会員登録はこちら
京成杯オータムハンデ G3   2017年9月10日() 15:45 中山/芝1600m

京成杯オータムハンデのニュース&コラム

【京成杯AH】グラン、重賞初V!夏のマイル王者
 第62回京成杯オータムハンデキャップ(10日、中山11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、ハンデ、芝・外1600メートル、1着本賞金3900万円=出走15頭)サマーマイルシリーズ最終戦は、田辺裕信騎乗で1番人気のグランシルクが、中団追走から抜け出して重賞初制覇。惜敗続きにピリオドを打ち、中京記念を勝ったウインガニオンと並んでシリーズ王者に輝いた。タイム1分31秒6(良)。このあとはマイルCS(11月19日、京都、GI、芝1600メートル)を目標に、富士S(10月21日、東京、GIII、芝1600メートル)かスワンS(同28日、京都、GII、芝1400メートル)を予定している。★10日中山11R「京成杯AH」の着順&払戻金はこちら★サンスポe−shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!グランシルク 父ステイゴールド、母ルシルク、母の父ダイナフォーマー。鹿毛の牡5歳。美浦・戸田博文厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)シルクレーシング。戦績22戦5勝。獲得賞金2億437万8000円。重賞初勝利。京成杯AHは戸田博文調教師は2008年キストゥヘヴンに次いで2勝目、田辺裕信騎手は14年クラレント、15年フラアンジェリコに次いで3勝目。馬名は「偉大な(仏)+クラブ名より」。
2017年9月11日(月) 05:03

 376

【京成杯AH】レースを終えて…関係者談話
 ◆田辺騎手(グランシルク1着) 「いつも追い出してモタモタする印象だったから、早めに追い出したけど、いい脚でした。関東のマイルの最前線で頑張ってほしい」 ◆北村宏騎手(ガリバルディ2着) 「跳びが大きい馬ですし、ストライドを崩さないように進めた。勝ち馬に先に動かれたが、それについていって伸びてくれた」 ◆松若騎手(ダノンリバティ3着) 「もう少し前に行きたかったが、テンが速かったので中団から。最後もしぶとく反応しています」 ◆武士沢騎手(マルターズアポジー4着) 「58キロを背負っていたので、スタートダッシュが重く感じた。最後まで頑張っているんだが…」 ◆三浦騎手(トーセンデューク5着) 「もう少しペースは遅い方がよかった」 ◆松田騎手(アスカビレン6着) 「最後は伸びていました」 ◆津村騎手(ダイワリベラル7着) 「直線でゴチャゴチャしなければ、もう少し伸びたと思うが…」 ◆杉原騎手(ロサギガンティア8着) 「直線でゴチャついた」 ◆内田騎手(ミッキージョイ9着) 「久々だったしね。使って変わってくればいい」 ◆坂井騎手(オールザゴー10着) 「直線で行き場をなくした」 ◆松山騎手(ボンセルヴィーソ11着) 「展開があまり向かなかった」 ◆吉田隼騎手(ブラックスピネル12着) 「ロスなく運べたので、もう少し伸びてほしかった」 ◆松岡騎手(ウインフルブルーム13着) 「自分のペースで行っていれば違っていたかも」 ◆柴田大騎手(マイネルアウラート15着) 「暑い時期がよくないのかも」★10日中山11R「京成杯AH」の着順&払戻金はこちら
2017年9月11日(月) 05:02

 587

【京成杯AH】善戦マン返上、グランシルクが重賞初V
 9月10日の中山11Rで行われたサマーマイルシリーズ(全3戦)の最終戦、第62回京成杯オータムハンデキャップ(3歳以上オープン、GIII、芝・外1600メートル、ハンデ、15頭立て=ダノンプラチナは出走取消、1着賞金=3900万円)は、田辺裕信騎手騎乗の1番人気グランシルク(牡5歳、美浦・戸田博文厩舎)が差し切り勝ち。タイムは1分31秒6(良)。マルターズアポジーが引っ張る速い流れを、グランシルクは中団で追走。4コーナー手前から外めを進出。手応え良く伸びて、ゴール前では鞍上の田辺騎手が後ろをふり返る余裕たっぷりの勝利だった。これで、シリーズ第1戦の中京記念で2着、第3戦の京成杯オータムHで1着のグランシルクが計15ポイント。同じく15ポイントのウインガニオン(中京記念1着、関屋記念2着)と並んで優勝を分け合った。 1馬身3/4差の2着には勝ち馬のポジションから直線は勢い良く伸びたガリバルディ(11番人気)、さらにクビ差遅れた3着にこれまた中団から伸びたダノンリバティ(6番人気)。 京成杯オータムハンデキャップを勝ったグランシルクは、父ステイゴールド、母ルシルク、母の父ダイナフォーマーという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)シルクレーシング。戦績は22戦5勝。重賞初勝利。京成杯AHは戸田博文調教師は初勝利。田辺裕信騎手は2014年クラレント、2015年フラアンジェリコに次いで3勝目。 ◆田辺裕信騎手(1着 グランシルク)「サマーマイルチャンピオンの可能性があるのはわかっていたので、よかったです。初めて乗るので、この馬の折り合いはわかりませんでしたが、逃げる馬も追いかける馬もわかっていたので、競馬はしやすかったですね。いつも勝負どころでモタモタする印象だったので、早めに追い出しましたが、いい脚をつかってくれました。賞金が加算できたのは大きいし、関東のマイル路線の最前線でがんばってほしいですね」★10日中山11R「京成杯AH」の着順&払戻金はこちら
2017年9月10日() 15:51

 377

【京成杯オータムハンデキャップ】入線速報(中山競馬場)
中山11R・京成杯オータムハンデキャップ(4回中山2日目 中山競馬場 芝・右外1600m サラ系3歳以上オープン)は、1番手6番グランシルク(単勝3.0倍/2番人気)、2番手3番ガリバルディ(単勝28.5倍/12番人気)、3番手13番ダノンリバティ(単勝13.7倍/7番人気)で入線しています。 想定オッズは以下の通り。 馬連3-6(40.5倍) 馬単6-3(64.6倍) 3連複3-6-13(139.2倍) 3連単6-3-13(688.8倍) 更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2017091006040211 ※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。 (注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)
2017年9月10日() 15:47

 241

京成杯オータムハンデのニュースをもっと見る >

京成杯オータムハンデの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

9月10日 15:44更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv111 
1,320円 39,600円
Lv109 
13,920円 83,520円
Lv108 
300円 21,000円
Lv107 
6,460円 6,460円
Lv106 
4,050円 40,500円

的中情報をもっと見る >

京成杯オータムハンデ過去10年の結果

2016年9月11日() 中山競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2015年9月13日() 中山競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 フラアンジェリコ 田辺裕信 1:33.3 62.7倍 101.7
2着 エキストラエンド 吉田隼人 ハナ 27.5倍 101.7
3着 ヤングマンパワー 松岡正海 ハナ 12.9倍 101.7
2014年9月14日() 新潟競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 クラレント 田辺裕信 1:33.3 4.9倍 100.6
2着 ブレイズアトレイル 津村明秀 3/4 20.0倍 99.9
3着 ミトラ M.エスポジート クビ 29.1倍 99.9

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

京成杯オータムハンデの歴史と概要

京成杯オータムハンデキャップは東京競馬場の芝1600m、4歳(現3歳)以上による重賞競走「オータムハンデキャップ」として1956年に施行されたのが始まり。

京成杯オータムハンデキャップは1959年に京王電鉄から寄贈杯を受け、「京王杯オータムハンデキャップ」へと名称変更になった。1980年に施行場所を中山競馬場に変え、1984年に1600mへと距離短縮された。その後、1998年に京成電鉄の沿線にある中山競馬場で京王杯オータムハンデキャップ、京王電鉄の沿線にある東京競馬場で京成杯3歳ステークスが施行されているというねじれ現象が続いていたことから、京王・京成両者の合意を得て寄贈賞を入れ替える形で現競走名「京成杯オータムハンデキャップ」に改称された。

出走馬の資格は、1994年から混合競走となり外国産馬にも開放され、1998年から中央競馬特別指定交流競走として地方馬も出走可能になった。2007年に日本のパートI国昇格に伴い、外国馬の出走枠が8頭に拡大されている。2010年以降はサマージョッキーズシリーズの対象レース、2012年にサマーマイルシリーズの最終戦に組み込まれている。

過去の優勝馬にはゼンノエルシドブレイクタイムマイネルモルゲンステキシンスケクンキングストレイルキストゥヘヴンザレマファイアーフロートフィフスペトルレオアクティブなどが名を連ねる。

京成杯オータムハンデキャップの過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2017年11月25日(
ラジオN杯京都2歳S G3
2017年11月26日(
ジャパンカップ G1
京阪杯 G3

競馬番組表

2017年11月25日(
5回東京7日目
5回京都7日目
2017年11月26日(
5回東京8日目
5回京都8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
149,796万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 イスラボニータ 牡6
68,375万円
5 ミッキークイーン 牝5
51,131万円
6 サトノクラウン 牡5
48,604万円
7 スマートレイアー 牝7
47,984万円
8 レッドファルクス 牡6
45,915万円
9 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
10 サトノアラジン 牡6
45,090万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
37,778万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 モズカッチャン 牝3
23,440万円
4 ペルシアンナイト 牡3
23,051万円
5 レーヌミノル 牝3
23,009万円
6 アルアイン 牡3
22,505万円
7 キセキ 牡3
21,316万円
8 スワーヴリチャード 牡3
20,545万円
9 ディアドラ 牝3
20,361万円
10 アエロリット 牝3
18,391万円
» もっと見る