注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ゴールドアクター(競走馬)

注目ホース

ゴールドアクターの口コミ


口コミ一覧
閲覧 39ビュー コメント 0 ナイス 6

中山金杯予想します(^_-)-☆

◎ツクバアズマオーでいきます!!

2走前のオールカマーではあのゴールドアクターに迫り3着と好走♪

今回は勝機十分です!(^^)!

展開ハマればロンギングダンサーとマイネルフロストにも注目してみます〜〜

 ムーンホーセズネック 2017年01月03日(火) 21:25
2016プレイバック! 14
閲覧 23ビュー コメント 0 ナイス 9

12月

ステイヤーズステークス

アルバートは中段差し快勝(^^)
ファタモルガーナは中段差し2着(^^)
モンデインテロは中段後方差して3着(^^)

金鯱賞

ヤマカツエース中段差し快勝(^^)
バトルウィールは2番手で2着(^^)
ジュンドルボンは先行して3着(^^)

チャンピオンズカップ

サウンドトゥルーは追い込み快勝(^^)
アウォーディーは中段前差し2着(^^)
アスカノロマンは2番手3着(^^)

カペラステークス

ノボバカラは逃げ切り快勝(^^)
ニシケンモノノフは中段差し2着(^^)
コーリンベリーは先行して3着(^^)

阪神ジュベナイルフィリーズ

ソウルスターリングは番手、先行して快勝(^^)
リスグラシューは追い込み2着(^^)
レーヌミノルは先行して3着(^^)

ターコイズステークス

マジックタイムは追い込み快勝(^^)
レッツゴードンキは追い込み2着(^^)
カフェブリリアントは中段差し3着(^^)

朝日杯フューチュリティステークス

サトノアレス中段後方差して快勝(^^)
モンドキャノン追い込み2着(^^)
ボンセルヴィーソ逃げ粘り3着(^^)

阪神カップ

ミッキーアイルの2番手に付け2着(^^)
シュウジは先行差し快勝
フィエロは先行差し3着(^^)

ホープフルステークス

レイデオロは追い込み直線は馬群裁き快勝(^^)
マイネルスフェーン内を突き中段後方差して2着(^^)
グローブシアター中段後方差して3着(^^)

有馬記念

サトノダイヤモンドは先行、番手、直線は一時止まるか?が差して快勝(^^)
キタサンブラックは2番手突き放すが2着(^^)
ゴールドアクターは3番手で3着(^^)
サトノダイヤモンドはルメール騎手の腕より馬の気持ちが勝った1戦(^^)
キタサンブラックは負けはしたが来年も安定した戦績を残せるはず(^^)
ゴールドアクターは得意の中山で自力出し切り(^^)

[もっと見る]

 ムーンホーセズネック 2017年01月02日(月) 12:38
2016プレイバック! 11
閲覧 21ビュー コメント 0 ナイス 9

9月

トラスト逃げ切り(^^)
ブラックオニキスは先行3着(^^)
アドマイヤウイナーは中段差し3着(^^)

新潟大賞典

アデインザライフ追い込み大外ラチ沿い快勝(^^)
アルバートドックは中段後方差して2着(^^)
ロンギングダンサーは追い込み3着(^^)

小倉2歳ステークス

レーヌミノルは逃げ切り突き放す快勝(^^)
ダイイチターミナルは中段差し2着(^^)
カシノマスト先行し3着(^^)

紫苑ステークス

ビッシュ中段後方差して捲り突き放す快勝(^^)
ヴィブロス中段後方差して2着(^^)
フロンティアクイーンは先行して3着(^^)
中山の捲りは能力的に足りないと反動が?馬体重もあるが?

京成杯オータムハンデ

ロードクエストは中段差し捲り快勝(^^)
カフェブリリアント中段差し2着(^^)
ダノンプラチナは中段差し3着着(^^)
ロードクエストは結果が秋は?やはりる中山捲りは消耗するか(^^)

セントウルステークス

ビックアーサー逃げ切り快勝(^^)
ネロは中段差し2着(^^)
ラヴァーズポイントは3番手で3着(^^)

セントライト記念

ディーマジョスティは追い込み捲り快勝(^^)
ゼーヴィントは先行して2着(^^)
プロディガルサンは中段後方差して3着(^^)
ディーマジョスティは捲りで消耗しているのは確か(^^)

ローズステークス

シンハライトは中段差し快勝(^^)
クロコスミアは逃げ粘り2着(^^)
カイザーバルは番手、先行して3着(^^)
シンハライトは無事ならG1二つは勝てていたはず(^^)

オールカマー

ゴールドアクターは中段差し捲り快勝(^^)
サトノノブレスは先行して2着(^^)
ツグバアズマオー中段差し3着(^^)

神戸新聞杯

サトノダイヤモンド中段差し快勝(^^)
ミッキーロケットはサトノダイヤモンド終始マーク2着(^^)
レッドエルディストは中段差し3着着(^^)

[もっと見る]

 グリーンセンスセラ 2017年01月01日() 22:49
2017【中山金杯・展望】 
閲覧 24ビュー コメント 0 ナイス 1

【中山金杯・展望】「中山マイスター」の異名を誇るツクバアズマオー中心も"波乱含み"の/中山金杯。高配当のカギを握るのは、あの「G1馬」の復活? ━Gambling Journal ギャンブルジャーナル/ 2017年01月01日 00時00分00秒 http://biz-journal.jp/gj/2017/01/post_2209.html

 一昨年はラブリーデイが、そして昨年にはヤマカツエースがそれぞれ充実した一年を刻んでおり、G3とはいえ今年で66回を迎える中山金杯(G3、芝2000m)は一際大きな存在感を示し続けている。

 ラブリーデイだけでなく、かつてはグルメフロンティアやサクラローレルがG1制覇への足掛かりとした伝統のレースに、今年も飛躍を狙う馬たちが顔を揃えた。「一年の計は金杯にあり」西の京都金杯と合わせ、今年はどんな馬が年始を飾るのだろうか。

「中山マイスター」の異名を誇るツクバアズマオー(牡6歳、美浦・尾形充弘厩舎)が重賞初制覇を狙っている。

 古くは有馬記念(G1)を制したマツリダゴッホ。現役でも中山でとにかく強いゴールドアクターなど、独特のパワーバランスが要求される中山巧者はいつの時代にもいるが、このツクバアズマオーを筋金入りの中山専用機である。

 若駒の頃は中山でも結果が出なかったが、ここ8走は[4‐2‐2‐0]とパーフェクト。抜群の中山適性を見せている。特に昨秋のオールカマー(G2)ではゴールドアクター、サトノノブレスに次ぐ3着。クリールカイザーやマリアライトにも先着を果たし、中山ではすでに重賞級の実力馬といえるだろう。

 馬券になっているのがすべて中山、もしくは函館や札幌といった洋芝となる典型的なパワー型。そんなツクバアズマオーにとって、馬場が荒れやすい冬の中山開催はもってこいの条件。すでに前走でディセンバーS(OP)を快勝している。

 おそらく抜けた1番人気が想定されるが、来るG1挑戦に向けて中山開催の内に賞金を稼いでおきたいところだ。

 そんなツクバアズマオーにとって厄介なのが、3連勝と勢いに乗る明け4歳馬ストロングタイタン(牡4歳、栗東・池江泰寿厩舎)だろう。

 約半年の休養を挟んで復帰した昨夏の500万下で2着すると、そこから500万下→1000万下→1600万下と3連勝。ついに重賞挑戦まで駒を進めてきたストロングタイタン。

 特に前走の修学院S(1600万下)では、これまでの好位からの競馬ではなく中団やや前からのレースを展開すると、しぶとく脚を伸ばして前をきっちり捕らえ切った。特別キレる脚が使えるわけではないが、それが逆に今の中山では活きそうだ。

 中山2000mは2歳の芙蓉S(OP)で8着に敗れて以来となるが、あの時とは馬が違う。未だキャリア7戦と大事に使われてきた素質馬が、重賞初制覇を飾るか。

 一昨年のNHKマイルC(G1)の覇者クラリティスカイ(牡5歳、美浦・斎藤誠厩舎)に復活の気配が漂い始めている。

 3歳春に世代のマイル王に輝いてから約1年半勝ち星から遠ざかっていたが、昨夏に今の斎藤厩舎に転厩してから馬が変わってきたようだ。特に2000mに距離を伸ばしたここ2戦はアイルランドT(OP)が3着、ディセンバーSが4着と堅実に結果を残せるようになってきた。

 トップハンデとはいえ、57.5圓覆蕕亠成杯オータムH(G3)の4着で経験済み。手が合いそうな田辺裕信騎手が引き続き乗ることも好感触で、一年の初陣となるこのレースでG1馬が復活の勝利を挙げるか。

 古豪のマイネルフロスト(牡6歳、美浦・高木登厩舎)も冬の中山が良さそうな存在だ。

 ここのところ精彩を欠く競馬が続いているが、昨年の中山金杯では逃げてペースを掴むと2着に粘り込んでいる。その後のAJCC(G2)でも4着しているように、とにかくこの時期の中山がいい馬。

 前走のディセンバーSでは良い所なく敗れているが、見限るのはまだ早そうだ。

 他にもディセンバーSで3着したシャイニープリンス、前走のダート戦を度外視すれば巻き返し十分のドレッドノータス、徐々に力を付けてきたダノンメジャー、新潟記念(G3)3着と同じ53圓能仭できるロンギングダンサーと、伏兵陣が波乱を呼んでもまったくおかしくはない。

 実は、冒頭に触れたラブリーデイやヤマカツエースは1番人気ではなかった。それだけに後から振り返れば「何故?」と思える素質馬が下位人気に潜んでいる可能性もある。

 ハンデ戦で波乱含みの中山金杯(G3)は1月5日(木)の15時30分に発走予定だ。

[もっと見る]

 ムーンホーセズネック 2016年12月31日() 21:26
2016プレイバック 4
閲覧 34ビュー コメント 0 ナイス 10

オーシャンステークス

エイシンブルズアイ中段差し快勝(´▽`)ノ
ハクサンムーン逃げ粘り2着(´▽`)ノ
スノードラゴン 中段差し3着(´▽`)ノ

チューリップ賞

シンハライト中段差し快勝(´▽`)ノ
ジュエラーはシンハライト前差し2着(^^)
ラベンダーヴァレイ2番手3着(^^)

弥生賞

マカヒキは追い込み快勝(^^)
リオンディーズ先行して2着(^^)
エアスピネルは中段差し3着(^^)

中日新聞杯

サトノノブレス中段前差し快勝(^^)
ファントムライト3番手2着(^^)
レコンダイト中段差し3着(^^)

中山牝馬ステークス

ジュンドルボン中段後方差し快勝(^^)
ルージュバック中段差し2着(^^)
メイショウスザンナ中段後方差し3着(^^)

フィリーズレビュー

ソルヴェイグ3番手で快勝(^^)
アットザシーサイド中段差し2着(^^)
キャンディバローズ逃げ粘り3着(^^)

ファルコンステークス

トウショウドラフタ中段差し快勝(^^)
ブレイブスマッシュ中段後方差し2着(^^)
シゲルノコギリザメは2番手3着(^^)
道悪(^^)

スプリングステークス

マウントロブソン先行差し切る(^^)
マイネルハニーは逃げて粘り2着(^^)
ロードクエスト追い込み3着(^^)

阪神大賞典

シュヴァルグラン中段差し快勝(^^)
タンタアレグリアはシュヴァルグランの前差し2着(^^)
アドマイヤデウスは3番手で3着(^^)

フラワーカップ

エンジェルフェイス逃げ切り(^^)
ゲッカコウ中段差し2着(^^)
ウインクルサルーテ中段差し3着(^^)

日経賞

ゴールドアクター3番手差し快勝(^^)
サウンズオブアース2番手で2着(^^)
マリアライトは3番手差し3着(^^)

毎日杯

スマートオーディン中段後方差して快勝(^^)
アーバンキッド中段差し2着(^^)
タイセイサミット先行3着(^^)

マーチステークス

ショウナンアポロン逃げ切り(^^)
バスタータイプは先行し2着(^^)
ドコフクカゼ中段後方差して3着(^^)

高松宮記念

ローレルベローチェが逃げて、ハクサンムーンが2番手(^^)
ミッキーアイルは3番手差し2着(^^)
ビッグアイルは先行差し切る快勝(^^)
アルビアーノは中段差し3着(^^)
高速馬場、前々決着(^^)

2016年3月プレイバック!終

[もっと見る]

 たま 2016年12月30日(金) 09:31
次走報
閲覧 80ビュー コメント 0 ナイス 2

★TCK女王盃(1月25日、大井、交流GIII、ダ1800メートル)
ホワイトフーガ 蛯名(美・高木)JBCレディスクラシック優勝
タイニーダンサー 田辺(美・伊藤圭)クイーン賞2着
タマノブリュネット ルメール(美・高柳)
マイティティー 松山(栗・本田)
ワンミリオンス 福永(栗・小崎)






★白富士S(28日・東京、芝2000メートル)
クラリティスカイ(美浦・斎藤誠)中山金杯2着
カムフィー(美・池上和)中山金杯5着



★クロッカスS(1月28日、東京、OP、芝1400メートル)
マイネルバールマン(美・栗田博)クリスマスローズS優勝


★根岸S(1月29日、東京、ダ1400メートル)
ベストウォーリア(栗・石坂)JBCスプリント2着
ニシケンモノノフ(栗・庄野) 兵庫ゴールドトロフィ優勝
ノボバカラ(美・天間)兵庫ゴールドT3着

ベストマッチョ(手塚)神無月S
ブルミラコロ(栗・大久保)三河S優勝
ブライトライン
グレイスフルリープ
エイシンバッケン




★シルクロードS(29日、京都、GIII、芝1200メートル)
ソルヴェイグ(栗・鮫島)スプリンターズS3着
ダンスディレクター
ブランボヌール(栗・中竹)スプリンターズS11着
アースソニック(栗・中竹)ラピスラズリS13着



★セントポーリア賞(29日、東京、500万下、芝1800メートル)
コロナシオン 戸崎(栗・池添学)黄菊賞4着



★川崎記念(2月1日、川崎、交流GI、ダ2100メートル)
サウンドトゥルー 大野(美・高木)東京大賞典3着
ケイティブレイブ 武豊(栗・目野)
バスタータイプ(栗東・佐藤正雄)
マイネルクロップ(栗東・飯田)
ミツバ 横山典(栗東・加用正)


★きさらぎ賞(2月5日、京都、芝1800メートル)
サトノアーサー 浜中 池江泰寿(栗東) シクラメン賞
アドマイヤミヤビ・牝 友道康夫(栗東)
プラチナヴォイス 鮫島一歩(栗東)
アメリカズカップ 松若(栗・音無)朝日杯FS9着
ダンビュライト ルメール(栗・音無)朝日杯FS13着
ブラックスピネル(栗・音無)京都金杯2着
タガノアシュラ 岩田 五十嵐忠男(栗東)
スズカメジャー 福永(栗・橋田)

★東京新聞杯(2月5日、東京、GIII、芝1600メートル)
エアスピネル(栗・笹田)京都金杯優勝
ブラックスピネル(栗・音無)京都金杯2着
ダンツシリウス(栗・山内)京都金杯6着
ブラックムーン(栗・西浦)京都金杯9着
スマートレイアー(栗・大久保)香港ヴァーズ5着
マイネルアウラート(美・高橋裕)ニューイヤーS優勝



★佐賀記念(2月7日、佐賀、交流GIII、ダ2000メートル)
ストロングサウザー(美・久保田)名古屋グランプリ5着
リーゼントロック
タムロミラクル(栗・西園)ポルックスS3着


★クイーンC(2月11日、東京、GIII、芝1600メートル)
アドマイヤミヤビ(栗・友道)百日草特別優勝
アエロリット
ニシノストーリー
シンボリバーグ 藤沢和雄(美浦)


★あすなろ賞(2月11日、小倉、500万下、芝2000メートル)
モーヴサファイア(栗・池添学)福寿草特別4着


★こぶし賞 (2月12日)
ズアー

★京都記念(2月12日、京都)
マカヒキ ムーア(栗・友道)凱旋門賞14着
ガリバルディ 福永(栗・藤原英)京都金杯13着


★共同通信杯(2月12日、東京、GIII、芝1800メートル)
スワーヴリチャード 庄野靖志(栗東)
アサギリジョー(美・相沢)京成杯5着




★京都牝馬S(2月18日、京都、GIII、芝1400メートル)
スナッチマインド(栗・岡田)六甲アイランドS優勝
エテルナミノル(栗・本田)ターコイズS7着
ウリウリ



★ヒヤシンスS (2月19日、東京、ダ1600メートル)
エピカリス 萩原清(美浦)
モンサンレガーメ 牧光二(美浦)
レヴァンテライオン 矢作芳人(栗東)
シゲルコング 松永康(美浦)
ブルベアバブーン 藤沢則雄(栗東)
ハングリーベン 武井亮(美浦)
アディラート 須貝尚介(栗東) はこべら賞


★小倉大賞典(2月19日、小倉、GIII、芝1800メートル)
ケイティープライド(栗・角田、牡6)チャレンジC3着
ロードヴァンドール(栗・昆、牡4)寿S優勝
ダノンメジャー


★フェブラリーS(2月19日、東京、GI、ダ1600メートル)
コパノリッキー 武豊(栗・村山)東京大賞典5着
ノンコノユメ(美・加藤征)東京大賞典4着
ゴールドドリーム デムーロ(栗東・平田)チャンピオンズC12着
デニムアンドルビー(栗・角居)有馬記念9着


★水仙賞(2月25日、中山、芝2200メートル)
サトノクロニクル 池江泰寿(栗東)
イブキ 奥村武(美浦)




★アーリントンC(2月25日、阪神、GIII、芝1600メートル
キョウヘイ(栗・宮本) シンザン記念優勝
レッドアンシェル(栗・庄野)朝日杯FS8着
ディバインコード
ペルシアンナイト デムーロ 池江泰寿(栗東)


★中山記念(2月26日・中山、芝1800メートル)
リアルスティール(栗・矢作)ジャパンC5着
アンビシャス ルメール(栗・音無)天皇賞・秋4着
ロゴタイプ(美・田中剛)香港マイル5着
ディサイファ(美・小島太)チャレンジC9着
ヌーヴォレコルト(美・斎藤誠)香港ヴァーズ4着
マルターズアポジー(美・堀井)有馬記念15着





★阪急杯(2月26日・阪神、芝1400メートル)
シュウジ(栗・須貝)阪神C優勝
ミッキーアイル(栗・音無)阪神C6着
ロサギガンティア(美・藤沢和)阪神C5着


★エンプレス杯(3月1日・川崎、ダート2100メートル)
エンジェルフェイス 戸崎(栗・藤原英)ニューイヤーS13着




★マクトゥームチャレンジラウンド3(3月4日、メイダン、GI、ダ2000メートル)
ラニ ムーア(栗・松永幹)チャンピオンズC9着



★オーシャンS(3月4日・中山、芝1200メートル)
サクラゴスペル(美・尾関)阪神C12着
スノードラゴン(美・高木)阪神C14着



★G掘.船紂璽螢奪彎 (3月4日、芝1600メートル)
リスグラシュー・牝 武豊 矢作芳人(栗東)
シグルーン
エントリーチケット・牝 宮徹(栗東)



★G供〔鐇絃沺複碍遑菊、中山、芝2000メートル)
サトノアレス 藤沢和雄(美浦) G 朝日杯優勝
カデナ 中竹和也(栗東)
アダムバローズ 角田晃一(栗東)
グローブシアター 角居勝彦(栗東)


★大阪城S(3月5日・阪神、芝1800メートル)
マキシマムドパリ(栗・松元茂)愛知杯優勝




★阪神大賞典(3月9日、阪神、GII、芝3000メートル)
タマモベストプレイ(栗・南井)万葉S優勝
トーセンバジル



★アネモネS (3月11日、中山、芝1600メートル)
ライジングリーズン(美・奥村武)フェアリーS優勝



★金鯱賞(3月11日・中京、芝2000メートル)
ヤマカツエース(栗・池添兼)有馬記念4着


★フィリーズレビュー(3月12日、阪神、GII、芝1400メートル)
ジューヌエコール(栗・安田)阪神JF11着


★中山牝馬S(3月12日、中山、GIII、芝1800メートル)
マジックタイム(美・中川)ターコイズS優勝
ビッシュ(美・鹿戸)ジャパンC16着
クインズミラーグロ(美・和田)愛知杯 3着
サンソヴール(美・和田)愛知杯 2着


★3/18(土)ファルコンS
メイソンジュニア


★スプリングS(3月19日、中山、GII、芝1800メートル)
モンドキャンノ 大野 安田隆行(栗東) 朝日杯FS2着
アウトライアーズ 小島茂之(美浦)ひいらぎ賞優勝



★阪神大賞典(3月19日、阪神、GII、芝3000メートル
シュヴァルグラン(栗・友道)有馬記念6着
トーセンバジル(栗東・藤原英)ジャパンC11着


★フラワーC(3月20日、中山競馬場、GIII、芝1800メートル)
ホウオウパフューム (美・奥村武)寒竹賞優勝



★日経賞(3月25日、中山、GII、芝2500メートル)
ゴールドアクター(美・中川)有馬記念3着
ツクバオアズマオー(美浦・尾形充)中山金杯1着
シャケトラ(栗・角居)日経新春杯2着



★毎日杯(3月25日、阪神、GIII、芝1800メートル)
ガンサリュート 安田隆行(栗東)



★ドバイワールドC(3月25日、メイダン、GI、ダ2000メートル)
アポロケンタッキー(栗・山内)東京大賞典1着
アウォーディー(栗・松永幹)東京大賞典2着


★高松宮記念(3月26日、中京、GI、芝1200メートル)
ビッグアーサー 藤岡康(栗・藤岡)香港スプリント10着
レッドファルクス(美・尾関)香港スプリント12着
フィエロ(栗・藤原英)京都金杯3着


★ダービー卿CT(4月1日・中山・芝1600メートル)
グランシルク(美・戸田)ニューイヤーS2着



★大阪杯(4月2日、阪神、GI、芝2000メートル)
キタサンブラック 武豊(栗・清水久)有馬記念2着



★阪神牝馬S (4月2日、阪神、GI、芝2000メートル)
ジュエラー




★マイラーズC(4月23日・京都、芝1600メートル)
イスラボニータ(美浦・栗田博)阪神C2着

★天皇賞・春(4月30日、京都、GI、芝3200メートル)
★宝塚記念(6月25日、阪神、GI、芝2200メートル)

[もっと見る]

 landr 2016年12月29日(木) 10:04
2016_2016年の注目馬を笑う用〜古馬編
閲覧 31ビュー コメント 0 ナイス 3

2015年12月に走った馬で、2016年に期待できる馬のメモ書き。穴馬を押さえることが目的なので、キタサンブラックやゴールドアクターみたいな当たり前に安い馬はメモしていません。
→コメント(2016年はどうだったか)

△キャンベルジュニア 昇級促通用とは言わないが、そこそこやれる結果
 →重賞1番人気になったりもしたが、現状は準オープン。まあ2017年は勝てるでしょう
〇ブラックムーン 前残り内容でよく差し込んできている
 →準オープン勝ち抜き、オープン特別を勝つ。新春は金杯から。順調。
△フォンタネットポー タイムはともかく、一貫ラップでまとめ方が上手い
 →逃げ足は堅実なのだが、ピークアウトかしまいが持たない現状。
〇カリスマサンスカイ 1頭だけ次元の違う足。出足つけば相当強い
 →2月に15番人気で穴を空ける(買えていなかったが)。今月登録抹消。お疲れさまでした。
×コナブリュワーズ この条件は走る。上位とは差がない。
 →引退してしまいました・・・
△アイアムナチュラル 逃げて、最後にもう一度足を使っている。でもこれはボウマンが上手いのかも
 →復帰戦となった11月に穴を空ける。ただし2016年は未勝利。
×エバーシャルマン ぶち抜き。昇級通用するレベル
 →毎度、人気だけはかっさらっていくものの通用していない。中京専用なのかもしれない。
△ゼウスバローズ ここで差して来れる馬
 →8月に穴を空けたが、以降休養中。ただ穴馬ではなくて軸馬として狙っていたので物足りなくも。
×レジメンタル ここで差して来れる馬
 →2016年は未勝利でした・・・
×ルアノヴァ スローをぶち抜いたこの馬は強い。時計も早い
 →引退してしまいました・・・
△ウォーターショパン 時計、差し脚共に優秀
 →1000万を勝ちこれから!という時に引退してしまいました・・
△コロマンデル 時計、差し脚共に優秀
 →今月2回目の500万勝ち。去年と一緒な流れ。
△ダノンブライト この足が使えるなら、次は勝てる
 →確かに次は勝てたが、その次が勝てず。
△タガノスカイ この足が使えるなら、次は勝てる
 →次が11月の福島になるとは・・・
△モンドアルジェンテ しっかりした末脚。昇級通用
 →今月2回目の500万勝ち。だが、なかなか順調に使えないようで。
〇タガノカムイ むちゃくちゃ上がりかかる展開で前残り。地力あり
 →500万→1000万→降級な流れ。結構おいしい馬。次は順当に勝てるでしょう。
×ファインドヌーヴ 前が残れない展開でしぶとく着確保
 →引退してしまいました・・・
◎シャルール 持続力有。昇級通用
 →重賞2着2回で立派な成績。ただG1での、見せ場もなく大崩れするのは何とかならんか。
△サクセスグローリー OP通用
 →通用どころかいまだに準OP。1400ばかりだがこの時の1800に戻してほしい。
△シゲルカガ いくらなんでも前が速すぎ。ハナ奪えること健在
 →逃げは健在だが、最近は負けすぎで厳しいか。
△シホウ 今回は相手が悪かっただけ。この馬も差し脚は繰り出している
 →2016年未勝利だが、衰えているわけではなさげなのでどこかで来るだろう。
△アンミ 激流に飲み込まれただけ。普通に勝てる
 →500万は勝てたが先細り。前には行けているのだけど。
×ウインレーベン もう少しテンを緩められれば逃げ切り可能
 →2016年未勝利。この馬も先手は取れるのだけどなあ。
△メイクアップ 明らかに位置取りの差。ペース早まればこの馬だったはず
 →地味に複勝馬券の星だったが、WSJSで勝ってしまったので妙味が失せた。
〇ティーエスネオ どこかで息を入れることができれば。(最後失速)
 →逃げ健在で強い。来年はOPに行けるでしょう。
△マテンロウハピネス 勝ち馬には屈したが、理想的な逃げはできている
 →現1000万。さすがに1000万では上位だが・・・
△エルドリッジ 1頭だけ足が違う。ハマった可能性もあるが、復調ならば。
 →500万は勝てたものの、休養が長い。
〇パフォーマプロミス 時計的に昇級通用
 →休養長いが、ようやく新春競馬に出てきますよ。人気するだろうけど。
◎ケントオー 力はつけている。京都替わりで。
 →準オープンとオープン特別勝ったのだから大したもの。金杯は十分勝機あり。
〇カレンリスベット 締まったペースを作り出す。これは穴をあける馬
 →このメモを読み返していれば、先々週取れただろうに・・・
〇サクラアンプルール 次は勝てる上りと堅実さ(ただし、勝ちきれない馬?
 →勝ちきれないどころか、2016年に3勝もするとは思わなかった
△ヒルノデイバロー 平均ペースを12.2で耐えきったことは評価
 →芝に路線変更して、追い込み馬になるとは思わなかった。なぜダートに戻さないのだろう?
△アトム 軽ハンデ馬にやられただけ。実力は見せている
 →なぜか門別に行ってしまいました・・・芝では悪くなかったのだけど。
△アドマイヤゴッド 1頭だけ違う足。昇級通用
 →降級しても苦しい。ただ、ムラっぽいので穴を空ける可能性は引き続きあり。

[もっと見る]

 ★星の競馬★コノホシ 2016年12月28日(水) 17:20
demedas軸馬候補★☆*+の今年最後の成果は…
閲覧 30ビュー コメント 0 ナイス 3

▼5回中山7日
9RクリスマスローズS
枠+6マイネルバールマン1着
10R中山大障害
枠*7オジュウチョウサン1着
11RグレイトフルS
枠★8カフジプリンス1着
枠*1レイズアスピリット2着
枠番ばかりで馬番が振るわず、時系列出目も良くなかった
▼5回阪神7日
10Rクリスマスキャロル賞
★☆*+全滅
11R六甲アイランド
馬★┘謄薀離凜。加
枠☆7オーヴィレール3着(時系列出目枠番7)
▼5回中山8日
10Rクリスマスカップ
枠☆6サトノスティング3着
11R師走S
馬*グレンツェンド1着、枠+8トラキチシャチョウ2着、馬+ブラゾンドゥリア3着
▼5回阪神8日
9Rジングルベル賞
馬*ゥンショーユキヒメ2着(時系列出目枠番5)
10R麻耶S
★☆*+は全滅も、時系列出目馬番ゥラクプア1着
11R阪神カップ
馬★フィエロ3着(時系列出目枠番8)、時系列出目馬番▲轡絅Ε牽叡
時系列出目の成績が良いので、来年からは時系列出目馬番枠番のみ全レース日記にアップ!
▼5回中山9日
7Rグッドラックハンデキャップ
馬★Д好謄ぅ僉璽轡好硲叡紂馬*ブライトバローズ2着
8RフェアウェルS
馬*▲縫奪肇Ε好丱襭加紂馬☆Д戰奪3着、時系列出目馬番.譽奪疋殴襯縫1着
9RホープフルS
馬*マイネルスフェーン2着、枠★グローブシアター3着、時系列出目枠番2レイデオロ1着
10R有馬記念
馬+.タサンブラック2着、枠+1ゴールドアクター3着
11Rハッピーエンドカップ
枠☆4エリーティアラ3着(時系列出目枠番4)
▼5回阪神9日
9R江坂特別
枠☆3エイシンハドソン1着、馬☆ゥ院璽検璽ンカメ3着(時系列出目馬番ハ犯孱)
10R赤穂特別
馬+Ε轡礇ぅ法璽咫璽爍加
11RカウントダウンS
★☆*+すべてダウン
12RファイナルS
枠★5タガノエスプレッソ1着、馬+Ε薀謄鵐蹈奪3着(時系列出目枠番5)
以上で今年も終わりました
来年もdemedas★☆*+と時系列出目は続けます
予想コロの方は、馬連と枠連で回収率アップをめざします

東西金杯のdemrdas★☆*+、時系列出目は年明け早々にアップします

それでは、よいお年をお迎えください!

[もっと見る]

 まぼろしのぴーまん 2016年12月28日(水) 03:23
『ウマニティ公認プロ予想家オーディション2016』
閲覧 53ビュー コメント 0 ナイス 7

みなさまこんばんは。
有馬記念。終わっちゃいましたね。
これで今年のJRAは終わりです。いかがでしたか?

ウマニティプロテストの参加者の皆さまお疲れ様でした。皆様と切磋琢磨で緊張感をもって参加することが出来ました。お疲れ様でした。そしてありがとうございました。

予想を買っていただいたファンの方もありがとうございました。
勝った方もいらっしゃいますが、負けた方本当にすみませんでした。
さらに勉強して精度を上げて参ります。



さて、今年は姫路競馬場で友人と観戦してきました。
結果は今年は一番の負け額を記録。何しに行ったのかって感じですが。。。
有馬記念はラップタイムで語る必要は無いでしょう。最後は現役最強馬たちの駆け引きと叩き合いが見れたので満足です。
馬券はヤマカツエースからがっつり行ってました。4着ですが惜しくもなんともない4着。池添ちゃんは勝つ気があるのかという位置取りで騎乗には大いに不満です。せっかく内ラチ沿いのいい場所を確保してるのにもっと前目に付けて行かないと。。。それでもキタサンにもサトノにも負けてたとは思いますが、3着はあったかな。
それと、マルターズアポジーの武士沢。最も玉砕覚悟で逃げんかい!!20馬身くらい逃げてたら紛れもあったかもね。
一方サトノダイヤモンドのルメールは、キタサンブラックだけに照準をあわせた完璧な騎乗。あれで負けても悔いはないという痺れる乗り方でしたね。
キタサンブラックも相当プレッシャーを受けながらもあわや勝つかという感じでしたから、納得の強さでした。ゴールドアクターも強かった。
有馬記念らしい素晴らしいレースでした。
来年の競馬が楽しみになりましたね。

ウマニティプロテストの二次試験はなんとかプラス収支が狙えるところまで持っていきましたが回収率90パーセントで終わってしまいました。応援してくださった皆さん、すみませんでした。
ひとえにメンタルの弱さだなぁ。当てに行くシーンが何回かあり、高配当を取り損ねてます。また1から出直しです。もし受かれば経験を活かして精一杯やりたいと思います。
今年はリアルの通算回収率も90パーセントになり、なんと負けてしまいました。不甲斐ない!
お正月の間にさらに勉強して金杯を迎えたいと思ってます。
では皆さま良いお年を!
来年も競馬、楽しみましょう!

[もっと見る]

 ムーンホーセズネック 2016年12月27日(火) 20:31
先週の結果&反省
閲覧 33ビュー コメント 0 ナイス 12

ウマコロ(ぅω=`)
まあ、来年はまたグレード入りを目指して(ノ´・ω・)ノ

実馬券は有馬記念は当たりしたが(o´∀`)b
強い馬が強い競馬をしましたね(o´∀`)b
ルメール騎手の涙はサトノダイヤモンドの頑張りで勝てたと言う証拠なのでしょうね(o´∀`)b
キタサンブラックもらしい走り(o´∀`)b来年もこの2頭楽しみですね(o´∀`)b
ゴールドアクターもよく走りました(o´∀`)b
他は力通りか(o´∀`)b

皆様、2016年お疲れ様です、良いお年を(o´∀`)b

[もっと見る]

 4papa 2016年12月27日(火) 20:12
有馬記念
閲覧 44ビュー コメント 4 ナイス 13

結果は結果として、もう1度動画を見てみました。

感じたことは、キタサンブラックの強さでした。

ゴールドアクターが一旦は先頭に立ったのですが、当たり前のように差し返す。

最後は、サトノダイヤモンドにやられましたが、あと100メートルあったら、差し返したかも?(それはないか・・・)

ネットでサトノグループの組織プレイにやられたとありました。

確かにそうかもしれませんが、だったら、八百長なんていつでもできるんだ・・・って思いたくないので、このレース、名勝負だと思うことにします。

勝ったサトノダイヤモンドは確かに強かったけど、2キロの斤量差って、やっぱりでかいんだなぁ〜とも思いました。

そして何より、キタサンブラックが更に大好きになりました。

これから更に伸びる馬と、完成度抜群の馬ですが、春のG1は、キタサンブラックがサトノダイヤモンドに先着する姿を見たいです。

武ジョッキーもまだまだ頑張って欲しいですし。

オリンピックで負けた、柔道の篠原選手を見ている時と近い感情になりました。(負けても勝者的な感じが・・・)

本当に、いいレースでした。

[もっと見る]

 やすの競馬総合病院 2016年12月26日(月) 21:40
有馬記念の感想の巻
閲覧 8ビュー コメント 0 ナイス 5

☆有馬記念の感想☆
6.8-11.3-12.0-11.9-12.1-13.4-12.8-12.9-11.8-11.7-12.1-11.7-12.1
(レースの上がり3F35.9)

中間に雨が降った影響、3日間開催の最終日なんかの影響もあってか、時計のかかる馬場でしたね〜。

結果的に前めで競馬してた馬が1・2・3着ですけど、先行勢に有利なラップではなく、前で競馬した馬ほどタフな競馬だったと思うんで、1・2・3着馬は強いから上位にきたって感じがしました。

直線向いた時に、サトノダイヤモンドが一気に前を捕まえて何馬身か突き放すのかな〜とか思ってたら、キタサンブラックもかなりしぶとくて押し切られるかな〜?と思ったところから、また加速した感じでゴール前でなんとか差し切り勝ち!

勝ったサトノダイヤモンドも強かったけど、負けたキタサンブラックも強くて、見応えのある有馬記念で大満足でした。

2016年の最後のGIってことで、今日はもう出走した全馬にコメントをしていきましょう。


--------------------------------------------------------------------------------

1着サトノダイヤモンド
時計のかかる馬場でこういう流れだとスタミナ量が心配でしたけど、さすが菊花賞馬だけあってスタミナ大丈夫でしたね〜。
とはいえ、距離的には1800〜2200m付近に1番高いパフォーマンス出せるベストな距離がありそうやし、高速馬場で瞬発力勝負になった方がより高いパフォーマンスを出せる馬なのかも?という感じはしたかな。
それだけに、中山2500m・タフな馬場・持久力勝負というキタサンブラックが得意そうな条件で負かせたのはすごく価値があるな〜と思いました。
ルメールがインタビューで感極まって上手くしゃべれないと言ってたシーンは、サトノダイヤモンドに対するコンビ愛みたいなものが出てて印象的でした。

2着キタサンブラック
クビ差負けて2着でしたけど、JCを勝ってさらに他の馬達から目標にされる立場になっても、先行してしぶとく粘りこむというスタイルを貫いて最後まで抵抗した粘りはすごかったです。
ぼくは、派手さのない地味な勝ち方、ダービーの大敗、カレンミロティック相手に辛勝などの印象が濃くて、今までついつい評価を下げがちになるという「キタサンブラック過小評価病」を患っておりましたが、昨日の競馬見て強い馬だったとようやく本当の意味で理解できました。

3着ゴールドアクター
ジャパンカップはあまり力出せてない雰囲気でしたけど、有馬記念狙いが見え見えのローテだけあって有馬記念は負けたとはいえ惜しい3着に頑張りました。
ただ、騎手にはもうちょっと馬の力を信じて強気に乗ってほしかったな〜という感じもしましたが・・・。

4着ヤマカツエース
福島記念、中山金杯を連勝した時は、これはラブリーデイと同じ出世のレールに乗ったかな〜と思ったら、そこから5戦連続着外だったのに、金鯱賞で1着。
さすがに有馬記念は厳しいかな〜と思ったら、ここでも4着に来れるんかい!!と驚きました(笑)
強いのか弱いのかよくわからない馬ですが、よく頑張りましたね。

5着ミッキークイーン
もっと瞬発力が活かせるようなコース・馬場が向いてる馬なんで、中山2500mで牡馬の一線級相手でここまでやれたのはすごいです。

6着シュヴァルグラン
4コーナーの雰囲気とか見てると、おおおおお!!!って感じで見せ場たっぷりの競馬。
福永なんでもう少し消極的というか着狙い的な乗り方すると思ったら普通に勝ちに行く競馬してて驚きましたが、ハマの大魔神もあれで負けたら仕方ないと納得できたかも。

7着アルバート
後ろから追い上げていったら7着まできたって感じでしたが、GIのレベルだとちょっと上位争いまでは辛いのかな〜。
とはいえ、ステイヤーズS連覇はさすがでした。

8着サウンズオブアース
時計のかかる馬場はあまり向いてないのかな〜?
もっとやれていい馬ですけど、あまり見せ場もなく負けちゃいましたね。
来年は重賞でもいいから何か1つでも勝ってほしい馬です。

9着デニムアンドルビー
中山向きじゃないタイプだと思うし、6歳で長期休養明け2走目で牡馬相手のGIとか考えると、9着でも頑張ったといえるかも。

10着マリアライト
時計のかかる馬場での持久力勝負は条件ピッタリだと思うけど、現状では10着が精一杯って感じだったのかな?
引退レースをいい成績で飾れなかったけど、2016年は宝塚記念勝ちましたからね〜。しかも負かした相手があのキタサンブラックですからすごいですよ〜。
胸を張って堂々と引退できますね。お疲れ様でした。

11着アドマイヤデウス
いいポジションにいたんで不気味な雰囲気すごく出てたんですが11着・・・。
来年春の長距離戦でまた頑張ってほしいです。

12着ヒットザターゲット
8歳で有馬記念で12着ならよく頑張ってると思います。

13着サトノノブレス
正直あれがサトノダイヤモンドのアシストになったとは思わないというか、やろうと思ってたアシスト役の仕事の1割もできてなかったと思いますが・・・。
武豊に「組織力の差」と言われたんで、影響は多少あったのかな〜?
重賞4勝馬なのに、後輩の使いっ走りみたいなことやらされたんで、来年はいいことあるといいですね。

14着ムスカテール
8歳なんで最下位じゃないだけでも十分頑張ったかな。
中谷が有馬記念のイベントで戸崎をにらんでたという噂を見ましたが、リスグラシュー絡みかな?
もしそうなら、その時に武豊もにらまなきゃいけませんでしたね。

15着マルターズアポジー
宣言通り逃げて4コーナーまで目立ってましたね〜。
ひよって逃げなかったら、お前それでも「武士」沢かよ〜というところでしたが、その必要はなかったです。
2000m付近でまた頑張ってほしいです。

16着サムソンズプライド
横山典なんで何かやってくるかと思ったけど、特に何もなく終わっちゃいましたが、何かやりたくてもできなかったのかもしれませんね。

☆馬券結果☆
宣言通り、馬連 2・6・11・14 BOXを買いましたがハズレ・・・。

有馬記念の消去法自体は残った4頭に1・2・3着馬が入ってたんで、来年以降も全然使えそう。

JCの1着を見てもまだキタサンブラックの実力をどうしても信じきれなかったぼくの馬の見る目のなさとJCの分析力のなさが敗因でしたね〜。
「負けるべくして負けた」そんなレースでした。

収支は−9000Pでした。


--------------------------------------------------------------------------------

☆おまけ☆
2016年のJRAの競馬は終わっちゃいましたね〜。

また、個人的な収支などは近々振り返りますが、赤字収支になったとはいえ、今年も1年間すごく競馬を楽しめました。

[もっと見る]

 グラスアクター 2016年12月26日(月) 19:52
有馬記念回顧
閲覧 80ビュー コメント 1 ナイス 2

ペースはマルターズアポジーが単騎逃げの形だが、キタサンブラックはこれには付き合わず。スローからの向こう正面でのロングスパート戦。力比べとなる、今年最高レベルのレースだった。


1着サトノダイヤモンドはスタートは中段から。しかし、向こう正面の緩いところで上がっていってキタサンブラックをマークする。そして直線に入って、序盤の伸びはイマイチだが最後の最後に差しきる。
いやー、ルメールの神騎乗炸裂ですわ。恐れ入った、天晴れ。ルメールがこういう競馬できるとは思わなかったし、馬もそれに応えてくれたね。こういう競馬できるなら、もう一段前でレースしてもいいかもね。この馬がようやく見えたというか、とにかく底が見えない。弱点はややギアチェンジが弱いところだけど、ポテンシャル、最後の一伸びが凄い。出しきれればこの馬が一番かな。本当に強い。いいレースだった。ルメールも消極的なことが多いけど、メジャーエンブレムとかネオリアリズムみたいに強いと思えばきっちりと出しきってくれる。一流のジョッキーだね。


2着キタサンブラックは、マルターズアポジーの逃げには付き合わず、レースの支配権を持つ。向こう正面でサトノダイヤモンドにマークされるが焦らず。変わりにノーザンの刺客サトノノブレス×シュミノーがわけわからん絡みをしてくるのを見て外に出す。それでも我慢しながらコーナーで仕掛ける。ゴールドアクターとの叩き合いは制するが最後の最後にサトノダイヤモンドに差し込まれる。
まぁ、難しいレースだったと思う。やっぱり大本命で勝ち続けることの難しさってあるね。それでも最高のレースをしてくれたし、武豊キタサンブラックを来年も見れるってのは幸せだね。個人的にはキタサンブラックに勝って欲しかったけど、ルメールがいいレースをしてくれたのでしょうがない。あえて敗因を挙げるなら、武豊も言ってたけど、サトノノブレスの絡みかな。あれでもう少し仕掛けを待ちたいのに外に出すロスを被ったからね。あれがL1の落ち込みに繋がってる感じかなぁ。サトノダイヤモンドに全敗する馬じゃないと思うし、現役最強として面目躍如かな。対サトノダイヤモンドで言うならもう少し前で仕掛けを待って動きだしで優位性を持ちたいのに、それをさせなかったルメール、そしてシュミノーの作戦勝ちかな。個人馬主はこういうとき辛いね。


3着ゴールドアクターはキタサンブラックの後ろ3列目を取る。そのまま内へ入り、コーナーでも内内から仕掛けていって直線一旦は前に出かけるがキタサンブラックに差しかえしを喰らい、サトノダイヤモンドにも差されて3着。非常にいいバランスで乗ってくれたと思う。とにかく仕掛けを待ちたい馬で、本当にいい脚は一瞬、でもキタサンブラックほどのポテンシャルはない。つくづく思うけど、キタサンブラック共々、今年の秋天出てればモーリスなんかが秋天取ってないよなぁ。それでも地力では前の2頭に差があっなかな。中山が合ってるのはコーナー最速になりやすい中でロスなく進められるから他の馬に優位性が取りやすいんだろうな。


4着ヤマカツエースは後方から進める。コーナーでは外から上がって行くが直線で下がってくる馬がいて進路がなく、上手く捌いたがロスが響いたのか4着まで。うーん、個人的にはヤマカツエースがもう少し頑張ってくれれば配当妙味があったから、もう少し頑張って欲しかった。その意味であの進路のなさはもったいなかったね。金杯の頃から追いかけてて、期待してたんだけどあまり結果がでなくて残念だった。今度こそ充実期に入ってると見ていいかな。京都記念とかこの展開だと甘い馬だったしね。大阪杯とか面白いと思う。


5着ミッキークイーンは中段から進めてコーナーもあまりロスなく立ち回る。だが直線の伸びには繋がらず、完敗だった。うーん、まぁ、これが地力の差というか、やっぱり牡馬の最上位とやりあうにはちょっと武器がないよね。TS持続力、ポテンシャルでも見劣ってるし、動きだしは悪い馬。ちょっと牡馬混合G1でどうかな、というのはあるね。


6着シュヴァルグランは中段から進めていく。3コーナーから上がって行くが、4コーナー最速のレースで外を回して上がっていく 。最後は一杯になって完敗。まぁ、これがルメールと福永の差というか、一流と一流半の違いだよね、というレースだったと思う。このレースで上がっていくなら3コーナーじゃなくてもっと緩い地点なんだけど、それを福永に求めるのは酷かな。やってることはJCと変わらなくて、残り800mくらいから少し動いてラスト500で仕掛けていくだけ。ロスができた分の着差かな。学習能力なし。これでも本人は積極的な方でしょう。福永のタチ悪いのは、「おれがキタサンブラックやサトノダイヤモンドに乗ってれば勝てた」とか本気で思ってそうなところだよね。あれがどれだけの計算と度胸と馬への信頼でできてるのかまるで理解してないし、これからもできないでしょう。馬ももう少しやれて欲しかったかな。


7着アルバートは戸崎がリーディングなのは日本競馬の汚点ですとしか言い様のないゴミ騎乗。せっかくのおあつらえ向きの展開で向こう正面で馬のケツおっかけて仕掛け遅れ。4コーナーでは流石に外を回して進路確保するがバテた馬を差していくだけに終わる。レースの流れ読めなくても馬の脚を余してもリーディングは取れることを証明した、偉大な男。もうリーディングは賞金にしようぜ。価値がない。誰もルメールやミルコや武豊より戸崎がうまいなんて思ってないでしょ。

[もっと見る]

 ファストタテヤマだ 2016年12月26日(月) 15:36
有馬記念回顧
閲覧 22ビュー コメント 0 ナイス 5

6.8 - 11.3 - 12.0 - 11.9 - 12.1 - 13.4 - 12.8 - 12.9 - 11.8 - 11.7 - 12.1 - 11.7 - 12.1

マルターズアポジーの逃げでラップ上は完全な中弛みだが、
2番手以降の馬にしてみると前半緩い流れからのやや中弛み。

差し、追い込み馬は前半を緩く走らされた上で
中盤さらにスピードを抑えられているため、
前目に付けた馬や、中弛みを利用をして位置を押し上げられた馬が有利な流れ。



1着サトノダイヤモンド

1〜2コーナーで位置をしっかり押し上げ切った時点で勝負は付いた。
ただ、直線では思いのほかモタついてしまい、
やはりこの条件は向かないと感じたし、パワー型の馬場もきつかったか。


2着キタサンブラック

昨年とは違いコーナーで速い脚を問われることもなく、
この条件で考えられるほぼ完璧なレース運びはできた。

個人的には「中弛みが苦手」とのイメージが先行しすぎて評価を下げてしまったが、
この流れになればキタサンブラックが前を追いかけないことは十分予測できたし、
1コーナーの上り坂で自然に減速がつくコース形態でもあるので、
前半で余計な脚を使わなくて済むし、無理な減速もしなくていいレース条件ということで、
評価を下げるのは大きな間違いだったと反省。


3着ゴールドアクター

このレース展開になればこの馬も当然有利。
4コーナーで進路を取るために脚を使ってしまっているので、
その辺りで運が味方していれば、もう少し際どい勝負もできたか。


4着ヤマカツエース

他の差し馬が外目を上がっていく中、
内で動かず我慢が利いたことが功を奏した。


5着ミッキークイーン

中弛みで位置を上げられたことが大きかったし、
3〜4コーナーでもじっと我慢し余計な脚を使わなかったことが良かった。


6着シュヴァルグラン

押し上げるなら1〜2コーナーだったが、
先にミッキークイーンに入られてしまい無理には行かず。
もしそこで前目のポジションに入れていたら、結果はかなり変わっていたかも。


7着アルバート

3コーナーまではヤマカツエースと同じく内で我慢が利いていたが、
4コーナーで進路を求めて大外へ回ってしまい、結果的にはロスが多くなってしまった。


8着サウンズオブアース

昨年より位置を落とすことは想定内だったが、思ってた以上に厳しいポジション。
中弛みでもあまり押し上げが利かなかったし、
4コーナーでは下がってきたマリアライトをパスするのにだいぶ無駄脚を使わされてしまった。
隣枠のサムソンズプライドも結果的には嫌らしい存在になってしまったし、
今回はとにかく運がなかった。


9着デニムアンドルビー

ヤマカツエースみたいな騎乗を期待して当日買い目に入れたけど、
まぁこれがバルザローナ騎手だよねと納得してしまうような乗り方。


10着マリアライト

4コーナーで失速してそのまま沈むかと思いきや、
また微妙に盛り返して10着まで上がってきているし、最後までよく分からない馬だった。

[もっと見る]

 joker.jr 2016年12月26日(月) 10:43
怪情報は、やはり快情報だったw
閲覧 32ビュー コメント 0 ナイス 6

いや〜〜〜参りました
ガチガチの上位人気の上位入線でした。
当初の予想通り、
1点でした
キタサンブラックの2着固定で大正解でしたが、
馬単6点買ったので
→。沓沓葦澆如∈把磴糞なでの元金回収ドリームレースでしたw

この日は、自身の目標があり
JRAIPATでの回収率で、阪神と中山の回収率を上げて、トータル100%にしたかったので
有馬記念より、他レースが面白かったんだが。

午後からウインズ後楽園に向かい、現金買いも楽しいから、IPATと併せ投票

中山7Rは、抜け目
阪神7Rは、荒れると読んだが、大荒れでかすりもしなかったw
阪神8R、自信満々で、馬連Α辞娃嬰税磴ぁ。横隠坑葦澆鬘僑娃娃葦濆愼
鼻差でヒヤヒヤGET
前日の中山メインの3連単と合わせて、資金がたっぷり

ここで、有馬記念を追加投資
−、◆↓きЛ┃阿魍藤隠娃娃葦濆愼
怪情報馬券も6点を3連単でBOX120点×100円を購入

さて、阪神10R
ここは大荒れすると予想していたので、´きΝの馬連BOX
┐鯒磴辰討覆ぃ
心が折れるw

そして、有馬記念。
追加した3連単が39400円に
▲粥璽襯疋▲ターよりと屬3着の方がありがたかったな〜〜

そして、狙っている阪神12R 番が前走岩田騎手から藤岡騎手に乗り替わりなので、追い出しが下手だから、2着固定だと読んでたのだが、
ここで、調教特注馬が、3頭↓┃をチェックせずに、2着流しにーΝ阿裡甘盛愼
戻ってきたら、隣で友人が
「あれ〜〜タガノエスプレッソは、調教特注馬の上、初ダート?。この馬って、タガノトネールの弟だな、
馬単で10頭に流してくるわ!!」
ええええ〜〜〜〜〜〜〜w
マジかっw
タガノトネール・・・・最強ダート馬・・・
わしも、買っこうと、ダッシュ・・・・
ところが、締め切りベル!!!w
間に合わなかった・・・・・><

結果は、友人達の大勝ち。大祝杯の大宴会
自分だけ、取ってないw

もう、宴会どころではなくなって、心が折れたまま、帰宅就寝。
夢にまで出てくる悪夢の12R

金杯みてろよ!!倍返しさせてやる!!

皆さん、良いお年を!!

[もっと見る]

2件中 1-2件目を表示

レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。