クラリティスカイ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
クラリティスカイ
クラリティスカイ
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2012年3月7日生
調教師斎藤誠(美浦)
馬主杉山 忠国
生産者パカパカファーム
生産地新冠町
戦績23戦[3-2-4-14]
総賞金20,982万円
収得賞金4,100万円
英字表記Clarity Sky
血統 クロフネ
血統 ][ 産駒 ]
French Deputy
Blue Avenue
タイキクラリティ
血統 ][ 産駒 ]
スペシャルウィーク
タイキダイヤ
兄弟 クラリティシチーフィールドシャルム
前走 2017/10/15 オクトーバーS OP
次走予定

クラリティスカイの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/10/15 東京 11 オクトーバー OP 芝2000 127928.9811** 牡5 58.0 柴山雄一斎藤誠496(-4)2.02.6 1.736.8マウントロブソン
17/08/13 新潟 11 関屋記念 G3 芝1600 165936.41216** 牡5 56.0 横山典弘斎藤誠500(+4)1.33.7 1.534.2⑩⑩マルターズアポジー
17/06/11 東京 11 エプソムC G3 芝1800 18598.8415** 牡5 56.0 田辺裕信斎藤誠496(0)1.47.2 1.334.9⑫⑫⑫ダッシングブレイズ
17/05/20 東京 11 メイS OP 芝1800 1181011.153** 牡5 57.5 田辺裕信斎藤誠496(-8)1.46.3 0.333.8タイセイサミット
17/02/19 小倉 11 小倉大賞典 G3 芝1800 166119.753** 牡5 57.5 田辺裕信斎藤誠504(+4)1.46.2 0.436.3⑧⑧⑤④マルターズアポジー
17/01/22 中山 11 AJCC G2 芝2200 171219.8810** 牡5 57.0 柴田善臣斎藤誠500(-2)2.13.7 1.837.5④⑤⑥⑥タンタアレグリア
17/01/05 中山 11 日刊中山金杯 G3 芝2000 132210.962** 牡5 57.5 田辺裕信斎藤誠502(-2)2.00.7 0.136.6ツクバアズマオー
16/12/18 中山 11 ディセンバー OP 芝2000 146108.045** 牡4 57.0 田辺裕信斎藤誠504(-4)2.01.2 0.335.7⑦⑦⑤④ツクバアズマオー
16/10/16 東京 11 アイルランド OP 芝2000 14117.543** 牡4 57.0 田辺裕信斎藤誠508(+12)2.00.4 0.935.6ハギノハイブリッド
16/09/11 中山 11 京成杯AH G3 芝1600 163616.794** 牡4 57.5 田辺裕信斎藤誠496(0)1.33.5 0.534.9⑥⑧⑧ロードクエスト
16/08/14 新潟 11 関屋記念 G3 芝1600 181226.288** 牡4 56.0 田辺裕信斎藤誠496(+10)1.32.3 0.533.2⑭⑮ヤングマンパワー
16/07/10 中京 11 プロキオンS G3 ダ1400 153510.0413** 牡4 58.0 C.ルメー友道康夫486(-10)1.23.8 1.737.8⑧⑧ノボバカラ
16/05/14 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 164843.31013** 牡4 57.0 三浦皇成友道康夫496(+6)1.20.7 1.134.2⑤⑤サトノアラジン
15/11/22 京都 11 マイルCS G1 芝1600 1881883.51412** 牡3 56.0 横山典弘友道康夫490(+4)1.33.6 0.834.5モーリス
15/10/24 東京 11 富士S G3 芝1600 163612.9615** 牡3 57.0 横山典弘友道康夫486(+8)1.33.7 1.034.5ダノンプラチナ
15/05/10 東京 11 NHKマイル G1 芝1600 18476.431** 牡3 57.0 横山典弘友道康夫478(-4)1.33.5 -0.233.9⑤⑤アルビアーノ
15/04/19 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 1581452.1105** 牡3 57.0 横山典弘友道康夫482(+2)1.58.9 0.735.4ドゥラメンテ
15/03/08 中山 11 報知杯弥生賞 G2 芝2000 11799.656** 牡3 56.0 横山典弘友道康夫480(-4)2.02.6 0.836.8④④④④サトノクラウン
14/12/21 阪神 11 朝日杯FS G1 芝1600 187145.333** 牡2 55.0 岩田康誠友道康夫484(+12)1.36.1 0.235.9⑦⑥ダノンプラチナ
14/10/11 東京 11 いちょうS G 芝1600 12568.141** 牡2 55.0 横山典弘友道康夫472(-8)1.33.5 -0.334.0ネオルミエール

⇒もっと見る


クラリティスカイの関連ニュース

 第3回サウジアラビアロイヤルカップ(7日、東京11R、GIII、2歳オープン国際(特指)、馬齢、芝1600メートル、1着本賞金3300万円=出走18頭)川田将雅騎乗で2番人気のダノンプレミアムが好位から抜け出して快勝。無傷の連勝で重賞初Vを果たした。タイム1分33秒0(稍重)は、従来のタイムを0秒5塗り替える2歳コースレコード。1馬身3/4差の2着が1番人気のステルヴィオだった。

 秋の東京開催が、衝撃の走りで開幕した。デビュー戦で4馬身差Vを飾ったダノンプレミアムが、2歳コースレコードで重賞初制覇。無傷の連勝に導いた川田騎手にも笑みがこぼれる。

 「理想的な競馬でした。4コーナーから直線も手応えが良く、フワフワするところがあるので徐々に前に気持ちを持たせながら動かしていきました。初めての東京、2回目の競馬でも、すごくいい内容でしたね」

 道中は2番手のイン。折り合い十分に直線を迎えると、逃げ馬を残り300メートルであっさりかわし、そのまま1馬身3/4差突き抜けた。走破時計の1分33秒0は、サウジアラビアロイヤルCの前身である2014年いちょうSでクラリティスカイがマークした1分33秒5(良)を0秒5更新。のちにNHKマイルCを制した同馬の記録を稍重馬場で大きく上回ったのだから末恐ろしい。

 「レコードですし、いい内容でした。競馬にいってのセンスがいい」

 愛馬の素質を高く評価する中内田調教師は、7日時点で今年36勝で、勝率・212は東西唯一の2割超え。2歳世代には新潟2歳S勝ちのフロンティアもおり、充実のラインアップだ。

 次走は未定だが、賞金を加算し、距離も1800メートル、マイルとクリア。暮れのGI朝日杯FS(12月17日、阪神、芝1600メートル)、ホープフルS(同28日、中山、芝2000メートル)のどちらに向けても視界が広がったに違いない。「課題らしい課題がありません。進むべきところに無事に歩んでくれたら」と川田騎手。次なる“格別な”舞台が大いに楽しみだ。 (千葉智春)

★7日東京11R「サウジアラビアロイヤルC」の着順&払戻金はこちら

ダノンプレミアム 父ディープインパクト、母インディアナギャル、母の父インティカブ。青鹿毛の牡2歳。栗東・中内田充正厩舎所属。北海道新ひだか町・ケイアイファームの生産馬。馬主は(株)ダノックス。戦績2戦2勝。獲得賞金4065万1000円。重賞初勝利。サウジアラビアロイヤルカップは、中内田充正調教師、川田将雅騎手ともに初勝利。馬名は「冠名+高品質。格別な働きを期待して」。

【サウジRC】レース展望 2017年10月2日(月) 18:46

 3日間開催の初日、土曜の東京メインでは2歳のマイルGIIIサウジアラビアロイヤルカップ(7日、芝1600メートル)が行われる。2014年に前身のいちょうSを勝ったクラリティスカイは翌年にNHKマイルCを制覇。昨年の覇者ブレスジャーニーも次走で東京スポーツ杯2歳Sを勝ち、同2着のダンビュライト皐月賞で3着に好走した。まぎれのない東京芝マイルが舞台だけあって、ここで好勝負した馬はのちにも活躍することが多く、注目度が高いレースだ。

 最有力視されるのは、2戦2勝のステルヴィオ(美浦・木村哲也厩舎、牡)だろう。6月に今回と同じ舞台の新馬戦を1分34秒8の好タイムでV。負けた3、4、5着馬もすでに勝ち上がったように、レベルの高い一戦だった。雨の中、重馬場で行われた2戦目のコスモス賞は「返し馬でノメっていたからまずいな…と思ったけど、よく勝ってくれた」と木村哲也調教師が振り返るように、道悪に脚をとられながら地力で相手をねじ伏せる強い内容。着差はわずかクビでも、厳しい状況で勝ち切った勝負強さは注目に値する。時計が出やすい東京の軽い芝の方がいいのは明らか。デビュー3連勝での重賞制覇も十分ある。

 ホッカイドウ競馬所属のダブルシャープ(米川昇厩舎、牡)も実績では上位の存在だ。母が天皇賞・春優勝馬メジロブライトの半妹という中央でもなじみ深い“メジロ血統”で、JRAの芝に挑戦した2戦の走りはともに好内容だった。初戦のクローバー賞は馬群を割って伸びると、外から襲いかかるタワーオブロンドン(次走でききょうSを圧勝)を差し返す勝負根性を見せてV。札幌2歳Sは3着だったが、3コーナー最後方からど派手なまくり戦法で上位馬を脅かした。JRAの重賞で通用する能力は示しており、あとは東京までの長距離輸送と軽い芝に対応できるかがポイントとなる。

 新潟2歳S組も上位候補だ。3着テンクウ(美浦・奥村武厩舎、牡)は上がり3ハロン32秒6の末脚でインから鋭く伸びる非凡な競馬センスを披露。走り慣れた左回りのマイル戦なら舞台としても申し分ないだろう。4着エングローサー(栗東・清水久詞厩舎、牡)も超スローで展開不利の中、中団の後ろからよく差を詰めており、キャリアを重ねるたびにレースぶりが良くなっている。

 新馬戦を勝ったばかりの馬では、まずダノンプレミアム(栗東・中内田充正厩舎、牡)が魅力ある存在だ。阪神芝1800メートル戦で4コーナー先頭から2着に4馬身差をつけるぶっちぎりの勝利。1分48秒7(稍重)の時計もいい。ディープインパクト譲りの切れ味も備えており、将来有望だ。新種牡馬エイシンフラッシュ産駒のスワーヴエドワード(美浦・国枝栄厩舎、牡)もセンスあふれる競馬内容で、かつ余力たっぷりの勝ち方。こちらも奥が深そうなタイプだ。出負けを克服して勝利を飾った牝馬のボウルズ(栗東・小崎憲厩舎)も上位が期待できる。

 ほかでは、中京芝マイルの未勝利戦を2歳コースレコードで勝ったシュバルツボンバー(栗東・須貝尚介厩舎、牡)、楽勝だった前走の未勝利戦をはじめ巧みな立ち回りが光るカーボナード(美浦・栗田徹厩舎、牡)、札幌2歳S5着のコスモインザハート(栗東・西園正都厩舎、牡)、アスター賞2、3着のソイルトゥザソウル(美浦・高市圭二厩舎、牡)、ルッジェーロ(美浦・鹿戸雄一厩舎、牡)なども上位争いの可能性を秘めている。

★サウジアラビアロイヤルCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【BLOOD】急坂◎Aムーン産駒コウセイ春秋Vだ 2017年9月27日(水) 15:19

 早いものでアッという間に秋GI初戦。いまだに年末の寒風を切り裂くような電撃戦だったころのほうが風情があると思っているのだが、オッサンの戯言か。

 そんな嘆きよりも、血統的にもピンとくる馬がいないからか、今週の予想は難しい。◎は一応、春のスプリント覇者セイウンコウセイとする。父アドマイヤムーンはエンドスウィープの後継種牡馬だが、母父にサンデーサイレンスが入っているので、SS系牝馬が幅を利かせる日本では配合に制限が出る。そうしたなかでは、よくやっているなという印象だ。

 この馬を中心に主戦場は短距離。使う側も短距離中心に使いたくなるのが自然で、距離が延びれば延びるほど、成績は落ちる。いい脚の使いどころが難しいので、春の高松宮記念しかり、直線に急坂のあるコースは向いている。

 前走は休み前の行き掛けの駄賃のような感じで挑んだが、粘りが見られなかった。母父カポウティは淡泊さを持つ種牡馬の代表のような面もあるが、母系はタイキフォーチュンやクラリティスカイなどのマイルGI馬を出しており、そのあたりの良質さが粘りにつながっている。秋の国内での狙いどころはここしかなく、思いどおりの仕上げができていればGI連勝があっていいはずだ。

 相手はレッツゴードンキ。春のマイル女王戦では折り合わずになす術もなかったが、リフレッシュして短距離に戻るのは好都合。母父マーベラスサンデーという点から惨敗後に狙うのはどうかという気もするが、そこは父キングカメハメハの血でカバーしてもらおう。

 ▲にレッドファルクス。スウェプトオーヴァーボード産駒が府中のマイルGIで僅差3着するのだから驚いた。力は十分にあるはず。母系もSS×レガシーオブストレングスと筋が通っており、爆発力を備えている。一気の差し切りがあっても驚けない。

 その他も多士済々。寒風を切り裂く時代に連覇したサクラバクシンオーを父に持つビッグアーサーも国内では1年ぶりのレースだが、もともとバクシンオー産駒は休み明けに強い。もまれる可能性のない外枠に入ればなお注意が必要だ。 (アサカ・リョウ)

[もっと見る]

【関屋記念】厩舎の話2017年8月11日(金) 05:05

 ◆ウインガニオン・西園師 「同型との兼ね合いが鍵になるが、ハナにはこだわりたい」

 ◆ウキヨノカゼ・菊沢師 「仕上がり的には十分。夏場もいいよ」

 ◆オールザゴー・中谷騎手 「能力は高いので、あとは気持ちの問題」

 ◆クラリティスカイ・斎藤誠師 「トモ(後肢)がしっかりしてきた。GIを勝ったときの横山典騎手で期待」

 ◆ショウナンバッハ・上原師 「変わらず順調で、好調を維持」

 ◆ダノンプラチナ・佐藤助手 「反応、動きともにいいですよ。フレッシュな状態だったら、やってくれる馬」

 ◆ダノンリバティ・松若騎手 「前走より動ける態勢にありますし、新潟もいい」

 ◆トーセンデューク・藤原英師 「うまく折り合って、しまいを生かせれば」

 ◆ブラックムーン・西浦師 「前走後のダメージがないことはないが、うまく調整できている」

 ◆マイネルハニー・柴田大騎手 「力はありますし、同型を意識せず、自分のリズムで競馬ができれば」

 ◆マルターズアポジー・堀井師 「動きは良かったね。出していく競馬になると思う」

 ◆メートルダール・戸田師 「落ち着いていて、雰囲気が実にいい」

 ◆ヤングマンパワー・手塚師 「体重も増えて、状態としては昨年勝ったときと同じ」

 ◆レッドレイヴン・津曲助手 「続けて使えるのは体調がいいから。楽しみはある」

 ◆ロサギガンティア・大野騎手 「硬さもなくバランス良く走っていましたね。状態も問題ないですよ」

★関屋記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【関屋記念】追って一言2017年8月10日(木) 05:06

 ◆オールザゴー・中谷騎手 「動き自体は悪くはない。能力は高いので、あとは気持ちの問題。初の古馬相手にどこまでやれるか」

 ◆クラリティスカイ・斎藤誠師 「状態はいいですね。久々のマイル戦、GIを勝ったときの横山典騎手で期待しています」

 ◆ショウナンバッハ・上原師 「変わらず順調で、好調を維持している。展開次第だね」

 ◆ダノンリバティ・松若騎手 「もともとけいこは走る馬ですし、雰囲気は良かったですよ。前走より動ける態勢にありますし、新潟もいい」

 ◆トーセンデューク・藤原英師 「動きはいつもの感じ。具合は維持しているし、うまく折り合って、しまいを生かせれば」

 ◆マルターズアポジー・堀井師 「動きは良かったね。出していく競馬になると思う」

 ◆レッドレイヴン・津曲助手 「休みがちな馬だが、こうして続けて使えるのは体調が良いから。楽しみはある」

 ◆ロサギガンティア・津曲助手 「ひと息入ったが、ここ目標に仕上がりは上々。追い切りも良かった」

★関屋記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【関屋記念】レース展望 2017年8月7日(月) 19:50

 今週の新潟日曜メインは、サマーマイルシリーズ(全3戦)の第2戦、関屋記念(13日、GIII、芝1600メートル)。今年も個性豊かなメンバーが顔をそろえた。日本一長い新潟外回りの658.7メートルの直線で繰り広げられる攻防。見応えたっぷりのレースになることは間違いない。

 シリーズ第1戦の中京記念で初タイトルを獲得したウインガニオン(栗東・西園正都厩舎、牡5歳)が、4連勝で重賞連勝を狙う。全8勝のうち、6〜8月に7勝を挙げる“夏男”。また、典型的なサウスポーで、左回りも全8勝中7勝をマークしている。前走は先頭とは離されていたとはいえ、2番手から抜け出してV。それまで逃げ切りが勝ちパターンだったことを考慮すれば、大きな収穫だろう。新潟マイルでは今年4月のオープン特別・谷川岳Sを勝っており、問題はない。ここを勝てばシリーズVが確定するだけに、陣営も気合が入る一戦だ。

 昨年、1分31秒8の好時計でこのレースを勝ったヤングマンパワー(美浦・手塚貴久厩舎、牡5歳)は、3年連続の参戦となる。一昨年も勝ち馬から0秒2差の3着に入っており、舞台適性は十分だ。前走の安田記念は16着に大敗したが、17番枠で先行勢に厳しいハイペースを追走したためで酌量の余地はある。「昨年と同じぐらいのデキにはある」と手塚調教師も気配の良さを口にしており、連覇の可能性もあるだろう。

 1600万下・多摩川Sを勝ち、オープンに返り咲いたメートルダール(美浦・戸田博文厩舎、牡4歳)もV争いに加わる。その前走は初のマイル戦で、58キロのトップハンデを背負いながらも、4コーナー先頭から押し切る堂々たるレースぶりだった。2走前の新潟大賞典で3着に入っており、新潟コースも経験済み。重賞では【0・0・3・2】とワンパンチ足りないが、引き続きミルコ・デムーロ騎手とのコンビでマイル戦なら、重賞初勝利を飾っても不思議はない。

 ロードクエスト(美浦・小島茂之厩舎、牡4歳)は、2年前の新潟2歳Sが衝撃的な走りだった。4コーナー最後方から直線だけで17頭を抜き去って、4馬身差の圧勝。そのとき以来の新潟マイル参戦で注目を集める。前走のオープン特別・パラダイスSは5着に敗れたが、蹄の外傷で休養が長引き7カ月ぶりの実戦だったことと、前残りの流れ、この馬には少し短い1400メートルという距離を考えれば、悲観する内容ではなかった。休み明けを1度使われ、上積みは確実。今度は本領発揮間違いなしだ。

 ブラックムーン(栗東・西浦勝一厩舎、牡5歳)の末脚の破壊力は、ドバイデューティフリー、宝塚記念、ジャパンCを制した父アドマイヤムーン譲り。前走の中京記念は二の脚がつかず、最後方からの競馬となったが、上がり3ハロン最速33秒9の末脚で、勝ったウインガニオンから0秒4差の3着まで追い込んだ。2走前のオープン特別・米子Sでは上がり3ハロン最速32秒4の末脚で直線一気のV。勝ちタイム1分31秒9はコースレコードだった。展開を問わない末脚と持ち時計は魅力的。5度目の重賞で、前走の無念を晴らす差し切りVが見られるかもしれない。

 エプソムC3着→福島テレビオープン2着と、好走を続けるマイネルハニー(美浦・栗田博憲厩舎、牡4歳)も侮れない。マイル戦は【1・0・1・1】で、東京の新馬戦は7馬身差V、2戦目の500万下・ベゴニア賞は勝ち馬から0秒3差の3着と適性を示している。叩き3戦目で、昨年12月のチャレンジCに次ぐ重賞2勝目のチャンスはありそうだ。

 ダノンプラチナ(美浦・国枝栄厩舎、牡5歳)は、3年前の朝日杯フューチュリティSの優勝馬。今回は昨秋の富士S3着以来、9カ月半ぶりのレースになるが、半年の休み明けだった一昨年の富士Sを制した実績がある。GI馬の底力を考えると、軽視は禁物だろう。

 もう1頭のGI馬、クラリティスカイ(美浦・斎藤誠厩舎、牡5歳)は2015年のNHKマイルCを最後に勝利がないが、今年も5戦未勝利ながら中山金杯で2着、小倉大賞典で3着と好走している。今回は横山典弘騎手がNHKマイルC以来、久々に手綱を取る点も強調材料。GIIIなら軽くは扱えない。

 昨年の2着馬ダノンリバティ(栗東・音無秀孝厩舎、牡5歳)、2走前の福島牝馬Sを鮮やかに差し切ったウキヨノカゼ(美浦・菊沢隆徳厩舎、牝7歳)、フジテレビ賞スプリングS、阪神CとGII・2勝を誇るロサギガンティア(美浦・藤沢和雄厩舎、牡6歳)も好勝負が可能な実力の持ち主。3歳馬は分が悪いレースだが、NHKマイルC5着のオールザゴー(栗東・矢作芳人厩舎、牡)も十分に上位を狙える。また、前走の七夕賞で11着だったマルターズアポジー(美浦・堀井雅広厩舎、牡5歳)は7日時点で出否未定だが、出走にゴーサインが出れば、そのスピード能力から無視はできない。

★関屋記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

クラリティスカイの関連コラム

閲覧 558ビュー コメント 0 ナイス 0



みなさんこんにちは!

本日は新潟11R「関屋記念 G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、メートルダールから1.0ポイント差(約1馬身差)内のマイネルハニーレッドレイヴンまでの3頭。
第2グループ(黄)は、ブラックムーンから1.0ポイント差(約1馬身差)内のロードクエストダノンプラチナヤングマンパワーロサギガンティアウキヨノカゼまで6頭。
第3グループ(薄黄)は、ダノンリバティから同差内のマルターズアポジーショウナンバッハクラリティスカイトーセンデュークまで5頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、全般にわたって大きな開きは見られず、斤量補正等で他馬との比較で少し力差がありそうなウインガニオン、古馬初対戦の3歳馬オールザゴーを除くと大混戦。その2頭も好調子や未知の部分を加味すれば、今回の上昇度次第では全馬にチャンスありと言ってもいいハンデ戦のような配置となっています。

個人的には、夏場の実績と、新潟マイル特有のラスト2F目が最速でラスト3F目よりも1Fが掛かるV字ラップ(昨年の<11.9-10.8-12.0>のようなラップ)への適性が重要だと考える関屋記念。今回の私の本命は◎ダノンリバティとしました。もちろん、先のいずれの要件も満たしていますし、前走は後方から大外を回す形となって当時の馬場状態からはちぐはぐと言っていい内容で5着。昨年同様のローテーションで昨年同様の5着からの巻き返しに期待します。
○はヤングマンパワー。前走安田記念組は当日1〜2番人気に推された人気馬しか近年好走していませんのでその点は気掛かりですが、こちらも夏場と新潟マイルという意味では適性はメンバー中屈指とみて良さそう。状態は“今年一番”が伝わってくる一週前からのデキですし、この馬自身のこれまでの3着内はすべて人気以上に走ってのものという戦歴からも、過去の傾向度外視で狙ってみたいと思います。
以下、同型との兼ね合いが気掛かりも同じ左回りの東京1600〜2000での戦績を評価したい▲マイネルハニー、今回マイル戻りで中間から陣営が強気な点も不気味な☆クラリティスカイといったところを上位評価し、今回の私の馬券は、◎から○▲☆への3複で勝負とします。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
10=9,11,13=2,3,4,6,8,9,11,12,13,14,15(27点)


穴では△トーセンデューク。稍重だった土曜でもそこそこの時計が出ていた印象でしたので、明日馬場が乾いてさらに高速化が進めば1400m、1800mで持ち時計のあるこの馬にチャンスがあっても......


登録済みの方はこちらからログイン

2017年8月13日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/関屋記念 G3(いっくんプロ)
閲覧 825ビュー コメント 0 ナイス 0



 本日は夏の新潟の名物重賞・関屋記念の予想をお伝えします。担当してくれるのは、ウマニティ公認プロ予想家チームの穴党の代表選手として活躍しているいっくんさんです。毎年“ミリオンの払戻し”を達成している長距離砲は「直線の長い新潟だが、有力馬が後方待機組に多く、逃げ・先行馬が意外に粘りそう」とこのレースを見立てました。その結論にご注目ください。
 いっくんさんが本命を打ったのはウインガニオンです。「マルターズアポジーの後ろの2番手で進み、直線に入って交わしてそのままゴールするイメージ。前走は強い競馬だった。夏場も枠も良い」と大きな期待を寄せています。
 対抗はマルターズアポジー。単穴はメートルダール。以下、ロサギガンティアクラリティスカイヤングマンパワーマイネルハニーまで押さえ、馬券は3連単FM→⇔キΝで勝負します。本レース以外のいっくんプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢31名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2017年6月11日() 14:00 西野圭吾
第278回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜エプソムカップ G3
閲覧 1,199ビュー コメント 0 ナイス 3



みなさんこんにちは!

本日は東京11R「エプソムカップ G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、ダッシングブレイズアストラエンブレムレッドレイヴンヒストリカルの4頭。
第2グループ(黄)は、フルーキーデンコウアンジュの2頭。
第3グループ(薄黄)は、クラリティスカイマイネルハニーまでの5頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

東京の芝は内がかなり荒れて、外伸びが顕著、外枠+末脚のしっかりとしたタイプが有利な馬場状態と言えそうです。

私の本命は◎アストラエンブレムとしました。4歳となり、ひ弱さが抜けて充実一途、展開次第で自在に立ち回れますし、先ほどの傾向にも合致しています。このメンバーであれば堅軸と考えました。対抗にはU指数トップの○レッドレイヴン、鉄砲は得意なタイプですし、この人気なら妙味は十分です。以下、スムーズに外を回れる馬を重視して○レッドレイヴン、▲ベルーフ、△ナスノセイカンクラリティスカイパドルウィールメドウラークと印を打ちます。

【馬連流し】
10

9,11,15,16,17,18

【ワイド流し】
10,17

9,11,15,16,17,18

計17点

[もっと見る]

2017年6月11日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/エプソムC G3(河内一秀プロ)
閲覧 820ビュー コメント 0 ナイス 2

 本日はウマニティ公認プロ予想家軍団きっての安定感を誇り、的中率日本一とも噂される予想ソフト『カツラギ』の開発者でもある河内一秀さんに登場してもらいます。ターゲットはエプソムC。先週もキッチリとプラス収支を達成している安打製造機の渾身の予想に注目しましょう。
メイS組の4歳馬2頭対ベテラン勢の大混戦で、道中の立ち回りがポイントになる」とこのレースを分析した河内さんが本命を打ったのはアストラエンブレム。「前走はOP特別2着も指数的にはG靴覆蘢麺僂垢襯譽戰襪如京都金杯でも好指数を記録。どんな流れにも柔軟に対応できる脚質も魅力で、軸としての信頼性は高い」と太鼓判を押してくれました。
 対抗はフルーキー。単穴はタイセイサミット。以下、レッドレイヴンクラリティシチーヒストリカルクラリティスカイの順に押さえ、馬券は3連複1頭軸流し→↓き韻脳”蕕靴泙后K椒譟璽弘奮阿硫脇皀廛蹐陵汁曚蓮▲Ε泪縫謄のプロ予想MAXでご確認ください!

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢31名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2017年1月10日(火) 18:25 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(1/5〜1/8)いっくんプロが新年早々収支プラス313万超の大爆発!
閲覧 1,328ビュー コメント 0 ナイス 8

先週は5(木)にG3日刊スポーツ賞中山金杯、G3スポーツニッポン賞京都金杯が、8(日)にG3フェアリーステークス、G3シンザン記念がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3中山金杯はダノンメジャーが先頭で直線コースへ。粘るダノンメジャーですが、残り200m地点でクラリティスカイがこれを捉えて先頭!その直後、外からツクバアズマオーが脚を伸ばして2頭が抜け出す形に!内クラリティスカイ、外ツクバアズマオー、激しい叩き合いとなりましたが、坂を上がってもうひと伸びを見せたツクバアズマオーがゴール前でクラリティスカイを差し切って優勝しました!3/4差の2着にクラリティスカイ、そこから2馬身半差の3着にシャイニープリンスが入っています。
  
公認プロ予想家では馬券生活プロ他8名が的中しています。
 
G3京都金杯はペイシャフェリスが先頭で直線コースへ。直線に入ると2番手マイネルハニーペイシャフェリスを交わして先頭、後続は団子状態、各馬追い出しにかかります。残り200m、ここでエアスピネルが先頭に立つとワンテンポ遅れてブラックスピネルが猛追!ゴール前ではクビの上げ下げの接戦となりましたが、わずかにエアスピネルブラックスピネルの追撃を振り切って優勝しました!ハナ差の2着にブラックスピネル、そこから半馬身差の3着にフィエロが入っています。
 
公認プロ予想家ではシムーンプロ他13名が的中しています。
 
G3フェアリーステークスツヅクが先頭で直線へ。直線半ばで逃げるツヅクを交わした1人気アエロリットが先頭に代わって200mを通過、2番手には大外から脚を伸ばすライジングリーズン!残り100mを通過、ここでややアエロリットの脚色が鈍ると外ライジングリーズンが一完歩ごとに差を詰め、ゴール前で差し切って優勝!3/4差の2着にアエロリット、そこからクビ差の3着にモリトシラユリが入っています。
  
公認プロ予想家ではくりーくプロが的中しています。
 
 
G3シンザン記念メイショウソウビが先頭で直線コースへ。直線に入ると2番手グループが一気に押し寄せて中からトラストが先頭、内からはペルシアンナイト、外からは馬体併せるようにマイスタイルタイセイスターリーと4頭が抜け出しての追い比べ!残り100m、ここで道中最後方に位置していたキョウヘイが前を行く4頭の間を割って一気に先頭立つとゴールまで力強く伸びて優勝!豪快な内容で初重賞制覇を飾りました!1馬身差の2着にタイセイスターリー、そこからハナ差の3着にペルシアンナイトが入っています。
 
公認プロ予想家ではサラマッポプロ☆まんでがんプロが的中しています。
 
------------------------------------------------------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
8(日)京都12Rで◎ストンライティングを1着固定、○ショパンを2、3着に置いた3連単流しで28万1250円を1000円的中!281万2500円の高額払い戻しを達成しました!5(木)中山5Rでも◎マイネルパンドーロポールヴァンドル×トータルソッカーの印で78万7600円を払い戻し!週末トータル回収率536%、収支プラス313万9900円の大爆発週となりました!
 
☆☆☆注目プロ →セイリュウ1号
7(土)京都12Rで◎スペシャルギフト(23.7倍)○デンコウリキ(83.0倍)の大本線的中!ワイド144倍を4000円、3連複1795倍を300円的中させ、111万4500円を高額払い戻し!8(日)中山7Rでは◎デストリーライズ(57.9倍)からのワイド、3複を的中させ、33万円を払い戻しました!週末トータル回収率293%、収支プラス117万6400円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
勝負レースに指定した8(日)京都2Rで『CW、DP、Bコースとどのコースでも水準以上の時計が出ておりスピードのありそうな馬。鞍上の松山騎手もほぼ毎週のように調教に騎乗しておりこの馬のことはよく分かっている。』と本命に抜擢!複勝4.5倍、ワイド129.3倍、36.8倍を的中させました!同日の中山メイン、G3フェアリーステークスでは単勝36倍の伏兵◎ライジングリーズンの単複、馬連59.9倍、ワイド19.1倍を仕留めました!週末トータル回収率190%、収支プラス4万1440円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
今週も1点勝負で安定した成績を残したおかべプロ。7(土)京都7Rで◎ストライクイーグルアースシンフォニーの馬連7.8倍を的中させ、7万8000円を払い戻し!8(日)京都9Rで◎オースミラナキラフミノメモリーのワイドを的中させ、6万2000円を払い戻しました!週末トータル回収率169%、収支プラス11万1790円をマークしています。
 
この他にも霧プロ(135%)、スガダイプロ(116%)、ろいすプロ(115%)、夢月プロ(106%)、サラマッポプロ(103%)が週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
※全レースの結果速報はこちら
   
来週も競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2017年1月9日(月) 16:28 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』1/5〜1/8の結果(中山金杯・シンザン記念)
閲覧 540ビュー コメント 0 ナイス 2

1月5日(木)に行われました中山11Rの「日刊スポーツ賞中山金杯G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【3位】▲ツクバアズマオー(2.8倍)
2着:総合ポイント【8位】△クラリティスカイ(10.9倍)
3着:総合ポイント【1位】◎シャイニープリンス(8.1倍)

第2グループ・総合ポイント3位のツクバアズマオーが1着、第3グループ・総合ポイント8位のクラリティスカイが2着、第1グループ・総合ポイント1位のシャイニープリンスが3着という結果でした。

期待した◎シャイニープリンスは頑張ってくれましたのですが、新年早々馬券下手を披露してしましました、、。しかし勝ったツクバアズマオーは余裕しゃくしゃくの競馬、本当に強かったですね、一皮むけた印象を受けました!(^^)!


【馬単流し(マルチ)】
1

2,3,6,7,8,10

計12点 払い戻し0円




続いて1月8日(日)に行われました京都11Rの「シンザン記念G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【8位】キョウヘイ(27.4倍)
2着:総合ポイント【4位】△タイセイスターリー(9.9倍)
3着:総合ポイント【1位】○ペルシアンナイト(2.4倍)

第4グループ・総合ポイント8位のキョウヘイが1着、第2グループ・総合ポイント4位のタイセイスターリーが2着、第3グループ・総合ポイント1位のペルシアンナイトが3着という結果でした。

ここ2戦とも厳しい展開だった◎トラストの巻き返しを狙ったのですが、またも先行勢には厳しい流れ、、。次こそは!の気持ちです(+_+)

【馬連ながし】
8

2,3,5,6,7,10,14

【3連複ながし】
8

5

2,3,6,7,10,14

計13点 払い戻し0円

[もっと見る]

⇒もっと見る

クラリティスカイの口コミ


口コミ一覧
閲覧 86ビュー コメント 0 ナイス 16

写真は、「サウジアラビア」の国旗です、アラビア語で「アッラーの他に神はなく、ムハンマッドは神の預言者である。」 というコーランの一節と、聖地メッカの守護を意味する剣が描かれています

POGの参考になればと、2歳戦を注目しています!

2歳の重賞レース勝馬を予想するのでは無く、過去の勝馬の次走を調べ、ローテーションがどうなっていたのかを見てみました

過去5年のG轡汽Ε献▲薀咼■劭達穏弌兵如1,600)の勝馬の次走と結果を調べました

2012・13・14は、いちょうステークスとして実施

2012 フラムドグロワール:2番人気 次走:12/16 朝日杯FS(芝1,600)4着 

2013 イスラボニータ:3番人気 次走:11/16東京スポーツ杯(芝1,800)1着・・朝日杯FSには出走せず

2014 クラリティスカイ:4番人気 次走:12/21朝日杯FS(芝1,600)3着

2015 ブレイズスマッシュ:4番人気 次走:12/27ホープフルステークス(芝2.000)7着

2016 プレスジャーニー:3番人気 次走:11/19東京スポーツ杯(芝1,800)1着・・朝日杯FSには出走せず

2頭が朝日杯FSに直行し、2頭が東京スポーツ杯に出走し朝日杯FSには出走していません

このレースの勝馬は、年内にもう一度レースを行っていますね!


※今後も2歳重賞レースは、勝馬の次走と結果について調べて行きます

 エロボン 2017年8月11日(金) 01:54
関屋記念
閲覧 134ビュー コメント 0 ナイス 8

13日(日曜日)


新潟11R関屋記念

◎ヤングマンパワー
〇メートルダール
▲ダノンプラチナ
☆マイネルハニー
△トーセンデューク
△ロードクエスト
△ダノンリバティ
ウインガニオン
ブラックムーン
クラリティスカイ



あくまでも現時点での予想です。
印の入れ替えはあるかもです。

[もっと見る]

 ムーンホーセズネック 2017年8月9日(水) 22:24
競馬検討 追い切り
閲覧 130ビュー コメント 0 ナイス 21

関屋記念

ウインガニオン 坂路、単走、動き軽快、集中して

ウキヨノカゼ 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

オールザゴー 長め、併せ馬、動き軽快、前向き、ビッシリ

クラリティスカイ 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、やや置かれ、時計優秀

ダノンプラチナ 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

ダノンリバティ 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、時計優秀

ブラックムーン 長め、単走、動き軽快、前向き

マイネルハニー 長め、単走、動き軽快、集中して

マルターズアポジー 長め、併せ馬、動き豪快、集中して、ビッシリ

メートルダール 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、突き抜ける

ヤングマンパワー 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

レッドレイヴン 長め、単走、動き軽快、集中して

ロサギガンティア 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、突き放す

ロードクエスト 長め、単走、動き軽快、集中して前向き


エルムステークス

コスモカナディアン 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、置かれる

テイエムジンソク 長め、単走、動き軽快、集中して

ドリームキラリ 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

ピオネロ 長め、単走、動き軽快、集中して

モンドクラッセ 長め、単走、動き軽快、集中して

リッカルド 長め、単走、動き軽快、集中して前向き

リーゼントロック 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

ロンドンタウン 長め、単走、動き軽快、集中して

[もっと見る]

⇒もっと見る

クラリティスカイの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

クラリティスカイの写真

クラリティスカイ
クラリティスカイ

クラリティスカイの厩舎情報 VIP

2017年10月15日オクトーバーS11着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

クラリティスカイの取材メモ VIP

2017年6月11日 エプソムカップ G3 15着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。