ゴールドアクター(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録

ゴールドアクターの口コミ


口コミ一覧
閲覧 43ビュー コメント 0 ナイス 8

先週の重賞はダイヤモンドS&京都牝馬S&小倉大賞典&フェブラリーS!!

個人的に◎○の成績を記載していきたいと思います☆

中山金杯=◎ダイワキャグニー=5着 ○ブラックバゴ=4着

京都金杯=◎ブラックムーン=1着 ○ストーミーシー=5着

フェアリーS=◎レッドベルローズ=3着 ○プリモシーン=1着

シンザン記念=◎アーモンドアイ=1着 ○カフジバンガード=5着

愛知杯=◎クインズミラーグロ=16着 ○キンショーユキヒメ=10着

京成杯=◎コズミックフォース=2着 ○エイムアンドエンド=10着

日経新春杯=◎ミッキーロケット=4着 ○カラビナ=8着

東海S=◎テイエムジンソク=1着 ○ドラゴンバローズ=13着

アメリカJCC=◎ゴールドアクター=11着 ○トーセンビクトリー=5着

根岸S=◎アキトクレッセント=12着 ○カフジテイク=3着

シルクロードS=◎アットザシーサイド=14着 ○ダイアナヘイロー=16着

東京新聞杯=◎グレーターロンドン=9着 ○ダノンプラチナ=11着

きさらぎ賞=◎ダノンマジェスティ=9着 ○カツジ=5着

共同通信杯=◎グレイル=7着 ○カフジバンガード=5着

京都記念=◎レイデオロ=3着 ○クロコスミア=8着

クイーンC=◎フィニフティ=2着 ○ナラトゥリス=15着

ダイヤモンドS=◎リッチーリッチー=4着 ○ソールインパクト=3着

京都牝馬S=◎ソルヴェイグ=11着 ○ヴゼットジョリー=6着

小倉大賞典=◎ダッシングブレイズ=4着 ○ハッピーユニバンス=7着

フェブラリーS=◎テイエムジンソク=12着 ○インカンテーション=3着

次の印は[1着・2着・3着・4着・5着・掲示板以外]で表示します(^^)/

◎[3・2・2・3・1・9]

○[1・0・3・1・5・10]

合わせて〜〜〜(^◇^)

◎○[4・2・5・4・6・19](´・ω・`)

 ユウキ先生 2018年2月13日(火) 21:12
☆2018年 重賞 ユウキ先生の◎○パート6(*^-^*)☆
閲覧 50ビュー コメント 0 ナイス 6

先週の重賞は共同通信杯&京都記念&クイーンC☆

個人的に◎○の成績を記載していきたいと思います☆

中山金杯=◎ダイワキャグニー=5着 ○ブラックバゴ=4着

京都金杯=◎ブラックムーン=1着 ○ストーミーシー=5着

フェアリーS=◎レッドベルローズ=3着 ○プリモシーン=1着

シンザン記念=◎アーモンドアイ=1着 ○カフジバンガード=5着

愛知杯=◎クインズミラーグロ=16着 ○キンショーユキヒメ=10着

京成杯=◎コズミックフォース=2着 ○エイムアンドエンド=10着

日経新春杯=◎ミッキーロケット=4着 ○カラビナ=8着

東海S=◎テイエムジンソク=1着 ○ドラゴンバローズ=13着

アメリカJCC=◎ゴールドアクター=11着 ○トーセンビクトリー=5着

根岸S=◎アキトクレッセント=12着 ○カフジテイク=3着

シルクロードS=◎アットザシーサイド=14着 ○ダイアナヘイロー=16着

東京新聞杯=◎グレーターロンドン=9着 ○ダノンプラチナ=11着

きさらぎ賞=◎ダノンマジェスティ=9着 ○カツジ=5着

共同通信杯=◎グレイル=7着 ○カフジバンガード=5着

京都記念=◎レイデオロ=3着 ○クロコスミア=8着

クイーンC=◎フィニフティ=2着 ○ナラトゥリス=15着

次の印は[1着・2着・3着・4着・5着・掲示板以外]で表示します(^^)/

◎[3・2・2・1・1・7]

○[1・0・1・1・5・8]

合わせて〜〜〜(^◇^)

◎○[4・2・3・2・6・15](´・ω・`)

[もっと見る]

 ユウキ先生 2018年2月9日(金) 22:41
☆2018年 重賞 ユウキ先生の◎○パート5(*^-^*)☆
閲覧 67ビュー コメント 0 ナイス 8

先週の重賞は東京新聞杯&きさらぎ賞☆

個人的に◎○の成績を記載していきたいと思います☆

中山金杯=◎ダイワキャグニー=5着 ○ブラックバゴ=4着

京都金杯=◎ブラックムーン=1着 ○ストーミーシー=5着

フェアリーS=◎レッドベルローズ=3着 ○プリモシーン=1着

シンザン記念=◎アーモンドアイ=1着 ○カフジバンガード=5着

愛知杯=◎クインズミラーグロ=16着 ○キンショーユキヒメ=10着

京成杯=◎コズミックフォース=2着 ○エイムアンドエンド=10着

日経新春杯=◎ミッキーロケット=4着 ○カラビナ=8着

東海S=◎テイエムジンソク=1着 ○ドラゴンバローズ=13着

アメリカJCC=◎ゴールドアクター=11着 ○トーセンビクトリー=5着

根岸S=◎アキトクレッセント=12着 ○カフジテイク=3着

シルクロードS=◎アットザシーサイド=14着 ○ダイアナヘイロー=16着

東京新聞杯=◎グレーターロンドン=9着 ○ダノンプラチナ=11着

きさらぎ賞=◎ダノンマジェスティ=9着 ○カツジ=5着

次の印は[1着・2着・3着・4着・5着・掲示板以外]で表示します(^^)/

◎[3・1・1・1・1・6]

○[1・0・1・1・4・6]

合わせて〜〜〜(^◇^)

◎○[4・1・2・2・5・12](´・ω・`)

[もっと見る]

 グリーンセンスセラ 2018年2月5日(月) 21:49
> 大阪杯(G1)「最強面子」 
閲覧 62ビュー コメント 0 ナイス 1

大阪杯(G1)「最強面子」でJRAウハウハ!? 「中距離No.1決定戦」出走予定馬が異常にすごい─ Gambling Journal ギャンブルジャーナル 2018年2月5日 16時38分 http://biz-journal.jp/gj/2018/02/post_5751.html

今年の4月1日に開催される大阪杯(G1)。G1競走になって2回目の開催となる。昨年はキタサンブラックが見事な勝利で初代王者となったが、今年も「アツいレースになる」とすでに大きな話題をさらっている。

 昨年はキタサンブラックを軸としたライバルたちの争いだったが、今年は「豪華メンバーの凌ぎの削り合い」が楽しめそうである。

 まず、昨年の凱旋門賞惨敗以来、いまだレースに姿を現していないサトノダイヤモンド(牡5 栗東・池江厩舎)が最大の注目か。3歳時に菊花賞と有馬記念を制したが、昨年はG1未勝利。天皇賞・春でキタサンブラックに完敗し、レコードタイムとなった激しい走りの疲れが尾を引いたという説も。

 2歳時から「怪物」と大きな話題を集め、3歳時もその期待に違わぬ結果を見せてくれたサトノダイヤモンド。現在はその状態や強さに疑問符がついてしまっているが、大阪杯を制することができれば、再び現役トップクラスの称号を得られるに違いない。

 そんなサトノダイヤモンドと前哨戦の金鯱賞でぶつかるのが、昨年の日本ダービー2着馬スワーヴリチャード(牡4 栗東・庄野厩舎)である。こちらもすでに大阪杯参戦を見据えているが、同馬で気になるのは、やはり競馬場適性だろう。

 ここまで左回りでは4戦2勝2着2回と抜群の安定感を誇り、昨年のアルゼンチン共和国杯では古馬を一蹴する圧巻の勝利。逆に右回りのG1競走2戦では馬券圏内に入ったことがない。皐月賞、有馬記念とトップホースが集ったレースでの結果だけに一概にはいえないが、パフォーマンスの差だけ見れば一目瞭然ともいえる。「強い4歳世代」の筆頭格として前哨戦は得意の左回りで勝利をつかみ、本番で「苦手説」を克服できれば、自ずと頂点は見えてくる。

🏇次のページ シュヴァルグラン(牡6 栗東・友道厩舎)は、2000mにどこまで対応できるかが鍵

同世代の参戦といえば、ペルシアンナイト(牡4 栗東・池江厩舎)を外すわけにはいかないだろう。昨年のマイルCSは最後の最後で伸び脚を見せ、逃げるエアスピネルを捉えて勝利。3歳にして古馬G1を勝利してみせた。

 本質的にはマイラーという見方が強いが、レコードタイムの皐月賞で2着に入るなど、距離の融通が利くタイプという意見もある。同じ父ハービンジャーのディアドラやモズカッチャンは中距離G1を制している。2000mへの懐の深さを見せることができれば、能力的に劣る存在ではない。まずは前哨戦の中山記念(1800m)が一つのテストだろう。

昨年のジャパンCを勝利し、ついに現役最強クラスの馬になったシュヴァルグラン(牡6 栗東・友道厩舎)は、2000mにどこまで対応できるかが鍵か。天皇賞・春の2年連続馬券圏内やジャパンC、有馬記念の好走などステイヤーとしての実績が目立つ同馬。2000m以下のレースに出走すること自体「3歳の8月以来」である。

 友道調教師も「2000mの対応は『?』」と語っており、不安は拭えない。ただ、キタサンブラックら強豪たちと凌ぎを削ってきた実績はこのメンバーの中でもNo.1。能力が距離不安を吹き飛ばすかが鍵となるだろう。初騎乗となる三浦皇成騎手の手腕にも注目だ。

🏇🏇次のページ 皐月賞馬アルアイン、覚醒のダンビュライト、素質馬ミッキースワロー

この他にも昨年の皐月賞馬アルアイン、今年のAJCC覇者でついに覚醒のダンビュライト、同2着の素質馬ミッキースワロー、昨年3着の「2000mの鬼」ヤマカツエースなど差のない強豪が勢ぞろいする予定。さらに動向が定かではないゴールドアクターも加われば、一切隙のない最強メンバーとなるだろう。

 この大阪杯がG1化されたことにより、「強豪馬の2月始動戦」が多くなるなど、競馬界全体の活性化にもつながっている。その上でこれだけのメンバーが集うとなれば、JRAもウハウハといったところだろうか。

[もっと見る]

 ユウキ先生 2018年1月29日(月) 22:10
☆2018年 重賞 ユウキ先生の◎○パート4(*^-^*)☆
閲覧 73ビュー コメント 0 ナイス 7

先週の重賞は根岸S&シルクロードS☆

個人的に◎○の成績を記載していきたいと思います☆

中山金杯=◎ダイワキャグニー=5着 ○ブラックバゴ=4着

京都金杯=◎ブラックムーン=1着 ○ストーミーシー=5着

フェアリーS=◎レッドベルローズ=3着 ○プリモシーン=1着

シンザン記念=◎アーモンドアイ=1着 ○カフジバンガード=5着

愛知杯=◎クインズミラーグロ=16着 ○キンショーユキヒメ=10着

京成杯=◎コズミックフォース=2着 ○エイムアンドエンド=10着

日経新春杯=◎ミッキーロケット=4着 ○カラビナ=8着

東海S=◎テイエムジンソク=1着 ○ドラゴンバローズ=13着

アメリカJCC=◎ゴールドアクター=11着 ○トーセンビクトリー=5着

根岸S=◎アキトクレッセント=12着 ○カフジテイク=3着

シルクロードS=◎アットザシーサイド=14着 ○ダイアナヘイロー=16着

次の印は[1着・2着・3着・4着・5着・掲示板以外]で表示します(^^)/

◎[3・1・1・1・1・4]

○[1・0・1・1・3・5]

合わせて〜〜〜(^◇^)

◎○[4・1・2・2・4・9](^^♪

[もっと見る]

 おがちゃん 2018年1月27日() 07:18
馬券に絡む寸評上位馬 (1月27日)
閲覧 35ビュー コメント 0 ナイス 1

自称「優馬」研究家のおがちゃんです。
馬券に絡む「優馬」の寸評の統計を取っています。
80パーセント複勝馬券に絡む馬をウマニティの読者予想で公開しています。

http://umanity.jp/coliseum/registration_list2.php

1月27日の寸評上位馬です。

< 勝ち負け >

< 好勝負 >

< 上位争い >

京都9R  △シスターフラッグ
京都12R 注トウカイシュテルン

1月21日の寸評上位馬結果です。

< 勝ち負け >

< 好勝負 >

中山10R 注Д泪謄薀好イ 1着、6番人気

< 上位争い >

中山3R  注ぅ肇奪廛侫リア 9着、5番人気
中山11R 〇ゥ粥璽襯疋▲ター 11着、3番人気

京都11R 〇Дライムメジャー 6着、1番人気

実績

勝ち負け 勝率 32%、連対率 49%、複勝率 65%

好勝負  勝率 25%、連対率 43%、複勝率 55%

上位争い 勝率 22% 連帯率 37% 複勝率 50%

[もっと見る]

 グリーンセンスセラ 2018年1月25日(木) 23:14
競馬コラム 🐎ゴールドアクターの今後? 
閲覧 46ビュー コメント 0 ナイス 3

ゴールドアクターの今後は未定。問うのは中川厩舎の”厩舎力” ──競馬HEADLINENES / 2018年1月24日 21時52分 https://keiba-headline.com/doubting-nakagawa-stables-ability-19815/

先週のAJCCで約7ヶ月ぶりの出走を果たしたゴールドアクター。グランプリホースの久しぶりの出走を楽しみにしていたファンも多くいたことだろう。

約7ヶ月ぶりの長期休み明けであったが、武豊騎手との初コンビということも期待感を醸成させ、レース当日はミッキースワロー、ダンビュライトに次ぐ3番人気に推され、「3強対決」の状況に。しかし、1,2番人気の2頭が両馬とも連対を果たす一方でゴールドアクターは11着の最下位に敗れ、人気上位の明暗がくっくりと分かれた結果となった。

レースでは好位の内目と絶好のポジションを確保し、逃げたマイネルミラノが作り出すペースも前が残れる良いペースだったにも関わらず、直線では全く加速せず見せ場なくずるずると後退していくという惨敗の内容であった。直線だけならまだしも、コーナーで後続が上がっていく中で鞍上が追うも全く追走できなかったのは気がかりだ。

レース後、敗因についてはまたお決まりの「よくわからない」というコメントが出るのかなと思っていたが、意外にも鞍上のコメントはいつもより辛口であった。コメントは以下の通り。

「残念。初めて乗ったが返し馬からあまり良くなくレースでもらしくない走り。前後の脚のバランスが悪い。深刻かもしれません。」

長年競馬をやっているファンならわかると思うが、武豊騎手からここまで辛口のコメントが出るのは珍しい。しかし、確かに素人目で見てもその走りはお世辞にも褒められた内容ではなかったし、レース前の返し馬でも後退りをするなど走るのを嫌がっているとも見て取れるような動きが見れた。

この後は大阪杯へ向かい、その後は宝塚記念へ向かう予定となっていたが、そのローテも全て白紙になった。ここまで来ると「引退」の二文字もチラついてくるが、グランプリホースのこんな末路は見たくないものだ。
中川厩舎の手腕を問う。なぜこの仕上がりで出走させたのか?

1週前の追い切りでは格下相手に遅れ、最終調教でも上がりが13.6秒。競馬新聞のトラックマンたちの多くが調教の評価を酷評していたゴールドアクター。

当日のレースを見れば素人でもひどい内容であったことがわかるし、調教の時点でも多くの関係者が酷評をしていた。それなら当然、管理する調教師の中川師だって馬の状態が良くないことだって分かっていたはずである。そんな状態でも出走させたのは一体なぜだろうか?厩舎の調教ではどうにも良くならないから、とりあえずレースを使ってみて良くなることに期待したということだろうか。だとすれば今回のような結果になって当然だったと言わざるを得ないだろう。何れにせよ、今回のレースはゴールドアクターという馬の評価以上に厩舎の評価を下げたくなるような内容であった。

昨年、ゴールドアクターの再生を託された横山典騎手は宝塚記念では2着に持ってきており、好走した要因については「伸び切った感じでフォームが崩れていた。もっと前を起こして走らないとトモが入ってこないと思っていた」とコメントし、厩務員に歩かせ方や普段の動かし方について助言していたことを明らかにした。馬の成長に大きく貢献した横山騎手の働きは評価できるが、今回の武豊騎手のコメント然り、両者とも馬の動きの悪さを指摘している点からも、厩舎側のそもそもの仕上げ方に問題があったではないかと思えてくるのは筆者だけだろうか。

7ヶ月も態勢が整わなかった点、惨敗したレース内容、鞍上の酷評を見れば、厩舎力が足りなかったからではないかと疑いたくもなる。レース前に「コンディションは良いです」とコメントした厩舎の手腕を問いたい。

[もっと見る]

 グリーンセンスセラ 2018年1月25日(木) 22:49
> 競馬 > アクター「検査結果」 
閲覧 18ビュー コメント 0 ナイス 0

ゴールドアクター「検査結果」に浮き彫りの深刻度......レース直前「異変」を察した武豊騎手がアドバイスを求めた「人物」とは─ Gambling Journal ギャンブルジャーナル / 2018年1月25日 21時52分 http://biz-journal.jp/gj/2018/01/post_5660.html

 21日に中山競馬場で開催されたAJCC(G2)でまさかのシンガリ負けを喫し、その進退が問われている2015年のグランプリホース・ゴールドアクター(牡7歳、美浦・中川公成厩舎)。

 レース後、今回が初コンビとなった武豊騎手が「残念。初めて乗りましたが返し馬からあまり良くなく、レースでも"らしくない"走りでした。前後の脚のバランスが悪く、深刻かもしれません」と話したことで足元の異常も懸念されたが精密検査の結果、特に目立った異常はなかったようだ。

 ただ、今回は脚部不安のため昨年の宝塚記念(G1)以来、約7カ月ぶりのレース。1週前追い切りでは併走馬に置き去りにされるなど、状態面では疑問符がついたままでの出走だった。

 それだけに検査で異常がなかったことは「不幸中の幸い」といえるが、ならばこそあの最下位大敗には深刻度がより浮き彫りになった格好だ。

「これとった異常が発表されなかったゴールドアクターですが、だからといってまったくの『異常なし』というわけではなさそうです。実際に現在は再び放牧に出されており、大阪杯に挑むプランも白紙になったとか......。

実はレース直後に武豊騎手が、厩舎スタッフを呼んでいる姿が目撃されています。幸い大事には至らなかったようですが、中川調教師も『右前肢にトラブルが起きたかもしれない』と右の前脚の歩様に違和感があった様子。何らかの異常があったのは確かなようで、結果は最悪でしたが、武豊騎手が早々にレースを諦めて無理をしなかったことが、大事に至らなかった要因かもしれません」(競馬記者)

🐎次のページ 元主戦の吉田隼人騎手が同じレースに参加していたことも、不幸中の幸いだった?

実際に武豊騎手は24日、自らの公式サイトを通じて改めてAJCC(G2)を振り返っており、「返し馬の段階で乗り心地の悪さを感じ、吉田隼人君に『元々こういう(歩様の)馬なの?』と確認したほどでした」と事前にゴールドアクターへの違和感を察知していたようだ。

「陣営としては、わざわざ武豊騎手を手配してこの結果は『最悪』と述べざるを得ませんが、冷静な判断ができる経験豊富な騎手を起用したことが、結果的にゴールドアクターの故障を未然に防いだという見方もできるのかもしれません。

 また、武豊騎手が頼ったように、たまたま元主戦の吉田隼人騎手が同じレースに参加していたことも、不幸中の幸いだったように思います。

吉田騎手が具体的に何と答えたのかはわかりませんが、武豊騎手が後日名前を出して記載しているということは、その発言が武豊騎手の"レース放棄"の判断材料の1つになったということなのかも。仮にコンマ1秒でも早い判断につながったのであれば、ゴールドアクターは武豊騎手だけでなく、吉田騎手のファインプレーにも救われたのかもしれませんね」(同)

 実はゴールドアクターはAJCCでの右前肢だけでなく、昨夏の休養中に左後肢を痛めている。メディア発表では脚部不安となっていたが、実はそれが約7カ月のブランクを生んだ最大の原因だった。

🐎次のページ 現役生活の残された時間も限られているだけに

「左後肢に続いて右前肢も痛めたとなれば、まともに走れるわけもなく、武豊騎手がAJCCのレース後に『前後の脚のバランスが悪い』『深刻』と、珍しく手厳しいコメントを出したことにも頷けます。陣営は完治を強調していたようですが、結果的に左後肢への不安が払しょくできていなかったことが、走りのバランスを失わせたのかもしれません。人間でもどこかを庇っていると、逆のどこかを痛めるのはよくあることです」(同)

 大事には至らなかったとはいえ、G2で最下位大敗という結果が示すように満身創痍の状況にあるゴールドアクター。

 すでに7歳ということで、ファンからは「引退」という言葉も出始めている。まずはじっくりと立て直してほしいところだが、現役生活の残された時間も限られているだけに難しい判断を強いられそうだ。

[もっと見る]

 ユウキ先生 2018年1月23日(火) 22:10
☆2018年 重賞 ユウキ先生の◎○パート3(*^-^*)☆
閲覧 82ビュー コメント 0 ナイス 7

先週の重賞は東海S&アメリカJCC☆

個人的に◎○の成績を記載していきたいと思います☆

中山金杯=◎ダイワキャグニー=5着 ○ブラックバゴ=4着

京都金杯=◎ブラックムーン=1着 ○ストーミーシー=5着

フェアリーS=◎レッドベルローズ=3着 ○プリモシーン=1着

シンザン記念=◎アーモンドアイ=1着 ○カフジバンガード=5着

愛知杯=◎クインズミラーグロ=16着 ○キンショーユキヒメ=10着

京成杯=◎コズミックフォース=2着 ○エイムアンドエンド=10着

日経新春杯=◎ミッキーロケット=4着 ○カラビナ=8着

東海S=◎テイエムジンソク=1着 ○ドラゴンバローズ=13着

アメリカJCC=◎ゴールドアクター=11着 ○トーセンビクトリー=5着

次の印は[1着・2着・3着・4着・5着・掲示板以外]で表示します(^^)/

◎[3・1・1・1・1・2]

○[1・0・0・1・3・4]

合わせて〜〜〜(^◇^)

◎○[4・1・1・2・4・6](^^♪

[もっと見る]

 デンジャラス 2018年1月22日(月) 00:16
ゴールドアクター
閲覧 45ビュー コメント 0 ナイス 3

引退だな‼馬が走る気になってない👍シンガリ話しにならない😆

[もっと見る]

 ファストタテヤマ 2018年1月21日() 18:51
AJCC回顧
閲覧 76ビュー コメント 2 ナイス 10



12.8 - 11.2 - 12.3 - 12.5 - 12.5 -
12.0 - 12.2 - 11.8 - 11.8 - 12.1 - 12.1

マイネルミラノがしっかり逃げて淀みのない流れ。

しかし3番手以降は何を思ったのか
中盤を緩めて前2頭を楽に行かせる運び。

これでは前2頭が残るのも当然。



1着ダンビュライト

位置取りが絶妙で
末脚の質も問われない流れだったので、
勝ち切れる条件がすべて揃っていた感じ。

今回は後続の運びにも問題があるので、
次走以降はまた末脚負けする可能性は出てくる。



2着ミッキースワロー

展開も位置取りも最悪。

この馬が強引に動いても2着に残れる辺り、
レースレベルとしてはあまり高くなさそう。



3着マイネルミラノ

"行き脚が鈍く強引に動く馬"という
イメージが先行しすぎたのが失敗だった。

元々持久力はある馬だし、
淀みない流れを作れるようなら
残れる可能性は考えておくべきだった。

重賞で狙うには
今日が最後のチャンスだった気がするし、
今後頭数が増えたら
また逃げられなくなるとは思う。



6着ショウナンバッハ

3番手から謎に中盤を緩めた
江田騎手に付き合って後続を抑える役目。

予想とは違う形で中途半端な運びになった。



8着江田照男騎手

何がしたかったのか本当に不明。
江田騎手だけが悪いわけじゃないけど、
あそこで抑える意味は正直ない。



11着ゴールドアクター

流れがそもそも向いていないので
負けてしまうこと自体は問題ないが、

ここまで何もできないと
休み明け云々の話ではなくなる。

追い切りでも走りが小さく見えたし、
馬が萎んでしまった感はある。

[もっと見る]

 DEEB 2018年1月21日() 18:05
恥ずかしい馬予想2018.01.21[結果]
閲覧 63ビュー コメント 0 ナイス 4

中山11R アメリカジョッキークラブカップG供。敢舒幣絅ープン(国際)[指定]
◎ 3 ミッキースワロー…2着
○ 1 レジェンドセラー …7着
▲ 5 ゴールドアクター …11着
△ 7 ダンビュライト…1着
× 4 シホウ…9着
× 8 ショウナンバッハ…6着
[結果:ハズレ×]

中山12R 4歳以上1000万下牝[指定]
☆ 5 スマートプラネット…9着
[結果:ハズレ×]

京都 1R 3歳未勝利牝
◎10 キタノタマテバコ…4着
○ 9 エイシンヘリテイジ…7着
▲ 1 クードロア…1着
△ 7 メイショウカラタチ…5着
× 8 パーフェクトクイン…10着
[結果:ハズレ×]

京都 2R 3歳未勝利(混合)
◎ 5 ベストマイウェイ…1着
○ 9 キタサンタイドー …2着
▲10 ライブリテックス…6着
△ 8 ビストオブバーデン…7着
× 2 ドゥリトル…3着
[結果:アタリ○ 3連複2-5-9 870円]

京都 3R 3歳未勝利
◎ 6 ビッグデータ…2着
○ 2 クインズカトレア…4着
▲ 7 バトードラムール…7着
△ 3 カシャーサ…12着
×12 メイショウタイシ…1着
[結果:ハズレ×]

京都 4R 3歳500万下牝
◎ 6 プロミストリープ…1着
○10 メイショウコゴミ…2着
▲ 8 デルマシャンパン…8着
△ 1 ☆メリッサーニ…5着
× 7 イサチルルンルン…3着
[結果:アタリ△ 馬連6-10 360円]

京都 7R 4歳以上500万下
◎ 8 ネクストムーブ…3着
○ 9 ☆ビッグアイランド…1着
▲10 トウショウコマンチ…13着
△13 ワタシノロザリオ…2着
× 6 ブリーズスズカ…10着
[結果:アタリ△ 複勝9 140円]

京都11R 石清水ステークス 4歳以上1600万下(混合)
◎ 4 レインボーフラッグ…4着
○ 7 クライムメジャー …6着
▲ 2 ニシノラッシュ…1着
△ 8 エントリーチケット…8着
× 6 ロイヤルストリート…5着
×11 ダイメイフジ…11着
[結果:ハズレ×]

中京 2R 3歳未勝利(混合)[指定]
◎14 ジャスパーウィン…1着
○ 8 ☆モンサンフィエール…2着
▲ 7 コルニヨン…13着
△ 2 ヤマカツケンザン…6着
× 5 ノーボーダー …9着
[結果:アタリ△ 複勝8 120円、馬連8-14 500円]

中京 3R 4歳以上500万下牝[指定]
◎ 2 ストライクショット…2着
○12 リュミエールドール…3着
× 4 ☆イナズママンボ…10着
[結果:ハズレ×]

中京 9R 4歳以上500万下牝[指定]
◎ 2 ヒルダ…4着
○ 4 クオリティスタート…15着
×12 ☆マコトカンパネッロ…8着
[結果:ハズレ×]

中京11R 東海テレビ杯東海ステークスG供。敢舒幣絅ープン(国際)(指定)
◎ 8 テイエムジンソク…1着
○ 9 ディアデルレイ…9着
▲15 クインズサターン…5着
△ 3 モルトベーネ…3着
×10 オールマンリバー …7着
× 7 ☆タガノエスプレッソ…11着
[結果:ハズレ×]

今日は京都に行こうかな。

明日から荒れ模様だそうですので、稲妻がマンボするかもですね。

[今日の結果:12戦1勝8敗3分]
パッとしない成績ですが、午前中に京都競馬場で遊んだレースで、マークの塗り間違いでビール代とケンタッキー代が出ました。
よかったよかったです。

[もっと見る]

 昭島のよっちゃん 2018年1月21日() 17:30
★・・今日の予想結果とmyPOG馬の競馬の結果及びPOG馬... 
閲覧 72ビュー コメント 1 ナイス 15

写真は、今月の「競馬でビンゴ」の私の成績です



今週の予想結果
(私の予想コロシアムの登録は、◎単勝と◎○▲△の馬単・3連単のBOXです)


土曜メインレースの予想結果です     


中京11R 中京スポニチ賞 1000万下 ダート1,900

 ◎ ▲侫ースライン      4着(2番人気)
 ○ Д譽奪疋▲肇ァ      。驚紂複曳嵜裕ぁ
 ▲ ぅ汽肇離廛薀ぅ燹     。叡紂複拡嵜裕ぁ
 △ コパノビジン      13着(4番人気)
2着・ルドルフィーナを外し当り無し

ビンゴ馬:▲侫ースライン    4着(2番人気)4着▲泪垢鯏匹蠅弔屬



京都11R すばるステークス オープン ダート1,400

 ◎ 哀灰Ε┘ぅ┘鵐屮譽燹   。加紂複曳嵜裕ぁ
 ○ ラインシュナイダー    4着(2番人気)
 ▲ ドライヴナイト      1着(4番人気)
 △ サトノファンタシー    6着(3番人気)
馬単(2,450円)が当たり

ビンゴ馬:哀灰Ε┘ぅ┘鵐屮譽燹 。加紂複曳嵜裕ぁ烹加絖.泪垢鯏匹蠅弔屬



中山11R アレキサンドライトステークス 1600万下 ダート1,800

 ◎ 哀侫Д縫奪スマーク    1着(1番人気)
 ○ .肇Εイエントリー    4着(2番人気)
 ▲ Εロフネビームス     6着(3番人気)
 △ ブライトンロック     2着(4番人気)
単勝(180円)、馬単(1,250円)が当たり

ビンゴ馬:哀侫Д縫奪スマーク  1着(1番人気)1着▲泪垢鯏匹蠅弔屬掘ΑΕ瀬屮襯蝓璽繊!
  



日曜メインレースの予想結果です


中京11R 東海テレビ杯東海ステークス G供.澄璽1,800

 ◎ ┘謄ぅ┘爛献鵐愁     1着(1番人気)
 ○ ディアデルレイ      9着(2番人気)
 ▲ モルトベーネ       3着(6番人気)
 △ ▲轡礇ぅ法璽咫璽燹   。隠誼紂複隠曳嵜裕ぁ
単勝(130円)が当たり

ビンゴ馬:┘謄ぅ┘爛献鵐愁   1着(1番人気)1着マスを塗りつぶし・・ビンゴ達成!!




京都11R 石清水ステークス 1600万下 芝1,400

 ◎ Дライムメジャー     6着(1番人気)
 ○ ダイメイフジ      11着(2番人気)
 ▲ ▲縫轡離薀奪轡紂     。叡紂複竿嵜裕ぁ
 △ マイネルパラディ     9着(6番人気)
2着・エスティタートを外し当り無し

ビンゴ馬:▲縫轡離薀奪轡紂   。叡紂僻嵜裕ぁ謀匹蠅弔屬渓気



中山11R アメリカンジョッキークラブカップ G供ー2,200

 ◎ ゥ粥璽襯疋▲ター    11着(3番人気)
 ○ ミッキースワロー     2着(1番人気)
 ▲ Д瀬鵐咼絅薀ぅ函     。叡紂複家嵜裕ぁ
 △ .譽献Д鵐疋札蕁次    。恵紂複竿嵜裕ぁ
馬単(1,120円)が当たり

ビンゴ馬:ゥ粥璽襯疋▲ター  11着(3番人気)11着マスを塗りつぶし




★メインレースの予想は、6レースで、単勝2レース、馬単3レースが当たる


★「競馬でビンゴ」は、5マス塗りつぶせ、ビンゴ達成


★POG馬の出走結果

日曜日
京都競馬6R新馬戦(芝1,800)にグレートウォリアー・牡・藤原英昭厩舎が出走→3着




★POG馬の特別登録

1/28(日)
東京競馬場9Rセントポーリア賞に特別登録
・ローザフェリーチェ(メス)



※ビンゴ馬については、下記の日記を参照下さい

http://umanity.jp/home/view_diary.php?id=0b717dd721&owner_id=2ec1608dab

[もっと見る]

 ちびざる 2018年1月21日() 16:48
【G供曠▲瓮螢ジョッキークラブカップの結果
閲覧 66ビュー コメント 0 ナイス 1

1着:Д瀬鵐咼絅薀ぅ
2着:ミッキースワロー
3着:マイネルミラノ


私の◎にしたゥ粥璽襯疋▲ターは11着でした。
1着のД瀬鵐咼絅薀ぅ箸連
2着のミッキースワローは×
3着のマイネルミラノは無印


なので、ゥ粥璽襯疋▲ターを軸とした
三連複フォーメーションでしたので
馬券ハズレました。_| ̄|○


勝ったД瀬鵐咼絅薀ぅ箸六箸錣譴討い覿味なのか
スタート良く3番手を追走して、
逃げるマイネルミラノを射程に入れる位置での競馬でした。
この辺りがデムーロ騎手はさすが上手いですね。

2着のミッキースワローも力は示しました。
これは道中の位置取りの差だと思います。
上がり最速の脚は使っていますし、
休養明けとしては及第点だったと思います。

3着のマイネルミラノはしてやったりのレースでした。
ただ、相手が悪かったと思います。
この馬の競馬はできたと思います。

前が残るかなと思っていたのでこの馬は買い目に入れるか迷っていました。
やっぱりきましたね。(笑)

ゥ粥璽襯疋▲ターは11着でした。
勝つか負けるかだと思っていたので、この結果も納得です。
ただ、らしくない競馬だったのが気になりますね。
道中の5番手追走は良いとしても
3コーナーから4コーナーの勝負どころで
置いていかれてしまいました。
直線は、全く伸びませんでした。
騎手もあえて追うのをやめた感じに見えました。
まだ本調子ではなかったということですね。


的中された方、おめでとうございます。

[もっと見る]

 正義の魂 2018年1月21日() 16:48
惜しかった
閲覧 38ビュー コメント 0 ナイス 4

今日1月21日(日)、中山10Rのマテラスカイの複勝等で、
昨日の大マイナス分を、かなり取り戻したのであるが、
最後のひと押しが足らず、今週は逆転のプラスとはならなかった。

それにしても、AJCCでは、まさか世界最強の騎手騎乗の、
ゴールドアクターが、しんがり負けをするとは、
思ってもいなかった。

パドックでは、私の目には、そんなに悪そうには
見えなかったのであるが、これだけ大敗したのでは、
残念ながら、もう終わってしまった馬なのであろう。

勝ったダンビュライトは、さすがM.デムーロ騎手、
ペースを読み切ってうまく先行して、2着の
ミッキースワローの追い込みを封じた。

パドックでは、レジェンドセラーが、いちばん良く
見えたのであるが、京都メインのレインボーフラッグ共々、
やはり「昇級の壁」があったのであろうか。

東海ステークスは、テイエムジンソクの順当勝ちであった。
2着の人気薄の馬に迫られるあたり、G気任呂匹Δと
思うが、ダートではやはり、日本の競馬で
トップクラスの1頭であることは間違いない。

[もっと見る]

554件中 1-15件目を表示≪前の15件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ...37 次の15件≫

レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。