メイソンジュニア(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
メイソンジュニア
メイソンジュニア
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2014年4月25日生
調教師渡辺薫彦(栗東)
馬主株式会社 カナヤマホールディングス
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 8戦[2-1-1-4]
総賞金5,632万円
収得賞金2,300万円
英字表記Mayson Junior
血統 Mayson
血統 ][ 産駒 ]
Invincible Spirit
Mayleaf
アナアメリカーナ
血統 ][ 産駒 ]
American Post
Ana Marie
兄弟
前走 2017/07/02 CBC賞 G3
次走予定

メイソンジュニアの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/07/02 中京 11 CBC賞 G3 芝1200 1881618.21012** 牡3 53.0 菱田裕二渡辺薫彦480(+2)1.08.7 0.735.2シャイニングレイ
17/04/08 中山 11 NZT G2 芝1600 162418.782** 牡3 56.0 菱田裕二渡辺薫彦478(-8)1.36.2 0.235.5ジョーストリクトリ
17/03/18 中京 11 ファルコンS G3 芝1400 163514.363** 牡3 56.0 菱田裕二渡辺薫彦486(+14)1.21.2 0.135.0コウソクストレート
16/12/14 川崎 11 全日本2歳優 G1 ダ1600 14--------5** 牡2 55.0 戸崎圭太渡辺薫彦472(--)1.44.8 2.0----リエノテソーロ
16/11/13 福島 10 福島2歳S OP 芝1200 13223.011** 牡2 55.0 菱田裕二渡辺薫彦482(-8)1.09.6 -0.235.4⑤⑥マイネルバールマン
16/10/30 京都 6 2歳500万下 芝1200 1581415.584** 牡2 55.0 松山弘平渡辺薫彦490(+6)1.08.9 0.135.0⑥④ビーカーリー
16/09/04 小倉 11 小倉2歳S G3 芝1200 1561110.4611** 牡2 54.0 松山弘平渡辺薫彦484(-8)1.09.8 1.836.0⑧⑨レーヌミノル
16/08/14 小倉 5 2歳新馬 芝1200 17242.911** 牡2 54.0 松山弘平渡辺薫彦492(--)1.10.1 -0.435.7デザートストーム

メイソンジュニアの関連ニュース

 ◆酒井騎手(アクティブミノル3着) 「思っていた競馬はできた。前半はムキにならずに走れていて、(馬場の荒れた)内ラチ沿いでもよく辛抱してくれた」

 ◆国分優騎手(ティーハーフ4着) 「下も気にすることなく、ロスなくスムーズに乗れました」

 ◆大野騎手(スノードラゴン5着) 「直前の雨がよかった。58キロだったが、最後は長くいい脚を使うことができた」

 ◆和田騎手(ナリタスターワン6着) 「ロスのない競馬で、最後まで頑張った」

 ◆川須騎手(ラヴァーズポイント7着) 「4コーナーは、のめりながらもいい感じ。ただ、最後は苦しがってモタれた」

 ◆武豊騎手(トーセンデューク8着) 「しまいはきている。もう少し距離があった方がいいかもしれない」

 ◆荻野極騎手(オメガヴェンデッタ9着) 「前半でリズムを崩すところがあったが、積極的な競馬はできました」

 ◆藤岡佑騎手(エイシンスパルタン11着) 「前に行くレースをしていたので、先行できなかったのが痛かった」

 ◆菱田騎手(メイソンジュニア12着) 「前に行けたが、4コーナーで脚がなくなった」

 ◆福永騎手(アルティマブラッド13着) 「低めのフォームなので、軟らかい馬場に脚をとられた」

 ◆森一騎手(ラインスピリット15着) 「直前の雨が痛かった。3、4コーナーでは進んでいかなくなってしまった」

 ◆高倉騎手(アリンナ17着) 「周りが速くて前に行けず、追走で精いっぱいだった」

★2日中京11R「CBC賞」の着順&払戻金はこちら

★サンスポe−shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!

【CBC賞】シャイニングレイがG前急襲で2年半ぶり重賞V 2017年07月02日() 15:42

 7月2日の中京11Rで行われたサマースプリントシリーズ第2戦、第53回CBC賞(3歳以上オープン、GIII、芝1200メートル、ハンデ、18頭立て、1着賞金=3900万円)は、初の1200メートル戦だった2番人気シャイニングレイ(牡5歳、栗東・高野友和厩舎)が北村友一騎手に導かれてV。2014年12月のホープフルS・GII以来、2年半ぶり2度目の重賞制覇を果たした。タイムは1分8秒0(良)。ハナ差の2着はセカンドテーブル(13番人気)で、さらに1馬身3/4離れた3着にアクティブミノル(8番人気)が入り、3連単41万7490円の好配当となった。

 レースは直前に雨が降り出す中、アクティブミノルがハナへ。2番手以降はラインスピリットセカンドテーブルオメガヴェンデッタメイソンジュニアなどが入れ替わる展開となった。1番人気メラグラーナは12〜13番手、シャイニングレイは後方3番手をそれぞれ追走。直線では、最内で粘り腰を見せていたアクティブミノルを、4コーナーで2番手につけていたセカンドテーブルがいったんかわしたが、さらにその外からシャイニングレイがメンバー最速の末脚(上がり3ハロン33秒2)で急襲。ゴール前の激戦を制した。メラグラーナは10着。

 シャイニングレイは、父ディープインパクト、母シェルズレイ、母の父クロフネという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)キャロットファーム。通算成績は7戦4勝。CBC賞は、高野友和調教師、北村友一騎手ともに初勝利。

 ◆北村友一騎手「もともとスピードに勝る馬なので『1200メートルでも行きたがるかな』と思っていましたが、3〜4コーナーでやはり行きたがっていました。でも、直線に向くとすごくいい脚を見せてくれました。力があるし、いい馬ですね」

★2日中京11R「CBC賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【CBC賞】メイソンジュニア古馬一蹴だ 2017年07月01日() 11:25

 生粋のスプリンターメイソンジュニアが、ベスト舞台で古馬を撃破する。

 7FのファルコンSは好位で立ち回り3着。8FのNZTはマイペースで逃げて2着。センスの良さで堅実に走っているが、「福島2歳S(6F)が理想の競馬」と渡辺調教師は言う。

 「追い切りは馬場が悪いなか、しっかりと動けた。函館SSのプランもあったけど、相手関係を考えてこちらへ。函館が速い時計の決着になったからよかったね。ハンデ53キロは恵まれたし、馬場が渋っても問題ない」。NZTが稍重だったように少し時計のかかる馬場が合うだけに、金曜の大雨は恵みの雨となりそう。厩舎初の重賞Vは間近だ。

 “究極の3連単”はメイソンを1着に固定。道悪の高松宮記念で4着と急浮上したティーハーフを2、3着に据えた12点買いだ。

[もっと見る]

【CBC賞】厩舎の話2017年06月30日(金) 05:03

 ◆アクティブミノル・北出師 「デキはいいけど、攻めと実戦は違うからね。行かすつもりでブリンカーを着ける」

 ◆アリンナ・松元師 「距離はベスト。ハナにもこだわらない」

 ◆アルティマブラッド・音無師 「上がり1ハロン12秒2なら文句なし。堅実な走りに期待」

 ◆エイシンスパルタン・藤岡師 「行きっぷりがいいので、前半少し我慢させた。体調はいい」

 ◆オウノミチ・佐々木師 「この馬らしい動き。スムーズに折り合いがつけられれば」

 ◆オメガヴェンデッタ・安田隆師 「体はできている。少し時計のかかる渋った馬場になってほしいですね」

 ◆シャイニングレイ・高野師 「いい動き。高いレベルで安定しています」

 ◆スノードラゴン・高木師 「1度叩いて上向いてきた。馬場が湿ってくれた方がいい」

 ◆セカンドテーブル・水口騎手 「しまいを伸ばしていい動き。気持ちも入ってきました」

 ◆タイムトリップ・菊川師 「今回もいい状態。距離は1400メートルまでがいいと思う」

 ◆ティーハーフ・西浦師 「併せ馬でいい動き。衰えはなく、雨が降れば味方にもなる」

 ◆トウショウドラフタ・萱野師 「動きは良かったね。マイルよりもいい。中京も合う」

 ◆トーセンデューク・藤原英師 「攻めの感じは悪くない。良馬場が前提だが、初の1200メートルも合うはず」

 ◆ナリタスターワン高橋亮師 「前回は発馬が良くなかった。状態はいい意味で変わりない」

 ◆メイソンジュニア・渡辺師 「時計のかかる時間帯でも、動けていました。中京は重賞でも上位に走っていますから」

 ◆メラグラーナ池添学師 「弾むように走っていました。(馬場は)ボコボコじゃなければ大丈夫でしょう」

 ◆ラインスピリット・松永昌師 「久々は苦にせず、力も出せる仕上がり。雨馬場は良くない」

 ◆ラヴァーズポイント・川須騎手 「息遣いが良化。態勢は整った」

CBC賞の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ラジNIK賞】バルベーラ、気合のラスト11秒7 2017年06月29日(木) 11:26

 未勝利→500万下を連勝中のバルベーラは、栗東CWコースで単走。ゆったりと前半を行き、気合が入ったラスト1Fを11秒7で駆け抜けた。

 木曜追いにしたのは、土曜の福島に出走する僚馬と一緒に金曜に輸送するため。「上がり重点。小柄な牝馬だし、これで十分でしょう」と、渡辺調教師は予定どおりの内容に笑顔だ。

 「いい状態をキープしています。扱いやすいので初めての長距離輸送も大丈夫だと思う。1F延びる1800メートルが課題といえば課題かな。前走は道悪で勝ったけど、本質的には軽い芝がいい」

 開業2年目の重賞初Vがかかるトレーナーは、中京のCBC賞にもニュージーランドT2着メイソンジュニアが出走。同日重賞制覇もありそうなムードだ。(夕刊フジ)

ラジオNIKKEI賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【CBC賞】厩舎の話2017年06月29日(木) 11:24

 アクティブミノル・北出調教師「デキはいい。ブリンカーを着けて、やる気が出るかどうか」

 アリンナ・松元調教師「50キロとハンデが軽いので楽しみはある。古馬相手にどこまでやれるか」

 アルティマブラッド・音無調教師「ハンデは少し見込まれたが、この距離では堅実に走れる」

 エイシンスパルタン・藤岡調教師「時計は速くなったが、最後までしっかり。久々でも走れる」

 オウノミチ・佐々木調教師「この中間も動き自体は悪くない。スムーズに折り合いがつけば」

 オメガヴェンデッタ・安田隆調教師「体はできているのでサラッと。馬場が渋ったほうがいい」

 シャイニングレイ・高野調教師「状態は高いレベルで安定。ただ、OPと重賞では違いがある」

 スノードラゴン・高木調教師「ひと叩きして良化。硬さもなく雰囲気はいい。馬場がポイント」

 セカンドテーブル・吾郷厩務員「相手なりに走る馬。叩き3走目だし、展開が向けばやれても」

 タイムトリップ・菊川調教師「本質的には7F以下が合う。きれいな走りなので道悪はどうか」

 ティーハーフ・西浦調教師「7歳でも元気はいい。リズム良く走って、展開が向くようなら」

 トウショウドラフタ・萱野調教師「中京は合う。状態もいいし、展開が向けばやれるはず」

 トーセンデューク・藤原英調教師「初の6Fだが、武豊騎手ならうまく対応してくれそう」

 ナリタスターワン高橋亮調教師「状態は引き続きいい。ただ、重賞でメンバーが強いから」

 メイソンジュニア・渡辺調教師「ここへきて大人になりつつある。馬場が渋っても問題ない」

 メラグラーナ池添学調教師「競馬をしていないので前走のダメージは少ない。コースも合う」

 ラインスピリット・松永昌調教師「前走は内枠で行くしかなく…。あの競馬がここにつながる」

 ラヴァーズポイント・高橋康調教師「2着だった昨年のように、いつもよりスマートに作った」

[もっと見る]

⇒もっと見る

メイソンジュニアの関連コラム

閲覧 803ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、2(日)に中京競馬場でG3CBC賞、福島競馬場でG3ラジオNIKKEI賞がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
良馬場発表でレースの時を迎えたG3CBC賞は、レース前に降り出した本降りの雨に見舞われるなか18頭がスタート。出ムチを入れてアクティブミノルが先手必勝の構えを見せると、セカンドテーブルが2番手へ。ここにメイソンジュニアオウノミチオメガヴェンデッタといったところが競りかけていき馬群は早くも3角に入っていきます。人気のメラグラーナシャイニングレイあたりはいずれも後方4〜5番手の追走。縦長の隊列を保ったまま直線に入り、内ラチ沿いを逃げるアクティブミノルのリードは2馬身ほど。2番手セカンドテーブルの態勢も変わらずで、後続勢の伸びはいま一つに映ります。坂を駆け上がって人気薄のセカンドテーブルが先頭に立ち大勢決したかに思えたところへ、徐々に進路を内に切り替えて迫ったのがスプリント重賞初挑戦で2番人気の支持を集めたシャイニングレイでした。1完歩ごとに迫るシャイニングレイと粘り込みを図るセカンドテーブルが鼻面を併せた状態でゴールとなりますが、完全に勢い優勢の外シャイニングレイがこれを制してV。14年ホープフルS以来の重賞2勝目を挙げています。ハナ差2着の13番人気セカンドテーブルから1馬身3/4馬身差の3着には逃げ粘った8番人気アクティブミノルが入っています。
 
公認プロ予想家ではエース1号プロ“帰ってきた”凄馬勝子プロきいいろプロマカロニスタンダーズプロ岡村信将プロ河内一秀プロスガダイプロサラマッポプロ他計12名が的中しています。
 
G3ラジオNIKKEI賞は、ウインガナドルニシノアップルパイが先手を主張。3番手に人気の一角セダブリランテス、その直後にこちらも人気のサトノクロニクルらが続く形となって1角を回ります。3番手以下が徐々に密集し、変わらずポツンと最後方にロードリベラルとなって進む隊列は、前半1000mを59秒5(参考)のラップで通過。3角を回って外から手応えよく2番人気セダブリランテスが迫り、一方1番人気サトノクロニクルは馬込みで手応え劣勢の様子。最後方からは大外を回してグイグイとロードリベラルが進出を開始します。直線を向いても依然先頭のウインガナドルに、セダブリランテスが並び掛け、2頭による叩き合いがしばらく続きますが最後は外セダブリランテスに軍配。クビ差退け3連勝で重賞初制覇を飾っています。2着8番人気ウインガナドルからクビ差の3着には、長く脚を使って直線で上位2頭に迫った9番人気ロードリベラルが入っています。
 
公認プロ予想家では山崎エリカプロサラマッポプロ導師嵐山プロ河内一秀プロら4名が的中しています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
1(土)は中京11Rでの▲◎的中などで活躍を見せると、2(日)はラジオNIKKEI賞での◎△的中で9万1600円を払い戻し。週末トータルでは、的中率44%・回収率221%・収支10万9150円を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →エース1号プロ
先週は、2(日)中京8Rでの◎×▲的中(馬連146倍など計13万4840円払戻しのスマッシュヒット!)や、CBCでの◎▲的中(3複895倍的中含め計25万1080円払戻しのビッグヒット!)といった高額払戻しをマーク!土日2日間計、回収率132%・収支16万6680円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
2(日)はCBC(◎アクティブミノル)、ラジオNIKKEI賞(◎セダブリランテス)の重賞W的中を含む5戦4勝の安定感を披露!週末トータル的中率55%・回収率179%をマークしています
 
☆☆☆注目プロ →河内一秀プロ
1(土)函館3Rで◎○△的中を披露し、単勝&3単&3複計10万7050円払い戻しのスマッシュヒットをマーク。他にも先週は、日曜メイン3連勝(巴賞CBCラジオNIKKEI賞)を含め、高精度予想を幾度となく披露し、週末トータル回収率147%・収支19万9470円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →kmプロ
1(土)の函館2Rで、▲ダンツブロケード(単勝86.6倍)の単勝的中で43万3000円払い戻しのスマッシュヒットをマーク!週末トータル回収率104%達成しています。
 
  
この他にも【U指数】馬単マスター(173%)、【U指数】3連単プリンス(135%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】(127%)、ろいすプロ(104%)、ナイツHIT商品会議室ロボ(103%)、岡村信将プロ(103%)、マカロニスタンダーズプロ(103%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果速報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2017年04月13日(木) 19:10 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(4/8〜4/9)kmプロが中山11Rで248万超の特大ホームラン!
閲覧 1,052ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は、9(日)に阪神競馬場でG1桜花賞が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1桜花賞は1番人気がソウルスターリングで1.4倍、2番人気がアドマイヤミヤビ5.1倍と2頭のみが10倍を切る形で上位人気を形成しました。

注目のスタートは内からベルカプリショーウェイ、中からはヴゼットジョリーが先手を主張しますが、外から一気に仕掛けたカワキタエンカが先頭に立ちます。先頭はカワキタエンカでリードは4馬身、2番手にヴゼットジョリー、続いてショーウェイレーヌミノルベルカプリジューヌエコールと先団を形成。中団からはミスエルテリスグラシューミスパンテールライジングリーズンアロンザモナが追走します。やや間が開いてアエロリットカラクレナイディアドラと続いて最後方にアドマイヤミヤビの態勢。

前半600mを34秒7(良)の快調なペースで引っ張ったカワキタエンカが先頭で直線コースへ。先頭のカワキタエンカのリードは3馬身、2番手グループは横に広がってジューヌエコールショーウェイレーヌミノルソウルスターリングが前を追います。

残り200mを通過、逃げるカワキタエンカレーヌミノルが並びかけて激しい比べ、ソウルスターリングは外から懸命に追われますが、脚色鈍くなかなか差を詰められません。

残り50m、ようやくカワキタエンカを振り切ったレーヌミノルが粘り込みを図るところにリスグラシューが猛追!ゴール前では2頭の追い比べとなりましたが、追撃は半馬身及ばず、レーヌミノルがV。待望のG1制覇となりました!2着にリスグラシュー、そこからクビ差の3着にソウルスターリングが入っています。

公認プロ予想家では蒼馬久一郎プロ他5名が的中しています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

☆☆☆注目プロ →kmプロ
8(土)中山11RニュージーランドトロフィーG2で中山向きと狙った単勝51.1倍の◎ジョーストリクトリを1着固定にした強気の3連単で4962.2倍を500円的中!248万1100円の高額払い戻しを達成しました!週末トータル回収率641%をマークしています。

☆☆☆注目プロ →霧プロ
9(日)阪神5Rで◎タガノアンピールムイトオブリガードイイデファイナルのパーフェクト予想を披露!単勝18.8倍、馬連77.7倍、3連複96.2倍を本線で仕留め、7万970円を払い戻しました!この他にも中山4R中山5Rなどヒットを重ね、週末トータル回収率132%、収支プラス10万1280円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →蒼馬久一郎プロ
8(土)中山11RニュージーランドトロフィーG2で◎メイソンジュニアからの馬連293.2倍、3連複498.1倍を仕留め、10万8450円を払い戻しました!週末トータル回収率127%、収支プラス8万100円をマークしています。

この他にもきいいろプロ(121%)、くりーくプロ(117%)、シムーンプロ(112%)、マカロニスタンダーズプロ(112%)、サラマッポプロ(108%)、岡村信将プロ(108%)、スガダイプロ(105%)、伊吹雅也プロ(104%)、はははふほほほプロ(100%)が回収率100%超の活躍を見せています。

※全レースの結果速報はこちら
 
来週も競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2017年03月22日(水) 19:24 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』3/18〜3/20の結果(ファルコンステークス・阪神大賞典・フラワーカップ)
閲覧 351ビュー コメント 0 ナイス 0

3月18日(土)に行われました中京11Rの「中日スポーツ賞ファルコンステークスG3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【13位】▲コウソクストレート(5.3倍)
2着:総合ポイント【5位】ボンセルヴィーソ(4.7倍)
3着:総合ポイント【1位】◎メイソンジュニア(14.3倍)

第4グループ・総合ポイント13位のコウソクストレートが1着、第2グループ・総合ポイント5位のボンセルヴィーソが2着、第1グループ・総合ポイント1位のメイソンジュニアが3着という結果でした。

メイソンジュニアが見事期待に応えて好走してくれたお陰で久しぶりの的中です!(^^)! 穴で期待した☆ダイイチターミナルとの夢も一瞬だけ見れましたがそう上手くはいかないですね。

【ワイド】
5

9,11,12,13,16

計5点 払い戻し2040円


続いて3月19日(日)に行われました阪神11Rの「阪神大賞典G2」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】○サトノダイヤモンド(1.1倍)
2着:総合ポイント【1位】◎シュヴァルグラン(4.9倍)
3着:総合ポイント【6位】☆トーセンバジル(33.5倍)

第1グループ・総合ポイント1位のサトノダイヤモンドが1着、第1グループ・総合ポイント1位のシュヴァルグランが2着、第3グループ・総合ポイント6位のトーセンバジルが3着という結果でした。

こちらは的中はしましたが、シュヴァルグランの頭で夢を見ていたのでまずまずといったところです(+_+)しかし、サトノダイヤモンドは強かったですね!天皇賞(春)も最有力と思います!

【3連単フォーメーション】
3,9

3,9

1,4,6 計6点 払い戻し740円



続いて3月20日(月)に行われました中山11Rの「フラワーカップG3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】◎ファンディーナ(1.3倍)
2着:総合ポイント【5位】△シーズララバイ(76.1倍)
3着:総合ポイント【10位】△ドロウアカード(48.6倍)

第1グループ・総合ポイント1位のファンディーナが1着、第4グループ・総合ポイント5位のシーズララバイが2着、第4グループ・総合ポイント10位のドロウアカードが3着という結果でした。

こちらはまず◎ファンディーナ、とにかくインパクト大のレースでしたね!やはり相当な器ですね、今年のダービー馬候補ではないでしょうか。馬券の方は○ハナレムーンが伸びきれず、的中できませんでしたが、勝ちにいった競馬でしたので清々しいです!(^^)!

【3連単フォーメーション】
12

10

1,2,3,4,5,6,7,8,9

12

1,2,3,4,5,6,7,8,9

10

計18点 払い戻し0円

[もっと見る]

2017年03月22日(水) 15:50 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(3/18〜3/20)山崎エリカプロが3日間全てプラス収支でトップ回収率201%をマーク!!
閲覧 600ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は、18(土)に中京競馬場でG3ファルコンS、19(日)に阪神競馬場でG2神大賞典、中山競馬場でG2スプリングS、20(祝月)に中山競馬場でG3フラワーCがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3ファルコンSは、レジーナフォルテが逃げてほぼ全馬一団の隊列を引き連れて4コーナーを通過。迎えた直線、内から3頭目の位置取りからボンセルヴィーソが先頭に出掛けますが、ここに内を割ってメイソンジュニアが強襲の構え。残り200m過ぎて、この2頭が間にメイショウオワラデスティニーソングを挟んで内外に分かれての叩き合いを展開。これらの外からはコウソクストレートが手応えよく進出。ゴール直前でメイソンジュニアボンセルヴィーソコウソクストレートが横一線になってこの3頭による優勝争いとなる中、これを外のコウソクストレートが制してV。重賞初制覇を飾っています。クビ差2着はボンセルヴィーソ、さらにそこからクビ差の3着にメイソンジュニアが入っています。
 
公認プロ予想家ではKOMプロスガダイプロ山崎エリカプロ岡村信将プロマカロニスタンダーズプロ導師嵐山プロら計9名が的中しています。
 
G2神大賞典は、単勝1.1倍の圧倒的1番人気サトノダイヤモンドに注目が集まる中、1週目のスタンド前でウインスペクトルが先手を奪い、そのまま後続を7〜8馬身ほど引き離す軽快な逃げを展開。サトノダイヤモンドはこの流れを終始後方2〜3頭目で追走します。ほぼ馬なりで徐々に進出を開始し、2週目の3コーナーへ。前では、2番人気で前年覇者のシュヴァルグランが早々先頭を射程圏に入れ連覇に向けてスパートを開始。直線に入って1馬身後方のサトノダイヤモンドを尻目にシュヴァルグランが単独先頭へ。これをすぐさま捉えたサトノダイヤモンドが抜け出し、シュヴァルグラン以下を完封。今季初戦を勝利で飾り、4連勝で重賞5勝目を挙げています。1馬身1/2差の2着にシュヴァルグラン、さらにそこから2馬身1/2差の3着にトーセンバジルが入っています。
 
公認プロ予想家では西野圭吾プロはははふほほほプロ他16名が的中しています。
 
G2スプリングSは、内枠からサウンドテーブルオールザゴーの2頭が1、2番手を確保し、淡々としたラップを刻み3コーナーへ。一杯になったサウンドテーブルに代わってオールザゴーを先頭に、各馬差が無く続く形で横に広がって直線に突入。その中からプラチナヴォイスが鋭い伸び脚で一気に先頭へ。内ラチピッタリに進路をとった先頭のプラチナヴォイスに、3分どころを通って今度はウインブライトが末脚を披露。間からはアウトライアーズも迫ります。外の1番人気サトノアレスは伸びいまひとつで脱落。坂を駆け上がってプラチナヴォイスを交わしたウインブライトが差し切りを決めて重賞初V。1/2馬身差2着にアウトライアーズ、そこから1/2馬身差の3着にプラチナヴォイスが入り、ここまでが皐月賞の優先出走権を手にしています。
 
公認プロ予想家ではdream1002プロサラマッポプロ山崎エリカプロスガダイプロシムーンプロ霧プロほか11名が的中しています。
 
G3フラワーCは、ドロウアカードが逃げて単勝1.3倍の支持を集めたファンディーナを2番手に従えてレースを展開。ファンディーナ以下は、ディーパワンサハナレイムーンデアレガーロあたりの人気どころが好位につけます。逃げるドロウアカードが若干ペースを落ち着かせ、隊列が短くなったところで3コーナーを迎えます。ここで、岩田騎手の手綱が少し緩むやいなやファンディーナのエンジンが点火。他馬とは明らかに搭載エンジンが違うと言わんばかりの“4角突き抜け”を披露したファンディーナが、直線独壇場の競馬でゴール。鞍上がビジョンで後続との差を確認するシーンも印象的な圧勝ぶりで無傷の3連勝&重賞初勝利をあげています。5馬身差の2着には後方から末脚を伸ばしたシーズララバイが入り、さらにそこからクビ差3着にはドロウアカードが逃げ粘っています。
 
公認プロ予想家では山崎エリカプロ佐藤洋一郎プロら5名が的中しています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
18(土)を、中京9Rブロンズテーラー中京11RファルコンSを◎メイソンジュニアで的中し、この日250%超の好成績で終えると、続く19(日)は中山11RスプリングSでの◎○▲パーフェクト予想などで回収率190%を達成!20(祝月)も中山11RフラワーCをしっかり仕留め回収率158%で締めくくり。3日間ともにプラス収支を達成した先週は、トータル回収率201%・収支9万1350円プラスのトップ成績をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
18(土)阪神10Rで◎▲○のパーフェクト予想を披露(馬券は単勝&馬連的中)!続く19(日)阪神6Rでは単勝56.9倍のクリノライメイに本命◎を打ち馬連的中、11万3940円を払戻し。20(祝月)中山12Rでは◎○馬単本線的中し18万円払戻しと3日間続けて冴えわたる予想を披露。週末トータル回収率111%、収支6万6320円プラスの好成績を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
19(日)中山5Rで◎△○3連単的中を披露し18万8400円を払戻し。同阪神10Rでも◎△○で3連単的中・54万4400円払戻しとこの日2本目のスマッシュヒットをマーク。さらには翌20(祝月)中京12Rで◎○×的中で40万1500円払戻しと連日の大活躍。週末トータルでは回収率165%、収支47万780円プラスの好達成を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →きいいろプロ
19(日)中山10Rを○ナンチンノン−◎アトランタの印で的中。単勝・馬連併せて計50万3300円払戻しのビッグヒットとなりました。20(祝月)中京12Rでは◎レッドアフレイムから馬連・単勝・複勝をゲットし10万2990円の払い戻しをマーク。3日間ともに安定した的中率で高回収率を維持した先週は、トータル回収率166%、収支47万8750円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
18(土)の阪神2Rで◎ミラクルシップ(単勝104.9倍)を狙い、3複816.2倍ほか複勝&ワイドをゲット!しめて12万1150円払戻しのスマッシュヒットとなりました。他に、19(日)中山11RスプリングSの◎ウインブライトアウトライアーズ、20(祝月)中京5Rの◎メイショウモウコ(単勝22.8倍)など好調予想を披露しています。
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
20(祝月)の中山8Rで◎ハヤブサライデンを「逃げてこその馬で、ここは楽逃げ可能な組み合わせで。」と狙い、◎△△で3連単764倍を800円分的中など計61万3480円払戻しのビッグヒットをマーク!
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
19(日)阪神12Rで◎ソーディヴァインからの3連単864倍(500円分)的中し、43万2450円払戻しのスマッシュヒットをマークしました!
 
この他にもろいすプロ (160%)、dream1002プロ(136%)、伊吹雅也プロ(130%)、馬単マスタープロ(116%)、馬っしぐらプロ(116%)、エース1号プロ(115%)、蒼馬久一郎プロ(113%)、河内一秀プロ(107%)、おかべプロ(104%)、3連単プリンスプロ(101%)、岡村信将プロ(100%)が週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果速報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年03月18日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第254回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜中日スポーツ賞ファルコンステークス G3
閲覧 625ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさんこんにちは!

本日は中京11R「中日スポーツ賞ファルコンステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、メイソンジュニアジョーストリクトリの2頭。
第2グループ(黄)は、マイネルバールマンダイイチターミナルまで5頭。
第3グループ(薄黄)は、ナイトバレット〜エントリーチケットまでの4頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと上位間に大きな溝はなく、まったく差のない形の大混戦と言えそうです。私の本命は◎メイソンジュニアにしたいと思います。過去の当レースを見てもかなり流れる傾向が強く、末脚がしっかりした馬が狙い目。◎メイソンジュニアは差しに構えた2走前が鮮やかな内容、指数的にもこのメンバー相手なら十分戦えるものを残していますし、このオッズなら面白いのではないでしょうか。以下、相手は末脚のある馬を重視して○ナイトバナレット、▲コウソクストレート、△エントリーチケットマイネルバールマン、☆ダイイチターミナルまで流します。

【ワイド】
5

9,11,12,13,16

計5点

[もっと見る]

2016年12月07日(水) 12:15 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2016) 〜第8回 U指数で見る条件別高パフォーマンス馬
閲覧 2,659ビュー コメント 0 ナイス 2

 2016年の2歳戦もいよいよ大詰め。12月11日には阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳G機阪神芝1600m外)が、12月18日には朝日杯フューチュリティステークス(2歳G機阪神芝1600m外)が施行される予定で、既に両レースとも特別登録馬が発表されました。朝日杯フューチュリティステークスを牝馬(ビーカーリーミスエルテ)が勝たない限り、おそらくJRA賞最優秀2歳牡馬やJRA賞最優秀2歳牝馬のタイトルは両G気陵ゾ’呂受賞することになるでしょう。出馬投票後の抽選を含め、POGプレイヤーの多くが指名馬の動向に一喜一憂する時期ですね。ウマニティPOG2016の参加者にとってはシーズンB(9月10日〜12月25日)の最終盤であり、向こう3週のレース結果はシーズン表彰争いにも大きく係わってきます。

 もちろん「G気2鞍に登録した馬がいない」「ランキングの上位にいるわけでもない」という皆さんは寂しい思いをしていらっしゃるでしょうが、そうした方々にも逆転のチャンスがないわけではありません。GI、GII、GIII、オープンの各ワールドは12月5日に今シーズン最後の仮想オーナー募集枠開放が行われ、既にデビューした馬を含むすべての2歳馬が入札可能な状態となりました。指名枠がまだ残っており、なおかつ他のプレイヤーよりも高いポイントを入札すれば、阪神ジュベナイルフィリーズ朝日杯フューチュリティステークスの有力候補を自身のラインナップに加えることができるのです。そもそも、2016-2017シーズン全体からすると、この時期はまだ中盤戦。最終順位に影響してくるようなビッグレースはだいぶ先ですから、年明け以降の重賞で活躍してくれそうな馬を今のうちに確保しておくという手もあります。

 今回はそんなプレイヤーのニーズに応えるべく、ウマニティ独自のスピード指数「U指数(結果U指数)」を参考に、過去のレースで見せたパフォーマンスを順位付けしてみました。なお、以前の当コラムでも指摘した通り、「U指数」は新馬のレースがもっとも高い数値になりにくく、格の高いレースほど高い数値が出やすい指標です。こうした特性や施行レース数を考慮し、今回は「新馬/芝1400m以下」「新馬/芝1500m以上」「新馬/ダート」「未勝利/芝1400m以下」「未勝利/芝1500m以上」「未勝利/ダート」「500万下から上のクラス/芝1400m以下」「500万下から上のクラス/芝1500m以上」「500万下から上のクラス/ダート」の9カテゴリーについて、「U指数」ベスト10のランキングを作成。集計対象は2016年11月27日までに施行されたJRA、かつ2歳限定のレースとしています。


<新馬/芝1400m以下>

●8月7日 小倉06R レーヌミノル 84.7
●9月17日 阪神05R アグネスジュレップ 84.6
●6月25日 函館05R ロイヤルメジャー 84.3
●10月1日 中山05R マイネルアムニス 83.9
●6月19日 東京06R アエロリット 82.8
●8月14日 小倉05R メイソンジュニア 82.6
●6月5日 阪神05R アンジュシャルマン 82.6
●11月20日 京都06R サリネロ 82.5
●6月5日 阪神05R マイネルパラディ 81.7
●10月23日 東京04R ジョーストリクトリ 81.6


<新馬/芝1500m以上>

●11月26日 京都05R ミリッサ 86.1
●11月26日 京都05R パンサーバローズ 84.6
●11月26日 東京05R バリングラ 83.8
●11月19日 東京05R サーベラージュ 83.7
●11月20日 東京06R ハナレイムーン 83.6
●10月23日 新潟05R リカビトス 83.3
●11月6日 東京05R ダイワキャグニー 83.0
●11月5日 京都07R クリアザトラック 82.5
●11月26日 京都05R マイスタイル 82.4
●11月6日 東京05R パルフェクォーツ 82.3


<新馬/ダート>

●10月29日 京都04R ヒップホップスワン 87.7
●10月29日 京都04R スーパーモリオン 87.7
●11月5日 京都06R アップビート 85.5
●11月26日 京都06R ラビットラン 85.5
●11月6日 東京04R オールドベイリー 84.3
●11月6日 東京04R アースオブフェイム 84.3
●11月26日 東京06R サンライズノヴァ 84.2
●10月1日 阪神06R アイアンテーラー 83.4
●11月26日 東京06R ショウブニデル 83.2
●6月18日 阪神05R ディオスコリダー 83.1


<未勝利/芝1400m以下>

●8月28日 新潟02R レジーナフォルテ 91.6
●11月5日 京都03R アリンナ 87.7
●11月19日 京都02R イリスファルコン 87.1
●10月16日 新潟03R サンバダンサー 86.9
●10月15日 新潟05R ディアドラ 86.7
●11月19日 福島03R ファンタジーボール 86.6
●7月24日 福島01R ダイイチターミナル 86.6
●8月21日 新潟01R ディバインコード 86.5
●11月27日 東京01R トリリオネア 86.3
●10月9日 東京03R ドウディ 86.3


<未勝利/芝1500m以上>

●10月29日 京都03R ピスカデーラ 86.6
●11月12日 京都03R ヒロシゲグローリー 86.5
●11月12日 福島04R エンドゲーム 86.2
●9月3日 小倉02R ナムラライラ 86.1
●10月8日 京都03R プラチナヴォイス 86.0
●10月29日 京都03R スピリットソウル 85.9
●8月13日 小倉02R アダムバローズ 85.6
●10月16日 京都03R ハムレット 85.6
●11月13日 東京01R アルミレーナ 85.0
●11月6日 京都04R ソーグリッタリング 84.9


<未勝利/ダート>

●11月26日 京都02R ローズストリート 90.5
●11月6日 福島01R キンシノクリーン 88.9
●11月6日 福島01R サンタアズライト 88.9
●8月27日 札幌01R ハシルキセキ 88.5
●8月13日 札幌01R ハヤブサナンデダロ 87.6
●11月19日 福島01R サンタアズライト 87.6
●11月26日 京都02R ブルベアラクーン 87.2
●10月29日 京都01R メイショウジーク 86.7
●11月13日 福島01R スーパーモリオン 86.2
●11月12日 京都02R サトノクリエション 86.2
●11月12日 京都02R タガノディグオ 86.2


<500万下から上のクラス/芝1400m以下>

●9月4日 小倉11R 小倉2歳S レーヌミノル 99.0
●11月13日 福島10R 福島2歳S メイソンジュニア 97.0
●11月13日 福島10R 福島2歳S マイネルバールマン 94.9
●11月5日 東京11R 京王杯2歳S モンドキャンノ 94.0
●11月5日 東京11R 京王杯2歳S レーヌミノル 93.1
●11月20日 京都09R 秋明菊賞 アリンナ 91.9
●7月24日 函館11R 函館2歳S レヴァンテライオン 90.9
●11月13日 福島10R 福島2歳S ウランゲル 90.8
●10月1日 中山09R カンナS タイムトリップ 90.4
●10月30日 京都06R ビーカーリー 90.2


<500万下から上のクラス/芝1500m以上>

●11月12日 京都11R デイリー杯2歳S ジューヌエコール 94.5
●11月12日 京都11R デイリー杯2歳S ボンセルヴィーソ 94.5
●11月12日 京都11R デイリー杯2歳S サングレーザー 93.7
●11月12日 京都11R デイリー杯2歳S ディーパワンサ 93.7
●10月8日 東京11R サウジアラビアRC ブレスジャーニー 93.4
●11月12日 京都11R デイリー杯2歳S ベルカプリ 93.0
●10月8日 東京11R サウジアラビアRC ダンビュライト 91.9
●10月29日 東京11R アルテミスS リスグラシュー 91.6
●10月22日 東京09R アイビーS ソウルスターリング 91.4
●11月27日 京都09R 白菊賞 ゴールドケープ 91.2


<500万下から上のクラス/ダート>

●10月23日 京都08R なでしこ賞 ハングリーベン 90.5
●10月15日 東京09R プラタナス賞 エピカリス 89.0
●11月12日 東京09R オキザリス賞 シゲルコング 89.0
●11月12日 東京09R オキザリス賞 シゲルベンガルトラ 89.0
●11月12日 東京09R オキザリス賞 レッドオーガー 89.0
●10月23日 京都08R なでしこ賞 ゲキリン 88.8
●10月23日 京都08R なでしこ賞 シゲルベンガルトラ 88.8
●11月12日 東京09R オキザリス賞 グッドヒューマー 88.4
●11月12日 東京09R オキザリス賞 サザンボルケーノ 87.9
●11月19日 京都09R もちの木賞 ブルベアバブーン 87.8
●11月19日 京都09R もちの木賞 シロニイ 87.8


 各馬の指名(入札)状況はワールドごとに異なるため、「募集馬を探す」のページからご確認ください。人気の盲点になっている素質馬を見つけられれば、残り半年のシーズンで大きな戦力となってくれるはずです。

※今シーズンのPOGコラムは今回が最終更新となります。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。主な著作に『コース別 本当に儲かる血統大全』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

⇒もっと見る

メイソンジュニアの口コミ


口コミ一覧
閲覧 28ビュー コメント 0 ナイス 8

今季のPOG戦線がスタートしたばかりですけど、
来季のPOGを占う意味でも大切なイベント・セレクトセールが今日から始まっています。

今日行われたのは来年デビュー予定の1歳馬のセリ。
落札額1億超えの馬が多発していて、今年も盛況だったようですね。

今日のセールに出てきた馬の考察は別の機会にするとして、
今回は来季のPOGの参考材料になりそうな探すため、
現3歳世代が登場した1歳セレクトセール(2015年)の落札馬の中で、
現時点の本賞金トップ10を調べてみました。
(落札額は税抜)


1位  ⇒ コウソクストレート(父・ヴィクトワールピサ 落札額2,100万円)
2位  ⇒ ディアドラ    (父・ハービンジャー   落札額2,100万円)
3位  ⇒ メイソンジュニア (父・Mayson       落札額2,900万円)
4位  ⇒ サトノクロニクル (父・ハーツクライ    落札額8,400万円)
5位  ⇒ サトノアーサー  (父・ディープインパクト 落札額19,500万円)
6位  ⇒ アウトライアーズ (父・ヴィクトワールピサ 落札額2,500万円)
7位  ⇒ ダイワキャグニー (父・キングカメハメハ  落札額10,500万円)
8位  ⇒ タイセイスターリー(父・マンハッタンカフェ 落札額8,800万円)
9位  ⇒ ベストリゾート  (父・ハービンジャー   落札額3,100万円)
10位 ⇒ サトノアリシア  (父・ハービンジャー   落札額2,700万円)


セレクトセールとしては低めの落札額だったコウソクストレートとディアドラがまさかのワンツー!

逆に、落札額が1億オーバーだった馬のランクインは、
サトノアーサーとダイワキャグニーの2頭だけ。

ディープ産駒もサトノアーサーの1頭だけしかランキングに入っていないですし、
今年の1歳セレクトセールに出ていた馬からPOG候補を探す時は、
高額馬とディープ産駒は敬遠して、比較的地味なイメージが強い馬たちの情報収集をする方が良いのかもしれませんね。

 銀色のサムライ 2017年06月29日(木) 21:07
CBC賞追い切り診断
閲覧 69ビュー コメント 0 ナイス 10

昨日行われた帝王賞は伏兵・ケイティブレイブが差し切り勝ちをおさめました。

オールブラッシュとのハナ争いになるのかな?
と戦前は思っていたんですけど、蓋を開けてみたら、スタートで出遅れ、まさかの中団待機。

いつもと違う競馬になりましたので、「これは厳しいか…」という感じでレースを見ていましたが、
直線で抜け出したクリソライトをあっさり差し切り、初のG祇覇を果たしました。

展開が上手くハマった感は否めませんけど、
差す競馬で結果が出せたのは大きな収穫になったはずですし、
まだ4歳ですから、今後の成長も見込めると思います。

本命のクリソライトは完全な勝ちパターンに持ち込んだんですけどね…。
ケイティブレイブにあの鬼脚を使われてしまってはどうしようもありません。

アウォーディー、アポロケンタッキー、ゴールドドリームのドバイ組はいずれも凡退。
海外遠征帰り初戦でしっかりと仕上げるのはさすがに難しいのでしょう。
今回ばかりは致し方ない凡退だと思います。

それでは、今日の本題、CBC賞追い切り診断にいきましょう。

(注意点)
追い切りの時計や動きの良し悪しについては、
JRA−VANが提供している動画やデータからジャッジを下しています。


■アクティブミノル ★★★★

最終追い:栗東坂路 50.4-36.1-23.5-11.6(4F)

水曜・栗東坂路の一番時計をマークしました。
開門直後に追い切りられたので、良い時計になるのは当たり前かもしれませんが、
近走の成績不振を感じさせないくらい、良好な動きを見せています。

■アリンナ ★★★

最終追い:栗東坂路 56.9-41.8-26.4-12.5(4F)

時計が示す通り、上がり重視の追い切りだったのですが、
最終追い切りでしっかりと攻めきれないのは、体質的な問題があるんだと思います。

■アルティマブラッド ★★★

最終追い:栗東坂路 52.7-38.1-24.7-12.2(4F)

時計自体はそこそこですけど、迫力十分な動きを披露しています。
でも、舌を出す面が見られましたので、レースで気の悪い部分を見せると厳しいかも。

■エイシンスパルタン ★★★

最終追い:栗東坂路 52.1-38.1-25.0-12.6(4F)

2週前には栗東坂路で4F・49.1秒という破格の時計を叩き出していますので、
半年ぶりでも出走態勢は整っていると思いますが、最終追い切りの動きはやや緩慢な動きに見えました。

■オウノミチ 追い切り動画なし

最終追い:栗東坂路 53.7-38.7-24.8-12.2(4F)

■オメガヴェンデッタ ★★

最終追い:栗東CW 85.0-68.5-53.5-39.2-12.3(6F)

1週前に栗東坂路で53.0-38.3-24.6-12.1という右肩上がりのラップをマークしているのですが、
最終追い切りは2歳馬(トロワゼトワル)と併走して、先着を許してしまいました。
トロワゼトワルは日曜の新馬戦の有力候補なんですけど、2歳馬相手に遅れてしまったのはいただけません。

■シャイニングレイ ★★★

最終追い:栗東坂路 54.6-39.1-25.0-12.2(4F)

道中で頭を上げる場面こそありましたけど、力強い脚さばきで坂路を駆け上がっていきました。
若干スピード不足な感じがありますが、気難しいタイプなので、1200mは合うと思います。

■スノードラゴン ★★★

最終追い:美浦坂路 53.0-38.8-25.4-12.1(4F)

とても素軽い走りを見せていて、年齢的な衰えは感じません。
この馬なりに順調な仕上がりです。

■セカンドテーブル 追い切り動画なし

最終追い:栗東CW 82.6-67.0-51.7-37.5-11.6(6F)

■タイムトリップ ★★★

最終追い:美浦南W 67.3-52.7-38.1-12.8(5F)

リズムカルな走りでウッドコースを駆け抜けていたのですが、
2走前(NZT)と前走(NHKマイル)は併せ馬だったのに、今回は単走で追い切られた点が気掛かりです。

■ティーハーフ ★★★

最終追い:栗東坂路 51.6-37.5-24.8-12.4(4F)

7歳になりましたが、相変わらず良い時計を出していますので、順調だと思います。
今年の高松宮記念時の方が良い動きでしたけど、力を出せる状態に仕上がっています。

■トーセンデューク ★★★

最終追い:栗東CW 53.5-38.0-12.0(4F)

終い重点で軽めの追い切りでしたけど、
走りもブレていませんし、しっかりと仕上がっている事をうかがわせる内容でした。
パワータイプではないと思うので、戦績が示す通り、良馬場でこその馬だと思います。

■トウショウドラフタ ★★★★

最終追い:美浦南W 68.3-53.0-38.7-12.9(5F)

頭の位置が高いところが引っかかりますが、
前走(京王杯SC)時よりもスムーズな動きを見せていたと思います。
脚さばきもしっかりしていましたし、状態は良好です。

■ナリタスターワン 追い切り動画なし

最終追い:栗東CW 84.9-67.2-51.4-37.7-12.2(6F)

■メイソンジュニア ★★★★

最終追い:栗東坂路 53.0-38.3-24.8-12.3(4F)

ファルコンS時と比べると物足りない動きでしたけど、
坂路でべらぼうに動くタイプじゃないので、この馬なりには仕上がっているようです。

■メラグラーナ ★★★★★

最終追い:栗東坂路 53.5-37.6-24.7-12.3(4F)

やや緩い馬場状態でしたが、フォームがブレる事はなく、真っ直ぐに駆け上がってきました。
道中で抑えも利いていましたし、休み明けを感じさせない動きだと思います。

■ラインスピリット ★★

最終追い:栗東坂路 55.8-40.1-25.3-12.4(4F)

時計の通り、軽めの最終追い切りになりました。
まずまずの動きだったんですけど、舌を出していましたので、レースでの集中力が課題になりそうです。

■ラヴァーズポイント 追い切り動画なし

最終追い:栗東CW 53.1-38.5-12.5(4F)


追い切りの良し悪しだけなら、牝馬・メラグラーナのデキがズバ抜けていると思います。

実績的にも勝ち負けして当然の存在なんですが、
問題はレース当日の馬場状態。

道悪だと全然走らないタイプですから、悩ましいところです…。

他では、トウショウドラフタとメイソンジュニアの動きも良かったですし、
近走成績を無視すれば、アクティブミノルも面白い存在になると思います。

[もっと見る]

 馬券のエース 2017年06月27日(火) 18:52
CBC賞≪データ攻略ポイント≫ 
閲覧 120ビュー コメント 0 ナイス 4

【CBC賞】中京1200m ※中京でこの時期になったのは5年前

≪軸馬条件≫
・過去にCBC賞3着以内の実績がある馬がトップハンデだった場合【2-0-3-1】※今年はナシ

≪好走ステップ≫
・高松宮記念直行組【1-1-2-7】(3着以内15頭中4頭)
・当年の高松宮記念6着以内の馬【2-1-2-2】(7頭中5頭が馬券内)
・前走1400m以上【4-2-2-23】(3着以内15頭中8頭)

≪凡走条件≫
・ハンデ53kg以下【1-1-0-23】
・ハンデ53kg以下の人気薄┸裕ぐ焚次0-0-0-20】
・前走OP戦の6着以下【0-0-0-23】
・前走条件戦の人気以下【0-0-0-5】
・1・2枠の馬【0-0-0-16】
・3歳馬【0-0-0-7】

≪得意騎手≫
福永【2-0-0-0】浜中【1-2-0-2】酒井【0-1-1-2】

≪得意厩舎≫
・西園厩舎が6頭出走して【1-3-0-2】※今年は出走ナシ

【馬券の絞り込み】
・G気韮驚絨米發侶亳海里△詛
・それ以外はほとんど「5歳馬」、例外は昨年のラヴァーズポイント1頭1頭だけ

(G毅驚絨米盞亳廓蓮
☆アクティブミノル≪×凡走条件≫
☆スノードラゴン
☆タイムトリップ(?ハンデ53kg以下┸裕ぐ焚爾も)≪▼3歳≫≪〇前走1400m以上≫
☆ティーハーフ≪〇前走1400m以上≫≪〇高松宮記念6着以内≫
☆トウショウドラフタ≪〇前走1400m以上≫
☆メイソンジュニア≪〇前走1400m以上≫≪▼3歳≫

上記以外の(5歳馬)
・アルティマブラッド
・シャイニングレイ≪〇前走1400m以上≫
・セカンドテーブル≪×凡走条件≫
・ナリタスターワン≪×凡走条件≫
・メラグラーナ

【見解】
今年はトップハンデがスノードラゴン、中京は得意ですがリピーターではないので
≪軸馬条件≫には合わず、昨年も同条件で敗れているので評価は下げたい。
次に強い条件、高松宮記念の6着以内にティーハーフが該当。
ですが、高松宮記念以後すでに3戦消化。
ここまで使い込まれた高松宮出走馬は今までいないだけに疲れはどうでしょうか?

騎手では福永騎手が近5年で【2-0-0-0】時期が違っても、CBC賞では
近10年【2-1-1-0】と全て3着以内。アルティマブラッドにとっては強い材料!

この時期、必ず言われる「夏は牝馬!」人気までに牝馬がいれば、絡む確率が高いので
メラグラーナ・アルティマブラッドの前予想に人気が集まるのもうなずけますm(^^)m

////////////
個人サイト:【馬券Aエースの≪超抜≫競馬】|馬指数・坂路調教・重賞攻略
http://relax-myodani.jp 馬券Aで〔検索〕も可

「なんとなく」から「自信」を持って買い目を選べるレベルへ!
データ・馬能力・LAPレベルの3方向から自分で【根拠】を見つける予想理論

[もっと見る]

メイソンジュニアの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  花太郎18   フォロワー:141人 2016年11月13日() 22:17:26
2016.11.13(日)
小倉2歳Sがハイレベルな内容でここを経由した馬を上位としたい。
それを裏付けるように前走は経由していた上の着順の馬が勝利。
メンバーが落ちた今回はこの馬に出番がありそうだ。

メイソンジュニアの写真

メイソンジュニア
メイソンジュニア

メイソンジュニアの厩舎情報 VIP

2017年7月2日CBC賞 G312着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

メイソンジュニアの取材メモ VIP

2017年7月2日 CBC賞 G3 12着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。