注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

クードラパン(競走馬)

注目ホース
クードラパン
写真一覧
現役 牝4 黒鹿毛 2013年4月28日生
調教師久保田貴士(美浦)
馬主有限会社 シルクレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績12戦[3-1-1-7]
総賞金4,513万円
収得賞金1,500万円
英字表記Queue du Lapin
血統 ダイワメジャー
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
スカーレットブーケ
ルシルク
血統 ][ 産駒 ]
Dynaformer
Queue
兄弟 グランシルククロムレック
前走 2017/01/08 サンライズステークス
次走予定

クードラパンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/01/08 中山 10 サンライズS 1600万下 芝1200 16489.2310** 牝4 54.0 吉田隼人久保田貴510(+20)1.09.5 0.635.0ワンスインナムーン
16/11/06 福島 11 みちのくS 1600万下 芝1200 166127.238** 牝3 54.0 菱田裕二久保田貴490(0)1.09.3 0.435.1⑦⑩ラズールリッキー
16/10/23 京都 10 桂川S 1600万下 芝1200 138125.648** 牝3 53.0 池添謙一久保田貴490(-6)1.08.3 0.634.5フミノムーン
16/09/24 中山 11 セプテンバー 1600万下 芝1200 163613.162** 牝3 51.0 吉田隼人久保田貴496(+4)1.08.8 0.134.0メラグラーナ
16/08/06 札幌 12 HBC賞 1000万下 芝1200 1681612.661** 牝3 52.0 菱田裕二久保田貴492(0)1.08.8 -0.034.9アズマクィーン
16/06/05 東京 10 由比ヶ浜特別 1000万下 芝1400 185931.5911** 牝3 51.0 村田一誠久保田貴492(+12)1.22.0 0.735.2ショウナンライズ
16/03/13 阪神 11 Fレビュー G2 芝1400 1871414.8617** 牝3 54.0 田辺裕信久保田貴480(-2)1.23.6 1.535.1⑰⑱ソルヴェイグ
16/01/11 中山 11 フェアリーS G3 芝1600 167138.044** 牝3 54.0 田辺裕信久保田貴482(+4)1.34.7 0.435.0ビービーバーレル
15/12/13 阪神 11 阪神JF G1 芝1600 182418.7813** 牝2 54.0 田辺裕信久保田貴478(+4)1.36.8 2.337.9メジャーエンブレム
15/10/04 中山 9 サフラン賞 500万下 芝1600 12332.811** 牝2 54.0 横山典弘久保田貴474(+4)1.35.3 -0.135.1クナウ
15/08/09 新潟 1 2歳未勝利 芝1600 118111.711** 牝2 54.0 田辺裕信久保田貴470(+6)1.35.2 -0.333.4⑧⑧コスモレティクルム
15/06/14 東京 6 2歳新馬 芝1600 157126.043** 牝2 54.0 横山典弘久保田貴464(--)1.36.5 0.535.7⑥⑤リリカルホワイト

クードラパンの関連ニュース

 セプテンバーステークス(24日、中山11R、3歳上1600万下(混)、ハンデ、芝・外1200メートル、1着本賞金1820万円 =出走16頭)

 中団を進んだ豪州産のメラグラーナ(栗・池添学、牝4、父ファストネットロック)が、外から1頭だけ違う脚いろで伸びて1番人気に応えた。タイム1分8秒7(稍重)。12戦5勝。次走はスワンS(10月29日、京都、GII、芝1400メートル)と京阪杯(11月27日、京都、GIII、芝1200メートル)のどちらかの予定。逃げた6番人気クードラパンが3/4馬身差の2着だった。

 ◆福永騎手(メラグラーナ1着) 「まだ(前後のバランスが)整っていないので、せかすと良くないが、それでもこちらが思っている以上のパフォーマンスを見せてくれる。ものが違うね」

★24日中山11R「セプテンバーステークス」の着順&払戻金はこちら

【Fレビュー】レースを終えて…関係者談話2016年03月14日(月) 05:06

 ◆国分優騎手(ダイアナヘイロー4着) 「下手に乗ってしまいました。リズムを重視して中団からいったのですが…。ラストは外からすごくいい伸びでした」

 ◆佐藤友騎手(ソーディヴァイン5着) 「3コーナーからハミをかんでしまった。もう少しなだめられたらよかったんですが…。芝でも十分やれますよ」

 ◆ルメール騎手(リルティングインク6着) 「経験が浅い馬だし、1400メートルも忙しかった」

 ◆松田騎手(サルドナ7着) 「一瞬は伸びそうでしたが、最後は離された」

 ◆池添騎手(メイショウスイヅキ8着) 「少し引っ張ったら頭を上げた。外を回したときはいけそうだったけど、真ん中の枠なら結果も違ったと思う」

 ◆城戸騎手(カネトシブレス9着) 「思ったより頑張ってくれた。ひるむ面が解消すれば、もっとやれる」

 ◆シュタルケ騎手(ワンダフルラッシュ10着) 「距離が少し長い。直線も止まっているわけじゃないんだが…」

 ◆藤岡康騎手(エイシンピカソ11着) 「スタート(出遅れ)がすべて。キャリアの浅さが出たね」

 ◆丸田騎手(カトルラポール12着) 「外枠でペースも落ち着いたからね。枠が違えば、結果も変わったと思う」

 ◆国分恭騎手(エターナルユース13着) 「3コーナーでごちゃついて、イヤイヤをする感じになった」

 ◆田辺騎手(クードラパン17着) 「道中でごちゃついてむだな力みが入った」

 ◆和田騎手(ウインミレーユ18着) 「向こう正面で寄られて怖がってしまった」

★13日阪神11R「フィリーズレビュー」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【Fレビュー】うまやの話2016年03月13日() 05:02

〔1〕サルドナ・猿橋助手「動きは良かった。切れるタイプなので、できれば乾いた馬場で走らせたい」

〔2〕ソルヴェイグ・鮫島一師「追い切りはよく伸び、反応も上々。良馬場の方がいいんじゃないかな」

〔3〕ダイアナヘイロー・福島信師「具合はいいし、距離短縮も歓迎。控える競馬もできるので楽しみ」

〔4〕ライディングハイ・矢作芳師「仕上がりはいいので、ここも気分良く走れるかが鍵」

〔5〕ボーダレス・伊藤圭師「前走はスローの内枠で動くに動けなかった。うまく流れに乗れれば」

〔6〕カネトシブレス・佐藤助手「右回りも距離短縮も問題ない。できれば時計がかかってほしい」

〔7〕キャンディバローズ・矢作芳師「動きは良かったので、あとは当日の体重が鍵。良馬場なら」

〔8〕エターナルユース宮徹師「カイバは食べている。初戦同様、上手に立ち回ってくれれば」

〔9〕アットザシーサイド・浅見助手「体が戻り、調教でも切れのある動きを見せている。良馬場で決め手を生かしたい」

〔10〕ソーディヴァイン・西村真師「前走は着差以上に余裕があった。芝でも楽しみ」

〔11〕リルティングインク・高野友師「中間も順調。重賞でどこまでやれるかだね」

〔12〕ワンダフルラッシュ・手塚貴師「千四にも十分対応できる。相手なりに走る馬。長距離輸送で大きく体が減らなければ」

〔13〕ウインミレーユ・梅田智師「前走はスタートでつまずいた。気性的に久々は苦にしないタイプ」

〔14〕クードラパン・池内助手「状態はいい。しまいに脚を使うような競馬をさせたい。変わり身を期待」

〔15〕エイシンピカソ・野中賢師「いい感じだし、千二は忙しい印象だったので、距離延長もプラス」

〔16〕ナタリーバローズ・角田晃師「馬体が締まっている。重賞でも楽しみが持てる馬」

〔17〕カトルラポール・藤井助手「いい状態。自分の競馬ができれば」

〔18〕メイショウスイヅキ本田優師「順調な仕上がり。折り合って運べれば、いいレースができると思う」

★フィリーズレビューの枠順はこちら

[もっと見る]

【Fレビュー】厩舎の話2016年03月11日(金) 05:03

 ◆アットザシーサイド・浅見助手 「休養前に減っていた体は回復。元気もいい」

 ◆ウインミレーユ・梅田師 「当日落ち着いて臨めれば」

 ◆エイシンピカソ・野中師 「気になるテンションも上がっていない」

 ◆エターナルユース・宮師 「デキは前走以上。新馬勝ちのコースでうまく立ち回れれば」

 ◆カトルラポール・丸田騎手 「今週はしまい重点。力を出せる状態」

 ◆カネトシブレス・佐藤助手 「併せ馬でしっかり追った。距離短縮はプラス」

 ◆キャンディバローズ武豊騎手 「バネの利いた走りで体も小さく感じない。距離もいい」

 ◆クードラパン・伊坂助手 「いい手応えだったし、前回より楽に動けていた」

 ◆サルドナ・猿橋助手 「この中間から強めの負荷をかけており、今週の動きもよかった」

 ◆ソルヴェイグ・野田助手 「前走は思ったほど伸びなかったが、能力は通用する」

 ◆ソーディヴァイン・西村師 「芝にも対応できる」

 ◆ダイアナヘイロー・福島師 「相変わらず動きは上々だし、高いレベルでデキも安定」

 ◆ボーダレス・伊藤圭師 「体に余裕はあるが力を出せる状態」

 ◆メイショウスイヅキ・池添騎手 「息づかいは先週より良化。距離短縮はいい」

 ◆ライディングハイ・矢作師 「以前よりハミ受けが良化。阪神の1400メートルは合いそう」

 ◆リルティングインク・高野師 「一気の相手強化でどこまでやれるか」

 ◆ワンダフルラッシュ・手塚師 「ひと息入ったが動き、仕上がりはいい。そう差はない」

★フィリーズレビューの出馬表はこちら

[もっと見る]

【Fレビュー】クードラパン、楽々と12秒52016年03月10日(木) 05:05

 フェアリーS4着クードラパンは、美浦坂路で上がり重点に4ハロン56秒4−12秒5をマーク。ダノンミシガン(1000万下)を2馬身ほど追走し、内から余裕の手応えで併入した。「きょうはいい手応えだったし、前回より楽に動けていた。前走は前半に力んで走っていたぶん、最後に甘くなってしまった。今回は人(鞍上)に意識を向けさせる調整に時間をかけた。コンセプト通りにできたので、競馬でもこれが出せれば」と伊坂助手は巻き返しに意欲を見せた。

★フィリーズレビューの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

【Fレビュー】クードラパン余力残し半馬身先着 2016年03月09日(水) 11:39

 東から挑むクードラパンが切れのある動きを見せた。

 朝イチの美浦坂路で、外ダノンミシガンを2馬身追いかけてペースアップ。ラストは強めに追われるダノンに馬なりで並びかけ、余力残しで半馬身先着した。

 今年初戦のフェアリーSは0秒4差4着。見せ場は作ったが、「勝った馬(ビービーバーレル)に最後は突き放された。正直、物足りない内容」と池内助手は不満を口にする。

 反撃へ向けて思い描くのは直線勝負で、「未勝利を勝ったときみたいに、道中力ませないで、しまいを生かす競馬をさせてみたい。そういうイメージで調教も続けている」。未勝利→サフラン賞連勝の決め手を発揮したい。(夕刊フジ

★フィリーズレビューの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

クードラパンの関連コラム

閲覧 1,366ビュー コメント 0 ナイス 8

第342話 「フィリーズR」


11年 34.1-11.8-36.4 =1.22.3 △2▼2△ 8 平坦戦
12年 34.3-11.8-36.7 =1.22.8 △1±0△10 消耗戦
13年 34.9-11.8-35.4 =1.22.1 ▼5△6△ 3 瞬発戦
14年 34.6-12.1-35.6 =1.22.3 ▼4▼3△11 平坦戦
15年 34.7-12.0-35.8 =1.22.5 ▼3△1△ 5 平坦戦

コース適性は【瞬1平7消2】なので平坦戦が多いというのも納得の結果だと思います。
過去5年は全てテンの方が速い前傾ラップでラスト1Fは12秒台。
ある程度スピードがあってパワーもある馬というのが好走しやすい馬といえるでしょう。
瞬発力はもちろんあった方がベターですがそれほどなくてもなんとかなるレースだと思われます。
では過去5年のラップギアを見てみましょう。

1着馬
フレンチカクタス  【瞬2平1消0】
アイムユアーズ   【瞬2平2消0】
メイショウマンボ  【瞬2平1消0】
ベルカント     【瞬0平1消2】
クイーンズリング  【瞬2平0消0】
2着馬
スピードリッパー  【瞬2平2消0】
ビウイッチアス   【瞬2平1消1】
ナンシーシャイン  【瞬1平1消0】
ニホンピロアンバー 【瞬0平1消2】
ペルフィカ     【瞬0平3消0】

平坦戦実績がなかったのが昨年の勝ち馬クイーンズリングのみなのでこれはあった方がベターでしょう。
クイーンズリングは新馬戦を2馬身半差で快勝→500万下を2馬身差で快勝→フィリーズR1番人気、という状況で平坦戦実績はなくても格が上だったかなという印象です。
(春は桜花賞4着まででしたが秋華賞2着で古馬になり京都牝馬Sで重賞勝利)

データ的には前走1600m戦出走の馬が5-3-3-30と良績となっています。
ラスト1Fが12秒台でパワーが問われることになるので距離短縮組が有利となるということでしょう。
阪神JFやクイーンC、フェアリーSなど重賞が1600m戦に行われているのも要因の一つだとは思います。
しかし、前走1600m戦で500万下クラスの馬の成績が2-1-0-2とハイアベレージで前走1着という条件を加えると2-1-0-0とパーフェクト連対になります。
なのでクラス問わず前走1600m戦だったのはプラス材料とみていいでしょう。
今年の登録メンバーで前走1600mだった馬は
アットザシーサイド、ウインミレーユカネトシブレスキャンディバローズクードラパンクリノラホールダイアナヘイローメイショウスイヅキリボンフラワーリルティングインク
の10頭です。
この中ではアットザシーサイド、キャンディバローズクードラパン辺りが人気になるでしょう。
アットザシーサイドは1400m戦の平坦戦で2勝しているので阪神JFより条件は向きそうです。
キャンディバローズは札幌で勝利経験はありますがパワー的に不安ありとみます。
400kgそこそこしかない馬体重で過去5年の勝ち馬は全て440kg以上はありました。
クードラパンダイワメジャー産駒で馬格もあるのでパワーはある方でしょう。
1600mしか出走経験がないのでスピード的にどうかという不安があります。
前走フェアリーSも前残りの展開の中2番手追走4着はちょっと物足りない内容。

桜花賞トライアルG兇箸覆辰討い襪海離譟璽垢任垢近年は出走メンバーがあまり高くない印象でアットザシーサイドでなんとかなりそうな気がします。
面白いのはソーディヴァイン
このコースはパワー問われるのでダートからのコース替わりは好走する可能性ありです。
(とはいえこのレースに限っては過去5年前走ダート戦だった馬は0-0-1-10ではありますが…)

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
アットザシーサイドソーディヴァインクードラパン

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2016年01月12日(火) 18:40 【ウマニティ】
先週の回顧〜(1/5〜1/11)佐藤洋一郎プロが京都7Rで250万超の大爆発!
閲覧 945ビュー コメント 0 ナイス 8

先週は、10(日)に京都競馬場でG3シンザン記念が、11(月)に中山競馬場でG3フェアリーステークスが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3シンザン記念シゲルノコギリザメが先頭で直線コースへ。シゲルノコギリザメのリードは1馬身、後続からはファインニードルピースマインドロジクライドゥーカアストラエンブレムが横一線となって前を追います。残り200mを通過、ここで逃げるシゲルノコギリザメに内からロジクライが並びかけると外からはアストラエンブレムも脚を伸ばして3頭の叩き合い!ゴール前、シゲルノコギリザメを捉えて先頭に立ったロジクライが大外から一気の脚で猛追するジュエラーを抑え込んで初重賞制覇を飾りました。クビ差の2着にジュエラー、そこからクビ差の3着にシゲルノコギリザメが入っています。
 
 
G3フェアリーステークスビービーバーレルがマイペースで逃げて直線コースへ入ります。逃げるビービーバーレルのリードは1馬身、2番手に単独でクードラパン、その後ろからはダイワダッチェスダイワドレッサーと前を追います。残り200m通過、依然先頭はビービーバーレルでリードをさらに広げて完全に逃げ込み態勢。ゴール前、ダイワドレッサーダイワダッチェスクードラパンを交わして2番手に上がりますが、ビービーバーレルには迫れません。結局、終始危なげない競馬でビービーバーレルがフェアリーステークスGIIIを制しました。1馬身3/4差の2着にダイワドレッサー、そこから3/4差の3着にダイワダッチェスが入っています。
 
公認プロ予想家では佐藤洋一郎プロ夢月プロ山崎エリカプロ蒼馬久一郎プロ霧プロ岡村信将プロ馬っしぐらプロスガダイプロシムーンプロろいすプロが的中しています。
 
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
10(日)京都7Rで本命に単勝20.1倍の◎コスモボアソルテを本命に抜擢し、3連単で勝負!2着に12人気×スマイルフォース、3着に13人気△マコトグランドゥが入り、250万1810円を払い戻し!!ブービー、最低人気が2、3着の大波乱を仕留める、まさに佐藤プロの真骨頂を魅せたレースとなりました!同日の中山7Rでも◎×△の印で単勝36.5倍、枠連117.2倍、3連複2492.4倍を的中させました!5(火)中山2Rでも単勝57.3倍の◎マイネルトゥランから3連複を的中させ、64万1680円を払い戻しています!
 
☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
5(火)京都11R京都金杯GIIIで○ウインプリメーラ×テイエムタイホーミッキーラブソングの印で3連複637.1倍を400円的中させ、25万4840円の高額払い戻しを記録!11(月)京都9Rでは『芝2000mのレースで善戦した経験がある馬を重視したい一戦』と単勝27.5倍の◎ロードヴァンドールからの3連複18.5倍を2400円的中させました!
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
5(火)京都11R京都金杯GIIIで『よほど馬場状態が悪化しない限り、逃げ、先行馬を連軸とするのが無難。阪神に好走歴が偏っていることから、今回は舐められた評価をされている。』と狙った◎テイエムタイホーからの馬連154倍、ワイド39.7倍を大本線で的中させ、29万550円を払い戻しました!11(月)中山11RフェアリーステークスGIIIでも◎ビービーバレルからの馬連を的中させ、5万6000円を払い戻しました!
 
☆☆☆注目プロ →馬券生活プロ
10(日)中山10Rで単勝11.7倍の◎マイネルバウンスから馬連434,5倍を1000円、複勝3.3倍を3000円的中させ、44万4400円を払い戻しました!9(土)中山11Rでは◎サンマルデュークの単複を的中させ、6万6900円を払い戻しました!
 
この他にもサラマッポプロ(190%)、馬っしぐらプロ(123%)、いっくんプロ(109%)、ろいすプロ(108%)が週末トータル回収率100%超の活躍を収めています。
 
※全レースの結果速報はこちら

[もっと見る]

2016年01月11日(月) 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第153回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜フェアリーステークス GIII
閲覧 719ビュー コメント 0 ナイス 3

みなさんこんにちは!

本日は中山11R「フェアリーステークス GIII」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。


U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、ラシーム1頭。
第2グループ(黄)は、ビービーバーレルから1.0ポイント差(約1馬身差)内のフジマサアクトレスダイワダッチェスシーブリーズラブまで4頭。
第3グループ(薄黄)は、ラブリーアモン1頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

この凄馬出馬表からは、ラシームビービーバーレル間の1.6ポイントとラブリーアモンクードラパン間の1.1ポイントが上位間では目立つ配置。ただ、いつも言うように戦績の少ない競走馬同士の闘いとなる3歳重賞ですのであまり鵜呑みにするのも危険かもしれませんね。

実際、抜けた総合トップ・ラシームといい、その下ビービーバーレルフジマサアクトレスダイワダッチェスまではこのレースにおけるある傾向(下記参照)からは危険な上位馬として浮かび上がります。(もちろん、人気妙味があるので逆に狙うのも“逆張り”作戦としては正しいのでしょうが…^^;)ビービーバーレルは下の傾向には当てはまっていませんでしたね。ですが初志貫徹、予想は変えずこのままでいきます。14:25追記

<レース傾向>
・芝1600m以上での優勝経験が無い馬はやはり不利で、馬券内率5%程度(近10年)
・前走から距離延長かつ芝1600m以上で優勝経験が無い馬の連対はなし(09年以降)

という訳で、上から見ていって上記不利データに該当しないシーブリーズラブラブリーアモンの2頭を中心視したいと思います。
迷いどころですが迷ったら少しでも人気の無いほうをということで◎ラブリーアモン、○シーブリーズラブとしたいと思います。
今回の私の馬券は、恐らく◎ラブリーアモンの単複勝負(直前までオッズを見て決めたいと思います)が、当コラムでは◎○からの馬連フォーメーションとしたいと思います。
一応他に印は▲ルミナスティアラ、☆コパノマリーン、△にたくさん(^_^;)とします。


【馬連フォーメーション】
◎○=印
10,11=2,3,4,6,7,9,10,11,12,13,15,16(21点)

[もっと見る]

2016年01月10日() 09:30 みんなの競馬コラム
【フェアリーステークス】血統考察 byうまカレ
閲覧 2,256ビュー コメント 0 ナイス 3

コラムを開いていただいた皆さん、はじめまして!学生団体「うまカレ」で副代表をやっている金沢ユウダイと申します。「うまカレ」とは、競馬の魅力を同世代を中心に発信していこう、競馬界を若い力で持ち上げようと、関東の競馬を愛する大学生が集まり6年前に結成された学生団体です。テレビ出演や、フリーペーパー制作など様々な活動をしています。詳しくは以下のブログやSNSをご覧ください。

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
Twitter  https://twitter.com/derby6_1
ブログ http://derby6-1.hatenablog.com/


さて月曜日にはフェアリーステークスが行われます。3歳牝馬による争い、そしてトリッキーな中山マイルコースということで毎年のように荒れるこのレース。私は血統が大好きなので、簡単に全頭の血統配合をまとめてみます。「とにかく来る馬を教えろ!」という方は1番下の【まとめ】だけ読んでみてください(^^;)



ボーアムルーズ
ダイワチャームは芝1400m〜1800mで3勝を挙げた。Vice Regentらが入るからパワーが優っていて、新馬戦では加速力の違いで抜け出した。中山も合うだろうが能力が足りるかどうか。

ポロス
バトルプラン×マヤノトップガンの字面通りのダート馬の筋肉で、芝の重賞では手が出ない。

コパノマリーン
キタサンブラックコパノリッキーらと同じヤナガワ牧場の生産馬で、母ヴォークリンデはダ1200mで1勝を挙げた。父のHaloクロスを継続する形でHalo4・5×4、母母父もウォーニングだし、母系の奥にはMy Busherというパワー血脈もあり父のように中山向きの機動力があるタイプで舞台は抜群に合う。

ダイワドレッサー
母リバティープリントは芝1200mで新馬勝ち、続くダ1200mの呉竹賞も制した。母母エアリバティージャングルポケットと同じトニービン×Nureyevという配合で、Hyperionの血が濃い。父ネオユニヴァースの母ポインテッドパスもHyperionが濃い配合だから、血統表の半分がHyperionが凝縮されていることになる。Hyperionは持続力が武器だが、その持続力はダイワメジャークラレント、直近の例だとダイワリベラルがマイルに短縮して勝利したように短い距離で活かされることが多い。本馬は母父がフォーティナイナー系スウェプトオーヴァーボードなのでパワーが優って肩が立ったピッチ走法で走るからコーナリングも巧いはずだし、前走の葉牡丹賞は前が詰まってほとんど追えずの競馬で参考外。思えば昨年も距離短縮のノットフォーマルローデッドで決まり、今年の距離短縮馬(芝限定)はこの馬のみだ。

ダイワダッチェス
母ファルネーゼはダ1200m〜1400mで3勝を挙げた。母母ユーキャンドゥイットはMr.Prospector≒Native Royalty2×2(Raise a NativeとNasrullahが共通)という強いクロスを持ちアメリカのGIIIを2勝した。本質はダート短距離血統というべきだが、3代母→母母→母とNasrullahを継続して取り組んでいるから芝のスピード決着に対応できているのだろう。とはいえパワーが優りピッチ走法で走る馬だから中山替わりはプラスだ。

ビービーバーレル
父パイロは中央ではシゲルカガワディなど短距離馬もいるが、他にもエンキンドルブルーボサノヴァや地方で活躍しているパーティメーカーなどがおり、Pulpit×Wild Againらしく持続力のある中距離血統。本馬がパイロ×Silver Hawkの字面以上にスピードがあるのは4代母のFlaming Page≒Dinner Partner2×2(Menow、Bull Dog、Blue Larkspurが共通)というクロスの影響のように思える。このスピードをパイロ×Silver Hawkで持続させているというイメージだ。母父の代表産駒であるグラスワンダーを彷彿とさせるような掻き込み走法だから中山は合うはずで、ここを狙い澄ましたローテションにも好感が持てる。

ラシーム
母は最近アンビシャスを輩出したカーニバルソングの姉で、父がブラックタイドだからアンビシャスとは3/4同血(父ブラックタイドディープインパクト、母母カルニオラが共通)ということになる。母父がCaerleonだからか、筋肉量は豊富で同じ母父を持つダノンシャークのような外回り向きのマイラーのように思える。前走はドーヴァー→アーバンキットというハイレベルな1戦の6着は好内容といえ、人気以上に実力のある馬だとは思うが先述したように外回りが合うタイプだろう。

フジマサアクトレス
ステファニーチャンは1200m時代のフェアリーSで3着、報知杯4歳牝馬特別で2着、4歳の夏にOPのバーデンバーデンカップを制するなど活躍した。血統的にも魅力があり、Nothern Dancer3×3、Buckpasser4×3、Nasrullah5×5という父母相似配合をしている。新潟2歳S2着のツクバホクトオーが代表産駒だが、他にも地方6勝馬なども輩出しており優秀な繁殖牝馬といえる。前走の京王杯はスローペースを追い込んでの9着で内容的には評価できるが、父母ともに流れるフランス血統の影響か、どちらかというとストライドで走るので外回り向きで中山替わりはどうか。

レッドシルヴィ
母父Highest Honorはその父KenmareがNasrullah4×4、母がRiverman×Sir GaylordとNasrullah血脈を強く持っているのでレーヴドスカーの産駒に代表されるように斬れ味が魅力。本馬もヴィクトワールピサ産駒にしては体質が柔らかいが、前走のようにマイルだとやや置いて行かれて俊敏な反応が出来ないのがどうか。

ラブリーアモン
遡ればライスシャワーと同じユートピア牧場の牝系で、3代母クリヤングがNearctic≒Hell’s Fury2×3の3/4同血クロス、そこにバイアモンを配された母母クリアモンはNearctic5×4・6、更にメジロライアンを配された母ミスアモンはNothern Dancer=ノーザンネイティヴ4×3という興味深い配合をしている。父ソングオブウインドは血統好きなら誰もが唸る「あの」エルコンドルパサー産駒で、牝系は社台の名門ファンシミン、母父はメジロライアンという実に日本らしい血統だ。血統だけでなく、前走は2着ウムブルフがいなければ3着馬を6馬身離した圧勝で、現にウムブルフは次走未勝利戦を楽勝している。エルコンドルパサーらしいピッチ走法だから中山替わりは歓迎で、これといった先行馬がいなければ逃げても良い。ちなみに昨年もエルコンドルパサーの仔、ヴァーミリアン産駒のノットフォーマルが逃げ切っている。穴ならこれだろう。

シーブリーズラブ
フルーキーの半妹。母サンデースマイル兇Buckpasserの母として有名なBusandaで、父カジノドライヴはStriking=Busher=Mr. Busher7・7×5だから、Striking=Busher=Mr. Busher≒Busanda8・8・6×6とLa Troienne+War Admiral血脈を4本持つことになる。体質はサンデーサイレンスが入ることなどにより柔らかいが、やはり肩が立った強烈なピッチ走法で東京の未勝利を加速力の違いで勝ち上がってきた。中山替わりは歓迎だが、内枠で脚を貯めて一瞬の脚で抜け出したいタイプなのでこの枠はマイナスだろう。

リセエンヌ
母父Monsunを1/4異系に使っているが、母母がIn The Wingsなど重厚な血脈が続き、全兄サトノダイレンサほどではないが、やはりエンジンの掛かりが遅いタイプ。こういうタイプでもローデッドのように能力があれば来れるが果たしでどこまで。緩いストライドで走るから、このコースでも外枠は歓迎だろう。

クードラパン
グランシルクの3/4妹で、叔父にブレイクランアウトがいる血統。母母キューはNothern Dancer4×4、Bold Ruler4×4、Prince John5×5など相似配合になっていて切れを伝える繁殖といえる。本馬の場合は母父に重厚なDynaformerが入るため、体質は柔らかいが、追ってもストライドが伸びず、どこの競馬場でも器用に走れるタイプ。とはいえ外回りでディープ産駒と瞬発力勝負では厳しいから中山替わりはプラス。内枠が欲しかった。

アルジャンテ
ナイキフェイバーは芝1200mで2勝を挙げたスプリンター。産駒はPromised Landのクロスになるから筋肉量は多いものの、3/4兄ナイフリッジのように柔らかく外回りで斬れる馬になりやすい。距離延長は問題なく、柔らかく斬れるから外枠も歓迎で、騎手も含め昨年のローデッドのようなイメージだ。

ルミナスティアラ
ルミナスウォリアーの全妹だが、兄より脚が短くピッチ走法で走るから距離短縮は歓迎。ただこの枠だと手が出ない。

ハマヒルガオ
テンダリーヴォイスの半妹で、その姉は昨年のフェアリーSで3着。姉のようにディープインパクト×キングカメハメハだとAlzao≒ラストタイクーンというニアリークロスになるので、ダニムアンドルビーに代表されるように斬れが増幅される。本馬は母母ブロードアピールクロフネだから姉以上にパワー型。芝の重賞で勝ち負けとなるともう少し柔らかさがほしいところだ。


【まとめ】
陸上の短距離選手とマラソン選手を見れば分かるように、パワー型の方が瞬間的な加速力に優れます。トリッキーな中山コース、特に1600mとなればそんな瞬間的な脚を使えるタイプを選びたいですが、重賞レベルになってくると一定の持続力も問われます。その中で今回穴として推したいのはラブリーアモン。父父エルコンドルパサーらしいピッチ走法で器用さもあり、ユートピア牧場の牝系にメジロライアンと配され持続力もあるタイプです。フェアリーステークスはノットフォーマル(父ヴァーミリアン)、ニシノアカツキ(父オペラハウス)、ウキヨノカゼ(父オンファイア)のように地味目の血統が好走するレースでもあります。

ビービーバーレルは母父Silver Hawkの代表産駒グラスワンダーを彷彿とさせる掻き込み走法で走るため中山は間違いなく合うタイプ、ダイワダッチェスシーブリーズラブもピッチ走法で走るので中山は問題ありません。

今回のディープインパクト産駒2頭(リセエンヌアルジャンテ)は、緩いストライド(一歩が大きい)で走るので、教科書的な「内で脚を貯めて抜け出す」という競馬には向きません。エンジンの掛かりが遅いので、距離ロスがあったとしても、昨年のローデッドのように外から惰性を付けて上がっていく形がベストです。2頭の外枠はプラスでしょう。

最後に大穴でダイワドレッサーラシームを挙げておきます。

【参考】
日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html



執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

2016年01月09日() 09:18 みんなの競馬コラム
【フェアリーステークス】攻略ポイント by馬券のエース
閲覧 924ビュー コメント 0 ナイス 4

リニューアルして8年目!毎年人気薄が台頭して大荒れ模様

1番人気【3-0-1-3】だが、過去7年で3連単10万以上5回(50万超え2回)

≪好走材料≫
・阪神JFで3番人気以内の馬【3-0-1-1】 ※該当馬ナシ
ダイワメジャー産駒(3着以内率50%) ○クードラパン
・1着馬は1ケタ馬番 過去7年´き┃┃Л

≪凡走材料≫
・勝ち鞍が1600m未満【連対馬14頭中13頭が該当、3着以内21頭中18頭】
 昨年もこれで阪神JF人気のコートシャルマン、当レース/裕いカービングパス
飛びました★///
・前走でタイム差0.0で新馬・未勝利を勝ってきた馬【0-0-0-14】

≪オカルト≫
・田中勝騎手本人・または同じ枠入った馬は【1-4-1-1】昨年はノットフォーマルが優勝!
ここまでくると≪オカルト≫ではなく≪好走条件≫かも(笑)
まずはカッチーに出てきて頂きたい(o^a^o)

【総括】
昨年は1600m以上の勝ち鞍があった馬だけを絞っただけで7頭になって、
カッチーと同枠のノットフォーマルを足しただけで簡単に3連複獲れましたが、
今年は1600m以上の勝ち鞍のある馬がたくさんいますね(^o^;)
そこで重要視するのは
○勝ち鞍を1馬身以上離して勝った馬
◎右回りで経験した馬
昨年の該当はノットフォーマルだけで、これは絞るのに使える材料☆
クードラパン(新潟)
コパノマリーン(中山)
コルコバード(東京)
シーブリーズラブ(東京)
ビービーバーレル(新潟)
ラブリーアモン(東京)
ルミナスティアラ(中山)
右回りはまだ1勝の・コパノマリーンルミナスティアラだけ。共に/裕い脳,曽紊ったので
いきなりの重賞でも食い込みは有り得る。特にコーナー4つの1800mをクリアしてきた馬が
穴メーカー。ルミナスティアラに妙味☆///
あとは・ダイワメジャー産駒のクードラパンに注目☆///

【騎手決定後】田中勝騎手コパノマリーンに決定しました(^o^)/

執筆者:馬券のエース(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

2015年12月16日(水) 19:00 【ウマニティ】
先週の回顧〜(12/12〜12/13)シムーンプロが阪神JF・本命対抗の大本線的中!
閲覧 552ビュー コメント 0 ナイス 7

先週は、13(日)に阪神競馬場で阪神ジュベナイルフィリーズGIが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
   
阪神ジュベナイルフィリーズGIの1番人気はメジャーエンブレムで2.5倍、続いてデンコウアンジュ7.4倍、ブランボヌール7.8倍、アットザシーサイド8.5倍とここまでが10倍を切る形で人気を形成しました。
 
注目のスタートは内から1人気メジャーエンブレムがポンっと好スタートを決めてハナに立ちますが、外からじわっとキリシマオジョウが並びかけて先頭を奪います。続いてメジェルダキャンディバローズデンコウアンジュクードラパンと先行集団を形成。中団からはウインファビラスジェントルハートブランボヌールクロコスミアペプチドサプルアットザシーサイドアドマイヤリードメジャータイフーンウインミレーユと追走。後方からはマシェリガールメイショウスイヅキと続いて最後方にペルソナリテの態勢。前半の600m通過は34秒8(参考)とある程度流れるペース。馬群は先頭から最後方まで縦長の形となって直線コースへ差し掛かります。
 
先頭はメジャーエンブレムでリードは1馬身、2番手にメジェルダ、その外からキャンディバローズデンコウアンジュ、内からはクードラパンが追い出しにかかります。逃げるメジャーエンブレムは鞍上のルメール騎手がGOサインを出すとリードを一気に広げて200mを通過、4馬身程離れて後続からははキャンディバローズデンコウアンジュウインファビラスの3頭が叩き合う形で懸命に前を追います。残り100mを通過、ここでウインファビラスが2番手グループから抜け出し脚を伸ばしますが、メジャーエンブレムは完全にセーフティリード!最後は流して余裕のゴール!1人気の期待に見事応えた完勝劇となりました。勝ちタイムは1分34秒5(良)。2馬身差の2着にウインファビラス、そこから1馬身1/4差の3着にブランボヌールが入っています。
 
公認プロ予想家では蒼馬久一郎プロdream1002プロマカロニスタンダーズさん(オーディション参加中)、夢月プロKOMさん(オーディション参加中)、シムーンプロ河内一秀プロくりーくさん(オーディション参加中)が的中しています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
13(日)阪神11Rで◎メジャーエンブレムを本命、対抗に『2戦目の福島戦の勝ち方が良く、右回りに替わる点はプラスになる。オッズ妙味は十分。』とウインファビラスを抜擢する完璧な予想を披露!阪神9Rでは本命に単勝25倍の◎レッドルーラー、対抗に単勝205倍の○マドリードカフェを指名し、単勝25倍、複勝58.6倍、ワイド260.5倍を本線的中!週末トータル回収率140%の好成績を収めています!
 
☆☆☆注目プロ →まねみけさん(オーディション参加中)
先週は4つの勝負レースの内3レースを見事的中させました!まずは12(土)阪神9Rで○◎△の印で馬連13.2倍を3100円、3連単172.1を100円的中させ、5万8130円を払い戻し!同日の中京11Rでも単勝20.3倍の◎マッシヴヒーローからのワイドをしっかり的中!翌日の中京6Rでは◎○の馬連24倍、馬単56.5倍を的中させ、17万7950円を払い戻しました!週末トータル回収率174%、収支プラス15万1390円を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →dream1002プロ
13(日)中京3Rで単勝67.5倍のリュクサンブールを本命に抜擢!△◎△の印で3連単を的中させ、40万8830円を払い戻し!中京1Rでも◎▲△で3連単521.5倍を200円的中させ、10万4300円を払い戻しました!週末トータル回収率157%、収支プラス33万480円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
13(日)阪神1Rで3連複27.7倍を400円、3連単335倍を100円的中させ、4万4580円を払い戻し!同日の中山11RカペラステークスGIIIでは『展開利見込める。外枠も歓迎。』と狙った◎キクノストームの単複を的中させました。週末トータル回収率148%をマークしています。
 
この他にもはくちょんさん(オーディション参加中・126%)、スガダイプロ(102%)が回収率100%以上をマークしています。
 
 
※全レースの結果速報はこちら
  
★プロ予想家オーディション、最終選考(〜27日)実施中!公認プロをはじめ、未来のプロ予想家の渾身の予想にも是非ご注目下さい!

[もっと見る]

⇒もっと見る

クードラパンの口コミ


口コミ一覧

フィリーズR展望

 take9174 2016年03月09日(水) 19:10

閲覧 144ビュー コメント 4 ナイス 20

2頭。

1.クードラパン
1400mの距離短縮で
期待します。
OP馬、巻き返してほしいですねぇ。

2.アットザシーサイド
まぁ前走G1でも
通用しましたし、
実績上位なので期待します。

難しいレースです。

 馬券のエース 2016年03月09日(水) 09:55
≪攻略ポイント≫フィリーズレビュー♪ 
閲覧 192ビュー コメント 0 ナイス 6

【フィリーズレビュー】G供〆綽1400m

・ディープ産駒【0-0-0-5】が来ないレースの代表格。
今年は有力馬多数ですが、果たして??

≪好走条件≫
・連対に必要な条件はマイル経験(22頭中22頭)経験ナシの馬はOP勝ち経験必要
・近5年で関東馬【2-3-1-10】桜花賞を意識しての阪神参戦だけに侮れない。
・芝2戦以上をこなし3着以下になったことがない馬〔複勝率100%〕のうち、
1600m以上を経験した馬は【3-2-2-6】JFに出走した馬は【3-0-0-2】
△ダイアナヘイロー(OP人気以下に該当)△リボンフラワー(500万1着以外に該当)

≪凡走条件≫
・前走、新馬・未勝利戦【0-0-0-16】
・前走、500万クラスは1着以外【0-0-0-19】
・前走、OPの人気以下【0-0-0-13】
・番枠【0-0-0-11】
・中3週以内の出走の馬(連対馬22頭中20頭は4週以上)※3着ならあり
・前走G1以外の重賞で5着以下【1-0-0-20】
・当日10kg以上馬体減の馬【1-0-0-23】
※1勝は昨年のクイーンズリング、絶対来ないと思って斬ったが強かったヽ( ̄Д ̄*)

≪外厩≫
今年の3歳重賞でまったく無視できないのが【ノーザンしがらき・天栄】
きさらぎ・クイーンC・京成杯・共同通信杯・チューリップ賞・弥生賞と…シンザン記念を
覗いては、どの馬かが馬券に絡んでいる。
このレース≪好走条件≫を満たし、該当する馬は○クードラパンただ1頭☆
信じる人には恰好の軸馬となるが。

【総括】
今年はJF組が6頭参戦。
過去10年のJF組は直行【3-3-3-12】その後レースを使った馬は【1-0-3-19】と
なっており、G妓紊縫譟璽垢鮖箸辰診呂来る条件は【最低2勝していること】
今回はクードラパンはOK、ペプチドサプルは×ということになる。

【残った候補馬】
○アットザシーサイド
○ウインミレーユ
○カトルラポール
○キャンディバローズ
○クードラパン
○メイショウスイヅキ
○ソーディヴァイン

JF出走馬3頭で決まったことはなく、2頭+500万勝ちorOP・重賞タ裕ぐ米發派蕕韻診
になるケースが多い。
・カトルラポール・ソーディヴァインが絡めばちょい荒れにはなりそう^^

1400m2戦2勝のアットザシーサイド、関東馬&しがらき仕上げのクードラパンが軸候補☆

[もっと見る]

 take9174 2016年01月10日() 16:01
フェアリーS
閲覧 131ビュー コメント 4 ナイス 16

◎クードラパン
ホームの中山での
巻き返しに素直に期待です。

○コパノマリーン
果敢に行ったら
押し切りそうな予感です。

▲ダイワダッチェス
未勝利を脱出して
勢いに乗ってそう。

それではまた明日です。

[もっと見る]

クードラパンの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

クードラパンの写真

クードラパン

クードラパンの厩舎情報 VIP

2017年1月8日サンライズステークス10着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

クードラパンの取材メモ VIP

2017年1月8日 サンライズステークス 10着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。