フロンティア(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
フロンティア
フロンティア
写真一覧
現役 牡2 栗毛 2015年4月5日生
調教師中内田充正(栗東)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者(有)社台コーポレーション白老ファーム
生産地白老町
戦績 3戦[2-0-0-1]
総賞金4,423万円
収得賞金1,950万円
英字表記Frontier
血統 ダイワメジャー
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
スカーレットブーケ
グレースランド
血統 ][ 産駒 ]
トニービン
ゴールデンサッシュ
兄弟 ドリームパスポートセイクリッドセブン
前走 2017/11/11 デイリー杯2歳S G2
次走予定

フロンティアの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/11/11 京都 11 デイリー2S G2 芝1600 9222.414** 牡2 55.0 岩田康誠中内田充450(+6)1.36.9 0.635.2ジャンダルム
17/08/27 新潟 11 新潟2歳S G3 芝1600 15587.231** 牡2 54.0 岩田康誠中内田充444(-10)1.34.6 -0.132.9コーディエライト
17/07/01 中京 5 2歳新馬 芝1600 12222.811** 牡2 54.0 川田将雅中内田充454(--)1.38.2 -0.134.4アドマイヤアルバ

フロンティアの関連ニュース

 第52回デイリー杯2歳ステークス(11日、京都11R、GII、2歳オープン国際(指)、馬齢、芝・外1600メートル、1着本賞金3800万円=出走9頭)アンドレア・アッゼニ騎乗で5番人気のジャンダルムが中団から鋭く伸びて無傷のV2。アッゼニ騎手は日本での重賞初勝利となった。タイム1分36秒3(良)。1馬身1/4差の2着がカツジで、1番人気フロンティアは4着。2番人気メガリージョンは右第1趾骨粉砕骨折のため予後不良となった。

★11日京都11R「デイリー杯2歳S」の着順&払戻金はこちら

ジャンダルム 父キトゥンズジョイ、母ビリーヴ、母の父サンデーサイレンス。黒鹿毛の牡2歳。栗東・池江泰寿厩舎所属。米国産馬。馬主は前田幸治氏。戦績2戦2勝。獲得賞金4532万2000円。重賞初勝利。デイリー杯2歳Sは、池江泰寿調教師、アンドレア・アッゼニ騎手ともに初勝利。馬名は「アルプス山脈の名峰『アイガー』の絶壁の名」。

【デイリー2S】レースを終えて…関係者談話2017年11月12日() 05:03

 ◆アッゼニ騎手(ジャンダルム1着) 「とてもうれしいです。豊さんのけがで騎乗が回ってきましたが、結果でお返しできてよかったです。まだまだ成長しそうな馬です」

 ◆松山騎手(カツジ2着) 「流れに乗れましたけど、最後は外に逃げて甘くなりました。イレ込んでいたのもあったのかな」

 ◆川田騎手(ケイアイノーテック3着) 「成長(前走比22キロ増)してくれています。よく頑張ってくれましたし、(使ったことで)動きも良くなってくると思います」

 ◆岩田騎手(フロンティア4着) 「もう少し落ち着いて走れれば。故障馬を避けるロスもあって、ひるむ面も見せた」

 ◆国分優騎手(ナムラアッパレ5着) 「使い詰めですけど、(苦しい時期を)乗り越えて良くなりつつあります」

 ◆シュタルケ騎手(ロードイヒラニ6着) 「スタート(出遅れ)が全て」

 ◆浜中騎手(ヒシコスマー8着) 「モタれてどうにもならなかったです」

★11日京都11R「デイリー杯2歳S」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【デイリー2S】ビリーヴの子ジャンダルムが重賞初V 2017年11月11日() 15:52

 11月11日の京都11Rで行われた第52回デイリー杯2歳ステークス(2歳オープン、GII、芝・外1600メートル、馬齢、9頭立て、1着賞金=3800万円)は、スプリントGIで2勝を挙げたビリーヴを母に持つ5番人気ジャンダルム(牡、栗東・池江泰寿舎)が、アンドレア・アッゼニ騎手に導かれて快勝。デビューから2連勝で重賞初制覇を達成した。同騎手は日本での重賞初勝利。タイムは1分36秒3(良)。1馬身1/4差の2着はカツジ(4番人気)で、さらに2馬身1/2離れた3着にケイアイノーテック(3番人気)が入った。



 カクリョウがレースを引っ張り、メガリージョンカツジフロンティアケイアイノーテックジャンダルムと続く展開。出遅れたロードイヒラニは最後方からのレースとなり、メガリージョンは故障発生で3コーナーで競走を中止した。直線でカツジが抜け出したが、その内からジャンダルムがグングンと伸びてかわすと、力強くゴールを駆け抜けた。1番人気フロンティアは外から伸び切れず4着だった。



 ジャンダルムは、父キトゥンズジョイ、母ビリーヴ、母の父サンデーサイレンスという血統で、母ビリーヴは2002年スプリンターズS、03年高松宮記念のGI・2勝を含め重賞4勝。米国産馬で、馬主は前田幸治氏。通算成績は2戦2勝。デイリー杯2歳S池江泰寿調教師、アンドレア・アッゼニ騎手ともに初勝利。



 池江泰寿調教師はJRA重賞通算70勝目。2011年2月に引退した父・泰郎元調教師の重賞通算勝利数に並んだ。



 ◆アンドレア・アッゼニ騎手「豊さん(武豊騎手)のけがで騎乗が回ってきましたが、結果でお返しできてよかったです。直線でエンジンがかかってからのスピードがすごかったですよ。一頭になってから少しソラを使ったりと、まだ子供っぽいところはありますけど、まだ2戦目でしたし、これから成長すると思います」



★11日京都11R「デイリー杯2歳S」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【デイリー2S】厩舎の話2017年11月10日(金) 05:02

 ◆カクリョウ・高井助手 「動きはいい。使い詰めでも状態はいい」

 ◆カツジ・松山騎手 「レースセンスがあって乗りやすい」

 ◆ケイアイノーテック・平田師 「しっかりと調教を積んで、けいこでも動いている」

 ◆ジャンダルム・池江師 「前走は、ひと追い足りない状態で勝った。今回は力を出せる状態」

 ◆ナムラアッパレ・目野師 「じっくり末脚を生かして、どこまで」

 ◆ヒシコスマー・清水久師 「いい根性をしている。慣れも見込める」

 ◆フロンティア・中内田師 「順調に調整。いい状態で出走できます」

 ◆メガリージョン・野中師 「力は出せる状態。重賞の方がレースはしやすいはず」

 ◆ロードイヒラニ・千田師 「周りに馬がいるとうるさい面を見せる」



デイリー杯2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【デイリー2S】厩舎の話 カツジ・松山騎手「具合はいい」2017年11月9日(木) 11:19

 カツジ・松山騎手「具合はいい。レースセンスがあって乗りやすい」

 ケイアイノーテック・平田調教師「しっかりと調教を積んだ。新馬のときより成長している」

 ジャンダルム・池江調教師「動きは良かった。力を出せる状態だし、総合的に能力が高い」

 ヒシコスマー・清水久調教師「道悪で勝ったように、いい根性がある。レース慣れも見込める」

 フロンティア・中内田調教師「順調に調整。いい状態だし、今後を占う意味でも楽しみな一戦」

 メガリージョン・野中調教師「調整は順調で、力を出せる状態にある。折り合って運べれば」

 ロードイヒラニ・千田調教師「周りに馬がいるとうるさい面を見せる。集中して走れれば」

(夕刊フジ)

デイリー杯2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【デイリー2S】追って一言2017年11月9日(木) 05:01

 ◆カツジ・松山騎手 「具合はいいですよ。切れる脚はなさそうですが、レースセンスがあって乗りやすいです」

 ◆ケイアイノーテック・平田師 「けいこでよく動けているし、しっかりと調教を積んでこられた。新馬のときよりも馬は成長している」

 ◆ジャンダルム・池江師 「動きは良かったですね。力を出せる状態ですよ。総合的に能力の高い馬です」

 ◆ヒシコスマー・清水久師 「前回は道悪の馬場で勝利。いい根性をしている。レース慣れが見込めると思う」

 ◆フロンティア・中内田師 「順調に調整を消化できました。いい状態でレースに出走できますね。今後を占う意味でも楽しみな一戦です」

 ◆メガリージョン・野中師 「調整は順調だし、力は出せる状態にある。折り合って運べれば」

 ◆ロードイヒラニ・千田師 「動きはまずまず。周りに馬がいると、まだうるさい面を見せる。集中して走れれば」

デイリー杯2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

フロンティアの関連コラム

閲覧 570ビュー コメント 0 ナイス 0



みなさんこんにちは!

本日は京都11R「デイリー杯2歳S G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、フロンティア1頭。
第2グループ(黄)は、メガリージョン1頭。
第3グループ(薄黄)は、ロードイヒラニから1.0ポイント差(約1馬身差)内のヒシコスマーまで2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、1位→2位間の4.8ポイント差がまず目立ち、以降にも1.0ポイント以上の比較的大きな開きがいくつか見られるバラついた配置となっています。しかし、これはいつも言うようにこの時期の2歳重賞で、特に前走クラス(新馬〜重賞)による指数差が大きく影響しているケースも多分に含まれてのもの。今回大きく跳ね上げる、前走(内容)が指数以上に評価できる、今回展開が有利に働きそう、......などの馬たちには特に注意が必要なレースと言えるでしょう。

この時期に移ってからのここ3年のデイリー杯2歳SをU指数的に振り返ると、京都コースでの指数上位馬の好走が毎年みられ、やはりある程度はコース実績というものが重要に映ります(昨年穴を開けたボンセルヴィーソも、前走でメンバー中上位のコース指数をマークしていました)。
素直に入れば今年は○メガリージョンということになるのでしょうが、少し捻って今回の私の本命は◎カツジとしました。新馬上がりの馬ではありますが、前走の新馬戦でマークした指数はまずまずで、馬場状態の差こそあれど○メガリージョンの新馬戦とほぼ同等のもの。それでいて、派手な勝ち方ではなく、重馬場で時計的に目立たない新馬戦経由である分、指数的にも高評価にはならず、人気もそこそこに止まってくれないかと期待。前走は、タフな馬場で行われたデビュー戦を馬群から差し切るハイセンスな内容でしたし、良馬場での時計短縮も母がスピード満点という血統構成から問題ないとみています。加えて、このレースでも、また先週までの京都1600mでも、3代内父系にGrey Sovereign持ち(もしくはBold Ruler持ち)の馬の好走が毎レースみられている点も合いそうです。勝率としては過去10年でトップの前走・新馬戦組から◎カツジの勝ち切りに期待します。
メガリージョンは、初戦〜2戦目と引っ掛かるところを見せており、その点が気掛かりで2番手評価に。ただ鞍上も強化されますし、人気妙味という意味でおそらく◎カツジとは差が付くだろうとみて本命◎は譲ったものの甲乙つけがたい存在の対抗視。
以下、抜けた総合トップ評価の▲フロンティア、休み明けでも状態良さそうな☆ケイアイノーテックあたりを上位に取り、今回の私の馬券は◎○からの3単で勝負とします。


【3単フォーメーション】
◎→○→印
8→4→1,2,3,5,6(5点)
◎→印→○
8→1,2,3,5,6→4(5点)
○→◎→印
4→8→1,2,3,5,6(5点)

計15点


登録済みの方はこちらからログイン

2017年11月10日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2017年11月10日
閲覧 634ビュー コメント 0 ナイス 2

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2017年11月11日()の凄馬!>
極凄馬
京都12R 3歳以上500万以下
クールゼファー(+6.5)

極凄馬
東京9R オキザリス賞
クレヴァーパッチ(+4.3)

超凄馬
京都11R デイリー杯2歳S G2
フロンティア(+3.7)

超凄馬
福島8R 3歳以上500万以下
メイショウラバンド(+2.6)

超凄馬
東京1R 2歳未勝利
リードザウインド(+2.3)

超凄馬
福島9R 3歳以上500万以下
メイショウマイカゼ(+2.0)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率68%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日〜2017年11月12日、集計数:30,165レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

2017年11月7日(火) 13:29 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2017) 〜第7回 注目POG馬ランキング上位馬考察〜
閲覧 1,057ビュー コメント 0 ナイス 6

 2017年の2歳戦もいよいよ佳境。11月4日までにアサクサゲンキ(Ameliaの2015)、カシアス(ラブディランの2015)、ダノンプレミアム(インディアナギャルの2015)、タワーオブロンドン(スノーパインの2015)、フロンティア(グレースランドの2015)、ベルーガ(アドマイヤライトの2015)、ラッキーライラック(ライラックスアンドレースの2015)、ロックディスタウン(ストレイキャットの2015)と8頭のJRA重賞ウイナーが誕生し、今後も11月11日のデイリー杯2歳ステークス(2歳GII・京都芝1600m外)、11月18日の東京スポーツ杯2歳ステークス(2歳GIII・東京芝1800m)、11月25日の京都2歳ステークス(2歳GIII・京都芝2000m内)と、来月の2歳GIや来春のクラシック戦線に繋がっていきそうなレースが続きます。同世代のライバルを下し、JRA賞最優秀2歳牡馬ならびに牝馬のタイトルを獲得するのはどの馬でしょうか。

 今回は現在の戦況を整理すべく、「注目POG馬ランキング(2017/11/06 12:00時点」上位馬の成績や近況をまとめてみました。GI、GII、GIII、オープンの各ワールドは11月6日と12/4に新たな仮想オーナー募集枠が開放されるため、ご自身の仮想オーナー馬数とPOGポイントに余裕があれば、まだすべての馬に入札が可能。指名馬選びの参考にしていただければ幸いです。

 まずは「注目POG馬ランキング」20位以内の各馬をご覧ください(成績はいずれも11月5日終了時点)。

■1位 スターリーステージ(スターアイルの2015) 3戦0勝 580万円
■2位 シンハラージャ(シンハリーズの2015) 未出走
■3位 フラットレー(リッチダンサーの2015) 2戦1勝 860万円
■4位 グレートウォリアー(プラウドスペルの2015) 未出走
■5位 レイエンダ(ラドラーダの2015) 1戦1勝 700万円
■6位 シルヴァンシャー(アゼリの2015) 1戦1勝 700万円
■7位 タニノフランケル(Vodkaの2015) 3戦1勝 1180万円
■8位 トゥザフロンティアトゥザヴィクトリーの2015) 3戦1勝 1340万円
■9位 ヘンリーバローズ(シルヴァースカヤの2015) 2戦1勝 780万円
■10位 アドマイヤキング(アドマイヤテンバの2015) 2戦1勝 700万円
■11位 ミカリーニョ(ミスエーニョの2015) 2戦1勝 780万円
■12位 ルーカス(メジロフランシスの2015) 1戦1勝 700万円
■13位 サトノエターナル(ソーメニーウェイズの2015) 1戦0勝 280万円
■14位 ステルヴィオ(ラルケットの2015) 3戦2勝 3600万円
■15位 ルナステラ(ピラミマの2015) 未出走
■16位 ヴェルテアシャフト(ヒルダズパッションの2015) 未出走
■17位 サトノソルタス(アイランドファッションの2015) 1戦1勝 700万円
■18位 ソシアルクラブブエナビスタの2015) 1戦1勝 700万円
■19位 シーリアシーザリオの2015) 未出走
■20位 ジナンボーアパパネの2015) 1戦1勝 700万円

 既に20頭中15頭がデビューを果たし、うち13頭が初勝利をマーク。サトノエターナルスターリーステージも2着となった経験ならありますから、勝ち上がりは時間の問題だと思います。
 未出走馬5頭のうち、シンハラージャ(シンハリーズの2015)とシーリアシーザリオの2015)は既に入厩済み。デビューは目前と見ていいでしょう。また、グレートウォリアー(プラウドスペルの2015)やヴェルテアシャフト(ヒルダズパッションの2015)も、報道等を見る限りでは近いうちに入厩してきそう。他の「注目POG馬ランキング」上位馬がいずれも順調ですし、未出走組もそれぞれ初陣が楽しみです。

 11月5日時点で未出走、かつ「注目POG馬ランキング」で100位以内の馬は、前出5頭の他に22頭いました。

■22位 ブレステイキング(シユーマの2015) 未出走
■25位 ソリッドドリーム(Danedreamの2015) 未出走
■27位 サラキア(サロミナの2015) 未出走
■39位 ダノンマジェスティ(ドバイマジェスティの2015) 未出走
■42位 フランツ(ロベルタの2015) 未出走
■45位 ダブルフラット(アガルタの2015) 未出走
■48位 デサフィアンテアヴェンチュラの2015) 未出走
■50位 ヴィルトゥース(ドナブリーニの2015) 未出走
■52位 パスティス(ハヤランダの2015) 未出走
■57位 クルークヴァールクィーンズバーンの2015) 未出走
■59位 サトノグロワール(シャムロッカーの2015) 未出走
■63位 ザスリーサーティ(ツーデイズノーチスの2015) 未出走
■66位 イシュトヴァーンドナウブルーの2015) 未出走
■68位 カザン(シャンパンドーロの2015) 未出走
■74位 リンフォルツァンド(リッスンの2015) 未出走
■76位 アドマイヤデジタルフサイチエアデールの2015) 未出走
■78位 エルディアマンテディアデラノビアの2015) 未出走
■80位 シエラ(ゴールデンドックエーの2015) 未出走
■81位 キタノコマンドール(ベネンシアドールの2015) 未出走
■87位 ミッキーワイルド(ワイルドラズベリーの2015) 未出走
■89位 エリスライト(クリソプレーズの2015) 未出走
■99位 センテリュオ(アドマイヤキラメキの2015) 未出走

 このうちブレステイキング(シユーマの2015)、ソリッドドリーム(Danedreamの2015)、サラキア(サロミナの2015)、フランツ(ロベルタの2015)、エルディアマンテディアデラノビアの2015)、シエラ(ゴールデンドックエーの2015)、ミッキーワイルド(ワイルドラズベリーの2015)、エリスライト(クリソプレーズの2015)、センテリュオ(アドマイヤキラメキの2015)の9頭は既に入厩済み。デビュー戦の内容次第では、クラシック戦線の新星として一気に注目を集めるかもしれません。

 11月5日時点でデビュー済みかつ未勝利だった馬のうち、「注目POG馬ランキング」で100位以内の馬は前出2頭の他に29頭います。

■21位 レピアーウィット(ランニングボブキャッツの2015) 2戦0勝 480万円
■24位 リシュブール(ラストグルーヴの2015) 2戦0勝 480万円
■28位 マルケッサ(マルペンサの2015) 1戦0勝 0万円
■30位 トーセンブレイヴ(ギーニョの2015) 2戦0勝 200万円
■33位 アプルーヴァル(ファシネイションの2015) 1戦0勝 0万円
■34位 ダノンチェリー(ウィーミスフランキーの2015) 2戦0勝 0万円
■36位 レリカリオ(Unrivaled Belleの2015) 1戦0勝 0万円
■37位 プリメラビスタビワハイジの2015) 1戦0勝 0万円
■38位 サトノオンリーワン(クリームオンリーの2015) 2戦0勝 480万円
■41位 ローズベリル(モルガナイトの2015) 1戦0勝 0万円
■43位 グラマラスライフ(プリティカリーナの2015) 1戦0勝 70万円
■46位 レーヴドリーブ(レーヴドスカーの2015) 1戦0勝 110万円
■47位 ピボットポイント(ペンカナプリンセスの2015) 1戦0勝 70万円
■51位 ブレイニーラン(プチノワールの2015) 1戦0勝 180万円
■54位 ゴールドフラッグ(ポイントフラッグの2015) 4戦0勝 490万円
■55位 ダノンポピー(マネーキャントバイミーラヴの2015) 1戦0勝 70万円
■56位 シャンデリアスピンダンスインザムードの2015) 2戦0勝 0万円
■61位 サラーブ(サマーハの2015) 1戦0勝 180万円
■62位 プリュス(サラフィナの2015) 1戦0勝 0万円
■65位 ミルコメダ(スカーレットレディの2015) 1戦0勝 0万円
■70位 イダエンペラー(アドマイヤセラヴィの2015) 2戦0勝 0万円
■77位 アドマイヤビクター(ツィンクルヴェールの2015) 1戦0勝 110万円
■86位 イッツパーフェクト(パーフェクトトリビュートの2015) 1戦0勝 0万円
■88位 スヴァルナ(ブルーミングアレーの2015) 2戦0勝 180万円
■91位 ローザフェリーチェローズバドの2015) 1戦0勝 110万円
■92位 ネプチュナイト(タンザナイトの2015) 1戦0勝 0万円
■93位 ミッキーハイド(ハイドバウンドの2015) 1戦0勝 280万円
■95位 ノチェブランカ(ナイトマジックの2015) 2戦0勝 0万円
■96位 モトカ(Sasuelaの2015) 1戦0勝 0万円

 このうち2着となった経験ならあるのはレピアーウィット(ランニングボブキャッツの2015)、リシュブール(ラストグルーヴの2015)、サトノオンリーワン(クリームオンリーの2015)、ゴールドフラッグ(ポイントフラッグの2015)、ミッキーハイド(ハイドバウンドの2015)の5頭。順調ならば近いうちに勝ち上がりを果たせるんじゃないでしょうか。また、他もそれなりの良血馬や評判馬ばかりなので、使っているうちに変わってくる可能性は並みの馬よりも高いはず。入札における人気はこれまでよりも下がるでしょうから、安易に指名候補から外すことなくしっかりチェックしておきたいところです。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる騎手大全 2016秋〜2017』(ガイドワークス)など。2016年12月02日には監修を務める人気シリーズの最新刊『ウルトラ回収率 2017-2018』(ガイドワークス)を、2017年04月12日には最新刊『コース別 本当に儲かる血統大全 2017-2018』(ガイドワークス)をリリース。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG 2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

2017年9月5日(火) 18:00 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2017) 〜第6回 ワールド上位者レビュー〜
閲覧 1,176ビュー コメント 0 ナイス 5

 先週末9月2日の札幌2歳ステークス(2歳G掘札幌芝1800m)、9月3日の小倉2歳ステークス(2歳G掘小倉芝1200m)をもって、「ウマニティPOG 2017」の夏季競馬シーズンが終了。既にアサクサゲンキ(Ameliaの2015)、カシアス(ラブディランの2015)、フロンティア(グレースランドの2015)、ロックディスタウン(ストレイキャットの2015)と4頭のJRA重賞ウイナーが誕生しました。いわゆる“POG本”の発売日が集中している4月下旬からは4か月ほど経過していますし、一般的な“POG期間”も残すところ2017年の秋季競馬と2018年の春季競馬だけ。全体の3分の1くらいは消化したと考えている方が多いかもしれません。

 しかし“POG期間”中の総賞金額に対する割合で見ると、(2歳時の)夏季競馬が占めているのは全体の1割程度。残る9割の賞金(≒ポイント)は今週以降のレースで奪い合うことになります。しかも、G1、G2、G3、オープンの各ワールドは今後も仮想オーナー募集枠が順次開放されるため、既出走馬を含むすべての2歳馬に入札可能。これから参加するプレイヤーでも十分に優勝を狙えるのがウマニティPOGの醍醐味です。つい最近になって会員登録を済ませたばかりという方もぜひご参加ください!

 今回は先週末9月3日終了時点、すなわち「ウマニティPOG 2017」の夏季競馬シーズンにおける各ワールドの戦況をまとめてみました。ゲーム全体から見ればごく一部に過ぎない時期ではあるものの、「上手いプレイヤーの大半は序盤からそれなりに結果を出せる」というのも否定しがたい事実。今後もしばらくは優勝争いを牽引するであろう猛者たちの指名から、今週以降の入札や来シーズン以降の戦略を考えるうえで参考になりそうな教訓を読み取っていきましょう。

 1頭1オーナー制で争われているスペシャルワールドは、カシアスを獲得しているサウスさんがトップ。既に15頭の指名馬がデビューを果たしたうえ、15頭すべてが賞金を獲得しています。おそらく早期デビュー組を狙う作戦だったのだと思いますが、スペシャルワールドは大半の素質馬がデビュー前の入札で指名されてしまう(=他のプレイヤーが指名できなくなってしまう)ため、希望通りの馬を揃えるのは至難の業。それでいてこの“高打率”はお見事と言うほかありません。サウスさんは未出走組に良血馬が控えていますし、まだまだ獲得ポイントを伸ばしてきそうです。
 ただし、スペシャルワールドの上位グループは混戦模様。サウスさんの総獲得賞金は1億1199万円ですが、2位の藤沢雄二さん、3位のよ〜じさん、4位のmizumizuさん、5位のろーりんぐえっぐさんもそれぞれ9千万円を超えていました。今後もしばらくは頻繁に首位が入れ替わる展開となるでしょう。
 なお、個人的に興味を惹かれているのはアマルフィコースト(ジプシーハイウェイの2015)などを指名しているろーりんぐえっぐさん。まだ12頭しか指名していないため、他のプレイヤーが獲得していない馬であれば、デビュー戦を見てから追加指名することもできます。ここから先はどんな作戦で臨むのか、非常に楽しみです。

 G1ワールドはスペシャルワールド以上の大混戦。1億0968万円を獲得したジャガリコライトさんがトップとなったものの、たいぎぃさんが1億0541万円、ウーピンさんが1億0473万円、九州の田舎者さんが1億0246万円で続いていました。もっとも、首位で夏季競馬を終えたジャガリコライトさんは、アサクサゲンキカシアスをそれぞれデビュー前に獲得。他にも高額なポイントで落札した良血馬が控えていますし、もうしばらく優勝争いを引っ張っていく可能性が高いんじゃないでしょうか。

 G2ワールドは9319万円を獲得した岡八郎さんが一歩リード。7625万円のナリタブライアンさんが2位につけています。ちなみに、トップ10のうち6名のプレイヤーはロックディスタウンを指名していましたが、岡八郎さんはアイアンクロー(ヤマノアイリーの2015)が、ナリタブライアンさんはタイセイプライド(キャニオンリリーの2015)が出世頭で、いずれも重賞ウイナーを指名していません。それでも首位争いをしているのは、指名した馬たちが満遍なくポイントを稼いでいる証拠。これは私がPOGにおいて理想としているスタイルでもあり、今後が楽しみです。

 G3ワールドは1億1559万円を獲得したキーコ21歳さんが単独トップ。ロックディスタウンファストアプローチ(ジョリージョコンドの2015)を指名しており、札幌2歳ステークスで一気にポイントを伸ばしてきました。ロックディスタウンなどデビュー後に指名している馬も多いのですが、デビュー前の入札で獲得した馬たちも堅実に勝ち上がっており、今後はこれらの馬たちによってどこまで獲得賞金を伸ばせるかがポイントになるでしょう。

 オープンワールドの首位は1億2300万円を獲得した2743d9090fさんカシアスゴールドクイーン(サザンギフトの2015)、ステルヴィオ(ラルケットの2015)、フロンティアと、既に4頭の指名馬がオープンクラスのレースを制しています。このあたりが順調に出世していくようなら、このままPOGシーズンの終盤まで優勝争いをリードしていく可能性もありそうです。

 現在行われている第15回入札は9月8日の11:00が締め切り。スペシャル以外の各ワールドは仮想オーナー募集枠が解放されたばかりですし、秋季競馬の開幕に合わせて追加指名を検討しているプレイヤーが多いんじゃないでしょうか。まだどの馬に入札するか迷っているのであれば、好調なプレイヤーの戦略ならびに選択も参考にしてみてください。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる騎手大全 2016秋〜2017』(ガイドワークス)など。2016年12月02日には監修を務める人気シリーズの最新刊『ウルトラ回収率 2017-2018』(ガイドワークス)を、2017年04月12日には最新刊『コース別 本当に儲かる血統大全 2017-2018』(ガイドワークス)をリリース。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG 2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

2017年8月29日(火) 10:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(8/26〜8/27)夢月プロがBIGヒット連発で土曜計102万払戻しを記録!
閲覧 810ビュー コメント 0 ナイス 4



先週は、27(日)に札幌競馬場でG3キーンランドCが、新潟競馬場でG3新潟2歳Sが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3キーンランドCは、ナックビーナスソルヴェイグの2頭が好発を決めて出を窺うと、積極的に出していったナックビーナスがハナに立ち単独先頭。3番手にシュウジが続き、1番人気のモンドキャンノは中団に控え、前半3F33.5秒(推定)と平均やや速めのラップを刻んだ馬群は、4コーナーを回ります。迎えた直線、内ラチ沿いを逃げるナックビーナスと、3〜4頭分空けて迫るソルヴェイグが1、2番手そのままの態勢で直線半ばを通過。外を回したモンドキャンノは脚色鈍く苦しい展開。ここで馬群を割って鋭い伸びを見せて迫ったのは、単勝12番人気のエポワスでした。ナックビーナスソルヴェイグの間に進路を取ると、ゴールまでひと際目立つ末脚を維持し鮮やかな差し切りを決め、9歳にして重賞初Vを挙げています。クビ差の2着には2番人気ソルヴェイグが入り、そこから1/2馬身差の3着には5番人気ナックビーナスが入っています。 
公認プロ予想家ではサウスプロサラマッポプロ河内一秀プロ山崎エリカプロ西野圭吾プロほか計15名が的中しています。
 
G3新潟2歳Sは、フロンティアコーディエライトテンクウマイネルサイルーンと、好スタートを決めた4頭が先頭グループを形成。外からコーディエライトがこれを制して先頭に立ち、馬群は3コーナーへ。ゆったりとしたラップを刻んだため馬群は密集し、最後方集団からの競馬からとなった1番人気ムスコローソを含め、ひと塊の状態で4コーナーを回ります。馬場の3分どころを通ったフロンティアコーディエライトに並び掛け、内ではテンクウがしぶとく食い下がる構え。後方勢からはこれら3頭に迫る脚色の馬は見当たらず、勝負の行方は完全にこの3頭に絞られます。結局、前半4F49.3秒と近年で最もスローで前が止まらない流れとなった新潟2歳Sを制したのは、2番手から上がり32秒9の末脚を披露して駆け抜けた2番人気フロンティアでした。好発を決めてなだめて、行く馬に行かせて2番手から力強く抜け出すというセンスの光る内容で、世代2頭目の重賞ウィナーに輝いています。3/4馬身差の2着には5番人気コーディエライトが入り、さらにそこからアタマ差の3着には2番人気テンクウが入っています。
 公認プロ予想家では、サウスプロくりーくプロマカロニスタンダーズプロほか計12名が的中しています。
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
26(土)小倉1Rで11万7000円払戻しの好スタートを切ると、続く札幌1Rで◎ラヴバインド(単勝13.8倍)○グランエクシト(単勝33.4倍)▲ディアバビアナのパーフェクト的中を披露し単勝・馬連・3連複計24万2100円、札幌9Rで◎エクセレントミスズから計16万8680円、小倉11Rで◎ナムラアラシ−○クールオープニングの印で計11万3920円と、10万オーバー払戻しだけで4本、ほかに5万オーバーも4本的中するなど、この日一日で計102万4480円の払戻しをマーク!。週末トータル回収率186%、収支57万1100円プラスを記録しています!
 
☆☆☆注目プロ →馬っしぐらプロ
26(土)札幌9Rで◎エクセレントミスズの単勝を的中。27(日)札幌12Rでは、◎ルグランフリソン、▲ケージーキンカメ(単勝93.9倍)からの3連複45万510円含む計52万1540払戻しのホームランを披露!真骨頂ともいえるフォーメーション馬券で見事大勝をおさめた先週は、土日トータル回収率612%、収支47万5960円プラスをマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
26(土)は新潟2Rの◎ハイヤーアプシス新潟11Rの◎トップディーヴォと、走法から先週の新潟馬場への適性を見出した2頭でこの日のプラスを決定付けると、27(日)は札幌1R小倉8Rで推奨馬が勝利。さらに極めつけはG3 キーンランドCで「頭が高い走法で洋芝巧者。」と狙った◎エポワス(単勝21.2倍)の単複的中!計8万5600円を払戻し、土日トータル回収率293%、収支15万3050円払戻しの好成績で先週を終えています。
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
27(日)は新潟5Rでの◎○▲パーフェクト的中、新潟12Rでの的中、さらにはG3 新潟2歳Sを◎フロンティアコーディエライトテンクウでパーフェクト的中するなど好調予想を連発!週末トータル回収率191%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
27(日)は新潟10Rの馬連&3連単的中など、後半にかけて調子を上げていくと、新潟12Rで◎マンゴジェリー(単勝51.9倍)を狙い、馬連・ワイド・3複計12万520円払戻しの大逆転アーチ!週末トータル回収率122%を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
27(日)新潟9Rで◎メイショウオワラ(単勝17.9倍)の1万円一点勝負的中を披露するなどの活躍を見せた先週は、土日トータル回収率115%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →河内一秀プロ
26(土)に新潟3Rなどで◎単勝精度を示し回収率104%を達成。翌27(日)には、G3 キーンランドCで◎エポワスソルヴェイグナックビーナスのパーフェクト的中を披露するなどの活躍をみせています。
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
26(土)新潟5Rの◎△○3連単(183.7倍)的中で18万3700円払戻しのスマッシュヒット!さらには、27(日)小倉2Rの◎○△3連単(149.9倍)的中で14万9900円、新潟6Rの◎○▲3連単(183.1倍)的中で18万3100円払戻しと、週末計3本の10万オーバーを披露しています。
 
 
この他にも、エース1号プロ(122%)、伊吹雅也プロ(117%)、セイリュウ1号プロ(106%)、KOMプロ(103%)、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(101%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果速報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年8月27日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/新潟2歳ステークス G3(霧プロ)
閲覧 613ビュー コメント 0 ナイス 2



本日は“競馬予想界のファンタジスタ”の異名をとる、ウマニティ公認プロ予想家の霧さんに登場してもらいます。血統をベースにした精度抜群の予想スタイルを武器に、世代限定戦で圧倒的な実績を残している霧さんがターゲットに指定したのは新潟2歳ステークス。ポテンシャルを見極める能力に長けた2歳戦のスペシャリストが、今年2頭目の2歳ステークスウィナーに迫ります。
本命は「デビュー戦で刻んだラップが優秀で、マイルに距離が延びてもしっかり脚を使えそう」なムスコローソ。対抗は「初戦時よりも調教の動きが確実に良化し、パフォーマンスアップに期待できるテンクウ。単穴は「レベルの高い相手を抑えて勝ったデビュー戦の内容が良く、差しに回っても味がありそう」なフロンティア。以下、グランデウィークコーディエライトの順に押さえます。馬券は馬連流し、き┃、3連複ボックス´き┃で勝負!本レース以外の霧プロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢31名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

フロンティアの口コミ


口コミ一覧
閲覧 41ビュー コメント 0 ナイス 10

今週のPOG戦線は日曜日に3頭が出走します。

【出走】
・11月19日 東京2R
☆イルーシヴグレイス(内田博幸騎手)

先陣を切るのは東京の未勝利戦に出走するイルーシヴグレイス。

イルーシヴグレイス
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 7ベスト美南W重 73.2 57.2 41.8 14.1[6]馬なり余力
 助 手 ◇ 函芝良 68.3 52.5 38.3 13.2[8]一杯に追う
 助 手10.26美南坂重 1 回 58.5 43.0 28.1 14.1 強目に追う
 助 手10.29美南坂重 1 回 59.7 43.7 28.7 14.2 馬なり余力
 助 手11. 2美南W良 69.6 54.2 39.4 13.4[6]G前仕掛け
       マローブルー(古1600万)馬なりの外同入
 助 手11. 5美南坂重 1 回 58.7 42.8 27.3 13.3 馬なり余力
★助 手11. 9美南W良 69.8 54.8 39.7 12.7[7]一杯に追う
       マローブルー(古1600万)馬なりの外を0.6秒先行同入
 助 手11.12美南坂良 1 回 57.6 42.1 27.5 13.3 馬なり余力
☆助 手11.15美南W稍 55.0 39.5 13.2[7]馬なり余力
       ルーカス(二500万)馬なりの外を1.8秒先行0.1秒遅れ

ここ目標という感じで十分に調整されている感じです。層の厚い堀厩舎のそれなりの格の馬と3週連続での併せ馬を消化しているので、やはり未勝利戦なら決めてほしいところ。
想定では10頭しか名前がなかったのに、蓋を開けてみると16頭立てになりました。
しかしこれといった相手もいないみたいなので勝機はあるとは思います。楽しみです。

・11月19日 東京9R 赤松賞
☆ウラヌスチャーム(大野拓弥騎手)

重賞では残念な結果に終わったウラヌスチャームでしたが、自己条件で巻き返しを図ります。

ウラヌスチャーム
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 7ベスト美南W稍 82.9 67.6 52.8 38.7 12.9[5]一杯に追う
 石橋脩 ■美南W稍 56.1 42.8 13.2[5]直強目追う
 井上敏 ◇美南W良 84.5 68.6 53.6 39.3 13.2[6]馬なり余力
★井上敏11.12美南W良 57.0 41.3 13.8[4]馬なり余力
☆大 野11.15美南W稍 84.9 68.3 54.3 40.8 12.9[6]G前仕掛け
       ミッシングリンク(古1000万)馬なりの内を0.6秒追走0.2秒遅れ

アルテミスSは馬場と展開に泣いたわけですけど、あれを受けて人気を落とすようであれば、今のところは「極端な脚質」というイメージが強いだけに人気が落ちるのは好材料。
人気の馬を見ながらの競馬になるでしょうから、なんとか追い比べに持ち込めればチャンスが出てくるでしょう。とにかく9頭立てというのは歓迎。

・11月19日 京都9R 秋明菊賞
☆レッドシャーロット(ミルコ・デムーロ騎手)

返す刀で京都の秋明菊賞にレッドシャーロットが出走します。

レッドシャーロット
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 6ベスト 栗CW良 51.6 37.2 12.1[7]強目に追う
 助 手 ■ 栗坂良 1 回 60.7 45.1 29.4 13.5 馬なり余力
 助 手 ◇ 栗坂稍 1 回 53.9 39.6 25.7 12.1 馬なり余力
 助 手11. 2 栗坂良 1 回 54.1 39.3 25.5 12.5 馬なり余力
 助 手11. 5 栗坂良 1 回 58.8 43.5 29.2 14.8 馬なり余力
 助 手11. 7 栗坂良 1 回 56.2 41.3 27.2 13.9 馬なり余力
★Mデム11. 9 栗坂良 1 回 52.4 37.8 24.4 12.3 末強目追う
       ヒデノトパーズ(二未勝)一杯を0.4秒追走0.4秒先着
 助 手11.12 栗CW良 60.2 44.0 13.2[7]馬なり余力
☆助 手11.15 栗CW稍 85.7 68.4 52.6 38.4 11.9[6]馬なり伸る
       ウォーターレスター(古500万)馬なりの内を0.4秒追走同入

とにかくミルコに手が戻るのは大歓迎。
人気を集めるシグナライズと比較した時に京都の外回りを経験しているのは大きなアドバンテージ。負ける気はサラサラないですw
とりあえずスタートがカギでしょうね。前走は出遅れましたから。
正直なところ、今週の3頭の中でこの馬が一番勝つチャンスが大きいと思っています。


【在厩】
☆スヴァルナ(11月26日の京都2000mの未勝利戦を北村友一騎手で)
△フロンティア(11月11日のデイリー杯2歳Sは4着)
△サウンドキアラ(11月5日の新馬戦を快勝)
△カヴァロディーオ(7月30日の新馬戦は4着)

【放牧】
☆アドマイヤアルバ(10月21日の未勝利戦で初勝利→千両賞を予定)
☆レディバード(ヤマボウシ賞は5着)
☆シエラネバダ(紫菊賞は球節炎のため回避)
☆リシュブール(10月28日の未勝利戦は2着)
△ダンツクレイオー(7月23日の函館2歳Sは9着)
△ヴェロニカグレース(10月1日の未勝利戦を快勝→年明けの自己条件へ)
△アントルシャ(ききょうSは9着)
☆ベストヴォヤージュ(NF天栄に移動)
△クリッパー(9月23日の新馬戦は2着)
△スペイシー(11月11日の未勝利戦は7着)
☆ダブルフラット(ゲート試験に合格)

【故障者リスト】
☆ローズベリル(骨折が判明。全治6ヶ月)
△ギルトエッジ(左前屈腱炎の疑い)

【Out】
☆ブルーメンクローネ
☆ソーグレア

【調教】
スヴァルナ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 7ベスト 栗CW不 100.0 83.2 68.1 54.2 40.4 12.9[7]一杯に追う
 川 田 ◇ 栗CW良 52.6 38.4 12.0[6]馬なり余力
★助 手11.10 栗CW良 83.2 68.4 52.9 38.9 11.8[7]一杯に追う
       スプマンテ(古500万)一杯の内を0.5秒追走クビ遅れ
 助 手11.12 栗坂良 1 回 59.1 43.2 27.6 13.5 馬なり余力
☆北村友11.16 栗CW稍 80.6 65.2 50.4 36.7 11.9[7]一杯に追う
       サンラモンバレー(新馬)一杯の外を0.8秒先行アタマ遅れ

カヴァロディーオ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 6ベスト 栗坂良 1 回 58.0 41.4 26.5 13.0 末一杯追う
 ティー ◇ 札芝良 64.7 49.7 35.2 12.0[6]強目に追う
★助 手11. 8 栗坂良 1 回 61.6 44.3 29.2 14.8 馬なり余力
 助 手11.15 栗坂稍 1 回 61.9 45.1 29.2 14.3 馬なり余力
☆助 手11.16 栗坂稍 1 回 53.2 38.7 25.4 12.8 叩き一杯
       シエラ(新馬)馬なりに0.1秒遅れ

今週3頭使うとまた在厩状況が手薄に。
カヴァロディーオの状況が思ったより進んでいないのでこっちは12月の1週目かとは思いますけど、いずれにせよカツカツの状況に変わりはないので、もう少し在厩馬が増えてほしいところ。

今回の表題はもちろんあの3人組の女性グループを意識したものですがw
ちなみに
イルーシヴグレイス=かしゆか
ウラヌスチャーム=あ〜ちゃん
レッドシャーロット=のっち
というイメージにしております♪

 藤沢雄二 2017年11月15日(水) 12:40
失意のサタデー…〜POG第24節〜
閲覧 56ビュー コメント 2 ナイス 17

先週のPOG戦線は土曜日に2頭が出走。
デイリー杯2歳Sは非常に期待していたのですが、残念な結果に終わってしまいました。


【出走結果】
・11月11日 福島4R
△スペイシーリ 7着 2.02.8・良(1着馬とのタイム差+0.4)
単勝オッズ 21.2倍(6番人気)
【採点 5.0】
《ラップタイム》12.6-11.5-12.1-12.7-12.7-12.2-12.2-12.3-11.8-12.3

福島の未勝利戦に出走したスペイシーは7着でした。
福島にしてはメンバーが揃った感はありましたが、前走とはうって変わって外目の3番手を追走。前に行けたのは収穫でしたね。
でも勝負所で前の組では真っ先に鞍上の手が動き出して、4コーナーでは2着にバリエンテに外から交わされて大敗やむ無しのシーンもあったわけですが、いくら直線の短い福島とはいえ最後まで懸命に抵抗して0.4秒差という結果は悪くないとは思います。
確かに着順は7着と次走へ向けて優先出走権を確保できなかったのは残念でしたが、内容としては納得しています。
続戦して阪神か中京の2000mならもう少し上積みがあってもいいかと思います。


・11月11日 京都11R デイリー杯2歳S
△フロンティア 4着 1.36.9・稍重(1着馬とのタイム差+0.6)
単勝オッズ 2.4倍(1番人気)
【採点 4.5】
《ラップタイム》12.6-11.0-12.1-13.0-12.3-12.4-11.6-11.3

重賞で1番人気を背負ったフロンティアでしたが4着に敗れました。

《岩田康誠騎手》
向正面で故障した馬が下がってきた時にヒルんでいたけど、促していって頑張ってくれた。
でも思っていたほどは切れなかった。

とにかく「ガッカリ」の一言。
戦前に「もう一列後ろからでもいい」というコメントが出ていた時に嫌な予感はあったのですが…。
それにしても、いくら重賞で勝ち星を計算してはいけないと肝に銘じているつもりでも、メンバー的にも連は外さないと踏んでいただけに失望感が大きいですね。
ただ、負けを経験することで戦法が定まるのであればそれは悪くないことだとは思います。前に行く馬にとって人気を背負うことほど厄介なものはないですから、次は少しは気楽に競馬ができることでしょう。

【特別登録】
次週は、日曜日の東京の赤松賞にウラヌスチャームが、京都の秋明菊賞にレッドシャーロットが特別登録をしています。
勝ったところで中2週になる阪神JFを使うかどうかはわかりませんが、先々に希望がつながるレースをしてほしいですね。

《ウマニティPOG今シーズン成績》
12-11-4-13/40
《指名馬の騎手成績》
ミルコ・デムーロ:3-4-1-3
川田将雅:2-0-0-1
内田博幸:1-1-1-0
戸崎圭太:1-1-0-2
池添謙一:1-1-0-1
岩田康誠:1-0-1-1
石橋脩:1-0-1-0
和田竜二:1-0-0-0
武豊:1-0-0-0
福永祐一:0-4-0-1
中谷雄太:0-0-0-2
カリス・ティータン:0-0-0-1
ジョアン・モレイラ:0-0-0-1

先週が2頭とも馬券圏外でしたので、来週はせめて複勝率が回復するような結果になってほしいところです。

[もっと見る]

 昭島のよっちゃん 2017年11月12日() 17:13
★POG馬が出走し見事勝利!、今週の予想結果とmyPOG馬... 
閲覧 72ビュー コメント 4 ナイス 22

写真は、今週の「競馬でビンゴ」の私の成績です、ビンゴ達成!!


今週の予想結果・・買い目を馬連から馬単にしました
(私の買目は、◎単勝と◎○▲△の馬単・3連単のBOXです)


土曜メインレースの予想結果です     


福島11R 福島放送賞 1000万下 ダート1,700

 ◎ レコンキスタ       6着(5番人気)
 ○ ▲轡隋璽肇好函璽蝓次   。叡紂複竿嵜裕ぁ
 ▲ コティニャック      2着(3番人気)
 △ アスターゴールド     3着(1番人気)
馬単(2、370円)、3連単(7、700円)が当たり

ビンゴ馬:Ε團鵐肇ゥ螢奪オ   7着(9番人気)7着マスを塗りつぶし・・リーチ!!



東京11R 武蔵野ステークス G掘.澄璽1,600


 ◎ モーニン         9着(4番人気)
 ○ Ε汽鵐薀ぅ坤離凜    。隠加紂複曳嵜裕ぁ
 ▲ 哀フジテイク       5着(2番人気)
 △ ┘離鵐灰離罐瓠      。潅紂複竿嵜裕ぁ
1着・インカンテーションを外し当り無し

ビンゴ馬:モーニン       9着(4番人気)9着マスを塗りつぶし



京都11R デイリー杯2歳ステークス G供ー1,600

 ◎ ぅ瓮リージョン    競争中止(2番人気)
 ○ ▲侫蹈鵐謄ア       4着(1番人気)
 ▲ ┘ツジ          2着(4番人気)
 △ .蹇璽疋ぅ劵薀法     。驚紂複業嵜裕ぁ
1着・ジャンダルムを外し当り無し

ビンゴ馬:┘ツジ        2着(4番人気)2着,鯏匹蠅弔屬掘ΑΔ海譴發蝓爾繊!



日曜メインレースの予想結果です



福島11R 福島記念 G掘ー2,000

 ◎ 哀汽鵐泪襯謄ン     14着(1番人気)
 ○ ウインブライト      1着(2番人気)
 ▲ Д侫Д襯瓮奪張      。恵紂複吉嵜裕ぁ
 △ ▲戰襦璽奸        。甲紂複隠曳嵜裕ぁ
2着・スズカデヴィアスを外し当り無し

ビンゴ馬:哀汽鵐泪襯謄ン   14着(1番人気)14着マスを塗りつぶし



東京11R オーロカップ オープン 芝1,400

 ◎ Д蹈汽ガンティア   競争中止(3番人気) 
 ○ トウショウドラフタ    6着(2番人気)
 ▲ ディバインコード     2着(1番人気)
 △ 哀皀鵐疋ャンノ     10着(4番人気)
1着・トウショウピストを外し当り無し

ビンゴ馬:ディバインコード   2着(1番人気)2着△鯏匹蠅弔屬掘ΑΕ咼鵐潅成!!



京都11R エリザベス女王杯 G1 芝2,200

 ◎ 吋襦璽献絅丱奪      9着(2番人気)
 ○ 哀凜ブロス        5着(1番人気)
 ▲ スマートレイヤー     6着(6番人気)
 △ Дイーンズリング     7着(8番人気)
1着・モズカッチャンを外し当り無し

ビンゴ馬:哀凜ブロス      5着(1番人気)5着.泪垢鯏匹蠅弔屬





★メインレースの予想は、6レースで、馬単・3連単が1レース当たる


★「競馬でビンゴ」は、6マスを塗りつぶせ・・ビンゴ達成!!


★POG馬の出走結果


日曜日

東京競馬場4R未勝利(芝1,800)にローザフェリーチェ・メス・木村哲也厩舎(美浦)・筆頭オーナーが出走→1着
※直線脚が伸びて強かった!




※ビンゴ馬については、下記の日記を参照下さい

http://umanity.jp/home/view_diary.php?id=9dc240ab21&owner_id=2ec1608dab

[もっと見る]

⇒もっと見る

フロンティアの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  カレーパンマン   フォロワー:1人 2017年8月30日(水) 19:23:18
期待はしてたけど、先々まで活躍出来そうな強い勝ち方。
ダークホースとなるか?

フロンティアの写真

フロンティア
フロンティア

フロンティアの厩舎情報 VIP

2017年11月11日デイリー杯2歳S G24着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

フロンティアの取材メモ VIP

2017年11月11日 デイリー杯2歳S G2 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。