注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

アドマイヤムーン(競走馬)

注目ホース
アドマイヤムーン
写真一覧
抹消  鹿毛 2003年2月23日生
調教師松田博資(栗東)
馬主ダーレー・ジャパン・ファーム 有限会社
生産者ノーザンファーム
生産地早来町
戦績17戦[10-2-2-3]
総賞金74,046万円
収得賞金37,180万円
英字表記Admire Moon
血統 エンドスウィープ
血統 ][ 産駒 ]
Forty Niner
Broom Dance
マイケイティーズ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ケイティーズファースト
兄弟 プレイザファステスト
前走 2007/11/25 ジャパンカップ G1
次走予定

アドマイヤムーンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
07/11/25 東京 10 ジャパンC G1 芝2400 182410.951** 牡4 57.0 岩田康誠松田博資480(+8)2.24.7 -0.033.9⑤⑤⑥④ポップロック
07/10/28 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 166123.826** 牡4 58.0 岩田康誠松田博資472(+4)1.59.1 0.735.0⑨⑦⑦メイショウサムソン
07/06/24 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 18366.731** 牡4 58.0 岩田康誠松田博資468(+8)2.12.4 -0.136.2⑫⑫⑬⑥メイショウサムソン
07/04/29 香港 8 クイーンEC G1 芝2000 10--------3** 牡4 57.0 武豊松田博資460(--)-- ------VIVA PATACA
07/03/31 アラ 6 ドバイDF G1 芝1777 16--------1** 牡4 57.0 武豊松田博資--1.47.9 ------LINNGARI
07/02/17 京都 11 京都記念 G2 芝2200 14694.021** 牡4 59.0 武豊松田博資482(+12)2.17.2 -0.035.1⑥⑥⑥⑤ポップロック
06/12/10 香港 8 香港カップ G1 芝2000 12--------2** 牡3 56.0 武豊松田博資470(--)-- ------PRIDE
06/10/29 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 178156.023** 牡3 56.0 武豊松田博資464(-6)1.59.0 0.234.2⑩⑩⑩ダイワメジャー
06/08/20 札幌 9 札幌記念 G2 芝2000 166113.211** 牡3 54.0 武豊松田博資470(-8)2.00.3 -0.233.5⑪⑪⑪⑨レクレドール
06/05/28 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 185105.937** 牡3 57.0 武豊松田博資478(0)2.28.8 0.935.4⑫⑮⑮⑫メイショウサムソン
06/04/16 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 187152.214** 牡3 57.0 武豊松田博資478(+6)2.00.4 0.534.8⑬⑮⑫⑫メイショウサムソン
06/03/05 中山 11 報知杯弥生賞 G2 芝2000 10221.611** 牡3 56.0 武豊松田博資472(-6)2.01.5 -0.134.7⑨⑨⑧⑧グロリアスウィーク
06/02/05 東京 11 共同通信杯 G3 芝1800 11112.821** 牡3 57.0 武豊松田博資478(+4)1.48.4 -0.133.9⑥⑦⑦フサイチリシャール
05/12/24 阪神 11 ラジたん2S G3 芝2000 13682.212** 牡2 55.0 本田優松田博資474(+4)2.01.9 0.034.8⑤⑥⑥⑥サクラメガワンダー
05/10/01 札幌 11 札幌2歳S G3 芝1800 138132.911** 牡2 55.0 本田優松田博資470(-4)1.50.4 -0.235.5⑥⑦⑤ディープエアー
05/08/27 札幌 10 クローバー賞 OP 芝1500 108102.411** 牡2 54.0 本田優松田博資474(0)1.29.5 -0.035.6⑦⑥④ニシノアンサー
05/07/10 函館 5 2歳新馬 芝1800 166118.051** 牡2 54.0 本田優松田博資474(--)1.54.4 -0.435.9⑯⑮⑩⑧グラスウィーク

アドマイヤムーンの関連ニュース

 第47回高松宮記念(26日、中京11R、GI、4歳上オープン国際(指)、定量、芝1200メートル、1着本賞金9800万円=出走18頭)オーナーの西山茂行氏(58)は力強く1着で駆け抜けた愛馬の姿に涙腺が緩んだ。「(この場面を見て)涙が出なければ競馬はやっていられない。完璧。すてきな競馬でした」。オーナーブリーダー時代のセイウンスカイ(98年菊花賞)以来のビッグタイトル奪取で、個人馬主としては21回目の挑戦でGI初勝利となった。

 生産者である桜井牧場の桜井秋雄代表(72)は初のGI制覇に「強かったですし、本当に力をつけています」と感嘆の声を上げた。父と母の組み合わせを自ら考案し、誕生時から“いい馬”だったという。「アドマイヤムーンも(現役時に)走りましたし、オブザーヴァントの子供もよく走るので。GI勝ちは初めて。うれしいですね」と笑顔で語った。

★26日中京11R「高松宮記念」の着順&払戻金はこちら

【高松宮記念】セイウンコウセイがGI初挑戦でV! 2017年03月26日() 15:47

 3月26日の中京11Rで行われた第47回高松宮記念(4歳以上オープン、GI、芝1200メートル、定量、18頭立て、1着賞金=9800万円)は、幸英明騎手騎乗の5番人気セイウンコウセイ(牡4歳、美浦・上原博之厩舎)が制し、重賞初勝利をGIで飾った。タイムは1分8秒7(稍重)。

 レースはラインスピリットシュウジトウショウピストなどが先行集団を形成。セイウンコウセイはその直後につけていた。直線では、後方から最内を突いたレッツゴードンキ、中団から伸びたレッドファルクスティーハーフの3頭が内めから抜け出したが、“強い4歳世代”に属するセイウンコウセイが馬場の真ん中から鮮やかな末脚で差し切った。レッツゴードンキ(2番人気)が1馬身1/4差の2着で、さらにクビ差の3着にレッドファルクス(1番人気)。3番人気メラグラーナは10着、4番人気シュウジは15着だった。

 セイウンコウセイは、父アドマイヤムーン、母オブザーヴァント、母の父カポウティという血統。北海道新ひだか町・桜井牧場の生産馬で、馬主は西山茂行氏。通算成績は15戦6勝。重賞初勝利。高松宮記念は、上原博之調教師は初勝利。幸英明騎手は2008年ファイングレインに次いで2勝目。

 ◆幸英明騎手「初めて乗る馬ですが、調教で乗りやすいなと思っていました。本当に強い競馬をしてくれましたね。悪い馬場は先生(上原博之調教師)から得意だと聞いていましたし、ノメることなく気持ちよく走っていました。手応えはずっと良かったですね。早く抜け出し過ぎたかなとは思いましたが、最後まで信じて乗りました。今回は代打(騎乗)だったんですけど、役目を果たせたかなと思います」

★26日中京11R「高松宮記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【ドバイターフ】ヴィブロスが鮮烈な差し切り勝ち 2017年03月26日() 00:40

 2017年のJRAの海外馬券発売第一弾となった『ドバイワールドカップデー諸競走』の7R、第22回ドバイターフ(GI、UAE・メイダン競馬場、北半球4歳以上・南半球3歳以上、芝・左1800メートル、優勝賞金360万米ドル=約4億680万円)は大和撫子のヴィブロス(牝4歳、栗東・友道康夫厩舎、J.モレイラ騎手)が強烈な末脚で優勝。道中は内めの、後方から3番手を進んだヴィブロスは、“マジックマン”の異名をとる香港拠点のジョアン・モレイラ騎手の好リードで直線半ばで外に持ち出されると前の馬たちが止まって見えるほどのキレ味を発揮。昨秋の秋華賞に次ぐGI・2勝目を挙げた。勝ちタイムは1分50秒20(稍重)。

 半馬身差の2着には中団から脚を伸ばしたフランスのエシャム(牡4歳)、さらに半馬身遅れた3着に先行策から粘り込んだイギリスのリブチェスター(牡4歳)。

 ヴィブロスの馬主は、プロ野球、米大リーグでクローザーとして活躍した“魔人”こと佐々木主浩氏(49歳)。日本馬によるドバイターフの優勝は2007年アドマイヤムーン、2014年ジャスタウェイ、2016年リアルスティールに次ぐ4頭目。

 馬上インタビューでジョアン・モレイラ騎手は「雨が心配だった、どういう影響があるか。でも関係なかった。それほどひどい馬場じゃなかったし。陣営がいい仕事をしてくれた。体調はよかった。陣営に感謝したい。ブッキングしてくれたエージェントにもね。今日、彼女がやったレースは誰もできるものじゃない。いいレースだったと思う」と興奮気味にまくし立てた。

 ヴィブロス陣営は昨年の秋華賞を制した時点でドバイを目標に設定。佐々木主浩オーナーはレース前日の調教も見たうえで「表彰台を狙っています」と愛馬の勝利を信じて送り出し、見事に夢を果たした。「本当にうれしく、興奮しました。野球より緊張しましたが、うれしいです」。

 今秋には半兄シュヴァルグランと米国に遠征して、ブリーダーズカップ・フィリー&メアターフ(11月4日、デルマー、芝2200メートル)挑戦のプランも持ち上がっている。実現すれば、かつてオーナーが守護神として腕を振るった米国のファンに、兄妹そろってのお披露目がかなう。

[もっと見る]

【石清水S】ムーンエクスプレス、逃げ切ってオープン入り2017年01月23日(月) 05:00

 22日の京都11R石清水S(4歳上1600万下、芝・外1400メートル)は、7番人気ムーンエクスプレス(栗・鈴木孝、牝5、父アドマイヤムーン)が1分23秒3(稍重)で逃げ切ってオープン入りを果たした。21戦5勝。「大外((14)番)でもハナを主張して、道中はリズム良く逃げられました。追ってからもしっかり伸びてくれましたね」と松山騎手。6番人気マカハがハナ差の2着で、1番人気テラノヴァは4着に終わった。

★22日京都11R「石清水S」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【淀短距離S】セイウンコウセイ連勝2017年01月08日() 05:03

 淀短距離ステークス(7日、京都11R、4歳上オープン国際、別定、芝・内1200メートル、1着本賞金2300万円 =出走16頭)オープン初出走だった5番人気セイウンコウセイ(美・上原、牡4、父アドマイヤムーン)が2番手から抜け出し、準オープンの渡月橋Sに次ぐ連勝を飾った。通算13戦5勝。タイム1分8秒0(良)。2番人気セカンドテーブルが1馬身1/4差の2着。1番人気フミノムーンは10着に終わった。

 ◆松田騎手(セイウンコウセイ1着) 「行く馬が多くハナには行かなかったが、あの形でも最後までしっかり伸びてくれた。前より力をつけている」

 ◆武豊騎手(セカンドテーブル2着) 「スタートが良かったし、流れにも乗れたんだけど…。勝ち馬(1つ内の(11)番)と枠が逆だったらね」

 ◆幸騎手(フミノムーン10着) 「この馬には、展開が厳しかったですね。(この馬より)内枠の先行馬に33秒台で上がられては、限界があります」

★7日京都11R「淀短距離ステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【キャピタルS】ブラックムーン、大外一気2016年11月27日() 05:03

 キャピタルステークス(26日、東京11R、3歳上オープン国際(特指)、別定、芝1600メートル、1着本賞金2300万円 =出走15頭)ハイペースのなか、後方2番手を進んだ3番人気ブラックムーン(栗・西浦、牡4、父アドマイヤムーン)が直線で大外から鋭く伸びて6勝目(15戦)を挙げた。タイム1分33秒5(良)。10番人気テイエムイナズマが3馬身差の2着で、1番人気フルーキーは中団から伸びを欠いて5着に終わった。

 ◆戸崎騎手(ブラックムーン1着)「(西浦調教師から)直線は外に出してほしいといわれた。うまく展開が向いたが、しまいの切れ味はすごかった」

 ◆古川騎手(テイエムイナズマ2着) 「少し早めに動いて、展開も向いた。勝ち馬と体が合わさっていれば…」

 ◆八月朔日(ほぞみ)助手(ブレイブスマッシュ3着) 「休み明けだったが、内からよく伸びていい競馬だった。次はもっと楽しみ」

 ◆柴田大騎手(マイネルラフレシア4着) 「最後は脚を使っているけど、1600メートルは忙しい」

 ◆吉田隼騎手(フルーキー5着) 「後続馬が来るのが早くて、抵抗できなかった」

★26日東京11R「キャピタルステークス」の着順&払戻金はこちら レース後談話も掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

アドマイヤムーンの関連コラム

閲覧 2,660ビュー コメント 0 ナイス 3


クラシック三冠レースの第一関門となる皐月賞。瞬発力勝負のダービーと比較して、持続力を試されるレースではあるのだが、2歳、3歳競馬としてはむしろ皐月賞こそが異端。なぜなら2歳、3歳のクラシック路線はスローペースになりやすく、全体的にどのレースも“スローの瞬発力勝負”になりやすいからだ。古馬のG1で必要とされる能力は、ダービーよりも皐月賞や菊花賞に集約されるのだが、2歳戦、3歳戦においての皐月賞は、それが異端となる。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


瞬発力より持続力の勝負。とは言っても、それは“究極の瞬発力勝負”であるダービーと比較してのことであって、とくに近年では“瞬発力のない馬”が皐月賞を制覇することは皆無と言っても良い状況。ちょうど良い機会なので、拙作・ラップギアでフィルタを作ってお見せしよう。

■1990年以降、皐月賞馬の皐月賞出走時ラップギア適性値
2016年 皐月賞 ディーマジェスティ 【瞬3平1消0】
2015年 皐月賞 ドゥラメンテ 【瞬4平0消0】
2014年 皐月賞 イスラボニータ 【瞬4平1消0】
2013年 皐月賞 ロゴタイプ 【瞬3平1消0】
2012年 皐月賞 ゴールドシップ 【瞬4平1消0】
2010年 皐月賞 ヴィクトワールピサ 【瞬3平2消0】
2009年 皐月賞 アンライバルド 【瞬3平0消0】
2008年 皐月賞 キャプテントゥーレ 【瞬2平0消0】
2007年 皐月賞 ヴィクトリー 【瞬2平1消0】
2006年 皐月賞 メイショウサムソン 【瞬5平2消0】
2005年 皐月賞 ディープインパクト 【瞬3平0消0】
2004年 皐月賞 ダイワメジャー 【瞬1平0消1】
2003年 皐月賞 ネオユニヴァース 【瞬2平1消1】
------
2002年 皐月賞 ノーリーズン 【瞬1平1消0】
2001年 皐月賞 アグネスタキオン 【瞬2平1消0】
2000年 皐月賞 エアシャカール 【瞬2平2消0】
1999年 皐月賞 テイエムオペラオー 【瞬2平1消1】
1998年 皐月賞 セイウンスカイ 【瞬1平2消0】
1997年 皐月賞 サニーブライアン 【瞬3平0消0】
1996年 皐月賞 イシノサンデー 【瞬3平1消0】
1995年 皐月賞 ジェニュイン 【瞬3平1消1】
1994年 皐月賞 ナリタブライアン 【瞬4平3消0】
1993年 皐月賞 ナリタタイシン 【瞬2平3消1】
1992年 皐月賞 ミホノブルボン 【瞬1平3消0】
1991年 皐月賞 トウカイテイオー 【瞬3平0消1】
1990年 皐月賞 ハクタイセイ 【瞬1平5消1】

※ラップギアについての説明はこちら→http://saikyo.k-ba.com/members/lapgear/about.html

2000年より以前の皐月賞は【瞬2平2消0】のようなラップギア適性値の馬が上位を占めるようなレースだったのだが、そういった傾向も時代とともに薄れはじめ、【瞬1平2消0】のような完全平坦タイプは1998年セイウンスカイ、【瞬2平2消0】のような瞬発・平坦同数タイプの皐月賞馬も2002年ノーリーズンを最後に姿を消してしまった。


もう少し掘り下げて、・・・

続きは、VIPクラブ会員登録でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、一般会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2017年03月23日(木) 15:00 甘粕代三
【香港QE2世C】ヴィクトリアハーバーの水は砂漠のオアシスに、そして再び香港の港へ
閲覧 295ビュー コメント 0 ナイス 0

 ウマニティ会員の皆さん、ごぶさたをしました。甘粕代三です。
 昨年暮れのHKIR、香港国際競走以来のご挨拶になってしまいました。あの後も香港恒例の元日競馬から今年の香港競馬を楽しんできました。香港は日本と違って4歳クラシックなのですが、年明け1月から香港クラシックマイル、クラシックカップ、香港ダービーと一カ月おきに三冠競走が行われ、つい先週、ラッパードラゴンが待望久しい三冠馬の栄光の座を射止めました。ああ、それなのに歳とともに筆不精が昂じて年明け以降の熱戦をお伝えせずに今日まで来てしまいましたが、そろそろ始動です。

 日本ではHKIR以降初めての海外馬券発売、ドバイワールドカップデーがこの週末に迫りました。ドバイのレースが日本国内で発売されるのは今年が初めてです。今朝がた、ドバイターフ連覇を目指していたリアルスティールが鼻出血のために回避、と極めて残念なニュースが飛び込んできましたが、日本勢は多士済々。リアルの無念を晴らしてくれることを大いに期待しています。

 さて、香港もドバイとは浅からぬ因縁があります。香港競馬は日本よりも20年以上遅れて競馬国際化の途を歩み始めましたが、それまで世界で格下とみられていた香港馬は日本の安田記念、スプリンターズSだけではなくドバイの諸競走からも世界へとはばたいて行きました。ブリッシュラック、ヴェンジェンスオブレインなど数々の名馬がここを舞台に香港馬の名を世界に高めたのです。今年、ドバイに遠征した香港馬は3頭と寂しくはなり、香港馬が出走するレースは日本で発売されることはなく残念至極ではありますが、ヴィクトリアハーバー(維港)の水は砂漠のオアシスに通じ、そして砂漠のオアシスの水は再び香港へと戻るのです。かつてアグネスデジタルアドマイヤムーンら日本馬ですらドバイから香港春の競馬の祭典、クイーンエリザベス2世カップ(QE2)に転戦したように、香港馬にとってもドバイからQE2への道はヴィクトリーロード、王道なのです。

 4月末のQE2までひと月余り。この頂点に向けてドバイから香港馬、日本馬の熱い闘いをお伝えしなくてはと重い腰を上げました。今日夜にはバンコクからドバイに入り、昨年暮れと同様、長年の友人である香港の競馬記者、文傑との対談、調教師インタビューなど直前情報をお伝えし、最後には馬券のヒントを提供できればと考えています。どうぞ、ご期待ください!(3月21日於バンコク)

★”日本と香港を股にかけて活躍する”海外プロ甘粕代三プロが、今年も海外馬券販売レースのドバイターフドバイシーマクラシックドバイワールドカップ3レースの予想提供をいたします。当日の予想にご期待ください。

甘粕代三(あまかす・だいぞう)プロフィール
1960年、東京生まれ。高校時代から競馬にのめりこむ。
早稲田大学第一文学部卒。在学中に中国政府官費留学生。卒業後、東京新聞記者、テレビ朝日記者、同ディレクター、同台北開設支局長などを務める。
中国留学中に香港競馬を初観戦、94年ミッドナイトベット香港カップ制覇に立ち会ったことから香港の競馬にものめりこみ、2010年、売文業に転じた後は軸足を日本から香港に。
香港の競馬新聞『新報馬簿』『新報馬経』に執筆、テレビの競馬番組にも出演。現在、新報馬業(『新報馬簿』『新報馬経』)駐日代表、北京市馬術運動協会高級顧問を務める。

[もっと見る]

2017年01月12日(木) 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年01月12日号】コース別「大全奥義! 全買いデータ」分析編(29) 京都芝2400m外
閲覧 1,631ビュー コメント 0 ナイス 1

週末使える強力データを、伊吹雅也プロ監修の「大全奥義! 全買いデータ」プロジェクトからご紹介するコーナー。取り上げるデータは馬券内率は勿論、その回収率も垂涎のデータとなっているため、ウマニティVIPクラブ会員限定公開とさせて頂いております。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<コース別「大全奥義! 全買いデータ」>

近年の京都芝2400m外は父に○○○○○○○○○○○○○○○を持つ馬がやたらと強い!

【対象コース】
京都芝2400m外

【集計期間】
2014年01月05日〜2016年12月25日

【条件】

[もっと見る]

2016年12月28日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2016年12月28日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(27)
閲覧 1,498ビュー コメント 0 ナイス 5

週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2017年01月05日(木) 中山09R ジュニアカップ
【“JRA、かつ1500〜1600mのレース”において3着以内となった経験の有無別成績(2012年以降)】
●あり [5-4-4-15](複勝率46.4%)
●なし [0-1-1-27](複勝率6.9%)
→距離適性が高そうな馬を重視したい一戦。ここ2年の1〜3着馬6頭は、いずれも“JRA、かつ1500〜1600mのレース”において3着以内となった経験があり、なおかつ前走が“1600mのレース”でした。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】

[もっと見る]

2016年11月25日(金) 11:30 山崎エリカ
【山崎エリカのG1ナビゲーション】〜2016ジャパンカップ〜
閲覧 2,263ビュー コメント 0 ナイス 4

近年のジャパンカップは、スローペース化で内枠・先行馬有利。
東京競馬場に在籍中の外国馬陣営が語る、今年の馬場傾向。

_________________________

 国際競走が今よりも少なく、インターネットが普及していなかった頃のジャパンカップは、日本にとっては黒船襲来のようなものでした。日本は各国の代表馬と戦うことが滅多になかった上に、外国馬の情報もほとんどなかったからです。逆にシリウスシンボリの凱旋門賞14着以降、日本馬の情報が途絶えた外国馬にとっては、賞金の高いジャパンカップは、ドリームレースでもありました。


■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807


 よって、凱旋門賞の上位馬、BCターフの上位馬など世界の一流馬が次々と来日し、序盤から激しい攻防が繰り広げられ、レースはほとんど消耗戦になりました。各馬が相手の能力を知らないので他馬の出方を窺ったり、マークししたりせず、自分の能力を出し切る競馬をしたのです。当然、ジャパンカップを大目標にした真に強い馬(総合能力が高い馬)しか、勝つことが出来ませんでした。早い話が前走で能力を出し切れなかった各国トップクラスの馬の馬券を勝っておけば当たったのです。

[もっと見る]

2016年11月24日(木) 16:00 岡村信将
【ラップギア岡村信将のスペシャルG1展望】〜2016ジャパンカップ〜
閲覧 1,764ビュー コメント 0 ナイス 4

一流半とも言われていた外国馬を相手に、国内最強級が束になっても手も足も出せなかった、開設当初のジャパンカップ。今年で36回目となるジャパンカップは、その立場が完全に逆転。現在は“国内古馬と3歳馬の比較”が焦点のレースとなっている。ジャパンカップという名称は名ばかりか。


■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807


先に外国馬について語っておこう。先に述べたとおり、1981年の開設から17年ほどは猛威を奮ってきた外国馬も、1998年以降は2002年ファルブラヴ(中山芝2200m施行)と2005年アルカセットの2勝だけ。とくに2006年ディープインパクトが走って以降は、延べ39戦して1度も馬券に絡めず、掲示板どころか、2桁着順(10着以下)でなければ健闘と言えてしまう部類。開設当初のジャパンカップとはまるで別レースのようになってきた。

[もっと見る]

⇒もっと見る

アドマイヤムーンの口コミ


口コミ一覧

道悪競馬の結果

 明日真 2017年04月12日(水) 21:29

閲覧 42ビュー コメント 0 ナイス 7

先週の阪神/中山結果です。
もうダイワメジャーがくるくる〜
ダートのファスリエフも覚えておかねば^^
4月8日
1R 1着 父カジノドライブ 複勝970円
7R 1着 父メイショウボーラー 単勝1030円 複勝220円
9R 3着 父マンハッタンカフェ 複勝340円
10R 2着 父ダイワメジャー 複勝140円
   3着 父ダイワメジャー 複勝1320円
中山
6R 2着 父ディープスカイ 複勝150円
8R 1着 父ファスリエフ 単勝2310円 複勝500円
9R 1着 父ダイワメジャー 単勝2300円 複勝460円
  2着 父ワークフォース 複勝110円
11R 3着 父ダイワメジャー 複勝260円
4月9日
阪神
1R 3着 父ハーツクライ複勝160円
3R 1着 父ファスリエフ 単勝14200円 複勝2230円
4R 1着 父ダイワメジャー 単勝300円 複勝130円
7R 1着 父ワークフォース 単勝610円 複勝160円
  2着 父アドマイヤムーン 複勝140円
8R 2着 父ヨハネスブルグ 複勝380円
9R3着 父ダイワメジャー複勝140円
10R3着 父アドマイヤムーン複勝260円
11R(桜花賞) 1着 父ダイワメジャー 単勝4080円 複勝480円
中山
1R 2着 父ファスリエフ 複勝110円
8R1着 父ストーミングフォーム単勝1400円 複勝240円
  3着 父マンハッタンカフェ 複勝1010円
10R2着 父アドマイヤムーン 複勝130円

 昌王 2017年03月26日() 09:25
まだまだやれるぞフィエロ
閲覧 29ビュー コメント 0 ナイス 3

春のG1レース第2弾宮杯ですが今年のメンバーからも難しいレースですね。高齢馬は来ませんがこのメンバーでは実績は十分、年齢が気がかりで人気はしませんがここは初距離を使ってきた藤原先生は不気味でまた魅力十分だと思います前走の金杯も余り衰えもかんじなかったので距離短縮で何とかなりそうな予感もします。相手はセイウンコウセイでアドマイヤムーン産駒の短距離適性はあると思いこの2頭からの馬券で勝負してみます。さて結果はどうなることやら?

[もっと見る]

 すにく 2017年03月26日() 06:03
高松宮記念 渾身予想
閲覧 42ビュー コメント 0 ナイス 3

本命不在。

ビッグアーサー、ダンスディレクターと本命候補の早々と不参加が決まっており、本命不在の団子状態になるのかな。

特に今年はシルクロードSを見てダンスディレクターで決まりかなと思ってた矢先、離脱になってしまった。

一応1番人気はレッドファルクスで決まりそうか。
昨年のスプリンターズSでG1初制覇。海外G1ボロ負けも中京CBC賞の勝ち馬とあって有利という事で人気したか。

今年は大挙参戦している4歳馬に注目したい。

中山での連勝から勢いがあるメラグラーナ。
スプリンターズS4着、阪神Cの勝ち馬シュウジ。
スプリンターズS3着ソルヴェイグ。
シルクロードS2着セイウンコウセイ。
メラグラーナに次ぐ実績ナックビーナス。
1200mで開花したか、こちらも勢いワンスインナムーン。

強そうな世代です。

今年はこの4歳勢vs古馬少しで考えたい。

先述したダンスを物差しにすると、締まった流れの番手で競馬し最後の最後でダンスに差されたセイウンコウセイ。これは有力。

人気のメラグラーナはさくらんぼ特別でセイウンコウセイに負けている。
ナックビーナスはメラグラーナに2連敗。
ソルヴェイグとシュウジは2勝1敗と環境により左右されるがほぼトントンの成績。

そこで浮かび上がったのが
18.ワンスインナムーン。これで行く。

セイウンコウセイを昨年コンマ6秒ちぎって勝ったレースがある。
条件戦だが当時はこちらが人気。勝って当たり前の状況でセイウンコウセイの突き離した逃げを2番手追走し直線で捕まえてちぎって勝った。
セイウンを「その他一頭」レベルで引き離していた。

元々サウスポーでクラス上がって低迷したが、1200mに矛先を向けた瞬間連勝。
厳しいと思われた前走の重賞挑戦も額面上Sペースだが、1.3.4着に追い込んだ馬がくるタフなレースを先行して2着。

相当力をつけているとみた。
遅れてきた本命候補である。

アドマイヤムーン産駒といえば、高松宮記念2.3着の実績、快速馬ハクサンムーンがいる。最近まで必ずスプリントG1を賑わしていましたね。

セイウンコウセイもアドマイヤムーン産駒。
ここ中心とスプリンターズS勝ち馬レッドファルクスを絡めて買うか。

4歳馬は押さえたいので今回は幅広く。

◎18.
◯7.
▲6.
△12.
×2.9.10.13.17.

[もっと見る]

アドマイヤムーンの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

アドマイヤムーンの写真

アドマイヤムーン

アドマイヤムーンの厩舎情報 VIP

2007年11月25日ジャパンカップ G11着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アドマイヤムーンの取材メモ VIP

2007年11月25日 ジャパンカップ G1 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。