リゾネーター(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2014年4月23日生
調教師牧光二(美浦)
馬主有限会社 シルクレーシング
生産者Hubert Vester
生産地
戦績 6戦[3-0-0-3]
総賞金3,151万円
収得賞金1,900万円
英字表記Resonator
血統 Blame
血統 ][ 産駒 ]
Arch
Liable
Bluegrass Sara
血統 ][ 産駒 ]
Tabasco Cat
Saratoga Babe
兄弟
前走 2017/07/12 ジャパンダートD G1
次走予定

リゾネーターの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/07/12 大井 11 ジャパンDD G1 ダ2000 14--------4** 牡3 56.0 木幡巧也牧光二537(--)2.06.1 0.3----ヒガシウィルウィン
17/05/04 園田 10 兵庫CS G2 ダ1870 12--------4** 牡3 56.0 木幡巧也牧光二535(--)2.02.7 2.1----タガノディグオ
17/04/02 中山 10 伏竜S OP ダ1800 10892.411** 牡3 56.0 木幡巧也牧光二540(+8)1.52.6 -0.737.1サンライズノヴァ
17/01/05 中山 6 3歳500万下 ダ1800 163510.651** 牡3 54△ 木幡巧也牧光二532(+18)1.56.0 -1.138.8キャプテンキング
16/10/22 新潟 2 2歳未勝利 ダ1800 14454.821** 牡2 53△ 木幡巧也牧光二514(+8)1.55.0 -0.238.4カンムル
16/08/14 新潟 6 2歳新馬 ダ1800 156117.034** 牡2 51▲ 木幡巧也牧光二506(--)1.57.1 2.740.3④⑥⑥⑥エピカリス

リゾネーターの関連ニュース

 7月12日(水)の大井競馬11Rで行われた第19回ジャパンダートダービー(交流GI、3歳オープン、選定馬、定量、ダート・右2000メートル、14頭立て、1着賞金=4500万円)は、本田正重騎手騎乗の5番人気ヒガシウィルウィン(牡、船橋・佐藤賢二厩舎)が好位追走から直線外めを力強く伸びて東京ダービーに次ぐ2冠制覇を達成。タイムは2分5秒8(良)。

 主戦の森泰斗騎手(もりたいと 36歳)は6月20日の船橋競馬で落馬負傷(右足の踵を骨折)したため、この日のヒガシウィルウィンの鞍上は本田正重騎手(ほんだまさしげ 29歳)が務めた。

 「ホントにうれしい。みなさまのおかげでGIジョッキーになることができました。東京ダービー馬に乗ることになって、驚きと喜び、もちろんプレッシャーもありました。毎日、考え続けてこの日を迎えました。昔から泰斗さん(森泰斗騎手)にはかわいがってもらっていたし、泰斗さんのぶんまでという思いも強かったです」と先輩に替わって大仕事をなしとげた本田騎手から安堵の笑みがこぼれる。

 「道中は追ってはいたんですけど、手応えもあったし、前に離されないようにだけ考えて乗っていました。直線は馬も頑張ってくれましたね。ヒガシウィルウィンは南関東をしょって立つ馬になると思うのでこれからも応援してください」と本田騎手は馬の強さを称えて、スタンドを埋め尽くしたファンに頭を下げた。

 クビ差の2着には先行して最内を粘ったサンライズソア(4番人気、JRA所属)、さらに1馬身差遅れた3着に大外から追い込んだタガノディグオ(2番人気、JRA所属)。1番人気のサンライズノヴァ(JRA所属)は中団追走から直線外めを追い上げたが、伸びを欠いて6着に敗れた。

 ジャパンダートダービーを勝ったヒガシウィルウィンは父サウスヴィグラス、母プリモタイム、母の父ブライアンズタイムという血統。北海道新ひだか町・グランド牧場の生産馬で、馬主は(株)MMC。通算成績は14戦7勝。重賞は2016年サンライズC・門別H2、2017年ニューイヤーC・浦和SIII、京浜盃・大井SII、東京ダービー・大井SIに次ぐ5勝目。ジャパンダートダービーは佐藤賢二調教師は2001年トーシンブリザードに次ぐ2勝目、本田正重騎手は初優勝。

 ◆川田騎手(2着 サンライズソア)「2000メートルも、初めてのナイターもこなしてくれました。もうちょっとでしたね」

 ◆川島騎手(3着 タガノディグオ)「道中は上手に立ち回れた。1番人気の馬を意識しながら、展開的にはイメージ通りだったけど…」

 ◆木幡巧騎手(4着 リゾネーター)「スタートはいつもほど出ず、戸惑っていた。向こう正面での反応は良く、余力を残して直線を向けたけど、甘くなかったですね」

 ◆鮫島良騎手(5着 ノーブルサターン)「いいペースで行けた。早めにプレッシャーをかけられたけど、最後まで粘っていた」

 ◆戸崎騎手(6着 サンライズノヴァ)「距離がどうかと思っていたけど、結果的に長かったのかな。道中の手応えは良かったが、追って反応がなかった」

 ◆的場文騎手(7着 ブラウンレガート)「ずっと平均ペースだったし、この馬としては力を出している」

 ◆大野騎手(8着 ローズプリンスダム)「いい位置に付けられたけど、特殊な馬場が響いたのかな。でも、脚質に幅が出たし、前に乗ったときよりも力をつけている」

【JDD】JRA出走予定馬が決定2017年7月6日(木) 17:30

 7月12日(水)に大井競馬場で行われるジャパンダートダービーのJRA所属の出走予定馬および出走予定騎手が決定した。

 「第19回ジャパンダートダービー」(大井競馬場、交流GI、3歳オープン、定量、ダート・右2000メートル)

【JRA所属の出走予定馬】7頭

サンライズソア(牡、栗東・河内洋厩舎、川田将雅騎手)サンライズノヴァ(牡、栗東・音無秀孝厩舎、戸崎圭太騎手)シゲルコング(牡、美浦・松永康利厩舎、内田博幸騎手)タガノディグオ(牡、栗東・宮徹厩舎、川島信二騎手)ノーブルサターン(牡、栗東・牧浦充徳厩舎、鮫島良太騎手)リゾネーター(牡、美浦・牧光二厩舎、木幡巧也騎手)ローズプリンスダム(牡、美浦・畠山吉宏厩舎、大野拓弥騎手)

[もっと見る]

【ジャパンダートダービー】出走予定馬〜7月3日2017年7月3日(月) 17:58

【他地区】
サザンオールスター(愛知)
サンタンパ(愛知)

【JRA所属馬】
サンライズソア(栗東)
サンライズノヴァ(栗東)
シゲルコング(美浦)
タガノディグオ(栗東)
ノーブルサターン(栗東)
リゾネーター(美浦)
ローズプリンスダム(美浦)

【南関東】
カンムル(浦和)
キャッスルクラウン(船橋)
キャプテンキング(大井)
サヴァアルジャン(浦和)
ヒガシウィルウィン(船橋)
ブラウンレガート(大井)

[もっと見る]

【ジャパンダートダービー】JRA出走予定馬が発表2017年6月25日() 17:53

 7月12日(水)に大井競馬場で行われるジャパンダートダービーのJRA所属の出走予定馬および補欠馬が6月25日、発表された。 「第19回ジャパンダートダービー」(大井競馬場、交流GI、3歳オープン、定量、ダート・右2000メートル)【JRA所属の出走予定馬】7頭サンライズソア(牡、栗東・河内洋厩舎、川田将雅騎手)サンライズノヴァ(牡、栗東・音無秀孝厩舎、戸崎圭太騎手)シゲルコング(牡、美浦・松永康利厩舎、騎手未定)タガノディグオ(牡、栗東・宮徹厩舎、騎手未定)ノーブルサターン(牡、栗東・牧浦充徳厩舎、騎手未定)リゾネーター(牡、美浦・牧光二厩舎、木幡巧也騎手)ローズプリンスダム(牡、美浦・畠山吉宏厩舎、騎手未定)【JRA所属の補欠馬】5頭(補欠順位順)1.テイエムアンムート2.クリノフウジン3.ブルベアバブーン4.ハヤブサナンデダロ5.トラネコ

[もっと見る]

【ユニコーンS】横山典でベンガルトラ変幻自在2017年6月17日() 11:21

 まさに飛車角落ちの’17砂のダービー。シゲルベンガルトラが玉座に腰を下ろしても何ら不思議はない。

 ベンガルトラを将棋の駒に例えれば香車、はたまた桂馬か。5戦連続でOP特別ばかりを走り、(7)(3)(4)(3)(3)着。例年なら単なる善戦マンの評価で終わるところだが、今年に限ってはそう簡単に問屋は卸さない。

 確かに地方交流GI勝ちがあるリエノテソーロが別格、に異論はない。しかし、肝心要の中央のOP実績馬となると大いに心許ない。3歳ダOP特別勝ち馬の動向を以下に並べると…。

 ヒヤシンスS=エピカリス→不出走、昇竜S=テイエムヒッタマゲ→出走、伏竜S=リゾネーター→不出走、端午S=マイネルバールマン→不出走、青竜S=サンライズソア→出走、鳳雛S=ローズプリンスダム=不出走、となる。

 つまり、各レースの覇者6頭のうち出走するのはたった2頭だけ。ヒヤシンスS、昇竜S、伏竜S、青竜Sの勝ち馬がそろっていた昨年とは比べるべくもない。

 さらにヒヤシンスS2着アディラート、鳳雛S2着リヴェルディまで除外の憂き目に。もし、今回不出走のOP上位馬がベンガルトラの前5戦でも不在だったら、机上の空論とはいえ(1)(2)(2)(2)(3)着に様変わりしてしまうほどだ。

 もちろん、鬼の居ぬ間に…だけの期待だけではない。2走前は4角12番手から、一転、前走は逃げていずれも3着と見せ場を作った。「どんなポジションであろうとしぶとい脚を使える。そういう意味では長い直線は合う」と、服部調教師もファイティングポーズを崩さない。

 この自在味あふれるベンガルトラに、こちらも変幻自在の横山典騎手が降臨。あまりにもお似合いすぎて怖いくらいだ。

 “究極の3連単”は“別格”リエノテソーロとの1・2着固定で勝負といく。

(夕刊フジ)

ユニコーンSの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【兵庫CS】タガノディグオが重賞初制覇 2017年5月4日(木) 16:30

 5月4日(祝・木)の園田競馬10Rで行われた第18回兵庫チャンピオンシップ(交流GII、3歳オープン、選定馬、定量、ダート・右1870メートル、12頭立て、1着賞金=2800万円)は、川島信二騎手騎乗の3番人気タガノディグオ(牡、栗東・宮徹厩舎)が道中5番手追走から前との差を詰めていき、直線は逃げ粘るノーブルサターンを外からかわして重賞初制覇。タイムは2分0秒6(良)。

 3/4馬身差の2着にはマイペースで逃げたノーブルサターン(5番人気)、さらに3馬身離れた3着に2、3番手から粘り込んだクイーンマンボ(2番人気)。1番人気のリゾネーターは4番手追走から伸びを欠き、4着に敗れた。

 ◆川島信二騎手「今日も園田で早いレースに乗せていただいて、前残りの競馬が多かったので、意識してスタートを出していきました。馬場入りで尻っぱねをしたり、まだ子供っぽいところはあるのですが、最後まで頑張ってくれましたね。まだまだ良くなっていく馬だと思うので、これからも楽しみです」

 兵庫チャンピオンシップを勝ったタガノディグオは、父エンパイアメーカー、母タガノティアーズ、母の父タニノギムレットという血統。北海道新冠町・新冠タガノファームの生産馬で、八木良司氏の所有馬。通算成績は10戦3勝。重賞初制覇。兵庫CSは、宮徹調教師は初優勝、川島信二騎手は2012年オースミイチバンに次いで2勝目。

[もっと見る]

⇒もっと見る

リゾネーターの関連コラム

関連コラムはありません。

リゾネーターの口コミ


口コミ一覧

JDDの日

 ぽんちょ2017 2017年7月12日(水) 08:48

閲覧 92ビュー コメント 0 ナイス 2

今日は買う前に予想をアップしてみます。
結果が変わるかな、、、

◎3 タガノディグオ
◯8 サンライズソア
▲12 サンライズノヴァ
★4 ヒガシウィルウィン
△2 ローズプリンスダム
△10 リゾネーター

◎3 複勝 1000円
◎3-◯8 馬連 1000円
3連単6頭BOX 100円

サンライズノヴァが飛ばないかなぁ〜
戸崎は調子良いし、無理かな^^;

川島さん、頑張れ!
あと川田さんも笑

 銀色のサムライ 2017年5月4日(木) 19:07
かしわ記念 予想
閲覧 93ビュー コメント 4 ナイス 18

昨日から始まった地方競馬の交流重賞3連戦。

1戦目のかきつばた記念は園田・トウケイタイガーが2着に4馬身差をつける快勝!
1コーナーに入るまでに同じ逃げ馬のドリームキラリを外からブロックしたところで勝負あり、といったレースでした。

中央時代は1000万下まで上がるのがやっとの馬でしたけど、
52kgの軽いハンデが効いたとはいえ、見事な逃げ切り勝ちでした。

今日行われた2戦目・兵庫チャンピオンシップは中央のタガノディグオが優勝!
いつも後方からレースを運ぶ馬が今回は先頭から5番手の好位置を確保。
道中の位置取りも最高でしたし、終始冷静な立ち回りをした川島騎手の騎乗もあっぱれです。

僕は1番人気・リゾネーターの先行押し切りに期待したんですけど、
勝ち馬から2.1秒離された4着、とまさかの惨敗…。

初の関西圏遠征でしたし、鞍上・木幡巧騎手もまだキャリア不足。
危険な要素はそろっていたとはいえ、こんなにあっけなく負けてしまうとは…。


ここからは、明日船橋競馬場で行われるG1・かしわ記念を展望していきます。

本命はインカンテーションにしました。

ケガの影響で冴えないレースばかりしていましたが、
2走前のフェブラリーSで果敢に逃げた事で馬が変わったようで、
前走・マーチSは57.5kgの厳しいハンデを感じさせない走りを見せ、1年10ヶ月ぶりに重賞制覇を果たしました。

初の船橋参戦となる点はマイナス材料ですけど、
他馬も頼りない感じがしますので、前走快勝の勢いを重要視したい、と考えました。

本来ならベストウォーリアに◎を打つべきなのかもしれませんが、
中間にアクシデントがあったようで、追い切り本数が足りていませんから、
1着安泰ではない、と判断しました。

[もっと見る]

 DBオーナー 2017年5月4日(木) 11:40
兵庫チャンピオンS
閲覧 65ビュー コメント 1 ナイス 7

リゾネーターは信用に足りるか?
悩むな・・・

[もっと見る]

⇒もっと見る

リゾネーターの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

リゾネーターの写真

投稿写真はありません。

リゾネーターの厩舎情報 VIP

2017年4月2日伏竜ステークス1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

リゾネーターの取材メモ VIP

2017年4月2日 伏竜ステークス 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。