注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

トウシンモンステラ(競走馬)

注目ホース
トウシンモンステラ
トウシンモンステラ
写真一覧
現役 牡7 黒鹿毛 2010年2月13日生
調教師村山明(栗東)
馬主株式会社 サトー
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績31戦[5-2-3-21]
総賞金10,190万円
収得賞金2,250万円
英字表記Toshin Monstera
血統 キングカメハメハ
血統 ][ 産駒 ]
Kingmambo
マンファス
ピンクパピヨン
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
マリスター2
兄弟 カフナマナクーラ
前走 2017/03/19 阪神大賞典 G2
次走予定 2017/05/06 メトロポリタンS OP

トウシンモンステラの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/03/19 阪神 11 阪神大賞典 G2 芝3000 1055206.2108** 牡7 56.0 小崎綾也村山明490(+6)3.05.1 2.536.7⑩⑩⑩⑩サトノダイヤモンド
17/02/18 東京 11 ダイヤモンド G3 芝3400 15815213.1144** 牡7 53.0 内田博幸村山明484(-8)3.35.8 0.634.5⑦⑥⑤⑤アルバート
17/01/05 京都 10 万葉S OP 芝3000 121114.868** 牡7 54.0 C.ルメー村山明492(+10)3.07.7 1.638.7⑧⑦⑩⑥タマモベストプレイ
16/11/19 京都 11 アンドロメダ OP 芝2000 18817178.91815** 牡6 54.0 池添謙一村山明482(-10)2.00.3 1.235.0⑮⑮⑮⑮レッドソロモン
16/05/14 京都 11 都大路S OP 芝1800 116634.7911** 牡6 56.0 小牧太村山明492(+2)1.47.1 1.133.9⑩⑩ナムラアン
16/04/10 阪神 10 大―ハンC OP 芝2400 163517.975** 牡6 54.0 小牧太村山明490(+6)2.26.0 0.634.5⑥⑥⑥⑤クリプトグラム
16/02/14 京都 11 京都記念 G2 芝2200 1535117.5127** 牡6 56.0 小牧太村山明484(+2)2.19.4 1.738.4⑧⑩サトノクラウン
16/01/05 京都 10 万葉S OP 芝3000 11336.144** 牡6 55.0 武豊村山明482(-6)3.06.2 0.334.4⑩⑩⑩⑤マドリードカフェ
15/11/21 京都 11 アンドロメダ OP 芝2000 11665.237** 牡5 54.0 武豊村山明488(+2)2.00.9 0.333.6⑩⑩⑩⑩トーセンレーヴ
15/11/01 京都 11 カシオペアS OP 芝1800 117919.977** 牡5 56.0 北村友一村山明486(0)1.46.1 0.433.9⑨⑨トーセンスターダム
15/06/28 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 1659293.31610** 牡5 58.0 和田竜二村山明486(-8)2.15.1 0.734.8⑬⑬⑬⑫ラブリーデイ
15/05/31 東京 12 目黒記念 G2 芝2500 184811.778** 牡5 54.0 福永祐一村山明494(+2)2.30.4 0.735.3⑦⑦⑦⑥ヒットザターゲット
15/02/15 京都 11 京都記念 G2 芝2200 116722.656** 牡5 56.0 岩田康誠村山明492(+2)2.12.0 0.533.8⑨⑨⑧⑧ラブリーデイ
15/01/18 京都 11 日経新春杯 G2 芝2400 188186.138** 牡5 54.0 武豊村山明490(+12)2.25.4 0.633.9⑰⑯⑮⑯アドマイヤデウス
14/10/26 京都 10 ディープイC 1600万下 芝2400 10112.411** 牡4 56.0 武豊村山明478(-6)2.22.8 -0.134.4⑦⑦⑦リメインサイレント
14/09/28 阪神 10 ムーンライト 1600万下 芝2000 146106.923** 牡4 56.0 武豊村山明484(-8)2.00.0 0.434.7⑫⑪⑪⑪エイシンヒカリ
14/08/02 新潟 11 佐渡S 1600万下 芝2000 167145.923** 牡4 55.0 田中勝春村山明492(+4)1.58.2 0.134.3⑫⑩ウイングドウィール
14/07/05 中京 10 木曽川特別 1000万下 芝2200 12562.511** 牡4 57.0 武豊村山明488(-4)2.16.8 -0.134.8⑦⑦⑦⑦アドマイヤツヨシ
14/06/15 阪神 9 花のみち特別 1000万下 芝2200 13332.412** 牡4 57.0 武豊村山明492(+6)2.13.6 0.034.1⑩⑨⑧⑥メイショウリョウマ
14/04/12 中山 10 湾岸S 1600万下 芝2200 18477.946** 牡4 57.0 石橋脩村山明486(0)2.12.5 0.634.2⑰⑰⑯⑮クリールカイザー

⇒もっと見る


トウシンモンステラの関連ニュース

【天皇賞(春)】特別登録馬

2017年04月16日() 17:30

【阪神大賞典】レースを終えて…関係者談話2017年03月20日(月) 04:03

 ◆四位騎手(トーセンバジル3着) 「本当はシュヴァルグランを見ながらのオーダーだったが…。リズムがチグハグになると走れないので、折り合いをつけていった。前に乗ったときより力をつけている。3200メートルも大丈夫と思う」

 ◆吉田隼騎手(タマモベストプレイ4着) 「3、4角で(有力馬に)早めに来られて、いつもより厳しい競馬になった。それでもよく頑張っている」

 ◆幸騎手(スピリッツミノル5着) 「1、2着馬は強かったが、4着とは接戦でしたし、長いところはいい」

 ◆岩田騎手(マドリードカフェ6着) 「4角まではイメージ通り。オッというところもあったが、直線は脚が残っていなかった」

 ◆武豊騎手(ワンアンドオンリー7着) 「ずっと内にささっていた。ロスが大きかった」

 ◆小崎騎手(トウシンモンステラ8着) 「1、2角で自分のポジションが取れなかった。それに尽きます」

 ◆川田騎手(レーヴミストラル9着) 「これまでと違う競馬をしてほしいと言われていましたので、自分から進んでいきました。ちょっと嫌がって苦しがるところがありました」

 ◆丹内騎手(ウインスペクトル10着) 「自分の競馬はしましたが…。相手が強かった」

★19日阪神11R「阪神大賞典」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【阪神大賞典】厩舎の話2017年03月17日(金) 05:06

 ◆ウインスペクトル・宗像師 「距離は長い方がいいと思う。今回も積極的な競馬で」

 ◆サトノダイヤモンド・ルメール騎手 「100%じゃないけど、ちょうどいい追い切りができた」

 ◆スピリッツミノル・橋本助手 「徐々に攻め馬もしっかりしてきた」

 ◆タマモベストプレイ・南井助手 「いい併せ馬ができた。しっかりやってきちっと仕上がった」

 ◆トウシンモンステラ・小崎騎手 「調教で工夫している成果が出れば」

 ◆トーセンバジル・四位騎手 「折り合いが鍵だが、コントロールは利きそう」

 ◆マドリードカフェ・佐藤助手 「障害練習で度胸がついてくれれば…。調整自体は順調」

 ◆レーヴミストラル・高野師 「転厩して3走目だが、一番いい状態」

 ◆ワンアンドオンリー武豊騎手 「普通に動きはいいが、急激に変わることもないでしょう」

阪神大賞典の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【阪神大賞典】特別登録馬2017年03月12日() 17:30

[もっと見る]

【金鯱賞】特別登録馬2017年03月05日() 17:30

[もっと見る]

【ダイヤモンド】レースを終えて…関係者談話2017年02月19日() 05:03

 ◆酒井騎手(ラブラドライト2着) 「追ってスッと反応してくれたが、まさかあそこ(大外)から来るとは…」

 ◆矢作師(カフジプリンス3着) 「まだ本格化していないが、徐々に力をつけてくれば。招待が来たらドバイへ行きたいが…」

 ◆内田騎手(トウシンモンステラ4着) 「長い距離は合っている。勝った馬は別だが、レース内容は良かったと思う」

 ◆戸崎騎手(プレストウィック5着) 「ペースが遅く、前の馬に乗っかかるロスがあった」

 ◆北村宏騎手(フェイムゲーム6着) 「4コーナーで勝ち馬に外に張られたが、外に行くと気持ちが途切れるので内へ行った」

 ◆蛯名騎手(ファタモルガーナ7着) 「いい形で運べたが、ヨーイドンでは切れ負けしてしまう」

 ◆中谷騎手(ムスカテール8着) 「ペースが遅くて引っ掛かった」

 ◆藤田騎手(サイモントルナーレ14着) 「流れが遅かったので、前半は楽についていけたのですが、ペースが上がったときに対応できませんでした」

★18日東京11R「ダイヤモンドステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

トウシンモンステラの関連コラム

閲覧 6,279ビュー コメント 0 ナイス 18



桜花賞、皐月賞と断然人気馬が敗れたり、大荒れ100万馬券となったりで、1週間クールダウンして(と言っても全36レース買っているのですが(笑))ここから6週連続G1の春競馬真っ盛りの楽しいシーズンがやってきました。今週はさすがに荒れないと思いますが、サトノ対キタサンの対決だけで盛り上がれるのではないでしょうか。

まずは恒例の1週前の段階での全馬診断から(人気になりそうな順で)

サトノダイヤモンド:仕上げ切らなかった皐月賞と落鉄あったダービー以外とりこぼしなく安定感のある王者で、阪神大賞典の内容からも好走まず間違いないタイプ。人気だが外せない。

キタサンブラック:ちょっと距離短いのではないかと私自身は危惧していた大阪杯も完勝してきて本当に安定感のある走りを続けている。サトノダイヤモンドとの一騎打ちの様相だが、速い脚無いし相手は力伸ばしてくる時期でもあり、有馬記念よりあっさり差し切られるのでは。母父サクラバクシンオーだから距離うんぬん言う人はさすがにもう居ないでしょう(母系はアンバーシャダイの近親という表現が妥当では(笑))

シュヴァルグラン:阪神大賞典はサトノダイヤモンド倒すチャンスだと踏んでいたが完敗を喫した。ただあれで少し人気を落としてくれたり、新興勢力のシャケトラに人気行けば、3番手としては十分やれる実力で父ハーツクライらしく長距離重賞で底力見せられる。

シャケトラ:昨年10月はまだ500万下に居たのだがすごい勢いでトップグループに加わってきた。日経賞も強い競馬で人気になりそうだし、ノーザンF生産で勝負服はおなじみの金子さんの馬で能力高く今居るステージが本来居るべき場所なのだろうがマンハッタンカフェ×シングスピールという血統で自身は菊花賞馬だったが産駒は驚くほど長距離で結果出ておらず人気ほどやれないのでは。

ゴールドアクター:昨年の天皇賞(春)で1番人気だったのはみんな忘れているんじゃないかと思いますが12着と惨敗して、このあたりから気難しくなってきて安定感無くなってきました。京都3200Mは我慢効かなそうで、この手薄なメンバーならそれなりに人気になりそうで消しが妥当か。

アルバート:Rムーア騎手限定で走るステイヤーで他の騎手だと動かないので穴人気しそうだが買えない。京都のスピード競馬も向かなそう。

レインボーライン:昨年の菊花賞2着馬だがサトノダイヤモンドには完敗だし、その後もJCと日経賞はいまひとつで古馬には完敗の現状で人気にも思えるがそんなに人気ないなら距離や条件問わず上位に来れる部分ありヒモに入れるのが良さそう。

アドマイヤデウス:日経賞3着で、まだやれるところ見せたが、それなりにいつも穴人気タイプでアルバート同様アドマイヤドン産駒は京都向かないのでは。消しの予定。

ディーマジェスティ:昨秋以降スランプに陥り復活厳しいのでは。そもそもこの世代はサトノダイヤモンド以外はあまり買いたくない世代で特にハイレベルとは私は思っていない。距離も長く向かないので消しの予定。

トーセンバジル:阪神大賞典では地味だが3着に来ており、母父フジキセキだけに人気にならないだろうが重いハービンジャーならこのくらいでちょうど良さそうだし現在の天皇賞(春)はズブいステイヤーは向かない。3着楽しみな一頭。

カレンミロティック:2年連続好走した渋い馬だし、メルボルンCはノーカウントとしてもセン馬で衰えゆるやかだとしても今年は厳しい。


11番人気以降想定の馬たち〜今年は全馬要らないのでは・・

ラブラドライト:万葉SとダイヤモンドSと長距離で連続2着と頑張っているがここ通用は期待できない。

タマモベストプレイ:阪神大賞典4着とは言え惜しくない4着で、通用せず。7歳になっても衰え少ないので夏の札幌2600Mなどでまだ出番ありそうだがここは要らない。

スピリッツミノル:阪神大賞典5着や万葉S3着など長距離路線で頑張っているが、ステイヤーズSなどオープン特別やG3くらいで今後も頑張るであろう馬で、ここは要らない。

ワンアンドオンリー:阪神大賞典は久々好走期待したが、がっかりの7着で特にここで好走するのは期待できず。ダービー馬なんですが・・・。

トウシンモンステラ:阪神大賞典8着でオープン実績ゼロなので期待ゼロ。キングカメハメハ×ピンクパピヨンと購入時は結構高かったんじゃないかと思いますが(オープンで走っているだけ立派なのかもしれませんが)。

ファタモルガーナ:2008年よりセン馬も天皇賞出走可能となっていて、ディープインパクト産駒にしては長距離を得意にしているし、高齢まで頑張っているにしてもここ通用は厳しい。

プロレタリアト:人気薄で準オープン勝ち上がってからはオープンでは惨敗続きの牝馬で買う要素なし。

ヤマカツライデン:昨年3月から9月の半年で逃げて4勝して500万下からオープンまで一気に駆け上がってきたがその後イマイチで先導役で終了か。

<まとめ>
人気薄の激走はあまり期待できない。上位2頭は強力で当てやすいが、あとはどう少点数で買って稼ぎ確保するかのレースでは。

◎(1着固定候補)サトノダイヤモンド
〇(2着固定候補)キタサンブラック
△(3着候補)シュヴァルグラントーセンバジルレインボーライン


登録済みの方はこちらからログイン

2017年03月19日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第255回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜阪神大賞典 G2
閲覧 519ビュー コメント 0 ナイス 3

みなさんこんにちは!

本日は阪神11R「阪神大賞典 G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、サトノダイヤモンドシュヴァルグランの2頭。
第2グループ(黄)は、タマモベストプレイワンアンドオンリーレーヴミストラルの3頭。
第3グループ(薄黄)は、トーセンバジルトウシンモンステラの2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと上位間ではシュヴァルグランタマモベストプレイ間に2.3の溝があり、下馬評通り2頭が他を離す図式となっています。

私の本命は◎シュヴァルグランにしたいと思います。現役1のサトノダイヤモンドの強さは百も承知ですが、➀本番見据えての仕上げ∈笋里△襯魁璽垢任離僖侫ーマンス下落の2点があるのは事実。

阪神大賞典の過去の結果をみても、菊花賞、天皇賞(春)で求められるスピードは問われないレースでスタミナ寄りの馬に向いていると思います。本命のシュヴァルグランは阪神コースでのパフォーマンスがとにかく高く、血統的にスタミナも十分です。このレースに限ってはサトノダイヤモンドを負かす可能性はありそうです。

以下、対抗は○サトノダイヤモンド、▲レーヴミストラル、△スピリッツミノル、☆トーセンバジルと印を打ちます。

【3連単フォーメーション】
3,9

3,9

1,4,6 計6点

[もっと見る]

2016年12月21日(水) 16:00 岡村信将
【ラップギア岡村信将のスペシャルG1展望】〜2016有馬記念〜
閲覧 2,101ビュー コメント 0 ナイス 2

競馬は脚の速い馬が勝つ競技。その前提を根本からくつがえしてしまいそうなG1が、JRAにはいくつか存在する。まずは宝塚記念、次いで天皇賞(春)と有馬記念。単に長距離戦というだけではない。ダービーやジャパンカップとは根本的に違う、有馬記念は末脚の持続力が求められるレースなのだ。


■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807


具体的な数字を出すと、過去10年ジャパンカップ“1〜3着馬の平均上がり3ハロンタイム”が34秒1であるのに対し、有馬記念は34秒9。有馬記念のレースレベルがJCよりも0.8秒(約4馬身)劣るという意味ではなく、ここは“レース質の違い”であると理解してほしい。

■JRA芝G1、1〜3着馬の平均上がり3ハロンタイム(過去10年)
ヴィクトリ 33秒9
天皇賞(秋) 34秒1
JC     34秒1
スプリンタ 34秒1
マイルCS  34秒2
エリザベス 34秒4
安田記念  34秒5 特殊馬場の2014年を除くと34秒2
高松宮記念 34秒7 (馬場改修の2012年〜)
有馬記念  34秒9 馬場改修の2014年以降は34秒5
天皇賞(春) 34秒9
宝塚記念  35秒7

皐月賞   35秒0 馬場改修の2014年以降は34秒4
ダービー  34秒7 特殊馬場の2009年を除くと34秒2
菊花賞   35秒1
NHKMC    34秒3

桜花賞   34秒2
オークス  34秒6
秋華賞   34秒2

朝日杯FS  35秒2 (中山時代)
朝日杯FS  34秒7 (阪神) 特殊馬場の2014年を除くと34秒2
阪神JF   34秒8



しかし中山競馬場は2014年にスタンドの改修と同時に大規模な“芝コースの路盤改修”を行っており、路盤に砕石層を設けてクッション性や排水性の向上を図ったとのこと。そこで2014年末以降の中山傾向を調べてみたところ、芝コースの上がり3ハロンタイムは全コースもれなく向上していることが判明した。各距離平均して0.5秒といったところだろうか。

■中山芝路盤改修前後、各距離1〜3着馬の上がり3ハロン平均
コース    改修前 改修後 差異
中山芝1200m 34.8秒 34.5秒 -0.3秒
中山芝1600m 35.3秒 34.9秒 -0.4秒
中山芝1800m 35.5秒 35.0秒 -0.5秒
中山芝2000m 35.6秒 35.2秒 -0.4秒
中山芝2200m 35.4秒 34.9秒 -0.5秒
中山芝2500m 35.7秒 34.9秒 -0.8秒
中山芝3600m 36.2秒 35.5秒 -0.7秒
※改修前は、2012年1月〜2014年4月末まで。
改修後は、2014年12月〜2016年11月末まで。

これはもう、2014年以前の中山と同じには考えられない。2013年までは有馬記念の上がり3ハロンタイムを35秒2と想定していたのだが、このデータが判明して以降は34秒7程度と想定することにしている。

実際、2014年有馬記念1〜3着馬の上がり3ハロン平均(6頭)は、34秒5。同じく35秒0から34秒5になっている中山芝2000m・皐月賞を見ても、ひょっとすると想定よりも高速な馬場に変貌しているのかも知れないとさえ考えられるところだ。



そこで今年の有馬記念、特別登録馬の1〜3着時の上がり3ハロン平均を出してみよう。

[もっと見る]

2016年11月24日(木) 16:00 岡村信将
【ラップギア岡村信将のスペシャルG1展望】〜2016ジャパンカップ〜
閲覧 1,767ビュー コメント 0 ナイス 4

一流半とも言われていた外国馬を相手に、国内最強級が束になっても手も足も出せなかった、開設当初のジャパンカップ。今年で36回目となるジャパンカップは、その立場が完全に逆転。現在は“国内古馬と3歳馬の比較”が焦点のレースとなっている。ジャパンカップという名称は名ばかりか。


■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807


先に外国馬について語っておこう。先に述べたとおり、1981年の開設から17年ほどは猛威を奮ってきた外国馬も、1998年以降は2002年ファルブラヴ(中山芝2200m施行)と2005年アルカセットの2勝だけ。とくに2006年ディープインパクトが走って以降は、延べ39戦して1度も馬券に絡めず、掲示板どころか、2桁着順(10着以下)でなければ健闘と言えてしまう部類。開設当初のジャパンカップとはまるで別レースのようになってきた。

[もっと見る]

2016年11月24日(木) 13:00 くりーく
【くりーくの前回→今回調教チェック!】〜2016ジャパンカップ〜
閲覧 828ビュー コメント 0 ナイス 1

こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われるG1を中心に出走予定馬の前走と今回のレースの調教を比較分析し、その結果をお伝えしていきます。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を、ぜひ皆さんの予想にお役立てください。
なお、シューナカコラムで取り上げている競走馬については同コラム内でコメントしていますので、そちらをご確認ください。


■最速プロ予想『シューナカ☆』〜プロ予想家陣がアノ注目馬の見解を語る!Vol.14・Gジャパンカップ編〜はこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8071
■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807


各馬に対する評価の見方は、上段が前走時評価(レースでの着順/調教評価は最終追い切りまで含めた調整過程総評/パドック評価とコメント/前走時短評)、下段が今回評価(1週前までの中間調整過程評価/今回短評)となっています。

先週のマイルCS編では、調教評価Aのうちの1頭イスラボニータが2着に頑張ってくれました。今週も引き続き調教の良い馬にご注目ください。


◇賞金順◇

キタサンブラック
<前走時>2着  調教A  パドックA(大型馬の休み明けも、太め感なく好仕上り)
春と違い、休み明けから動き良い。
<今回>調教A
無理のないローテーションのため毎回しっかり乗り込まれていて、今回もいつも通りの乗り込み量。間隔は空いているがこの秋1度使われていることもあって、引き続き動きは良く春とは状態が違う感じ。

[もっと見る]

2015年06月30日(火) 18:53 【ウマニティ】
先週の回顧〜(6/27〜6/28)きいいろプロが阪神8Rで単勝一撃100万超!
閲覧 179ビュー コメント 0 ナイス 2

先週は、28(日)に阪神競馬場でG1宝塚記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1宝塚記念は、ゴールドシップが1.9倍の1番人気、続いて2番人気がラキシスで4.6倍、3番人気ヌーヴォレコルトが9.1倍とここまでが10倍を切る形で上位人気を形成しました。
 
注目のスタートはゴールドシップが立ち上がる形で大きな出遅れ。場内がどよめく中、外から押してハナを主張したレッドデイヴィスが先頭で第1コーナーに入っていきます。先頭はレッドデイヴィスでリードは2馬身、2番手にラブリーデイ、続いてトーセンスターダムオーシャンブルーネオブラックダイヤショウナンパンドラヌーヴォレコルトと先行集団を形成。中団からはワンアンドオンリートーホウジャッカルディアデラマドレカレンミロティックラキシストウシンモンステラと追走。やや間があいて後方からはアドマイヤスピカデニムアンドルビーと続いてそこからさらに4馬身程差が開いた最後方にゴールドシップの態勢。
 
前半1000mを1分2秒5の遅い流れの中、第3コーナーでゴールドシップが早めに仕掛けると、ここで各馬が一気にペースアップ。馬群がギュッと凝縮した形で直線コースへ差し掛かります。
 
先頭はレッドデイヴィスでリードは1馬身、これを追って道中2番手を追走していたラブリーデイ、外からはヌーヴォレコルトトーホウジャッカルあたりも追い出しにかかります。残り200mを通過、ここでレッドデイヴィスを交わしたラブリーデイが先頭に変わって馬群から抜け出すと、外からはデニムアンドルビーが1頭目立つ脚で追い込んできます。残り100mを通過、逃げるラブリーデイのリードは2馬身で、大外からデニムアンドルビー、内からはショウナンパンドラも懸命に前を追います。ゴール前、逃げ込みを図るラブリーデイ、一完歩ずつ差を詰めてきたデニムアンドルビーの激しい叩き合いとなりましたが、ラブリーデイがクビ差抑え込んで優勝。悲願の初GI制覇を達成しました。勝ちタイムは2分14秒4(良)。2着にデニムアンドルビー、そこから1馬身1/4差の3着にショウナンパンドラが入っています。
 
公認プロ予想では河内一秀プロ馬っしぐらプロが的中しています。
 
 
☆☆☆注目プロ →きいいろプロ
勝負レースに指定した28(日)阪神8RでA評価とコメントした大穴◎ティーエスネオ(118.3倍)の単勝1万円を的中させ、118万3000円の特大ホームラン!週末トータル回収率215%、収支プラス82万8900円を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →dream1002プロ
27(土)阪神3R、▲◎○の印で3連単533.1倍を300円的中させ、15万9930円を払い戻し!阪神12Rでも◎○▲のパーフェクト予想で3連単を的中させ、12万6630円払い戻し!この他にもコンスタントに的中を重ね、週末トータル回収率143%、収支プラス22万7560円をマークしました!
  
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
27(土)阪神3Rで『距離短縮で一変を期待。』とコメントした◎リーサルストライクの単勝、馬連を的中!28(日)東京9Rで『前走の内容から距離延長良さそう。』と狙った5人気◎マイネルリードの単複を的中!週末トータル回収率120%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
27(土)東京9Rで『ダートに路線変更して戦績急上昇。ゆったり流れたとはいえ上がり35秒5は強烈。』と狙った◎ソルティコメントの単勝、馬連、3連複を的中させ、11万9340円を払い戻しました!この他にも勝負レースに選んだ28(日)函館3Rで本命に単勝52.4倍のエスティサプライズを抜擢!複勝6倍を7000円的中させ、4万2000円を払い戻しました。週末トータル回収率112%、収支プラス9万1040円となっています。
 
※全レースの結果速報はこちら

今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

「TCK007」

[もっと見る]

⇒もっと見る

トウシンモンステラの口コミ


口コミ一覧
閲覧 61ビュー コメント 0 ナイス 11

天皇賞・春

アドマイヤデウス G2番長

アルバート 昨年より力をつけ

カレンミロティック ハマれば昨年の再現も

キタサンブラック 更に力を増して、大器晩成、大輪の華をさらに煌びやかに

ゴールドアクター 前走は調整不足の面が、鞍上は横山典弘騎手(´-`).。oO一発あっても?

サトノダイヤモンド 4歳エース、ここを勝って名実共に国内ナンバーワンの名を

シャケトラ 大器晩成、ここは一つ経験積むレース

シュヴァルグラン 頭打ちの感

スピリッツミノル ここは厳しい

タマモベストプレイ 逃げるか

ディーマジェスティ 皐月賞の時計の反動、気性面は兎に角真面目、空回りと疲れが取れた時の一発が怖い

トウシンモンステラ ここは荷が重く

トーセンバジル 穴としてはあり

ファタモルガーナ ハマれば

プロレタリアト ムラあり

ヤマカツライデン 逃げるか

ラブラドライト 斤量増過ぎ

レインボーライン 侮りがたく

ワンアンドオンリー 気持ち面で燃え尽きて


京都の馬場状態は前有利(´-`).。oO
そして、時計に傾く、スケートリンク(´-`).。oO
キタサンブラックはまだまだ伸びしろあり(´-`).。oO
前走の大阪杯は京都向きの馬場状態(´-`).。oO
サトノダイヤモンドも更なる飛躍目指す(´-`).。oO
成長の伸びしろはこちらが大(´-`).。oO
シャケトラ、アルバート、シュヴァルグラン、レインボーライン、ディーマジェスティ、ゴールドアクター、トーセンバジル(´-`).。oO
穴馬候補は多い(´-`).。oO久々の2強対決と言っても差し支え無し(´-`).。oO
キタサンブラックを潰せばサトノダイヤモンド(´-`).。oO
馬場状態から押し切れる公算大のキタサンブラック(´-`).。oO
両方来るか?両方飛ぶか?はたまた、どちからかか?
ステイヤー頂上決戦!長距離こそ力の差が出る!
真価問う、淀の三千二百!

 浪花のクマ 2017年04月24日(月) 19:58
天皇賞(春)登録馬と見所
閲覧 65ビュー コメント 0 ナイス 10


どこまで行っても2強?


マタマタやってくれましたね、誰が名ずけたか、
最強2歳牝馬世代・・終わって見ればオークスの
軸馬の予測ができません・・
今週からG気6週連続、楽しみでもあり、馬券の
やり繰りにも困りそうです(笑)
注目は、現役最強馬対決、有馬で首差差し切った
サトノダイヤモンド、雪辱に燃えるキタサンブラック
の再戦が楽しみです。大阪杯で完璧なレースを
したキタサン、阪神大賞典で完勝のダイヤモンド
前哨戦は共に、甲乙付けがたい競馬でした。
他馬では2頭に、2度敗れているがシュヴァル
グランも侮れない・・めきめき力を付けてきた
シャケトラ、吉田隼から横山典にスイッチした
ゴールドアクターも鞍上共々怖い存在だ・・
長距離なら、お任せアルバート・・皐月賞馬
ディーマジェスティもソロソロか・・
良いレースが期待できそうだ!

天皇賞(春)登録馬と予定騎手

キタサンブラック (武豊)
サトノダイヤモンド (ルメール)
シャケトラ (田辺)
シュヴァルグラン (福永)
レインボーライン (Mデムーロ)
ゴールドアクター (横山典)
アルバート (川田)
トーセンバジル (四位)
ディーマジェスティ (蛯名)
アドマイヤデウス (岩田)
ヤマカツライデン (松山)
タマモベストプレイ (吉田隼)
スピリッツミノル (幸)
ファタモルガーナ (浜中)
ラブラドライト (酒井)
ワンアンドオンリー (和田)
トウシンモンステラ (−)
プロレタリアト (杉原)
回避予定
● カレンミロティック

[もっと見る]

 norityanma 2017年03月19日() 11:46
阪神大賞典 【サトノダイヤモンド 2着か?】
閲覧 32ビュー コメント 0 ナイス 0

昨日の若葉S1着の馬・10アダムバローズの右隣に・9サンライズソア、
左4番目に・2サンライズノヴァ(二文字の同名馬)
2着の・8エクレアスパークルの二つ隣右側に・6ユノディエール
3着はエールとエールにはさまれた・7インヴィクタでした。
●言いたいことは、二文字の同名馬に挟まれた「真ん中」の馬が3着したことと、
挟まれた右側よりの馬が1着し、左側よりの馬が2着したと言う事実現象が発生したということです。
★★何を言いたいのか?・・・皆さんはそのように思われますでしょうね!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆大本命の・9サトノダイヤモンドが昨日の2着のパターンになっているということです
・7ワンアンドオンリー・5トウシンモンステラの二頭には同じ名前の「ンド」「モン」
があるではないですか!
・7ワンアンドオンリーの左右隣には「スト」「スト」二つ左右隣には「モン」「モン」
このようになっています。
このような組み合わせから、昨日1着に来たパターンより導きだせるのは、
1着候補の右側よりの馬が「6番」とこの不思議な形の「7番」が怪しい!!
そして2着候補は、9番
三着候補は、真ん中と右よりと左寄りの両方からなっている・7・4・3・5です。

8番は三着押さえぐらいでしょうか!
8番を除いて買うと、馬連・馬単・三連複・三連単全て買っても18点となります。

[もっと見る]

トウシンモンステラの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

トウシンモンステラの写真

トウシンモンステラ
トウシンモンステラ

トウシンモンステラの厩舎情報 VIP

2017年3月19日阪神大賞典 G28着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

トウシンモンステラの取材メモ VIP

2017年3月19日 阪神大賞典 G2 8着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。