サンマルデューク(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
サンマルデューク
写真一覧
現役 牡9 黒鹿毛 2009年4月3日生
調教師和田勇介(美浦)
馬主相馬 勇
生産者田端牧場
生産地日高町
戦績54戦[7-3-3-41]
総賞金14,651万円
収得賞金4,850万円
英字表記Sammaru Duke
血統 ロージズインメイ
血統 ][ 産駒 ]
Devil His Due
Tell a Secret
キミホウセキ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
オロール
兄弟 ドリームトレジャーマイネルブリアー
前走 2018/03/25 マーチステークス G3
次走予定

サンマルデュークの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/03/25 中山 11 マーチS G3 ダ1800 1623110.21310** 牡9 55.0 蛯名正義和田勇介510(-2)1.53.1 1.036.9⑯⑯⑮⑮センチュリオン
18/02/24 阪神 11 仁川S OP ダ2000 1671453.0129** 牡9 55.0 岡田祥嗣小島太512(-8)2.05.0 0.937.8⑫⑫⑫⑦ナムラアラシ
18/02/03 京都 11 アルデバラン OP ダ1900 1661146.8137** 牡9 58.0 藤岡康太小島太520(+6)1.59.2 1.337.7⑪⑪⑩⑧ナムラアラシ
18/01/21 中京 11 東海S G2 ダ1800 1635164.1144** 牡9 56.0 岡田祥嗣小島太514(-4)1.52.9 1.137.8⑪⑪⑬⑫テイエムジンソク
18/01/07 中山 10 ポルックスS OP ダ1800 1661119.688** 牡9 58.0 蛯名正義小島太518(+6)1.53.7 1.338.2⑯⑯⑮⑫アルタイル
17/12/09 中山 11 師走S OP ダ1800 1681554.7135** 牡8 55.0 蛯名正義小島太512(-2)1.52.7 0.737.1⑯⑯⑫⑨ディアデルレイ
17/10/22 東京 11 ブラジルC OP ダ2100 161195.71510** 牡8 55.0 武士沢友小島太514(-2)2.09.9 1.837.8⑮⑭⑯⑮メイショウウタゲ
17/09/17 中山 11 ラジオ日本賞 OP ダ1800 16815120.21513** 牡8 58.0 武士沢友小島太516(-6)1.52.6 1.637.2⑮⑮⑯⑯センチュリオン
17/08/26 新潟 11 BSN賞 OP ダ1800 1559101.61414** 牡8 56.0 武士沢友小島太522(+14)1.53.2 1.737.5⑭⑭⑭⑭トップディーヴォ
17/02/25 中山 11 総武S OP ダ1800 154642.397** 牡8 58.0 武士沢友小島太508(-2)1.53.4 0.837.3⑮⑮⑮⑭モンドクラッセ
17/02/12 京都 10 アルデバラン OP ダ1900 125616.0510** 牡8 56.0 小牧太小島太510(0)1.59.1 1.437.2⑫⑫⑩⑩モルトベーネ
17/01/07 中山 11 ポルックスS OP ダ1800 145717.078** 牡8 58.0 武士沢友小島太510(+2)1.53.9 1.037.5⑬⑬⑭⑬ドリームキラリ
16/12/18 阪神 10 ベテルギウス OP ダ2000 107726.075** 牡7 58.0 四位洋文小島太508(0)2.04.9 1.337.6⑨⑨⑧⑥ミツバ
16/07/17 中京 11 ジュライS OP ダ1800 12225.133** 牡7 58.0 M.デムー小島太508(0)1.52.0 1.036.3⑨⑪⑦⑧マスクゾロ
16/05/21 京都 11 平安S G3 ダ1900 1581566.0134** 牡7 56.0 武士沢友小島太508(+4)1.57.0 0.835.9⑮⑮⑮⑮アスカノロマン
16/04/16 阪神 11 アンタレスS G3 ダ1800 163540.3910** 牡7 56.0 武士沢友小島太504(-4)1.51.3 1.437.3⑯⑯⑮⑮アウォーディー
16/03/27 中山 11 マーチS G3 ダ1800 16597.1411** 牡7 56.5 蛯名正義小島太508(-4)1.53.6 0.937.1⑮⑭⑭⑮ショウナンアポロン
16/02/27 中山 11 総武S OP ダ1800 156109.053** 牡7 58.0 武士沢友小島太512(0)1.52.3 0.436.8⑮⑮⑬⑮バスタータイプ
16/01/09 中山 11 ポルックスS OP ダ1800 163636.6121** 牡7 57.0 武士沢友小島太512(0)1.52.5 -0.336.7⑯⑯⑯⑭バンズーム
15/12/26 中山 11 師走S OP ダ1800 1636199.6151** 牡6 52.0 武士沢友小島太512(+6)1.51.7 -0.137.2⑮⑮⑮⑬モズライジン

⇒もっと見る


サンマルデュークの関連ニュース

 日曜日の中山メインには、ダートのハンデ重賞・マーチS(25日、GIII、1800メートル)が組まれている。ここを足掛かりとして、上半期の交流GIかしわ記念(5月2日、船橋、ダート1600メートル)や、帝王賞(6月27日、大井、ダート2000メートル)を視野に入れたい好メンバーが顔をそろえ、楽しみな一戦となった。



 前走の上総Sを5馬身差で逃げ切ったハイランドピークが単勝2.2倍で1番人気、全7勝を中山ダート1800メートルで挙げているコース巧者センチュリオンが単勝6.2倍で2番人気、昨年UAEダービーで2着に好走したエピカリスが単勝7.0倍で3番人気、昨年2着に入ったディアデルレイ、昨年の3着馬アルタイルが並んだ単勝10.9倍で4、5番人気となっている。13:00時点での単勝オッズは以下の通り。

枠番-馬番 馬名      単勝オッズ1- 1  ブレスアロット   84.81- 2  ストロングサウザー192.12- 3  サンマルデューク  82.12- 4  ロワジャルダン   39.23- 5  サクラルコール   31.43- 6  ジョルジュサンク  85.04- 7  ディアデルレイ   10.94- 8  センチュリオン    6.25- 9  エピカリス      7.05- 10 コスモカナディアン 17.86- 11 メイショウウタゲ  41.46- 12 アルタイル     10.97- 13 ハイランドピーク   2.27- 14 クインズサターン  14.58- 15 ロンドンタウン   15.68- 16 オールブラッシュ  60.2



マーチSの枠順はこちら 調教タイムも掲載

【マーチS】ズバリ調教診断!2018年3月25日() 10:25

マーチS出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


ブレスアロット
最終追い切りは南Wで4Fから追われてマズマズの時計を計時。先行した併走相手に並びかけてからは、少しアオられ気味だったが、動きそのものは悪くない。ただし、前回も似たような感じだったので、一変とまではいかないかもしれない。

ストロングサウザー
1週前に南Dで6Fから一杯、今週は南Wで5Fから一杯に追われるなど、中間の乗り込み量と負荷のかけ方は、ここ数走では見られなかったもの。ラストの伸びこそ甘いが、徐々に良くなっている。いい頃には及ばないにしても及第点と言えるのではないか。

サンマルデューク
この中間は調教パターンを変えて南Wで調整。1週前、今週と時計面で目立つところはないものの、最終追い切りの動きを見る限りは悪くない印象。気合乗りも良く、少なくとも体調面の不安はない。

ロワジャルダン
小林牧場で行われた最終追い切りでは5Fから追われて好タイムをマーク。中央在籍時も調教駆けする馬だったので、額面以上の評価はできないものの、いい状態であることは間違いない。

サクラルコール
坂路で行われた最終追い切りでは上々の伸び脚を披露。ただし、前回と比較するとズブさを見せるようになっている点は気がかり。脚捌きは悪くないだけに、前回が良すぎただけなのか、それとも調子落ちなのか、判断が難しい。

ジョルジュサンク
最終追い切りは、CWで6Fからソルヴェイグと未勝利馬を追走する3頭併せを敢行。遅れをとったが、これはソルヴェイグが抜群の動きを見せたということもあり、それほど問題ではない。ただし、馬体はかなり緩め。動きはしっかりしているので、このひと追いと輸送でどこまで変われるか。

ディアデルレイ
約2カ月間隔が開いたが、入念に乗り込まれているうえに、負荷のかかった追い切りもキッチリとこなしている。最終追い切りの動きも良く、動ける態勢にあるとみていい。好仕上がり。

センチュリオン
南Wで行われた最終追い切りでは、併走相手の500万下に遅れをとったが、攻め駆けしない馬なので致し方ないところか。とは言え、ラストの伸びは平凡そのもの。いつもこのような感じで結果を出しているので、大きな割引材料にはならない半面、好評価をするわけにもいかない悩ましい1頭である。

エピカリス
帰厩後は丹念に併せ馬を消化しているが、時計だけを見ると大きく変わった感じはしない。最終追い切りも5Fの時計こそ悪くないが、ラストがイマイチ。動きについてもステッキを入れられてからの反応が悪く、良化途上の印象。視点を変えると、この状態で好走できるようなら、今後の展望が明るくなるが……。

コスモカナディアン
1週前に南Wで4Fからマズマズの時計を計時。日曜日には坂路で流してラスト1F12秒3をマークした。南Wで行われた最終追い切りでも上々のタイムを計測。頭の高い点は少し気になるが、脚捌きはしっかりとしているので順調とみていいだろう。

メイショウウタゲ
栗東坂路で行われた最終追い切りではマズマズの動きを披露。気合乗りが良く、鞍上がステッキを抜いてからの反応もなかなかのもの。時計だけをみると凡庸そのものだが、これは悪コンデションが影響したものと考えるべき。内容は決して悪くなく、乗り込み量も十分。動ける態勢にあると判断する。

アルタイル
1週前追い切りでは1000万下を追いかけて大きく先着。最終追い切りは南Wで6Fからアッラサルーテを馬なりで追走。最後はアオるような勢いで併入を果たした。とにかく、行きっぷりの良さが印象的。上々の仕上がりと言える。

ハイランドピーク
北Cで行われた最終追い切りの動きは軽快そのもの。リズミカルなフットワークで、スピード感あふれる動きを披露した。しいて難を挙げるのであれば、前回よりも馬体が若干小じんまりとしているところ。ひょっとしたら、いい意味で締まりが出てきているのかもしれないが……。いずれにせよ、当日の気配には注意を払いたい。

クインズサターン
栗東坂路で行われた最終追い切りでは、一杯に追われて上々の動き。全体時計は目立たないが、年初来最悪のコンディションであることを考慮すれば、まったく問題はない。脚捌きが少し硬い点は気になるが、十分許容範囲。中2週の再東上となるが、良好な状態であることは間違いない。

ロンドンタウン
最終追い切りはCWで6Fから追われ、馬なりで好時計をマーク。ラストは少し時計を要したが、馬場状態を考えると上々の部類と言える。馬体の見栄えも良く、一時のような体調面の不安は感じられない。好仕上がり。

オールブラッシュ
約3カ月半ぶりの実戦となるが、CW中心に追い切りを順調に消化。乗り込み量に不足はない。ただし、最終追い切りの動きは平凡そのもの。攻め駆けするタイプではなく、馬場状態の悪さも影響したのかもしれないが、それにしても……。馬体も緩く、本調子を取り戻すのはもう少し先かもしれない。

[もっと見る]

【マーチS】重賞データ分析2018年3月25日() 09:40

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、マーチSのファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。


【全般】
2012年以降、前走で掲示板を外した馬が4勝、2着1回、3着1回と活躍

ブレスアロット
ストロングサウザー
サンマルデューク
サクラルコール
ジョルジュサンク
ディアデルレイ
エピカリス
コスモカナディアン
メイショウウタゲ
ロンドンタウン

前走レース別ではフェブラリーSならびに総武Sが好相性

ブレスアロット
サクラルコール
センチュリオン
コスモカナディアン
クインズサターン
ロンドンタウン

【人気】
重賞実績馬、あるいは前走準オープン勝ちかつ54キロ以上のハンデを課せられた5番人気以下の馬に注意
※9時10分現在の5番人気以下かつ、条件を満たしている馬

ストロングサウザー
ロワジャルダン
ロンドンタウン
オールブラッシュ

【脚質】
先行差し互角

※大きな偏りが見られないため割愛

【枠順】
6~8枠が好成績

メイショウウタゲ
アルタイル
ハイランドピーク
クインズサターン
ロンドンタウン
オールブラッシュ

6~8枠かつ、1角5番手以下の馬の活躍が顕著

メイショウウタゲ
アルタイル
クインズサターン
オールブラッシュ

※近3走(国内レースに限る)の走りを参考に好位から後ろで運びそうな馬を想定

【血統】
父系はヘイルトゥリーズン系が優勢

ストロングサウザー
サンマルデューク
サクラルコール
ジョルジュサンク
エピカリス
コスモカナディアン
アルタイル
ハイランドピーク
ロンドンタウン

母系はサンデーサイレンス系が好成績

ブレスアロット
サンマルデューク
ロワジャルダン
ディアデルレイ
メイショウウタゲ
ハイランドピーク

2012年以降はミスプロ内包馬の活躍が目立つ

ブレスアロット
ストロングサウザー
ロワジャルダン
ジョルジュサンク
ディアデルレイ
センチュリオン
メイショウウタゲ
アルタイル
ハイランドピーク
クインズサターン
ロンドンタウン
オールブラッシュ


【4項目以上該当馬】
ロンドンタウン(6項目)
メイショウウタゲ(5項目)
ブレスアロット(4項目)
ストロングサウザー(4項目)
アルタイル(4項目)
ハイランドピーク(4項目)
クインズサターン(4項目)
オールブラッシュ(4項目)

[もっと見る]

【マーチS】ハイランドピークが断然人気/前日最終オッズ 2018年3月24日() 17:55

 中山日曜メインは、ダートのハンデ重賞・マーチS(25日、GIII、1800メートル)。ここを足掛かりとして、上半期の交流GIかしわ記念(5月2日、船橋、ダート1600メートル)や、帝王賞(6月27日、大井、ダート2000メートル)を視野に入れたい好メンバーが顔をそろえ、楽しみな一戦となった。



 前日最終オッズは以下のとおり。



 前走の上総Sを5馬身差で逃げ切ったハイランドピークが単勝1.4倍で抜けた1番人気、昨年UAEダービーで2着に好走したエピカリスが単勝9.4倍で2番人気、全7勝を中山ダート1800メートルで挙げているコース巧者センチュリオンが単勝11.5倍で3番人気、昨年2着に入ったディアデルレイが単勝13.2倍で4番人気、昨年の3着馬アルタイルが単勝15.9倍で5番人気となっている。



 マーチSは3月25日、中山競馬場(11R)で、午後3時30分にスタートが切られる。



(左から)枠番-馬番 馬名  単勝オッズ1- 1  ブレスアロット  116.31- 2  ストロングサウザー221.32- 3  サンマルデューク  80.72- 4  ロワジャルダン   38.93- 5  サクラルコール   60.63- 6  ジョルジュサンク 123.24- 7  ディアデルレイ   13.24- 8  センチュリオン   11.55- 9  エピカリス      9.45- 10 コスモカナディアン 32.46- 11 メイショウウタゲ  37.36- 12 アルタイル     15.97- 13 ハイランドピーク   1.47- 14 クインズサターン  21.28- 15 ロンドンタウン   22.38- 16 オールブラッシュ  62.2



マーチSの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【マーチS】追って一言2018年3月22日(木) 05:03

 ◆アルタイル・手塚師 「動きはいい。体調もよく力は出せると思う」

 ◆エピカリス・萩原師 「順調に乗り込んできたので、休み明けでもまずまずの態勢」

 ◆クインズサターン・野中師 「いい状態を維持。展開が向けば」

 ◆コスモカナディアン・金成師 「単走でもやれば動くタイプ。上手に競馬ができれば」

 ◆サクラルコール・柴田善騎手 「けいこの走りは悪くなかった」

 ◆サンマルデューク・和田勇師 「Wコース主体に乗り込み、順調」

 ◆ストロングサウザー・池内助手 「先週、今週としっかりとやれている」

 ◆センチュリオン・高木助手 「中2週になるが、気持ちが途切れていないのはいい」

 ◆ディアデルレイ・牧師 「中間は放牧を挟んだが、帰厩後は順調」

 ◆ハイランドピーク・土田師 「体が緩むことなく、いい状態をキープ。ハナに行って自分の競馬をして、どこまで」

 ◆ロンドンタウン・牧田師 「状態は変わりない。レースで気持ちが向いてくれれば」

マーチSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【マーチステークス】特別登録馬2018年3月18日() 17:30

[もっと見る]

⇒もっと見る

サンマルデュークの関連コラム

閲覧 3,628ビュー コメント 0 ナイス 5

週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2017年01月07日(土) 中山11R ポルックスステークス
【前走の着順別成績(2014年以降)】
●5着以内 [2-3-2-10](複勝率41.2%)
●6~8着 [1-0-1-10](複勝率16.7%)
●9着以下 [0-0-0-19](複勝率0.0%)
→前走の着順を素直に評価したい一戦。昨年のポルックスステークスを単勝オッズ36.6倍(12番人気)で制したサンマルデュークも前走の着順は1着でした。


▼2017年01月07日(土) 京都11R 淀短距離ステークス
【“前年10~12月、かつJRA、かつ1200mの重賞かオープン特別”において連対経験がなかった馬の、馬番別成績(2011年以降)】
●1~6番 [5-3-4-20](複勝率37.5%)
●7~16番 [0-0-0-45](複勝率0.0%)
→“前年10~12月、かつJRA、かつ1200mの重賞かオープン特別”において連対経験があった馬は2011年以降[1-3-2-5](複勝率54.5%)と堅実。一方、この条件をクリアしていなかったにもかかわらず3着以内となったのは、内寄りの枠を引いた馬だけです。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“消し”】
京都芝1200m内×オレハマッテルゼ×無条件
→複勝率11.1%、複勝回収率34%


▼2017年01月08日(日) 中山11R フェアリーステークス
【“JRA、かつ芝1500m以上のレース”における連対経験の有無別成績(2013年以降)】
●あり [4-4-4-30](複勝率28.6%)
●なし [0-0-0-22](複勝率0.0%)
→距離適性がポイント。ダートはもちろん、芝1400m以下のレースを主戦場としてきた馬も信頼できません。なお“中山のレース”において8着以内となった経験がある馬は2013年以降[0-0-2-25](複勝率7.4%)と期待を裏切りがちなので注意しましょう。

<<さらにプラス1!>>

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2016年5月23日(月) 11:26 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』5/21~5/22の結果(オークスG1・平安ステークス G3)
閲覧 646ビュー コメント 0 ナイス 3

5月22日(日)に行われました東京11Rの「オークスG1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】◎シンハライト(2.0倍)
2着:総合ポイント【2位】△チェッキーノ(4.0倍)
3着:総合ポイント【8位】▲ビッシュ(16.0倍)

第1グループ・総合ポイント1位のシンハライトが1着、第2グループ・総合ポイント2位のチェッキーノが2着、第3グループ・総合ポイント8位のビッシュが3着という結果でした。

馬券は全然プラスではありませんが、なんとか的中できました!(^^)!シンハライトは直線かなり厳しい位置取りでしたが、前が空くと次元の違う末脚!見ていて思わず「おー!」と叫んでしまいました(^^)/しかしながら、シンハライトは凄馬出馬表でも1歩抜けた存在でしたので3連単にすれば良かったかなーと反省です。

【3連複フォーメーション】
3

8,14

1,4,5,6,8,12,13,16,17

15点 払い戻し2070円


続いて5月21日(土)に行われました京都11Rの「平安ステークスG3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【4位】◎アスカノロマン(2.2倍)
2着:総合ポイント【3位】○クリノスターオー(7.5倍)
3着:総合ポイント【6位】▲クリソライト(7.9倍)

第2グループ・総合ポイント4位のアスカノロマンが1着、第2グループ・総合ポイント3位のクリノスターオーが2着、第4グループ・総合ポイント6位のクリソライトが3着という結果でした。

3着サンマルデュークも持ってたんでねぇ。。。3単442.5倍ですか。
クリソライトが頑張ってくれたお陰の◎○▲的中でしたが、その結果大きく弾けることが出来なかった今回、まあプラスはプラスですし、今週は両重賞的中ということで良しとします。

【3単フォーメーション】
◎→○▲→印
14→6,11→2,4,6,8,9,11,12,13,15(16点)

【馬単フォーメーション】
○▲→◎(2点)
6,11→14

計18点 払い戻し6130円

[もっと見る]

2016年5月21日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第187回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~平安ステークス G3
閲覧 1,008ビュー コメント 0 ナイス 6

みなさんこんにちは!

本日は京都11R「平安ステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、ロワジャルダンから1.0ポイント差(約1馬身差)内のドコフクカゼまで2頭。
第2グループ(黄)は 、クリノスターオーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のアスカノロマンまで2頭。
第3グループ(薄黄)は、マジェスティハーツ1頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

パッと見では上位4頭が抜けていて、以下は芝での指数が基になっているマジェスティハーツを除いて考えると実際にはここに2.0ポイント以上の差があると見て良さそうな印象の配置です。しかし、ダート戦の場合近走地方競走出走しているケースも多く、久しぶりに中央ダート戦(U指数評価対象レースへの出走)となる馬や近走地方戦使いが多いような馬には注意が必要です。
今回で言えば、アムールブリエストロングサウザークリソライトクリノスターオーといったあたりが当てはまるでしょうか。

今回の◎は総合評価4位のアスカノロマンに期待します。前走大外枠から58キロを背負ってここに出ていれば1番人気だったであろうアウォーディーと差の無い競馬を演じた点を素直に評価。3着以下も0.5秒差離しており今回も有望とみています。
○はクリノスターオー。はい、最近やられっぱなしの凄馬出馬表第3位馬だからです(笑)。冗談はさておき、前走も58キロを考えれば悪くないと思っていますし、昨年のこのレース(2着)で記録した指数はメンバー中最上位のものですし、人気妙味も出そうなので狙ってみたいと思います。
▲にクリソライト。上位4頭から少し離されてはいるものの先に書いた通り、この馬も近走が地方戦ばかりで凄馬出馬表的には“昔の名前で出ています”状態なので額面以上に評価してもいいのかなと考えています。前走内容は、揉まれたくない同馬からすると最悪と言っていい最内枠引いて、スタートから出ムチで押して押して行っても好位取れず、砂被る形になった中での4着。見方によっては大健闘と言ってもいい部類ではないでしょうか。とりあえず今回最内枠ではないですし、あとはスタートから楽にとは言いませんが消耗せずにそこそこの位置取りが取れるか。
以下印は、☆ロワジャルダン、△ドコフクカゼサンマルデュークラインルーフトップディーヴォトラキチシャチョウアムールブリエと回し、今回の私の馬券は◎→○▲ラインの3連単と○▲→◎の馬単で勝負としたいと思います。


【3単フォーメーション】
◎→○▲→印
14→6,11→2,4,6,8,9,11,12,13,15(16点)

【馬単フォーメーション】
○▲→◎(2点)
6,11→14

計18点

[もっと見る]

2016年4月16日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第177回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~アンタレスステークス G3
閲覧 642ビュー コメント 0 ナイス 2

みなさんこんにちは!

本日は阪神11R「アンタレスステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、ロワジャルダンローマンレジェンドの2頭。
第2グループ(黄)は 、アスカノロマンから1.0ポイント差(約1馬身差)内のトウショウフリークまでの4頭。
第3グループ(薄黄)は、ヴァンヌーヴォーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のサンマルデュークまでとなっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと総合ポイント2位のローマンレジェンドアスカノロマン間に1.8の溝、総合ポイント6位トウショウフリークヴァンヌーヴォー間の1.4の溝が生まれています。全体を通して大きな溝がない混戦の分布ですが、特に第2グループはポイント差がほぼなく、横一線と言えそうです。

私の本命は◎アスカノロマンとします。先週の阪神ダートは完全に先行有利でしたので前に行けるダッシュ力は魅力ですし、馬も充実一途。アウォーディーに被りそうな雰囲気ですし、この馬の頭が面白そうです。

以下は○アウォーディー。ダートでは底を見せていません。一戦一戦競馬が上手くなっている印象ですし、この枠順なら軸としての信頼度は一番高いと思います。▲はフェブラリーステークスで好走を見せた○ロワジャルダン。以上3頭に印を打ちます。

【3連単フォーメーション】
16

3,9

1,2,3,4,5,7,9,11,13,14

16

1,2,3,4,5,7,9,11,13,14

3,9

計36点

ここをビシッと当てて皐月賞につなげたいですね(^^♪

[もっと見る]

2016年3月22日(火) 20:00 伊吹雅也
伊吹雅也の週末メイン「1点」分析 2016年03月22日号
閲覧 3,481ビュー コメント 0 ナイス 7

▼2016年03月27日(日) 中京11R 高松宮記念
【日本調教馬の、前走の着順別成績(2012年以降)】
●2着以内 [2-3-3-14](複勝率36.4%)
●3~4着 [1-1-0-12](複勝率14.3%)
●5着以下 [0-0-1-33](複勝率2.9%)
→臨戦過程を素直に評価したい一戦。大敗からの一変は期待できませんし、前年10月以降、かつJRAの重賞において連対経験がない日本調教馬も2012年以降[0-0-0-35](複勝率0.0%)と苦戦していました。

▼2016年03月26日(土) 阪神11R 毎日杯
【JRAの重賞において4着以内となった経験の有無別成績(2011年以降)】
●あり [5-1-3-15](複勝率37.5%)
●なし [0-4-2-43](複勝率12.2%)
→重賞で好走した経験のある馬が中心。なお、JRAの重賞において4着以内となった経験がなかった馬のうち、同年、かつ中央場所のオープン特別か500万下において連対経験がなかった馬は2011年以降[0-0-0-30](複勝率0.0%)とすべて4着以下に敗れています。

▼2016年03月26日(土) 中山11R 日経賞
【前年か同年、かつJRA、かつ2400~2500mのGⅠ、GⅡにおいて6着以内となった経験の有無別成績(2011年以降)】
●あり [5-5-5-19](複勝率44.1%)
●なし [0-0-0-31](複勝率0.0%)
→近年の好走馬は、前年以降に2500m前後の重賞で善戦した経験があった馬ばかり。距離適性が最大のポイントと見ていいでしょう。

▼2016年03月27日(日) 阪神11R 六甲ステークス
【JRA、かつ3歳以上か4歳以上、かつ阪神以外の重賞かオープン特別における連対経験の有無別成績(2011年以降)】
●あり [0-0-2-34](複勝率5.6%)
●なし [5-5-3-34](複勝率27.7%)
→実績馬が人気を裏切りがちなレース。特に2~3歳限定や阪神のレースを除く重賞ならびにオープン特別で連対経験がある馬は信頼できません。

▼2016年03月27日(日) 中山11R マーチステークス
【前年6月以降、かつ中央場所、かつ1600万下から上のクラス、かつダ1600~2100mのレースにおける優勝経験の有無別成績(2013年以降)】
●あり [3-3-3-11](複勝率45.0%)
●なし [0-0-0-28](複勝率0.0%)
→前年6月以降のレースを勝ち切っている馬に注目したいところ。特別登録を行った馬のうち、2015年6月以降、かつ中央場所、かつ1600万下から上のクラス、かつダ1600~2100mのレースにおいて優勝経験があるのは、キープインタッチサンマルデュークショウナンアポロンドコフクカゼバスタータイプマイネルバウンスモズライジンの7頭です。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)
 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる騎手大全』(ガイドワークス)、『現在(いま)の勝負気配が分かる 騎手×調教師 黄金タッグ』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『本当に儲かる騎手データブック 馬券の勝ち組は騎手を野次らない(競馬王新書EX008)』(ガイドワークス)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。昨年12月4日には制作総指揮を務めている人気シリーズの最新刊『ウルトラ回収率 2016-2017』(ガイドワークス)が発売された。

[もっと見る]

2016年1月12日(火) 18:40 【ウマニティ】
先週の回顧~(1/5~1/11)佐藤洋一郎プロが京都7Rで250万超の大爆発!
閲覧 1,105ビュー コメント 0 ナイス 8

先週は、10(日)に京都競馬場でG3シンザン記念が、11(月)に中山競馬場でG3フェアリーステークスが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3シンザン記念シゲルノコギリザメが先頭で直線コースへ。シゲルノコギリザメのリードは1馬身、後続からはファインニードルピースマインドロジクライドゥーカアストラエンブレムが横一線となって前を追います。残り200mを通過、ここで逃げるシゲルノコギリザメに内からロジクライが並びかけると外からはアストラエンブレムも脚を伸ばして3頭の叩き合い!ゴール前、シゲルノコギリザメを捉えて先頭に立ったロジクライが大外から一気の脚で猛追するジュエラーを抑え込んで初重賞制覇を飾りました。クビ差の2着にジュエラー、そこからクビ差の3着にシゲルノコギリザメが入っています。
 
 
G3フェアリーステークスビービーバーレルがマイペースで逃げて直線コースへ入ります。逃げるビービーバーレルのリードは1馬身、2番手に単独でクードラパン、その後ろからはダイワダッチェスダイワドレッサーと前を追います。残り200m通過、依然先頭はビービーバーレルでリードをさらに広げて完全に逃げ込み態勢。ゴール前、ダイワドレッサーダイワダッチェスクードラパンを交わして2番手に上がりますが、ビービーバーレルには迫れません。結局、終始危なげない競馬でビービーバーレルフェアリーステークスGIIIを制しました。1馬身3/4差の2着にダイワドレッサー、そこから3/4差の3着にダイワダッチェスが入っています。
 
公認プロ予想家では佐藤洋一郎プロ夢月プロ山崎エリカプロ蒼馬久一郎プロ霧プロ岡村信将プロ馬っしぐらプロスガダイプロシムーンプロろいすプロが的中しています。
 
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
10(日)京都7Rで本命に単勝20.1倍の◎コスモボアソルテを本命に抜擢し、3連単で勝負!2着に12人気×スマイルフォース、3着に13人気△マコトグランドゥが入り、250万1810円を払い戻し!!ブービー、最低人気が2、3着の大波乱を仕留める、まさに佐藤プロの真骨頂を魅せたレースとなりました!同日の中山7Rでも◎×△の印で単勝36.5倍、枠連117.2倍、3連複2492.4倍を的中させました!5(火)中山2Rでも単勝57.3倍の◎マイネルトゥランから3連複を的中させ、64万1680円を払い戻しています!
 
☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
5(火)京都11R京都金杯GIIIで○ウインプリメーラ×テイエムタイホーミッキーラブソングの印で3連複637.1倍を400円的中させ、25万4840円の高額払い戻しを記録!11(月)京都9Rでは『芝2000mのレースで善戦した経験がある馬を重視したい一戦』と単勝27.5倍の◎ロードヴァンドールからの3連複18.5倍を2400円的中させました!
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
5(火)京都11R京都金杯GIIIで『よほど馬場状態が悪化しない限り、逃げ、先行馬を連軸とするのが無難。阪神に好走歴が偏っていることから、今回は舐められた評価をされている。』と狙った◎テイエムタイホーからの馬連154倍、ワイド39.7倍を大本線で的中させ、29万550円を払い戻しました!11(月)中山11RフェアリーステークスGIIIでも◎ビービーバレルからの馬連を的中させ、5万6000円を払い戻しました!
 
☆☆☆注目プロ →馬券生活プロ
10(日)中山10Rで単勝11.7倍の◎マイネルバウンスから馬連434,5倍を1000円、複勝3.3倍を3000円的中させ、44万4400円を払い戻しました!9(土)中山11Rでは◎サンマルデュークの単複を的中させ、6万6900円を払い戻しました!
 
この他にもサラマッポプロ(190%)、馬っしぐらプロ(123%)、いっくんプロ(109%)、ろいすプロ(108%)が週末トータル回収率100%超の活躍を収めています。
 
※全レースの結果速報はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

サンマルデュークの口コミ


口コミ一覧
閲覧 256ビュー コメント 0 ナイス 3

2018年4月1日(日)2回阪神4日
☆三碧大安『吉数』枠番1・3・6馬番1・3・6・9・11・13・16
11R(15:40)芝2000
第62回大阪杯(G1)
【時系列出目】
▼枠番
★1
☆6
▼馬番
★2
【demedas】
▼枠番
★1
☆2
*3
▼馬番
★1
☆2
*3


2018年3月31日(土)3回中山3日
☆二黒仏滅『吉数』枠番2・5・8馬番2・5・8・12・15・18
11R(15:45)芝1600
第50回ダービー卿CT(G3)ハンデ
【時系列出目】
▼枠番
★3
☆8
*7
▼馬番
★該当なし
【時系列出目】
▼枠番
★6
☆2
*7
*8
▼馬番
★8
☆2
*9


先週の重賞(出目)結果
高松宮記念
【時系列出目】
▼枠番・馬番該当なし
【demedas】
▼枠番
★1リエノテソーロ
☆6ダンスディレクター
*8キングハート
*4ナックビーナス◆3着
▼馬番
★1セイウンコウセイ
☆12ネロ
*18ラインスピリット
*8レッツゴードンキ◆2着


マーチS
【時系列出目】
▼枠番
★7ハイランドピーク(同枠クインズサターン◆2着)
【demedas】
▼枠番
★3サクラコール
☆8ロンドンタウン
*4センチュリオン◆1着
*6メイショウウタゲ
▼馬番
★3サンマルデューク
☆12アルタイル
*4ロワジャルダン◆3着
*7ディアデルレイ


日経賞
【時系列出目】
▼枠番
★5ゼーヴィント
▼馬番
★8キセキ
【demedas】
▼枠番
★6サクラアンプルール◆3着
☆5ゼーヴィント
*2ショウナンバッハ
*5サイモントルナーレ
▼馬番
★12ガンコ◆1着
☆10ピンポン
*3チェスナットコート◆2着
*5ナスノセイカン


毎日杯
【時系列出目】
▼枠番
該当なし
▼馬番
★6ウォーターパルフェ
【demedas】
▼枠番
★2ノストラダムス
☆4シャルドネゴールド
*6ウォーターパルフェ
*7ユーキャンスマイル
▼馬番
★4シャルドネゴールド
☆8テイエムディラン
*11---(10頭立て)
*13---
◆人気上位3頭で決着

 ☆コノホシカツ☆ 2018年3月23日(金) 13:38
高松宮記念(G1)マーチS(G3)出目☆馬名入☆
閲覧 200ビュー コメント 0 ナイス 0

2018年3月25日(日)2回中京6日・3回中山2日
☆五黄仏滅『吉数』枠番2・5・8馬番2・5・8・12・15・18
中京11R(15:40)芝1200
第48回高松宮記念(G1)
【時系列出目】
▼枠番
★該当なし
▼馬番
★該当なし
【demedas】
▼枠番
★1リエノテソーロ
☆6ダンスディレクター
*8キングハート
*4ナックビーナス
▼馬番
★1セイウンコウセイ
☆12ネロ
*18ラインスピリット
*8レッツゴードンキ


中山11R(15:30)ダ1800
第25回マーチS(G3)ハンデ
【時系列出目】
▼枠番
★7ハイランドピーク
▼馬番
★7ディアデルレイ
【demedas】
▼枠番
★3サクラコール
☆8ロンドンタウン
*4センチュリオン
*6メイショウウタゲ
▼馬番
★3サンマルデューク
☆12アルタイル
*4ロワジャルダン
*7ディアデルレイ

[もっと見る]

 馬券のAエース 2018年3月23日(金) 04:42
マーチS≪データ攻略ポイント≫ 
閲覧 179ビュー コメント 2 ナイス 12

【マーチS】中山ダ1800m      

◆◇◆◇◆◇◆
4人気以内の人気サイドで決まった
年はなく、過去12年中8年で7番人気以下が
絡む大荒れ傾向(*^^*)

≪好走条件≫
☆55キロ以上の前走仁川S組(12・15・17年以外は馬券に絡む)
良馬場【2-2-4-8】稍重以下【1-0-2-5】タフな馬場の時の方が活躍の印象
・ストロングサウザー(▼前走10着以下)・サンマルデューク(▼8歳以上)
☆斤量58kg【3-1-2-7】
・オールブラッシュ

≪凡走条件≫
・仁川S以外のOP特別組【1-4-2-44】
・前走OP・条件戦・地方重賞の10着以下【0-0-0-29】
・連勝馬【1-1-0-8】一見すると買いたくなるがあまり信用度は高くない
・8歳以上【0-0-0-20】
・ハンデ54kg以下【1-1-0-39】53kg以下になると【0-0-0-16】
・追込み馬【0-1-0-50】

大荒れ重賞を望む人も多いでしょう。
⑨人気以下の馬券内は関東馬【0-0-1-37】関西馬【1-3-0-40】大穴狙うなら関西馬から♪

≪枠番≫
☆勝ち馬は外枠多し(過去11年で2ケタ11番~16番枠の勝ちが8回)
とくに8枠は近6年で【3-2-1-6】11年で【4-3-3-12】と約2頭に1頭は馬券内

【見解】
気になる項目としては・連勝馬があまり信用できない・・・という点ですが
今回の連勝馬は1頭ハイランドピーク近2走はテン1位(逃げて)上がり1位(直線も伸びる)の
強い内容。馬場も2走とも稍重馬場で今回も向きそうな気がするが、コレがコケたら波乱の目!
・≪好走条件≫にあたる前走仁川S組は2頭とも≪凡走条件≫あり。
・斤量58kgのオールブラッシュも前走地方重賞組【2-2-0-23】
と、推し材料がある割に不安材料も。
それならば昨年と同じような天候、リピーターとなるディアデルレイ・アルタイル、
が8枠に入ればおもしろい。
穴狙いは地方馬になって人気はグッと落ちるが中山では【2-1-1-0】だった
ロワジャルダン、実際にはスピードタイプの馬場の方が向くと思うので
近走の地方成績で負けている相手をみて「この程度か」と思われているなら
荒れる重賞のこういう舞台が大駆けするチャンス!

[もっと見る]

⇒もっと見る

サンマルデュークの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  福招き猫(=゚ω゚=)   フォロワー:3人 2012年2月7日(火) 11:05:39
1/28 3歳500万
5着 サンマルデューク(柴田善騎手)
「道中遊んで走っているところがあります。徐々に良くなって来ますよ」
1:
  福招き猫(=゚ω゚=)   フォロワー:3人 2012年2月7日(火) 11:04:38
12/10未勝利
1着 サンマルデューク(柴田善騎手)
「デビュー戦のときはまだ馬が出来ていなかったようだけど、今日はまずまず出来ていたので、その通りの内容の競馬が出来ました。まだ背中に緩さもありますので、力をつけてくれば更に楽しみです」

サンマルデュークの写真

サンマルデューク

サンマルデュークの厩舎情報 VIP

2018年3月25日マーチステークス G310着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

サンマルデュークの取材メモ VIP

2018年3月25日 マーチステークス G3 10着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。