シルポート(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
シルポート
写真一覧
抹消  鹿毛 2005年3月24日生
調教師西園正都(栗東)
馬主河崎 五市
生産者タイヘイ牧場
生産地静内町
戦績54戦[10-6-3-35]
総賞金39,732万円
収得賞金15,450万円
英字表記Silport
血統 ホワイトマズル
血統 ][ 産駒 ]
Dancing Brave
Fair of the Furze
スペランツァ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
フジャブ
兄弟
前走 2013/06/23 宝塚記念 G1
次走予定

シルポートの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
13/06/23 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 115547.2610** 牡8 58.0 酒井学西園正都514(+4)2.15.4 2.240.2ゴールドシップ
13/06/02 東京 11 安田記念 G1 芝1600 18713119.81718** 牡8 58.0 酒井学西園正都510(+4)1.32.9 1.435.9ロードカナロア
13/05/11 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 1861114.8816** 牡8 56.0 酒井学西園正都506(-2)1.21.7 1.135.7⑤⑤ダイワマッジョーレ
13/04/21 京都 11 マイラーズC G2 芝1600 187138.9414** 牡8 57.0 松岡正海西園正都508(+4)1.33.3 0.735.9グランプリボス
13/02/24 中山 11 中山記念 G2 芝1800 155913.383** 牡8 57.0 松岡正海西園正都504(0)1.47.3 0.037.3ナカヤマナイト
12/12/24 阪神 11 阪神カップ G2 芝1400 184813.0514** 牡7 57.0 川田将雅西園正都504(-4)1.21.8 0.836.3サンカルロ
12/11/18 京都 11 マイルCS G1 芝1600 1861218.5104** 牡7 57.0 川田将雅西園正都508(+4)1.33.2 0.335.0サダムパテック
12/10/28 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 181274.71212** 牡7 58.0 小牧太西園正都504(+4)1.58.6 1.337.9エイシンフラッシュ
12/10/07 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 161121.5814** 牡7 57.0 小牧太西園正都500(0)1.46.1 1.136.5カレンブラックヒル
12/06/03 東京 11 安田記念 G1 芝1600 1871311.4612** 牡7 58.0 小牧太西園正都500(0)1.32.2 0.935.9ストロングリターン
12/04/22 京都 11 マイラーズC G2 芝1600 188176.931** 牡7 56.0 小牧太西園正都500(0)1.33.2 -0.235.7ダノンシャーク
12/02/26 中山 11 中山記念 G2 芝1800 111119.672** 牡7 57.0 松岡正海西園正都500(0)1.47.4 0.137.1フェデラリスト
12/01/05 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 1681511.4516** 牡7 58.0 幸英明西園正都500(-2)1.35.9 3.038.3マイネルラクリマ
11/12/17 阪神 11 阪神カップ G2 芝1400 185915.665** 牡6 57.0 幸英明西園正都502(-2)1.21.1 0.635.2⑥⑥サンカルロ
11/11/20 京都 11 マイルCS G1 芝1600 182315.778** 牡6 57.0 幸英明西園正都504(0)1.34.5 0.635.9エイシンアポロン
11/10/30 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 181182.81216** 牡6 58.0 蛯名正義西園正都504(0)1.59.2 3.138.9トーセンジョーダン
11/10/09 東京 11 毎日王冠 G2 芝1800 11227.538** 牡6 58.0 小牧太西園正都504(+8)1.47.2 0.534.1ダークシャドウ
11/06/05 東京 11 安田記念 G1 芝1600 181211.948** 牡6 58.0 小牧太西園正都496(+2)1.32.4 0.435.4リアルインパクト
11/05/14 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 176116.132** 牡6 58.0 小牧太西園正都494(-2)1.20.2 0.033.8ストロングリターン
11/04/17 阪神 11 マイラーズC G2 芝1600 1881718.471** 牡6 57.0 小牧太西園正都496(-4)1.32.3 -0.334.3クレバートウショウ

⇒もっと見る


シルポートの関連ニュース

 【中山】9Rアスター賞(500万下、芝・外1600メートル)=ノームコア(美・萩原、牝、父ハービンジャー)

 ◆北村宏騎手 「(開幕週の)馬場に合わせてせかして競馬をしたぶん、もたついたが、もっと距離を延ばしたらいいストライドで走れそう。まだまだ可能性がありそうです」 

 5R新馬(芝・内2000メートル)=バレリオ(美・相沢、牡、父ステイゴールド

 ◆津村騎手 「周りの馬を気にして出負けし、道中も突っ張った走り。トモにも甘い面があるので先々の馬と思っていたけど、それでこのパフォーマンス。今後が楽しみ」

 *全姉はオークス3着のアイスフォーリス

 2R未勝利(芝・外1600メートル)=ハクサンフエロ(美・牧、牡、父シルポート

 ◆石橋騎手 「開幕週の芝は合うと思っていた。スタートも速く、集中力を保つことだけ心掛けて乗った」

 *新種牡馬シルポートの産駒はJRA初勝利。

 【阪神】5R新馬(芝・外1600メートル)=ジャンダルム(栗・池江、牡、父キトゥンズジョイ)

 ◆武豊騎手 「ちょっと4コーナーで外に逃避したけど、それ以外は完璧。気性も素直で距離も全然大丈夫だし、かなり楽しみ」

 *母はスプリンターズS高松宮記念とGI2勝のビリーヴ(父サンデーサイレンス)で、半姉にセントウルSに出走するフィドゥーシア(父メダーリアドーロ)

【新種牡馬連載(9)】アサクサキングス 2015年7月27日(月) 14:54

(1)競走成績 日本で2~7歳時に23戦6勝。新馬-百日草特別と連勝し、ラジオNIKKEI杯2歳S5着を挟んで臨んだきさらぎ賞で重賞初制覇。その後、皐月賞7着、NHKマイルC11着と完敗を喫したが、果敢に先手を取った日本ダービーでは14番人気の低評価ながら2着に逃げ粘った。秋は神戸新聞杯2着をステップに菊花賞に挑み、見事に優勝。4歳時は天皇賞・春3着が目立った程度で勝ち星もなく終わったが、5歳春に京都記念阪神大賞典を連勝した。その後は故障もあり結果を出せずに引退している。

(2)血統 父ホワイトマズルからは、多彩な活躍馬が出ている。ダートでの活躍を経て天皇賞馬に輝いたイングランディーレ、果敢な逃げで人気を集めたシルポート、ジャパンCダートを制したニホンピロアワーズ、シンガポール航空国際C勝ち馬シャドウゲイトと個性派ばかりだ。母系は、母の全兄に皐月賞マイルチャンピオンシップを制したジェニュインがいる。母も6勝を挙げたオープン馬で、牝系の質も優秀。ホワイトマズル×サンデーサイレンスの配合は、前出シルポートシャドウゲイトのほか、重賞3勝のシンゲンと同じだ。古馬になって息長く活躍できるタイプといえるだろう。

(3)適性診断 自身が得意とした芝の長丁場が向くのはもちろんだが、父の特性を考えると産駒にもさまざまなタイプが出そうだ。現役時はすべて芝のレースを走ったが、ダートもこなせる血統背景の持ち主。重馬場も苦にしない。前記したように、成長力には定評があるだけに、一定のクラスまで出世すれば安定して活躍する馬主孝行な産駒が出るだろう。

(4)初年度産駒 注目されるのは、昨年の函館2歳Sを制したアクティブミノルの半弟テゾーロミノル(栗東・北出成人厩舎)だ。サンデーサイレンスの3×3というインブリードがあり、兄に続く活躍が期待される。すでにホッカイドウ競馬で勝ち上がった馬(ハピネスヒーロー)もいるが、中央では2頭がデビューしただけで勝ち星は挙げていない。ただ、基本的には晩成タイプ。これから徐々に頭角を現す産駒が出てくるだろう。コンスタントに活躍馬を出せるかは微妙なところだが、父同様、大物を出す可能性は十分にある。長い目で見守りたいサイアーだ。(この項終わり)

※今年の新種牡馬には、ここまで紹介した9頭の他にアンライバルドエーシンフォワードサクラメガワンダービービーガルダンなどがいる。

[もっと見る]

シルポートが登録を抹消 種牡馬へ2014年1月16日(木) 15:01

 個性的な大逃げで人気を集めたシルポート(栗東・西園正都厩舎、牡9歳)が1月16日付で競走馬登録を抹消。

 同馬について、管理する西園調教師は「骨膜の状態が良くなり切らないため、近日中に登録を抹消することにしました」と昨年11月にコメントしていた。今後は北海道新ひだか町のレックススタッドで種牡馬入りする予定。

 シルポートは父ホワイトマズル、母スペランツァ、母の父サンデーサイレンスという血統。重賞は2011年GIII・京都金杯、11、12年GII・読売マイラーズカップの3勝。総獲得賞金は3億9732万8000円(付加賞含む)。通算成績は54戦10勝。2013年の宝塚記念(10着)がラストランとなった。

シルポートの全成績はこちら

[もっと見る]

“大逃げ”シルポートが引退、種牡馬入り 2013年11月15日(金) 05:01

 個性的な大逃げを見せたシルポート(栗・西園、牡8)が引退することが14日、分かった。今年の宝塚記念(10着)がラストランとなった。今後は北海道新ひだか町のレックススタッドで種牡馬入りする予定。通算54戦10勝。重賞は2011年GIII京都金杯、11、12年GIIマイラーズCの3勝。総獲得賞金は3億9732万8000円。「骨膜の状態がよくなりきらないため、近日中に登録を抹消することにしました」と西園調教師。

シルポートの全成績はこちら

[もっと見る]

【宝塚記念】完勝!ゴールドシップ復権V! 2013年6月23日() 15:48

 23日の阪神11Rで行われた第54回宝塚記念(3歳上オープン、GI、芝2200メートル、11頭立て、1着賞金=1億3200万円)は、内田博幸騎手騎乗の2番人気ゴールドシップ(牡4歳、栗東・須貝尚介厩舎)が中団から差し切って優勝。GI4勝目を飾った。タイムは2分13秒2(良)。

 3強対決は、芦毛の怪物に軍配が上がった。スタート後から仕掛けて中団をキープしたゴールドシップが、豊富なスタミナにものを言わせて力強く伸びる。対照的にもがくライバル2頭を尻目に、文句なしの完勝。春のチャンピオンの座を勝ち取った。

 予想通りにシルポートがハナを切り、大逃げを打つ。2番手にダノンバラードがつけ、外からジェンティルドンナが3番手。そして、内田博幸騎手が気合をつけて4番手の外、ジェンティルドンナをマークする位置を確保する。シルポートの大逃げで4コーナーを回るが、2番手ダノンバラードがすぐにかわして先頭へ。さらにジェンティルドンナゴールドシップが襲いかかる。ジェンティルドンナが伸びあぐねるのに対して、ゴールドシップはグングンと加速。粘るダノンバラードをかわして、ゴールドシップが3馬身1/2差で快勝した。2着には5番人気ダノンバラードが粘り込み、ジェンティルドンナはクビ差3着、フェノーメノはさらに1/2馬身差の4着に終わった。

 ゴールドシップは、父ステイゴールド、母ポイントフラッグ、母の父メジロマックイーンという血統。北海道日高町・出口牧場の生産で、小林英一氏の所有馬。通算成績は13戦9勝。重賞はGIII共同通信杯、GI皐月賞、GII神戸新聞杯、GI菊花賞、GI有馬記念(12年)、GII阪神大賞典(13年)に次いで7勝目。須貝尚介調教師は宝塚記念初勝利、内田博幸騎手は08年エイシンデピュティに次いで2勝目。

 内田博騎手は「強いゴールドシップが帰ってきたことをうれしく思います。調教ですごくいい動きをしていたので、スタートが速くなくても押して行けば前に行ける自信はありました。そこからためてレースをしたいと思っていて、うまくいきました。折り合いは問題なかったです。本当に強いメンバーがそろっていましたが、この相手とどのくらいやれるのか。期待が大きかったのですが、力でねじ伏せてくれて、これからの活躍が楽しみになりました。馬は生き物ですから、いい状態だと思っても、当日に走りたくないと思って気分が乗らなければ無理です。きょうは馬が走る気満々で、それが結果につながったかなと思います。僕は細心の注意を払って、馬が走る気になるように騎乗しただけでした。天皇賞で惨敗してしまって皆さんにはご迷惑をおかけしましたが、勝つことでリベンジできたかなと思います。馬も人もロボットじゃないと、きょうは改めて感じました」と劇的な変わり身に感慨深げな口ぶりだった。

 ◆須貝尚介調教師 「強い馬がすべきレースをしてくれた。馬場も味方したと思う。内田騎手には思い切っていけばいいとだけ言ったが、ゴールドシップのやる気をうまく引き出してくれた」

 ★阪神11R「宝塚記念」の着順・払戻金はこちら

[もっと見る]

【宝塚記念】最新ナマ情報2013年6月23日() 05:04

◆「筋肉ついた感じ」〔3〕フェノーメノ 

 春の天皇賞馬(3)フェノーメノは、美浦トレセンを午前4時に出発し、午後0時30分すぎに阪神競馬場に到着した。長距離輸送は優勝した前走で経験済みで「かなりスムーズに来たし、2回目だからね。状態は変わらずいい」と箕輪厩務員。「前走はあれくらいのパフォーマンスは見せてくれないと、と思っていた。今回は特に変わった仕上げはしていないよ。お利口さんだし普段通りでいいからね。あの距離(3200メートル)を使って、トモに筋肉が少しついたかなという感じ」とGI連勝へ向け、視界良好だ。

◆闘志むき出し!〔10〕ゴールドシップ

 (10)ゴールドシップは栗東の角馬場でじっくり乗り運動を消化した。運動中は落ち着いていたが、走りたくてしかたがないのか、引き揚げる際には2度立ち上がっていた。「内田君も『何かいらんことをしたろうかな、という雰囲気が出ている』と言っていたけど、それくらいのほうがいい」と須貝調教師はうなずく。闘志を表に出すのはいい時のサイン。天皇賞・春はまさかの5着に敗れたが、名誉挽回の態勢は整った。

◆体つきパワフル〔11〕ジェンティルドンナ

 (11)ジェンティルドンナは、栗東坂路を4ハロン66秒4で軽やかに上がり、最終調整を終えた。「しっかり乗り込めたし、十分な仕上がり。体も太め感なくちょうどいい」と満足げな井上調教助手。「男馬と同じメニューをやってきたが、利口な馬なのできっちりこなしてくれた。体つきは男馬みたい。パワフルになっている」とGI5勝目へ自信を深めている。

◆「仕上がりいい」〔4〕ダノンバラード

 (4)ダノンバラードは栗東坂路を4ハロン65秒9で登坂し、レースに備えた。年明けに勝ったAJCCでもたれる癖を見せたが、「最近は追い切りでも真っすぐに走れている」と兼武調教助手。「前走後も思い描いた通りに来たし、仕上がりはいい。相手は強いですが、(肺出血発症で回避した同厩の)オルフェーヴルの分まで頑張ってほしいですね」と期待する。

◆精神的にも成長〔1〕ヒットザターゲット

 5歳を迎えて進境著しい(1)ヒットザターゲットは、栗東坂路1本の調整。「気難しくてムラなタイプだったが、精神的にも乗り役の指示に反応できるようになっている。体も大きくなった。久々に乗るジョッキー(福永騎手)がびっくりするくらいの競馬ができるといいね」と加藤敬調教師。オーナーが同じ前田晋二氏のキズナが(1)番枠で日本ダービーを勝っており「この馬としても最高の枠だし、オーナーの勢いに乗って…」と一発を狙う。

◆落ち着き十分〔5〕シルポート 

 (5)シルポートは栗東坂路で4ハロン66秒8の調整を行った。落ち着いてゆったりと駆け上がる姿を見た西園調教師は「トモに張りがあって、いい状態だよ」と納得の笑み。レースは、もちろん逃げるのみ。「相手は強いが、中山記念(3着)のようなペースでジワーッと逃げられれば」と絶妙のペースを刻んで、後続を焦らせることができるか。

◆積極策で勝負〔6〕トーセンラー 

 天皇賞・春2着の(6)トーセンラーは、栗東角馬場で体をほぐしてからCWコースへ。きれいなフォームのキャンターで1周した。金曜日までの雨に、藤原英調教師は「これだけ降ったらパンパンの馬場は難しい。みんな早めの競馬をするだろうし、ウチのもそう考えている」と改めて積極策を示唆。「上(3強)とは差があると思うけど、この馬も力をつけている」と好勝負を期待している。

◆昨年より成長〔8〕ナカヤマナイト

 ゴールドシップフェノーメノと同じくステイゴールド産駒の(8)ナカヤマナイトは、美浦トレセンを午前4時に出発し、午後1時20分過ぎに阪神競馬場に到着した。「カイバはどこでも食べてくれるから助かるし、回復力はすごいよ」と石井厩務員。昨年は8着だったが、「成長途上だった。今は実が入ってきているし、肩から胸前の筋肉が力強い。去年よりはできているね。雨が降っても晴れても、その天候なりにいい競馬をしてくれると思う」。結果次第で登録済みの凱旋門賞挑戦プランもあるだけに、言葉に力がこもっていた。

 ★宝塚記念出馬表はこちら ★「宝塚記念特設ページ」はこちら! 大型馬柱、調教タイム、レース後談話など大公開!

[もっと見る]

⇒もっと見る

シルポートの関連コラム

閲覧 1,150ビュー コメント 0 ナイス 4

第340話 「中山記念


11年 36.3-35.2-34.5 =1.46.0 △3▼6△ 6 瞬発戦
12年 36.0-34.3-37.0 =1.47.3 △2△2△12 消耗戦 重
13年 36.2-33.8-37.3 =1.47.3 △6±0△13 消耗戦
14年 37.3-35.6-36.9 =1.49.8 △5▼2△ 4 平坦戦 稍重
15年 37.5-36.7-36.1 =1.50.3 ▼1▼5△ 5 瞬発戦 稍重

コース適性は【瞬5平4消1】となっていますが過去5年で2回も消耗戦となっています。
その2回のレースはシルポートがハイペースを刻んで逃げたのが要因です。
(余談:シルポートが逃げた年は彼が7歳、8歳の時でどちらも人気薄で2着、3着と穴を開けてます)
基本的には瞬発戦か平坦戦の可能性が高いレースだと思います。
近年は次走ドバイ組が叩きレースとして使ってくるレースもあるので昔よりはレースレベルは上がっているでしょう。
登録馬を見る限り今年は凄いメンツ…。
今日は有力馬の評価を。

アンビシャス
前走秋天で0.2秒差の5着は十分地力が付いて来た印象。
ディープ産駒ですが【瞬2平2消0】と平坦戦も可能で小回りコースもラジNIKE賞で圧勝していてどちらかというと器用なタイプで中山1800は舞台としてはプラス材料。
今回は試金石のレースでしょう。

イスラボニータ
馬券にはなるものの3歳秋のセントライト記念以降勝利がなく成長力に疑問か?
皐月賞馬ではありますが昨年のこのレースは5着と完敗。
跳びが大きい馬なのでコース適性よりは稍重の馬場が応えたかも。
人気の一角にはなりそうだが半信半疑。

ドゥラメンテ
2冠馬がここからリスタート。
皐月賞は他馬を蹴散らしながら勝利をもぎ取った様なレース内容で本質は東京の様な広いコース向き。
今回は明らかに条件は向かないレースだと思いますがそれでも完勝するようなら「怪物健在」でよろしいかと。

ラストインパクト
【瞬6平3消1】で中山向きの小回りやパワーも問題ない馬だと思われます。
問題は1800mという距離でしょう。
ちょっと短い印象。

リアルスティール
3歳の春にドゥラメンテに離された差は圧倒的でしたが今回は条件的に逆転のチャンス。
皐月賞と同様の騎乗をすればおそらくは勝ち負け出来るはず。
福永Jが騎乗予定だが先週復帰してダートで1勝、こちらも復調してるかどうかも鍵。

ロゴタイプ
14年3着15年2着という様にレース適性は非常に合う馬で適性だけならこのメンバーでも上位でしょう。
ヒモには入れておきたい馬でしょう。
(でも人気はソコソコありそうだが)

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
アンビシャスリアルスティールドゥラメンテ

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2015年2月25日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 ~第310話中山記念(謎解き編)
閲覧 288ビュー コメント 0 ナイス 3

第310話 「中山記念


10年 36.6-36.9-38.2 =1.51.7 ±0△2± 0 消耗戦 不良
11年 36.3-35.2-34.5 =1.46.0 △3▼6△ 6 瞬発戦
12年 36.0-34.3-37.0 =1.47.3 △2△2△12 消耗戦 重
13年 36.2-33.8-37.3 =1.47.3 △6±0△13 消耗戦
14年 37.3-35.6-36.9 =1.49.8 △5▼2△ 4 消耗戦 稍重

過去5年で3度も消耗戦があるように近年はかなり厳しい流れのレースになりやすくなっています。
良馬場が2回しかないというのも要因の一つかもしれませんが中盤が最も速くなるというのはなかなかレアなレースだと思われます。
では過去5年の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
トーセンクラウン  【瞬6平5消0】
ヴィクトワールピサ 【瞬5平3消0】
フェデラリスト   【瞬2平2消0】
ナカヤマナイト   【瞬7平2消0】
ジャスタウェイ   【瞬7平2消0】
2着馬
テイエムアンコール 【瞬7平4消0】
キャプテントゥーレ 【瞬5平0消0】
シルポート     【瞬10平3消1】
ダイワファルコン  【瞬9平3消0】
アルキメデス    【瞬5平2消0】

瞬発平坦の両タイプの馬が多く連対しています。
平坦戦実績のなしのキャプテントゥーレが2着となっていますが中山芝2000コースの皐月賞を勝っているので適性は十分あったはずと思われます。

というように別定GⅡレースですし基本的には実績馬の強いレースです。
1~3人気だった馬の成績が
4-1-2-8 勝率26.7% 連対率33.3% 複勝率46.7%
となっています。
厳しい流れになりやすいレースなので実績のある馬が好走しやすいということでしょう。

人気馬(実績馬)以外となると狙い目はズバリ内枠の馬。
厳しい流れのレースで有利となるのは内で脚を溜めれる馬。
断然内枠とは言えないまでもせめて中枠までの馬が中心だと思われます。

【枠順別成績】
1枠 0-1-0-5 勝率 0.0% 連対率16.7% 複勝率16.7% 複回収値 95
2枠 1-0-1-6 勝率12.5% 連対率12.5% 複勝率25.0% 複回収値130
3枠 2-2-1-3 勝率25.0% 連対率50.0% 複勝率62.5% 複回収値190
4枠 0-0-1-7 勝率 0.0% 連対率 0.0% 複勝率12.5% 複回収値 27
5枠 0-1-2-6 勝率 0.0% 連対率10.0% 複勝率10.0% 複回収値136
6枠 0-1-0-9 勝率 0.0% 連対率10.0% 複勝率10.0% 複回収値 21
7枠 1-0-0-9 勝率 0.0% 連対率10.0% 複勝率10.0% 複回収値 11
8枠 1-0-0-9 勝率 0.0% 連対率10.0% 複勝率10.0% 複回収値 19

※複回収値とは該当する項目で全頭の複勝率をベタ買いした時の回収値です
(100以上なら収支はプラス、以下ならマイナスということです)
6枠より外は複回収値が低い、つまり人気の馬ばかり馬券になっていないということです。
4枠より外の枠で6番人気以下で馬券になったのはハイペースで逃げまくった13年の3着馬シルポート(8番人気)のみとなっています。

それ以外となると
・前走の距離2000m以上 5-4-1-42
・4~6歳馬 5-4-4-40
の2つのファクターが中心になると思われます。

今年は皐月賞イスラボニータの登録がありこの馬がやはり中心となるでしょう。
ヌーヴォレコルトも有力だとは思いますがデビュー3戦目の500万下クラス以来の牡馬混合レースで半信半疑といった感じ
メイショウマンボの様に古馬になり牡馬混合戦になるとさっぱりという牝馬も結構います)
もう1頭の皐月賞ロゴタイプは前走ダート1400mを使ったのがどう出るか。
ちなみにショウワモダンが前走根岸S(ダート1400)16着→中山記念3着というケースもあります。
とにかく内枠に入った馬を穴で狙っていきたいレースかなという印象。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
イスラボニータ→内枠くん→内枠くんor中枠くん
内枠くんの候補としては
タガノグランパマイネルフロストロゴタイプ
の3頭でいこうかなと。


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2014年4月23日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 ~第270話マーラーズC(謎解き編)~
閲覧 320ビュー コメント 0 ナイス 5

第270話 「マイラーズC


12年 34.3-23.2-35.7 =1.33.2 ▼1△6△9 平坦戦
13年 34.1-23.2-35.3 =1.32.6 △6▼6△2 瞬発戦

12年以降このレースが京都開幕週に変更となって今年で3回目。
過去2回では瞬発戦1回、平坦戦1回となっています。
流石に開幕週だけあってテンから飛ばす速い流れで2回とも上りよりテンの方が1秒以上も速い前傾ラップになりました。
(以前の阪神開催は上りの方が速い後傾ラップとなっていました)
12年はシルポートの逃げ切りでしたが昨年は外差しのワンツーで決まりました。
テンから飛ばす流れで中盤もあまり緩まないと開幕週とはいえ流石に前有利とはならないということです。
では過去の連対馬を詳しく見てみましょう。

シルポート
・【瞬10平3消2】
・前走中山記念2着
・過去には京都金杯、マイラーズC(阪神)勝利
・ホワイトマズル×サンデーサイレンス
・7歳馬

ダノンシャーク
・【瞬8平0消0】
・前走東京新聞杯5着
・この年の京都金杯2着
ディープインパクト×Caerleon
・4歳馬

グランプリボス
・【瞬3平4消1】
・前走香港マイル12着
・過去にはNHKマイルC、朝日FS勝利、安田記念マイルCS2着
サクラバクシンオー×サンデーサイレンス
・5歳馬

サンレイレーザー
・【瞬4平0消0】
・前走六甲S(阪神芝16、OPクラス)2着
・重賞は朝日CC5着が最高位
ラスカルスズカ×Cozzene
・4歳馬

ラップギア的にはグランプリボス以外は瞬発戦タイプの馬ばかりです。
グランプリボスは格の違いということでしょうか。
過去の実績には京都マイル重賞に連対実績があった馬が3頭でこれはあった方がベターでしょう。
シルポート以外の3頭は4~5歳馬で比較的若い馬を狙うべきかもしれません。
サンデーの血を持たないサンレイレーザーの好走はポイントで近走好走の4歳馬は実績がなくても要注意でしょう。
サンレイレーザーは京都外回り芝1600mはそれまでに1-0-1-0とパーフェクト連対でしたし阪神外1600mも2-1-0-0となっていて外回り1600mは得意舞台だったという適性もプラス材料だったとは思います。
京都マイル重賞連対馬の実績馬か舞台適性のある若い馬を狙えというレースでしょう。

今年の登録馬では
前者はエキストラエンドオースミナインの2頭です。
ちなみに阪神外1600もOKならばカオスモスが次点候補、京都外1800もOKならばワールドエースが次点候補となります。

次に実績のない4~5歳馬ですがやはりフィエロレッドアリオンの2頭が注目でしょう。
フィエロは(前々走京都外1600コース勝利を含む)マイル戦3連勝中で注目の5歳馬がいよいよ重賞挑戦です。
もちろんここでも好走可能な素材だと思いますがディープ産駒にしては500kgを越える大型馬で前走重の阪神を圧勝したレース内容からすればどちらかといえばパワー型か?
レッドアリオンリディルクラレントの弟でもありNHKマイルC3番人気4着と京都重賞実績はありませんが勝ち負け可能な馬でしょう。
但し、過去の実績から見ると阪神>京都という馬なので割り引きが必要かも。
前に行ってなんぼの馬だと思うのですが蛯名Jはこの馬ではどうも後ろから行きたいようなのもどうか。


「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
オースミナインエキストラエンドフィエロ
結局なんだかんだ言って京都金杯のワンツー再現なんじゃないかと思います。
エキストラエンドはどちらかといえば1600~1800の馬、オースミナインは1400~1600の馬。
昨年良馬場でグランプリボスが勝ったということから考えると今年週末雨が降らなければオースミナインが逆転すると予想します。

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2013年10月23日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 ~第256天皇賞・秋(謎解き編)~
閲覧 293ビュー コメント 0 ナイス 17

第256話 「天皇賞・秋」


08年 35.2-46.8-35.2 =1.57.2 ▼4±0△13 平坦戦
09年 35.6-47.9-33.7 =1.57.2 ▼9△5△ 3 瞬発戦
10年 35.3-48.0-34.9 =1.58.2 ▼5▼4△ 6 瞬発戦 稍重
11年 34.3-46.0-35.8 =1.56.1 ▼1△2▼ 3 平坦戦
12年 34.8-45.9-36.6 =1.57.3 △2△8▼10 瞬発戦

昨年はシルポートの大逃げでラスト1F▼10の加速が生じる特殊ラップとなっています。
2番手追走のカレンブラックヒルが実質逃げたレースと仮定すると83.2-34.1というレース展開で83.5-33.7の09年に近い流れだったと思われます。
つまり近年の天皇賞秋は中盤で緩みのない平坦戦になるケースもあればスローからの瞬発戦もあるということです。

今年はシルポート不在でレースの流れを作るのは高確率でトウケイヘイローになるでしょう。
人気の1頭なのでほったらかしになることはないので直線向いてトウケイヘイロー目掛けて、というレース展開が予想されます。
2000m重賞を3連勝していますが全て内回り小回りコースなので直線の長い東京コースに替わることで武豊Jがどう乗るのか?というのが今年の秋天の最大のポイントになるはず。
鳴尾記念はスローからの瞬発戦でしたが函館記念札幌記念は速い流れで押し切っているので私的にはこちらを選択するかなと思っています。

今年の出走馬はスローからの瞬発戦が得意な馬が多い印象。
ズバリ狙い目とすれば東京コースで平坦戦だった重賞連対経験馬。
今年の登録メンバーでは
ジェンティルドンナジャスタウェイダークシャドウトーセンジョーダントゥザグローリールルーシュレッドスパーダ
の7頭です。
6歳以上の高齢馬は1-0-0-39で割り引きが必要。
(とはいえ今年のメンバーは例年よりも若干弱い印象なので高齢馬も活躍可能かも、とは思います)
となれば
ジェンティルドンナジャスタウェイルルーシュ
の3頭が浮上します。

イチオシはジャスタウェイ
東京向きの馬でスローの瞬発戦にも対応可能ですが昨年の毎日王冠クビ差2着がなかなかの内容。
昨年の秋天0.5秒差6着ならそれほど通用しないという感じでもないし、4歳になってソロソロ本格化のハーツクライ産駒。
もう少し1列前で競馬が出来れば勝ち切ることが出来るのでは。
先週菊花賞勝利の福永Jが勢いに乗ってもう一丁。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
ジャスタウェイルルーシュジェンティルドンナ

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2013年6月25日(火) 18:00 【ウマニティ】
先週の回顧~ MK.YOSHIプロがG1・宝塚記念3連単的中で14万520円払戻し!
閲覧 119ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は、23(日)に阪神競馬場でG1宝塚記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
週半ばからまとまった雨に見舞われた阪神競馬場。レース前日の土曜午後には良馬場まで回復し、春の総決算G1宝塚記念のスタートを迎えました。
各馬スムーズにゲートを出て11頭ほぼ横一線のスタート。この中からやはり先手はシルポートが奪い、すぐさま単騎逃げの隊列に持ち込みます。2番手には、5番人気ダノンバラードが付け、1番人気ジェンティルドンナも好スタートから先団へ。2番人気ゴールドシップは、スタート直後から押して押しての先行策でなんとか先団へ。4番人気トーセンラー、3番人気フェノーメノが続き、直後にヒットザターゲットナカヤマナイト。その後ろにタニノエポレットスマートギアと続いて、ローゼンケーニッヒが最後方からとなって1コーナーを通過。
シルポートが後続をぐんぐん引き離してその差を10馬身以上に広げて向う上面へ。シルポートの前半1000m通過タイムは58.5秒で、この日の馬場を踏まえるとハイペースの流れ。単独2番手追走のダノンバラード以下はマイペースを保ち平均~やや遅めのラップを刻みます。
3コーナーを回って、ゴールドシップの内田騎手の手が動き始め、3番手ジェンティルドンナの外から徐々に進出。その直後のフェノーメノも早めの追い出しを開始。3頭を見る位置のトーセンラーはこれら3頭から少し置かれ気味になって4コーナーを通過。
直線勝負に入ってすぐに、ダノンバラードシルポートを捕えて先頭に。ゴールドシップがこれを追って、その内のジェンティルドンナはやや伸びあぐねて苦しい展開。3強の中で最も外を通るフェノーメノは、4番手からジェンティルドンナとの差を詰めに掛かりますが、際立つのは急坂を力強く駆け上がる芦毛の馬体。
残り200m過ぎで単独先頭に立ったゴールドシップは、後続をみるみる引き離す快走を続け、終わってみれば2着に3馬身1/2差を付ける完勝ぶり。前走天皇賞(春)の雪辱を果たしG1・4勝目を挙げた。2着はダノンバラードジェンティルドンナフェノーメノの3着争いはジェンティルドンナに軍配。
公認プロ予想家の中では、MK.YOSHIプロ霧プロ伊吹雅也プロ導師嵐山プロはははふほほほプロ夢月プロスガダイプロkmプロ蒼馬久一郎プロサラマッポプロら総勢12名が的中をマークしています。

その他ではきいいろプロ佐藤洋一郎プロが活躍を見せています。


☆☆☆注目プロ → MK.YOSHIプロ
23(日)G1宝塚記念で◎○の3連単本線的中で14万520円(600円分)払戻しのスマッシュヒット!全予想家の中で宝塚記念トップ払戻しをマークしました!土日トータル回収率は106%を達成。

☆☆☆注目プロ → 夢月プロ
22(土)に函館2R(18万7000円)、東京5R(15万3000円)と2本のスマッシュヒットを記録すると、23(日)にも函館11Rで、◎マカニビスティーの単勝1点的中を決め43万9000円の高額払戻しをマーク!G1宝塚記念もキッチリ的中してみせた先週は、回収率168%・収支49万5000円プラスでいずれもトップ成績を記録しました。

☆☆☆注目プロ → きいいろプロ
22(土)東京7Rで単勝&馬連計17万1100円の払戻しを記録。さらに、函館10Rは◎▲○予想で3連複&馬連計16万2100円を払戻し。23(日)も阪神2Rで10万オーバーのスマッシュヒットを記録した先週は、回収率104%で終えています。

☆☆☆注目プロ → 霧プロ
23(日)G1宝塚記念では、本命◎ダノンバラード軸馬券オンリーの勝負で3連単(300円分)&3連複(1000円分)を的中!計9万9360円を払戻しています。土日トータルでは回収率133%・収支8万9380円プラスをマーク!

☆☆☆注目プロ → 佐藤洋一郎プロ
22(土)阪神5Rで3連単27万2450円馬券的中のスマッシュヒットを記録!

他には、伊吹雅也プロ(145%)、サラマッポプロ(128%)、馬単マスタープロ(126%)、3連単プリンスプロ(105%)が土日回収率100%オーバーの活躍を見せてくれました。


※全レースの結果速報はこちら


福島、中京競馬が始まっていよいよ夏競馬が幕を開ける今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご期待下さい。

「ユータ」

[もっと見る]

2013年6月4日(火) 18:00 【ウマニティ】
先週の回顧~山崎エリカプロG3鳴尾記念で20万オーバー払戻しを記録!
閲覧 194ビュー コメント 0 ナイス 3

先週は、2(日)に東京競馬場でG1安田記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
スプリント王から中距離トップクラスまでまさに多士済々のメンバーが揃ったG1安田記念は、最終的にロードカナロアが単勝4.0倍で1番人気。2番人気には4.8倍でグランプリボスが続き、以下5.7倍でショウナンマイティ、6.7倍でカレンブラックヒル、7.7倍でダークシャドウと続き上位人気を形成しました。
スタートでショウナンマイティグロリアスデイズが後手を踏んで後方から。先手争いは、追っつけながらシルポートが制してハナへ。2番手にヴィルシーナが続き、カレンブラックヒルエーシントップもこれに加わってが先団グループを形成。ヘレンスピリットガルボダークシャドウが中団前方。サクラゴスペルグランプリボスロードカナロアグロリアスデイズマイネイサベルダノンシャークが中団から後方にかけて続きます。後方には、ダイワマッジョーレショウナンマイティナカヤマナイトサダムパテックの隊列となって、スマイルジャックが最後方追走で3コーナーへ。
シルポートが軽快に飛ばし5馬身ほどのリードを築いたまま4コーナーを回って直線へ。
2番手は横に広がって、内からガルボヴィルシーナエーシントップカレンブラックヒルダークシャドウが追撃を開始。この中からガルボが内を割って伸び、直線半ばで先頭に立ちます。
抜け出したガルボが残り200m標識を過ぎても先頭をキープする中、馬場の中ほどから伸びてきたのはロードカナロアダノンシャークの2頭。併せ馬の形で一気に内の各馬を飲み込んで激しい叩き合いに持ち込まれます。その後方からはショウナンマイティの鋭い伸び。
ロードカナロアダノンシャークを競り落とし、そのダノンシャークショウナンマイティが外から交わして2番手に浮上。勢いそのままにショウナンマイティが内のロードカナロアをゴール直前までグイグイ追い上げますが僅かに届かず。
ロードカナロアがクビ差で混戦を断ちGI4勝目を挙げました。2着に追い込んだショウナンマイティ。そこから3/4馬身差の3着にダノンシャークとなっています。勝ち時計は1分31秒5(良)。
公認プロ予想家の中では、dream1002プロはははふほほほプロ仲谷光太郎プロ☆まんでがんプロ導師嵐山プロが的中をマークしました。

その他では山崎エリカプロ夢月プロMK.YOSHIプロ伊吹雅也プロkmプロが活躍を見せています。


☆☆☆注目プロ → 山崎エリカプロ
1(土)のG3鳴尾記念で、◎エクスペディションから特注馬△トウケイヘイローへの馬連を的中。複勝と合わせて計20万9700円払戻しのスマッシュヒットを記録しています!週末のトータル成績は、回収率284%・収支16万6200円でトップ!

☆☆☆注目プロ → dream1002プロ
2(日)東京5Rで3連単△◎○的中を披露し、10万4740円の払戻しをマーク!G1安田記念でも、ダノンシャーク本命◎の予想で3連単6万2800円馬券をきっちりゲット!週末トータルでは、回収率102%をマークしています。

☆☆☆注目プロ → 夢月プロ
1(土)阪神2R東京3Rで10万オーバー払戻しのスマッシュヒットを連発。G3鳴尾記念でも◎トウケイヘイローをきっちり仕留め11万6000円払戻しと好調をアピール!土日トータルでは回収率103%をマークしました。

☆☆☆注目プロ → MK.YOSHIプロ
2(日)阪神9Rで3連単13万8340円馬券的中のスマッシュヒットを記録しています。土日トータル回収率105%を達成!

☆☆☆注目プロ → 伊吹雅也プロ
2(日)東京10Rで▲◎○的中!11万9000円を払戻しています。週末のトータル成績は、回収率204%・収支7万3300円のプラスを記録!

☆☆☆注目プロ → kmプロ
2(日)東京4Rで◎▲○的中!3連単500円分で10万3700円の払戻しを記録しています。

他には、はははふほほほプロ(125%)、河内一秀プロ(114%)、馬単マスタープロ(103%)が土日回収率100%オーバーの活躍を見せてくれました。


※全レースの結果速報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

「ユータ」

[もっと見る]

⇒もっと見る

シルポートの口コミ


口コミ一覧

本日の見所(毎日王冠)

 山崎エリカ 2017年10月8日() 02:10

閲覧 303ビュー コメント 0 ナイス 17

2017年 毎日王冠
________

天皇賞(秋)の前哨戦の毎日王冠は、東京芝1800m戦で行われるもっとも格が高いレース。1-2コーナーの間にあるポケット地点からスタートして、緩やかにカーブしながら向正面に合流していくコースで、東京芝1600m同様に前半から坂を下って行きます。

原則として、下り坂スタートのコースでは逃げ馬が加速がつくのでハイペースになりやすいのですが、このコースはスタートしてすぐ(2F目)に緩やかにカーブを曲がるため、かなりの確率で序盤スローペースが発生するのがポイント。コース形態上、シルポートのような玉砕逃げ馬が、よっぽど前半から気合いをつけて行かない限りは、まず、ペースが上がりません。

毎日王冠の過去10年を見ても、それこそシルポートが逃げた2012年や、同じくゴリゴリ系の逃げ馬コンゴウリキシオーが逃げた2007年以外は、スローペース~平均ペース。それも過去10年中5回も超絶スローペースが発生しています。

しかし、ただのスローペースで終わらせないのが、さすがは一線級が集う毎日王冠。逃げ馬が4コーナー手前からスパートしいくので、ラスト3F目に10秒台後半から11秒前半のレース最速ラップが刻まれることがほとんど。ほとんどどころか、過去10年でそうならなかった年は、前半でぶっ飛ばして後半で再加速する余力がないシルポートが逃げた年くらい。

玉砕型の逃げ馬がいなければ、まず、前半スローペースです。よく「府中の千八展開いらず」と言いますが、展開がいらないというよりは、ワンパターンなほど「前半スローの再加速戦」となり、弱い馬は4コーナーのペースアップで脱落するために、あまり展開を考えなくてもOKなのです。

ただ、4コーナーの逃げ馬の再加速に合わせて、後方勢も動いて行くので、4コーナーで外を回すと無理脚で追い上げる必要があるので不利なのも確か。それゆえに昨年のように多くの馬が4コーナーのインを突いて、前が壁になって進路を失うこともあるのが競馬の難しいところです。しかし、良馬場でスムーズならば内々を立ち回った馬が断然有利。特に毎日王冠は、開幕週で内目の馬場も良好なのでなおさらです。

また、土曜日は雨の影響を受けて、やや時計が掛かる馬場。直線の外からの伸びが目立ちました。しかし、日曜日は、馬場回復化でおそらく内々が有利になるでしょう。厄介なのは今回逃げ馬不在で、この枠の並びだとソウルスターリングが逃げる可能性もあるということ。1番ゲートの大本命馬ゆえに出していかなければ、ポケットに入り込んでしまうので、一度出して他の馬がハナを奪ってくれるのを待つ形になると見ています。

しかし、待ったところでヤングマンパワーやダイワキャグニ―がソウルスターリングのラビットのような役割を果たしてくれるでしょうか? ヤングマンパワーは2列目で立ち回りたいと考えている馬だけに、ハナへ行ってくれるかなあ? 可能性を否定しないまでも、あてにしずらいのは事実。

ソウルスターリングと同じ社台Fのダイワキャグニ―は、持久力勝負のプリンシパルSを勝利しているあたりから、逃げたら面白い馬だと思っていますが、天皇賞(秋)の前哨戦であるということを考えると、ソウルスターリングのラビットのような動きはしないのではないでしょうか。ソウルスターリングには、ラビットが用意された前哨戦チューリップ賞で、始動戦にもかかわらず好戦して、本番、桜花賞でドボンした過去があります。

つまり、何が言いたいのかというと、例えスローペースであったとしても逃げて目標にされるのは競馬では不利なこと。逃げた場合、ソウルススターリングはその不利を克服できるのかどうか? ただ、同じ逃げるにしても、開幕週の東京芝1800m戦であるという点では恵まれました。あとは力関係の問題でしょう。

 TERAMAGAZI 2014年2月28日(金) 21:50
ナカヤマナイト・Dファルコン・ヴェルデ・ロゴ・ユール 
閲覧 82ビュー コメント 0 ナイス 3

昨年の中山記念の予想 http://blogs.yahoo.co.jp/teramagazine/67569197.html 
◎ナカヤマナイト(2番人気)→○ダイワファルコン(3番人気)→▲シルポート(8番人気)で決まり、
3連単◎○▲28,270円完全的中でした。

ちなみに阪急杯も「3連単フォメ」○注△20,500円的中しています。

中山コースは適性の有無が重要であり、特に中山記念はリピーターの来るレース。
ローエングリン。03年1着→04年3着→07年1着
バランオブゲーム。05年1着→06年1着
カンパニー。05年2着→08年1着→09年1着
エアシェイディ。07年2着→08年3着
シルポート→12年2着→13年3着

昨年の勝ち馬ナカヤマナイトは、中山芝1800mは3戦3勝と鬼。根幹距離の2000mは【0・1・0・6】なのに、非根幹距離である1800mは【4・2・1・0】とパーフェクト馬券圏内。中山芝は【4・2・0・2】であり、連対を外したのは12年と13年のG1有馬記念のみ。

中山記念のポイントを「JRA全重賞完全データ攻略2014」http://www.amazon.co.jp/dp/4864365725/
には「G1に一歩足りない馬たちの華舞台」と書きました。
実際、バランスオブゲームは、G2を6勝(中山G2を5勝!)しておりコレはG2歴代最多勝記録。ローエングリンもG2・4勝。ナカヤマナイトはG2・2勝2着1回という典型的なG2ホースです。ズバリ本命。

対抗は昨年2着のダイワファルコン。中山1800mは【3・2・0・2】と適性抜ピッタリ。血統的考察でも父ジャングルポケットは08年09年と連覇したカンパニーと同じトニービン系。ちなみにトニービン系は過去10年で【2・3・0・4】と適性抜群です。しかも母の全弟にダイワメジャー、ダイワスカーレット、スカーレットブーケがいる華麗なる一族。
単穴は同じジャンポケ産駒のヴェルデグリーン。中山【5・1・0・3】。5歳になり本格化してからの馬券圏外は有馬記念のみ。

注はロゴタイプ。皐月賞、朝日杯FSと中山G1・2勝を含む3戦3勝とベスト条件。03年1着→04年3着→07年1着のローエングリン産駒。唯一気になるのは別定の58キロだがクリスチャンが何とかしてくれる(と信じる)
G2セントライト記念を4コーナー9番手から差し切ったユールシンギングは中山【2・2・1・0】とパーフェクト馬券圏内。菊花賞の惨敗は距離が長過ぎただけ。

芝1800m【4・0・2・2】のエアソミュールは、伯父に皐月賞&菊花賞の2冠馬(ダービーは2着)エアシャカールがいて、いとこのエアシェイディは中山記念に4度出走してすべて5着以内に好走し、その全妹エアメサイアも06年3着。前走で東京の白富士Sを勝っているが、前々走の中山のディセンバーSが強かった。ダイワファルコン、ヴェルデグリーンと同じくジャンポケ産駒なので当然買い。

ダイワマッジョーレは昨年、重賞で8戦5連対と堅実な上に、父は皐月賞馬ダイワメジャー。4代母イヴァンジカが凱旋門賞馬と牝系も一流。

昨年3連勝含む重賞4勝した逃げ馬トウケイヘイローは、天皇賞秋こそ失速したが、G1香港カップで軽快に逃げ、あわやの2着。血統的にも母系に桜花賞馬ラインクラフトがいる一流牝系。休養明けだが【2・0・0・0】と鉄砲走るので、ユタカさんが天性のペースで逃げれば残る可能性は大いにある。

一世一代の走りで天皇賞を圧勝したジャスタウェイにもう一度を期待出来ない。ましてドバイも控えている身。ジェンティルドンナは惨敗。ベルシャザール、ホッコータルマエは勝ち切れなかった。桜花賞馬アユサンは過去10年で牝馬に連対無しなので消し。

◎ナカヤマナイト
○ダイワファルコン
▲ヴェルデグリーン
注ロゴタイプ
△ユールシンギング
△ダイワマッジョーレ
△トウケイヘイロー

※阪急杯は追記します。しばしお待ち下さい。
↓↓

非根幹距離である1400mはスペシャリストが出やすい。特に阪神1400mにその傾向が強い。
サンカルロは阪神1400mは阪急杯10年3着→11年1着→12年3着を含み【3・1・2・3】。11年と12年の阪神カップ連覇と合わせて重賞3勝もしている。
8歳とはいえまだまだ元気いっぱいだ。
同じことは、ガルボにも言える。阪神1400m【0・3・0・3】で勝ちこそないが11年の阪急杯2着など重賞2着が3度あり連対率50%
ラトルスネークは阪神1400m【2・1・0・2】
シャイニーホークは阪神1400m【1・1・2・1】

◎サンカルロ
○ガルボ
▲ラトルスネーク
注ダノンンシャーク
△コパノリチャード
△マヤノリュウジン
△シャイニーホーク



​僕​T​E​R​A​M​A​G​A​Z​I​N​E​の​​​「​​​J​​​R​​​A​​​全​​​重​​​賞​​​完​​​全​​​デ​​​ー​​​タ​​​攻​​​略​​​2​​​0​​​1​​​4​​​」
http://www.amazon.co.jp/dp/4864365725/
​​​に​は​、上記のデータの全てや、​過​去​5​年​の​1​~​3​着​馬​と​1​番​人​気​で​馬​券​圏​外​に​沈​ん​だ​馬​の​父​と​母​父​、​前​走​の​デ​ー​タ​を​全​て​掲​載​し​て​あ​り​ま​す​。​そ​の​上​で​、​馬​券​の​キ​モ​と​な​る​ポ​イ​ン​ト​、​爆​穴​パ​タ​ー​ン​も​記​載​し​て​い​る​の​で​馬​券​攻​略​の​役​に​立​ち​ま​す​。

僕のJRAと地方競馬の全レースの予想と買い目を公開しています
↓↓↓↓
【サンスポ・競馬エイト】】ウマニティ】予想コロシアムにて「中央競馬・全レース」買い目公開中
http://umanity.jp/coliseum/profile.php

【サンスポ・競馬エイト】【ウマニティ】予想コロシアムにて「地方競馬・全レース」買い目公開中
http://nar.umanity.jp/coliseum/profile.php?user_id=35fe1fee66

Twitterやってます。
https://twitter.com/tera_chaaaaan

【TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想!】で競馬の予想をしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/teramagazine

[もっと見る]

 ユウキ先生 2013年6月23日() 22:24
☆シルポート!頑張った頑張った♪☆
閲覧 61ビュー コメント 1 ナイス 6

今日行われた宝塚記念♪

ゴールドシップが圧勝しました~(●^o^●)

内田騎手とのコンビ!!強い!!

早くから栗東入りして、毎日乗りこんで!!!乗りこんで!!!乗りこんだ結果が出ました☆

おめでとうございます(*^_^*)

そしてこの大舞台をさらに演出してくれたのが『シルポート』!!

予想通りに大逃げに打って出て、逃げて!!!!!逃げて!!!!!

逃げて!!!!!!!!!

残念ながら最後の直線で捕まってしまいましたが素晴らしい走りでした☆

『もしかして』と思いシルポートの単勝馬券を買われた方も少なからずいたはず♪♪♪

私もその中の一人!

『そのままそのまま!!!』『もう少しもう少し』と心の中で叫んでいました(^^)

おつかれさまシルポート(*^_^*)

次もガンバ!!って☆★☆★

[もっと見る]

⇒もっと見る

シルポートの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  お茶目な悪魔   フォロワー:2人 2011年4月21日(木) 07:11:42
単騎で逃げられるマイルで買い
1:
  ゴン太   フォロワー:0人 2009年11月24日(火) 11:57:00
6/21三木特別でロードアリエスを4馬身ちぎった逃げ足は特筆もの
昇級後2ケタ着順つづくが、通用していいはず、追いかけて損はない

シルポートの写真

シルポート

シルポートの厩舎情報 VIP

2013年6月23日宝塚記念 G110着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

シルポートの取材メモ VIP

2013年6月23日 宝塚記念 G1 10着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。