トーセンバジル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
トーセンバジル
トーセンバジル
写真一覧
現役 牡5 黒鹿毛 2012年3月1日生
調教師藤原英昭(栗東)
馬主島川 隆哉
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績17戦[5-3-2-7]
総賞金13,761万円
収得賞金3,800万円
英字表記Tosen Basil
血統 ハービンジャー
血統 ][ 産駒 ]
Dansili
Penang Pearl
ケアレスウィスパー
血統 ][ 産駒 ]
フジキセキ
エヴリウィスパー
兄弟 フレグラントブレスカラジャス
前走 2017/10/09 京都大賞典 G2
次走予定 2017/11/26 ジャパンカップ G1

トーセンバジルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/10/09 京都 11 京都大賞典 G2 芝2400 155811.262** 牡5 56.0 岩田康誠藤原英昭482(-2)2.23.1 0.134.2スマートレイアー
17/09/03 新潟 11 新潟記念 G3 芝2000 177136.027** 牡5 56.0 岩田康誠藤原英昭484(+4)1.58.1 0.233.7⑭⑮タツゴウゲキ
17/04/30 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 1771379.698** 牡5 58.0 四位洋文藤原英昭480(-2)3.13.7 1.235.5⑪⑪⑪⑫キタサンブラック
17/03/19 阪神 11 阪神大賞典 G2 芝3000 104433.553** 牡5 56.0 四位洋文藤原英昭482(+4)3.03.2 0.635.8⑨⑨⑨⑦サトノダイヤモンド
16/11/27 東京 11 ジャパンC G1 芝2400 1751062.91211** 牡4 57.0 内田博幸藤原英昭478(-2)2.26.9 1.135.0⑪⑪⑨⑩キタサンブラック
16/10/10 東京 10 オクトーバー 1600万下 芝2400 10772.011** 牡4 56.0 内田博幸藤原英昭480(0)2.27.8 -0.233.1⑨⑧⑧⑧ハッピーモーメント
16/08/21 新潟 10 阿賀野川特別 1000万下 芝2200 157132.911** 牡4 57.0 内田博幸藤原英昭480(+2)2.11.8 -0.134.5⑨⑧⑤⑤ワールドインパクト
16/07/24 中京 9 渥美特別 500万下 芝2200 9552.211** 牡4 57.0 福永祐一藤原英昭478(-2)2.13.6 -0.034.4⑧⑧⑧⑤サンデーウィザード
16/06/26 阪神 7 3歳以上500万下 芝2200 10772.525** 牡4 57.0 戸崎圭太藤原英昭480(+10)2.16.0 0.935.7⑥⑦⑥⑦サトノエトワール
15/09/27 阪神 11 神戸新聞杯 G2 芝2400 155921.573** 牡3 56.0 四位洋文藤原英昭470(+2)2.27.4 0.734.1⑭⑬⑭⑬リアファル
15/05/30 京都 10 白百合S OP 芝1800 14334.527** 牡3 56.0 岩田康誠藤原英昭468(0)1.46.5 0.332.7⑬⑬アルバートドック
15/05/09 京都 11 京都新聞杯 G2 芝2200 16236.444** 牡3 56.0 岩田康誠藤原英昭468(-4)2.11.4 0.134.0⑪⑪⑫⑫サトノラーゼン
15/03/08 中山 11 報知杯弥生賞 G2 芝2000 11787.435** 牡3 56.0 岩田康誠藤原英昭472(+2)2.02.5 0.736.2⑧⑧⑦⑦サトノクラウン
14/12/06 中山 9 葉牡丹賞 500万下 芝2000 10661.811** 牡2 55.0 戸崎圭太藤原英昭470(+2)2.00.8 -0.035.6⑩⑩⑧⑧カカドゥ
14/10/18 京都 9 紫菊賞 500万下 芝2000 7552.312** 牡2 55.0 岩田康誠藤原英昭468(0)2.00.5 0.033.2⑥⑥⑥⑥ティルナノーグ
14/08/17 札幌 1 2歳未勝利 芝1800 146102.211** 牡2 54.0 福永祐一藤原英昭468(+6)1.51.2 -0.235.6サトノラーゼン
14/06/29 阪神 5 2歳新馬 芝1800 128116.822** 牡2 54.0 福永祐一藤原英昭462(--)1.51.9 0.035.4⑥⑤ティルナノーグ

トーセンバジルの関連ニュース

 12月10日に香港シャティン競馬場で行われる香港国際競走(GI、全4レース)に出走を予定している日本馬8頭の出国日程が11月23日、発表された。

 関東馬(美浦所属)のネオリアリズム(牡6歳、堀宣行厩舎)=香港カップワンスインナムーン(牝4歳、斉藤誠厩舎)=香港スプリント=は12月2日、成田国際空港から出国。



 関西馬(栗東所属)のキセキ(牡3歳、角居勝彦厩舎)=香港ヴァーズトーセンバジル(牡5歳、藤原英昭厩舎)=同、レッツゴードンキ(牝5歳、梅田智之厩舎)=香港スプリントサトノアラジン(牡6歳、池江泰寿厩舎)=香港マイルスマートレイアー(牝7歳、大久保龍志厩舎)=香港カップステファノス(牡6歳、藤原英昭厩舎)=同=は11月30日、関西国際空港から出国する。

【香港国際競走】全4レースの選出馬が出揃う NEW!2017年11月23日(木) 15:23

 JRAが馬券を発売する海外競馬対象レース、香港国際競走(12月10日、香港・シャティン競馬場、全4レース、すべてGI)の選出馬は次の通り。出馬投票は同7日。



 【香港ヴァーズ】(4R、3歳以上、GI、芝・右2400メートル、1着賞金1026万香港ドル、発走予定時刻=日本時間12月10日15:00、発売開始時刻=同日10:00)ハイランドリール    牡5歳 57キロ 愛・A.オブライエン厩舎タリスマニック     牡4歳 57キロ 仏・A.ファーブル厩舎アイダホ        牡4歳 57キロ 愛・A.オブライエン厩舎ティベリアン      牡5歳 57キロ 仏・A.クエティル厩舎ケミカルチャージ    牡5歳 57キロ 英・R.ベケット厩舎デインヒルコディアック 牡4歳 57キロ 英・R.ハノン厩舎イーグルウェイ    セン5歳 57キロ 香・J.ムーア厩舎マックスダイナマイト セン7歳 57キロ 愛・W.マリンズ厩舎トーセンバジル     牡5歳 57キロ 日・藤原英昭厩舎ゴールドマウント   セン4歳 57キロ 香・A.クルーズ厩舎ヘレンカリズマ     牡4歳 57キロ 香・J.ムーア(香)スマートコール     牝6歳55.5キロ英・M.スタウト厩舎キセキ         牡3歳 55キロ 日・角居勝彦厩舎エジーラ        牝3歳 53キロ 愛・D.ウェルド厩舎

 【香港スプリント】(5R、3歳以上、GI、芝・右1200メートル、1着賞金=1054万5000香港ドル、発走予定時刻=日本時間12月10日15:40、発売開始時刻=同日10:00)ミスタースタニング   セン5歳 57キロ 香・J.サイズラッキーバブルズ    セン6歳 57キロ 香・K.ルイ厩舎ペニアフォビア     セン6歳 57キロ 香・A.クルーズ厩舎ザウィザードオブオズ  セン6歳 57キロ 香・J.サイズ厩舎アメージングキッズ   セン6歳 57キロ 香・J.サイズ厩舎ノットリスニントゥーミーセン7歳 57キロ 香・J.ムーア厩舎サインズオブブレッシングセン6歳 57キロ 仏・F.ロオー厩舎ザティンマン      セン5歳 57キロ 英・J.ファンショー厩舎ザライトマン      セン5歳 57キロ 仏・D.ギルマン厩舎ブリザード       セン6歳 57キロ 香・P.イウ厩舎ディービーピン     セン5歳 57キロ 香・J.サイズ厩舎ストーミーリベラル   セン5歳 57キロ 米・P.ミラー厩舎レッツゴードンキ     牝5歳55.5キロ日・梅田智之厩舎ワンスインナムーン    牝4歳55.5キロ日・斎藤誠厩舎

 【香港マイル】(7R、3歳以上、GI、芝・右1600メートル、1着賞金1311万香港ドル、発走予定時刻=日本時間12月10日16:50、発売開始時刻=同日10:00)ビューティーオンリー    セン6歳 57キロ 香・A.クルーズ厩舎ヘレンパラゴン        牡5歳 57キロ 香・J.ムーア厩舎リブリサブリーズ      セン5歳 57キロ 英・D.アイボリー厩舎コンテントメント      セン7歳 57キロ 香・J.サイズ厩舎サトノアラジン        牡6歳 57キロ 日・池江泰寿厩舎ジョイフルトリニティ    セン5歳 57キロ 香・J.ムーア厩舎ライトニングスピア      牡6歳 57キロ 英・D.シムコック厩舎シーズンズブルーム     セン5歳 57キロ 香・C.シャム厩舎ホースオブフォーチュン   セン7歳 57キロ 香・A.ミラード厩舎カラール          セン5歳 57キロ 仏・F.グラファール厩舎ビューティージェネレーションセン5歳 57キロ 香・J.ムーア厩舎シシュアンダール      セン6歳 57キロ 香・A.ミラード厩舎ランカスターボンバー     牡3歳56.5キロ愛・A.オブライエン厩舎ローリーポーリー       牝3歳 55キロ 愛・A.オブライエン厩舎

[もっと見る]

【ジャパンC】キタサンブラック2枠4番!枠順確定 NEW!2017年11月23日(木) 14:13

 優勝賞金3億円の最強馬決定戦「第37回ジャパンカップ(GI)」(11月26日、東京11R、3歳上オープン、国際、定量、芝2400メートル、1着賞金3億円)の枠順が23日に確定。



 昨年に続く連覇を狙うキタサンブラックは2枠4番、今年の日本ダービーレイデオロは1枠2番、宝塚記念を勝ち、天皇賞・秋2着から雪辱を期すサトノクラウンは6枠12番、今年のオークス馬のソウルスターリングは4枠8番、外国勢では、今年の年間GI最多勝を更新したアイルランドのA.オブライエン調教師が7年ぶりに送り込むアイダホが7枠14番、オーストラリアから14年ぶりに参戦するブームタイムは5枠10番にそれぞれ決まった。

 今年のジャパンCには、史上最多タイのJRA・GI7勝目&史上2頭目の連覇を狙うキタサンブラック、その“王者”と初対戦となる今年の日本ダービーレイデオロ、JRA・GI11戦連続3着以内&年間7勝の新記録達成がかかるミルコ・デムーロ騎手鞍上のサトノクラウンなど見どころ満載の超豪華メンバーがそろった。



 なお、登録馬のうちトーセンバジルは12月10日に行われる香港国際競走(香港ヴァーズ)に出走するため、タンタアレグリアは体調が整わないためそれぞれ出走を回避した。

 勝ち馬投票券は11月24日にウインズ新宿、後楽園、難波、梅田の4カ所で、金曜日発売(午後2時から午後7時)を実施し、25日からは全国のJRA競馬場、ウインズ等で前日発売する。ジャパンCは26日、東京競馬場(11R最終レース)で、午後3時40分にスタートが切られる。



ジャパンCの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

日本馬8頭が香港国際競走への招待受諾&発売決定 2017年11月22日(水) 19:13

 JRAは22日、香港国際競走(12月10日、シャティン、GI)の招待を受けた日本馬8頭が受諾したことと、4競走の国内馬券発売を実施すると発表した。馬券はインターネット会員限定(即PATおよびA−PAT会員)。枠連とWIN5は発売しない。発売は当日午前10時から、各競走発走予定時刻4分前まで。受諾馬は次の通り。

 【カップ】(芝2000メートル)ステファノススマートレイアーネオリアリズム 【マイル】(芝1600メートル)サトノアラジン 【スプリント】(芝1200メートル)レッツゴードンキワンスインナムーン 【ヴァーズ】(芝2400メートル)キセキ、トーセンバジル

ステファノスの競走成績はこちら★スマートレイアーの競走成績はこちら★ネオリアリズムの競走成績はこちら★サトノアラジンの競走成績はこちら★レッツゴードンキの競走成績はこちら★ワンスインナムーンの競走成績はこちら★キセキの競走成績はこちら★トーセンバジルの競走成績はこちら

[もっと見る]

バジル、ジャパンC回避 モレイラで香港ヴァーズへ 2017年11月22日(水) 05:00

 ジャパンCに登録しているトーセンバジル(栗・藤原英、牡5)は同レースを回避し、香港ヴァーズ(12月10日、シャティン、GI、芝2400メートル)に向かうことが21日、わかった。藤原英調教師が明らかにしたもので、モレイラ騎手が騎乗することも発表した。



トーセンバジルの競走成績はこちら

 

[もっと見る]

【ジャパンC】レースの注目点 2017年11月20日(月) 18:11

★年内あと2戦で引退のキタサン、数々の記録がかかる

 ジャパンC有馬記念の年内2戦で引退することが発表されているキタサンブラック(牡5歳、栗東・清水久詞厩舎)は今年、大阪杯、天皇賞・春、天皇賞・秋とGI3勝をマークし、JRA通算獲得賞金ランキングでトップのテイエムオペラオー(18億3518万9000円)に約3億4000万円と迫る14億9796万1000円を獲得している。

 ジャパンC有馬記念の1着賞金はどちらも国内最高の3億円ということで、トップ射程圏内にいるといえるが、残り2戦で頂に到達するためにも、ジャパンCの結果が重要になってくることは間違いない。

 また、ジャパンCを制覇すれば、JRA・GI年間4勝は2012年ジェンティルドンナ以来5年ぶり7頭目。古馬のGIに限ると00年テイエムオペラオー、06年ディープインパクトに続き11年ぶり3頭目となる。

 さらにキタサンブラックは、今年は大阪杯、天皇賞・春、天皇賞・秋とGI3勝をマークし年間賞金ランキングでトップの4億3045万8000円を獲得しており、現在2位のレイデオロ(2億9300万8000円)とは約1億4000万円の差をつけている。

 ジャパンCの結果次第では、年間7億1193万円を獲得して“賞金王”に輝いた昨年に続いて史上4頭目となる2年連続“賞金王”が見えてくるが、果たしてどんな結果になるだろうか。



★キタサン勝てば歴代の名馬に並ぶGI7勝

 3歳時の2015年に菊花賞、16年に天皇賞・春、ジャパンC、17年に大阪杯、天皇賞・春、天皇賞・秋と現在JRA・GI6勝を挙げているキタサンブラック(牡5歳、栗東・清水久詞厩舎)。1984年のグレード制以降、GIを7勝しているシンボリルドルフテイエムオペラオーディープインパクトウオッカに肩を並べるまであと1勝と迫っている。

 年内あと2戦(ジャパンC有馬記念)での引退が発表されている同馬が、ジャパンCを勝てば歴代の名馬に並ぶうえ、有馬記念でGI8勝の新記録達成の可能性を残すことになる。また、キタサンブラックは、GI6勝、GII3勝で重賞勝ちの合計は「9」。12勝を挙げたオグリキャップなどに続き、勝って史上8頭目の重賞10勝馬となれるかにも注目だ。



★ダービー馬3世代対決は9年ぶり2回目

 今年のジャパンCには、レイデオロ(牡3歳、美浦・藤沢和雄厩舎)、マカヒキ(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎)、ワンアンドオンリー(牡6歳、栗東・橋口慎介厩舎)と3頭のダービー馬が登録している。3世代のダービー馬の対戦は、2008年ジャパンC以来9年ぶり2回目で、その時は一番年下のディープスカイ(牡3歳)が最先着(2着)を果たした。

 今回、一番年下のレイデオロは、古馬と初めての対戦となるが、先輩ダービー馬に先着することができるだろうか。Vなら、3歳馬の勝利は2012年ジェンティルドンナ(牝)以来5年ぶり7頭目、3歳ダービー馬の勝利は2001年ジャングルポケット以来16年ぶり2頭目となる。

 また、先輩ダービー馬のマカヒキワンアンドオンリーは、2頭とも勝ち星から遠ざかっている。マカヒキは2016年凱旋門賞(GI)14着から5連敗、ワンアンドオンリーは2014年菊花賞(GI)9着から22連敗中だが、ジャパンCで復活の勝利を挙げることができるだろうか。なお、4歳ダービー馬は、ジャパンCで4勝を挙げている。

★藤沢&ルメールコンビは勝率.319

 ジャパンC最多出走(延べ18頭)の藤沢和雄調教師(美浦)は、ダービー馬レイデオロ(牡3歳)とオークスソウルスターリング(牝3歳)を登録している。この2頭には、これまでC.ルメール騎手が騎乗していたが、今回はレイデオロにルメール騎手、ソウルスターリングには”テン乗り”となるC.デムーロ騎手が騎乗する予定だ。藤沢調教師とルメール騎手のコンビは、11月13日現在、JRA競走で166戦53勝、2着28回(勝率.319、連対率.488)と高い数字をマークしているが、さて、レイデオロを勝利に導くことができるだろうか。

 また、C.デムーロ騎手はジャパンC初参戦で、同レース初の兄弟制覇(兄のM.デムーロ騎手は2008年優勝)がかかる。ソウルスターリングは、19頭の登録馬のうち唯一の牝馬で、古馬との対戦では毎日王冠(GII)8着、天皇賞・秋(GI)6着と敗れているが、C.デムーロ騎手とのコンビで一矢報いることができるだろうか。



★昨年1・2着の京都大賞典組、今年はシュヴァルグランら4頭が登録

 昨年は、京都大賞典(GII)から天皇賞・秋には出走せず、ジャパンCに直行したキタサンブラックサウンズオブアースがワンツーフィニッシュを決めた。今年の登録馬では、京都大賞典2着のトーセンバジル(牡5歳、栗東・藤原英昭厩舎)、同3着シュヴァルグラン(牡5歳、栗東・友道康夫厩舎)、同6着ラストインパクト(牡7歳、栗東・角居勝彦厩舎)、同13着サウンズオブアース(牡6歳、粟東・藤岡健一厩舎)の4頭が京都大賞典からの直行となる。出走すれば、4頭ともGI初勝利がかかるが、昨年に続き京都大賞典組が上位を占めるのだろうか。なお、サウンズオブアースは3度目のジャパンC挑戦で昨年は2着、シュヴァルグランは昨年の3着馬で、7度目のG1挑戦となる。



★アイダホ、凱旋門賞での経験活かし34年ぶり愛国所属馬V目指す

 アイルランド所属のアイダホ(牡4歳、A.オブライエン厩舎)は、凱旋門賞(GI)で果敢に先行し8着となった。同馬はGI未勝利だが、凱旋門賞での経験を活かし、GIタイトルを手にすることができるだろうか。なお、凱旋門賞7着のイキートス(牡5歳、H.グリューシェル厩舎)も登録している。Vなら、アイルランド所属馬の勝利は、1983年スタネーラ以来34年ぶりとなる。

 また、ドイツのギニョール(牡5歳、J.カルヴァロ厩舎)は、先行力を武器にGIを連勝中。同馬には3度目のジャパンC参戦となるF.ミナリク騎手が騎乗する予定だが、さて、どんな戦法で挑むのだろうか。

[もっと見る]

⇒もっと見る

トーセンバジルの関連コラム

閲覧 941ビュー コメント 0 ナイス 6

マイルCS観るとやっぱりG1はミルコを買っていればいいんですね、先週の発言撤回します(笑)ミルコ&ハービンジャー旋風すごいですね。ミルコはサトノクラウンなのか他なのか、嫌でも注目せざるをえないですね。ハービンジャー産駒はトーセンバジルだけです。
昔は外国馬が圧倒的に強くてシンボリルドルフ後の6年間外国馬にやられっぱなしで、日本馬トウカイテイオー(しかもシンボリルドルフの仔)が勝ったら感動したくらいで、この10年くらいは外国馬は瞬発力勝負についてこられず用無しという状況だったが、今年は雨が多く、超高速馬場でないので外国馬もチャンスありそうで馬券的には面白く、かつ難しい。

思い出としては1993年のセン馬の先駆者レガシーワールドが、大学の非公認サークル競馬部の1年目として各学年教室に掲示した競馬新聞でひとりだけ◎打って12.5倍ついたし、1番人気のコタシャーン相手でも馬連34倍もついて(馬単あったらかなりついたはず)、誇らしかったのですが、あれから25年近く経ったのが信じられないし、競馬やめちゃった人が大半で残念な限りです。負けが混むと続けられなくなるだけに、なんとか続けてこられて幸せです。昔(学生時代)は馬連2点とかで、指数が行き渡っていなかっただけに簡単に勝てて、回転寿司とかに行けたんですが、最近は厳しくなりました。時々WIN5で帯封の大勝ちしても住宅ローンの口座に入れるだけで夢がないからかもしれません(笑)

恒例の1週前の全頭診断へ。

キタサンブラック:出遅れた秋の天皇賞はやらかしたかと思ったが、他の騎手が内をぽっかり開けているところを縫って4角でもう先頭に立つ勢い。騎手も巧かったが、馬も悪そうな内をめげずに走って立派(ただあんなに内を避ける他の騎手のボーンヘッドにも思えるが)。距離は、このくらいあった方が、逃げなくても途中先頭など様々な対応可能で当然有力。

サトノクラウン:香港でG1を勝ってからは今年は宝塚記念勝ちと秋の天皇賞2着と結果出しており、適距離のここも当然好勝負。スローからの瞬発力勝負となると分が悪いが、JCはある程度流れるのでやれるのでは。ここを勝って種牡馬入りすれば非SS系だけにSS系繁殖牝馬につけ放題で、明るい未来が待っている。

レイデオロ:ダービー勝ちは多分に恵まれたかなあと思っていたが、神戸新聞杯完勝で6戦5勝とした。しかも倒したキセキ菊花賞を制したことからも実力は本物。あとはレベルが低いと言われている(個人的には特にそうでもないと思っているが)世代だけに、古馬の壁に当たってもおかしくない状況で人気次第か。

シャケトラ:今春の天皇賞・春で3番人気9着、宝塚記念2番人気4着と期待ほど走れていないが、前走15着はマンハッタンカフェ産駒苦手の道悪だっただけに今回適度に人気落としてくれれば。

シュヴァルグラン:瞬発力が無いだけに逃げた福永騎手の判断はそう悪くなかった(ただ福永騎手は滅多に逃げないように逃げ得意ではない)と思うが、大魔神との仲違いの原因ともいわれているとか。そろそろやれてもおかしくないが……。

レインボーライン:昨秋の菊花賞以来、久々に馬券に絡んだ前走の秋の天皇賞3着だが、極端な馬場だっただけに、道悪で再度激走があるかどうか程度では。

ソウルスターリングオークス勝ちの舞台ではあるが、この秋は人気より走れておらず、斤量や距離はいいのだろうがまだ人気先行気味になりそうで妙味はあまりない。

マカヒキ:ダービー馬だが今年は1勝もできていない伸び悩みの近況で、本来得意距離であろう前走の秋の天皇賞は道悪でノーカウントにしても、あまり期待できない。

サウンズオブアース:堅実派が前走で大敗したが、不利があったのも事実。ただ札幌記念にしても迫力が無くなってきた感じがあり、田辺騎手だと思い切った騎乗は楽しみではあるが、難しいか。

トーセンバジル:ほとんど覚えている人は居ないだろうが、実は昨年3連勝した後にJCに参戦していて12番人気11着。どう考えても無茶に思えたが、強い相手にぶつけつつ、阪神大賞典3着、京都大賞典2着などじわじわ力をつけてきている。今秋大旋風のハービンジャー産駒でもありスタミナ向きの流れになったら一発あるか。

ヤマカツエース:昨年有馬記念で4着したように距離をこなせる素地あり、前走の道悪大敗で人気を落とすようなら、得意の左回りで距離さえどうにかこなせば食い込みがあるのでは。

タンタアレグリアオールカマー3着、今年1月のAJCC勝ちと実績は中山寄りだが、青葉賞2着もあり、スタミナを問われた流れになった時の穴候補か。

ディサイファ:8歳秋で前走の天皇賞・秋で7着。と言っても後方から、レースが終わったころに前を交わしたというだけで、7着賞金ゲットは立派だがここで期待できる内容ではない。

ラストインパクト:2年前のJCで2着したが、さすがに7歳秋で衰えてきており厳しい。

ワンアンドオンリー:3年半前にダービーを勝ったのが人生(馬生?)のピークで、その次の神戸新聞杯を勝ったあとは3年間みじめな状態。ハンカチ王子的な状況だが前走惨敗は道悪で気持ちが萎えたか。着順は悪いが指数的にはひどくは衰えてはおらず、今度はダート挑戦などを見てみたい。

ここからは外国馬〜今年の雨多めの馬場状態からしても、例年よりやれる可能性十分で無視は禁物。

アイダホ:ガリレオ×デインヒルのいかにもな欧州王道配合で有馬記念ならやれそうだが、JCの東京の長い直線は向かなそう。ただ、オブライエン厩舎&ムーア騎手で世界トップレベルのタッグだけにどうにかしてしまうかも。

イキートス:レベルは高くはないがドイツ国内で好走して凱旋門賞(日本と正反対の適性)で凡走しており、昨年のJCで外国馬最先着の7着でキタサンブラックとは0.6秒差でやれておかしくない。

ギニョール:ロジユニヴァースの母父として知られるCape Cross産駒で母父モンズンでもあり道悪要員か。60kg背負って2400mを連勝中で激走あってもおかしくないが。

ブームタイム:デインヒル×スニペッツで前走メルボルンCで惨敗しているがコーフィールドC(2400m)を勝っているように、ステイヤーというより中距離馬なのだろう。今年の馬場ならやれてもいいのでは。


<まとめ>
有力馬:キタサンブラックサトノクラウン

穴で:トーセンバジルヤマカツエース、外国馬4頭


登録済みの方はこちらからログイン

2017年11月19日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年11月19日号】特選重賞データ分析編(73)〜2017年ジャパンカップ〜
閲覧 2,031ビュー コメント 0 ナイス 6



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 ジャパンカップ 2017年11月26日(日) 東京芝2400m


<ピックアップデータ>

【“前年か同年、かつ東京か京都のG1”において5着以内となった経験の有無別成績(2009年以降)】
○あり [8-8-8-51](複勝率32.0%)
×なし [0-0-0-64](複勝率0.0%)

 2009年以降の3着以内馬24頭は、いずれも前年以降に東京か京都のビッグレースで善戦していた馬。G2やG3を主戦場としてきた馬はもちろん、2015年以前のG1、中山や阪神のG1でしか好走経験がない馬も評価を下げるべきでしょう。
 ちなみに、外国調教馬は2007年まで遡っても[0-0-0-42](複勝率0.0%)。また、2005年以降まで対象を広げると4着以内となった外国調教馬は3頭いますが、この3頭はいずれもイギリス調教馬でした。今年はイギリス調教馬が参戦してこなかったので、日本調教馬を素直に重視すべきだと思います。

主な「○」該当馬→キタサンブラックサトノクラウンソウルスターリング
主な「×」該当馬→トーセンバジルヤマカツエースラストインパクト


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【向かい風データ】

×「父が外国供用種牡馬」だった馬は2009年以降[0-0-0-41](複勝率0.0%)
主な該当馬→サトノクラウンソウルスターリング

[もっと見る]

2017年10月11日(水) 18:30 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』10/7〜9の結果(毎日王冠,京都大賞典,サウジアラビアRC)
閲覧 313ビュー コメント 0 ナイス 2

10月8日(日)に行われました東京11Rの「毎日王冠 G2」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【4位】▲リアルスティール(5.8倍)
2着:総合ポイント【2位】サトノアラジン(8.7倍)
3着:総合ポイント【5位】グレーターロンドン(6.9倍)

第2グループ・総合ポイント4位のリアルスティールが1着、第1グループ・総合ポイント2位のサトノアラジンが2着、第3グループ・総合ポイント5位のグレーターロンドンが3着という結果でした。

アストラエンブレムは予定通りの後方待機策から上り32.8秒を使い0.9秒差11着惨敗......。この数字だけを見ても、あの位置からの競馬となった(選んだ)時点で負けるべくして負けたレースでした。馬券的にも完敗です。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
4=1,8,9=1,2,3,8,9,11(12点)

計12点 払い戻し0円


続いて、10月7日(土)に行われました東京11Rの「サウジアラビアロイヤルカップ G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【6位】▲ダノンプレミアム(3.6倍)
2着:総合ポイント【2位】☆ステルヴィオ(2.6倍)
3着:総合ポイント【10位】○カーボナード(16.6倍)

第3グループ・総合ポイント6位のダノンプレミアムが1着、第1グループ・総合ポイント2位のステルヴィオが2着、第4グループ・総合ポイント10位のカーボナードが3着という結果でした。

シュバルツボンバーは+12キロも堪えてしまいましたかね。パドックではそんなに太くは感じなかったのですが、やはり大型馬の休み明けということもあって中身が伴っていなかったかもしれませんね。もう一頭期待した○カーボナードは頑張ってはくれたものの1、2着馬には遠く及ばずの内容。○▲☆が1〜3着の結果だっただけに、こちらは獲りたかったところですが馬券を失敗しました(+_+)


【馬単フォーメーション】
◎○→印
3,13→2,3,5,9,10,13,14,16,17


計16点 払い戻し0円


続いて、10月9日(祝月)に行われました京都11Rの「京都大賞典 G2」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【2位】◎スマートレイアー(8.6倍)
2着:総合ポイント【8位】△トーセンバジル(11.2倍)
3着:総合ポイント【3位】▲シュヴァルグラン(2.2倍)

第1グループ・総合ポイント2位のスマートレイアーが1着、第3グループ・総合ポイント8位のトーセンバジルが2着、第1グループ・総合ポイント3位のシュヴァルグランが3着という結果でした。

期待した◎スマートレイアー武豊騎手が完璧なエスコート(^^)/
相手にも妙味ある△トーセンバジルが来てくれましたので当コラム的に最高の結果でした。
3連休の最後にようやく一矢報いることができましたので、今週もこの勢いで頑張りたいです!


【馬連ながし】
4

2,3,5,8

【3連複1頭軸流し】
4

2,3,5,8


計10点 払い戻し7,250円

[もっと見る]

2017年10月11日(水) 15:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(10/7〜10/9)山崎エリカプロが土曜京都10R◎○▲など、週間回収率152%でトップ!
閲覧 540ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、7(土)に東京競馬場でG3サウジアラビアロイヤルカップ、8(日)に東京競馬場でG2毎日王冠、9(祝月)に京都競馬場でG2京都大賞典がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3サウジアラビアロイヤルカップは、ハクサンフエロがハナに立ち2番手にダノンプレミアム、人気のステルヴィオは後方からとなって前半4Fを46.1秒(推定)で通過。依然先頭を行くハクサンフエロが2馬身ほどのリードを保ったまま3〜4コーナーを回って直線勝負へ。残り300mで2番手からダノンプレミアムがあっさりハクサンフエロを捉えると、後続からはカーボナードテンクウダブルシャープコスモインザハートボウルズらの伸び。1番人気ステルヴィオは後方から大外を回っての追撃となります。しかし、前を行くダノンプレミアムとの差はなかなか縮まらず。文字通り影を踏ませない快走を続けた2番人気ダノンプレミアムが圧勝V!2歳レコードのおまけ付きで無傷の連勝&重賞初制覇を決めています。2着には1番人気のステルヴィオがただ1頭33秒台の末脚でゴール前、内の各馬をまとめて交して1馬身3/4差で入り、そこから1馬身1/4差の3着には6番人気のカーボナードが入っています。
公認プロ予想家でははははふほほほプロ夢月プロ岡村信将プロ山崎エリカプロ河内一秀プロスガダイプロろいすプロほか計10名が的中しています。
 
G2毎日王冠は、スタート後数頭が雁行状態で出を窺うなか最内枠を利して1番人気ソウルスターリングが逃げの手に。2番手に収まったダイワキャグニーを従え、以下馬群は3分割される形で追走。2番人気マカヒキは先団グループの最後方、3番人気リアルスティールは中団馬群の先頭を進み、徐々に先頭からシンガリまで一団になりながらソウルスターリング先頭のまま直線へ。ダイワキャグニーヤングマンパワーらがソウルスターリングに並び掛け直線半ばを過ぎると、徐々にソウルスターリングは後退。代わってダイワキャグニーが先頭に立ち、外からはリアルスティールサトノアラジンヤングマンパワーあたりも追撃。残り100mを切ってリアルスティールが単独先頭に躍り出ると、後続を振り切ってそのままゴール。G1ドバイターフ以来の重賞3勝目を挙げています。クビ差の2着に5番人気サトノアラジン、そこから1馬身1/2差の3着にはゴール前で外を鋭く追い込んだ4番人気グレーターロンドンが入っています。
公認プロ予想家では加藤拓プロジョアプロ馬券生活プロほか計5名が的中しています。
 
G2京都大賞典は、ラストインパクトが逃げて前半1000m通過59.9秒(推定)の流れ。1番人気シュヴァルグランはこの流れを最後方追走から3コーナー手前から徐々に動き出す競馬、2番人気サウンズオブアース、3番人気ミッキーロケットは中団追走でコーナーを回って直線勝負へ。依然内ラチ沿いを粘るラストインパクトに、終始好位のイン追走から満を持して追い出されたトーセンバジルが迫り、内をスルスルと伸びてはスマートレイアー、外を通ってはシュヴァルグランといったところも脚色良く先団へ。残り100mを通過して、単独先頭に立ったトーセンバジルにこの2頭が一気の伸びで迫り、徐々にその差を詰めます。この争いをゴール直前で制したのは、3頭の真ん中を突いてラスト際立つ伸びを見せた4番人気スマートレイアーでした。粘り込みを図ったトーセンバジルを外から1/2馬身差し切って優勝。重賞4勝目を挙げています。1/2馬身差に6番人気トーセンバジル、そこからクビ差の3着にシュヴァルグランが入っています。
公認プロ予想家ではスガダイプロサラマッポプロ岡村信将プロほか計7名が的中しています。
 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
7(土)京都10Rの◎○▲パーフェクト予想(馬券は◎の単勝と、◎○馬連的中)やG3サウジアラビアロイヤルカップの的中、8(日)京都10Rでの的中、9(祝月)京都10Rでの的中と、連日の好調予想を披露し、週末トータル回収率152%のトップ成績をマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →きいいろプロ
9(祝月)の東京9Rで、馬連156倍+3連複321倍を的中し、47万8,700円払戻しのビッグヒットを披露!他にも8(日)東京8R,10Rなどの的中をマークした先週は、週末トータル回収率111%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
8(日)を京都1Rなどを仕留める活躍で的中率69%、回収率135%で終えると、9(祝月)は京都7Rでの11万9,000円払戻しのスマッシュヒットなどで大幅プラスを達成!週末3日間のトータルでは、回収率131%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
7(土)東京9Rで▲サクラルコール(単勝51.4倍)の単複をゲット。この日は他にも、G3サウジアラビアロイヤルカップ京都12Rの的中など、的中率68%、回収率154%の固め打ちを披露。9(祝月)もG2京都大賞典での◎▲○的中や東京7Rでの的中などの活躍を見せた先週は、トータル回収率116%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
7(土)の京都1Rの◎○馬連&ワイド的中で好スタートを切ると、東京9R(◎サクラルコールからワイト、単複的中)、8(日)京都9R、9(祝月)京都10Rなどで随所に好調◎を披露。3日間トータル回収率114%をマークしています。
 
 
 
この他にも、イータン育成プロ(127%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(119%)、馬っしぐらプロ(106%)、エース1号プロ(102%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年10月9日(月) 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第301回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜京都大賞典 G2
閲覧 744ビュー コメント 0 ナイス 4



みなさんこんにちは!

本日は京都11R「京都大賞典 G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、サウンズオブアースから1.0ポイント差(約1馬身差)内のシュヴァルグランまでの3頭。
第2グループ(黄)は、ミッキーロケットカレンミロティックの2頭。
第3グループ(薄黄)は、フェイムゲームから同差内のレコンダイトまで5頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと各グループ間に溝が存在していますが、大きな溝ではありませんのでどの馬にもチャンスがありそうです。

私の本命は◎スマートレイアーにしたいと思います。香港ヴァーズは外々から強気の競馬で見せ場十分の5着、京都記念でもサトノクラウン相手に2着と長距離戦でのパフォーマンスは相当高く、今回のメンバーでも十分勝負になると判断しました。京都の長丁場ですし、武豊騎手という点も心強いです。以下、ここに向けてかなり仕上がっているように見える○サウンズオブアース、▲シュヴァルグラン、△ミッキーロケットトーセンバジルと印を打ちます。


【馬連ながし】
4

2,3,5,8

【3連複1頭軸流し】
4

2,3,5,8

計10点

[もっと見る]

2017年8月27日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年08月27日号】特選重賞データ分析編(62)〜2017年新潟記念〜
閲覧 2,520ビュー コメント 0 ナイス 6



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 新潟記念 2017年09月03日(日) 新潟芝2000m外


<ピックアップデータ>

【馬齢別成績(2014年以降)】
○5歳以下 [2-3-1-13](複勝率31.6%)
×6歳以上 [1-0-2-32](複勝率8.6%)

 2013年以前は高齢馬も健闘していたレースですが、近年は若い馬の方が優勢。なお、馬齢が6歳以上だった馬のうち、“新潟芝2000m外、かつ1600万下から上のクラスのレース”において連対経験がなかった馬は2014年以降[0-0-0-20](複勝率0.0%)とさらに苦戦しています。高齢、かつコース適性に疑問符が付く馬は思い切って評価を下げたいところです。

主な「○」該当馬→アストラエンブレムタツゴウゲキトーセンバジル
主な「×」該当馬→ハッピーモーメントラストインパクトルミナスウォリアー


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【向かい風データ】

×「前走が“2000mのレース”以外」だった馬は2014年以降[0-0-1-16](複勝率5.9%)
主な該当馬→アストラエンブレムトーセンバジル

×「前走の4コーナー通過順が10番手以下」だった馬は2014年以降[0-0-0-18](複勝率0.0%)
主な該当馬→トーセンバジルラストインパクト

【追い風データ】

[もっと見る]

⇒もっと見る

トーセンバジルの口コミ


口コミ一覧
閲覧 51ビュー コメント 0 ナイス 6

武豊「負傷深刻」でキタサンブラック大ピンチ!? 復帰戦で"制御不能"の暴走大敗、マイルCSで「片足ぶらぶら」騎乗も......─ Gambling Journal ギャンブルジャーナル// 2017年11月21日 08時0分 http://biz-journal.jp/gj/2017/11/post_5072.html

19日に復帰を果たした武豊騎手だが、早くもその「状態」に不安が集まっているようだ。

 8日の調教中に落馬負傷した影響で右膝の靭帯を痛め、エリザベス女王杯(G1)のスマートレイアーを始めとする、先々週の騎乗を自重していた武豊騎手。

 その後、自身の公式サイトを通じて「先週末の騎乗を自重させていただいたことで、ケガはほとんど治っています。今朝は2歳馬の追い切りにも乗って違和感はありませんでしたし、今週末からの競馬に参戦します」と回復をアピールしていた。

 だが、実際には先週末になっても土曜日には騎乗せず、日曜日も2鞍だけと万全とはいえない状況だった。

 注目の復帰戦は19日の衣笠特別(1000万下、芝1800m)。武豊騎手は海外G1制覇を果たしたエイシンヒカリの全妹エイシンティンクルに騎乗し、2番人気の支持を受けていた。1番人気馬の2.3倍に続く、単勝3.5倍。3番人気馬が8.3倍だったことからも、エイシンティンクルは「二強の一角」といった評価だった。

 快速馬として知られた兄と同じ、逃げ馬のエイシンティンクル。抜群のダッシュ力で、この日も楽にハナを奪った。兄やキタサンブラックに見られるようにレースの主導権を握れば、抜群の勝負強さを見せる武豊騎手にとって絶好の展開に思えた。

 気持ち良さそうに先頭を走り、後続をどんどん突き放すエイシンティンクル。しかし、兄を彷彿とさせる圧倒的な逃げ切りを見せるのかと思えば、1000mの通過タイムは何と58.6秒。これは、このレースの直後に行われるマイルCS(G1)で、重賞3勝を誇るマルターズアポジーが刻んだ時計と同じである。

❖次のページ 膝を庇いながら騎乗していたようにも

 そのマルターズアポジーが15着に大敗したように、稍重でこのペースは明らかに飛ばし過ぎか。「どうした、武豊?」と思ったのも束の間、最後の直線で案の定早々に手応えを失い、ズルズルと後退。9着に惨敗した。結果だけを見れば、精密な体内時計を持つ名手らしからぬ"暴走劇"だった。

 約2週間レースに騎乗していなかっただけに、レース感が狂っていたのか。とはいえ、トップ騎手として30年余り、通算4000勝を誇る競馬界のレジェンドである。そうなると、どうしても膝のケガの影響を意識してしまうのだが......。

「改めてリプレーを見ましたが、膝を庇いながら騎乗していたようにも見えますね。馬に騎乗する上で極めて重要な部分のケガだけに、そこを庇うと様々な悪影響が出てもおかしくはないと思います。後続も大きく離れていましたし、ペースが速いことはわかりやすい状況でしたが、特に緩める気配もないように見えました。

トレセン内では『(右脚の)歩く姿がぎこちなかった』という話もありましたし、これが兄エイシンヒカリのように『あえてブレーキをしなかった』のか、それともケガの影響で『ブレーキできなかった』のかは、微妙なところですね......」(競馬ライター)

 ジョーストリクトリとのコンビで参戦したマイルCSも結果的には最下位大敗と、まさに「回ってきただけ」という内容。もっとも馬もG1で戦うには力不足の感もあり、武豊騎手うんぬんといった内容ではなかった。

 だが、気になったのはむしろ、レースよりもレース直前の様子だ。

❖次のページ スタート前の輪乗りの際、武豊騎手はずっとケガした右脚だけ鐙(あぶみ)に乗せずに騎乗

「スタート前の輪乗りの際、武豊騎手はずっとケガした右脚だけ鐙(あぶみ)に乗せずに騎乗していました。おそらく右膝の負担を、少しでも減らそうとしていたのだと思います。1度レースに乗ったことで症状が酷くなっていたのかもしれません。

いずれにせよ武豊騎手が理由もなく、G1の発走直前に片足をブラブラさせて騎乗するはずがないですし、周囲が考えている以上にケガが深刻な状態にある可能性はありますね」(同)

 調教中の落馬負傷として先々週のエリザベス女王杯(G1)などの騎乗が取りやめになった際は、「フライデー」(講談社)に小浦愛との"路上キス疑惑"を報じられた直後とあって、「タイミングが良すぎる」「意図的な休養では」という疑惑もあった。しかし、この日の2レースの騎乗や様子を見た限り、思った以上に深刻な状況の可能性が出てきた。

 そうなると気になるのは、今週末26日に行われるジャパンC(G1)におけるキタサンブラックの騎乗だ。

 キタサンブラックで制した昨年のジャパンCは、まさに武豊騎手の"神騎乗"がもたらした完勝劇だった。スタートから果敢に逃げてペースを支配、最後まで後続に何もさせずに逃げ切ったレース運びに武豊騎手本人も「一年で最高のレース」と自画自賛。

 なお、このレースは競馬雑誌『週刊ギャロップ』(サンケイスポーツ)の「神騎乗2016 週刊Gallop SPECIAL AWARD」の第1位に選出されている。

 本誌には多くの競馬関係者から称賛の声が寄せられているが、その中でも印象的だったのが、トーセンバジルに騎乗してレースに参加していた内田博幸騎手の「2番手以下が(速いんじゃないかと思っていたペースが、実は)遅いと気付いたときには手遅れ」というコメントだ。

❖次のページ これまでも数々の負傷を驚異的な回復力で乗り越えてきた武豊騎手

これぞ"ユタカマジック"の神髄と思わせる、ライバルからの率直な感想。だが、問題は「今」の武豊騎手に、これを再現できるかどうかだ。

 復帰戦で惨敗したエイシンティンクルのような"暴走"では「2番手以下が(速いんじゃないかと思っていたペースが、実は)本当に速かった」になってしまう。これではさすがのキタサンブラックも、大敗を覚悟しなければならないだろう。

 とはいえ、まだ本番までに1週間残されている。これまでも数々の負傷を驚異的な回復力で乗り越えてきた武豊騎手だけに、なんとか万全な姿を見せてくれること祈りたい。

 しんすけ46 2017年11月22日(水) 06:16
じゃぱんかっぷの2
閲覧 276ビュー コメント 2 ナイス 25

トーセンバジルは香港ヴァーズに行きましたね。

今日からの調教等を確認してからの最終結論だけどね。
今のの本命はシュヴァルグランにしようかと。

昨年は厳しいローテーションで3着。
今年は京都大賞典からのゆったりしたローテーションで
ジャパンカップに狙いを絞って来たって感じ?
秋のGIで多分ここしか勝つチャンス無いと思うしね。
空いてた騎手もボウマンなら問題無いでしょ!

相手はレイデオロ・キタサンブラック・ソウルスターリング・ブームタイムって感じかな?
但し良馬場なら。重なら色々変えないと。

今日は早帰りだーい。

夕飯は一人なんで作ってくれたおでんとレッドホットチキンを2個体内に投入予定。
ケンタッキーは日曜日から連続投入してるんで最早気が狂ってるとしか思えません。

身体に悪そう・・・。頑張れ、身体!

[もっと見る]

 ファストタテヤマ 2017年11月21日(火) 17:54
JC出走予定の外国馬、ギニョール・イキートスの考察
閲覧 260ビュー コメント 2 ナイス 9



【ギニョール】


前走:バイエルン大賞 1着

長い直線上で緩々のスタート。

余計な消耗もなく先頭を奪うと
馬群凝縮のまま淡々と流れて最後の直線勝負の形に。

直線では瞬発力を見せて後続との差を一瞬広げるが、
終いは止まり気味で外からの強襲を何とか凌いでのゴール。



2走前:バーデン大賞 1着

バイエルン大賞の時と同じく
ポジション争いをすることなく楽に先頭。

道中のペースとしては恐らく平均寄りで、
向正面でも緩めず勝負所に向かっているので
後続の馬は押し上げに苦労するような展開。

ラップが測りにくいので
ちゃんとしたペースは読めないが、
スタミナ勝負寄りの流れだったとは思う。



3走前:ハンザ大賞 4着

ここでも序盤緩めの逃げを打つが、

フォワ賞の勝ち馬チンギスシークレットが
外目2番手からプレッシャーを与え続ける運びで
中途半端にペースの強弱をつけてしまう苦しい流れ。

直線ではまったく加速が付かず、5頭立ての4着。




バイエルン大賞の勝ち方を見ると
加速させてから使える脚は短そうで
上がり勝負になりやすい東京2400では不安を感じる内容。

基本的にはバーデン大賞のように
道中を緩めず運んで終いの加速勝負を避けたい馬だとは思う。

同じドイツ馬のイキートスに対しては
ここまで7戦5勝と大きく勝ち越しているが、

ドイツ競馬の場合は序盤に
14〜15秒台のラップが並ぶことも珍しくなく、
逃げ馬にとっては優しい環境が整っているので
対戦成績ほど力差はないように感じる。





【イキートス】


前走:バイエルン大賞 2着

道中は最後方から前の集団に合わせる運び。

3〜4角からは後方3番手の外目にいた
チンギスシークレットに相手を絞り
勝負所も一緒のタイミングで上がっていくが、

相手が思いのほか外を回ったことで
この馬も大外を回るしかなくなってしまい
結果的には手痛いロスを被ることに。

直線でのコース取りが違っていれば勝っていた。



2走前:凱旋門賞 7着

後方馬群の最内から進んで
道中はまったく身動きが取れず。

3〜4角で外目から仕掛ける馬が多かったことで
ようやくスペースができ、その隙をついて馬群の外へ。

仕掛けがワンテンポ遅かったこともあり
直線では一瞬伸びそうな気配を見せるが
途中で脚が上がってしまい雪崩れ込むのがやっと。



7走前:ジャパンカップ 7着

内枠を引けたことですんなり後方内目をキープ。

キタサンブラックを追う先団が
残り1000過ぎからペースを上げたことで
3角から徐々に馬群が凝縮。

イキートスも先団との差を詰めるが、
前にいたトーセンバジルが壁になり押し上げきれず。

ここでもう一つ前のポジションに入れていれば
4着争いにも加われたと思う。




後方内目の定位置から
自分の脚は毎回しっかり使ってくるので、
有力馬が外に集中して内が空くようだと楽しみはある。

ただ、去年もその競馬が叶って
圏内までは届きそうにない結果だったので、

それだったら外を回すロスがあっても
他の差し馬からいこうかなとは思ってしまう。

[もっと見る]

⇒もっと見る

トーセンバジルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
3:
  (じ〜じ)   フォロワー:41人 2014年11月3日(月) 10:07:51
次葉牡丹賞。?。
2:
  hironish   フォロワー:3人 2014年8月22日(金) 15:07:18
http://umanity.jp/circle/topic_detail.php?kbn=0&id=d7e7f599a6&topicid=634b0463e5
1:
  ほしあんです   フォロワー:13人 2014年6月28日() 10:00:19
6月29日阪神芝1800m にて出走予定。

ティルナノーグをはじめ有力どころが出走するので、
タフなレースになりそうですが、ハービンジャー産駒の筆頭格として、
結果を残してほしいところです。

トーセンバジルの写真

トーセンバジル
トーセンバジル

トーセンバジルの厩舎情報 VIP

2017年10月9日京都大賞典 G22着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

トーセンバジルの取材メモ VIP

2017年10月9日 京都大賞典 G2 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。