注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

カムフィー(競走馬)

注目ホース
カムフィー
カムフィー
写真一覧
現役 牡8 黒鹿毛 2009年3月26日生
調教師池上昌和(美浦)
馬主清水 二朗
生産者新田牧場
生産地池田町
戦績40戦[4-5-10-21]
総賞金14,077万円
収得賞金2,800万円
英字表記Comfy
血統 ダンスインザダーク
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ダンシングキイ
ナイトクルーズ
血統 ][ 産駒 ]
ノーザンテースト
ナイトスパーク
兄弟 シルクオフィサースペシャルクルーズ
前走 2017/01/28 白富士ステークス OP
次走予定

カムフィーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/01/28 東京 11 白富士S OP 芝2000 145721.299** 牡8 57.0 蛯名正義池上昌和466(0)2.01.3 0.734.0⑥⑤⑤スズカデヴィアス
17/01/05 中山 11 日刊中山金杯 G3 芝2000 136974.8115** 牡8 54.0 蛯名正義池上昌和466(+2)2.01.2 0.635.9⑫⑫⑫⑪ツクバアズマオー
16/12/03 中山 11 ステイヤーズ G2 芝3600 1381328.758** 牡7 56.0 田辺裕信池上昌和464(+2)3.49.2 1.836.9④⑤⑦⑤アルバート
16/10/30 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 15610248.21513** 牡7 58.0 蛯名正義池上昌和462(0)2.00.7 1.434.8⑫⑩⑩モーリス
16/05/21 東京 11 メイS OP 芝1800 151124.089** 牡7 54.0 横山典弘池上昌和462(+8)1.46.3 0.533.9⑫⑫⑩ロジチャリス
16/03/20 阪神 11 阪神大賞典 G2 芝3000 116729.968** 牡7 56.0 川田将雅池上昌和454(-12)3.08.5 2.737.1⑧⑧⑧⑧シュヴァルグラン
16/02/20 東京 11 ダイヤモンド G3 芝3400 168158.1511** 牡7 54.0 横山典弘池上昌和466(+6)3.43.0 5.240.9⑭⑮⑮⑬トゥインクル
15/12/05 中山 11 ステイヤーズ G2 芝3600 164715.372** 牡6 56.0 横山典弘池上昌和460(-2)3.46.7 0.835.6⑥⑧⑫⑩アルバート
15/11/07 東京 10 ノベンバーS 1600万下 芝2000 10894.733** 牡6 55.0 C.デムー池上昌和462(+8)2.00.4 0.433.9⑧⑦⑦ショウナンバッハ
15/10/12 京都 10 オルフェM 1600万下 芝2000 97720.183** 牡6 57.0 秋山真一池上昌和454(-14)1.58.5 0.333.6⑨⑨⑨⑨プロモントーリオ
15/09/19 中山 11 レインボーS 1600万下 芝2000 11798.255** 牡6 57.0 柴田善臣池上昌和468(+8)2.01.5 0.536.0⑧⑦⑤⑤ライズトゥフェイム
15/05/09 東京 10 緑風S 1600万下 芝2400 188168.238** 牡6 55.0 柴田善臣池上昌和460(-4)2.25.9 0.536.0⑭⑫⑥⑥マリアライト
15/04/11 中山 10 湾岸S 1600万下 芝2200 14695.134** 牡6 57.0 柴田善臣池上昌和464(-2)2.15.7 0.234.0⑩⑩⑩⑨シャドウダンサー
15/03/29 中山 10 常総S 1600万下 芝2000 13567.334** 牡6 55.0 柴田善臣池上昌和466(-8)2.00.2 0.234.5⑫⑬⑫⑬ファントムライト
15/02/21 東京 11 ダイヤモンド G3 芝3400 164718.983** 牡6 51.0 柴田善臣鈴木康弘474(-6)3.32.6 0.735.3⑫⑫⑫⑩フェイムゲーム
15/02/08 東京 10 早春S 1600万下 芝2400 1381322.574** 牡6 57.0 横山典弘鈴木康弘480(+18)2.29.5 0.935.9⑬⑬⑩⑨メイショウカドマツ
14/12/14 中京 11 遠州灘特別 1000万下 芝2000 132211.761** 牡5 57.0 吉田隼人鈴木康弘462(-8)2.01.9 -0.135.3⑥⑥⑥⑤キングストーン
14/11/29 東京 10 オリエンタル 1000万下 芝2000 12555.725** 牡5 57.0 戸崎圭太鈴木康弘470(+8)2.02.7 0.335.4⑨⑩⑨マイネオーラム
14/10/25 東京 10 神奈川新聞杯 1000万下 芝1600 10787.942** 牡5 55.0 戸崎圭太鈴木康弘462(+12)1.33.3 0.233.8⑨⑨メドウヒルズ
14/08/23 札幌 12 支笏湖特別 1000万下 芝2600 1471229.3912** 牡5 57.0 四位洋文鈴木康弘450(-22)2.45.7 1.535.7⑧⑩⑨⑤ゴールドアクター

⇒もっと見る


カムフィーの関連ニュース

 ★有馬記念9着デニムアンドルビー(栗・角居、牝7)は、フェブラリーS(2月19日、東京、GI、ダ1600メートル)に参戦する。

 ★香港スプリント10着ビッグアーサー(栗・藤岡、牡6)は、高松宮記念(3月26日、中京、GI、芝1200メートル)に直行。鞍上は福永騎手。

 ★ポルックスSを逃げ切ったドリームキラリ(栗・矢作、牡5)は、マーチS(3月26日、中山、GIII、ダ1800メートル)あたりが視野。3着タムロミラクル(栗・西園、牡5)は、佐賀記念(2月7日、佐賀、交流GIII、ダ2000メートル)に登録。

 ★招福S勝ちのコスモカナディアン(美・金成、牡4)は川崎記念(2月1日、川崎、交流GI、ダ2100メートル)に登録する。

 ★中山金杯5着カムフィー(美・池上和、牡8)は白富士S(28日、東京、OP、芝2000メートル)へ。

 ★寿Sを逃げ切ったロードヴァンドール(栗・昆、牡4)は、小倉大賞典(2月19日、小倉、GIII、芝1800メートル)で重賞制覇に挑む。僚馬で淀短距離S6着ヒルノデイバロー(牡6)は、シルクロードS(29日、京都、GIII、芝1200メートル)を予定。スプリンターズS11着ブランボヌール(栗・中竹、牝4)、ラピスラズリS13着の僚馬アースソニック(牡8)も同レースへ。

【日刊中山金杯】レースを終えて…関係者談話2017年01月06日(金) 05:09

 ◆江田照騎手(シャイニープリンス3着) 「テンは少し速かったが、その後は中団からこの馬のペースで走れた。最後までしっかりと脚を使っている」

 ◆内田騎手(シャドウパーティー4着) 「(54キロの)ハンデで一発狙っていた。(勝負どころで)勝ち馬に先に行かれて、その外を回る形になってしまったが、それでも力は見せた」

 ◆蛯名騎手(カムフィー5着) 「54キロのハンデを味方に、よく頑張っているよ」

 ◆長岡騎手(トミケンスラーヴァ6着) 「前につけて、(向こう正面で)まくってきた馬にも反応できていた。51キロを生かして自分の競馬はできた」

 ◆小牧騎手(ダノンメジャー7着) 「流れが速く、3コーナーから早めに来られる厳しい競馬だった」

 ◆大野騎手(ロンギングダンサー8着) 「いい感じで運べていたが、直線で追われると反抗するようなところがあった」

 ◆戸崎騎手(ドレッドノータス10着) 「いい感じだったが、勝負どころから抵抗できなかった」

 ◆石橋騎手(ライズトゥフェイム11着) 「遊ばせないように気をつけて乗った。少しでも展開がはまってくれればよかった」

 ◆松岡騎手(マイネルフロスト12着) 「途中からハミを取ってしまった。(以前より)集中力の持続も短くなっている」

 ◆丹内騎手(マイネグレヴィル13着) 「ハナに行きたかったが、外枠もあって行き切れなかった」

★5日中山11R「中山金杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【日刊中山金杯】追って一言2017年01月04日(水) 05:05

 ◆カムフィー・池上和師 「息を整える程度の調整。最後に坂がある中山コースは合っている」

 ◆クラリティスカイ斎藤誠師 「中間も体を緩めず、バリバリと乗れている。切れるタイプじゃないので、(前に)行ければ行ってもいい」

 ◆ダノンメジャー・橋口師 「2000メートルは守備範囲。最近はスッとゲートを出るようになっていますし、距離延長で自分の形なら」

 ◆トミケンスラーヴァ・竹内師 「格上挑戦になるが、状態はいいし、51キロのハンデも魅力。リズム良く走れれば」

 ◆ドレッドノータス・矢作師 「ダートの前走はやめてしまった感じ。芝に戻って見直したいが、今回は輸送がある。極端にイレ込まずに臨めればいいが…」

 ◆マイネグレヴィル・和田道師 「前走のマイル戦は忙しかった。前半(5ハロン)59秒台のペースで行って、持ち味を生かせれば」

 ◆マイネルフロスト・高木師 「(追い切りは)気難しさを見せずに走れていた。のびのびと走れれば」

 ◆ライズトゥフェイム・加藤征師 「年末にしっかりやっているので、半マイルからサラッと。前走も具合は良かったし、大きく負けていない」

 ◆ロンギングダンサー・田村師 「体はできているし、状態もすごくいい。展開がはまれば楽しみ」

★中山金杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【日刊中山金杯】追って一言2017年01月01日() 05:01

 ◆カムフィー・池上和師 「3頭併せの真ん中で刺激を与えた。秋3戦目で体はできている。万葉Sより、勝つイメージがわく。中山適性はあるし、一発狙いたい」

 ◆トミケンスラーヴァ・長岡騎手 「前を目標に、最後は強めに追った。相変わらず乗りやすいし、7歳でも元気がある。年男なので、スタートダッシュを決めたい」

★中山金杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

【日刊スポーツ賞中山金杯】特別登録馬2016年12月25日() 17:30

[もっと見る]

【ステイヤーズ】厩舎の話2016年12月02日(金) 05:03

 ◆アルバート・ムーア騎手 「状態は良さそう。去年勝っているレースなので何も問題ない。楽しみ」

 ◆ウインインスパイア・高橋祥師 「動きは良かった。スタミナはある」

 ◆カムフィー・池上和師 「うまく我慢ができて、リズム良く走れていた」

 ◆サイモントルナーレ・田中清師 「ダート調教はいつも動くタイプ」

 ◆サムソンズプライド・杉浦師 「寒い季節がいい馬で中山も合う」

 ◆ジャングルクルーズ・藤沢和師 「仕上がりはいい。初めての距離になるが、問題ない」

 ◆タマモベストプレイ・南井師 「時計を要したが、先週もしっかりと追って、元気はいい」

 ◆ファタモルガーナ・荒川師 「動きも反応も良く、ひと叩きの効果がうかがえるね」

 ◆プレストウィック・武藤師 「けいこはいい感じに動いていた。距離は問題ない」

 ◆プロモントーリオ・北村宏騎手 「(去勢手術明けで)つかみ切れない部分はあるが、動きはまずまず」

 ◆マイネルメダリスト・田中清師 「今回は坂路追いに替えた。距離は問題ないだろう」

 ◆マドリードカフェ・荒川師 「ここが目標。長距離でも右回りなら動けるタイプ」

 ◆モンドインテロ・手塚師 「しっかりとやれた。右回りはスムーズ。距離もおそらく大丈夫」

ステイヤーズステークスの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

カムフィーの関連コラム

閲覧 544ビュー コメント 0 ナイス 2

みなさんこんにちは!

本日は中山11R「ステイヤーズステークス G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、アルバート1頭。
第2グループ(黄)は、モンドインテロから1.0ポイント差(約1馬身差)内のファタモルガーナまでの2頭。
第3グループ(薄黄)は、タマモベストプレイ1頭のみとなっていて、以下は第4G(灰)となっています。

各馬間の差に目を向けると、上位勢に1.0ポイント程度の開きが乱立する珍しい配置となっています。ただ、長距離戦だけに、中距離で過去にマークした指数が評価されている馬などには注意が必要で、今回の条件での上昇度がポイントになってくるレースとみています。

そんな中、今回の私の◎はジャングルクルーズとしました。横綱競馬をするであろう○アルバートが作る、後半タフな流れで外から差してくる馬を狙いたいレース。開催初日なので、決め打ちするしかありませんが、馬場的にも“エアレーションあるある”の開幕週の差し馬場状態になっているとみて本命視します。3000m超のレースは初めてですが、近2走北海道の長距離戦でマークした指数と安定した末脚に期待。○アルバートを倒しに行こうとする上位人気勢がコケるような展開になれば、この馬の一角崩しのシーンがあるのではとみています。
▲にモンドインテロ。重賞ではこれまで人気以下の着順(全て東京)しかとったことがない点は気になりますが、さすがに今回は馬券には絡めるのでは。人気妙味はまったくないものの、これ以上印は下げられない印象で3番手評価。
☆にカムフィー。適性は証明済みですが、その分こちらも人気してしまいそうで、それでいて今年は大外枠。最後の直線は別として、道中外々を回らされるような展開になると厳しいかもしれませんが、それを割り引いてもこの舞台では堅実に走ってきそうな一頭です。
そして、今回の私の馬券は、おそらく◎の単複勝負になると思いますが、当コラムでは◎から○▲☆への3複勝負としたいと思います。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
6=3,8,13=1,2,3,4,5,7,8,11,13(21点)


登録済みの方はこちらからログイン

2016年11月30日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2016年11月30日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(23)
閲覧 1,884ビュー コメント 0 ナイス 1

週末のメイン競走を、伊吹雅也プロがある一つのデータに注目して分析する人気コーナー。
<<さらにプラス1!>>データも交え今週末のあなたの予想をバックアップする、ウマニティ会員専用コラムを是非ご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2016年12月03日(土) 中山11R スポーツニッポン賞 ステイヤーズステークス
【前年以前のステイヤーズステークスにおいて連対経験がなかった馬の、前走の上がり3ハロンタイム順位別成績(2010年以降)】
●5位以内 [4-5-3-18](複勝率40.0%)
●6位以下 [0-0-0-44](複勝率0.0%)
→既にこのレースで優勝を争った経験がある馬と、前走で出走メンバー中上位の上がり3ハロンタイムをマークした馬に注目したい一戦。特別登録を行った馬のうち、2015年以前のステイヤーズステークスにおいて連対経験があるのはアルバートカムフィーファタモルガーナの3頭だけ、前走の上がり3ハロンタイム順位が5位以内なのはアルバートジャングルクルーズの2頭だけでした。


▼2016年12月03日(土) 中京11R 金鯱賞
【前走の着順別成績(2012年以降)】
●4着以内 [2-2-4-7](複勝率53.3%)
●5着以下 [2-2-0-36](複勝率10.0%)
→現在の施行時期に移った2012年以降は前走好走馬が堅実。特別登録を行った馬のうち、前走の着順が4着以内なのは、ヴォルシェーブデニムアンドルビートルークマクトパドルウィールの4頭だけです。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】

[もっと見る]

2016年11月02日(水) 18:37 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(10/29〜10/30)おかべ育成プロが爆発!回収率376%、収支プラス41万超をマーク!
閲覧 1,086ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は30(日)に東京競馬場でG1天皇賞(秋)が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
  
G1天皇賞(秋)モーリスが3.6倍で1番人気、続いてエイシンヒカリが4.5倍、ルージュバック5.1倍、アンビシャス6.0倍とここまでが10倍を切る形でオッズを形成しました。
 
注目のスタートは各馬大きな出遅れなく、内から気合をつけたエイシンヒカリが先頭に立ちます。2番手にロゴタイプ、3番手にヤマカツエース、続いてラブリーデイクラレントサトノクラウンモーリスと先団を形成。中団からはリアルスティールサトノノブレスアドマイヤデウスカムフィーと追走。後方からはルージュバックアンビシャスステファノスと続いて最後方にヒストリカルの態勢。
 
エイシンヒカリが刻んだペースは前半1000mを1分0秒8(参考)のスローペース。先頭から後方までほぼ一団の形で直線コースへ差し掛かります。
 
先頭はエイシンヒカリでリードは半馬身、2番手にラブリーデイ、外めからはヤマカツエースモーリスが追い出しにかかります。残り400mを通過、ここでエイシンヒカリは一杯となってラブリーデイが先頭に立ちますが、直後、外から抜群の手応えでモーリスが並びかけると鞍上ライアン・ムーアのGOサインに応えて一気にスパート!あっという間に2馬身ほどリードを広げます!残り100m、中からリアルスティール、大外からはステファノスが脚を伸ばして懸命に前を追いますが、モーリスの脚色は衰えるどころか、ゴール前でさらにもうひと伸び!早め先頭で後続を抑え込む豪快な競馬でG1・5勝目を飾りました!勝ちタイムは1分59秒3(良)。1馬身半差の2着にリアルスティール、そこから1馬身半差の3着にステファノスが入っています。
 
------------------------------------------------------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →おかべ育成プロ
勝負レースに指定した29日新潟6Rで『2走前より前走で良化気配やし、馬体重も絞れた』と狙った◎キングルアウの単勝5.9倍を1万円的中!さらに同日の東京3Rでも○◎の馬連1点勝負を見事仕留めて15万9000円の払い戻し!翌日も勢い止まらず東京12Rで3連複1点勝負を的中させ、14万4000円を払い戻しました!週末トータル回収率376%、収支プラス41万4950円をマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
29(土)新潟8Rで◎メイショウミツボシ頭固定の3連単勝負!849.5倍を500円的中させ、42万4750円を払い戻し!翌日の新潟10Rでも◎○△の印で3連単を仕留め、20万7800円を払い戻しました!週末トータル181%、収支プラス58万3950円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
勝負レースに指定した30(日)東京11R天皇賞(秋)で『2走前の安田記念は海外遠征帰りで、東京競馬場での調整という異例の形。前走の札幌記念は明らかに洋芝の稍重馬場という条件が敗因。今回の調整過程はこれまでになく順調。勝ち負けの可能性はかなり高いと見た。』と◎モーリスからの馬連24.2倍、3連複74.3倍を的中させました!この他にもコンスタントに的中を重ね、週末トータル的中率41%、回収率153%の好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
30(日)京都1R新潟9Rの両レースを◎○▲のパーフェクト予想で単勝、馬連、3連複を本線的中!さらに同日の京都8Rでも単勝22.7倍の伏兵◎スズカバーディーからの馬連35倍、3連複147.5倍を仕留め、2万7030円を払い戻しました!週末トータル回収率116%をマークしています。

☆☆☆注目プロ →栗山求プロ
30(日)東京11R天皇賞(秋)で『2代母メジロモントレーはAZ共和国杯(G2)をはじめ芝2000m以上の重賞を4勝した名牝。血統的にはマイル戦よりも2000mのほうが向いている。』と本命に推した◎モーリスからの馬単37倍、3連単324倍を本線的中!週末トータル回収率472%をマークしています。
 
この他にもろいすプロ(114%)、シムーンプロ(102%)、山崎エリカプロ(101%)、サラマッポプロ(100%)が週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
※全レースの結果速報はこちら

今週もウマニティ競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2016年10月28日(金) 13:00 スガダイ
【スガダイのG1番付&今週の注目馬情報先取りV.I.Pパック】〜2016天皇賞(秋)〜
閲覧 3,633ビュー コメント 0 ナイス 4

 2016年秋のG1レースを対象に、ウマニティ公認プロ予想家による「2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラム」なる企画が立ち上がり、僕はそのうち4レース(回)を担当することになった。第一弾は天皇賞(秋)。出走予定馬を相撲の番付形式でランク付けしていき、レース全体の勢力図や各馬の寸評をお伝えしてくので、じっくりご覧になってほしい。そして、後半パートではその他のレースの注目馬情報も公開しているので、参考にしてもらえればと思う。ここで得た情報を、皆さんの予想にスパイスとして加えてもらえると嬉しいね。

[もっと見る]

2016年10月28日(金) 11:15 岡村信将
【ラップギア岡村信将のスペシャルG1展望】〜2016天皇賞(秋)〜
閲覧 1,206ビュー コメント 0 ナイス 1

1996年に秋華賞が創設されるまでは、秋のG1シリーズ第一戦という扱いだった、秋の天皇賞。当時スプリンターズSは有馬記念の1週前、菊花賞も天皇賞の翌週という施行日程だった。それらのG1が現在の日程に固定されたのは2000年のこと。大きな問題も批判もなく続いているということは、スプリンターズS、秋華賞、菊花賞、天皇賞という並びは正解だったのだろう。


■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807


天皇賞(秋)は、1ヵ月後のジャパンカップや2ヵ月後の有馬記念にも繋がるレース。現在、この秋のG1・3レースを同一年度に優勝した馬には2億円の褒賞金(ボーナス)が交付されているが(外国産馬は1億円)、現在までにそれを達成した馬は2000年テイエムオペラオーと2004年ゼンノロブロイの2頭だけ。

http://www.jra.go.jp/keiba/program/pdf/housyoukin_1.pdf

惜しいところでは1999年に1着→1着→2着だったスペシャルウィーク(交付基準設定前)、2002年と2003年に2年連続で1着→3着→1着だったシンボリクリスエスなどがいるのだが、2004年以降は2011年に1着→1位入線(2着降着)→2着だったブエナビスタが目立つぐらい。

2004年ゼンノロブロイ以降目立った動きがないので、あまり注目されていない制度なのかと思ったりもしたのだが、まったく逆。下表の通り交付基準が制定された2000年以降は(着順に関係なく)、その3レースすべてに出走する馬が増えているのだ。テイエムオペラオーゼンノロブロイのころは褒賞金が1億円だったので、実質2億円で成果を出したということになる。

■同一年に天皇賞(秋)、JC、有馬記念の3レースにすべて出走した馬の頭数
1991年〜1995年 10頭
1996年〜2000年 11頭
2001年〜2005年 19頭
2006年〜2010年 13頭
2011年〜2015年 20頭

ちなみに昨年はラブリーデイアドマイヤデウスワンアンドオンリーラストインパクトダービーフィズの5頭が天皇賞(秋)からJC、有馬に転戦してくれた。今年も5〜6頭のトップホースが3連戦に臨んで、秋競馬を盛り上げてくれるものと考えられる。

余談になるが、菊花賞からジャパンカップ、有馬記念の3連戦に挑む3歳馬は、2014年ワンアンドオンリー、2009年リーチザクラウンなど5年に1頭ぐらい。3連勝馬は現れておらず、好成績は1990年菊花賞2着→JC4着→有馬3着のホワイトストーンか、2004年1着→3着→5着のデルタブルース、もしくは2006年2着→2着→4着のドリームパスポートなどと言ったところ。

いや、違う。ここでシンボリルドルフの登場だ。1984年、まだ日本馬が外国馬にほとんど通用していなかった時代に、3歳で菊花賞1着→JC3着→有馬1着という成績。これは三十余年が経過した いま考えても十分な偉業と言えるのではないだろうか。


さて、思い出話はこれぐらいにして、天皇賞(秋)の考察に入りたい。過去10年の天皇賞(秋)と、それ以前の天皇賞(秋)を見比べて、最も目立つのは・・・

[もっと見る]

2016年10月27日(木) 22:10 くりーく
【くりーくの前回→今回調教チェック!】〜2016天皇賞(秋)〜
閲覧 1,100ビュー コメント 0 ナイス 1

こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われるG1を中心に出走予定馬の前走と今回のレースの調教を比較分析し、その結果をお伝えしていきます。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を、ぜひ皆さんの予想にお役立てください。
なお、シューナカコラムで取り上げている競走馬については同コラム内でコメントしていますので、そちらをご確認ください。


■最速プロ予想『シューナカ☆』〜プロ予想家陣がアノ注目馬の見解を語る!Vol.11・G1天皇賞(秋)編〜はこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7947
■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807


前回の菊花賞編では、調教評価Aのエアスピネル武豊騎手の積極的な騎乗で引っかかりながらも地力を見せて3着健闘。その他の調教注目馬もこれまで7頭中6頭が3着以内に好走してくれています!今週も、天皇賞(秋)調教評価、その他の調教注目馬コーナーともにご期待ください。

各馬に対する評価の見方は、上段が前走時評価(レースでの着順/調教評価は最終追い切りまで含めた調整過程総評/パドック評価とコメント/前走時短評)、下段が今回評価(1週前までの中間調整過程評価/今回短評)となっています。



◇賞金順◇

リアルスティール
<前走時>11着  調教C   パドックB(気合い乗りは悪くないが、トモの踏み込みがやや甘い)
1週前に強く追えていない時点で、ドバイからの疲れがあるような感じ。
<今回>調教A
時計は出る馬。毎日王冠を無理せず使わなかったことで、1週前にジョッキー騎乗で強めに追うことができた。本来の調整過程でレースに臨める点はプラス材料。直前に坂路で強めに追われていれば、状態面では気にすることはなさそう。

ラブリーデイ
<前走時>3着  調教B   パドックA(好馬体で踏み込み力強い)
休み明けで前走ほどの手応えはないが、走りは悪くない。

[もっと見る]

⇒もっと見る

カムフィーの口コミ


口コミ一覧

土曜のMy注目馬

 ザンダカゼロ 2017年01月28日() 09:28

閲覧 19ビュー コメント 0 ナイス 3

 大雪・大荒れを予想させる天候ま札幌です。果たして、今日の競馬は同じく大荒れとなりますかどうか。

☆東京
  11R 7カムフィー 注 良い脚

☆中京
   1R14テイエムアンムート △ 穴で
   2R16スピーデイクール △ 良い脚
   3R 1アシャカリブラ △ 次も減量騎手で
   6R 5ジョリガーナント △ いったん先頭
      9グルーヴァー △ 一旦先頭

☆京都
   該当馬ナシ

※メモリアルにリーチのかかった柴山騎手(東京1R9、2R8、4R4、5R12、8R15)・石川騎手(東京1R7、6R13、7R14、8R12、9R14、11R5)・国分恭騎手(京都1R14、2R6、5R10、6R6、7R5、11R10、12R16)、高柳師(東京2R13、3R8、8R1)に注目です。

 joker.jr 2017年01月05日(木) 15:02
中山金杯は、
閲覧 27ビュー コメント 0 ナイス 3

本線А櫚馬単裏表
上記2頭から→へ馬単へ4点
時計比較で、大穴はの2頭
ワイドと
馬単裏表は、大万馬券

[もっと見る]

 メガネとコデブ 2017年01月04日(水) 23:22
2017/1/5 この騎手を押えろ! <謹賀新年>
閲覧 41ビュー コメント 2 ナイス 4

今週末の開催で、運気が強い騎手を紹介しています。
あくまでも個人的な占いによる見解ですので、ご参考までに^^;

有馬記念は例年に比べてお客さんが少なかったですが、最高に興奮しました。
本命のキタサンブラックは寸前でクビ差負けましたが、よく頑張った。
2017年も競馬を楽しみます!

●中山
1R 川田、嘉藤
2R 蛯名
3R 蛯名、嘉藤
4R
5R 蛯名、嘉藤
6R 嶋田
7R
8R 川田、蛯名
9R 川田、蛯名
10R 川田、蛯名
11R 川田、蛯名
12R 蛯名

メインの中山金杯。川田騎手のストロングタイタン、蛯名騎手のカムフィーに注目。

京都:
1R 武豊、古川
2R 武豊、古川
3R 武豊
4R 武豊
5R 武豊
6R 武豊
7R 古川
8R 古川
9R 武豊
10R 武豊
11R 武豊、古川
12R 武豊

京都メインの金杯。武豊騎手のエアスピネルは勝ちそう。古川騎手のテイエムイナズマも押さえます。

[もっと見る]

カムフィーの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
2:
  福招き猫(=゚ω゚=)   フォロワー:3人 2012年2月7日(火) 13:02:24
12/4未勝利
2着 カムフィー(C・ウィリアムズ騎手)
「前走のVTRを見ると、かなりもたれていたので心配したが、中間に厩舎サイドでハミを替えたり、調教を工夫した成果が出た。ただ、交わし切れなかったのは柔らかい馬場のせい。良ならば勝てていたと思うよ」
1:
  ドロッポロード   フォロワー:2人 2011年10月30日() 11:38:44
遠慮して追わず 次回。

カムフィーの写真

カムフィー
カムフィー

カムフィーの厩舎情報 VIP

2017年1月28日白富士ステークス9着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

カムフィーの取材メモ VIP

2017年1月5日 日刊スポ賞中山金杯 G3 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。