注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

マイネルアウラート(競走馬)

注目ホース
マイネルアウラート
写真一覧
現役 牡6 黒鹿毛 2011年3月6日生
調教師高橋裕(美浦)
馬主株式会社 サラブレッドクラブ・ラフィアン
生産者ビッグレッドファーム
生産地新冠町
戦績35戦[8-3-3-21]
総賞金18,111万円
収得賞金5,850万円
英字表記Meiner Aurato
血統 ステイゴールド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
マイネシャンゼリゼ
血統 ][ 産駒 ]
トウカイテイオー
セーヌフロウ
兄弟 ルドロージエマイネマロニエ
前走 2017/04/01 ダービー卿チャレンジ G3
次走予定

マイネルアウラートの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/04/01 中山 11 ダービーCT G3 芝1600 166115.634** 牡6 57.0 柴田大知高橋裕470(-2)1.34.8 0.134.3⑥⑤ロジチャリス
17/02/05 東京 11 東京新聞杯 G3 芝1600 103310.444** 牡6 57.0 柴田大知高橋裕472(0)1.35.3 0.433.0ブラックスピネル
17/01/15 中山 10 ニューイヤー OP 芝1600 1661115.471** 牡6 58.0 柴田大知高橋裕472(+8)1.33.5 -0.234.8グランシルク
16/12/17 阪神 11 リゲルS OP 芝1600 174813.471** 牡5 57.0 M.バルザ高橋裕464(-8)1.34.8 -0.135.1サトノラーゼン
16/11/13 東京 11 オーロカップ OP 芝1400 1871511.1511** 牡5 56.0 A.アッゼ高橋裕472(+10)1.22.2 0.634.3⑨⑬ナックビーナス
16/10/22 東京 11 富士S G3 芝1600 1166127.2114** 牡5 56.0 柴田大知高橋裕462(+6)1.34.3 0.334.3ヤングマンパワー
16/10/02 阪神 11 ポートアイS OP 芝1600 145741.7112** 牡5 57.0 国分優作高橋裕456(0)1.34.7 0.333.9ウインプリメーラ
16/08/14 新潟 11 関屋記念 G3 芝1600 1881644.01116** 牡5 56.0 柴田大知高橋裕456(-6)1.32.9 1.135.0④④ヤングマンパワー
16/07/24 中京 11 中京記念 G3 芝1600 162416.0816** 牡5 56.0 松山弘平高橋裕462(+6)1.35.1 1.535.7⑥④ガリバルディ
16/06/26 東京 11 パラダイスS OP 芝1400 13115.321** 牡5 56.0 柴田大知高橋裕456(+6)1.21.0 -0.234.4④④ゴールデンナンバー
16/02/28 阪神 11 阪急杯 G3 芝1400 184825.9912** 牡5 56.0 丸山元気高橋裕450(-6)1.20.8 0.935.1⑤⑤ミッキーアイル
16/02/07 東京 11 東京新聞杯 G3 芝1600 1461066.7113** 牡5 56.0 柴田大知高橋裕456(0)1.34.6 0.533.8スマートレイアー
15/12/26 阪神 11 阪神カップ G2 芝1400 1781641.1129** 牡4 57.0 H.ボウマ高橋裕456(+2)1.22.0 0.635.0⑦④ロサギガンティア
15/12/12 阪神 10 六甲アイラS 1600万下 芝1400 10558.951** 牡4 57.0 柴田大知高橋裕454(-2)1.21.6 -0.434.1ラヴァーズポイント
15/11/28 東京 12 3歳以上1000万下 芝1400 165927.291** 牡4 57.0 柴田大知高橋裕456(0)1.20.8 -0.034.0コリーヌ
15/11/07 東京 9 立冬特別 1000万下 芝1600 154619.697** 牡4 57.0 柴田大知高橋裕456(0)1.34.8 0.534.0⑤④レッドライジェル
15/10/11 東京 9 六社特別 1000万下 芝1600 154617.4610** 牡4 57.0 柴田大知高橋裕456(+4)1.34.2 0.435.0ロジチャリス
15/09/13 中山 9 木更津特別 1000万下 芝1600 16476.3310** 牡4 57.0 柴田大知高橋裕452(+2)1.35.1 0.534.3⑧⑩⑨イントロダクション
15/08/15 札幌 11 STV賞 1000万下 芝1500 145811.165** 牡4 57.0 丹内祐次高橋裕450(-8)1.28.9 0.235.6⑦⑧⑧ダンツキャンサー
15/03/07 中山 10 スピカS 1600万下 芝1800 1181020.8611** 牡4 57.0 松岡正海高橋裕458(+12)1.51.5 1.335.3⑦⑧⑩⑧モーリス

⇒もっと見る


マイネルアウラートの関連ニュース

 ◆柴田大騎手(マイネルアウラート4着) 「キャンベルジュニアに並んでいきたかったが、動いていける手応えがなく、余裕もなかった」

 ◆北村宏騎手(ダイワリベラル5着) 「馬場のいいところを選んで回ってきたが、ペースが遅かったので差し込めなかった」

 ◆丸山騎手(ダンツプリウス6着) 「外枠で控える競馬。うまくタメが利いたし、最近のなかでは一番内容がよかった」

 ◆田中勝騎手(シベリアンスパーブ7着) 「ノメっていなかったし、馬場も合うと思っていたが、伸びそうで伸びなかった」

 ◆池添騎手(ガリバルディ9着) 「きょうは展開が向きませんでした」

 ◆松岡騎手(クラリティシチー11着) 「今回は休み明けだったしね。乗った感じはいいので、次はよくなりそう」

 ◆柴山騎手(ショウナンバッハ12着) 「この馬場で動き切れなかったが、これぐらいの距離が合うかも。良馬場なら」

 ◆柴田善騎手(サンライズメジャー13着) 「外枠で内にもぐり込めず、ペースも落ち着いた。内枠なら違っていたかも」

 ◆丹内騎手(コスモソーンパーク14着) 「4コーナー手前でノメっていた」

 ◆田辺騎手(シェルビー15着) 「みんな(前に)行きたがらず、ペースも落ち着いたからね」

 ◆蛯名騎手(ショウナンアデラ16着) 「まだ走りが本当じゃない。ただ、順調に行ってくれれば変わってきそう」

★1日中山11R「ダービー卿チャレンジトロフィー」の着順&払戻金はこちら

【ダービーCT】良績舞台でアウラート反撃 2017年03月31日(金) 11:40

 得意コースでマイネルアウラートが巻き返す。東京新聞杯は4着に終わったが、「超スローが合わなかったね。上がり3F32秒台の脚は使えないから。中山なら違うはず」と高橋裕調教師。中山マイルはグランシルクを破った2走前のニューイヤーSなど【3・1・0・4】の好成績だ。29日はWコースで余裕たっぷりに1馬身先着し、「予定どおりのいいけいこができた。58キロで勝っているくらいだから57キロは仕方ないな。1つはタイトルを獲らせたい」と指揮官は意気込む。(夕刊フジ)

ダービー卿チャレンジTの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ダービーCT】マイネルアウラート楽々1馬身先着2017年03月30日(木) 05:04

 東京新聞杯4着のマイネルアウラートが、美浦Wコースで活気ある動きを見せた。エスピエーグル(3歳未勝利)を相手に残り3ハロンで外から馬体を併せると、楽々と1馬身先着。タイムは馬なりで5ハロン69秒3、3ハロン39秒1−12秒6だった。「先週しっかりやっているので、サラッと。中山のマイルはいいので、重賞を取りたい」と高橋裕調教師は力強く語った。

[もっと見る]

【ダービーCT】レース展望 2017年03月27日(月) 17:36

 2年前、条件戦を連勝してきたモーリスが衝撃的な勝利を飾ったGIIIのダービー卿チャレンジトロフィー。その後の活躍はご存じのとおりだ。安田記念マイルチャンピオンシップ香港マイルも勝って、この年GI・3勝を含む6戦全勝で年度代表馬に選ばれた。今年(4月1日、中山、芝・外1600メートル)はそれに匹敵するかもしれない馬が出走を予定している。現在5連勝中の良血馬グレーターロンドン(美浦・大竹正博厩舎、牡5歳)だ。

 デビュー2戦目の山吹賞こそレッドライジェルのクビ差2着に敗れたが、それ以外はすべて快勝。蹄に不安を抱えていて2度の長期休養を挟んでいるため、まだキャリア7戦にすぎない。最大の武器は爆発的な末脚。前走の東風Sは1000メートル通過62秒5という超スローペースを、後方2番手から楽々と差し切った。小回りの中山で上がり3ハロン33秒3の切れ味。2走前の東京の節分Sでも同32秒3をマークしており、条件戦やオープン特別では脚力の違いが明らかだった。今回は満を持しての重賞初挑戦。これまでとは相手のレベルが違うとはいえ、GIも狙える器。ハンデは56.5キロを背負うことになったが、足踏みはしないだろう。

 昨年、1番人気に支持されながら8着に敗れたキャンベルジュニア(美浦・堀宣行厩舎、牡5歳)も、素質としては重賞級。豪州産の遅生まれだが、早くから期待されていた。昨年は休み休み使われて、立て直した今年初戦の幕張Sを3番手から楽々と抜け出して再びオープン入り。昨年より精神的な成長が大きく、安定して力を出せるようになった印象だ。ハンデは8着に敗れた昨年より1キロ重い55キロ。中1週のため出否は未定だが、中山マイルの持ちタイム比較ならグレーターロンドンを上回るものがあり、出走してくれば軽くは扱えない。

 昨年の中京記念を勝っているガリバルディ(栗東・藤原英昭厩舎、牡6歳)は、前走の大阪城Sが57キロのハンデで3着。マイルCSも7着とはいえ0秒4差と健闘した。後方から末脚を伸ばすタイプなので、小回りでトリッキーな中山マイルがどうか。関東圏への遠征は富士S5着が最高というのも気になるところだ。

 ニューイヤーS2着のグランシルク(美浦・戸田博文厩舎、牡5歳)は、3歳時にニュージーランドT2着、NHKマイルC5着。すぐにも重賞タイトルに手が届くと思われたが、そこから勝ちきれないレースが続いた。降級後は順当に勝ち上がり、再昇級初戦の阪神Cでは7着だったが、着差は0秒3とわずか。そして前走の2着だが、以前より確実に力をつけていて、中山は【2・3・2・2】と安定しており、ハンデ55キロなら好勝負に持ち込めるだろう。

 ニューイヤーSでグランシルクを破ったのがマイネルアウラート(美浦・高橋裕厩舎、牡6歳)。持ち味のスピードで押し切るのがこの馬の勝ちパターンで、前走の東京新聞杯のようにスローペースの切れ味勝負になると分が悪い。ハンデは57キロを背負わされるが、直線の短い中山なら粘り込みがある。

 東風S2着のダイワリベラル(美浦・菊沢隆徳厩舎、牡6歳)は、中山のマイルがベストの舞台。ただ、昨年のダービー卿CT4着、京成杯AH4着という結果からも、重賞ではワンパンチ足りない印象がある。ハンデは前記の2走と同じ56キロ。持ち前の器用さを生かしたいところだ。

 東京新聞杯9着のロイカバード(栗東・松永幹夫厩舎、牡4歳)は、もともと同じレースでデビューしたサトノダイヤモンドと比較されたほどの逸材。期待に成長が追いつかず、ここまでじっくりと力をつけてきた。前走もラストは32秒4の脚を使っていて、着差は0秒9。中山が好材料とはいえないが、55キロのハンデなら脚の使いどころひとつでチャンスもあるはずだ。

 なお、トップハンデタイの57.5キロを課されたマルターズアポジー(美浦・堀井雅広厩舎、牡5歳)は、翌日に行われるGI大阪杯に向かう公算が大きい。

★ダービー卿CTの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ダービー卿チャレンジトロフィー】特別登録馬2017年03月26日() 17:30

[もっと見る]

【東京新聞杯】ブラックスピネル、ミルコ魔術で逃走V! 2017年02月06日(月) 05:09

 第67回東京新聞杯(5日、東京11R、GIII、4歳上オープン国際、別定、芝1600メートル、1着本賞金3900万円 =出走10頭)好スタートを切ったミルコ・デムーロ騎乗の3番人気ブラックスピネルが、超スローペースに持ち込んでまんまと逃げ切り、重賞初制覇を果たした。タイム1分34秒9(良)。次走はマイラーズCの予定で、安田記念が春の大目標となる。クビ差2着は5番人気のプロディガルサン。1番人気エアスピネルが3着で、4歳馬が上位を独占した。

 東京の長い直線を先頭のまま加速していった。3ハロン37秒2のウルトラスローペースを、ブラックスピネルが上がり3ハロン32秒7で逃げ切りV。京都金杯ハナ差2着の雪辱を果たして、重賞初Vを飾った。

 「京都でも音無先生の馬が勝っていたからね。返し馬からずっと手応えがよかったし、いい馬です。大好きですよ」

 今年重賞初勝利のミルコ・デムーロ騎手が満面の笑みを見せた。少頭数で逃げ馬不在。スローペースは覚悟していたが、「ハナを切ることは考えていなかった」。それでも、好スタートを切ったことで思い切って逃げの手で勝負に出た。

 「物見して息が入っていた。ずっと(柴田)大知の馬(マイネルアウラート)が来ていたのもよかったね」

 リラックスと、ほどよい緊張感が最後の爆発力につながった。プロディガルサンの猛追もクビ差しのいでフィニッシュ。きさらぎ賞で1、3着に入った厩舎の勢いはここでも止まらなかった。

 京都でテレビ観戦した音無調教師は「前につけてほしい、とは言ったけど、まさか逃げるとは」と驚きを隠せない。昨年の最優秀短距離馬ミッキーアイルが引退した厩舎に、新たなスター候補が誕生。この日、馬を引いていたのは、アイルを担当していた平井助手だ。今回だけの担当だったようだが「代打だからこそ勝負のつもりでした。体も絞ってつくりましたから」と胸を張った。

 この後はマイラーズC(4月23日、京都、GII、芝1600メートル)を予定。もちろんその先には安田記念(6月4日、東京、GI、芝1600メートル)という大目標が控えている。逃げても豪脚が繰り出せるブラックスピネルに、マイル王への道が開けた。 (柴田章利)

★「ドキドキしちゃった」60万円ゲット

 クラブ法人サンデーサラブレッドクラブでブラックスピネルに出資(40分の1)しているタレント、カンニング竹山(45)が5日、フジテレビ系「みんなのKEIBA」に出演。愛馬の重賞初Vを見届けた。「放心状態で、ただドキドキしちゃった…。(M・デムーロは)うまいね〜」と満面の笑み。他の出演者から祝福された。

 竹山はブラックスピネルが初めての出資馬。同馬は総額2800万円(1口70万円×40口)で募集され、すでに1億4000万円以上を獲得している。東京新聞杯は1着本賞金が3900万円。進上金やクラブ手数料、消費税などが引かれ、約60万円が竹山の手元に入る計算だ。キタサンブラックを所有する歌手、北島三郎(80)に続き、芸能界と競馬界が活気づいている。

★5日東京11R「東京新聞杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

マイネルアウラートの関連コラム

閲覧 203ビュー コメント 0 ナイス 0

4月2日(日)に行われました阪神11Rの「大阪杯G1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】○キタサンブラック(2.4倍)
2着:総合ポイント【2位】▲ステファノス(17.7倍)
3着:総合ポイント【5位】△ヤマカツエース(10.2倍)

第1グループ・総合ポイント1位のキタサンブラックが1着、第2グループ・総合ポイント2位のステファノスが2着、第2グループ・総合ポイント5位のヤマカツエースが3着という結果でした。

マカヒキは外外回され、展開も向かなかった印象ですが、それ以上に弾けませんでしたね、、。○▲の叩き合いを呆然と見ていました(笑)。

一方、凄馬出馬表は1位→2位→5位の本線決着!▲ステファノスは人気はありませんでしたし、参考にされた方には有益な情報をお届けできたのではないでしょうか。

【3連単フォーメーション】
14

5

1,4,7,12,13

14

1,4,7,12,13

5

計10点 払い戻し0円



続いて4月1日(土)に行われました中山11Rの「ダービー卿チャレンジトロフィーG3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【14位】☆ロジチャリス(11.1倍)
2着:総合ポイント【1位】△キャンベルジュニア(3.4倍)
3着:総合ポイント【2位】△グランシルク(3.6倍)

第4グループ・総合ポイント14位のロジチャリスが1着、第1グループ・総合ポイント1位のキャンベルジュニアが2着、第2グループ・総合ポイント2位のグランシルクが3着という結果でした。

こちらは、直線残り100mくらいまではやったか!?と思って見ていたんですが、(◎マイネルアウラート)差されてしまいましたね〜。残念。予想編を書いていた時から自ら感じ取っていた嫌な予感も、△グランシルクの末脚を後押ししてしまいましたかね(T_T)。見事だったのは、☆ロジチャリスの内田騎手。スタート直後の判断と直線入り口での進路取りが、レースの明暗を分けた大きなポイントだったように思います。

【3連複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
11=3,9,15=2,3,5,6,7,8,9,10,14,15(24点)払い戻し0円


登録済みの方はこちらからログイン

2017年04月01日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第259回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜ダービー卿チャレンジトロフィー G3
閲覧 568ビュー コメント 0 ナイス 0

みなさんこんにちは!

本日は中山11R「ダービー卿チャレンジトロフィー G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、キャンベルジュニアのみ1頭。
第2グループ(黄)は、グランシルクのみ1頭。
第3グループ(薄黄)はクラレントから1.0ポイント差(約1馬身差)内のコスモソーンパークまで2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、キャンベルジュニアグランシルクがそれぞれ1.0ポイント以上の差を付ける一方で、3位以下は大接戦という状況になっています。ハンデ戦らしく斤量補正が効いたことや、そもそも基本となるU指数差が小さいメンバー構成ということが影響していると思われますが、そのU指数という意味では近5年結果を見ても分かる通り毎年予想U指数9位以下の激走が起こっている難解な一戦。そんなこのレースの過去傾向からも、下位評価馬の激走に十分に注意が必要なレースと言えるのではないでしょうか。

そして、△キャンベルジュニアは十分に間隔を空けて使われ前走で1600万を突破した馬。今回急にデビュー以来最短期間に詰めて使うことには少々不安ありとみます。また、△グランシルクは脚質的にどうしてもアテにし辛い存在。とくれば、上位2頭に隙ありと見て、大混戦の3位以下から中心を探したいレースと判断しました。
前置きが長くなりましたが、今回の私の本命は◎マイネルアウラートとしました。金曜から土曜にかけて降雨予報があり、レース時点でどんな馬場になっているか微妙な状況ですが、余程の内悪化ということがなければ粘れると見て本命視。近3走はここに入ってもなかなかな指数をマークしていますし、特に58キロを背負って勝利した2走前を評価しています。その時と同じ枠から同じように行きたい馬に行かせて、という競馬に期待します。
○はシベリアンスパーブ。少し前にはなりますが9走前くらいやれれば、今回その時と同じ54キロでの出走と、これまでの戦績を見ても好相性の鞍上から、ここでも穴の資格十分な存在と見ています。
▲にダンツプリウス。高速決着となった2走前の指数内容と、昨年前半の中山、阪神マイルでの連続好走歴を評価。時計勝負と瞬発力勝負が不向きなこの馬にとって、多少なりとも降雨があってタフさが求められる展開は追い風となりそうです。
☆にロジチャリス。前走休み明けの東風Sで3着だったこの馬を4番手評価。マイルではこれまで全て0.3秒差以内という堅実派に叩き2戦目の上昇込みで注目しています。
そして今回の私の馬券は、◎=○▲☆からの3複で勝負とします。


【3連複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
11=3,9,15=2,3,5,6,7,8,9,10,14,15(24点)


我ながら、凄馬出馬表1、2位決着フラグを立てまくったなと感じる今回、果たして結果やいかに!?

[もっと見る]

2017年02月07日(火) 17:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(2/4〜2/5)河内プロが京都11R・△◎▲で3連複1820倍を的中!
閲覧 869ビュー コメント 0 ナイス 6

先週は5(日)に東京競馬場でG3東京新聞杯が京都競馬場でG3きさらぎ賞がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3東京新聞杯ブラックスピネルがハナを主張、前半の600m通過37秒2(参考)の超スローペースを刻んで直線コースへ差し掛かります。
 
逃げるブラックスピネルのリードは半馬身、2番手にピタッと馬体を併せる形でマイネルアウラート、その後方にはヤングマンパワー、内からはダイワリベラル、やや間が空いた中団にプロディガルサンエアスピネルの態勢。
 
残り200mを通過、以前逃げるブラックスピネルのリードは1馬身、ここでマイネルアウラートの脚色が一杯になるとエアスピネルプロディガルサンの2頭が追い込んで3頭が勝負圏内!残り50mを通過、エアスピネルが伸びきれず、粘るブラックスピネル、追い込むプロディガルサン2頭の叩き合い!僅かにブラックスピネルプロディガルサンの追撃を封じ込んで優勝しました!クビ差の2着にプロディガルサン、そこから半馬身差の3着にエアスピネルが入っています。
 
公認プロ予想家では☆まんでがんプロ他8名が的中しています。
 
G3きさらぎ賞タガノアシュラが先頭で直線コースへ。直線に入るとすぐさま2番手につけていたプラチナヴォイスタガノアシュラを交わして先頭、その外にアメリカズカップ、人気のサトノアーサーはこれを見る形で追い出しにかかります。
 
残り200mを通過、ここで先頭のプラチナヴォイスを捉えてアメリカズカップが単独先頭に立つと後続を引き離して抜け出す形、ゴール前でようやく内からダンビュライト、外からはサトノアーサーも追い込んできますが2番手まで!アメリカズカップが先行抜け出しの横綱競馬で初重賞制覇を飾りました!1馬身3/4差の2着にサトノアーサー、そこからアタマ差の3着にダンビュライトが入っています。
 
公認プロ予想家では岡村信将プロ他12名が的中しています。
 
------------------------------------------------------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →河内一秀プロ
4(土)京都11Rで単勝143倍の大穴ウォータールルドを▲に抜擢!△◎▲の印で3連複を的中させ、18万2030円を払い戻しました!同日の東京9Rでも◎ダノンキングダムウインイクシード×レジェンドセラーの印で単勝4倍、3複17.4倍、3単142.6倍を本線的中!6万6580円を払い戻しました!週末トータル回収率157%、収支プラス12万3260円をマークしています。
  
☆☆☆注目プロ →西野圭吾育成プロ
4(土)東京7Rで単勝56.2倍の◎ハットラヴからの馬連145.8倍、3連複389.9倍を仕留め、13万6300円を払い戻しました!翌日の東京2Rでは『久々にゲート出たエムオーグリッタは先手奪いにいって力んでしまった。ダートの走りは上々で、これなら差す競馬の方がよさそう。距離は芝のレースを見る限りOKのハズで』と狙った◎エムオーグリッタと▲クインズウィンダムの馬連22.6倍を1800円的中させ、4万680円を払い戻しました!週末トータル回収率138%、収支プラス8万3090円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
勝負レースに指定した5(日)京都11Rきさらぎ賞で『折り合いよーいドンの競馬になることは明白。京都1800mは差し・追込が有利なコースであり、ディープに続きマンハッタンカフェ産駒の活躍が目立つ』と▲にアメリカズトップを抜擢!馬連9.6倍を5000円仕留め、4万8000円を払い戻し!同日の東京8Rでは単勝21.2倍のハシカミを本命に抜擢し、3連複517.4倍を300円的中!15万5220円の高額払い戻しを達成しました!週末トータル回収率108%、収支プラス4万240円をマークしています。
 
この他にも蒼馬久一郎プロ(111%)、おかべ育成プロ(107%)、マカロニスタンダーズ(107%)が回収率100%超の活躍を見せています。
 
※全レースの結果速報はこちら
    
来週も競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2017年02月05日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第243回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜東京新聞杯 G3
閲覧 452ビュー コメント 0 ナイス 4

みなさんこんにちは!

本日は「東京新聞杯 G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、エアスピネルブラックスピネルの2頭。
第2グループ(黄)は、ヤングマンパワーブラックムーンまでの2頭。
第3グループ(薄黄)は、ダイワリベラルタガノブルグの2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと上位間では総合ポイント2位のブラックスピネルヤングマンパワー間に2.2の溝、総合ポイント6位のタガノブルグマイネルアウラート間に1.4の溝が生まれています。

私の本命は◎エアスピネルとします。前走は厳しい流れを引っ掛かりながら押し切る強い内容。着差以上に強い競馬でした。久々のマイル戦を一度使われた今回は慣れも見込めますし、懸念される降雨も問題ない馬。ある程度折り合えれば圧勝まであると思っています。対抗には○マイネルアウラート。馬場予想が難しいですが、本日の傾向なら内を通る馬にアドバンテージがある状態で昨年以上も十分です。以下、出来絶好で距離短縮が面白そうな▲プロディガルサンブラックスピネルと印を打ちます。

【馬単流し】
7

2,3,5

1番人気からですし、ここは配当を考えて馬単で勝負します!

[もっと見る]

2017年02月05日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/東京新聞杯 G3(いっくんプロ)
閲覧 545ビュー コメント 0 ナイス 3

 本日登場してもらうのは、1月に特大ホームランを何本もかっ飛ばし、プラス400万円超というとてつもない月間収支を叩き出したウマニティ公認プロ予想家のいっくんさんさんです。大穴予想家とは思えないほどの抜群の安定感は驚異の一語。毎週どこかのレースで大きい的中を決めていますので、今回のターゲットの東京新聞杯で炸裂することに期待しましょう。
少頭数ゆえに隊列が短くなり、追い込みも届きそう」と展開を予想したいっくんさんの本命はロイカバード。「速い上がりの脚を持ち、東京にも実績がある。雨で多少馬場が重くなっても大丈夫」と評価しました。
 対抗は「折り合いが課題だが、能力は断然」のエアスピネル。単穴は「東京コース功者で、過去3戦3勝の戸崎に鞍上が戻るヤングマンパワー。以下、ブラックスピネルマイネルアウラートの順に押さえ、馬券は3連単FM→Б↓と→↓→Г脳”蕕靴泙后K椒譟璽弘奮阿いっくんプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。 予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】覆面ドクター・英プロの安田記念予想
3連単12万7190円を7点買いで的中!178万1400円払戻


「競馬プロ予想MAX」には総勢29名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2017年01月29日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年01月29日号】特選重賞データ分析編(32)〜2017年東京新聞杯〜
閲覧 2,766ビュー コメント 0 ナイス 5

次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 東京新聞杯 2017年02月05日(日) 東京芝1600m


<ピックアップデータ>

【“東京芝1400〜1800m、かつ1000万下から上のクラスのレース”における連対経験の有無別成績(2010年以降)】
○あり [7-6-4-55](複勝率23.6%)
×なし [0-1-3-32](複勝率11.1%)

 2010年以降の優勝馬7頭は、いずれも東京芝マイル前後のレースに十分な実績があった馬。昨年は該当馬8頭のうち4頭が1〜4着を占め、3連複7万6830円、3連単35万3160円の高額配当決着となりました。年々このファクターの重要度が上がっている印象もあるので、ぜひ注目してみてください。

主な「○」該当馬→

[もっと見る]

⇒もっと見る

マイネルアウラートの口コミ


口コミ一覧

馬券メモ(2017/4/1・3)

 銀色のサムライ 2017年04月03日(月) 19:41

閲覧 32ビュー コメント 0 ナイス 6

「山の神」こと柏原竜二選手が現役引退を発表しました。

僕は競馬と同じくらい学生駅伝が大好きなので、
東洋大学時代に箱根駅伝などで大活躍した柏原竜二選手の事はもちろん知っていますし、
大学卒業後に実業団に進んでからの動向も逐一チェックしていました。

富士通入社後は度重なるケガに悩まされていましたから、
引退という重い決断を下す事になるのも覚悟はしていましたが、
実際に引退する事になってしまうと、寂しさがこみ上げてきます。

今後は富士通での社業に専念するとの事。
長い間、本当にお疲れ様でした。

それでは、先週の本命馬の回顧をお届けします。


【2回阪神3日】

■7R ワキノハガクレ 1人気1着

道中の位置取りがポイントでしたけど、
楽に好位が取れましたし、今回は完勝でした。

■8R メイショウソラーレ 1人気1着

前半は折り合いに専念し、中盤から徐々に前へ押し出していく、という慎重な競馬でした。
高田騎手のコース取りも絶妙でした。

■9R アドミラブル 1人気1着

オッズ通り、アドマイヤロブソンとの一騎打ちだろう、と考えていましたが、
3馬身もの差がつくのは予想外でした。現時点での完成度の差で着差がついた、という印象です。
アドマイヤロブソンも決して弱くないので、今後も注意したいです。

■10R シャンデリアハウス 6人気6着

前走に引き続いて先行する競馬をしました。
でも、脚が溜まりきっていない感じでしたし、上手く条件が噛み合わないと現級では厳しいかも。

■11R イッテツ 10人気8着

見せ場は作ってくれたましたけどね。前半のペースが速すぎました。
ダートでやれるメドは立ちましたし、1200mならもっと上の着順が取れるはずです。

■12R カフジナイサー 5人気12着

骨折明け初戦だったにしては負けすぎですね…。
まだ状態が戻っていないから新人ジョッキーを乗せた、という事なのでしょう。


【3回中山3日】

■7R ヒップホップスワン 1人気6着

スタートの出がイマイチだったのですが、
前崩れの展開になったので、控える競馬をしたのは結果的には良かったと思います。
でも、これまで差す競馬をしてこなかった分、甘くなってしまいました。

■8R トゥルーウインド 1人気1着

マイペースの逃げを打てたにしても強い走りだったように思います。
外枠からスムーズに先行する形になれば上のクラスでも上位争いしてくれそうです。

■9R ウインイクシード 2人気6着

枠なりに外を回す競馬ができれば良かったんですけど、
直線で馬場の真ん中あたりを突いた分、伸びを欠きました。

■10R アドマイヤナイト 1人気1着

過剰人気っぽく見えましたが、現級での実績が断然でしたので、順当勝ちだったと思います。
3着と4着は買い目に入っていたんですけど、2着のパラダイスガーデンが抜けてハズレ…。

■11R(ダービー卿CT)マイネルアウラート 3人気4着

もう一列前の位置が取れれば…という内容でしたが、
これまでの戦績を振り返ってみると、時計の掛かる良馬場でしか好走していないので、
馬場が乾いている段階であっても「やや重」の馬場だと厳しかったのだと思います。
コース相性だけに気を取られて、馬場適性を無視してしまったのが痛かったです。

■12R グランアラミス 8人気8着

先行争いが激しくなるかと思いきや、
レースの上がり3ハロンが37.1秒となり、前残りの展開になってしまったのは想定外でした。


【2回阪神4日】

■7R ラディウス 3人気3着

序盤にハナを奪う、という想定外の展開になりましたけど、
最後の最後までしっかりと脚を使っていますし、内容が伴った3着だったと思います。

■8R クールゼファー 1人気2着

サイタスリーレッドの高倉騎手に上手く乗られてしまいました。
でも、控える競馬にメドを立てたのは大きいので、次走こそは勝ち上がってくれる事でしょう。

■9R ヤマカツポセイドン 6人気6着

途中からマクって先頭集団に取り付くまでは良かったんですけどね…。
キレる脚が使えないタイプなので、展開が向いても良馬場だと厳しいようです。

■10R ビーカーリー 5人気6着

直線でスムーズさを欠いてしまいました。
シンプルに馬群の外を回す競馬だったら…。

■11R(大阪杯)サトノクラウン 3人気6着

馬場と距離が敗因だとは思いますが、
国内のG1だと色々な条件が向かないと難しいようですね。

■12R カネトシビバーチェ 4人気4着

好位から上手くレースを運んでいるように見えましたけど、
上位3頭の力が抜けていましたね。相手なりには走っているんですが…。


【3回中山4日】

■7R トゥルッリ 4人気4着

逃げ馬を徹底マークする、という理想的な競馬をしてくれたと思います。
でも、後方脚質の人気馬に前めでレースを運ばれてしまったのは想定外でした。

■8R カマクラ 4人気5着

ゴール板寸前で前が狭くなって手綱を引く事になってしまったのが痛恨でした。

■9R ケージーキンカメ 6人気6着

もっと積極的な競馬をしてほしかったんですけど、
トリッキーな中山コースだと上手く立ち回れないタイプなのかもしれません。

■10R サンライズノヴァ 2人気2着

ハイパーノヴァが本命だったのですが、直前で除外になったのでこの馬を◎に。
1番人気のリゾネーターをマークしながらの競馬でしたけど、突き放されてしまいました…。

■11R オーヴィレール 1人気10着

やや折り合いを欠きながらの追走で、終始乗りづらそうにしている、という印象を持ちました。
中山への長距離輸送が堪えたのかもしれません。

■12R ヨウライフク 2人気3着

思惑通りの前残りの展開だったんですけど、
タイセイラナキラに楽逃げを許してしまった分、やや消化不良なレースになってしまいました。



日曜日は大振りの予想をしすぎました。
予想スタンスを急に変えてしまったのはさすがにマズかったですね…(>

 すにく 2017年04月02日() 22:46
4.1-2 予想回顧
閲覧 42ビュー コメント 2 ナイス 5

燃えたよ...。まっ白に...燃えつきた...。まっ白な灰に......。

土曜のダービーCTから。

勝ち馬はロジチャリス。
スローの展開に向いたよう。一旦キャンベルジュニアに並ばれたが坂で差し返した勝負根性は目を引いた。
マイル路線は当面的にはグレーターロンドンが新しいスターになろうとしているので、そこに肉薄出来るかといえば微妙か。
本命マイネルアウラートはスローの流れを何故か好位で受ける。
瞬発力が問われる流れに完敗だった。
それなら行ってくれればいいのに…。

日曜はG1大阪杯。

矢吹丈のように燃え尽きてしまった。
勝ち馬はキタサンブラック。
逃げ馬、番手、その後ろと分かりやすいレース展開で速めのスパートから前2頭を飲み込みながらねじ伏せた。
ディープ、オルフェーブルなど後方からの人気馬が凱旋門賞でレースしてきたが、案外こういう馬の方が凱旋門賞取れるのかもと感じてしまった。
これより強いサトノダイヤモンドは改めて怪物である。
さて俺の矢吹丈、本命ロードヴァンドールはシンガリ負け。
昨年の秋G1も本命がシンガリ負けを何度か経験。
中々にして辛いものである。
まだ一線でやれる力はなかったのかと猛省。

まあ、攻めた予想なのでちょっとの後悔とハマれば期待を夢見ながら
枕を濡らそう。

[もっと見る]

 昭島のよっちゃん 2017年04月02日() 17:20
今週の予想及び次週特別登録のPOG馬 
閲覧 22ビュー コメント 1 ナイス 7

写真は、今週の「競馬でビンゴ」の私の成績です

今週の予想結果・・買い目を馬連から馬単にしました
(私の買目は、◎単勝と◎○▲△の馬単・3連単のBOXです)


土曜メインレースの予想結果です     


阪神11R コーラルステークス オープン ダート1,400


 ◎ キタサンサジン     3着(3番人気)
 ○ スマートアヴァロン   1着(1番人気)
 ▲ ゥ淵ラオリオン     6着(6番人気)
 △ ┘ぅ奪謄帖       。乎紂複隠鞍嵜裕ぁ
2着マッチレスヒーローを外し当たり無し

ビンゴ馬:シゲルカガ    15着(12番人気)15着マスを塗りつぶし




中山11R ダービー卿CT G掘ー1,600



 ◎ マイネルアウラート   4着(3番人気)
 ○ ゥャンベルジュニア   2着(1番人気)
 ▲ ダンツプリウス     6着(7番人気)
 △ ┘哀薀鵐轡襯      3着(2番人気)
1着ロジチャリスを外し当たり無し

ビンゴ馬:.轡Д襯咫次    。隠誼紂複隠竿嵜裕ぁ謀匹蠅弔屬渓気




日曜メインレースの予想結果です

      
中山10R 伏竜ステークス オープン ダート1,800
★通常は11Rがメインレースですが、11Rが1600万下の為
  オープンのこのレースをメインとしています

 ◎ Д魯ぅ僉璽離凜      ―外
 ○ リゾネーター      1着(1番人気)
 ▲ ぅ汽鵐薀ぅ坤離凜    。加紂複家嵜裕ぁ
 △ グッドヒューマー    5着(4番人気)
馬単(610円)が当たり

ビンゴ馬:Д魯ぅ僉璽離凜    ―外の為、塗りつぶし無し




阪神11R 大阪杯 G機ー2,000


 ◎ マカヒキ        4着(2番人気)
 ○ Д汽肇離ラウン     6着(3番人気)
 ▲ ヤマカツエース     3着(4番人気)
 △ アンビシャス      5着(5番人気)
1着キタサンブラックを外し当たり無し

ビンゴ馬:ヤマカツエース   3着(4番人気)3着,鯏匹蠅弔屬




POG馬の出走結果

1日中山競馬場1R3歳未勝利(ダート1,800)にベストベット・牝・筆頭オーナー・手塚貴久厩舎(美穂)が出走→9着
スタートも後方から行き、直線も足が伸びず


1日阪神競馬場3R3歳未勝利(芝1,800)にカリーニョミノル・牝・筆頭オーナー・吉岡實厩舎(栗東)が出走→7着
中団を走るも、直線伸びず

2日中山競馬場6R3歳500万下(芝1,600)にアルミレーナ・牝・筆頭オーナー・国枝栄厩舎(美穂)が出走
直線追うも足伸びず




★メインレースの予想は、4レース中、1レースで単勝が当たるのみ、今回は完敗



★「競馬でビンゴ」は、2マス塗りつぶしに終わる
  
 

★myPOG馬は、3頭が出走し、入着なし・・・残念
 

※ビンゴ馬については、下記の日記を参照下さい

http://umanity.jp/home/view_diary.php?id=c5b875378c&owner_id=2ec1608dab



★次週の特別登録

9日阪神競馬場9R忘れな草賞(芝2,000)にモーヴサファイアが登録

[もっと見る]

マイネルアウラートの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

マイネルアウラートの写真

マイネルアウラート

マイネルアウラートの厩舎情報 VIP

2017年4月1日ダービー卿チャレンジ G34着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

マイネルアウラートの取材メモ VIP

2017年4月1日 ダービー卿チャレンジ G3 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。