注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

バティスティーニ(競走馬)

注目ホース
バティスティーニ
写真一覧
現役 牡4 鹿毛 2013年2月9日生
調教師松田国英(栗東)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 4戦[2-0-1-1]
総賞金3,332万円
収得賞金900万円
英字表記Battistini
血統 キングカメハメハ
血統 ][ 産駒 ]
Kingmambo
マンファス
バプティスタ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ビーバップ
兄弟 イースターデウスウルト
前走 2016/09/03 日高特別
次走予定

バティスティーニの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
16/09/03 札幌 12 日高特別 1000万下 芝2000 16364.428** 牡3 54.0 浜中俊松田国英486(+16)2.02.4 1.436.1⑪⑩⑪⑫ラヴィエベール
15/12/27 中山 9 ホープフルS G2 芝2000 13683.423** 牡2 55.0 C.ルメー松田国英470(+2)2.02.3 0.535.1⑧⑧⑦⑥ハートレー
15/11/15 京都 9 黄菊賞 500万下 芝2000 11222.411** 牡2 55.0 C.ルメー松田国英468(-4)2.01.0 -0.635.4⑩⑨⑨⑤レヴィンインパクト
15/10/12 京都 5 2歳新馬 芝2000 9552.321** 牡2 55.0 C.ルメー松田国英472(--)2.03.4 -0.334.2アイファープリティ

バティスティーニの関連ニュース

 ハギノハイブリッドは函館Wコースでバティスティーニを2馬身追走し、4角過ぎに並びかけると、直線はともに強めに追われて併入した。4月の大阪−ハンブルクC3着以来だが、函館での併せ馬はこれが5本目と実に入念だ。

 ●松田国調教師「いい追い切り。2週前は同じ相手にアオられていたんだから、追うごとに良くなっている。以前から気になっていた変な咳も出ていない」(夕刊フジ)

★札幌記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

バティスティーニ骨折 春のクラシックは絶望的2015年12月31日(木) 05:01

 ホープフルS3着バティスティーニ(栗・松田国、牡2)が左前橈(とう)骨遠位端を骨折していることが分かった。オーナーのサンデーレーシングのホームページによると、全治6カ月以上の見込みで、春のクラシックは絶望的となった。年明けに北海道へ移動して骨片除去手術を行う予定。

[もっと見る]

【ホープフルS】ハートレーが無傷V2で重賞制覇! 2015年12月27日() 14:45

 27日の中山9Rで行われた第32回ホープフルステークス(2歳オープン、GII、芝2000メートル、12頭立て=ディーマジェスティは出走取消、1着賞金=6500万円)は、ヒュー・ボウマン騎手騎乗の3番人気ハートレー(牡、美浦・手塚貴久厩舎)が直線鮮やかに差し切ってV。新馬戦に続く2連勝で重賞Vを果たした。タイムは2分1秒8(良)。

 前週のGIに続き、今週もキャリア1戦の馬が勝利を飾った。ディープインパクト産駒の良血馬ハートレーが人気2頭をあっさりと打ち破って完勝。来春のクラシック候補に名乗りを上げた。

 レースはラブレオが先手を取り、ブラックスピネルが2番手、さらにオンザロックスが3番手に続いた。その後ろにネコダンサープランスシャルマンがつけ、人気のロードクエストは最後方からの競馬。直線に向くとブラックスピネルが先頭に立つが、坂を上がってからは差し馬が台頭してくる。中でも脚いろが目立ったのがハートレー。序盤は中団馬群の後ろにつけていたが、4コーナーでロードクエストの仕掛けに合わせてゴーサインを出すと、ひと足早い仕掛けで先に出て、最後までライバルに抜かれることなく快勝した。クラブ法人で募集価格1億円の値が付いた期待馬が、キャリア2戦目にして重賞V。来春への夢を大きくふくらませている。1馬身1/4差の2着はロードクエスト。さらに1馬身3/4差の3着が2番人気のバティスティーニだった。

 ハートレーは、父ディープインパクト、母ウィキッドリーパーフェクト、母の父Congratsという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、(有)サンデーレーシングの所有馬。通算成績は2戦2勝。重賞初勝利。手塚貴久調教師、ヒュー・ボウマン騎手ともにホープフルSは初勝利。

 短期免許の最終日に日本での重賞初制覇を果たしたボウマン騎手は「馬が飛んでいましたね。『自分が思うような馬だったら、たぶん差せる』と自信を持っていたので、ゆっくり脚をためようと思って運びました。すごい馬です。(ロードクエストが外から来ていたが)別に心配していませんでしたよ。能力を信頼していたし、道中もロードが脚を使っていたのを見ていますから。調教のときも言いましたが、とにかく頭が良くて自分のすることが分かっています。走るディープインパクト産駒は、みんなこんな感じで能力を持っていると思います」と追い切りで得た手応え通りの走りに満足げな表情を浮かべていた。

★27日中山9R「ホープフルS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【ホープフルS】厩舎の話2015年12月25日(金) 05:04

 ◆アドマイヤエイカン・岩田騎手 「今回もいいレースをしてくれると思う」

 ◆オンザロックス・日高助手 「うまく前めの内で立ち回れば」

 ◆クラウンスカイ・小野師 「抑える競馬をさせるつもり」

 ◆ディーマジェスティ・蛯名騎手 「古馬相手に楽に動いていた。順調で落ち着いている」

 ◆ネコダンサー・石橋騎手 「自分の競馬(逃げ・先行)でどこまで」

 ◆バティスティーニ・松田国師 「攻め駆けする相手に最後も余裕があった」

 ◆ハートレー・ボウマン騎手 「3頭併せの真ん中でもためらわず、素晴らしい動き」

 ◆ブラックスピネル・音無師 「先行しても掛からないし、根性もある」

 ◆プランスシャルマン・相田助手 「まだ底を見せていない魅力がある」

 ◆ブレイブスマッシュ・横山典騎手 「レース経験を積んで覚えればいい」

 ◆プレイヤーサムソン・大和田師 「中間はリズムがよくない」

 ◆ラブレオ・松田助手 「体は仕上がっている」

 ◆ロードクエスト・小島茂師 「体重は変わっていませんが、幅が出ていい感じ」

[もっと見る]

【ホープフルS】追って一言2015年12月24日(木) 05:04

 ◆アドマイヤエイカン・岩田騎手 「叩き2走目で動きはよくなっている。前走は休み明けでも3着と走っているし、今回もいいレースをしてくれると思う」

 ◆クラウンスカイ・小野師 「状態は変わりない。2000メートルは長いかもしれないが、今度は抑える競馬をさせるつもり」

 ◆ネコダンサー・石橋騎手 「背中の感じやけいこの動きは悪くない。自分の競馬でどこまで」

 ◆バティスティーニ・松田国師 「半馬身後ろにつけ、折り合っていたし、攻め駆けする相手に最後も余裕があった。これまでの2走以上に仕上げた」

 ◆ブラックスピネル・音無師 「全体の時計は思ったほどでないけど、馬場が悪かったからね。ラスト1ハロン12秒4ならいい。先行しても掛からないし根性もある」

 ◆プランスシャルマン・相田助手 「先週、びっしりとやったので反応を確かめる程度だったが、最後はグイッと伸びた。まだ底を見せていない魅力がある」

 ◆プレイヤーサムソン・大和田師 「能力の高い馬ですが、この中間はリズムがよくないので、この相手でどこまで戦えるか」

 ◆ラブレオ・松田助手 「札幌戦以来の休み明けになるが、体は仕上がっている。単走でも動きはよかったので、どこまでやれるかな」

[もっと見る]

【めざせクラシック】小島茂師、クエストの仕上がりに自信 2015年12月23日(水) 05:00

 デスク 朝日杯FSを見ればわかるが、今年の2歳牡馬はレベルが高いな。

 森本 勝ったリオンディーズと2着のエアスピネルは、間違いなくクラシック戦線をリードしていくでしょう。

 デスク それはもちろんだが、今週のホープフルSも注目のレース。前身のラジオNIKKEI杯2歳Sから多くのGIホースを出している。

 森本 まずは2戦2勝のバティスティーニからいきましょう。松田国調教師は「(後ろからになった)前走のような競馬では皐月賞は無理。上手に走らないといけないコースだし、そのために中間はプールを併用するなど、調整を工夫している」と早くも同じ舞台の皐月賞を意識してます。

 デスク 札幌2歳Sを勝っているアドマイヤエイカンは。

 森本 前走の京都2歳Sは3着でしたが、須貝調教師は「3、4コーナーで脚を使ったので、ラスト50メートルで止まった。それに前残りの競馬になったからね。まだ完成途上で相手も強くなるが、中山のトリッキーな馬場は合っていると思う」と巻き返しに力が入ってます。

 デスク 萩Sを勝ったブラックスピネルも強い。

 森本 音無調教師は「前走は並ばれてからしぶとかった。根性があるのはわかったし、前走のような競馬なら」と意気込んでいます。

 デスク 美浦はどう。

 芳賀 ロードクエストの小島茂調教師は「仕上がっているし、今回も走れそう。常にゆるい感じはあるが、その状態で勝ってきている。うちの馬が勝って、来年のクラシックをおもしろくしたい」とハイトーンでした。

 デスク 強気だね。ほかは。

 芳賀 プランスシャルマンの相田助手は「幼さが残るなかでも結果を出しています。強い相手と戦っていますし、時計的にも2走前くらい走れれば」と前向き。ハートレーは1週前の追い切りにまたがった嶋田騎手が「メッチャいいですよ」と絶賛してます。

[もっと見る]

⇒もっと見る

バティスティーニの関連コラム

閲覧 2,754ビュー コメント 0 ナイス 4

 2015年の2歳戦線もいよいよクライマックス。来週12月13日には阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳G機阪神芝1600m外)が、再来週12月20日には朝日杯フューチュリティステークス(2歳G機阪神芝1600m外)が開催されます。2歳戦全体や9月12日〜12月27日のシーズン表彰を狙える位置にいるプレイヤーの皆さんは、“愛馬”の動向に一喜一憂する日々を過ごしていらっしゃるんじゃないでしょうか。

 もっとも、POG期間全体から見れば、今はまだ中盤戦に差し掛かったかどうかといったところ。ブルジョアワールド、アベレージワールドは12月7日に最後の仮想オーナー枠開放が控えていますし、最終結果を左右するような高額賞金レースは年明け以降にもたくさんありますから、今後の入札や各馬の成長次第ではどのプレイヤーにも優勝のチャンスがあるはずです。

 今回は各カテゴリーごとにこれまでのレースでマークしたU指数が優秀な馬をピックアップしてみました。特にブルジョアワールド、アベレージワールドの方は、次回以降の入札における追加指名の候補馬として注目してみてください。

■重賞のレースにおけるU指数トップ10
97.4 エアスピネル 11月14日 京都11R 芝1600m デイリー杯2歳S(1着)
96.5 ボールライトニング 11月7日 東京11R 芝1400m 京王杯2歳S(1着)
94.8 アドマイヤモラール 11月7日 東京11R 芝1400m 京王杯2歳S(2着)
94.8 シャドウアプローチ 11月7日 東京11R 芝1400m 京王杯2歳S(3着)
94.8 レッドラウダ 11月7日 東京11R 芝1400m 京王杯2歳S(4着)
94.8 トウショウドラフタ 11月7日 東京11R 芝1400m 京王杯2歳S(5着)
94.6 ブランボヌール 7月26日 函館11R 芝1200m 函館2歳S(1着)
93.9 オデュッセウス 11月7日 東京11R 芝1400m 京王杯2歳S(6着)
93.5 ドレッドノータス 11月28日 京都11R 芝2000m 京都2歳S(1着)
93.5 リスペクトアース 11月28日 京都11R 芝2000m 京都2歳S(2着)

 トップは11月14日のデイリー杯2歳ステークス(2歳G供Φ都芝1600m外)でエアスピネルエアメサイアの2013)がマークした97.4。衝撃的な勝ちっぷりで話題を集めましたが、U指数もパフォーマンスの優秀さを裏付けています。朝日杯フューチュリティステークスはもちろん、順当ならば来春の3歳牡馬クラシック戦線でも主役級の扱いを受けることになりそうです。
 全体的に上位入線馬のU指数が優秀だったのは11月7日の京王杯2歳ステークス(2歳G供ε豕芝1400m)。特に勝ったボールライトニング(デフィニットの2013)はエアスピネルと遜色ない水準でした。芝短距離戦線はこのレースを経由した馬たちに注目しておくべきでしょう。
 芝1800m以上の重賞における最高値は、11月28日の京都2歳ステークスでドレッドノータスディアデラノビアの2013)、リスペクトアース(アースグリーンの2013)がマークした93.5。ドレッドノータスはウマニティPOGこそmizumizuさんにひと足早く落札されてしまったものの、私のプライベートPOGにおいては命運を左右しそうな指名馬の一頭なので、陰ながら応援しております(笑)。

■オープン特別のレースにおけるU指数トップ10
92.9 ラズールリッキー 11月15日 福島10R 芝1200m 福島2歳S(1着)
90.8 コスモアルコン 11月15日 福島10R 芝1200m 福島2歳S(2着)
90.7 ボーダレス 10月3日 中山9R 芝1200m カンナS(1着)
90.1 ブラックスピネル 10月31日 京都8R 芝1800m 萩S(1着)
89.5 スマートオーディン 10月31日 京都8R 芝1800m 萩S(2着)
89.0 プロディガルサン 9月27日 中山9R 芝2000m 芙蓉S(1着)
88.8 レインボーライン 10月31日 京都8R 芝1800m 萩S(3着)
88.8 ノーブルマーズ 10月31日 京都8R 芝1800m 萩S(4着)
88.8 アルマククナ 11月15日 福島10R 芝1200m 福島2歳S(3着)
88.8 ファド 11月15日 福島10R 芝1200m 福島2歳S(4着)
88.8 アラモアナワヒネ 11月15日 福島10R 芝1200m 福島2歳S(5着)

 上位入線馬のU指数が全体的に高かったのは11月15日の福島2歳ステークス(2歳オープン・福島芝1200m)。例年の傾向を見る限り、もともと良い指数が出がちなレースではあるものの、完勝したラズールリッキー(コリンズグラスの2013)あたりは今後も要注目です。
 あとは10月31日の萩ステークス(2歳オープン・京都芝1800m外)組も面白い存在。既にスマートオーディン(レディアップステージの2013)が11月23日の東京スポーツ杯2歳ステークス(2歳G掘ε豕芝1800m)で優勝を果たしました。

■500万下のレースにおけるU指数トップ10
92.7 バティスティーニ 11月15日 京都9R 芝2000m 黄菊賞(1着)
92.0 トウショウドラフタ 11月22日 東京9R 芝1400m からまつ賞(1着)
91.9 ニシノジャーニー 11月29日 東京7R 芝1600m ベゴニア賞(1着)
91.6 レガーロ 11月21日 京都9R ダ1800m もちの木賞(1着)
91.6 スマートシャレード 11月21日 京都9R ダ1800m もちの木賞(2着)
91.3 ショウナンライズ 10月25日 東京9R 芝1400m くるみ賞(1着)
91.1 ティソーナ 11月29日 東京7R 芝1600m ベゴニア賞(2着)
91.1 シルバーステート 10月17日 京都9R 芝2000m 紫菊賞(1着)
90.5 プレスティージオ 10月3日 阪神9R ダ1400m ヤマボウシ賞(1着)
90.5 オーマイガイ 11月14日 東京9R ダ1400m オキザリス賞(1着)
90.5 ストロングバローズ 11月14日 東京9R ダ1400m オキザリス賞(2着)

 注目はやはり11月15日の黄菊賞(2歳500万下・京都芝2000m内)を制したバティスティーニバプティスタの2013)。全兄にデウスウルト、半兄にイースターらがいる良血馬ですし、次走に予定しているホープフルステークス(2歳G供γ羯骸2000m内)の結果次第では、クラシック戦線の主役級と評されてもおかしくありません。また、この時期は「遅い日付のレースほど高いU指数が出やすい」という傾向もあるので、10月中旬までに優秀な数字をマークしたシルバーステート(シルヴァースカヤの2013)、プレスティージオ(スーリアの2013)あたりも将来有望だと思います。

■未勝利のレースにおけるU指数トップ10
90.5 クリムゾンバローズ 11月23日 東京2R ダ1300m 2歳未勝利(1着)
89.0 ビービーバーレル 8月22日 新潟1R 芝1600m 2歳未勝利(1着)
88.7 ダイワダッチェス 11月14日 東京4R 芝1400m 2歳未勝利(1着)
87.9 キョウエイギア 10月3日 阪神1R ダ1800m 2歳未勝利(1着)
87.8 ゼンノサーベイヤー 9月13日 阪神1R ダ1400m 2歳未勝利(1着)
87.6 ラズールリッキー 11月1日 福島2R 芝1200m 2歳未勝利(1着)
87.4 シルバーステート 7月25日 中京1R 芝1600m 2歳未勝利(1着)
87.3 ラニ 11月22日 京都2R ダ1800m 2歳未勝利(1着)
87.1 ハレルヤボーイ 9月19日 中山3R 芝1600m 2歳未勝利(1着)
87.0 ストライクショット 11月14日 東京4R 芝1400m 2歳未勝利(2着)

 上記10頭のうち、シルバーステートラズールリッキーラニ(Heavenly Romanceの2013)は既に2勝目をマーク。勝ち上がったレースの条件はさまざまですが、どの馬もそれぞれの得意カテゴリーで獲得ポイントを伸ばしてきそうです。

■新馬のレースにおけるU指数トップ10
87.9 マイネルハニー 11月15日 東京5R 芝1600m 2歳新馬(1着)
86.5 ドーヴァー 11月15日 東京6R 芝1400m 2歳新馬(1着)
85.6 ヴェンジェンス 9月27日 阪神6R ダ1400m 2歳新馬(1着)
84.7 ストロボフラッシュ 11月14日 東京5R ダ1400m 2歳新馬(1着)
84.7 キラージョー 11月8日 東京5R 芝1800m 2歳新馬(1着)
84.6 ラルク 11月7日 京都6R 芝1600m 2歳新馬(1着)
84.4 サトノダイヤモンド 11月8日 京都5R 芝2000m 2歳新馬(1着)
83.9 アポロテキサス 10月18日 新潟5R ダ1200m 2歳新馬(1着)
83.9 チェッキーノ 11月15日 東京6R 芝1400m 2歳新馬(2着)
83.5 リオンディーズ 11月22日 京都5R 芝2000m 2歳新馬(1着)

 サトノダイヤモンド(マルペンサの2013)、チェッキーノハッピーパスの2013)、ラルク(ライラックスアンドレースの2013)、リオンディーズシーザリオの2013)といった良血馬がランクインしました。キラージョー(ラヴリージョウの2013)が東京スポーツ杯2歳ステークスで2着馬と0.1秒差の4着に健闘していますし、他の9頭も引き続き注目しておくべきでしょう。


■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『ウルトラ回収率 2015-2016』(ガイドワークス)、『現在(いま)の勝負気配が分かる 騎手×調教師 黄金タッグ』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)。POG専門誌の制作にもさまざまな形で携わっており、現6歳世代のPOGでは参加したすべてのドラフト(いずれも参加者20名以上)でジェンティルドンナの単独1位指名に成功した。このウマニティPOGにおいても、ミッキーアイルクラリティスカイと2年連続でG汽Εぅ福爾鮖慳召靴討い襦


登録済みの方はこちらからログイン

バティスティーニの口コミ


口コミ一覧
閲覧 107ビュー コメント 2 ナイス 14

先週行われた2歳戦を振り返ります。

【11月14日】

(500万下 オキザリス賞 東京ダ1400m)

●オーマイガイ

ストロングバローズが勝つものだ、と決めつけていたんですが、
オーマイガイにやられてしまいました。
楽に2番手につけて、直線での脚もしっかり。
新馬戦を勝った時は凄みを感じなかったんですけど、輸送競馬でも結果を出したのは◎です。

(新馬 京都ダ1800m)

●ファンドレイザー<評価:D>

アッゼニ騎手の来日初勝利のレース。
終始、騎手の手応えが悪いままでしたけど、追えば追うほど脚を伸ばすタイプのようです。

(新馬 京都芝1600m)

●ヒーズインラブ<評価:B>

520kgもの雄大な馬体を持つ牡馬。
楽に好位置につけられて、折り合いもバッチリ。終いの脚も◎でしたし、センスの高い馬です。

(新馬 東京ダ1400m)

●ストロボフラッシュ<評価:C>

好位追走からしっかり脚を使って新馬勝ち。
外国産の牝馬でオーナーが社台系ですから、繁殖牝馬としての期待も高いのかな?と思ってます。

(新馬 東京芝2000m)

●ハートレー<評価:A>

レース序盤に置かれそうになったのは気掛かりですが、
馬場の悪い内から鋭い脚を使ったのは◎。ムーア騎手の補正があったとはいえ上々の走りでした。

(新馬 福島芝1200m)

●プレゼンスブルー<評価:D>

好スタートから押し出される形でハナへ。
426kgという小柄な馬体でしたが、雨で重くなった馬場でも踏ん張りました。


【11月15日】

(OP 福島2歳S 福島芝1200m)

●ラズールリッキー

直線で2着馬に前に出られてから差し返しました。
黛騎手の進路取りも絶妙でした。

(500万下 黄菊賞 京都芝2000m)

●バティスティーニ

ノーステッキで余裕たっぷりの勝ち方でした。今回のメンバーで力が抜けてましたね。
次走はホープフルSを予定。ロードクエストの強力なライバルになりそうです。

(新馬 京都芝1800m)

●キャノンストーム<評価:C>

祖母がファレノプシスという良血馬です。
ワークフォース産駒なので、道悪馬場が合っていた、という可能性はありますが、
直線での脚は見事でしたし、良馬場でも好走できれば、先が楽しみになります。

(新馬 京都芝1400m)

●ソルヴェイグ<評価:B>

大外枠からスムーズな形でレースを進めて、2着馬が迫ってきてからもうひと伸びしました。
まだ幼い面を見せていましたので、今後の伸びしろ次第では面白い存在になりそうです。

(新馬 東京芝1600m)

●マイネルハニー<評価:B>

ハナを奪って、上がり3ハロン最速を記録する、という完璧な勝ち方でした。
楽なレースだった分、B評価としましたが、好位から差す競馬が出来れば出世していくと思います。

(新馬 東京芝1400m)

●ドーヴァー<評価:C>

緩い馬場をもろともしない走りで新馬勝ち。
姉のブルーストーンは短距離型でしたけど、この馬は距離の融通が利きそうです。


バティスティーニはクラシック候補にふさわしい勝ちっぷりでした。
ゲート難が課題ですが、これはロードクエストも同じですからね。
ホープフルSでの直接対決はどうなるでしょうか。

新馬戦では、A評価としたハートレーはもちろん、
マイネルハニー、ヒーズインラブも能力が高い馬じゃないかな、と思ってます。

先週の競馬は雨の影響を受けていますから、
パンパンの良馬場でどうか、という懸念こそあるものの、
将来性の高さを感じる馬が多かったので、次走以降の走りがとても楽しみです。

バティスティーニの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

バティスティーニの写真

バティスティーニ

バティスティーニの厩舎情報 VIP

2016年9月3日日高特別8着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

バティスティーニの取材メモ VIP

2016年9月3日 日高特別 8着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。