注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ゴールドアクター(競走馬)

注目ホース

ゴールドアクターの口コミ


口コミ一覧
閲覧 14ビュー コメント 0 ナイス 2

ディーマジェスティ「破滅の道」か新たなる希望か!? 不安な「ローテ確定」に賛否が━ Gambling Journal ギャンブルジャーナル /2017年02月16日 08時00分00秒 http://biz-journal.jp/gj/2017/02/post_2598.html

昨年の皐月賞をレコード勝ちし、クラシック路線の主役の一角として存在感を放ったディーマジェスティ(牡4 美浦・二ノ宮厩舎)のローテーションが確定した。

 ディーマジェスティは、3月の日経賞(G2)から、4月末の天皇賞・春(G1)に向かうことが確定。ここ最近ではフェノーメノがこのローテーションで天皇賞連覇を果たしており、関東所属馬としては一つの「王道ローテーション」といえるが......。

 日経賞の舞台である中山競馬場は、ディーマジェスティが皐月賞、セントライト記念を勝利した舞台であり、何ら問題はない。すでにゴールドアクターやレインボーライン、ツクバアズマオーら中山競馬場を得意とする強豪が多数出走を予定しており楽なレースではないが、ここで勝利すれば再びのG1制覇も大きく近づくに違いない。

 一方、ディーマジェスティの近走成績から、このローテーションに不安を感じる声も少なくないのが実状だ。

「昨年の菊花賞では、ライバルだったサトノダイヤモンドについていくことすらできず4着に敗退し、『距離が長い』という指摘は内外から上がり、輸送にも問題があるのではとの声もあります。その上で大目標が天皇賞となれば、菊花賞からさらなる距離延長。首をかしげる声が多いのも当然かもしれません。

 さらに同馬は、昨年のジャパンCで4番人気ながら13着惨敗と、昨春に見せた勢いが寸断されている状況。闘争心が再び戻るのかどうかにも注目ですね」(競馬記者)

 ディーマジェスティの今回のローテーションは希望の道なのか、それとも破滅の道なのか......。ファンの間では「大阪杯のほうがいい」「宝塚に照準をという声もあるが、果たして。

 たま 2017年02月15日(水) 21:16
次走報
閲覧 32ビュー コメント 0 ナイス 4

★水仙賞(2月25日、中山、芝2200メートル)
サトノクロニクル 池江泰寿(栗東)
イブキ 奥村武(美浦)
アダマンティン(美・大竹)京成杯9着
スパークルメノウ(栗・角居)梅花賞4着


★アーリントンC(2月25日、阪神、GIII、芝1600メートル)
キョウヘイ(栗・宮本) シンザン記念優勝
レッドアンシェル(栗・庄野)朝日杯FS8着
ディバインコード
ペルシアンナイト デムーロ 池江泰寿(栗東)
ミラアイトーン 池江泰寿(栗東)



★総武S (2月25日、中山、ダート1800メートル)
ピオネロ (栗・松永幹)アルデバランS3着
トラキチシャチョウ(栗・目野)
ディアデルレイ


★すみれS(2月26日、阪神、OP、芝2200メートル)
キセキ(栗・角居)セントポーリア賞5着
タガノアシュラ (栗・五十嵐)きさらぎ賞7着
ダノンディスタンス (栗・佐々木)



★中山記念(2月26日・中山、芝1800メートル)
リアルスティール(栗・矢作)ジャパンC5着
アンビシャス ルメール(栗・音無)天皇賞・秋4着
ロゴタイプ(美・田中剛)香港マイル5着
ディサイファ(美・小島太)チャレンジC9着
ヌーヴォレコルト(美・斎藤誠)香港ヴァーズ4着
マルターズアポジー(美・堀井)有馬記念15着
ネオリアリズム
ヴィブロス





★阪急杯(2月26日・阪神、芝1400メートル)
シュウジ(栗・須貝)阪神C優勝
ロサギガンティア(美・藤沢和)阪神C5着
トーキングドラム

★エンプレス杯(3月1日・川崎、ダート2100メートル)
ヴィータアレグリア
タイニーダンサー
タマノブリュネット
ブランシェクール
ワンミリオンス



★マクトゥームチャレンジラウンド3(3月4日、メイダン、GI、ダ2000メートル)
ラニ ムーア(栗・松永幹)チャンピオンズC9着



★オーシャンS(3月4日・中山、芝1200メートル)
サクラゴスペル(美・尾関)阪神C12着
スノードラゴン(美・高木)阪神C14着



★G掘.船紂璽螢奪彎 (3月4日、芝1600メートル)
ソウルスターリング・牝 藤沢和雄(美浦) 阪神ジュベナイルフィリーズ優勝
リスグラシュー・牝 武豊 矢作芳人(栗東)
アロンザモナ(栗・西浦)紅梅S優勝
シグルーン
エントリーチケット・牝 宮徹(栗東)
ワールドフォーラブ 松若 音無(栗東)
アドマイヤローザ


★3歳500万下(3月5日)
プラチナムバレット 河内洋(栗東)福寿草特別3着


★G供〔鐇絃沺複碍遑菊、中山、芝2000メートル)
ブレスジャーニー 本間忍(美浦)G掘‥豕スポーツ杯2歳S、G掘.汽Ε献▲薀咼▲蹈ぅ筌襯ップ
コマノインパルス 菊川正達(美浦) 京成杯優勝
カデナ 福永 中竹和也(栗東)
グローブシアター 角居勝彦(栗東)
ベストアプローチ 藤原英昭(栗東)
ダイワキャグニー(美・菊沢)セントポーリア賞優勝
キングズラッシュ 蛯名(美・久保田)東スポ杯2歳S4着
ダンビュライト 音無秀孝(栗東)


★大阪城S(3月5日・阪神、芝1800メートル)
マキシマムドパリ(栗・松元茂)愛知杯優勝
レコンダイト
ガリバルディ

★ポラリスS(3月5日、阪神、OP、ダ1400メートル)
タールタン(栗・吉村)根岸S14着
ポイントブランク(栗・松下) 銀蹄S1着


★阪神大賞典(3月9日、阪神、GII、芝3000メートル)
◎サトノダイヤモンド(栗・池江)有馬記念優勝
タマモベストプレイ(栗・南井)万葉S優勝
トーセンバジル
タンタアレグリア(美・国枝)AJCC優勝


★アネモネS (3月11日、中山、芝1600メートル)
ライジングリーズン(美・奥村武)フェアリーS優勝





★金鯱賞(3月11日・中京、芝2000メートル)
ヤマカツエース(栗・池添兼)有馬記念4着
ルージュバック(美・大竹)ジャパンC9着
ステファノス 川田(栗・藤原英)香港C3着
スズカデヴィアス(栗・橋田)白富士S優勝
リアファル(栗・音無)AJCC13着


★東風S (3月12日)
ダイワリベラル



★フィリーズレビュー(3月12日、阪神、GII、芝1400メートル)
ジューヌエコール 北村友(栗・安田)
レーヌミノル・牝 本田優(栗東)



★中山牝馬S(3月12日、中山、GIII、芝1800メートル)
マジックタイム(美・中川)ターコイズS優勝
ビッシュ(美・鹿戸)ジャパンC16着
クインズミラーグロ(美・和田)愛知杯 3着
サンソヴール(美・和田)愛知杯 2着
ヒルノマテーラ
パールコード
ハピネスダンサー



★ダイオライト記念 (3月15日、川崎、芝2100メートル)
ワンミリオンス
クリソライト

★ファルコンS(3月18日、中京、GIII、芝1400メートル)
ボンセルヴィーソ(栗・池添学)朝日杯FS3着
ライズスクリュー(美・小野)春菜賞優勝
メイソンジュニア
コウソクストレート 戸崎 中舘英二(美浦) シンザン記念14着



★若葉S(3月18日、阪神、OP、芝2000メートル)
アダムバローズ 角田晃一(栗東) 若駒S



★スプリングS(3月19日、中山、GII、芝1800メートル)
サトノアレス 藤沢和雄(美浦) G 朝日杯
モンドキャンノ 大野 安田隆行(栗東) 朝日杯FS2着
アウトライアーズ 小島茂之(美浦)ひいらぎ賞優勝
トラスト  中村均(栗東)




★阪神大賞典(3月19日、阪神、GII、芝3000メートル
シュヴァルグラン(栗・友道)有馬記念6着
トーセンバジル(栗東・藤原英)ジャパンC11着
カレンミロティック(栗・平田)メルボルンC23着
ヤマカツライデン

★千葉S (3月19日
エイシンヴァラー


★フラワーC(3月20日、中山競馬場、GIII、芝1800メートル)
ホウオウパフューム (美・奥村武)寒竹賞優勝



★日経賞(3月25日、中山、GII、芝2500メートル)
ゴールドアクター(美・中川)有馬記念3着
ツクバオアズマオー(美浦・尾形充)中山金杯1着
シャケトラ(栗・角居)日経新春杯2着
タンタアレグリア (美・国枝)アメリカジョッキーC1着
アドマイヤデウス
アクションスター

★毎日杯(3月25日、阪神、GIII、芝1800メートル)
ガンサリュート 安田隆行(栗東)


★ミモザ賞 (3月25日)
ルヴォワール



★ドバイワールドC(3月25日、メイダン、GI、ダ2000メートル)
アポロケンタッキー ルメール(栗・山内)東京大賞典優勝
アウォーディー (栗・松永幹)東京大賞典2着


★ドバイ・ターフ(3月25日、メイダン、GI、芝1800メートル)
リアルスティール(栗・矢作)ジャパンC5着
ヴィブロス (栗東・友道)


★マーチS(3月26日、中山、GIII、ダ1800メートル)
トップディーヴォ(栗・昆)北山S優勝
マイネルクロップ
ショウナンアポロン





★高松宮記念(3月26日、中京、GI、芝1200メートル)
ビッグアーサー 藤岡康(栗・藤岡)香港スプリント10着
レッドファルクス(美・尾関)香港スプリント12着
ダンスディレクター 浜中(栗・笹田)シルクロードS優勝
フィエロ 内田(栗・藤原英)京都金杯3着
セイウンコウセイ
ソルヴェイグ(栗・鮫島)シルクロードS6着


★名古屋大賞典
モルトベーネ


★ダービー卿CT(4月1日・中山・芝1600メートル)
グランシルク(美・戸田)ニューイヤーS2着


★マーガレットS (4月2日、阪神、芝1400メートル)
ファンタジステラ 音無秀孝(栗東)




★大阪杯(4月2日、阪神、GI、芝2000メートル)
キタサンブラック 武豊(栗・清水久)有馬記念2着
サトノクラウン(栗・友道)京都記念優勝
マカヒキ ルメール(栗・友道)京都記念3着
ミッキーロケット(栗・音無) 京都記念4着


★阪神牝馬S (4月8日、阪神、GI、芝2000メートル)
ジュエラー
ミッキークイーン


★桜花賞(4月9日・阪神、芝1600m)
アドマイヤミヤビ ミルコ(栗・友道)クイーンC優勝
アエロリット(美・菊沢)クイーンC2着
ミスエルテ 川田 (栗・池江)


★アンタレスS(4月15日、阪神、GIII、ダ1800メートル)
グレンツェント(美・加藤)東海S優勝
カゼノコ


★皐月賞(4月16日・中山・芝2000メートル)
レイデオロ 藤沢和雄(美浦) ホープフルS優勝
アメリカズカップ 音無秀孝(栗東) きさらぎ賞優勝
スワーヴリチャード 庄野靖志(栗東) 共同通信杯優勝
サトノアーサー 池江泰寿(栗東) きさらぎ賞2着





★マイラーズC(4月23日・京都、芝1600メートル)
イスラボニータ(美浦・栗田博)阪神C2着
ブラックスピネル(栗・音無)東京新聞杯優勝
エアスピネル(栗・笹田)東京新聞杯3着
ヤングマンパワー
ダッシングブレイズ



★天皇賞・春(4月30日、京都、GI、芝3200メートル)
★宝塚記念(6月25日、阪神、GI、芝2200メートル)

[もっと見る]

 グリーンセンスセラ 2017年02月15日(水) 16:34
モーリスの全弟に期待! 
閲覧 8ビュー コメント 0 ナイス 0

モーリスの全弟に大注目!「史上最強マイラー」の兄を超えられるかに期待は集まるが......━ Gambling Journal ギャンブルジャーナル/2017年02月14日 09時58分00秒 http://biz-journal.jp/gj/2017/02/post_2581.html

 今年の1月に引退式が行われ、今後は種牡馬としての馬生を送るモーリスの全弟である「メジロフランシスの15」の競走馬名が、ルーカスに決まったという。

ルーカスという名はラテン語由来の人名から取られ、「光をもたらす人」という意味を持つ。現役時代は「史上最強マイラー」と呼ばれ、その名声が海を超えて海外にまで知られているモーリスの全弟ともあれば、いやが上にも期待は高まる。

ルーカスが在厩している北海道・ノーザンファーム早来の担当者によれば、昨年の12月に左前に骨瘤が出たというが、現在では症状は緩和。徐々に調教量を増やしているため、馬体は引き締まって体重は落ちているものの、「見た目は一回り大きく見えるといった素質馬特有の雰囲気」が出てきたという。早ければ今年の夏以降に姿を現すことになるだろう。

また今年は、モーリスと同じスクリーンヒーロー産駒のゴールドアクターの全弟も順調にいけば、夏以降にデビューを飾る予定とされる。母馬のヘイロンシンは昨年12月に死去。亡き母のため、また兄の名声を汚さないようにするため、寄せられる期待は大きい。

だが、いうまでもなく全弟馬でも、その期待通りに走らないことも多いのが競馬だ。

近年の期待はずれだった馬といえば、三冠馬オルフェーヴルの全弟である、リヤンドファミユ、アッシュゴールドがあげられるだろう。リヤンドファミユとアッシュゴールドの両頭はいずれも重賞勝ちなしで、それぞれ24戦4勝 [4-1-1-18]、16戦1勝 [1-1-1-13] と、兄とは比べ物にならない成績しか残せていないのが現状だ。

競馬は「ブラッドスポーツ」とも呼ばれ、歴史に名を残す競走馬たちの血統が世界を巡り、現在の世界の競馬環境を作り上げている。それゆえ、血統はある種の活躍する可能性を図るひとつの指標とされている。だからこそ全弟馬が兄と同様、またそれに匹敵する成功を残せるかもしれないと期待する気持ちは痛いほどわかる。だが、それさえも容易に裏切られてしまう。これもまた競馬の醍醐味のひとつと言ってしまえばそれだけなのかもしれないが......。

 モーリス、ゴールドアクター、それぞれの全弟馬。今年のデビューに注目が集まることは間違いないだろう。どのような走りを見せてくれるのだろうか?

[もっと見る]

 グリーンセンスセラ 2017年02月03日(金) 15:47
日本中央競馬会 の元騎手大西直宏 厳選今週のイチ 
閲覧 32ビュー コメント 0 ナイス 2

大西直宏の東京新聞杯(G3)予想も! 厳選!今週東京開催の「イチオシ馬」を公表━ Gambling Journal ギャンブルジャーナル/2017年02月02日 20時00分00秒 http://biz-journal.jp/gj/2017/02/post_2472.html]

 今年も東京開催が開幕した。この1回東京が始まると、いよいよクラシックの蹄音を感じられるようになる。というのも、今週のきさらぎ賞や次週の共同通信杯などの重賞はもちろん注目だが、この時期になると2勝目を狙う500万条件が特に熱くなってくるからだ。

 もう1ヶ月後にはトライアル戦線が開幕するが、2つ勝ってさえおけば出走はまず叶うものの、1勝のままでは抽選対象になるケースが多くなってしまう。出走できるかどうか微妙な仕上げを施すよりは、間違いなく出走できる状況にしておきたいのは当然、ゆえに「勝ちに拘る」陣営が多くなってくる。ゆえに「500万条件が熱い」ということになる。これがまた、クラシックの訪れを感じさせる。

 今週も、騎乗フォームが変わった岩田に乗り替わるタガノアシュラやサトノアーサーが出走する重賞・きさらぎ賞はもちろん注目だが、ダービーと同じ舞台で行われる土曜日東京のゆりかもめ賞も、そういう理由で馬券的には注目の一戦と見ている。中でも取り上げたいのは二ノ宮厩舎のゴールドスミス(土曜東京9Rゆりかもめ賞)。デビュー前から高評価されていた素質馬で、新馬戦から注目して見ていたが、かなり緩い仕上げながら見事新馬勝ちを収めた。着差がクビ差、勝ち時計も目立たなかったことで世間的には評価されていなかったが、情報的には内容のある勝利だった。2戦目の前走も、個人的にホウオウパフュームの大本線の相手として馬券も買っていたが、直線で完全に踏み遅れてしまい6着、ただ坂を上りながら伸びたその脚は「東京で」と思わせるに十分のモノだった。アクションも大きく、広々とした東京なら本来の力を発揮してくれるだろう。

 一昨年にはタンタアレグリア、3年前にはゴールドアクターが2着したレース、その2頭に雰囲気も重なる。因みにこのレースには、まだ未出走のサトノマックスも特別登録をしている。さすが堀厩舎と言ったところだが、使ってくれれば面白いのだが残念ながら既走馬相手にデビューするその雄姿は拝めないようだ。この馬もデビューが待ち遠しい1頭に間違い無い。
(ワールドスタッフ:金子)

競馬情報サイト「ワールド」では毎週無料情報を配信。
今週は東京新聞杯を無料配信中!http://www.wkeibaw.net/?ad_code=p10180d
詳しくはコチラから ↓画像をCLICK

[もっと見る]

 たま 2017年02月01日(水) 22:01
次走報
閲覧 40ビュー コメント 0 ナイス 2

★水仙賞(2月25日、中山、芝2200メートル)
サトノクロニクル 池江泰寿(栗東)
イブキ 奥村武(美浦)
アダマンティン(美・大竹)京成杯9着
スパークルメノウ(栗・角居)梅花賞4着


★アーリントンC(2月25日、阪神、GIII、芝1600メートル)
キョウヘイ(栗・宮本) シンザン記念優勝
レッドアンシェル(栗・庄野)朝日杯FS8着
ディバインコード
ペルシアンナイト デムーロ 池江泰寿(栗東)


★総武S (2月25日)
ピオネロ アルデバランS3着
トラキチシャチョウ



★すみれS(2月26日、阪神、OP、芝2200メートル)
キセキ(栗・角居)セントポーリア賞5着
タガノアシュラ (栗・五十嵐)きさらぎ賞7着
ダノンディスタンス (栗・佐々木)



★中山記念(2月26日・中山、芝1800メートル)
リアルスティール(栗・矢作)ジャパンC5着
アンビシャス ルメール(栗・音無)天皇賞・秋4着
ロゴタイプ(美・田中剛)香港マイル5着
ディサイファ(美・小島太)チャレンジC9着
ヌーヴォレコルト(美・斎藤誠)香港ヴァーズ4着
マルターズアポジー(美・堀井)有馬記念15着





★阪急杯(2月26日・阪神、芝1400メートル)
シュウジ(栗・須貝)阪神C優勝
ミッキーアイル(栗・音無)阪神C6着
ロサギガンティア(美・藤沢和)阪神C5着


★エンプレス杯(3月1日・川崎、ダート2100メートル)
ヴィータアレグリア
タイニーダンサー
タマノブリュネット
ブランシェクール
ワンミリオンス



★マクトゥームチャレンジラウンド3(3月4日、メイダン、GI、ダ2000メートル)
ラニ ムーア(栗・松永幹)チャンピオンズC9着



★オーシャンS(3月4日・中山、芝1200メートル)
サクラゴスペル(美・尾関)阪神C12着
スノードラゴン(美・高木)阪神C14着



★G掘.船紂璽螢奪彎 (3月4日、芝1600メートル)
ソウルスターリング・牝 藤沢和雄(美浦) 阪神ジュベナイルフィリーズ優勝
リスグラシュー・牝 武豊 矢作芳人(栗東)
アロンザモナ(栗・西浦)紅梅S優勝
シグルーン
エントリーチケット・牝 宮徹(栗東)


★3歳500万下(3月5日)
プラチナムバレット 河内洋(栗東)福寿草特別3着


★G供〔鐇絃沺複碍遑菊、中山、芝2000メートル)
ブレスジャーニー 本間忍(美浦)G掘‥豕スポーツ杯2歳S、G掘.汽Ε献▲薀咼▲蹈ぅ筌襯ップ
コマノインパルス 菊川正達(美浦) 京成杯優勝
カデナ 福永 中竹和也(栗東)
グローブシアター 角居勝彦(栗東)
ベストアプローチ 藤原英昭(栗東)
ダイワキャグニー(美・菊沢)セントポーリア賞優勝
キングズラッシュ 蛯名(美・久保田)東スポ杯2歳S4着
ダンビュライト 音無秀孝(栗東)


★大阪城S(3月5日・阪神、芝1800メートル)
マキシマムドパリ(栗・松元茂)愛知杯優勝



★ポラリスS(3月5日、阪神、OP、ダ1400メートル)
タールタン(栗・吉村)根岸S14着
ポイントブランク 銀蹄S 1着


★阪神大賞典(3月9日、阪神、GII、芝3000メートル)
◎サトノダイヤモンド(栗・池江)有馬記念優勝
タマモベストプレイ(栗・南井)万葉S優勝
トーセンバジル
タンタアレグリア(美・国枝)AJCC優勝


★アネモネS (3月11日、中山、芝1600メートル)
ライジングリーズン(美・奥村武)フェアリーS優勝
スズカデヴィアス(栗・橋田)白富士S優勝
リアファル(栗・音無)AJCC13着




★金鯱賞(3月11日・中京、芝2000メートル)
ヤマカツエース(栗・池添兼)有馬記念4着
ルージュバック(美・大竹)ジャパンC9着
ステファノス 川田(栗・藤原英)香港C3着



★フィリーズレビュー(3月12日、阪神、GII、芝1400メートル)
ジューヌエコール(栗・安田)阪神JF11着


★中山牝馬S(3月12日、中山、GIII、芝1800メートル)
マジックタイム(美・中川)ターコイズS優勝
ビッシュ(美・鹿戸)ジャパンC16着
クインズミラーグロ(美・和田)愛知杯 3着
サンソヴール(美・和田)愛知杯 2着



★ダイオライト記念 (3月15日、川崎、芝2100メートル)
ワンミリオンス


★ファルコンS(3月18日、中京、GIII、芝1400メートル)
ボンセルヴィーソ(栗・池添学)朝日杯FS3着
ライズスクリュー(美・小野)春菜賞優勝
メイソンジュニア
コウソクストレート 戸崎 中舘英二(美浦) シンザン記念14着



★若葉S(3月18日、阪神、OP、芝2000メートル)
アダムバローズ 角田晃一(栗東) 若駒S



★スプリングS(3月19日、中山、GII、芝1800メートル)
サトノアレス 藤沢和雄(美浦) G 朝日杯
モンドキャンノ 大野 安田隆行(栗東) 朝日杯FS2着
アウトライアーズ 小島茂之(美浦)ひいらぎ賞優勝
トラスト  中村均(栗東)




★阪神大賞典(3月19日、阪神、GII、芝3000メートル
シュヴァルグラン(栗・友道)有馬記念6着
トーセンバジル(栗東・藤原英)ジャパンC11着
カレンミロティック(栗・平田)メルボルンC23着





★フラワーC(3月20日、中山競馬場、GIII、芝1800メートル)
ホウオウパフューム (美・奥村武)寒竹賞優勝



★日経賞(3月25日、中山、GII、芝2500メートル)
ゴールドアクター(美・中川)有馬記念3着
ツクバオアズマオー(美浦・尾形充)中山金杯1着
シャケトラ(栗・角居)日経新春杯2着
タンタアレグリア アメリカジョッキーC1着
アドマイヤデウス


★毎日杯(3月25日、阪神、GIII、芝1800メートル)
ガンサリュート 安田隆行(栗東)



★ドバイワールドC(3月25日、メイダン、GI、ダ2000メートル)
アポロケンタッキー(栗・山内)東京大賞典優勝
アウォーディー(栗・松永幹)東京大賞典2着



★ドバイ・ターフ(3月25日、メイダン、GI、芝1800メートル)
リアルスティール(栗・矢作)ジャパンC5着



★マーチS(3月26日、中山、GIII、ダ1800メートル)
トップディーヴォ(栗・昆)北山S優勝




★高松宮記念(3月26日、中京、GI、芝1200メートル)
ビッグアーサー 藤岡康(栗・藤岡)香港スプリント10着
レッドファルクス(美・尾関)香港スプリント12着
ダンスディレクター 浜中(栗・笹田)シルクロードS優勝
フィエロ 内田(栗・藤原英)京都金杯3着
セイウンコウセイ
ソルヴェイグ(栗・鮫島)シルクロードS6着


★ダービー卿CT(4月1日・中山・芝1600メートル)
グランシルク(美・戸田)ニューイヤーS2着


★マーガレットS (4月2日、阪神、芝1400メートル)
ファンタジステラ 音無秀孝(栗東)




★大阪杯(4月2日、阪神、GI、芝2000メートル)
キタサンブラック 武豊(栗・清水久)有馬記念2着
サトノクラウン(栗・友道)京都記念優勝
マカヒキ ルメール(栗・友道)京都記念3着
ミッキーロケット 京都記念4着


★阪神牝馬S (4月8日、阪神、GI、芝2000メートル)
ジュエラー
ミッキークイーン


★桜花賞(4月9日・阪神、芝1600m)
アドマイヤミヤビ(栗・友道)クイーンC優勝
アエロリット(美・菊沢)クイーンC2着
ミスエルテ 川田 (栗・池江)


★アンタレスS(4月15日、阪神、GIII、ダ1800メートル)
グレンツェント(美・加藤)東海S優勝



★皐月賞(4月16日・中山・芝2000メートル)
レイデオロ 藤沢和雄(美浦) ホープフルS優勝
アメリカズカップ 音無秀孝(栗東) きさらぎ賞優勝
スワーヴリチャード 庄野靖志(栗東) 共同通信杯優勝
サトノアーサー 池江泰寿(栗東) きさらぎ賞2着





★マイラーズC(4月23日・京都、芝1600メートル)
イスラボニータ(美浦・栗田博)阪神C2着
ブラックスピネル(栗・音無)東京新聞杯優勝
エアスピネル(栗・笹田)東京新聞杯3着



★天皇賞・春(4月30日、京都、GI、芝3200メートル)
★宝塚記念(6月25日、阪神、GI、芝2200メートル)

[もっと見る]

 たま 2017年01月27日(金) 19:57
次走報
閲覧 39ビュー コメント 0 ナイス 3

★川崎記念(2月1日、川崎、交流GI、ダ2100メートル)
サウンドトゥルー 大野(美・高木)東京大賞典3着
ケイティブレイブ 武豊(栗・目野)
バスタータイプ 内田博(栗東・佐藤正雄)
ミツバ 横山典(栗東・加用正)
オールブラッシュ ルメール(栗・村山)
コスモカナディアン 柴田大(美・金成)


★きさらぎ賞(2月5日、京都、芝1800メートル)
サトノアーサー 浜中 池江泰寿(栗東) シクラメン賞
アドマイヤミヤビ・牝 友道康夫(栗東)
プラチナヴォイス 鮫島一歩(栗東)
アメリカズカップ 松若(栗・音無)朝日杯FS9着
ダンビュライト ルメール(栗・音無)朝日杯FS13着
ブラックスピネル(栗・音無)京都金杯2着
タガノアシュラ 岩田 五十嵐忠男(栗東)
スズカメジャー 福永(栗・橋田)

★東京新聞杯(2月5日、東京、GIII、芝1600メートル)
エアスピネル(栗・笹田)京都金杯優勝
ブラックスピネル(栗・音無)京都金杯2着
ダンツシリウス(栗・山内)京都金杯6着
ブラックムーン(栗・西浦)京都金杯9着
スマートレイアー(栗・大久保)香港ヴァーズ5着
マイネルアウラート(美・高橋裕)ニューイヤーS優勝



★佐賀記念(2月7日、佐賀、交流GIII、ダ2000メートル)
ストロングサウザー(美・久保田)名古屋グランプリ5着
タムロミラクル ミルコ(栗・西園)ポルックスS3着
トウショウフリーク
リッカルド
ロンドンタウン


★クイーンC(2月11日、東京、GIII、芝1600メートル)
アドマイヤミヤビ(栗・友道)百日草特別優勝
アエロリット
ニシノストーリー
シンボリバーグ 藤沢和雄(美浦)
フローレスマジック 戸崎(美・木村)アルテミスS2着



★あすなろ賞(2月11日、小倉、500万下、芝2000メートル)
モーヴサファイア(栗・池添学)福寿草特別4着


★こぶし賞 (2月12日)
ズアー

★京都記念(2月12日、京都)
マカヒキ ムーア(栗・友道)凱旋門賞14着
ガリバルディ 福永(栗・藤原英)京都金杯13着


★共同通信杯(2月12日、東京、GIII、芝1800メートル)
スワーヴリチャード 庄野靖志(栗東)
アサギリジョー(美・相沢)京成杯5着



★フリージア賞(2月18日、東京、芝2000メートル)
トリコロールブルー 戸崎(栗・友道)


★京都牝馬S(2月18日、京都、GIII、芝1400メートル)
スナッチマインド(栗・岡田)六甲アイランドS優勝
エテルナミノル(栗・本田)ターコイズS7着
ウリウリ 岩田(栗・藤原英)ターコイズS9着




★ヒヤシンスS (2月19日、東京、ダ1600メートル)
エピカリス 萩原清(美浦)
モンサンレガーメ 牧光二(美浦)
レヴァンテライオン 矢作芳人(栗東)
シゲルコング 松永康(美浦)
ブルベアバブーン 藤沢則雄(栗東)
ハングリーベン 武井亮(美浦)
アディラート 須貝尚介(栗東) はこべら賞


★小倉大賞典(2月19日、小倉、GIII、芝1800メートル)
ケイティープライド(栗・角田、牡6)チャレンジC3着
ロードヴァンドール(栗・昆、牡4)寿S優勝
ダノンメジャー


★フェブラリーS(2月19日、東京、GI、ダ1600メートル)
コパノリッキー 武豊(栗・村山)東京大賞典5着
ノンコノユメ(美・加藤征)東京大賞典4着
ゴールドドリーム デムーロ(栗東・平田)チャンピオンズC12着
デニムアンドルビー(栗・角居)有馬記念9着
モルトベーネ(栗・松永昌)東海2着
アスカノロマン(栗・川村)東海8着
サウンドスカイ(栗・佐藤正)すばるS16着


★水仙賞(2月25日、中山、芝2200メートル)
サトノクロニクル 池江泰寿(栗東)
イブキ 奥村武(美浦)
アダマンティン(美・大竹)京成杯9着



★アーリントンC(2月25日、阪神、GIII、芝1600メートル
キョウヘイ(栗・宮本) シンザン記念優勝
レッドアンシェル(栗・庄野)朝日杯FS8着
ディバインコード
ペルシアンナイト デムーロ 池江泰寿(栗東)


★中山記念(2月26日・中山、芝1800メートル)
リアルスティール(栗・矢作)ジャパンC5着
アンビシャス ルメール(栗・音無)天皇賞・秋4着
ロゴタイプ(美・田中剛)香港マイル5着
ディサイファ(美・小島太)チャレンジC9着
ヌーヴォレコルト(美・斎藤誠)香港ヴァーズ4着
マルターズアポジー(美・堀井)有馬記念15着





★阪急杯(2月26日・阪神、芝1400メートル)
シュウジ(栗・須貝)阪神C優勝
ミッキーアイル(栗・音無)阪神C6着
ロサギガンティア(美・藤沢和)阪神C5着


★エンプレス杯(3月1日・川崎、ダート2100メートル)
エンジェルフェイス 戸崎(栗・藤原英)ニューイヤーS13着




★マクトゥームチャレンジラウンド3(3月4日、メイダン、GI、ダ2000メートル)
ラニ ムーア(栗・松永幹)チャンピオンズC9着



★オーシャンS(3月4日・中山、芝1200メートル)
サクラゴスペル(美・尾関)阪神C12着
スノードラゴン(美・高木)阪神C14着



★G掘.船紂璽螢奪彎 (3月4日、芝1600メートル)
リスグラシュー・牝 武豊 矢作芳人(栗東)
シグルーン
エントリーチケット・牝 宮徹(栗東)



★G供〔鐇絃沺複碍遑菊、中山、芝2000メートル)
サトノアレス 藤沢和雄(美浦) G 朝日杯優勝
カデナ 福永 中竹和也(栗東)
グローブシアター 角居勝彦(栗東)


★大阪城S(3月5日・阪神、芝1800メートル)
マキシマムドパリ(栗・松元茂)愛知杯優勝




★阪神大賞典(3月9日、阪神、GII、芝3000メートル)
◎サトノダイヤモンド(栗・池江)有馬記念優勝
タマモベストプレイ(栗・南井)万葉S優勝
トーセンバジル
タンタアレグリア(美・国枝)AJCC優勝


★アネモネS (3月11日、中山、芝1600メートル)
ライジングリーズン(美・奥村武)フェアリーS優勝



★金鯱賞(3月11日・中京、芝2000メートル)
ヤマカツエース(栗・池添兼)有馬記念4着
ルージュバック(美・大竹)ジャパンC9着
ステファノス 川田(栗・藤原英)香港C3着



★フィリーズレビュー(3月12日、阪神、GII、芝1400メートル)
ジューヌエコール(栗・安田)阪神JF11着


★中山牝馬S(3月12日、中山、GIII、芝1800メートル)
マジックタイム(美・中川)ターコイズS優勝
ビッシュ(美・鹿戸)ジャパンC16着
クインズミラーグロ(美・和田)愛知杯 3着
サンソヴール(美・和田)愛知杯 2着


★3/18(土)ファルコンS
メイソンジュニア


★若葉S(3月18日、阪神、OP、芝2000メートル)
アダムバローズ 角田晃一(栗東) 若駒S



★スプリングS(3月19日、中山、GII、芝1800メートル)
モンドキャンノ 大野 安田隆行(栗東) 朝日杯FS2着
アウトライアーズ 小島茂之(美浦)ひいらぎ賞優勝



★阪神大賞典(3月19日、阪神、GII、芝3000メートル
シュヴァルグラン(栗・友道)有馬記念6着
トーセンバジル(栗東・藤原英)ジャパンC11着


★フラワーC(3月20日、中山競馬場、GIII、芝1800メートル)
ホウオウパフューム (美・奥村武)寒竹賞優勝



★日経賞(3月25日、中山、GII、芝2500メートル)
ゴールドアクター(美・中川)有馬記念3着
ツクバオアズマオー(美浦・尾形充)中山金杯1着
シャケトラ(栗・角居)日経新春杯2着



★毎日杯(3月25日、阪神、GIII、芝1800メートル)
ガンサリュート 安田隆行(栗東)



★ドバイワールドC(3月25日、メイダン、GI、ダ2000メートル)
アポロケンタッキー(栗・山内)東京大賞典1着
アウォーディー(栗・松永幹)東京大賞典2着


★高松宮記念(3月26日、中京、GI、芝1200メートル)
ビッグアーサー 藤岡康(栗・藤岡)香港スプリント10着
レッドファルクス(美・尾関)香港スプリント12着
フィエロ 内田(栗・藤原英)京都金杯3着


★ダービー卿CT(4月1日・中山・芝1600メートル)
グランシルク(美・戸田)ニューイヤーS2着



★大阪杯(4月2日、阪神、GI、芝2000メートル)
キタサンブラック 武豊(栗・清水久)有馬記念2着



★阪神牝馬S (4月2日、阪神、GI、芝2000メートル)
ジュエラー




★マイラーズC(4月23日・京都、芝1600メートル)
イスラボニータ(美浦・栗田博)阪神C2着

★天皇賞・春(4月30日、京都、GI、芝3200メートル)
★宝塚記念(6月25日、阪神、GI、芝2200メートル)

[もっと見る]

 ユウキ先生 2017年01月05日(木) 12:09
☆中山金杯パート2(結論)☆
閲覧 47ビュー コメント 0 ナイス 6

中山金杯予想します(^_-)-☆

◎ツクバアズマオーでいきます!!

2走前のオールカマーではあのゴールドアクターに迫り3着と好走♪

今回は勝機十分です!(^^)!

展開ハマればロンギングダンサーとマイネルフロストにも注目してみます〜〜

[もっと見る]

 ムーンホーセズネック 2017年01月03日(火) 21:25
2016プレイバック! 14
閲覧 30ビュー コメント 0 ナイス 9

12月

ステイヤーズステークス

アルバートは中段差し快勝(^^)
ファタモルガーナは中段差し2着(^^)
モンデインテロは中段後方差して3着(^^)

金鯱賞

ヤマカツエース中段差し快勝(^^)
バトルウィールは2番手で2着(^^)
ジュンドルボンは先行して3着(^^)

チャンピオンズカップ

サウンドトゥルーは追い込み快勝(^^)
アウォーディーは中段前差し2着(^^)
アスカノロマンは2番手3着(^^)

カペラステークス

ノボバカラは逃げ切り快勝(^^)
ニシケンモノノフは中段差し2着(^^)
コーリンベリーは先行して3着(^^)

阪神ジュベナイルフィリーズ

ソウルスターリングは番手、先行して快勝(^^)
リスグラシューは追い込み2着(^^)
レーヌミノルは先行して3着(^^)

ターコイズステークス

マジックタイムは追い込み快勝(^^)
レッツゴードンキは追い込み2着(^^)
カフェブリリアントは中段差し3着(^^)

朝日杯フューチュリティステークス

サトノアレス中段後方差して快勝(^^)
モンドキャノン追い込み2着(^^)
ボンセルヴィーソ逃げ粘り3着(^^)

阪神カップ

ミッキーアイルの2番手に付け2着(^^)
シュウジは先行差し快勝
フィエロは先行差し3着(^^)

ホープフルステークス

レイデオロは追い込み直線は馬群裁き快勝(^^)
マイネルスフェーン内を突き中段後方差して2着(^^)
グローブシアター中段後方差して3着(^^)

有馬記念

サトノダイヤモンドは先行、番手、直線は一時止まるか?が差して快勝(^^)
キタサンブラックは2番手突き放すが2着(^^)
ゴールドアクターは3番手で3着(^^)
サトノダイヤモンドはルメール騎手の腕より馬の気持ちが勝った1戦(^^)
キタサンブラックは負けはしたが来年も安定した戦績を残せるはず(^^)
ゴールドアクターは得意の中山で自力出し切り(^^)

[もっと見る]

 ムーンホーセズネック 2017年01月02日(月) 12:38
2016プレイバック! 11
閲覧 27ビュー コメント 0 ナイス 9

9月

トラスト逃げ切り(^^)
ブラックオニキスは先行3着(^^)
アドマイヤウイナーは中段差し3着(^^)

新潟大賞典

アデインザライフ追い込み大外ラチ沿い快勝(^^)
アルバートドックは中段後方差して2着(^^)
ロンギングダンサーは追い込み3着(^^)

小倉2歳ステークス

レーヌミノルは逃げ切り突き放す快勝(^^)
ダイイチターミナルは中段差し2着(^^)
カシノマスト先行し3着(^^)

紫苑ステークス

ビッシュ中段後方差して捲り突き放す快勝(^^)
ヴィブロス中段後方差して2着(^^)
フロンティアクイーンは先行して3着(^^)
中山の捲りは能力的に足りないと反動が?馬体重もあるが?

京成杯オータムハンデ

ロードクエストは中段差し捲り快勝(^^)
カフェブリリアント中段差し2着(^^)
ダノンプラチナは中段差し3着着(^^)
ロードクエストは結果が秋は?やはりる中山捲りは消耗するか(^^)

セントウルステークス

ビックアーサー逃げ切り快勝(^^)
ネロは中段差し2着(^^)
ラヴァーズポイントは3番手で3着(^^)

セントライト記念

ディーマジョスティは追い込み捲り快勝(^^)
ゼーヴィントは先行して2着(^^)
プロディガルサンは中段後方差して3着(^^)
ディーマジョスティは捲りで消耗しているのは確か(^^)

ローズステークス

シンハライトは中段差し快勝(^^)
クロコスミアは逃げ粘り2着(^^)
カイザーバルは番手、先行して3着(^^)
シンハライトは無事ならG1二つは勝てていたはず(^^)

オールカマー

ゴールドアクターは中段差し捲り快勝(^^)
サトノノブレスは先行して2着(^^)
ツグバアズマオー中段差し3着(^^)

神戸新聞杯

サトノダイヤモンド中段差し快勝(^^)
ミッキーロケットはサトノダイヤモンド終始マーク2着(^^)
レッドエルディストは中段差し3着着(^^)

[もっと見る]

 グリーンセンスセラ 2017年01月01日() 22:49
2017【中山金杯・展望】 
閲覧 27ビュー コメント 0 ナイス 1

【中山金杯・展望】「中山マイスター」の異名を誇るツクバアズマオー中心も"波乱含み"の/中山金杯。高配当のカギを握るのは、あの「G1馬」の復活? ━Gambling Journal ギャンブルジャーナル/ 2017年01月01日 00時00分00秒 http://biz-journal.jp/gj/2017/01/post_2209.html

 一昨年はラブリーデイが、そして昨年にはヤマカツエースがそれぞれ充実した一年を刻んでおり、G3とはいえ今年で66回を迎える中山金杯(G3、芝2000m)は一際大きな存在感を示し続けている。

 ラブリーデイだけでなく、かつてはグルメフロンティアやサクラローレルがG1制覇への足掛かりとした伝統のレースに、今年も飛躍を狙う馬たちが顔を揃えた。「一年の計は金杯にあり」西の京都金杯と合わせ、今年はどんな馬が年始を飾るのだろうか。

「中山マイスター」の異名を誇るツクバアズマオー(牡6歳、美浦・尾形充弘厩舎)が重賞初制覇を狙っている。

 古くは有馬記念(G1)を制したマツリダゴッホ。現役でも中山でとにかく強いゴールドアクターなど、独特のパワーバランスが要求される中山巧者はいつの時代にもいるが、このツクバアズマオーを筋金入りの中山専用機である。

 若駒の頃は中山でも結果が出なかったが、ここ8走は[4‐2‐2‐0]とパーフェクト。抜群の中山適性を見せている。特に昨秋のオールカマー(G2)ではゴールドアクター、サトノノブレスに次ぐ3着。クリールカイザーやマリアライトにも先着を果たし、中山ではすでに重賞級の実力馬といえるだろう。

 馬券になっているのがすべて中山、もしくは函館や札幌といった洋芝となる典型的なパワー型。そんなツクバアズマオーにとって、馬場が荒れやすい冬の中山開催はもってこいの条件。すでに前走でディセンバーS(OP)を快勝している。

 おそらく抜けた1番人気が想定されるが、来るG1挑戦に向けて中山開催の内に賞金を稼いでおきたいところだ。

 そんなツクバアズマオーにとって厄介なのが、3連勝と勢いに乗る明け4歳馬ストロングタイタン(牡4歳、栗東・池江泰寿厩舎)だろう。

 約半年の休養を挟んで復帰した昨夏の500万下で2着すると、そこから500万下→1000万下→1600万下と3連勝。ついに重賞挑戦まで駒を進めてきたストロングタイタン。

 特に前走の修学院S(1600万下)では、これまでの好位からの競馬ではなく中団やや前からのレースを展開すると、しぶとく脚を伸ばして前をきっちり捕らえ切った。特別キレる脚が使えるわけではないが、それが逆に今の中山では活きそうだ。

 中山2000mは2歳の芙蓉S(OP)で8着に敗れて以来となるが、あの時とは馬が違う。未だキャリア7戦と大事に使われてきた素質馬が、重賞初制覇を飾るか。

 一昨年のNHKマイルC(G1)の覇者クラリティスカイ(牡5歳、美浦・斎藤誠厩舎)に復活の気配が漂い始めている。

 3歳春に世代のマイル王に輝いてから約1年半勝ち星から遠ざかっていたが、昨夏に今の斎藤厩舎に転厩してから馬が変わってきたようだ。特に2000mに距離を伸ばしたここ2戦はアイルランドT(OP)が3着、ディセンバーSが4着と堅実に結果を残せるようになってきた。

 トップハンデとはいえ、57.5圓覆蕕亠成杯オータムH(G3)の4着で経験済み。手が合いそうな田辺裕信騎手が引き続き乗ることも好感触で、一年の初陣となるこのレースでG1馬が復活の勝利を挙げるか。

 古豪のマイネルフロスト(牡6歳、美浦・高木登厩舎)も冬の中山が良さそうな存在だ。

 ここのところ精彩を欠く競馬が続いているが、昨年の中山金杯では逃げてペースを掴むと2着に粘り込んでいる。その後のAJCC(G2)でも4着しているように、とにかくこの時期の中山がいい馬。

 前走のディセンバーSでは良い所なく敗れているが、見限るのはまだ早そうだ。

 他にもディセンバーSで3着したシャイニープリンス、前走のダート戦を度外視すれば巻き返し十分のドレッドノータス、徐々に力を付けてきたダノンメジャー、新潟記念(G3)3着と同じ53圓能仭できるロンギングダンサーと、伏兵陣が波乱を呼んでもまったくおかしくはない。

 実は、冒頭に触れたラブリーデイやヤマカツエースは1番人気ではなかった。それだけに後から振り返れば「何故?」と思える素質馬が下位人気に潜んでいる可能性もある。

 ハンデ戦で波乱含みの中山金杯(G3)は1月5日(木)の15時30分に発走予定だ。

[もっと見る]

 ムーンホーセズネック 2016年12月31日() 21:26
2016プレイバック 4
閲覧 43ビュー コメント 0 ナイス 10

オーシャンステークス

エイシンブルズアイ中段差し快勝(´▽`)ノ
ハクサンムーン逃げ粘り2着(´▽`)ノ
スノードラゴン 中段差し3着(´▽`)ノ

チューリップ賞

シンハライト中段差し快勝(´▽`)ノ
ジュエラーはシンハライト前差し2着(^^)
ラベンダーヴァレイ2番手3着(^^)

弥生賞

マカヒキは追い込み快勝(^^)
リオンディーズ先行して2着(^^)
エアスピネルは中段差し3着(^^)

中日新聞杯

サトノノブレス中段前差し快勝(^^)
ファントムライト3番手2着(^^)
レコンダイト中段差し3着(^^)

中山牝馬ステークス

ジュンドルボン中段後方差し快勝(^^)
ルージュバック中段差し2着(^^)
メイショウスザンナ中段後方差し3着(^^)

フィリーズレビュー

ソルヴェイグ3番手で快勝(^^)
アットザシーサイド中段差し2着(^^)
キャンディバローズ逃げ粘り3着(^^)

ファルコンステークス

トウショウドラフタ中段差し快勝(^^)
ブレイブスマッシュ中段後方差し2着(^^)
シゲルノコギリザメは2番手3着(^^)
道悪(^^)

スプリングステークス

マウントロブソン先行差し切る(^^)
マイネルハニーは逃げて粘り2着(^^)
ロードクエスト追い込み3着(^^)

阪神大賞典

シュヴァルグラン中段差し快勝(^^)
タンタアレグリアはシュヴァルグランの前差し2着(^^)
アドマイヤデウスは3番手で3着(^^)

フラワーカップ

エンジェルフェイス逃げ切り(^^)
ゲッカコウ中段差し2着(^^)
ウインクルサルーテ中段差し3着(^^)

日経賞

ゴールドアクター3番手差し快勝(^^)
サウンズオブアース2番手で2着(^^)
マリアライトは3番手差し3着(^^)

毎日杯

スマートオーディン中段後方差して快勝(^^)
アーバンキッド中段差し2着(^^)
タイセイサミット先行3着(^^)

マーチステークス

ショウナンアポロン逃げ切り(^^)
バスタータイプは先行し2着(^^)
ドコフクカゼ中段後方差して3着(^^)

高松宮記念

ローレルベローチェが逃げて、ハクサンムーンが2番手(^^)
ミッキーアイルは3番手差し2着(^^)
ビッグアイルは先行差し切る快勝(^^)
アルビアーノは中段差し3着(^^)
高速馬場、前々決着(^^)

2016年3月プレイバック!終

[もっと見る]

 たま 2016年12月30日(金) 09:31
次走報
閲覧 101ビュー コメント 0 ナイス 2

★川崎記念(2月1日、川崎、交流GI、ダ2100メートル)
サウンドトゥルー 大野(美・高木)東京大賞典3着
ケイティブレイブ 武豊(栗・目野)
バスタータイプ 内田博(栗東・佐藤正雄)
ミツバ 横山典(栗東・加用正)
オールブラッシュ ルメール(栗・村山)
コスモカナディアン 柴田大(美・金成)


★きさらぎ賞(2月5日、京都、芝1800メートル)
サトノアーサー 浜中 池江泰寿(栗東) シクラメン賞
アドマイヤミヤビ・牝 友道康夫(栗東)
プラチナヴォイス 鮫島一歩(栗東)
アメリカズカップ 松若(栗・音無)朝日杯FS9着
ダンビュライト ルメール(栗・音無)朝日杯FS13着
ブラックスピネル(栗・音無)京都金杯2着
タガノアシュラ 岩田 五十嵐忠男(栗東)
スズカメジャー 福永(栗・橋田)

★東京新聞杯(2月5日、東京、GIII、芝1600メートル)
エアスピネル(栗・笹田)京都金杯優勝
ブラックスピネル(栗・音無)京都金杯2着
ダンツシリウス(栗・山内)京都金杯6着
ブラックムーン(栗・西浦)京都金杯9着
スマートレイアー(栗・大久保)香港ヴァーズ5着
マイネルアウラート(美・高橋裕)ニューイヤーS優勝



★佐賀記念(2月7日、佐賀、交流GIII、ダ2000メートル)
ストロングサウザー(美・久保田)名古屋グランプリ5着
リーゼントロック
タムロミラクル(栗・西園)ポルックスS3着


★クイーンC(2月11日、東京、GIII、芝1600メートル)
アドマイヤミヤビ(栗・友道)百日草特別優勝
アエロリット
ニシノストーリー
シンボリバーグ 藤沢和雄(美浦)
フローレスマジック 戸崎(美・木村)アルテミスS2着



★あすなろ賞(2月11日、小倉、500万下、芝2000メートル)
モーヴサファイア(栗・池添学)福寿草特別4着


★こぶし賞 (2月12日)
ズアー

★京都記念(2月12日、京都)
マカヒキ ムーア(栗・友道)凱旋門賞14着
ガリバルディ 福永(栗・藤原英)京都金杯13着


★共同通信杯(2月12日、東京、GIII、芝1800メートル)
スワーヴリチャード 庄野靖志(栗東)
アサギリジョー(美・相沢)京成杯5着



★フリージア賞(2月18日、東京、芝2000メートル)
トリコロールブルー 戸崎(栗・友道)


★京都牝馬S(2月18日、京都、GIII、芝1400メートル)
スナッチマインド(栗・岡田)六甲アイランドS優勝
エテルナミノル(栗・本田)ターコイズS7着
ウリウリ 岩田(栗・藤原英)ターコイズS9着




★ヒヤシンスS (2月19日、東京、ダ1600メートル)
エピカリス 萩原清(美浦)
モンサンレガーメ 牧光二(美浦)
レヴァンテライオン 矢作芳人(栗東)
シゲルコング 松永康(美浦)
ブルベアバブーン 藤沢則雄(栗東)
ハングリーベン 武井亮(美浦)
アディラート 須貝尚介(栗東) はこべら賞


★小倉大賞典(2月19日、小倉、GIII、芝1800メートル)
ケイティープライド(栗・角田、牡6)チャレンジC3着
ロードヴァンドール(栗・昆、牡4)寿S優勝
ダノンメジャー


★フェブラリーS(2月19日、東京、GI、ダ1600メートル)
コパノリッキー 武豊(栗・村山)東京大賞典5着
ノンコノユメ(美・加藤征)東京大賞典4着
ゴールドドリーム デムーロ(栗東・平田)チャンピオンズC12着
デニムアンドルビー(栗・角居)有馬記念9着
モルトベーネ(栗・松永昌)東海2着
アスカノロマン(栗・川村)東海8着
サウンドスカイ(栗・佐藤正)すばるS16着


★水仙賞(2月25日、中山、芝2200メートル)
サトノクロニクル 池江泰寿(栗東)
イブキ 奥村武(美浦)
アダマンティン(美・大竹)京成杯9着



★アーリントンC(2月25日、阪神、GIII、芝1600メートル
キョウヘイ(栗・宮本) シンザン記念優勝
レッドアンシェル(栗・庄野)朝日杯FS8着
ディバインコード
ペルシアンナイト デムーロ 池江泰寿(栗東)


★中山記念(2月26日・中山、芝1800メートル)
リアルスティール(栗・矢作)ジャパンC5着
アンビシャス ルメール(栗・音無)天皇賞・秋4着
ロゴタイプ(美・田中剛)香港マイル5着
ディサイファ(美・小島太)チャレンジC9着
ヌーヴォレコルト(美・斎藤誠)香港ヴァーズ4着
マルターズアポジー(美・堀井)有馬記念15着





★阪急杯(2月26日・阪神、芝1400メートル)
シュウジ(栗・須貝)阪神C優勝
ミッキーアイル(栗・音無)阪神C6着
ロサギガンティア(美・藤沢和)阪神C5着


★エンプレス杯(3月1日・川崎、ダート2100メートル)
エンジェルフェイス 戸崎(栗・藤原英)ニューイヤーS13着




★マクトゥームチャレンジラウンド3(3月4日、メイダン、GI、ダ2000メートル)
ラニ ムーア(栗・松永幹)チャンピオンズC9着



★オーシャンS(3月4日・中山、芝1200メートル)
サクラゴスペル(美・尾関)阪神C12着
スノードラゴン(美・高木)阪神C14着



★G掘.船紂璽螢奪彎 (3月4日、芝1600メートル)
リスグラシュー・牝 武豊 矢作芳人(栗東)
シグルーン
エントリーチケット・牝 宮徹(栗東)



★G供〔鐇絃沺複碍遑菊、中山、芝2000メートル)
サトノアレス 藤沢和雄(美浦) G 朝日杯優勝
カデナ 福永 中竹和也(栗東)
アダムバローズ 角田晃一(栗東)
グローブシアター 角居勝彦(栗東)


★大阪城S(3月5日・阪神、芝1800メートル)
マキシマムドパリ(栗・松元茂)愛知杯優勝




★阪神大賞典(3月9日、阪神、GII、芝3000メートル)
タマモベストプレイ(栗・南井)万葉S優勝
トーセンバジル
タンタアレグリア(美・国枝)AJCC優勝


★アネモネS (3月11日、中山、芝1600メートル)
ライジングリーズン(美・奥村武)フェアリーS優勝



★金鯱賞(3月11日・中京、芝2000メートル)
ヤマカツエース(栗・池添兼)有馬記念4着
ルージュバック(美・大竹)ジャパンC9着
ステファノス 川田(栗・藤原英)香港C3着



★フィリーズレビュー(3月12日、阪神、GII、芝1400メートル)
ジューヌエコール(栗・安田)阪神JF11着


★中山牝馬S(3月12日、中山、GIII、芝1800メートル)
マジックタイム(美・中川)ターコイズS優勝
ビッシュ(美・鹿戸)ジャパンC16着
クインズミラーグロ(美・和田)愛知杯 3着
サンソヴール(美・和田)愛知杯 2着


★3/18(土)ファルコンS
メイソンジュニア


★スプリングS(3月19日、中山、GII、芝1800メートル)
モンドキャンノ 大野 安田隆行(栗東) 朝日杯FS2着
アウトライアーズ 小島茂之(美浦)ひいらぎ賞優勝



★阪神大賞典(3月19日、阪神、GII、芝3000メートル
シュヴァルグラン(栗・友道)有馬記念6着
トーセンバジル(栗東・藤原英)ジャパンC11着


★フラワーC(3月20日、中山競馬場、GIII、芝1800メートル)
ホウオウパフューム (美・奥村武)寒竹賞優勝



★日経賞(3月25日、中山、GII、芝2500メートル)
ゴールドアクター(美・中川)有馬記念3着
ツクバオアズマオー(美浦・尾形充)中山金杯1着
シャケトラ(栗・角居)日経新春杯2着



★毎日杯(3月25日、阪神、GIII、芝1800メートル)
ガンサリュート 安田隆行(栗東)



★ドバイワールドC(3月25日、メイダン、GI、ダ2000メートル)
アポロケンタッキー(栗・山内)東京大賞典1着
アウォーディー(栗・松永幹)東京大賞典2着


★高松宮記念(3月26日、中京、GI、芝1200メートル)
ビッグアーサー 藤岡康(栗・藤岡)香港スプリント10着
レッドファルクス(美・尾関)香港スプリント12着
フィエロ 内田(栗・藤原英)京都金杯3着


★ダービー卿CT(4月1日・中山・芝1600メートル)
グランシルク(美・戸田)ニューイヤーS2着



★大阪杯(4月2日、阪神、GI、芝2000メートル)
キタサンブラック 武豊(栗・清水久)有馬記念2着



★阪神牝馬S (4月2日、阪神、GI、芝2000メートル)
ジュエラー




★マイラーズC(4月23日・京都、芝1600メートル)
イスラボニータ(美浦・栗田博)阪神C2着

★天皇賞・春(4月30日、京都、GI、芝3200メートル)
★宝塚記念(6月25日、阪神、GI、芝2200メートル)

[もっと見る]

 landr 2016年12月29日(木) 10:04
2016_2016年の注目馬を笑う用〜古馬編
閲覧 32ビュー コメント 0 ナイス 3

2015年12月に走った馬で、2016年に期待できる馬のメモ書き。穴馬を押さえることが目的なので、キタサンブラックやゴールドアクターみたいな当たり前に安い馬はメモしていません。
→コメント(2016年はどうだったか)

△キャンベルジュニア 昇級促通用とは言わないが、そこそこやれる結果
 →重賞1番人気になったりもしたが、現状は準オープン。まあ2017年は勝てるでしょう
〇ブラックムーン 前残り内容でよく差し込んできている
 →準オープン勝ち抜き、オープン特別を勝つ。新春は金杯から。順調。
△フォンタネットポー タイムはともかく、一貫ラップでまとめ方が上手い
 →逃げ足は堅実なのだが、ピークアウトかしまいが持たない現状。
〇カリスマサンスカイ 1頭だけ次元の違う足。出足つけば相当強い
 →2月に15番人気で穴を空ける(買えていなかったが)。今月登録抹消。お疲れさまでした。
×コナブリュワーズ この条件は走る。上位とは差がない。
 →引退してしまいました・・・
△アイアムナチュラル 逃げて、最後にもう一度足を使っている。でもこれはボウマンが上手いのかも
 →復帰戦となった11月に穴を空ける。ただし2016年は未勝利。
×エバーシャルマン ぶち抜き。昇級通用するレベル
 →毎度、人気だけはかっさらっていくものの通用していない。中京専用なのかもしれない。
△ゼウスバローズ ここで差して来れる馬
 →8月に穴を空けたが、以降休養中。ただ穴馬ではなくて軸馬として狙っていたので物足りなくも。
×レジメンタル ここで差して来れる馬
 →2016年は未勝利でした・・・
×ルアノヴァ スローをぶち抜いたこの馬は強い。時計も早い
 →引退してしまいました・・・
△ウォーターショパン 時計、差し脚共に優秀
 →1000万を勝ちこれから!という時に引退してしまいました・・
△コロマンデル 時計、差し脚共に優秀
 →今月2回目の500万勝ち。去年と一緒な流れ。
△ダノンブライト この足が使えるなら、次は勝てる
 →確かに次は勝てたが、その次が勝てず。
△タガノスカイ この足が使えるなら、次は勝てる
 →次が11月の福島になるとは・・・
△モンドアルジェンテ しっかりした末脚。昇級通用
 →今月2回目の500万勝ち。だが、なかなか順調に使えないようで。
〇タガノカムイ むちゃくちゃ上がりかかる展開で前残り。地力あり
 →500万→1000万→降級な流れ。結構おいしい馬。次は順当に勝てるでしょう。
×ファインドヌーヴ 前が残れない展開でしぶとく着確保
 →引退してしまいました・・・
◎シャルール 持続力有。昇級通用
 →重賞2着2回で立派な成績。ただG1での、見せ場もなく大崩れするのは何とかならんか。
△サクセスグローリー OP通用
 →通用どころかいまだに準OP。1400ばかりだがこの時の1800に戻してほしい。
△シゲルカガ いくらなんでも前が速すぎ。ハナ奪えること健在
 →逃げは健在だが、最近は負けすぎで厳しいか。
△シホウ 今回は相手が悪かっただけ。この馬も差し脚は繰り出している
 →2016年未勝利だが、衰えているわけではなさげなのでどこかで来るだろう。
△アンミ 激流に飲み込まれただけ。普通に勝てる
 →500万は勝てたが先細り。前には行けているのだけど。
×ウインレーベン もう少しテンを緩められれば逃げ切り可能
 →2016年未勝利。この馬も先手は取れるのだけどなあ。
△メイクアップ 明らかに位置取りの差。ペース早まればこの馬だったはず
 →地味に複勝馬券の星だったが、WSJSで勝ってしまったので妙味が失せた。
〇ティーエスネオ どこかで息を入れることができれば。(最後失速)
 →逃げ健在で強い。来年はOPに行けるでしょう。
△マテンロウハピネス 勝ち馬には屈したが、理想的な逃げはできている
 →現1000万。さすがに1000万では上位だが・・・
△エルドリッジ 1頭だけ足が違う。ハマった可能性もあるが、復調ならば。
 →500万は勝てたものの、休養が長い。
〇パフォーマプロミス 時計的に昇級通用
 →休養長いが、ようやく新春競馬に出てきますよ。人気するだろうけど。
◎ケントオー 力はつけている。京都替わりで。
 →準オープンとオープン特別勝ったのだから大したもの。金杯は十分勝機あり。
〇カレンリスベット 締まったペースを作り出す。これは穴をあける馬
 →このメモを読み返していれば、先々週取れただろうに・・・
〇サクラアンプルール 次は勝てる上りと堅実さ(ただし、勝ちきれない馬?
 →勝ちきれないどころか、2016年に3勝もするとは思わなかった
△ヒルノデイバロー 平均ペースを12.2で耐えきったことは評価
 →芝に路線変更して、追い込み馬になるとは思わなかった。なぜダートに戻さないのだろう?
△アトム 軽ハンデ馬にやられただけ。実力は見せている
 →なぜか門別に行ってしまいました・・・芝では悪くなかったのだけど。
△アドマイヤゴッド 1頭だけ違う足。昇級通用
 →降級しても苦しい。ただ、ムラっぽいので穴を空ける可能性は引き続きあり。

[もっと見る]

 ★コノホシカツ★ 2016年12月28日(水) 17:20
demedas軸馬候補★☆*+の今年最後の成果は…
閲覧 36ビュー コメント 0 ナイス 3

▼5回中山7日
9RクリスマスローズS
枠+6マイネルバールマン1着
10R中山大障害
枠*7オジュウチョウサン1着
11RグレイトフルS
枠★8カフジプリンス1着
枠*1レイズアスピリット2着
枠番ばかりで馬番が振るわず、時系列出目も良くなかった
▼5回阪神7日
10Rクリスマスキャロル賞
★☆*+全滅
11R六甲アイランド
馬★┘謄薀離凜。加
枠☆7オーヴィレール3着(時系列出目枠番7)
▼5回中山8日
10Rクリスマスカップ
枠☆6サトノスティング3着
11R師走S
馬*グレンツェンド1着、枠+8トラキチシャチョウ2着、馬+ブラゾンドゥリア3着
▼5回阪神8日
9Rジングルベル賞
馬*ゥンショーユキヒメ2着(時系列出目枠番5)
10R麻耶S
★☆*+は全滅も、時系列出目馬番ゥラクプア1着
11R阪神カップ
馬★フィエロ3着(時系列出目枠番8)、時系列出目馬番▲轡絅Ε牽叡
時系列出目の成績が良いので、来年からは時系列出目馬番枠番のみ全レース日記にアップ!
▼5回中山9日
7Rグッドラックハンデキャップ
馬★Д好謄ぅ僉璽轡好硲叡紂馬*ブライトバローズ2着
8RフェアウェルS
馬*▲縫奪肇Ε好丱襭加紂馬☆Д戰奪3着、時系列出目馬番.譽奪疋殴襯縫1着
9RホープフルS
馬*マイネルスフェーン2着、枠★グローブシアター3着、時系列出目枠番2レイデオロ1着
10R有馬記念
馬+.タサンブラック2着、枠+1ゴールドアクター3着
11Rハッピーエンドカップ
枠☆4エリーティアラ3着(時系列出目枠番4)
▼5回阪神9日
9R江坂特別
枠☆3エイシンハドソン1着、馬☆ゥ院璽検璽ンカメ3着(時系列出目馬番ハ犯孱)
10R赤穂特別
馬+Ε轡礇ぅ法璽咫璽爍加
11RカウントダウンS
★☆*+すべてダウン
12RファイナルS
枠★5タガノエスプレッソ1着、馬+Ε薀謄鵐蹈奪3着(時系列出目枠番5)
以上で今年も終わりました
来年もdemedas★☆*+と時系列出目は続けます
予想コロの方は、馬連と枠連で回収率アップをめざします

東西金杯のdemrdas★☆*+、時系列出目は年明け早々にアップします

それでは、よいお年をお迎えください!

[もっと見る]

 まぼろしのぴーまん 2016年12月28日(水) 03:23
『ウマニティ公認プロ予想家オーディション2016』
閲覧 62ビュー コメント 0 ナイス 7

みなさまこんばんは。
有馬記念。終わっちゃいましたね。
これで今年のJRAは終わりです。いかがでしたか?

ウマニティプロテストの参加者の皆さまお疲れ様でした。皆様と切磋琢磨で緊張感をもって参加することが出来ました。お疲れ様でした。そしてありがとうございました。

予想を買っていただいたファンの方もありがとうございました。
勝った方もいらっしゃいますが、負けた方本当にすみませんでした。
さらに勉強して精度を上げて参ります。



さて、今年は姫路競馬場で友人と観戦してきました。
結果は今年は一番の負け額を記録。何しに行ったのかって感じですが。。。
有馬記念はラップタイムで語る必要は無いでしょう。最後は現役最強馬たちの駆け引きと叩き合いが見れたので満足です。
馬券はヤマカツエースからがっつり行ってました。4着ですが惜しくもなんともない4着。池添ちゃんは勝つ気があるのかという位置取りで騎乗には大いに不満です。せっかく内ラチ沿いのいい場所を確保してるのにもっと前目に付けて行かないと。。。それでもキタサンにもサトノにも負けてたとは思いますが、3着はあったかな。
それと、マルターズアポジーの武士沢。最も玉砕覚悟で逃げんかい!!20馬身くらい逃げてたら紛れもあったかもね。
一方サトノダイヤモンドのルメールは、キタサンブラックだけに照準をあわせた完璧な騎乗。あれで負けても悔いはないという痺れる乗り方でしたね。
キタサンブラックも相当プレッシャーを受けながらもあわや勝つかという感じでしたから、納得の強さでした。ゴールドアクターも強かった。
有馬記念らしい素晴らしいレースでした。
来年の競馬が楽しみになりましたね。

ウマニティプロテストの二次試験はなんとかプラス収支が狙えるところまで持っていきましたが回収率90パーセントで終わってしまいました。応援してくださった皆さん、すみませんでした。
ひとえにメンタルの弱さだなぁ。当てに行くシーンが何回かあり、高配当を取り損ねてます。また1から出直しです。もし受かれば経験を活かして精一杯やりたいと思います。
今年はリアルの通算回収率も90パーセントになり、なんと負けてしまいました。不甲斐ない!
お正月の間にさらに勉強して金杯を迎えたいと思ってます。
では皆さま良いお年を!
来年も競馬、楽しみましょう!

[もっと見る]

2件中 1-2件目を表示

レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。