エピカリス(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
エピカリス
エピカリス
写真一覧
抹消  黒鹿毛 2014年3月22日生
調教師萩原清(美浦)
馬主有限会社 キャロットファーム
生産者鎌田 正嗣
生産地浦河町
戦績 8戦[4-1-1-2]
総賞金4,561万円
収得賞金5,240万円
英字表記Epicharis
血統 ゴールドアリュール
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ニキーヤ
スターペスミツコ
血統 ][ 産駒 ]
カーネギー
マーチンミユキ
兄弟 メイショウナルトダノンアーチスト
前走 2018/03/25 マーチステークス G3
次走予定

エピカリスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/03/25 中山 11 マーチS G3 ダ1800 16598.2314** 牡4 56.0 C.ルメー萩原清496(-8)1.53.8 1.739.5センチュリオン
17/11/05 京都 11 みやこS G3 ダ1800 168152.418** 牡3 54.0 C.ルメー萩原清504(+8)1.51.7 1.638.3⑧⑧⑧④テイエムジンソク
17/08/06 新潟 11 レパードS G3 ダ1800 15351.513** 牡3 56.0 C.ルメー萩原清496(--)1.53.2 0.338.2④④⑤④ローズプリンスダム
17/06/10 アメ 11 ベルモントS G1 ダ2400 11--------** 牡3 57.0 C.ルメー萩原清--0000 --------
17/03/25 アラ 4 UAダービー G2 ダ1900 16--------2** 牡3 55.0 C.ルメー萩原清--0000 ------サンダースノー
17/02/19 東京 9 ヒヤシンスS OP ダ1600 15221.411** 牡3 57.0 C.ルメー萩原清506(+18)1.37.8 -0.135.7アディラート
16/11/01 門別 10 北海道2歳優 G3 ダ1800 13--------1** 牡2 55.0 C.ルメー萩原清488(--)1.54.6 -2.4----ヒガシウィルウィン
16/10/15 東京 9 プラタナス賞 500万下 ダ1600 8551.511** 牡2 55.0 C.ルメー萩原清492(+10)1.37.7 -1.136.8④④ラバピエス
16/08/14 新潟 6 2歳新馬 ダ1800 15352.311** 牡2 54.0 C.ルメー萩原清482(--)1.54.4 -1.038.3フェニックスマーク

エピカリスの関連ニュース

 一昨年の交流GIII北海道2歳優駿の勝ち馬で、ドバイGII・UAEダービーでも2着に好走したエピカリス(美浦・萩原清厩舎、牡4歳)が、大井競馬に移籍することが決まった。8日に同馬を所有するキャロットクラブがホームページで発表した。

 夏以降の復帰が見込まれ、クラス再編成が行われると賞金的にレース選択が難しくなることを考慮したもので、大井競馬の藤田輝信厩舎に移籍する。

エピカリスの競走成績はこちら

【ドバイWC】サンダースノー逃げ切る 2018年4月2日(月) 05:03

 昨年のUAEダービーをエピカリスと激闘の末制したサンダースノー(アイルランド産、UAE=S・ビン・スルール、牡4、父ヘルメット)が、2分1秒38のトラックレコードで逃げ切った。同レース初制覇のスミヨン騎手は「陣営が素晴らしい状態に仕上げてくれた。直線に向いたときにはついて来られる馬はいないと思ったよ。頭の中が真っ白になるくらいうれしい」と喜びを爆発させた。スルール調教師はワールドC8勝目となった。

 サンダースノーは2歳時のクリテリウムアンテルナシオナル(仏、芝1400メートル)、3歳時のジャンプラ賞(仏、芝1600メートル)に次ぐGI制覇となった。

[もっと見る]

【ダービー卿チャレンジトロフィー】ズバリ調教診断!2018年3月31日() 10:03

ダービー卿チャレンジトロフィーの出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


アデイインザライフ
1週前に南Wで長めから追われ、併走したエピカリスと互角以上の動き。最終追い切りでは5Fから追われて好時計をマークした。超大型馬の休み明けだが、走りは素軽く好仕上がりとみていいだろう。

レッドアンシェル
栗東CWで行われた1週前追い切りは6Fから追われ、悪コンディションをものともせず好ラップを計時。最終追い切りは馬なりで軽快な動きを見せた。乗り込み量も豊富で、良い状態でレースに臨めそうだ。

キャンベルジュニア
南W中心に丹念に乗り込まれて、1週前追い切りでは好時計をマーク。最終追い切りでも上々の伸び脚を披露した。ひと追いごとに良くなっている印象で、動ける態勢にあるとみたい。

グレーターロンドン
南Wで行われた1週前追い切りでは6Fから4頭併せのスパーリングを敢行。バランスのとれたラップで駆け抜けた。乗り込み量も十分で、順調とみていいだろう。
※最終追い切りはモヤで確認できず

マイネルアウラート
丹念に乗り込まれているが、2週前に南Wで好時計を計測したあとがイマイチ。最終追い切りもマズマズの時計を出した半面、肝心の動きに目立つところは見受けられなかった。一変は厳しい。

テオドール
2週前に南Wで6Fから、1週前は同じく南Wで5Fから追われて、2週連続好タイムをマーク。日曜日も南Wで4Fから流してラスト1F12秒台を計時している。調教駆けする馬なので額面以上の評価はできないものの、及第点の仕上がりと言えるのではないか。
※最終追い切りはモヤで確認できず

ゴールドサーベラス
約2カ月半ぶりの休み明けを叩いたあとの中1週。前回が余裕残しの調整だったので、乗り込み量的にはちょうどいいのかもしれない。南Wで最終追い切りを行っているので、体調面の不安は少ないものと考えられる。
※最終追い切りはモヤで確認できず

ミュゼエイリアン
最終追い切りは坂路で併せ馬を実施。モヤで数完歩の姿しか確認できないが、動き自体は悪くない。2F~1Fの走破ラップは前回を上回っているので、好調キープと判断したい。

ヒーズインラブ
中間は坂路で入念な乗り込み。栗東CWで行われた最終追い切りは6Fから追われ、楽々と好タイムを記録した。前捌きの硬さが若干気になるが、体全体の動きはスムーズなので問題ないものと思われる。輸送をクリアできれば、良い状態で出走できそうだ。

ロジチャリス
休み明けを叩いて中2週。1週前に南Wで5Fを追われ、最終追い切りも南Wで実施しているのだから、体調は決して悪くないはず。順調とみていいだろう。
※最終追い切りはモヤで確認できず

ダイワリベラル
1週前追い切りでは走りやすい南Pとは言え、ミッキースワローと併せて互角以上の動きを披露。坂路で行われた最終追い切りもラスト1Fこそ時計を要したが、全体~3Fはマズマズのラップを計時している。状態だけなら前回以上とみて差し支えない。

サンライズメジャー
目立つ時計を出しているわけではないが、攻め駆けしない同馬としてはマシなほうで、動き自体も悪くない。ただし、約3カ月の休養明けの割に帰厩後の追い切り本数が少なく、中山の急坂コースでは最後まで踏ん張りきれない可能性がある。

マルターズアポジー
南Wで行われた1週前追い切りでは、内めを回ったとはいえ上々の時計をマーク。最終追い切りは大外を回って手応え十分に駆け抜けた。攻め巧者だけに、額面以上の評価はできないものの、好ムードであることは間違いない。

ソルヴェイグ
1週前に行われた栗東CWの追い切りでは、追走してきたジョルジュサンクに並ばれたところで、突き放すという絶好の動きを見せた。高松宮記念を目標としていたので、これが実質の本追い切り。従って、今週は4Fをサラッと流しただけだったが、走破ラップを確認する限りデキ落ちはない。いい状態でレースに臨めるだろう。

ストーミーシー
1週前に攻め駆けする相手を追走して先着かつ、バランスのとれたラップを計時。3頭併せで行われた最終追い切りでも上々の伸び脚を披露した。脚捌きが少し硬い点は気になるが、十分許容範囲。近走では一番のデキかもしれない。

クラリティスカイ
この中間は坂路と南Wを併用して入念な乗り込み。負荷のかかった追い切りもキッチリこなしている。3頭併せで行われた最終追い切りも、見栄えこそしないが、この馬なりにいい動き。ピーク時には及ばないにしても、確実に調子は上向いている。


ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【マーチS】センチュリオン、重賞初V! 2018年3月26日(月) 05:03

 第25回マーチステークス(25日、中山11R、GIII、4歳上オープン国際(指)、ハンデ、ダ1800メートル、1着本賞金3600万円 =出走16頭)幸英明騎乗で4番手を進んだ2番人気センチュリオンが、4角手前からスパートして先頭に立ち、外を強襲した5番人気クインズサターンをハナ差でおさえて重賞初制覇。タイム1分52秒1(良)。全8勝を中山ダ1800メートルで挙げる巧者ぶりを発揮した。次走は未定。1番人気ハイランドピークは9着に終わった。



 ◆幸騎手(センチュリオン1着) 「追ってからもしっかりと伸びて競馬が上手。言うことなしです」

 ◆津村騎手(クインズサターン2着) 「力のあるところは見せてくれた。こういう(中団からの)競馬もしていかないとね」

 ◆荒山勝師(ロワジャルダン3着) 「体をきっちりとつくった。適性の高い中山1800メートルで、いい競馬をしてくれました」

 ◆土田師(ハイランドピーク9着) 「少し疲れがあったのかも。ゲートもポコンと出て後ろから。最後は伸びてきたし、いろんなパターンを経験するのは今後につながるだろう」

 ◆ルメール騎手(エピカリス14着) 「4角まではいい感じも、仕掛けてから反応できなかった」



★25日中山11R「マーチS」の着順&払戻金はこちら



センチュリオン 父キングカメハメハ、母ハンドレッドスコア、母の父ホワイトマズル。黒鹿毛の牡6歳。美浦・田村康仁厩舎所属。北海道白老町の(有)社台コーポレーション白老ファームの生産馬。馬主は窪田康志氏。戦績23戦8勝。獲得賞金2億581万2000円。重賞初勝利。マーチS田村康仁調教師、幸英明騎手ともに初勝利。馬名は「古代ローマ軍百人隊指揮官名より。母名より連想」。

[もっと見る]

【マーチS】エピカリスは14着 ルメール「仕掛けてから反応できなかった」 2018年3月25日() 19:27

 3月25日の中山11Rで行われた第25回マーチステークス(4歳以上オープン、GIII、ダート1800メートル、ハンデ、16頭立て、1着賞金=3600万円)は、幸英明騎手騎乗の2番人気センチュリオン(牡6歳、美浦・田村康仁厩舎)が好位の外め追走から直線の叩き合いを制した。タイムは1分52秒1(良)。



 C・ルメール騎手騎乗の3番人気エピカリスは14着だった。



 C・ルメール騎手「4コーナーまではハミを取ってすごくいい感じでしたが、仕掛けてから反応できませんでした。敗因がわかりません」



★【マーチS】払い戻し確定!! 全着順も掲載!

[もっと見る]

【マーチS】ハイランドピークが単勝2.2倍で1番人気/13:00時点 2018年3月25日() 13:15

 日曜日の中山メインには、ダートのハンデ重賞・マーチS(25日、GIII、1800メートル)が組まれている。ここを足掛かりとして、上半期の交流GIかしわ記念(5月2日、船橋、ダート1600メートル)や、帝王賞(6月27日、大井、ダート2000メートル)を視野に入れたい好メンバーが顔をそろえ、楽しみな一戦となった。



 前走の上総Sを5馬身差で逃げ切ったハイランドピークが単勝2.2倍で1番人気、全7勝を中山ダート1800メートルで挙げているコース巧者センチュリオンが単勝6.2倍で2番人気、昨年UAEダービーで2着に好走したエピカリスが単勝7.0倍で3番人気、昨年2着に入ったディアデルレイ、昨年の3着馬アルタイルが並んだ単勝10.9倍で4、5番人気となっている。13:00時点での単勝オッズは以下の通り。

枠番-馬番 馬名      単勝オッズ1- 1  ブレスアロット   84.81- 2  ストロングサウザー192.12- 3  サンマルデューク  82.12- 4  ロワジャルダン   39.23- 5  サクラルコール   31.43- 6  ジョルジュサンク  85.04- 7  ディアデルレイ   10.94- 8  センチュリオン    6.25- 9  エピカリス      7.05- 10 コスモカナディアン 17.86- 11 メイショウウタゲ  41.46- 12 アルタイル     10.97- 13 ハイランドピーク   2.27- 14 クインズサターン  14.58- 15 ロンドンタウン   15.68- 16 オールブラッシュ  60.2



マーチSの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

エピカリスの関連コラム

閲覧 511ビュー コメント 0 ナイス 5

 ゴールデンウィークのダートグレード第3弾は、3歳最初のダートグレードとなる兵庫チャンピオンシップ。昨年の兵庫ジュニアグランプリ以来、地方馬と中央馬が激突する舞台です。しかし、過去10年で地方馬が連対したのは、東日本大震災大震災の影響を受け、中央の500万下やオープン特別が通常通りに開催されなかった2011年度のみ。(この年は、中山の伏流Sが中止) それ以外は中央勢の独壇場で、地方馬は大敗の連続という結果となっています。

 2011年度は、オオエライジン世代で兵庫のレベルがやや高かったのもありますが、ヒアシンスSの勝ち馬など、有力馬がぶっつけ本番で挑むことになり、どう見ても伏流Sの中止の影響があったとしか……。

 それにこのレースは過去10年(計9回)で【3・2・0・1】と伏流Sの勝ち馬が活躍する舞台でもあります。1着の該当馬は、2015年のクロスクリーガー、2013年のコパノリッキー、2008年のナンヨーリバー。2着の該当馬は、2014年のランウェイワルツ、2009年のスーニ。唯一、4着以下だったのは、昨年のリゾネーターで4着でした。同馬は伏流Sが休養明けでの勝利でしたから、その反動もあったのでしょう。

 また、同年のヒヤシンスSの勝ち馬も有力。過去10年のこのレースでの成績は、【2・1・1・0】。1着の該当馬は、2014年のエキマエ、2010年のバーディバーディ、2着の該当馬は、2016年のゴールドドリーム、2014年のランウェイワルツ。3着該当馬は、ラヴィアンクレール。ヒヤシンスSの勝ち馬は、近年はエピカリスゴールデンバローズのようにUAEダービーに向かうことも少なくありませんが、出走してくれば、伏流S同様に信頼できるでしょう。

 また、このレースはほどんど1~3番人気で決着することが多く、ほとんど穴が開いていませんが、人気以上に走っているのは、前走の伏流Sで4コーナー5番手以内だった馬です。昨年のノーブルサターンは5番人気ながらこのパターンで2着と好走し、穴を開けました。

 他にも2016年のケイティブレイブ(1着)、2015年のリアファル(2着)、2013年のソロル(3着)、2012年のプーラヴィーダ(3着)と、伏流S惜敗、大敗から巻き返してきています。これは伏流Sが短距離路線馬の出走により、前が苦しい流れになりやすいから。伏流Sで3着以内だと人気になりますが、大敗すると一気に人気を落とすので、ヒモ穴に一考の価値はあるでしょう。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・前走の伏流を勝利した馬。
  (伏流Sが休養明けだった場合を除く)
 ・同年のヒヤシンスSの勝ち馬。

 ●穴馬候補
 ・前走の伏流Sで4コーナー5番手以内でレースをした馬。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!


登録済みの方はこちらからログイン

2017年11月10日(金) 10:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(11/3~11/5)佐藤洋一郎プロら、好調11名が回収率100%超!
閲覧 807ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は、3(祝金)に京都競馬場でG3ファンタジーSが、4(土)に東京競馬場でG2京王杯2歳Sが、5(日)に東京競馬場でG2アルゼンチン共和国杯、京都競馬場でG3みやこSがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3ファンタジーSは、コーディエライトがハナを奪い一団のままスローな流れで3~4コーナーを通過。迎えた直線、粘り込みを図るコーディエライトアルモニカモズスーパーフレアあたりが追撃を始め、残り200mを過ぎます。依然、先頭はコーディエライトで、後続からは代わってペイシャルアスアマルフィコーストベルーガが進出。残り50mを過ぎ、ひと際目立つ末脚を披露したのは大外のベルーガでした。そのまま、5番人気ベルーガが差し切って連勝で重賞初制覇!1/2馬身差の2着に3番人気コーディエライト、さらにそこからハナ差の3着に1番人気アマルフィコーストが入っています。
公認プロ予想家ではサウスプロほか計4名が的中しています。
 
G2京王杯2歳Sは、2番人気タイセイプライドを先頭に直線へ。2番手はアサクサゲンキで、直後からはカシアスも迫り、単勝1.8倍の1番人気に推されたタワーオブロンドンはその後ろの外の5番手あたり。直線半ばを過ぎて、タイセイプライドが苦しくなり代わって先頭に立ったアサクサゲンキに、2頭の間を割ってカシアスが並び掛けますが、これを残り100mで一瞬にして外からまとめて交わし去ったタワーオブロンドンがV。2馬身差の2着に5番人気カシアス、さらにそこから1/2馬身差の3着に4番人気アサクサゲンキが入っています。
公認プロ予想家では岡村信将プロきいいろプロ山崎エリカプロマカロニスタンダーズプロろいすプロほか計16名が的中しています。
 
G2アルゼンチン共和国杯は、スタート直後から横並びでなかなか先頭が決まらない中、マイネルサージュが押し出される形でハナへ。1番人気に推された3歳馬スワーヴリチャードは中団のインを追走。先頭のマイネルサージュと2番手カレンミロティックが後続をやや引き離す形で、隊列は向こう正面を通過していきます。3~4コーナーでその差が縮まって馬群ひと塊の態勢で直線勝負へ。内を割って早々スワーヴリチャードが先頭を窺うと、馬群からはソールインパクトアルバートセダブリランテスといったところが伸びを見せます。抜け出したスワーヴリチャードのリードは3馬身ほど。ここからなかなか差が詰まらずの状態が続き、結局そのまま内ラチ沿いを悠々と駆け抜けたスワーヴリチャードが先頭でゴール。得意の府中で重賞2勝目を挙げています。2馬身1/2差の2着に7番人気ソールインパクト、さらにそこから1馬身1/4差の3着に3番人気セダブリランテスが入っています。
公認プロ予想家ではdream1002プロほか計4名が的中しています。
 
G3みやこSは、サルサディオーネが引っ張る展開を、4角手前で楽な手応えのテイエムジンソクが並び掛け、2番手にルールソヴァールの態勢で直線へ。直線に入り、この2頭が後続との差を広げると、1番人気エピカリスタムロミラクルキングズガードあたりが離れた3番手グループから伸び脚を披露。しかし、前は既に大勢決した構えで、セーフティーリードを早々築いた2番人気テイエムジンソクが勝利。重賞初勝利を挙げています。2馬身1/2差の2着も直線入り口で後続との差を確保した9番人気ルールソヴァールが粘り込み、そこから1馬身1/4差の3着に3番人気キングズガードが入っています。
公認プロ予想家では導師嵐山プロ岡村信将プロ河内一秀プロほか計8名が的中しています。
 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
4(土)福島4Rで、◎ヤマタケジャイアン(単勝82.8倍)-○タガノアーバニティからの3単5,014倍を含む計58万4,240円の高額払戻しを記録。2週連続のホームラン的中を披露した先週はトータル回収率122%、収支12万5,900円プラスをマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
3(金)福島3Rを◎トーホウリーガルで仕留め10万4,720円の払戻し。翌4(土)福島5Rを◎○で仕留め21万円払戻し、と連日のスマッシュヒットを記録!他にもヒットを量産した先週はトータル回収率111%で終えています。
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
4(土)東京6Rで3連単的中、12万4,350円払戻しをマークすると、5(日)には東京3R(3連単的中14万20円払戻し)、京都3R(3連単的中ほか計24万2,980円払戻し)で連続スマッシュヒットを披露!週末のトータルでは回収率116%、収支12万80円プラスをマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
3(金)福島7Rでの◎▲○パーフェクト的中(計12万3,180円払戻し)、5(日)京都3Rでの計12万5,400円払戻しなどの活躍を見せ2週連続のプラス達成!週末トータルでは回収率113%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
4(土)東京10Rでの◎○▲的中、5(日)東京10Rでの馬単514倍含む計18万600円払戻しのビッグヒットなどの活躍を披露。週末のトータル回収率135%、収支11万4,440円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →西野圭吾プロ
4(土)は福島11R(計11万9,900円払戻し)、勝負予想福島12R(○◎的中)などの的中で回収率351%を記録!週末のトータルでは回収率141%をマークしています。
 
 
 
この他にも、dream1002プロ(151%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(146%)、エース1号プロ(123%)、くりーくプロ(107%)、岡村信将プロ(101%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年11月5日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/みやこS G3(いっくんプロ)
閲覧 923ビュー コメント 0 ナイス 1



 今週は秋G1シリーズの中休みですが、東西でG1に直結する注目の前哨戦が開催されます。本日予想を担当してくれるウマニティ公認プロ予想家のいっくんさんがターゲットに指定したのはみやこS。「外枠に人気の先行馬が入ったので、前半から飛ばして上がりのかかる流れになりそう。そこを差し切れる馬が狙い目」と分析した、ウマニティきっての穴党の見解にご注目ください。
 本命は⑫キングズガードです。「距離はやや長い気もするが、上がりの脚はメンバー中最速で、展開がハマる可能性大」と判断しました。対抗は「完全に本格化した印象。先行力があり内枠なら本命だったが、大外枠なので一枚割り引いた」⑯テイエムジンソク。単穴は「本格化はまだ先ながら、このメンバーなら先行して残り目もありそう」な⑮エピカリス。以下、⑤、⑦、④、①の順に押さえます。
 馬券は3連単FM⑫→⑯⇔①④⑤⑦⑮で勝負です。本レース以外のいっくんプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢31名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2017年10月30日(月) 11:00 山崎エリカ
【山崎エリカのダートグレード攻略】~北海道2歳優駿2017~
閲覧 1,325ビュー コメント 0 ナイス 6

 2歳最初のG3・エーデルワイス賞は、デビュー時期が早く、キャリアが豊富な地方(門別)勢が断然有利であることを説明しました。そして、今年も門別勢がワン、ツー、スリーを決めました。しかし、第2戦目の北海道2歳優駿となると中央勢がやや優勢となってきます。JRAでは秋になるとダートの500万下が行われるようになり、中央勢もある程度のキャリアを積むことが出来るからです。

 よって、門別のオープン上位馬vs中央の500万下上位馬の対戦図式で競われることがほとんど。そうなると優勢なのは、短距離戦よりも王道路線のプラナス賞(東京ダ1600m)の勝ち馬です。過去10年のプラナス賞の勝ち馬のこのレースでの成績は【2・1・2・0】と複勝率100%。特に2011年のオーブルチェフや2016年のエピカリスのように、プラタナス賞を圧勝した馬ならば、まず、このレースで負けないでしょう。

 ちなみにプラタナス賞でオーブルチェフが2着につけた着差は0.8秒差、エピカリスが2着につけた着差は1.1秒差。2着に0.8秒差以上着差をつけてプラタナス賞を優勝している馬が出走していれば、確勝級と考えても良さそうです。ただし、プラタナス賞の2着馬は、このレースで上位人気に支持されながらもかなりの頻度で取りこぼしているので、ご注意を。過去10年でプラタナス賞の2着馬が3頭出走して、3頭とも4着以下に終わっています。

 しかし、プラタナス賞の勝ち馬ですが、毎年ここに出走してくるわけではありません。その場合、何を優先に狙えばいいのかというと、一番は、門別の強豪が集結する栄冠賞(H2)の連対馬です。しかし、栄冠賞は1200m戦ですので、なかには今回の距離1800mが持たない馬もいます。

 そこで栄冠賞で連対かつ、前走で牝馬限定戦のフローラルC(ダ1600m)、もしくはサンライズC(ダ1700m)で勝利していた馬という条件をつけると、該当馬は2頭ですが、その2頭ともこのレースで連対していました。2015年のタイニーダンサー(1着)と昨年のヒガシウィルウィン(2着)です。栄冠賞で連対してフローラルCやサンライズCを勝つ馬というのは、門別最強クラスということ。よって、このタイプも滅多に出走してくることがありませんが、出走していればかなり信頼できます。

 さらに栄冠賞の勝ち馬でなくとも、サンライズCで3着以内だった馬もこのレースで活躍を見せています。当然、2009年のビッグバンや2012年のハッピースプリント、昨年のヒガシウィルウィンのようにサンライズCの勝ち馬の活躍がもっとも目立ちますが、、馬券妙味がたっぷりあるのは、サンライズCの2着、3着馬です。

 サンライズCで2着、3着だった馬では、2015年にスティールキングが8番人気で2着に好戦したのを始め、2013年のエイシンホクトセイ・3着(10番人気)、2014年のクラバズーカー・3着(8番人気)、昨年のスウィフトハート・3着(5番人気)と、人気薄ながら馬券に絡んでいます。もちろん、出走頭数こそ少ないのですが、フローラルCの連対馬も2011年にシーキングブレーヴが9番人気で3着、2010年にカイカヨソウが5番人気で3着と活躍しています。

 門別勢はサンライズCやフローラルCを経由して、ここに出走してくる馬が多いのですが、北海道2歳優駿でも通用している馬の大半は、先行馬であることは覚えておいて損はないでしょう。特にこの2レースは、毎年のようにハイペースになるので、先行している馬のほうが強いレースをしていることが多いです。

 また、中央勢で穴が開くパターンは、2008年の勝ち馬メトロノース(6番人気)や2012年の2着馬やコスモコルデス(8番人気)のように、前走初ダートの未勝利戦で結果を出してここへ駒を進めてきたタイプです。ダート慣れと勢いで経験豊富な馬たちを撃破する形で穴を開けています。

 それ以外では、2011年の2着馬ベルモントダンサー(7番人気)、2012年の勝ち馬アルムアダプタ(7番人気)のように、前走新馬戦の勝ち馬がさらなる上昇度を見せて通用しているパターンです。新馬戦でいきなり通用するような馬は素質が高いことが多く、2戦目で大きく変われることがあるということなのでしょう。逆に、純粋にダート戦のみを3戦以上使われ、やっと1勝した馬というのは素質不足のせいか、全く通用していませんでした。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・前走のプラタナス賞を勝利した馬。
 ・栄冠賞で連対かつ、前走のフローラルCかサンライズCを勝利した馬。

 ●穴馬候補
 ・前走のサンライズCで3着以内だった馬。
 ・前走のフローラルCで連対した馬。
 ・前走、中央の未勝利戦を初ダートで勝利した馬。
 ・1戦1勝の中央勢。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想(「競馬プロ予想MAX」)はこちらからご覧いただけます!!

[もっと見る]

2017年8月10日(木) 17:07 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(8/5~8/6)夢月プロが的中連発!回収率159%・収支プラス36万超をマーク!
閲覧 634ビュー コメント 0 ナイス 3

先週は、6(日)に新潟競馬場でG3レパードステークスが小倉競馬場でG3小倉記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3レパードステークスサルサディオーネがレースを引っ張って直線コースへ。先頭はサルサディオーネでリードは2馬身、後続はタガノカトレアシゲルコングエピカリスノーブルサターンテンザワールドが内にひしめき合って追い出しにかかります。残り200mを通過、粘るサルサディオーネですが、ここで外から一頭目立つ伸び脚でローズプリンスダムが猛追!残り100m付近でサルサディオーネ並びかけるとあっという間に交わして快勝!1馬身1/4差の2着にサルサディオーネ、そこから3/4差の3着にエピカリスが入っています。
  
公認プロ予想家でははははふほほほプロ導師嵐山プロが的中しています。
 
 
G3小倉記念バンドワゴンがレースを引っ張りますが、4コーナーで一杯!2番手追走のヴォ―ジュ、まくって進出したサンマルティンが併走する形で直線コースへ。サンマルティンがヴォ―ジュを交わして残り200mを通過、ここで再内に進路を取ったタツゴウゲキサンマルティンにじわじわ迫って2頭が抜け出しての叩き合い!ゴール前まで競り合う大接戦となりましたが、わずかに内のタツゴウゲキサンマルティンをハナ差捉えてV。2着にサンマルティン、そこから3馬身差の3着にフェルメッツァが入っています。
 
公認プロ予想家ではジョアプロ他8名が的中しています。

----------------------------------

☆☆☆注目プロ →夢月プロ
6(日)札幌9Rで◎コスモピクシスの単勝19.8倍を8800円的中!17万4240円を払い戻しました!同日の新潟8Rでは◎キークラッカーの単勝14.9倍、○ケーブルグラムとの馬連7.6倍をそれぞれ1点勝負で的中!13万7320円を払い戻しました!勝負レースの5(土)小倉10Rでも◎○の印で8万1920円と的中連発!週末トータル回収率159%、収支プラス36万7030円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →おかべプロ
5(土)小倉8Rで◎○の馬連1点勝負で5万4000円を払い戻し!札幌6Rでも○エールダブルバインドの馬連を仕留め、4万円を払い戻し!週末トータル回収率184%、収支プラス6万4100円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
6(日)小倉11R小倉記念では◎タツゴウゲキの単勝を4000円的中!札幌7Rでは単勝30.6倍の◎ヴォカツィオーネを本命に抜擢!単複、○ダンツチェックとの馬連、ワイドを本線的中!4万1440円を払い戻しました!週末トータル回収率134%、収支プラス8万4350円をマークしています。

この他にもサラマッポプロ(147%)、dream1002プロ(131%)、kmプロ(121%)、蒼馬久一郎プロ(118%)、岡村信将プロ(108%)、ジョアプロ(107%)、伊吹雅也プロ(104%)、ろいすプロ(102%)が回収率100%超の活躍を見せています。

----------------------------------
 
※全レースの結果速報はこちら
 
 
今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年8月6日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/レパードS G3(河内一秀プロ)
閲覧 886ビュー コメント 0 ナイス 2

 本日登場してもらうのは、ウマニティ公認プロ予想家の河内一秀さんです。的中率日本一との呼び声高い予想ソフト『カツラギ』の開発者としてもおなじみで、先週も3場全72レースを予想し、的中率45%・回収率110%という抜群の安定感を見せつけてくれました。今週のターゲットはレパードS。2週連続重賞を的中させている絶好調予想家のもう一丁に期待しましょう。
 本命は⑤エピカリス。「ヒヤシンスSは標準レベルだが、北海道2歳優駿が非常にハイレベル。2・4秒差の2着馬が中央馬を退けてJDDを制したことがその証左。海外での出走取消が不安要素ではあるが、この間隔で出走体制が整ったのだから大きなトラブルではなかったと判断したい」と信頼を置きました。
 対抗は⑭テンザワールド。単穴は⑨サルサディオーネ。以下、④タガノカトレア、①タガノグルナまで押さえ、馬券は馬単・3連単1着流し⑤→①④⑨⑭で勝負します。本レース以外の河内一秀プロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢31名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

⇒もっと見る

エピカリスの口コミ


口コミ一覧

ルメール

 マリオおっさん 2018年3月24日() 22:43

閲覧 37ビュー コメント 3 ナイス 10

今日は午前中は調子が良く、午後と中京はデータ予想の重賞以外さっぱりという、いつものパターンでした…
そして、今は明日の予想をしてますが、予想途中に苦言を一つ。
明日は高松宮記念があるので、有力騎手の多くはもちろん中京へ。
ただ、エピカリスを優先したのか、高松宮に依頼がなかったのか、ルメール騎手が中山競馬場に残っています。
そこで何が起きているか→予想オッズ段階で乗鞍が10鞍ある内、8鞍で1番人気予想。残りも2番人気。
1番人気のうち、3レースから9レースまでの連続7レースで圧倒的1番人気の予想に。
ここまでオッズが偏ると、予想する方も難しくなり、人気に応えたら応えたで極端に安い配当になる。
さすがにここまでの偏りはどうにかならなかったのですかね…

 ムーンホーセズネック 2017年11月5日() 16:32
日曜の結果&反省
閲覧 76ビュー コメント 0 ナイス 15

ウマコロまあまあ(^^)

実馬券(^^)
ルメール騎手、デムーロ騎手と複勝千円で転がしをしようとしましたが?デムーロ騎手が差し馬で蹴飛ばして、ルメール騎手も最後蹴飛ばして(´・_・`)
やめやめ、メインレースのみ切り替え(^^)
アルゼンチン共和国はアルバート、スワーヴリチャード2頭軸(^^)アルバートは4着 (。・ω・。)スワーヴリチャードの馬連総流し的中(^^)
みやこステークスはテイエムジンソク、エピカリスの2頭軸(^^)
エピカリスは飛びましたが(^^)テイエムジンソクが高配当の馬連総流しを提供してくれ(^^)複勝も当たりました(^^)
三連休のJRA全重賞的中させることが出来ました(^^)
三日間の収支はマイナスですがwまあ?楽しめました(^^)
来週に回す分は確保(^^)来週に向けて切り替えます(^^)

[もっと見る]

 ちびざる 2017年11月5日() 15:43
【GⅢ】みやこステークスの予想
閲覧 59ビュー コメント 0 ナイス 1

◎:⑮エピカリス
〇:④トップディーヴォ
▲:⑤アスカノロマン
△:③タガノヴェリテ
×:⑯テイエムジンソク
×:⑫キングズガード

【買い目】
 三連複1頭軸流し
⑮→④⑤③⑯⑫
馬連BOX
④⑤⑫


個人的に⑮エピカリスの走りに注目しています。
前走が物足りない気がしましたが、海外遠征明けということもあったことと
直線、詰まるシーンがあったことを考えれば、よく走っているともいえます。
古馬との対決でどんな走りを見せるか楽しみですね。


もう一頭、⑤アスカノロマンの走りにも注目しています。
安定していませんが、京都なら一発あってもおかしくないので
注目しています。

[もっと見る]

⇒もっと見る

エピカリスの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
7:
  九州の田舎者   フォロワー:0人 2017年3月25日() 22:48:45
惜しかったなぁ…スミヨンかぁ勝ったの

私は去年 ラニでUAEダービー勝ちましたw

二連覇ならず
6:
  九州の田舎者   フォロワー:0人 2017年2月19日() 21:22:14
まぁ完勝だわな。

もう期間内 使うとこなくね?(´・ω・`)
5:
  九州の田舎者   フォロワー:0人 2016年11月1日(火) 23:31:31
怪我なく終わって良かった良かった
さぁ川崎の全日本2歳何チャラも軽く頂きますよ♪
ここまでが最低限のノルマ。

⇒もっと見る

エピカリスの写真

エピカリス
エピカリス

エピカリスの厩舎情報 VIP

2018年3月25日マーチステークス G314着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

エピカリスの取材メモ VIP

2018年3月25日 マーチステークス G3 14着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。