注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ディサイファ(競走馬)

注目ホース
ディサイファ
ディサイファ
写真一覧
現役 牡8 鹿毛 2009年4月20日生
調教師小島太(美浦)
馬主H.H.シェイク・モハメド
生産者ダーレー・ジャパン・ファーム有限会社
生産地日高町
戦績40戦[9-9-4-18]
総賞金41,165万円
収得賞金15,450万円
英字表記Decipher
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ミズナ
血統 ][ 産駒 ]
Dubai Millennium
Tribulation
兄弟 アドマイヤタイシリリーファイアー
前走 2017/06/04 安田記念 G1
次走予定

ディサイファの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/06/04 東京 11 安田記念 G1 芝1600 1812138.91513** 牡8 58.0 四位洋文小島太502(+2)1.32.7 1.235.4サトノアラジン
17/04/02 阪神 11 大阪杯 G1 芝2000 1469229.51310** 牡8 57.0 四位洋文小島太500(-4)2.00.1 1.234.9⑦⑦⑧⑦キタサンブラック
16/12/10 阪神 11 チャレンジC G3 芝1800 188166.539** 牡7 58.5 武豊小島太504(-2)1.46.8 0.335.5⑦⑦マイネルハニー
16/11/20 京都 11 マイルCS G1 芝1600 181123.51010** 牡7 57.0 武豊小島太506(0)1.33.7 0.635.5⑦⑦ミッキーアイル
16/10/09 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 12557.146** 牡7 57.0 武豊小島太506(+6)1.47.5 0.934.9ルージュバック
16/06/05 東京 11 安田記念 G1 芝1600 124431.176** 牡7 58.0 武豊小島太500(-6)1.33.3 0.333.9ロゴタイプ
16/03/26 中山 11 日経賞 G2 芝2500 9339.055** 牡7 57.0 武幸四郎小島太506(-4)2.37.3 0.534.4ゴールドアクター
16/01/24 中山 11 AJCC G2 芝2200 16235.021** 牡7 57.0 武豊小島太510(+12)2.12.0 -0.234.9⑥⑦⑥④スーパームーン
15/12/05 中京 11 金鯱賞 G2 芝2000 12113.712** 牡6 57.0 四位洋文小島太498(0)1.59.0 0.234.9ミトラ
15/11/01 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 18118.338** 牡6 58.0 四位洋文小島太498(-2)1.58.9 0.533.9⑤⑧⑩ラブリーデイ
15/10/11 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 13446.742** 牡6 57.0 四位洋文小島太500(+4)1.45.8 0.233.6⑤⑤⑤エイシンヒカリ
15/08/23 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 1561111.151** 牡6 57.0 四位洋文小島太496(0)1.59.0 -0.036.0ヒットザターゲット
15/06/14 東京 11 エプソムC G3 芝1800 138127.143** 牡6 57.0 四位洋文小島太496(+8)1.45.5 0.134.1⑩⑩⑧エイシンヒカリ
15/03/14 中京 11 中日新聞杯 G3 芝2000 18118.051** 牡6 57.0 四位洋文小島太488(-10)2.01.2 -0.235.3⑦⑦⑩⑦デウスウルト
15/01/25 中山 11 AJCC G2 芝2200 173669.0115** 牡6 56.0 四位洋文小島太498(-2)2.14.0 0.434.4④⑥⑤クリールカイザー
14/11/30 東京 11 ジャパンC G1 芝2400 18713138.51415** 牡5 57.0 G.ブノワ小島太500(+2)2.26.0 2.936.8⑧⑩⑫⑬エピファネイア
14/11/02 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 184831.6812** 牡5 58.0 四位洋文小島太498(+4)2.00.3 0.634.4⑩⑬⑫スピルバーグ
14/10/12 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 151111.574** 牡5 56.0 四位洋文小島太494(+2)1.45.3 0.133.8④⑤⑤エアソミュール
14/06/15 東京 11 エプソムC G3 芝1800 17114.321** 牡5 56.0 四位洋文小島太492(+6)1.46.2 -0.033.6④⑧⑨マイネルラクリマ
14/05/17 京都 11 都大路S OP 芝1800 186123.212** 牡5 56.0 武幸四郎小島太486(+2)1.44.8 0.934.3⑧⑧グランデッツァ

⇒もっと見る


ディサイファの関連ニュース

 ◆福永騎手(グレーターロンドン4着) 「初めてのGIでタイトな競馬だったが、しっかりと走れていた。GIでもやれる」

 ◆Z・パートン騎手(ビューティーオンリー6着) 「レース前から少しナーバスになっていた。道中はうまく運べたが、最後で止まった」

 ◆戸崎騎手(ステファノス7着) 「思い通りの競馬はできたが、久々のマイルで少し戸惑っていた。時計も速かったしね」

 ◆岩田騎手(クラレント9着) 「最後は詰めてきているが、伸び切れなかった」

 ◆J・モレイラ騎手(コンテントメント10着) 「スタートがよく道中もスムーズ。馬はよく伸びていてベストな走りはできた」

 ◆横山和騎手(ロンギングダンサー11着) 「最後は脚を使っている。今なら千八、二千より千六の方が合うかも」

 ◆池添騎手(サンライズメジャー12着) 「ゲートを出て2歩目でつまずいた。ロゴと一緒に仕掛けたが、離された」

 ◆四位騎手(ディサイファ13着) 「ロゴの後ろでレースは運べたが、切れ味勝負になると…」

 ◆内田騎手(ロジチャリス14着) 「スタートは出たが、GIで絶対的なスピードが違った」

 ◆音無師(アンビシャス15着) 「いつものこの馬の走りではなかった。敗因がよく分からない」

 ◆松岡騎手(ヤングマンパワー16着) 「外枠であの位置(好位の外)が限界。GIの壁は厚かった」

 ◆石橋騎手(トーキングドラム17着) 「頑張っていたし、きょうの競馬が今後のいい経験になれば」

 ◆松山騎手(ブラックスピネル18着) 「流れが厳しく、勝負どころで苦しくなった」

★4日東京11R「安田記念」の着順&払戻金はこちら

【安田記念】最新ナマ情報2017年06月04日() 05:04

◆前走以上の状態 〔1〕トーキングドラム

 Wコースで軽めのキャンター。ゆったりと走っていた。「使ってきているので、こんな感じで大丈夫。前走と同じか、それ以上の状態で臨めます。前に壁があった方がいいので内枠が欲しかったし、あとはジョッキーに任せます」と相田助手。

◆「枠もいいところ」〔2〕ディサイファ

 坂路で4ハロン63秒5−13秒7と意欲的。力強く駆け上がった。矢崎厩務員は「今回はやることをやりきった。もともとウチの厩舎は攻めの姿勢だから、これでいいと思う。枠もいいところが当たったからね」と、すがすがしい表情で送り出す。

◆「上積みがある」〔3〕サンライズメジャー

 午後3時37分に到着すると、落ち着いた様子で馬房へ。「輸送は何回もやっているし、東京も慣れている。前走は余裕があったし、上積みがあると思う。8歳だけど衰えはない。いい脚はあるので出たなりで、ためていければ」と小林助手。

◆「距離バッチリ」GI初制覇だ〔4〕アンビシャス

 意欲のマイル参戦でGI初制覇を狙う。「問題なくこれた。大阪杯のときが仕上がっていたので、放牧に出して少し休み明けの感じだけど、いい意味で落ち着きがある。距離はバッチリだと思うので、流れが向いてくれれば」と蛭田助手。

◆サイズ師納得「力強い運動」〔5〕コンテントメント

 東京競馬場のダートコースを2周。サイズ調教師は「この馬らしく、レースが近づいているのを感じているのか力強い運動だった」と納得の表情を浮かべる。「3、4番手あたりの位置につけるには理想的な枠(〔3〕枠(5)番)だね」とレースをイメージしていた。

◆マイルで戴冠だ!!〔6〕レッドファルクス

 午前6時過ぎにWコースでキャンター調整。尾関調教師は「前日までは少し力んでいるかな、と思ったけど、きょうはリラックスしていました。手前もスムーズに替えていたからね。あとは距離とか力関係だけ」と、マイル戦での戴冠を期待していた。

◆「軽快」蹄問題なし〔7〕グレーターロンドン

 坂路4ハロン70秒0と軽めだが、柔らかいフットワーク。「軽快な動きだったし、追い切り後も変わりなくきています。蹄も問題なかったです。中間、蹄のアクシデントはあったけど、その後は順調。重賞もGIも初挑戦だけど頑張ってほしいね」と大竹調教師。

◆マイルで全3勝!!仕上がり万全〔8〕エアスピネル

 マイルで全3勝を挙げる良血は、午後3時20分に到着。「何度も来ているので、いつも通り落ち着いていますよ。今回はいつも以上にけいこを攻めて、しっかりと乗り込みました。仕上がりに関しては言うことはないですね。あとは運が向いてくれれば」と中村助手は期待を込めた。

◆無欲の初GI挑戦〔9〕ロンギングダンサー

 早朝に東京競馬場に到着。回避馬が出たことで初めてのGI挑戦が実現した。「状態はこの馬なりに問題はないですし、順調です。初めてのGIですが、無事に回ってきてなんとか頑張ってほしい」と梅原助手は無欲で挑む。

[もっと見る]

【安田記念】最新ナマ情報2017年06月03日() 05:03

★いい位置取れる 〔1〕トーキングドラム

 枠順は最内の〔1〕枠(1)番に。「真ん中より内がいいと思っていた。スタートは速いので周りを行かせて、いい位置を取れそう。前に馬を置いて、阪急杯((2)番)のような競馬を」と相田助手は笑顔。この日はAコースでキャンターの後、坂路4ハロン67秒6。ゆったりと落ち着いて駆け上がった。

★「近道当たった」 〔2〕ディサイファ 

 〔1〕枠(2)番に小島太調教師は「おっ、近道が当たったか」と冗談が出るほどご満悦。「昨年のマイルCSで(不利を受け)あやが付いた影響から立ち直って、本当に状態がいい。内で折り合いをつけてロングスパートできれば」と楽しみにしていた。間隔はあいたが馬体からは上々の仕上がりを感じさせる。

★前回より状態上向き 〔3〕サンライズメジャー

 前に壁を作りやすいゲートを手に入れた。「脚質的に(11)番から外は嫌だった。(3)番ならいいと思う」と樋口助手は実績を残している内枠を歓迎。「前回よりも状態はかなりいい」とデキの良さに胸を張って送り出す。

★絶好枠ゲット!! 〔4〕アンビシャス

 内の偶数となる〔2〕枠(4)番の絶好枠をゲット。音無調教師は「ゲート後入れの偶数でよかった。ここなら前に壁を作ってうまく運べそう」とにっこり。コースロスがない内を回ってじっくり脚をため、セールスポイントの鋭い末脚で直線抜け出しを狙う。

★いい状態キープ 〔5〕コンテントメント

 昨年12着に続いての参戦。〔3〕枠(5)番にサイズ調教師は「中より内がいいと思っていた」と満足な様子。追い切り翌日はダートコースで軽めのキャンターを消化した。「カイバ食いがよく、水もしっかり飲んでいる。競馬場に移動後は体重を落とすことなく、いい状態にある」とトレーナー。

★初GI自然体で 〔7〕グレーターロンドン

 ぎりぎりまで出否を留保したが、この日も坂路を4ハロン68秒0で駆け上がった。(7)番と聞いた大竹調教師は「また? ルージュバックも(7)だった(ヴィクトリアマイルで2年連続)から」と苦笑い。「この馬は枠はどこでも気にしていないからね。追い切った後も変わりなくきていますよ」と重賞初挑戦で迎えるGIにも自然体だった。

★武の腕にお任せ 〔8〕エアスピネル

 真ん中の偶数枠をゲット。「いいところだと思います。内、外(の馬)を見ながら競馬ができますね」と笹田助手が頬を緩める。追い切り後も順調そのもの。「あとは豊さん(武豊騎手)に任せます」と名手に全権を委ねた。

★気性面気がかり 〔9〕ロンギングダンサー

 坂路2本目に4ハロン68秒9をマーク。軽快なフットワークで状態は良好だ。枠順の(9)番に高木助手は「どこでも問題ないですが、少し反抗的な面を見せるときがあるので、スムーズに馬任せで運べれば」と、気性面を気にしていた。

★内枠欲しかった 〔10〕クラレント

 坂路で4ハロン60秒8を元気に登坂し、枠順は真ん中の〔5〕枠(10)番。「“できれば内枠がいいかな”と考えていましたが、ちょうど真ん中のこの枠なら内、外の出方を見ながら運べそうなのでいいと思います」と橋口調教師は前向きな姿勢だった。

[もっと見る]

【安田記念】厩舎の話2017年06月02日(金) 05:03

 ◆アンビシャス・蛭田助手 「2週連続でしっかり攻めた。マイルの方がいいとみます」

 ◆イスラボニータ・栗田博師 「自然体でレースに向かえている。昨年と中身が違います」

 ◆エアスピネル・笹田師 「速い時計を指示して、予定通りですよ」

 ◆クラレント・橋口師 「しまいも楽な手応え。攻めの良さがレースに出る馬なので」

 ◆グレーターロンドン・福永騎手 「操作性が高くて乗りやすい。体は立派だし楽しみですね」

 ◆サトノアラジン・池江師 「今回はさらに動いたね。6歳になって体に芯が入ってきた」

 ◆サンライズメジャー・浜田師 「先週にしっかりやっているし、馬なりで。動きはよかった」

 ◆ステファノス・藤原英師 「マイル戦に対応できるよう調整。直線の長い府中なら…」

 ◆ディサイファ・矢崎厩務員 「8歳にしてこの時計が出るのはすごい。馬もまだ若い」

 ◆トーキングドラム・石橋騎手 「攻め馬の感じは変わらずいいね。うまく脚をためれれば」

 ◆ブラックスピネル・音無師 「一杯にやったけどいい動き。力を出しきってほしいですね」

 ◆ヤングマンパワー・手塚師 「状態はいい。ある程度の位置を取れれば自分の力は出せる」

 ◆レッドファルクス・尾関師 「折り合い面は問題ないと思います。あとはマイル適性だけ」

 ◆ロゴタイプ・田辺騎手 「リズムがよく、大きなアクションをしなくても楽に動けたね」

 ◆ロジチャリス・内田騎手 「前々で気持ちよく走らせて勝負根性のよさを生かしたい」

 ◆ロンギングダンサー・田村師 「状態はいい。前走は着順は悪かったが、上がりは速かった」

安田記念の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【安田記念】厩舎の話2017年06月01日(木) 11:57

 アンビシャス・音無調教師「ラストを伸ばし、この馬らしい動き。マイルは久しぶりだが、2000メートルより合うと思う」

 イスラボニータ・栗田博調教師「動きは満足。ドッシリして完成の域に入ってきた。ルメールも波に乗っているからね」

 エアスピネル・笹田調教師「けいこは余裕を持たせたが、これまでより速い時計。もう少し性格がキツくなってほしい」

 クラレント・橋口調教師「けいこは馬場を思えば、いい時計。馬体にメリハリが出てきた」

 サトノアラジン・池江調教師「ようやく背腰が固まり体に芯が通った。前走は道悪。ダメージは残らず、良馬場なら」

 サンライズメジャー・浜田調教師「馬なりの動きは良かった。8歳だが充実して前走以上」

 ステファノス・藤原英調教師「GIで常に100の力を発揮している。マイルでも勝っていて、東京は条件が合う」

 ディサイファ小島太調教師「8歳でも若々しく、ここ1年で一番のデキ。何とかGIを」

 トーキングドラム斎藤誠調教師「けいこはもっとビシッとやりたかった。少し不満がある」

 ブラックスピネル・音無調教師「ラストを追って、いい動き。デキは万全だ。前走より前めで競馬をしてほしい」

 ヤングマンパワー・大村助手「松岡騎手とは手が合うし、東京も向く。GIでも楽しみ」

 レッドファルクス・尾関調教師「疲れをケアしつつ、うまく仕上がった。前走の末脚をマイルでも生かせれば」

 ロゴタイプ・田辺騎手「追い切りはすごくいい感じ。もちろん、今年も逃げは頭に入れている」

 ロジチャリス・国枝調教師「筋肉がついて一段と馬体が成長。流れに乗れればしぶとい」

 ロンギングダンサー・田村調教師「まだ馬は若い。上がりがかかれば」

(夕刊フジ)

安田記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【安田記念】追って一言2017年06月01日(木) 05:04

 ◆クラレント・橋口師 「しまいは楽な手応えでした。追い切りの良さが素直にレースに出る馬。体調もいいし、調子も上がってきています」

 ◆サンライズメジャー・浜田師 「先週にしっかりとやっているし、馬なりで十分。動きはよかった。前回より状態もいい」

 ◆ディサイファ・矢崎厩務員 「8歳にしてこの時計が出るのはすごい。馬もまだ若いし、具合もいい」

 ◆トーキングドラム・石橋騎手 「攻め馬の感じは変わらずいいね。枠順とかもあるが、うまく脚をためる競馬ができれば…」

 ◆ヤングマンパワー・手塚師 「前走よりも状態は良く、いい仕上がり。相手は強いが、時計勝負も歓迎だし、58キロも大丈夫。ある程度の位置を取れれば、自分の力は出せると思う」

 ◆ロジチャリス・内田騎手 「前半、我慢させる感じで、動き自体はよかった。前々で気持ちよく走らせて、勝負根性のよさを生かしたい」

 ◆ロンギングダンサー・田村師 「状態はいい。前走は着順は悪かったが、上がりは速かった。意思表示が強い馬なので気分を損ねないような競馬を」

安田記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ディサイファの関連コラム

閲覧 850ビュー コメント 0 ナイス 10

先週は、4(日)に東京競馬場でG1安田記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1安田記念の1番人気はイスラボニータで3.5倍、2番人気がエアスピネルで5.9倍、続いてレッドファルクス7.9倍、ステファノス8.1倍、アンビシャス9.1倍とここまでが10倍を切る形で人気を形成しました。
  
注目のスタートはトーキングドラムディサイファサンライズメジャーが出していきますが、これを外から制してロゴタイプが先頭に立ちます。ロゴタイプのリードは2馬身、2番手にサンライズメジャー、続いてブラックスピネルディサイファコンテントメントヤングマンパワーと先団を形成。中団からはイスラボニータクラレントトーキングドラムステファノスビューティーオンリーロジチャリスグレーターロンドンが追走。後方からはレッドファルクスサトノアラジンエアスピネルロンギングダンサーと続いて最後方にアンビシャスの態勢。
 
前半の600m通過は33秒9(参考)の厳しい流れ、ロゴタイプが先頭で直線コースへ差し掛かります。
 
先頭はロゴタイプでリードは1馬身、2番手にサンライズメジャー、その後ろからはディサイファコンテントメントブラックスピネルヤングマンパワーが並んで追い出しにかかります。
 
残り200mを通過、逃げるロゴタイプが再度突き放してリードは3馬身、後続からはグレーターロンドンサトノアラジンステファノス、大外からはレッドファルクスが併せ馬の形で懸命に前を追います!
 
残り100mを通過、ここでロゴタイプの脚色が鈍るとサトノアラジンがグングン加速!一完歩ごとに差を詰めるとゴール前で捉えて優勝!5歳にして悲願のG1タイトルを手にしました!勝ちタイムは1分31秒5(良)。クビ差の2着にロゴタイプ、そこからクビ差の3着にレッドファルクスが入っています。
  
公認プロ予想家ではジ ョ アプロ霧プロ馬っしぐらプロが的中させています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →ジョアプロ
勝負レースに選んだ4(日)東京11Rで『イスラボニータステファノスエアスピネルアンビシャスと上位馬がいずれも勝ちきる気迫が基本的に不足している馬でG1の舞台でも2着、3着になりそうなタイプ。それだけに突き抜ける魅力ある馬で高配当を狙って勝負したい。』と3連単フォーメーションで勝負!▲△○の印で28万3000円を払い戻しました!さらには阪神11Rで◎シホウの単複を5000円ずつ的中させ、10万7500円を払い戻しました!週末トータル回収率153%、収支プラス22万6650円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →加藤拓プロ
4(日)東京3Rで単勝21.1倍◎パンドラフォンテンの単勝、馬連、3連複を仕留め、14万530円を払い戻し!東京7Rでは◎ハッスルバッスルサトノティターンの馬連34.5倍を3000円的中させ、10万3500円を払い戻し!週末トータル回収率249%、収支プラス18万7480円をマークしています。
 
この他にも馬っしぐらプロ(121%)、河内一秀プロ(117%)、マカロニスタンダーズプロ(110%)が週末回収率100%超の活躍を見せています。
 
※全レースの結果速報はこちら!
 
 
今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2017年06月04日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年06月04日号】特選重賞データ分析編(50)〜2017年エプソムカップ〜
閲覧 2,708ビュー コメント 0 ナイス 4



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 エプソムカップ 2017年06月11日(日) 東京芝1800m


<ピックアップデータ>

【馬齢別成績(2011年以降)】
○4歳以下 [5-4-1-10](複勝率50.0%)
×5歳以上 [1-2-5-70](複勝率10.3%)

 若い馬を重視したい一戦。2011年以降の優勝馬6頭中、2014年のディサイファを除く5頭はいずれも馬齢が4歳でした。一方、馬齢が5歳以上だった馬のうち、“同年、かつJRA、かつ1800〜2000mの重賞”において5着以内となった経験がない馬は2011年以降[0-0-2-57](複勝率3.4%)。上位人気に推されながら敗れてしまった例も少なくありません。年明けのレースで苦戦している高齢馬、オープン特別を主戦場としてきた高齢馬は思い切って評価を下げましょう。

主な「○」該当馬→アストラエンブレムデンコウアンジュマイネルハニー
主な「×」該当馬→ダッシングブレイズベルーフマイネルミラノ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走が“国内外の重賞”」だった馬は2011年以降[4-4-6-42](複勝率25.0%)
主な該当馬→デンコウアンジュマイネルハニー

[もっと見る]

2017年06月02日(金) 15:00 山崎エリカ
【山崎エリカのG1ナビゲーション】〜2017安田記念〜
閲覧 2,924ビュー コメント 0 ナイス 7



昨年の安田記念は、ロゴタイプが28年ぶりの逃げ切り勝ち
しかし、本来は逃げ切るのが困難な舞台

__________________________


 先週の日本ダービーは、前日の稍重から馬場回復が恐ろしく早かったこともあり、前半5F63秒2-後半5F59秒1のウルトラスローペース。大外枠の1番人気馬アドミラブルは、先々週のアドマイヤミヤビの二の舞のような競馬になりました。

 逃げ馬不在、先行馬手薄を見越して、積極的に出して行くマイスタイル&横山典騎手に対して、持久力を生かしてこそのクリンチャー&藤岡祐騎手は、押さえて馬群の中に入れて行く形。クリンチャーが行かないことを見計らって、道中で位置を上げて行くレイデオロ&ルメール騎手。完全に騎手の判断力の差が出た一戦でした。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


 さて、今週は安田記念安田記念が行われる東京芝1600mの舞台は、坂を下って上るUターンコースということもあり、レースに淀みが生じづらいのが特徴。さらにかつては春の東京開催終盤で行われることもあり、馬場の内側が荒れて、外差しがバンバン決まっていました。そのため、長らく「安田記念を逃げ切るのは困難」と言われていたのです。

 しかし、昨年はロゴタイプニッポーテイオー以来、28年ぶりの逃げ切りを決めました。ロゴタイプは、近年の目覚ましい馬場高速化と維持向上、さらに逃げ馬不在、先行馬手薄を見越して、早め先頭に立ち、隊列を形成してからうまくペースを落として行く競馬。モーリスロゴタイプに並びかけると、ペースを上げたり、落としたりで、モーリスは折り合いを欠いて、折り合いに専念する形。

 本来のモーリスなら、ロゴタイプがペースを落とした時点で躊躇なく動いて行ったはず。しかし、それが出来なかったのは、検疫のルール上、東京競馬場で軽い追い切りしか出来ずに、状態面に不安を抱えていたことが理由でしょう。体調面に不安があったから、騎手が動いてはいけない心理に追い込まれたと見ています。

 世論では動けば勝てたという意見もありますが、個人的には動いたらもっと凡退していた可能性があったと見ています。昨年の安田記念は、ラスト2F目10秒9からラスト1Fで11秒7まで失速していたことを考慮すると、ラスト1Fでそれほど差を詰められなかったモ―リスは負けるべくして、負けたのでは?

 確かに、ロゴタイプは折り合いに絶対の自信があり、その長所を生かし切ったこと、そしてモーリスが能力を出し切れなかったことによる勝利だったことは、まず間違いないでしょう。しかし、昨年のロゴタイプは勝つべくして勝ったというのが私の判断です。

 ただし、昨年はたまたまスローペースになっただけ。

[もっと見る]

2017年06月02日(金) 12:00 覆面ドクター・英
安田記念・2017
閲覧 4,704ビュー コメント 0 ナイス 12



ダービー観戦中、1000m通過63秒って「アホか!」と思わず声が出て、普段あまり口にしない言葉だったので子供達に笑われました。スローが全部ダメというわけではないのですが、馬券買いはじめた第58回(トウカイテイオー)から26年でこんな不完全燃焼感のあるダービーは初めてかもしれません。レイデオロはいい馬だし、血統、馬体、厩舎も騎手も言うことなしなんですが、本命打ったアドミラブルはあんなスローならひとまくりでの圧勝を見たかったですね。3着とはいえ悲観する内容ではなかったので菊やJCや有馬記念など秋以降での活躍(くれぐれも故障しないでほしい)を期待してます。

余談ですが、ウマニティPOGの入札しました。今年は、1月生まれ(昔より異常に多く意図的に早くしているんだと思います)のディープ産駒の牡対牝を9対1としました。昨年度はルーラーシップ固めで不発気味でしたが今年度は好成績をおさめたいところ。

一昨年大爆発の得意の安田記念で巻き返したい今週。それでは恒例の全頭診断へ。

1番人気想定 イスラボニータ フジキセキの最後の大物で夜間放牧世代だけあって、タフに衰えずに活躍し続けている。蛯名騎手のまくりと合わずに(水曜さきたま杯ではエビまくり炸裂でホワイトフーガが勝ちましたが)不振続いていた時期もあったがルメール騎手となってからはパーフェクト連対な上に前走久々の勝利がG2マイラーズCと、騎手の勢い(というか腕)も加わって人気になるだろう。今更イスラボニータ??と1番人気はちょっと過剰に思う人も多いだろうが、今年はかなり層の薄い安田記念で、頑張って長く続けていれば(モーリスも抜けたし)、いい時期が来ることもあるという例か。ルメール騎手の4週連続G1制覇も十分ある。

2番人気想定 エアスピネル 菊花賞は地力で3着して、得意であろうマイル路線となる京都金杯はきっちり勝つも東京新聞杯はブラックスピネルに逃げ切られたり、なんせいい脚が一瞬なので本質的には東京は向かず、京都のほうがずっといいのだろうが相手がこれだけ層が薄いと好勝負してしまうのだろう。

3番人気想定 グレーターロンドン 7戦6勝でマイルでは無敵な感じできたが、順調さを欠いたのがちょっと痛いし、田辺騎手から福永騎手への乗り替わりもマイナス要因だし、調教の動きもイマイチ。ディープインパクト×ロンドンブリッジという夢配合での一流馬だし、オールドファンにとっては懐かしい大崎騎手の息子の大竹調教師も応援したくなるが、能力高いものの妙味はほとんどなく......。人気サイドで消すとしたらまずこの馬か。

4番人気想定 ステファノス 大阪杯ではキタサンブラックに食らいついていったように、一流馬相手にも善戦する一方、最後に勝ったのが2年半前と勝ち切る力が弱く、やはりヒモまでか。

5番人気想定 アンビシャス 大器と期待されながら掛かり癖を含めて大成できないでいる。初戦と2戦目以来のマイルとなるが東京マイルがあまり向いているとは思えず、どんな条件を使っても不安定であり、結果は出なかったが前走がピークだった感が調教からも見られて、あまり買える要素が無い。

それ以降の人気の馬達。

レッドファルクス 道悪となった京王杯SCは58kgを背負って1400mでも強さを見せた。以前はダートなら1400までこなせたが芝だと1200でないと指数ガタ落ちだったのだが、前走で、もう一段階レベルアップを見せている。マイルでも案外やれそうで楽しみな一頭。

ロゴタイプ 昨年はモーリスを封じる大駆けを見せた(モーリス本命だっただけに2着でよかったのですが(笑))。もうあんなにはうまくいかないだろうが58kgも背負い慣れているし、案外衰えてないので今年のメンバーならまだ馬券圏内も十分だろう。田辺騎手の大一番での度胸も楽しみ。

コンテントメント 香港の強豪だが昨年の安田記念でビリだったように適性低い。

サトノアラジン 能力秘めた良血馬だが、川田騎手と合っていない感がありありな3連続1番人気裏切り状態で、1ハロン長い印象のマイルだと買いにくい。ルメール騎手だった時期にグンと良くなったが、ルメール騎手には乗ってもらえない現況だけに妙味なし。

ビューティーオンリー 香港では活躍しているが高速馬場の日本向きではなさそう。

ヤングマンパワー 乗り難しいタイプで、戸崎騎手が乗っていた昨秋の快進撃が途切れるとイマイチな状態となってしまった。ただいつ走るかわからないタイプで、今回走るかもしれない。

ブラックスピネル 東京新聞杯はスローから逃げ切ったが、今回は奇襲は難しそうで良くて3着までか。

ロジチャリス ダービー卿CTを勝ってきた巨漢馬だが、東京だと瞬発力が足りない感じで要らない。

クラレント 一昨年の安田記念での大勝に貢献してくれたし、前走の11番人気激走も期待通りだったが(本命サトノアラジン全然だめで馬券は不発)、ここで通用する力は残っていないし、そこそこ注目されてしまうので妙味なし。

ディサイファ 昨秋のマイルCSは不利がなければ、という一瞬やるかという感じがあったが、さすがに8歳で近走は衰えてきた感じあり。

サンライズメジャー 重賞となるとさっぱりで、力が足りず要らない。

トーキングドラム 阪急杯は幸騎手が最高にうまく乗っての勝利で、それ以降ちょっと足りないように期待薄。

ロンギングダンサー 母ダンスパートナーの良血馬だが、オープン特別で二桁着順なように期待できない。


<まとめ>
有力馬 イスラボニータエアスピネルレッドファルクス

人気だが評価下げたい馬 グレーターロンドンアンビシャスサトノアラジン

ヒモで買いたい馬 ステファノスロゴタイプ

[もっと見る]

2017年04月06日(木) 17:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(4/1〜4/2)いっくんプロが大阪杯で3連単本線!23万超を払い戻し!
閲覧 675ビュー コメント 0 ナイス 3

先週は、1(日)に阪神競馬場でG1大阪杯が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1大阪杯は1番人気がキタサンブラックで2.4倍、2番人気がマカヒキで3.8倍、3番人気サトノクラウン4.6倍とここまでが10倍を切る形で上位人気を形成しました。
 
注目のスタートは大きな出遅れもなく、各馬まずまずといったことろ。中からロードヴァンドールが前へ行く構えを見せますが、これを制してマルターズアポジーが先頭に立ちます。徹底先行の構えで飛ばすマルターズアポジーのリードは4馬身、2番手にロードヴァンドール、続いてキタサンブラックサクラアンプルールサトノクラウンステファノスと先団を形成。中団からはディサイファモンドインテロスズカデヴィアスヤマカツエースが追走。後方からはミッキーロケットマカヒキと続いて最後方にアングライフェンの態勢。前半の1000m通過は59秒6(参考)の締まった流れ、馬群は縦長の隊列となって直線コースへ差し掛かります。
 
先頭はマルターズアポジーでリードは3馬身、2番手にキタサンブラック、その直後にロードヴァンドールステファノス、後方各馬は内に固まって追い出しにかかります。
 
残り200mを通過、ここでマルターズアポジーの脚色が鈍るとキタサンブラックが交わして単独先頭!その外にステファノス、一列後ろからはサトノクラウンヤマカツエース、人気のマカヒキは外から追われますが、伸びきれません。
 
残り100m、2番手からステファノスも懸命に追いかけますが、差は詰まらず、逃げるキタサンブラックは完全にセーフティリード!危なげない横綱競馬ででG1、4勝目を飾りました!3/4差の2着にステファノス、そこから半馬身差の3着にヤマカツエースが入っています。
 
公認プロ予想家ではいっくんプロ他9名が的中しています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
2(日)阪神11R大阪杯G1で◎キタサンブラックを1着に固定、2、3着に○ヤマカツエースを添え、3連単を本線的中!23万9100円を払い戻しました!さらに同日の阪神5Rでは◎×○の印で40万6200円の高額払い戻しを達成!週末トータル回収率133%、収支プラス18万4200円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →dream1002プロ
2(日)阪神11R大阪杯G1で◎ヤマカツエースで3連単を的中!1(土)阪神7Rでも△◎×の印で3連単615.5倍、中山11Rダービー卿では3連単156.6倍を300円的中させ、4万6980円を払い戻しました!週末トータル回収率220%、収支プラス7万2440円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
2(日)中山12Rで『速い流れを勝ちに行く競馬で押し切れる馬というのは字面の成績以上に強く、ダートに慣れての上積みを考慮すれば、1000万下のここでも通用する計算。』と狙った◎ダイワエキスパートからの馬連105.3倍を500円、複勝3.9倍を5000円的中!週末トータル回収率188%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
1(土)阪神1Rで◎ナムラムートからの3連単223.3倍を1400円的中させ、31万2260円の払い戻し!翌日の阪神2Rでは『チーク着用で前走1番人気裏切ったところからの巻き返し。』と本命に推した◎ララメダイユドールからの3連単413.7倍を500円的中させ、20万6850円を払い戻しました!週末トータル回収率125%、収支プラス12万3760円をマークしています。
 
※全レースの結果速報はこちら
 
来週も競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2017年03月30日(木) 12:00 夢月
【各馬の前走と妙味】〜2017大阪杯〜
閲覧 2,404ビュー コメント 0 ナイス 1


阪神芝2000m右回りで行われる大阪杯
簡単にレースの特徴を説明したうえで出走馬の前走を踏まえた妙味について書いていきたいと思います。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


■レースの特徴■
スタートしてからすぐに坂があり、坂を上ってから1コーナーを迎えるのでスローペースになりやすいコース。
3コーナーから下りになるのでそこが勝負所になりますが、ここで一気にペースアップするため多少の器用さを持っていないと外に膨れてしまうため、不器用な馬は不利なコース形態と言えます。
基本的には、スローの流れから下りを利用できるので逃げ馬は安定した実力を出すことが出来るでしょう。
しかし逃げ馬はコースの恩恵を受けるために何が何でも良い位置を取りにいきたいでしょうから、同脚質の頭数によっては普段より厳しい競馬になりますし、差し馬にとっては同脚質が多いとコースロスが大きくなる可能性が高くなります。
分かり易いコース形態故に想定される隊列を綿密に分析することが、的中への近道ではないでしょうか。


■前走の分析■

アングライフェン
●前走金鯱賞 G2 12着 (経由5頭)
後方の内々でじっくり脚を溜めて、末脚を伸ばすも届かず。
長く良い脚があるので近走の人気ほど弱いとは思わないが、さすがに今回はメンバーが強すぎる。
とにかくロスのない完璧な競馬なら見せ場もあるかもしれない......。

アンビシャス
●前走中山記念 G2 4着 (経由2頭)
4コーナーで外を回す不利。
前走は緩い流れのなか位置取りが悪すぎたので悲観する内容ではないだろう。
テンションが高くなりやすい馬なので信頼しづらいが、軽視するほどの欠点もない。
要は人気次第のような感じだが、パワーがあるので道悪なら評価を上げたい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ディサイファの口コミ


口コミ一覧

混戦!ドーする?!安田記念

 あらすぺ 2017年06月04日() 00:10

閲覧 65ビュー コメント 0 ナイス 2

ダービーが終わるとなんだか気が抜けてしまいます。
同じG1なのに安田記念はあまり目立ちません。

そんな中、今回の安田記念はなかなかの混戦で予想が難しそうです。
去年の安田記念はロゴタイプが途中から先頭に立ちペースを作って直線で粘りこんで勝利しました。
田辺騎手の作戦勝ちといったところでしょう。モーリスもかかり気味でしたし。
そのため去年の着順はあまり参考にならない気がします。
今年はモーリスのような基準になりそうな馬がいないので、じっくり強さの比較をしなければいけません。

予想は後でじっくりするとして簡単にグループ分けしておきましょう。

*去年も出走した馬
ロゴタイプ、サトノアラジン、イスラボニータ、ディサイファ、クラレント、コンテントメント

*前走が京王杯スプリングカップ組
レッドファルクス、クラレント、トーキングドラム、サトノアラジン

*前走が読売マイラーズカップ組
イスラボニータ、エアスピネル、ヤングマンパワー、ブラックスピネル、サンライズメジャー

*前走が大阪杯組
ステファノス、アンビシャス、ディサイファ

*香港から参戦
コンテントメント、ビューティーオンリー

*前走がその他
グレーターロンドン(東風ステークス)
ロンギングダンサー(メイステークス)
ロジチャリス(ダービー卿チャレンジトロフィー)
ロゴタイプ(中山記念)

こう分けると少しは予想がしやすくなったような気がします。
馬券当てたいなあ。

※ タイトルは朝まで生テレビ風にしてみました(笑)

 ファストタテヤマだ 2017年06月02日(金) 14:30
安田記念出走馬の簡単な印象メモ
閲覧 91ビュー コメント 0 ナイス 8

今週は思いのほか忙しくて若干手抜きの考察。




1枠1番トーキングドラム

ここでは能力面で見劣るか。


1枠2番ディサイファ

昨年の安田記念はスローに泣かされる形。
もともと後半のスピード勝負には弱く、
逃げ馬不在のメンバー構成はマイナス。


2枠3番サンライズメジャー

マイラーズC5着は先行内有利の展開と馬場が味方。


2枠4番アンビシャス

行き脚が悪く末脚自体もそこまでなので、
東京1600の条件で差してくるイメージがあまり湧かない。
ここよりマイルCSのほうが合いそう。


3枠5番コンテントメント

掛かり癖が強いのでまずは序盤をクリアできるかどうか。
直線はしぶとく伸びるが、キレ味に欠ける。


3枠6番レッドファルクス

上がりの競馬で勝った京王杯SCは悪くない内容だが、
相手が弱くどこまで信用できるか疑問。
東京1600では末脚不足の印象がまだ強い。


4枠7番グレーターロンドン

基本的に序盤を捨てた後半のスピード勝負しか経験がなく、
現時点ではスローで距離を誤魔化す短距離馬の可能性はありそう。
展開不利の流れを勝ち切っているので
もちろん強いは強いと思うが、果たしてどうか。


4枠8番エアスピネル

気性の問題でポジション取りに苦労しそうな点と末脚の弱さが課題。
速い流れで決め手の無さを誤魔化せるようならチャンスも?


5枠9番ロンギングダンサー

マイル戦向きのスピードは見せていないし苦しいか。


5枠10番クラレント

昨年の安田記念は流れが噛み合わず敗戦も止む無し。
とてつもなく器用さに欠けるので
走れる条件はかなり絞られてくるが、
その中でも東京1600は向くほうの条件だとは思う。


6枠11番ブラックスピネル

マイラーズCは位置取り不利の競馬で4着。
前走に関しては力負けとは言えない走りだが、
能力面での裏付けがまだ乏しいようには感じる。


6枠12番ビューティーオンリー

末脚のキレ、加速で見劣る印象があり東京1600向きとは言えないが、
シャティンのスピード勝負で結果は出せているので一応の恐さはある。


7枠13番ロジチャリス

印象としては淡々とした流れを得意とする1800馬で
マイルG1の流れは忙しそう。


7枠14番サトノアラジン

東京コースでは末脚不足が顕著。
1分31秒台の追い込み決着にでもならないと苦しいのでは。


7枠15番イスラボニータ

抑え込みの蛯名騎手から解放されて
最近は馬も気分良く走れている印象。
ここは昨年みたいな流れに巻き込まれない限り大敗できない条件。


7枠16番ロゴタイプ

行き脚があまり良くなく、
序盤で消耗する可能性がある点が最大の不安要素。
2年連続の好走があっても何の不思議もないし、
負けたら負けたでやっぱりマイルは短いのかなとも思う。


8枠17番ヤングマンパワー

クラレント以上の不器用さを感じさせる馬。
東京・京都・新潟の1600なら時々ハマる展開がきそう。


8枠18番ステファノス

アンビシャスと同じく行き脚の遅さが弱点。
この馬もマイルCSのほうが好走はイメージしやすい。

[もっと見る]

 ムーンホーセズネック 2017年06月02日(金) 05:59
競馬検討 追い切り 
閲覧 63ビュー コメント 0 ナイス 13

安田記念

アンビシャス 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して前向き、ビッシリ、先着

イスラボニータ 長め、併せ馬、動き軽快、集中して前向き、ビッシリ

エアスピネル 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して前向き、突き放す、時計優秀

クラレント 坂路、単走、動き軽快、集中して

グレーターロンドン 長め、併せ馬、動き軽快、集中して前向き、ビッシリ、先着

コンテントメント 長め、単走、動き軽快、前向き、軽め

サトノアラジン 長め、併せ馬、動き軽快、前向き、突き放す

サンライズメジャー 坂路、単走、動き軽快、集中して

ステェファノス 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、突き放す

ディサイファ 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、先着

トーキングドラム 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

ビューティーオンリー 長め、単走、動き軽快、集中して、軽め

ブラックスピネル 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

ヤングマンパワー 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

レッドファルクス 長め、併せ馬、動き豪快、集中して前向き、ビッシリ、先着

ロジチャリス  長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

ロゴタイプ 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、突き放す

ロンギングダンサー 坂路、単走、動き軽快、集中して前向き

[もっと見る]

ディサイファの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
3:
  mata   フォロワー:0人 2016年10月9日() 08:51:53
◎複勝
2:
  8c53d0b25c   フォロワー:0人 2014年1月5日() 13:35:17
この仔は寒いと走らないんだよ
1:
  福招き猫(=゚ω゚=)   フォロワー:3人 2012年3月5日(月) 04:16:48
2/26 新馬
3着 ディサイファ(武豊騎手)
「能力は相当だが、まだ力がない感じ。ゲートを出て行かなかった」

ディサイファの写真

ディサイファ
ディサイファ

ディサイファの厩舎情報 VIP

2017年6月4日安田記念 G113着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ディサイファの取材メモ VIP

2017年6月4日 安田記念 G1 13着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。