カシアス(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
カシアス
写真一覧
現役 牡2 鹿毛 2015年3月27日生
調教師清水久詞(栗東)
馬主株式会社 カナヤマホールディングス
生産者谷岡牧場
生産地新ひだか町
戦績 3戦[2-1-0-0]
総賞金3,936万円
収得賞金1,950万円
英字表記Cassius
血統 キンシャサノキセキ
血統 ][ 産駒 ]
Fuji Kiseki
Keltshaan
ラブディラン
血統 ][ 産駒 ]
Dylan Thomas
ゴンチャローワ
兄弟
前走 2017/07/23 函館2歳ステークス G3
次走予定

カシアスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/07/23 函館 11 函館2歳S G3 芝1200 166113.011** 牡2 54.0 浜中俊清水久詞484(+8)1.10.0 -0.034.8⑤⑤ウインジェルベーラ
17/07/01 函館 1 2歳未勝利 芝1200 10442.211** 牡2 54.0 浜中俊清水久詞476(0)1.09.4 -0.634.7キングキングキング
17/06/18 函館 5 2歳新馬 芝1200 88812.962** 牡2 54.0 浜中俊清水久詞476(--)1.09.8 0.035.1ナンヨープランタン

カシアスの関連ニュース

 デスク キタサンブラックのローテーションが決まったけど、清水久厩舎には函館2歳Sを勝ったカシアスもいるんだな。

 正木 すでに秋に備えていますよ。次走は京王杯2歳S(11月4日、東京、GII、芝1400メートル)か、デイリー杯2歳S(11月11日、京都、GII、芝1600メートル)の予定。清水久調教師は「センスがあるし、すごく楽しみ」と笑顔でした。

 デスク 期待してよさそうだな。

 正木 清水久厩舎といえば、先週に入厩したメールドグラースも楽しみ。福島記念など7勝を挙げたグラスボンバーが伯父にいて、「柔らかそうでバネのある好馬体だし、性格もいい」とトレーナーの期待も大きかったですよ。

 デスク 函館に着いた川端はどうした。食べてばかりいないでリポートも頼むぞ。

 川端 大丈夫ですよ。こちらからは、デビューに向けてピッチを上げているスズカローレルを推奨します。

 デスク 半兄スズカデヴィアス(父キングカメハメハ)は重賞戦線で奮闘中のオープン馬だな。

 川端 はい。橋田助手は「素直で、調教にまたがった乗り役も『道中で掛かることなく、反応も良かった』と話しています」と好感触を伝えてくれました。19日(芝1500メートル)か、27日(芝1200メートル)の札幌新馬戦を予定しています。

 デスク 美浦からも頼む。

 花田 5日新潟の新馬戦(芝1600メートル)を制したウラヌスチャームについて報告します。

 デスク 2歳戦としては史上最速タイの上がり3ハロン32秒0で差し切ったんだよな。

 花田 斎藤誠調教師も「成長途上で攻めも1、2本足りないと思っていたなかでの勝利。かなり力がありますね」と手応えをつかんでいます。放牧で成長を促して、次走はアルテミスS(10月28日、東京、GIII、芝1600メートル)の予定。今から楽しみでなりません。

★カシアスの競走成績はこちら

【函館2歳S】カシアス、鮮やか“アリ差し”快勝! 2017年7月24日(月) 05:03

 第49回函館2歳ステークス(23日、函館11R、GIII、2歳オープン国際(特指)、馬齢、芝1200メートル、1着本賞金3100万円=出走15頭)JRAで現2歳世代最初の重賞は、浜中俊騎乗で1番人気に推されたカシアスがゴール前で差し切って快勝。同期の重賞ウイナー第1号に輝いた。タイム1分10秒0(良)。2着は12番人気の伏兵ウインジェルベーラで、さらに3/4馬身差の3着が4番人気のアリアだった。

 さわやかに晴れ渡った函館のターフを力強く駆け抜けた。1番人気のカシアスが、横綱相撲で世代最初の重賞タイトルをゲット。堂々たる内容で人気に応えた。

 「すごくいい手応えでしたし、直線に向くときには前は全部かわせると思いました。2着馬がかなりしぶとかったけど、しっかり捕まえてくれたのはこの馬の能力です」

 浜中騎手が会心の表情を浮かべる。好発から、慌てずじっくりと5番手を追走。4コーナーで外に持ち出すとグイグイと伸び、粘り込みを図るウインジェルベーラをきっちりと捕らえた。

 先を見据えた勝利でもあった。「行こうと思えばハナに行くスピードはあるけど、出していく競馬はしたくなかった」。結果だけでなく、内容も伴う勝利に鞍上は満足顔だ。馬名のカシアスは、米国の元プロボクサー、ムハマド・アリの本名カシアス・クレイから取られたもの。父キンシャサノキセキは、アリの代名詞でもある『キンシャサの奇跡』が由来だ。“蝶のように舞い、蜂のように刺す”アリのスタイルにぴったりの鮮やかな差し切りだった。

 鞍上の浜中騎手にとっては、北海道で初の重賞V。これまで、この時期は主に関西圏で騎乗していたが、昨年初めて函館滞在を試みた。度重なるけがなどもあって新たな環境に身を置き、その2年目での重賞制覇。「いい形で終えられてよかったです」と笑みがこぼれる。今週からの地元・小倉参戦に弾みをつけた。

 カシアスは今後、距離を延ばしてマイル路線を歩む予定。年内は朝日杯FS(12月17日、阪神、GI、芝1600メートル)が目標で、来春はNHKマイルCが視野に入る。

 「その路線の血統だと思います。賞金も加算できたので、ゆったりしたローテーションで使いたいですね」と清水久調教師。鞍上も「マイルまでは全然、問題ありません。先々まで楽しみ」と期待を込める。

 世代の快速王に向けて確かなステップを踏み出したカシアス。偉大なチャンピオンの名にふさわしい、明るい未来が待っている。 (斉藤弘樹)

★23日函館11R「函館2歳ステークス」の着順&払戻金はこちら★サンスポe−shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!

カシアス

 父キンシャサノキセキ、母ラブディラン、母の父ディラントーマス。鹿毛の牡2歳。栗東・清水久詞厩舎所属。北海道新ひだか町・谷岡牧場の生産馬。馬主は(株)カナヤマホールディングス。戦績3戦2勝。獲得賞金3936万円。重賞初勝利。函館2歳ステークス清水久詞調教師、浜中俊騎手ともに初勝利。馬名は「人名より」。

[もっと見る]

【函館2歳S】1番人気カシアスの末脚が一閃! 2017年7月23日() 15:30

 7月23日の函館11Rで行われた2歳世代のJRA重賞第1弾、第49回函館2歳ステークス(2歳オープン、GIII、芝1200メートル、馬齢、15頭立て、1着賞金=3100万円)は、浜中俊騎手騎乗の1番人気カシアス(牡、栗東・清水久詞厩舎)が6、7番手追走から直線は馬場の真ん中を伸びて世代初の重賞ウイナーに。タイムは1分10秒0(良)。

 アタマ差の2着には2番手追走から直線は内めを抜け出してゴール寸前まで粘り込んだウインジェルベーラ(12番人気)、さらに3/4馬身差遅れた3着に大外から追い込んだアリア(4番人気)。

 函館2歳Sを勝ったカシアスは、父キンシャサノキセキ、母ラブディラン、母の父ディラントーマスという血統。北海道新ひだか町・谷岡牧場の生産馬で、馬主はカナヤマホールディングス。通算成績は3戦2勝。函館2歳S清水久詞調教師、浜中俊騎手ともに初優勝。

 ◆浜中俊騎手(1着 カシアス)「スタートを上手に出てくれて、先行集団を見ながら運びました。2着馬がしぶとく、つかまえるのに苦労しましたが、しっかりとつかまえてくれたのはこの馬の能力ですね。非常に奥のある馬だし、先々まで楽しみ。距離もマイルまでは問題ないと思います」

★23日函館11R「函館2歳ステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【函館2歳S】カシアス好気配 浜中「動き良かった」2017年7月20日(木) 05:06

 2戦目で勝ち上がったカシアスは、Wコースを5ハロン70秒8、3ハロン41秒0−13秒3。単走で軽めだったが、脚取りはしっかりとして好気配だ。

 浜中騎手は「3走目になるので最後の反応を見る程度。馬はイライラしていないし、基本的に賢く、無駄なことをしないタイプ。動き自体も良かった」と好感触を伝え、「初戦が逃げで、2戦目で控える競馬ができた。どんな競馬でもできるセンスがある」と2歳馬離れしたレースぶりに自信を深めている。

函館2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【函館2歳S】逆転へ!カシアス、スピード感たっぷり 2017年7月19日(水) 11:29

 カシアスはデビュー戦でナンヨープランタンに敗れたものの、次走を3馬身半差で圧倒。勝ちタイムもレコードに0秒2差と優秀だった。

 けさは主戦の浜中騎手を背に函館Wコースで単走。中1週→中2週と間隔が詰まっているため軽めの内容に終始したが、シャープな脚さばきでタイム以上にスピード感たっぷりだった。

 「最後の反応を見る程度だったが、イライラしたところもなく楽に動けていた。賢くてムダなことをしない」とジョッキーは笑顔。「初戦は最後にかわされたが、もっと動けると思っていた。2戦目は控えていい競馬をしてくれた。センスがいいね」と、逆転Vに虎視眈々だ。(夕刊フジ)

函館2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【函館2歳S】カシアス、前走後も好調2017年7月19日(水) 05:03

 逃げたデビュー戦は2着に敗れたカシアスだが、2戦目は馬群を割って鋭く伸びて3馬身半差で快勝。芝1200メートルで1分9秒4の持ち時計は、出走メンバー中トップだ。吉田助手は「初戦はまだモサッとしていたけれど、前走は使ってピリッとして良くなっていた。前走後も順調にきているし、同じくらいの状態で使えそう」と好ムードを伝える。

函館2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

カシアスの関連コラム

閲覧 575ビュー コメント 0 ナイス 5

 先週末9月2日の札幌2歳ステークス(2歳G掘札幌芝1800m)、9月3日の小倉2歳ステークス(2歳G掘小倉芝1200m)をもって、「ウマニティPOG 2017」の夏季競馬シーズンが終了。既にアサクサゲンキ(Ameliaの2015)、カシアス(ラブディランの2015)、フロンティア(グレースランドの2015)、ロックディスタウン(ストレイキャットの2015)と4頭のJRA重賞ウイナーが誕生しました。いわゆる“POG本”の発売日が集中している4月下旬からは4か月ほど経過していますし、一般的な“POG期間”も残すところ2017年の秋季競馬と2018年の春季競馬だけ。全体の3分の1くらいは消化したと考えている方が多いかもしれません。

 しかし“POG期間”中の総賞金額に対する割合で見ると、(2歳時の)夏季競馬が占めているのは全体の1割程度。残る9割の賞金(≒ポイント)は今週以降のレースで奪い合うことになります。しかも、G1、G2、G3、オープンの各ワールドは今後も仮想オーナー募集枠が順次開放されるため、既出走馬を含むすべての2歳馬に入札可能。これから参加するプレイヤーでも十分に優勝を狙えるのがウマニティPOGの醍醐味です。つい最近になって会員登録を済ませたばかりという方もぜひご参加ください!

 今回は先週末9月3日終了時点、すなわち「ウマニティPOG 2017」の夏季競馬シーズンにおける各ワールドの戦況をまとめてみました。ゲーム全体から見ればごく一部に過ぎない時期ではあるものの、「上手いプレイヤーの大半は序盤からそれなりに結果を出せる」というのも否定しがたい事実。今後もしばらくは優勝争いを牽引するであろう猛者たちの指名から、今週以降の入札や来シーズン以降の戦略を考えるうえで参考になりそうな教訓を読み取っていきましょう。

 1頭1オーナー制で争われているスペシャルワールドは、カシアスを獲得しているサウスさんがトップ。既に15頭の指名馬がデビューを果たしたうえ、15頭すべてが賞金を獲得しています。おそらく早期デビュー組を狙う作戦だったのだと思いますが、スペシャルワールドは大半の素質馬がデビュー前の入札で指名されてしまう(=他のプレイヤーが指名できなくなってしまう)ため、希望通りの馬を揃えるのは至難の業。それでいてこの“高打率”はお見事と言うほかありません。サウスさんは未出走組に良血馬が控えていますし、まだまだ獲得ポイントを伸ばしてきそうです。
 ただし、スペシャルワールドの上位グループは混戦模様。サウスさんの総獲得賞金は1億1199万円ですが、2位の藤沢雄二さん、3位のよ〜じさん、4位のmizumizuさん、5位のろーりんぐえっぐさんもそれぞれ9千万円を超えていました。今後もしばらくは頻繁に首位が入れ替わる展開となるでしょう。
 なお、個人的に興味を惹かれているのはアマルフィコースト(ジプシーハイウェイの2015)などを指名しているろーりんぐえっぐさん。まだ12頭しか指名していないため、他のプレイヤーが獲得していない馬であれば、デビュー戦を見てから追加指名することもできます。ここから先はどんな作戦で臨むのか、非常に楽しみです。

 G1ワールドはスペシャルワールド以上の大混戦。1億0968万円を獲得したジャガリコライトさんがトップとなったものの、たいぎぃさんが1億0541万円、ウーピンさんが1億0473万円、九州の田舎者さんが1億0246万円で続いていました。もっとも、首位で夏季競馬を終えたジャガリコライトさんは、アサクサゲンキカシアスをそれぞれデビュー前に獲得。他にも高額なポイントで落札した良血馬が控えていますし、もうしばらく優勝争いを引っ張っていく可能性が高いんじゃないでしょうか。

 G2ワールドは9319万円を獲得した岡八郎さんが一歩リード。7625万円のナリタブライアンさんが2位につけています。ちなみに、トップ10のうち6名のプレイヤーはロックディスタウンを指名していましたが、岡八郎さんはアイアンクロー(ヤマノアイリーの2015)が、ナリタブライアンさんはタイセイプライド(キャニオンリリーの2015)が出世頭で、いずれも重賞ウイナーを指名していません。それでも首位争いをしているのは、指名した馬たちが満遍なくポイントを稼いでいる証拠。これは私がPOGにおいて理想としているスタイルでもあり、今後が楽しみです。

 G3ワールドは1億1559万円を獲得したキーコ21歳さんが単独トップ。ロックディスタウンファストアプローチ(ジョリージョコンドの2015)を指名しており、札幌2歳ステークスで一気にポイントを伸ばしてきました。ロックディスタウンなどデビュー後に指名している馬も多いのですが、デビュー前の入札で獲得した馬たちも堅実に勝ち上がっており、今後はこれらの馬たちによってどこまで獲得賞金を伸ばせるかがポイントになるでしょう。

 オープンワールドの首位は1億2300万円を獲得した2743d9090fさんカシアスゴールドクイーン(サザンギフトの2015)、ステルヴィオ(ラルケットの2015)、フロンティアと、既に4頭の指名馬がオープンクラスのレースを制しています。このあたりが順調に出世していくようなら、このままPOGシーズンの終盤まで優勝争いをリードしていく可能性もありそうです。

 現在行われている第15回入札は9月8日の11:00が締め切り。スペシャル以外の各ワールドは仮想オーナー募集枠が解放されたばかりですし、秋季競馬の開幕に合わせて追加指名を検討しているプレイヤーが多いんじゃないでしょうか。まだどの馬に入札するか迷っているのであれば、好調なプレイヤーの戦略ならびに選択も参考にしてみてください。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる騎手大全 2016秋〜2017』(ガイドワークス)など。2016年12月02日には監修を務める人気シリーズの最新刊『ウルトラ回収率 2017-2018』(ガイドワークス)を、2017年04月12日には最新刊『コース別 本当に儲かる血統大全 2017-2018』(ガイドワークス)をリリース。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG 2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。


登録済みの方はこちらからログイン

カシアスの口コミ


口コミ一覧

【2歳戦評価 】9/2.3

 テラーダ 2017年9月17日() 01:36

閲覧 32ビュー コメント 0 ナイス 2

【2歳戦評価 】9/2.3

新潟
カーボナード 111 500万クラス
サンリヴァル 111 500万クラス
オウケンムーン 113 500万2着クラス
ランスマン 119 未勝利クラス

小倉
アンヴァル 108 2歳OP・1000万クラス
シャルドネゴールド 109 2歳OP・1000万クラス
メイショウテッコン 109 2歳OP・1000万クラス
小倉2歳S
アサクサゲンキ 111 500万クラス

札幌
札幌2歳S
ロックディスタウン 109 2歳OP・1000万クラス
スズカフェラリー 109 2歳OP・1000万クラス
リュウノユキナ 110 500万クラス
マイハートビート 113 500万2着クラス
ドラゴンハート 115 未勝利クラス
タイセイアベニール 115 未勝利クラス
 
2週間かけてリニューアルしたので指数が変わってる馬が多いですが精度は上がっているはずです。

牡馬
1位 ワグネリアン 103 
2位 ルーカス 106
3位 レイエンダ 107
3位 ステルヴィオ 107
5位 ダノンプレミアム 108
5位 テンクウ 108
5位 エントシャイデン 108
8位 カシアス 109
8位 ジナンボー 109
8位 シュバルツボンバー 109
8位 シャルドネゴールド 109 NEW
8位 メイショウテッコン 109 NEW

牝馬
1位 ダノングレース 106
2位 モズスーパーフレア 107
3位 ロックディスタウン 108
3位 コーディエライト 108
3位 アンヴァル 108 NEW
6位 ウラヌスチャーム 109
6位 ペイシャルアス 109 
6位 レッドレグナント 109
6位 スズカフェラリー 109 NEW 
10位 アマルフィコースト 110




  

 テラーダ 2017年9月16日() 17:32
【2歳戦評価 】1回2回函館まとめ
閲覧 9ビュー コメント 0 ナイス 0

【2歳戦評価 】1回2回函館まとめ
6/17〜7/16

函館2歳S
カシアス 109 2歳OP・1000万クラス

カシアス 110 500万クラス

クリノクーニング 112 500万2着クラス
ディロス 112 500万2着クラス
シスターフラッグ 113 500万2着クラス
カレンシリエージョ 113 500万2着クラス
アリア 113 500万2着クラス

ベイビーキャズ  114 未勝利クラス
ナンヨープランタン 114 未勝利クラス
ダンツクレイオー 114 未勝利クラス
キョウエイルフィー 115 未勝利クラス
リンガラポップス 116 未勝利クラス
ヤマノグラップル 117 未勝利クラス
デルマキセキ 117 未勝利クラス
スズカマンサク 118 未勝利クラス
キタノユウキ 119 未勝利クラス
ウインジェルベーラ 119 未勝利クラス
サンダベンポート 123 未勝利クラス

去年の同開催の指数
レヴァンテライオン 109
モンドキャンノ 109
タガノアシュラ 111

過去の日記の指数を大幅な改良があり変更しております。
9月上旬から中旬で見直しをしました。
ここからは大幅には変わらない予定です。

[もっと見る]

 テラーダ 2017年9月15日(金) 02:10
【2歳戦評価 】8/26.27
閲覧 27ビュー コメント 0 ナイス 2

【2歳戦評価 】8/26.27
新潟
新潟2歳S
フロンティア 107 2歳重賞・1600万クラス
アマルフィコースト 108 2歳OP・1000万クラス
テンクウ 108 2歳OP・1000万クラス

エントシャイデン 108 2歳OP・1000万クラス
スターフィールド 113 500万2着クラス
ニシノコデマリ 115 未勝利クラス

小倉
ペイシャルアス 109 2歳OP・1000万クラス
フランシスコダイゴ 112 500万2着クラス
ひまわり賞
レグルドール 113 500万2着クラス

ブラウハーツ 115 未勝利クラス
テイエムリボー 118 未勝利クラス
バブリーバローズ 118 未勝利クラス

函館
レッドレグナント 109 2歳OP・1000万クラス
ベルーガ 113 500万2着クラス
トーセンアンバー 115 未勝利クラス

2週間かけてリニューアルしたので指数が変わってる馬が多いですが精度は上がっているはずです。

牡馬
1位 ワグネリアン 103 
2位 ルーカス 106
3位 レイエンダ 107
3位 ステルヴィオ 107
5位 ダノンプレミアム 108
5位 テンクウ 108 NEW
7位 カシアス 109
7位 ジナンボー 109
7位 シュバルツボンバー 109

牝馬
1位 ダノングレース 106
2位 モズスーパーフレア 107
3位 ロックディスタウン 108
3位 コーディエライト 108 NEW
3位 エントシャイデン 108 NEW
6位 ウラヌスチャーム 109
6位 ペイシャルアス 109 NEW
6位 レッドレグナント 109 NEW
9位 アマルフィコースト 110

[もっと見る]

⇒もっと見る

カシアスの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

カシアスの写真

カシアス

カシアスの厩舎情報 VIP

2017年7月23日函館2歳ステークス G31着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

カシアスの取材メモ VIP

2017年7月23日 函館2歳ステークス G3 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。