グランシルク(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
グランシルク
グランシルク
グランシルク
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2012年4月8日生
調教師戸田博文(美浦)
馬主有限会社 シルクレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績21戦[4-6-5-6]
総賞金16,479万円
収得賞金3,275万円
英字表記Grand Silk
血統 ステイゴールド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
ルシルク
血統 ][ 産駒 ]
Dynaformer
Queue
兄弟 クードラパンクロムレック
前走 2017/07/23 トヨタ賞中京記念 G3
次走予定

グランシルクの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/07/23 中京 11 中京記念 G3 芝1600 16364.922** 牡5 56.0 福永祐一戸田博文504(0)1.33.6 0.434.4⑧⑧⑨ウインガニオン
17/06/25 東京 11 パラダイスS OP 芝1400 9551.812** 牡5 56.0 戸崎圭太戸田博文504(-2)1.21.0 0.133.2⑥⑥ウインガニオン
17/05/13 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 13696.243** 牡5 56.0 戸崎圭太戸田博文506(0)1.23.4 0.233.8⑩⑩レッドファルクス
17/04/01 中山 11 ダービーCT G3 芝1600 16483.623** 牡5 55.0 戸崎圭太戸田博文506(-2)1.34.8 0.133.9⑪⑩⑩ロジチャリス
17/01/15 中山 10 ニューイヤー OP 芝1600 16232.412** 牡5 56.0 戸崎圭太戸田博文508(+2)1.33.7 0.234.6⑦⑧⑥マイネルアウラート
16/12/24 阪神 11 阪神カップ G2 芝1400 1681610.437** 牡4 57.0 福永祐一戸田博文506(+2)1.22.2 0.335.0⑧⑧シュウジ
16/11/13 東京 10 奥多摩S 1600万下 芝1400 14341.611** 牡4 57.0 戸崎圭太戸田博文504(+4)1.21.9 -0.333.2⑪⑪ウエスタンメルシー
16/10/01 中山 11 秋風S 1600万下 芝1600 16592.912** 牡4 57.0 戸崎圭太戸田博文500(+2)1.33.8 0.234.0⑩⑪⑩マルターズアポジー
16/06/18 東京 10 相模湖特別 1000万下 芝1400 118111.511** 牡4 57.0 C.ルメー戸田博文498(+2)1.20.6 -0.332.9⑦⑦レインボーラヴラヴ
16/03/13 中山 10 東風S OP 芝1600 13332.516** 牡4 56.0 岩田康誠戸田博文496(+4)1.34.7 0.234.7⑩⑫⑬インパルスヒーロー
16/02/07 東京 11 東京新聞杯 G3 芝1600 14118.3310** 牡4 56.0 池添謙一戸田博文492(-2)1.34.8 0.733.0⑫⑫スマートレイアー
16/01/10 中山 11 ニューイヤー OP 芝1600 9552.213** 牡4 55.0 戸崎圭太戸田博文494(+2)1.34.3 0.032.9⑨⑧⑦ダイワリベラル
15/11/28 東京 11 キャピタルS OP 芝1600 18246.433** 牡3 55.0 T.ベリー戸田博文492(-2)1.33.4 0.233.7⑨⑪サンライズメジャー
15/10/24 東京 11 富士S G3 芝1600 1681511.656** 牡3 54.0 福永祐一戸田博文494(+2)1.33.1 0.433.6⑩⑨ダノンプラチナ
15/09/13 中山 11 京成杯AH G3 芝1600 16365.734** 牡3 54.0 福永祐一戸田博文492(+12)1.33.3 0.034.0⑫⑪⑨フラアンジェリコ
15/05/10 東京 11 NHKマイル G1 芝1600 18124.315** 牡3 57.0 戸崎圭太戸田博文480(+2)1.33.9 0.434.1⑨⑨クラリティスカイ
15/04/11 中山 11 NZT G2 芝1600 16593.012** 牡3 56.0 戸崎圭太戸田博文478(-4)1.34.9 0.133.7⑯⑯⑯ヤマカツエース
15/03/15 中山 6 3歳500万下 芝1600 12792.821** 牡3 56.0 戸崎圭太戸田博文482(+4)1.34.4 -0.235.1⑥④ミッキードラマ
15/01/12 中山 5 3歳未勝利 芝1600 158152.821** 牡3 56.0 戸崎圭太戸田博文478(+6)1.35.1 -0.335.7⑪⑥⑥ジャストフォーユー
14/12/14 中山 4 2歳未勝利 芝1800 167132.613** 牡2 55.0 戸崎圭太戸田博文472(-4)1.50.5 0.436.6⑥⑤⑤ボルゲーゼ

⇒もっと見る


グランシルクの関連ニュース

 【札幌5R】ラソワドールは、先週の中京記念で2着になったグランシルクの半妹。26日には札幌芝コースでラスト1F11秒8(馬なり)と弾けて、「乗り手に従順で新馬とは思えないくらい精神面もしっかり」と、織田厩務員は絶賛だ。

 【札幌6R】ハヤブサマカオーは、祖母がダート重賞8勝をあげたプリエミネンス。26日は函館Wコースで5F66秒7の好時計をマークし、「ひと追いごとに良くなってきた。気性が前向きだし、先週跨った鞍上の評価もいい」と伊藤圭調教師。(夕刊フジ)

【中京記念】ガニオン初重賞!最内突く完勝劇 2017年07月24日(月) 05:07

 第65回中京記念(23日、中京11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、ハンデ、芝1600メートル、1着本賞金3900万円=出走16頭)サマーマイルシリーズの開幕戦は、津村明秀騎乗で5番人気のウインガニオンが、直線で荒れた最内を突いて後続を引き離し、2馬身半差で完勝。3連勝で重賞初勝利を飾った。タイム1分33秒2(良)。津村騎手は6年連続の重賞V。2着は2番人気のグランシルクで、さらに頭差の3着が1番人気のブラックムーンだった。

 鮮やかな3連勝で“夏男”の証明だ。重賞初挑戦のウインガニオンが2番手から堂々の押し切り勝ち。人気どころを力で封じ込め、新勢力の台頭をアピールした。

 「ハナに行こうと思ったけど、(スタート直後に)クビを振ったので、スピードに乗れず2番手になりました。でも前とは離れていたので、(単騎逃げのように)落ち着いて乗れましたね」

 6年連続の重賞Vで節目の10勝目となった津村騎手が笑顔を見せる。トウショウピストがハナを切ったため、逃げた近2走とは違う位置になったが、きっちりマイペースを保った。直線では迷わずに内を選択。内にモタれる癖があり、さらに9Rで逃げた馬が直線で最内をついて押し切ったことも念頭に置いた津村騎手の「イチかバチかの作戦」がズバリ成功した。

 「ここ2走の勝ちには半信半疑なところがあったけど、これなら“ホンマもの”だね。本格化したことに加えて得意な夏、左回り…。すべてがうまくいきました」

 西園調教師も笑いが止まらない。これで6〜8月は8戦7勝。「寒い時期は体が硬くなるけど、暑いときは発汗の具合がうまくいくみたいで、体調が全然違うんだよ」とトレーナーはうなずく。また、8勝中7勝を左回りで挙げているサウスポーでもあり、『夏男』+『左回り巧者』という、自らの“代名詞”をフル活用した重賞勝ち。今後の視界は一気に広がった。

 「こうなれば狙いますよ」。トレーナーは左回りの新潟が舞台となるサマーマイルシリーズ2戦目の関屋記念(8月13日、GIII、芝1600メートル)参戦を表明。左回りが大好きな夏男ガニオンが連勝を決めれば、最終戦を待つことなく夏のマイル王が決まる。 (佐藤将美)

★歴代1位

 中京記念の売り上げは57億6345万5500円で、1997年の55億7348万2800円を上回り、同レース歴代1位となった。

★23日中京11R「中京記念」の着順&払戻金はこちら★サンスポe−shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!

ウインガニオン

 父ステイゴールド、母チャンネルワン、母の父ポリッシュネイビー。黒鹿毛の牡5歳。栗東・西園正都厩舎所属。北海道新冠町・コスモヴューファームの生産馬。馬主は(株)ウイン。戦績22戦8勝。獲得賞金1億4884万9000円。重賞初勝利。中京記念は、西園正都調教師は2014年サダムパテックに次いで2勝目。津村明秀騎手は初勝利。馬名は「冠名+勝者(仏)」。

[もっと見る]

【中京記念】グランシルク馬場に泣いた2着2017年07月24日(月) 05:06

 第65回中京記念(23日、中京11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、ハンデ、芝1600メートル、1着本賞金3900万円=出走16頭)2着には2番人気のグランシルクが入った。中団で折り合いをつけ、脚をためて追走。直線で外に持ち出されて懸命に追い上げたが、勝ち馬に迫るまでは至らなかった。福永騎手は「内で残られてしまった。あの(緩い)馬場であの時計でしたからね。最後はしっかり進路も取れて、脚は使ってくれているんですけど…。残念です」と無念の表情を浮かべた。

★23日中京11R「中京記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【中京記念】ウインガニオンが3連勝で重賞初V 2017年07月23日() 15:40

 7月23日の中京11Rで行われたサマーマイルシリーズ(全3戦)の第1戦、第65回中京記念(3歳以上オープン、GIII、芝1600メートル、ハンデ、16頭立て、1着賞金=3900万円)は、津村明秀騎手騎乗の5番人気ウインガニオン(牡5歳、栗東・西園正都厩舎)が快勝。3連勝で重賞初制覇を果たした。タイムは1分33秒2(良)で、2015年にスマートオリオンがマークしたI分33秒4(良)を0秒2上回るレースレコード。2馬身1/2差の2着はグランシルク(2番人気)で、さらにアタマ差の3着にブラックムーン(1番人気)が入った。

 ハナを奪ったのはトウショウピストで、離れた2番手にウインガニオンがつけ、スーサンジョイマイネルアウラートピークトラムなどが続いた。ワンアンドオンリーは後方2番手で、ブラックムーンは最後方。ウインガニオンは4コーナーで先頭に立つと、直線ではそのまま内ラチ沿いに力強く脚を伸ばし、後続の追撃を退けた。内を突いたブラックムーンが2番手に浮上していたが、外から伸びてきたグランシルクがアタマ差でかわして2着へ。4着はアスカビレン(4番人気)だった。

 ウインガニオンは、父ステイゴールド、母チャンネルワン、母の父ポリッシュネイビーという血統。北海道新冠町・コスモヴューファームの生産馬で、馬主は(株)ウイン。通算成績は22戦8勝。中京記念は、西園正都調教師は2014年サダムパテックに次いで2勝目。津村明秀騎手は初勝利。

 ◆津村明秀騎手「(この日の中京で)前のレースを見て、イチかバチか(直線で」最内を行こうと思いました。さすがに最後の100メートルは脚が上がりましたが、根性のある馬ですからね。僕らが思っているより何倍も力を付けているので、今後も楽しみです」

★23日中京11R「中京記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【トヨタ賞中京記念】入線速報(中京競馬場)2017年07月23日() 15:38

中京11R・トヨタ賞中京記念(3回中京8日目 中京競馬場 芝・左1600m サラ系3歳以上オープン)は、1番手3番ウインガニオン(単勝9.0倍/5番人気)、2番手6番グランシルク(単勝4.9倍/2番人気)、3番手15番ブラックムーン(単勝3.8倍/1番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連3-6(26.4倍) 馬単3-6(54.8倍) 3連複3-6-15(35.9倍) 3連単3-6-15(227.8倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2017072307030811
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【中京記念】グランシルク、中団差しで初重賞Vだ2017年07月22日() 11:47

 機は熟した。灼熱マイル戦の申し子ユーイチに導かれ、グランシルクが“中団差し”で待望の初タイトル獲得だ。

 今年、OPで(2)(3)(3)(2)着。いずれも着差は0秒2以内と、まさに芝7〜8Fの善戦マンといった風情だが、走りは一歩ずつVに近づいている。

 そう予感させるのが前走・パラダイスSのレース運びだ。

 以前は後方で折り合いに専念する、いわばリスクの高い取り口しかなかったが、前走は道中、中団の6番手で進行。絶好調ウインガニオンの絶妙なペースの前に半馬身差逃げ切りを許したが、内容的には5歳の夏を前にして、脚質に幅が出たと思わせるものだった。

 「ウチの厩舎自体が今、3着病(笑)。もう神頼み、ユーイチ頼みだよ」

 惜敗続きの現状に戸田調教師は半ば自虐モードだが、愛馬のそういった変化に密かな手応えも感じている。「若駒のときは馬群に入ると力んでハミを噛んでしまい、最後に甘くなった。今はその点は大丈夫。折り合いの不安は解消されているから、先行グループの後ろで、前を射程圏に入れながらの競馬もできると思うんです」と言い切る。

 中団からズバリ勝ちに行くのなら、重要な手綱を託される福永騎手は、誰よりもその役目にふさわしいだろう。

 昨年もOPで善戦止まりだった7番人気ガリバルディを見事に優勝に導いたように、酷暑の7〜8月の芝マイル重賞成績は、デビュー以来【5・2・2・6】! 連対率46・7%、単勝回収率199%という強烈な数字を残している。トレーナーが泣いて喜びそうな強力データも後ろ盾に、’17サマーマイル好発進だ。

 “究極の3連単”はグランを1着に固定。前走が圧巻だった◯ブラックムーンを2、3着に据えた12点で勝負だ!(夕刊フジ)

中京記念の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

グランシルクの関連コラム

閲覧 466ビュー コメント 0 ナイス 3

先週は、23(日)に函館競馬場でG3函館2歳ステークスが中京競馬場でG3中京記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3函館2歳ステークスウインジェルベーラが先頭で直線コースへ。逃げるウインジェルベーラのリードは1馬身、後続からは内にパッセデルマキセキ、中からはダンツクレイオーカシアスが前を追います。残り100mを通過、逃げ込みを図るウインジェルベーラ、2番手から猛追するカシアス!2頭の激しい叩き合いとなりましたが、僅かにカシアスウインジェルベーラを差し切ってV。重賞初制覇を飾りました!アタマ差の2着にウインジェルベーラ、そこから3/4差の3着にアリアが入っています。
 
プロ予想家ではろいすプロ他6名が的中しています。
 
 
G3中京記念トウショウピストが大逃げして直線へ。直線に入るとトウショウピストは脚色一杯、変わって先頭に立ったのはウインガニオン!力強い脚で後続をグングン突き放します。残り200mを通過、脚色まったく衰えないウインガニオンのリードは5馬身、後続からグランシルクなど追い込んできますが、完全にセーフティーリード!そのまま影を踏ませることなく圧勝しました!2馬身半差の2着にグランシルク、そこからアタマ差の3着にブラックムーンが入っています。
 
プロ予想家では導師嵐山プロ他5名が的中しています。
 
  
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  
☆☆☆注目プロ →ろいすプロ
23(日)函館11R函館2歳ステークスで◎カシアスアリアの2頭軸流しの3連複275.1倍を的中!続く函館12Rでは『時計がかかった方がパフォーマンスを上げており、今の力のいる馬場状態は向いている可能性が高い』と本命に推した◎コパノチャンスラホーヤビーチからの3連複262.5倍を的中させました!週末トータル回収率151%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
22(土)函館5Rで◎ペイシャゲランの単勝を8000円的中!10万6660円を払い戻しました!福島11Rでもテンテマリ(9.5倍)の単勝を7900円的中させ、7万5370円を払い戻し!週末トータル回収率138%、収支プラス12万9640円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
23(日)函館10Rで『キャリア4戦ながらここでは能力値2位、前に行きたい馬が揃った一戦で差す競馬をするのではないか』と本命に打った◎バルデスクラウンディバイダの馬連26倍を3000円的中!7万8000円を払い戻しました!週末トータル回収率123%をマークしています。
 
この他にも馬っしぐらプロイータン育成プロ霧プロが回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果速報はこちら
 
 
今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2017年07月26日(水) 13:20 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』7/23の結果(中京記念)
閲覧 247ビュー コメント 0 ナイス 1

7月23日(日)に行われました中京11Rの「中京記念 G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【16位】△ウインガニオン(9.0倍)
2着:総合ポイント【1位】○グランシルク(4.9倍)
3着:総合ポイント【3位】△ブラックムーン(3.8倍)

第4グループ・総合ポイント16位のウインガニオンが1着、第1グループ・総合ポイント1位のグランシルクが2着、第1グループ・総合ポイント3位のブラックムーンが3着という結果でした。

待てど暮らせどなかなか差が詰まらないなー、と思っていたら内でもうゴールしてましたね。あ、◎グァンチャーレ目線でレースを見ていた人の話です(^^;
開催最終日の日曜はレースを重ねるごとにイン有利馬場になっていった印象で、それを見抜けなかった時点で完敗でした。
難解なハンデ戦が続きましたのである程度覚悟していた結果とはいえ、この連敗はいただけませんね。なかなか光が見えません。今週末の開催替わりで何とかキッカケを掴みたいと思います。

【馬連流し】
◎=印
14=1,2,3,5,6,7,8,10,12,13,15,16(12点)

払い戻し0円

[もっと見る]

2017年07月23日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第284回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜中京記念 G3
閲覧 717ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は中京11R「中京記念 G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)はグランシルクから1.0ポイント差(約1馬身差)内のダノンリバティブラックムーンまでの3頭。
第2グループ(黄)は、グァンチャーレから1.0ポイント差(約1馬身差)内のワンアンドオンリーアスカビレンまで3頭。
第3グループ(薄黄)は、サンライズメジャーから同差内のレッドレイヴンマイネルアウラートケントオーまで4頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、下位までほとんど差が見られない混戦模様の配置となっています。今回の上昇度や伸びしろ次第ではほとんどの馬に台頭のチャンスがありそうです。

そんななか今回の私の本命は◎グァンチャーレに期待しました。差し・追い込み勢の活躍が目立つレースですが、前走でも中団より後ろからレースを進めていた馬の好走が多い中京記念。今回どの位置取りになるかは別として、前走で差し・追い込みの競馬をしていた馬は今年は少なく、その中から外枠に入ったこの馬を本命視しました。同コースで行われた昨夏の豊明ステークスでこの舞台も経験済みですし、久しぶりの重賞Vに期待したいと思っています。
○は凄馬出馬表評価トップ評価のグランシルク。状態も良さそうで、先にも書いた通りこのレースでは脚質面も特にマイナスにはならなそうということで素直にこの馬からとも思ったのですが、恐らく最終的に1〜2番人気の同馬。本命は少しでも人気妙味のあるところからということと、人気馬が人気通りに走ることが難しいレースということも考慮し、対抗評価に。
▲は夏場得意なタイプのダノンリバティ。昨年は後手を踏んでキレ不足のこの馬には苦しい展開となってしまい度外視可能。それでいて大外を回して上り3位で5着まで来ており、この馬としては頑張った部類だったと思います。偶数枠が引けた今回好位で運べればこの馬もチャンスは大きいと思っています。
あとは穴で、2年前の有松特別でみせた末脚と舞台相性に差し展開で期待したい☆ムーンクレスト、2走前を評価して△サンライズメジャーあたりに注目しています。
そして今回の馬券は、◎からの馬連で手広く流す馬券で勝負とします。


【馬連流し】
◎=印
14=1,2,3,5,6,7,8,10,12,13,15,16(12点)

[もっと見る]

2017年07月16日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年07月16日号】特選重賞データ分析編(56)〜2017年中京記念〜
閲覧 2,401ビュー コメント 0 ナイス 6



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 トヨタ賞 中京記念 2017年07月23日(日) 中京芝1600m


<ピックアップデータ>

【“中山芝か中京芝か阪神芝、かつ1600万下から上のクラスのレース”における優勝経験の有無別成績(2013年以降)】
○あり [4-4-3-30](複勝率26.8%)
×なし [0-0-1-22](複勝率4.3%)

 好走馬の大半は中山芝か中京芝か阪神芝のレースに十分な実績があった馬。東京芝や京都芝のレースを主戦場としてきた馬は苦戦していました。ゴール前の直線に急坂があるコースへの適性がポイントと言えるでしょう。

主な「○」該当馬→ピークトラムブラックムーンマイネルアウラート
主な「×」該当馬→ウインガニオングァンチャーレグランシルク


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“JRAのG1かG2”において3着以内となった経験がある」馬は2013年以降[3-3-3-24](複勝率27.3%)
主な該当馬→グランシルクピークトラム

[もっと見る]

2017年05月16日(火) 17:01 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』5/13〜5/14の結果(ヴィクトリアマイル・京王杯スプリングカップ)
閲覧 453ビュー コメント 0 ナイス 3

5月14日(日)に行われました東京11Rの「ヴィクトリアマイル G1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【5位】△アドマイヤリード(13.5倍)
2着:総合ポイント【11位】デンコウアンジュ(67.9倍)
3着:総合ポイント【6位】▲ジュールポレール(17.5倍)

第3グループ・総合ポイント5位のアドマイヤリードが1着、第4グループ・総合ポイント11位のデンコウアンジュが2着、第3グループ・総合ポイント6位のジュールポレールが3着という結果でした。

スマートレイアーはあと一歩及ばず。よく頑張ってくれたと思うのですが、落ち着き過ぎたペースのもたらした上り勝負が、結果的に弱点を露呈することになってしまった印象です。それにしても勝ち馬△アドマイヤリードには完敗でしたからこれは仕方ありませんね。私の馬券的にも完敗です。


【馬連フォーメーション】
◎=印
2=1,3,5,6,8(5点)

【馬単】
◎→△(11)
2→11(1点)

計6点 払い戻し0円



続いて5月13日(土)に行われました東京11Rの「京王杯スプリングカップG2」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【4位】△レッドファルクス(5.0倍)
2着:総合ポイント【6位】クラレント(50.4倍)
3着:総合ポイント【2位】◯グランシルク(6.2倍)

第2グループ・総合ポイント4位のレッドファルクスが1着、第3グループ・総合ポイント6位のクラレントが2着、第2グループ・総合ポイント2位のグランシルクが3着という結果でした。

期待した◎ダッシングブレイズは見せ場なく敗退、馬場は向くと思ったのですが、見誤りましたね(+_+) 一方で凄馬出馬表は上位決着、人薄のクラレントは差のない6位でした。しかし、この馬本当に東京だと走り替わりますね、また人気が落ちた頃にひっそりとねらいたいものです(^^)/

【馬連流し】
13

3,4,8.9,10

【3連複流し】
13

3,4,8.9,10

計15点 払い戻し0円

[もっと見る]

2017年05月13日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第271回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜京王杯スプリングカップ G2
閲覧 954ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は東京11R「京王杯スプリングカップ G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、サトノアラジン1頭。
第2グループ(黄)は、グランシルクダッシングブレイズまでの4頭。
第3グループ(薄黄)はクラレントヒルノデイバローまでの3頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧頂くと上位ではサトノアラジングランシルク間に2.5の溝があります。この他では大きな溝が生まれていませんので、凄馬出馬表的にはサトノアラジンが抜けた存在と言えるかもしれません。

私の本命は◎ダッシングブレイズとしたいと思います。今年の京王杯はレース中も降雨が予想され、馬場適性がかなり重要なポイント。ダッシングブレイズは馬場の悪化した2戦でともに上り最速で楽勝、サドラー系の父らしく相当な重巧者と思います。凄馬出馬表でも第2グループに属していますし、このメンバーでも勝負になるはずです。以下、○グランシルク、▲トウショウドラフタ、△レッドファルクスキャンベルジュニアサトノアラジンと印を打ちます。

【馬連流し】
13

3,4,8.9,10

【3連複流し】
13

3,4,8.9,10

計15点

[もっと見る]

⇒もっと見る

グランシルクの口コミ


口コミ一覧

POG

 トーホーアマ 2017年08月13日() 23:31

閲覧 54ビュー コメント 2 ナイス 10

来年から1口馬主を始めようと思い今年は結構馬体見て真剣に選んでみました。
VANの方です。ウマにテイの方は取れる取れないあるため。

この先苦戦だなあと印象。
※辛口コメあるが(しかないが)お許しを。選んだ馬なので愛情?的な部分はあります。
全てが批判ではないです。


スヴァルナ

ステゴ産駒はあまりよく見える馬体がすくない。良い馬グランシルクしかおもいつかない
その中で見栄えだけはいいが小倉で惨敗。前レース3着のレースレベル1・2着は素質はあるが正直この先信用できない1.2着馬のはなされた3着だけに未勝利突破が先になりそう。


ヘンリバローズ

未勝利突破はできると思うがその先が思いやられる。ラップから位置取りみて勝ち切らなきゃいけなかった。
3着放したがスヴァルナが惨敗以上メンバーレベルにかなり疑問。



・トゥザフロンティア
うーん。新潟専門になりそう。クラシック参加してくれたらいいが馬体がそれほどよく見えず。
次走見て。



ナスノシンフォニー
この馬はなんだかんだ調教がものすごくよいと最初から聞いてた。結構楽しみにしてた1頭。
出遅れ癖が癖にならないことを祈る。と、福島新馬から活躍馬はそんな聞かないのでその点先はどうかなと不安。



フラットレー
勝ち方は強く見えたが相手関係にかなり恵まれた。
今日の勝ちは全く信用に値せずにこの先不安。即頭打ちある。



レイエンダ
この馬もかなり新馬相手関係に恵まれた。馬体も兄より見栄え落ち能力もレイデオロほどの新馬の印象うけず。
ものすごく大事な時期に骨折した分、先も見えず。賞金加算できずにおわりそう



ローズベリル
パドック見た瞬間本当にがっかりした馬。
兄弟みれば体は重苦しさにも素軽さがあるがこの馬に関してはかなり重苦しい馬。
ダイエット急務でダート馬にしかみえない。
前走夏バテらしいがそれだけに思えない。能力疑問。




・タニノフランケル
馬体からは雄大さは感じる。
馬場悪さ、乗り方含めだがタートルボール産駒に負けたことは気になる。
ここの取りこぼしがのちに響かないことを思いたい。




今年はVANもウマにテイPOGも苦労しそうです。ステルヴィオを取らずか迷って寝てしまって取り損なったことが結構後悔。多分マイルならある程度やれるだろうだけにショック。

この先走ってみないとわからないがすごく素質感じる馬が見当たらず。未出走の馬もあまりいい噂聞かず。
少しでも上の順位めざし頑張ってほしいとこ。この中からクラシック出走馬でてくるかも不安

 やすの競馬総合病院 2017年07月27日(木) 21:33
今週デビューする注目馬達の巻
閲覧 43ビュー コメント 0 ナイス 0

☆7月29日の2歳新馬戦 注目馬☆
札幌6R(芝1500m)

牝馬 メジェールスー(父ロードカナロア 母エイジアンウインズ 藤原英厩舎)
母がヴィクトリアマイルを勝ったエイジアンウインズ、父が日本と香港合わせて1200mGI5勝+安田記念も勝ってるロードカナロア。
父・母ともに極上のスピード能力持ってた馬なんで、めちゃめちゃワクワクするロマンあふれる配合ですね〜。
個人的なことですが、この馬を急遽POG指名しました。

小倉5R(芝1200m)
牝馬 エーシンテースティ(父ダイワメジャー 母エーシンリターンズ 野中厩舎)
母が桜花賞3着馬のエーシンリターンズ、父ダイワメジャーは短距離得意な仔をよく出すんで、これはワクワクします。

牡馬 テイエムヨハネス(父ヨハネスブルグ 母スクエアアウェイ 飯田厩舎)
スプリングSや毎日王冠を勝ったアリゼオ(父シンボリクリスエス)の半弟ですが、この馬は父ヨハネスブルグなんで早熟型の短距離馬の可能性あるんで楽しみです。

☆7月30日の2歳新馬戦 注目馬☆
札幌5R(芝1800m)
牡馬 レイエンダ(父キングカメハメハ 母ラドラーダ 藤沢和厩舎)
ブログでも過去に取り上げましたが、今年のダービー馬レイデオロの全弟ということで、もはや説明不要の注目馬ですね〜。
騎手も兄と同じくルメール。調教の動きも目立ってるそうですよ〜。

牝馬 ラソワドール(父ゴールドアリュール 母ルシルク 戸田厩舎)
OPや重賞で惜しい負け方させたら天下一品の善戦マンこと、グランシルクの半妹ですが、いきなりダービー馬の弟と激突ですね〜。
兄譲りの善戦っぷりが出るかにも注目です。



おいおい!
今週デビューするこの馬を忘れてるぞ!!という、今週おすすめの注目馬いたら、教えてくださいね。


--------------------------------------------------------------------------------

☆おまけ☆
急遽POG馬を追加したので、まとめておきましょう。

POG2017−2018の指名決定馬
・シーリア(毎年の固定枠)
・ダイワメモリー(毎年の固定枠)
・シーイズドーター(2歳戦からバリバリ活躍してほしい馬枠)
・タニノフランケル(なんでも選べる自由枠)
・?????(クラシック制覇を期待する牡馬枠)
・?????(クラシック制覇を期待する牡馬枠)
・イルーシヴグレイス(クラシック制覇を期待する牝馬枠)
・?????(クラシック制覇を期待する牝馬枠)
・メジェールスー(新種牡馬のロマン枠)
・?????(なんでも選べる自由枠)

これで6頭決まって残りは4頭ですね〜。
まあ、ボチボチ行きましょう。

[もっと見る]

 kt 2017年07月27日(木) 13:28
【回顧】中京記念&函館2歳S
閲覧 39ビュー コメント 0 ナイス 2

中京記念はウインガニオン単勝的中。他の買い目は、アスカビレンの単勝と、ウインとアスカの二頭軸での三連複8点流し。アスカが4着ってのは悔しいけど、着差があったなあ。単勝は900円。三連複か絞れていたらもう少し買えたはず。ここをもう少しうまくできるといいんだけど、3着までならあるかと思う人気薄を切れなかった。でも、グランシルクとブラックムーンがいるんだから、期待値が低い買い目だったか。

函館2歳Sはもうわかんない笑。と言いながら地方馬の単勝を千円分も買っちゃってた(125.3倍)。それこそ中京記念に回したほうが良かったかー。終始後方で見どころ1つもなかったもんなー。

[もっと見る]

グランシルクの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

グランシルクの写真

グランシルク
グランシルク
グランシルク

グランシルクの厩舎情報 VIP

2017年7月23日トヨタ賞中京記念 G32着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

グランシルクの取材メモ VIP

2017年7月23日 トヨタ賞中京記念 G3 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。