モンドクラッセ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
モンドクラッセ
モンドクラッセ
モンドクラッセ
モンドクラッセ
写真一覧
現役 牡7 鹿毛 2011年5月6日生
調教師清水英克(美浦)
馬主有限会社 サンコウ牧場
生産者サンコウ牧場
生産地新ひだか町
戦績30戦[7-4-1-18]
総賞金14,567万円
収得賞金5,950万円
英字表記Monde Classe
血統 アグネスデジタル
血統 ][ 産駒 ]
Crafty Prospector
Chancey Squaw
クッキーキティ
血統 ][ 産駒 ]
ラグビーボール
ユキノサクラ
兄弟 シャドークロストップキングダム
前走 2018/03/18 千葉ステークス OP
次走予定

モンドクラッセの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/03/18 中山 10 千葉S OP ダ1200 163537.5129** 牡7 57.0 大野拓弥清水英克528(-4)1.11.9 0.836.0⑬⑧ウインオスカー
18/02/18 京都 11 大和S OP ダ1200 151120.576** 牡7 57.0 荻野極清水英克532(0)1.11.6 0.836.7⑤④ナンチンノン
18/01/28 東京 11 根岸S G3 ダ1400 146973.2107** 牡7 56.0 柴田大知清水英克532(+4)1.22.7 1.235.9⑧⑧ノンコノユメ
17/12/10 中山 11 カペラS G3 ダ1200 1635136.9167** 牡6 56.0 柴田大知清水英克528(+2)1.11.6 0.636.4⑯⑮ディオスコリダー
17/11/05 京都 11 みやこS G3 ダ1800 1648147.01314** 牡6 56.0 松山弘平清水英克526(-8)1.54.8 4.742.0テイエムジンソク
17/09/20 浦和 11 オーバルスプ G3 ダ1400 12--------8** 牡6 54.0 柴田大知清水英克534(--)1.28.5 3.4----サイタスリーレッド
17/08/13 札幌 11 エルムS G3 ダ1700 1461011.8310** 牡6 56.0 勝浦正樹清水英克520(-12)1.42.7 1.837.5④④ロンドンタウン
17/04/15 阪神 11 アンタレスS G3 ダ1800 164713.5515** 牡6 56.0 岩田康誠清水英克532(0)1.51.5 1.638.1モルトベーネ
17/02/25 中山 11 総武S OP ダ1800 156115.341** 牡6 58.0 田辺裕信清水英克532(0)1.52.6 -0.137.7ピオネロ
17/01/29 東京 11 根岸S G3 ダ1400 164734.2116** 牡6 56.0 丸山元気清水英克532(+2)1.23.8 0.836.9カフジテイク
16/12/04 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 154686.31210** 牡5 57.0 丸山元気清水英克530(-2)1.50.7 0.638.3サウンドトゥルー
16/11/06 京都 11 みやこS G3 ダ1800 162310.354** 牡5 56.0 岩田康誠清水英克532(+15)1.50.8 0.737.5アポロケンタッキー
16/10/04 金沢 11 白山大賞典 G3 ダ2100 12--------4** 牡5 54.0 M.デムー清水英克517(--)2.15.7 0.6----ケイティブレイブ
16/08/14 札幌 11 エルムS G3 ダ1700 128112.313** 牡5 56.0 柴山雄一清水英克518(-2)1.43.8 0.336.6リッカルド
16/06/25 函館 11 大沼S OP ダ1700 12221.711** 牡5 57.0 三浦皇成清水英克520(-6)1.41.7 -0.535.6ビービーバーレル
16/02/21 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 165950.5108** 牡5 57.0 田辺裕信清水英克526(-2)1.34.7 0.735.9④④モーニン
16/01/24 中京 11 東海S G2 ダ1800 127103.522** 牡5 56.0 田辺裕信清水英克528(-6)1.52.2 0.337.1アスカノロマン
15/11/08 京都 11 みやこS G3 ダ1800 11334.027** 牡4 56.0 三浦皇成清水英克534(+12)1.48.6 0.837.4ロワジャルダン
15/10/04 中山 12 内房S 1600万下 ダ1800 16475.531** 牡4 56.0 三浦皇成清水英克522(-2)1.51.7 -0.838.2ミヤジタイガ
15/08/29 札幌 12 ポプラ特別 1000万下 ダ1700 13441.611** 牡4 57.0 三浦皇成清水英克524(+6)1.44.8 -0.635.4メイショウスミトモ

⇒もっと見る


モンドクラッセの関連ニュース

 2月18日(日)に東京競馬場で2018年のJRA・GI第1弾となる第35回フェブラリーステークス(4歳以上オープン、GI、ダート1600メートル、定量、フルゲート16頭、1着賞金=1億円)の特別登録馬が4日、発表された。



 フェブラリーステークスチャンピオンズカップとJRAダートGI春秋連覇を果たし、昨年の最優秀ダートホースに選出されたゴールドドリーム、1月31日に川崎競馬場で行われた交流GI・川崎記念を制したケイティブレイブ、前哨戦の東海ステークスを快勝したテイエムジンソク根岸ステークスで完全復活を果たしたノンコノユメなど全24頭が登録している。

 登録馬24頭は以下の通り。



【優先出走】(※東海S根岸S1着馬)テイエムジンソク  57.0kg(牡6歳、栗東・木原一良厩舎)ノンコノユメ    57.0kg(セン6歳、美浦・加藤征弘厩舎)

【出走馬決定順】サウンドトゥルー  57.0kg(セン8歳、美浦・高木登厩舎)ゴールドドリーム  57.0kg(牡5歳、栗東・平田修厩舎)ケイティブレイブ  57.0kg(牡5歳、栗東・目野哲也厩舎)アウォーディー   57.0kg(牡8歳、栗東・松永幹夫厩舎)インカンテーション 57.0kg(牡8歳、栗東・羽月友彦厩舎)ベストウォーリア  57.0kg(牡8歳、栗東・石坂正厩舎)レッツゴードンキ  55.0kg(牝6歳、栗東・梅田智之厩舎)ニシケンモノノフ  57.0kg(牡7歳、栗東・庄野靖志厩舎)ロンドンタウン   57.0kg(牡5歳、栗東・牧田和弥厩舎)メイショウスミトモ 57.0kg(牡7歳、栗東・南井克巳厩舎)ララベル      55.0kg(牝6歳、大井・荒山勝徳厩舎)キングズガード   57.0kg(牡7歳、栗東・寺島良厩舎)サンライズノヴァ  57.0kg(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)モルトベーネ    57.0kg(牡6歳、栗東・松永昌博厩舎)

【以下、除外対象】(※繰り上がり順)ノボバカラ     57.0kg(牡6歳、美浦・天間昭一厩舎)モンドクラッセ   57.0kg(牡7歳、美浦・清水英克厩舎)サイタスリーレッド 57.0kg(牡5歳、栗東・佐藤正雄厩舎)アスカノロマン   57.0kg(牡7歳、栗東・川村禎彦厩舎)カフジテイク    57.0kg(牡6歳、栗東・湯窪幸雄厩舎)コパノチャーリー  57.0kg(牡6歳、栗東・村山明厩舎)コスモカナディアン 57.0kg(牡5歳、美浦・金成貴史厩舎)ヒデノインペリアル 57.0kg(牡6歳、栗東・梅田智之厩舎)



フェブラリーS特別登録馬の競走成績はこちら 調教タイムも掲載

【フェブラリーステークス】特別登録馬2018年2月4日() 17:30

[もっと見る]

【古馬次走報】ファインニードル、高松宮記念へ 2018年2月1日(木) 05:00

 ★シルクロードSで重賞2勝目を挙げたファインニードル(栗・高橋忠、牡5)は、放牧を挟んで高松宮記念(3月25日、中京、GI、芝1200メートル)に向かう。4着のカラクレナイ(栗・松下、牝4)は阪急杯(25日、阪神、GIII、芝1400メートル)へ。鞍上は池添騎手。

 ★根岸S2着のサンライズノヴァ(栗・音無、牡4)、6着のキングズガード(栗・寺島、牡7)、7着モンドクラッセ(美・清水英、牡7)、10着ノボバカラ(美・天間、牡6)、13着のサイタスリーレッド(栗・佐藤正、牡5)、右後肢フレグモーネのため出走取消となったベストウォーリア(栗・石坂、牡8)は、フェブラリーS(18日、東京、GI、ダ1600メートル)に登録する。

 ★TCK女王盃を快勝したミッシングリンク(美・斎藤誠、牝4)、2着ブランシェクール(美・高柳瑞、牝5)、6着プリンシアコメータ(美・矢野、牝5)は、エンプレス杯(28日、川崎、交流GII、ダ2100メートル)へ。

 ★白富士S2着のスズカデヴィアス(栗・橋田、牡7)は、小倉大賞典(18日、小倉、GIII、芝1800メートル)を視野に入れる。

[もっと見る]

【根岸S】レースを終えて…関係者談話2018年1月29日(月) 05:05

 ◆吉田隼騎手(マッチレスヒーロー4着) 「具合は良かった。脚は使っているが、後ろから来た3頭の展開になったから」

 ◆岩田騎手(ブルドッグボス5着) 「ペースがちょっと速かったかな。直線半ばまでは良かったけど…。距離は問題ないね」

 ◆藤岡佑騎手(キングズガード6着) 「結果的に(後方から)決め打ちした方がよかったかも」



 ◆柴田大騎手(モンドクラッセ7着) 「重い割に時計の速いダート。馬場が合っていれば、もっと来られたと思います」

 ◆丹内騎手(ブラゾンドゥリス8着) 「ちょっと前を追いかけすぎたかな」

 ◆松岡騎手(ラブバレット9着) 「きょうは展開がきつかったが、走る馬」



 ◆北村宏騎手(ノボバカラ10着) 「周りが速くて、時計も速かった」



 ◆田辺騎手(イーデンホール11着) 「ペースが速くてタメを作れなかった」

 ◆荻野極騎手(アキトクレッセント12着) 「いつもなら持ったままの手応えで来られるが、きょうはそれがなかった」

 ◆石橋騎手(サイタスリーレッド13着) 「ブリンカーが効いて、速いペースで行ってしまった」



★28日東京11R「根岸S」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【根岸S】サンライズノヴァが1番人気/13:00時点 2018年1月28日() 13:10

 中山開催が終了し、関東圏の競馬は東京に舞台が移った。開幕週の日曜メインは根岸S(28日、GIII、ダート1400メートル)。1着馬にフェブラリーS(2月18日、GI、東京、ダート1600メートル)の優先出走権が与えられる重要ステップレースだ。昨年の1、2着馬など、中央のダート重賞の常連メンバーだけではなく、地方競馬からも2頭が出走。真冬の府中で手に汗握る攻防が見られることは間違いなさそうだ。



 28日午後1時時点でのオッズは以下のとおり。昨年のGIIIユニコーンSを勝っているサンライズノヴァが3.5倍で1番人気。根岸S連覇を狙うカフジテイクが4.1倍で2番人気、昨年4着のキングズガードが5.7倍で3番人気。なお、ベストウォーリアは右後肢フレグモーネのため出走取消となった。



(左から)枠番-馬番 馬名 単勝オッズ1- 1 イーデンホール  72.8 2- 2 アキトクレッセント 6.3 3- 3 ブラゾンドゥリス 26.9 3- 4 マッチレスヒーロー57.7 4- 5 ノボバカラ    22.1 4- 6 カフジテイク    4.1 5- 7 キングズガード   5.7 5- 8 サンライズノヴァ  3.5 6- 9 モンドクラッセ  50.0 6-10 サイタスリーレッド27.6 7-11 ラブバレット   62.9 7-12 ブルドッグボス   9.5 8-13 ベストウォーリア   取消8-14 ノンコノユメ    9.4



根岸Sの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【根岸S】サンライズノヴァ1番人気/前日最終オッズ 2018年1月27日() 17:40

 中山開催が終了し、関東圏の競馬は東京に舞台が移った。開幕週の日曜メインは根岸S(28日、GIII、ダート1400メートル)。1着馬にフェブラリーS(2月18日、GI、東京、ダート1600メートル)の優先出走権が与えられる重要ステップレースだ。昨年の1、2着馬など、中央のダート重賞の常連メンバーだけではなく、地方競馬からも2頭が出走。真冬の府中で手に汗握る攻防が見られることは間違いなさそうだ。



 前日最終オッズは以下のとおり。昨年のGIIIユニコーンSを勝っているサンライズノヴァが2.9倍で1番人気。根岸S連覇を狙うカフジテイクが4.5倍で2番人気、昨年暮れのギャラクシーSを勝ったアキトクレッセントが5.7倍で3番人気。なお、ベストウォーリアは右後肢フレグモーネのため出走取消となった。



(左から)枠番-馬番 馬名 単勝オッズ1- 1 イーデンホール  99.72- 2 アキトクレッセント 5.73- 3 ブラゾンドゥリス 35.63- 4 マッチレスヒーロー69.54- 5 ノボバカラ    39.14- 6 カフジテイク    4.55- 7 キングズガード   5.85- 8 サンライズノヴァ  2.96- 9 モンドクラッセ  69.56-10 サイタスリーレッド40.67-11 ラブバレット   67.17-12 ブルドッグボス   9.28-13 ベストウォーリア   取消8-14 ノンコノユメ    9.7



根岸Sの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

モンドクラッセの関連コラム

閲覧 2,060ビュー コメント 0 ナイス 11



先週末が結局4日間開催となったため、週末が来るのが早い(その変則開催のおかげでテイエムジンソクに古川吉騎手は騎乗停止になるも乗れるという)感じがしますね。昨年12月のチャンピオンズC同様帯封ゲットといきたいところ。

私が競馬をはじめた頃は、G3のハンデ戦でナリタハヤブサが今では滅多に見ない61kgを背負ったりしていましたが、今ではダート路線がしっかり整備されて、真の強豪が集うダートのチャンピオン決定戦として定着。近年では若い馬のスピードが古豪を圧倒しています(多くの人がそう考えると案外高齢馬の一発があるかもしれませんが)。勝ち馬のイメージとしては、スタート後に長く芝の部分を走れる外枠から前に行って、終いもうひと伸びというタイプでしょうか。

それでは恒例の全頭診断を。

1番人気想定 テイエムジンソク
古川吉騎手が騎乗停止になるも乗れるという強運もあり、実力的にもそろそろ頂点が見えてきた現況。先行力があり、安定感のある取り口で、あとは芝スタートがダメでないかくらいか。当然有力。

2番人気想定 ゴールドドリーム
昨年の覇者で、その後ややしばらくスランプが続くも、私自身本命を打った8番人気のチャンピオンズCでズドンと差し切ってくれた。やや太目との情報も流れているが、栗東坂路で50秒を切る猛時計を出しており、ゴールドアリュールの正当な後継者として勝って種牡馬入りへの態勢は整った。中京より差しやすい東京でR・ムーア騎手騎乗なら今回も最有力では。

3番人気想定 サンライズノヴァ
同距離同コースのユニコーンS勝ち馬ながら昨秋の武蔵野Sではボロ負けしたり(更に12月の中山ではディアデルレイあたりにころっと4馬身も負けるなど)、ややムラのある馬だが(そのせいで松若騎手は、鳳雛S後にとばっちり降板)、明け4歳で大駆けもあるのでは。

4番人気想定 ノンコノユメ
去勢してからの使いだしが早過ぎて、しぼんだ身体も闘争心もなかなか戻らなかったが、ようやく復活の兆しみせた前走では+10kgと身体も増え、サンライズノヴァとの激しい追い比べを制した。闘争心も戻り、より大きい馬券狙うならここから狙うのもありでは。

5番人気想定 ケイティブレイブ
川崎記念を制して、交流重賞で上位を毎度にぎわす働き者だが、調教師引退を控え秋から6戦休みなく走っており、調教は普通に動けているがそろそろ疲れが出ておかしくない頃でもある。昨年6着時より適性がもっと長めにシフトしてきている感じもあり、人気サイドで消すとしたら、大一番で勝負弱い騎手込みでこの馬か。

6番人気以降想定
インカンテーション:昨年は重賞3勝と復活を見せたが期待した東京大賞典ががっかりな内容で武蔵野S勝ち馬ではあるがちょっと厳しいのでは。

アウォーディー:元々芝で走っていたので芝スタートは歓迎だろうが、コパノリッキーと違って短い距離は向かないタイプで、この年齢でのスピード比べはきつい。

ベストウォーリア:右後肢フレグモーネで前走を取り消したように順調さを欠く高齢馬で、かつては強かったが今回来るイメージ湧かない。

サウンドトゥルー:芝スタートがどうにも苦手で、左回りや距離的にはいいのだろうが東京マイルは向かない。

カフジテイク:昨年は1番人気3着と津村騎手惜しかったが、昨年より末脚の迫力が無くなりピーク過ぎた感じあり。

レッツゴードンキ:JBCレディスクラシック2着がありダートもこなせるのだが、牡馬相手に対等以上だったダイカツジョンヌ(古いか)やホクトベガほどの砂適性は感じない。

ロンドンタウン:昨年夏の札幌でテイエムジンソクをダート1700mなのに1分40秒9という恐ろしい時計で(湿った馬場にしても)破っている。韓国でも重賞を勝ってくるなど、かなり安かった購入価格なのに大活躍しているが、この2走ぱっとせず、暖かくなってきてからか。

キングズガード:同じ左回りのプロキオンSを勝っている、がここのところもたれる面など巧くレースを運べず。前走も折角の得意距離への短縮だったのに、伸びる外でなく内へ入っていって終了と流れがきていない。遅ればせながら前へ行く意識で一皮むけた感ある藤岡佑騎手自体は楽しみだが......。

ニシケンモノノフ:斤量を気にしてか、鞍上の進言もあったようだが芝のシルクロードSに向かって惨敗した前走。1400mがベストなのだろうが昨年も5着に来ており、穴としてはこの馬あたりに期待か。

ララベル:JBCレディスクラシックでは、武豊騎手のプリンシアコメータに体当たりしてかなり怒らせた(決まり手は押し出し)。牝馬でも550kg前後ある巨漢馬で、ゴールドアリュール×ティンバーカントリーでそもそもが社台Fの良血馬。6歳だが激走ゼロではないのでは。

メイショウスミトモ:これまたゴールドアリュール産駒で、昨秋にシリウスSと名古屋GPと2000mや2500mでの実績がある馬。ステイヤー色が強く、出番はここではない。

ノボバカラ:補欠からの繰り上がっての参戦だが1400mまでがベストで、マイルだとちょっと長い。

モンドクラッセ:昨年は得意の北海道シリーズでも活躍できず、衰え顕著。


<まとめ>
上位人気馬(1~5番人気あたり)の競馬となりそう。あとはどう点数を絞ったり、頭をどの馬にして妙味を見出すかどうかでは。
穴なら芝使いが実は芝スタートの練習のため、という深読み込みでニシケンモノノフあたりか。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年1月21日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2018年01月21日号】特選重賞データ分析編(82)~2018年根岸ステークス~
閲覧 1,820ビュー コメント 0 ナイス 7



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 根岸ステークス 2018年01月28日(日) 東京ダ1400m


<ピックアップデータ>

【前走の距離別成績(2014年以降)】
×1600m未満 [0-3-2-39](複勝率11.4%)
○1600m以上 [4-1-2-13](複勝率35.0%)

 近年の優勝馬は前走が1600m以上のレースだった馬ばかり。1200mや1400mのレースを使った直後の馬は過信禁物です。ちなみに、前走の距離が1600m未満、かつ前走の着順が4着以下だった馬は2014年以降[0-0-0-21](複勝率0.0%)とすべて4着以下に敗れています。

主な「○」該当馬→キングズガードサンライズノヴァブルドッグボス
主な「×」該当馬→アキトクレッセントブラゾンドゥリスモンドクラッセ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“前年か同年、かつ東京の重賞かオープン特別”において5着以内となった経験がある」馬は2014年以降[4-4-4-22](複勝率35.3%)
主な該当馬→キングズガードサンライズノヴァ

[もっと見る]

2017年8月16日(水) 15:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(8/12~8/13)サウスプロがビッグHIT3発で収支58万プラスをマーク!
閲覧 582ビュー コメント 0 ナイス 7

先週は、13(日)に札幌競馬場でG3エルムSが、新潟競馬場でG3関屋記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3エルムSは、3連勝で重賞初挑戦となったテイエムジンソクが単勝1.5倍と断然の人気を集めてスタートの時を迎えます。先手争いは、そのテイエムジンソクの隣から好発を決めてドリームキラリが制しハナへ。2番手にテイエムジンソクを従えて、その他の人気どころではモンドクラッセロンドンタウンは好位、ピオネロは後方からとなって、1~2コーナーを通過。降雨により高速化した馬場のなか、やはり平均的に速いラップを刻んだ馬群は隊列に大きな変化のないまま3コーナーへ。前を行くドリームキラリテイエムジンソクの2頭はそのままの態勢、好位勢からはロンドンタウンリッカルドが前の2頭との差を詰めに掛かります。迎えた直線、終始手応え万全に映ったテイエムジンソクは内ラチ沿いを逃げ粘るドリームキラリをなかなか捕まえられずよもやの苦戦状況。残り100mを切ってもその差は1馬身ほどで縮まらず、逆に後方からはロンドンタウンに詰め寄られる格好となります。結局、外からまとめて差し切った4番人気ロンドンタウンが1分40秒9という超高速決着を制し、JRA重賞初勝利を飾っています。1/2馬身差の際どい2着争いはハナ差制したテイエムジンソクが入り、3着に8番人気ドリームキラリが入っています。 
公認プロ予想家ではジ ョ アプロきいいろプロKOMプロ霧プロ山崎エリカプロマカロニスタンダーズプロスガダイプロ西野圭吾プロら8名が的中しています。
 
G3関屋記念は、ポンと出たマルターズアポジーが単独先頭に立ち、同じく好発を決めたダノンリバティが2番手を窺うと、外からウインガニオンが積極的に出していきこれを奪い単独2番手を確保。人気馬では1番人気メートルダール、3番人気ブラックムーンは後方、2番人気ロードクエストは中団からとなって、やや縦長の馬群は3コーナーを通過していきます。直線を向いても手応え十分のマルターズアポジーウインガニオンの2頭に対して、後方勢からは目立った伸びを見せる馬はみられず。好位グループからダノンリバティヤングマンパワー、中団からロードクエストダノンプラチナあたりが追撃を開始しますが、前との差を逆転するには至らずのまま直線半ばを通過。結局、7番人気マルターズアポジーが快逃Vで重賞3勝目を挙げ、そこから1馬身1/4差に4番人気ウインガニオンが2番手からの粘り込み2着となりレースは前々での決着となりました。さらにクビ差の3着には好位から内々を渋太く伸びた5番人気ダノンリバティが入っています。
公認プロ予想家では、dream1002プロくりーくプロの2名が的中しています。
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →サウスプロ
12(土)札幌7Rで◎フィルムフランセ(単勝27.6倍)からの馬連2点勝負を敢行し、▲◎的中!払戻しは41万500円のビッグヒットとなりました。さらに同日小倉12Rでは○◎△3連複的中、20万7240円払戻しと絶好調。13(日)には小倉4Rで馬連○◎1点的中、32万7000円払戻しのダメ押しの一撃を披露し土日プラスを達成。週末トータル回収率181%、収支58万3590円プラスをマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →dream1002プロ
13(日)G3関屋記念で、3連単1317.1倍を△◎☆的中!土日トータルでは、回収率205%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
13(日)は小倉10Rの◎ノボリクリーン小倉11Rの◎マサハヤドリーム新潟12Rの◎プリティマックスなど、単勝1点予想で連続的中!土日トータル回収率は176%を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
12(土)は、新馬戦など的中率100%で安定感を見せると、迎えた勝負予想レース小倉9Rでは、『ダートのデビュー戦はスピードのある競馬でゴール前もうひと伸びする強い内容。調教内容は前走以上でさらに状態の上積みに期待できる。芝でもスピードと切れのある競馬を。』と評した◎ゴールドクイーン(単勝22.7倍)をズバリ!馬単254.3倍含め、単勝・複勝・ワイドを仕留めました。13(日)も関屋記念を◎ダノンリバティからしっかりゲットするなどの活躍を見せた先週は、週末トータル回収率150%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →ろいすプロ
12(土)札幌1Rで▲サージュミノルハヤブサレジェンドワンダーツーの3連複(113.9倍)的中、13(日)小倉2Rで◎△△3連複的中、札幌8Rで3連複&ワイド的中(◎カンバンムスメ)などを筆頭に、随所に好調予想を散りばめ土日ともにプラス収支を達成。トータル回収率136%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
12(土)は札幌1Rの馬連&3連複的中で好スタートを決めると、札幌8R新潟9Rなどの的中を披露し、この日回収率135%を達成。続く13(日)も、勝負予想のG3エルムSを含め、札幌8Rなどで的中をマークし回収率123%を記録。7/29(土)以来続いている開催日連続プラス収支を“6”に伸ばし、週末のトータル回収率128%を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →きいいろプロ
12(土)小倉9Rで◎ゴールドクイーンの単勝1点1万円勝負で的中し22万7000円を払戻し!13(日)の勝負予想レースG3エルムSでも◎○馬連1点的中&単勝的中を披露するなどの活躍を見せました。
 
 
この他にも、ジ ョ アプロエース1号プロエース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ山崎エリカプロ【U指数】馬単マスタープロおかべプロ霧プロらが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果速報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年4月15日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第263回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~アンタレスステークス G3
閲覧 1,020ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさんこんにちは!

本日は阪神11R「アンタレスステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、モンドクラッセから1.0ポイント差(約1馬身差)内のロワジャルダンアスカノロマンまで3頭。
第2グループ(黄)は、グレンツェントから1.0ポイント差(約1馬身差)内のタガノエスプレッソまで2頭。
第3グループ(薄黄)はロンドンタウンから同差内のメイショウスミトモミツバマイネルクロップピットボスマイネルバイカモルトベーネまで7頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、上位には開きがほとんど生じない団子状態。第3G→第4G間に1.4ポイント差がありますが、それすら他の重賞と比べると小さな溝の印象でどこからでも入れそうな状況となっています。

そんな中、今回の私の本命は◎アスカノロマンに期待しました。前走から斤量1キロ減と乗り慣れた鞍上に戻って真価が問われる一戦。コース・展開的にも不利になるとは考えにくいですし、凄馬出馬表評価上位勢ではもっとも信頼できる存在とみて本命視。
○はミツバ。舞台適性という意味ではこちらも上位の存在。昨秋のシリウスステークスはこの馬には時計が速過ぎた印象で、しかも前々決着となる中で中身のある4着という内容。当時よりも脚質自在キャラに生まれ変わって迎えるJRA重賞再挑戦の今回、さらなる前進を期待したいと思っています。
▲にメイショウスミトモ。いずれも中山1800ではあるものの前走、7走前あたりの内容を評価しました。想定通りの淀みない流れなら、こちらも好相性の舞台で一発を期待できそうです。
☆にグレンツェント。能力の高さは認めますが、前走東海ステークスVは55キロでスローからの瞬発戦。斤量増もさることながら、今回求められる質も変わってきそうなペース面からも一枚割引きました。ただ、2走前に締まったペースで上り掛かる展開でも実績があるのがニクイところ。斤量が嫌われれば妙味も出てきそうで、そういった意味では今回狙い目も。
そして今回の私の馬券は、◎○▲=◎○▲からの3複で勝負とします。


【3連複フォーメーション】
◎○▲=◎○▲=印
3,8,13=3,8,13=3,4,6,7,8,10,12,13,14(19点)

[もっと見る]

2017年2月2日(木) 18:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(1/28~1/29)スガダイプロが的中率51%・回収率140%の好成績!
閲覧 1,121ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は29(日)に東京競馬場でG3根岸ステークスが京都競馬場でG3シルクロードステークスがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3根岸ステークスモンドクラッセが先頭で直線コースへ。モンドクラッセのリードは1馬身、2番手グループからはグレイスフルリープブルミラコロラブバレットが前を追ってそれ以降はやや間が空いて後方各馬追い出しにかかります。残り200mを通過、依然先頭で踏ん張るモンドクラッセにようやくエンジンかかったベストウォーリアが迫ると大外からは1番人気のカフジテイクが豪脚でグングン差を詰めてきます!残り50m、ここでモンドクラッセを捉えたベストウォーリアが先頭に変わるとその外からカフジテイクも馬体を併せて2頭の叩き合いに。激しい追い比べはゴール前さらにもうひと伸びを見せたカフジテイクベストウォーリアを差し切って優勝!嬉しい初重賞制覇となりました!1馬身差の2着にベストウォーリア、そこから2馬身半差の3着にエイシンバッケンに入っています。
 
公認プロ予想家ではKOMプロほか6名が的中しています。
 
 
G3シルクロードステークスソルヴェイグが先頭で直線コースへ。ソルヴェイグのリードは半馬身、直後2番手に馬体を併せてネロ、内からはセカンドテーブル、外からはセイウンコウセイの態勢。残り200mを通過、ここで内各馬を交わしてセイウンコウセイが先頭に変わるとその外からはダンスディレクターが抜群の反応!一気に前との差を詰めてきます!残り100m、逃げるセイウンコウセイ、追うダンスディレクター!2頭が勢いよく抜け出す形で追い比べとなりましたが、僅かに外ダンスディレクターセイウンコウセイを捉えて1着!1年ぶりの重賞制覇となりました!クビ差の2着にセイウンコウセイ、そこから1馬身半差の3着にセカンドテーブルが入っています。
 
公認プロ予想家でははははふほほほプロほか8名が的中しています。
 
------------------------------------------------------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
28(土)中京11Rで◎アドマイヤゴッドからの馬連76.倍、3連複399.7倍を的中!4万7590円を払い戻しました!同日の中京7Rでも◎ミスズスターの単勝3.2倍、○ウォーターイーグルとの馬連20.6倍、3連複56.2倍を本線で仕留め、4万9900円を払い戻し!この他にも東京8R京都6Rを本命対抗で仕留めるなど安定した予想を幾度も披露し、週末トータル的中率は51%!週末トータルも回収率140%、収支プラス10万7810円の好成績を収めています!
 
☆☆☆注目プロ →おかべ育成プロ
28(土)京都4Rで◎エルデュクラージュメイショウラケーテタガノポムルと印を打ち、3連複1点勝負!13万9000円を払い戻しました!中京10Rでは◎スーパーモリオンアスタースウィングの馬連を1点的中させ、8万1000円を払い戻しました!週末トータル回収率183%、収支プラス15万880円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →KOMプロ
29(日)東京11R根岸ステークスG3で『近走内容から、ここでは力が抜けている。』と◎カフジテイクから勝負!馬連8.6倍、3連複93.3倍を本線で仕留め、6万2260円を払い戻しました!また、同日の中京1Rでは単勝60倍の伏兵◎ペラッチからのワイド34.5倍、57.4倍を仕留め、9万7670円を払い戻しました!週末トータル回収率139%、収支プラス15万3310円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
28(土)中京11Rで単勝16.7倍◎ニシノラディアントを8300円的中させ、13万8610円を払い戻しました!勝負レースに指定した中京10Rでも◎スーパーモリオンの単勝7000円、○アスタースウィングとの馬連を3000円仕留め、6万円を払い戻しました週末トータル回収率132%、収支プラス10万7220円をマークしています。
 
この他にもサウスプロ(115%)、河内一秀プロ(108%)、きいいろプロ(107%)、ろいすプロ(106%)、西野圭吾育成プロ(101%)が週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。

※全レースの結果速報はこちら
    
来週も競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2016年12月8日(木) 17:10 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(12/3~12/4)霧プロがチャンピオンズカップ、◎◯の大本線!
閲覧 816ビュー コメント 0 ナイス 2

先週は4(日)に中京競馬場でG1チャンピオンズカップが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1チャンピオンズカップは1番人気がアウォーディーで2.2倍、続いて2番人気がゴールドドリーム5.7倍、コパノリッキー6.3倍、ノンコノユメ7.5倍、モーニン8.3倍とここまでが10倍を切る形で上位人気を形成しました。
 
注目のスタートは2番人気ゴールドドリームが出遅れますが、その他各馬はほぼ揃ってまずまずの形。内からアスカノロマンが先行しますが、これを制してモンドクラッセが先頭に立って第1コーナーへ差し掛かります。レースを引っ張るのはモンドクラッセでリードは1馬身、2番手にアスカノロマン、続いてコパノリッキーブライトラインモーニンと先行集団を形成。中団からは1番人気のあアウォーディーゴールドドリームメイショウスミトモブライトアイディアが追走。そこから2馬身ほどあいだが空いてアポロケンタッキーラニノンコノユメロワジャルダンと追走。さらに2馬身ほど後方にサウンドトゥルーカフジテイクの態勢。
 
前半の1000m通過は1分0秒6(参考)の厳しい流れ、隊列変わらず直線コースへ差し掛かります。先頭はモンドクラッセでリードは2馬身、2番手にアスカノロマン、3番手以降は横一線となって内からメイショウスミトモコパノリッキーブライトラインゴールドドリーム、外からはアウォーディーが抜群の手応えで差を詰めてきます。
 
残り200m、依然粘るモンドクラッセアスカノロマンアウォーディーが接近し、3頭が抜け出す形で追い比べ!残り100m、ここでアウォーディーが叩き合いを制して抜け出しを図りますが、直後サウンドトゥルーが力強い脚でグングン差を詰めて猛追!ゴール前であっさりとアウォーディーを捉えると最後は流して余裕十分の快勝!直線ごぼう抜きの豪快な競馬でサウンドトゥルーチャンピオンズカップを制しました!勝ちタイムは1分50秒1(良)。クビ差の2着にアウォーディー、そこから半馬身差の3着にアスカノロマンが入っています。
 
公認プロ予想家ではおかべ育成プロほか9名が的中しています。
 
------------------------------------------------------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
勝負レースとした4(日)中京11RチャンピオンズカップG1で『東京大賞典勝ちや川崎記念連対、そして昨年の当レースはいずれも良馬場だったので、やはりパワーが生きる馬場の方がいい。全馬が少なからず勝ちに来て流れがタフになる中央G1ではこの個性(追い込み脚質)が武器になる可能性がある。』と狙った◎サウンドトゥルーの単勝、対抗○アウォーディーとの馬連を的中させ、5万1650円を払い戻しました!3(土)中京11R金鯱賞G2でも◎ヤマカツエースパドルウィールの本線的中で4万9750円を払い戻し!週末トータル回収率140%、収支プラス13万320円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
4(日)阪神10Rで◎ビッグリバティを頭固定した3連単で勝負!◎○△の印で261倍を2000円的中させ、52万2000円を払い戻しました!勝負レースに指定した中山11Rでは単勝118.4倍の大穴ゴールドリーガルに印を回し、3連単298.1倍を500円的中!14万9050円を払い戻しました!週末トータル回収率148%、収支プラス35万1200円の好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →河内一秀プロ
4(日)中山6Rで○×◎の印で3連単334.4倍、3連複33.6倍を的中させ、6万7040円の払い戻し!この他にも勝負レースに指定した3(土)中山11Rステイヤーズステークスで◎アルバートファタモルガーナモンドインテロの大本線決着で仕留めるなど的中を連発!週末トータル回収率137%、収支プラス16万1530円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
3(土)中山1Rで『前々走厳しいペースから強烈な脚を使って追い込んできた内容に見所。前が激しくなりそうなメンバー構成でこの馬場ならかなり展開が向くだろう。』と狙った中穴◎トロピカルスパートの単勝を1万円的中!4(日)中京12Rでは◎○▲のパーフェクト予想を披露し、4万2500円を払い戻しました!週末トータル回収率134%、収支プラス9万6000円をマークしています。

この他にも岡村信将プロ(137%)、ろいすプロ(126%)、ジョアプロ(122%)、シムーンプロ(108%)、マカロニスタンダーズ(103%)が週末トータル100%超えの活躍を見せています。

※全レースの結果速報はこちら

今週もウマニティ競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

⇒もっと見る

モンドクラッセの口コミ


口コミ一覧
閲覧 405ビュー コメント 0 ナイス 7

伊藤 工真≪騎手≫やっとやっとの〔通算100勝〕おめでとう♪

////////////

【メモリアル】あと1勝で○○○勝♪
浜中 俊≪騎手≫〔通算899勝〕
川島 信二≪騎手≫〔通算299勝〕
尾形 充弘≪調教師≫〔通算799勝〕
高木 登≪調教師≫〔通算199勝〕
粕谷 昌央≪調教師≫〔通算99勝〕
金子 真人HD≪馬主≫〔通算499勝〕

金子さん明日こそは!ですかね^^
///////////////

【日曜の格上馬】
東京4R…ダンシングチコ
京都5R…ノストラダムス
中京7R…ムーンレイカー
中京10R…ラブリーアモン
東京12R…サーブルオール

【厩舎&騎手】高確率メソッド

東京4R:◆ミッキーバード ルメ&尾関〔複勝率〕50.0%
東京5R:◆サンライズシェル ルメ&国枝〔複勝率〕67.6%
東京6R:◆フランドル 戸崎&藤原〔複勝率〕46.3%
東京9R:◆ローザフェリーチェ ルメ&木村〔複勝率〕66.0%
東京12R:◆ダノンキングダム 福永&安田〔複勝率〕48.6%
東京12R:◆サーブルオール ルメ&萩原〔複勝率〕57.1%
京都5R:◆ピボットポイント デム&友道〔複勝率〕59.0%
京都5R:◆カザン 武&池江〔複勝率〕46.8%
京都5R:◆メバエ 川田&西村〔複勝率〕56.9%
京都6R:◆クナルゲニアール 川田&藤原〔複勝率〕52.8%
京都6R:◆ダブルフラット デム&角居〔複勝率〕56.5%
京都8R:◆デロングスター 川田&藤原〔複勝率〕52.8%
京都10R:◆プロフェット 川田&池江〔複勝率〕47.0%
京都11R:◆ファインニードル 川田&高橋〔複勝率〕52.2%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【根岸S】東京ダ1400m

≪指数≫
1位:〔87〕⑧サンライズノヴァ
2位:〔83〕②アキトクレッセント
3位:〔82〕⑥カフジテイク

≪タイム指数≫
1位:〔71.0〕⑭ノンコノユメ
2位:〔71.3〕⑥カフジテイク 
3位:〔71.5〕②アキトクレッセント ⑧サンライズノヴァ

≪LAP一致度≫
②アキトクレッセント ④マッチレスヒーロー ⑨モンドクラッセ

※1/25に≪攻略ポイント≫更新してます
3部門に②アキトクレッセント、正直そこまで強い馬か?と指数を出した時点では
思いましたが、騎手成績も含めこの舞台はプラス!
このレースはほぼ上がり上位馬が喰い込みますが、時計が1分22秒台の時は
前が伸びて残る。土曜の1600万クラスが1分22秒台だっただけに・・・。
シルクロードS同様、タイム(馬場状態)によって傾向が変わる週ですね^^;

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【シルクロードS】京都1200m

≪指数≫
1位:〔84〕⑰ロードクエスト
2位:〔78〕⑤アットザシーサイド ⑦セイウンコウセイ
4位:〔76〕⑧ダイアナヘイロー

≪タイム指数≫
1位:〔67.3〕⑨キングハート
3位:〔68.0〕④フミノムーン 
4位:〔68.1〕①ファインニードル ②アレスバローズ ⑯ラインミーティア

≪LAP一致度≫
⑮ナックビーナス ⑥セカンドテーブル ⑧ダイアナヘイロー
※1/23に≪攻略ポイント≫更新してます
コチラは3部門該当は無し
過去12年でも中10週以上の休み明け馬3着以内は2頭のみで基本は厳しいが
今年の休み明け馬は結構な人気処。3着以内に来た2頭も1分08秒8とこのレースと
してはかなり時計がかかった年なので、雪の影響がある馬場かどうかは大事なポイント。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 山崎エリカ 2018年1月21日() 03:10
本日の見所(AJCCなど)
閲覧 460ビュー コメント 0 ナイス 17

2018年 東海S、AJCC
____________

●AJCC

AJCCが行われる中山芝2200mは、前半で坂を上り、中盤で坂を下って、後半の直線が勝負のコース。前半で坂を上るため、前半のペースがそこまで上がることはありません。しかし、上級条件ほど中盤の下り坂でペースが落ち切ることなく、結果として速い流れになっていることがほとんど。前半ペースが遅いほど、中盤でペースが落ちずに、ロングスパート戦になっているということです。

つまり、末脚の持続性、すなわちスタミナが要求されるコース。また、この時期は時計を要すこともあり、速い脚を一瞬しか使えない馬は、通用していません。このレースで明け4歳馬が苦戦(過去10年で4歳馬の優勝はゼロ)しているのはそのせいでしょう。4歳馬は若いので瞬間スピードはありますが、体力の面で途上の馬が多く、持久力勝負だと脆い面があるからでしょう。

一方、勝ち馬は、G1やG2で3着以内の実績馬ばかり。前走準オープン勝ちの上がり馬が過去10年で連対すらできていないのは、AJCCがほとんど能力どおりに決まっている何よりの証拠。実際にPP指数を見ても能力値上位の馬が上位を独占していることがほとんど。また、穴を開けているのは、昨年の優勝馬タンタアレグリア(7番人気)のように、長距離適性が高いタイプです。

AJCCは、本来、強い馬を狙えば当たるイージーな重賞レースですが、今年はG1ウイナーのゴールドアクターが7ヵ月の長期休養明けとなる点がネック。休養明けで挑んだ昨年の日経賞では、「鉄砲駆けする」と言われて、断然の1番人気を背負ってぶっ飛んだからこそ波乱となったわけですが、さて、今回はどうか? ゴールドアクターが能力を出し切れるかどうかが、今年の重要ポイントでしょう。


●東海ステークス

東海Sは、チャンピオンズCでもお馴染みの中京ダ1800mが舞台。前半で坂を上って、後半で坂を下るコースだけに、ダート戦としてはペースが上がらないことが多いです。小頭数12頭立ての一昨年は、前走平安Sを逃げ切り勝ちした休養明けのインカンテ―ションが、行きっぷりが悪く、後方からの競馬となったために、アスカノロマンとモンドクラッセの行った、行ったが決まったこともありました。

中京ダ1800mは、逃げ、先行馬が有利と理解していても、一昨年のチャンピオンズCで唯一の逃げ馬コパノチッキーが出負けして大波乱となったように、「前へ行く馬を狙ったつもりが出負けて惨敗」という悲惨な結果になることもしばしば。これはスタート直後から、急坂を上るためです。この打開策として、逃げ、先行馬を狙うにしても、状態の悪い馬を狙わないことと、ある程度後方からになったとしても、融通が効く馬を狙うことをオススメします。

しかし、今回は前売り1番人気がテイエムジンソク、2番人気がデアデルレイと勢いある実績馬が番手タイプであることから、中京ダ1800mとしてはペースが上がる可能性が高いでしょう。特にテイエムジンソクは、前走のチャレンジCはペースを落とし過ぎて、ゴールドドリームの決め手に屈した意識がありますから、逃げ馬サルサディオーネがペースを上げなかった場合には、同馬を突いていく競馬になると見ています。

ディアデルレイの鞍上が一流ならば、テイエムジンソクの出方を利用しますが、知恵のない騎手だと、テイエムジンソクよりも前を選択する可能性もあります。勝浦騎手がどちらの騎手なのかはわかりかねますが、土曜日の段階で時計が掛かっていたことからも、今回がハイペース方向にレースが流れる条件は揃っています。

しかし、テイエムジンソクが自ら失速するほどのペースまで引き上げるようにも思えないことや中京ダ1800mが舞台であることを考えると、平均ペースよりもやや速いくらいの感覚で予想を組み立てるといいでしょう。穴馬は、先行馬の出方を窺いながら中団で立ち回れる馬ということになります。

[もっと見る]

 ☆コノホシカツ☆ 2017年12月8日(金) 14:13
阪神JF(GⅠ)カペラS(GⅢ)枠順決まる。出目に入った馬は★☆*
閲覧 297ビュー コメント 0 ナイス 2

2017年12月10日(日)5回阪神・中山4日
☆八白友引『吉数』枠番2・5・8馬番②⑤⑧⑫⑮⑱
阪神11R(15:40)芝1600
第69回阪神JF(GⅠ)
【時系列出目】
▼枠番
8ロックディスタウン(コーディエライト、モルトアレグロ)
【demedas】
▼馬番
★⑮ナディア
☆⑨レブルドール
*⑧トーセンブレス
*⑤ラスエモーショネス
▼枠番
★8ロックディスタウン
☆5ハイヒール
*4リリーノーブル
*4トーセンブレス
【人気】
◎ロックディスタウン
○ラッキーライラック
▲リリーノーブル



中山11R(15:20)ダ1200
第10回カペラS(GⅢ)
【時系列出目】
馬番枠番該当なし
【demedas】
▼馬番
★⑯ディオスコリダー
☆⑧ブルドッグボス
*⑥ショコラブラン
*⑦ノボバカラ
▼枠番
★8スノードラゴン
☆4ノボバカラ
*3モンドクラッセ
*4ブルドッグボス
【人気】
◎ブルミラコロ
○ノボバカラ
▲ディオスコリダー

[もっと見る]

⇒もっと見る

モンドクラッセの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

モンドクラッセの写真

モンドクラッセの厩舎情報 VIP

2018年3月18日千葉ステークス9着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

モンドクラッセの取材メモ VIP

2018年1月28日 根岸ステークス G3 7着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。