注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ブラックスピネル(競走馬)

注目ホース
ブラックスピネル
ブラックスピネル
ブラックスピネル
写真一覧
現役 牡4 黒鹿毛 2013年2月14日生
調教師音無秀孝(栗東)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績14戦[4-3-1-6]
総賞金14,616万円
収得賞金4,950万円
英字表記Black Spinel
血統 タニノギムレット
血統 ][ 産駒 ]
ブライアンズタイム
タニノクリスタル
モルガナイト
血統 ][ 産駒 ]
アグネスデジタル
タンザナイト
兄弟 モーヴサファイア
前走 2017/02/05 東京新聞杯 G3
次走予定

ブラックスピネルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/02/05 東京 11 東京新聞杯 G3 芝1600 10226.431** 牡4 56.0 M.デムー音無秀孝506(-6)1.34.9 -0.032.7プロディガルサン
17/01/05 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 181113.162** 牡4 55.0 福永祐一音無秀孝512(-10)1.32.8 0.034.7⑥⑧エアスピネル
16/12/10 阪神 11 チャレンジC G3 芝1800 187146.525** 牡3 55.0 C.ルメー音無秀孝522(+18)1.46.6 0.135.4⑥⑤マイネルハニー
16/10/22 東京 11 富士S G3 芝1600 1181032.687** 牡3 54.0 大野拓弥音無秀孝504(-2)1.34.4 0.433.7⑨⑧ヤングマンパワー
16/10/02 阪神 11 ポートアイS OP 芝1600 14222.014** 牡3 54.0 松若風馬音無秀孝506(+8)1.34.9 0.533.6⑪⑪ウインプリメーラ
16/07/03 福島 11 ラジNIK賞 G3 芝1800 168164.125** 牡3 57.0 武豊音無秀孝498(-4)1.47.3 0.334.1⑮⑮⑮⑬ゼーヴィント
16/05/28 京都 10 白百合S OP 芝1800 10895.631** 牡3 57.0 武豊音無秀孝502(0)1.47.8 -0.033.5④④メートルダール
16/05/07 京都 11 京都新聞杯 G2 芝2200 148134.924** 牡3 56.0 C.ルメー音無秀孝502(+8)2.13.0 0.434.6⑤⑥④スマートオーディン
16/02/28 阪神 9 すみれS OP 芝2200 10552.612** 牡3 57.0 武豊音無秀孝494(-10)2.13.4 0.235.3ジョルジュサンク
16/01/23 京都 10 若駒S OP 芝2000 8884.733** 牡3 57.0 松若風馬音無秀孝504(+4)2.02.9 0.533.0⑧⑧⑦⑦マカヒキ
15/12/27 中山 9 ホープフルS G2 芝2000 1381313.964** 牡2 55.0 松若風馬音無秀孝500(-4)2.02.4 0.635.8ハートレー
15/10/31 京都 8 萩ステークス OP 芝1800 5446.131** 牡2 55.0 松若風馬音無秀孝504(0)1.47.6 -0.133.5スマートオーディン
15/09/19 阪神 9 野路菊S OP 芝1800 9664.122** 牡2 54.0 松若風馬音無秀孝504(+8)1.48.0 0.235.9ロスカボス
15/07/19 中京 5 2歳新馬 芝2000 117910.351** 牡2 53☆ 松若風馬音無秀孝496(--)2.09.1 -0.034.6ゼンノタヂカラオ

ブラックスピネルの関連ニュース

 2月25日の阪神11Rで行われた第26回アーリントンカップ(3歳オープン、GIII、芝・外1600メートル、別定、12頭立て、1着賞金=3800万円)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の1番人気ペルシアンナイト(牡3歳、栗東・池江泰寿厩舎)が重賞初制覇。タイムは1分34秒1(良)。道中は抜群の手応えで中団の後ろを追走。直線であっさり抜け出し、ゴール前も余裕たっぷりの手応えで後続を突き放した。

 「とてもうれしい。前走(シンザン記念3着)は少し馬場が悪くて、直線でもスペースがなかった。きょうはスムーズに外に出せていい脚を使ってくれた」とミルコ・デムーロ騎手。2月5日の東京新聞杯・GIII(ブラックスピネル)、12日の京都記念・GII(サトノクラウン)、19日のフェブラリーS・GI(ゴールドドリーム)に続いての4週連続重賞勝利で目下、ノリノリ状態だが、「去年も同じ感じだったけれど、その後に(皐月賞で)騎乗停止になったから気をつけたい」と気持ちを引き締めるシーンも。

 3馬身差の2着には大外から追い込んだレッドアンシェル(6番人気)、さらに1馬身3/4離れた3着に好位追走から内めを伸びたディバインコード(3番人気)。

 アーリントンカップを勝ったペルシアンナイトは、父ハービンジャー、母オリエントチャーム、母の父サンデーサイレンスという血統。北海道安平町・追分ファームの生産馬で、馬主は(株)G1レーシング。戦績は5戦3勝。重賞初勝利。アーリントンCは、池江泰寿調教師は初優勝。ミルコ・デムーロ騎手は2016年レインボーラインに次いで2勝目。

★25日阪神11R「アーリントンカップ」の着順&払戻金はこちら

【あすなろ賞】モーヴサファイアが馬群を割って2勝目 2017年02月13日(月) 15:19

 2月13日の小倉10R・あすなろ賞(3歳500万下、芝2000メートル)は、北村友一騎手騎乗の2番人気モーヴサファイア(牝、栗東・池添学厩舎)が、直線で馬群を割って伸び2勝目をマークした。タイムは2分0秒0(良)。1馬身1/2差の2着にワンダープチュック(3番人気)が入り、さらに1馬身1/4差の3着にロードアルバータ(1番人気)が入った。

 モーヴサファイアは、父ハービンジャー、母モルガナイト、母の父アグネスデジタルという血統。半兄のブラックスピネル(父タニノギムレット)は、東京新聞杯・GIIIの勝ち馬。

 ◆北村友一騎手「特にポジションはこだわらず、この馬のリズムで競馬をしようと思っていました。まだ追ってからモタモタするところがありますが、そのあたりは成長するにつれて、解消されればいいですね」

★13日小倉10R「あすなろ賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【京都記念】ミッキーロケット半馬身遅れも充実 2017年02月08日(水) 11:52

 日経新春杯シャケトラとの激闘を制し重賞初Vを飾ったミッキーロケットが、同期のダービー馬マカヒキを相手にどんなパフォーマンスを見せるのか、注目だ。

 栗東坂路で重賞の常連ヒストリカルを追いかけた。テンから勢いあるフットワークで13秒8−13秒2と加速しながら差を詰め、3F目からは11秒9−12秒3とペースアップ。ゴールでは半馬身遅れたものの、充実を感じさせる内容だった。

 「先週もいい感じだったが、さらに良くなっている感触。ラストは少し左に向き加減だったが、途中まではいい感じでハミが抜けていた。最後は癖みたいなもの。すぐには直らないかな」と、騎乗した和田騎手。

 マカヒキとの対戦を前に、「前走はスタートも良く直線で待つ余裕も。差し返す勝負根性も見せた。最高スピードに達するまでに少し時間がかかるが、ギアが上がってしまえば切れる」と、ジョッキーは力強い。音無厩舎は先週のきさらぎ賞アメリカズカップ東京新聞杯ブラックスピネルで快勝。今週も続く可能性は十分にある。(夕刊フジ)

京都記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京都記念】連射ロケット!音無勢2週で重賞3勝へ 2017年02月08日(水) 05:06

 京都の日曜メインは京都記念(12日、GII、芝2200メートル)。マカヒキサトノクラウンと2頭のGI馬に注目が集まるが、ミッキーロケットも素質はヒケを取らない。着実に成長しながら才能を開花させ、4歳初戦の日経新春杯で重賞初制覇。先週、東西で重賞制覇を決めた音無厩舎の勢いにも乗って、実績馬に真っ向勝負を挑む。

 厩舎の勢いに乗って今週も重賞を制圧だ。5日に東京新聞杯ブラックスピネル)、きさらぎ賞アメリカズカップ)と東西で重賞を制覇した音無厩舎が、今週はミッキーロケットで2週連続の重賞Vを狙う。

 「できすぎですよ」。アメリカズカップも手がける橋本美助手は、担当馬の活躍に笑みをこぼす。

 3歳春の時点では世代のトップクラスと大きな差があったが、着実に力をつけて飛躍した。昨年の神戸新聞杯では、菊花賞有馬記念を制して最優秀3歳牡馬に輝いたサトノダイヤモンドとクビ差の接戦を演じて2着。前走の日経新春杯シャケトラとの壮絶な叩き合いをハナ差で制し、重賞初制覇を飾った。

 「筋肉がぶ厚くなってたくましくなりました。精神面の成長も大きいですね。ゲートの中でじっとできるようになって、(スタートは)もう心配ないと思います」と橋本助手。心身両面の充実が結果に結びついている。

 神戸新聞杯からコンビを組んでいる和田騎手も「切れる脚があって、上手に走れるところがいい。競馬の幅も広がってきているし、まだ伸びしろはあると思っています」とパートナーにかける期待は大きい。

 前走後も順調だ。「使って状態は上向いているし、体が絞れて反応が良くなっています」と橋本助手。今回はダービー馬マカヒキや、香港ヴァーズを制したサトノクラウンなど相手は強力だが、引け目は全く感じていない。「マカヒキは強すぎ。でも相手は休み明けだし、こちらも成長していますから。楽しみの方が大きいですよ」。同世代のダービー馬に敬意を表しつつも、強気な姿勢を崩さない。

 ノンストップで春の大舞台へ。強い4歳世代の遅れてきた大物が、重賞連勝を決めて一気にスターダムへのし上がる。

京都記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【東京新聞杯】ブラックスピネル、ミルコ魔術で逃走V! 2017年02月06日(月) 05:09

 第67回東京新聞杯(5日、東京11R、GIII、4歳上オープン国際、別定、芝1600メートル、1着本賞金3900万円 =出走10頭)好スタートを切ったミルコ・デムーロ騎乗の3番人気ブラックスピネルが、超スローペースに持ち込んでまんまと逃げ切り、重賞初制覇を果たした。タイム1分34秒9(良)。次走はマイラーズCの予定で、安田記念が春の大目標となる。クビ差2着は5番人気のプロディガルサン。1番人気エアスピネルが3着で、4歳馬が上位を独占した。

 東京の長い直線を先頭のまま加速していった。3ハロン37秒2のウルトラスローペースを、ブラックスピネルが上がり3ハロン32秒7で逃げ切りV。京都金杯ハナ差2着の雪辱を果たして、重賞初Vを飾った。

 「京都でも音無先生の馬が勝っていたからね。返し馬からずっと手応えがよかったし、いい馬です。大好きですよ」

 今年重賞初勝利のミルコ・デムーロ騎手が満面の笑みを見せた。少頭数で逃げ馬不在。スローペースは覚悟していたが、「ハナを切ることは考えていなかった」。それでも、好スタートを切ったことで思い切って逃げの手で勝負に出た。

 「物見して息が入っていた。ずっと(柴田)大知の馬(マイネルアウラート)が来ていたのもよかったね」

 リラックスと、ほどよい緊張感が最後の爆発力につながった。プロディガルサンの猛追もクビ差しのいでフィニッシュ。きさらぎ賞で1、3着に入った厩舎の勢いはここでも止まらなかった。

 京都でテレビ観戦した音無調教師は「前につけてほしい、とは言ったけど、まさか逃げるとは」と驚きを隠せない。昨年の最優秀短距離馬ミッキーアイルが引退した厩舎に、新たなスター候補が誕生。この日、馬を引いていたのは、アイルを担当していた平井助手だ。今回だけの担当だったようだが「代打だからこそ勝負のつもりでした。体も絞ってつくりましたから」と胸を張った。

 この後はマイラーズC(4月23日、京都、GII、芝1600メートル)を予定。もちろんその先には安田記念(6月4日、東京、GI、芝1600メートル)という大目標が控えている。逃げても豪脚が繰り出せるブラックスピネルに、マイル王への道が開けた。 (柴田章利)

★「ドキドキしちゃった」60万円ゲット

 クラブ法人サンデーサラブレッドクラブでブラックスピネルに出資(40分の1)しているタレント、カンニング竹山(45)が5日、フジテレビ系「みんなのKEIBA」に出演。愛馬の重賞初Vを見届けた。「放心状態で、ただドキドキしちゃった…。(M・デムーロは)うまいね〜」と満面の笑み。他の出演者から祝福された。

 竹山はブラックスピネルが初めての出資馬。同馬は総額2800万円(1口70万円×40口)で募集され、すでに1億4000万円以上を獲得している。東京新聞杯は1着本賞金が3900万円。進上金やクラブ手数料、消費税などが引かれ、約60万円が竹山の手元に入る計算だ。キタサンブラックを所有する歌手、北島三郎(80)に続き、芸能界と競馬界が活気づいている。

★5日東京11R「東京新聞杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【きさらぎ賞】伏兵アメリカだ!12キロ減ってキレ増した 2017年02月06日(月) 05:06

 第57回きさらぎ賞(5日、京都11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、別定、芝・外1800メートル、1着本賞金3800万円 =出走8頭)松若風馬騎乗で、好位から早めに進出した6番人気の伏兵アメリカズカップが、直線で力強く抜け出して快勝。重賞初勝利を飾った。音無秀孝調教師は、自身2度目の同日JRA重賞V。タイム1分50秒1(重)。単勝1・4倍の圧倒的1番人気に支持されたサトノアーサーは、1馬身3/4差の2着に敗れ、デビュー3戦目で初黒星を喫した。

 6番人気の伏兵とは思えない横綱相撲だった。雨が止んだ淀のターフで、アメリカズカップが堂々と突き抜け、有力馬を完封。松若騎手の笑顔がはじけた。

 「前回(朝日杯FS9着)は出遅れましたが、今回はうまく流れに乗れました。馬場が馬場なので、早めに仕掛ける形に。最後までノメらずに走ってくれました」

 道中は3番手で力を温存。重馬場を考慮し、鞍上は3コーナーあたりから相棒に頑張りをうながす。仕掛けながら直線に向くと、しぶとく脚を伸ばす長所を発揮。前を行くプラチナヴォイスを早々とかわして先頭に立つと、断然人気のサトノアーサーを寄せ付けなかった。デビュー4年目の21歳は馬場状態を考慮しつつ、パートナーの持ち味を存分に引き出す好騎乗。「今後が楽しみな馬です」と目を細めた。

 音無調教師は12キロ減の馬体重に「きょうは走らないかと思った」と胸の内を明かし、「結果的には(馬体減は)良かったのかな」と続けた。10分後の東京新聞杯ブラックスピネルで制し、同日の東西重賞を制覇。2009年10月11日(毎日王冠カンパニー、京都大賞典オウケンブルースリ)以来、自身2度目の快挙を成し遂げ、「こんなこともあるんだね」と満足げにうなずいた。

 今後は馬体回復を優先し、短期放牧を挟んで皐月賞(4月16日、中山、GI、芝2000メートル)に直行する見込み。「まずは減った体を戻さないと」とトレーナーは気を引き締め、松若騎手も「これからさらにパワーアップしてくれると思うので」と期待をかける。

 昨年はサトノダイヤモンドが制したクラシックの登竜門を勝ち、重賞初Vとなった谷掛龍夫オーナーは「ダービー(5月28日、東京、GI、芝2400メートル)が目標です。松若騎手には最初から乗ってもらっていますし、このままダービーへ」と明言。“競馬の祭典”に今から胸を躍らせている。 (宇恵英志)

★5日京都11R「きさらぎ賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ブラックスピネルの関連コラム

閲覧 789ビュー コメント 0 ナイス 6

先週は5(日)に東京競馬場でG3東京新聞杯が京都競馬場でG3きさらぎ賞がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3東京新聞杯ブラックスピネルがハナを主張、前半の600m通過37秒2(参考)の超スローペースを刻んで直線コースへ差し掛かります。
 
逃げるブラックスピネルのリードは半馬身、2番手にピタッと馬体を併せる形でマイネルアウラート、その後方にはヤングマンパワー、内からはダイワリベラル、やや間が空いた中団にプロディガルサンエアスピネルの態勢。
 
残り200mを通過、以前逃げるブラックスピネルのリードは1馬身、ここでマイネルアウラートの脚色が一杯になるとエアスピネルプロディガルサンの2頭が追い込んで3頭が勝負圏内!残り50mを通過、エアスピネルが伸びきれず、粘るブラックスピネル、追い込むプロディガルサン2頭の叩き合い!僅かにブラックスピネルプロディガルサンの追撃を封じ込んで優勝しました!クビ差の2着にプロディガルサン、そこから半馬身差の3着にエアスピネルが入っています。
 
公認プロ予想家では☆まんでがんプロ他8名が的中しています。
 
G3きさらぎ賞タガノアシュラが先頭で直線コースへ。直線に入るとすぐさま2番手につけていたプラチナヴォイスタガノアシュラを交わして先頭、その外にアメリカズカップ、人気のサトノアーサーはこれを見る形で追い出しにかかります。
 
残り200mを通過、ここで先頭のプラチナヴォイスを捉えてアメリカズカップが単独先頭に立つと後続を引き離して抜け出す形、ゴール前でようやく内からダンビュライト、外からはサトノアーサーも追い込んできますが2番手まで!アメリカズカップが先行抜け出しの横綱競馬で初重賞制覇を飾りました!1馬身3/4差の2着にサトノアーサー、そこからアタマ差の3着にダンビュライトが入っています。
 
公認プロ予想家では岡村信将プロ他12名が的中しています。
 
------------------------------------------------------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →河内一秀プロ
4(土)京都11Rで単勝143倍の大穴ウォータールルドを▲に抜擢!△◎▲の印で3連複を的中させ、18万2030円を払い戻しました!同日の東京9Rでも◎ダノンキングダムウインイクシード×レジェンドセラーの印で単勝4倍、3複17.4倍、3単142.6倍を本線的中!6万6580円を払い戻しました!週末トータル回収率157%、収支プラス12万3260円をマークしています。
  
☆☆☆注目プロ →西野圭吾育成プロ
4(土)東京7Rで単勝56.2倍の◎ハットラヴからの馬連145.8倍、3連複389.9倍を仕留め、13万6300円を払い戻しました!翌日の東京2Rでは『久々にゲート出たエムオーグリッタは先手奪いにいって力んでしまった。ダートの走りは上々で、これなら差す競馬の方がよさそう。距離は芝のレースを見る限りOKのハズで』と狙った◎エムオーグリッタと▲クインズウィンダムの馬連22.6倍を1800円的中させ、4万680円を払い戻しました!週末トータル回収率138%、収支プラス8万3090円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
勝負レースに指定した5(日)京都11Rきさらぎ賞で『折り合いよーいドンの競馬になることは明白。京都1800mは差し・追込が有利なコースであり、ディープに続きマンハッタンカフェ産駒の活躍が目立つ』と▲にアメリカズトップを抜擢!馬連9.6倍を5000円仕留め、4万8000円を払い戻し!同日の東京8Rでは単勝21.2倍のハシカミを本命に抜擢し、3連複517.4倍を300円的中!15万5220円の高額払い戻しを達成しました!週末トータル回収率108%、収支プラス4万240円をマークしています。
 
この他にも蒼馬久一郎プロ(111%)、おかべ育成プロ(107%)、マカロニスタンダーズ(107%)が回収率100%超の活躍を見せています。
 
※全レースの結果速報はこちら
    
来週も競馬プロ予想MAXにご期待ください!


登録済みの方はこちらからログイン

2017年02月06日(月) 18:15 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』2/5の結果(東京新聞杯)
閲覧 260ビュー コメント 0 ナイス 2

2月5日(日)に行われました東京11Rの「東京新聞杯G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【2位】△ブラックスピネル(6.4倍)
2着:総合ポイント【8位】▲プロディガルサン(11.4倍)
3着:総合ポイント【1位】◎エアスピネル(1.8倍)

第1グループ・総合ポイント1位のブラックスピネルが1着、第4グループ・総合ポイント8位のプロディガルサンが2着、第1グループ・総合ポイント1位のエアスピネルが3着という結果でした。

私の期待した◎エアスピネルは3着。あの超スローでは物理的に厳しい位置取りでしたし、瞬発力勝負もこの馬には合いませんでしたね(*´Д`) 今後の巻き返しに期待したいところです!

【馬単流し】
7

2,3,5 

計3点 払い戻し0円

[もっと見る]

2017年02月05日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第243回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜東京新聞杯 G3
閲覧 411ビュー コメント 0 ナイス 4

みなさんこんにちは!

本日は「東京新聞杯 G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、エアスピネルブラックスピネルの2頭。
第2グループ(黄)は、ヤングマンパワーブラックムーンまでの2頭。
第3グループ(薄黄)は、ダイワリベラルタガノブルグの2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと上位間では総合ポイント2位のブラックスピネルヤングマンパワー間に2.2の溝、総合ポイント6位のタガノブルグマイネルアウラート間に1.4の溝が生まれています。

私の本命は◎エアスピネルとします。前走は厳しい流れを引っ掛かりながら押し切る強い内容。着差以上に強い競馬でした。久々のマイル戦を一度使われた今回は慣れも見込めますし、懸念される降雨も問題ない馬。ある程度折り合えれば圧勝まであると思っています。対抗には○マイネルアウラート。馬場予想が難しいですが、本日の傾向なら内を通る馬にアドバンテージがある状態で昨年以上も十分です。以下、出来絶好で距離短縮が面白そうな▲プロディガルサンブラックスピネルと印を打ちます。

【馬単流し】
7

2,3,5

1番人気からですし、ここは配当を考えて馬単で勝負します!

[もっと見る]

2017年02月05日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/東京新聞杯 G3(いっくんプロ)
閲覧 498ビュー コメント 0 ナイス 3

 本日登場してもらうのは、1月に特大ホームランを何本もかっ飛ばし、プラス400万円超というとてつもない月間収支を叩き出したウマニティ公認プロ予想家のいっくんさんさんです。大穴予想家とは思えないほどの抜群の安定感は驚異の一語。毎週どこかのレースで大きい的中を決めていますので、今回のターゲットの東京新聞杯で炸裂することに期待しましょう。
少頭数ゆえに隊列が短くなり、追い込みも届きそう」と展開を予想したいっくんさんの本命はロイカバード。「速い上がりの脚を持ち、東京にも実績がある。雨で多少馬場が重くなっても大丈夫」と評価しました。
 対抗は「折り合いが課題だが、能力は断然」のエアスピネル。単穴は「東京コース功者で、過去3戦3勝の戸崎に鞍上が戻るヤングマンパワー。以下、ブラックスピネルマイネルアウラートの順に押さえ、馬券は3連単FM→Б↓と→↓→Г脳”蕕靴泙后K椒譟璽弘奮阿いっくんプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。 予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】覆面ドクター・英プロの安田記念予想
3連単12万7190円を7点買いで的中!178万1400円払戻


「競馬プロ予想MAX」には総勢29名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2017年01月29日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年01月29日号】特選重賞データ分析編(32)〜2017年東京新聞杯〜
閲覧 2,696ビュー コメント 0 ナイス 5

次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 東京新聞杯 2017年02月05日(日) 東京芝1600m


<ピックアップデータ>

【“東京芝1400〜1800m、かつ1000万下から上のクラスのレース”における連対経験の有無別成績(2010年以降)】
○あり [7-6-4-55](複勝率23.6%)
×なし [0-1-3-32](複勝率11.1%)

 2010年以降の優勝馬7頭は、いずれも東京芝マイル前後のレースに十分な実績があった馬。昨年は該当馬8頭のうち4頭が1〜4着を占め、3連複7万6830円、3連単35万3160円の高額配当決着となりました。年々このファクターの重要度が上がっている印象もあるので、ぜひ注目してみてください。

主な「○」該当馬→

[もっと見る]

2017年01月10日(火) 18:25 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(1/5〜1/8)いっくんプロが新年早々収支プラス313万超の大爆発!
閲覧 1,030ビュー コメント 0 ナイス 8

先週は5(木)にG3日刊スポーツ賞中山金杯、G3スポーツニッポン賞京都金杯が、8(日)にG3フェアリーステークス、G3シンザン記念がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3中山金杯はダノンメジャーが先頭で直線コースへ。粘るダノンメジャーですが、残り200m地点でクラリティスカイがこれを捉えて先頭!その直後、外からツクバアズマオーが脚を伸ばして2頭が抜け出す形に!内クラリティスカイ、外ツクバアズマオー、激しい叩き合いとなりましたが、坂を上がってもうひと伸びを見せたツクバアズマオーがゴール前でクラリティスカイを差し切って優勝しました!3/4差の2着にクラリティスカイ、そこから2馬身半差の3着にシャイニープリンスが入っています。
  
公認プロ予想家では馬券生活プロ他8名が的中しています。
 
G3京都金杯はペイシャフェリスが先頭で直線コースへ。直線に入ると2番手マイネルハニーペイシャフェリスを交わして先頭、後続は団子状態、各馬追い出しにかかります。残り200m、ここでエアスピネルが先頭に立つとワンテンポ遅れてブラックスピネルが猛追!ゴール前ではクビの上げ下げの接戦となりましたが、わずかにエアスピネルブラックスピネルの追撃を振り切って優勝しました!ハナ差の2着にブラックスピネル、そこから半馬身差の3着にフィエロが入っています。
 
公認プロ予想家ではシムーンプロ他13名が的中しています。
 
G3フェアリーステークスツヅクが先頭で直線へ。直線半ばで逃げるツヅクを交わした1人気アエロリットが先頭に代わって200mを通過、2番手には大外から脚を伸ばすライジングリーズン!残り100mを通過、ここでややアエロリットの脚色が鈍ると外ライジングリーズンが一完歩ごとに差を詰め、ゴール前で差し切って優勝!3/4差の2着にアエロリット、そこからクビ差の3着にモリトシラユリが入っています。
  
公認プロ予想家ではくりーくプロが的中しています。
 
 
G3シンザン記念メイショウソウビが先頭で直線コースへ。直線に入ると2番手グループが一気に押し寄せて中からトラストが先頭、内からはペルシアンナイト、外からは馬体併せるようにマイスタイルタイセイスターリーと4頭が抜け出しての追い比べ!残り100m、ここで道中最後方に位置していたキョウヘイが前を行く4頭の間を割って一気に先頭立つとゴールまで力強く伸びて優勝!豪快な内容で初重賞制覇を飾りました!1馬身差の2着にタイセイスターリー、そこからハナ差の3着にペルシアンナイトが入っています。
 
公認プロ予想家ではサラマッポプロ☆まんでがんプロが的中しています。
 
------------------------------------------------------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
8(日)京都12Rで◎ストンライティングを1着固定、○ショパンを2、3着に置いた3連単流しで28万1250円を1000円的中!281万2500円の高額払い戻しを達成しました!5(木)中山5Rでも◎マイネルパンドーロポールヴァンドル×トータルソッカーの印で78万7600円を払い戻し!週末トータル回収率536%、収支プラス313万9900円の大爆発週となりました!
 
☆☆☆注目プロ →セイリュウ1号
7(土)京都12Rで◎スペシャルギフト(23.7倍)○デンコウリキ(83.0倍)の大本線的中!ワイド144倍を4000円、3連複1795倍を300円的中させ、111万4500円を高額払い戻し!8(日)中山7Rでは◎デストリーライズ(57.9倍)からのワイド、3複を的中させ、33万円を払い戻しました!週末トータル回収率293%、収支プラス117万6400円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
勝負レースに指定した8(日)京都2Rで『CW、DP、Bコースとどのコースでも水準以上の時計が出ておりスピードのありそうな馬。鞍上の松山騎手もほぼ毎週のように調教に騎乗しておりこの馬のことはよく分かっている。』と本命に抜擢!複勝4.5倍、ワイド129.3倍、36.8倍を的中させました!同日の中山メイン、G3フェアリーステークスでは単勝36倍の伏兵◎ライジングリーズンの単複、馬連59.9倍、ワイド19.1倍を仕留めました!週末トータル回収率190%、収支プラス4万1440円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
今週も1点勝負で安定した成績を残したおかべプロ。7(土)京都7Rで◎ストライクイーグルアースシンフォニーの馬連7.8倍を的中させ、7万8000円を払い戻し!8(日)京都9Rで◎オースミラナキラフミノメモリーのワイドを的中させ、6万2000円を払い戻しました!週末トータル回収率169%、収支プラス11万1790円をマークしています。
 
この他にも霧プロ(135%)、スガダイプロ(116%)、ろいすプロ(115%)、夢月プロ(106%)、サラマッポプロ(103%)が週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
※全レースの結果速報はこちら
   
来週も競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

⇒もっと見る

ブラックスピネルの口コミ


口コミ一覧

次走報

 たま 2017年02月15日(水) 21:16

閲覧 56ビュー コメント 0 ナイス 4

★エンプレス杯(3月1日・川崎、ダート2100メートル)
ヴィータアレグリア 森泰斗(美・高柳)
タイニーダンサー 田辺(美・伊藤)
タマノブリュネット ルメール(美・高柳)
ブランシェクール 北村宏(美・高柳)
ワンミリオンス 戸崎(栗・小崎)



★マクトゥームチャレンジラウンド3(3月4日、メイダン、GI、ダ2000メートル)
ラニ ムーア(栗・松永幹)チャンピオンズC9着



★オーシャンS(3月4日・中山、芝1200メートル)
サクラゴスペル(美・尾関)阪神C12着
スノードラゴン(美・高木)阪神C14着
クリスマス
ナックビーナス



★G掘.船紂璽螢奪彎 (3月4日、芝1600メートル)
ソウルスターリング・牝 藤沢和雄(美浦) 阪神ジュベナイルフィリーズ優勝
リスグラシュー・牝 武豊 矢作芳人(栗東)
アロンザモナ(栗・西浦)紅梅S優勝
シグルーン
エントリーチケット・牝 宮徹(栗東)
ワールドフォーラブ 松若 音無(栗東)
アドマイヤローザ
ミリッサ 石坂正(栗東)

★3歳500万下(3月5日)
プラチナムバレット 河内洋(栗東)福寿草特別3着


★G供〔鐇絃沺複碍遑菊、中山、芝2000メートル)
ブレスジャーニー 本間忍(美浦)G掘‥豕スポーツ杯2歳S、G掘.汽Ε献▲薀咼▲蹈ぅ筌襯ップ
コマノインパルス 菊川正達(美浦) 京成杯優勝
カデナ 福永 中竹和也(栗東)
グローブシアター 角居勝彦(栗東)
ベストアプローチ 藤原英昭(栗東)
ダイワキャグニー(美・菊沢)セントポーリア賞優勝
キングズラッシュ 蛯名(美・久保田)東スポ杯2歳S4着
ダンビュライト 音無秀孝(栗東)


★大阪城S(3月5日・阪神、芝1800メートル)
マキシマムドパリ(栗・松元茂)愛知杯優勝
レコンダイト
ガリバルディ
ダンツキャンサー


★ポラリスS(3月5日、阪神、OP、ダ1400メートル)
タールタン(栗・吉村)根岸S14着
ポイントブランク(栗・松下) 銀蹄S1着
タガノグランパ



★阪神大賞典(3月9日、阪神、GII、芝3000メートル)
◎サトノダイヤモンド(栗・池江)有馬記念優勝
タマモベストプレイ(栗・南井)万葉S優勝
トーセンバジル
タンタアレグリア(美・国枝)AJCC優勝


★アネモネS (3月11日、中山、芝1600メートル)
ライジングリーズン(美・奥村武)フェアリーS優勝
レッドルチア

★仁川S (3月11日)
アドマイヤフライト
ジャングルクルーズ


★フローラルウォーク賞 (3月11日)
ラプソディーア
スズカメジャー


★ゆきやなぎ賞(3月11日・阪神、芝2400メートル)
ムーヴザワールド 浜中 石坂正(栗東)共同通信杯3着
エアウィンザー 角居勝彦(栗東)共同通信杯6着
サトノシャーク 池江(栗東)
ポポカテペトル 和田 友道(栗東)


★金鯱賞(3月11日・中京、芝2000メートル)
ヤマカツエース(栗・池添兼)有馬記念4着
ルージュバック(美・大竹)ジャパンC9着
ステファノス 川田(栗・藤原英)香港C3着
スズカデヴィアス(栗・橋田)白富士S優勝
リアファル(栗・音無)AJCC13着
フルーキー



★東風S (3月12日)
ダイワリベラル


★昇竜S (3月12日)
アスタースウィング
シゲルコング
ブルベアバブーン




★フィリーズレビュー(3月12日、阪神、GII、芝1400メートル)
ジューヌエコール 北村友(栗・安田)
レーヌミノル・牝 本田優(栗東)
ウインシャトレーヌ
アカカ 松若 音無秀孝(栗東)

★中山牝馬S(3月12日、中山、GIII、芝1800メートル)
マジックタイム(美・中川)ターコイズS優勝
ビッシュ(美・鹿戸)ジャパンC16着
クインズミラーグロ(美・和田)愛知杯 3着
サンソヴール(美・和田)愛知杯 2着
ヒルノマテーラ
パールコード
ハピネスダンサー
トーセンビクトリー
シャルール


★黒船賞 (3月14日)
キングズガード


★ダイオライト記念 (3月15日、川崎、芝2100メートル)
クリソライト 武豊
グレナディアーズ
マイネルトゥラン 津村明秀
マイネルバイカ



★ファルコンS(3月18日、中京、GIII、芝1400メートル)
ボンセルヴィーソ(栗・池添学)朝日杯FS3着
ライズスクリュー(美・小野)春菜賞優勝
メイソンジュニア
コウソクストレート 戸崎 中舘英二(美浦) シンザン記念14着



★若葉S(3月18日、阪神、OP、芝2000メートル)
アダムバローズ 角田晃一(栗東) 若駒S
インヴィクタ 友道康夫(栗東)
サンライズノヴァ 松若 音無秀孝(栗東)


★スプリングS(3月19日、中山、GII、芝1800メートル)
サトノアレス 藤沢和雄(美浦) G 朝日杯
モンドキャンノ 大野 安田隆行(栗東) 朝日杯FS2着
アウトライアーズ 小島茂之(美浦)ひいらぎ賞優勝
トラスト  中村均(栗東)
タイセイスターリー 矢作芳人(栗東)
オールザゴー 矢作芳人(栗東) 白梅賞優勝
トリコロールブルー ミルコ 友道康夫(栗東)


★阪神大賞典(3月19日、阪神、GII、芝3000メートル
シュヴァルグラン(栗・友道)有馬記念6着
トーセンバジル(栗東・藤原英)ジャパンC11着
カレンミロティック(栗・平田)メルボルンC23着
ヤマカツライデン

★千葉S (3月19日
エイシンヴァラー


★フラワーC(3月20日、中山競馬場、GIII、芝1800メートル)
ホウオウパフューム (美・奥村武)寒竹賞優勝
ファンディーナ 岩田(栗・高野)つばき賞優勝


★日経賞(3月25日、中山、GII、芝2500メートル)
ゴールドアクター(美・中川)有馬記念3着
ツクバオアズマオー(美浦・尾形充)中山金杯1着
シャケトラ(栗・角居)日経新春杯2着
タンタアレグリア (美・国枝)アメリカジョッキーC1着
アドマイヤデウス
アクションスター
マイネルサージュ


★毎日杯(3月25日、阪神、GIII、芝1800メートル)
ガンサリュート 安田隆行(栗東)


★ミモザ賞 (3月25日)
ルヴォワール



★ドバイワールドC(3月25日、メイダン、GI、ダ2000メートル)
アポロケンタッキー ルメール(栗・山内)東京大賞典優勝
アウォーディー 武豊(栗・松永幹)東京大賞典2着


★ドバイ・ターフ(3月25日、メイダン、GI、芝1800メートル)
リアルスティール(栗・矢作)ジャパンC5着
ヴィブロス (栗・友道)
ワーザー(香港年度代表馬)



★ドバイシーマクラシック(3月25日、メイダン、GI、芝2410m)
ポストポンド
ハイランドリール
サウンズオブアース

★ゴドルフィンマイル(25日・メイダン、ダート1600m)
カフジテイク


★UAEダービー(3月25日、メイダン、GII、ダ1900メートル)
エピカリス(美・萩原)ヒヤシンスS優勝


★マーチS(3月26日、中山、GIII、ダ1800メートル)
トップディーヴォ(栗・昆)北山S優勝
マイネルクロップ
ショウナンアポロン





★高松宮記念(3月26日、中京、GI、芝1200メートル)
レッドファルクス(美・尾関)香港スプリント12着
フィエロ 内田(栗・藤原英)京都金杯3着
セイウンコウセイ
ソルヴェイグ(栗・鮫島)シルクロードS6着



★名古屋大賞典 (3月30日)
モルトベーネ
クリノスターオー



★ダービー卿CT(4月1日・中山・芝1600メートル)
グランシルク(美・戸田)ニューイヤーS2着


★マーガレットS (4月2日、阪神、芝1400メートル)
ファンタジステラ 音無秀孝(栗東)




★大阪杯(4月2日、阪神、GI、芝2000メートル)
キタサンブラック 武豊(栗・清水久)有馬記念2着
サトノクラウン(栗・友道)京都記念優勝
マカヒキ ルメール(栗・友道)京都記念3着
ミッキーロケット(栗・音無) 京都記念4着


★阪神牝馬S (4月8日、阪神、GI、芝2000メートル)
ジュエラー
ミッキークイーン


★ニュージーランドT (4月8日)
ランガディア


★桜花賞(4月9日・阪神、芝1600m)
アドマイヤミヤビ ミルコ(栗・友道)クイーンC優勝
アエロリット(美・菊沢)クイーンC2着
ミスエルテ 川田 (栗・池江)


★アンタレスS(4月15日、阪神、GIII、ダ1800メートル)
グレンツェント(美・加藤)東海S優勝
カゼノコ


★皐月賞(4月16日・中山・芝2000メートル)
レイデオロ 藤沢和雄(美浦) ホープフルS優勝
アメリカズカップ 音無秀孝(栗東) きさらぎ賞優勝
スワーヴリチャード 庄野靖志(栗東) 共同通信杯優勝
サトノアーサー 池江泰寿(栗東) きさらぎ賞2着





★マイラーズC(4月23日・京都、芝1600メートル)
イスラボニータ(美浦・栗田博)阪神C2着
ブラックスピネル(栗・音無)東京新聞杯優勝
エアスピネル(栗・笹田)東京新聞杯3着
ヤングマンパワー
ダッシングブレイズ



★天皇賞・春(4月30日、京都、GI、芝3200メートル)
ラブラドライト



★かしわ記念(5月5日・船橋、ダート1600m)
ベストウォーリア
サウンドトゥルー


★新潟大賞典(5月7日)
ムスカテール



★宝塚記念(6月25日、阪神、GI、芝2200メートル)

★帝王賞(6月28日・大井、ダート2000m)
サウンドトゥルー

 人参好 2017年02月12日() 02:20
共同通信杯と京都記念
閲覧 48ビュー コメント 0 ナイス 2


本日は休日出勤・・・クイーンCはスマホから参戦
アドマイヤ、フローレスから先行ではアエロリット、差し組でハナレイ、モリト流しで
3複のみ 3単はアドマイヤ、フロから1,2着でしたので外し・・・
アエロがレーブ競り落としたところで後ろからと思ってたんですが
アエロはペース早い分落ち着いてキレ脚だしましたね。
フローレスはいかにもトライアル仕様。
サクラはアエロがあいそうでオークスはアドマイヤとフローレスの方がという感じでした

先週の結果は
東京新聞杯
◎ブラックスピネル スロー合うはず
〇マイネルアウラート 展開利大
▲ヤングマンパワー 位置取り次第では頭も
△エアスピネル 府中適性は? ここで負けて安田も負けてマイルCSでウマー希望
△ロイカバード 3着までなら・
京都金杯と東京新聞杯の連覇はハットトリックまで遡らないとない。
G1はハット、エイシン、ダノンと3頭出ているわけですが京都→東京マイルの
重賞連続好走が少ないですねー というか散々ですね。実際。

といいこと書いてます。エアは使える脚短かそう

きさらず賞
◎アメリカズカップ
〇プラチナヴォイス
▲サトノアーサ
△タガノアシュラ

サトノが飛べばおいしそうですがあっさりもありえそう。
なにせディープだしなーー

アメリカズカップは朝日杯で直線2回ほど弾き飛ばされも踏ん張りも評価して
多頭数だと多分いらないですが今回少頭数が幸いするとしてです。



珍しく東西重賞◎が勝・・・・・も口座少ない都合上3複、3単が中心でして・・・あー
アメリカズカップは単は結構ついてましたので押さえないといけませんね。


では

京都記念

天気は曇りときどき雪ということで積もるまで降るか?が焦点。
ひょっとして降らないかもしれませんね。
土曜芝をみるとやや外差し優位も、展開遅いと展開利で内という感じでした。

明日はあまり降らずという前提。
展開はヤマカツが逃げそう。前半1分1秒くらいのペース(かドスローもありえる)
瞬発力勝負。
さて3強対決となっているわけですが

マカヒキ
凱旋門賞ダメージも大きいがHペースで先行。フランスに比べれば軽い日本の芝。
瞬発力ならここでは1番か。

サトノクラウン
かなり悩ましい存在 ここ1年だと上りのかかる時しか結果がでていません。
ハイランドリース物差しだとマカヒキの上なのですが・・・58圓盖い砲覆蠅泙垢
ただ香港での勝ち方みると覚醒した感もあり

ミッキーロケット
キレよりも持続する脚って感じですね。
ある程度ペース流れた方が良さそう。

サトノ、ミッキーが切れ切れの脚ではなさそうで他に探すとすれば

スマートレイヤー
距離も怪しいですがスローで切れだけの勝負ならば面白そう

ガリバリディ
距離怪しいがキレはあり。

アングライフェン
このメンバーの中ではきつそう。


印を回すならば
◎マカヒキ
〇サトノクラン
▲ミッキーロケット
△スマートレイヤ
△ガルバリティ 

3強できっちり決まりそうな気がしそうで強いていうならば
スマートレイヤーが溜められならば1角崩し淡く期待できるか?という感じ





続いて共同通信杯

東京芝はやや内優位という感じ大外分回しは届かなそう

逃げは地方からきたサイバーエレキングですんなりか
展開遅そう。

今回ルメールはタイセイスターリーに、ムーブザワールドは戸崎へ
なんでですかね?

ここで結論だすと
◎ムーブザワールド   
〇エアウィンザー 
▲タイセイスターリ
△スワーブリチャード 出遅れで一番後ろかも
△エトルディーニュ  前残りまでペースが落ちるとこれかも

ムーブとエアで固そうと思っています

[もっと見る]

 藤沢雄二 2017年02月11日() 01:38
目指せ“グランドスラム”!〜POG第37節〜
閲覧 20ビュー コメント 0 ナイス 6

今週のPOG戦線。我が軍からは精鋭牝馬の4騎が出走です。
狙うはもちろん4戦4勝に決まっているじゃないの!

【出走】
・2月11日 東京6R
☆サリネロ(クリストフ・ルメール騎手)
昨秋に京都の新馬戦を勝ったサリネロが、引き続きルメール騎手とのコンビで東京の平場戦に出走です。

サリネロ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16.11ベスト美南W良 70.1 54.1 40.1 13.6[6]馬なり余力
 宮崎北 ■美南W稍 53.3 39.3 13.2[5]馬なり余力
 助 手 1.29美南W良 68.3 53.3 39.4 12.9[5]馬なり余力
       オリンピアスカイ(古500万)強目の内を1.8秒追走同入
★助 手 2. 1美南W良 67.4 52.3 38.8 13.0[5]G前仕掛け
       ワンパーセント(古1000万)馬なりの内を1.8秒追走同入
 助 手 2. 5美南W良 69.5 54.4 40.4 13.7[7]馬なり余力
       ウエヲムイテアルコ(古500万)馬なりの内を2.1秒追走同入
☆菅原隆 2. 8美南W良 67.4 51.9 38.6 13.3[7]馬なり余力
       ウエヲムイテアルコ(古500万)強目の内を追走同入

正直なところ、京都の1200mから東京の1400mに替わるのは微妙だと思いますよ。
ただね『吉田和美さんの外国産馬が新馬戦を勝った直後に東京の1400の平場を使う』というのはアルビアーノと同じという点で期待せずにはいられません。
それに東京の芝は開幕週よりも2週目の方が内を通った馬に有利な印象だったので、4番枠からインの3番手にでも収まればスコーンと突き抜けるシーンはあると思います。
相手本線は逃げるファンタジステラに、インで脚を溜められそうなクリノヤマトオー。決め手あるニシノストーリーに、ボーダーオブザライフ辺りまででしょうか。
ハウメアに印が回らなかったのが完全にフラグっぽいですがw
とにかくサリネロが勝てばいいんです!

・2月11日 小倉10R あすなろ賞
△モーヴサファイア(北村友一騎手)
小倉のあすなろ賞には上記のサリネロと同じ勝負服の△モーヴサファイアが出走します。

モーヴサファイア
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16. 8ベスト 栗坂良 1 回 52.3 37.7 24.4 12.3 末強目追う
 大 下 ■ 栗CW良 85.8 69.2 54.0 39.5 11.8[7]馬なり伸る
 大 下 ◇ 栗CW良 86.0 69.7 54.4 39.6 12.0[8]馬なり余力
★北村友 2. 2 栗CW不 84.9 68.7 54.1 39.4 12.3[8]馬なり余力
       ズアー(三500万)直強目の外を1.7秒先行0.5秒先着
 助 手 2. 5 栗坂稍 1 回 57.3 42.0 27.0 13.3 馬なり余力
☆助 手 2. 8 栗坂重 1 回 52.6 38.9 25.6 12.6 馬なり余力

牝馬がコーナー4回の競馬で牡馬を相手にするのは骨ではありますけど、馬柱の横の比較だと「戦ってきた相手が違う」と胸を張れますね。
新潟2歳S、野路菊Sと1番人気に推されていたことを考えれば『500万下で1番人気にならない』というだけで十分美味しいですし、野路菊Sでは先週のきさらぎ賞を勝ったアメリカズカップと0.1秒差。前走の福寿草特別でこそ4着ですけど、そこで6着だったダノンキングダムがゆりかもめ賞を勝っているわけで、その比較でも500万下の特別なら大威張りできるんじゃないの?
それに先週の東京新聞杯では半兄のブラックスピネルが重賞初制覇と母系の勢いもあります。
さらに、小倉芝2000mのここ2年での種牡馬成績はハービンジャー産駒が最多の10勝を挙げているのも心強い材料。
これだけ材料が集まれば十分に頭から狙えるというものですw
ワンダープチュック、ロードアルバータ、ウインガナドル辺りが相手候補ですけどジャコマルに抜けてくれるとお財布に優しくなるかな。

・2月11日 東京11R クイーンC
△アエロリット(横山典弘騎手)
土曜日の重賞のクイーンCには△アエロリットが出走します。

アエロリット
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 1ベスト美南坂良 1 回 52.9 38.7 25.6 12.7 馬なり余力
 調教師 ■美南坂良 1 回 52.9 38.7 25.6 12.7 馬なり余力
 助 手 1.29美南坂良 1 回 59.3 42.9 28.1 14.0 馬なり余力
★横山典 2. 1美南坂良 1 回 55.3 40.2 26.1 12.6 馬なり余力
 調教師 2. 4美南坂良 1 回 51.7 38.2 25.4 12.6 馬なり余力
☆助 手 2. 8美南坂良 1 回 54.0 39.4 25.5 12.5 馬なり余力

引いた枠が6枠11番とちょっと外かな〜という気はするけど、そこまでテンにバカっ速い馬もいないので、この枠でもラチ沿いに入ることはできるかと。後は坂下ぐらいまで番手で我慢できればスルッと抜け出して歓喜のゴールへ一直線…というのが自分が描いているシナリオ。
サリネロのところでも触れたけど開幕週よりは2週目の方が内を通った馬に有利な印象があるので、よほど力量差がないと外からは届かないと思うのよね。
夜中の今の時点でアエロリットの単勝が11.7倍なんていいオッズだね♪w
ディープインパクト産駒など何するものぞ!
仕事人・横山典弘が魅せてくれるハズです。

・2月5日 東京1R
☆ミンネザング(クリストフ・ルメール騎手)
日曜日は東京の朝イチに☆ミンネザングが出走します。

ミンネザング
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 助 手 ◇美南坂良 1 回 54.2 39.5 25.7 12.7 馬なり余力
  11. 8 美プール
  11.10 美プール
 助 手12. 4美南W良* 58.6 42.2 13.0[9]馬なり余力
 助 手 1.28美南坂良* 1 回 54.2 40.1 26.1 12.9 馬なり余力
★助 手 2. 1美南W良 84.3 68.1 53.8 40.3 13.9[8]一杯に追う
       ブラスロック(古500万)一杯の内を0.8秒追走0.8秒先着
 助 手 2. 5美南W良 55.7 40.0 13.4[8]馬なり余力
       ヨシノザクラ(古500万)馬なりの内を0.5秒追走同入
☆助 手 2. 8美南W良 71.5 55.0 41.6 13.8[6]馬なり余力
       ヨシノザクラ(古500万)馬なりの内を0.6秒追走3F併同入

ディープインパクト産駒でダートを使うのはどうなのよ?ってところなんでしょうけど、未勝利戦ぐらいならダート適性よりも絶対能力の方が色濃く出ると思うんですよね。
土曜日の夜の時点で東京のダートは良馬場発表だけど、木曜日に天気が崩れているからそこまでパサパサのダートってことはないでしょう。比較的脚抜きのいい軽いダートなら問題はないのでは。
実際、先週の日曜日のダートの未勝利戦は初ダート組が頑張っていたしね。
もちろんダートを使うことの不安はありますよ。それでも“調教試験”ぐらいの感覚で突破してもらわないと困るかな。
余談ですけど、このレースで優先出走権持ちは7頭います。仮にこの7頭を好調馬と括ったとしても、黙っていても2頭は未勝利戦での次走の優先出走権を失うわけですよ。こういう時は優先出走権のない組の出番なんですよ。というわけで休み明けのミンネザング、十分にチャンスはありますよ。


【近況】
・在厩
☆ペルシアンナイト(2月25日のアーリントンCへ)
☆ファームフェイス(2月4日の未勝利戦は2着)
☆トワードポラリス(1月5日の中山の未勝利戦は7着→2回中山の1〜2週目のダート1800mの未勝利戦へ)
△オールポッシブル(2月18日の京都芝1400mの500万下or19日のダート1200m)
△モアナ(2月4日の未勝利戦を快勝)
△アルテーロ(2月4日の未勝利戦は3着→3月4日の小倉芝1800mの牝馬限定の未勝利戦へ)
△オーシャンティ(12月11日の未勝利戦は4着)
★ダンビュライト(3月5日の弥生賞へ)
★ラボーナ(2月19日の東京ダート2100mの未勝利戦をルメール騎手で予定)

・放牧
☆アドマイヤウイナー(1月21日の若駒Sは5着)
☆オメガドラクロワ(12月3日の未勝利戦は4着)
☆ファヴール(12月10日の未勝利戦は14着)
△ドロウアカード(白菊賞は3着)
△アーザムブルー(ゆりかもめ賞は5着)
△テンペスト(1月7日の未勝利戦は10着)
★アンティノウス(1月29日の未勝利戦は5着→2月26日の中山ダート1800mの未勝利戦へ)

・故障者リスト
☆ヴァナヘイム(左前脚第三手根骨骨折で全治6ヶ月以上の診断)
☆レッドラシーマ(喉鳴りで手術)
△ダンスウィズユー(骨折で全治3ヶ月)
★ルタンデュボヌール(種子骨骨折で全治9ヶ月)
★アンジュシャルマン(新潟2歳S後に右膝骨折で全治6ヶ月の診断)

【調教】
ペルシアンナイト
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16. 8ベスト 栗坂良 1 回 54.7 39.5 25.3 12.5 馬なり余力
 助 手 ■ 栗CW良 53.7 38.5 11.6[7]一杯に追う
 助 手 ◇ 栗CW良 54.4 39.5 12.2[7]馬なり余力
☆助 手 2. 9 栗坂重 1 回 64.2 45.9 29.5 14.4 馬なり余力

トワードポラリス
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16. 6ベスト美南W稍 68.7 53.6 39.3 13.5[6]強目に追う
 助 手 ■美南W良 53.8 40.2 13.9[5]一杯に追う
 助 手 ◇美南W良 53.5 39.0 13.6[7]G前仕掛け
★助 手 2. 5美南W良 59.7 44.8 15.6[4]馬なり余力
☆助 手 2. 8美南W良 89.0 72.9 57.4 41.6 15.6[6]一杯に追う
       ハートリッチ(三未勝)馬なりの内を0.4秒追走2.5秒遅れ

オールポッシブル
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16.11ベスト 栗CW稍 82.6 65.9 50.3 36.5 11.9[5]一杯追伸る
 助 手 ■ 栗CW不 87.4 69.8 53.0 37.9 12.1[5]馬なり余力
 助 手 ◇ 栗坂重 1 回 54.1 39.3 25.3 12.3 馬なり余力
  1.25 栗プール 2 周
  1.26 栗プール 1 周
  1.28 栗プール
★ 2. 1 栗プール 2 周
☆助 手 2. 8 栗CW不 82.2 66.5 51.2 37.5 12.0[6]馬なり余力

ラボーナ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16.10ベスト美南W良 53.5 39.8 13.6[7]強目に追う
 五十雄 ◇美南坂良 1 回 56.3 41.0 26.5 13.1 馬なり余力
 助 手 1.31美南坂良 1 回 63.7 47.0 30.9 14.8 馬なり余力
★杉 原 2. 2美南W良 69.9 53.9 39.9 13.4[9]強目に追う
 助 手 2. 5美南坂良 1 回 57.6 41.0 26.2 12.8 馬なり余力
       デルカイザー(古1600万)馬なりを0.3秒先行同入
☆助 手 2. 8美南W良 54.6 39.9 13.0[8]G前仕掛け
       ファーブルトン(新馬)馬なりの内を0.4秒追走0.2秒先着

オーシャンティ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16. 9ベスト美南坂重 2 回 55.6 41.1 27.2 14.0 馬なり余力
 田中勝 ◇美南W良 73.1 57.0 41.6 14.2[6]馬なり余力
☆助 手 2. 8美南坂良 2 回 57.1 41.9 27.8 13.9 馬なり余力


来週以降で馬券的に面白そうなのはオーシャンティかな。宗像厩舎はここ2週で3頭の3歳馬が初勝利を挙げているので流れもいいですね。それに島川さんは春菜賞でライズスクリューが大穴を開けたし。
あれを見ているとファヴールも諦めちゃいけませんねw

そしてアーリントンCのペルシアンナイトは今度こそ!
ただね個人的にはアーリントンCとの相性が今一つなのが…(^^;

3年前のミッキーアイルこそ1番人気に応えているものの…
2008年 ポルトフィーノ 8着(1番人気)
2012年 ダローネガ 9着(1番人気)
2013年 ラブリーデイ5着(3番人気)
2015年 ネオルミエール 9着(3番人気)

と5回も上位人気馬を送り込んでいながら3回も掲示板を外しているのが…(白目)

まあミルコならキッチリと仕事をしてくれると思いますけどね。

とにもかくにも月末に繋げるためには今週ですよ、今週。
4つ勝つよ!

[もっと見る]

ブラックスピネルの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
1:
  テムジン   フォロワー:0人 2015年7月20日(月) 11:25:12
坂路調教通り、終いしっかり伸びて強い勝ち方でしたね。
使ってカリカリしてこなければこのまま2000m使い続けるローテになるのかな。

ブラックスピネルの写真

ブラックスピネル
ブラックスピネル
ブラックスピネル

ブラックスピネルの厩舎情報 VIP

2017年2月5日東京新聞杯 G31着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ブラックスピネルの取材メモ VIP

2017年2月5日 東京新聞杯 G3 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。