注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ゴルゴバローズ(競走馬)

注目ホース
写真一覧
現役 牡4 鹿毛 2013年4月3日生
調教師木村哲也(美浦)
馬主猪熊 広次
生産者Hidden Brook Farm
生産地
戦績 7戦[4-2-0-1]
総賞金5,142万円
収得賞金2,400万円
英字表記Gorgo Barows
血統 Scat Daddy
血統 ][ 産駒 ]
Johannesburg
Love Style
Molly Peaches
血統 ][ 産駒 ]
Meadowlake
Proper Dial
兄弟
前走 2017/02/18 橿原ステークス
次走予定

ゴルゴバローズの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/02/18 京都 10 橿原S 1600万下 ダ1200 16472.611** 牡4 56.0 M.デムー木村哲也540(+6)1.10.8 -0.435.8ゼンノサーベイヤー
17/01/22 京都 10 山科S 1600万下 ダ1200 147122.012** 牡4 56.0 M.デムー木村哲也534(+10)1.11.3 0.235.5⑦⑨ニットウスバル
16/11/05 京都 12 3歳以上1000万下 ダ1200 168152.811** 牡3 56.0 M.デムー木村哲也524(+12)1.10.6 -0.635.6テーオーソルジャー
16/03/13 中京 10 昇竜S OP ダ1400 157123.828** 牡3 56.0 D.バルジ木村哲也512(-2)1.25.1 0.738.1ダノンフェイス
16/02/06 京都 4 3歳500万下 ダ1200 16112.811** 牡3 56.0 M.デムー木村哲也514(+4)1.12.0 -0.437.1コウエイエンブレム
15/11/29 東京 1 2歳未勝利 ダ1400 16111.611** 牡2 55.0 北村宏司木村哲也510(+6)1.25.9 -0.437.4タイガーヴォーグ
15/10/17 東京 4 2歳新馬 芝1400 17366.132** 牡2 55.0 北村宏司木村哲也504(--)1.23.1 0.034.7モーゼス

ゴルゴバローズの関連ニュース

 福島記念2着以来となるゼーヴィントはWコースの3頭併せで一杯に追われ、4ハロン51秒8−12秒5をマーク。内ゴルゴバローズ(1600万下)には1馬身遅れたが、外クリミアタイガー(500万下)に2馬身先着した。

 木村調教師は「真っすぐ走らせるのが狙い。その意図はクリアできたし、仕上がりは悪くない。いずれはGIを狙えるだけの能力があると思っている馬。なんとか今年は大きな舞台に立たせてあげたい」と、今年初戦に力を込めた。

AJCCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【AJCC】ゼーヴィント反応今ひとつ 2017年01月18日(水) 11:56

 昨夏にラジオNIKKEI賞を制したゼーヴィントは、セントライト記念でも皐月賞ディーマジェスティのクビ差2着と好走した。そのセントライト記念と同じ舞台で期待が高まるが、最終追いはやや不満を残すものになった。

 美浦Wコースで3頭併せ。直線では前を行くゴルゴバローズに余裕を持って並びかけたが、追われてからの反応が今ひとつ。クリミアタイガーには2馬身先着したが、馬なりのゴルゴにはあっさり1馬身遅れ。先週の併せ馬ではアオっていた相手だけに、トーンダウンは否めないか。

 「本気で走らせるのが難しい。能力が高いのでごまかされてしまうが、もう1段(ギアを)上げていかないといかない」と木村調教師。昨年は権利を取った菊花賞には向かわなかったが、「今年はどこかで(GIに)出してあげたい」。真価の問われる’17初戦だ。(夕刊フジ)

AJCCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【AJCC】ゼーヴィント先週より動き良し12秒92017年01月12日(木) 05:02

 《美浦》福島記念2着ゼーヴィント(木村、牡4)はWコースで併せ馬。ゴール前で仕掛けられ、ゴルゴバローズ(1600万下)と併入した。タイムは6ハロン84秒5、3ハロン39秒7−12秒9で「先週より動きは良かったですね」と木村調教師。

 昨春の天皇賞4着以来となるタンタアレグリア(国枝、牡5)はWコースを馬なりで5ハロン67秒7、3ハロン39秒1−13秒2。中プロディガルサン(OP)、外テオドール(1000万下)と併入した。「じっくりと牧場で調整してきたし、久々でも大丈夫。1週前の動きも上出来。体は成長して10キロくらい増えている」と国枝調教師。

 ディセンバーS2着ルミナスウォリアー(和田郎、牡6)はWコースで直線追われて5ハロン70秒0、3ハロン40秒4−12秒8をマークし、外コウキチョウサン(1000万下)に併入。「しっかり動かした。だいぶ力をつけているし、状態もいい」と和田郎調教師。

 アルゼンチン共和国杯7着クリールカイザー(相沢、牡8)は、坂路で4ハロン51秒4−12秒8の好タイム。「仕上がりは良く順調。ここは勝負だという気持ちです」と相沢調教師は、一昨年のこのレース以来のVを狙っている。

 《栗東》昨秋のエリザベス女王杯2着シングウィズジョイ(友道、牝5)は、CWコースでルタンデュボヌール(3歳500万下)に先着。6ハロン81秒9−11秒9と時計は上々だ。「しっかりとやった。前走は馬混みで折り合って伸びたのが収穫。ああいう競馬ができれば距離は問題ない」と友道調教師。

[もっと見る]

【東西現場記者走る】ルミエール5馬身先着12秒6 2016年10月20日(木) 05:05

 好評の連載GI企画『東西現場記者走る』。菊花賞は、企画初登場でスプリンターズSを的中させた東京サンスポの新鋭・千葉智春記者(32)が担当する。3日目は、長距離戦で連勝中の上がり馬シュペルミエールに密着。栗東で調整中の関東馬で、前走からチークピーシズを着用するなど、陣営は大一番に向けて試行錯誤している。手応えと仕上がり具合を探った。

 好天に恵まれた19日は栗東トレセンで各馬の追い切りをチェック。特に注目したのがシュペルミエールだ。春は勝ち切れないレースが続いたが、休養明けは長距離で連勝と充実。阪神の兵庫特別を快勝後、栗東入りした関東馬の動きに熱視線を送った。

 午前7時20分頃、CWコースに登場。先導するゴルゴバローズ(1000万下)を1馬身前に、軽快なラップを刻む。4コーナーで内から馬体を併せ、直線で追われると、力強く5馬身先着。7ハロン92秒8、3ハロン37秒5−12秒6の好タイムと、その脚取り確かな動きから好調ぶりを感じた。

 美浦から駆けつけた北村宏司騎手の表情も晴れやかだ。「折り合いが良く、乗りやすい。最後も促しただけで、いい反応をしてくれた」。木村調教師も「今朝に見て活力が巡っていたので、しっかりやろうと。我慢強く伸びてくれた」と好感触。前走を使う前から菊花賞参戦も想定し、再度の長距離輸送を考慮した栗東滞在の効果が表れているようだ。

 一方で、全7戦中6戦で上がり最速をマークしていることに触れると、木村師は悔しそうな表情を浮かべた。「恥ずかしいよ。これしか勝たせてあげられていないのが」。末脚は確かながら、7戦中5戦で出遅れ。それが春に勝ち切れなかった要因でもあるからだろう。成長を促して「ガラッと変わってきた」2走前の開成山特別も、勝ちはしたが出遅れていた。

 そこで前走の最終追い切りからチークピーシズを着用。前向きさを促し、効果が見られた。3冠最終戦で能力をフルに発揮するため、陣営の試行錯誤がうかがえる。

 北村宏騎手は「折り合いはつくし、距離は心配しないで臨める」と3000メートル克服に手応え。木村師も「ただ出るだけじゃない」と、初の重賞挑戦がGIとなる愛馬に期待を寄せる。やはり上がり馬の勢いは怖いか…。3日続けてクラシック不出走組に注目し、その思いは日に日に強まるが、木曜は枠順発表。陣営の思惑を探りつつ、まだまだ気を引き締めていきたい。

★菊花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【菊花賞】充実シュペルミエール4馬身先着2016年10月19日(水) 11:06

 休養を挟んで連勝中の上がり馬・シュペルミエールは、栗東CWコースで併せ馬。先行したゴルゴバローズの内から瞬発力をアピールして、直線で力強く4馬身突き放した。

 ●北村宏騎手「いい反応で伸びてきた。以前は華奢だったのが実が入って、パワーアップしてきた」(夕刊フジ)

★菊花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【昇竜S】格上挑戦ダノンフェイスが2連勝飾る 2016年03月13日() 15:02

 13日の中京10R昇竜ステークス(3歳オープン、ダート1400メートル)は、石橋脩騎手騎乗の1番人気ダノンフェイス(牡、栗東・大久保龍志厩舎)が直線で抜け出して快勝。1勝馬ながら一足飛びのオープン挑戦で人気に応えた。タイムは1分24秒4(良)。

 外からエルフィンコーブが好スタートを決めて先行態勢に入るが、内からゴルゴバローズも並びかける。その後ろにはプレスティージオスリラーインマニラコージェントなどが続き、人気のダノンフェイスは中団の外めからレースを進めた。ゴルゴバローズに先手を譲って2番手に下げていたエルフィンコーブが直線に入って再び先頭を奪うが、外から徐々に接近してきたのがダノンフェイス。直線半ばで前をかわすとそのまま突き抜け、2馬身差でオープン勝ちを果たした。2着は馬群の中からしぶとく伸びた10番人気のスリラーインマニラ。さらにクビ差の3着には3番人気のエルフィンコーブが粘っている。

 ダノンフェイスは、父キングカメハメハ、母アイアムカミノマゴ、母の父アグネスタキオンという血統。通算成績は3戦2勝となった。

 石橋騎手は「強いのひと言ですね。返し馬で具合の良さを感じたし、岩田(康誠)さんからも勝てる馬だとと聞いていました。大外枠でしたが、不利のないように乗れば何とかなると思っていました。まだまだ伸びしろがありそうな馬ですよ」と1番人気に応えた素質馬を高く評価していた。

★13日中京10R「昇竜ステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ゴルゴバローズの関連コラム

閲覧 961ビュー コメント 0 ナイス 8

先週は22(日)に中山競馬場でG2アメリカジョッキークラブカップが中京競馬場でG2東海ステークスがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。

G2アメリカジョッキークラブカップクリールカイザーが先頭で直線コースへ。直線に入るとすぐさまミライヘノツバサクリールカイザーを交わして先頭、後続はゼーヴィントルミナスウォリアーが外からまくり気味に進出、内からはタンタアレグリアも脚を伸ばしてきます。残り200mを通過、ここでルミナスウォリアーは置かれて内タンタアレグリア、中ミライヘノツバサ、外ゼーヴィントの3頭が後続を離しての叩き合い!坂を上ってミライヘノツバサが下がるとタンタアレグリアがグイッとひと伸び!外ゼーヴィントの追撃を凌いで初重賞制覇を飾りました!半馬身差の2着にゼーヴィント、そこから1馬身1/4差の3着にミライヘノツバサが入っています。

公認プロ予想家ではkmプロ馬っしぐらプロが的中しています。

G2東海ステークスショウナンアポロンが先頭で直線コースへ。逃げるショウナンアポロンのリードは1馬身、その後ろにピオネロモルトベーネリッカルド、1番人気のグレンツェントは中団外目から追い込み態勢。残り200mを通過、逃げるショウナンアポロンモルトベーネが競りかけて2頭の激しい叩き合い、これに外からグレンツェントが徐々に差を詰めて3頭がやや抜ける形。残り50m、ショウナンアポロンを競り負かしたモルトベーネが粘り込みを図るところをグレンツェントが強襲!ゴール前でしっかり捉えて重賞初制覇を飾りました!半馬身差の2着にモルトベーネ、そこから半馬身差の3着にメイショウウタゲが入っています。

公認プロ予想家ではシムーンプロ他3名が的中しています。

------------------------------------------------------------------------------

☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
21(土)京都4Rで◎ビップキャッツアイ×バンダイクブラウンメイショウツムギの3連単2151.5倍を500円的中させ、107万5750円のビッグヒット!さらには勝負レースに指定した中京11Rで◎○▲のパーフェクト予想を披露し、75万8800円を払い戻しました!週末トータル回収率319%、収支プラスは158万2850円をマーク!月間収支は驚愕の404万超プラスとなっています!

☆☆☆注目プロ →夢月プロ
22(日)中山1Rで▲アースミステリーセイウンチャームの馬連57倍を4900円的中させ、27万9300円の払い戻し!21(土)京都10Rでは最低人気の◎アダムバローズの単勝を1万円的中させ、10万1000円を払い戻しました!週末トータル回収率140%、収支プラス14万7530円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
勝負レースに指定した22(日)京都10Rで◎ニットウスバルゴルゴバローズゼンノサーベイヤーの3連複13.4倍を3600円的中させ、4万8240円を払い戻しました!この他にも京都9Rで◎×▲の印で3万9600円を払い戻し、21(土)京都11Rでも◎×○で3万7840円を払い戻しました!週末トータル回収率174%、収支プラス5万9360円をマークしています。

この他にもマカロニスタンダーズプロサウスプロ河内一秀プロ☆まんでがんプロサラマッポプロおかべプロが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
※全レースの結果速報はこちら
    
来週も競馬プロ予想MAXにご期待ください!


登録済みの方はこちらからログイン

ゴルゴバローズの口コミ


口コミ一覧
閲覧 22ビュー コメント 2 ナイス 8

【2回京都7日】

■7R シンゼンガンプ 2人気2着

道中でジワジワとポジションを上げて残り800mで先頭に立ちましたが、
末脚が確かなロバストミノルと叩き合いになってしまうとさすがに分が悪かったです。

■8R アドマイヤロマン 2人気3着

好位の内で脚を溜める、という理想的な競馬が出来ましたけど、
内枠だった事もあって馬場の良い外に出せなかったのが痛かったです。

■9R ドルチャーリオ 3人気3着

こちらも好位で待機する想定通りの競馬をしてくれました。
悪くても2着だろう、と考えていましたが、
サフランハート松岡騎手の神騎乗で2着を確保できなかったのは想定外でした。

■10R ゼンノサーベイヤー 2人気2着

具合の良さで何とかならないか…と思っていたものの、
マイペースでレースを運んだ1番人気・ゴルゴバローズに完敗の2着でした。

■11R(京都牝馬S)ウインファビラス 6人気6着

初距離でも大丈夫、と考えてましたけど、追走に手間取ってポジションが悪くなったのが痛かったです。
でも、勝ったレッツゴードンキに直線で弾かれてしまったように、まだまだ実力不足ですね。

■12R キングブレイク 13人気15着

追い切り時計が良く、園田の田中学騎手騎乗だったとはいえ、
高速決着になりやすい京都で、時計勝負では分が悪い8歳馬を狙うのはナンセンスですよね…。


【1回東京7日】

■7R アルスフェルト 2人気9着

楽に好位置を取れましたから、直線で一気に先頭集団を差し切ってくれると思ったのですが…。
追い出してから全然伸びませんでしたし、休み明けが響いたのでしょうか。

■8R サンホッブズ 5人気2着

前残りの展開になる事を想定して先行馬・サンホッブズの単勝1点勝負を敢行。
想定通りの展開になったものの、同型のカフェブリッツに千切られてしまいました。

■9R トリコロールブルー 1人気1着

無理せずに中団前めのポジションを確保できたのは大きな収穫となりました。
上がり3ハロンも33.9秒をマークしていますし、上々の勝ちっぷりだったと思います。

■10R マイネルトゥラン 4人気1着 

近2走で好内容のレースを見せていましたので、準OPでも勝負になると考え本命に。
先行有利の展開も味方して、楽に勝ち切ってくれましたが、2着馬が拾えず撃沈…。

■11R(ダイヤモンドS)アルバート 1人気1着

仕上がり登場で58kgという厳しい条件でしたけど、実力が違いましたね。
こちらも2着・ラブラドライトが拾えず、馬単を的中できませんでした…。

■12R ラベンダーヴァレイ 3人気1着

馬体も絞った効果もあったのか、前走の凡退が信じられないくらい、見事な勝ちっぷりでした。
それにしても、東京9〜12Rの本命馬が全部1着なのに馬券全滅とは…。


【1回小倉3日】

■7R ニホンピロカーン 1人気1着

残り600mの手前から一気にマクっていったのが良かったですね。
大味な競馬になった分、僅差となってしまいましたが、ローカルであれば昇級後も通用しそうです。

■8R ウォーターイーグル 2人気1着

小回りローカルの1700mは脚質的にピッタリですね。
2着のエンヴァールも500万なら上位の存在なので、最後の最後までよく頑張ってくれました。

■9R プレイヤーサムソン 1人気8着

ペースが速くなる前にマクってしまおう、という戦法だったと思いますが、
見せ場は先頭集団に追い付くところまで、でした。

■10R デスティニーソング 4人気1着

1週前の追い切り時計が良かったので、不利な外枠でも勝負になると考えていました。
鮫島駿騎手も上手く乗ってくれましたし、馬体が減らなかった事も良かったです。

■11R エポック 1人気6着

ローカルのメンバーの中に入れば断然の存在だと思っていたんですけどね…。
内枠じゃないとダメなタイプなのでしょう。

■12R タイムレスメロディ 5人気6着

今回は先行する競馬を試させたのでしょうかね。
先行したらタメが利かないタイプのようですし、
最初から折り合いに専念させなきゃダメなのかもしれません。


【2回京都8日】

■7R トゥールエッフェル 3人気2着

アリノマンボにプレッシャーを懸けられ、1番人気・バイナリーコードも早めに並びかけてくる、
というかなり厳しい競馬になった分、ラストで息切れしてしまいました。

■8R スノーマン 1人気6着

出走馬が決まった木曜の段階で初ダートでも大丈夫だと考えていましたが、1番人気になるとは…。
直線は内でドン詰まっていましたし、ダート適性の有無はまだハッキリしません。

■9R ファンディーナ 1人気1着

インウィスパースとの一騎打ちしかない、と思っていたんですけど、
ファンディーナはしっかり走って、インウィスパースはちぐはぐなレースで3着がやっと…。

■10R クィーンズベスト 1人気2着

牡馬混合戦でしたが、相手がかなり楽だと思い、馬単で勝負しました。
デンコウリキの池添騎手が上手く乗った分もありましたけど、
どうしても相手に合わせる走りになってしまいますね…。

■11R ロイヤルストレート 8人気3着

スタートが良すぎて先行する競馬になりましたが、最後までよく踏ん張ってくれました。
今は追走が楽な1400mの方が合いますし、今後も追いかけたいです。

■12R レッドヴェルサス 1人気3着

人気の先行馬を捕まえるため、この馬にしては早め早めの競馬を仕掛けましたけど、
完全な追い込み決着になってしまい、最後は脚が上がってしまいました。


【1回東京8日】

■7R ストライクショット 3人気2着

2番人気・スケールアップを射程圏内に入れながらの競馬。
理想的なレース運びでしたが、伏兵・サラセニアに内から一気に交わされてしまいました。

■8R ストレンジクォーク 1人気1着

前走は関西遠征と道悪が響いての凡走だったので、
少頭数の東京、という絶好条件であれば負けられません。順当勝ちでした。

■9R エピカリス 1人気1着

展開が速くなる、と考え、エピカリスの相手に差し馬を並べたんですけどね…。
2着・アディラートも追い切り時計が良好だったので、堅い予想をしなきゃいけませんでした。

■10R メートルダール 1人気1着

デムーロ騎手はテン乗りでしたけど、やや追っ付け気味に前へ押し上げていったのが◎。
直線でも良い脚を使っていて、休み明けも問題なかったです。

■11R(フェブラリーS)カフジテイク 1人気3着

前半3ハロン34.0秒というハイペースになるのは想定外でした。
あまりにもペースが速すぎると、追い込み馬は追走するだけで脚を使ってしまいますから、
必ずしもカフジテイク向きの展開になった、とは僕は思っていません。

でも、上がり3ハロンはメンバ―中最速でしたので、
カフジテイク自身は目いっぱいの走りをしてくれたと思っていますし、
カフジテイク以上に上位2頭が素晴らしいレースを見せた、と解釈しています。

■12R アイアムナチュラル 1人気4着

今月末で定年となる長浜調教師の管理馬。
好位で控える競馬を試みたものの、上位陣の末脚に屈しました。
キレ味が求められる東京では脚抜きの良い馬場にならないと厳しいですね。


【1回小倉4日】

■7R ナイアガラモンロー 7人気10着

脚質的に小回り平坦コースがバッチリのように思うのですが、
東京や新潟の方が好成績なんですよね…。
馬券の妙味につられて◎をつけてしまったのがダメでした。

■8R スワニルダ 11人気5着

日曜と水曜に速い時計を出していましたので、ここが勝負駆けだと判断していました。
結果的には外枠でロスの多い競馬になった事が響きましたけど、
人気以上に頑張ってくれたので満足です。

■9R ヒルノサルバドール 5人気2着

未勝利戦ではありましたが、昨年の札幌1700mで2着していたので、
1700mに戻ればこれくらいの走りが出来ても不思議ない馬だと思います。
次走からは妙味が無くなってしまいますから、今回勝ってほしかったのですが…。

■10R コートオブアームズ 1人気6着

追い切りの時計も良く、叩き2戦目で調子が上がっているものと考えていましたが、ダメでした。
まだ調子が上がっていないのか、馬のメンタル面に問題があるのか、現時点では分かりません。

■11R(小倉大賞典)ベルーフ 2人気12着

近2走で1800mに対応していましたから、勝ち星がない距離でも大丈夫、と思ってました。
でも、マルターズアポジーが作ったハイペースに全く対応できませんでした。

2015年の小倉記念ではハイペースでも好走できたんですけどね…。
年相応にズブくなっているのかもしれません。

■12R ダイアナヘイロー 1人気8着

得意の直線平坦コースに戻れば巻き返す、と考えたんですが、
肝心のスタートで出遅れてしまってはどうしようもありません。



土日ともに、本命馬の連対率は50%以上だったんですけど、
馬券の種類のチョイスミスで、収支は大きなマイナスになってしまいました。

救いは安い配当でもフェブラリーSが的中した事でしょうか。
馬単や馬連だったらハズレだったので、3連複2頭軸で勝負して本当に良かったです。

 ふじたつ 2017年02月19日() 22:17
推奨馬の結果
閲覧 33ビュー コメント 1 ナイス 9

今週の土日の推奨馬は見事に2頭とも一番人気に応えオープン入りを果たしました。
レース内容を見てもゴルゴバローズ、メートルダール共に昇級後即好走してくれるような馬だと思います。

来週以降も土日1頭ずつ推奨馬を挙げていきたいと思うのでぜひ日記をご覧ください!

[もっと見る]

 ふじたつ 2017年02月18日() 17:37
日曜日の推奨馬
閲覧 22ビュー コメント 0 ナイス 3

日曜日の推奨馬は東京10Rメートルダール
今回の相手はタイセイサミットやトーセンマタコイヤなど準オープン突破は時間の問題であろう馬が出走しているが今回と同じ舞台で負かしていてトーセンマタコイヤとは前回の対戦とは違い同斤量にはなるがここでも勝機は十分。
前走は直線で不利もあったがそれほど大きく負けた印象はなく今日も3勝しているM.デムーロへの乗り替わりもプラスになるであろう。
土曜の推奨馬であったゴルゴバローズ同様準オープン突破へ期待が高まる。

[もっと見る]

ゴルゴバローズの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

ゴルゴバローズの写真

投稿写真はありません。

ゴルゴバローズの厩舎情報 VIP

2017年2月18日橿原ステークス1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ゴルゴバローズの取材メモ VIP

2017年2月18日 橿原ステークス 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。