注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ダッシングブレイズ(競走馬)

注目ホース
ダッシングブレイズ
写真一覧
現役 牡5 栗毛 2012年4月13日生
調教師吉村圭司(栗東)
馬主グリーンフィールズ 株式会社
生産者Kenneth L. Ramsey & Sarah K. Ramsey
生産地
戦績16戦[6-2-0-8]
総賞金11,698万円
収得賞金3,000万円
英字表記Dashing Blaze
血統 Kitten's Joy
血統 ][ 産駒 ]
El Prado
Kitten's First
Blazing Bliss
血統 ][ 産駒 ]
Honour and Glory
Miss What a Day
兄弟
前走 2017/04/23 読売マイラーズカップ G2
次走予定

ダッシングブレイズの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/04/23 京都 11 マイラーズC G2 芝1600 115511.568** 牡5 56.0 浜中俊吉村圭司502(-2)1.33.0 0.833.4⑦⑦イスラボニータ
17/02/11 京都 11 洛陽S OP 芝1600 11333.621** 牡5 56.0 M.デムー吉村圭司504(+2)1.35.7 -0.234.5⑥⑥グァンチャーレ
16/07/24 中京 11 中京記念 G3 芝1600 16483.5110** 牡4 56.0 C.ルメー吉村圭司502(+10)1.34.4 0.834.6⑫⑪⑨ガリバルディ
16/05/14 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 168169.244** 牡4 56.0 浜中俊吉村圭司492(-2)1.20.0 0.432.9⑩⑨サトノアラジン
16/04/03 中山 11 ダービーCT G3 芝1600 16355.036** 牡4 56.0 戸崎圭太吉村圭司494(+2)1.33.2 0.433.9⑫⑩⑨マジックタイム
16/02/07 東京 11 東京新聞杯 G3 芝1600 147113.01** 牡4 56.0 浜中俊吉村圭司492(-6)-- ----⑦⑦スマートレイアー
15/12/19 阪神 11 リゲルS OP 芝1600 166112.211** 牡3 55.0 浜中俊吉村圭司498(+16)1.34.1 -0.133.1⑩⑧グァンチャーレ
15/11/01 東京 10 紅葉S 1600万下 芝1600 17352.011** 牡3 54.0 浜中俊吉村圭司482(-8)1.32.9 -0.133.2⑪⑪オコレマルーナ
15/09/27 阪神 9 甲東特別 1000万下 芝1600 15353.821** 牡3 54.0 浜中俊吉村圭司490(+16)1.34.1 -0.333.4⑨⑧サイモンラムセス
15/05/09 東京 11 プリンシパル OP 芝2000 18245.7212** 牡3 56.0 蛯名正義吉村圭司474(-4)2.01.3 1.135.5⑨⑧⑧アンビシャス
15/04/11 阪神 6 3歳500万下 芝1600 128121.611** 牡3 56.0 浜中俊吉村圭司478(+2)1.35.8 -0.234.4⑪⑪ムーンクレスト
15/03/14 中京 9 Fウォーク賞 500万下 芝1600 7443.222** 牡3 56.0 蛯名正義吉村圭司476(-2)1.36.3 0.034.6⑥⑤⑤マテンロウハピネス
15/02/22 東京 7 3歳500万下 芝2000 147112.814** 牡3 56.0 浜中俊吉村圭司478(-2)2.02.2 0.834.6⑦⑦⑦キタサンブラック
15/01/11 京都 11 シンザン記念 G3 芝1600 127102.914** 牡3 56.0 C.デムー吉村圭司480(0)1.34.8 0.033.5⑩⑩グァンチャーレ
14/12/14 中京 10 こうやまき賞 500万下 芝1600 9221.712** 牡2 55.0 菱田裕二吉村圭司480(+2)1.38.2 0.034.3⑥⑦⑦ブリクスト
14/11/08 東京 5 2歳新馬 芝1600 17482.811** 牡2 55.0 P.ブドー吉村圭司478(--)1.36.3 -0.633.2ゴールデンバローズ

ダッシングブレイズの関連ニュース

 ◆松岡騎手(ヤングマンパワー3着) 「スローになりそうだったし、瞬発力勝負だと分が悪いので2番手へ。(状態的に)もうひとつ上がありそうですし、本番が楽しみ」

 ◆M・デムーロ騎手(ブラックスピネル4着) 「じりじりと伸びていたし、能力はある。ちょっと馬場が合わなかったのかも」

 ◆松若騎手(サンライズメジャー5着) 「楽に行かせてもらい、流れも良かったと思います。最後までよく辛抱してくれました」

 ◆福永騎手(フィエロ6着) 「左へ行こうとして競馬にならなかった。何もできずに終わってしまい、きょうは参考外です」

 ◆川田騎手(プロディガルサン7着) 「後ろから行く馬にはきつい流れになったとはいえ、うまく乗れずに申し訳ないです」

 ◆浜中騎手(ダッシングブレイズ8着) 「1歩目が遅かったのが痛かったですね。ペースが遅くなって、上がりの競馬になるのは分かっていたので」

 ◆佐藤友騎手(アクションスター9着) 「前半に置かれてしまったのが痛かったですね」

 ◆松山騎手(クルーガー10着) 「もう少し内枠なら良かったですね。(勝った)昨年のような競馬がしたかったです」

★23日京都11R「マイラーズC」の着順&払戻金はこちら

【マイラーズC】厩舎の話2017年04月21日(金) 05:02

 ◆アクションスター・音無師 「久々にマイルを使った前回がそこそこの内容。もう一度使ってみたい」

 ◆イスラボニータ・栗田博師 「ゆっくり、じっくりと息を作ってきた。惜敗の流れを断ち切りたい」

 ◆エアスピネル・笹田師 「徐々に筋肉が締まってきている。幼い面も、少しずつ落ち着きが出てきている」

 ◆クルーガー・高野師 「1年ぶりと、少しボリュームのある体が実戦でどう出るか」

 ◆サンライズメジャー・浜田師 「良化がスロー」

 ◆シェルビー・笹田師 「状態は徐々に上がってきている」

 ◆ダッシングブレイズ・吉村師 「仕上げに関しては問題ない」

 ◆ブラックスピネル・Mデムーロ騎手 「動きはよかった。状態も体つきもいいよ。どんな競馬でもできるタイプ」

 ◆プロディガルサン・国枝師 「前走は窮屈になって折り合いを欠いた。いい競馬ができれば、安田記念が楽しみになる」

 ◆ヤングマンパワー・手塚師 「輸送で体が減るから控えめにやったけど、いい動き。行かないと駄目なタイプ」

マイラーズCの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【マイラーズC】追って一言2017年04月20日(木) 05:03

 ◆アクションスター・音無師 「攻めはまずまずで体調も安定。前回そこそこ走れていたから、もう一度マイルを使う」

 ◆クルーガー・高野師 「悪い馬場でもよく走っています。あとは1年ぶりと、少しボリュームのある体が実戦に行ってどう出るかでしょう」

 ◆シェルビー・笹田師 「坂路でしまいの時計は要したが、4ハロン53秒台ならこの馬として動けている。状態は徐々に上がってきている」

 ◆ダッシングブレイズ・吉村師「仕上げに関しては問題ないし、ポン駆けも利く。重賞タイトルを取りたい」

 ◆プロディガルサン・国枝師 「動きは十分。前走は窮屈になって折り合いを欠いた。ここでいい競馬ができれば、安田記念が楽しみになる」

 ◆ヤングマンパワー・手塚師 「輸送で体が減るから控えめにやったけど、いい動き。体調は良くなっている。行かせないとだめなタイプ」

マイラーズCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【マイラーズC】けさのいななき2017年04月19日(水) 14:08

 ダッシングブレイズ・吉村調教師「先週に続きジョッキーに感触を確かめてもらった。前走(洛陽S1着)で京都が苦手な面はふっ切れたし、落ち着いているのがいい」

 プロディガルサン・国枝調教師「速すぎず遅すぎず、いい手応えで上がってきた。2000メートルよりマイルのほうが乗りやすい。まだまだ変わる」

 ヤングマンパワー・手塚調教師「動きはいいし、前走より元気。ノドも小康状態だし56キロもいい。マイルCSみたいなことはないはず」

(夕刊フジ)

マイラーズCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【マイラーズC】レース展望 2017年04月17日(月) 18:22

 関西圏の競馬は阪神から京都に移り、日曜メインに第48回マイラーズカップ(23日、GII、芝1600メートル)が行われる。1着馬に安田記念(6月4日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権が与えられる重要前哨戦で、今年は13頭と登録が少ないながらも好メンバーがそろった。

 実績最上位は2014年の皐月賞イスラボニータ(美浦・栗田博憲厩舎、牡6歳)だ。同年のセントライト記念を最後に約2年7カ月も勝ち星から遠ざかっているが、昨秋のマイルチャンピオンシップ2着など、力の衰えは見られない。京都のマイル戦に関しては一昨年のマイルCSでも3着と好走しているように舞台適性も上々。阪神C2着以来4カ月ぶりのレースだが、順調に乗り込まれており、共同通信杯セントライト記念を休み明けで制覇し、4カ月半ぶりだった昨秋の富士Sも2着に入っている。今回も好勝負が期待できそうだ。

 昨年、皐月賞4着、ダービー4着、菊花賞3着とクラシックで好走したエアスピネル(栗東・笹田和秀厩舎、牡4歳)は、マイル路線に転向し、京都金杯を制覇。続く前走の東京新聞杯はスローペースの前残りで届かず3着に敗れたが、上がり3ハロン32秒3という強烈な脚を発揮した。前走から1キロ減となる56キロも有利で、巻き返しの可能性は十分ある。

 ブラックスピネル(栗東・音無秀孝厩舎、牡4歳)は京都金杯で2着だったが、東京新聞杯を勝ってエアスピネルとは1勝1敗。差し切れなかった京都金杯とは逆に、前走ではスローの逃げに持ち込んで勝った。脚質に幅が出たのは大きな武器になりそうだ。

 フィエロ(栗東・藤原英昭厩舎、牡8歳)は重賞勝ちこそないが、14、15年のマイルCS2着馬。マイラーズCも14年から3年連続で出走し、2、3、4着と上位に入っているように、京都のマイルは得意の舞台だ。8歳となったが、京都金杯は57.5キロのトップハンデを背負って3着。続く前走の高松宮記念でも初のスプリント戦ながら、出遅れから巻き返して5着まで追い上げたように、年齢の衰えはまったく感じさせない。

 東京新聞杯ブラックスピネルエアスピネルの間に割って入ったのがプロディガルサン(美浦・国枝栄厩舎、牡4歳)。逃げ切ったブラックスピネルを捕らえられなかったのは仕方ないとして、上がり3ハロン最速の32秒0でエアスピネルに競り勝ったのは評価できる。前走の金鯱賞は距離が延びたぶんか、力み気味の走りで7着に敗れたが、勝ったヤマカツエースとは0秒3差。マイルでスムーズに流れに乗れば、変わっていい力がある。

 1番人気に支持された昨年の東京新聞杯で内ラチに激突して競走を中止したダッシングブレイズ(栗東・吉村圭司厩舎、牡5歳)は、その後なかなか結果を出せなかったが、前走の洛陽Sを快勝して復調をアピール。歯車さえかみ合うようになれば、能力は今回の相手でも通用する。

 昨秋の富士Sの覇者ヤングマンパワー(美浦・手塚貴久厩舎、牡5歳)も争覇圏内。昨年の覇者クルーガー(栗東・高野友和厩舎、牡5歳)も出走予定だが、骨折による戦線離脱が長引いて1年ぶりの実戦となる。中間の動きはいいが、昨年以上のメンバー構成だけに、分の悪さは否めない。

マイラーズCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【読売マイラーズカップ】特別登録馬2017年04月16日() 17:30

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダッシングブレイズの関連コラム

閲覧 1,448ビュー コメント 0 ナイス 4



  大波乱の結末となった先週の皐月賞を完璧に仕留めた予想家がいます。ウマニティ公認プロ予想家のいっくんさんです。勝ったアルアインに◎、2着のペルシアンナイトに○、3着のダンビュライトに△を打ち、3連単100万馬券をズバリ! このミラクル予想に、ウマニティ内は騒然となりました。皐月賞以外にも、土日の2日間で万馬券的中が5本。さすが、人気と実力を兼ね備えたナンバーワン穴予想家はやることが違います。今週は読売マイラーズカップでの爆発に期待しましょう。
 本命は「近走安定傾向。先行できるタイプでペース、コース不問」のイスラボニータ。対抗は「この馬も先行脚質でコース適性抜群」のエアスピネル。単穴は「差し馬のなかでは上がりが一番速いプロディガルサン。以下、フィエロダッシングブレイズヤングマンパワーサンライズメジャーの順に押さえます。馬券は3連単→あ劉´キΝГ脳”蕁K椒譟璽弘奮阿いっくんプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢31名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<


登録済みの方はこちらからログイン

2017年01月29日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年01月29日号】特選重賞データ分析編(32)〜2017年東京新聞杯〜
閲覧 2,744ビュー コメント 0 ナイス 5

次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 東京新聞杯 2017年02月05日(日) 東京芝1600m


<ピックアップデータ>

【“東京芝1400〜1800m、かつ1000万下から上のクラスのレース”における連対経験の有無別成績(2010年以降)】
○あり [7-6-4-55](複勝率23.6%)
×なし [0-1-3-32](複勝率11.1%)

 2010年以降の優勝馬7頭は、いずれも東京芝マイル前後のレースに十分な実績があった馬。昨年は該当馬8頭のうち4頭が1〜4着を占め、3連複7万6830円、3連単35万3160円の高額配当決着となりました。年々このファクターの重要度が上がっている印象もあるので、ぜひ注目してみてください。

主な「○」該当馬→

[もっと見る]

2016年07月25日(月) 11:18 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』7/24の結果(中京記念G3)
閲覧 446ビュー コメント 0 ナイス 2

7月24日(日)に行われました中京11Rの「中京記念G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【9位】☆ガリバルディ(11.7倍)
2着:総合ポイント【2位】△ピークトラム(8.9倍)
3着:総合ポイント【7位】ケントオー(8.0倍)

第3グループ・総合ポイント9位のガリバルディが1着、第2グループ・総合ポイント2位のピークトラムが2着、第2グループ・総合ポイント7位のケントオーが3着という結果でした。

ダッシングブレイズが飛んだらこうなりますよね、という典型例のような結末に(;_;)
ただ飛び方的に悔いが残るのは、結果的に内を突く形になってしまい、しかも最後は○アルマディヴァンの後ろで追えずに終わってしまったこと。差し届かなくてもどこかで外に持ち出して欲しかった......。
というわけで、先週は不完全燃焼でしたが、これも競馬。そして今週も夏競馬は続く。。。(・∀・)

【馬単流しマルチ】
◎⇔印
8⇔3,5,7,10,11 (10点)

【3複軸2頭流し】
◎○=印
8,10=3,5,7,11 (4点)

計14点 払い戻し0円

[もっと見る]

2016年07月24日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第198回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜トヨタ賞中京記念 G3
閲覧 558ビュー コメント 0 ナイス 3

みなさんこんにちは!

本日は中京11R「中京記念 G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、ダッシングブレイズ1頭。
第2グループ(黄)は 、ピークトラムから1.0ポイント差(約1馬身差)内のワキノブレイブダノンリバティタガノエスプレッソダローネガケントオーまでの6頭。
第3グループ(薄黄)は、カオスモスから1.0ポイント差(約1馬身差)内のガリバルディアルマディヴァンスマートオリオンまでの4頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

ダッシングブレイズが1頭抜け出た以外、2位以下は大混戦の配置。ハンデ戦なので往々にして起こる状況ですが、下位グループから指数を跳ね上げてくるような馬にも要警戒なメンバー構成ではないでしょうか。

今回はまず、その頭一つ抜け出した状態のダッシングブレイズについてから。
鞍上も、マイルも、中京も、中間の過程も減点材料には当たらず......。という訳で、久々の1位馬本命パターンにはなりますが素直に◎ダッシングブレイズでいこうと思います。ただ、あまり外を回すようなことになった場合、馬場の3〜5分どころあたりを通った馬たちに後塵を拝することになりそうなので2着まで想定しておきます。
○はアルマディヴァン。夏場+中京得意で、昨年と出来自体は変わりなく来れていそうなので“リピーター”の台頭に期待してみたいと思います。
あとは、中京記念自体もそうですが、このコースで活躍傾向の“そこそこ人気で適度に馬格のある馬”(具体的には「馬体重480kg〜520kg位かつ単勝15倍程度まで」)に該当してきそうなあたりから▲にダノンリバティ、☆にガリバルディを上位評価。
以下△にピークトラムスマートオリオンタガノエトワールと印を回します。
そして今回の私の馬券は、◎からの馬単を本線にお楽しみの3複を合わせた買い目で勝負としたいと思います。


【馬単流しマルチ】
◎⇔印
8⇔3,5,7,10,11 (10点)

【3複軸2頭流し】
◎○=印
8,10=3,5,7,11 (4点)

計14点


荒れるレースということで手広くいこうかとも考えましたが、先週と違って◎が(恐らく最終的にも)1番人気馬なので短く持って決め打ちでいってみましたが果たして......。

[もっと見る]

2016年07月23日() 09:10 みんなの競馬コラム
【中京記念】血統考察 byうまカレ
閲覧 1,229ビュー コメント 0 ナイス 7

学生団体うまカレ副代表の金沢ユウダイです。

今週は中京記念。
このレースは重賞の中でもトップクラスに難しいなと毎年感じます。
所謂「リピーターレース」で、フラガラッハの連覇がよく語られますが、個人的にはミッキードリームの方が印象深いです(^^;)

ミッキードリームは2012年が7番人気4着、2013年が2着、2014年が3着でした。血統的に注目すべきことは「キングカメハメハ×トニービン持ちの母」という配合であるということ。
東京のGIを勝ちまくったトニービン直仔の斬れは、母父Hornbeam(Nasrullah×Hyperion)の、Nasrullahの広いコース向きの柔らかい体質と、Hyerionの持続力に起因します。トニービンはHyperion5×3・5でもあるので、母系に入ると粘着力を伝え、切れ味が削がれる馬もいます。
しかし、キングカメハメハの母母父Blakeneyの母父がHornbeamなので、トニービン持ちの牝馬と交配すると、Hornbeamのクロスができ、トニービン直仔らしい馬(長い直線で持続性ある末脚が武器な馬)が生まれやすいのです。
その最たる例が、ドゥラメンテルーラーシップであり、彼らの場合はHornbeamのクロスのほかに、エアグルーヴの牝祖パロクサイドもNasrullahとHyperionを持っているというのがポイントでした…というのが望田先生に教わった最初のこと。
話を戻しますが、ミッキードリームは、パロクサイド牝系でこそないものの、キングカメハメハ×サンデーサイレンス×トニービン×ノーザンテーストと、ドゥラメンテと15/16同血。トニービンを増幅した配合で、外差し馬場になり易い最終週の中京は持ってこいだったのですね。(「終わりそうで終わらないノーザンテースト」ともいえる)

とにかく難解なので内枠から気になる馬、有力馬について書いていきます。

●「中京マイル」という独特の舞台が合っているのではないか
カオスモスは、Buckpasser、母系に入るMy Chermer(Seattle Slewの母)Bug Hurry(Caerleonの5代母)、Never BendのLa Troienneパワー(特に母はBold Reason≒Never Bendのきょうだいクロス4×6)も豊富ですが、母母がナスキロ血脈のサンデーピクニック(サンデー×Caerleon×Shirley Heights)なので、ここが父のSecretariatと脈絡しますから、パワーと斬れ、どちらも兼備しているというイメージがあります。だからというべきなのか、東京で斬れまくるわけでもないので、ちょっとタフな外回りである中京は合っているのではないかと思うのです。実際に昨年は0.2秒差5着でした。完璧に乗っても勝ち切ることはないと思いますが、前走パラダイスSも0.3秒差6着と悪くない内容、昨年(18.0倍8番人気)から人気暴落の予感なので気に掛けておきたい1頭です。

●母母のパワーで
マイネルアウラートは昨年暮れの1000万→1600万連勝から、年明けの東京新聞杯3着、前走パラダイスSでオープン特別優勝と、まさにステイゴールド産駒(というよりノーザンテースト4×4)らしい成長をみせています。とはいえ、母母セーヌフロウはティンパーカントリー産駒(母プレイメイトがBusanda≒Striking2×3)で、母系にヒッティングアウェー(母Striking)を持つのでBusanda≒Striking5・6×4というパワーの塊。外回りのマイルで斬れるタイプではないのですが、こういうパワーが優ったタイプが怖いのが中京記念です。

●≒ミッキードリーム
タガノエトワールキングカメハメハ×サンデーサイレンス×トニービン×ノーザンテーストで、ミッキードリームともドゥラメンテとも15/16同血。牝馬だから一瞬の切れもありますが、本質的には外回り向きと踏んでいます。前走は途中で競馬をやめてしまっている感じでしたし、ここまでミッキードリームと酷似の血統ですから、血統派としては是が非でも抑えます(^^;)

●あり余るパワーと底力
トウショウドラフタアンライバルド×ジェイドロバリー、母母がサマンサトウショウですから、Sadler’s Wells≒Number3×3のパワー+Hyperionというイメージでいます。前向きな気性はSpecial(Sadler’s Wellsの母母、Numberの母)らしいものです。気性的に後ろからの競馬にならざるを得ないのが難点ですが、それでも抑え込めているのは名手(田辺騎手)の力でしょう。ここはファルコンSほどタフな馬場になりそうにない中、古馬相手にどこまでやれるか。ただやっぱりこの鞍上ですから、「えっそんな位置でも競馬出来るんだ」な〜んてことが起こりかねないので怖いです。この牝系なので成長力は◎です。

●母は名繁殖、気性が課題
ピークトラムは、母タッチザピークがマルゼンスキー≒Passing Mood3×3(Northern DancerとBuckpasserとBull Dog=Sir Gallahadなど)というニアリークロスを持っているので、名繁殖の道を駆け上がっています(兄タッチザターゲット2勝、弟セネッティ2勝)。チチカステナンゴ×スペシャルウィークでも、母系のパワーが強くストライドは伸びませんが、中京は合いそうです。難点は、望田先生が良く指摘されるチチカステナンゴのVaguely Nobleと、スペシャルウィークのセントクレスピンを通じるAureoleのクロスで馬群を嫌う気性があること。中山の500万も、前走の谷川岳Sも外目をスムーズに追走していました。小牧騎手がこの枠からどう乗りこなすかでしょう。僕は軽視します。

●舞台はベスト!
ダッシングブレイズは、母Blazing BlissがGonfalon≒Hopespringseternal3×3というナスキロ+War Admiral+La Troienneのニアリークロスで、ナスキロ+Tom FoolでみればLady Capuletとも脈絡します。サトノクラウンと同じような所謂「ナスキロ柔らかい」体質で外回りのマイルがベスト。ここは条件が揃いました。

●柔らか体質で外回り向き
カレンケカリーナの母父Unbridled’s Songは母Trolley SongがCaro×ナスキロなので柔らかい体質を伝えやすく、この血を持つ馬は外回り向きになりやすいです。直近の例では、トーホウジャッカル(母父)、東京で良く走るレッドルーファス(父))などがいます。カレンケカリーナの場合は3代母父がRound Table×Fleet Nasrullahで、ナスキロとCount Fleetと、Unbridled’s Songの血を増幅しているのがオッと思わせますし、ハーツクライ産駒でPromised Landのクロスを持つのはウインバリアシオンと同じで、これも外回り向きの斬れを引き出すクロスです。前走の福島牝馬(福島芝1800m)や、前々走のターコイズS(中山1600m)はこの馬にとって完全に不向きな条件。府中牝馬Sは0.4秒差ですし、ここは注目してみたいです。

●タフ馬場と夏がイイ
アルマディヴァンは父メジロベイリーの母父マルゼンスキーの母父Buckpasser、母母父Rivermanの父Never Bend、3代母父父Better SelfがLa Troienneを持っていて、特にBuckpasserの母BusandaとBetter SelfはWar AdmiralとLa Troienneを併せ持つのでニアリークロスとなります。こういうタイプは、器用に立ち回ることができるので内枠だったというのも昨年は良かったのでしょう。今年は巧く立ち回った中山牝馬Sで4着、これくらい走れていれば、真ん中くらいの枠なので再度警戒したいです。

●舞台は合いそうだが未知数な面も
ダノンリバティは名繁殖スカーレットレディにエリシオ→キングカメハメハと配されたのでNureyev≒Fairy King4×3、イメージ通りパワーがあります。だからもちろん芝であれば東京・京都<阪神・中京なのでしょうし、マイラーズカップの12着は伸びない外を回しての者だから参考外としても、全世代相手の芝のマイル重賞でやれるかどうかは疑問が残ります。人気先行ならちょっと怖い1頭ですね。

●マイラーズCの内容からここでも通用
ケントオーはLa Troienne→Baby Leagueの牝系で、母系のパワーが強く、ダンスインザダークも母系は米血パワーがすごいので道悪の前走が圧巻の内容(ダンスインザダークの8代母父High TimeはDomino3・3×2、ケントオーの5代母父母Beaming Beautyという馬はDomino3×4・4、こんなあたりも無関係ではないと思うんです)。重賞がどうかというところですが、高速馬場のマイラーズCで外目4番手を追走しながら0.5秒差8着なら上出来でしょう。当然中京なら大崩れはなさそうです。

●Hyperionらしくこれから成長
タガノエスプレッソの母タガノレヴェントンは、タガノトネールも産んでいる名繁殖。キングカメハメハ×トニービン(Hyperion5×3・5)×Nureyev(Hyperion4×4)でNureyev4×3、さらに3代母Likely ExchangeまでもがHyperion5・5×4・4というHyperion凝縮っぷり。だからタガノエスプレッソが2歳時にデイリー杯を勝ったことは少しぶっくりで、さすがにクラシックでは厳しい競馬が続いていたけれども、これから5歳、6歳とどんどん成長していく馬で、もう1つ2つ重賞は獲るはずです。今回は、さすがに前走は流れに恵まれた感があるし、本格化はまだ先だと思っているので厳しいとみます。
でもよく考えてみれば、中京記念を連覇したフラガラッハの母スキッフルはトニービン×Nureyevで、Hyperion凝縮型としては屈指の名繁殖。確かに血統だけみれば面白いっちゃ面白い。

●本来はしぶとい中距離馬
ダローネガは今年で7歳、まだ中山で行われていた朝日杯で3番人気だったのが懐かしいです。母カメリアローズはHyperionとDonatelloとFair Trialという主要血脈を豊富に含んでおり、これはスカーレットインク的(Alibhai的)、ノーザンテースト的(Lady Angela的)粘着力を増幅するので、ダローネガはマイルで差す競馬ばかりやっていますが、本当は1800−2000ベストのしぶとい中距離馬なのだと思います…。それでも能力があるから、タフ馬場の中京記念では3着まで走ります(でも水分を含む馬場は苦手)。デキは良さそうですし、鞍上も強気の騎乗をする藤岡康騎手、ここは買いでしょう。

【まとめ】
難解すぎて1頭に絞れないが、やっぱり最有力はダッシングブレイズとみる。
カオスモスは昨年の内容が悪くなく、当該舞台に相当な適性を感じる。
タガノエトワールミッキードリームと酷似の血統で、大箱のマイルコースはベストの可能性がある。
カレンケカリーナは柔らかい体質で大箱向き、近2走は小回りだったが府中牝馬では勝ち馬から0.4秒差だった。
アルマディヴァンは夏場が良いタイプで、今年もここまで人気薄なら拾っておきたい。
ダローネガは本来しぶとい中距離馬だが、マイルならここだろう。
うーん、タガノエトワールカレンケカリーナかなぁ。

トウショウドラフタ折り合い難から位置取りが後方になるので、古馬相手にまとめて面倒をみれるとは思わないが、ルメール騎手、横山典騎手のように気性難の馬を絶妙なタッチで操る田辺騎手が怖いので切れない。
ピークトラムは馬群を嫌がる気性があるので、真ん中の枠は割り引き。
ダノンリバティは、たしかに芝なら中京が良いだろうが、全世代相手の芝の重賞で勝負になるかはまだ未知数なので過剰人気しているならば切ってみたい。
タガノエスプレッソは母がHyperion豊富な名繁殖だから、これから重賞をもう1つ2つ撮るだろうが、前走はさすがにペースに恵まれ過ぎて、今回デムーロ騎手で過剰人気するならば切りたい。

----------


【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
【Twitter】https://twitter.com/derby6_1
【ブログ】http://derby6-1.hatenablog.com/


執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

2016年07月17日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2016年7月17日号】特選重賞データ分析編(4)〜2016中京記念〜
閲覧 2,711ビュー コメント 0 ナイス 8

次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析!<ピックアップデータ>をはじめ、<追い風データ/向かい風データ>、<注目馬チェック>など貴重な情報満載のウマニティ会員専用コラムを是非あなたの予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3中京記念 2016年7月24日(日)中京競馬場/芝/1600m


<ピックアップデータ>

【“中山芝、中京芝、阪神芝の重賞かオープン特別”における優勝経験の有無別成績(2012年以降)】
○あり [4-3-2-17](複勝率34.6%)
×なし [0-1-2-35](複勝率7.9%)

 中京競馬場がリニューアルオープンし、サマーマイルシリーズ対象レースとなった2012年以降は、ゴール前の直線に急坂のあるコースを得意としている馬が優勢。連対を果たした馬の大半は、中山、中京、阪神でオープンクラスのレースを制した経験のある馬でした。なお「なし」に該当していた馬のうち、“前年か同年、かつ中京芝、かつ1000万下から上のクラスのレース”における優勝経験もなかった馬は2012年以降[0-0-1-33](複勝率2.9%)。好走例すらほとんどありません。

主な「○」該当馬→・・・

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダッシングブレイズの口コミ


口コミ一覧

先週の予想回顧

 すにく 2017年04月25日(火) 03:28

閲覧 30ビュー コメント 0 ナイス 3

土曜日
福島牝馬S。

勝ち馬はウキヨノカゼ。
1200mのイメージから見事脱却。
ペースが上がって、この馬ぐらい踏み遅れがハマる展開になった。
2.3着でさえ仕掛けが速いと悔やむようなレース。

本命ブリガアルタにしろ単穴ロッカフラベイビーにしろ、成長途上の別定重賞では少し狙いが早かったか。

日曜日。
まずはマイラーズC。

勝ち馬はイスラボニータ。
新旧対決は古馬常連の貫禄勝ちで。勝ち切れなかったイメージを強い競馬で勝ち切った。やはり馬券圏内の安定感は揺るぎない。
本命ダッシングブレイズは世代的には結構いい世代だ。
キタサンブラックやドゥラメンテ、サトノクラウンがいる世代。
が、しかしマイルはグァンチャーレ、グランシルクなど少々B級クラス。
今回3着のヤングマンパワーがまだマシな方か。
ダッシングには期待したが…。どこかでG3ぐらいなら取れるだろう。

フローラS。

勝ち馬はモズカッチャン。
中々予想に難しいレースだった。楽に勝ちきれると思われた本命ホウオウパフュームが伸びず、ハービンジャー産駒が連対。
3歳牝馬戦線は更に混迷したように思える。
オークスは難しいだろうな。

 銀色のサムライ 2017年04月24日(月) 20:08
馬券メモ(2017/4/22・23)&ブリーズアッ
閲覧 47ビュー コメント 2 ナイス 10

明日、中山競馬場で2歳のブリーズアップセールが開催されます。

今年のブリーズアップセールには71頭が出てくるのですが、
僕が馬主だったら競り落としたい!と考えている注目馬をここでご紹介したいと思います。

17番・イシュタルキャスト2015(父・ロードカナロア)
19番・サワヤカブラン2015(父・ルーラーシップ)
41番・ジーントウショウ2015(父・ヨハネスブルグ)
58番・アンキャニー2015(父・ロードカナロア)
72番・ダイワスプレンダー2015(父・パイロ)

馬体写真と動画を見た結果、以上の5頭を推す事にしました。

上の5頭は来季のPOG候補でもあるので、
どの馬主がいくらで落札するのか、というところにしっかりと注目していきたいです。

それでは、先週の本命馬を回顧をどうぞ。


【3回京都1日】

■7R ナリタエイト 5人気6着

中団やや前めで脚を溜めていましたが、内からジワジワ伸びたところで入線。
今回は相手も悪かったようですし、調子自体もまだ本物じゃないようですね。

■8R アテンフェスタ 8人気8着

スムーズに先行しているように見えたんですが、直線でバッタリ。
まだまだクラス慣れが必要です。

■9R ビービーブレスユー 8人気5着

外枠から精一杯の競馬をしてくれたと思います。
現級でもハンデ戦ならそこそこ戦えそう。

■10R ディバインコード 1人気1着

控える競馬でしっかりと勝ち切ってくれました。
これまでと比べると相手がかなり弱くなっていたので、勝ってもらわなきゃ困るぐらいの存在でした。

■11R オーヴィレール 1人気1着

開幕週の割にはそこまで時計が速くなく、
1分8秒台の決着になった事が最大の勝因だと思います。

■12R キングライオン 1人気9着

展開が向かなかった、といえばそれまでなんですけど、ここまで負けるとは思ってませんでした。
過剰人気の馬に手を出してしまいましたね…。


【2回東京1日】

■7R レレマーマ 1人気1着

逃げる競馬になるとは思ってなかったんですけど、強かったです。

■8R サノノカガヤキ 7人気15着

押せども押せども前に進出せず、結局シンガリ負け。
こういうムラのある馬の扱いはもっと慎重にしなければいけませんね。

■9R サトノルーラー 2人気7着

追い切りでレレマーマをあおったようですが、サッパリ。
展開不向きな中でも良い脚を使っていれば次にメドが立つんですけどね…。

■10R レアリスタ 1人気1着

相手云々ではなく、レースで折り合いがつくのかどうか、というタイプなので、
しっかりと折り合いがついた時点で勝ち確でした。

■11R ベストマッチョ 1人気7着

砂を被る競馬になって、ずっと走りづらそうにしていました。
次は降級戦になるでしょうから、降級したら実力上位だと思います。

■12R レインボーラヴラヴ 5人気10着

もう中央場所じゃ通用しないのでしょうか。
思い切った戦法で勝負してほしかった、という思いもありますが、完敗でした。


【1回福島5日】

■7R ベストプレディクト 4人気10着

前走3着の内容を評価したんですけど、
勝負どころでのペースアップに全く対応できませんでした。

■8R メイショウボノム 1人気1着

マイページで逃げてしまえばこっちのものです。
1000mだと忙しい、1200mだと長い、というタイプなので、1150mはピッタリでした。

■9R ダブルフラワー 4人気5着

前走みたいな控える競馬をしてほしかったんですが、今回は道中でマクる競馬に。
タイトな競馬でも5着に入っているので力はあると思うんですけど、上手く噛み合いません。

■10R ミスドバウィ 2人気1着

初の1200mだったので、速い流れに対応できない事だけが心配でしたが、問題なかったです。
内枠を引いて、楽にハナを奪えたのも良かったです。

■11R(福島牝馬S)ウキヨノカゼ 3人気1着

やや促しながらの追走で、ゴール板手前で一気に差し切りました。
相手が抜けて馬券は外しましたけど、馬は精一杯の走りをしてくれました。

■12R ショートストーリー 2人気2着

好位で控える競馬で結果が出たのは良かったです。
でも、トップハンデ馬の単勝買いは大失敗でした。


【3回京都2日】

■7R ラバニーユ 3人気1着

鮮やかなイン突きで見事1着。
でも、今回はハマった勝利ですので、昇級するとさすがに厳しいと思います。

■8R トウカイエクレール 2人気1着

出入りの激しい競馬になりましたが、武豊騎手が冷静に騎乗していました。
次は降級戦になりそうですし、連勝も期待できる器だと思います。

■9R アドマイヤロブソン 1人気1着

まだまだこれからの馬ですけど、
良化途上の中できっちり勝ち切るのはさすがです。

■10R ドラゴンバローズ 1人気7着

スタートの出遅れが響きましたが、
長めの距離のレースでずっと外々を回る形になってしまうと脚を失くすのは必然ですよね…。

■11R(マイラーズC)ダッシングブレイズ 6人気8着

上位馬が上がり3ハロン32秒台の末脚を繰り出す展開に全く対応できませんでした。
マル外の馬に高速馬場で好走しろ、というのは無理な話ですから、予想が外れるのも当然だと思います。

■12R キロハナ 1人気1着

ペースが速くなって、レース運びがしやすい展開になったのも良かったと思います。
条件戦を走ってるうちは上位争いしてくれるでしょう。

【2回東京2日】

■7R フィスキオ 11人気8着

ちょっとペースは速かったように見えましたが、
残り400mでは勝ち切りそうな雰囲気でしたし、展開が噛み合えば現級でも上位争いできそう。

■8R ロンバルディア 3人気3着

差し馬向きの流れになっての3着でしたから、
今回は相手が悪かったです。

■9R コスモナインボール 4人気4着

平均ペースから早めに動いて粘り込む、という理想的な競馬をしてくれました。
直線でヨレまくっていたので、まだ調子自体は上がってきていないようです。

■10R シュテルングランツ 1人気8着

1600万下では全然勝負にならなかった馬でしたけど、
55kgなら何とかなる、と考えて◎にしましたが、やはり1600万下の壁は厚かったです。

■11R(フローラS)キャナルストリート 8人気12着

レース運びは申し分なかったと思います。単純に力が足りなかったですね。
瞬発力勝負でも苦しいようなので、もっと上がりが掛かる馬場状態ならないと厳しいタイプのようです。

■12R クラシコ 1人気3着

自己ベストの時計で走っての3着でしたから、相手が悪かったとしか言いようがありません。
もっと上位2頭の実力を評価すべきでした。


【1回福島6日】

■7R ミュゼリバイアサン 1人気3着

マイペースで逃げてくれましたが、今回も最後の最後で後続に差されてしまいました。
いつも堅実に走ってくれるんですけどね…。

■8R ローザルージュ 10人気13着

スタートで出遅れて後方からの競馬に。
結果的には差し馬が上位に来ているので、後方で脚を溜めていたらどうなっていたか…
と思ってしまいますけど、出遅れを挽回しようとする騎手の心理も理解しなければいけません。

■9R サルドナ 1人気6着

相手なりにしか走れないタイプなのは承知しているのですが、
今回のメンバーなら2着以内に入っても…と考えてしまいました。

■10R コティニャック 1人気5着

直線入り口での手応えが抜群で突き抜けそうな雰囲気だったんですけどね…。
いくら実績上位でも10ヶ月の休み明け初戦に◎というのは無謀でした。

■11R ワンダフルラッシュ 4人気12着

直線平坦コースの福島は合うと思っていましたが、
肝心のスタートで出遅れてしまってはどうしようもありません。

■12R レッドカイザー 5人気5着

今開催の秋山騎手は道中でマクる競馬をしていたので、
今回もマクる競馬を期待して狙ってみましたが、5着に入るのがやっとでした。


京都と東京の開催がスタートしたものの、
なかなか上手くいきませんね…。

福島牝馬Sのウキヨノカゼは単勝勝負が正しかったんですけど、
追い込み一手の馬を単勝で買って良い思いをした記憶があまりないので、
単勝勝負に踏み切る事ができなかったです。

本命馬の好走率もイマイチですし、
我慢の日々が続きそうですが、我慢する中で風向きが良くなるきっかけを掴めれば、と思っています。

[もっと見る]

 昭島のよっちゃん 2017年04月23日() 17:30
ヽ(´□`。)ノ・゚ヤッタアァァアァン・・ビンゴ達 
閲覧 35ビュー コメント 0 ナイス 11

写真は、今週の「競馬でビンゴ」の私の成績です

今週の予想結果・・買い目を馬連から馬単にしました
(私の買目は、◎単勝と◎○▲△の馬単・3連単のBOXです)


土曜メインレースの予想結果です     


福島11R 福島牝馬ステークス G掘ー1,800

 ◎ クロコスミア       7着(2番人気)
 ○ クインズミラーグロ    3着(1番人気)
 ▲ ▲魯團優好瀬鵐機次   。隠加紂複隠家嵜裕ぁ
 △ Д肇Εイシェーン     8着(13番人気)
1着ウキヨノカゼを外し当たり無し

ビンゴ馬:クインズミラーグロ  3着(1番人気)塗りつぶし無し



京都11R 彦根ステークス 1600万下 芝1,200

 ◎ サザンライツ      10着(1番人気)
 ○ ゥーヴィレール      1着(2番人気)
 ▲ .淵ぅ鵐謄ルズ      2着(3番人気)
 △ プレイズエターナル    4着(6番人気)
2着ワキノヒビキを外し当たり無し

ビンゴ馬:サザンライツ    10着(1番人気)10着マスを塗りつぶし



東京11R オアシスステークス ダート1,600

 ◎ ┘妊アデルレイ     13着(2番人気)
 ○ Ε戰好肇泪奪船隋     。恵紂複曳嵜裕ぁ
 ▲ ストロングバローズ   16着(5番人気)
 △ アルタイル        1着(4番人気)
2着センチュリオンを外し当たり無し

ビンゴ馬:アルタイル      1着(4番人気)1着▲泪垢鯏匹蠅弔屬





日曜メインレースの予想結果です

      
福島11R 福島中央テレビ杯 1000万下 芝1,200

 ◎ ぅ侫献離僖鵐機次    。隠叡紂複曳嵜裕ぁ
 ○ シルヴァーコード     3着(2番人気)
 ▲ エルカミーノレアル    5着(6番人気)
 △ ┘侫ノグローリア     6着(12番人気)
1着キョウワゼノビアを外し当たり無し

ビンゴ馬:エルカミーノレアル  5着(6番人気)塗りつぶし無し



京都11R 読売マイラーズカップ G供ー1,600

 ◎ ぅ┘▲好團優襦     。加紂複曳嵜裕ぁ
 ○ Д廛蹈妊ガルサン    7着(4番人気)
 ▲ イスラボニータ     1着(2番人気)
 △ ゥ瀬奪轡鵐哀屮譽ぅ此  。乎紂複業嵜裕ぁ
馬単(1,240円)が当たり

ビンゴ馬:Д廛蹈妊ガルサン  7着(4番人気)7着マスを塗りつぶし



東京11R フローラステークス G供ー2,000
 
 ◎ ディーパワンサ     14着(6番人気)
 ○ ゥ曠Εウパフューム    8着(1番人気)
 ▲ フローレンスマジック   3着(2番人気)
 △ 哀譽奪疋灰襯妊ス     5着(11番人気)
1着モズカッチャンを外し当たり無し

ビンゴ馬:メイショウササユリ 18着(18番人気)18着マスを塗りつぶし




POG馬の出走結果

22日(土)京都競馬場10R橘ステークス(芝1,400)にサトノアリシア・牝・平田修厩舎(栗東)・筆頭オーナーが出走→9着
4コーナーで外を回ったので、距離的に不利も有ったが、直線伸びず

23日(日)東京競馬場6R500万下(ダート1,600)にフィスキオ・牡・栗田徹(栗東)・筆頭オーナーが出走→8着
4コーナーヲ抜けてトップにたつも、坂を上って失速

23日(日)東京競馬場11RフローラS G供兵2,000)にディーパワンサ・牝・松下武士(栗東)・筆頭オーナーが出走→14着
直線伸びず・・・

23日(日)東京競馬場11RフローラS G供兵2,000)にピスカデーラ・牝・池添学厩舎(栗東)が出走→16着
直線伸びず・・・


★メインレースの予想は、6レース中、1レースで馬単が当たる



★「競馬でビンゴ」は、今週でビンゴ達成!!  来週で幾つビンゴが出来るか?
  
 

★myPOG馬は、4頭が出走し掲示板に載った馬は無し・・・・残念
 

※ビンゴ馬については、下記の日記を参照下さい

http://umanity.jp/home/view_diary.php?id=c5b875378c&owner_id=2ec1608dab




★次週の特別登録


29日東京競馬場11R青葉賞(芝2,400)にタガノアシュラが登録

[もっと見る]

ダッシングブレイズの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

ダッシングブレイズの写真

ダッシングブレイズ

ダッシングブレイズの厩舎情報 VIP

2017年4月23日読売マイラーズカップ G28着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ダッシングブレイズの取材メモ VIP

2017年4月23日 読売マイラーズカップ G2 8着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。