トーセンマタコイヤ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
トーセンマタコイヤ
トーセンマタコイヤ
写真一覧
現役 牡7 青鹿毛 2011年1月28日生
調教師加藤征弘(美浦)
馬主島川 隆哉
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績17戦[5-4-1-7]
総賞金10,541万円
収得賞金2,250万円
英字表記Tosen Matakoiya
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ミュージカルウェイ
血統 ][ 産駒 ]
Gold Away
Mulika
兄弟 ミッキークイーンインナーアージ
前走 2018/05/06 新潟大賞典 G3
次走予定

トーセンマタコイヤの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/05/06 新潟 11 新潟大賞典 G3 芝2000 163518.485** 牡7 54.0 柴田善臣加藤征弘478(-8)2.00.3 0.333.0⑧⑨スズカデヴィアス
18/01/06 中山 11 日刊中山金杯 G3 芝2000 172333.296** 牡7 54.0 内田博幸加藤征弘486(+6)2.00.1 0.335.5セダブリランテス
17/11/26 東京 10 ウェルカムS 1600万下 芝1800 107810.341** 牡6 57.0 戸崎圭太加藤征弘480(+2)1.48.2 -0.033.7⑤⑤⑤ショウナンマルシェ
17/11/04 東京 10 ノベンバーS 1600万下 芝2000 14226.236** 牡6 56.0 M.デムー加藤征弘478(0)2.01.3 0.434.1ストーンウェア
17/10/09 京都 10 大原S 1600万下 芝2000 8442.612** 牡6 57.0 C.ルメー加藤征弘478(+2)2.00.8 0.033.2④④プリメラアスール
17/06/17 東京 11 ジューンS 1600万下 芝2000 11335.137** 牡6 57.0 戸崎圭太加藤征弘476(0)1.59.6 0.535.0ヴォージュ
17/05/13 東京 10 緑風S 1600万下 芝2400 11333.325** 牡6 56.0 C.ルメー加藤征弘476(0)2.29.7 1.136.3リッチーリッチー
17/03/04 中山 10 スピカS 1600万下 芝1800 10442.518** 牡6 57.0 大野拓弥加藤征弘476(-4)1.49.6 0.634.5⑦⑦⑥⑦ワンブレスアウェイ
17/02/19 東京 10 アメジストS 1600万下 芝2000 14463.322** 牡6 56.0 C.ルメー加藤征弘480(+2)1.58.5 0.234.3⑥⑤⑤メートルダール
16/11/27 東京 9 オリエンタル 1000万下 芝2000 10552.311** 牡5 57.0 C.ルメー加藤征弘478(+2)2.02.3 -0.533.8タイセイサミット
16/10/30 東京 9 精進湖特別 1000万下 芝2000 10113.022** 牡5 57.0 C.ルメー加藤征弘476(-6)2.02.7 0.333.7メートルダール
16/08/21 新潟 10 阿賀野川特別 1000万下 芝2200 15349.253** 牡5 57.0 大野拓弥加藤征弘482(+20)2.12.4 0.634.9⑨⑩⑧⑧トーセンバジル
15/02/15 京都 10 飛鳥S 1600万下 芝1800 10331.414** 牡4 56.0 武豊加藤征弘462(0)1.47.2 0.333.6⑥⑤テイエムイナズマ
14/12/27 中山 10 グレイトS 1600万下 芝2200 13452.012** 牡3 55.0 北村宏司加藤征弘462(0)2.13.6 0.135.7⑤⑤⑦⑦マイネルディーン
14/11/02 東京 8 精進湖特別 1000万下 芝2000 9882.911** 牡3 55.0 田辺裕信加藤征弘462(+2)2.00.4 -0.234.0⑨⑦⑧アグネスドリーム
14/04/05 中山 9 山吹賞 500万下 芝2200 16353.411** 牡3 56.0 田辺裕信加藤征弘460(-2)2.15.7 -0.034.7⑦⑦⑦⑦ゴールドアクター
14/02/02 京都 6 3歳新馬 芝2000 156112.711** 牡3 56.0 C.デムー加藤征弘462(--)2.03.0 -0.333.8⑥⑥⑥④ウエスタンパレード

トーセンマタコイヤの関連ニュース

 新潟の日曜メインには、1番人気馬が11連敗中で、2桁人気馬が近3年続けて連対と波乱が目立つハンデ重賞・新潟大賞典(6日、GIII、芝2000メートル)が組まれている。



 単勝オッズでは、2走前に条件戦から一気の3連勝で小倉大賞典を制しているトリオンフが3.5倍の1番人気、昨年の牡馬クラシック三冠レースすべてに出走し今年初戦となった福島民報杯では2着に善戦しているマイスタイルが5.6倍で2番人気、GI2着3回の実績が光るステファノスが5.9倍で3番人気。以下7.2倍のハクサンルドルフ、8.1倍のスズカデヴィアスの5頭が単勝10倍を切っている。13時時点の単勝オッズは以下のとおり。

枠番-馬番 馬名       単勝オッズ1- 1 スズカデヴィアス    8.11- 2 ナスノセイカン    36.92- 3 ケントオー      58.12- 4 シャイニープリンス 134.53- 5 トーセンマタコイヤ  17.33- 6 ラインルーフ     87.24- 7 カレンラストショー  14.14- 8 ハクサンルドルフ    7.25- 9 ナイトオブナイツ   21.15-10 トリオンフ       3.56-11 ハッピーユニバンス  27.96-12 マイスタイル      5.67-13 ステファノス      5.97-14 ステイインシアトル  19.78-15 ロッカフラベイビー  49.28-16 アウトライアーズ   54.4



★新潟大賞典の枠順はこちら 調教タイムも掲載

【新潟大賞典】重賞データ分析2018年5月6日() 10:58

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、新潟大賞典のファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。




【全般】
55~57キロの「適度に背負っている馬」が強い(2008年以降)

スズカデヴィアス
ナスノセイカン
ケントオー
シャイニープリンス
ハクサンルドルフ
トリオンフ
マイスタイル
ステイインシアトル

【人気】
2008年以降、10番人気以下が6連対
※10時00分現在の10番人気以下

ナスノセイカン
ケントオー
シャイニープリンス
ラインルーフ
ハッピーユニバンス
ロッカフラベイビー
アウトライアーズ

【脚質】
差し優勢(2008年以降)

スズカデヴィアス
ケントオー
ハクサンルドルフ
ハッピーユニバンス
ステファノス

※近3走の走りを参考に上がり上位馬を想定

【枠順】
連対率と複勝率は内枠(1~3枠)優勢(1998年以降)

スズカデヴィアス
ナスノセイカン
ケントオー
シャイニープリンス
トーセンマタコイヤ
ラインルーフ

単勝回収率は4~5枠が他を圧倒(1998年以降)

カレンラストショー
ハクサンルドルフ
ナイトオブナイツ
トリオンフ

【血統】
父もしくは母父にロベルト系種牡馬を持つ馬の活躍が顕著

カレンラストショー

ロベルト系×サンデーサイレンス系の組み合わせ(逆もあり)を持つ馬が好相性(1~5枠に限る)

カレンラストショー


【3項目以上該当馬】
ケントオー(4項目)
スズカデヴィアス(3項目)
ナスノセイカン(3項目)
シャイニープリンス(3項目)
カレンラストショー(3項目)
ハクサンルドルフ(3項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【新潟大賞典】ズバリ調教診断!2018年5月6日() 10:13

新潟大賞典の出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


スズカデヴィアス
1週前に栗東CWで悪コンディションをものともぜす、6F80秒台半ば、ラスト1F12秒台前半の好時計をマーク。栗東坂路で行われた最終追い切りでは、上がり重点で反応良く終いの脚を伸ばしてきた。乗り込み量も十分で、順調とみていいだろう。

ナスノセイカン
丹念に乗り込まれているが、2週前に南Wで好時計を計測したあとがイマイチ。最終追い切りもマズマズの時計を出した半面、併せ馬は劣勢。動きにも目立つところは見受けられず、良化途上の感は否めない。

ケントオー
最終追い切りは栗東坂路で単走。ビッシリと追われた割に、時計は平凡。動きについても、頭の高さが目立つうえに、脚捌きのスムーズさにも欠ける。約2カ月ぶりの実戦を叩いた上積みは見込めても、大きな変わり身まではどうか。

シャイニープリンス
今週の追い切りは、南Wで5Fから速い時計を出してきたが、馬場の真ん中を通ったこともあり、特筆できるようなものではない。いい時は、同レベルの時計を馬場の外寄りから楽々と刻んでいた馬。本調子にはない印象を受ける。

トーセンマタコイヤ
南Wで行われた今週の追い切りでは、馬なりでマズマズの時計をマーク。機敏な脚捌きが目につき、最後まで勢いが鈍ることはなかった。自分からグイグイと前に進んでいくさまが印象的。及第点の仕上がりと言えるのではないか。

ラインルーフ
栗東P主体に調整されているが、中間の時計は平凡そのもの。最終追い切りの時計も目立つところはない。前回と比較しても大きく変わった点は見受けられず、一変は厳しい。

カレンラストショー
この中間は栗東坂路と栗東CWを併用して入念な乗り込み。2週前、1週前とCWで長めから追われ、ラスト1F11秒台の好ラップを計測。最終追い切りでも、上々の時計を刻んできた。ひと追いごとに良くなっている印象で、動ける態勢にあるとみたい。

ハクサンルドルフ
1週前に重馬場の栗東坂路で好タイムを計測。最終追い切りも上々の伸び脚を披露した。ただし、攻め巧者の同馬にとって、このくらいの動きは平常運転。良くも悪くも平行線、といったところか。

ナイトオブナイツ
今週は栗東CWで6Fからラスト1F11秒台を計時。1週前には悪コンディションのなか、及第点以上の時計をマークしている。中2週ながらも、2週続けて長めをキッチリ追われているように元気一杯。一度使われて、気配は確実に上昇している。

トリオンフ
前走後は栗東坂路と栗東CWを交えて丹念な乗り込み。1週前は坂路で上々のタイムを計測。今週もマズマズのラップを刻んできた。4日にも坂路で時計を出すなど、中間の調整に余念はない。大きな上積みはなくとも、ここ一連のデキは維持できているとみていい。

ハッピーユニバンス
間隔をあけて立て直された効果もあってか、栗東坂路で行われた最終追い切りの気配は活気十分。半面、上がり重点の追い切りが中心で、負荷をかけた調教が少ない点は気がかり。最後まで息がもつかどうかの不安は残る。

マイスタイル
この中間は栗東坂路で調整。最終追い切りでは、抜群の行きっぷりを見せ、追走先着&ラスト1F12秒3のラップをマークした。全体時計は目立たないが、坂路では本来動かない馬だけに十分な価値がある。好調キープとみていいだろう。

ステファノス
先週までの時計および内容は、攻め巧者の同馬としては平凡そのもの。しかし、最終追い切りで一変。併走馬を並ぶ間もなく、あっさりかわして悠々と先着を果たした。とは言え、好調時と比べるともう一息の印象。能力でどこまでカバーできるか。

ステイインシアトル
栗東坂路と栗東CWを併用して熱心に乗り込まれ、CWで行われた1週前追い切りでは、6Fから上々の時計を計測。今週の追い切りでも、楽な手応えのまま、力強い伸び脚を披露した。調教巧者なので、過度の評価はできないが、いい仕上がり具合ではないだろうか。

ロッカフラベイビー
今週の追い切りはモヤの影響で、走りも時計も確認できなかったが、29日に坂路で時計を出し、今週も南Wで3頭併せを行っているので、乗り込み量的には問題なさそう。少なくとも体調面の不安はないものと思われる。
※今週の追い切りはモヤで確認できず

アウトライアーズ
入念に乗り込まれているものの、中間の時計、内容ともに目立つところはない。南Wで行われた最終追い切りの動きも、ケイコ駆けする同馬にしては物足りない印象。調教面のプラス材料は少ないと言わざるを得ない。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【新潟大賞典】追って一言2018年5月3日(木) 05:04

 ◆アウトライアーズ・小島茂師 「具合は悪くないけど、本当に良くなるのはもう少し先」

 ◆カレンラストショー・橋口師 「先週の時点で体ができている。前回よりも状態はいい」

 ◆ケントオー・西橋師 「時計も動きもいい。スムーズなら一発も」

 ◆シャイニープリンス・栗田博師 「周りがゴチャついて詰まったけど、動きはまずまず」

 ◆スズカデヴィアス・橋田師 「及第点の動きでした。最近は安定して走ってくれています」

 ◆ステイインシアトル・池江師 「まずまずの仕上がり。次につながる競馬ができれば」

 ◆ステファノス・和田騎手 「感触は良かった。地力に期待」

 ◆トリオンフ・松田騎手 「状態は申し分ない。ここでは一番強い馬だと思っている」

 ◆トーセンマタコイヤ・柴田善騎手 「比較はつかないが、けいこに乗った感じは良さそう」

 ◆ナイトオブナイツ・池添兼師 「上積みが見込める。左回りも問題ない」

 ◆ナスノセイカン・清水助手 「具合はいいし、距離短縮もプラス」

 ◆ハクサンルドルフ・西園師 「順調。2000メートルでも大丈夫と思う」

 ◆ハッピーユニバンス・藤懸騎手 「動きは良かったです。ハンデ差を生かして頑張りたい」

 ◆マイスタイル・昆師 「仕上がりはいい。前回で能力を再認識した」

 ◆ロッカフラベイビー・杉原騎手 「具合がいいし、元気もある」



新潟大賞典の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【新潟大賞典】レース展望 2018年4月30日(月) 21:39

 2週目に入る新潟では日曜メインに新潟大賞典(6日、GIII、芝2000メートル)が行われる。ハンデ重賞らしく波乱が目立ち、1番人気馬が11連敗中で、2桁人気馬が近3年続けて連対。そのぶん妙味はたっぷりだけに、状態はもちろん、速い時計が出る新潟特有の芝への対応力など、しっかり適性を見極めたいレースだ。

 トップハンデ58キロを背負うのがステファノス(栗東・藤原英昭厩舎、牡7歳)だ。2000メートルのGIで2着3回と中距離実績は最上位で、2015年の天皇賞・秋(2着)ではメンバー最速の上がり3ハロン33秒4を繰り出しているように、直線の長い左回りコースは打ってつけの舞台。新潟コースは1戦して、14年セントライト記念で4着だが、内回りの2200メートルで勝ったイスラボニータから0秒2差なら、上々の適性を示したといえるだろう。休み明けは良くないタイプだけに最終追い切りに特に注意したいが、前走の香港カップでも4着に善戦しており、GIIIならあっさり勝っても不思議はない。

 トリオンフ(栗東・須貝尚介厩舎、セン4歳)は、昨秋から3連勝して小倉大賞典で重賞初制覇。勢いに乗って臨んだ前走の大阪杯は8着に敗れたが、出遅れて普段よりも後方の位置取りとなり、リズムに乗れなかったのが響いた。同じハンデ戦だった小倉大賞典から3キロ増の57キロは見込まれた印象だが、前走で背負った斤量でもあり、克服は可能。速い上がりを発揮した実績もあり、初めての左回りにスムーズに対応できれば、チャンスはありそうだ。

 なかなか勝ちきれないが、オープン特別や重賞で好走が続いているのがスズカデヴィアス(栗東・橋田満厩舎、牡7歳)。昨年、東京芝2000メートルの白富士Sを勝ち、2走前の今年の同レースでもメンバー最速の上がり3ハロン33秒9で2着と、末脚は健在だ。昨年の金鯱賞で0秒2差3着もあり、安定感が増す左回りの2000メートルなら力上位。ポイントは勝ち切れていないハンデ56.5キロの克服になる。

 ハクサンルドルフ(栗東・西園正都厩舎、牡5歳)は、デビュー20戦中11戦でメンバー最速の上がり、4戦で同2位という切れ者。オープン再昇級後6、7、4着だが、好メンバーがそろった3走前の東京新聞杯で0秒3差と、クラス通用の力は示している。マイル路線が中心だが、5走前に2000メートルでタイム差なしの3着と対応できる下地はある。ハンデ55キロなら実績上位馬たちをなで切るシーンが見られるかもしれない。

 トーセンマタコイヤ(美浦・加藤征弘厩舎、牡7歳)は、オープン昇級初戦の前走、中山金杯で0秒3差6着と善戦。逃げる形となったが、2走前に控えて33秒7の末脚を使っているように、速い上がりの競馬も向く。少し間があいたが、調整は順調。引き続きハンデ54キロで、得意の左回りなら前進がありそうだ。

 展開の鍵をにぎるのは、3戦続けて逃げているカレンラストショー(栗東・橋口慎介厩舎、牡6歳)になりそう。昇級初戦となるが、昨年から【3・3・2・0】と安定感がある成績を残しており、3走前に上がり33秒2で逃げ切っている点も見逃せない。新潟コースも【0・3・0・2】で全て掲示板を確保。ハンデ54キロなら、展開次第で粘り込みも。

[もっと見る]

【新潟大賞典】特別登録馬2018年4月29日() 17:30

[もっと見る]

⇒もっと見る

トーセンマタコイヤの関連コラム

閲覧 702ビュー コメント 0 ナイス 7



先週は、6(土)に中山競馬場でG3中山金杯、京都競馬場でG3京都金杯が、7(日)に中山競馬場でG3フェアリーSが、8(祝月)に京都競馬場でG3シンザン記念がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3中山金杯は、トーセンマタコイヤが逃げてスローペースで流れる展開のなか、向こう正面でマイネルミラノが押し上げて先頭に代わって3~4コーナーへ。逃げ込みを図るマイネルミラノでしたが、残り200mで苦しくなると、2番手から2番人気ウインブライトが抜け出して単独先頭に立ちます。後続からは、トーセンマタコイヤセダブリランテスが直後から追撃。外を通っては、ストレンジクォークブラックバゴダイワキャグニーも伸びを見せます。ゴール直前まで白熱の展開となった中山金杯は、最後に1番人気セダブリランテスがクビ差差し切って優勝。ゴール直前まで先頭を譲らずの競馬をみせたウインブライトは2着。そこからクビ差の3着にはセダブリランテスの外を鋭く伸びた10番人気ストレンジクォークが入っています。
公認プロ予想家では、夢月プロ☆まんでがんプロKOMプロイータン育成プロスガダイプロほか、計11名が的中しています。 
 
G3京都金杯は、外枠からウインガニオンが先頭に立ち、少頭数でも馬群はバラけながら3コーナーへ。ペースが落ち着くと一転馬群は凝縮の構えをみせ、一団となって4コーナーを回えい直線勝負を迎えます。2番手からアメリカズカップがすかさず先頭。後続からは、ダノンメジャーカラクレナイといったところが追い出され、1番人気に推されたレッドアンシェルはその1列後ろから。さらに外を通ってはブラックムーンも徐々に差を詰めにかかります。こちらもゴール前横一線の接戦に持ち込まれるなか、大外を伸びた4番人気ブラックムーンが3/4馬身抜け出しこの争いに終止符。重賞初制覇を挙げています。2着には、馬群をこじ開けて最後まで伸びた3番人気クルーガー。1番人気レッドアンシェルは交わされ、クビ差3着に敗れています。
公認プロ予想家では、KOMプロほか、計12名が的中しています。
 
G3フェアリーSは、外枠から押してハナを奪ったシスルを先頭に直線へ。スローの一団の競馬から2番手グランドピルエットが抜け出しを図りますが、外から後続勢もすぐさま襲い掛かる展開に。中でも、プリモシーンスカーレットカラーの外を回した2頭が目立つ伸びで迫り、一気に先頭はプリモシーン。一方、間を割った1番人気テトラドラクマの伸びはいま一つで3番手争いまで。結局、残り200mで先頭に立った2番人気プリモシーンがそのまま押し切りV。1馬身1/4馬身差の2着には6番人気スカーレットカラーが入り、そこからクビ差の3着にはこちらも大外を回して伸びた7番人気レッドベルローズが入っています。
公認プロ予想家では、霧プロKOMプロスガダイプロはははふほほほプロほか、計8名が的中しています。
 
G3シンザン記念は、降り続く雨のなか稍重でスタートを迎えます。好発を決めたカシアスが逃げて直線へ。2番手ツヅミモンも手応えよく続き、この2頭が横並びで残り200mを通過。先頭に代わったツヅミモンに、内で応戦するカシアスも再び盛り返しを見せて接戦を演じるなか、1番人気アーモンドアイは大外、2番人気ファストアプローチは最内を選択し2頭を追います。しかし、人気両馬の脚色の差は歴然。外アーモンドアイが強烈な末脚でアッサリと内の各馬を飲み込み一気に先頭へ。ゴール手前で、鞍上が追うのをやめる余裕ぶりで1馬身3/4差をつけての完勝。連勝で重賞初制覇を飾っています。2着には7番人気ツヅミモンが入り、クビ差の3着に4番人気カシアスが入っています。
公認プロ予想家では、導師嵐山プロイータン育成プロシムーンプロスガダイプロくりーくプロほか、計9名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
7(日)の京都1Rで、○△◎3連単1156.2倍含む、馬連+3連複的中計17万3,450円のビッグヒットを記録。翌8(祝月)にも、3連単16万3,090円馬券的中の中山2Rなどで好調予想を披露しています。週末トータル回収率275%、収支23万4,880円プラスの回収率トップで、2018年のスタートを切っています!
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
6(土)京都9Rで、◎アイトーンからの3連単含む的中を披露し計36万4,620円の払戻しを記録。他にもこの日のG3中山金杯での◎○的中、京都7Rでの的中など、活躍を見せた先週は、週末3日間トータル回収率128%、収支20万2,430円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →kmプロ
7(日)京都7Rの◎スズカブルグカレンカカからの3連単的中で、先週の最高払戻しとなる65万4,250円の払戻しをマーク!週末トータル回収率では、2位の213%、収支はトップの36万2,250円プラスを記録しています。
 
 
 
この他にも、KOMプロ(175%)、くりーくプロ(172%)、おかべプロ(162%)、ジョアプロ(151%)、きいいろプロ(142%)、霧プロ(140%)、スガダイプロ(115%)、マカロニスタンダーズプロ(109%)、シムーンプロ(102%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年1月6日() 14:00 【ウマニティ】
第326回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~中山金杯 G3
閲覧 877ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさん明けましておめでとうございます!今年も当コラムを宜しくお願いいたします(^^)/

早速ですが、本日は中山11R「中山金杯 G3」の『凄馬出馬表』を分析します。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、ダイワキャグニーからデニムアンドルビーまでの3頭。
第2グループ(黄)は、フェルメッツァからタイセイサミットまでの4頭。
第3グループ(薄黄)は、トーセンマタコイヤからブラックバゴまでの6頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表全体を見渡しても1.0以上の溝がない稀に見る混戦、絞るのが大変そうです、、。

私の本命は◎ウインブライトにしたいと思います。3歳春の若竹賞、スプリングステークスを見ても明らかに中山コースだとラストの伸びが違います。皐月賞は枠順的にどうしようもなかったですし、内枠を引いた今回はかなり期待できそう。先行馬が総崩れした前走でも勝ち切るあたり、どんどん力をつけていますし、今年の活躍が楽しみです。

相手は先行馬、内枠を意識して、○セダブリランテス、▲アウトライアーズ、△ブラックバゴダイワキャグニーデニムアンドルビー、☆マイネルミラノと印を打ちます。

【馬連流し】
1→4,5,6,7,9,14

【3連複流し】
1

6

4,5,7,9,14

計11点

[もっと見る]

2017年3月3日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2017年03月03日
閲覧 1,164ビュー コメント 0 ナイス 1

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2017年3月4日()の凄馬!>
極凄馬
中山2R 3歳未勝利
ブランメジェール(+4.7)

極凄馬
小倉12R 八代特別
トーセンクリス(+4.6)

極凄馬
中山6R 3歳500万以下
ブライトンロック(+4.1)

超凄馬
阪神7R 4歳以上500万以下
イサチルホープ(+3.8)

超凄馬
中山10R スピカステークス
トーセンマタコイヤ(+2.9)

超凄馬
中山5R 3歳未勝利
⑫スターライトブルー(+2.7)

超凄馬
阪神11R チューリップ賞 G3
ソウルスターリング(+2.6)

超凄馬
小倉5R 3歳未勝利
ウインベラシアス(+2.3)

超凄馬
中山7R 4歳以上500万以下
⑧ダイワエキスパート(+2.2)

超凄馬
小倉10R 呼子特別
ジャストコーズ(+2.0)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率68%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2017年3月5日、集計数:27,924レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

2015年1月27日(火) 20:00 伊吹雅也
伊吹雅也の週末メイン「1点」分析 2015年01月27日号
閲覧 305ビュー コメント 0 ナイス 5

▼2015年01月31日(土) 東京10R クロッカスステークス
【JRAのレースにおいて出走メンバー中1位の上がり3ハロンタイムをマークした経験の有無別成績(2008年以降)】
●あり [6-6-7-33](複勝率36.5%)
●なし [1-1-0-29](複勝率6.5%)
→先行力の高さを活かしたいタイプは評価を下げた方が良さそう。また、馬番が10~16番だった馬も2008年以降[0-2-0-18](複勝率10.0%)と低調な成績に終わっています。

▼2015年01月31日(土) 東京11R 白富士ステークス
【馬齢別成績(2010年以降)】
●5歳以下 [5-4-3-8](複勝率60.0%)
●6歳以上 [0-1-2-36](複勝率7.7%)
→若い馬が圧倒的に優勢。特別登録を行った馬のうち、馬齢が5歳以下なのは、アズマシャトルアデイインザライフエバーブロッサムセセリトーセンマタコイヤヒラボクディープベストドリームマイネグレヴィルの8頭です。

▼2015年02月01日(日) 京都11R シルクロードステークス
【前年か同年、かつJRAの重賞において4着以内となった経験の有無別成績(2010年以降)】
●あり [5-3-3-28](複勝率28.2%)
●なし [0-2-2-37](複勝率9.8%)
→好走馬の大半は前年以降のJRA重賞において好走経験があった馬。なお、馬齢が4歳、かつ前走の着順が2着以下だった馬は2010年以降[0-0-0-11](複勝率0.0%)と苦戦していました。

▼2015年02月01日(日) 東京11R 根岸ステークス
【前走の着順別成績(2009年以降)】
●4着以内 [6-6-4-37](複勝率30.2%)
●5着以下 [0-0-2-41](複勝率4.7%)
→前走内容が良かった馬を素直に重視したいところ。出走できる可能性が低そうな馬を除くと、今年は前走で4着以内に好走している馬の数がさほど多くありません。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)
 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『現在(いま)の勝負気配が分かる 騎手×調教師 黄金タッグ』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『本当に儲かる騎手データブック 馬券の勝ち組は騎手を野次らない(競馬王新書EX008)』(ガイドワークス)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。昨年12月5日には監修を務めた人気シリーズの最新刊『ウルトラ回収率 2015-2016』(ガイドワークス)が発売された。

[もっと見る]

トーセンマタコイヤの口コミ


口コミ一覧
閲覧 92ビュー コメント 0 ナイス 9

先週の重賞は京都新聞杯と新潟大賞典とNHKマイルCでした☆

個人的に◎○の成績を記載していきたいと思います☆

中山金杯=◎ダイワキャグニー=5着 ○ブラックバゴ=4着

京都金杯=◎ブラックムーン=1着 ○ストーミーシー=5着

フェアリーS=◎レッドベルローズ=3着 ○プリモシーン=1着

シンザン記念=◎アーモンドアイ=1着 ○カフジバンガード=5着

愛知杯=◎クインズミラーグロ=16着 ○キンショーユキヒメ=10着

京成杯=◎コズミックフォース=2着 ○エイムアンドエンド=10着

日経新春杯=◎ミッキーロケット=4着 ○カラビナ=8着

東海S=◎テイエムジンソク=1着 ○ドラゴンバローズ=13着

アメリカJCC=◎ゴールドアクター=11着 ○トーセンビクトリー=5着

根岸S=◎アキトクレッセント=12着 ○カフジテイク=3着

シルクロードS=◎アットザシーサイド=14着 ○ダイアナヘイロー=16着

東京新聞杯=◎グレーターロンドン=9着 ○ダノンプラチナ=11着

きさらぎ賞=◎ダノンマジェスティ=9着 ○カツジ=5着

共同通信杯=◎グレイル=7着 ○カフジバンガード=5着

京都記念=◎レイデオロ=3着 ○クロコスミア=8着

クイーンC=◎フィニフティ=2着 ○ナラトゥリス=15着

ダイヤモンドS=◎リッチーリッチー=4着 ○ソールインパクト=3着

京都牝馬S=◎ソルヴェイグ=11着 ○ヴゼットジョリー=6着

小倉大賞典=◎ダッシングブレイズ=4着 ○ハッピーユニバンス=7着

フェブラリーS=◎テイエムジンソク=12着 ○インカンテーション=3着

中山記念=◎ヴィブロス=8着 ○ウインブライト=1着

阪急杯=◎ディバインコード=8着 ○モーニン=16着

オーシャンS=◎スノードラゴン=11着 ○ビップライブリー=5着

チューリップ賞=◎ラッキーライラック=1着 ○スカーレットカラー=7着

弥生賞=◎ワグネリアン=2着 ○ダノンプレミアム=1着

中山牝馬S=◎マキシマムドパリ=12着 ○レイホーロマンス=3着

金鯱賞=◎スワーヴリチャード=1着 ○デニムアンドルビー=7着

フィリーズレビュー=◎コーディエライト=15着 ○アンコールプリュ=2着

フラワーC=◎トーセンブレス=2着 ○ロックディスタウン=13着

ファルコンS=◎テンクウ=8着 ○アサクサゲンキ=2着

スプリングS=◎ステルヴィオ=1着 ○カフジバンガード=6着

阪神大賞典=◎レインボーライン=1着 ○サトノクロニクル=2着

日経賞=◎トーセンバジル=5着 ○ソールインパクト=7着

毎日杯=◎ユーキャンスマイル=6着 ○ブラストワンピース=1着

マーチS=◎センチュリオン=1着 ○ハイランドピーク=9着

高松宮記念=◎レッツゴードンキ=2着 ○ナックビーナス=3着

ダービー卿CT=◎グレーターロンドン=5着 ○ゴールドサーベラス=6着

大阪杯=◎サトノダイヤモンド=7着 ○ウインブライト=12着

阪神牝馬S=◎リスグラシュー=3着 ○アドマイヤリード=4着

ニュージーランドT=◎エントシャイデン=9着 ○カシアス=7着

桜花賞=◎フィニフティ=12着 ○アンコールプリュ=アンコールプリュ=10着

アーリントンC=◎タワーオブロンドン=1着 ○ダノンスマッシュ=5着

アンタレスS=◎ナムラアラシ=8着 ○ディアデルレイ=11着

皐月賞=◎ワグネリアン=7着 ○ジャンダルム=9着

福島牝馬S=◎カワキタエンカ=2着 ○ゲッカコウ=9着

マイラーズC=◎モズアスコット=2着 ○エアスピネル=3着

フローラS=◎オハナ=14着 ○ラブラブラブ=16着

青葉賞=◎ダノンマジェスティ=8着 ○ディープインラヴ=10着

天皇賞(春)=◎レインボーライン=1着 ○ミッキーロケット=4着

京都新聞杯=◎ユーキャンスマイル=6着 ○アドマイヤアルバ=2着

新潟大賞典=◎ステファノス=11着 ○トーセンマタコイヤ=5着

NHKマイルC=◎レッドヴェイロン=3着 ○ギベオン=2着

次の印は[1着・2着・3着・4着・5着・掲示板以外]で表示します(^^)/

◎[10・7・4・3・3・25]

○[4・5・6・3・8・26]

合わせて~~~(^◇^)

◎○[14・12・10・6・11・51](^^♪

 ちびざる 2018年5月5日() 22:05
【GⅢ】新潟大賞典の予想
閲覧 74ビュー コメント 0 ナイス 1

◎:⑦カレンラストショー
〇:⑤トーセンマタコイヤ
▲:⑨ナイトオブナイツ
△:⑬ステファノス
×:⑩トリオンフ


【買い目】

複勝
⑦カレンラストショー
⑤トーセンマタコイヤ
⑨ナイトオブナイツ


◎は⑦カレンラストショーにしました。
 指数11位。某スポーツ紙調教評価1位。
ここ8戦連続で馬券圏内に来ています。
安定感がありますね。距離も二千を主戦にレースを
使っていることもプラスです。
実績では劣りますが、平坦の新潟コースなら劣った部分をカバーできると思います。


○は⑤トーセンマタコイヤにしました。
指数8位。 某スポーツ紙調教評価3位。
7歳馬ですが、まだまだやれると思います。
前走は、プラス体重でしたので、今回、絞れてこれば
チャンスだと思います。
左回りも問題ないと思います。


▲は⑨ナイトオブナイツにしました。
指数10位。某スポーツ紙調教評価2位。
前走を勝った勢いを生かしたいですね。
戦績から、新潟コースが合うか疑問ですが、斤量差を生かすことが出来れば
面白い存在になるかもしれません。
馬体重はなるべく減らない方が良いですが・・・・。


△以下では、⑬ステファノスに注目しています。
外目の枠と斤量が、カギになると思います。
それと休み明けで動けるかどうか。
叩き良化型なだけに、調子が上がるのは次走かもしれませんが
メンバー的にはあっさり勝ってもおかしくないと思います。

[もっと見る]

 馬券のAエース 2018年5月5日() 21:16
【日曜の格上馬】+NHK・新潟大賞典 
閲覧 450ビュー コメント 0 ナイス 7

石坂 正≪調教師≫〔通算600勝〕メモリアル達成おめでとうございます♪
////////////

【メモリアル】あと1勝で○○○勝♪
今野 貞一≪調教師≫〔通算99勝〕

///////////////

【日曜の格上馬】
京都1R:クルスデルスール
京都2R:ジャスパーエイト
新潟2R:クイーンズテソーロ
新潟6R:プリンシアブラスカ

【厩舎&騎手】高確率メソッド
東京4R :◆サトノオンリーワン  デム&堀 〔複勝率〕42.9%
東京5R :◆ゲンパチカイナル  ルメ&田村〔複勝率〕64.5%
東京6R :◆ディロス  ルメ&木村〔複勝率〕65.8%
東京7R :◆アルーフクライ  ルメ&宗像〔複勝率〕60.0%
東京8R :◆アドマイヤキズナ  川田&友道〔複勝率〕52.4%
東京9R :◆イストワールファム  ルメ&古賀〔複勝率〕65.4%
東京9R :◆レッドオルガ  デム&藤原〔複勝率〕57.9%
東京10R :◆ロイヤルパンプ  川田&友道〔複勝率〕52.4%
東京11R :◆タワーオブロンドン  ルメ&藤沢〔複勝率〕59.4%
東京11R :◆ギベオン  デム&藤原〔複勝率〕57.9%
東京11R :◆パクスアメリカーナ  川田&中内田〔複勝率〕50.6%
東京11R :◆ミスターメロディ  福永&藤原〔複勝率〕51.7%
東京12R :◆セネッティ  ルメ&音無〔複勝率〕53.2%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【NHKマイル】東京1600m

≪馬指数≫
1位:〔80〕⑦タワーオブロンドン
2位:〔70〕③テトラドラクマ ⑯ミスターメロディ
3位:〔65〕⑤プリモシーン 

≪上げ幅≫
1位:〔15〕⑦タワーオブロンドン
2位:〔12〕③テトラドラクマ
3位:〔8〕⑩パスクアメリカーナ 

※5/3日記で≪攻略ポイント≫更新してます
今年は牡馬か?牝馬か?
近2年は東京マイル持ち時計1位を持っていた牝馬が優勝!
該当する牝馬代表はテトラドラクマですね!
昨年は上げ幅1位で並んだ2頭がワンツーも2番人気と13番人気、
今年は指数・上げ幅共に1・2位タワー・テトラなら本命サイドとなってしまうが…。

/////////////

【新潟大賞典】新潟2000m

≪馬指数≫
1位:〔85〕⑬ステファノス
2位:〔83〕⑩トリオンフ
3位:〔81〕②ナスノセイカン 

≪上げ幅≫
1位:〔5〕⑪ハッピーユニバンス ⑬ステファノス
2位:〔4〕⑤トーセンマタコイヤ ⑩トリオンフ ⑫マイスタイル
3位:〔3〕多数 

※5/4日記で≪攻略ポイント≫更新してます
重賞で上げ幅〔レース適性〕1位がたった「5」とは!?
折角前走GⅠ組まで出てきてるのに、オッズはローカル重賞に落ち着いてますね^^;
こういう時はガッツリ実績馬に乗るべきか?
上げ幅が低い=荒れやすいと感じて穴狙いか?
これはこれでどっちのタイプの方も楽しめそうですね♪

[もっと見る]

⇒もっと見る

トーセンマタコイヤの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

トーセンマタコイヤの写真

トーセンマタコイヤ
トーセンマタコイヤ

トーセンマタコイヤの厩舎情報 VIP

2018年5月6日新潟大賞典 G35着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

トーセンマタコイヤの取材メモ VIP

2018年5月6日 新潟大賞典 G3 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。