クラリティスカイ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
クラリティスカイ
クラリティスカイ
写真一覧
現役 牡6 鹿毛 2012年3月7日生
調教師斎藤誠(美浦)
馬主杉山 忠国
生産者パカパカファーム
生産地新冠町
戦績26戦[3-2-4-17]
総賞金20,982万円
収得賞金4,100万円
英字表記Clarity Sky
血統 クロフネ
血統 ][ 産駒 ]
French Deputy
Blue Avenue
タイキクラリティ
血統 ][ 産駒 ]
スペシャルウィーク
タイキダイヤ
兄弟 クラリティシチーフィールドシャルム
前走 2018/03/31 ダービー卿チャレンジ G3
次走予定

クラリティスカイの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/03/31 中山 11 ダービーCT G3 芝1600 16816407.21613** 牡6 57.0 木幡巧也斎藤誠494(-6)1.33.6 1.436.0⑥④⑥ヒーズインラブ
18/02/18 小倉 11 小倉大賞典 G3 芝1800 1661283.41412** 牡6 57.0 木幡巧也斎藤誠500(-10)1.47.2 1.135.2⑥⑦⑦⑥トリオンフ
18/01/07 中山 10 ポルックスS OP ダ1800 162431.91014** 牡6 58.0 田辺裕信斎藤誠510(+14)1.54.7 2.340.7⑤⑤④④アルタイル
17/10/15 東京 11 オクトーバー OP 芝2000 127928.9811** 牡5 58.0 柴山雄一斎藤誠496(-4)2.02.6 1.736.8マウントロブソン
17/08/13 新潟 11 関屋記念 G3 芝1600 165936.41216** 牡5 56.0 横山典弘斎藤誠500(+4)1.33.7 1.534.2⑩⑩マルターズアポジー
17/06/11 東京 11 エプソムC G3 芝1800 18598.8415** 牡5 56.0 田辺裕信斎藤誠496(0)1.47.2 1.334.9⑫⑫⑫ダッシングブレイズ
17/05/20 東京 11 メイS OP 芝1800 1181011.153** 牡5 57.5 田辺裕信斎藤誠496(-8)1.46.3 0.333.8タイセイサミット
17/02/19 小倉 11 小倉大賞典 G3 芝1800 166119.753** 牡5 57.5 田辺裕信斎藤誠504(+4)1.46.2 0.436.3⑧⑧⑤④マルターズアポジー
17/01/22 中山 11 AJCC G2 芝2200 171219.8810** 牡5 57.0 柴田善臣斎藤誠500(-2)2.13.7 1.837.5④⑤⑥⑥タンタアレグリア
17/01/05 中山 11 日刊中山金杯 G3 芝2000 132210.962** 牡5 57.5 田辺裕信斎藤誠502(-2)2.00.7 0.136.6ツクバアズマオー
16/12/18 中山 11 ディセンバー OP 芝2000 146108.045** 牡4 57.0 田辺裕信斎藤誠504(-4)2.01.2 0.335.7⑦⑦⑤④ツクバアズマオー
16/10/16 東京 11 アイルランド OP 芝2000 14117.543** 牡4 57.0 田辺裕信斎藤誠508(+12)2.00.4 0.935.6ハギノハイブリッド
16/09/11 中山 11 京成杯AH G3 芝1600 163616.794** 牡4 57.5 田辺裕信斎藤誠496(0)1.33.5 0.534.9⑥⑧⑧ロードクエスト
16/08/14 新潟 11 関屋記念 G3 芝1600 181226.288** 牡4 56.0 田辺裕信斎藤誠496(+10)1.32.3 0.533.2⑭⑮ヤングマンパワー
16/07/10 中京 11 プロキオンS G3 ダ1400 153510.0413** 牡4 58.0 C.ルメー友道康夫486(-10)1.23.8 1.737.8⑧⑧ノボバカラ
16/05/14 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 164843.31013** 牡4 57.0 三浦皇成友道康夫496(+6)1.20.7 1.134.2⑤⑤サトノアラジン
15/11/22 京都 11 マイルCS G1 芝1600 1881883.51412** 牡3 56.0 横山典弘友道康夫490(+4)1.33.6 0.834.5モーリス
15/10/24 東京 11 富士S G3 芝1600 163612.9615** 牡3 57.0 横山典弘友道康夫486(+8)1.33.7 1.034.5ダノンプラチナ
15/05/10 東京 11 NHKマイル G1 芝1600 18476.431** 牡3 57.0 横山典弘友道康夫478(-4)1.33.5 -0.233.9⑤⑤アルビアーノ
15/04/19 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 1581452.1105** 牡3 57.0 横山典弘友道康夫482(+2)1.58.9 0.735.4ドゥラメンテ

⇒もっと見る


クラリティスカイの関連ニュース

【NHKマイル】最新ナマ情報

2018年5月5日() 05:02

◆鞍上に全権委任〔1〕カツジ

 ニュージーランドTを制したディープインパクト産駒は、最内の〔1〕枠(1)番に入った。池添兼調教師は「外過ぎるよりも内の方がいいんじゃないかな。あとはゲートを出てから、ジョッキーが考えて乗ってくれると思う」と全権委任の構えだ。



◆藤沢和2頭好感触〔2〕ファスト&〔18〕ロック

 タワーオブロンドン以外の藤沢厩舎勢も意欲的に坂路を上がった。ファストアプローチは4ハロン61秒4-15秒0を力強く、ロックディスタウンは同59秒2-13秒5で輸送前の最終調整を終えた。枠順はファストが〔1〕枠(2)番で、ロックが〔8〕枠(18)番と極端だが、藤沢和調教師は「ファストはいいところだね。この枠なら好位から競馬ができそう。ロックは大外だけど、東京のマイルならどこでも関係ない。むしろもまれないでレースができそう」と好感触だった。



◆どの枠でもOK〔4〕フロンティア

 新潟2歳Sの覇者は〔2〕枠(4)番に決まった。一昨年は、この枠からメジャーエンブレムが制覇。「どの枠からでもよかったですよ。決められたところでやるだけです。もともと完成度は高いですが、成長もしていますよ」と猿橋助手は期待をかけた。



◆好発で桜の雪辱〔5〕プリモシーン

 木村調教師自ら抽選器を回し、〔3〕枠(5)番をゲット。出遅れた桜花賞10着の雪辱へ、金曜は坂路(4ハロン70秒4)からゲートの駐立を練習し、「雰囲気は落ち着いている。枠順は決められたところで頑張ります。とにかく、ちゃんと出てくれたら」と好発を願う。

◆ゲート練習好感〔6〕リョーノテソーロ

 枠順抽選に臨んだ武井調教師は〔3〕枠(6)番に「ほらきた!」と笑顔満開。「(6)~(8)番がいいと思っていた。囲まれたらファイトするので内が良かった。最高です」。金曜は坂路(4ハロン65秒9)からゲート練習。「いい感じ」と太鼓判を押した。



◆ラッキー7だね〔7〕タワーオブロンドン

 坂路を4ハロン62秒3、ラスト1ハロンは14秒7で駆け上がり、軽快なフットワークに好調キープが感じられた。枠順が〔4〕枠(7)番になり、藤沢和調教師は「ラッキー7だね」と上機嫌。(7)番は第1回のタイキフォーチュンと2015年のクラリティスカイが勝っている。「馬は元気。使ってきているし順調だね。良馬場でやりたいし、楽しみだよ」と、1999年のシンボリインディ以来のVを期待している。馬は5日に、同厩舎の2頭とともに東京競馬場に移動する。



◆変わりなく順調〔8〕ダノンスマッシュ

 メンバー唯一のロードカナロア産駒は〔4〕枠(8)番。2013年にマイネルホウオウがこの枠でV。安田隆調教師は「変わりなく順調にきています。枠はどこでもよかったですよ」と冷静に話した。



◆藤原英師「ナイス」〔9〕ギベオン

 毎日杯をステップにした馬は過去10年で2勝、2着1回。今年の2着馬は、過去2勝を挙げる〔5〕枠(9)番に決定。2015年にはアルビアーノが同枠から2着に入った。藤原英調教師は「ナイス(9)番やな。いい番号。内の馬をみながら運べる」と笑顔を見せた。

◆東京は合いそう〔11〕ケイアイノーテック

 過去22回で唯一、3着以内がない〔6〕枠(11)番に決まったが、平田調教師は「奇数、偶数や内、外のこだわりはない」と自然体。「長く脚を使うので、東京コースは合いそう」と力を込めた。



◆好枠高い複勝率〔12〕アンコールプリュ

 〔6〕枠(12)番に決定。過去22回で2勝、3着4回と、高い複勝率を誇っている。大江助手は「スタート次第でどこからでも競馬ができそうだし、全体を見ながら運べそうな枠ですね」と笑みを浮かべた。



◆堀勢リラックス〔13〕ルーカス&〔14〕デルタ

 堀厩舎の2頭は厩舎周りで運動を1時間。枠はともに〔7〕枠で(13)番ルーカス、(14)番デルタバローズと隣同士に入った。森助手は「2頭とも多少の硬さはありますが、特に問題ないですね。ルーカスは前日のひと追いで変わってくれればと思うし、デルタは普段のようにカリカリすることなく落ち着いています」と、リラックスムードを強調していた。



◆内外の差はない〔15〕カシアス

 〔7〕枠(15)番と外めの枠に入った。過去、連対したことのない枠でもあり、「真ん中より内ならいいかなと思っていたけど」と清水久調教師。それでも「東京マイルはそんなに内外で大きな差はないと思いますから」と前を向いた。

【古馬次走報】セダブリランテス、新潟記念で復帰予定 2018年5月4日(金) 05:00

 ★中山金杯を制し、左橈骨(とうこつ)遠位端の軽微な剥離骨折で戦列を離れているセダブリランテス(美・手塚、牡4)は、新潟記念(9月2日、新潟、GIII、芝2000メートル)で復帰予定。僚馬でマイラーズC12着ヤングマンパワー(牡6)は、関屋記念(8月12日、新潟、GIII、芝1600メートル)へ。同じく僚馬でアンタレスS15着モンドインテロ(牡6)は、七夕賞(7月8日、福島、GIII、芝2000メートル)へ向かう。

 ★かきつばた記念2着キングズガード(栗・寺島、牡7)は放牧を経て、藤岡佑騎手でプロキオンS(7月8日、GIII、中京、ダ1400メートル)に向かう。

 ★谷川岳S2着タイセイサミット(栗・矢作、牡5)はメイS(19日、東京、OP、芝1800メートル)。僚馬で晩春Sを勝ってオープン昇格を決めたリライアブルエース(牡5)は京王杯SC(12日、東京、GII、芝1400メートル)に進む。2年前のみやこS7着以来休養していたキョウエイギア(牡5)は平安S(19日、京都、GIII、ダ1900メートル)で復帰する。

 ★京都牝馬S5着ワンスインナムーン(美・斎藤誠、牝5)は、函館スプリントS(6月17日、函館、GIII、芝1200メートル)へ。僚馬でダービー卿チャレンジT13着クラリティスカイ(牡6)は、大沼S(6月23日、函館、OP、ダ1700メートル)を目指す。

 ★スワンS7着後、休養しているトーセンデューク(栗・藤原英、牡7)は都大路S(12日、京都、OP、芝1800メートル)。ここには洛陽S6着キョウヘイ(栗・宮本、牡4)も参戦する。

 ★かきつばた記念6着のローズプリンスダム(美・畠山、牡4)はアハルテケS(6月9日、東京、OP、ダ1600メートル)を視野に。

[もっと見る]

【古馬次走報】ワンスインナムーン、函館スプリントSへ2018年5月3日(木) 12:01

 ★京都牝馬S5着ワンスインナムーン(美・斎藤誠、牝5)は、函館スプリントS(6月17日、函館、GIII、芝1200メートル)へ。僚馬でダービー卿チャレンジT13着クラリティスカイ(牡6)は、大沼S(6月23日、函館、OP、ダ1700メートル)へ。

 ★かきつばた記念6着ローズプリンスダム(美・畠山、牡4)はアハルテケS(6月9日、東京、OP、ダ1600メートル)を視野に。

 ★谷川岳S3着トウショウドラフタ(美・萱野、牡5)は、京王杯スプリングC(12日、東京、GII、芝1400メートル)へ。

[もっと見る]

【NHKマイル】レースの注目点 2018年5月1日(火) 16:44

アーリントンC優勝馬タワーオブロンドン、ハイレベルの朝日杯FSで3着

 タワーオブロンドン(牡、美浦・藤沢和雄厩舎)は、6戦4勝、2着1回、3着1回と安定した成績を残しており、昨年は京王杯2歳S優勝、朝日杯FSは3着に入った。同馬は、今年からNHKマイルCのトライアルとなったアーリントンCで優勝したが、果たして、本番でも勝利を飾ることができるだろうか。

 なお、朝日杯FSで上位に入った1着ダノンプレミアムは弥生賞を、2着ステルヴィオスプリングSを制しており、4着のケイアイノーテックニュージーランドTで2着に入っている。

 また、タワーオブロンドンに騎乗予定のC・ルメール騎手は、5月1日現在、藤沢厩舎所属馬で 202戦61勝(30.2%)と高い勝率を残しており、重賞ではGI3勝を含む10勝を挙げている。なお、タワーオブロンドンが勝てば、ルメール騎手は2016年メジャーエンブレム以来2年ぶり2度目の勝利。藤沢調教師は1999年シンボリインディ以来19年ぶり2勝目となる。

★父子制覇がかかるパクスアメリカーナ クロフネ産駒は2勝、2着2回

 アーリントンC2着のパクスアメリカーナ(牡、栗東・中内田充正厩舎)には、父子制覇がかかる。同馬の父クロフネは、2001年にNHKマイルCを優勝しており、種牡馬としても、産駒は同レースで2勝、2着2回の成績を残している。NHKマイルCでの父子制覇は、クロフネ産駒のクラリティスカイ(2015年)、アエロリット(2017年)しか達成していないが、パクスアメリカーナもこれに続くことができるだろうか。

 なお、パクスアメリカーナは千代田牧場の生産馬で、2012年ヴィクトリアマイルを制したホエールキャプチャの全弟にあたる。また、アーリントンC優勝馬のタワーオブロンドン(牡、美浦・藤沢和雄厩舎)は、ダーレー・ジャパン・ファーム(有)の生産馬で、父Raven’s passは、現役時2008年ブリーダーズCクラシックなどGI・2勝を挙げた。2010年NHKマイルCでは、ダノンシャンティが同牧場に初のGI勝利をもたらしたが、8年ぶりにNHKマイルCで勝利を挙げることができるだろうか。 なお、タワーオブロンドンの馬主であるゴドルフィンは、今年の高松宮記念ファインニードルで制し、本邦外居住馬主として初のJRA・GI制覇を成し遂げた。

★17年ぶり外国産馬の3歳マイル王誕生なるか! 出走機会2連続連対中

 NHKマイルCは、創設当初“外国産馬の祭典”と称されるほど外国産馬の活躍が目立っており、1996~2001年まで6年連続で上位を独占。特に創設年の1996年は、出走馬18頭中14頭が外国産馬で1~8着までを独占した。その後は外国産馬の参戦も減少しており、2002年から16年連続で内国産馬が優勝しているが、近年は2015年アルビアーノ2着、2017年リエノテソーロ2着と、唯一出走した外国産馬が連対を果たしている。

 今年はファルコンS勝ち馬ミスターメロディ(牡、栗東・藤原英昭厩舎)、ニュージーランドT3着のデルタバローズ(牡、美浦・堀宣行厩舎)など3頭の外国産馬が登録しているが、17年ぶりに外国産馬の3歳マイル王が誕生するだろうか。Vなら、外国産馬の芝のJRA・GI制覇は、2013年朝日杯FSを制したアジアエクスプレス以来4年4力月ぶりとなる。

[もっと見る]

【ダービーCT】レッドアンシェルが単勝4.7倍で1番人気/13:00時点 2018年3月31日() 13:05

 中山競馬場では土曜メインレースで「第50回ダービー卿チャレンジトロフィー」(GIII、中山11R、4歳上オープン、ハンデ、芝1600メートル、外回り、1着賞金3900万円)が行われる。



 前走の京都金杯3着など安定した成績を残しているレッドアンシェルが単勝4.7倍で1番人気、重賞初制覇を狙うグレーターロンドンが単勝4.8倍で2番人気、関屋記念など重賞3勝の実績をもつマルターズアポジーが単勝5.6倍で3番人気、重賞初挑戦ながら同舞台の持ち時計が優秀なヒーズインラブが単勝6.2倍で4番人気。5番人気のキャンベルジュニア(単勝11.0倍)以下は10倍以上となっている。13:00時点での単勝オッズは以下の通り。

枠番-馬番 馬名      単勝オッズ1- 1 アデイインザライフ  15.11- 2 レッドアンシェル    4.72- 3 キャンベルジュニア  11.02- 4 グレーターロンドン   4.83- 5 マイネルアウラート 105.93- 6 テオドール      12.64- 7 ゴールドサーベラス  12.54- 8 ミュゼエイリアン   22.25- 9 ヒーズインラブ     6.25-10 ロジチャリス     41.56-11 ダイワリベラル   144.76-12 サンライズメジャー 103.27-13 マルターズアポジー   5.67-14 ソルヴェイグ     32.68-15 ストーミーシー    18.48-16 クラリティスカイ  253.2



★ダービー卿CTの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ダービー卿チャレンジトロフィー】斬って捨てる!2018年3月31日() 11:31

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、過去のダービー卿チャレンジトロフィーの結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。


【全般】
年明け緒戦馬は【0.0.1.23】と不振(2008年以降)

キャンベルジュニア
サンライズメジャー

8歳以上馬の連対例は皆無(2008年以降)

サンライズメジャー

前走非重賞戦で6番人気以下かつ、6着以下の連対馬はゼロ(2008年以降)

ダイワリベラル

東風Sで5着以下に敗れた馬は、巻き返しても3着まで(2008年以降)

ロジチャリス
ダイワリベラル

芝1600mで1着経験がない馬の連対例は皆無(2008年以降)

アデイインザライフ
ソルヴェイグ

前走4着以下敗退かつ、前走から斤量減(1キロ以上)の馬は3着が精一杯(2008年以降)

アデイインザライフ
キャンベルジュニア
マイネルアウラート
テオドール
ダイワリベラル
サンライズメジャー
ストーミーシー

【人気】
単勝オッズ50倍以上の連対例はゼロ(1998年以降)
※11時00分現在の単勝オッズ50倍以上

マイネルアウラート
ダイワリベラル
サンライズメジャー
クラリティスカイ

【枠順】
G1勝利経験のある馬を除き、1枠の好走例は皆無(2008年以降)

アデイインザライフ
レッドアンシェル

【脚質】
前走1着馬を除き、前走初角または4角先頭馬の好走例はゼロ(2008年以降)

マルターズアポジー
ソルヴェイグ

【血統】
ディープインパクト産駒は【0.0.1.10】と低調な成績(2012年以降)

アデイインザライフ
グレーターロンドン


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬】
ゴールドサーベラス
ミュゼエイリアン
ヒーズインラブ


ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

クラリティスカイの関連コラム

閲覧 1,271ビュー コメント 0 ナイス 9



 NHKマイルCは、表向きは「3歳マイル王決定戦」。しかし、その実は、クラシック戦線で通用しなかった馬が多く出走してくる舞台。また、社台グループがクラシックで星を奪い合うよりも、勢力を二分化させてこのレースとクラシックを両獲りにくる舞台でもあります。昨年のアエロリットは、まさにそのパターンでした。


■2018春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=10147


 つまり、早々とクラシック戦線を離脱してマイル路線に矛先を向けて来たNZTやアーリントンC組よりも、桜花賞皐月賞組のほうが断然有利。実際に過去3年の優勝馬は、アエロリットメジャーエンブレムクラリティスカイなど、桜花賞皐月賞で掲示板に載れていた逃げ、先行馬ばかりです。

 しかし、今年はそのタイプが不在。各馬の大きな能力差がなく、大混戦となりました。しかも、重賞を勝ち上がって来た馬たちが相手に恵まれたレースか、展開に恵まれた馬がほとんど。『レベルが高いレースを、厳選ピックアップ』したこのコラムを最後までお読み頂ければ、危険な人気馬と、過剰人気馬がおわかり頂けると思います。なお、今回はレベルが高いレースは当然、クラシック路線になるので、多目にピックアップしています。

続きは、VIPクラブ会員登録でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、一般会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2018年5月4日(金) 11:00
【濃霧注意報DX】~NHKマイルC(2018年)展望~
閲覧 1,417ビュー コメント 0 ナイス 7



 先日、1998年のダービーを制したスペシャルウィークが亡くなりました。
 1998年と言えば私はまだ高校生で、競馬に関してもまだまだビギナーだった時期。
 それだけに、この辺りの世代の馬というのはどれも印象的で、スペシャルウィークの走りも鮮明な記憶として残っています。本当に強い馬だったなぁ……。
 そして同時に思い出すのが、彼と同期の濃い面々。
 クラシックで3強として並び立ったセイウンスカイキングヘイローは勿論ですが、エルコンドルパサーグラスワンダーといった外国産馬……所謂マル外の超一流馬がいたというのが印象的。今週のメインであるNHKマイルCは、こうした外国産馬達の最大目標としての性格が強いレースでした。マル外ダービーなんて呼び名もありましたね。


■2018春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=10147


 それが今や、外国産馬の出走は極めて少数。一貫してマイル路線を歩んできた馬は勿論、短距離路線やクラシック路線からの転戦組も当然のように参戦する”ごった煮”感のあるレースへと変貌を遂げました。時代は変わるものですねぇ。
 そんな様々な路線の馬が集うものですから、当然馬券妙味はかなりのもの。過去5年の内実に4年で二桁人気馬が圏内に飛び込むなど、予想する側としてはこれ以上なく力の入るレースと言えるでしょう。
 今年も実力拮抗のメンバーが揃い、的中へのハードルはかなり高そうですが、こうして文章を綴っていく内に自分の予想も固まっていくはず。それが正解であることを祈りつつ……NHKマイルC展望、まいります。



 近3年の勝ち馬は、それぞれアエロリットメジャーエンブレムクラリティスカイ
 この3頭に共通するのはいずれも桜花賞皐月賞……クラシックの最初の一冠を走り、尚且つそれなりに上位に食い込んでいるということ。こうした、明らかに世代上位の力を持つ馬がいれば少しは予想も楽になりそうなのですが、今年の出走予定馬の中で”一冠目”を走っているのは桜花賞10着のプリモシーンと同11着のアンコールプリュだけ。その他の馬は本当に様々なステップを経由して臨んできており、例年よりも力関係の把握が難しいという印象があります。

 そんな中で頭一つ抜けた人気を集めそうなのが、アーリントンCを快勝したタワーオブロンドン
 2歳時の朝日杯FSでは道中でやや行きたがる格好で最後甘くなり、主戦のルメール騎手も早い時期から「1200~1400mがいい」と語っていたように、マイルというよりは短距離のイメージが強い馬でしたが、アーリントンCでは驚くほどスムーズに折り合い、直線に入っても余力十分。追い出されてからも弾けるように伸び、一皮剥けた姿を見せつけました。
血統を見ると欧州色の濃いスタミナ寄りの母系を持ち、父系の距離適性も短距離から中距離まで幅広いもの。こうした構成からマイルがギリギリという印象はなく、折り合いさえスムーズなら……

[もっと見る]

2017年8月13日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第287回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~関屋記念 G3
閲覧 743ビュー コメント 0 ナイス 0



みなさんこんにちは!

本日は新潟11R「関屋記念 G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、メートルダールから1.0ポイント差(約1馬身差)内のマイネルハニーレッドレイヴンまでの3頭。
第2グループ(黄)は、ブラックムーンから1.0ポイント差(約1馬身差)内のロードクエストダノンプラチナヤングマンパワーロサギガンティアウキヨノカゼまで6頭。
第3グループ(薄黄)は、ダノンリバティから同差内のマルターズアポジーショウナンバッハクラリティスカイトーセンデュークまで5頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、全般にわたって大きな開きは見られず、斤量補正等で他馬との比較で少し力差がありそうなウインガニオン、古馬初対戦の3歳馬オールザゴーを除くと大混戦。その2頭も好調子や未知の部分を加味すれば、今回の上昇度次第では全馬にチャンスありと言ってもいいハンデ戦のような配置となっています。

個人的には、夏場の実績と、新潟マイル特有のラスト2F目が最速でラスト3F目よりも1Fが掛かるV字ラップ(昨年の<11.9-10.8-12.0>のようなラップ)への適性が重要だと考える関屋記念。今回の私の本命は◎ダノンリバティとしました。もちろん、先のいずれの要件も満たしていますし、前走は後方から大外を回す形となって当時の馬場状態からはちぐはぐと言っていい内容で5着。昨年同様のローテーションで昨年同様の5着からの巻き返しに期待します。
○はヤングマンパワー。前走安田記念組は当日1~2番人気に推された人気馬しか近年好走していませんのでその点は気掛かりですが、こちらも夏場と新潟マイルという意味では適性はメンバー中屈指とみて良さそう。状態は“今年一番”が伝わってくる一週前からのデキですし、この馬自身のこれまでの3着内はすべて人気以上に走ってのものという戦歴からも、過去の傾向度外視で狙ってみたいと思います。
以下、同型との兼ね合いが気掛かりも同じ左回りの東京1600~2000での戦績を評価したい▲マイネルハニー、今回マイル戻りで中間から陣営が強気な点も不気味な☆クラリティスカイといったところを上位評価し、今回の私の馬券は、◎から○▲☆への3複で勝負とします。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
10=9,11,13=2,3,4,6,8,9,11,12,13,14,15(27点)


穴では△トーセンデューク。稍重だった土曜でもそこそこの時計が出ていた印象でしたので、明日馬場が乾いてさらに高速化が進めば1400m、1800mで持ち時計のあるこの馬にチャンスがあっても......

[もっと見る]

2017年8月13日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/関屋記念 G3(いっくんプロ)
閲覧 956ビュー コメント 0 ナイス 0



 本日は夏の新潟の名物重賞・関屋記念の予想をお伝えします。担当してくれるのは、ウマニティ公認プロ予想家チームの穴党の代表選手として活躍しているいっくんさんです。毎年“ミリオンの払戻し”を達成している長距離砲は「直線の長い新潟だが、有力馬が後方待機組に多く、逃げ・先行馬が意外に粘りそう」とこのレースを見立てました。その結論にご注目ください。
 いっくんさんが本命を打ったのは⑮ウインガニオンです。「マルターズアポジーの後ろの2番手で進み、直線に入って交わしてそのままゴールするイメージ。前走は強い競馬だった。夏場も枠も良い」と大きな期待を寄せています。
 対抗は③マルターズアポジー。単穴は⑥メートルダール。以下、⑤ロサギガンティア、⑨クラリティスカイ、⑪ヤングマンパワー、⑬マイネルハニーまで押さえ、馬券は3連単FM⑮→③⇔⑤⑥⑨⑪⑬で勝負します。本レース以外のいっくんプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢31名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2017年6月11日() 14:00 西野圭吾
第278回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~エプソムカップ G3
閲覧 1,379ビュー コメント 0 ナイス 3



みなさんこんにちは!

本日は東京11R「エプソムカップ G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、ダッシングブレイズアストラエンブレムレッドレイヴンヒストリカルの4頭。
第2グループ(黄)は、フルーキーデンコウアンジュの2頭。
第3グループ(薄黄)は、クラリティスカイマイネルハニーまでの5頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

東京の芝は内がかなり荒れて、外伸びが顕著、外枠+末脚のしっかりとしたタイプが有利な馬場状態と言えそうです。

私の本命は◎アストラエンブレムとしました。4歳となり、ひ弱さが抜けて充実一途、展開次第で自在に立ち回れますし、先ほどの傾向にも合致しています。このメンバーであれば堅軸と考えました。対抗にはU指数トップの○レッドレイヴン、鉄砲は得意なタイプですし、この人気なら妙味は十分です。以下、スムーズに外を回れる馬を重視して○レッドレイヴン、▲ベルーフ、△ナスノセイカンクラリティスカイパドルウィールメドウラークと印を打ちます。

【馬連流し】
10

9,11,15,16,17,18

【ワイド流し】
10,17

9,11,15,16,17,18

計17点

[もっと見る]

2017年6月11日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/エプソムC G3(河内一秀プロ)
閲覧 893ビュー コメント 0 ナイス 2

 本日はウマニティ公認プロ予想家軍団きっての安定感を誇り、的中率日本一とも噂される予想ソフト『カツラギ』の開発者でもある河内一秀さんに登場してもらいます。ターゲットはエプソムC。先週もキッチリとプラス収支を達成している安打製造機の渾身の予想に注目しましょう。
メイS組の4歳馬2頭対ベテラン勢の大混戦で、道中の立ち回りがポイントになる」とこのレースを分析した河内さんが本命を打ったのは⑩アストラエンブレム。「前走はOP特別2着も指数的にはGⅢなら通用するレベルで、京都金杯でも好指数を記録。どんな流れにも柔軟に対応できる脚質も魅力で、軸としての信頼性は高い」と太鼓判を押してくれました。
 対抗は②フルーキー。単穴は⑭タイセイサミット。以下、⑰レッドレイヴン、⑬クラリティシチー、④ヒストリカル、⑨クラリティスカイの順に押さえ、馬券は3連複1頭軸流し⑩→②④⑨⑬⑭⑰で勝負します。本レース以外の河内プロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢31名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

⇒もっと見る

クラリティスカイの口コミ


口コミ一覧
閲覧 409ビュー コメント 0 ナイス 6

☆NHKマイルカップの過去5年の1着馬5頭の傾向☆
過去5年の1着馬
2017年:1着アエロリット(良)
2016年:1着メジャーエンブレム(良)
2015年:1着クラリティスカイ(良)
2014年:1着ミッキーアイル(良)
2013年:1着マイネルホウオウ(良)
5頭中3頭が重賞以上の1600mで1着経験あり。
5頭中4頭が重賞以上の1600mで連対経験あり。
5頭全てが重賞以上の1600mか1800mのどちらかで3着以内経験あり。
1600mのGIだけあって、重賞以上の1600mで連対経験があるかどうかは重要かも。

過去5年の1着馬5頭の前走と着順
2017年:桜花賞 5着(稍重)
2016年:桜花賞 4着(良)
2015年:皐月賞 5着(良)
2014年:アーリントンC 1着(良)
2013年:ニュージーランドT 7着(良)
桜花賞・皐月賞のクラシック組か、アーリントンC・ニュージーランドTのマイル重賞組が勝ってますけど・・・。
ここ3年は、桜花賞・皐月賞で掲示板圏内にいた馬が勝ってるんで、3年前から傾向が変わってきたのかな?

過去5年の勝ち時計
2017年:1.32.3(良)
2016年:1.32.8(良)
2015年:1.33.5(良)
2014年:1.33.2(良)
2013年:1.32.7(良)
1.32.3~1.33.5の範囲なんで1分32秒台の決着に対応できる軽快さがあった方がよさそう。

過去5年のレースの上がり3F
2017年:34.4(良)
2016年:35.1(良)
2015年:34.2(良)
2014年:34.8(良)
2013年:34.9(良)
34秒台半ば~35秒台前半の範囲になりやすいんで、少々の持久力勝負に対応できる方がよさそう。

過去5年の1着馬5頭の道中の位置取り
2017年:(2→2)(18頭立て・良)
2016年:(1→1)(18頭立て・良)
2015年:(5→5)(18頭立て・良)
2014年:(1→1)(18頭立て・良)
2013年:(16→14)(18頭立て・良)
ここ4年は、逃げ切り2頭、2・5番手が2頭で前めで競馬してる馬が勝ってるんで、直線長いコースの東京ですけど、先行力は重要かも。

過去5年の1着馬5頭の上がり3F
2017年:34.3(良・メンバー中3位タイ)
2016年:35.1(良・メンバー中4位以下)
2015年:33.9(良・メンバー中3位タイ)
2014年:34.8(良・メンバー中4位以下)
2013年:33.7(良・メンバー中2位)
ここ4年は、逃げ・先行勢の1着が多いのもあってか、そこそこいい脚を使える馬なら瞬発力の質の高さは気にしなくてよさそう。
逆に。中団~後方からメンバー中で最速の上がり3Fを出した馬は差し届いてないことが多いです。

過去5年の1着馬5頭の血統
2017年:父クロフネ(良)
2016年:父ダイワメジャー(良)
2015年:父クロフネ(良)
2014年:父ディープインパクト(良)
2013年:父スズカフェニックス(良)
クロフネ・ダイワメジャーは、スピード・パワー・持久力が持ち味っていう馬が多そうなイメージなんで、スピード・パワー・持久力がありそうな種牡馬の産駒がいいのかな。

過去5年の1着馬5頭の性別
牝馬:2頭
牡馬:3頭
牡馬の方が1着馬は1頭多いんですけど、ここ2年連続で牝馬が勝ってるんで、桜花賞で掲示板圏内の牝馬が出走してきたら熱いかも。

過去5年の1着馬5頭の枠順
2017年:8枠(良)
2016年:2枠(良)
2015年:4枠(良)
2014年:5枠(良)
2013年:4枠(良)
コーナー2つしかない1600mなんで枠順はあまり気にしなくていい気もしますが、真ん中より内枠がいいのかな。

過去5年の1着馬5頭の単勝人気
2017年:2番人気(良)
2016年:1番人気(良)
2015年:3番人気(良)
2014年:1番人気(良)
2013年:10番人気(良)
4年連続で3番人気以内の馬が勝ってるんで上位人気馬優先でいいのかな。

NHKマイルカップの過去5年の1着馬5頭の傾向のまとめ
実績:5頭全てが重賞以上の1600mか1800mで3着以内経験あり。
前走:桜花賞が2頭。皐月賞・アーリントンC・ニュージーランドTが1頭ずつ。
時計:1分32秒台の決着に対応できる方がよさそう。
脚質:逃げ切り2頭、2・5番手が2頭で先行馬の1着が多い。
末脚:上がり3Fメンバー中2位の馬が1頭、3位の馬が2頭、4位以下の馬が2頭。
血統:クロフネ産駒が2頭。ダイワメジャー産駒・ディープインパクト産駒・スズカフェニックス産駒が1頭ずつ。
性別:牡馬が3頭。牝馬が2頭。
枠順:4枠が2頭。2・5・8枠が1頭ずつ。
人気:1番人気馬が2頭。2・3・10番人気馬が1頭ずつ。
こんなところかな。


--------------------------------------------------------------------------------

☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、基本的にはこのブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」をご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。


--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
刑務所を脱走するなんて、何かよっぽどの理由があるのかなと思ったら、人間関係が原因って一般人のような理由で脱走してたんですね~。

再び捕まったことで、周辺の人達も安心してGWの後半戦を過ごせるしよかったです。

逃げ切れず捕まったということで、今週のGIで逃げ馬の単勝は買わない方がいいのかな?

 人参好 2018年3月31日() 01:31
ダービー卿CT
閲覧 119ビュー コメント 0 ナイス 5

雪も溶けつつ今年初自転車。Uターンしようとしてバランス崩した際に思いっきり踏み込んだら脹脛が痙攣というか肉離れに・・・歩くのがちょっとしんどい、痛みは引きつつあるのでなんですが引っ越しも控えているなか愚かなことを・・・・
1日は鍵を受け取りに大阪移動、大阪杯は生で見れません。大体こういうケースってほとんど的中してないですがどうでしょう。

ではダービー卿CT

ダービー卿CT
過去のレース結果を眺めてみると本質的には先行勢が優位なレース。4コーナで10番手以降で勝ちは2015モーリスくらい。
このモーリスはラインスピリットが逃げHペースとなったもの。今回はマルターズアポジー、短距離中心のソルヴェイグといるのですが
Hペースとなるかが焦点。と記載しているようにHペースになるのかちょっと疑っています。というのも

 マルターズアポジー 前走 中山記念 前半3F 12.8-11.7-11.7 2F目の11.7は1秒くらい遅い感じ
 ソルヴェイグ    前走 京都牝馬 前半3F 12.4-11.4-12.3 1400m重賞の割に遅いペース
 ミュゼエイリアン  前走 東風S  前半3F 12.9-11.6-11.9 これもスロー

総じて全馬前走スローレースからの参戦となっており壊滅的なHまではおそらくいかなそう。東風Sよりちょっと早い位ではと見立てます。
後ろ、外枠は厳しい感じです。

アデインザライフ
 久々叩いて、超Hなら面白いですが展開向かなそう

レッドアンシェル
 人気ですがここは向きそう、枠もよし

キャンベルジュニア
 昨年2着臨戦過程がかなり違ってます今年は?

グレーターロンドン
 人気ですね。前走は前にいって敗退、今回は後ろから切れ活かすか?であれば後ろからになりそう
 中山で圧勝経験があり地力は上でしょうが、この人気で飛びつくのは嫌ですね

マイネルアウラート
 ピークが過ぎた感じですね

テオドール
 ハンデよい感じ。枠順もよく良さそうです

ゴールドサーベラス
 中山マイルで3勝してるんですね 54kgも良さそう

ミュゼエイリアン
 どうなんでしょうか 何がなんでもハナであれば不要ですが、前残りであればもちそうな感じもします

ヒーズインラブ
 人気してますね 切れるハービンジャー 枠もよしで7,8番手に位置しそうです

ロジチャリス
 昨年勝ち馬ですが東風Sの結果からして厳しそう

ダイワリベラル
 重賞だと敷居が高い感じ

サンライズメジャー
 9歳ですが、ちょっと厳しい

マルターズアポジー
 58kg背負って逃げがどうでるか?厳しいとみます

ソルヴェイグ
 距離がどうか?ペースを握る一頭

ストーミーシー
 後ろからなので展開待ちか 向かないとみます

クラリティスカイ
 浮上のきっかけなさそう

まとめると
 
 
 ◎レッドアンシェル
 ○ヒーズインラブ
 ▲ゴールドサーベラス
 △テオドール
 △ミュゼエイリアン
 

[もっと見る]

 ☆コノホシカツ☆ 2018年3月30日(金) 14:40
大阪杯(G1)ダービー卿CT(G3)出目☆馬名入☆
閲覧 223ビュー コメント 0 ナイス 3

2018年4月1日(日)2回阪神4日
☆三碧大安『吉数』枠番1・3・6馬番1・3・6・9・11・13・16
11R(15:40)芝2000
第62回大阪杯(G1)
【時系列出目】
▼枠番
★1ミッキースワロー、サトノダイヤモンド
☆6ウインブライト、ヤマカツライデン
▼馬番
★2サトノダイヤモンド
【demedas】
▼枠番
★1サトノダイヤモンド
☆2シュヴァルグラン
*3ペルシアンナイト
▼馬番
★1ミッキースワロー
☆2サトノダイヤモンド
*3ヤマカツエース



2018年3月31日(土)3回中山3日
11R(15:45)芝1600
第50回ダービー卿CT(G3)ハンデ
【時系列出目】
▼枠番
★3マイネルアウラート、テオドール
☆8ストーミーシー、クラリティスカイ
*7マルターズアポジー、ソルヴェイグ
▼馬番
★☆*該当なし
【demedas】
▼枠番
★6ダイワリベラル
☆2グレーターロンドン
*7マルターズアポジー
*8ストーミーシー
▼馬番
★8ミュゼエイリアン
☆2レッドアンシェル
*9ヒーズインラブ

[もっと見る]

⇒もっと見る

クラリティスカイの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

クラリティスカイの写真

クラリティスカイ
クラリティスカイ

クラリティスカイの厩舎情報 VIP

2018年3月31日ダービー卿チャレンジ G313着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

クラリティスカイの取材メモ VIP

2018年3月31日 ダービー卿チャレンジ G3 13着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。