ローズプリンスダム(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ローズプリンスダム
ローズプリンスダム
ローズプリンスダム
写真一覧
現役 牡4 青鹿毛 2014年3月10日生
調教師畠山吉宏(美浦)
馬主岡田 牧雄
生産者ユートピア牧場
生産地登別市
戦績12戦[4-1-0-7]
総賞金7,698万円
収得賞金3,900万円
英字表記Rose Princedom
血統 ロージズインメイ
血統 ][ 産駒 ]
Devil His Due
Tell a Secret
クリスチャンパール
血統 ][ 産駒 ]
シンボリクリスエス
クラクエンレディー
兄弟 サイタグレイス
前走 2018/01/21 東海テレビ杯東海S G2
次走予定

ローズプリンスダムの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/01/21 中京 11 東海S G2 ダ1800 161126.0712** 牡4 55.0 木幡巧也畠山吉宏462(+4)1.53.5 1.738.9⑦⑦⑧⑧テイエムジンソク
17/12/03 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 1681681.41412** 牡3 56.0 戸崎圭太畠山吉宏458(+2)1.50.8 0.736.2⑨⑨⑧⑧ゴールドドリーム
17/11/05 京都 11 みやこS G3 ダ1800 1661125.277** 牡3 55.0 木幡巧也畠山吉宏456(-2)1.51.6 1.537.8⑭⑭⑬⑫テイエムジンソク
17/08/06 新潟 11 レパードS G3 ダ1800 152266.3111** 牡3 56.0 木幡巧也畠山吉宏458(-1)1.52.9 -0.237.8④⑥⑤⑦サルサディオーネ
17/07/12 大井 11 ジャパンDD G1 ダ2000 14--------8** 牡3 56.0 大野拓弥畠山吉宏459(--)2.07.4 1.6----ヒガシウィルウィン
17/05/21 京都 10 鳳雛S OP ダ1800 1081033.6101** 牡3 56.0 小牧太畠山吉宏454(-4)1.51.9 -0.038.2⑦⑦リヴェルディ
17/04/30 京都 10 端午S OP ダ1400 1651039.1136** 牡3 56.0 浜中俊畠山吉宏458(0)1.26.1 0.537.3マイネルバールマン
17/02/26 中山 4 3歳500万下 ダ1800 108104.421** 牡3 56.0 田辺裕信畠山吉宏458(-4)1.56.1 -0.138.5バスカヴィル
17/01/05 中山 6 3歳500万下 ダ1800 166118.644** 牡3 56.0 黛弘人畠山吉宏462(-2)1.57.2 1.239.8リゾネーター
16/12/10 中山 7 2歳500万下 ダ1800 122233.382** 牡2 55.0 大野拓弥畠山吉宏464(-2)1.56.2 0.639.7ハイパーノヴァ
16/11/27 東京 7 ベゴニア賞 500万下 芝1600 132259.41012** 牡2 55.0 大野拓弥畠山吉宏466(+10)1.37.2 1.634.6⑬⑬サトノアレス
16/10/15 東京 5 2歳新馬 芝1600 1871321.291** 牡2 55.0 大野拓弥畠山吉宏456(--)1.36.8 -0.034.9ボーダーオブライフ

ローズプリンスダムの関連ニュース

 4月30日(振休・月)に名古屋競馬場で行われるかきつばた記念のJRA所属の出走予定馬および補欠馬が15日、発表された。



 「第20回かきつばた記念」(名古屋競馬場、交流GIII、4歳以上オープン、ハンデ、ダート・右1400メートル)

【JRA所属の出走予定馬】5頭キングズガード(牡7歳、栗東・寺島良厩舎、騎手未定)サクセスエナジー(牡4歳、栗東・北出成人厩舎、騎手未定)サンライズメジャー(牡9歳、栗東・浜田多実雄厩舎、騎手未定)ネロ(牡7歳、栗東・森秀行厩舎、騎手未定)ローズプリンスダム(牡4歳、美浦・畠山吉宏厩舎、騎手未定)

【JRA所属の補欠馬】5頭(補欠順位順)1.コパノチャーリー2.ラインシュナイダー3.ヨシオ4.ルグランフリソン5.エポック

【ドバイワールドカップデー諸競走】レイデオロなど登録馬89頭一覧 2018年2月1日(木) 12:02

 JRAは1月31日、3月31日にUAE・ドバイのメイダン競馬場で行われるドバイ国際諸競走(8競走)に登録した日本馬89頭を発表した。



 Mはゴドルフィンマイル(GII、ダ1600メートル)=23頭、Gはドバイゴールドカップ(GII、芝3200メートル)=4頭、UはUAEダービー(3歳GII、ダ1900メートル)=25頭、Aはアルクオーツスプリント(GI、芝1200メートル)=14頭、Sはドバイゴールデンシャヒーン(GI、ダ1200メートル)=22頭、Tはドバイターフ(GI、芝1800メートル)=16頭、Cはドバイシーマクラシック(GI、芝2410メートル)=14頭、Wはドバイワールドカップ(GI、ダ2000メートル)=10頭。

 重複登録の(1)は第1希望、(2)は第2希望、(3)は第3希望。数字がない馬は希望順なし。

 アウォーディー(W)、アキトクレッセント(M)、アディラート((1)S(2)M)、アドマイヤリード(T)、アポロケンタッキー((1)W(2)M)、アングライフェン((1)W(2)M)、イダペガサス(U)、ヴィブロス(T)、エクレアハンター(U)、エピックアン(U)、エポワス(A)、オールブラッシュ(MW)、カデナ(T)、カフジテイク((1)M(2)W)、カミノコ((1)U(2)S)、カレンガリアード(U)、キセキ((1)C(2)T)、キタサンサジン(S)、キャプテンシップ((1)M(2)S)、グレイトチャーター(A)、クレヴァーパッチ((1)U(2)S)、グレートタイム(U)、クロコスミア((1)T(2)C)、ゴールドドリーム(W)、コパノキッキング(U)、サクラアリュール(U)、サトノクラウン((1)C(2)T)、サトノプライド(U)、シャケトラ(C)、ジャスパーウィン((1)U(2)S(3)A)、ジャスパープリンス((1)A(2)S(3)U)、シュヴァルグラン(C)、シュウジ(A)、ジューヌエコール(S)、ジュンパッション(U)、ステファノス(T)、セセリ((1)M(2)G)、セダブリランテス(T)、ダークリパルサー(U)、タイキフェルヴール(U)、ダイシンクワトロ((1)U(2)S)、タイセイエクレール((1)M(2)S)、タイセイスターリー(AS)、ダイメイフジ(A)、ダイメイプリンセス(A)、タスクフォース(W)、ディアドラ((1)T(2)C)、ディオスコリダー(S)、トウシンモンステラ(G)、トーセンバジル(C)、ドリームキラリ(M)、ドンフォルティス(U)、ニシケンモノノフ(S)、ニシノトランザム((1)U(2)S)、ネオリアリズム(T)、ネロ((1)S(2)A)、ノンコノユメ((1)W(2)M)、バーンフライ(U)、ハナズレジェンド(MT)、ビップライブリー(A)、ヒデノインペリアル(M)、フィールシュパース(U)、フェイムゲーム(GC)、ブラックオニキス((1)C(2)T)、ベルガド(A)、ホウオウドリーム(GC)、マテラスカイ((1)S(2)M)、ミスターメロディ((1)U(2)S)、メイショウイサナ(U)、メイショウオーパス(U)、メイプルブラザー((1)M(2)W)、メープル(S)、モズアスコット(MT)、モズカッチャン(TC)、モズノーブルギフト(U)、モンドインテロ(C)、ヨシオ((1)M(2)S)、ラバニーユ((1)M(2)S)、ラブカンプー(A)、リアルスティール(T)、リーゼントロック(M)、リスグラシュー(TC)、ルッジェーロ(U)、レイデオロ(C)、レヴァンテライオン(AS)、レッツゴードンキ((1)A(2)M(3)S)、ローズプリンスダム(M)、ロンドンタウン((1)M(2)W)、ワンミリオンス(M)

[もっと見る]

【東海S】レースを終えて…関係者談話2018年1月22日(月) 05:03

 ◆秋山騎手(モルトベーネ3着) 「1コーナーまでのポジション争いが激しかった。そこで脚を使ったぶん、最後は鈍くなりました」

 ◆岡田騎手(サンマルデューク4着) 「最後は内でも気にすることなく、ジリジリと頑張ってくれました」

 ◆池添騎手(クインズサターン5着) 「内めに入れるのに、向こう正面までかかりました。しまいの脚は十分に通用する」

 ◆松山騎手(ゴールデンバローズ6着) 「中団から押し上げて、一旦グッとくるところはありました。ただ、最後はジリっぽくなってしまいました」

 ◆藤岡康騎手(オールマンリバー7着) 「1コーナーまでのポジション取りで外から押さえ込まれて、後ろから。最後はいい脚を使ってくれています」

 ◆太宰騎手(アスカノロマン8着) 「いい頃と比べると物足りない感じはありますが、4コーナーはいい格好で回って来られました」

 ◆酒井騎手(サングラス10着) 「感触は悪くありませんでしたが、道中で力むところがありました」

 ◆北村友騎手(タガノエスプレッソ11着) 「勝負どころでも反応していますが、前との差が詰まりませんでした」

 ◆木幡巧騎手(ローズプリンスダム12着) 「道中は左にもたれる感じで、前に進んで行きませんでした」

 ◆和田騎手(ドラゴンバローズ13着) 「追走に余裕がありませんでした」

 ◆丸田騎手(ショウナンアポロン14着) 「いくらか太かったぶんか、ラストは走る気をなくしてしまいました」

 ◆中谷騎手(シャイニービーム15着) 「1コーナーでリズムを崩したのがすべて」

 ◆丸山騎手(サルサディオーネ16着) 「1コーナーで勝ち馬にきつく締められました」



★21日中京11R「東海S」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【佐賀記念】JRA出走予定馬が発表2018年1月21日() 17:12

 2月6日(火)に佐賀競馬場で行われる佐賀記念のJRA所属の出走予定馬および補欠馬が1月21日、発表された。 「第45回佐賀記念」(佐賀競馬場、交流GIII、4歳以上オープン、グレード別定、ダート・右2000メートル)【JRA所属の出走予定馬】5頭クリノスターオー(牡8歳、栗東・高橋義忠厩舎、騎手未定)グレンツェント(牡5歳、美浦・加藤征弘厩舎、騎手未定)マイネルバサラ(牡5歳、美浦・松山将樹厩舎、騎手未定)ルールソヴァール(セン6歳、美浦・高木登厩舎、騎手未定)ローズプリンスダム(牡4歳、美浦・畠山吉宏厩舎、騎手未定)【JRA所属の補欠馬】5頭(補欠順位順)1.コパノチャーリー2.トップディーヴォ3.メイプルブラザー4.ナムラアラシ5.モンドアルジェンテ

[もっと見る]

【東海S】テイエムジンソクが断然の1番人気/13:00時点 2018年1月21日() 13:08

 開幕2週目、21日の中京競馬場では、メインに東海ステークス(GII、ダート1800メートル)が行われる。1着馬にフェブラリーS(2月18日、東京、GI、ダート1600メートル)の優先出走権が与えられる前哨戦。今年最初のJRAダート重賞で勝ち名乗りを上げるのはどの馬か-。前走のチャンピオンズC・GI2着などの実績をもつテイエムジンソクが単勝1.4倍で断然の人気を集めている。13:00時点での単勝オッズは以下の通り。



枠番-馬番 馬名       単勝オッズ1- 1 ローズプリンスダム  23.91- 2 シャイニービーム   48.22- 3 モルトベーネ     28.72- 4 サルサディオーネ   64.63- 5 サンマルデューク  106.63- 6 コスモカナディアン  74.64- 7 タガノエスプレッソ  40.04- 8 テイエムジンソク    1.45- 9 ディアデルレイ     7.85-10 オールマンリバー   16.16-11 アスカノロマン    38.16-12 ドラゴンバローズ   11.77-13 サングラス     120.67-14 ゴールデンバローズ  46.18-15 クインズサターン   17.08-16 ショウナンアポロン 230.5



★東海Sの枠順はこちら 調教タイム&レース前談話も掲載

[もっと見る]

【東海S】テイエムジンソクが断然人気/前日最終オッズ 2018年1月20日() 17:52

 開幕2週目の中京競馬場では、日曜メインに東海ステークス(21日、GII、ダート1800メートル)が行われる。1着馬にフェブラリーS(2月18日、東京、GI、ダート1600メートル)の優先出走権が与えられる前哨戦。今年最初のJRAダート重賞で勝ち名乗りを上げるのはどの馬か-。



 前日最終オッズは以下のとおり。昨年のチャンピオンズC(GI)で2着のテイエムジンソクが1.2倍で断然人気。以下、ディアデルレイが2番人気、オールマンリバーが3番人気、ドラゴンバローズが4番人気となっている。



(左から)枠番-馬番 馬名 単勝オッズ1- 1 ローズプリンスダム 28.11- 2 シャイニービーム  62.52- 3 モルトベーネ    37.02- 4 サルサディオーネ  95.73- 5 サンマルデューク  94.03- 6 コスモカナディアン 98.54- 7 タガノエスプレッソ 45.44- 8 テイエムジンソク   1.25- 9 ディアデルレイ    7.95-10 オールマンリバー  16.36-11 アスカノロマン   52.86-12 ドラゴンバローズ  19.77-13 サングラス    128.67-14 ゴールデンバローズ 66.68-15 クインズサターン  31.88-16 ショウナンアポロン298.9



東海Sの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ローズプリンスダムの関連コラム

閲覧 1,980ビュー コメント 0 ナイス 5



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週の掲載は、福島牝馬ステークス、オアシスステークス、読売マイラーズカップサンケイスポーツ賞フローラステークスの4レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2018年04月21日(土) 福島11R 福島牝馬ステークス
【“中央場所、かつ重賞のレース”において4着以内となった経験の有無別成績(2013年以降)】
●あり [5-4-4-31](複勝率29.5%)
●なし [0-1-1-33](複勝率5.7%)
→実績馬を素直に重視したい一戦。なお、馬番が1~5番だった馬は2013年以降[0-0-2-23](複勝率8.0%)、11~16番だった馬は[0-2-1-26](複勝率10.3%)と、それぞれ勝ち切れていません。


▼2018年04月21日(土) 東京11R オアシスステークス
【前走の条件が“JRA、かつ重賞のレース”ならびに“地方、かつダートグレード競走のレース”ではなかった馬の、前走の着順別成績(2013年以降)】
●3着以内 [2-2-3-9](複勝率43.8%)
●4着以下、競走中止 [0-2-1-44](複勝率6.4%)
→前走が重賞だった馬と前走好走馬に注目したいところ。特別登録を行った馬のうち、前走の条件が“JRA、かつ重賞のレース”ならびに“地方、かつダートグレード競走のレース”だったのはゴールデンバローズサルサディオーネサンライズノヴァトウシンモンステラトラキチシャチョウローズプリンスダムワンミリオンスの7頭だけ、前走の着順が3着以内だったのはサトノファンタシーサルサディオーネドリームキラリブライトンロックリーゼントロックの5頭だけです。


▼2018年04月22日(日) 京都11R 読売マイラーズカップ

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2018年1月21日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/東海ステークス G2(スガダイプロ)
閲覧 1,212ビュー コメント 0 ナイス 9



 ウマニティ公認プロ予想家陣の絶対的エース、スガダイさんが今年の当欄初登場。本日はフェブラリーSにつながる前哨戦の東海ステークスを予想してもらいます。今年は134レース予想して回収率102%のプラス収支を記録中と、年が変わってもさすがの安定感を誇示。“常勝のカリスマ”が下した結論を、おおいに参考にしてください。
 本命は「初のG1挑戦だった前走が勝ちに等しい内容だった」⑧テイエムジンソク。「今回のメンバーでは力が違い過ぎる。素直に相手探しと割り切りたい」と別格の評価を与えました。対抗は「近2走はいずれもロスの大きい競馬を強いられた」①ローズプリンスダム。「レパードSを勝ったときのようなロスの少ない競馬ができれば上位を狙える」との判断です。単穴は昨年の2着馬③モルトベーネ。以下、⑥コスモカナディアンと⑨ディアデルレイを押さえ、馬券は馬連・3連複1頭軸流し⑧→①③⑥⑨勝負します。本レース以外のスガダイプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!


(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢30名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2017年12月7日(木) 18:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(12/2~12/3)覆面ドクター・英プロ、岡村信将プロらが大幅プラスをマーク!!
閲覧 765ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、3(日)に中京競馬場でG1チャンピオンズカップが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1チャンピオンズカップは、アポロケンタッキーが当日に出走取り消しとなって15頭立てで発走時刻を迎えます。初G1挑戦のテイエムジンソクが単勝4.8倍で1番人気に推され、以下サウンドトゥルーケイティブレイブアウォーディーカフジテイクまでが単勝ひとケタ台。ノンコノユメロンドンタウンゴールドドリームコパノリッキーと、ここまでが単勝10倍台で続く混戦オッズを形成して全馬ゲートイン。
先手争いは最内枠を利してコパノリッキーが楽々制して1コーナーへ。2番手にはやや行きたがりながらテイエムジンソクが被せていき、ケイティブレイブモルトベーネがその直後。ロンドンタウンが掛かり気味に押し上げてこれに続き、グレンツェントアウォーディーローズプリンスダムメイショウスミトモカフジテイクゴールドドリームミツバサウンドトゥルーノンコノユメキングズガードとなって向こう正面に出ていきます。前半1000mを61.6秒(推定)の比較的ゆったりとしたペースで通過。依然マイペースで運ぶ先頭のコパノリッキーを目がけて、各馬が差を詰めにかかり徐々に馬群は凝縮していきます。
3~4コーナーを通過して、内コパノリッキー、外テイエムジンソクの2頭横並びの態勢で、ケイティブレイブアウォーディーらも好位から徐々に進出を開始。2番人気サウンドトゥルーは最後方の馬群の中から進路を探す展開となって、直線の攻防を迎えます。
前を行く2頭の叩き合いはどちらも譲らず。食い下がるコパノリッキー、これを捉えんとテイエムジンソクの白熱のバトルが続きます。2番手グループのケイティブレイブアウォーディーあたりはこの2頭との差をなかなか詰められずのまま残り100mを通過していきます。ここで、鋭い伸び脚で迫ったのは8番人気に甘んじていたフェブラリーS覇者のゴールドドリームでした。鞍上R・ムーアの激しいアクションに応えるようにグイグイと伸びて、ゴール前で内の2頭をまとめて飲み込むとそのままクビ差差し切ってV!今年のJRAダートG1を連勝で飾っています。2着にはゴール直前でコパノリッキーを交わしたテイエムジンソクが入り、同じくクビ差の3着には9番人気のコパノリッキーが逃げ粘っています。
公認プロ予想家では、覆面ドクター・英プロ西野圭吾プロイータン育成プロ蒼馬久一郎プロほか、計8名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
3(日)G1チャンピオンズカップを、◎サウンドトゥルーテイエムジンソクコパノリッキーの3連単1584.9倍含む的中で、計15万9780円の払戻しを記録。週末2日間トータルでは、回収率309%、収支19万460円プラスのトップ成績をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
2(土)阪神7Rの◎フリーフリッカー的中、3(日)中京1Rの◎クォーターバック的中、同阪神11Rでの◎サトノアリシア的中など、随所に◎高精度予想を披露。週末トータル回収率120%、収支10万590円プラスの大幅プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
3(日)阪神9Rでは◎ヒシコスマーからの3連単3265.6倍を含め、計35万9,460円払戻しのビッグヒットをマーク!週末トータルでは回収率114%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
2(土)の中京11Rで13万2,000円、3(日)中山2Rで12万6,200円、同阪神9Rで23万9,800円と3本のスマッシュヒットを披露!週末トータルでは回収率111%を達成しています。
 
 
 
この他にも、イータン育成プロ(116%)、河内一秀プロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年11月28日(火) 17:00 覆面ドクター・英
チャンピオンズC・2017
閲覧 2,639ビュー コメント 0 ナイス 14

JCは、調教軽かったキタサンの疲労と差し馬場を考慮して最終的に本命打ったシュヴァルグランの単勝を結構持っていて嬉しかったのですが、キタサンへの馬単もたっぷり持っていただけに、最後キタサンが3着に落ちてがっかり(レイデオロの通用はまだ先で有馬で買おうと消して大失敗)。WIN5も4レース目を1番人気コウエイエンブレム1点で通そうとして2番人気ニットウスバルに負けて2着と残念なWIN4止まり。あれで263万つくのなら2レース目のモズアスコットのところを1点にしての最初の欲かかないバージョンで直さないままで行けばよかったのですが(あまりにも人気だっただけに前詰まったりしないかと期待して欲かきすぎて)、なかなかうまくいかないものです。


さて今週はチャンピオンズカップ。前身がジャパンダートダービーのダートチャンピオン決定戦で、中京1800mでの4度目(その前の6回が阪神ダート1800m、更にその前が東京2100m)となります。この3つの競馬場の中で中京が最も差しにくいコースだとは思いますが、騎手もその意識からか前が激しくやり合い案外差しが決まったりという結果のここ2年でした。

それでは恒例の1週前全頭診断を。

アウォーディー:JBCクラシックはまだ1番人気になるんだなあと逆にちょっと意外(結果も4着)だった。昨年6連勝で迎えこのレース2着だった時とは勢いが違い、7歳秋。高齢までパワー優位のダートだとやれるものだが、スピード問われる条件だけに消しまでありか。

ノンコノユメ:去勢してから慌てて使い過ぎたのもあり不調が長かった。ようやく上向いてきた感があり本命を打った前走武蔵野Sでは、よく追い上げて4着だったがここは脚質的に向かず。(できれば使わないで)2月の東京2戦で期待。

カフジテイク:5歳秋で前走得意条件(2月のフェブラリーSで1番人気になったくらい)で5着とやや勢い無くなってきた感もあり。あとはあまりダート追い込み馬に合っていない福永騎手でなく、四位騎手あるいは小牧騎手あたりならヒモで期待できるが。

テイエムジンソククロフネ産駒の数少ないダート重賞勝ち馬(ダート勝ち数は多いが重賞勝ちほとんどない種牡馬)だが、強力な先行力ある上がり馬。G1だからと手の合う古川吉騎手を降ろさなければ好勝負必至。

キングズガード:乗り方ひとつで距離はもつタイプとみて1800mでも本命を打った前走のみやこSだったが勝負がついた頃に差してきて3着。C・デムーロ騎手あたりに乗り替わって、前で折り合わせられたら期待できるのだが馬主、厩舎的にもそれは無さそう。

コパノリッキー:JBCスプリントでも2着と予想通り短距離適性もあったが、この2年は1番人気7着、3番人気13着とここが期待できないために短距離を使ったのかもしれず惨敗もあるだろう。ただ、つかみどころのない馬で中間の調教が良さそうなら、香港馬がよく大レース前に短距離を使いやる気を引き出すように、更なるG1勝利上積みもあるか。

ゴールドドリーム:昨年のこのレースで2番人気12着と惨敗。2月のフェブラリーSは勝つも、以降さっぱりで、調教の動きは良いのだが、復活するとしてもここではないのでは。

ピオネロ:オープンに上がってからも強い相手にも2着や3着できるのだが弱い相手にも勝ち切れない馬で、6歳秋のここで激走するかといえば難しいのでは。

サンライズソア:3歳のサンライズ2騎の勝ち切れないが安定して上位に来るほうで、母がスペシャルウィーク×ビハインドザマスクの芝でも期待できそうな配合。頭はないまでもそれなりに好走期待できるのでは。

アスカノロマン:昨年のこのレースで3着と激走したが、以降一度も馬券圏内無く衰えてきたのだろう。

サウンドトゥルー:昨年の勝ち馬で、一昨年も3着と芝スタートでなければ左回りは歓迎で、JBCクラシックも勝って勢い保っておりセン馬だけに衰え少なく好走必至。

アポロケンタッキー:昨年はこのレースで5着した後に東京大賞典を巨漢馬得意な内田博騎手で勝ったが、薬物検出(ステロイド)があり、関節炎や喘鳴症などどこか問題あるのでは。もう薬物使用はできないだろうから、実力があるのはわかっているが安定した状態は作りにくいのでは。

ロンドンタウンエルムSではテイエムジンソクを退けたタイムが札幌1700mなのに1分40秒9(重馬場)というすごい時計で、勢いのままコリアCではクリソライトに勝って(韓国G1でも相手はG3レベルか)連勝中。じわじわ強くなるカネヒキリ産駒らしく、ここでもやれる力つけてきた。

グレンツェント:1月の東海S制覇までは破竹の勢いだったがそれ以降はネオユニヴァースらしい気難しさが前面に出てきたか、さっぱりのスランプに陥ってしまい、ここでいきなり復活するのは難しそう。

ケイティブレイブ:出遅れて差して帝王賞を勝ってしまったり、元々はハイペース逃げで好走したりの強引な競馬が合う馬で強引な騎手の方が合いそうだが・・。

ミツバ:かつては追い込み馬で、横山典騎手の大逃げでオープン勝ちしてからは再度差し競馬で7月には交流重賞マーキュリーCも勝った。2番人気だったシリウスSはひどく行きっぷりが悪く8着。期待されなかった前走JBCクラシックはやる気を見せて7番人気3着と、つかみどころ無い感じの馬だが基本後方からとなりやすいだけに初の中京はあまり向かなそう。

メイショウスミトモ:遅咲きの馬で6歳秋でシリウスSを11番人気で勝ってしまったが(ヒモで好走期待していたが5番人気の私の本命を差し切ってしまい、頭まで来ないでよ、という前走)、フロックでなく父ゴールドアリュールで母もダートのオープン馬ロングプライドを出している血統構成からも3着くらいにきてもおかしくない。

メイショウウタゲ:前々走のオープン特別のブラジルCは、プリサイスエンドという血統からか2100mだと人気にならず本命を打って6番人気(11.5倍)稼がせてもらったが、前走武蔵野S8着はそんなものかなあという結果で強敵相手に一発ある感じではない。

トップディーヴォ:8月の新潟(BSN賞)でオープン勝ちを果たしシリウスSでも4着と好走したが、▲打った前走シリウスSは、手綱が外れて放馬という、タイヤ外れるルパン三世なみのびっくり除外(笑)。力つけてきているのだがあまり買いたくない経過。

サンライズノヴァユニコーンSは4馬身突き抜けるも1番人気のJDDでは6着と期待を裏切り、秋の始動戦のグリーンCCは古馬相手にきっちり勝つも武蔵野Sは1番人気で12着とムラ馬な感じ。地力はあり後方からズドンと激走あるのかもしれないが、買わない。

モルトベーネ:2月にアルデバランS(オープン特別)、4月にアンタレスS(G3)勝ち。父ディープスカイに初重賞をもたらしたが、この2戦ダメで期待薄。

スリータイタン:8歳にして準オープン勝ちでオープン入りしたものの、ここはスピードも問われ厳しい。

ローズプリンスダム:11番人気でレパードS勝ちした3歳馬だが、秋の始動戦のみやこSで出遅れて7番人気7着とそれなりの結果で、あまり買い要素無し。


<まとめ>
有力:テイエムジンソクサウンドトゥルー

[もっと見る]

2017年8月10日(木) 17:07 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(8/5~8/6)夢月プロが的中連発!回収率159%・収支プラス36万超をマーク!
閲覧 622ビュー コメント 0 ナイス 3

先週は、6(日)に新潟競馬場でG3レパードステークスが小倉競馬場でG3小倉記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3レパードステークスサルサディオーネがレースを引っ張って直線コースへ。先頭はサルサディオーネでリードは2馬身、後続はタガノカトレアシゲルコングエピカリスノーブルサターンテンザワールドが内にひしめき合って追い出しにかかります。残り200mを通過、粘るサルサディオーネですが、ここで外から一頭目立つ伸び脚でローズプリンスダムが猛追!残り100m付近でサルサディオーネ並びかけるとあっという間に交わして快勝!1馬身1/4差の2着にサルサディオーネ、そこから3/4差の3着にエピカリスが入っています。
  
公認プロ予想家でははははふほほほプロ導師嵐山プロが的中しています。
 
 
G3小倉記念バンドワゴンがレースを引っ張りますが、4コーナーで一杯!2番手追走のヴォ―ジュ、まくって進出したサンマルティンが併走する形で直線コースへ。サンマルティンがヴォ―ジュを交わして残り200mを通過、ここで再内に進路を取ったタツゴウゲキサンマルティンにじわじわ迫って2頭が抜け出しての叩き合い!ゴール前まで競り合う大接戦となりましたが、わずかに内のタツゴウゲキサンマルティンをハナ差捉えてV。2着にサンマルティン、そこから3馬身差の3着にフェルメッツァが入っています。
 
公認プロ予想家ではジョアプロ他8名が的中しています。

----------------------------------

☆☆☆注目プロ →夢月プロ
6(日)札幌9Rで◎コスモピクシスの単勝19.8倍を8800円的中!17万4240円を払い戻しました!同日の新潟8Rでは◎キークラッカーの単勝14.9倍、○ケーブルグラムとの馬連7.6倍をそれぞれ1点勝負で的中!13万7320円を払い戻しました!勝負レースの5(土)小倉10Rでも◎○の印で8万1920円と的中連発!週末トータル回収率159%、収支プラス36万7030円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →おかべプロ
5(土)小倉8Rで◎○の馬連1点勝負で5万4000円を払い戻し!札幌6Rでも○エールダブルバインドの馬連を仕留め、4万円を払い戻し!週末トータル回収率184%、収支プラス6万4100円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
6(日)小倉11R小倉記念では◎タツゴウゲキの単勝を4000円的中!札幌7Rでは単勝30.6倍の◎ヴォカツィオーネを本命に抜擢!単複、○ダンツチェックとの馬連、ワイドを本線的中!4万1440円を払い戻しました!週末トータル回収率134%、収支プラス8万4350円をマークしています。

この他にもサラマッポプロ(147%)、dream1002プロ(131%)、kmプロ(121%)、蒼馬久一郎プロ(118%)、岡村信将プロ(108%)、ジョアプロ(107%)、伊吹雅也プロ(104%)、ろいすプロ(102%)が回収率100%超の活躍を見せています。

----------------------------------
 
※全レースの結果速報はこちら
 
 
今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

ローズプリンスダムの口コミ


口コミ一覧
閲覧 56ビュー コメント 0 ナイス 0

◎:⑧テイエムジンソク
〇:⑮クインズサターン
▲:⑫ドラゴンバローズ
△:③モルトベーネ
×:①ローズプリンスダム
×:②シャイニービーム
×:⑩オールマンリバー


【買い目】
3連複フォーメーション
⑧→⑮⑫③→⑮③①②⑩

個人的には⑧テイエムジンソクの走りに注目しています。
ここは逆らえませんね。
どんな勝ち方をするのかだけですね。
唯一の不安点は、休みなく使われていることだけですね。
ただそれでも負けないと思います。

 ◎英二◎ 2018年1月21日() 11:26
東海S&AJCC
閲覧 126ビュー コメント 0 ナイス 0

東海SはもうテイエムジンソクVS差し追い込み勢の対決や思います。


本命はもちろん⑧テイエムジンソクです。

結局危なげない競馬するでしょうから、あとは終いの獲りこぼしだけが不安材料です。


相手はまず走り慣れた中山1800では買わない手はない①ローズプリンスダム。


脚質考えれば有利な人気薄⑮クインズサターン(ジンソクが人気吸っとるだけやけど)。


同じく差し込んで来そうな人気薄の1頭⑤サンマルデューク。

あたりまでですかね。


AJCCも、もう③ミッキースワローから素直にいきますw

セントライト記念ではアルアインやサトノクロニクルをアッサリ退ける良い脚を見せた。

その後チャレンジCを勝ったクロニクルを物差しにすれば古馬との対戦でも人気に応える可能性大かなと思います。


相手は有馬記念では勝ち馬と1秒差を付けられた14着でしたが内容は着順程悪かなかった⑪トーセンビクトリー。

穴では調教が優秀と噂の④シホウを狙ってみたいです。

[もっと見る]

 浪花のクマ 2018年1月20日() 22:43
東海S 最終決断
閲覧 178ビュー コメント 0 ナイス 6


除外で伸びた分、乗り込み十分のゴールデン
バローズ、久々の千八で末脚が生きてくる!

第35回 東海ステークス(GII)

◎ ⑭ ゴールデンバローズ
○ ⑧ テイエムジンソク
▲ ⑨ ディアデルレイ
△ ⑮ クインズサターン
× ① ローズプリンスダム
× ⑥ コスモカナディアン
☆ ④ サルサディオーネ


単勝

馬連
⑭⇒⑧⑨⑮①⑥④

[もっと見る]

⇒もっと見る

ローズプリンスダムの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ローズプリンスダムの写真

ローズプリンスダム
ローズプリンスダム
ローズプリンスダム

ローズプリンスダムの厩舎情報 VIP

2018年1月21日東海テレビ杯東海S G212着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ローズプリンスダムの取材メモ VIP

2018年1月21日 東海テレビ杯東海S G2 12着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。