ストロングバローズ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ストロングバローズ
ストロングバローズ
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2013年3月9日生
調教師堀宣行(美浦)
馬主猪熊 広次
生産者Fox Straus KY
生産地
戦績14戦[4-3-0-7]
総賞金8,381万円
収得賞金2,200万円
英字表記Strong Barows
血統 Mineshaft
血統 ][ 産駒 ]
A.P. Indy
Prospectors Delite
Chelsea Ballad
血統 ][ 産駒 ]
Street Cry
Chelsey Dancer
兄弟
前走 2018/06/23 大沼ステークス OP
次走予定

ストロングバローズの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/06/23 函館 11 大沼S OP ダ1700 11785.534** 牡5 56.0 藤岡佑介堀宣行562(+16)1.44.7 0.336.8--リーゼントロック
18/04/08 阪神 12 梅田S 1600万下 ダ1800 1581411.551** 牡5 57.0 田辺裕信堀宣行546(-10)1.51.2 -0.037.5⑨⑩⑨⑨フォンターナリーリ
18/03/17 中山 10 韓国馬事会杯 1600万下 ダ1800 15584.934** 牡5 57.0 M.デムー堀宣行556(+4)1.54.0 0.538.0⑤⑤⑤④ブライトンロック
17/11/19 東京 10 錦秋S 1600万下 ダ1600 168154.9215** 牡4 57.0 浜中俊堀宣行552(-4)1.39.4 3.139.4⑦⑦オールマンリバー
17/10/07 京都 11 平城京S 1600万下 ダ1800 16113.414** 牡4 57.0 M.デムー堀宣行556(-2)1.49.3 0.436.6④④タガノヴェリテ
17/06/18 阪神 10 灘ステークス 1600万下 ダ1800 13115.135** 牡4 57.0 川田将雅堀宣行558(+8)1.52.0 0.437.4⑥⑥⑤④シャイニービーム
17/04/22 東京 11 オアシスS OP ダ1600 1671410.5516** 牡4 56.0 石川裕紀堀宣行550(+20)1.37.7 2.438.9④④アルタイル
16/07/13 大井 11 ジャパンDD G1 ダ2000 12--------7** 牡3 56.0 M.デムー堀宣行530(--)2.09.2 3.5----キョウエイギア
16/06/19 東京 11 ユニコーンS G3 ダ1600 167132.812** 牡3 56.0 C.ルメー堀宣行532(-2)1.35.8 0.036.2ゴールドドリーム
16/04/03 中山 10 伏竜S OP ダ1800 15232.611** 牡3 56.0 C.ルメー堀宣行534(+6)1.52.4 -0.338.1⑤⑤グレンツェント
16/02/21 東京 9 ヒヤシンスS OP ダ1600 14226.842** 牡3 56.0 戸崎圭太堀宣行528(-2)1.35.7 0.336.0ゴールドドリーム
15/12/13 中山 6 2歳500万下 ダ1800 146101.411** 牡2 55.0 内田博幸堀宣行530(+2)1.53.7 -0.539.2ファンドレイザー
15/11/14 東京 9 オキザリス賞 500万下 ダ1400 166121.612** 牡2 55.0 R.ムーア堀宣行528(+4)1.24.9 0.037.1④⑥オーマイガイ
15/10/25 東京 3 2歳新馬 ダ1600 16361.611** 牡2 55.0 C.デムー堀宣行524(--)1.40.0 -0.736.4スイートメロディー

ストロングバローズの関連ニュース

大沼ステークスの過去のレース結果をもとに、ファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。

※2013年以降の結果をもとに検証

【全般】
中8週以上の間隔をあけて臨んだ馬の好走率が高い

ブレスアロット
ラストダンサー
タムロミラクル
ヨシオ
ストロングバローズ
サウンドスカイ

5~6歳馬が優勢

ブレスアロット
タムロミラクル
タガノエスプレッソ
ヨシオ
ストロングバローズ
サウンドスカイ
アングライフェン

前走6着以下敗退馬の巻き返しが顕著

ブレスアロット
ラストダンサー
タムロミラクル
タガノエスプレッソ
サウンドスカイ
リーゼントロック

斤量57キロ以上馬の好走例が多い

ラストダンサー
タムロミラクル
タガノエスプレッソ

1600m以下のレースにおいて好走経験のある馬の活躍が目立つ

ラストダンサー
ゴーインググレート
タムロミラクル
タガノエスプレッソ
マッチレスヒーロー
ヨシオ
ストロングバローズ
サウンドスカイ
アングライフェン

【人気】
1番人気は及第点の成績
※10時30分現在の1番人気

アングライフェン

2桁人気馬が毎年のように馬券絡み
※10時30分現在の10番人気以下

ゴーインググレート
サウンドスカイ

【脚質】
先行有利

ラストダンサー
タムロミラクル
マッチレスヒーロー
ヨシオ
リーゼントロック

※近3走の走りを参考に先行策をとりそうな馬を想定

【枠順】
連対率は7~8枠が優勢

ストロングバローズ
サウンドスカイ
リーゼントロック
アングライフェン

1~3枠の複勝回収率が高め

ブレスアロット
ラストダンサー
ゴーインググレート

【血統】
ミスプロ系種牡馬を父あるいは母父に持つ馬が優勢

ブレスアロット
ラストダンサー
タガノエスプレッソ
ヨシオ
ストロングバローズ
サウンドスカイ

パワー型あるいはスピード型のノーザンダンサー系種牡馬を父もしくは母父に持つ馬の活躍が目立つ

ゴーインググレート
マッチレスヒーロー
ヨシオ
アングライフェン


【6項目以上該当馬】
サウンドスカイ(7項目)
ラストダンサー(7項目)
タムロミラクル(6項目)
ヨシオ(6項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

【大沼ステークス】U指数的考察2018年6月23日() 09:40

大沼ステークスの近年の傾向をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬や買い目を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2013年以降の結果をもとに検証

<ポイント①>
2013年以降の勝ち馬はすべてU指数4位以内。U指数下位の人気薄が絡んで波乱となるケースもあるが、連軸については基本的に指数上位馬からチョイスしたほうがいい。

1位→⑪アングライフェン
2位→⑤タガノエスプレッソ
3位→②ラストダンサー
4位→⑩リーゼントロック

<ポイント②>
低指数馬の大駆けはたまにあるが、上位勢が全滅ということはない。毎年のように指数1~5位の馬が2頭馬券に絡んでいる。ゆえに、指数6位以下同士の組み合わせは避けたほうがベター。

指数6位以下

ブレスアロット
ゴーインググレート
タムロミラクル
ヨシオ
ストロングバローズ
サウンドスカイ

<ポイント③>
取捨のひとつの目安は指数93.8。これ未満で馬券絡みを果たした馬は、2016年の2着馬ビービーバーレル1頭のみ。同馬は斤量差のアドバンテージが大きい3歳牝馬だった。斤量面の恩恵がない4歳以上の低指数馬は、基本的に期待値が下がると考えたほうがいいかもしれない。

4歳以上の指数93.8未満

ブレスアロット
ヨシオ
ストロングバローズ
サウンドスカイ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【大沼S】厩舎の話2018年6月22日(金) 05:03

 ◆アングライフェン・山下助手 「状態はいい。小回りの対応が鍵」

 ◆ゴーインググレート・對馬助手 「久々の1700メートルがどう出るか」

 ◆サウンドスカイ・高取助手 「状態は変わりないが苦戦続きで…」

 ◆ストロングバローズ・小林厩務員 「前に行けるので小回りも苦にしない。素質は通用する」

 ◆タガノエスプレッソ・国分恭騎手 「滞在で雰囲気は悪くない。流れに乗り遅れなければ」

 ◆タムロミラクル・中二助手 「小倉での実績から小回りは合う」

 ◆ブレスアロット・五味助手 「ブリンカー着用。前めで競馬を作れれば」

 ◆マッチレスヒーロー・金成師 「体調は上がってきている」

 ◆ヨシオ・清水亮助手 「気合が乗っていい状態。前々の競馬が理想」

 ◆ラストダンサー・池田助手 「この距離で流れに乗っていければ」

 ◆リーゼントロック・松岡騎手 「腰の状態が安定。うまく先手を取れれば」

[もっと見る]

【大沼S】追って一言2018年6月21日(木) 05:04

 ◆アングライフェン・山下助手 「輸送をクリアして状態はいい。小回りに対応してくれれば」

 ◆サウンドスカイ・高取助手 「滞在は悪くない。何とかきっかけを」

 ◆ストロングバローズ・小林厩務員 「ちょっと太めなのでビシッと追った。素質は通用する」

 ◆タガノエスプレッソ・五十嵐師 「ビシッとやれたように順調。うまく流れに乗れれば」

 ◆タムロミラクル・中二助手 「間隔があいているのでしっかり追った。小回りで一発を」

 ◆ブレスアロット・五味助手 「コンディションは上がっている。ブリンカーの効果にも期待」

 ◆ヨシオ・清水亮助手 「栗東でしっかり乗ってきたので調整程度。気合が乗っていい状態」

 ◆ラストダンサー・蛯名騎手 「落ち着きが出たし、動きもよかった。自分の競馬でどこまで」

 ◆リーゼントロック・松岡騎手 「昨年より腰の状態がいい。感じはいいね。前走は距離が長かった。先行してうまいことはまれば」

[もっと見る]

【平城京S】タガノヴェリテOP入り! 2017年10月8日() 05:02

 7日の京都11R平城京S(3歳上1600万下、ダ1800メートル)は、10番人気タガノヴェリテ(栗・本田、セン5、父ハーツクライ)が中団から伸びて1分48秒9(不良)の好時計で勝ち、オープン入りを決めた。去勢明けで5カ月ぶりの出走だった。通算31戦7勝(うち兵庫競馬所属時3戦3勝)。「流れにうまく乗れて、最後も前走のような脚を使ってくれた。理想の競馬ができました」と荻野極騎手。3番人気テンザワールドが1馬身1/4差の2着で、1番人気ストロングバローズは4着に終わった。

[もっと見る]

【アンタレスS】レース展望 2017年4月10日(月) 19:47

 最終週の阪神では土曜メインにダートのGIIIアンタレスS(15日、1800メートル)が行われる。1番人気馬は過去5年で1、1、3、2、1着と、かなり信頼できるレースだ。

 今年のメンバーで1番人気が予想されるのはグレンツェント(美浦・加藤征弘厩舎、牡4歳)。芝のデビュー戦こそ5着だったが、その後はダート路線を進み、9戦して6勝、2着2回、3着1回と安定し、前走の東海SレパードSに次ぐ重賞2勝目を飾った。ダートで先着を許したのは伏竜SのストロングバローズユニコーンSゴールドドリーム(後にフェブラリーS勝ち)とストロングバローズ、そしてみやこSアポロケンタッキー(後に東京大賞典勝ち)の3頭(延べ4頭)だけで、2頭がGIウイナーになっているのだから、この馬の力も相当なものとみていい。

 東海Sでは先行馬が残る流れのなか、出遅れながらも、外を回って差し切り勝ち。今回も有力馬となる相手に完勝といえる内容だった。2カ月半ぶりのレースになるが、中間にじっくり乗り込んで仕上がりは良好。56キロまでしか背負ったことがないだけに、今回は58キロの斤量が鍵になるが、2013年に59キロのニホンピロアワーズが2着、昨年も58キロのアスカノロマンが2着と実績馬が力を示している。今回も崩れるシーンは考えにくい。

 その東海Sで12番人気ながら2着に食い込んだモルトベーネ(栗東・松永昌博厩舎、牡5歳)は、その後にオープン特別のアルデバランSを勝ち、交流GIII名古屋大賞典でも4着と好走。ここにきて完全に本格化した印象だ。阪神のダート1800メートルも準オープンの花のみちSを1分49秒8(稍重)の好時計で勝った実績があり、ここも前々でうまく流れに乗れば上位争いが望める。

 ロンドンタウン(栗東・牧田和弥厩舎、牡4歳)は2走前の交流GIII佐賀記念で重賞初制覇を飾り、続くマーチSでは初めて57キロを背負いながらも4着と善戦。稍重で前が有利な状況のなか、好位からしぶとく脚を伸ばし、アスカノロマンなどには先着した。充実ぶりが伝わるだけに、今回の相手でも好勝負に持ち込めそうだ。

 ミツバ(栗東・加用正厩舎、牡5歳)は、それまでの差す競馬から一転してブラジルCで大逃げを打ってV。さらにベテルギウスSは好位から楽に抜け出してVと、横山典弘騎手の変幻自在の騎乗ぶりで覚醒した。GI初挑戦だった川崎記念は2番手につける競馬。早めに後続に来られる厳しい展開で4着に敗れたが、十分評価できる内容だ。地方の小回りコースで後ろからのプレッシャーがきつくなるより、中央の広いコースの方が力を出せるタイプ。阪神では【4・3・1・3】の好成績を残しており、巻き返しは可能だろう。

 アスカノロマン(栗東・川村禎彦厩舎、牡6歳)は昨年、フェブラリーS、チャンピオンズCの両GIで3着と力をアピールし、このレースでは2着に入っている。ここ3走は東海S8着、フェブラリーS15着、マーチS5着と案外な成績だが、マーチSではハイペースの逃げ争いに加わった割に勝ち馬と0秒3差と大バテしなかった。そろそろ変わり頃か。

 展開の鍵を握る逃げ馬モンドクラッセ(美浦・清水英克厩舎、牡6歳)はマイペースの逃げが打てるかどうかがポイントになる。自分のリズムで行ければ、58キロを背負った前走の総武Sを逃げ切ったようにしぶといタイプ。今回は56キロでの出走だけに、単騎なら少々のハイペースでも粘りは増しそうだ。

 ナムラアラシ(栗東・目野哲也厩舎、牡4歳)は準オープンの伊丹Sを勝ったばかりで、今回は重賞初挑戦と楽ではないが、阪神は【3・0・0・1】と好相性。上位に入っても不思議はない。

 佐賀記念2着のタムロミラクル(栗東・西園正都厩舎、牡5歳)、一昨年の白山大賞典優勝馬マイネルバイカ(栗東・西村真幸厩舎、牡8歳)、一昨年のみやこSの覇者ロワジャルダン(美浦・戸田博文厩舎、牡6歳)あたりも争覇圏内。10日現在で抽選対象(1/2)ながら、1000万下、準オープンと連勝中のマイネルバサラ(美浦・松山将樹厩舎、牡4歳)も、出走できるようなら目が離せない。

アンタレスSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ストロングバローズの関連コラム

閲覧 2,463ビュー コメント 0 ナイス 8

 3歳馬のダートチャンピオンを決めるジャパンダートダービー。南関東の馬にとっては羽田盃、東京ダービーから続く、クラシックの最終戦となります。また、このレースは東京ダービーと同舞台で行われることや、JRA勢よりも地方勢のほうがレース経験が豊富なため、南関東馬の活躍がなかなか目立っています。

 過去10年で南関東馬が勝利したのは、2007年フリオーソ、2010年マグニフィカ。2着入線馬は、2007年アンパサンド、2014年ハッピースプリント。この4頭の共通項は、マグニフィカを除いては前走の東京ダービーで2着以内ということ。

 しかし、マグニフィカが勝利した2010年は、JRA勢が手薄の上に、東京ダービーの1,2着馬が不出走という背景がありました。東京ダービーの勝ち馬マカニビスティーは、主催元のルールにひっかっかり出走叶わず。2着馬ガナールは枠順決定後に疾病で競走除外になったのです。マグニフィカは東京ダービーの3着馬。逃げるとしぶとい馬ではありましたが、東京ダービーの上位2頭が開けた穴を埋める形で勝利した感もあります。

 他に東京ダービーの3着馬は、2008年のこのレースでコラボスフィーダが7番人気で3着入線したこともありましたが、その年もレベルが低い年。南関東馬を狙うに当たっての一応の基準は、「前走の東京ダービー2着以内」と考えたほうがいいでしょう。

 逆にJRA勢は、どのような馬が有力かというと、当たり前だと言われてしまいそうですが、デビューからこれまでのダート戦で連対を外したことがない馬です。しかし、地方馬に加えて、キャリアが浅い中央馬は、そのタイプが何頭か出走しています。当然ダートで2戦2勝だったとしても、G1のこの舞台でオープン勝ちの実績さえもない馬を本命にするのはさすがに危険でしょう。

 しかし、「デビューからダート戦の連対率100%で、一度はJRAのダ1800mのオープン勝ち」という条件を加えると、対象馬はかなり絞れます。前記の該当馬の過去10年のこのレースでの成績は【3・0・0・1】。1着の該当馬は2008年サクセスブロッケン、2011年グレープブランデー、2012年ハタノヴァンクール、2013年クリソライト。遡れば2006年のフレンドシップもこのパターンで勝利しています。

 唯一の4着以下馬は、昨年のストロングバローズでこのレースでは7着に凡退しました。前記した勝ち馬との大きな違いは、前走ユニコーンSに出走していたこと。重賞レースを大目標とし、そこで好走すれば当然、疲れが出るもの。確かに一昨年のノンコノユメのように、ユニコーンSの勝ち馬でありながら、このレースで強い勝ち方をする場合もあります。

 しかし、その半面で2010年のバーディバーディ、2012年のストローハット、2013年ベストウォーリア、昨年のゴールドドリームは、ユニコーンSの勝ち馬でありながら、このレースで人気を大きく裏切りました。バーディバーディは6着、ストローハットは7着、ベストウォーリアは5着。昨年のゴールドドリームはよくがんばりましたが、それでも勝ち馬から離された3着が精一杯でした。

 これまでダ1600m路線を中心に使われている馬は、おおむねユニコーンSが目標。ダ1800m路線を中心に使われている馬は、おおむねジャパンダートダービーが目標。『ニ頭を追う者は、一頭も得ず』であるように、両レース狙いはストロングバローズのよう両方勝てないことが多いもの。ノンコノユメのように両方勝つには、その世代において断然の実力馬である必要性があります。

 ユニコーンSの勝ち馬はお決まりのように過剰人気になるので、JRAのダ1800m勝ちの実績のないタイプは、いっそぶった切って穴狙いするのもひとつの手段でしょう。いや、どちらかというと、ユニコーンSの勝ち馬を本命にすることのほうが、実はギャンブル的な打ち回しだったりするのです。

 実は一番手堅い方法は、JRAのダ1800m路線を中心に使われて来た馬を狙うこと。特に一度はダ1800mのオープンを含むダ1800m以上で3勝以上を挙げた馬のこのレースでの成績は、過去10年で【5・1・0・1】。1着の該当馬は、2011年のグレープブランデー、2012年のハタノヴァンクール、2013年のクリソライト、2014年のカゼノコ、2016年のキョウエイギア。2着の該当馬は、2015年のクロスクリーガー

 唯一の4着以下は、2010年のトーセンアレスですが、7頭中5頭もこのレースを勝利しているとなると、けっこう信頼できるのでは? それにこのタイプは昨年のキョウエイギアのように、これまでに4着以下に敗れたことが何度かあると、人気薄になることがあります。ユニコーンSの勝ち馬の回収率の悪さを考えれば、こちらのタイプを狙ったほうがお得でしょう。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・デビューからダート戦での連対率100%で、一度はJRAのダ1800mのオープン勝ちを含む馬。(前走ユニコーンS出走馬を除く)
 ・一度はダ1800mのオープンを含む、ダ1800m以上で3勝以上を挙げた馬。

 ●穴馬候補
 ・東京ダービーで2着以内だった馬。

ジャパンダートダービー特集はこちら

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想(「競馬プロ予想MAX」)はこちらからご覧いただけます!!


登録済みの方はこちらからログイン

2016年6月22日(水) 17:48 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(6/18~6/19)蒼馬プロが安定感抜群の予想で回収率140%超をマーク!
閲覧 861ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は、19(日)に東京競馬場でG3ユニコーンステークスが、函館競馬場でG3函館スプリントステークスがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3ユニコーンステークスストロングバローズが好ダッシュを決めますが、内から先手を主張したマイネルバサラがレースを引っ張って直線コースへ入ります。先頭はマイネルバサラですが、これを馬なりで並びかけるストロングバローズ、その直後にゴールドドリームスミレが前を追います。残り200mを通過、ここでストロングバローズゴールドドリームの2頭が後続を一気に突き放しての追い比べ、後方からはグレンツェントが単独3番手に上がりますが、前を行く2頭とは4馬身ほど離れた形。残り100mを通過、完全に後続を突き放した内ストロングバローズ、外ゴールドドリームのマッチレース!激しく続いた叩き合いですが、僅かに外ゴールドドリームストロングバローズをクビ差差し切って優勝しました!2着にストロングバローズ、そこから3馬身差の3着にグレンツェントが入っています。
 
公認プロ予想家では伊吹雅也プロ他5名が的中しています。
 
 
G3函館スプリントステークスは抜群のスタートを決めたローレルベローチェが先頭で直線コースへ。先頭はローレルベローチェでリードは半馬身、2番手にソルヴェイグ、直後の内にシュウジ、外にアクティブミノルと先行する4頭がやや抜け出します。残り200mを通過、ここでローレルベローチェが一杯になるとソルヴェイグシュウジの2頭が抜け出しての叩き合い、アクティブミノルは脚色鈍くやや後退、最内からはレッツゴードンキが差し込んできます。残り100m、一歩前へ出たシュウジにもう一回ソルヴェイグも応戦してクビの上げ下げの激しい叩き合い!ゴール前、僅かにソルヴェイグシュウジをハナ差捉えこんで優勝しました!ハナ差の2着にシュウジ、そこから1馬身1/4差の3着にレッツゴードンキが入っています。
 
公認プロ予想家ではサラマッポプロ他3名が的中しています。
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →蒼馬久一郎プロ
19(日)阪神6Rで単勝39.2倍のブロンズテーラーの単勝、馬連238.2倍を仕留め、7万1160円の払い戻し!同日の阪神3Rでは◎▲△の印で単勝、馬連、3連単を仕留め、4万340円の払い戻し!週末トータル回収率140%、収支プラス10万5330円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
19(日)阪神6Rで『内寄りの枠に入った馬、阪神ダのレースにおいて3着以内となった経験がある馬を重視』と狙った◎ブロンズテーラーの複勝を1万円的中させ、7万円の払い戻し!同日の東京メイン、ユニコーンステークスG3では○×◎の印で3連複を6400円的中させ、3万80円の払い戻し!週末トータル回収率164%、収支プラス5万1920円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
19(日)東京11RユニコーンステークスG3で『前走は2着に敗れたが、不慣れな園田のコース形態にやられた印象。ある程度じっくりと構えられる広いコースではまだ底を見せていないし、勝ち負けに持ち込めるはず。』と狙った◎ゴールドドリームからの3連単を的中!前日の東京4Rでは◎×○の印で単勝4.9倍、馬連48.1倍、3連複179.8倍を仕留めました!この他にもコンスタントに的中を重ね、週末トータル回収率115%、収支プラス4万8140円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
19(日)阪神7Rで◎○×の印で3連単を1000円的中させ、41万500円の払い戻し!18(土)東京9Rでは単勝7.1倍◎サウンドメモリーからの3連単を2500円的中させ、21万9500円を払い戻しました!週末トータル回収率102%をマークしています。
 
※全レースの結果速報はこちら

競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2016年6月19日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/ユニコーンステークス G3(スガダイプロ)
閲覧 768ビュー コメント 0 ナイス 4

 本日は東京競馬場にてウマニティ主催の「ユニコーンS予想検討会」がお昼休みに開催されます。現地参戦される皆さまは、4R終了後にぜひゴール前特設ステージまでお越しください。
 さて、今週はウマニティ公認プロのエースとして活躍しているスガダイさんに、ユニコーンSの予想を提供してもらいます。頼れるトッププロの結論に注目しましょう。
 本命は⑭グレンツェント。「ダートでは4戦3勝2着1回の好成績。敗れた伏竜Sにしても勝ち馬とはコース取りの差が出ただけで、最も強い競馬をしていたのはこの馬。広い府中への適性も高く、外目の枠を引けたのも歓迎材料」と推奨根拠を挙げてくれました。
 対抗は「前走が優秀で、攻め動いてデキはさらに上向き」の⑪クインズサターン。単穴は⑬ストロングバローズ。以下、①⑫⑯の順に押さえ、馬券は単勝⑭、馬連流し⑭→⑪⑬、3連複2頭軸流し⑪⑭→①⑫⑬⑯で勝負します。本レース以外のスガダイプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAX でご確認ください!(ウマニティ編集長・岡田大

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】覆面ドクター・英プロの安田記念予想
3連単12万7190円を7点買いで的中!178万1400円払戻


「競馬プロ予想MAX」には総勢25名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2015年12月1日(火) 16:02 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2015) ~第8回クラス別U指数TOP10
閲覧 3,483ビュー コメント 0 ナイス 4

 2015年の2歳戦線もいよいよクライマックス。来週12月13日には阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳GⅠ・阪神芝1600m外)が、再来週12月20日には朝日杯フューチュリティステークス(2歳GⅠ・阪神芝1600m外)が開催されます。2歳戦全体や9月12日~12月27日のシーズン表彰を狙える位置にいるプレイヤーの皆さんは、“愛馬”の動向に一喜一憂する日々を過ごしていらっしゃるんじゃないでしょうか。

 もっとも、POG期間全体から見れば、今はまだ中盤戦に差し掛かったかどうかといったところ。ブルジョアワールド、アベレージワールドは12月7日に最後の仮想オーナー枠開放が控えていますし、最終結果を左右するような高額賞金レースは年明け以降にもたくさんありますから、今後の入札や各馬の成長次第ではどのプレイヤーにも優勝のチャンスがあるはずです。

 今回は各カテゴリーごとにこれまでのレースでマークしたU指数が優秀な馬をピックアップしてみました。特にブルジョアワールド、アベレージワールドの方は、次回以降の入札における追加指名の候補馬として注目してみてください。

■重賞のレースにおけるU指数トップ10
97.4 エアスピネル 11月14日 京都11R 芝1600m デイリー杯2歳S(1着)
96.5 ボールライトニング 11月7日 東京11R 芝1400m 京王杯2歳S(1着)
94.8 アドマイヤモラール 11月7日 東京11R 芝1400m 京王杯2歳S(2着)
94.8 シャドウアプローチ 11月7日 東京11R 芝1400m 京王杯2歳S(3着)
94.8 レッドラウダ 11月7日 東京11R 芝1400m 京王杯2歳S(4着)
94.8 トウショウドラフタ 11月7日 東京11R 芝1400m 京王杯2歳S(5着)
94.6 ブランボヌール 7月26日 函館11R 芝1200m 函館2歳S(1着)
93.9 オデュッセウス 11月7日 東京11R 芝1400m 京王杯2歳S(6着)
93.5 ドレッドノータス 11月28日 京都11R 芝2000m 京都2歳S(1着)
93.5 リスペクトアース 11月28日 京都11R 芝2000m 京都2歳S(2着)

 トップは11月14日のデイリー杯2歳ステークス(2歳GⅡ・京都芝1600m外)でエアスピネルエアメサイアの2013)がマークした97.4。衝撃的な勝ちっぷりで話題を集めましたが、U指数もパフォーマンスの優秀さを裏付けています。朝日杯フューチュリティステークスはもちろん、順当ならば来春の3歳牡馬クラシック戦線でも主役級の扱いを受けることになりそうです。
 全体的に上位入線馬のU指数が優秀だったのは11月7日の京王杯2歳ステークス(2歳GⅡ・東京芝1400m)。特に勝ったボールライトニング(デフィニットの2013)はエアスピネルと遜色ない水準でした。芝短距離戦線はこのレースを経由した馬たちに注目しておくべきでしょう。
 芝1800m以上の重賞における最高値は、11月28日の京都2歳ステークスでドレッドノータスディアデラノビアの2013)、リスペクトアース(アースグリーンの2013)がマークした93.5。ドレッドノータスはウマニティPOGこそmizumizuさんにひと足早く落札されてしまったものの、私のプライベートPOGにおいては命運を左右しそうな指名馬の一頭なので、陰ながら応援しております(笑)。

■オープン特別のレースにおけるU指数トップ10
92.9 ラズールリッキー 11月15日 福島10R 芝1200m 福島2歳S(1着)
90.8 コスモアルコン 11月15日 福島10R 芝1200m 福島2歳S(2着)
90.7 ボーダレス 10月3日 中山9R 芝1200m カンナS(1着)
90.1 ブラックスピネル 10月31日 京都8R 芝1800m 萩S(1着)
89.5 スマートオーディン 10月31日 京都8R 芝1800m 萩S(2着)
89.0 プロディガルサン 9月27日 中山9R 芝2000m 芙蓉S(1着)
88.8 レインボーライン 10月31日 京都8R 芝1800m 萩S(3着)
88.8 ノーブルマーズ 10月31日 京都8R 芝1800m 萩S(4着)
88.8 アルマククナ 11月15日 福島10R 芝1200m 福島2歳S(3着)
88.8 ファド 11月15日 福島10R 芝1200m 福島2歳S(4着)
88.8 アラモアナワヒネ 11月15日 福島10R 芝1200m 福島2歳S(5着)

 上位入線馬のU指数が全体的に高かったのは11月15日の福島2歳ステークス(2歳オープン・福島芝1200m)。例年の傾向を見る限り、もともと良い指数が出がちなレースではあるものの、完勝したラズールリッキー(コリンズグラスの2013)あたりは今後も要注目です。
 あとは10月31日の萩ステークス(2歳オープン・京都芝1800m外)組も面白い存在。既にスマートオーディン(レディアップステージの2013)が11月23日の東京スポーツ杯2歳ステークス(2歳GⅢ・東京芝1800m)で優勝を果たしました。

■500万下のレースにおけるU指数トップ10
92.7 バティスティーニ 11月15日 京都9R 芝2000m 黄菊賞(1着)
92.0 トウショウドラフタ 11月22日 東京9R 芝1400m からまつ賞(1着)
91.9 ニシノジャーニー 11月29日 東京7R 芝1600m ベゴニア賞(1着)
91.6 レガーロ 11月21日 京都9R ダ1800m もちの木賞(1着)
91.6 スマートシャレード 11月21日 京都9R ダ1800m もちの木賞(2着)
91.3 ショウナンライズ 10月25日 東京9R 芝1400m くるみ賞(1着)
91.1 ティソーナ 11月29日 東京7R 芝1600m ベゴニア賞(2着)
91.1 シルバーステート 10月17日 京都9R 芝2000m 紫菊賞(1着)
90.5 プレスティージオ 10月3日 阪神9R ダ1400m ヤマボウシ賞(1着)
90.5 オーマイガイ 11月14日 東京9R ダ1400m オキザリス賞(1着)
90.5 ストロングバローズ 11月14日 東京9R ダ1400m オキザリス賞(2着)

 注目はやはり11月15日の黄菊賞(2歳500万下・京都芝2000m内)を制したバティスティーニバプティスタの2013)。全兄にデウスウルト、半兄にイースターらがいる良血馬ですし、次走に予定しているホープフルステークス(2歳GⅡ・中山芝2000m内)の結果次第では、クラシック戦線の主役級と評されてもおかしくありません。また、この時期は「遅い日付のレースほど高いU指数が出やすい」という傾向もあるので、10月中旬までに優秀な数字をマークしたシルバーステート(シルヴァースカヤの2013)、プレスティージオ(スーリアの2013)あたりも将来有望だと思います。

■未勝利のレースにおけるU指数トップ10
90.5 クリムゾンバローズ 11月23日 東京2R ダ1300m 2歳未勝利(1着)
89.0 ビービーバーレル 8月22日 新潟1R 芝1600m 2歳未勝利(1着)
88.7 ダイワダッチェス 11月14日 東京4R 芝1400m 2歳未勝利(1着)
87.9 キョウエイギア 10月3日 阪神1R ダ1800m 2歳未勝利(1着)
87.8 ゼンノサーベイヤー 9月13日 阪神1R ダ1400m 2歳未勝利(1着)
87.6 ラズールリッキー 11月1日 福島2R 芝1200m 2歳未勝利(1着)
87.4 シルバーステート 7月25日 中京1R 芝1600m 2歳未勝利(1着)
87.3 ラニ 11月22日 京都2R ダ1800m 2歳未勝利(1着)
87.1 ハレルヤボーイ 9月19日 中山3R 芝1600m 2歳未勝利(1着)
87.0 ストライクショット 11月14日 東京4R 芝1400m 2歳未勝利(2着)

 上記10頭のうち、シルバーステートラズールリッキーラニ(Heavenly Romanceの2013)は既に2勝目をマーク。勝ち上がったレースの条件はさまざまですが、どの馬もそれぞれの得意カテゴリーで獲得ポイントを伸ばしてきそうです。

■新馬のレースにおけるU指数トップ10
87.9 マイネルハニー 11月15日 東京5R 芝1600m 2歳新馬(1着)
86.5 ドーヴァー 11月15日 東京6R 芝1400m 2歳新馬(1着)
85.6 ヴェンジェンス 9月27日 阪神6R ダ1400m 2歳新馬(1着)
84.7 ストロボフラッシュ 11月14日 東京5R ダ1400m 2歳新馬(1着)
84.7 キラージョー 11月8日 東京5R 芝1800m 2歳新馬(1着)
84.6 ラルク 11月7日 京都6R 芝1600m 2歳新馬(1着)
84.4 サトノダイヤモンド 11月8日 京都5R 芝2000m 2歳新馬(1着)
83.9 アポロテキサス 10月18日 新潟5R ダ1200m 2歳新馬(1着)
83.9 チェッキーノ 11月15日 東京6R 芝1400m 2歳新馬(2着)
83.5 リオンディーズ 11月22日 京都5R 芝2000m 2歳新馬(1着)

 サトノダイヤモンド(マルペンサの2013)、チェッキーノハッピーパスの2013)、ラルク(ライラックスアンドレースの2013)、リオンディーズシーザリオの2013)といった良血馬がランクインしました。キラージョー(ラヴリージョウの2013)が東京スポーツ杯2歳ステークスで2着馬と0.1秒差の4着に健闘していますし、他の9頭も引き続き注目しておくべきでしょう。


■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『ウルトラ回収率 2015-2016』(ガイドワークス)、『現在(いま)の勝負気配が分かる 騎手×調教師 黄金タッグ』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)。POG専門誌の制作にもさまざまな形で携わっており、現6歳世代のPOGでは参加したすべてのドラフト(いずれも参加者20名以上)でジェンティルドンナの単独1位指名に成功した。このウマニティPOGにおいても、ミッキーアイルクラリティスカイと2年連続でGⅠウイナーを指名している。

[もっと見る]

ストロングバローズの口コミ


口コミ一覧

大沼ステークス

 しんすけ46 2018年6月23日() 07:03

閲覧 48ビュー コメント 2 ナイス 9

今日はここまで。厳選3鞍。

結果が出るまでは自信あるのよぉ~♪

結果が出たら粉々に打ちのめされるのよぉ~(^^♪

函館11R 大沼ステークス

◎⑦ヨシオ
△④タムロミラクル
△⑤タガノエスプレッソ
△⑩リーゼントロック
△⑪アングライフェン

馬連⑦ー④・⑤・⑩・⑪への4点へ300円。
馬単⑦ー④・⑤・⑩・⑪への4点へ200円。

つらぁ~っと出走馬眺めていると・・・。逃げ馬いらっしゃらないじゃないですか!
ヨシオ君以外。リーゼントロックは以前ほど逃げれなくなってるしね。楽逃げ出来そうです。
となれば小回り千七で逃げ切り確定。後は相手間違わなきゃだわ。
ストロングバローズは小回り適正?なんで切りました。展開も向かないと思うし。失敗?かな。

今日の買い目が決まってすっきししました。
も少ししたら買って床屋へ行きましょ!

 ミラクルワイド 2018年6月23日() 00:28
6/23(土)ミラクルワイド推奨馬
閲覧 188ビュー コメント 1 ナイス 3

6/23(土)ワイド推奨馬です

阪神6R 4番 ミスルーア

阪神8R 5番 ブランモンストール

阪神11R 2番 エンヴァール

東京2R 5番 オオイリ

東京4R 11番 カエデ

東京7R 7番 アトムアストレア

東京9R 6番 ロジムーン

函館11R 8番 ストロングバローズ

函館12R 15番 スリーランディア

宝塚記念の前に函館11R 大沼Sで一稼ぎ 11-4.8

*宝塚記念は馬場が回復すれば高速馬場の大阪杯で粘ったタンビュラントの一発を一考したい

[もっと見る]

 ブルー☆ギラヴァンツ 2018年6月22日(金) 21:04
6/23 特別レース 重賞予想
閲覧 57ビュー コメント 0 ナイス 0

明日6/23 単複王です
No.431 阪神 9 豊中特別(500万下) ◎ タスクフォース ◯ エルティグレ
No.432 阪神 10 京橋特別(1000万下) ◎ インヘリットデール ◯ ショパン
No.433 阪神 11 垂水S(1600万下) ◎ ブラックスビーチ ◯ キョウヘイ
No.434 東京 8 東京JS(G3) ◎ アスターサムソン ◯ サトノアッシュ

No.435 東京 9 日野特別(500万下) ◎ マリームーン ◯ ヘルデンレーベン
No.436 東京 10 八ケ岳特別(1000万下) ◎ アドヴェントス ◯ リカビトス
No.437 東京 11 夏至S(1600万下) ◎ スピーディクール ◯ スマートダンディー

No.438 函館 9 湯川特別(500万下) ◎ ジェシー ◯ スパイクナード
No.439 函館 11 大沼S(OP) ◎ リーゼントロック ◯ ストロングバローズ
No.440 函館 12 長万部特別(500万下) ◎ ポップシンガー ◯ サレンティーナ


つづいて
No. 69 東京ジャンプステークス ◎ アスターサムソン ◯ ジャズファンク △ マテンロウハピネス ☆ サーストンコラルド タマモプラネット

[もっと見る]

⇒もっと見る

ストロングバローズの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  HELPRO   フォロワー:1人 2018年6月23日() 15:31:31
関東馬なので藤岡佑介騎乗では伸び一息でも今回は仕方ない。
今日(土曜日)の堀厩舎は、鞍上の起用ミスが全てに祟っているのが目立った。

ストロングバローズの写真

ストロングバローズ
ストロングバローズ

ストロングバローズの厩舎情報 VIP

2018年6月23日大沼ステークス4着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ストロングバローズの取材メモ VIP

2018年4月8日 梅田ステークス 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。