デルタバローズ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
デルタバローズ
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2015年2月4日生
調教師堀宣行(美浦)
馬主猪熊 広次
生産者John C. Oxley
生産地
戦績 2戦[1-0-0-1]
総賞金700万円
収得賞金400万円
英字表記Delta Barows
血統 Into Mischief
血統 ][ 産駒 ]
Harlan's Holiday
Leslie's Lady
Sweet Seventeen
血統 ][ 産駒 ]
Hard Spun
Play Ballado
兄弟
前走 2018/01/14 京成杯 G3
次走予定

デルタバローズの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/01/14 中山 11 京成杯 G3 芝2000 156105.0313** 牡3 56.0 石橋脩堀宣行498(+10)2.02.9 1.737.7④④④ジェネラーレウーノ
17/10/21 東京 4 2歳新馬 芝1600 18352.511** 牡2 55.0 福永祐一堀宣行488(--)1.37.9 -0.735.1エフティアテナ

デルタバローズの関連ニュース

 ◆大野騎手(ライトカラカゼ4着) 「道中は我慢して走っていた。4コーナーの立ち上がりで“おっ”と思うぐらいの手応えだった」

 ◆吉田隼騎手(サクステッド5着) 「いい位置で流れにも乗れて、手応えはばっちりだった。最後は瞬発力勝負で分が悪くなった」

 ◆内田騎手(ロジティナ6着) 「直線は外から来られて狭くなったが、初めての右回りで頑張っているし、力は見せてくれた」



 ◆田中勝騎手(ダブルシャープ7着) 「ゲートがうるさかったり、流れに乗れなかったりとロスは多かったが、最後は来ている」

 ◆柴山騎手(スラッシュメタル8着) 「道中はハミをかんでいたが、ジリジリ伸びている。もう少し落ち着きがあれば…」

 ◆北村宏騎手(タイキフェルヴール9着) 「デキはよく感じたが、フットワークからはダートなのかな」

 ◆三浦騎手(エイムアンドエンド10着) 「前半で力んだが、1コーナーを過ぎると我慢できた。まだ気持ちに体がついてきていない感じ」

 ◆柴田大騎手(コスモイグナーツ11着) 「気持ちが乗りすぎて、緩急がつけられなかった。何か変えていかないと…」



 ◆柴田善騎手(ヤマノグラップル12着) 「3コーナーぐらいから苦しくなって内にモタれていた」

 ◆石橋騎手(デルタバローズ13着)  「調教で雰囲気はつかんでいたが、ガツンとハミをかんで力んでいた」

 ◆木幡初騎手(ジョリルミエール14着) 「牡馬相手の重賞でしたし、頑張っていますよ」

 ◆津村騎手(ギャンブラー15着) 「行き脚がつかなかった。ダートの方がいいのかも」



★14日中山11R「京成杯」の着順&払戻金はこちら

【京成杯】ジェネラーレウーノが皐月賞と同舞台で重賞初V 2018年1月14日() 15:48

 1月14日の中山11Rで行われた第58回京成杯(3歳オープン、GIII、芝・内2000メートル、別定、15頭立て、1着賞金=3800万円)は、田辺裕信騎手騎乗の1番人気ジェネラーレウーノ(牡、美浦・矢野英一厩舎)がV。未勝利戦から3連勝で重賞初制覇を果たし、クラシックへ名乗りを上げた。タイムは2分1秒2(良)。2着はコズミックフォース(2番人気)、3着はイェッツト(6番人気)。

 葉牡丹賞に続いて皐月賞と同じ舞台に臨んだジェネラーレウーノは大外枠から好スタートを決め、逃げたコスモイグナーツの2番手へ。直線の残り200メートル過ぎで満を持して抜け出し、後方から一気に脚を伸ばしてきたコズミックフォースに1/2馬身差をつけて快勝した。道中は中団後ろを追走していたイェッツトがさらに1/2馬身差の3着。3番人気デルタバローズは13着だった。



 ジェネラーレウーノは、父スクリーンヒーロー、母シャンハイロック、母の父ロックオブジブラルタルという血統。北海道日高町・新生ファームの生産馬で、馬主は(株)Gリビエール・レーシング。通算成績は4戦3勝。重賞初勝利。矢野英一調教師は京成杯初勝利。田辺裕信騎手は2017年コマノインパルスに次いで2勝目。



 ◆田辺裕信騎手「思っていた以上に速いスタートを切れました。折り合いは全然問題ないです。まだこの馬の本当の走りがよく分からないので、これからの成長が楽しみ。1頭だけになるとフワフワする部分が改善されてほしいですね」



★14日中山11R「京成杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【京成杯】デルタバローズとジェネラーレウーノが1番人気で並ぶ/13:00時点 2018年1月14日() 13:15

 新年2週目の中山では14日の日曜メインに京成杯(GIII、芝2000メートル)が行われる。皐月賞と同じ舞台で行われるようになった1999年以降、オースミブライト(99年皐月賞2着)、アドマイヤジャパン(2005年同3着)、サンツェッペリン(07年同2着)、マイネルチャールズ(08年同3着)、エイシンフラッシュ(10年同3着)の5頭が、ここでのVを足がかりとして皐月賞で好走している。このうちエイシンフラッシュはダービーを制し、3歳馬の頂点に立った。今年も将来が楽しみな馬がそろい、春のクラシックを占う上で必見の一戦だ。単勝は4.1倍でデルタバローズジェネラーレウーノが並んで1番人気。3番人気のコズミックフォースも4.3倍と続き、上位は拮抗している。13:00時点での単勝オッズは以下の通り。



枠番−馬番 馬名       単勝オッズ1− 1 イェッツト      13.72− 2 コスモイグナーツ   24.22− 3 ヤマノグラップル  217.73− 4 ロジティナ      27.33− 5 コズミックフォース   4.34− 6 スラッシュメタル   33.84− 7 エイムアンドエンド  12.05− 8 ダブルシャープ     7.25− 9 サクステッド     17.26−10 デルタバローズ     4.16−11 ライトカラカゼ    25.57−12 タイキフェルヴール  61.37−13 ギャンブラー     91.88−14 ジョリルミエール  130.88−15 ジェネラーレウーノ   4.1



京成杯の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京成杯】デルタバローズが1番人気/前日最終オッズ 2018年1月13日() 17:54

 新年2週目の中山では日曜メインに京成杯(14日、GIII、芝2000メートル)が組まれている。皐月賞と同じ舞台で行われるようになった1999年以降、オースミブライト(99年皐月賞2着)、アドマイヤジャパン(2005年同3着)、サンツェッペリン(07年同2着)、マイネルチャールズ(08年同3着)、エイシンフラッシュ(10年同3着)の5頭が、ここでのVを足がかりとして皐月賞で好走している。このうちエイシンフラッシュはダービーを制し、3歳馬の頂点に立った。今年も将来が楽しみな馬がそろい、春のクラシックを占う上で必見の一戦だ。

 前日最終オッズは以下のとおり。デルタバローズが1番人気、コズミックフォースが2番人気、ジェネラーレウーノが3番人気となっている。



(左から)枠番−馬番 馬名 単勝オッズ1− 1 イェッツト     9.5 2− 2 コスモイグナーツ 24.3 2− 3 ヤマノグラップル127.7 3− 4 ロジティナ    29.2 3− 5 コズミックフォース 4.1 4− 6 スラッシュメタル 39.2 4− 7 エイムアンドエンド12.0 5− 8 ダブルシャープ   8.9 5− 9 サクステッド   17.0 6−10 デルタバローズ   3.7 6−11 ライトカラカゼ  32.3 7−12 タイキフェルヴール60.1 7−13 ギャンブラー   61.0 8−14 ジョリルミエール 93.6 8−15 ジェネラーレウーノ 4.9



京成杯の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京成杯】葉牡丹賞勝利が直結!ジェネラーレ 2018年1月13日() 11:30

 “京成杯TR”葉牡丹賞の勝利で圏内は確定だ! ジェネラーレウーノが押し切る。

 暮れのホープフルSがGIに昇格されるなど今や充実しすぎ(?)の感もある、2歳冬から皐月賞にかけての中山芝2000メートルロード。先のGIの舞台経験を各陣営アズユーライクに…というのが主催者側の思惑のようだが、そのなかでリンク率が断トツなのは、葉牡丹賞→京成杯だ。

 14年キングズオブザサン(葉牡丹1着→京成杯2着)、16年メートルダール(1着→3着)、17年コマノインパルス(2着→1着)と密着度は一目瞭然。同じ舞台の特別戦で連対しているアドバンテージは、今の時点では計り知れないのだろう。

 今年参戦する葉牡丹賞優勝馬ジェネラーレは、臨戦過程もさることながら、スケール的にも大きな可能性を秘めている。

 「気持ちの面で遊びの部分が強すぎて本気で走らない。精神面は僕も常に“?”マーク」と矢野調教師が頭を抱えるとおり、最終追いはいかにも中途半端な内容。3馬身先行した3歳未勝利馬を直線半ばでいったんはケタ違いの加速力で豪快に抜き去ったのだが、ゴール前で気が抜けたようにペースを落とし、半馬身差まで詰め寄られた。

 ただ、そんな幼さを残しながらここまで(3)(1)(1)着と、レースに行けば確実に走る。隼中力アップの特効薬としてチークピーシズを着けた効果は追い切りでは見られなかったが、「けいこで効かないと思った馬具がレースですごく効くのもよくあること。デビュー戦で鋭い脚を使えていたように逃げなくても大丈夫なはずだし、とにかく持っているモノは素晴らしい」。

 2000メートル2勝の実績はメンバー中唯一。レース後に「黙って葉牡丹賞の勝ち馬を買っときゃよかった〜」という悲しいオチだけは、年頭から避けたいものだ。

 “究極の3連単”はジェネラーレを1着に固定して、2・3着に好調教で上積みをアピールした◯デルタバローズを据えた12点。(夕刊フジ)

京成杯の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京成杯】夕刊フジ・調教チェッカーズ 2018年1月13日() 11:27

 真冬のお気に入りアイテム・暖パンに続いて今年はインナーに暖タイツみたいなやつを導入したところ、今回も途中から猛烈に熱くなって焦った。毎年同じことを書いているし来年も書く気がするが、要するに年寄りだということです。

 1番手はデルタバローズ

 11日の追い切りは直線、手が動き出すソレイユドパリの内から余裕しゃくしゃくの馬なり併入。走りのタッチが軽く、重心をスッと落とすあたり、なるほど完成度の高さを感じさせた。ひと息入ったデビュー2戦目で精神面が気になるタイミングだけに、穏やかさを保っているのも好感が持てる。

 ジェネラーレウーノは直線、先導役の3歳未勝利を捕まえにいくときの加速力が抜群。抜け出して気を抜いたか、ゴール前で急激に減速して反撃を許すなど多分に若さはあるものの、雄大な馬格を生かした力感ある走りは見事。

 エイムアンドエンドは10日に坂路で1F12秒9としまいを伸ばした翌11日にWコースで併せ馬を行い、古馬500万下に2馬身先着。立て続けにやれること自体すごいが、本当に強調したいのは両日ともに身のこなしが実に機敏で、躍動感にあふれていたこと。デキ急上昇の予感。(夕刊フジ)

[もっと見る]

⇒もっと見る

デルタバローズの関連コラム

関連コラムはありません。

デルタバローズの口コミ


口コミ一覧

恥ずかしい馬予想2018.01.14[結果]

 DEEB 2018年1月14日() 18:41

閲覧 51ビュー コメント 0 ナイス 4

中山 9R 初春ステークス 4歳以上1600万下(混合)[指定]
◎ 2 ★ディープミタカ…7着
○ 3 アディラート…10着
▲16 レレマーマ…8着
△14 リンガスウーノ…9着
×13 コパノマイケル…1着
× 6 ☆ガンジー …6着
[結果:ハズレ×]

中山11R 京成杯G掘。該丱ープン(国際)(特指)
◎15 ジェネラーレウーノ…1着
○ 5 コズミックフォース…2着
▲ 8 ダブルシャープ…7着
△10 デルタバローズ…13着
× 2 コスモイグナーツ…11着
[結果:アタリ○ 馬連5-15 780円]

中山12R 4歳以上1000万下(混合)[指定]
◎ 9 バラダガール…6着
○ 1 ユニゾンデライト…1着
▲ 8 コスモジャーベ…3着
△ 5 イチダイ…5着
× 4 ☆コウキチョウサン…4着
[結果:ハズレ×]

京都11R 日経新春杯G供。敢舒幣絅ープン(国際)[指定]
◎ 3 モンドインテロ…7着
○10 ソールインパクト…11着
▲ 4 ☆ヒットザターゲット…6着
△ 8 ミッキーロケット…4着
× 7 パフォーマプロミス…1着
[結果:ハズレ×]

中京11R 知立特別 4歳以上1000万下(混合)
◎ 6 デリスモア…10着
○18 ココファンタジア…1着
▲13 ヒルノマゼラン…8着
△15 イノバティブ…9着
× 3 ジョーマイク…5着
[結果:ハズレ×]

今日は午前中に、映画を観に行きます。
スターウォーズです。

昼からは、ゆっくり競馬します。
今日の応援馬は、ヒットザターゲットです。
この馬には、いろいろお世話になりました。
的にズバリ命中したい。

[今日の結果:5戦1勝4敗0分]
スターウォーズは面白かったです。
もう1回は観たいです。

ヒットザターゲットは頑張りましたね。
今年は何とか一つは、勝ってほしいです。

 ファストタテヤマ 2018年1月14日() 17:43
京成杯回顧
閲覧 83ビュー コメント 2 ナイス 15



12.5 - 11.0 - 11.9 - 12.1 - 12.2 -
12.3 - 12.2 - 12.5 - 12.3 - 12.2

ジェネラーレウーノとその他が押し寄せたことで
柴田大知騎手が焦ったのか、
さすがに飛ばしすぎな展開。


1着ジェネラーレウーノ

抑えると気の悪さが出そうな馬なので
ペースが流れたのは良かったのかもしれない。

今日は展開と相手の軽さもあっての完勝で、
今後の課題は末脚を要求される展開になった場合。


2着コズミックフォース

加速が弱いので内枠がどうかと思ったが、
馬を下げて外へ持ち出す好判断。

上がりが掛かる展開になったことも
好走に繋がったようには見える。


3着イェッツト

新馬戦が消耗の少ない2F戦だったので
道中が流れて加速が付くか不安はあったが、
今回の走りを見るととくに問題なさそう。

上がりの競馬では持ち味が活きそうにないので、
基本的には内回りで狙いたい。


4着ライトカラカゼ

飛び出しで気の悪さを見せたが、
この馬も道中が流れたことで
比較的まともな走りはできたかなと思う。

後方外を押し上げる競馬では脚が残らないので、
序盤で位置を取れないと苦しい感じはある。


5着サクステッド

平坦で流れた萩Sが今一だったので、
この流れで好走できたのは意外。

ただ、見方を変えると
この展開で5着に入れるということは
そんなにレベルが高い一戦ではなかった感じも。


7着ダブルシャープ

乗り方は論外だけど底が見えた感じはする。

札幌での2戦はやはりうまくハマっただけかも。


13着デルタバローズ

馬体の迫力が皆無だったので
大丈夫かと思ったら案の定惨敗。

普通に負けた感じなので
そんなに期待できる印象はない。






直線は外しか見てなかったので、
当たったかなと思ったら内にイェッツトがいた。

ライトカラカゼは飛び出しが誤算だったけど、
割とがんばってくれたので満足。

[もっと見る]

 生化学研究所員 2018年1月14日() 17:34
神への道 〜戦略的撤退〜
閲覧 38ビュー コメント 0 ナイス 4



  戦前、旧日本軍は、敗色濃厚な中、「勝つ術」を持たずに玉砕するのではなく、「いったん逃げる」ことを“戦略的撤退”と呼んだそうだ(爆)
「逃げる」と言ってしまうと「敵前逃亡」に当たり、死刑に値するため、「逃げるのではなく、敵を殲滅するための“戦略的”かつ“瞬時的”な撤退」と表現したのである。

 その「戦略的撤退」を今、私は余儀なくされている。

いかなる方法でもって戦いを挑んでも、現状どうしても私は永続的には「勝てない」のだ。





 勝てる方法は本当にないのか?





 競馬で儲ける、なんていう話はそもそも世迷言なのだろうか…。(ーー:)






 そうは思いたくない。






 そしてたった「一つだけ」私に残っているものがある。

たった一つ残っている「武器の種」。それは厳選して絞った馬がレースで「3着以内」に入る可能性だ。
これまでたくさんのレースを検討してきたが、昨年一年間、一昨年の一年間、いずれの期間で切っても、いずれの競馬場でシミュレーションしても、「キッチリ選んで」買えば、私は概ね79%の確率で「3着以内には入る」という馬を当てることが出来る。予想技術はそこまでは上がっている。

ただ、来る馬の半分くらいは「複勝1.1倍」であるため、「複勝」「ワイド」では当たっても勝てず、「単勝」では的中率が下がるためこれも勝てない結果に終わっているのだ。





「3連単」。




もうこれしか残っていないとハッキリ思う。




的中率を下げても、当たれば一発ペイバックは大きいし、「勝った時点でその日の勝負をやめる」という鉄の掟だけ守りきれれば、年間収支もプラスにできる可能性はまだあるんじゃないかと思っている。

今のところ考えているのは、頭を一頭絞って、相手を4頭。「マルチあり」の3連単で望む36点。


これならば組み合わせは最大36点なので、資金がかさむということもない。そしてこの36点の中で「配当でも目を絞る」ことが出来れば、実際にはもっと出費を減らせる。

私が通常的中させることが可能な「軸馬」からの3連単の平均配当はどのくらいなのか。複勝1.1倍の馬が半分くらいはいることから、そんなに大きな配当にはならないような気がするが、まずはもう一度過去のレースをシミュレーションしてみて、どう買えばプラスになる可能性があるのか模索してみようと思う。

再び勝負に出るのはそれからだ。

しばらくは、ウマニティの予想コロシアムでエア予想をして、再戦に向けての資金を貯めようと思う。^^;

これまでのような複勝やワイド中心の馬券検討法ならば、少しずつ減ったとしても現金は手元に残るが、3連単のみの勝負となると、何レースも当たらずに勝負が先に進む展開も考えなくてはならないからだ…。



しかし…ホントに懲りない47歳である…。


一方的にこっちが知っている、という人物も含めて(笑)、ここまで当たらない馬券にこだわり、命を燃やすような戦いを続けている悲しいハズレ馬券オヤジは、私が知る限り世の中に2人である。その昔は大川慶次郎先生と、井崎修五郎先生の2人を含めて4人だったが、大川先生はもう何年も前に他界され、井崎先生も最近はフォースと一体化して、ギラギラ感が全く失せてしまった。(笑)TVで見ていてもいつも恵比須顔で、「本当に予想を当てようとしている」ようには見えない(笑)

残る2人のうち一人はもちろん私で、もう一人は競馬ブックの「かなざわいっせい」氏である。(爆)

かなざわ氏が今なお競馬ブックで「八方破れ」という、しょうもない記事を書いているかどうかは不明だが(笑)彼の考える馬券検討法もまた鼻くそのようなものばかりである。昔は私も読みながらずいぶんとバカにしたものだったが、今や私がしていることは彼と同じかそれ未満である…。(ーー;)

ハァ…腹減った…(泣)

それにしても走らなかったな…デルタバローズ…。

[もっと見る]

⇒もっと見る

デルタバローズの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

デルタバローズの写真

デルタバローズ

デルタバローズの厩舎情報 VIP

2018年1月14日京成杯 G313着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

デルタバローズの取材メモ VIP

2018年1月14日 京成杯 G3 13着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。