カシアス(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録

カシアスの口コミ


口コミ一覧

クイーンC予想

 ファストタテヤマ 2018年2月11日() 21:29

閲覧 63ビュー コメント 0 ナイス 9



△フィニフティ

新馬戦のレベル自体は微妙だが、
余裕はまだ感じられるし、
追い切りの動きからも推してみたい。



△テトラドラクマ

前走はダラダラと脚を使わされる展開で
終いの余力が残らず。

未勝利戦の内容が2戦とも良いので、
東京1600の条件なら再度期待。



△マウレア

前走は内で動けなかった分
差し遅れるような形。

強力な決め手があるわけではないので、
軸に据えるには少し怖さも。



△レッドベルローズ

東京のほうが断然エンジンの掛かりは良さそう。

今の馬場で届くかは微妙だが、
この人気の無さなら押さえておきたい。




アルーシャ

鞍上ルメールで
追い切りもそこそこなので気になったが、

レースを見る限りは力が足りないか。



ツヅミモン

走りは安定しているが、

前走でカシアスと接戦だと
ちょっと心許ない印象は受ける。



オハナ

走りが小さく
相手が揃ってくると見劣りそう。






馬券は3連複4頭ボックスで。

 グリーンセンスセラ 2018年2月5日(月) 19:33
> 【クイーンC(G3)展望】 
閲覧 24ビュー コメント 0 ナイス 0

【クイーンC(G3)展望】クラシックへ向けてマウレア始動!前走の雪辱を狙うテトラドラクマとの初対決の行方は?─ Gambling Journal ギャンブルジャーナル 2018年2月4日 16時38分 http://biz-journal.jp/gj/2018/02/post_5743.html

 3日間開催の最終日となる12日(月)には、東京競馬場でクイーンC(G3)が開催される。昨年のこのレースには多数の有力馬が集まり、2着となったアエロリットはNHKマイルC(G1)、4着だったレーヌミノルは桜花賞(G1)をそれぞれ勝利する活躍を見せ、春のG1戦線を賑わせた。今年も昨年のメンバーにも劣らない有力馬が出走を予定しており、好レースが期待できそうだ。

 春へ向けていいスタートを切りたいマウレア(牝3、美浦・手塚厩舎)へ注目が集まりそうだ。2歳の牝馬チャンピオンを決める阪神JF(G1)では0.2秒差の3着と結果を残し世代上位の力を証明してみせた。前走での敗因は最後の直線で先着を許した2頭がすんなりと抜け出せたのに比べると、馬群を割って伸びる形となったことによるものだった。実績面を考えればここでは当然勝ち負け争う存在となりそうだ。さらに東京競馬場でのマイル戦は新馬戦、赤松賞(500万下)を連勝している得意の舞台。ここでしっかりと結果を残して桜花賞(G1)を目指すことができれば、姉であるアユサンとの姉妹制覇という偉業への期待が持てるだけに、今後の動向に注目したい。

 テトラドラクマ(牝3、美浦・小西厩舎)にとってはクラシックを目指すには負けられない戦いとなる。未勝利戦で5馬身差を付けての快勝ぶりが評価され、前走のフェアリーS(G3)では1番人気となるも6着と結果を残すことはできなかった。それでも大外枠だったこととスタートでの出遅れがあっての0.5秒差ならば、巻き返しは十分可能だろう。3走前の未勝利戦ではフェアリーS(G3)勝ちのプリモシーンとクビ差の接戦をしているだけに、重賞でも通用する能力を秘めている。前走からは相手関係が強化される厳しいレースとなりそうだが、名誉挽回のため、クラシック出走のためには結果が必要だ。

 新馬戦で豪快な差し切り勝ちを見せたソシアルクラブ(牝3、栗東・池添厩舎)は血統的にも楽しみな1頭だ。スローペースの展開で先行した馬が有利となった新馬戦だったが、後方待機から直線で鋭い末脚を繰り出して勝利をもぎ取った。前走の阪神JF(G1)でもその瞬発力を活かすべく新馬戦の時と同じような位置取りからレースを進めたが、不発に終わり8着と惨敗。しかし、この時は馬体重を大きく減らしていたように本調子だったとは考えにくく、休養をはさんで挑む仕切り直しの一戦となるここは改めて見直す必要があるだろう。母がブエナビスタという良血馬でまだまだ能力の底を見せていない。ここを勝って一気にクラッシック候補へと躍り出たいところ。

🏇次のページ 前走のシンザン記念(G3)では2着と結果を残したツヅミモン
 前走のシンザン記念(G3)では2着と結果を残したツヅミモン(牝3、栗東・藤岡厩舎)も有力だろう。シンザン記念(G3)を勝利したアーモンドアイには完敗であったが、すでに重賞を勝利しているカシアスとの2着争いに競り勝ったことは評価できるはずだ。牝馬らしからぬ500圓鯆兇┐詬座腓頁漏覆了ち主で、直線に坂がありパワーも求められる東京競馬場へのコース替わりはプラスとなりそうだ。今回は鞍上に重賞で抜群の強さを見せるデムーロ騎手との初コンビを組む予定。重賞制覇への準備は整った。

 このほかでは厩舎からの期待が高いと言われている素質馬のアルーシャ(牝3、栗東・藤沢厩舎)やフェアリーS(G3)で3着だったレッドベルローズ(牝3、栗東・鹿戸厩舎)などクラッシック戦線でも通用する可能性を秘めた好メンバーが揃った。

 クラシックへの直接的なトライアルレースではないものの、例年以上に素質馬が集まった印象がある今年のクイーンカップ(G3)。実績上位のマウレアがその力を見せ貫禄の勝利を収めるのか、テトラドラクマが前走からの巻き返しをすることができるのか、それとも新たな新星誕生となるのか。注目のレースは12日(月)に東京競馬場で15時45分に発走予定となっている。

[もっと見る]

 ファストタテヤマ 2018年1月9日(火) 19:05
シンザン記念回顧
閲覧 90ビュー コメント 0 ナイス 13



12.4 - 11.1 - 12.2 - 13.2 - 12.9 - 12.3 - 11.6 - 11.4

各馬がしっかり緩みに付き合う流れ。

3番手以降が若干距離を空けて追走した分、
前の2頭としては楽な展開。


1着アーモンドアイ

未勝利戦と同じく
緩めてからの加速で性能の違いを見せて完勝。

今回は相手も弱く
中盤の緩みで消耗も少ないため、
今後は道中のペースが上がった場合にどうか。


2着ツヅミモン

新馬戦が緩めてからの2F勝負を
先行2番手から抜け出す形で、
今回も同じような流れで好走。

その新馬戦は追ってラスト11.5前後で
2着馬とも接戦だったので
あまり強くないかなと軽視したが、

それでも通用してしまう辺り、
メンバーが軽かった感は否めない。


3着カシアス

朝日杯FSが前を捕まえにいく競馬で
脚が残らなかったので、
今回の行き切る競馬に繋がったのかなと思う。

終い勝負ではだいぶ限界が見えてきたので
今後は距離を短くしたほうが良い気はする。


4着ファストアプローチ

平均ペースでの逃げに期待したが、
出遅れてこの流れにされてしまっては
末脚で見劣るこの馬としてはどうしようもない。

元々マイルのイメージがまったくないので、
上がりを問われにくい中距離戦に絞って
レースを選んでほしい。


5着カフジバンガード

仕掛けてからの加速は良かったが、
ハービンジャー産駒の宿命なのか
そこからの脚が続かない。

緩みに乗じて位置を上げないと
好走は難しくなりそう。


7着ベルガド

追い切りを見て気になったが、
他馬と並ぶと思ったほど馬格がなかった。

運びを見ると好スタートを切ったのが
誤算だったようには映るが、
どのみち終いの加速が付いた感はなく完全に力負け。






結果はアーモンドアイの完勝だったが、
レース展開としては
回避したエアアルマスが得意としそうな流れなので、
どんな走りができるのか見たかった。

[もっと見る]

 tntn 2018年1月9日(火) 01:35
今年最初の重賞まとめ〜U指数と人気〜 
閲覧 83ビュー コメント 40 ナイス 200

**********************************
3日間の競馬お疲れ様でした。

開幕した2018中央競馬。。。

―――――――――――

中山金杯(G3)
1着。。セタブリランテス___6位。。。
2着。。ウインブライト___10位。。。
3着。。ストレンジクォーク_12位。。。
※世間の勝ち〜♪
 
京都金杯(G3)
1着。。ブラックムーン____4位。。。
2着。。クルーガー______1位。。。
3着。。レッドアンシェル___2位。。。
※U指数の勝ち〜♪
 
フェアリーS(G3)
1着。。プリモシーン____11位。。。
2着。。スカーレットカラー__2位。。。
3着。。レッドベルローズ___9位。。。
※世間の勝ち〜♪

シンザン記念(G3)
1着。。アーモンドアイ___8位。。。
2着。。ツヅミモン_____9位。。。
3着。。カシアス______1位。。。
※世間の勝ち〜♪
 
――――――――――

京都金杯以外は、世間の勝ち!

京都金杯優勝の武豊会長は、何でも32年連続の重賞勝利だそうです。
ブラックの仔にも乗ると宣言!まだまだ活躍期待しています。

後、それとあのタッグ!

*********** 

戸崎xシルクx3

http://umanity.jp/home/view_diary.php?id=3e762f30a7&owner_id=4a85df85ef

**********************************

[もっと見る]

 DEEB 2018年1月9日(火) 00:12
恥ずかしい馬予想2018.01.08[結果]
閲覧 61ビュー コメント 0 ナイス 3

中山 6R 4歳以上500万下牝[指定]
◎11 ダイワエトワール…1着
○10 ブライトリビング…2着
×16 ☆チャームクォーク…12着
[結果:アタリ△ 馬連10-11 290円]

中山11R カーバンクルステークス 4歳以上オープン(混合)[指定]
◎ 6 ナックビーナス…1着
○ 2 ペイシャフェリシタ…2着
× 9 ☆オウノミチ…6着
[結果:アタリ△ 馬連2-6 480円]

京都 1R 3歳未勝利(混合)[指定]
◎ 3 イグレット…4着
○ 6 ベストマイウェイ…2着
× 9 ☆ワールドビーター …14着
[結果:ハズレ×]

京都 6R メイクデビュー京都 3歳新馬[指定]
◎10 レッドレオン…1着
○15 ボナヴィーゴ…2着
▲ 8 サトノレックス…14着
△11 キュアビューティ…10着
×14 ナンヨーエテ…16着
[結果:アタリ△ 馬連10-15 420円]

京都 7R 4歳以上500万下[指定]
◎ 2 ジオラマ…8着
○10 ラインフィール…5着
▲ 8 ハートフルタイム…9着
△16 アシャカリアン…6着
× 4 シンゼンガンプ…7着
[結果:ハズレ×]

京都 8R 4歳以上500万下[指定]
◎ 2 デザートストーム…1着
○ 7 サウンドドゥイット…5着
▲11 アドマイヤジャズ…3着
△ 4 ペプチドリリー …9着
×10 タガノフレイア…10着
[結果:ハズレ×]

京都 9R 許波多特別 4歳以上1000万下(混合)[指定]
◎ 2 シンギュラリティ…3着
○ 7 ダノンディスタンス…6着
▲ 5 メイショウガーデン…5着
△ 6 ジャーミネイト…9着
×11 マサハヤダイヤ…7着
[結果:ハズレ×]

京都10R 羅生門ステークス 4歳以上1600万下(混合)[指定]
◎15 タイセイエクレール…3着
○ 8 プリサイスエース…4着
▲14 ☆エポック…2着
× 2 ☆ガンジー …12着
× 7 ☆エリーティアラ…16着
[結果:アタリ△ 複勝14 210円]

京都11R 日刊スポーツ賞シンザン記念G掘。該丱ープン(国際)(特指)
◎ 3 アーモンドアイ…1着
○ 2 ファストアプローチ…4着
▲11 カシアス…3着
△ 1 スターリーステージ…6着
× 9 カフジバンガード…5着
[結果:ハズレ×]

今日は三連休の最終日、三連戦の最終戦ですね。
雨の京都に行ってきます。

[今日の結果:9戦0勝5敗4分]
当たるのは当たったけど、安いのばかりで、マケマケでした。

[もっと見る]

 エプ 2018年1月8日(月) 21:19
1月8日(祝)の結果
閲覧 57ビュー コメント 0 ナイス 3

カーバンクルステークス
馬連3点購入全ハズレ−300円

シンザン記念
馬連6点購入全ハズレ−1200円

合計−1500円

3日間でトータル−6500円(>_

[もっと見る]

 トーホーアマ 2018年1月8日(月) 19:49
メモ用
閲覧 172ビュー コメント 6 ナイス 16

外人いなくなってやっぱ思うのは戸崎と武豊ってやっぱり上手いんだなと感じる。日記書くつもりなかったが忘れないために、同じ過ちくりかえしそうで

戸崎・・やっぱ競馬やってる以上勝ちが当たり前の世界で勝てる馬で勝ちきれるという観点。ただ強い馬に乗ってるだけでは勝てないので何かしら素人目からみて工夫してるだろうしそれが何かわからないがこの3日間外人がいなくなって余計感じる。勝ち負けできる馬に乗って勝てる技術をもってるのは素直にすごい。外人戻ってきたときが勝負だろうけど。


武豊・・技術もそうだが、先見の目がある。位置取りが本当に上手い騎手でデム―ロに影ひそめてたが武豊も位置取りとりから最後の直線での伸びる馬場位置取りとるのが上手いと感じる。関西なので戸崎ほどライバル多くいい馬が回ってこないが、直線で詰まることも少ないし外人がいなくなった3日間みて素直に上手だなと感じた。上から目線書き方かもしれないが下からです。

軽く回顧

中山金杯

セダブリランテス・・ロンスパ戦。勝ちきれるメンバーでした。なんだろ。前走G2で3着、今走G3で格下なので結果勝つのは不思議ではないがこのメンバーなら格の違いを見せられた感はする。ということはこのレースでこの馬に負けた2着以下の馬たちはG1では望薄。勝って当たり前かもしれないがスワーヴリチャードとかソウルインパクトにあっさり負けたとこ見ると距離ちがえどそもそもの能力ではG1は足りないよね。紛れとか競馬場とか過程一切無視だが。この馬自体は勝ったことに意味ある勝利ではあるが、この馬に勝ちきれる馬が出てきてほしかったなと個人的に思う。ゴールドアクターとかにまだまだ及ばない気がしてならない。

ウインブライト・・馬体もいいし2000mこなせた。福島記念G3で勝ちここはメンバー格上の2着はとりあえずほめてもいいと思うが、この先はローカル・G2どまりかなと感じる。本質2000mでなく1800mの馬だと個人的には思うので頑張ってほしい。イメージ被るがせめてのウインガニオンみたいな成績以上は残してほしいと個人的感想。

ストレンジクオーク・・内田なんか買わなきゃよかったと後悔。他にも買わなきゃいい馬いたろうが迷って多分こっちきたことで馬券的にも損害受け後悔。
ムラがある馬でこの1戦だけの判断むずかしく。嵌った感は強い。


京都金杯(多分何度書いても忘れそうだが1番自身のメモようで残したく日記)

ブラックムーンとかグレイルの騎乗をみて武上手いんだなと感想だけで・レースも力通り決まった結果なので特に感想はなし。その中でもとりあえずは4歳のレッドアンシェルは頑張ったほうだなとは思うが・・ブラックムーンでも重賞戦線だと今回初なのでレッドアンシェルもこの先は微妙ではある。

話逸れたが、◎ラビットラン 大猛省。

正直、小回りだし前走中山→京都変わりG3なればペースも緩むだろうしそうすればあがり勝負対応できるだろうと思った。そこまで考えずに中京500万も牡馬相手に勝てたし気にする必要ないとは思ったが。
レース結果で後悔はする。
ブラックムーンも重賞常連だしクルーガーも重賞保持。普通に思うと馬自体もこの時期の明け4歳牝馬がいくらハンデ貰っても今まで時重ねて鍛錬つんできた牡馬に勝てるか言われたら勝てるわけないよなと感じる。2400mとか2600mならまだしも1600m、2000mでいきなり混合で総合力でもあがり勝負だけでも勝てますか?と言われたら??やね。

この先、目先に中山記念あるが去年のヴィヴロスにも同じこと言えるだけに、今年はモズカッチャンとかデイアドラ出てくるぽいので忘れないための日記。またオッズ妙味すぎ本命にしよとしないためにも。多分一般論になるが・・
ラビットランに関しては阪神牝馬で外枠もらえて鞍上も変われば見直したいかと。


シンザン記念

アーモンドアイ・・この馬も後ろ脚長く。1度不良馬場で産駒考えて軽視したが普通にこなせた。今回は相当メンバーレベルも低いしラップもゆるくなってるので緩み少なくなるであろう桜花賞でどうかなと感じはする。強いのだろうけどどこに強さがあるかが新馬からみてきてわからない。多分、ずっと本命にはしない馬であって消すと痛い目見そうな馬と感じるw

ツヅミモン・・ここまでだろう。あっさりアーモンドアイにスピード勝負負けると良馬場はなおきつい。超泥んこ馬場で。札幌2歳だったかな?2着馬全く名前覚えだせないが血統だけできたように馬格・脚の長さの消耗戦できただけ。

カシアス・・ファストアプローチが出遅れたので何とも言えないがここら辺までかなと感じる。あと1戦1400mか1200mを皐月前まで使うのであれば狙ってもいいかなと感じる。

ファストアプローチ・・勝ちまでは無理だが出遅れなければ2・3着だったかなとそんなとこ。この先積極的に狙える場所もないかと・


来週の京成杯みたが全く知らない馬ばかりだし日経新春も重賞級1頭とオープンの対決で。とはいえ、愛知杯はカオスで難しくw。
暫く今の平場みてもこの馬重賞級って馬(現3歳除く)がいなく暫くは重賞常連組に軍配が上がるのではないかなと感じる。

[もっと見る]

 ムーンホーセズネック 2018年1月8日(月) 17:53
月曜の結果&反省
閲覧 70ビュー コメント 0 ナイス 9

ウマコロ(^^)
満足の出来る水準(^^)

実馬券(^^)
シンザン記念(^^)
ファストアプローチから(^^)
結果的に?出遅れがすべてσ(^◇^;)
大型馬で飛びが綺麗なだけにσ(^◇^;)
出遅れて伸びきれず(゜ω゜)
カシアス、ツヅミモンは逃げ、番手で2、3着(^^)
スムーズならファストアプローチも結果は違ったかσ(^◇^;)
アーモンドアイは後方から外を差して快勝(^^)
上がりが他馬と0.8秒差違います(^^)
ジェンティルドンナ、ジュエラークラスまで一気に駆け上がりました(^^)
朝日杯FS7着のカシアスは57キロ(^^)
朝日杯FS6着のファストアプローチは出遅れて、馬格からこの馬場は不向き(^^)
カシアスを物差しに考えると(^^)ロックディスタウン並かそれ以上のパフォーマンス(^^)
3か月振り、ややマイナス体重(^^)
父ロードカロアよりは?母親のフサイチパンドラの方が強く出ているようです(^^)
ダートもこなしましたからね、フサイチパンドラは(^^)
オークスは2着の母親以上のパフォーマンスは同性同士ならば約束されたレベルの出世レースを快勝しました(^^)
ただし?ステルヴィオに近い能力はあるようですが?
それよりは下だと思いますが?
ダノンプレミアム、ワネグリアンのクラスよりは明らかに落ちると思います(^^)
アルテミスステークス、阪神JFを快勝したラッキーライラック(^^)リリーノーブル、マウレア(^^)
昨日のフェアリーステークスを快勝したプリモシーン(^^)
そしてロックディスタウン(^^)
オルフェーヴル産駒、ルーラーシップ産駒、ディープインパクト産駒、ロードカロア産駒と(^^)父が違い粒揃い(^^)
平年なら牝馬クラシックは当確レベルの内容に近いのですが?
倒した牡馬は?2戦級から3戦級の間の馬(^^)
出遅れ癖を含めるとなんとも言いようがありません(^^)
今年の牝馬クラシックは目が離せなさそうです(^^)
中山最終は三連単ボックス(^^)1、2、4着で外れ(^^)
阪神最終は2番〜5番人気か飛び(^^)1番人気1着固定、以下2番〜5番の三連単フォーメーション外れ(^^)
来週に切り替えます(^^)

[もっと見る]

 ちびざる 2018年1月8日(月) 16:15
【G掘曠轡鵐競鶺念の結果
閲覧 66ビュー コメント 0 ナイス 4


1着:アーモンドアイ
2着:Д張泥潺皀
3着:カシアス


私の◎にした▲侫.好肇▲廛蹇璽舛2着でした。
1着のアーモンドアイは○
2着のД張泥潺皀鵑連
3着のカシアスは無印


なので、▲侫.好肇▲廛蹇璽舛鉢アーモンドアイを軸とした
馬連フォーメーションでしたので
馬券は的中ました。(^^)v


勝ったアーモンドアイは1頭だけ伸びが違いました。
確かに強かったです。
スタートが出遅れたところが、まだ伸びしろがあると思う、反面
今後、G気箸覆襪箸海諒佞蠅致命的になるところも考えられるので
出遅れ癖にならなければいいと思います。
今回、重馬場もこなしたことは大きいと思います。


2着のД張泥潺皀鵑蓮内を突いたのですが、
もう少し外を通ったらって、思いました。
ただそれでも良く走っていると思います。

カシアスも頑張っていると思います。
今回は、キンシャサノキセキ産駒なので距離がどうかと思いましたが
それもメドがたったことが大きいですね。
斤量57kgだったことを思えば、差のない3着は立派ですね。
この経験は大きいと思います、

▲侫.好肇▲廛蹇璽舛盻价戮譴全てでしたね。
最後の直線も最内を突いたのですが、4着までくるのが精いっぱいでした。
切れるってタイプではないので、この結果も仕方ないですね。


的中された方、おめでとうございます。

[もっと見る]

 Kappakappa 2018年1月8日(月) 14:56
1/8月曜日 途中経過とメインレース予想
閲覧 69ビュー コメント 0 ナイス 7

こんにちは(・`ω・)

3日開催最終日。
大型連休の方も多かったのでは?
社会復帰が難しそうです(>_

[もっと見る]

 DEEB 2018年1月8日(月) 09:55
恥ずかしい馬予想2018.01.08
閲覧 141ビュー コメント 0 ナイス 2

趣味が競馬です。へたくそです。当たりません…。
恥ずかしい予想を…記録用に書きます。
今日も競馬を楽しみましょう。

中山 6R 4歳以上500万下牝[指定]
◎11 ダイワエトワール
○10 ブライトリビング
×16 ☆チャームクォーク

中山11R カーバンクルステークス 4歳以上オープン(混合)[指定]
◎ 6 ナックビーナス
○ 2 ペイシャフェリシタ
× 9 ☆オウノミチ

京都 1R 3歳未勝利(混合)[指定]
◎ 3 イグレット
○ 6 ベストマイウェイ
× 9 ☆ワールドビーター

京都 6R メイクデビュー京都 3歳新馬[指定]
◎10 レッドレオン
○15 ボナヴィーゴ
▲ 8 サトノレックス
△11 キュアビューティ
×14 ナンヨーエテ

京都 7R 4歳以上500万下[指定]
◎ 2 ジオラマ
○10 ラインフィール
▲ 8 ハートフルタイム
△16 アシャカリアン
× 4 シンゼンガンプ

京都 8R 4歳以上500万下[指定]
◎ 2 デザートストーム
○ 7 サウンドドゥイット
▲11 アドマイヤジャズ
△ 4 ペプチドリリー
×10 タガノフレイア

京都 9R 許波多特別 4歳以上1000万下(混合)[指定]
◎ 2 シンギュラリティ
○ 7 ダノンディスタンス
▲ 5 メイショウガーデン
△ 6 ジャーミネイト
×11 マサハヤダイヤ

京都10R 羅生門ステークス 4歳以上1600万下(混合)[指定]
◎15 タイセイエクレール
○ 8 プリサイスエース
▲14 ☆エポック
× 2 ☆ガンジー
× 7 ☆エリーティアラ

京都11R 日刊スポーツ賞シンザン記念G掘。該丱ープン(国際)(特指)
◎ 3 アーモンドアイ
○ 2 ファストアプローチ
▲11 カシアス
△ 1 スターリーステージ
× 9 カフジバンガード

今日は三連休の最終日、三連戦の最終戦ですね。
雨の京都に行ってきます。

[もっと見る]

 山崎エリカ 2018年1月8日(月) 08:20
本日の見所(シンザン記念)
閲覧 311ビュー コメント 0 ナイス 22

2018年 シンザン記念
__________

シンザン記念は、かつてダイワスカーレット、オルフェーヴル、ジェンティルドンナなどの名馬を輩出した出世レース。しかし、ホープフルSのグレード化と同時に、トップクラスの馬が集わなくなりました。特に今年は、昨年、ホープフルSがG1に昇格した影響なのか、通年ならば何頭も出走してくるはずの500万下の勝ち馬がカフジバンガードと、前走・朝日杯フューチュリティSで大敗のヒシコスマーの2頭のみ。他、2勝馬が1勝馬同士の戦いの函館2歳Sを制したカシアスのみですから、先日、行われたジュニアCなどのオープン特別と大きく変わらないメンバー構成です。

当初、2歳重賞のインフレ化によって、重賞ウイナーが何頭も登場する現象に違和感を感じていたのですが、これは仮面ライダーはひとり、主役はひとりという、昭和の特撮ヒーローものを見て育った影響なのでしょうか。今は、複数の重賞ウイナー=複数の主役が誕生することで、クラシックが真の主役決定戦となり、お祭り騒ぎのように盛り上がるので、悪くないと感じています。また、偽りの主役を作り上げることで、クラシックが荒れやすい状況が作られるのも、馬券の購買意欲が高まります。

さて、話は元に戻りますが、シンザン記念がここまでメンバーが低下すると、1戦1勝馬でもチャンスが出てくるはず。シンザン記念は、私が競馬を始めてからの長い歴史の中で、1戦1勝馬がこのレースを勝ったことがありません。芝1800mの新馬戦を7馬身差で圧勝したマッキーマックス(2003年)でもこのレースで2着でしたし、後の桜花賞馬となるマルセリーナ(2011年)でもここは取りこぼしての3着でした。

今年は、1戦1勝馬のPP指数が低いのでどうかとは思いますが、これまでのように無条件に本命外しの手が使えなくなったのは確か。新馬戦をちょっと強い勝ち方をした馬ならば、あっさり勝つ可能性もあるでしょう。逆にちょっと実績あるキャリアが豊富なタイプがここに出走してくれば、かつてよりも楽に1着賞金3800万円を手にすることが出来るでしょう。

[もっと見る]

 スペースマン 2018年1月8日(月) 01:50
シンザン記念、◎本命は?
閲覧 397ビュー コメント 0 ナイス 7

牝馬が、4頭も出ているこのレースどうなるか?

それに、人気になるだろうと思われていたエアアルマスが出ないということ!

これをふまえて、◎本命は、ファストアプローチから狙っみる!

前走は、休み明けに相手が、強かった!

先行して、上がり34秒台は、悪くない!

1600mで、前半と上がりをたして、70秒を切るんだから、悪くないだろう!

馬体も悪くないし、パワーがあって良いと思うよ!

それに、デムーロが、今年初日だね!

期待するよ!

〇対抗は、唯一、京都を勝っているスターリーステージだ!

▲単穴は、ファストアプローチと同じく、朝日杯フューチュリティステークスからカシアスにする!

この馬も70秒だよね!

それに、浜中は、このレースの常連かな?

あとは、パドックを見て決めますわ!

ミルコデムーロ出陣!!

[もっと見る]

 浪花のクマ 2018年1月7日() 22:41
シンザン記念(GIII)最終決断
閲覧 312ビュー コメント 0 ナイス 5


雨を味方に・・バンガード


相手が揃った東京スポーツ杯2歳Sで4着、
自己条件に戻った前走で2勝目・・
初勝利の未勝利戦では渋った馬場で2着に
6馬身千切って圧勝のカフジバンガード、
良馬場でも切れるが、雨なら尚更・・

第52回 シンザン記念(GIII)

◎ カフジバンガード
○ プリュス
▲ ファストアプローチ
△ カシアス
× アーモンドアイ
☆ ヒシコスマー


単勝

馬連
⇒┃↓

[もっと見る]

 TERAMAGAZI 2018年1月7日() 20:32
朝日杯FSで先行粘った2頭+シンザン記念1着後も5連勝でNHKマ... 
閲覧 219ビュー コメント 1 ナイス 12

【朝日杯FSで先行し粘った2頭+シンザン記念1着後も5連勝でNHKマイルC優勝馬ミッキーアイルの全弟+フサイチパンドラの娘…そして武豊にとって2010年凱旋門賞を巡る運命の仔ブリュス】


G1朝日杯FSは、
4コーナー4番手のダノンプレミアムが最速上がりで3馬身半の圧勝劇!
2着〜5着馬は全て7〜13番手の追い込み勢が掲示板を占めた。

化物ダノンプレミアム以外は追い込み勢が掲示板を独占した中で、
先行したファストアプローチ(2番手→6着)・3番手カシアス(3番手→7着)と粘り腰を見せた。

※逃げたケイティクレバーは11着に沈んでいる。
(ファストアプローチに0秒8、カシアスに0秒7差を付けられている)

----------------------------------------------

◎カシアス
G1朝日杯FS7着・G2京王杯2歳S2着・G3函館2歳S1着の実績は断然!
全成績(2-2-0-1)でG1朝日杯以外は全て連対している。
朝日杯も
ただし大外になってしまった不利がどうなるか…


○ファストアプローチ
G1朝日杯FS6着・G3札幌2歳S2着


▲スターリーステージ【MYPOG】
ディープインパクト×スターアイル(Rock of Gibraltar)
3連勝で当レースを単勝1,6倍の断然の1番人気で制したミッキーアイルの全弟。

(※ノーザンファーム生産で音無厩舎所属も同じ)
(※ミッキーアイルはその後も連勝を伸ばし単勝1,9倍の『G1NHKマイルC』まで5連勝!!)

(※ちなみに半兄タイセイスターリー(ノーザンファーム生産・父マンカフェ)も17年当レースでキョウヘイの2着)

※スターリーステージは系列の『サンデーR』『キャロットF』のクラブ馬にせず、
吉田勝己社長自身がオーナーになっている。
全成績(1-2-1-0)と馬券圏内を外していない。


注カフジバンガード
こうやまき賞1着。4コーナー2番手から直線で逃げ馬を交わし、
最速上がりで追い込んで来た2着馬をきっちりアタマ差オサエ込んでの楽勝。
(※逃げ馬はアタマ+3馬身差の3着)


△アーモンドアイ
フサイチパンドラ(2006年エリ女杯1着・2007年2着、オークス2着、秋華賞3着)の娘(父ロードカナロア)
(※2006年エリ女杯優勝はラッキー!カワカミプリンセスの非常に疑問が残る降着による=現行ルールなら降着なし)


△プリュス
(ヴィクトワールピサ×サラフィナ)
母サラフィナは仏オークス馬(凱旋門賞3着・サンクルー大賞典・フォワ賞)

父皐月賞馬ヴィクトワールピサ(ダービー3着・ジャパンカップ3着&有馬記念優勝(3歳)・ドバイワールドカップ優勝)

2010年『運命の凱旋門賞』
※ブリュスの父と母が出走。
ヴィクトワールピサはユタカさん騎乗で7着敗退。
サラフィナは3着好走。

2018年シンザン記念。
ユタカさんは2頭の間に産まれた娘プリュスに騎乗する。


…競馬は奥が深い。

[もっと見る]

124件中 1-15件目を表示≪前の15件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次の15件≫

レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。