クラリティスカイ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
クラリティスカイ
クラリティスカイ
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2012年3月7日生
調教師斎藤誠(美浦)
馬主杉山 忠国
生産者パカパカファーム
生産地新冠町
戦績22戦[3-2-4-13]
総賞金20,982万円
収得賞金4,100万円
英字表記Clarity Sky
血統 クロフネ
血統 ][ 産駒 ]
French Deputy
Blue Avenue
タイキクラリティ
血統 ][ 産駒 ]
スペシャルウィーク
タイキダイヤ
兄弟 クラリティシチーフィールドシャルム
前走 2017/08/13 関屋記念 G3
次走予定

クラリティスカイの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/08/13 新潟 11 関屋記念 G3 芝1600 165936.41216** 牡5 56.0 横山典弘斎藤誠500(+4)1.33.7 1.534.2⑩⑩マルターズアポジー
17/06/11 東京 11 エプソムC G3 芝1800 18598.8415** 牡5 56.0 田辺裕信斎藤誠496(0)1.47.2 1.334.9⑫⑫⑫ダッシングブレイズ
17/05/20 東京 11 メイS OP 芝1800 1181011.153** 牡5 57.5 田辺裕信斎藤誠496(-8)1.46.3 0.333.8タイセイサミット
17/02/19 小倉 11 小倉大賞典 G3 芝1800 166119.753** 牡5 57.5 田辺裕信斎藤誠504(+4)1.46.2 0.436.3⑧⑧⑤④マルターズアポジー
17/01/22 中山 11 AJCC G2 芝2200 171219.8810** 牡5 57.0 柴田善臣斎藤誠500(-2)2.13.7 1.837.5④⑤⑥⑥タンタアレグリア
17/01/05 中山 11 日刊中山金杯 G3 芝2000 132210.962** 牡5 57.5 田辺裕信斎藤誠502(-2)2.00.7 0.136.6ツクバアズマオー
16/12/18 中山 11 ディセンバー OP 芝2000 146108.045** 牡4 57.0 田辺裕信斎藤誠504(-4)2.01.2 0.335.7⑦⑦⑤④ツクバアズマオー
16/10/16 東京 11 アイルランド OP 芝2000 14117.543** 牡4 57.0 田辺裕信斎藤誠508(+12)2.00.4 0.935.6ハギノハイブリッド
16/09/11 中山 11 京成杯AH G3 芝1600 163616.794** 牡4 57.5 田辺裕信斎藤誠496(0)1.33.5 0.534.9⑥⑧⑧ロードクエスト
16/08/14 新潟 11 関屋記念 G3 芝1600 181226.288** 牡4 56.0 田辺裕信斎藤誠496(+10)1.32.3 0.533.2⑭⑮ヤングマンパワー
16/07/10 中京 11 プロキオンS G3 ダ1400 153510.0413** 牡4 58.0 C.ルメー友道康夫486(-10)1.23.8 1.737.8⑧⑧ノボバカラ
16/05/14 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 164843.31013** 牡4 57.0 三浦皇成友道康夫496(+6)1.20.7 1.134.2⑤⑤サトノアラジン
15/11/22 京都 11 マイルCS G1 芝1600 1881883.51412** 牡3 56.0 横山典弘友道康夫490(+4)1.33.6 0.834.5モーリス
15/10/24 東京 11 富士S G3 芝1600 163612.9615** 牡3 57.0 横山典弘友道康夫486(+8)1.33.7 1.034.5ダノンプラチナ
15/05/10 東京 11 NHKマイル G1 芝1600 18476.431** 牡3 57.0 横山典弘友道康夫478(-4)1.33.5 -0.233.9⑤⑤アルビアーノ
15/04/19 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 1581452.1105** 牡3 57.0 横山典弘友道康夫482(+2)1.58.9 0.735.4ドゥラメンテ
15/03/08 中山 11 報知杯弥生賞 G2 芝2000 11799.656** 牡3 56.0 横山典弘友道康夫480(-4)2.02.6 0.836.8④④④④サトノクラウン
14/12/21 阪神 11 朝日杯FS G1 芝1600 187145.333** 牡2 55.0 岩田康誠友道康夫484(+12)1.36.1 0.235.9⑦⑥ダノンプラチナ
14/10/11 東京 11 いちょうS G 芝1600 12568.141** 牡2 55.0 横山典弘友道康夫472(-8)1.33.5 -0.334.0ネオルミエール
14/09/27 阪神 2 2歳未勝利 芝1800 187154.121** 牡2 54.0 岩田康誠友道康夫480(+2)1.46.8 -0.334.0⑧⑨トーセンビクトリー

⇒もっと見る


クラリティスカイの関連ニュース

【関屋記念】厩舎の話

2017年08月11日(金) 05:05

 ◆ウインガニオン・西園師 「同型との兼ね合いが鍵になるが、ハナにはこだわりたい」

 ◆ウキヨノカゼ・菊沢師 「仕上がり的には十分。夏場もいいよ」

 ◆オールザゴー・中谷騎手 「能力は高いので、あとは気持ちの問題」

 ◆クラリティスカイ・斎藤誠師 「トモ(後肢)がしっかりしてきた。GIを勝ったときの横山典騎手で期待」

 ◆ショウナンバッハ・上原師 「変わらず順調で、好調を維持」

 ◆ダノンプラチナ・佐藤助手 「反応、動きともにいいですよ。フレッシュな状態だったら、やってくれる馬」

 ◆ダノンリバティ・松若騎手 「前走より動ける態勢にありますし、新潟もいい」

 ◆トーセンデューク・藤原英師 「うまく折り合って、しまいを生かせれば」

 ◆ブラックムーン・西浦師 「前走後のダメージがないことはないが、うまく調整できている」

 ◆マイネルハニー・柴田大騎手 「力はありますし、同型を意識せず、自分のリズムで競馬ができれば」

 ◆マルターズアポジー・堀井師 「動きは良かったね。出していく競馬になると思う」

 ◆メートルダール・戸田師 「落ち着いていて、雰囲気が実にいい」

 ◆ヤングマンパワー・手塚師 「体重も増えて、状態としては昨年勝ったときと同じ」

 ◆レッドレイヴン・津曲助手 「続けて使えるのは体調がいいから。楽しみはある」

 ◆ロサギガンティア・大野騎手 「硬さもなくバランス良く走っていましたね。状態も問題ないですよ」

★関屋記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

【関屋記念】追って一言2017年08月10日(木) 05:06

 ◆オールザゴー・中谷騎手 「動き自体は悪くはない。能力は高いので、あとは気持ちの問題。初の古馬相手にどこまでやれるか」

 ◆クラリティスカイ・斎藤誠師 「状態はいいですね。久々のマイル戦、GIを勝ったときの横山典騎手で期待しています」

 ◆ショウナンバッハ・上原師 「変わらず順調で、好調を維持している。展開次第だね」

 ◆ダノンリバティ・松若騎手 「もともとけいこは走る馬ですし、雰囲気は良かったですよ。前走より動ける態勢にありますし、新潟もいい」

 ◆トーセンデューク・藤原英師 「動きはいつもの感じ。具合は維持しているし、うまく折り合って、しまいを生かせれば」

 ◆マルターズアポジー・堀井師 「動きは良かったね。出していく競馬になると思う」

 ◆レッドレイヴン・津曲助手 「休みがちな馬だが、こうして続けて使えるのは体調が良いから。楽しみはある」

 ◆ロサギガンティア・津曲助手 「ひと息入ったが、ここ目標に仕上がりは上々。追い切りも良かった」

★関屋記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【関屋記念】レース展望 2017年08月07日(月) 19:50

 今週の新潟日曜メインは、サマーマイルシリーズ(全3戦)の第2戦、関屋記念(13日、GIII、芝1600メートル)。今年も個性豊かなメンバーが顔をそろえた。日本一長い新潟外回りの658.7メートルの直線で繰り広げられる攻防。見応えたっぷりのレースになることは間違いない。

 シリーズ第1戦の中京記念で初タイトルを獲得したウインガニオン(栗東・西園正都厩舎、牡5歳)が、4連勝で重賞連勝を狙う。全8勝のうち、6〜8月に7勝を挙げる“夏男”。また、典型的なサウスポーで、左回りも全8勝中7勝をマークしている。前走は先頭とは離されていたとはいえ、2番手から抜け出してV。それまで逃げ切りが勝ちパターンだったことを考慮すれば、大きな収穫だろう。新潟マイルでは今年4月のオープン特別・谷川岳Sを勝っており、問題はない。ここを勝てばシリーズVが確定するだけに、陣営も気合が入る一戦だ。

 昨年、1分31秒8の好時計でこのレースを勝ったヤングマンパワー(美浦・手塚貴久厩舎、牡5歳)は、3年連続の参戦となる。一昨年も勝ち馬から0秒2差の3着に入っており、舞台適性は十分だ。前走の安田記念は16着に大敗したが、17番枠で先行勢に厳しいハイペースを追走したためで酌量の余地はある。「昨年と同じぐらいのデキにはある」と手塚調教師も気配の良さを口にしており、連覇の可能性もあるだろう。

 1600万下・多摩川Sを勝ち、オープンに返り咲いたメートルダール(美浦・戸田博文厩舎、牡4歳)もV争いに加わる。その前走は初のマイル戦で、58キロのトップハンデを背負いながらも、4コーナー先頭から押し切る堂々たるレースぶりだった。2走前の新潟大賞典で3着に入っており、新潟コースも経験済み。重賞では【0・0・3・2】とワンパンチ足りないが、引き続きミルコ・デムーロ騎手とのコンビでマイル戦なら、重賞初勝利を飾っても不思議はない。

 ロードクエスト(美浦・小島茂之厩舎、牡4歳)は、2年前の新潟2歳Sが衝撃的な走りだった。4コーナー最後方から直線だけで17頭を抜き去って、4馬身差の圧勝。そのとき以来の新潟マイル参戦で注目を集める。前走のオープン特別・パラダイスSは5着に敗れたが、蹄の外傷で休養が長引き7カ月ぶりの実戦だったことと、前残りの流れ、この馬には少し短い1400メートルという距離を考えれば、悲観する内容ではなかった。休み明けを1度使われ、上積みは確実。今度は本領発揮間違いなしだ。

 ブラックムーン(栗東・西浦勝一厩舎、牡5歳)の末脚の破壊力は、ドバイデューティフリー、宝塚記念、ジャパンCを制した父アドマイヤムーン譲り。前走の中京記念は二の脚がつかず、最後方からの競馬となったが、上がり3ハロン最速33秒9の末脚で、勝ったウインガニオンから0秒4差の3着まで追い込んだ。2走前のオープン特別・米子Sでは上がり3ハロン最速32秒4の末脚で直線一気のV。勝ちタイム1分31秒9はコースレコードだった。展開を問わない末脚と持ち時計は魅力的。5度目の重賞で、前走の無念を晴らす差し切りVが見られるかもしれない。

 エプソムC3着→福島テレビオープン2着と、好走を続けるマイネルハニー(美浦・栗田博憲厩舎、牡4歳)も侮れない。マイル戦は【1・0・1・1】で、東京の新馬戦は7馬身差V、2戦目の500万下・ベゴニア賞は勝ち馬から0秒3差の3着と適性を示している。叩き3戦目で、昨年12月のチャレンジCに次ぐ重賞2勝目のチャンスはありそうだ。

 ダノンプラチナ(美浦・国枝栄厩舎、牡5歳)は、3年前の朝日杯フューチュリティSの優勝馬。今回は昨秋の富士S3着以来、9カ月半ぶりのレースになるが、半年の休み明けだった一昨年の富士Sを制した実績がある。GI馬の底力を考えると、軽視は禁物だろう。

 もう1頭のGI馬、クラリティスカイ(美浦・斎藤誠厩舎、牡5歳)は2015年のNHKマイルCを最後に勝利がないが、今年も5戦未勝利ながら中山金杯で2着、小倉大賞典で3着と好走している。今回は横山典弘騎手がNHKマイルC以来、久々に手綱を取る点も強調材料。GIIIなら軽くは扱えない。

 昨年の2着馬ダノンリバティ(栗東・音無秀孝厩舎、牡5歳)、2走前の福島牝馬Sを鮮やかに差し切ったウキヨノカゼ(美浦・菊沢隆徳厩舎、牝7歳)、フジテレビ賞スプリングS、阪神CとGII・2勝を誇るロサギガンティア(美浦・藤沢和雄厩舎、牡6歳)も好勝負が可能な実力の持ち主。3歳馬は分が悪いレースだが、NHKマイルC5着のオールザゴー(栗東・矢作芳人厩舎、牡)も十分に上位を狙える。また、前走の七夕賞で11着だったマルターズアポジー(美浦・堀井雅広厩舎、牡5歳)は7日時点で出否未定だが、出走にゴーサインが出れば、そのスピード能力から無視はできない。

★関屋記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【関屋記念】特別登録馬2017年08月06日() 17:30

[もっと見る]

【エプソムC】レースを終えて…関係者談話2017年06月12日(月) 05:07

 ◆柴田大騎手(マイネルハニー3着) 「いい感じでハナに行って、直線では“やった”と思ったけど、上位2頭は強かった。でも、いい頃の感じに戻りつつある」

 ◆川田騎手(クラリティシチー4着) 「スムーズに運んで、精いっぱい頑張っています」

 ◆吉田豊騎手(バーディーイーグル5着) 「直線でみんな外へ行ったので内へ。最後もよく伸びている」

 ◆戸崎騎手(タイセイサミット6着) 「もう少し時計のかかる馬場の方がよかった」

 ◆丹内騎手(マイネルミラノ7着) 「インぴったりは作戦通り。58キロを背負っていたし、頑張っています」

 ◆蛯名騎手(デンコウアンジュ8着) 「後ろ過ぎず前過ぎず、理想的な形で運べた。前回ほど伸びなかったのはGIを使った疲れもあったのかな」

 ◆北村宏騎手(フルーキー9着) 「勝ち馬を目標に進めたが、最後の反応が歯がゆかった」

 ◆丸山騎手(ナスノセイカン10着) 「ラストは同じ脚いろだった」

 ◆大野騎手(ベルーフ11着) 「きょうの馬場状態では厳しかった」

 ◆横山典騎手(ヒストリカル12着) 「イメージ通りのレースで、一瞬は脚を使ったが…」

 ◆吉田隼騎手(カムフィー13着) 「前残りの競馬だったが伸びている」

 ◆石橋騎手(メドウラーク14着) 「前が残る馬場だったので…」

 ◆田辺騎手(クラリティスカイ15着) 「自分の形にならず、不完全燃焼でした」

 ◆内田騎手(レッドレイヴン16着) 「久々でも、リラックスして走れていた。使いながら良くなればいい」

 ◆石川騎手(トーセンレーヴ17着) 「自分でやめようとする面がある」

 ◆池添騎手(パドルウィール18着) 「4コーナーで手応えがなかった」

★11日東京11R「エプソムカップ」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【エプソムC】厩舎の話2017年06月09日(金) 05:03

 ◆アラストエンブレム・小島茂師 「完成はまだ先だが、それでも勝ってもらいたい」

 ◆カムフィー・池上和師 「展開などに注文はつくが、好仕上がり」

 ◆クラリティシチー・上原師 「広いコースは合う」

 ◆クラリティスカイ斎藤誠師 「斤量が56キロで勝負になる」

 ◆タイセイサミット・玉井助手 「まだ伸びしろはある。楽しみ」

 ◆ダッシングブレイズ・浜中騎手 「距離が延びるのは問題ない」

 ◆デンコウアンジュ・佐藤助手 「雨は降ってほしくない」

 ◆トーセンレーヴ・兼武助手 「5年前に勝っており舞台は合う」

 ◆ナスノセイカン・矢野師 「前回よりも具合はいいはず」

 ◆パドルウィール・中尾師 「東京に実績がある」

 ◆バーディーイーグル・佐藤助手 「時計は多少かかった方がいい」

 ◆ヒストリカル・音無師 「攻めと実戦が結びつくタイプ。動きはよかった」

 ◆フルーキー・角居師 「1回使ってピリッとしてきた」

 ◆ベルーフ・兼武助手 「のびのび走れる広いコースはいい」

 ◆マイネルハニー・栗田博師 「馬は落ち着いてきた」

 ◆マイネルミラノ・相沢師 「他馬が行くなら、控える競馬も」

 ◆メドウラーク・橋田師 「馬場が広く直線の長いコースは競馬がしやすい」

 ◆レッドレイヴン・内田騎手 「リラックスして走れれば」

エプソムCの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

クラリティスカイの関連コラム

閲覧 511ビュー コメント 0 ナイス 0



みなさんこんにちは!

本日は新潟11R「関屋記念 G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、メートルダールから1.0ポイント差(約1馬身差)内のマイネルハニー、レッドレイヴンまでの3頭。
第2グループ(黄)は、ブラックムーンから1.0ポイント差(約1馬身差)内のロードクエスト、ダノンプラチナ、ヤングマンパワー、ロサギガンティア、ウキヨノカゼまで6頭。
第3グループ(薄黄)は、ダノンリバティから同差内のマルターズアポジー、ショウナンバッハ、クラリティスカイ、トーセンデュークまで5頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、全般にわたって大きな開きは見られず、斤量補正等で他馬との比較で少し力差がありそうなウインガニオン、古馬初対戦の3歳馬オールザゴーを除くと大混戦。その2頭も好調子や未知の部分を加味すれば、今回の上昇度次第では全馬にチャンスありと言ってもいいハンデ戦のような配置となっています。

個人的には、夏場の実績と、新潟マイル特有のラスト2F目が最速でラスト3F目よりも1Fが掛かるV字ラップ(昨年の<11.9-10.8-12.0>のようなラップ)への適性が重要だと考える関屋記念。今回の私の本命は◎ダノンリバティとしました。もちろん、先のいずれの要件も満たしていますし、前走は後方から大外を回す形となって当時の馬場状態からはちぐはぐと言っていい内容で5着。昨年同様のローテーションで昨年同様の5着からの巻き返しに期待します。
○はヤングマンパワー。前走安田記念組は当日1〜2番人気に推された人気馬しか近年好走していませんのでその点は気掛かりですが、こちらも夏場と新潟マイルという意味では適性はメンバー中屈指とみて良さそう。状態は“今年一番”が伝わってくる一週前からのデキですし、この馬自身のこれまでの3着内はすべて人気以上に走ってのものという戦歴からも、過去の傾向度外視で狙ってみたいと思います。
以下、同型との兼ね合いが気掛かりも同じ左回りの東京1600〜2000での戦績を評価したい▲マイネルハニー、今回マイル戻りで中間から陣営が強気な点も不気味な☆クラリティスカイといったところを上位評価し、今回の私の馬券は、◎から○▲☆への3複で勝負とします。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
10=9,11,13=2,3,4,6,8,9,11,12,13,14,15(27点)


穴では△トーセンデューク。稍重だった土曜でもそこそこの時計が出ていた印象でしたので、明日馬場が乾いてさらに高速化が進めば1400m、1800mで持ち時計のあるこの馬にチャンスがあっても......


登録済みの方はこちらからログイン

2017年08月13日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/関屋記念 G3(いっくんプロ)
閲覧 776ビュー コメント 0 ナイス 0



 本日は夏の新潟の名物重賞・関屋記念の予想をお伝えします。担当してくれるのは、ウマニティ公認プロ予想家チームの穴党の代表選手として活躍しているいっくんさんです。毎年“ミリオンの払戻し”を達成している長距離砲は「直線の長い新潟だが、有力馬が後方待機組に多く、逃げ・先行馬が意外に粘りそう」とこのレースを見立てました。その結論にご注目ください。
 いっくんさんが本命を打ったのはウインガニオンです。「マルターズアポジーの後ろの2番手で進み、直線に入って交わしてそのままゴールするイメージ。前走は強い競馬だった。夏場も枠も良い」と大きな期待を寄せています。
 対抗はマルターズアポジー。単穴はメートルダール。以下、ロサギガンティアクラリティスカイヤングマンパワーマイネルハニーまで押さえ、馬券は3連単FM→⇔キΝで勝負します。本レース以外のいっくんプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢31名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2017年06月11日() 14:00 西野圭吾
第278回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜エプソムカップ G3
閲覧 1,168ビュー コメント 0 ナイス 3



みなさんこんにちは!

本日は東京11R「エプソムカップ G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、ダッシングブレイズアストラエンブレムレッドレイヴンヒストリカルの4頭。
第2グループ(黄)は、フルーキーデンコウアンジュの2頭。
第3グループ(薄黄)は、クラリティスカイマイネルハニーまでの5頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

東京の芝は内がかなり荒れて、外伸びが顕著、外枠+末脚のしっかりとしたタイプが有利な馬場状態と言えそうです。

私の本命は◎アストラエンブレムとしました。4歳となり、ひ弱さが抜けて充実一途、展開次第で自在に立ち回れますし、先ほどの傾向にも合致しています。このメンバーであれば堅軸と考えました。対抗にはU指数トップの○レッドレイヴン、鉄砲は得意なタイプですし、この人気なら妙味は十分です。以下、スムーズに外を回れる馬を重視して○レッドレイヴン、▲ベルーフ、△ナスノセイカンクラリティスカイパドルウィールメドウラークと印を打ちます。

【馬連流し】
10

9,11,15,16,17,18

【ワイド流し】
10,17

9,11,15,16,17,18

計17点

[もっと見る]

2017年06月11日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/エプソムC G3(河内一秀プロ)
閲覧 790ビュー コメント 0 ナイス 2

 本日はウマニティ公認プロ予想家軍団きっての安定感を誇り、的中率日本一とも噂される予想ソフト『カツラギ』の開発者でもある河内一秀さんに登場してもらいます。ターゲットはエプソムC。先週もキッチリとプラス収支を達成している安打製造機の渾身の予想に注目しましょう。
メイS組の4歳馬2頭対ベテラン勢の大混戦で、道中の立ち回りがポイントになる」とこのレースを分析した河内さんが本命を打ったのはアストラエンブレム。「前走はOP特別2着も指数的にはG靴覆蘢麺僂垢襯譽戰襪如京都金杯でも好指数を記録。どんな流れにも柔軟に対応できる脚質も魅力で、軸としての信頼性は高い」と太鼓判を押してくれました。
 対抗はフルーキー。単穴はタイセイサミット。以下、レッドレイヴンクラリティシチーヒストリカルクラリティスカイの順に押さえ、馬券は3連複1頭軸流し→↓き韻脳”蕕靴泙后K椒譟璽弘奮阿硫脇皀廛蹐陵汁曚蓮▲Ε泪縫謄のプロ予想MAXでご確認ください!

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢31名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2017年06月04日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年06月04日号】特選重賞データ分析編(50)〜2017年エプソムカップ〜
閲覧 2,756ビュー コメント 0 ナイス 4



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 エプソムカップ 2017年06月11日(日) 東京芝1800m


<ピックアップデータ>

【馬齢別成績(2011年以降)】
○4歳以下 [5-4-1-10](複勝率50.0%)
×5歳以上 [1-2-5-70](複勝率10.3%)

 若い馬を重視したい一戦。2011年以降の優勝馬6頭中、2014年のディサイファを除く5頭はいずれも馬齢が4歳でした。一方、馬齢が5歳以上だった馬のうち、“同年、かつJRA、かつ1800〜2000mの重賞”において5着以内となった経験がない馬は2011年以降[0-0-2-57](複勝率3.4%)。上位人気に推されながら敗れてしまった例も少なくありません。年明けのレースで苦戦している高齢馬、オープン特別を主戦場としてきた高齢馬は思い切って評価を下げましょう。

主な「○」該当馬→アストラエンブレムデンコウアンジュマイネルハニー
主な「×」該当馬→ダッシングブレイズベルーフマイネルミラノ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走が“国内外の重賞”」だった馬は2011年以降[4-4-6-42](複勝率25.0%)
主な該当馬→デンコウアンジュマイネルハニー

[もっと見る]

2017年05月05日(金) 18:40 山崎エリカ
【山崎エリカのG1ナビゲーション】〜2017NHKマイルカップ〜
閲覧 3,259ビュー コメント 0 ナイス 3



近年のNHKマイルカップは、脚質不問の舞台
穴メーカーは意外とレベルが高いマイル路線組か!?

__________________________


 今週から東京競馬場で5週連続G1が行われます。その第一弾は3歳マイル王決定戦のNHKマイルC。今年は3歳牝馬路線のレベルが高いと言われてきたものの、桜花賞はレーヌミノルが小倉2歳Sと同等のPP指数で勝利し、結果的にそれほどレベルが高くないと言わざるを得ない結果となりました。過去10年の桜花賞との比較なら凡戦と言わざるを得ないでしょう。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


 しかし、今年の桜花賞は「史上空前のハイレベル」と謳われて蓋を開けてみれば凡戦だった2010年の日本ダービーと状況がよく似ています。ローズキングダム1強ムードから次々とライバルが現れ、前哨戦で凌ぎを削り合った末の「前哨戦より、本番ダービーのほうがレベルが低い」という結果。つまり、有力馬が前哨戦でダービー出走権を賭けて能力を出し切ってしまったために、本番ダービーではダメージが出る形で終わったための凡戦です。

 今年の3歳牝馬路線もソウルスターリング1強ムードから次々とライバルが現れ、本番への切符を賭けて凌ぎを削り合った末の前哨戦より、本番桜花賞のほうがレベルが低いという結果。有力馬で能力を出し切ったと言い切れるのは、それこそ正攻法の競馬でねじ伏せた勝ち馬レーヌミノルくらい。よって、桜花賞凡退馬が、この舞台で巻き返して来る可能性は十分あるでしょう。

 出負けして後方から大外を回す(騎手が外が伸びると勘違いして、あえて外を回したような)レースとなってしまったアエロリット。休養明けの前哨戦、フィリーズレビューで能力を出し切ったために、本番桜花賞で上昇しきれなかったカラクレナイなどともに注目です。ただし、桜花賞は淀みない流れでしたので、前記2頭ともに一応、展開の後押しがあった着順であることは忘れてはいけません。

 また、皐月賞路線からは、プラチナヴォイスアウトライアーズが参戦します。皐月賞は・・・

[もっと見る]

⇒もっと見る

クラリティスカイの口コミ


口コミ一覧

関屋記念

 エロボン 2017年08月11日(金) 01:54

閲覧 112ビュー コメント 0 ナイス 8

13日(日曜日)


新潟11R関屋記念

◎ヤングマンパワー
〇メートルダール
▲ダノンプラチナ
☆マイネルハニー
△トーセンデューク
△ロードクエスト
△ダノンリバティ
ウインガニオン
ブラックムーン
クラリティスカイ



あくまでも現時点での予想です。
印の入れ替えはあるかもです。

 ムーンホーセズネック 2017年08月09日(水) 22:24
競馬検討 追い切り
閲覧 127ビュー コメント 0 ナイス 21

関屋記念

ウインガニオン 坂路、単走、動き軽快、集中して

ウキヨノカゼ 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

オールザゴー 長め、併せ馬、動き軽快、前向き、ビッシリ

クラリティスカイ 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、やや置かれ、時計優秀

ダノンプラチナ 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

ダノンリバティ 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、時計優秀

ブラックムーン 長め、単走、動き軽快、前向き

マイネルハニー 長め、単走、動き軽快、集中して

マルターズアポジー 長め、併せ馬、動き豪快、集中して、ビッシリ

メートルダール 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、突き抜ける

ヤングマンパワー 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

レッドレイヴン 長め、単走、動き軽快、集中して

ロサギガンティア 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、突き放す

ロードクエスト 長め、単走、動き軽快、集中して前向き


エルムステークス

コスモカナディアン 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、置かれる

テイエムジンソク 長め、単走、動き軽快、集中して

ドリームキラリ 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

ピオネロ 長め、単走、動き軽快、集中して

モンドクラッセ 長め、単走、動き軽快、集中して

リッカルド 長め、単走、動き軽快、集中して前向き

リーゼントロック 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

ロンドンタウン 長め、単走、動き軽快、集中して

[もっと見る]

 浪花のクマ 2017年08月08日(火) 19:05
関屋記念・登録馬と有力馬
閲覧 137ビュー コメント 0 ナイス 12


上位拮抗!


中京記念を3連勝で飾って、此処へのウインガニオン
ハンデも前走と同じ、新潟でも良績あり・・

オープンながらトップハンデで東京マイルで完勝
メートルダール、重賞でも惜しい競馬、ソロソロか・・

久々を叩いたロードクエスト、叩いた効果と距離
延長がプラスに・・

暖かくなって、調子が上向きブラックムーン、末脚が
生かせる展開なら・・

昨年の勝ち馬、一昨年も3着、リピーターなら
ヤングマンパワー相性の良さで怖い・・

間隔は開いたが、安定感ならダノンプラチナ
国内10戦、3着以内率8割、一発ある・・

中京記念5着を叩いて順調ダノンリバティ
上積ある・・

マイネルハニー以下、大駆けムードの馬も
今週は新潟が熱い!

関屋記念・登録馬と騎乗予定騎手
ウインガニオン (津村)
メートルダール (Mデムーロ)
ロードクエスト (池添)
ブラックムーン (川田)
ヤングマンパワー (石橋)
ダノンプラチナ (蛯名)
ダノンリバティ (松若)
マイネルハニー (柴田大)
マルターズアポジー (武士沢)
クラリティスカイ (横山典)
オールザゴー (内田)
ウキヨノカゼ (吉田隼)
トーセンデューク (小崎)
ロサギガンティア (大野)
レッドレイヴン (北村宏)
ショウナンバッハ (柴田善)
ムーンエクスプレス (−)

[もっと見る]

クラリティスカイの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

クラリティスカイの写真

クラリティスカイ
クラリティスカイ

クラリティスカイの厩舎情報 VIP

2017年8月13日関屋記念 G316着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

クラリティスカイの取材メモ VIP

2017年6月11日 エプソムカップ G3 15着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。