アドマイヤアルバ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡2 鹿毛 2015年1月19日生
調教師須貝尚介(栗東)
馬主近藤 利一
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 5戦[1-4-0-0]
総賞金1,824万円
収得賞金400万円
英字表記Admire Alba
血統 ハーツクライ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
アイリッシュダンス
エリドゥバビロン
血統 ][ 産駒 ]
Bernstein
Miss Suilleabhain
兄弟 ローズクランスサトノマサムネ
前走 2017/10/21 2歳未勝利
次走予定 2017/12/24 千両賞

アドマイヤアルバの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/10/21 京都 3 2歳未勝利 芝1800 8441.111** 牡2 55.0 川田将雅須貝尚介472(+2)1.51.3 -0.235.6ダノンテアトロ
17/10/07 京都 3 2歳未勝利 芝1800 6221.112** 牡2 55.0 M.デムー須貝尚介470(-2)1.50.9 0.034.1メサルティム
17/09/16 阪神 2 2歳未勝利 芝1800 6111.812** 牡2 54.0 福永祐一須貝尚介472(+4)1.50.4 0.133.3⑥④タイムフライヤー
17/07/22 中京 9 中京2歳S OP 芝1600 7663.722** 牡2 54.0 福永祐一須貝尚介468(-4)1.34.7 0.034.1⑥⑥⑥アマルフィコースト
17/07/01 中京 5 2歳新馬 芝1600 12563.622** 牡2 54.0 福永祐一須貝尚介472(--)1.38.3 0.134.2フロンティア

アドマイヤアルバの関連ニュース

 現2歳世代最初の特別レース・中京2歳S(OP、芝1600メートル)が22日、中京9Rで7頭によって争われ、浜中騎手が騎乗した1番人気アマルフィコースト(栗・牧田、牝、父ダイワメジャー)が5番手から鋭く伸び、外から迫った2番人気アドマイヤアルバとの追い比べをクビ差で制した。

 タイム1分34秒7(良)。浜中騎手は「新馬戦(逃げ切り)とは違う競馬でしたが、センスがあるぶん、うまく対応してくれました。この時期に2勝して賞金加算できたのはよかったですね」と満足顔だった。次走は未定。

★22日中京9R「中京2歳ステークス」の着順&払戻金はこちら

【中京2歳S】世代初のOP勝ちは牝馬のアマルフィコースト 2017年7月22日() 14:49

 7月22日の中京9R・中京2歳ステークス(2歳オープン、別定、芝1600メートル)は、浜中俊騎手騎乗の1番人気アマルフィコースト(牝、栗東・牧田和弥厩舎)が7頭立ての5番手追走から、直線は外から伸びてV。タイムは1分34秒7(良)。さらに外を伸びた2着のアドマイヤアルバ(2番人気)の追撃をクビ差しのいだ。さらに4馬身差遅れた3着には逃げ粘ったナムラバンザイ(5番人気)。

 アマルフィコーストは、父ダイワメジャー、母ジプシーハイウェイ、母の父ハイシャパラルという血統。母はアイルランド産で2010年ミエスク賞・仏GIIIの2着馬。祖母のローズジプシーは2001年仏1000ギニー・仏GIの勝ち馬。

 ◆浜中俊騎手(1着 アマルフィコースト)「新馬戦と違う形になりましたが、センスがあるぶん対応してくれました。この時期に2勝することができて賞金を加算できたことが良かったです。まだ伸びしろがありそうですね」

★22日中京9R「中京2歳ステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【2歳新馬】中京5R ドリパスの弟フロンティアが逃走V 2017年7月1日() 12:39

 7月1日の中京5R・2歳新馬(芝1600メートル)は、川田将雅騎手騎乗の1番人気フロンティア(牡、栗東・中内田充厩舎)が逃げ切り勝ち。タイムは1分38秒2(稍重)。

 半馬身差の2着には好位から流れ込んだアドマイヤアルバ(2番人気)、さらに2馬身半差遅れた3着に外めを伸びたシャルルマーニュ(3番人気)。

 フロンティアは、父ダイワメジャー、母グレースランド、母の父トニービンという血統。半兄に2006年神戸新聞杯・GIIの勝ち馬で、皐月賞2着、菊花賞2着のドリームパスポートがいる。

 ◆川田将雅騎手(1着 フロンティア)「初戦なので多少、物見をしていましたが、目いっぱいがんばって、全力の走りで勝ってくれました」

★1日中京5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【今日のキラ星】アドマイヤアルバ2017年7月1日() 05:01

 【中京5R】血統をさかのぼると、“キングジョージ”連覇などGI10勝を挙げた4代母のダリアにたどり着く。ダハール、リヴリアなどの種牡馬も輩出した名牝から派生する一流母系の出身だ。今週の坂路では楽な手応えで年長馬に先着。きっちり態勢は整った。「乗り込みは十分。芝が合いそうな軽いフットワークをする」と須貝調教師も期待を込める。

[もっと見る]

【うわさの2歳馬】軽い芝合うアドマイヤアルバ2017年6月30日(金) 11:19

 【中京5R】アドマイヤアルバはここ2週、坂路で3歳未勝利にきっちり先着してきた。「十分に乗り込んできたし、動きもいい。フットワークから軽い芝が合いそうだね」と須貝調教師。軽い芝がベストだろうが、1週前のけいこが相当な道悪だっただけに、渋った馬場への対応力も備えていそうだ。(夕刊フジ)

[もっと見る]

アドマイヤアルバの関連コラム

閲覧 766ビュー コメント 0 ナイス 2

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2017年10月7日()の凄馬!>
極凄馬
京都1R 2歳未勝利
バイラ(+5.8)

極凄馬
京都3R 2歳未勝利
アドマイヤアルバ(+4.1)

超凄馬
東京4R 障害3歳以上未勝利
エルゼロ(+3.3)

超凄馬
京都7R 3歳以上500万以下
ミッキーグッドネス(+3.2)

超凄馬
京都8R 3歳以上500万以下
メイショウタチマチ(+2.8)

超凄馬
京都2R 2歳未勝利
アップファーレン(+2.7)

超凄馬
京都9R 北國新聞杯
サハラファイター(+2.7)

超凄馬
京都6R 3歳以上500万以下
シップーコウライ(+2.4)

超凄馬
東京3R 2歳未勝利
マイネルファンロン(+2.0)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率68%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日〜2017年10月8日、集計数:29,842レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください


登録済みの方はこちらからログイン

2017年9月15日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2017年09月15日
閲覧 981ビュー コメント 0 ナイス 4

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2017年9月16日()の凄馬!>
極凄馬
阪神2R 2歳未勝利
アドマイヤアルバ(+5.2)

超凄馬
阪神1R 2歳未勝利
バイラ(+3.0)

超凄馬
阪神4R 3歳未勝利
ジェミニズ(+2.8)

超凄馬
阪神8R 阪神ジャンプS G3
アップトゥデイト(+2.0)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率68%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日〜2017年9月17日、集計数:29,694レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

2017年8月1日(火) 20:23 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2017) 〜第5回 U指数的既出走馬分析〜
閲覧 1,349ビュー コメント 0 ナイス 12

今年の6月3日から7月30日までに施行されたJRA、かつ2歳限定のレースは98鞍。既に763頭が“デビュー”を果たし、そのうち96頭が勝ち上がりました。7月22日の中京2歳ステークス(2歳オープン・中京芝1600m)ではアマルフィコーストが、7月23日の函館2歳ステークス(2歳G掘θヾ杣1200m)ではカシアスが2勝目をマークしています。既に重賞ウイナーの仮想オーナーとなったプレイヤーがいる一方、私のようにまだ“デビュー”した馬すらいないというプレイヤーもいるわけで、ある意味コントラストがはっきりしている時期ですね。

 もっとも、本当に明暗が分かれるのはまだまだ先。既に仮想オーナー枠を使い切っている私も「脚をためる作戦なので全馬未出走なのは予定通り!」「ダービーデイまでにゴボウ抜きしてやるぜ!」などと強がっていられますし(笑)、G1、G2、G3、オープンの各ワールドはこれからも仮想オーナー募集枠が解放されていきますので、評判馬や良血馬、そして既に結果を残している馬などを追加指名することができます。ウマニティPOGの特性を考えると、スペシャル以外のワールドは、むしろ今月以降の時期が指名馬選びの本番とすら言えるでしょう。

 今回は、これからラインナップを充実させていこうと考えている皆さんの参考としていただくべく、ウマニティ独自のスピード指数「U指数(結果U指数)」をベースに、既出走馬のパフォーマンスをランキング化してみました。

 まずは単純な「U指数」のトップ10をご覧ください(7月23日終了時点。以下同)。

●07月23日 函館11R 函館2歳S 芝1200m カシアス 87.7
●07月23日 函館11R 函館2歳S 芝1200m ウインジェルベーラ 87.7
●07月22日 中京09R 中京2歳S 芝1600m アマルフィコースト 86.9
●07月22日 中京09R 中京2歳S 芝1600m アドマイヤアルバ 86.9
●07月23日 函館11R 函館2歳S 芝1200m アリア 86.7
●07月23日 函館11R 函館2歳S 芝1200m デルマキセキ 85.7
●07月22日 中京01R ダ1200m ドンフォルティス 85.4
●07月23日 函館11R 函館2歳S 芝1200m パッセ 84.7
●07月23日 中京01R 芝1600m スカーレットカラー 84.4
●07月01日 函館01R 芝1200m カシアス 84.4

 大前提として、「U指数」は格の高いレースほど高い数値が出やすい指標。上記のベスト10が中京2歳ステークスや函館2歳ステークスの上位馬ばかりなのは当然です。また、新馬よりも未勝利の方が、早い時期のレースよりも遅い時期のレースの方が、それぞれ高い数値になりがちな印象。こうした傾向を踏まえたうえで分析するのがセオリーと言えます。

 各馬の特性を加味するべく、カテゴリー別に作成したランキングもご覧いただきましょう。新馬、かつ芝のレースに限定した「U指数」のトップ10は下記の通りでした。

●06月04日 東京05R 芝1600m ステルヴィオ 81.2
●06月25日 阪神05R 芝1800m ダノンプレミアム 81.0
●06月04日 阪神05R 芝1400m ヴァイザー 80.3
●06月10日 阪神05R 芝1400m アマルフィコースト 79.9
●07月16日 福島05R 芝1800m ノームコア 79.8
●06月04日 阪神05R 芝1400m タガノスカイハイ 79.4
●06月04日 阪神05R 芝1400m タニノミステリー 79.4
●07月15日 福島05R 芝1200m オジョーノキセキ 79.3
●06月18日 阪神05R 芝1600m コスモインザハート 79.3
●07月02日 福島06R 芝1200m パッセ 79.2

 昨年もこの時期に同様のランキングを作成しましたが、新馬、かつ芝のレースに限定した「U指数」で2位に食い込んでいたのがアエロリット(アステリックスの2014)。その後の活躍ぶりは皆さんもご存じの通りです。当時のコラムで私がアエロリットを「血統的にも将来性が高そう」と評していたように、「U指数」以外の面でも強調材料がある馬は要注目だと思います。今年はステルヴィオ(ラルケットの2015)、ノームコア(クロノロジストの2015)あたりが面白そう。ぜひ注目してみてください。

 未勝利、かつ芝のレースに限定した「U指数」のトップ10は下記の通り。

●07月23日 中京01R 芝1600m スカーレットカラー 84.4
●07月01日 函館01R 芝1200m カシアス 84.4
●07月09日 中京01R 芝1600m シュバルツボンバー 84.3
●07月02日 中京01R 芝1400m コーディエライト 84.1
●07月09日 福島02R 芝1200m ビリーバー 83.9
●07月09日 福島02R 芝1200m リープフラウミルヒ 82.9
●07月08日 中京01R 芝1200m ナムラバンザイ 81.9
●07月23日 函館01R 芝1200m キョウエイルフィー 81.6
●07月23日 中京01R 芝1600m シャルルマーニュ 81.4
●07月23日 中京01R 芝1600m タニノミステリー 81.4

 スカーレットカラー(ヴェントスの2015)が勝ち上がった7月23日の中京01R(2歳未勝利・芝1600m)では、2着のシャルルマーニュ(エイブルアローの2015)や3着のタニノミステリー(ブライダルベールの2015)も高い「U指数」をマーク。レベルが高い一戦だったのかもしれませんね。

 新馬、かつダートのレースに限定した「U指数」のトップ10はこちら。

●07月08日 中京06R ダ1400m マイネルオスカル 81.5
●06月17日 阪神05R ダ1200m ゴールドクイーン 81.3
●07月08日 中京06R ダ1400m レディバード 80.9
●06月17日 阪神05R ダ1200m ヴィグラスファイア 78.0
●06月17日 阪神05R ダ1200m マッスルマサムネ 78.0
●07月08日 中京06R ダ1400m ドンフォルティス 77.6
●07月08日 中京06R ダ1400m アサクサゲンキ 77.6
●06月17日 東京05R ダ1400m マイネルユキツバキ 77.3
●07月15日 福島06R ダ1150m ココロノイコロ 76.8
●07月15日 福島06R ダ1150m ハルキストン 75.5

 未勝利、かつダートのレースに限定した「U指数」のトップ10は下記の通りとなっています。

●07月22日 中京01R ダ1200m ドンフォルティス 85.4
●07月22日 中京01R ダ1200m マッスルマサムネ 82.1
●07月09日 福島01R ダ1150m コスモジョーカー 81.9
●07月15日 函館01R ダ1000m シンデレラマキ 80.0
●07月22日 中京01R ダ1200m バイラ 79.5
●07月09日 福島01R ダ1150m ヴォルフスブルク 79.1
●07月09日 福島01R ダ1150m ドリュウ 78.4
●07月22日 中京01R ダ1200m メイショウオーパス 74.2
●07月09日 福島01R ダ1150m コントラスト 72.9
●07月09日 福島01R ダ1150m パリモンマルトル 72.9

 それぞれ芝を主戦場としてきた馬よりは落札しやすいと思いますし、芝のビッグレースで活躍するだけのポテンシャルがある馬も混ざっていそう。こちらもしっかりとチェックしておきましょう。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる騎手大全 2016秋〜2017』(ガイドワークス)など。2016年12月02日には監修を務める人気シリーズの最新刊『ウルトラ回収率 2017-2018』(ガイドワークス)を、2017年04月12日には最新刊『コース別 本当に儲かる血統大全 2017-2018』(ガイドワークス)をリリース。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG 2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

2017年7月19日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年07月19日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(56)
閲覧 2,610ビュー コメント 0 ナイス 5



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2017年07月22日(土) 中京09R スポーツ報知杯 中京2歳ステークス
【“JRA、かつ新馬のレース”において4コーナーを4番手以内で通過した経験の有無別成績(2014年以降)】
●あり [3-3-3-6](複勝率60.0%)
●なし [0-0-0-14](複勝率0.0%)
→デビュー戦の内容を素直に評価したい一戦。“JRA、かつ新馬のレース”において連対経験がない馬も2014年以降[0-0-0-14](複勝率0.0%)と上位争いに食い込めていません。特別登録を行った馬のうち、“JRA、かつ新馬のレース”において4コーナーを4番手以内で通過した経験があるのは、アドマイヤアルバアマルフィコーストナムラバンザイマイネルエメの4頭だけ。“JRA、かつ新馬のレース”において連対経験があるのは、アドマイヤアルバアマルフィコーストスカーレットカラーナムラバンザイマイネルサイルーンの5頭だけです。


▼2017年07月23日(日) 福島11R 福島テレビオープン
【前走の出走頭数別成績(2013年以降)】
●12頭以下 [0-0-1-12](複勝率7.7%)
●13頭以上 [4-4-3-27](複勝率28.9%)
→前走が少頭数のレースだった馬は人気を裏切りがち。今年は出走馬の大半の馬がこの条件に引っ掛かりそうなので注意しましょう。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】
福島芝1800m×タニノギムレット×無条件
→複勝回収率277%


▼2017年07月23日(日) 函館11R 函館2歳ステークス
【“JRA、かつ芝、かつ4コーナー通過順が3番手以内だったレース”における優勝経験の有無別成績(2012年以降)】
●あり [5-4-5-37](複勝率27.5%)
●なし [0-1-0-28](複勝率3.4%)
→ダートのレースを勝ち上がってきた馬、先行力が高くない馬は不振。また、出走数が2戦以上だった馬も2012年以降[0-2-0-27](複勝率6.9%)と安定感を欠いています。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

アドマイヤアルバの口コミ


口コミ一覧
閲覧 52ビュー コメント 2 ナイス 17

今週のPOG戦線は大挙6頭の出走です。
たくさん走るのはいいことなんだけど、もっとバランスよく使ってほしいよね(苦笑)


【出走】
・12月16日 阪神4R
☆リシュブール(ミルコ・デムーロ騎手)

先陣にして今週の大将格なのがこのリシュブールです。

リシュブール
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17.10ベスト 栗CW稍 83.4 66.6 52.5 39.6 12.6[6]馬なり余力
 岡田祥 ■ 栗CW重 83.5 67.0 51.4 37.4 12.0[7]強目に追う
 岡田祥11.26 栗坂良 1 回 57.8 42.3 26.9 12.9 馬なり余力
       フランドル(古500万)馬なりを0.5秒追走同入
 岩 田11.29 栗CW良 66.4 51.4 37.6 12.0[7]馬なり余力
       ダノンロマン(古500万)馬なりの内を1.5秒追走同入
 助 手12. 3 栗坂良 1 回 59.8 43.0 28.0 13.3 馬なり余力
       サトノシリウス(新馬)馬なりを0.8秒追走同入
★岡田祥12. 6 栗CW良 83.7 67.4 51.8 37.6 12.2[6]馬なり余力
       ルペールノエル(障オープン)一杯の内を0.6秒追走0.2秒先着
 助 手12.10 栗坂良 1 回 58.8 41.7 26.9 13.2 馬なり余力
☆岡田祥12.13 栗CW良 66.7 51.4 37.9 12.1[7]馬なり余力
       プリヒストリー(新馬)強目の内を0.6秒追走同入

とりあえず追い切りは上々。
いつまでも未勝利にいるレベルの馬ではない。

本当は相手関係云々も言っている場合ではないのだが、とにかく新馬戦の組み合わせは優秀だから、それだけで推し材料。
ここも結構いいメンバーになっているけど、少なくともムーンレイカー辺りとは戦ってきた相手が違う。
過去2戦がコーナー4回の競馬だったからコーナー2回の競馬になってどうかという点はあるけど、もう四の五の言っていられないのだよw

あまりプレッシャーをかけるつもりはないけど、ミルコには「勝たなかったら死を意味する」ぐらいの腹積もりで乗ってほしい。

・12月16日 中京10R つわぶき賞
△サウンドキアラ(武豊騎手)
△アントルシャ(鮫島克駿騎手)

中京のつわぶき賞にはサウンドキアラとアントルシャの2頭出しです。

まずはサウンドキアラ。

サウンドキアラ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17.10ベスト 栗坂重 1 回 53.2 38.8 25.5 12.5 馬なり余力
 助 手 ■ 栗坂良 1 回 55.6 40.4 26.5 12.8 馬なり余力
 助 手11.22 栗坂良 1 回 54.3 40.0 26.6 13.2 馬なり余力
 助 手11.24 栗坂稍 1 回 60.3 44.3 29.9 14.9 馬なり余力
 池 添11.29 栗坂良 1 回 54.1 39.2 25.5 12.5 馬なり余力
★助 手12. 6 栗坂良 1 回 54.9 40.3 26.5 13.1 馬なり余力
☆助 手12.13 栗坂良 1 回 53.2 38.4 24.8 12.5 一杯に追う

先週の阪神JFを除外されたことを受けて武豊続投となったわけですが、その除外のおかげでわざわざ武豊が土曜日の中京に駆けつけるとあって気合いの入る一戦。
追い切りは、先週の時点では「G技箸Δ里砲海譴任いい鵑?その前の池添が乗った時の方が良かったのに…」と思っていたのですけど、その先週は除外含みで軽めだったらしく、今週はビッシリとやっていい感じですね。
新馬戦で負かした2、3着馬が次の未勝利戦を勝っているので新馬戦のレベルも高かったと言えるわけで、ここは勝ちを計算したい一戦。

一方のアントルシャの調整過程は以下の通り。

アントルシャ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 7ベスト 栗坂不 1 回 53.4 38.9 25.3 12.8 強目に追う
 助 手 ■ 栗坂不 1 回 53.4 38.9 25.3 12.8 強目に追う
 助 手 ◇ 栗CW良 68.6 52.0 38.1 12.0[6]直強目余力
 助 手11.26 栗坂良 1 回 57.4 42.1 27.7 13.9 馬なり余力
 助 手11.29 栗坂良 1 回 55.0 40.2 26.1 13.1 馬なり余力
       エアアルマス(二未勝)馬なりを0.5秒先行0.8秒遅れ
 助 手12. 3 栗坂良 1 回 56.6 40.5 26.0 12.8 馬なり余力
       ロイズブルー(新馬)馬なりを1.5秒先行同入
 助 手12. 5 栗坂良 1 回 60.8 44.5 28.9 14.6 馬なり余力
★鮫島駿12. 7 栗CW良 87.5 69.6 53.2 39.1 11.8[7]一杯に追う
       クロークス(古500万)強目の内を0.4秒追走3F併0.4秒先着
 助 手12.10 栗CW良 57.6 41.5 14.2[8]馬なり余力
       エルフィンコーブ(古1600万)馬なりの外同入
☆助 手12.13 栗坂良 1 回 54.8 39.4 25.2 12.4 馬なり余力
       サンタローザ(二未勝)馬なりを0.5秒追走同入

先週、今週と追い切りの時計はいい感じですね。
スカーレットカラーが回避したので、サウンドキアラを除けば好勝負の持ち込んでもおかしくないですね。
曲がりなりにもききょうSでは2番人気だったわけで、新馬戦を勝った中京1400で巻き返しは十分にあるでしょう。

・12月17日 中京1R
△カヴァロディーオ(菊沢一樹騎手)

日曜日の中京の未勝利戦にカヴァロディーオが中1週で登場です。

カヴァロディーオ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17.11ベスト 栗CW良 82.7 66.2 51.0 37.6 12.1[5]一杯に追う
 小林徹 ◇ 栗CW良 81.8 66.4 52.3 38.7 12.6[6]一杯に追う
★助 手12. 7 栗坂良 1 回 64.7 47.4 30.0 14.1 馬なり余力
☆小林徹12.13 栗CW良 83.1 66.1 51.5 37.7 12.6[5] 叩き一杯
       レッドクライム(古500万)一杯の内を0.9秒先行3F付同入

とりあえず元気いっぱいではありますね。
今回はブリンカーを装着して減量騎手起用と、変わり身が見込めそうなシチュエーションではあります。
そして何より「前に行けるアドバンテージ」が利きそうな組み合わせでもあります。
まあオッズが出ないとなんとも言えませんが「穴で一考」ぐらいの感じにはなるでしょうか。

・12月17日 中京5R
☆イルーシヴグレイス(藤岡康太騎手)

さらに日曜日の中京ではイルーシヴグレイスも出走します。

イルーシヴグレイス
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17.11ベスト美南W良 69.6 54.2 39.4 13.4[6]G前仕掛け
 助 手 ◇美南W稍 55.0 39.5 13.2[7]馬なり余力
★助 手12.10美南W良 57.3 42.8 14.6[8]直強目追う
☆助 手12.14美南W良 69.3 54.0 39.3 13.7[5]一杯に追う
       サトノオンリーワン(二未勝)直強目の外を0.7秒先行0.2秒先着

いわゆる「10日競馬」というのがどうかというのはありますが、この時期の牝馬限定の未勝利にしてはメンバーは軽い方だと思います。
ナイスドゥーさえ負かせば…って感じでしょうか。

・12月17日 阪神11R 朝日杯FS
△フロンティア(岩田康誠騎手)

そして朝日杯FSにフロンティアが出走します。

フロンティア
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17.11ベスト 栗CW良 82.3 65.3 50.8 37.4 11.5[7]一杯追伸る
 助 手 ■ 栗坂良 1 回 54.3 39.8 25.3 12.1 強目に追う
 中 井 ◇ 栗CW良 82.3 65.3 50.8 37.4 11.5[7]一杯追伸る
  11.14 栗プール 2 周
  11.15 栗プール 2 周
 助 手11.26 栗坂良* 1 回 58.7 43.0 28.3 13.8 馬なり余力
 中 井11.30 栗CW良 86.3 69.8 54.2 40.5 12.1[7]馬なり余力
       アベンチュリン(新馬)稍一杯の内を1.0秒追走4F併同入
  12. 1 栗プール 2 周
 助 手12. 3 栗坂良 1 回 57.9 41.3 26.3 12.8 馬なり余力
       ミリラニ(新馬)馬なりを0.1秒先行同入
★中 井12. 7 栗CW良 85.3 68.8 52.9 38.8 11.8[7]一杯に追う
       ダノンプレミアム(二オープン)一杯の外を0.3秒先行0.6秒遅れ
 助 手12.10 栗坂良 1 回 52.8 38.8 25.5 12.8 馬なり余力
       プリンセスタイム(古500万)一杯を0.1秒追走1.2秒先着
 助 手12.12 栗坂良 1 回 63.2 46.1 29.7 14.2 馬なり余力
☆岩 田12.13 栗CW良 69.0 51.5 37.4 11.7[5]G前仕掛け

前走の敗戦でだいぶ人気を落としています。
確かにダノンプレミアムは強いし、正直、この馬には勝てる気はしません(苦笑)
ただね、そのダノンプレミアムと同厩舎ですから、ギリギリまで可愛がってもらえませんかね〜。今年流行った忖度ってヤツですよw

オッズを考えたら頭から買う手もあるんですけど、現実的には3着があれば御の字かな。

【在厩】
☆アドマイヤアルバ(12月24日の千両賞へ)
☆シエラネバダ(1月6日の福寿草特別へ)
☆スヴァルナ(12月28日の阪神の未勝利戦を川田騎手で)
△クリッパー(12月9日の未勝利戦は3着)
△スペイシー(11月11日の未勝利戦は7着)

【放牧】
☆レディバード(ヤマボウシ賞は5着)
☆レッドシャーロット(秋明菊賞は8着→1月14日の紅梅Sへ)
☆ウラヌスチャーム(赤松賞は7着)
△ダンツクレイオー(7月23日の函館2歳Sは9着)
△ヴェロニカグレース(10月1日の未勝利戦を快勝→1月8日の500万下へ)
☆ベストヴォヤージュ(NF天栄に移動)
☆ダブルフラット(ゲート試験に合格)

【故障者リスト】
☆ローズベリル(骨折が判明。全治6ヶ月)

【競走馬登録抹消】
△ギルトエッジ(左前屈腱炎)


【調教】
シエラネバダ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 6ベスト 栗坂良 1 回 52.1 39.1 26.6 13.9 叩き一杯
 和田竜 ■ 栗坂良 1 回 52.9 39.1 26.3 13.3 一杯に追う
★助 手12.10 栗坂良 1 回 57.7 42.3 27.7 14.1 馬なり余力
  12.12 栗プール 1 周
  12.13 栗プール 2 周
☆松 若12.14 栗坂良 1 回 54.4 40.2 26.4 13.0 馬なり余力
       フランツ(二500万)馬なりに同入

アドマイヤアルバ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 8ベスト 栗坂良 1 回 51.9 37.9 25.2 13.0 一杯に追う
 助 手 ■ 栗坂稍 1 回 55.0 39.5 26.0 13.0 馬なり余力
 助 手12. 3 栗坂良 1 回 60.0 43.8 28.6 14.0 馬なり余力
★松 田12. 7 栗坂良 1 回 53.5 39.1 25.8 13.3 叩き一杯
       ケルティックソード(古1000万)一杯に1.0秒遅れ
 助 手12.10 栗坂良 1 回 56.9 41.5 27.0 13.2 馬なり余力
 助 手12.12 栗坂良 1 回 63.6 45.7 29.3 14.1 馬なり余力
 助 手12.13 栗坂良 1 回 63.1 44.9 28.8 14.2 馬なり余力
☆北村友12.14 栗坂良 1 回 53.0 38.0 25.1 12.8 末強目追う
       スペシャルギフト(古1600万)馬なりを0.1秒先行アタマ遅れ


今週の期待度は
リシュブール>イルーシヴグレイス≧サウンドキアラ>フロンティア>カヴァロディーオ>アントルシャ
ですかね。
とにかくリシュブールとイルーシヴグレイスとサウンドキアラで3つは勝ちたい。
計算してはいけないけど、希望を言えばそうなりますかね。

 藤沢雄二 2017年12月9日() 07:21
人気だもの、勝たなアカンよ!〜POG第28節〜
閲覧 55ビュー コメント 2 ナイス 14

週中に書いた、参加しているプロテスト関連のエントリーが2つとも100ビュー以上の閲覧をいただいて、やはりプロテストに対しては皆さんそれなりに関心があるんだな〜と感じました。

その一方でPOG関連のエントリーってあんまりビュー数が伸びないんですよね(苦笑)
私、これでも昨年の優勝者なので“本職”の方でビュー数が伸びていただくと大変嬉しいですし、励みにもなるのですが(揉み手)

さて今週のPOG戦線は2頭が出走します。
どちらも上位人気が濃厚なので期待しております。

【出走】
・12月9日 中山4R
△クリッパー(戸崎圭太騎手)

まずは土曜日の中山の牝馬限定の未勝利戦にクリッパーが出走します。

クリッパー
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 9ベスト美南W稍 68.7 53.8 39.9 13.6[8]強目に追う
 高野和 ■美南P良 57.0 42.2 13.2[6]直強目追う
 助 手11.23美南W重 75.8 59.4 43.7 15.4[4]馬なり余力
★助 手11.30美南W良 57.1 42.0 14.5[6]G前仕掛け
       サンセイラム(二未勝)強目の内を0.6秒追走0.1秒先着
☆助 手12. 6美南W良 67.9 53.4 39.9 13.5[6]G前仕掛け
       アシェット(二未勝)一杯の内を1.4秒追走同入

9月の新馬戦以来、約3ヶ月ぶりの出走です。
どうやら中間は捻挫で放牧に出ていたようですが、ようやく戦列に復帰します。
この時期の牝馬限定戦とあって優先出走権のある馬が7頭いる組み合わせですが、そこにぶつけるくらいですから陣営の期待も高いと思われます。
引き続き戸崎を確保していますし、ノーザンF絡みのクラブの馬の出走もないですからね。その辺は忖度が働いているのかとw
いずれにせよここは決めてほしいですね。

・12月10日 中京7R
☆スヴァルナ(浜中俊騎手)

日曜日の中京の未勝利戦にスヴァルナが出走します。

スヴァルナ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17.11ベスト 栗CW稍 80.6 65.2 50.4 36.7 11.9[7]一杯に追う
 水 口 ■ 栗CW良 85.0 66.9 52.3 39.4 12.1[8]馬なり余力
☆助 手12. 6 栗CW良 54.1 39.5 12.0[8]一杯に追う
       ソーグリッタリング(古1000万)馬なりの外を0.4秒先行0.2秒遅れ

中1週、そしてG気領△良傭罎覆鵑討△泙蠅いぐ象はないというか嫌な予感しかしないのですが、メンバーを見渡したら四の五の言えない組み合わせ。
とにかく勝て!
もうこれに尽きますねw

こちらもいい結果を期待しております。


【在厩】
☆アドマイヤアルバ(12月24日の千両賞へ)
☆シエラネバダ(紫菊賞は球節炎のため回避)
☆リシュブール(10月28日の未勝利戦は2着)
☆イルーシヴグレイス(11月19日の未勝利戦は4着)
△フロンティア(11月11日のデイリー杯2歳Sは4着→朝日杯FSへ)
△サウンドキアラ(阪神JFは除外→つわぶき賞へ)
△アントルシャ(12月16日のつわぶき賞へ)
△カヴァロディーオ(12月2日の未勝利戦は7着)

【放牧】
☆レディバード(ヤマボウシ賞は5着)
☆レッドシャーロット(秋明菊賞は8着→1月14日の紅梅Sへ)
☆ウラヌスチャーム(赤松賞は7着)
△ダンツクレイオー(7月23日の函館2歳Sは9着)
△ヴェロニカグレース(10月1日の未勝利戦を快勝→年明けの自己条件へ)
☆ベストヴォヤージュ(NF天栄に移動)
△スペイシー(11月11日の未勝利戦は7着)
☆ダブルフラット(ゲート試験に合格)

【故障者リスト】
☆ローズベリル(骨折が判明。全治6ヶ月)

【競走馬登録抹消】
△ギルトエッジ(左前屈腱炎)


【調教】
アドマイヤアルバ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 8ベスト 栗坂良 1 回 51.9 37.9 25.2 13.0 一杯に追う
 助 手 ■ 栗坂稍 1 回 55.0 39.5 26.0 13.0 馬なり余力
★助 手12. 3 栗坂良 1 回 60.0 43.8 28.6 14.0 馬なり余力
☆松 田12. 7 栗坂良 1 回 53.5 39.1 25.8 13.3 叩き一杯
       ケルティックソード(古1000万)一杯に1.0秒遅れ

カヴァロディーオ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17.11ベスト 栗坂稍 1 回 53.2 38.7 25.4 12.8 叩き一杯
 小林徹 ◇ 栗CW良 81.8 66.4 52.3 38.7 12.6[6]一杯に追う
☆助 手12. 7 栗坂良 1 回 64.7 47.4 30.0 14.1 馬なり余力

アントルシャ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 7ベスト 栗CW良 83.5 67.7 52.9 38.8 12.3[6]一杯に追う
 助 手 ■ 栗坂不 1 回 53.4 38.9 25.3 12.8 強目に追う
 助 手 ◇ 栗CW良 68.6 52.0 38.1 12.0[6]直強目余力
 助 手11.26 栗坂良 1 回 57.4 42.1 27.7 13.9 馬なり余力
★助 手11.29 栗坂良 1 回 55.0 40.2 26.1 13.1 馬なり余力
       エアアルマス(二未勝)馬なりを0.5秒先行0.8秒遅れ
 助 手12. 3 栗坂良 1 回 56.6 40.5 26.0 12.8 馬なり余力
       ロイズブルー(新馬)馬なりを1.5秒先行同入
 助 手12. 5 栗坂良 1 回 60.8 44.5 28.9 14.6 馬なり余力
☆鮫島駿12. 7 栗CW良 87.5 69.6 53.2 39.1 11.8[7]一杯に追う
       クロークス(古500万)強目の内を0.4秒追走3F併0.4秒先着

フロンティア
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17.11ベスト 栗CW良 82.3 65.3 50.8 37.4 11.5[7]一杯追伸る
 助 手 ■ 栗坂良 1 回 54.3 39.8 25.3 12.1 強目に追う
 中 井 ◇ 栗CW良 82.3 65.3 50.8 37.4 11.5[7]一杯追伸る
  11.14 栗プール 2 周
  11.15 栗プール 2 周
 助 手11.26 栗坂良* 1 回 58.7 43.0 28.3 13.8 馬なり余力
★中 井11.30 栗CW良 86.3 69.8 54.2 40.5 12.1[7]馬なり余力
       アベンチュリン(新馬)稍一杯の内を1.0秒追走4F併同入
  12. 1 栗プール 2 周
 助 手12. 3 栗坂良 1 回 57.9 41.3 26.3 12.8 馬なり余力
       ミリラニ(新馬)馬なりを0.1秒先行同入
☆中 井12. 7 栗CW良 85.3 68.8 52.9 38.8 11.8[7]一杯に追う
       ダノンプレミアム(二オープン)一杯の外を0.3秒先行0.6秒遅れ

リシュブール
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17.10ベスト 栗CW稍 83.4 66.6 52.5 39.6 12.6[6]馬なり余力
 岡田祥 ■ 栗CW重 83.5 67.0 51.4 37.4 12.0[7]強目に追う
 岡田祥11.26 栗坂良 1 回 57.8 42.3 26.9 12.9 馬なり余力
       フランドル(古500万)馬なりを0.5秒追走同入
★岩 田11.29 栗CW良 66.4 51.4 37.6 12.0[7]馬なり余力
       ダノンロマン(古500万)馬なりの内を1.5秒追走同入
 助 手12. 3 栗坂良 1 回 59.8 43.0 28.0 13.3 馬なり余力
       サトノシリウス(新馬)馬なりを0.8秒追走同入
☆岡田祥12. 6 栗CW良 83.7 67.4 51.8 37.6 12.2[6]馬なり余力
       ルペールノエル(障オープン)一杯の内を0.6秒追走0.2秒先着

サウンドキアラ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17.10ベスト 栗坂重 1 回 53.2 38.8 25.5 12.5 馬なり余力
 助 手 ■ 栗坂良 1 回 55.6 40.4 26.5 12.8 馬なり余力
 助 手11.22 栗坂良 1 回 54.3 40.0 26.6 13.2 馬なり余力
 助 手11.24 栗坂稍 1 回 60.3 44.3 29.9 14.9 馬なり余力
★池 添11.29 栗坂良 1 回 54.1 39.2 25.5 12.5 馬なり余力
☆助 手12. 6 栗坂良 1 回 54.9 40.3 26.5 13.1 強目に追う

今週は2勝がマストだな〜。
来週も、おそらくリシュブールが出走するでしょうけど、この辺の未勝利組は勝ち以外要らない感じですからね。
とにかく前走着順のいい未勝利組は勝って年越しをしてくれないと…という状況ですね。

[もっと見る]

 藤沢雄二 2017年11月26日() 00:28
混戦を切り裂け!〜POG第26節〜
閲覧 47ビュー コメント 4 ナイス 18

今週のPOG戦線は1頭が出走。
京都の未勝利戦でスヴァルナが復帰します。

【出走】
・11月26日 京都3R
☆スヴァルナ(北村友一騎手)

8月5日以来、約4ヶ月ぶりとなるスヴァルナの調整過程は以下の通り。

スヴァルナ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 7ベスト 栗CW不 100.0 83.2 68.1 54.2 40.4 12.9[7]一杯に追う
 川 田 ◇ 栗CW良 52.6 38.4 12.0[6]馬なり余力
 助 手11.10 栗CW良 83.2 68.4 52.9 38.9 11.8[7]一杯に追う
       スプマンテ(古500万)一杯の内を0.5秒追走クビ遅れ
 助 手11.12 栗坂良 1 回 59.1 43.2 27.6 13.5 馬なり余力
★北村友11.16 栗CW稍 80.6 65.2 50.4 36.7 11.9[7]一杯に追う
       サンラモンバレー(新馬)一杯の外を0.8秒先行アタマ遅れ
 助 手11.19 栗坂重 1 回 56.3 40.4 25.7 12.6 馬なり余力
☆水 口11.22 栗CW良 85.0 66.9 52.3 39.4 12.1[8]馬なり余力
       ソーグリッタリング(古1000万)一杯の外を0.5秒先行0.2秒先着

栗東に戻ってきてからの追い切り本数は5本。
休養期間を考えると本数は多くないが、先週併せたサンラモンバレーは新馬勝ち。今週の併せ馬のソーグリッタリングは土曜日の1000万下で惜しい2着だから、単純に併せたパートナーの力量からは未勝利戦なら通用していいだろう。
問題は相手関係。優先出走権を持った馬が7頭いて、それ以外に前走で馬券対象になった馬が2頭いるフルゲート。9月の4回阪神から先週の京都まで11週間も芝1800mまたは2000mの未勝利戦は12頭立て以下だったのに、ここはフルゲートというのは厩舎関係者って頭悪いのか?と嫌味の一つも言いたくなるが、その一方で先々のことを考えるとフルゲートの競馬を経験するのも悪くないとは思う。
ただリーディング上位の名門厩舎に在籍する身としては、ここで決めないと厩舎内の序列で遅れを取りそうなのが悩ましい。
要するに半信半疑。決してどころか十分すぎるぐらい楽な戦いではないけど、チャンスも十分にある、そんな感じ。配当的には馬券を買うタイミングではありそうですね。

【在厩】
☆リシュブール(10月28日の未勝利戦は2着)
△フロンティア(11月11日のデイリー杯2歳Sは4着→朝日杯FSへ)
△サウンドキアラ(11月5日の新馬戦を快勝→阪神JFに登録する模様)
△アントルシャ(ききょうSは9着)
△クリッパー(9月23日の新馬戦は2着)
△カヴァロディーオ(7月30日の新馬戦は4着)

【放牧】
☆アドマイヤアルバ(10月21日の未勝利戦で初勝利→千両賞を予定)
☆レディバード(ヤマボウシ賞は5着)
☆レッドシャーロット(秋明菊賞は8着)
☆ウラヌスチャーム(赤松賞は7着)
☆シエラネバダ(紫菊賞は球節炎のため回避)
☆イルーシヴグレイス(11月19日の未勝利戦は4着)
△ダンツクレイオー(7月23日の函館2歳Sは9着)
△ヴェロニカグレース(10月1日の未勝利戦を快勝→年明けの自己条件へ)
☆ベストヴォヤージュ(NF天栄に移動)
△スペイシー(11月11日の未勝利戦は7着)
☆ダブルフラット(ゲート試験に合格)

【故障者リスト】
☆ローズベリル(骨折が判明。全治6ヶ月)
△ギルトエッジ(左前屈腱炎の疑い→競走馬登録抹消へ)

【Out】
☆ブルーメンクローネ
☆ソーグレア

【調教】
カヴァロディーオ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 6ベスト 栗CW良 86.1 69.1 54.5 40.4 14.7[3]馬なり余力
 ティー ◇ 札芝良 64.7 49.7 35.2 12.0[6]強目に追う
 助 手11. 8 栗坂良 1 回 61.6 44.3 29.2 14.8 馬なり余力
 助 手11.15 栗坂稍 1 回 61.9 45.1 29.2 14.3 馬なり余力
★助 手11.16 栗坂稍 1 回 53.2 38.7 25.4 12.8 叩き一杯
       シエラ(新馬)馬なりに0.1秒遅れ
 助 手11.19 栗CW重 72.5 56.6 42.3 13.0[7]馬なり余力
 助 手11.21 栗坂良 1 回 65.1 46.1 28.4 13.9 馬なり余力
☆畑 端11.22 栗CW良 82.7 66.2 51.0 37.6 12.1[5]一杯に追う
       タイプツーエー(新馬)一杯の内同入

サウンドキアラ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17.10ベスト 栗坂重 1 回 53.2 38.8 25.5 12.5 馬なり余力
 助 手 ■ 栗坂良 1 回 55.6 40.4 26.5 12.8 馬なり余力
☆助 手11.22 栗坂良 1 回 54.3 40.0 26.6 13.2 馬なり余力

クリッパー
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 9ベスト美南W稍 68.7 53.8 39.9 13.6[8]強目に追う
 高野和 ■美南P良 57.0 42.2 13.2[6]直強目追う
☆助 手11.23美南W重 75.8 59.4 43.7 15.4[4]馬なり余力

先週使った“Perfume”は揃って放牧に。未勝利戦4着のイルーシヴグレイスは権利のあるうちに使うみたいだけど、小さい馬だけに馬体維持がカギになりそう。
入れ代わりにリシュブールとクリッパーとアントルシャが戻ってきて、12月開催の手駒の最低限の数はなんとかなりそう。未勝利組のリシュブールとクリッパーには勝ち上がりを期待しています。

スヴァルナとほぼ同じタイミングで戻ってきたカヴァロディーオは19日の日曜日にCWに入っていたから来週の中京じゃなかろうか。水曜日のCWでは、畑端騎手が乗っていたとはいえなかなかの時計が出ていたので出走が楽しみ。

とりあえず目先は未勝利戦の勝ち上がりが重要案件。
馬券的にも頑張ってもらわないと。

[もっと見る]

⇒もっと見る

アドマイヤアルバの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

アドマイヤアルバの写真

投稿写真はありません。

アドマイヤアルバの厩舎情報 VIP

2017年10月21日2歳未勝利1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アドマイヤアルバの取材メモ VIP

2017年10月21日 2歳未勝利 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。