が鍵になる。

 天皇賞・秋で2、3着、大阪杯2着とGIでも上位争いする力があるステファノス(栗東・藤原英昭厩舎、牡6歳)は、後方から末脚を伸ばすタイプで、中山の適性がどうかだが、皐月賞5着、中山記念3着と、一応の結果は出している。ただ、早めに動かざるを得ないコースなのは確か。取りこぼしの危険性がつきまとう。

 五稜郭特別を勝ってオープン入りしたブラックバゴ(美浦・斎藤誠厩舎、牡5歳)は、もともとホープフルS3着、京成杯2着の実力馬。長いスランプをようやく脱した印象で、得意の中山なら重賞Vのチャンスも。

 ジャパンC宝塚記念とGIで2度の2着があるデニムアンドルビー(栗東・角居勝彦厩舎、牝7歳)、毎日王冠エプソムCきさらぎ賞と牡馬相手に重賞3勝のルージュバック(美浦・大竹正博厩舎、牝5歳)の牝馬2頭は、牡馬相手にもひけを取らない力があるが、近走の内容がひと息。どこまで復調しているかがポイントになる。

産経賞オールカマーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【オールカマー】ルージュComeバック! 2017年9月19日(火) 05:02

 秋競馬は3週目にも東西で注目のGIIが組まれている。中山の日曜メインは産経賞オールカマー(芝2200メートル)。多くの名馬が秋初戦に選んだ伝統の一戦だ。重賞3勝のルージュバックを筆頭に、秋の戴冠を狙う実力馬がエントリーした。また、阪神では日曜の神戸新聞杯(芝2400メートル)でダービー馬レイデオロが復帰戦を迎える。

 2007年から3連覇したマツリダゴッホをはじめ、15年ショウナンパンドラ、16年ゴールドアクターと近年も多くの実績馬が勝ち名乗りを上げている伝統のGII戦。GI馬こそ不在だが、今年も実力伯仲の好メンバーが名を連ねた。

 注目はエリザベス女王杯に向けて始動する5歳牝馬ルージュバック。昨年の毎日王冠など牡馬相手に重賞3勝の実力馬だ。ヴィクトリアマイル10着後は涼しい北海道で充電。帰厩後の気配も目を引く。「春の休み明けと比べるとフレッシュな状態」と大竹調教師。今回は北村宏騎手との初コンビで臨む。

 ステファノスも今春の大阪杯などGIで3度の2着がある実力派。ただし3歳以降の秋初戦は全て4着以下で、仕上がり具合がポイントだ。長距離重賞3勝のアルバートは、レース後に豪州へ遠征するプランも持ち上がっており、始動戦の走りに注目が集まる。

 同舞台のAJCCで重賞初勝利を飾ったタンタアレグリアは、右前脚の深管骨瘤で天皇賞・春を回避し、8カ月ぶりの実戦となるが、「脚元はもう問題ない。デキはまずまず」と国枝調教師。2年連続で札幌日経オープンを制したモンドインテロも、重賞で上位を争う力がある。このレースをステップに秋のGI戦線で主役を務めるのは果たしてどの馬か−。

産経賞オールカマーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

ゴールドアクター、JC&有馬へ2017年9月10日() 05:06

 疲れがあるため産経賞オールカマー(24日、中山、GII、芝2200メートル)での始動を見送ったゴールドアクター(美・中川、牡6)は今秋、ジャパンC(11月26日、東京、GI、芝2400メートル)と有馬記念(12月24日、中山、GI、芝2500メートル)の2戦に臨むことが決まった。



★ゴールドアクターの競走成績はこちら

[もっと見る]

後肢に不安のゴールドアクター、次走白紙2017年8月30日(水) 05:00

 美浦トレセンで調整している宝塚記念2着のゴールドアクター(美・中川、牡6)は、疲れから後肢に軽い不安が生じたため秋初戦に予定していた産経賞オールカマー(9月24日、中山、GII、芝2200メートル)を自重することになった。症状は軽く、休んだのは数日で、すでに運動は再開している。今後について中川調教師は、「現在のところは白紙、様子をみて検討していきたい」と話している。



ゴールドアクターの競走成績はこちら

[もっと見る]

ゴールドアクター、来週末にも函館入厩2017年8月4日(金) 05:01

 宝塚記念2着後、北海道日高町・ファンタストクラブで休養していたゴールドアクター(美・中川、牡6)は、早ければ来週末にも函館競馬場へ入厩する予定。秋は産経賞オールカマー(9月24日、中山、GII、芝2200メートル)、ジャパンC(11月26日、東京、GI、芝2400メートル)、有馬記念(12月24日、中山、GI、芝2500メートル)の3走を視野に入れている。

ゴールドアクターの競走成績はこちら

[もっと見る]

【宝塚記念】上がり最速タイ!ゴールドアクター2着2017年6月26日(月) 05:03

 第58回宝塚記念(25日、阪神11R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝・内2200メートル、1着本賞金1億5000万円 =出走11頭)5番人気のゴールドアクターが2着に入り、関東馬は2年連続のワンツーとなった。道中は中団馬群を進み、直線は馬場の内めから勝ち馬と同じ最速の上がり(3ハロン35秒4)で詰め寄ったが、3/4馬身及ばなかった。横山典騎手は「(前走と)返し馬が全然違ったし、劇的に良くなっていた。勝ち馬は強かったが、よく頑張っている」と振り返り、中川調教師も「走り方が良くなっていたのが一番」と納得の表情。今後は休養に入り、秋は昨年同様にジャパンC有馬記念が目標となる。

★25日阪神11R「宝塚記念」の着順&払戻金はこちら

★サンスポe−shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!

[もっと見る]

【宝塚記念】ゴールドアクター、あとはノリさんに2017年6月23日(金) 05:05

 〔2〕枠(2)番から復活を期す。「内、外どちらでも関係ない馬ですから」と野田助手。木曜朝は北の角馬場で調整し「落ち着きも適度にあって、いい状態。前走は出遅れたけど、もともとスタートは速い。あとはノリさん(横山典騎手)がどう乗ってくれるか。何とかいいところを見せてほしいです」と期待を寄せた。

宝塚記念の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【宝塚記念】ゴールドアクター伸び脚絶好 2017年6月21日(水) 10:23

 天皇賞・春は控えめの調整が裏目に出たのか、ゴールドアクターは7着と結果を出せなかった。巻き返したい今回はいつものパターンに戻して、直前もしっかり併せ馬を消化。美浦Wコースで馬なりながら、絶好の伸び脚を披露した。

 当初は3頭併せの予定だったが、1頭が馬場入りをゴネたため、2頭併せに変更。そんななかでも我関せず、道中はリラックスムードを貫いた。4コーナーでインから際立つ切れ味を披露し、6F81秒9、ラスト1F12秒7の好時計でスカイステージに1馬身半先着した。

 「先週よりも、トモが入るようになったね。ひと追いごとに上向いて、テンションも程良くいい感じ。阪神コースは初めてだけど、中山みたいなものだしね」と、中川調教師の語り口も前走より滑らかだ。

 輸送、距離を考慮して調整を手控えた前走は、パドックから「テンションがアレだった」。1週前もハードに併せ、原点に戻した今回こそ、昨年の産経賞オールカマーVなど【2・1・0・0】の“2200マイスター”が、本領発揮といきそうだ。

宝塚記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【宝塚記念】ゴールドアクター、巻き返しムード2017年6月21日(水) 05:04

 今年3戦目のゴールドアクターが、巻き返しに向けて好ムードだ。この日は坂路で2本。軽快なキャンターを披露した。動きの良さに中川調教師は「元気がいい。ここ何戦かとは違う」と明るい口調だ。「前走は全体的にけいこを手控えたのが裏目に。でももう輸送は気にしなくていい。あす(21日)も併せ馬できっちり追う」とした上で同師は、「(レース当日に)天候が崩れそうなのは歓迎。脚質的に阪神の馬場も合いそう。楽しみはある」と続けた。有馬記念馬としての意地を見せるか。目が離せない存在だ。

宝塚記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【宝塚記念】ゴールドアクター1馬身先着2017年6月15日(木) 11:56

 ゴールドアクターは美浦Wコースで横山典騎手に仕掛けられ、最内からスパッと伸び中マシェリガール(古馬1000万下)、外ワンパーセント(古馬500万下)に1馬身先着。6F82秒8−67秒1−52秒1−38秒1−12秒5とやはり動く。「ジョッキーが乗ると行く気を出す。1週前にある程度やりたかったので、いい追い切りができた」と中川調教師。(夕刊フジ)

宝塚記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【古馬次走報】ゴールドアクター、宝塚記念へ2017年5月4日(木) 05:00

 ★天皇賞・春6着ディーマジェスティ(美・二ノ宮、牡4)は、宝塚記念(6月25日、阪神、GI、芝2200メートル)を回避。「今は問題ないが、左前の蹄(ひづめ)を気にしていて硬い馬場は合わなかった」と二ノ宮師。今後はしばらくして函館競馬場に移動。札幌記念に使うかどうかは未定。7着ゴールドアクター(美・中川、牡6)は、引き続き横山典騎手で宝塚記念へ。

 ★アンタレスSを勝ったモルトベーネ(栗・松永昌、牡5)は予定していた帝王賞を自重して放牧へ。秋はシリウスS(9月30日、阪神、GIII、ダ2000メートル)あたりを視野に入れて復帰の予定。

 ★シルクロードS11着以来となるネロ(栗・森、牡6)は、アイビスSD(7月30日、新潟、GIII、直1000メートル)で復帰予定。

 ★高知・黒船賞5着のニシケンモノノフ(栗・庄野、牡6)は北海道スプリントC(6月8日、門別、交流GIII、ダ1200メートル)を視野に入れる。

 ★東海S9着のラストインパクト(栗・角居、牡7)は平安S(20日、京都、GIII、ダ1900メートル)に向かう。

[もっと見る]

【東西現場記者走る】ゴールドアクター落ち着きあり 2017年4月29日() 05:01

 1週間の密着取材で勝ち馬を探し出すGI企画「東西現場記者走る」。天皇賞・春は東京サンスポの千葉智春記者(32)が担当する。連載5日目は、栗東トレセンを離れ、京都競馬場でゴールドアクターを待ち受けた。1番人気で大敗した昨年時と比べて、長距離輸送後の様子はどうなのか。状態面や手応えを陣営に直撃した。

 金曜朝は関西馬の調整を取材したのち、京都競馬場へ。栗東トレセンを去る前にキタサンブラックを見届けたが、坂路とゲート練習から引き揚げてきた姿は筋肉隆々で、まさに王者の馬体。「駐立を確かめるのは、レース前にやっているルーティン。変わりなく落ち着いている」と辻田厩務員が笑ったのが印象的だ。

 午前8時半頃に栗東をたち、余裕を持って関東馬を待ち構えた。中でも注目したのはゴールドアクターだ。2走前の有馬記念で、2強と僅差3着と地力は確か。昨春の天皇賞は12着に大敗したが、パドックからテンションが高かっただけに、力負けとは思えない。今回は到着時から雰囲気を確認することにした。

 午後0時13分にリベンジの地へ到着。ゆったりとした脚取りで馬房へ収まり、落ち着き払った様子が見て取れた。

 「おとなしかった。カイバ食いも変わらず、問題ない」。二藤部助手の笑顔からも、輸送がスムーズだったことが分かる。「年をとったからか落ち着いている。去年は追い切り直後からピリピリしていたから」と、精神面の成長も大きい。

 前走の日経賞は重め残りで5着に敗れたが、使って状態は良化。「絞るのが大変だったけど、暖かくなって代謝が良くなった。動きもシャープ。(事前発表馬体重は)前走と同じ498キロだけど、中身が違う」と仕上がりに胸を張る。追い切りで見せた力強い動きからも、衰えはないだろう。

 今回は横山典騎手との初コンビも注目。2週前、1週前の追い切りに騎乗し、好感触をつかんだうえで「おれが感じるゴールドアクターの乗り方をするだけ」と話していた。二藤部助手は「ジョッキーがどう乗るかですね」と期待を寄せていたが、記者にとっては展開予想に頭を悩ますばかりだ。

 ふと、記者席からコースを眺めると、内ラチ沿いまできれいな芝が広がっていた。週始めに芝刈りも行われたそうだが、果たして土曜はどんな馬場傾向が見られるか…。結論の時は近い。

★天皇賞・春の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

28件中 1-15件目を表示≪前の15件 1 2 次の15件≫

レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。