ゼンノサーベイヤー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡4 栗毛 2013年2月1日生
調教師中内田充正(栗東)
馬主大迫 久美子
生産者Kumiko Osako
生産地
戦績14戦[4-4-2-4]
総賞金6,405万円
収得賞金1,350万円
英字表記Zenno Surveyor
血統 Mineshaft
血統 ][ 産駒 ]
A.P. Indy
Prospectors Delite
Eden's Causeway
血統 ][ 産駒 ]
Giant's Causeway
North Of Eden
兄弟 クーファディーヴァ
前走 2017/10/22 北陸ステークス
次走予定

ゼンノサーベイヤーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/10/22 新潟 11 北陸S 1600万下 ダ1200 15463.227** 牡4 57.0 中井裕二中内田充506(+2)1.10.9 0.636.5ドリームドルチェ
17/10/09 京都 9 円山特別 1000万下 ダ1200 166111.511** 牡4 57.0 武豊中内田充504(+6)1.11.5 -0.435.7アードラー
17/05/20 京都 10 シドニーT 1600万下 ダ1200 16472.514** 牡4 57.0 武豊中内田充498(-2)1.11.4 0.236.2⑤⑥ゴーインググレート
17/02/18 京都 10 橿原S 1600万下 ダ1200 165103.522** 牡4 56.0 武豊中内田充500(-6)1.11.2 0.435.9ゴルゴバローズ
17/01/22 京都 10 山科S 1600万下 ダ1200 14457.743** 牡4 56.0 四位洋文中内田充506(-6)1.11.3 0.236.2ニットウスバル
17/01/07 京都 8 4歳以上1000万下 ダ1200 168153.511** 牡4 56.0 武豊中内田充512(+10)1.11.2 -0.436.0コパノリスボン
16/10/15 新潟 11 妙高特別 1000万下 ダ1200 158143.626** 牡3 55.0 菱田裕二中内田充502(+8)1.12.1 1.037.4⑤⑥ボンボンキャスト
16/05/29 京都 5 3歳500万下 ダ1200 15342.211** 牡3 56.0 藤岡佑介中内田充494(-6)1.11.2 -0.636.6ジーブレイズ
16/05/07 京都 6 3歳500万下 ダ1200 167141.813** 牡3 56.0 C.ルメー中内田充500(0)1.12.0 0.436.1⑤⑤スミレ
16/02/06 東京 6 3歳500万下 ダ1400 16351.612** 牡3 56.0 C.ルメー中内田充500(-2)1.25.6 0.036.9ロンドンタウン
16/01/17 中京 10 はこべら賞 500万下 ダ1400 16355.132** 牡3 56.0 松田大作中内田充502(+2)1.25.5 0.037.1⑧⑦ドライヴナイト
15/10/03 阪神 9 ヤマボウシ賞 500万下 ダ1400 166122.119** 牡2 55.0 武豊中内田充500(+4)1.27.8 1.939.1プレスティージオ
15/09/13 阪神 1 2歳未勝利 ダ1400 138121.311** 牡2 54.0 武豊中内田充496(-2)1.24.7 -0.337.4ソーディヴァイン
15/06/20 阪神 5 2歳新馬 ダ1200 12332.612** 牡2 54.0 藤岡佑介中内田充498(--)1.12.6 0.136.1エポック

ゼンノサーベイヤーの関連ニュース

 3日の阪神9Rヤマボウシ賞(2歳500万下、ダート1400メートル)は、北村友一騎手騎乗の5番人気プレスティージオ(牡、栗東・大根田裕之厩舎)が先手を取ってそのまま押し切り、快勝した。タイムは1分25秒9(稍重)。

 プレスティージオが内からダッシュ良く先手を取り、同枠クリノシャンボールがピタリと2番手でマーク。さらに人気のゼンノサーベイヤーキーロフシゲルサケガシラなどが続いた。プレスティージオはリズム良くペースを刻み、直線に向いても余力十分の脚いろ。食い下がるクリノシャンボールを突き放し、大外から追い込むエポックも寄せ付けず、3馬身1/4差で逃げ切って無傷のV2を飾った。新種牡馬カジノドライヴにとっては、コウエイテンマに続き産駒2頭目のオープン馬となる。中団の外めから息の長い脚で追い上げた2番人気エポックが2着。さらに1/2馬身差の3着が11番人気クリノシャンボールだった。

 プレスティージオは、父カジノドライヴ、母スーリア、母の父ラストタイクーンという血統。通算成績は2戦2勝となった。

 この日、29歳の誕生日を迎えた北村友騎手は「1400メートルがどうかと思っていましたが、いい方に出てくれましたね。直線はターフビジョンにモノ見するほど余裕がありました。このまま順調に行ければ楽しみです」と今後に期待を寄せていた。

★3日阪神9R「ヤマボウシ賞」の着順&払戻金はこちら

【2歳戦結果】プロディガルサン、新馬戦V 2015年6月21日() 05:00

 【東京】今年の皐月賞2着リアルスティールの全弟プロディガルサン(美・国枝、父ディープインパクト)が、5R新馬戦(芝1600メートル)で、単勝1・4倍と断然人気に応えた。タイム1分36秒9(良)。中団から直線で外を伸びて力強く抜け出し、ゴール前で2着馬が迫るともうひと伸びする味のある内容だった。戸崎騎手は「フワフワしたり、追い出しても左手前のまま遊んでいたり。いい素質はあるけど、まだ子供っぽいので、そのへんが解消すればもっとよくなります」と将来性を評価していた。

 1R未勝利(芝1400メートル)=シトロン(美・田中清、牝、父ブラックタイド

 ◆嘉藤騎手 「直線は前があかずに待たされたが、そのぶん追ってからの反応はよかった」

 *次走はダリア賞(8月8日、新潟、OP、芝1400メートル)の予定

 【函館】5R新馬(芝1000メートル)は、3番手を進んだ2番人気アルマククナ(美・中舘、牝、父マイネルラヴ)が鋭く伸び、58秒0(良)で勝ち上がった。「スタートして左に行きましたが、思った以上に理想的な競馬になりました。いいスピードがあります」と勝浦騎手。

 【阪神】5R新馬(ダ1200メートル)は、2番手につけた3番人気エポック(栗・角田、牡、父ヴァーミリアン)が、直線で逃げた1番人気ゼンノサーベイヤーとの競り合いを1/2馬身差で制した。タイム1分12秒5(稍重)。「スタートがよく、スピードもあった。乗りやすい」とルメール騎手。

 1R未勝利(芝・内1400メートル)=マイネルボールド(栗・田所、牡、父ディープスカイ

 ◆川田騎手 「進みづらいところがありましたけど、まだ2歳馬ですからね。直線で促したら、また伸びてくれました」

[もっと見る]

【2歳戦結果】プロディガルサン、新馬戦V 2015年6月21日() 05:00

 【東京】今年の皐月賞2着リアルスティールの全弟プロディガルサン(美・国枝、父ディープインパクト)が、5R新馬戦(芝1600メートル)で、単勝1・4倍と断然人気に応えた。タイム1分36秒9(良)。中団から直線で外を伸びて力強く抜け出し、ゴール前で2着馬が迫るともうひと伸びする味のある内容だった。戸崎騎手は「フワフワしたり、追い出しても左手前のまま遊んでいたり。いい素質はあるけど、まだ子供っぽいので、そのへんが解消すればもっとよくなります」と将来性を評価していた。

 1R未勝利(芝1400メートル)=シトロン(美・田中清、牝、父ブラックタイド

 ◆嘉藤騎手 「直線は前があかずに待たされたが、そのぶん追ってからの反応はよかった」

 *次走はダリア賞(8月8日、新潟、OP、芝1400メートル)の予定

 【函館】5R新馬(芝1000メートル)は、3番手を進んだ2番人気アルマククナ(美・中舘、牝、父マイネルラヴ)が鋭く伸び、58秒0(良)で勝ち上がった。「スタートして左に行きましたが、思った以上に理想的な競馬になりました。いいスピードがあります」と勝浦騎手。

 【阪神】5R新馬(ダ1200メートル)は、2番手につけた3番人気エポック(栗・角田、牡、父ヴァーミリアン)が、直線で逃げた1番人気ゼンノサーベイヤーとの競り合いを1/2馬身差で制した。タイム1分12秒5(稍重)。「スタートがよく、スピードもあった。乗りやすい」とルメール騎手。

 1R未勝利(芝・内1400メートル)=マイネルボールド(栗・田所、牡、父ディープスカイ

 ◆川田騎手 「進みづらいところがありましたけど、まだ2歳馬ですからね。直線で促したら、また伸びてくれました」

[もっと見る]

【2歳新馬】ヴァーミリアン産駒エポックがV 2015年6月20日() 12:33

 20日の阪神5R2歳新馬(ダート1200メートル)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の3番人気エポック(牡、栗東・角田晃一厩舎)が2番手追走からゴール前で抜け出してV。タイムは1分12秒5(稍重)。

 人気のゼンノサーベイヤーがダッシュ良く先手を取ると、エポックがこれをピタリとマーク。3番手には外からキーロフが上がり、ゴールドファームアイファーチェリータイセイディライトクロースフレンドなどが好位集団を形成する。脚抜きのいい馬場で先行各馬は手応え十分。直線に向いても、前の2頭は後続を離して叩き合いを繰り広げる。3番手以下は離れて、結局ゴールまで2頭の争いとなったが、最後はエポックがわずかに抜け出して先着。1/2馬身差2着がゼンノサーベイヤーで、そこから7馬身差の3着にも9番人気のキーロフがそのまま流れ込んでいる。

 エポックは、父ヴァーミリアン、母セクシーザムライ、母の父Deputy Ministerという血統。おばOne Carolinaは米GIIランバートSの勝ち馬。

 父ヴァーミリアンに騎乗してGI川崎記念を制したこともあるルメール騎手は「2番手につけましたが、加速も反応も良かったですし、最後まで強い気持ちで走ってくれました。乗りやすい馬です。父がダートのチャンピオンホースですから、ダートは問題ありません。距離は、1400メートルくらいまでがいいでしょう」とにこやかにレースを振り返っていた。

★20日阪神5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【今日のキラ星】ゼンノサーベイヤー2015年6月20日() 05:00

 【阪神5R】伯父に種牡馬パラダイスクリーク、祖母ノースオブエデンの半弟に安田記念を勝ったタイキブリザード(父シアトルスルー)がいる。栗東CWコースの反応は鋭く、「ゲートはそれなりに出ますし、しまいもしっかり動けています。初戦から楽しみ」と猿橋助手はデビューVに期待を寄せている。

[もっと見る]

【めざせクラシック】リアル全弟が20日デビュー予定2015年6月3日(水) 05:02

 デスク 今週から2歳戦がスタート。美浦のほうが良血馬の始動が早いみたいだけど…。

 藤沢 そうですね。まずは皐月賞2着、ダービー4着のリアルスティールの全弟プロディガルサンからいきましょう。坂路で軽快な動きを見せており、国枝調教師は「ディープ産駒らしく(体の)線がいいし、雰囲気がある」と高い評価。20日の東京芝1600メートルで、デビュー予定です。

 デスク 続けてくれ。

 藤沢 12年のNHKマイルCを制し、今週の安田記念に出走するカレンブラックヒルの全弟ミュゼモーゼスの動きも上々です。「初戦から期待できる」と大江原調教師は気合十分。プロディガルサンと同じ20日の新馬戦でデビューを予定しています。

 デスク 楽しみだな。

 藤沢 母が秋華賞ブラックエンブレムで、兄に皐月賞4着のブライトエンブレムを持つアストラエンブレムもいいですよ。「背中がいい」と小島茂調教師は話しており、順調なら東京の最終週あたりにデビューできそうです。

 デスク 栗東はどう?

 宇恵 美浦に比べると小粒な印象ですが、素質のいい2頭を挙げておきます。ルミナスエレメントは安田調教師が「ダート向きの血統ですが、初戦は芝から。動きはいいし、どんな走りを見せてくれますかね」と楽しみにしています。14日の阪神芝1200メートルで初陣予定です。

 デスク もう1頭は。

 宇恵 ゼンノサーベイヤーは3日の追い切りの動きの次第で、20日の阪神ダート1200メートルに出走します。「血統馬だし、大事に育てていきたい。走ってきそうですよ」と中内田調教師は将来性も評価しています。

[もっと見る]

ゼンノサーベイヤーの関連コラム

閲覧 1,151ビュー コメント 0 ナイス 8

先週は22(日)に中山競馬場でG2アメリカジョッキークラブカップが中京競馬場でG2東海ステークスがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。

G2アメリカジョッキークラブカップクリールカイザーが先頭で直線コースへ。直線に入るとすぐさまミライヘノツバサクリールカイザーを交わして先頭、後続はゼーヴィントルミナスウォリアーが外からまくり気味に進出、内からはタンタアレグリアも脚を伸ばしてきます。残り200mを通過、ここでルミナスウォリアーは置かれて内タンタアレグリア、中ミライヘノツバサ、外ゼーヴィントの3頭が後続を離しての叩き合い!坂を上ってミライヘノツバサが下がるとタンタアレグリアがグイッとひと伸び!外ゼーヴィントの追撃を凌いで初重賞制覇を飾りました!半馬身差の2着にゼーヴィント、そこから1馬身1/4差の3着にミライヘノツバサが入っています。

公認プロ予想家ではkmプロ馬っしぐらプロが的中しています。

G2東海ステークスショウナンアポロンが先頭で直線コースへ。逃げるショウナンアポロンのリードは1馬身、その後ろにピオネロモルトベーネリッカルド、1番人気のグレンツェントは中団外目から追い込み態勢。残り200mを通過、逃げるショウナンアポロンモルトベーネが競りかけて2頭の激しい叩き合い、これに外からグレンツェントが徐々に差を詰めて3頭がやや抜ける形。残り50m、ショウナンアポロンを競り負かしたモルトベーネが粘り込みを図るところをグレンツェントが強襲!ゴール前でしっかり捉えて重賞初制覇を飾りました!半馬身差の2着にモルトベーネ、そこから半馬身差の3着にメイショウウタゲが入っています。

公認プロ予想家ではシムーンプロ他3名が的中しています。

------------------------------------------------------------------------------

☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
21(土)京都4Rで◎ビップキャッツアイ×バンダイクブラウンメイショウツムギの3連単2151.5倍を500円的中させ、107万5750円のビッグヒット!さらには勝負レースに指定した中京11Rで◎○▲のパーフェクト予想を披露し、75万8800円を払い戻しました!週末トータル回収率319%、収支プラスは158万2850円をマーク!月間収支は驚愕の404万超プラスとなっています!

☆☆☆注目プロ →夢月プロ
22(日)中山1Rで▲アースミステリーセイウンチャームの馬連57倍を4900円的中させ、27万9300円の払い戻し!21(土)京都10Rでは最低人気の◎アダムバローズの単勝を1万円的中させ、10万1000円を払い戻しました!週末トータル回収率140%、収支プラス14万7530円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
勝負レースに指定した22(日)京都10Rで◎ニットウスバルゴルゴバローズゼンノサーベイヤーの3連複13.4倍を3600円的中させ、4万8240円を払い戻しました!この他にも京都9Rで◎×▲の印で3万9600円を払い戻し、21(土)京都11Rでも◎×○で3万7840円を払い戻しました!週末トータル回収率174%、収支プラス5万9360円をマークしています。

この他にもマカロニスタンダーズプロサウスプロ河内一秀プロ☆まんでがんプロサラマッポプロおかべプロが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
※全レースの結果速報はこちら
    
来週も競馬プロ予想MAXにご期待ください!


登録済みの方はこちらからログイン

2015年12月1日(火) 16:02 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2015) 〜第8回クラス別U指数TOP10
閲覧 3,155ビュー コメント 0 ナイス 4

 2015年の2歳戦線もいよいよクライマックス。来週12月13日には阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳G機阪神芝1600m外)が、再来週12月20日には朝日杯フューチュリティステークス(2歳G機阪神芝1600m外)が開催されます。2歳戦全体や9月12日〜12月27日のシーズン表彰を狙える位置にいるプレイヤーの皆さんは、“愛馬”の動向に一喜一憂する日々を過ごしていらっしゃるんじゃないでしょうか。

 もっとも、POG期間全体から見れば、今はまだ中盤戦に差し掛かったかどうかといったところ。ブルジョアワールド、アベレージワールドは12月7日に最後の仮想オーナー枠開放が控えていますし、最終結果を左右するような高額賞金レースは年明け以降にもたくさんありますから、今後の入札や各馬の成長次第ではどのプレイヤーにも優勝のチャンスがあるはずです。

 今回は各カテゴリーごとにこれまでのレースでマークしたU指数が優秀な馬をピックアップしてみました。特にブルジョアワールド、アベレージワールドの方は、次回以降の入札における追加指名の候補馬として注目してみてください。

■重賞のレースにおけるU指数トップ10
97.4 エアスピネル 11月14日 京都11R 芝1600m デイリー杯2歳S(1着)
96.5 ボールライトニング 11月7日 東京11R 芝1400m 京王杯2歳S(1着)
94.8 アドマイヤモラール 11月7日 東京11R 芝1400m 京王杯2歳S(2着)
94.8 シャドウアプローチ 11月7日 東京11R 芝1400m 京王杯2歳S(3着)
94.8 レッドラウダ 11月7日 東京11R 芝1400m 京王杯2歳S(4着)
94.8 トウショウドラフタ 11月7日 東京11R 芝1400m 京王杯2歳S(5着)
94.6 ブランボヌール 7月26日 函館11R 芝1200m 函館2歳S(1着)
93.9 オデュッセウス 11月7日 東京11R 芝1400m 京王杯2歳S(6着)
93.5 ドレッドノータス 11月28日 京都11R 芝2000m 京都2歳S(1着)
93.5 リスペクトアース 11月28日 京都11R 芝2000m 京都2歳S(2着)

 トップは11月14日のデイリー杯2歳ステークス(2歳G供Φ都芝1600m外)でエアスピネルエアメサイアの2013)がマークした97.4。衝撃的な勝ちっぷりで話題を集めましたが、U指数もパフォーマンスの優秀さを裏付けています。朝日杯フューチュリティステークスはもちろん、順当ならば来春の3歳牡馬クラシック戦線でも主役級の扱いを受けることになりそうです。
 全体的に上位入線馬のU指数が優秀だったのは11月7日の京王杯2歳ステークス(2歳G供ε豕芝1400m)。特に勝ったボールライトニング(デフィニットの2013)はエアスピネルと遜色ない水準でした。芝短距離戦線はこのレースを経由した馬たちに注目しておくべきでしょう。
 芝1800m以上の重賞における最高値は、11月28日の京都2歳ステークスでドレッドノータスディアデラノビアの2013)、リスペクトアース(アースグリーンの2013)がマークした93.5。ドレッドノータスはウマニティPOGこそmizumizuさんにひと足早く落札されてしまったものの、私のプライベートPOGにおいては命運を左右しそうな指名馬の一頭なので、陰ながら応援しております(笑)。

■オープン特別のレースにおけるU指数トップ10
92.9 ラズールリッキー 11月15日 福島10R 芝1200m 福島2歳S(1着)
90.8 コスモアルコン 11月15日 福島10R 芝1200m 福島2歳S(2着)
90.7 ボーダレス 10月3日 中山9R 芝1200m カンナS(1着)
90.1 ブラックスピネル 10月31日 京都8R 芝1800m 萩S(1着)
89.5 スマートオーディン 10月31日 京都8R 芝1800m 萩S(2着)
89.0 プロディガルサン 9月27日 中山9R 芝2000m 芙蓉S(1着)
88.8 レインボーライン 10月31日 京都8R 芝1800m 萩S(3着)
88.8 ノーブルマーズ 10月31日 京都8R 芝1800m 萩S(4着)
88.8 アルマククナ 11月15日 福島10R 芝1200m 福島2歳S(3着)
88.8 ファド 11月15日 福島10R 芝1200m 福島2歳S(4着)
88.8 アラモアナワヒネ 11月15日 福島10R 芝1200m 福島2歳S(5着)

 上位入線馬のU指数が全体的に高かったのは11月15日の福島2歳ステークス(2歳オープン・福島芝1200m)。例年の傾向を見る限り、もともと良い指数が出がちなレースではあるものの、完勝したラズールリッキー(コリンズグラスの2013)あたりは今後も要注目です。
 あとは10月31日の萩ステークス(2歳オープン・京都芝1800m外)組も面白い存在。既にスマートオーディン(レディアップステージの2013)が11月23日の東京スポーツ杯2歳ステークス(2歳G掘ε豕芝1800m)で優勝を果たしました。

■500万下のレースにおけるU指数トップ10
92.7 バティスティーニ 11月15日 京都9R 芝2000m 黄菊賞(1着)
92.0 トウショウドラフタ 11月22日 東京9R 芝1400m からまつ賞(1着)
91.9 ニシノジャーニー 11月29日 東京7R 芝1600m ベゴニア賞(1着)
91.6 レガーロ 11月21日 京都9R ダ1800m もちの木賞(1着)
91.6 スマートシャレード 11月21日 京都9R ダ1800m もちの木賞(2着)
91.3 ショウナンライズ 10月25日 東京9R 芝1400m くるみ賞(1着)
91.1 ティソーナ 11月29日 東京7R 芝1600m ベゴニア賞(2着)
91.1 シルバーステート 10月17日 京都9R 芝2000m 紫菊賞(1着)
90.5 プレスティージオ 10月3日 阪神9R ダ1400m ヤマボウシ賞(1着)
90.5 オーマイガイ 11月14日 東京9R ダ1400m オキザリス賞(1着)
90.5 ストロングバローズ 11月14日 東京9R ダ1400m オキザリス賞(2着)

 注目はやはり11月15日の黄菊賞(2歳500万下・京都芝2000m内)を制したバティスティーニバプティスタの2013)。全兄にデウスウルト、半兄にイースターらがいる良血馬ですし、次走に予定しているホープフルステークス(2歳G供γ羯骸2000m内)の結果次第では、クラシック戦線の主役級と評されてもおかしくありません。また、この時期は「遅い日付のレースほど高いU指数が出やすい」という傾向もあるので、10月中旬までに優秀な数字をマークしたシルバーステート(シルヴァースカヤの2013)、プレスティージオ(スーリアの2013)あたりも将来有望だと思います。

■未勝利のレースにおけるU指数トップ10
90.5 クリムゾンバローズ 11月23日 東京2R ダ1300m 2歳未勝利(1着)
89.0 ビービーバーレル 8月22日 新潟1R 芝1600m 2歳未勝利(1着)
88.7 ダイワダッチェス 11月14日 東京4R 芝1400m 2歳未勝利(1着)
87.9 キョウエイギア 10月3日 阪神1R ダ1800m 2歳未勝利(1着)
87.8 ゼンノサーベイヤー 9月13日 阪神1R ダ1400m 2歳未勝利(1着)
87.6 ラズールリッキー 11月1日 福島2R 芝1200m 2歳未勝利(1着)
87.4 シルバーステート 7月25日 中京1R 芝1600m 2歳未勝利(1着)
87.3 ラニ 11月22日 京都2R ダ1800m 2歳未勝利(1着)
87.1 ハレルヤボーイ 9月19日 中山3R 芝1600m 2歳未勝利(1着)
87.0 ストライクショット 11月14日 東京4R 芝1400m 2歳未勝利(2着)

 上記10頭のうち、シルバーステートラズールリッキーラニ(Heavenly Romanceの2013)は既に2勝目をマーク。勝ち上がったレースの条件はさまざまですが、どの馬もそれぞれの得意カテゴリーで獲得ポイントを伸ばしてきそうです。

■新馬のレースにおけるU指数トップ10
87.9 マイネルハニー 11月15日 東京5R 芝1600m 2歳新馬(1着)
86.5 ドーヴァー 11月15日 東京6R 芝1400m 2歳新馬(1着)
85.6 ヴェンジェンス 9月27日 阪神6R ダ1400m 2歳新馬(1着)
84.7 ストロボフラッシュ 11月14日 東京5R ダ1400m 2歳新馬(1着)
84.7 キラージョー 11月8日 東京5R 芝1800m 2歳新馬(1着)
84.6 ラルク 11月7日 京都6R 芝1600m 2歳新馬(1着)
84.4 サトノダイヤモンド 11月8日 京都5R 芝2000m 2歳新馬(1着)
83.9 アポロテキサス 10月18日 新潟5R ダ1200m 2歳新馬(1着)
83.9 チェッキーノ 11月15日 東京6R 芝1400m 2歳新馬(2着)
83.5 リオンディーズ 11月22日 京都5R 芝2000m 2歳新馬(1着)

 サトノダイヤモンド(マルペンサの2013)、チェッキーノハッピーパスの2013)、ラルク(ライラックスアンドレースの2013)、リオンディーズシーザリオの2013)といった良血馬がランクインしました。キラージョー(ラヴリージョウの2013)が東京スポーツ杯2歳ステークスで2着馬と0.1秒差の4着に健闘していますし、他の9頭も引き続き注目しておくべきでしょう。


■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『ウルトラ回収率 2015-2016』(ガイドワークス)、『現在(いま)の勝負気配が分かる 騎手×調教師 黄金タッグ』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)。POG専門誌の制作にもさまざまな形で携わっており、現6歳世代のPOGでは参加したすべてのドラフト(いずれも参加者20名以上)でジェンティルドンナの単独1位指名に成功した。このウマニティPOGにおいても、ミッキーアイルクラリティスカイと2年連続でG汽Εぅ福爾鮖慳召靴討い襦

[もっと見る]

2015年10月2日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2015年10月02日
閲覧 116ビュー コメント 0 ナイス 0

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2015年10月3日()の凄馬!>
極凄馬
阪神7R 3歳以上500万以下
シュヴァルグラン(+4.1)

超凄馬
中山1R 2歳未勝利
サムライダマシー(+3.5)

超凄馬
中山6R 3歳以上500万以下
エルズミーア(+3.3)

超凄馬
阪神2R 2歳未勝利
アリッサム(+2.9)

超凄馬
中山8R 3歳以上500万以下
ロトラトゥール(+2.6)

超凄馬
阪神9R ヤマボウシ賞
ゼンノサーベイヤー(+2.6)

超凄馬
阪神1R 2歳未勝利
タイセイブルグ(+2.0)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率68%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日〜2015年10月4日、集計数:23,454レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

2015年9月2日(水) 14:00 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2015) 〜第6回 クラス別U指数TOP10紹介〜
閲覧 849ビュー コメント 0 ナイス 5

 2015年の夏季競馬は今週がラストウィーク。POG戦線も9月5日(土)の札幌2歳ステークス、9月6日(日)の小倉2歳ステークスで最初のクライマックスを迎えます。ウマニティPOGにおける最初の入札や、一般的なPOGにおけるドラフトからは約3ヶ月が経過。既にブランボヌールルシュクルの2013)が7月26日(日)の函館2歳ステークスで、ロードクエスト(マツリダワルツの2013)が8月30日(日)の新潟2歳ステークスでそれぞれ重賞制覇を果たしたほか、無事に初陣をクリアして今秋以降の重賞戦線に備えている評判馬や良血馬も増えてきました。ポジティヴな意味でもネガティヴな意味でも、大勢が決したかのように思っている方は少なくないんじゃないでしょうか。

 もっとも、POG期間中に施行されるJRA全レースの賞金額と比較した場合、2歳時の夏季競馬期間中までに獲得可能な賞金額の割合は、わずか1割強に過ぎません。実際、昨シーズンのスペシャルクラスで優勝することができた私も、夏季競馬終了時点における指名馬の成績は10戦1勝2着2回。19頭中18頭が未勝利、13頭が未出走という散々な状況だったのです。最終結果に影響してくるような高額賞金レースが行われるのはまだまだ先。しかも、リッチ、ブルジョア、アベレージの各ワールドは今後も定期的に仮想オーナー募集枠が開放される(=既にデビューした馬を含めて追加指名ができる)わけですから、まだほぼすべてのプレイヤーに優勝のチャンスがあります。

 今回は各種のカテゴリーごとにこれまでのレースでマークしたU指数が優秀な馬をピックアップしてみました。リッチ、ブルジョア、アベレージの各ワールドに参戦している方は、今後の入札における追加指名の候補馬として注目してみてください。

■重賞、オープン特別のレースにおけるU指数トップ10
94.6 ブランボヌール 07月26日(日) 函館11R 函館2歳ステークス(1着)
91.7 ロードクエスト 08月30日(日) 新潟11R 新潟2歳ステークス(1着)
88.5 メジャータイフーン 07月26日(日) 函館11R 函館2歳ステークス(2着)
88.5 ヒルダ 07月26日(日) 函館11R 函館2歳ステークス(3着)
86.4 タイニーダンサー 07月26日(日) 函館11R 函館2歳ステークス(4着)
86.4 マコトルーメン 07月26日(日) 函館11R 函館2歳ステークス(5着)
86.4 ウインファビラス 08月30日(日) 新潟11R 新潟2歳ステークス(2着)
85.4 コウエイテンマ 08月15日(土) 小倉09R フェニックス賞(1着)
85.4 ラッキーボックス 07月26日(日) 函館11R 函館2歳ステークス(6着)
85.4 メジェルダ 07月26日(日) 函館11R 函館2歳ステークス(7着)

 トップは07月26日の函館2歳ステークス(芝1200m)を勝ったブランボヌール、2位は08月30日(日)の新潟2歳ステークス(芝1600外)を制したロードクエスト。両馬の数字はそれぞれ全レースを通じた牝馬、牡馬の最高値です。U指数は格の高いレースほど良い数値が出やすいので、順当な結果と言っていいでしょう。
 もっとも、新潟2歳ステークスより函館2歳ステークスの方が全体的に良い数値である点は気になります。この時期は「遅い日付のレースほど高いU指数が出やすい」という傾向もあるだけに、函館2歳ステークスはかなりのハイレベルだったと考えて良さそう。実際、函館2歳ステークスで5着に敗れたマコトルーメン(マコトサンゴの2013)は、次走の新潟2歳ステークスで3着に食い込みました。勝ったブランボヌールはもちろん、敗れた馬たちにも引き続き注目しておいた方が良さそうです。
 一方、新潟2歳ステークスで各馬がマークしたU指数も決して悪くはありません。前回の当コラムで簡単に触れましたが、ロードクエストがデビュー戦でマークしたU指数は、日付や新馬のレースである点を考えるとかなり優秀な数値。新潟2歳ステークスでの圧倒的な勝ちっぷりは想定の範囲内でしたし、今後のビッグレースでも活躍を期待できるのではないかと思います。

■未勝利のレースにおけるU指数トップ10
89.0 ビービーバーレル 08月22日(土) 新潟01R 2歳未勝利(1着)
87.4 シルバーステート 07月25日(土) 中京01R 2歳未勝利(1着)
86.5 キャンディバローズ 08月23日(日) 札幌01R 2歳未勝利(1着)
86.2 ショウナンライズ 08月23日(日) 新潟01R 2歳未勝利(1着)
86.0 タニセンビクトリー 07月18日(土) 福島01R 2歳未勝利(1着)
85.7 シゲルサケガシラ 08月01日(土) 新潟01R 2歳未勝利(1着)
85.7 エフティスパークル 08月23日(日) 札幌01R 2歳未勝利(2着)
84.8 メジェルダ 07月11日(土) 函館01R 2歳未勝利(1着)
84.7 ワンパーセント 08月30日(日) 新潟01R 2歳未勝利(1着)
84.7 シェアード 08月30日(日) 新潟01R 2歳未勝利(2着)

 未勝利のレースにおける最高U指数は、08月22日(土)の新潟01R(芝1600m外)でビービーバーレル(ファインディンプルの2013)が記録した89.0。牝馬限定のレースでしたが、序盤から果敢に先手を奪い、そのまま出走メンバー中1位の上がり3ハロンタイムをマークして押し切りました。
 牡馬およびセン馬に限ると、07月25日(土)の中京01R(芝1600m)を勝ったシルバーステート(シルヴァースカヤの2013)の87.4がトップ。半兄にザメトロポリタン(豪G機砲鮴したSevilleがいる良血馬です。
 未勝利のレース、かつ2着以下だった馬の中でトップのU指数をマークしたのは、08月23日(日)の札幌01R(芝1500m)に出走していたエフティスパークルエフティマイアの2013)。順当ならすぐに“順番”が回ってくるでしょう。

■新馬のレースにおけるU指数トップ10
82.7 メイショウゴテツ 08月16日(日) 新潟06R 2歳新馬(1着)
82.3 ラッキーボックス 07月04日(土) 福島05R 2歳新馬(1着)
82.2 エポック 06月20日(土) 阪神05R 2歳新馬(1着)
82.1 ウインミレーユ 08月08日(土) 新潟05R 2歳新馬(1着)
81.9 ルグランフリソン 08月02日(日) 新潟05R 2歳新馬(1着)
81.5 ゼンノサーベイヤー 06月20日(土) 阪神05R 2歳新馬(2着)
81.4 プリンシパルスター 08月09日(日) 新潟06R 2歳新馬(1着)
81.2 オデュッセウス 06月21日(日) 函館05R 2歳新馬(1着)
81.1 ブランボヌール 06月27日(土) 函館05R 2歳新馬(1着)
81.1 メジェルダ 06月27日(土) 函館05R 2歳新馬(2着)

 新馬のレースにおける最高U指数は、08月16日(日)の新潟06R(ダ1800m)でメイショウゴテツ(ルスナイオブカラーの2013)がマークした82.7。今後もダートのレースを中心にポイントを稼いでくれるのではないかと思います。
 芝のレースに限ると、07月04日(土)の福島05R(芝1200m)を勝ったラッキーボックス(レディバウンティフルの2013)がトップ、牝馬に限ると08月08日(土)の新潟05R(芝1600m)を勝ったウインミレーユアラームコールの2013)がトップでした。それぞれ重賞初挑戦の次走では敗れてしまったものの、まだまだ見限れません。

※次回のコラムは10/7(水)になります。


■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『ウルトラ回収率 2015-2016』(ガイドワークス)、『現在(いま)の勝負気配が分かる 騎手×調教師 黄金タッグ』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)。POG専門誌の制作にもさまざまな形で携わっており、現6歳世代のPOGでは参加したすべてのドラフト(いずれも参加者20名以上)でジェンティルドンナの単独1位指名に成功した。このウマニティPOGにおいても、ミッキーアイルクラリティスカイと2年連続でG汽Εぅ福爾鮖慳召靴討い襦

[もっと見る]

ゼンノサーベイヤーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 39ビュー コメント 1 ナイス 1

《今週の推奨馬》

★金曜日・京都10R・貴船S(3歳以上1600万ダート1400m)
・ドライヴナイト
前走は今回と同じ京都ダート1400mの1000万を半馬身差で快勝して現在2連勝中と絶好調で昇級してきた。
しばらく低迷してたが、昨年1月の中京ダート1400m3歳500万はこべら賞を1番人気で勝ってる実力馬。
この時の2着が現準オープンのゼンノサーベイヤー、3着が現オープンのコウエイエンブレム、5着が重賞3勝のロンドンタウンだから結構ハイレベルのメンバーであった。
再び軌道に乗ってきた今なら昇級戦でも勝ち負け必至。

★土曜日・東京10R・ノベンバーS(3歳以上1600万芝2000m)
・ルックトゥワイス
(前々走に続いて2度目の推奨)
前走は新潟芝2000mの魚沼特別を2馬身半差で圧勝して再昇級してきた。
府中は3走前に2400mだが青嵐賞を勝っているし、2000mは前走も含めて全4勝中3勝を挙げてベストの距離。
昇級初戦だが勢いのある4歳馬で抜群の左回り適性から勝ち負け必至。

★日曜日・東京10R・晩秋S(3歳以上1600万ダート2100m)
・アポロテキサス
前走は今回と同じ府中ダート2100mの1000万をクビ差ながら勝利して昇級してきた。
しかし、これで再びダートを走るようになって現在2連勝中と絶好調。
前々走も阪神ダート2000mを圧勝してるので、ダートの長距離戦で真価を発揮したようだ。
ここは順調に使われて勢いのある4歳馬を狙い撃ち。

 DEEB 2017年10月25日(水) 18:07
恥ずかしい馬予想2017.10.22[結果]
閲覧 63ビュー コメント 0 ナイス 5

東京 8R 3歳以上1000万下(混合)[指定]
◎ 1 エンヴァール…4着
○ 3 キャプテンペリー …1着
× 8 ☆トーセンラーク…9着
[結果:ハズレ×]

東京11Rブラジルカップ 3歳以上オープン(混合)(特指)
◎ 9 モンドアルジェンテ…11着
○15 スリータイタン…7着
×13 ☆デビルズハーツ…15着
[結果:ハズレ×]

京都 6R 3歳以上500万下[指定]
◎12 ムイトオブリガード…5着
○ 9 カフジキング…2着
▲ 6 エフハリスト…8着
△10 メトロポリス…1着
× 3 ☆マイネルブロッケン…6着
[結果:ハズレ×]

京都 7R 3歳以上1000万下(混合)[指定]
☆ 8 トロピカルガーデン…6着
[結果:ハズレ×]

京都10R 桂川ステークス 3歳以上1600万下(混合)(特指)
◎ 9 ★グレイトチャーター …1着
○12 アドマイヤナイト…4着
▲14 ニシオボヌール…2着
△ 6 ナガラフラワー …15着
× 7 オーヴィレール…3着
[結果:アタリ○ 単勝9 430円、複勝9 170円、馬連9-14 4,520円]

京都11R 菊花賞(GI) 3歳オープン(国際)牡・牝(指定)
◎16 アルアイン…7着
○15 ダンビュライト…5着
▲12 ミッキースワロー …6着
△ 4 クリンチャー …2着
×11 サトノクロニクル…10着
× 7 ☆アダムバローズ…17着
× 5 ☆トリコロールブルー …15着
[結果:ハズレ×]

新潟11R 北陸ステークス 3歳以上1600万下(混合)(特指)
◎15 ディオスコリダー…3着
○ 6 ゼンノサーベイヤー …7着
▲ 9 ドリームドルチェ…1着
△ 7 ☆ディープミタカ…6着
× 3 ストロングトリトン…11着
☆ 8 ヨウライフク…10着
[結果:ハズレ×]

新潟12R 鳥屋野特別 3歳以上500万下(混合)[指定]
◎ 7 ★トウショウジャイロ…12着
○15 プレイヤード…8着
▲17 ケルベロス…4着
△ 1 シャインサンデー …3着
× 3 コスモフレンチ…6着
[結果:ハズレ×]

今日は夕方から仕事です。
菊花賞の応援馬は、アダムとブルーです。

[今日の結果:8戦1勝7敗0分]
しょぼい勝敗ですが、馬連4,520円がゲットできたので、まあいいか…

[もっと見る]

 銀色のサムライ 2017年10月24日(火) 21:34
馬券メモ(2017/10/21・22)
閲覧 60ビュー コメント 0 ナイス 7

先週の菊花賞はとんでもない道悪馬場になりましたが、
そんな馬場をもろともしない走りを見せたキセキがG汽織ぅ肇襪鮹ゼ茵

直線入り口付近ではクリンチャーが抜け出しそうになっていましたけど、
キセキが馬群の外から一気にクリンチャーを交わし切り、そのまま押し切りました。

週中の展望で「キセキは道悪不向き」と書いてしまい、
恥ずかしい思いをする一方、
ルーラーシップ産駒がタフな馬場を得意としている事を再確認する良い機会となりましたので、
今後の馬券検討の材料にしていかねば、と決意を新たにしています。

それにしてもキセキは圧巻のパフォーマンスでしたよね。
あの道悪で勝ち切るのですから、
来年の凱旋門賞に遠征するような事があれば、大きな期待を懸けられるのでは?と思っています。

それでは、先週の本命馬の回顧をしていきましょう。


【4回京都6日】

■1R アップファーレン 1人気9着

ペース自体はそんなに速くなかったんですけど、
外からずっとプレッシャーをかけられる展開になった事で根負けしてしまいました。
過剰人気馬に手を出してしまいました。

■2R タガノプレトリア 3人気2着

好位のポジションから上手くレースを運んでいたんですが、
勝ち馬のスピードに屈する形になりました。
ウマニティPOGの指名候補に入れていた馬ですから、そろそろ勝ち上がって欲しいんですけどね…。

■7R ダイシンカレラ 5人気9着

スタートで後手を踏んでしまった事が痛かったです。
でも、完璧なレース運びをしていたとしても勝ち負けできていたかどうか…。
中央場所だとしんどいかもしれませんが、ローカルなら何とかなるかもしれません。

■9R ワンダーアツレッタ 2人気1着

最内枠からハナを奪い、そのまま押し切りました。
この日の京都芝コースは行った行ったの決着が多かったですから、
馬場傾向を熟知した川田騎手の判断も見事だったと思います。

■10R リッチーリッチー 1人気5着

道悪馬場は大得意だったはずなんですけどね…。
得意の馬場でも、57kgのハンデじゃ厳しかった、という事なんだと思います。

■11R ウインオスカー 2人気16着

レース序盤で流れに乗れなかった事が全てですね。
オープンの壁は予想以上に高かったようです。

■12R テルペリオン 5人気1着

プラス22kgという馬体重でしたけど、
楽な感じで先行して、最後まで粘り切る、という内容の濃い勝ちっぷりでした。


【4回東京6日】

■1R ユメイチズ 2人気2着

今回も後方からの競馬になってしまいました。
直線で良い脚を使っているんですけど、
もう1列前のポジションを取る事ができれば、未勝利は勝ち上がれるレベルの馬だと思います。

■4R デルタバローズ 1人気1着

先週のダート戦を狙っていたぐらいの馬ですし、
外国産馬でもありましたから、道悪馬場が上手くフィットしましたね。
芝の高速決着では厳しそうなので、ダート替わりで今一度狙いたいです。

■8R ドラゴンカップ 9人気9着

道悪適性の高さを見込んでの◎でしたが、
早い段階でガス欠していたので、2400mという距離が長かったんだと思います。

■9R フラットレー 1人気5着

厳しい馬場状態でも、能力の違いで何とかしてほしかったんですけどね…。
今回はノーカウントで良いと思うので、次走の走りに注目です。

■10R ドラゴンシュバリエ 3人気13着

差し馬向きの展開になったとはいえ、13着というのは負けすぎです。
東京コースだと難しいのでしょうか。

■11R(富士S)エアスピネル 1人気1着

瞬発力勝負だと厳しいタイプなので、道悪は合うと思っていました。
武豊騎手のエスコートも見事でしたし、完璧な勝利だったと思います。

■12R アフターバーナー 6人気5着

良い末脚で追い込んできているんですけどね…。
さすがに脚抜きの良い馬場では難しかったようですね。


【3回新潟3日】


■10R フォイヤーヴェルク 1人気1着

着差はわずかでしたけど、レベルの違いを見せつける形での勝利だったと思います。
派手さこそありませんが、上手く軌道に乗れれば、オープンでも戦える馬なので、
今後の動向にも注目したいです。

■11R ソレイユフルール 3人気13着

レッドラウダ相手にガチンコ勝負を挑みましたが、完敗でしたね。

■12R ウインソワレ 3人気1着

外枠だったのが気掛かりでしたが、
津村騎手が積極的なレースをしてくれて、良い形で逃げ切る事ができました。


【4回京都7日】

■1R スーブレット 1人気6着

新馬戦でもスタートで遅れましたが、今回は前回以上の出遅れ…。
馬場が合わなかった、という一言で片づけられちゃいそうですけど、単純に力不足という感じもします。

■4R アントーニオ 1人気1着

追い切りで凄い時計を出していたので、
圧倒的人気になるのは分かっていましたが、人気に違わない勝ちっぷりでした。

■5R グレイル 1人気1着

こちらも追い切りで凄い動きを見せていました。
緩い馬場もこなしてくれましたし、レースセンスも高く、今後の出世が見込めそうです。

■7R エンゲルヘン 1人気12着

道悪が敗因、という事なんでしょうけど、
セレッソブランコの速い逃げにつられてしまった事も敗因だと思います。

■9R フロムマイハート 5人気5着

とにかく詰めの甘い馬なので、
キレ味がそがれる道悪馬場なら勝てるかも…と思っていましたが、
上位人気馬に地力の違いを見せつけられました。

■10R オーヴィレール 1人気3着

2番手の位置からレースを進めましたが、ニシオボヌールに並ばれたところでジ・エンド。
オープンで2着に入っていた馬なんですけどね…。

■11R(菊花賞)ウインガナドル 7人気16着

マイスタイルとアダムバローズにリズムをかき乱された事がかなり痛かったです。
でも、マイペースで逃げていても、スタミナ負けしていたと思います。

■12R オウケンビリーヴ 1人気1着

不良馬場で差し切れるのかどうか微妙…と考えていましたが、
道中の位置取りはいつもより前めでしたし、直線でもしっかりとした脚を使ってくれました。
福永騎手とのコンビでパフォーマンスを上げるタイプですから、今後も福永騎手が騎乗した時に狙いたいです。


【4回東京7日】

■1R ワンダーツー 1人気2着

大事に乗りすぎた感じがしますけど、
追い出しを待ったわりには全然伸びていませんからね。
着差以上に勝ち馬との実力差を感じる敗戦でした。

■7R アオテン 2人気11着

道中で行き脚がつかず、何もできないまま凡退。
地方で勝ち上がってきたとはいえ、JRAで未勝利に終わった馬ですからね。
砂を被らない外枠だったら変わり身があるかもしれませんけど、まだまだクラス慣れが必要だと思います。

■8R エメラルスター 3人気6着

道悪実績があるこの馬で勝負したんですけど、どうにもならなかったですね。
馬体重が絞れていなかったので、調子自体も悪かったんでしょうし、
1000万下で通用する地力も備わっていないようです。

■10R ショウナンマルシェ 4人気6着

こちらも道悪適性を見込んでの本命抜擢でしたが、
2番手の位置から全く伸びませんでしたね。
道悪でもよーいドンの末脚勝負になると、さすがに苦しいです。

■11R サンライズソア 1人気3着

オープン特別で2戦連続3着。
現3歳ダート路線のレベルが微妙なのは分かっていましたが、
今回のメンバーで勝ち切れないとなると、オープンではちょっと厳しいかもしれませんね。
よく頑張った3着ではなく、残念な3着、という認識です。

■12R リヴェルディ 1人気2着

吉田兄弟の叩き合いになりましたが、弟の隼人騎手が騎乗したリヴェルディは惜敗の2着。
相手も強かったですし、1000万下ならいつでも勝ち上がれる器だと思います。


【3回新潟4日】

■7R モズアトラクション 1人気1着

前走の1000万下で凄い追い込みを見せていましたから、
500万下なら楽に勝ち切れる、と考えていました。

■10R フィーリングハート 8人気10着

前残りの展開を願って、先行馬のこの馬を本命にしましたが、
直線に向く前に手応えがなくなり、タイムオーバーになってしまいました。

■11R ゼンノサーベイヤー 2人気7着

果敢に先行しましたけど、他馬との実力差を感じざるを得ない負け方でした。
クラス慣れが必要ですね。

■12R ブロワ 6人気1着

道中で他馬に絡まれる場面こそありましたが、
こちらの思惑通りの逃げ切り勝ちを決めてくれました。


二桁着順に敗れた馬が目立っていますね。

道悪適性を徹底的にリサーチしてこの結果ですから、
反省が残る週末になってしまいました。

今週こそは良いお天気で競馬をやってほしいんですけど、
また台風が来ていますからね。
今週も道悪馬場になってしまうかもしれません。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ゼンノサーベイヤーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ゼンノサーベイヤーの写真

投稿写真はありません。

ゼンノサーベイヤーの厩舎情報 VIP

2017年10月22日北陸ステークス7着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ゼンノサーベイヤーの取材メモ VIP

2017年10月22日 北陸ステークス 7着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。