注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

メイショウスミトモ(競走馬)

注目ホース
写真一覧
現役 牡6 鹿毛 2011年4月22日生
調教師南井克巳(栗東)
馬主松本 好雄
生産者フジワラフアーム
生産地新ひだか町
戦績40戦[6-2-5-27]
総賞金13,633万円
収得賞金3,750万円
英字表記Meisho Sumitomo
血統 ゴールドアリュール
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ニキーヤ
ムゲン
血統 ][ 産駒 ]
アジュディケーティング
サンヨウアロー
兄弟 ロングプライドサンシーズン
前走 2017/04/15 アンタレスステークス G3
次走予定

メイショウスミトモの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/04/15 阪神 11 アンタレスS G3 ダ1800 164891.4126** 牡6 56.0 古川吉洋南井克巳480(+2)1.50.4 0.536.2⑫⑫⑫⑫モルトベーネ
17/03/26 中山 11 マーチS G3 ダ1800 163611.257** 牡6 56.0 和田竜二南井克巳478(+2)1.52.5 0.538.5⑨⑨⑨⑩インカンテーション
17/02/25 中山 11 総武S OP ダ1800 1581520.284** 牡6 57.0 和田竜二南井克巳476(-2)1.52.7 0.137.4⑪⑩⑤⑤モンドクラッセ
17/01/07 中山 11 ポルックスS OP ダ1800 144618.984** 牡6 57.0 吉田隼人南井克巳478(+4)1.53.3 0.438.0⑨⑦⑥④ドリームキラリ
16/12/24 中山 11 師走S OP ダ1800 164713.157** 牡5 56.0 和田竜二南井克巳474(-10)1.54.0 0.739.2⑦⑧⑦⑦グレンツェント
16/12/04 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 15610264.71411** 牡5 57.0 古川吉洋南井克巳484(+12)1.51.1 1.037.9⑧⑧⑦⑤サウンドトゥルー
16/11/12 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 163528.8713** 牡5 56.0 和田竜二南井克巳472(0)1.35.2 1.436.1⑫⑧タガノトネール
16/09/17 中山 11 ラジオ日本賞 OP ダ1800 9779.541** 牡5 56.0 和田竜二南井克巳472(-2)1.50.6 -0.136.5⑤⑤⑤⑤ケイティブレイブ
16/08/13 小倉 11 阿蘇S OP ダ1700 13227.951** 牡5 52.0 和田竜二南井克巳474(0)1.43.8 -0.236.5⑦⑨⑨⑧モズライジン
16/07/30 小倉 11 KBC杯 1600万下 ダ1700 1671422.784** 牡5 57.0 和田竜二南井克巳474(-4)1.44.8 0.336.9⑩⑩⑨⑧サンライズホーム
16/06/26 阪神 10 花のみちS 1600万下 ダ1800 163564.2123** 牡5 57.0 和田竜二南井克巳478(+6)1.50.2 0.437.0⑥⑤④④モルトベーネ
16/02/14 小倉 11 門司S 1600万下 ダ1700 153418.395** 牡5 54.0 津村明秀南井克巳472(-2)1.43.6 0.636.2⑪⑩⑩⑦モルトベーネ
16/01/23 中山 11 アレキサンド 1600万下 ダ1800 144629.489** 牡5 57.0 津村明秀南井克巳474(+4)1.53.9 1.238.9⑨⑨⑥⑥バスタータイプ
16/01/10 中山 10 招福S 1600万下 ダ1800 144617.794** 牡5 54.0 津村明秀南井克巳470(-8)1.54.0 0.338.1⑨⑩⑧⑨マイネルバウンス
15/12/19 阪神 10 摩耶S 1600万下 ダ1800 133311.1511** 牡4 54.0 浜中俊南井克巳478(+12)1.52.8 1.739.2⑧⑧④⑥トップディーヴォ
15/11/21 東京 11 錦秋S 1600万下 ダ1600 1681611.058** 牡4 57.0 古川吉洋南井克巳466(0)1.37.3 1.037.4⑨⑩プロトコル
15/11/08 東京 10 銀嶺S 1600万下 ダ1400 163617.566** 牡4 57.0 古川吉洋南井克巳466(+6)1.23.8 0.535.8⑩⑩アンズチャン
15/09/06 札幌 12 釧路湿原特別 1000万下 ダ1700 13686.541** 牡4 57.0 古川吉洋南井克巳460(-6)1.44.4 -0.336.9⑨⑧⑥オーシャンブルグ
15/08/29 札幌 12 ポプラ特別 1000万下 ダ1700 132210.042** 牡4 57.0 古川吉洋南井克巳466(0)1.45.4 0.635.8モンドクラッセ
15/07/25 函館 12 駒場特別 1000万下 ダ1700 137116.632** 牡4 57.0 古川吉洋南井克巳466(-4)1.43.9 0.135.9⑩⑨⑨⑦キャンバス

⇒もっと見る


メイショウスミトモの関連ニュース

【アンタレスS】追って一言

2017年04月13日(木) 05:01

 ◆アスカノロマン・川村師 「状態は変わりない。前走は58キロを背負っていたし、悪い内容ではなかった。今回も前回のような競馬なら」

 ◆ショウナンアポロン・古賀史師 「気が悪いからね。今回は前に行く馬が多いから難しい」

 ◆タガノエスプレッソ・五十嵐助手 「休み明けですが、仕上がりはいいですよ。リズム良く運べれば」

 ◆ナムラアラシ・目野師 「走ってみないと分からない面があるけど、馬は充実している。前崩れの展開なら」

 ◆ピットボス・清水久師 「気持ちが向かないと前走のように走らないので…。いかに気持ちがレースに向くか」

 ◆マイネルクロップ・飯田雄師 「調子はいい。前走は案外でしたがもう少しはやれる馬。いい位置で運べれば」

 ◆マイネルバイカ・山田助手 「休み明け後では一番のデキ。自分のリズムですんなりと運べる展開なら」

 ◆マイネルバサラ・松山師 「ハロー明けのウッドでいい動きでした。相手は強くなりますが、自分の競馬ができれば」

 ◆ミツバ・加用師 「感じは休む前と変わりない。阪神のような広いコースがいいので、自分の競馬ができれば」

 ◆メイショウスミトモ・南井助手 「しっかりと調教をやれている。相手が強いし、展開がはまれば」

 ◆モルトベーネ・松永昌師 「いい動き。今の馬場状態を考えれば優秀じゃないかな。馬場は問わないし、馬混みでも我慢できるから」

 ◆モンドクラッセ・清水英師 「日曜にびっしりやったので、気を抜かせない感じで。いい状態をキープできています」

 ◆ロワジャルダン・斎藤助手 「状態はいいです。前走は展開が向きませんでしたし、(レース中に)蹄鉄がずれるアクシデントもありました」

 ◆ロンドンタウン・牧田師 「CWでしっかりと。馬の様子は変わりない。適度にペースが流れる競馬が理想」

アンタレスSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【アンタレスステークス】特別登録馬2017年04月09日() 17:30

[もっと見る]

【マーチS】レース展望 2017年03月21日(火) 19:44

 中山は重賞2本立てで、日曜メインにダートのGIIIマーチS(26日、1800メートル)が行われる。かなり難解なメンバー構成に加えてハンデ戦。荒れる気配が漂っている。過去10年を見ても、1番人気馬は【1・1・2・6】。やはり信頼度は低い。今年はどの馬が1番人気になるかも分からない状況だけに、多くの馬にチャンスがある。

 コスモカナディアン(美浦・金成貴史厩舎、牡4歳)は中山ダート1800メートルで6戦して2勝、2着2回、3着1回と安定。オープンに昇級していきなり挑戦した2走前の交流GI川崎記念で3着に健闘し、仁川Sも2着と崩れなかった。着実に力をつけてきた馬で、ここ5戦と同じ56キロなら上位争いが可能だ。

 ピットボス(栗東・清水久詞厩舎、牡4歳)は3歳時にユニコーンSレパードSでともに4着。その後、着実に力をつけ、古馬オープンとの初対戦となったポルックスSでは1番人気に推されながら6着に敗退したが、スタートでつまずき位置取りを悪くする不利があった。ハンデ55キロは想定内で、スムーズなレースができれば見直せる。

 佐賀記念で4馬身差の圧勝を飾ったロンドンタウン(栗東・牧田和弥厩舎、牡4歳)は、中央の重賞では武蔵野S8着、東海S7着と結果が出ていない。中山では昨秋の内房Sを勝っているが、このときはハンデ53キロ。今回は重賞を勝ったことでハンデ57キロを背負わされるだけに、過信は禁物か。

 実績的には重賞3勝、フェブラリーS2着があるインカンテーション(栗東・羽月友彦厩舎、牡7歳)が最上位だが、故障休養明け後は以前のような走りは見られない。実績があるだけにハンデも57.5キロを背負わされては苦しい印象だ。

 重賞2勝、フェブラリーSとチャンピオンズCで3着があるアスカノロマン(栗東・川村禎彦厩舎、牡6歳)も、東海S8着、フェブラリーS15着と近2走は振るわない。トップハンデ58キロというのも厳しい材料と思える。

 昨年の勝ち馬ショウナンアポロン(美浦・古賀史生厩舎、牡7歳)は、すんなり逃げられないともろいタイプ。前年から2キロ増の56キロで、同型との兼ね合いが鍵になりそうだ。

 これなら、昇級初戦でも勢いがあるアルタイル(美浦・手塚貴久厩舎、牡5歳)=54キロ=あたりも差はない。オープンでここ2戦ともに4着のメイショウスミトモ(栗東・南井克巳厩舎、牡6歳)=56キロ、交流GIで2度3着があるハッピースプリント(大井・森下淳平厩舎、牡6歳)=56キロ、復調気配の全日本2歳優駿優勝馬ディアドムス(美浦・高橋裕厩舎、牡5歳)=54キロ、昇級初戦の前走・総武Sで小差5着に健闘したディアデルレイ(美浦・牧光二厩舎、牡6歳)=55キロ=も争覇圏内だろう。

 除外対象馬にも有力馬がおり、なかでも繰り上がり順3位タイのセンチュリオン(美浦・田村康仁厩舎、牡5歳)は出走できれば上位人気になりそうな存在。全5勝を中山ダート1800メートルで挙げているコース巧者で、オープンに再昇級したここ2戦(ともに中山ダート1800メートル)もポルックスS2着、総武S3着と崩れていない。オープン未勝利でハンデ56キロは見込まれた印象だが、今回のメンバーなら妥当ともいえるだろう。

マーチSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【マーチステークス】特別登録馬2017年03月20日(月) 17:30

[もっと見る]

【チャンピオン】レースを終えて…関係者談話2016年12月05日(月) 05:02

 ◆津村騎手(カフジテイク4着) 「すごい脚を使ってくれた。勝ち馬と同じ位置だったけど、馬群をさばく器用さがなかったぶんの差かな。距離は大丈夫だった」

 ◆ムーア騎手(ノンコノユメ6着) 「中京はコーナーがきついので、広い東京の方がいい。距離も、もう少しあった方がいい」=東京大賞典に向かう予定

 ◆戸崎騎手(モーニン7着) 「ペースが速く、向こう正面で外からこられてひるんだところもあった。最後は盛り返しているが、リズムが乱れた」

 ◆横山典騎手(ロワジャルダン8着) 「よく頑張っているよ」

 ◆内田騎手(ラニ9着) 「最後に(前が)詰まったのが痛かったけど、行きっぷりは悪くなかった。左回りがいいのかな」

 ◆丸山騎手(モンドクラッセ10着) 「ペースが楽ではない中で頑張っています」

 ◆古川騎手(メイショウスミトモ11着) 「内々を回るイメージ通りの競馬で力は出せた」

 ◆幸騎手(ブライトアイディア14着) 「最後にもうひと脚使えればよかったが、メンバーも強いから」

 ◆田辺騎手(ブライトライン15着) 「『行ってくれ』という指示だったけど、ゲートがひと息。4コーナーで苦しくなった」

★4日中京11R「チャンピオンズカップ」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【チャンピオン】最新ナマ情報2016年12月04日() 05:04

◆脚ため直線勝負〔1〕カフジテイク

 武蔵野S3着馬は、坂路で4ハロン65秒0−15秒4をマーク。前向きさがあり戦闘モードだ。湯窪調教師は「気合が乗っているね。(前走より1ハロン延びる)距離がどうかだが、最内枠だから道中は内で脚をため、直線は外に持ち出して伸びれば」とイメージを頭に描く。

◆デキに太鼓判!!〔2〕アウォーディー

 CWコースを2周。脚さばきはキビキビとして、適度に気合も乗って万全の態勢だ。丸内助手は「馬も競馬(が近いこと)を分かっていて、その気になっている。状態は本当にいいですよ」と7連勝でのJRA・GI初Vに期待する。

◆軽め調整で気合〔4〕アスカノロマン

 Eコースを軽めの調整。フットワークは力強い。釘田助手は「いつものCWコースでなく、刺激を与えるためにEコースで。今朝は適度に気合が乗って、ロマンもレースが近いのを分かっている感じ」とうなずく。

◆鞍上も好感触!〔5〕ロワジャルダン

 何度も長距離輸送を経験しているだけあって堂々としたものだ。川野助手は「涼しい気候になって状態が上がってきた。動きが素軽くなっているし、馬体の張りも良くなった。ジョッキー(横山典騎手)も追い切りでいい感触をつかんでくれたみたいだし、昨年(4着)より力を付けていると思う」と一発を狙う。

◆顕著な充実ぶり〔6〕モンドクラッセ

 金曜に中京競馬場入り。レース前日はダートコースを軽く1周スクーリングしてから、キャンターで1周半のメニュー。装鞍所とパドックの下見も行った。「体は少し絞れているかどうかという感じ。予定通りに来ています。具合はだいぶいいし、絶好調です。いつも崩れず堅実に走ってくれるので楽しみ」と末武助手。

◆落ち着き好気配〔7〕ラニ

 いつも通りEコースでラスト1ハロン15秒7。大きなストライドで好気配を漂わせた。丸内助手は「最後、少し伸ばした。なめらかでいい感じでしたね。落ち着きもあった。あとは、レースで初めて装着するブリンカーがどちらに出るか。いい方に出れば」と力を込める。

◆さらに状態UP〔8〕サウンドトゥルー

 3度目の中京への輸送も問題なくクリアした。前走のJBCクラシック3着後もさらに状態は上がっているようで、「前走よりもう1段階上がっているし、かなり具合はいい。あとは展開が向いてくれれば。中央のGIを勝ちたいね」と中垣助手は仕上がりに自信を見せる。

◆1度叩いて万全〔9〕ノンコノユメ

 昨年の2着馬は午前11時ごろ中京競馬場に到着し、落ち着いた脚取りで馬房におさまった。石井厩務員は「馬運車ではおとなしかったし、つけたカイバもほぼ完食してくれた」と順調な輸送だったことを伝える。去勢後、最初のレースだったJBCクラシックは4着だったが、「ひと叩きされて馬体も毛づやも良くなった。昨年はピリピリとしていたが、去勢したことで今年はすごく落ち着いていい雰囲気」と中央のGI取りへ万全の状態だ。

◆力を出せる状態〔10〕メイショウスミトモ

 角馬場で体をほぐした後、坂路でのキャンター調教で大一番に備えた。「順調ですよ。馬はいつもと変わりない感じ。相手は強いですけど、力を出せる状態になっています」と南井助手。

◆三度目の正直へ〔11〕コパノリッキー

 GI8勝の実績はナンバーワン。悲願のチャンピオンズC制覇を目指して3年連続の挑戦だ。レース前日は引き運動を行った。「ジョッキー(ルメール騎手)に指示は出しません。いい枠が当たったし、ポジションにこだわらずスムーズに相手を見ながらいければ。何とかこのタイトルを取りたいね」と村山調教師。過去2年は12着、7着に終わっており、3度目の正直を狙う。

◆史上最高の馬体〔12〕ゴールドドリーム

 坂路を4ハロン65秒4で登坂。ブレのない動きで、真っすぐに急勾配を駆け上がった。「ゴールドドリーム史上、一番の体の柔らかみだね。しっかりとハミを取っていたし、パワフルさもあったよ」と堀部助手は気配の良さに笑みを浮かべた。

◆馬体引き締まる〔15〕モーニン

 坂路をパワフルな走りで登坂(4ハロン66秒6)。引き締まった馬体から状態の良さは一目瞭然で落ち着きも十分だ。「デキは抜群ですよ。ムダ肉のない体になっています。うまく外枠も当たりました。あとはリズムよく運べるかだけです」と担当の濱名助手は胸を張った。

★チャンピオンズCの枠順はこちら 調教タイム&レース前談話も掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

メイショウスミトモの関連コラム

閲覧 696ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさんこんにちは!

本日は阪神11R「アンタレスステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、モンドクラッセから1.0ポイント差(約1馬身差)内のロワジャルダンアスカノロマンまで3頭。
第2グループ(黄)は、グレンツェントから1.0ポイント差(約1馬身差)内のタガノエスプレッソまで2頭。
第3グループ(薄黄)はロンドンタウンから同差内のメイショウスミトモミツバマイネルクロップピットボスマイネルバイカモルトベーネまで7頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、上位には開きがほとんど生じない団子状態。第3G→第4G間に1.4ポイント差がありますが、それすら他の重賞と比べると小さな溝の印象でどこからでも入れそうな状況となっています。

そんな中、今回の私の本命は◎アスカノロマンに期待しました。前走から斤量1キロ減と乗り慣れた鞍上に戻って真価が問われる一戦。コース・展開的にも不利になるとは考えにくいですし、凄馬出馬表評価上位勢ではもっとも信頼できる存在とみて本命視。
○はミツバ。舞台適性という意味ではこちらも上位の存在。昨秋のシリウスステークスはこの馬には時計が速過ぎた印象で、しかも前々決着となる中で中身のある4着という内容。当時よりも脚質自在キャラに生まれ変わって迎えるJRA重賞再挑戦の今回、さらなる前進を期待したいと思っています。
▲にメイショウスミトモ。いずれも中山1800ではあるものの前走、7走前あたりの内容を評価しました。想定通りの淀みない流れなら、こちらも好相性の舞台で一発を期待できそうです。
☆にグレンツェント。能力の高さは認めますが、前走東海ステークスVは55キロでスローからの瞬発戦。斤量増もさることながら、今回求められる質も変わってきそうなペース面からも一枚割引きました。ただ、2走前に締まったペースで上り掛かる展開でも実績があるのがニクイところ。斤量が嫌われれば妙味も出てきそうで、そういった意味では今回狙い目も。
そして今回の私の馬券は、◎○▲=◎○▲からの3複で勝負とします。


【3連複フォーメーション】
◎○▲=◎○▲=印
3,8,13=3,8,13=3,4,6,7,8,10,12,13,14(19点)


登録済みの方はこちらからログイン

2016年12月08日(木) 17:10 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(12/3〜12/4)霧プロがチャンピオンズカップ、◎◯の大本線!
閲覧 578ビュー コメント 0 ナイス 2

先週は4(日)に中京競馬場でG1チャンピオンズカップが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1チャンピオンズカップは1番人気がアウォーディーで2.2倍、続いて2番人気がゴールドドリーム5.7倍、コパノリッキー6.3倍、ノンコノユメ7.5倍、モーニン8.3倍とここまでが10倍を切る形で上位人気を形成しました。
 
注目のスタートは2番人気ゴールドドリームが出遅れますが、その他各馬はほぼ揃ってまずまずの形。内からアスカノロマンが先行しますが、これを制してモンドクラッセが先頭に立って第1コーナーへ差し掛かります。レースを引っ張るのはモンドクラッセでリードは1馬身、2番手にアスカノロマン、続いてコパノリッキーブライトラインモーニンと先行集団を形成。中団からは1番人気のあアウォーディーゴールドドリームメイショウスミトモブライトアイディアが追走。そこから2馬身ほどあいだが空いてアポロケンタッキーラニノンコノユメロワジャルダンと追走。さらに2馬身ほど後方にサウンドトゥルーカフジテイクの態勢。
 
前半の1000m通過は1分0秒6(参考)の厳しい流れ、隊列変わらず直線コースへ差し掛かります。先頭はモンドクラッセでリードは2馬身、2番手にアスカノロマン、3番手以降は横一線となって内からメイショウスミトモコパノリッキーブライトラインゴールドドリーム、外からはアウォーディーが抜群の手応えで差を詰めてきます。
 
残り200m、依然粘るモンドクラッセアスカノロマンアウォーディーが接近し、3頭が抜け出す形で追い比べ!残り100m、ここでアウォーディーが叩き合いを制して抜け出しを図りますが、直後サウンドトゥルーが力強い脚でグングン差を詰めて猛追!ゴール前であっさりとアウォーディーを捉えると最後は流して余裕十分の快勝!直線ごぼう抜きの豪快な競馬でサウンドトゥルーチャンピオンズカップを制しました!勝ちタイムは1分50秒1(良)。クビ差の2着にアウォーディー、そこから半馬身差の3着にアスカノロマンが入っています。
 
公認プロ予想家ではおかべ育成プロほか9名が的中しています。
 
------------------------------------------------------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
勝負レースとした4(日)中京11RチャンピオンズカップG1で『東京大賞典勝ちや川崎記念連対、そして昨年の当レースはいずれも良馬場だったので、やはりパワーが生きる馬場の方がいい。全馬が少なからず勝ちに来て流れがタフになる中央G1ではこの個性(追い込み脚質)が武器になる可能性がある。』と狙った◎サウンドトゥルーの単勝、対抗○アウォーディーとの馬連を的中させ、5万1650円を払い戻しました!3(土)中京11R金鯱賞G2でも◎ヤマカツエースパドルウィールの本線的中で4万9750円を払い戻し!週末トータル回収率140%、収支プラス13万320円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
4(日)阪神10Rで◎ビッグリバティを頭固定した3連単で勝負!◎○△の印で261倍を2000円的中させ、52万2000円を払い戻しました!勝負レースに指定した中山11Rでは単勝118.4倍の大穴ゴールドリーガルに印を回し、3連単298.1倍を500円的中!14万9050円を払い戻しました!週末トータル回収率148%、収支プラス35万1200円の好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →河内一秀プロ
4(日)中山6Rで○×◎の印で3連単334.4倍、3連複33.6倍を的中させ、6万7040円の払い戻し!この他にも勝負レースに指定した3(土)中山11Rステイヤーズステークスで◎アルバートファタモルガーナモンドインテロの大本線決着で仕留めるなど的中を連発!週末トータル回収率137%、収支プラス16万1530円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
3(土)中山1Rで『前々走厳しいペースから強烈な脚を使って追い込んできた内容に見所。前が激しくなりそうなメンバー構成でこの馬場ならかなり展開が向くだろう。』と狙った中穴◎トロピカルスパートの単勝を1万円的中!4(日)中京12Rでは◎○▲のパーフェクト予想を披露し、4万2500円を払い戻しました!週末トータル回収率134%、収支プラス9万6000円をマークしています。

この他にも岡村信将プロ(137%)、ろいすプロ(126%)、ジョアプロ(122%)、シムーンプロ(108%)、マカロニスタンダーズ(103%)が週末トータル100%超えの活躍を見せています。

※全レースの結果速報はこちら

今週もウマニティ競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2016年12月02日(金) 15:00 km
【kmのG1データブレイカー】〜2016チャンピオンズカップ〜
閲覧 1,194ビュー コメント 0 ナイス 1

皆さん、こんにちは。ウマニティ公認プロ予想家のkmです。
今週は、ダート最強馬決定戦『チャンピオンズカップ』を中心にお届けします。

このコラムでは、決め撃ち穴馬ハンターのkmが、『過去5年で勝利馬を出していないデータから今年破られそうな項目』を「データブレイカー」と称し、ウマニティ会員の方だけに独自の見解を交えてお伝えします! 
データ競馬全盛期の今だからこそ、“逆張り”は威力を発揮します。データ派の意表を突く、過去の傾向を覆す可能性の高いポイントにズバッと斬り込んでいきますので、ぜひご活用ください。
また、以前コラムとして連載し好評をいただいていた“次走の狙い馬”につきましては、後半部分でご紹介いたします!さらにおまけコーナーとして“血統診断”も追加していますので、合わせてお楽しみください!


■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807


G1データブレイカー
チャンピオンズカップ〜

ジャパンカップが終わって、気付けば12月。有馬記念の足音が聞こえてきました。競馬に携わっていると一年はあっという間に終わりますね!
舞台は替わって、今週はチャンピオンズカップが行われます。
今年は、ダート転向後6連勝で交流G1勝ちを果たしたアウォーディーと米クラシック三冠皆勤のラニコパノリッキーなど豪華なメンバーが揃いました。
また、週中にはホッコータルマエの引退やタガノトネールの予後不良といった残念なニュースもありました。

果たして、栄冠はどの馬の頭上に輝くのでしょうか?


・5・6歳以外【0.2.2.36】

ダートを得意とする馬が完成するのは芝馬より遅く、5・6歳時だと言われています。
スピードだけでは経験を積んだベテランには敵わないのか。いや、そんなことはありません。才能は努力に優るのです。
トランセンドエスポワールシチーが勝ったのは4歳時。カネヒキリアロンダイトは3歳で制しています。
今年は、多士済済の馬たちが出走を予定しています。
例えば、3歳の成長株ゴールドドリーム、前走で初重賞制覇を果たしたアポロケンタッキー、復権を目指すノンコノユメ、最強兄弟の末っ子ラニなど、近年まれに見る充実ぶりで5・6歳勢を迎え撃ちます。
これらの光り輝く才能を持つ馬たちの中に、未来のカネヒキリトランセンドがいるのだと考えるだけでワクワクしますね!

アポロケンタッキー→4歳(みやこステークス1着)
カフジテイク→4歳(武蔵野ステークス3着)
ゴールドドリーム→3歳(武蔵野ステークス2着)※おすすめ
ノンコノユメ→4歳(帝王賞2着)
モーニン→4歳(フェブラリーステークス1着)
ラニ→3歳(ブラジルカップ3着)

[もっと見る]

2016年12月02日(金) 13:00 夢月
【各馬の前走と妙味】〜2016チャンピオンズカップ〜
閲覧 1,259ビュー コメント 0 ナイス 2

中京ダート1800m左回りで行われるチャンピオンズカップ
簡単にレースの特徴を説明したうえで出走馬の前走を踏まえた妙味について書いていきたいと思います。


■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807


■レースの特徴■

スタートから坂で、その部分はどの馬も速く抜けたいため、それなりに押して1コーナーを迎えます。
その勢いのまま2コーナーを過ぎたあたりで長い上り坂に突入するので、スタミナが問われるタフなコースと言えるでしょう。
ダートらしく内の馬はかなりのプレッシャーを受けることから、それを嫌った番手の馬たちが逃げている馬に被せようとして、ペースが緩みにくい傾向にあります。
いくら3、4コーナーが下りでもこれだけスタミナを使えば、直線の急坂をあっさり上れるような脚は余程のスタミナ馬でもない限り残っておらず、とにかく根性比べのレースとなります。
問われるスタミナが他のレースとは違うので、ラストで鈍る恐れのある軽い切れ味特化タイプの馬は基本的に不利。
逆に言えば、今まで決め手比べで屈していたが、決してバテたことがないようなタイプの馬に妙味がありそうです。


■前走の分析■

アウォーディー
●前走JBCクラシック Jpn1 1着 (経由5頭)
中団待機から早めに位置を上げ、4コーナーあたりで先頭に立つとそのまま押し切り完勝。
コーナーワークが上手なタイプで、中京だと良さが出にくいのが少し嫌なところ。
さらに問題なのは、前走もみせたソラを使う点。とにかくこれが酷い。
あれだけ集中力がなくて完勝なのだから強いとしか言いようがないが、手応え十分でも仕掛けのタイミングを熟慮しなければならないことを考えると、タフな競馬では大分堪えるのでは。
不安要素がそれなりにあるので地力は認めても妙味は全くなさそうだ。

[もっと見る]

2016年12月01日(木) 17:00 くりーく
【くりーくの前回→今回調教チェック!】〜2016チャンピオンズカップ〜
閲覧 1,466ビュー コメント 0 ナイス 2

こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われるG1を中心に出走予定馬の前走と今回のレースの調教を比較分析し、その結果をお伝えしていきます。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を、ぜひ皆さんの予想にお役立てください。
なお、シューナカコラムで取り上げている競走馬については同コラム内でコメントしていますので、そちらをご確認ください。


■最速プロ予想『シューナカ☆』〜プロ予想家陣がアノ注目馬の見解を語る!Vol.15・G1チャンピオンズカップ編〜はこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8110
■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807


各馬に対する評価の見方は、上段が前走時評価(レースでの着順/調教評価は最終追い切りまで含めた調整過程総評/パドック評価とコメント/前走時短評)、下段が今回評価(1週前までの中間調整過程評価/今回短評)となっています。

前回のジャパンカップ編では、調教評価Aのキタサンブラックが1着。枠順や展開などすべての条件がうまく揃って人気に応えてくれました。他にも調教注目馬の1頭サトノジーガーが、ゴール前で差されはしましたが直線一旦は抜け出す好内容を見せ、5番人気でハナ差+ハナ差の3着と好走。今週も調教評価Aの馬たちにご注目下さい。


◇優先出走馬◇

アポロケンタッキー
<前走時>1着  調教A  パドックA(+2キロも毛艶ピカピカの好馬体)
超大型馬の休み明け3戦目。休み明けのシリウスS時も良かったが、今回はその時よりもさらによく動ける馬体になった感じ。
<今回>調教A
叩き4戦目でも、2週前、1週前、そして日曜日にも時計を出していて疲れはなさそう。中身も、1週前追い切りでは重心の低い走りで、馬なりというよりは行きたがるところを抑えるくらいの行きっぷりを示してのソフト調整だった。引き続き好調キープ。

[もっと見る]

2016年12月01日(木) 16:00 覆面ドクター・英
【覆面ドクター・英のG1プレ診断】〜2016チャンピオンズカップ編〜
閲覧 1,151ビュー コメント 0 ナイス 2

ジャパンカップダートの流れを汲むチャンピオンズカップ。昨年のデムーロ騎手(サンビスタ)による大波乱を含め荒れることが多いのは、大一番JBCクラシックの後という施行時期のせいか、はたまた阪神1800mや中京1800mというコース設定のせいか――いずれにしても、馬券的には面白いレースだと思っています。
ただ今年はメンバーをざっと見渡したところ、絶対王者出現で的中は難しくない(?)印象。相手と券種含めどう買うかが焦点になってきそうです。


■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807


では、早速各馬診断へ。

アウォーディーは、やんちゃなダービー馬のジャングルポケット×天皇賞(秋)馬ヘヴンリーロマンス(余談ですが、現アウォーディーの調教師・松永幹夫騎手が馬上で敬礼をみせたシーンが印象深いですね)、という普通に考えると芝の本格派配合の血統。ですが、この馬は父母父のヌレイエフの血が色濃く出たのか、ダート路線に転じここまで負け知らずの6連勝と飛躍をみせています。前走JBCクラシックでは、強豪のホッコータルマエを軽く捩じ伏せて、大一番を制するなどその勢いは止まるところを知りません。一つ下の半妹アムールブリエは交流重賞の常連組、さらに半弟ラニはUAEダービーで大仕事、と母系の勢いには目を見張るものがあります。正直、今のこの馬を負かせる馬はいないのではと考えています。一本被りの1番人気だとは思いますが、ここは逆らわず本命の予定です。

ノンコノユメは去勢して今年はセン馬としての挑戦。トワイニング×アグネスタキオンという血統背景からもこの先種牡馬としての人気には?がつきますし、長く競走馬としての活躍見込んでの手術だったようです。ただ、大人しくなったのか鋭い末脚が影を潜めてしまった感もあり、前走の438kgという馬体重からも再度好調期に入るのはまだ先のよう(フェブラリーSにも間に合わないのでは、とみています)。軸が人気馬(予定)なだけに、現状では消しの想定。ただムーア騎手だけに末脚復活もあるのかも......。鞍上を考えると不気味な存在ではあります。

ゴールドドリームは、ゴールドアリュール×フレンチデピュティという、いかにもダート界のトップを目指す配合といえます。ユニコーンS勝ち馬でもあり、この世代のダート界を引っ張っていく存在だとは思うのですが、前走タガノトネールに逃げ切られているあたり、まだまだの印象。しかも今回は古馬と1kgしか斤量差がありません。期待と人気が先行していて、野球で例えるなら“甲子園で活躍して先々は活躍するが、すぐにプロでは結果が出ないキャラ”のイメージ。ヒモに買うか、人気だけに消すかということで当落線上です。

[もっと見る]

⇒もっと見る

メイショウスミトモの口コミ


口コミ一覧

レパードS

 Mr.A− 2017年04月15日() 15:21

閲覧 12ビュー コメント 0 ナイス 0

1 ◎ 257.5 10 52.2 18.8 186.5 モルトベーネ    Mデム     松永昌
2 ○ 232.8 6 43.8 22 167.0 グレンツェント   ルメー[替]   加藤征
3 ▲ 229.1 15 35.4 24.8 168.9 タムロミラクル   福 永[替]   西 園
4 △ 208.1 4 47.7 12 148.4 ロンドンタウン   川 田[替]   牧田和
5 × 202.1 7 26.7 26.7 148.7 モンドクラッセ   岩田康[替]   清水英
6 注 199.5 13 27.1 33.3 139.1 アスカノロマン   和 田[替]   川 村
7 195.4 3 30.7 19.2 145.5 ミツバ       横山典     加 用
8 193.1 1 25.9 23.8 143.4 マイネルバイカ   松山弘[替]   西村真
9 188.5 2 24.5 21 143.0 ショウナンアポロン 藤岡佑[替]   古賀史
10 184.1 9 23.5 10.7 149.9 マイネルクロップ  松若風[替]   飯田雄
11 181.7 8 19.5 26.1 136.1 メイショウスミトモ 古川吉[替]   南 井
12 176.8 12 30 23.4 123.4 タガノエスプレッソ 北村友     五十嵐
13 176.3 11 15 25.6 135.7 リーゼントロック  中 谷[替]   矢 作
14 167.9 5 33 31.3 103.6 ロワジャルダン   浜 中     戸 田
15 167.1 14 19 17 131.1 ピットボス     藤岡康[替]   清水詞
16 153.4 16 24.1 15.2 114.1 ナムラアラシ     幸      目 野
17 110.3 18 26.6 11.3 72.4 カワキタエンカ   和 田[替]   浜田多
18 109.7 9 16.5 23 70.2 ゴールドケープ   丸山元     荒 川

 ムーンホーセズネック 2017年04月13日(木) 22:38
競馬検討 追い切り 2
閲覧 40ビュー コメント 0 ナイス 7

皐月賞

マイスタイル 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

スワーヴリチャード 長め、併せ馬、動き豪快、集中して前向き、ビッシリ、押さえても漲る闘志、成長過程ありありと

コマノインパスル 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

カデナ 坂路、単走、動き軽快、集中して前向き、リズミカル

レイデオロ 長め、併せ馬、動き軽快、集中して前向き、ビッシリ、藤沢厩舎らしい追い切り

アウトライアーズ 長め、併せ馬、動き軽快、集中して前向き、ビッシリ、重心低く

ペルシアンナイト 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

ファンディーナ 坂路、併せ馬、動き豪快、集中して前向き、ビッシリ、突き放す、牝馬だが、猛獣の如き走り

プラチナヴォイス 長め、単走、動き軽快、集中して、躍動感ある

ダンビュライト 坂路、併せ馬、動き軽快、前向き、ビッシリ、先着

アルアイン 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、突き放す

アメリカズカップ 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、やや置かれる

サトノアレス 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

キングズラッシュ 長め、併せ馬、動き軽快、集中して前向き、重心低く、突き放す

アダムバローズ 長め、単走、動き軽快、集中して、リズミカル

クリンチャー 坂路、単走、動き軽快、集中して

ウインブライト 長め、併せ馬、動き豪快、集中して前向き、突き放す、成長過程ありありと

トラスト 坂路、単走、動き軽快、集中して


アンタレスステークス

アスカノロマン 長め、単走、動き軽快、集中して、リズミカル

グレンツェント 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

ショウナンアポロン 長め、単走、動き軽快、前向き、躍動感溢れ

タガノエスプレッソ 長め、単走、動き軽快、集中して、重心低く

タムロミラクル 坂路、単走、動き軽快、集中して、リズミカル

ナムラアラシ 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、やや置かれる

ピットボス 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、先着

マイネルクロップ 坂路、単走、動き軽快、集中して前向き、推進力あり

ミツバ 長め、併せ馬、動き軽快、集中して前向き、ビッシリ

メイショウスミトモ 坂路、単走、動き軽快、集中して

モルトベーネ 坂路、単走、動き軽快、前向き、ビッシリ

モンドグラッセ 長め、単走、動き軽快、集中して

リーゼントロック 坂路、単走、動き軽快、集中して、ビッシリ

ロワジャルダン 長め、単走、動き軽快、集中して

ロンドンタウン 長め、単走、動き軽快、集中して

[もっと見る]

 ムーンホーセズネック 2017年04月12日(水) 22:29
競馬検討 追い切り 
閲覧 48ビュー コメント 0 ナイス 11

皐月賞

アウトライアーズ 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

アダムバローズ 長め、単走、動き軽快、集中して

アメリカズカップ 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して前向き、ビッシリ、やや置かれる

アルアイン 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、先着、リズミカル

ウインブライト 長め、併せ馬、動き軽快、集中して前向き、ビッシリ、先着、みなぎる迫力、成長過程ありありと

カデナ 坂路、単走、動き軽快、集中して前向き、リズミカル

キングズラッシュ 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、突き放す

クリンチャー 坂路、単走、動き軽快、集中して

コマノインパスル 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

スワーヴリチャード 長め、併せ馬、動き豪快、集中して前向き、追い出せば弾けそうだが、押さえて、ビッシリ、成長過程ありありと

ダンビュライト 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、先着

トラスト 坂路、単走、動き軽快、集中して

ファンディーナ 坂路、併せ馬、動き豪快、集中して前向き、リズミカル、牝馬だが、猛獣の如き走り

プラチナヴォイス 長め、単走、動き軽快、前向き

ペルシアンナイト 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

マイスタイル 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ


アンタレスステークス

アスカノロマン 長め、単走、動き軽快、前向き

グランツェント 長め、併せ馬、動き軽快、ビッシリ

タガノエップレッソ 長め、単走、動き軽快、集中して、リズミカル

タムロミラクル 坂路、単走、動き軽快、集中して、ビッシリ追う

ミツバ 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、先着、手応えでやや劣る

メイショウスミトモ 坂路、単走、動き軽快、集中して

モルトベーネ 坂路、単走、動き軽快、前向き

モンドグラッセ 長め、単走、動き軽快、集中して

ロワジャルダン 長め、単走、動き軽快、集中して

ロンドンタウン 長め、単走、動き軽快、集中して

[もっと見る]

メイショウスミトモの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

メイショウスミトモの写真

投稿写真はありません。

メイショウスミトモの厩舎情報 VIP

2017年4月15日アンタレスステークス G36着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

メイショウスミトモの取材メモ VIP

2017年4月15日 アンタレスステークス G3 6着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。