注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ゴールドアクター(競走馬)

注目ホース

ゴールドアクターの関連ニュース

 春競馬は今週から6週連続でGI開催。ゴールデンウイークに突入する30日には、京都競馬場で古馬の頂上決戦、天皇賞・春が行われる。豪華メンバーの激突で注目度の高い一戦だ。この大一番に、連覇&GI5勝目をかけて臨むのはキタサンブラック(栗・清水久、牡5)。主戦、武豊騎手(48)に意気込みを聞いた。  【取材構成・宇恵英志】

 −−昨年の有馬記念ではサトノダイヤモンドに敗れて2着

 「今回は負かしてやりたいという気持ちは当然ある。相手はサトノダイヤモンドが一番。一番強い。実際に負けてるからね。阪神大賞典のレースぶりも強かった。相手はもちろんサトノダイヤモンドだけではないけれどね」

 −−わずか首差だった

 「最後はあと一歩のところだったけど、“きた”と思ったら差されていた。ただ、終わってからの感じでは『ジャパンCほどのデキはなかったかな』って気がする。ジャパンC大阪杯は抜けて強かった気がするから。それを思えば有馬記念はそこまでの感触がなかった。それでも崩れないのがすごいところだね」

 −−大阪杯は完勝

 「すごくいいレースだった。後ろから差される雰囲気はなかったね。結果も内容も良かったし、最高のスタートを切っての天皇賞・春だからね。1年前を思うと『強くなったなぁ』と感じる」

 −−鞍上の意のままに動けるセンスと息の長い末脚が最大の武器

 「最近ではいないタイプだよね。しぶといというのかな。乗りやすい馬だよ。父(ブラックタイド)に背中の感触が似ているし、ゲートの速さ、体の大きさは母の父(サクラバクシンオー)譲りだろうね。いいとこ取りだよね、この馬は」

 −−近年は路線が整備され、天皇賞・春に有力馬がそろいづらい

 「そうだね。(選択肢が増えて)強い馬がバラける年が多くなった。でも、今年は久しぶりに強い馬同士の戦いになる。ファンの多い2頭(キタサン&サトノ)だし、人気を集めるだろうね。とにかく、2頭が突き抜けるのは確か。どちらも今年初戦をいい形でクリアしているから、盛り上がるだろうね」

 −−史上4頭目の同競走連覇の期待がかかる

 「キタサンブラックに関して、2000メートルと3200メートルで、僕の感覚ではあまり変わらないというか、どこでも同じように走るから。実際、どの距離がベストなんだろうね。マイルでもめっちゃ走りそうな気がするし、スタミナもある。今年も勝ちたいね」

★展望

 有馬記念以来となるキタサンブラックサトノダイヤモンドの対決が注目の的。ともに今期初戦を快勝して、調整過程も万全だ。実績、実力とも申し分なく、両者の一騎打ちムードが漂う。割って入るとすれば、日経賞を鮮やかな決め手で制したシャケトラか。ほかにも、長丁場に実績のあるシュヴァルグランや、GI馬のゴールドアクターディーマジェスティ、スタミナに絶対の自信を持つアルバート、着実に力をつけているトーセンバジルレインボーラインなどが上位をうかがう。

武 豊(たけ・ゆたか) 1969(昭和44)年3月15日生まれ、48歳。京都府出身。父は武邦彦元騎手、調教師。弟は武幸四郎調教師(元騎手)。87年に栗東・武田作十郎厩舎所属でデビュー。同年に69勝を挙げ、当時の新人年間最多勝記録を樹立した。89、90、92〜2000、02〜08年と計18回の全国リーディングを獲得。24日現在、JRA通算3886勝(うち重賞314勝)。1メートル70、51キロ。

★天皇賞・春の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【天皇賞・春】レース展望 2017年4月24日(月) 17:54

 今年の天皇賞・春(30日、京都、GI、芝3200メートル)は、最強馬を決めるにふさわしいレースだ。キタサンブラックサトノダイヤモンド。昨年の有馬記念以来となる“現役2強”の再対決で、近年にないほどの盛り上がりを見せている。

 1992年メジロマックイーン、2001年テイエムオペラオー、14年フェノーメノに次ぐ史上4頭目の連覇がかかるキタサンブラック(栗東・清水久詞厩舎、牡5歳)は、今年GIに昇格した大阪杯を完勝。3カ月の休み明けでも2番手から危なげなく抜け出してGI・4勝目を飾った。馬体も過去最高体重の540キロで、5歳を迎えてさらにパワーアップした印象だ。前走後の回復も早く、翌週の週中には馬場で乗り出すほど。19日の1週前追い切りではCWコース6ハロン82秒7、3ハロン38秒1−11秒7を馬なりでマークし、僚馬アキトクレッセント(23日に鎌倉Sを勝ってオープン入り)を楽々と半馬身退けた。ひと叩きされて反応はさらに良くなっている。

 京都では菊花賞、天皇賞・春、京都大賞典と3戦3勝のパーフェクト。斤量58キロの経験が【2・1・1・0】と豊富な点は、サトノダイヤモンドに対して大きなアドバンテージだろう。武豊騎手は「今思えば、昨年の有馬記念は、レースが終わってからの感触がジャパンC大阪杯ほどではなかった。相手は1頭だけじゃないけど、今回は(サトノを)負かしてやりたいという気持ちは当然ある」とリベンジを誓う。まだプランのひとつである、秋の凱旋門賞(10月1日、仏シャンティイ、GI、芝2400メートル)挑戦へ前進するためにも、春の淀で現役最強を座を勝ち取る構えだ。

 昨年の菊花賞有馬記念を勝ったサトノダイヤモンド(栗東・池江泰寿厩舎、牡4歳)も順風満帆だ。今年初戦の阪神大賞典では、前年の覇者シュヴァルグランを直線で力強くとらえ、重賞4連勝をマーク。走破タイムは01年ナリタトップロードのコースレコードに0秒1差と迫る3分2秒6(良)で、改めて性能の高さを見せつけた。中間も順調そのもの。20日の1週前追い切りではCWコースを6ハロン82秒7、3ハロン38秒3−11秒8で駆け抜け、プロフェット(オープン)に1馬身半、ダノンシーザー(1000万下)に2馬身半先着した。池江調教師は「反応、息の入りともにいい。休み明けは動かないタイプなので、使った上積みは大きいと思う」とさらなるデキの上昇を伝える。体調は万全。あとは初めての3200メートルと斤量58キロを克服できるかどうかだ。

 そのサトノと同世代で、ここにきて急激に力をつけてきたのがシャケトラ(栗東・角居勝彦厩舎、牡4歳)だ。前走の日経賞は、後方追走から勝負どころで外をまくって進出し、直線でも1頭だけ際立つ脚力を発揮。デビューは3歳の6月と遅かったが、それから1年もたたないうちにGIIのタイトルをゲットした。父は02年の覇者マンハッタンカフェ。“2強”と未対戦という点も魅力がある。初騎乗の前走で持ち味を引き出した田辺裕信騎手とのコンビ継続も頼もしい。

 昨年3着のシュヴァルグラン(栗東・友道康夫厩舎、牡5歳)も、ステイヤーとしての資質では“2強”に劣らない。3000メートル以上のレースでは【1・1・1・0】の安定感。前走の阪神大賞典ではサトノダイヤモンドに1馬身半差をつけられたが、さらに1ハロン距離が延びる本番でその差を縮められる可能性は十分にある。20日の1週前追い切りでは6ハロン79秒5とこの馬としては破格のタイムをマーク。1年前より明らかに動けるようになっている。半妹ヴィブロス秋華賞に続いてドバイターフでGI・2勝目を挙げた。兄も悲願のGI制覇を目指す。

 一昨年の有馬記念優勝馬ゴールドアクター(美浦・中川公成厩舎、牡6歳)は、1番人気に支持された前走の日経賞でまさかの5着。株を落とした格好だが、昨年の有馬記念サトノダイヤモンドキタサンブラックと接戦を演じたことを思えば、まだ侮れない。今回は春の盾で3勝(96年サクラローレル、04年イングランディーレ、15年ゴールドシップ)を挙げる横山典弘騎手との初コンビ。昨年は外枠が響いて12着に終わったが、2週連続の追い切り騎乗で手応えをつかんだベテランを背にどんな走りを見せるのか、興味は尽きない。

 関東馬では、復活を期す昨年の皐月賞ディーマジェスティ(美浦・二ノ宮敬宇厩舎、牡4歳)、3000メートル超のレースで【3・0・0・1】と好結果を出しているアルバート(美浦・堀宣行厩舎、牡6歳)も上位争いが見込める。

 他にも昨年の菊花賞2着馬レインボーライン(栗東・浅見秀一厩舎、牡4歳)や、トーセンバジル(栗東・藤原英昭厩舎、牡5歳)、アドマイヤデウス(栗東・梅田智之厩舎、牡6歳)など、“2強”以外にも実力ある馬がそろった。春の古馬頂上決戦は、ハイレベルなレースとなりそうだ。

★天皇賞・春の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【天皇賞・春】キタサンVSダイヤ!現役最強馬決定戦 2017年4月24日(月) 05:04

 今週末から6週連続のGI開催となる。その幕開けは古馬の頂点を決める天皇賞・春。ともに仏GI凱旋門賞への挑戦を目指しているキタサンブラックサトノダイヤモンドが、昨年の有馬記念以来となる対決に臨む。

 大阪杯で4度目のGI制覇を果たしたキタサンに対して、サトノは阪神大賞典快勝後はここ一本に絞っての調整。どちらも順調に調教を消化している。有馬記念では2キロ軽かったサトノが首差で勝利を収めたが、今回は同じ58キロ。見応えある再戦となることは必至だ。

 一角崩しを狙う顔触れもゴールドアクターディーマジェスティといったGI馬に加え、アルバートシャケトラシュヴァルグランレインボーラインなどの重賞ウイナーがスタンバイ。長丁場での手に汗握る激戦が期待できそうだ。

★天皇賞・春の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【天皇賞・春】ダイヤ「芯が入ってきた」11秒82017年4月21日(金) 05:01

 《栗東》阪神大賞典を快勝したサトノダイヤモンド(池江、牡4)は、CWコースの3頭併せで6ハロン82秒7−11秒8。僚馬2頭に先着した。池江調教師は「先週より息の入りが良くなった。上積みがあります。京都は3〜4角の下り坂で加速できる。芯が入ってきたし、この馬の競馬をするだけ」と3度目のGI制覇に自信をのぞかせた。

 同2着のシュヴァルグラン(友道、牡5)は、CWコースで一杯に追われ、6ハロン79秒5−12秒7。僚馬に1/2馬身先着した。「長めからしっかり追った。中間は在厩して、体も太くない。距離も延びれば延びるほどいい」と友道調教師。

 日経賞7着のヤマカツライデン(池添兼、牡5)は、CWコースで単走。6ハロン80秒1−12秒4で軽快に駆け抜けた。「馬なりで時計も予定通り。自分の競馬をして、どこまでやれるかだね」と池添兼調教師。

 《美浦》日経賞5着ゴールドアクター(中川、牡6)は、Wコースで直線一杯に追われ6ハロン79秒9−12秒9。外の僚馬と併入した。「やる気があるし、動きも良かった。短距離でも長距離でも、乗り方は変わらない。二人三脚で走るもの。馬のリズムを大事にする」と横山典騎手。

 ダイヤモンドS1着のアルバート(堀、牡6)はWコースで直線一杯に追われ5ハロン66秒3−12秒2。こちらも僚馬と併入した。「短期放牧から帰厩後も順調に調整。しっかりやって、反応も良かったです。体は490キロと去年よりひと回り増えていますが、太め感はありません」と森助手。

★天皇賞・春の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【天皇賞・春】ゴールドアクター横山典好感触 2017年4月20日(木) 11:49

 ゴールドアクターは美浦Wコースで外シアーライン(古馬1000万下)を3馬身追走し、6F80秒7−66秒0−51秒8−38秒4−13秒5で併入した。新コンビの横山典騎手は「順調。お父さん(スクリーンヒーロー)によく似てる。いい馬だね」と好感触。中川調教師は「前走(日経賞5着)は太かった。今回は馬体が締まり動きも良くなった。去年(12着)は早めに競馬場に運んでイレ込んだから、今年は輸送のタイミングも考えたい」と話していた。(夕刊フジ)

★天皇賞・春の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【天皇賞(春)】特別登録馬2017年4月16日() 17:30

[もっと見る]

【天皇賞・春】ダイヤモンド好感触11秒5 2017年4月14日(金) 05:00

 天皇賞・春(30日、京都、GI、芝3200メートル)を目指す有力馬が13日、東西トレセンで追い切られた。栗東では阪神大賞典を快勝したサトノダイヤモンド(池江、牡4)が、CWコースで併せ馬。重たい馬場でも6ハロン84秒1−11秒5と確かな伸びを見せ、僚馬に1馬身先着した。岩崎助手は「いい感じですね。追ってからの反応も良かった。1回使った上積みもありそう。文句のないデキです」と好感触。

 同2着のシュヴァルグラン(友道、牡5)は、CWコースで一杯に追われて6ハロン82秒2−12秒7。友道調教師は「しっかりやった。(体重が重い)助手が乗ったのでしまいは伸びなかったが、この馬らしい調教はできた」とうなずいた。

 日経賞3着のアドマイヤデウス(梅田、牡6)は、坂路単走で4ハロン52秒8−13秒1。「使った後も反動なくきていて、時計としても動けている」と前原助手。

 美浦では、日経賞5着ゴールドアクター(中川、牡6)は新コンビの横山典騎手が騎乗してWコースで併せ馬。馬なりで6ハロン82秒5−13秒6をマークした。「順調だね。お父さん(スクリーンヒーロー)と色が違うけど、そっくり。いい馬だよ」と、父に騎乗経験のある名手は初コンタクトに笑顔を見せた。

 ダイヤモンドS1着アルバート(堀、牡6)は、Wコースで5ハロン72秒0−13秒4。馬なりでネオリアリズム(OP)と併入した。「帰厩後はじっくり乗り込んできました。最後まで余力十分でした」と森助手。

サトノダイヤモンドの競走成績はこちら

[もっと見る]

ゴールドアクター、横山典で天皇賞・春へ2017年4月6日(木) 05:01

 今年初戦の日経賞で5着に敗れたゴールドアクター(美・中川、牡6)は、天皇賞・春(30日、京都、GI、芝3200メートル)への参戦が濃厚になり、新たに横山典弘騎手(49)=美・フリー=とコンビを組むことが決まった。

 日経賞後は「(天皇賞の)出否は五分五分。これから検討していく」としていた中川調教師が5日、「ほぼ使うことになる」と語り、乗り替わりを明らかにしたもの。上半期の最大目標は宝塚記念(6月25日、阪神、GI、芝2200メートル)に置いている。

ゴールドアクターの競走成績はこちら/font>

[もっと見る]

ゴールドアクターは横山典弘騎手と天皇賞・春へ2017年4月5日(水) 16:05

 今年初戦の日経賞で5着に敗れたゴールドアクター(美浦・中川公成厩舎、牡6歳)は、天皇賞・春(4月30日、京都、GI、芝3200メートル)で新たに横山典弘騎手(49)=美浦・フリー=とコンビを組むことになった。日経賞後は「出否は五分五分」としていた中川調教師が4月5日、「ほぼ使うことになる」と語ったもの。

ゴールドアクターの競走成績はこちら

[もっと見る]

【めざせクラシック】アルアイン、皐月賞参戦!2017年3月29日(水) 05:03

 デスク 先週の毎日杯を制したアルアイン皐月賞(4月16日、中山、GI、芝2000メートル)に参戦。2着のサトノアーサーはダービー(5月28日、東京、GI、芝2400メートル)へ直行だ。その他の馬は?

 片山 5着のトラスト皐月賞へ。中村調教師は「毎日杯は戦闘モードに入っていなかった感じ。もう少しテンションが高くてもいい馬だからね。そのぶん次は変わり身が大きいんじゃないかな」と期待してまっせ。

 デスク 中京の大寒桜賞を勝ったアドマイヤウイナーは?

 片山 賞金的に皐月賞は厳しいし、青葉賞(4月29日、東京、GII、芝2400メートル)からダービーになりそうやね。大寒桜賞は過去5年の勝ち馬がいずれも次走で青葉賞3着以内か、京都新聞杯V。期待できそうやで。

 デスク 最後に美浦からの情報を。

 花田 弥生賞6着のコマノインパルスは予定通り皐月賞へ。田辺騎手はフジテレビ賞スプリングS2着のアウトライアーズに騎乗するため「日曜までにはジョッキーを決めたい。馬は元気いっぱいですよ」と菊川調教師。京成杯は強い勝ち方でしたし、リズムに乗れなかった前走だけで見限るのは早計です。

ゴールドアクターの競走成績はこちら

[もっと見る]

ゴールドアクター、天皇賞・春参戦も2017年3月29日(水) 05:00

 日経賞5着のゴールドアクター(美・中川、牡6)に、天皇賞(4月30日、京都、GI、芝3200メートル)挑戦のプランが浮上した。当初、日経賞の後は、宝塚記念(6月25日、阪神、GI、芝2200メートル)を目指す予定だったが、「ダメージは全くなく、距離も問題ない。様子をみた上で」と中川調教師。昨春の天皇賞は12着と大敗したが、3歳時には菊花賞3着の実績もあり、動向が注目される。

ゴールドアクターの競走成績はこちら

[もっと見る]

【日経賞】シャケトラ、キャリア5戦初重賞! 2017年3月26日() 05:05

 第65回日経賞(25日、中山11R、GII、4歳上オープン国際(指)、別定、芝・内2500メートル、1着本賞金6700万、1着馬に天皇賞・春の優先出走権 =出走16頭)ハイレベルの4歳世代にまたスター候補が誕生した。4番人気でキャリア5戦のシャケトラが重賞初制覇を飾り、天皇賞・春の優先出走権を獲得。タイム2分32秒8(良)。3/4馬身差の2着も4歳馬で7番人気ミライヘノツバサが入り、連覇がかかっていた1番人気ゴールドアクターは5着に敗れた。

 強豪ぞろいの4歳世代から新星の誕生だ。キャリア5戦のシャケトラが直線で脚を伸ばして重賞初制覇。初コンビの田辺騎手も白い歯をこぼす。

 「1週前に調教に乗って、すごくいい馬と感じていたし、強い馬だと自信を持って乗りました。ゲートがひと息でポジションが下がったけど、強い馬を見ながら進められたので良かったです」

 道中は後方6番手。3コーナー手前で位置を上げ、直線入り口で前を射程に入れる。馬場の真ん中を力強く伸び、早めに先頭に立ったミライヘノツバサを差し切った。

 20年連続の重賞Vとなった金子真人オーナーも「強かったですね」と笑顔。平地GI24レース完全制覇に残り5つで、その一つである高松宮記念フィエロが出走)に弾みをつけた。

 シャケトラの今後は未定だが、春のGIでは天皇賞(4月30日、京都、GI、芝3200メートル)、宝塚記念(6月25日、阪神、GI、芝2200メートル)が視野に入る。イタリア語で『幻のデザートワイン』と名付けられたシャケトラが進む先に、おぼろげだった大舞台への道がはっきりと見えてきた。 (千葉智春)

★25日中山11R「日経賞」の着順&払戻金はこちら レース後談話も掲載

[もっと見る]

【日経賞】ゴールドアクター、脚いろが鈍り5着2017年3月26日() 05:04

 第65回日経賞(25日、中山11R、GII、4歳上オープン国際(指)、別定、芝・内2500メートル、1着本賞金6700万、1着馬に天皇賞・春の優先出走権 =出走16頭)日経賞連覇に挑んだ1番人気ゴールドアクターは、3番手をリズム良く追走。2周目4コーナーでは先行馬2頭を完全に射程圏に捕らえたように映ったが、いざ追い出すと脚いろが鈍り、5着に敗退した。「絶好の展開でしたが、追ってから全然反応がなかった。前の馬もかわせず、後ろの馬にも差されてしまった」と吉田隼騎手はまさかの完敗に首をかしげていた。

★25日中山11R「日経賞」の着順&払戻金はこちら レース後談話も掲載

[もっと見る]

【日経賞】ミライヘノツバサ、展開ズバリ2着2017年3月26日() 05:04

 第65回日経賞(25日、中山11R、GII、4歳上オープン国際(指)、別定、芝・内2500メートル、1着本賞金6700万、1着馬に天皇賞・春の優先出走権 =出走16頭)全4勝を挙げている得意の中山で7番人気ミライヘノツバサが気を吐いた。ヤマカツライデンを見る形で2番手を追走。4コーナーで先頭に立って粘り込みを図ったが、最後は外からシャケトラの瞬発力に屈して3/4馬身差の2着。それでもGI馬2頭に先着し、前走のアメリカジョッキークラブC3着に次いで重賞でも通用する能力をアピールした。

 「理想的な展開。ゴールドアクターを振り切ったときは“勝った”と思った。最後の100メートルで脚が上がったけど、力をつけている」と藤岡佑騎手は今後に期待を寄せていた。

★25日中山11R「日経賞」の着順&払戻金はこちら レース後談話も掲載

[もっと見る]

【日経賞】レースを終えて…関係者談話2017年3月26日() 05:04

 ◆藤岡佑騎手(ミライヘノツバサ2着) 「理想的な展開。最後の100メートルで脚が上がったけど、力をつけている」

 ◆岩田騎手(アドマイヤデウス3着) 「(2周目の)3〜4コーナーでもたついたが、しぶとく伸びてくれた」

 ◆M・デムーロ騎手(レインボーライン4着) 「(勝負どころで)内にいて狭くなった」

 ◆吉田隼騎手(ゴールドアクター5着)「絶好の展開でしたが、追ってから全然反応がなかった。前の馬もかわせず、後ろの馬にも差されてしまった」

 ◆蛯名騎手(ディーマジェスティ6着) 「久々で体に余裕があったし、馬場が悪くて、脚を取られて上がっていけなかった。ちょっと気難しい面が出てきたのかも」

★25日中山11R「日経賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

262件中 1-15件目を表示≪前の15件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ...18 次の15件≫

レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。