グレンツェント(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
グレンツェント
グレンツェント
写真一覧
現役 牡4 鹿毛 2013年4月8日生
調教師加藤征弘(美浦)
馬主有限会社 シルクレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績13戦[6-2-1-4]
総賞金18,151万円
収得賞金4,300万円
英字表記Glanzend
血統 ネオユニヴァース
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ポインテッドパス
ボシンシェ
血統 ][ 産駒 ]
Kingmambo
Hatoof
兄弟 ハイレベルバイオメイトサン
前走 2017/11/03 JBCクラシック G1
次走予定 2017/12/03 チャンピオンズカップ G1

グレンツェントの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/11/03 大井 9 JBCクラシ G1 ダ2000 13--------5** 牡4 57.0 森泰斗加藤征弘480(--)2.05.5 1.0----サウンドトゥルー
17/05/20 京都 11 平安S G3 ダ1900 168154.8210** 牡4 58.0 C.ルメー加藤征弘472(+8)1.57.7 2.038.6⑩⑩⑨⑩グレイトパール
17/04/15 阪神 11 アンタレスS G3 ダ1800 16362.319** 牡4 58.0 C.ルメー加藤征弘464(-6)1.50.5 0.636.4⑪⑪⑪⑩モルトベーネ
17/01/22 中京 11 東海S G2 ダ1800 16482.611** 牡4 55.0 横山典弘加藤征弘470(0)1.53.2 -0.136.7⑦⑧⑥⑥モルトベーネ
16/12/24 中山 11 師走S OP ダ1800 16591.511** 牡3 56.0 戸崎圭太加藤征弘470(-4)1.53.3 -0.138.4⑩⑨⑩⑩トラキチシャチョウ
16/11/06 京都 11 みやこS G3 ダ1800 16363.612** 牡3 55.0 川田将雅加藤征弘474(+6)1.50.1 0.036.1⑧⑧⑦⑧アポロケンタッキー
16/08/07 新潟 11 レパードS G3 ダ1800 13562.721** 牡3 56.0 戸崎圭太加藤征弘468(+2)1.50.6 -0.036.6⑤⑤④④ケイティブレイブ
16/06/19 東京 11 ユニコーンS G3 ダ1600 167145.033** 牡3 56.0 T.ベリー加藤征弘466(0)1.36.3 0.535.7⑪⑪ゴールドドリーム
16/05/15 東京 10 青竜S OP ダ1600 128124.221** 牡3 56.0 C.ルメー加藤征弘466(-4)1.36.9 -0.035.7アルーアキャロル
16/04/03 中山 10 伏竜S OP ダ1800 157132.822** 牡3 56.0 A.シュタ加藤征弘470(+2)1.52.7 0.338.1⑨⑨⑦⑦ストロングバローズ
16/03/05 中山 6 3歳500万下 ダ1800 12562.521** 牡3 56.0 C.ルメー加藤征弘468(-2)1.55.1 -0.637.0⑨⑧⑦⑦スケールアップ
16/01/24 中山 2 3歳未勝利 ダ1800 166124.331** 牡3 56.0 C.ルメー加藤征弘470(+8)1.57.4 -0.739.0⑨⑨⑦ナポレオンズワード
15/08/09 新潟 5 2歳新馬 芝1800 128124.525** 牡2 54.0 M.デムー加藤征弘462(--)1.50.9 1.133.7⑤⑤イモータル

グレンツェントの関連ニュース

 12月3日(日)に中京競馬場で行われる第18回チャンピオンズカップ(3歳以上オープン、GI、ダート1800メートル、定量、フルゲート16頭、1着賞金=9700万円)の特別登録馬が19日、発表された。



 マイルチャンピオンシップ南部杯で日本競馬史上最多タイとなるGI10勝目を挙げたコパノリッキー、海外GIコリアカップを制したロンドンタウン、昨年に続く連覇がかかるサウンドトゥルー、前哨戦のみやこS覇者・テイエムジンソクなどが出走を予定している。



 他にもアウォーディー、アポロケンタッキー、ケイティブレイブといったGIウイナーが名を連ねており、熱い戦いとなりそうだ。



 登録馬23頭は以下の通り。



アウォーディー 57.0kg(牡7、栗東・松永幹夫厩舎)

アポロケンタッキー 57.0kg(牡5、栗東・山内研二厩舎)

カフジテイク 57.0kg(牡5、栗東・湯窪幸雄厩舎)

キングズガード 57.0kg(牡6、栗東・寺島良厩舎)

グレンツェント 57.0kg(牡4、美浦・加藤征弘厩舎)

ケイティブレイブ 57.0kg(牡4、栗東・目野哲也厩舎)

コパノリッキー 57.0kg(牡7、栗東・村山明厩舎)

ゴールドドリーム 57.0kg(牡4、栗東・平田修厩舎)

サウンドトゥルー 57.0kg(せん7、美浦・高木登厩舎)

テイエムジンソク 57.0kg(牡5、栗東・木原一良厩舎)

ノンコノユメ 57.0kg(せん5、美浦・加藤征弘厩舎)

ミツバ 57.0kg(牡5、栗東・加用正厩舎)

メイショウスミトモ 57.0kg(牡6、栗東・南井克巳厩舎)

モルトベーネ 57.0kg(牡5、栗東・松永昌博厩舎)

ロンドンタウン 57.0kg(牡4、栗東・牧田和弥厩舎)

ローズプリンスダム 56.0kg(牡3、美浦・畠山吉宏厩舎)



【以下除外対象】(※繰り上がり順)

1.サンライズノヴァ 56.0kg(牡3、栗東・音無秀孝厩舎)

2.メイショウウタゲ 57.0kg(牡6、栗東・安達昭夫厩舎)

3.サンライズソア 56.0kg(牡3、栗東・河内洋厩舎)

4.アスカノロマン 57.0kg(牡6、栗東・川村禎彦厩舎)

5.トップディーヴォ 57.0kg(牡5、栗東・昆貢厩舎)

6.ピオネロ 57.0kg(牡6、栗東・松永幹夫厩舎)

7.スリータイタン 57.0kg(セン8、栗東・村山明厩舎)



(※出走馬決定順はレーティング順位によって変動の可能性あり)

★チャンピオンズCの特別登録馬はこちら 調教タイムも掲載

【チャンピオンズカップ】特別登録馬2017年11月19日() 17:30

[もっと見る]

【JBCクラシック】グレン、楽々と半馬身先着2017年11月1日(水) 05:07

 グレンツェントは5カ月ぶりを感じさせない仕上がりの良さを見せている。Wコースでの追い切りは僚馬オージャイト(1000万下)との併せ馬。5ハロン68秒6、3ハロン39秒0−13秒0と軽めだったが、軽く仕掛けただけで楽々と半馬身先着。加藤征調教師は「先々週、先週とびっしり追ったのでこれで十分。スタミナを要す大井の馬場は歓迎」と期待感をにじませた。

グレンツェントの競走成績はこちら

[もっと見る]

【JBC諸競走】JRA所属の出走予定馬が決定2017年10月26日(木) 19:22

 11月3日(祝・金)に大井競馬場で行われるJBC諸競走のJRA所属の出走予定馬および騎乗予定騎手が決定した。

 「第7回JBCレディスクラシック」(大井競馬場、交流GI、3歳以上オープン、牝馬、定量、ダート・右1800メートル)

【JRA所属の出走予定馬】7頭アンジュデジール(3歳、栗東・昆貢厩舎、横山典弘騎手)キンショーユキヒメ(4歳、栗東・中村均厩舎、内田博幸騎手)クイーンマンボ(3歳、栗東・角居勝彦厩舎、クリストフ・ルメール騎手)タガノヴェローナ(3歳、栗東・中村均厩舎、岩田康誠騎手)プリンシアコメータ(4歳、美浦・矢野英一厩舎、武豊騎手)ホワイトフーガ(5歳、美浦・高木登厩舎、蛯名正義騎手)ワンミリオンス(4歳、栗東・小崎憲厩舎、福永祐一騎手)

 「第17回JBCスプリント」(大井競馬場、交流GI、3歳以上オープン、定量、ダート・右1200メートル)

【JRA所属の出走予定馬】7頭コパノリッキー(牡7歳、栗東・村山明厩舎、森泰斗騎手=船橋)コーリンベリー(牝6歳、美浦・小野次郎厩舎、松山弘平騎手)スノードラゴン(牡9歳、美浦・高木登厩舎、大野拓弥騎手)ドリームバレンチノ(牡10歳、栗東・加用正厩舎、岩田康誠騎手)ニシケンモノノフ(牡6歳、栗東・庄野靖志厩舎、横山典弘騎手)ネロ(牡6歳、栗東・森秀行厩舎、中野省吾騎手=船橋)ノボバカラ(牡5歳、美浦・天間昭一厩舎、御神本訓史騎手=大井)

 「第17回JBCクラシック」(大井競馬場、交流GI、3歳以上オープン、定量、ダート・右2000メートル)

【JRA所属の出走予定馬】7頭アウォーディー(牡7歳、栗東・松永幹夫厩舎、武豊騎手)アポロケンタッキー(牡5歳、栗東・山内研二厩舎、内田博幸騎手)オールブラッシュ(牡5歳、栗東・村山明厩舎、クリストフ・ルメール騎手)グレンツェント(牡4歳、美浦・加藤征弘厩舎、森泰斗騎手=船橋)ケイティブレイブ(牡4歳、栗東・目野哲也厩舎、福永祐一騎手)サウンドトゥルー(セン7歳、美浦・高木登厩舎、大野拓弥騎手)ミツバ(牡5歳、栗東・加用正厩舎、松山弘平騎手)

[もっと見る]

【JBCクラシック】JRA出走予定馬が発表2017年10月15日() 18:22

 11月3日(祝・金)に大井競馬場で行われるJBCクラシックのJRA所属の出走予定馬および補欠馬が10月15日、発表された。 「第17回JBCクラシック」(大井競馬場、交流GI、3歳以上オープン、定量、ダート・右2000メートル)【JRA所属の出走予定馬】7頭アウォーディー(牡7歳、栗東・松永幹夫厩舎、武豊騎手)アポロケンタッキー(牡5歳、栗東・山内研二厩舎、内田博幸騎手)オールブラッシュ(牡5歳、栗東・村山明厩舎、騎手未定)ケイティブレイブ(牡4歳、栗東・目野哲也厩舎、福永祐一騎手)サウンドトゥルー(セン7歳、美浦・高木登厩舎、大野拓弥騎手)ノンコノユメ(セン5歳、美浦・加藤征弘厩舎、騎手未定)ミツバ(牡5歳、栗東・加用正厩舎、松山弘平騎手)【JRA所属の補欠馬】5頭(補欠順位順)1.グレンツェント2.マイネルクロップ3.スリータイタン4.リーゼントロック5.モズライジン

[もっと見る]

【アンタレスS】グレンツェント、いい状態13秒0 2017年4月13日(木) 05:01

 グレンツェントはWコースで併せ馬。アサクサスターズ(1600万下)を追いかけて5ハロン67秒5、3ハロン38秒3−13秒0をマークし、楽な手応えで併入した。「放牧からすごくいい状態で帰ってきて、調子はすこぶるいい。一歩一歩、確実に力をつけているね。急坂が好きだから阪神は合うと思うし、大きく崩れることはないと思うよ」と加藤征調教師は笑顔。春の目標である帝王賞(6月28日、大井、交流GI、ダ2000メートル)に向けても弾みをつけたい。

アンタレスSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

グレンツェントの関連コラム

閲覧 931ビュー コメント 0 ナイス 0



みなさんこんにちは!

本日は京都11R「平安ステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。

重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。

重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、グレイトパールから1.0ポイント差(約1馬身差)内のクリノスターオーまで2頭。
第2グループ(黄)は、ロワジャルダンから1.0ポイント差(約1馬身差)内のアスカノロマンピオネロまで3頭。
第3グループ(薄黄)はラストインパクトから同差内のタガノエスプレッソグレンツェントロンドンタウンマイネルバイカクリソライトマイネルクロップまで7頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、上位勢では第2G→第3G間の0.9ポイント差が目立つくらいで、全般的に大きな差の生じない配置となっています。ただし、ダート重賞の場合、近走にU指数が算出されない交流重賞を使っている馬には注意が必要です。特に直近のパフォーマンスが交流重賞でその部分が“目隠し”となっているような馬は鵜呑みにすると危険かもしれません(これだけの混戦模様ですから余計に)。

そんななか今回の私の本命は◎リーゼントロックとしました。前走アンタレスSは瞬発力勝負だと苦しいこの馬にとっては不向きな上がりを求められる展開となりながら、最後まで2着争いを演じての4着。今回先行勢には厳しいハイペースとなりそうなメンバー構成ではありますが、上がりが掛かるならその点についてはプラスに働きそうです。むしろ、前は厳しいと映ることでなんとかまだ妙味を維持してくれそうな点は、個人的には追い風と捉えています。前回の健闘で前回ほど穴馬とはなってくれないだろうと当初軽視する方向で考えていましたが、思い直しての本命視。凄馬出馬表評価は下位ですが、もともと大きな差のないメンバー構成ですし、引き続き状態は良さそうなので前走以上を期待したいと思います(できれば、人気は前走以下でお願いしたいところですが果たして......)。
以下、前走は上がり36秒台のレースに対応してみせたが本来6〜8走前のようなタフなレースのほうが向きそうな○ロンドンタウン、ここまで間隔が空いたのは初めてでも休み明け好走実績がありこの条件なら相手で十分狙える▲クリノスターオー、勝ち切った6走前から持久戦になったほうが良さそうな☆ピオネロを上位評価。
そして今回の私の馬券は、恐らく◎の単複勝負になると思いますが、当コラムでは◎から○▲☆への3複勝負としたいと思います。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印

8=5,6,11=4,5,6,7,9,11,14,15,16(21点)


登録済みの方はこちらからログイン

2017年4月15日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第263回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜アンタレスステークス G3
閲覧 825ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさんこんにちは!

本日は阪神11R「アンタレスステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、モンドクラッセから1.0ポイント差(約1馬身差)内のロワジャルダンアスカノロマンまで3頭。
第2グループ(黄)は、グレンツェントから1.0ポイント差(約1馬身差)内のタガノエスプレッソまで2頭。
第3グループ(薄黄)はロンドンタウンから同差内のメイショウスミトモミツバマイネルクロップピットボスマイネルバイカモルトベーネまで7頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、上位には開きがほとんど生じない団子状態。第3G→第4G間に1.4ポイント差がありますが、それすら他の重賞と比べると小さな溝の印象でどこからでも入れそうな状況となっています。

そんな中、今回の私の本命は◎アスカノロマンに期待しました。前走から斤量1キロ減と乗り慣れた鞍上に戻って真価が問われる一戦。コース・展開的にも不利になるとは考えにくいですし、凄馬出馬表評価上位勢ではもっとも信頼できる存在とみて本命視。
○はミツバ。舞台適性という意味ではこちらも上位の存在。昨秋のシリウスステークスはこの馬には時計が速過ぎた印象で、しかも前々決着となる中で中身のある4着という内容。当時よりも脚質自在キャラに生まれ変わって迎えるJRA重賞再挑戦の今回、さらなる前進を期待したいと思っています。
▲にメイショウスミトモ。いずれも中山1800ではあるものの前走、7走前あたりの内容を評価しました。想定通りの淀みない流れなら、こちらも好相性の舞台で一発を期待できそうです。
☆にグレンツェント。能力の高さは認めますが、前走東海ステークスVは55キロでスローからの瞬発戦。斤量増もさることながら、今回求められる質も変わってきそうなペース面からも一枚割引きました。ただ、2走前に締まったペースで上り掛かる展開でも実績があるのがニクイところ。斤量が嫌われれば妙味も出てきそうで、そういった意味では今回狙い目も。
そして今回の私の馬券は、◎○▲=◎○▲からの3複で勝負とします。


【3連複フォーメーション】
◎○▲=◎○▲=印
3,8,13=3,8,13=3,4,6,7,8,10,12,13,14(19点)

[もっと見る]

2017年2月19日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第247回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜フェブラリーステークス G1
閲覧 998ビュー コメント 0 ナイス 2

みなさんこんにちは!

本日は東京11R「フェブラリーステークス G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、ベストウォーリアから1.0ポイント差(約1馬身差)内のモーニンカフジテイクノンコノユメニシケンモノノフの5頭。
第2グループ(黄)は、コパノリッキーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のゴールドドリームデニムアンドルビーアスカノロマンの4頭。
第3グループ(薄黄)は、エイシンバッケンから同差内のキングズガードインカンテーションブライトラインまでの4頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、全般的に1.0ポイント未満差が多く、結果大半の馬がトップから3.0ポイント以内に配置される状況となりました。
ただし、以前にも触れたようにダート重賞の場合、直近の戦歴に地方交流重賞が含まれるケースが多々あり、これらU指数が算出されないレース結果が今回の予想U指数にどういった影響を与えているかにも注意が必要です。

そんな中、今回の私の◎はケイティブレイブとしました。凄馬出馬表的には最下位でどうしたものかと迷いましたが、先にも書いた通りこの馬の近走は地方交流重賞ばかり。さらに、この馬の場合は明け4歳馬ということでこの低評価も致し方なしと考えています。それでいて、今回人気の同世代ゴールドドリームとはオッズは雲泥の差。さらにここに出てきていたら、おそらく上位人気の一角を占めたであろう、東海S覇者であり同じく4歳世代のグレンツェントとはレパードSで差のない競馬と、展開ひとつでこのメンバーに入っても上位に来れる力はあるように思います。正直、東京コースでのパフォーマンスには疑問符が付きますが、このオッズなのでそこには目を瞑って思い切って狙ってみます。外枠からスムーズに先行策が打てれば、あっと驚かせてくれるシーンも十分と見ています。
サウンドトゥルーは芝スタートに不安、△ゴールドドリームは鞍上共々ゲートに課題があって内枠、△モーニンは中間フレグモーネ明けで若干急ピッチ仕上げ、他にも乗り替わり等々......。今年のフェブラリーSを取り巻く“不穏”な状況から、人気薄からの勝負としてみましたが果たして!?

今回の私の馬券は◎の単複勝負の予定ですが、当コラムでは◎から○カフジテイク、▲サウンドトゥルー、☆アスカノロマンの3頭ラインへの3複で勝負とします。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
15=1,5,10=1,3,4,5,6,9,10,11,12,13,14,16(30点)

[もっと見る]

2017年1月24日(火) 17:23 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(1/21〜1/22)勢い止まらず!いっくんプロが月間プラス404万超を達成!
閲覧 1,149ビュー コメント 0 ナイス 8

先週は22(日)に中山競馬場でG2アメリカジョッキークラブカップが中京競馬場でG2東海ステークスがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。

G2アメリカジョッキークラブカップクリールカイザーが先頭で直線コースへ。直線に入るとすぐさまミライヘノツバサクリールカイザーを交わして先頭、後続はゼーヴィントルミナスウォリアーが外からまくり気味に進出、内からはタンタアレグリアも脚を伸ばしてきます。残り200mを通過、ここでルミナスウォリアーは置かれて内タンタアレグリア、中ミライヘノツバサ、外ゼーヴィントの3頭が後続を離しての叩き合い!坂を上ってミライヘノツバサが下がるとタンタアレグリアがグイッとひと伸び!外ゼーヴィントの追撃を凌いで初重賞制覇を飾りました!半馬身差の2着にゼーヴィント、そこから1馬身1/4差の3着にミライヘノツバサが入っています。

公認プロ予想家ではkmプロ馬っしぐらプロが的中しています。

G2東海ステークスショウナンアポロンが先頭で直線コースへ。逃げるショウナンアポロンのリードは1馬身、その後ろにピオネロモルトベーネリッカルド、1番人気のグレンツェントは中団外目から追い込み態勢。残り200mを通過、逃げるショウナンアポロンモルトベーネが競りかけて2頭の激しい叩き合い、これに外からグレンツェントが徐々に差を詰めて3頭がやや抜ける形。残り50m、ショウナンアポロンを競り負かしたモルトベーネが粘り込みを図るところをグレンツェントが強襲!ゴール前でしっかり捉えて重賞初制覇を飾りました!半馬身差の2着にモルトベーネ、そこから半馬身差の3着にメイショウウタゲが入っています。

公認プロ予想家ではシムーンプロ他3名が的中しています。

------------------------------------------------------------------------------

☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
21(土)京都4Rで◎ビップキャッツアイ×バンダイクブラウンメイショウツムギの3連単2151.5倍を500円的中させ、107万5750円のビッグヒット!さらには勝負レースに指定した中京11Rで◎○▲のパーフェクト予想を披露し、75万8800円を払い戻しました!週末トータル回収率319%、収支プラスは158万2850円をマーク!月間収支は驚愕の404万超プラスとなっています!

☆☆☆注目プロ →夢月プロ
22(日)中山1Rで▲アースミステリーセイウンチャームの馬連57倍を4900円的中させ、27万9300円の払い戻し!21(土)京都10Rでは最低人気の◎アダムバローズの単勝を1万円的中させ、10万1000円を払い戻しました!週末トータル回収率140%、収支プラス14万7530円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
勝負レースに指定した22(日)京都10Rで◎ニットウスバルゴルゴバローズゼンノサーベイヤーの3連複13.4倍を3600円的中させ、4万8240円を払い戻しました!この他にも京都9Rで◎×▲の印で3万9600円を払い戻し、21(土)京都11Rでも◎×○で3万7840円を払い戻しました!週末トータル回収率174%、収支プラス5万9360円をマークしています。

この他にもマカロニスタンダーズプロサウスプロ河内一秀プロ☆まんでがんプロサラマッポプロおかべプロが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
※全レースの結果速報はこちら
    
来週も競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2016年11月12日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第223回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜武蔵野ステークス G3
閲覧 863ビュー コメント 0 ナイス 6

みなさんこんにちは!

本日は東京11R「武蔵野ステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、モーニン1頭。
第2グループ(黄)は、ブライトラインから1.0ポイント差(約1馬身差)内のジェベルムーサまで3頭。
第3グループ(薄黄)は、ワイドバッハから同差内のカフジテイクまでの4頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと、上位間では総合ポイント1位のモーニンブライトライン間で1.0の溝、総合ポイント8位のカフジテイクゴールドドリーム間に1.3の溝がありますが、かなり小さい溝ですので力差はそれほどない顔ぶれと言えそうです。

私の本命は◎ゴールドドリームとしたいと思います。この馬が崩れたのは地方ダートのみで中央場所ではいずれもハイパフォーマンス!世代を代表する能力の持ち主と見ています。ユニコーンステークスで下したグレンツェントは先週のみやこステークスで負けて強しの内容でしたし、当然この馬も古馬相手に通用すると見ています。雨上がりの高速ダートにめっぽう強い父ゴールドアリュール産駒というのも買い材料です。以下、○ソルティコメント、▲タガノトネール、△キングズガードノボバカラカフジテイクブラゾンドゥリスと印を打ちます。

【馬連ながし】
8

3,4,7,11,12,13

計6点

人気のモーニンは59キロですし、本質的にマイルは長い印象です。2走ボケの雰囲気も漂ってますので思い切って消してみます(^^)/

[もっと見る]

2016年11月9日(水) 19:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(11/5〜11/6)サウスプロが京都8R◯◎で190万超払い戻し!
閲覧 889ビュー コメント 0 ナイス 7

先週は5(土)に東京競馬場でG2京王杯2歳ステークスが、京都競馬場でG3ファンタジーステークスが、6(日)に京都競馬場でG3みやこステークス、東京競馬場でG2アルゼンチン共和国杯が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G2京王杯2歳ステークスは、タイムトリップが先頭で直線コースへ。逃げるタイムトリップのリードは1馬身、これにレーヌミノルが徐々に接近し、2頭が他馬を引き離す形で200mを通過!先頭に変わって逃げ込みを図るレーヌミノルに馬場の真ん中から力強い伸び脚でモンドキャンノが猛追!2頭の叩き合いとなりましたが、外のモンドキャンノがゴール前でレーヌミノルを捉えて優勝!半馬身差の2着にレーヌミノル、そこから3馬身差の3着にディバインコードが入っています。
 
公認プロ予想家では導師嵐山プロほか9名が的中しています。
 
G3ファンタジーステークスはショーウェイが先頭で直線コースへ。軽快に逃げるショーウェイが2馬身のリードを保ったまま200mを通過、2番手にゴールドケープ、大外からはミスエルテが追い込んできます!残り100m、懸命に粘る最内ショーウェイですが、ミスエルテが豪快なストライドで猛追!ゴール前で一気に捉えると最後は流しての完勝!1馬身1/4差の2着にショーウェイ、そこからアタマ差の3着にディアドラが入っています。
 
公認プロ予想家では導師嵐山プロほか5名が的中しています。
 
G3みやこステークスモンドクラッセが先頭で直線コースへ。懸命に粘るモンドクラッセアポロケンタッキーが並びかけて200mを通過、内からロワジャルダン、外からはグレンツェントも脚を伸ばしてきます。残り100mを通過、粘るアポロケンタッキーに迫るロワジャルダングレンツェントと3頭が他馬を引き離しての叩き合い!僅かにアポロケンタッキーが外グレンツェントの追撃を振り切って重賞初V!クビ差の2着にグレンツェント、そこから3/4差の3着にロワジャルダンが入っています。

公認プロ予想家では霧プロほか3名が的中しています。

G2アルゼンチン共和国杯はクリールカイザーが先頭で直線コースへ。逃げるクリールカイザーは残り200mで一杯になると内モンドインテロ、さらには中からシュヴァルグランが脚を延ばして2頭の競り合い、外からはヴォルシェーブアルバートも追い込んできます。残り100m、ここでシュヴァルグランがもうひと伸びを見せるとモンドインテロを交わして先頭!ゴール前で迫るアルバートヴォルシェーブの追撃も抑え込んで優勝しました!2着にアルバート、そこからアタマ差の3着にヴォルシェーブが入っています。
 
公認プロ予想家では☆まんでがんプロほか4名が的中しています。
 
------------------------------------------------------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →サウスプロ
5(土)京都8Rで単勝33.7倍の◎ストライクイーグルを本命に抜擢!対抗に推した○アドマイヤロケットとの馬連381.9倍を5000円仕留め、190万9500円を払い戻しました!週末トータル回収率301%、収支プラス144万2340円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
6(日)京都1Rで◎テンザワールドからの3連単で勝負!2着に単勝95.9倍の△エイシンスペードが入り、3連単1254倍を的中!62万7000円を払い戻しました!この他にも福島8R(17万8600円払い戻し)、京都9R(10万8150円払い戻し)を的中させ、週末トータル回収率170%、収支プラス50万5000円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
5(土)福島3Rで◎ダイチヴェルデからの3連単486.9倍を的中させ39万3000円を払い戻し!同日の福島10Rでも◎プレイヤーハウスから28万3800払い戻しました!週末トータル回収率133%、収支プラス24万3930円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
6(日)東京11Rで『追って伸びるタイプで東京コース合う。力出せる。』と本命に推した◎シュヴァルグランの単勝、○アルバートとの馬連、ワイドの3点で勝負!見事3点的中のパーフェクト予想を披露し、5万4900円を払い戻しました!週末トータル回収率144%をマークしています。

☆☆☆注目プロ →kmプロ
5(土)京都9Rで『馬体に身が入ってきた。軽ハンデで一発を期待する。』と狙った◎クリノラホールの単勝を1万円的中させ、7万1000円を払い戻しました!この他にも京都8Rで◎アドマイヤロケットの単勝で23万8000円を払い戻すなど好調予想を披露し、週末トータル回収率122%、収支プラス15万6000円をマークしています。

この他にも加藤拓プロ(112%)、西野圭吾プロ(109%)、☆まんでがんプロ(104%)、馬券生活プロ(101%)、馬っしぐらプロ(100%)が回収率100%超の活躍を見せています。

※全レースの結果速報はこちら

今週もウマニティ競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

⇒もっと見る

グレンツェントの口コミ


口コミ一覧
閲覧 17ビュー コメント 1 ナイス 0

《今週の推奨馬》

★土曜日・東京10R・銀嶺S(3歳以上1600万ダート1400m)
・ラユロット
前走は今回と同じ府中ダート1400mの1000万平場戦を3馬身差の圧勝。
前々走はマイルの重賞G轡罐縫魁璽鵤咾鬘甲紊忙看圓靴燭、3走前の500万も府中ダート1400mを勝っているので同舞台は2戦2勝の無敗だ。
前走の勝ちタイム1.22.7(稍重)は、同日の準オープン・テレビ静岡賞では3着に相当する優秀な時計。
ちなみにテレビ静岡賞3着のコロマンデルは次走に準オープンを勝ち上がっている。
まだまだ伸びていく3歳馬で負け無しの舞台なら時計的にも勝ち負け必至。

★日曜日・東京9R・シャングリラ賞(3歳以上1000万ダート1400m)
・アルーアキャロル
(前走に続いて5度目の推奨)
前走は500万に降級初戦で8ヶ月の長期休養あげるだったが、後方4番手くらいから直線半ばでは楽々と抜け出してきて2馬身差での楽勝。
元々は3走前に1000万で2着してた実力馬だから昇級の壁は無い。
4走前の3歳オープン特別青竜Sではハナ差2着に惜敗だったが、この時に僅かハナ差先着されたグレンツェントは既に重賞2勝馬、3着に負かしたキョウエイギアが2走後に交流G汽献礇僖鵐澄璽肇澄璽咫爾鮠,辰討い襪里世らハイレベルであった。
今回は初めての1400mになるが広々とした府中なら問題なく叩き2戦目で勝ち負け必至。

★日曜日・東京10R・ウェルカムS(3歳以上1600万芝1800m)
・プロディガルサン
(前走に続いて2度目の推奨)
前走は降級2戦目で4ヶ月ぶりの甲斐路Sをクビ差2着に惜敗。
直線では楽な手応えで先頭に立ち楽勝かと思われたが、後方からハクサンルドルフが凄い脚で伸びてきてゴール直前で交わされ惜しい2着だったが、3着以下を2馬身半離しているのだから実力上位は明らか。
これで東京コースは[1.4.0.2]で、着外の2回はG菊本ダービー10着とG鏡塚嫋泙裡潅紊覆里如■猫薫焚爾任蕨△魍阿靴浸がない。
G靴療豕新聞杯と東スポ杯2歳S2着の実績は明らかに格上の実績だし引き続き同じ舞台なら勝ち負け必至。

 おかべ 2017年11月4日() 20:15
JBC回顧 
閲覧 77ビュー コメント 1 ナイス 10

まいどおかべです。

金、土、日の3日開催お財布の方はだいじょうぶですか?

わしはだいじょうぶじゃないです。苦しいわ。

明日取り返してきます!

忘れる前にJBCクラシック回顧やで、



サウンドトゥルー大野君が見事な差し切りやった、4角で脚色が違ったし一番伸びるところに持ち出したかな。各馬実力拮抗してお互い勝ちに出ると後ろで狙ってるこの馬に有利なるな。仕掛けもばっちり、やっぱり冬馬やったな。7歳やけどセン馬やしまだまだ第一線で行けそうやねこっから川崎記念までがこの馬のシーズンか。

ケイティブレイブゆーいちさん。自力で勝ちに出て一旦先頭?もすぐさまサウンドに来られた、キレ味では分が悪かったか、まだ4歳この路線では若手やでな。無事力付けていければチャンピオンも狙える位置におるね。

ミツバ松山君。これはノーマークでした、侮ってましたゴメンナサイ。つかみどころないというか気分良く運べればこの面子でも通用するのね。強いときは強い馬やって言うのは知ってたけど、前走のモロさで侮ってしまったわ。

アウォーディー豊ちゃん。1人気◎で4着でした、こちらもゴメンナサイ。1枠1番の懸念が当たってしまったな、終始外へ出せるところなかった。それでも伸びてくれるかと思ってんけど・・・。豊ちゃんも体調は良かったっていうてたし、調教も動いてただけに、負け方としては深刻。7歳やし衰えもあり得る。気性の悪いところが出た?外目走れれば変わるかも、ってのが希望。

グレンツェント森君。期待馬やから5着やとザンネン、休み明け初戦やし叩いての上積に期待か。

アポロケンタッキー内田さん。前哨戦使って順調に来とる思っとった。前哨戦ではサウンド、ケイティの1,2着馬に勝ってたのに今日は向こう正面ではもう手が動いてた。いくらなんでも負けすぎこんな負ける馬じゃないと思うねんけどなぁ。

ちょっとだけスプリントとレディースクラシックもみとこう

◇JBCスプリント

最大の惑星は他路線から来たチャンピオン級コパノリッキーやった

が勝ったのは内から狭いところ捌いてきたニシケンモノノフ典さん。内で我慢できるんと狭いところ割って伸びて来れるのが勝因。典さんとのコンビも長いし馬の完成度も高かったな。短距離路線のベテランがGI初勝利。

コパノリッキー、◎でした。まあ期待には応えてくれた。出負けてまくる力任せの競馬、馬は大ベテランやねんけど粗いわ。森君、難しい馬っていうかこれしかできない馬っていうかやから仕方ないところやけど1着とアタマ差やからもう少しロス無ければと思われるわな。1600M〜2000Mに実績やったけど本質1600M付近ベストってことか。

3着にこれも僅差でブルドッグボス内田さん。前哨戦から順調に来とったしええところも見せた。

4着ネロ中野さん。ご存知坂路コースの調教大将、外枠も良かったかな。ノーマークやったけど一瞬やばいと思わされた。ダートも走れるとこ見せた。

◇JBCレディースクラッシック

ララベル真島さん。地方馬として初の女王、JRA勢を返り討ちにしましたな。

ちとお行儀は悪かったけど。地方馬では唯一通用すると印打ってたけど勝ち切るとは思わんかった。お見事でした。

波乱の要因はホワイトフーガが沈んだこと(◎でした、甘かったです)キョリ短い方がええとは思ってたけどこの相手に沈むとは、女王も衰えたか。3連覇ならず。

あとラインハートの3着、地方馬扱いでちゃんと見れてませんでした。中央馬やん直前まで。

更に2着のプリンシアコメータに関しても勝手にサウスポー認定してました。甘々でした。100万円馬券やった。大ハズレしましたわ。

スプリントにほぼ資金全振りしたおかげでトータルでは何とか。





戦術とは、一点に全ての力をふるうことである。



ボナさんが言うてたで。、、、負けるとき大敗するけどな。

ブルドッグボス、ラインハートみたいに中央馬から交流重賞にでるために地方移籍するんが最近トレンドみたいね。陣営も『移籍したとこやからよくわからん』的なコメントでも侮ってはいかんわ。覚えときましょう。

【関連】

JBC展望

[もっと見る]

 おかべ 2017年11月3日(金) 01:44
JBC クラシック・スプリント・レディース 展望 
閲覧 63ビュー コメント 1 ナイス 13

まいどおかべです。

金曜日にJBC、JRAと絡めてきましたな。商売人やねぇ。

ケ〇の毛まで毟る気やな。

我鴨葱にあらず、一矢報いたいで。

ダートの祭典JBC

JBCクラシック・JBCスプリント・JBCレディスクラシック、駆け足やけど有力馬短評やで、

いつも通り内から行ってみよう。

◇JBCクラシック

アウォーディー

大井でry。鞍上にミスターJBC豊ちゃん。ドバイワールドカップでは全く歯がたたんかったけどベストバウトやったと思う、すごく頑張った。前走帝王賞はその疲れもあったか冴えとらんかったと、立て直して違うはず。内枠は気性的に歓迎しない、一頭で抜け出せない気性もネックではある。

グレンツェント

森泰斗。順調にダート馬としてエリート街道を歩いてたけど、近走大きく崩れた。いまいち原因がつかみきれんから気性面やと嫌やなと思う。当路線、ベテランが多く世代交代は近いはず?ダート路線の中心馬になれるか?やね。

サウンドトゥルー

これも帝王賞は冴えてなかった時期的ダメ説はある、冬場になって体調アップなるか?叩いてここは予定通りやろうし前走以上が期待できるかな。後ろからいく脚質やけど成績に安定感あり。いつも通り大野君。

アポロケンタッキー

昨年末に同コースでGI勝ち。これもドバイ帰りで帝王賞は冴えとらんかった、けど前哨戦勝利で立ち直ったとこ見せたで。順調に来とるんとこの中なら若手なんも強みかな。内田さんと手は合っとる。

ケイティブレイブ

ゆーいちさん。前哨戦は取りこぼしたけどこちらも順調に来とる。帝王賞では出遅れながら圧倒的パフォーマンスでGI勝ち、もまれん方がええやろから外枠も歓迎か。他有力馬がどの程度パフォーマンス上げてくるか?やね。

◇JBCスプリント

ニシケンモノノフ

前走負けとるけど叩いて順調に来とる。典ちゃん継続騎乗で手の内入れてるし前に馬置いても大丈夫、最内枠から上手く運んでくれそう。あとは力関係だけか。

キタサンミカヅキ

中央から大井に移籍して2連勝、前走で中央組も蹴散らしたしローテーションにも文句ない。ほかの馬がどれくらい上げて来れるかやな。ちょっと内枠かな。

ノボバカラ

みかぽん。前走は上手くいったとは言えGIのマイルで2着好走、本来はスプリント寄りって前走時に言われとったけどまぁその通りやろ。ここでもスムースに運べれば侮れんで。

スノードラゴン

御年9歳にしてGIスプリンターズSで4着、芝でもダートでもそこそこ差してくるで。馬券内に届くか?展開向けば?

コパノリッキー

森泰斗君。GI、10勝?もうわからん位勝ってる。今回スプリントに出てきた。もまれ弱い弱点アリやけど、先行できるかも?わからんリッキーをわざわざ外からつぶしにくる有力馬はおらんかと。ある程度の位置で外とれたら脈アリ。

ブルドッグボス

内田さん、南関東ではより信頼。地方移籍後順調に来とる、前走以上が期待できそうな感じ。この相手でもええとこあるかと。

コーリンベリー

もうベテランやね。長期休み明け叩いてどこまで上向くか。緩いペースで前行ければ、とは思うけどなかなか望みにくい展開かと。

◇JBCレディスクラシック

ワンミリオンス

ゆーいちさん。軽いダートの方がいいイメージやったけど地方ダートでも結果出した、前走崩れたが放牧だしてどこまで仕上がったか?かな。牝馬同士なら力通用は既に示しとる。

プリンシアコメータ

1600万下とはいえ牡馬混合戦で好走。豊ちゃんやからそこそこ人気もしそう。サウスポー?

ホワイトフーガ

蛯名さん。当レース過去2連覇中で実績断然、3連覇なるか?調教時計見ると買いにくいけどここは斤量も55kg

アンジュデジール

典さん継続騎乗。クイーンマンボおらんなら3歳エースかな。順調に来たんで前走叩いての良化に期待やで。

ララベル

真島さん。ここ3戦続けて中央馬相手に善戦、ここも展開向くなら馬券内あっても。

こんなとこかな

土曜・日曜と続くんで少しでも増やしていきたいですな。

ではでは、勝利の栄光を君に。

[もっと見る]

⇒もっと見る

グレンツェントの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  mata   フォロワー:0人 2016年6月19日() 04:25:45
◎複勝
1:
  おかき   フォロワー:0人 2016年1月24日() 10:40:59
ダートかなり強し

グレンツェントの写真

グレンツェント
グレンツェント

グレンツェントの厩舎情報 VIP

2017年5月20日平安ステークス G310着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

グレンツェントの取材メモ VIP

2017年5月20日 平安ステークス G3 10着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。