フェイムゲーム(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
フェイムゲーム
フェイムゲーム
フェイムゲーム
フェイムゲーム
フェイムゲーム
フェイムゲーム
写真一覧
現役 セ8 青鹿毛 2010年5月11日生
調教師宗像義忠(美浦)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績27戦[6-3-1-17]
総賞金36,963万円
収得賞金14,775万円
英字表記Fame Game
血統 ハーツクライ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
アイリッシュダンス
ホールオブフェーム
血統 ][ 産駒 ]
アレミロード
ベルベットサッシュ
兄弟 バランスオブゲームトーセンオーパス
前走 2017/12/02 ステイヤーズS G2
次走予定

フェイムゲームの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/12/02 中山 11 ステイヤーズ G2 芝3600 10224.622** セ7 57.0 H.ボウマ宗像義忠468(+16)3.43.4 0.435.5⑤⑤④アルバート
17/10/09 京都 11 京都大賞典 G2 芝2400 15479.8510** セ7 57.0 C.ルメー宗像義忠452(-2)2.23.9 0.934.6⑪⑪⑪⑩スマートレイアー
17/05/28 東京 12 目黒記念 G2 芝2500 1861219.181** セ7 58.0 C.ルメー宗像義忠454(0)2.30.9 -0.133.9⑩⑩⑩⑩ヴォルシェーブ
17/02/18 東京 11 ダイヤモンド G3 芝3400 15476.336** セ7 58.0 北村宏司宗像義忠454(0)3.35.9 0.734.1⑬⑭⑫⑫アルバート
16/11/27 東京 11 ジャパンC G1 芝2400 17611121.21517** セ6 57.0 北村宏司宗像義忠454(0)2.27.3 1.535.7⑬⑫⑤⑥キタサンブラック
16/11/06 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 155815.155** セ6 58.0 北村宏司宗像義忠454(-4)2.33.8 0.433.7⑭⑬⑪⑫シュヴァルグラン
16/06/26 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 171164.51217** 牡6 58.0 柴山雄一宗像義忠458(-2)2.15.1 2.338.2⑪⑪⑬⑮マリアライト
16/05/01 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 18357.448** 牡6 58.0 H.ボウマ宗像義忠460(-10)3.15.8 0.534.4⑮⑯⑰⑯キタサンブラック
16/02/20 東京 11 ダイヤモンド G3 芝3400 168165.622** 牡6 58.5 三浦皇成宗像義忠470(--)3.38.5 0.737.0⑫⑪⑬⑧トゥインクル
15/11/03 オー 7 メルボルンC G1 芝3200 24--------13** セ5 57.0 Z.パート宗像義忠--0000 ------プリンスオブペンザンス
15/10/17 オー 9 コーフィール G1 芝2400 18--------6** セ5 57.0 Z.パート宗像義忠--0000 ------モンゴリアンカーン
15/05/03 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 1771422.672** 牡5 58.0 北村宏司宗像義忠456(0)3.14.7 0.034.5⑩⑨⑪⑩ゴールドシップ
15/02/21 東京 11 ダイヤモンド G3 芝3400 168163.711** 牡5 58.0 北村宏司宗像義忠456(-6)3.31.9 -0.334.6⑨⑪⑪⑩ファタモルガーナ
15/01/25 中山 11 AJCC G2 芝2200 175108.3312** 牡5 57.0 北村宏司宗像義忠462(+4)2.14.4 0.834.5⑰⑰⑫⑭クリールカイザー
14/11/09 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 18234.921** 牡4 57.0 北村宏司宗像義忠458(+2)2.30.5 -0.434.0⑪⑪⑧⑦クリールカイザー
14/09/28 新潟 11 オールカマー G2 芝2200 1881610.046** 牡4 56.0 北村宏司宗像義忠456(+6)2.12.4 0.234.4⑩⑩⑩⑨マイネルラクリマ
14/06/29 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 1281233.176** 牡4 58.0 北村宏司宗像義忠450(-2)2.14.7 0.836.3ゴールドシップ
14/05/04 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 1851091.7116** 牡4 58.0 北村宏司宗像義忠452(0)3.15.5 0.434.3⑫⑬⑪⑫フェノーメノ
14/02/22 東京 11 ダイヤモンド G3 芝3400 11112.911** 牡4 55.0 北村宏司宗像義忠452(-2)3.30.2 -0.235.8⑪⑪⑦セイクリッドバレー
14/01/26 中山 11 AJCC G2 芝2200 161111.963** 牡4 55.0 北村宏司宗像義忠454(-6)2.14.1 0.135.8⑫⑩⑧⑧ヴェルデグリーン

⇒もっと見る


フェイムゲームの関連ニュース

 今年の秋のGIほど外国人騎手が意識されたシーズンはないだろう。大半のレースで馬券に絡み、存在感を示した。有馬記念もまた、彼らの活躍が目立つ。ここでは、今年のグランプリに参戦を予定している5人の外国人騎手を徹底分析。1面で取り上げたミルコ・デムーロ騎手以外にも、腕達者はたくさんいる!

 今年、外国人騎手が積み上げたJRAの勝利数は469にのぼる(17日終了現在)。通年免許で騎乗するルメール、M・デムーロ2人による勝利が大半だが、短期免許で来日している各騎手の活躍も見逃せない。

 秋のGIで外国人騎手が馬券に絡まなかったのは、同日に香港国際競走があった阪神JFだけ。同レースに騎乗した外国人騎手はルメール騎手しかいなかった。馬券戦略で、その技量は高く評価せざるを得ない。特に存在感を増しているのが、豪州のボウマン騎手だ。

 ジャパンCシュヴァルグランに騎乗してV。最内枠の利点を生かすロスのないレースぶりで、目標にしたキタサンブラックをゴール前で一気に抜き去った。「枠順が出たときに勝利を狙えると思った。キタサンを徹底的にマークしていこうと思っていたし、すべてがうまくいった」としてやったりの笑み。なかなかGIで勝ち切れなかった馬を、あっさり頂点に導いた腕はさすがだ。

 ボウマンといえば、今年の「ロンジンワールドベストジョッキー」でチャンピオンに輝いた世界NO・1ジョッキー。母国の名牝ウィンクスとのコンビでは、22連勝というとてつもない記録を継続中だ。有馬記念は一昨年のトーセンレーヴで参戦して6着。「どんなレースかは知っているし、シュヴァルグランに距離の適性はある。主役になれると思うよ」とやる気満々だ。今秋は中山で6戦2勝。GIIステイヤーズSの2着(フェイムゲーム)もある。舞台に不足はない。

 2010年の上位独占(ヴィクトワールピサブエナビスタトゥザグローリー)など、この有馬記念でも7年連続で馬券圏内に入っている外国人騎手。ジャパンCでその持ち味を存分に発揮したボウマン&シュヴァルグランのコンビが、再度ビッグタイトルを狙う。 (特別取材班)



有馬記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【古馬次走報】アウォーディー、放牧を挟んで川崎記念へ 2017年12月7日(木) 05:01

 ★チャンピオンズC4着ケイティブレイブ(栗・目野、牡4)、6着ミツバ(栗・加用、牡5)、9着ノンコノユメ(美・加藤征、セン5)は東京大賞典(29日、大井、交流GI、ダ2000メートル)を視野に入れる。5着アウォーディー(栗・松永幹、牡7)は、放牧を挟んで川崎記念(1月31日、川崎、交流GI、ダ2100メートル)に参戦。12着ローズプリンスダム(美・畠山、牡3)、13着モルトベーネ(栗・松永昌、牡5)は、東海S(1月21日、中京、GII、ダ1800メートル)へ。10着グレンツェント(美・加藤征、牡4)は放牧へ。

 ★ステイヤーズSを3連覇したアルバート(美・堀、牡6)は今週中に放牧の予定。次走は未定。同2着フェイムゲーム(美・宗像、セン7)はダイヤモンドS(2月17日、東京、GIII、芝3400メートル)へ。

★アウォーディーの競走成績はこちら

[もっと見る]

【ステイヤーズ】ムーアでアルバート3連覇 2017年12月3日() 05:06

 第51回ステイヤーズステークス(2日、中山11R、GII、3歳上オープン国際(特指)、別定、芝・内3600メートル、1着本賞金6200万円=出走10頭)ライアン・ムーア騎乗で1番人気のアルバートが中団から伸びて完勝。3連覇を成し遂げた。サラブレッドの同一平地重賞3連覇は、中央競馬史上6例目。タイム3分43秒0(良)。2馬身半差の2着が2番人気フェイムゲーム。3着にも3番人気プレストウィックが入り、人気サイドの決着となった。

 全く危なげのない立ち回りで2度目の“防衛”に成功だ。中団から勝負どころで進出した1番人気アルバートが、人気を分け合ったフェイムゲームを直線半ばでかわし、2馬身半差の圧勝。ゴールドシップ阪神大賞典(2013〜15年)以来、サラブレッドの平地では史上6頭目となる同一重賞3連覇を達成した。

 「年齢を重ねているにもかかわらず、堀調教師がこの3年間、同じ状態で準備してくれた。感謝している」

 3年連続でコンビを組んだムーア騎手がクールな笑みを浮かべた。この3年で最も速い3分43秒0で走破。鞍上は「ペースが一定で流れてくれたから、タイムも速くなったのだろう」というが、上がり3ハロン34秒9も過去2年より速く、6歳暮れでも進化を感じさせる。

 有馬記念(24日、中山、GI、芝2500メートル)への参戦は未定だが、林正道オーナーは「天皇賞(春)を取りたい気持ちが強い」と目標を掲げ、来年も現役続行を明言。さらには、今秋に回避した豪GIメルボルンC挑戦の可能性があることも明かした。

 「もっと大きなレースを勝たなければいけないレベルの馬」とムーア騎手も長距離馬としての資質を高く評価するアルバート。7歳となる来年は国内外のマラソンGIをターゲットに据え、さらなる高み目指していく。 (板津雄志)



★2日中山11R「ステイヤーズS」の着順&払戻金はこちら



アルバート 父アドマイヤドン、母フォルクローレ、母の父ダンスインザダーク。栗毛の牡6歳。美浦・堀宣行厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は林正道氏。戦績27戦9勝。獲得賞金3億4901万4000円。重賞は2015・16年GIIステイヤーズS、17年GIIIダイヤモンドSに次いで4勝目。ステイヤーズSは堀宣行調教師、ライアン・ムーア騎手ともに15・16年アルバートに次いで3勝目。馬名は「人名より」。

[もっと見る]

【ステイヤーズ】レースを終えて…関係者談話2017年12月3日() 05:05

 ◆ボウマン騎手(フェイムゲーム2着) 「道中はところどころ掛かって(体力を)消耗したが、レース自体はうまく運べたと思う。ただ、勝った馬は強かった」=有馬記念(24日、中山、GI、芝2500メートル)に登録する可能性も。

 ◆シュミノー騎手(プレストウィック3着) 「前走とは馬の雰囲気が違って、すんなりと流れに乗れた。直線で内にささっていたが、上位2頭が強かった」=ダイヤモンドS(2月17日、東京、GIII、芝3400メートル)を視野に。

 ◆杉原騎手(プロレタリアト4着) 「間隔はあいていたが、よく仕上がっていた。中山コースもこの距離も合っている」

 ◆吉田隼騎手(シホウ5着) 「道中はところどころでハミを抜いて走れていたけど、だんだん口が重たくなってきた。この距離は長いかも…」

 ◆藤田騎手(サイモントルナーレ10着) 「厳しい戦いでした」



★2日中山11R「ステイヤーズS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【ステイヤーズ】ムーア騎手&アルバートが3連覇 2017年12月2日() 15:35

 12月2日の中山11Rで行われた第51回ステイヤーズステークス(3歳以上オープン、GII、芝・内3600メートル、別定、10頭立て、1着賞金=6200万円)は、ライアン・ムーア騎手騎乗の1番人気アルバート(牡6歳、美浦・堀宣行厩舎)が7番手追走から直線半ばで前をとらえて3連覇を達成した。タイムは3分43秒0(良)。

 2馬身半差の2着には4、5番手追走から直線早めに先頭に立ったフェイムゲーム(2番人気)、さらに2馬身差遅れた3着に後方追走から外めを伸びたプレストウィック(3番人気)。R.ムーア騎手→H.ボウマン騎手→V.シュミノー騎手という短期免許の外国人騎手のワンツースリーで決着した。

 ステイヤーズSを勝ったアルバートは、父アドマイヤドン、母フォルクローレ、母の父ダンスインザダークという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は林正道氏。戦績は27戦9勝。重賞は2015&16年ステイヤーズS・GII、2017年GIIIダイヤモンドSに次いで4勝目。ステイヤーズSは堀宣行調教師、ライアン・ムーア騎手ともに2015&16年アルバートに次いで3勝目。

 ◆ライアン・ムーア騎手(1着 アルバート)「年齢を重ねているにもかかわらず、堀調教師がこの3年間、同じ状態で準備してくれた。感謝している。もっと大きなレースを勝たなければいけないレベルの馬だと思う」



★2日中山11R「ステイヤーズS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス】入線速報(中山競馬場)2017年12月2日() 15:30

中山11R・スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス(5回中山1日目 中山競馬場 芝・右内2周3600m サラ系3歳以上オープン)は、1番手9番アルバート(単勝1.3倍/1番人気)、2番手2番フェイムゲーム(単勝4.6倍/2番人気)、3番手7番プレストウィック(単勝11.3倍/3番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連2-9(2.1倍) 馬単9-2(2.9倍) 3連複2-7-9(4.5倍) 3連単9-2-7(8.3倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2017120206050111
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

⇒もっと見る

フェイムゲームの関連コラム

閲覧 247ビュー コメント 0 ナイス 1

12月3日(日)に行われました中京11Rの「チャンピオンズカップ G1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【2位】ゴールドドリーム(13.0倍)
2着:総合ポイント【5位】△テイエムジンソク(4.8倍)
3着:総合ポイント【6位】☆コパノリッキー(13.2倍)

第1グループ・総合ポイント2位のゴールドドリームが1着、第3グループ・総合ポイント5位のテイエムジンソクが2着、第3グループ・総合ポイント6位のコパノリッキーが3着という結果でした。


展開から読み違えて完敗の結果。◎ノンコ○カフジあたりは、少なくとも中盤からはもうちょっと流れてくれないと厳しかったでしょうか。そうなるとみた“予想の入り”の時点からチグハグでした。シーンとしては、ここ数年焼き付いているゴール前強襲が今年も繰り返されたわけですが、狙った差し馬がセンスなかったですね(+_+)


【馬単流しマルチ】
◎⇔印
4⇔1,2,11,12,13,14

計12点 払い戻し0円


続いて、12月2日(土)に行われました中山11Rの「ステイヤーズステークス G2」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】○アルバート(1.3倍)
2着:総合ポイント【2位】▲フェイムゲーム(4.6倍)
3着:総合ポイント【3位】△プレストウィック(11.3倍)

第1グループ・総合ポイント1位のアルバートが1着、第1グループ・総合ポイント2位のフェイムゲームが2着、第2グループ・総合ポイント3位のプレストウィックが3着という結果でした。


プロレタリアトの3着があるか!?と思って少し期待してしまいましたがね......。よく頑張ってはくれたんですが、あとひと押しがきかなかったですね〜。残念です。


【馬連流し】
◎=○▲
5=2,9

【3複フォーメーション】
◎=○▲=印
5=2,9=2,4,7,9

計7点 払い戻し0円


登録済みの方はこちらからログイン

2017年12月2日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第317回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜ステイヤーズステークス G2
閲覧 664ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は中山11R「スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、アルバートから1.0ポイント差(約1馬身差)内のフェイムゲームまで2頭。
第2グループ(黄)は、プレストウィックから1.0ポイント差(約1馬身差)内のプロレタリアトシルクドリーマーまで3頭。
第3グループ(薄黄)は、シホウから1.0ポイント差(約1馬身差)内のサイモントルナーレカムフィーまで3頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、やはりと言うべきか第1グループ2頭が後続を大きく引き離している配置に。以下は各グループ間に1.0〜2.0ポイント程度の差があるものの、上位2頭との差と比較すると小さなものとなっています。

そんななか今回の私の本命は◎プロレタリアトとしました。過去に冬の中山芝で見せた末脚を信頼。長距離でも不安の少ないハーツクライ産駒ですし、鞍上もこの馬とは長いことコンビを組んでいる仲。恐らく、○アルバートフェイムゲームが後半からスタミナ勝負に持ち込んでくる展開と思われ、中途半端な位置取り、スタミナの馬たちは苦しくなってきそう。知り尽くしたこのコンビのじっくり構えての直線勝負に期待して本命視(中間「逃げても」との談話も出てきているようですが、あまりアテにしていません。逃げたら逃げたで、人気薄の少頭数でのノーマーク逃げとしてそれはそれでまあ良しと捉えていますが)。意欲的に本数を乗られて仕上げに関しては抜かりなさそうですし、一発に期待します。
今回の私の馬券は◎からの馬連と◎から○▲への3複で勝負とします。

【馬連流し】
◎=○▲
5=2,9(2点)

【3複フォーメーション】
◎=○▲=印
5=2,9=2,4,7,9(5点)

計7点

[もっと見る]

2017年10月9日(月) 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第301回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜京都大賞典 G2
閲覧 802ビュー コメント 0 ナイス 4



みなさんこんにちは!

本日は京都11R「京都大賞典 G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、サウンズオブアースから1.0ポイント差(約1馬身差)内のシュヴァルグランまでの3頭。
第2グループ(黄)は、ミッキーロケットカレンミロティックの2頭。
第3グループ(薄黄)は、フェイムゲームから同差内のレコンダイトまで5頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと各グループ間に溝が存在していますが、大きな溝ではありませんのでどの馬にもチャンスがありそうです。

私の本命は◎スマートレイアーにしたいと思います。香港ヴァーズは外々から強気の競馬で見せ場十分の5着、京都記念でもサトノクラウン相手に2着と長距離戦でのパフォーマンスは相当高く、今回のメンバーでも十分勝負になると判断しました。京都の長丁場ですし、武豊騎手という点も心強いです。以下、ここに向けてかなり仕上がっているように見える○サウンズオブアース、▲シュヴァルグラン、△ミッキーロケットトーセンバジルと印を打ちます。


【馬連ながし】
4

2,3,5,8

【3連複1頭軸流し】
4

2,3,5,8

計10点

[もっと見る]

2017年2月18日() 14:00 競馬プロ予想MAX
第246回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜ダイヤモンドステークス G3
閲覧 506ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさんこんにちは!

本日は東京11R「ダイヤモンドステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、アルバートフェイムゲームファタモルガーナの3頭。
第2グループ(黄)は、カフジプリンスラブラドライトの3頭。
第3グループ(薄黄)は、ムスカテールサイモントルナーレの2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと上位間で目立つのは総合ポイント3位のファタモルガーナカフジプリンス間の2.1の溝、その他では大きな溝はない分布となっています。

私の本命は◎カフジプリンスにしたいと思います。ご存知の方も多いと思いますが、とにかく出脚、反応が鈍く置かれてしまう馬ですが、一方で札幌の阿寒湖特別で見せた持続力、ラストの坂でもグイグイ伸びてくるパワー、スタミナは素晴らしいものがあります。今回の3400mへの距離延長と広い東京コース変わりは間違いなく絶好の条件です。

以下、○アルバート、▲フェイムゲーム、△ファタモルガーナムスカテールジャングルクルーズプレストウィック、☆フェスティヴイェルと印を打ちます。

【3連単】
8

7,12

1,2,6,7,9,11,12

8

1,2,6,7,9,11,12

7,12

計24点

アルバートフェイムゲームは58キロですし、ここは強気に頭固定でいきたいと思います!

[もっと見る]

2016年12月1日(木) 18:45 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(11/26〜11/27)おかべ育成プロが1点勝負で3鞍的中!回収率はトップの292%!
閲覧 993ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は27(日)に東京競馬場でG1ジャパンカップが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1ジャパンカップキタサンブラックが3.8倍で1番人気、続いてリアルスティール4.2倍、ゴールドアクター4.5倍、ディーマジェスティ7.5倍とここまで10倍を切る形で人気を形成しました。
 
注目のスタートは各馬大きな出遅れもなく、まずまずの出だし、内からキタサンブラックがハナを主張して第1コーナーへ差し掛かります。先頭はキタサンブラックでリードは2馬身、2番手にワンアンドオンリー、続いてゴールドアクターリアルスティールイラプトラストインパクトと続いて先行集団を形成。中団からはルージュバックサウンズオブアースビッシュシュヴァルグランフェイムゲームトーセンバジルと追走。後方からはレインボーラインイキートスヒットザターゲットディーマジェスティと続いて最後方にナイトフラワーの態勢。
 
前半の1000m通過は1分1秒7(参考)のスローペース。第3コーナー過ぎにリアルスティールが徐々に進出を開始すると中団からサウンズオブアースらもこれに反応して一気に馬群が凝縮して直線コースへ差し掛かります。
 
先頭はキタサンブラックでリードは1馬身、馬群が横にズラッと横に広がってゴールドアクターワンアンドオンリーリアルスティールが前を追います。
 
残り200mを通過、直線半ばでもう一度脚を使ったキタサンブラックが後続を突き放して3馬身のリード、2番手にはゴールドアクターですが、脚が止まって伸びきれず、内からイキートス、外からはサウンズオブアースシュヴァルグランが追い込んできます!
 
残り100mを通過、ここでようやくサウンズオブアースがエンジンかかって2番手に浮上、懸命に前を追いますが、ゴール前、キタサンブラックがもう伸び!最後は2着サウンズオブアースに2馬身半差をつける圧巻の内容でジャパンカップを制しました!勝ちタイムは2分25秒8(良)。2着にサウンズオブアース、そこからクビ差の3着にシュヴァルグランが入っています。

公認プロ予想家ではきいいろプロ他5名が的中させています。

------------------------------------------------------------------------------

☆☆☆注目プロ →おかべ育成プロ
27(日)東京6Rで○エレクトロポップシュナウザーサンヘレナの3連複1点勝負で的中!15万1000円を払い戻しました!この他にも1点勝負で京都3Rで14万4000円、26(土)京都2Rで11万9000円の払い戻しを記録!週末トータル回収率292%、収支プラス29万800円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →kmプロ
27(日)京都4Rで▲リヴゴーシュクリノキングムーンスズカプレストの印で3連単2099.2倍を400円的中させ、83万9680円払い戻しのビッグホームラン!週末トータル回収率206%、収支プラス46万7520円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →霧プロ
27(日)京都2Rで単勝38.2倍の伏兵◎トーホウドミンゴショウナンサニーの本線予想で的中!8万2120円を払い戻しました!京都6Rでも伏兵◎ミスティーフリップ(33.6倍)からの馬連80.6倍、3連複149.4倍を的中させ、5万4060円を払い戻し!週末トータル回収率145%をマークしています。

☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
勝負レースに選んだ26(土)東京6Rで本命に単勝158.7倍の◎ショウブニデルを本命に抜擢!○◎▲の印で馬連101倍、ワイド92.8倍、37.2倍、複勝16.3倍を仕留めました!週末トータル回収率118%をマークしています。

この他にもサウスプロ(143%)、☆まんでがんプロ(114%)、蒼馬久一郎プロ(112%)、スガダイプロ(107%)が週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。

※全レースの結果速報はこちら

今週もウマニティ競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2016年11月27日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第228回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜ジャパンカップ G1
閲覧 1,307ビュー コメント 0 ナイス 2

みなさんこんにちは!

本日は東京11R「ジャパンカップ G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、イラプトから1.0ポイント差(約1馬身差)内のナイトフラワーまでの5頭。
第2グループ(黄)は、ラストインパクトから1.0ポイント差(約1馬身差)内のサウンズオブアースまでの3頭。
第3グループ(薄黄)は、ディーマジェスティフェイムゲームシュヴァルグラン3頭のみとなっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと上位間で大きな溝が生まれておりません。1走(昨年ジャパンカップ)のデータしかないイラプトナイトフラワーが上位にいるあたり、今年のレースは昨年よりレベル的には低いメンバー構成と言えそうです。

土曜日の東京競馬場の馬場を見ていると内はだいぶ荒れている状態。レースが進むにつれて外伸びにシフトしていました。原稿を執筆している時点では天候がまだ読めない状態ですが、雨が降ればさらに外差しに振れると思います。さらに時計もだいぶかかっていますので例年のジャパンカップ以上にパワーとスタミナが問われるレースになるかと思います。

以上を踏まえ、私の本命は◎レインボーラインとしたいと思います。まず、今年のジャパンカップは例年と比べてもレベルは高くなく、3歳馬でもチャンスがある年ということ。この馬はハイレベルの札幌記念で3着、前走も距離不適ながら2着とここにきて急成長、通用の下地はあります。ステイゴールド×フレンチデピュティ×アンバーシャダイと重巧者の血がズラリと並ぶパワーに秀でた配合で今の馬場はドンピシャです。対抗はサウンズオブアース、昨年はイン有利な不公平馬場を外々回る不利がありながら差のない競馬。中間の調教からも絶好調かと思いますし、昨年よりパフォーマンスを上げてくるはずです。以下、▲リアルスティール、△ディーマジェスティシュヴァルグランゴールドアクターと印を打ちます。

【馬連ながし】
14

3,9,12,16,17

【3連複フォーメーション】
14

3,9,12,16,17

3,8,9,10,11,12,15,16,17

35点

人気のキタサンブラックは外差し想定なので消しとします。

[もっと見る]

⇒もっと見る

フェイムゲームの口コミ


口コミ一覧

馬券メモ(2017/12/2・3)

 銀色のサムライ 2017年12月4日(月) 21:55

閲覧 87ビュー コメント 0 ナイス 5

先週予想した本命馬たちの回顧をしていきます。


【4回中京1日】

■7R クローディオ 1人気3着

後方からの競馬になってしまうのはいつも通りなのですが、
直線入り口の時点でシンガリの位置だと、どれだけ良い脚を使っても届かないですよね…。

■8R クレマンダルサス 1人気1着

未勝利馬が多くいるメンバー構成でしたので、相手に恵まれた事が最大の勝因でしょうか。
直線で上手く馬群がバラけてくれましたし、色々な要素がこの馬の追い風になりました。

■9R ブラックカード 3人気5着

先頭から3番手の位置から粘り込みを図りましたが、5着まで。
直線で横の馬に寄られてしまったのが痛かったです。

■10R メイショウオーパス 2人気1着

圧倒的1番人気・ミスターメロディとの一騎打ちを制し、レコード勝ち。
スムーズな競馬ができたとはいえ、強い勝ちっぷりだったと思います。

■11R ニシオボヌール 3人気14着

中京コースにも良績があるんですけど、見せ場すら作れない惨敗。
前走・道悪馬場で激走した反動が出たのか、調子落ちなのか…。

■12R リライアブルエース 2人気2着

毎年POGで人気を集めるゴールデンドックエーの仔。
惜しくも2着に敗れましたけど、現級にメドを立てる走りを見せましたから、
近いうちに現級を勝ち上がる順番が巡って来る事でしょう。


【5回阪神1日】

■7R フリーフリッカー 4人気1着

道中は好位の位置でロスのない立ち回りをし、直線で追い出すタイミングも完璧。
馬が強かったのはもちろん、横山典騎手のファインプレーも光る勝利でした。

■8R ペイドメルヴェイユ 2人気1着

スタートで出遅れた時は「これはダメかも…」と思ってしまいましたが、
結果的には道中で末脚を溜めた事ができ、直線一気の差し切り勝ちを決めました。

■9R リュクスポケット 3人気3着

やや速めのペースを自分で追っかけながら3着を確保。
自分のレースをしての負けですから、今回は相手が強すぎたと判断したいです。

■10R ヒデノインペリアル 2人気3着

元々ゲートが悪い馬なので、出遅れる事を想定した上で馬券予想しなきゃいけないですけどね…。
前走の走りが良かっただけに、今回のメンバーでも2着を確保できる、と考えてしまいました。

■11R(チャレンジカップ)ブレスジャーニー 2人気3着

完璧な立ち回りをしたサトノクロニクルには完敗ですけど、
ブレスジャーニーは左手前のまま走っていたので、まずまずのレースはできたと思います。
現状では左回りの方が良さそうですから、左回りのレースに出てきた時に今一度狙いたいです。

■12R アディラート 1人気1着

詰めの甘いタイプでしたけど、ブリンカー着用で一気に変わってきました。
1600万下に昇級しても、外枠配置なら好勝負できると思います。


【5回中山1日】

■7R スビールアスール 5人気9着

ダート替わりでの前進を期待したのですが、サッパリでした。
直線で追い出すタイミングが遅れてしまいましたし、参考外の一戦と考えたいです。

■8R クランモンタナ 2人気4着

飛越が乱れた場面もありましたし、
勝負どころで一気に置かれてしまいましたから、まだまだ甘い面があるのでしょう。

■9R シャルドネゴールド 2人気2着

直線で前が壁になるロスがあった分、差し損ねてしまいました。
でも、負けて強しの内容でしたし、後の重賞でも好勝負できる逸材だと思います。

■10R トウカイエントリー 3人気2着

好位の外めから上手くレースを運んだのですが、
1着・ブレスアロットとクビ差2着という悔しい結果になりました。

■11R(ステイヤーズS)アルバート 1人気1着

フェイムゲームよりも後ろの位置取りになるのは意外でしたけど、蓋を開けてみたら今年も完勝。
相手に恵まれた面こそありますが、マラソンレースでの強さを改めて証明してくれました。

■12R ドーヴァー 1人気1着

2番手の位置から直線入り口で先頭に立ち、そのまま押し切りました。
非の打ち所がない勝ちっぷりでした。



【4回中京2日】

■7R ネクストムーブ 2人気11着

まずまずのスタートを切ったんですけど、好位で控える競馬を選択しました。
騎手の判断なのか、陣営の指示なのかは分かりませんが、
ハナ奪わないとダメな事が今回のレースでハッキリしました。

■8R ナンヨーマーズ 1人気6着

この馬なりの末脚を使って凡退しているのですから、
前残りの展開を読めなかった僕のミスです。

■9R シンギュラリティ 2人気1着

中団追走から直線でグイグイ脚を伸ばし、ゴール板手前で一気に差し切ってみせました。
2000mの瞬発力勝負に対応できたのは大きな収穫になったと思います。

■10R サプルマインド 1人気1着

ムーア騎手騎乗・テラノヴァの直後をつけるというレース。
大混戦でしたけど、ディープ産駒らしいスパッとキレる末脚を見せ、きっちりと勝ち切りました。

■11R(チャンピオンズカップ)グレンツェント 10人気10着

レース運びは完璧だったと思いますが、
上位馬との地力の差を見せつけられる形になり、単勝人気通りの10着に敗れました。
ちょっと狙いすぎましたかね…。

■12R タガノカトレア 1人気10着

レース前にかなりイレ込んでいたようですね。
中京競馬場への輸送でテンションが上がりすぎてしまったのでしょう。


【5回阪神2日】

■7R フォンターナリーリ 1人気1着

課題のスタートを五分に切り、道中もスムーズな競馬ができたので、順当勝ちだったといえるでしょう。
1000万下でも連対している馬なので、昇級後も要注意です。

■8R マリエラ 1人気8着

好位で控える競馬をしましたが、直線で全く伸びませんでした。
楽な相手関係だと思っていたんですけど、その見立ては完全に間違っていました。

■9R バーニングペスカ 1人気5着

ハナを主張する形になりましたけど、
急坂を登ったところで脚が止まっていますので、マイペースで逃げられなかった、という事でしょう。

■10R テイエムチューハイ 2人気2着

ワイルドカードの真後ろにつける、という1番人気徹底マークのレースをしました。
負けはしましたけど、相手が悪かっただけですし、
前走よりも良い内容でしたから、この馬も近いうちに1000万下を突破できる逸材だと思います。

■11R ハナズレジェンド 2人気3着

直線で前が詰まったところが致命的でしたけど、まだ詰めの甘い部分が残っていますね。
激変するきっかけを掴めそうで掴めない、というところが現状です。

■12R ダイシンバルカン 2人気2着

低調なメンバー構成に助けられ、なんとか2着を確保しました。
相手関係次第では現級でも上位争いできると思います。


【5回中山2日】

■7R リョーノテソーロ 1人気1着

チーク再着用の効果もあって、楽な形で先行する事ができました。
先頭に立つのが早かった分、最後は甘くなってしまいましたけど、見どころのある勝ちっぷりを見せてくれました。

■8R ブランメジェール 2人気6着

スタート後に行き脚もつき、スムーズな形で先行できたかと思ったんですけどね…。
休み明け+テン乗りの分の負けでしょうか。

■9R ソレイユドパリ 2人気3着

凄い追い込みで3着を確保しましたが、
スタートで致命的な出遅れを喫していますので、スタートさえまともなら…という走りでした。

■10R ヴェネト 2人気3着

中団から良い感じで追い込んできましたけど、
急坂を登ってから脚色が一緒になってしまいましたので、1400mの方が良いのかもしれません。

■11R ナックビーナス 1人気2着

速力はさすがのものがありますけど、追い比べになった時の脆さが目立つレースになりました。
内容的には完敗ですし、今後も安定感はあるけれど勝ち切れない、というキャラになりそう。

■12R ホウオウパフォーム 1人気1着

辛勝でしたが、東京よりも中山の方が合う事を再確認できました。
長距離も大丈夫ですし、今後も長距離の中山なら勝ち負けしてきそうです。


日曜は良かったんですけど、土曜の大幅マイナスがかなり響きました…。

土曜も本命馬はしっかりと結果を出してくれましたが、
相手選びでミスを連発し、もったいないレースが相次いでしまいました。

チャンピオンズカップは昨年的中させているレースだったので、
今年も…と意気込んでいたものの、グレンツェント本命というのはちょっと無理がありましたね。

対抗のゴールドドリームを信じていたら…と今更ながら後悔しています。

 やすの競馬総合病院 2017年12月3日() 22:26
チャンピオンズC・ステイヤーズS・チャレンジCの感想の巻
閲覧 55ビュー コメント 0 ナイス 1

☆チャンピオンズCの結果☆
1着ゴールドドリーム
2着テイエムジンソク
3着コパノリッキー

収支は−6000Pでした。
宣言通り、単勝 11(アウォーディー) 、ワイド 11−14、ワイド 11・14・15 BOXを買う予定が、
アポロケンタッキーの取り消しや、アウォーディー関連のオッズが安くなってたなどの事情で買い目を急遽変更して、
単勝 11(アウォーディー) 、馬連 11−14を買ったんですがハズレ・・・。
思ってた展開とは正反対のレースになったんで完敗でした。

2017年の勝ち時計 1.50.1
12.8-10.9-12.5-12.7-12.7-12.3-12.0-11.8-12.4
1000m通過 1.01.6 (レースの上がり3F36.2)
ここ2年とは違って、逃げ・先行馬に有利な流れになったのに、勝ち時計は去年のレコードと同じタイムでの決着で驚きましたが、今年の方が去年より速い時計が出る馬場だったんでしょうね〜。
コパノリッキーの上がり3F36.3
テイエムジンソクの上がり3F36.1
と前で競馬してた馬達が36秒台前半の速い上がり3Fを出してるのに、後方から上がり3F35.2で差し切ったゴールドドリームの末脚というか、ムーアのド迫力の力強い追いっぷりに驚きました。

出走馬達へのコメント
1着ゴールドドリーム
フェブラリーS1着後の3戦が14着・1.8差7着・0.9差5着と、着順・着差ともに全然ダメでしたが、
ムーアの力強い追い方で眠ってたエンジンが目覚めたのか直線ですごい脚で伸びてきましたね〜。
フェブラリーS、チャンピオンズCとJRAのダートGIを1年で全制覇した若い4歳馬ということで来年以降も楽しみですが、欲を言えば来年は1年間通して安定した成績でダート界を引っ張っていくような存在になってくれたらうれしいです。

2着テイエムジンソク
前残りの流れを2番手で我慢させて、上がり3F36.1でコパノリッキーに競り勝ったかなと思ったところをゴールドドリームに差されて2着。
この馬は楽な流れよりもタフな流れに持ち込んだ方が持ち味出そうな気がするから、もう少し早めに仕掛けて上がりのかかる競馬に持ち込んでたらどうなったのかな〜?
と思うところもありますが、負けたとはいえ僅差の2着なんで、今日の温存する乗り方で正解だったのかもしれないし、わかりません。

3着コパノリッキー
過去3度のチャンピオンズCは12着、7着、13着と全然ダメだったのに、7歳にして3着と自己ベストを大幅に更新するし、
JBCスプリントからチャンピオンズCというローテで3着とか変態かよ〜と思いましたが、気分良く逃がしたら最後までしっかり頑張るところにGI馬の意地を見ました。

4着ケイティブレイブ
いい位置にいたし、最後まで頑張って好走はしてるけど、スピードと持久力が持ち味なんで瞬発力が要求される展開だと少し辛いとこあったかも。
個人的には1度1400mでも見てみたい馬です。

5着アウォーディー
直線でゴールドドリームと横並びになった時に、併せ馬状態で一緒に伸びてきてほしかったんですが・・・。
まあ、それでもそれなりには走ってるんで、展開が向かなかったのか、衰えなのか、まだよくわからないです。



--------------------------------------------------------------------------------

☆ステイヤーズSの結果☆
1着アルバート
2着フェイムゲーム
3着プレストウィック

収支は+3300Pでした。
宣言通り、馬連 2−9を買ったら2.1倍が的中。
2倍台前半の馬券なんか買う意味あるんかな〜?と思いつつ、
3連複2頭軸で3点を均等買いするよりは、馬連1点の方が利益出せそうやから安くても馬連1点でいいか〜〜ってことで買ったら当たってホッとしました。

勝ち時計 3.43.0
13.3-11.3-13.0-12.4-12.2-12.6-12.7-12.9-12.6-12.5-13.1-12.7-12.3-12.0-11.9-12.0-11.7-11.8
1000m通過 62.2 (レースの上がり3F35.5)
10頭立てでしたけど、そこまで楽な流れにはならなかったのもあってか、長距離馬が上位にくる順当な決着になりました。

出走馬達へのコメント
1着アルバート
フェイムゲームを前に見ながらマイペースで競馬してて、直線で抜け出したフェイムゲームを最後はきっちり捕まえて2馬身半差の快勝で3連覇達成!
危なげなく当たり前のように勝ってて、さすがステイヤーズSを連覇してるだけあるな〜と感心しました。

2着フェイムゲーム
アルバートより前で競馬してたのも驚いたし、この馬が直線向いてすぐ抜け出して先頭を走ってるなんて・・・。
こんな競馬もできるんですね〜。
負けたけど、やれることは全部やって負けたって感じがしたし、中山3600mの王者アルバートに負けたのなら納得です。


--------------------------------------------------------------------------------

☆チャレンジCの結果☆
1着サトノクロニクル
2着デニムアンドルビー
3着ブレスジャーニー

収支は−3000Pでした。
宣言通り、単勝 9(マイネルミラノ) を買いましたがハズレ・・・。

勝ち時計 1.58.6
12.7-11.4-12.4-12.0-11.4-11.9-11.6-11.4-11.7-12.1
1000m通過 59.9 (レースの上がり3F35.2)
阪神内回りらしい一貫した流れからの持久力勝負になったし、開幕週だけあって勝ち時計も速かったですね。

出走馬達へのコメント
1着サトノクロニクル
前走は極悪馬場の菊花賞でしたが、今回は「距離短縮+開幕週の良馬場+GIから重賞で相手弱化」と条件かなりよくなったのもあってか巻き返してきましたね〜。
欲を言えば、このメンバー相手にもっと強い勝ち方できてたら・・・ってとこはありますが、サトノラーゼンの半弟やし、まだ3歳で若いから来年以降も頑張ってほしいです。

2着デニムアンドルビー
7歳牝馬やし、直線長いコース向きの馬なのに、開幕週の阪神内回りでクビ差の2着に詰めてきてすごく頑張りましたね〜。
あの頑張り見たら勝たせてあげたい気持ちになりましたが、あと一歩届きませんでした。

3着ブレスジャーニー
この馬も前走の菊花賞から条件良くなって好走したけど、阪神内回りよりも直線長いコース向きっぽいかな〜。
距離ももう少し短くてもいいかも。



--------------------------------------------------------------------------------
☆複勝ころがし企画(日曜日分)☆
チャンピオンズC アウォーディー・・・5着

こんなオッズで買えるなんておいしいと思ったんですが、馬券圏内には届きませんでした。

投資1900Pが0Pになっちゃいました。




--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
・超おいしい単勝選手権
・複勝ころがし大会
・2歳新馬戦予想対決


どの企画も、
枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までの間、指名馬を受け付けております。

ルールの詳細や指名馬の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。
指名馬の書き込みは、コメント欄でも投票所でもどこに書いてくださってもOKです。

参加者は誰でも大歓迎ですし、気が向いた時だけの参加も全然OKな自由すぎる環境なので、常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

※このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、いろいろな記録については、このブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。


--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
来週と再来週は2歳GIですね〜。

今年は新馬戦企画をやってきたおかげで、全ての新馬戦をチェックしてきたので、その成果を2歳GI2連戦で発揮できたらいいな〜と思っています。

[もっと見る]

 昭島のよっちゃん 2017年12月3日() 17:14
★今週は難しかった!・・今週の予想結果及びPOG馬の特別登... 
閲覧 170ビュー コメント 2 ナイス 14

写真は、今週の「競馬でビンゴ」の私の成績です


今週の予想結果・・買い目を馬連から馬単にしました
(私の買目は、◎単勝と◎○▲△の馬単・3連単のBOXです)


土曜メインレースの予想結果です     


中山11R ステイヤーズステークス G供ー3,600

 ◎ ▲侫Дぅ爛押璽燹     。加紂複家嵜裕ぁ
 ○ アルバート        1着(1番人気)
 ▲ Ε轡曠Α         。誼紂複拡嵜裕ぁ
 △ ぅ轡襯ドリーマー     7着(5番人気)
馬単(290円)が当たり

ビンゴ馬:.妊襯泪汽蝓璽船礇鵝 。甲紂複携嵜裕ぁ烹甲絅泪垢鯏匹蠅弔屬



中京11R 浜松ステークス 1600万下 芝1,200

 ◎ ライトフェアリー    11着(8番人気)
 ○ ニシオボヌール     14着(3番人気)
 ▲ 哀淵ぅ鵐謄ぅ襯此    。隠加紂複吉嵜裕ぁ
 △ ┘撻ぅ轡礇侫Д螢轡拭   。叡紂複家嵜裕ぁ
2着・ダイメイプリンセスを外し当り無し

ビンゴ馬:ライトフェアリー  11着(8番人気)11着マスを塗りつぶし



阪神11R チャレンジカップ G掘ー2,000

 ◎ ゥ皀鵐疋ぅ鵐謄蹇     。潅紂複拡嵜裕ぁ
 ○ Ε廛譽好献磧璽法次    。鈎紂複家嵜裕ぁ
 ▲ サトノクロニクル     1着(1番人気)
 △ ┘妊縫爛▲鵐疋襯咫次   。加紂複吉嵜裕ぁ
馬単(2、370円)、3連単(12、120円)が当たり

ビンゴ馬:ぅ后璽僉璽泪奪ス   5着(11番人気)5着マスを塗りつぶし




日曜メインレースの予想結果です


中山11R ラビスラズリステークス オープン 芝1,200

 ◎ ゥ淵奪ビーナス      2着(1番人気) 
 ○ ▲汽競淵漾        。鈎紂複竿嵜裕ぁ
 ▲ プレイズエターナル   11着(8番人気)
 △ ぅ哀譽ぅ肇船磧璽拭次   。甲紂複家嵜裕ぁ
1着・アルティマブラッドを外し当り無し

ビンゴ馬:ぅ哀譽ぅ肇船磧璽拭次 。甲紂複家嵜裕ぁ謀匹蠅弔屬渓気




中京11R チャンピオンズカップ G機.澄璽1,800

 ◎ ▲吋ぅ謄ブレイブ     4着(3番人気)
 ○ サウンドトゥルー    11着(2番人気)
 ▲ ゴールドドリーム     1着(8番人気)
 △ ぅ離鵐灰離罐瓠      。甲紂複業嵜裕ぁ
2着・テイエムジンソクを外し当り無し

ビンゴ馬:ゥ瓮ぅ轡腑Ε好潺肇癲。隠潅紂複隠吉嵜裕ぁ烹隠潅絅泪垢鯏匹蠅弔



阪神11R 逆瀬川ステークス 1600万下 芝1,800

 ◎ ┘織縫離◆璽丱鵐掘次   。驚紂複拡嵜裕ぁ
 ○ ▲魯淵坤譽献Д鵐鼻    。鈎紂複家嵜裕ぁ
 ▲ ポルトドートウィル    7着(1番人気)
 △ ゥ汽肇離▲螢轡◆     。叡紂複業嵜裕ぁ
2着・ギモーヴを外し当り無し

ビンゴ馬:▲魯淵坤譽献Д鵐鼻  。鈎紂複家嵜裕ぁ烹鈎絖.泪垢鯏匹蠅弔




★メインレースの予想は、6レースで、馬単が2レース、3連単が1レース当たる


★「競馬でビンゴ」は、5マス塗りつぶせた!


★POG馬の出走結果

今週は出走は有りませんでした


★POG馬の特別登録


12月10日(日)阪神(芝1,600)阪神ジュベナイルFに、ソシアルクラブが登録、1勝馬のため抽選になりますが、出走を切望しています

同日の中京(芝1,600)こうやまき賞にもソシアルクラブは特別登録しているので、抽選が外れたらこちらに出走すると思います(こうやまき賞には14頭が特別登録しています)

12月17日(日)阪神(芝1,600)朝日杯FSに、ステルヴィオが特別登録しました、賞金的に出走出来ると思うので頑張って貰いたい!!




※ビンゴ馬については、下記の日記を参照下さい

http://umanity.jp/home/view_diary.php?id=02b8403a34&owner_id=2ec1608dab

[もっと見る]

⇒もっと見る

フェイムゲームの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

フェイムゲームの写真

フェイムゲームの厩舎情報 VIP

2017年12月2日ステイヤーズS G22着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

フェイムゲームの取材メモ VIP

2017年12月2日 ステイヤーズS G2 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。