レクレドール(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  黒鹿毛 2001年2月24日生
調教師池江泰郎(栗東)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者白老ファーム
生産地白老町
戦績27戦[4-2-4-17]
総賞金18,488万円
収得賞金4,075万円
英字表記Les Clefs d'Or
血統 サンデーサイレンス
血統 ][ 産駒 ]
Halo
Wishing Well
ゴールデンサッシュ
血統 ][ 産駒 ]
デイクタス
ダイナサツシユ
兄弟 ステイゴールドキャッチザゴールド
前走 2007/03/11 中山牝馬ステークス G3
次走予定

レクレドールの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
07/03/11 中山 11 中山牝馬S G3 芝1800 162435.01010** 牝6 56.0 柴山雄一池江泰郎452(-8)1.51.5 1.337.9⑩⑨⑨⑦マイネサマンサ
07/01/28 京都 11 京都牝馬S G3 芝1600 1681629.51012** 牝6 56.0 柴山雄一池江泰郎460(+8)1.34.5 1.535.6⑨⑨ディアデラノビア
06/12/16 中京 11 愛知杯 G3 芝2000 152317.754** 牝5 56.0 柴山雄一池江泰郎452(+4)1.58.9 0.334.2⑪⑪⑩⑩アドマイヤキッス
06/11/12 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 1647113.4128** 牝5 56.0 藤田伸二池江泰郎448(+2)2.12.3 0.935.0⑭⑬⑪⑫フサイチパンドラ
06/10/15 東京 11 府中牝馬S G3 芝1800 183513.959** 牝5 55.0 蛯名正義池江泰郎446(-4)1.48.3 0.834.1⑫⑩⑪デアリングハート
06/08/20 札幌 9 札幌記念 G2 芝2000 164720.092** 牝5 55.0 藤田伸二池江泰郎450(-4)2.00.5 0.234.1⑦⑥④④アドマイヤムーン
06/08/13 札幌 9 クイーンS G3 芝1800 143315.673** 牝5 55.0 柴山雄一池江泰郎454(+6)1.47.0 0.336.0⑨⑧⑥デアリングハート
06/06/18 京都 11 マーメイドS G3 芝2000 1471110.3512** 牝5 55.0 武豊池江泰郎448(+4)2.02.1 1.035.1⑨⑨⑨⑨ソリッドプラチナム
06/05/14 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 185996.11218** 牝5 55.0 蛯名正義池江泰郎444(-4)1.35.9 1.934.8⑪⑰ダンスインザムード
06/04/22 福島 11 福島牝馬S G3 芝1800 165106.125** 牝5 55.0 柴山雄一池江泰郎448(+2)1.48.7 0.236.5⑩⑩⑥⑦ロフティーエイム
06/03/12 中山 11 中山牝馬S G3 芝1800 162314.2711** 牝5 55.0 蛯名正義池江泰郎446(-6)1.49.5 1.736.4⑩⑩⑦⑨ヤマニンシュクル
06/01/29 京都 11 京都牝馬S G3 芝1600 167145.636** 牝5 55.0 O.ペリエ池江泰郎452(-4)1.33.9 0.434.2⑤⑥マイネサマンサ
05/12/18 阪神 11 阪神牝馬S G2 芝1600 1181010.233** 牝4 55.0 O.ペリエ池江泰郎456(+4)1.34.6 0.134.8⑧⑧④アドマイヤグルーヴ
05/11/13 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 1881730.7617** 牝4 56.0 蛯名正義池江泰郎452(+6)2.14.5 2.035.7⑥⑤⑤④スイープトウショウ
05/10/16 東京 11 府中牝馬S G3 芝1800 178155.337** 牝4 55.0 蛯名正義池江泰郎446(-6)1.47.3 0.634.1⑤④④ヤマニンアラバスタ
05/08/14 札幌 9 クイーンS G3 芝1800 143413.051** 牝4 55.0 蛯名正義池江泰郎452(+2)1.46.7 -0.034.7④④④ヘヴンリーロマンス
05/07/10 阪神 11 マーメイドS G3 芝2000 10893.015** 牝4 55.0 熊沢重文池江泰郎450(-4)2.01.9 1.437.1⑥⑥⑦⑥ダイワエルシエーロ
05/06/05 中京 11 愛知杯 G3 芝2000 18358.047** 牝4 55.0 熊沢重文池江泰郎454(+6)2.01.8 0.536.8⑬⑩マイネソーサリス
05/04/24 福島 11 福島牝馬S G3 芝1800 16236.843** 牝4 54.0 柴山雄一池江泰郎448(0)1.49.9 0.534.5⑫⑩⑨⑪メイショウオスカル
05/03/12 中山 11 中山牝馬S G3 芝1800 16356.028** 牝4 55.0 M.デムー池江泰郎448(+6)1.50.1 0.434.3⑯⑮⑮⑮ウイングレット

⇒もっと見る


レクレドールの関連ニュース

 第53回札幌記念(20日、札幌11R、GII、3歳上オープン国際(特指)、定量、芝2000メートル、1着本賞金7000万円=出走13頭)サマー2000シリーズ第4戦は、蛯名正義騎乗の6番人気サクラアンプルールが、中団追走から早めに動いて快勝。6歳にして重賞初制覇となった。タイム2分0秒4(良)。秋は天皇賞(10月29日、東京、GI、芝2000メートル)を視野に入れて調整される。2着は12番人気のナリタハリケーン。1番人気のヤマカツエースは伸び切れず3着に敗れた。

 まさにガラリ一変だ。函館記念9着のサクラアンプルールが、晴天の札幌で力強くトップゴールを果たして重賞初制覇。引き揚げてきた蛯名騎手は激戦の疲れも見せず、白い歯をこぼした。

 「いい枠だったので、ジワッと行ければと思っていた。4コーナーも手応え十分に回り、一気に加速。早めに動いたぶん馬が遊んでいたけど、なんとかしのいでほしいと一生懸命に追った」

 出たなりで中団のインを追走。勝負どころで一気に追い上げ、4コーナーで先団の外へ。残り200メートルで先頭に立つと、気を抜きそうになる相棒をムチで鼓舞し、ナリタハリケーンの追撃をクビ差しのぎきった。

 休み明けを叩いて鮮やかに変身。「前回はおとなしすぎたけど、きょうは返し馬から気合が入って、気配が一変していると思った」。デキ絶好のパートナーを肌で感じ、能力を全て引き出した。48歳のベテランは今夏、12年ぶりに滞在で函館、札幌と騎乗。「地元で勝てて良かった」。2005年のクイーンS(レクレドール)以来となる札幌での重賞Vに破顔一笑だ。

 さくらコマースの全尚烈オーナー(67)は「久しぶりに感動しました。能力はあったけど、出世が遅れた馬ですから」。中央で勝ち上がれず、ホッカイドウ競馬へ。門別で2勝して再転入後は着実に力をつけ、昨年末にオープン入りすると、初勝利を挙げた北の大地で初タイトルを手にした。「いつまでも活躍してくれるのが何より」とオーナーは笑顔。金成調教師がフランスに出張中のため、表彰台に立った池上助手も「ヒヤヒヤしましたが、頑張ってくれました」と愛馬をたたえた。

 賞金を加算し、秋は天皇賞も視野に入る。「チャレンジしたいですね。ちょうど(レース当日の)10月29日が誕生日。サクラチトセオー(1995年)のときもそうでした。また勝ちたい」とオーナーも期待を込める。6歳にして素質が開花したサクラアンプルールの視界には、はっきりと頂点が見えだした。 (千葉智春)

★20日札幌11R「札幌記念」の着順&払戻金はこちら★サンスポe−shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!

レクレドールの関連コラム

閲覧 2,699ビュー コメント 0 ナイス 8

 早いもので「ウマニティPOG 2016」も既に5週が経過。JRAだけで421頭の2歳馬がデビューを果たし、各ワールドのランキングにも少しずつ動きが出てきました。7月24日には函館2歳ステークス(2歳G掘θヾ杣1200m)が行われ、世代最初のJRA重賞ウイナーが誕生する見込み。今シーズン最初の山場と言っていいかもしれません。

 もっとも、この時期の当コラムで再三繰り返しているように、「ウマニティPOG 2016」はまだまだ長い戦いが始まったばかり。仮想オーナー募集枠の開放スケジュールに合わせて有力馬を指名することができれば、上位進出は十分に可能です。そこで今回は、デビュー間近と思われる馬、すなわち現時点で未出走、かつ東西のトレーニングセンターに入厩している馬の中から、有力と思しき馬を紹介します。今週以降も続いていく入札の参考としていただければ幸いです。

 本稿を制作するにあたり、私はまずJRA-VANのデータから「7月3日の時点で入厩している未出走の2歳馬」「6月27日〜7月3日の間に東西のトレーニングセンターで坂路調教を行った未出走の2歳馬(競走馬として未登録の馬を含む)」を抽出。その中から、注目すべきファクターごとに該当馬をピックアップし、一覧としてまとめました。それぞれの一覧には重複もありますがご了承ください。

 まずは「注目POG馬ランキング(2016/07/03 23:00更新)」で100位以内に入っていた該当馬を紹介します。この項のみ、各馬の末尾に「注目POG馬ランキング」の順位を付記しました。なお、以下の一覧を含め、並び順は父名順→母名順です。

マジカルスペル(牡/父Creative Cause×母プラウドスペル) ※75位
ソウルスターリング(牝/父Frankel×母スタセリタ) ※20位
ミスエルテ(牝/父Frankel×母ミスエーニョ) ※17位
エアウィンザー(牡/父キングカメハメハ×母エアメサイア) ※37位
プレスト(牡/父キングカメハメハ×母ポップコーンジャズ) ※78位
ビッグディザイア(牡/父キングカメハメハ×母レッドディザイア) ※87位
コリエドール(牡/父クロフネ×母レクレドール) ※64位
トリコロールブルー(牡/父ステイゴールド×母ペンカナプリンセス) ※27位
オンリートゥモロー(牝/父ディープインパクト×母アコースティクス) ※51位
アドマイヤラッシュ(牡/父ディープインパクト×母アドマイヤマリン) ※45位
●馬名未定(牝/父ディープインパクト×母コケレール) ※25位
エイプリルミスト(牝/父ディープインパクト×母スターダムバウンド) ※86位
ワンフォーオール(牡/父ディープインパクト×母ラヴェリータ) ※35位
マイティドリーム(牡/父ディープインパクト×母ラグジャリー) ※62位
ムーヴザワールド(牡/父ディープインパクト×母リッスン) ※13位
ダノンオブザイヤー(牡/父ディープインパクト×母レディジョアン) ※57位
ピスカデーラ(牝/父ブラックタイド×母ドリームスケイプ) ※82位
ダンビュライト(牡/父ルーラーシップ×母タンザナイト) ※39位

 該当馬のうち「注目POG馬ランキング」の順位がもっとも高かったのはムーヴザワールド(リッスンの2014)。先週6月29日に入厩したばかりで、ゲート試験合格を目指していくとのことでした。個人的に指名候補として注目していたこともあり、「思ったよりも早かったな」という印象を受けたものの、順調そうなのは何より。このままデビューするのか、それともゲート試験合格後に一旦放牧を挟むのかはわかりませんが、引き続き注目しておきたいと思います。

 ここから先は、当コラムの今シーズン第1回「入札へ向けてのデータ分析」を参考に、有力と思われる馬を紹介しましょう。
 1頭あたり本賞金が900万円を超えていた調教師の管理馬は下記の通りです。

池江泰寿調教師>
ミスエルテ(牝/父Frankel×母ミスエーニョ)
プレスト(牡/父キングカメハメハ×母ポップコーンジャズ)
ソーグリッタリング(牡/父ステイゴールド×母ソーマジック
クライムメジャー(牡/父ダイワメジャー×母クライウィズジョイ)
ダノンオブザイヤー(牡/父ディープインパクト×母レディジョアン)
ビートフォーセール(牝/父ハーツクライ×母ライフフォーセール)

堀宣行調教師>
コリエドール(牡/父クロフネ×母レクレドール
オメガドラクロワ(牡/父ステイゴールド×母カチバ)

友道康夫調教師>
ラブフルーツ(牝/父キングカメハメハ×母アドマイヤトパーズ)
クラリティダイヤ(牝/父キングズベスト×母タイキダイヤ
トリコロールブルー(牡/父ステイゴールド×母ペンカナプリンセス)
ユアスイスイ(牝/父ダイワメジャー×母ケイティーズベスト)
アドマイヤラッシュ(牡/父ディープインパクト×母アドマイヤマリン)
アドマイヤミヤビ(牝/父ハーツクライ×母レディスキッパー)
ルタンデュボヌール(牡/父マンハッタンカフェ×母アドマイヤハッピー

藤沢和雄調教師>
ソウルスターリング(牝/父Frankel×母スタセリタ)
アルトリウス(牡/父キングカメハメハ×母レジネッタ
サトノアレス(牡/父ディープインパクト×母サトノアマゾネス)
ペイドメルヴェイユ(牝/父ローエングリン×母ミスティックリバー

 各馬の「注目POG馬ランキング」を確認したところ、ミスエルテ(ミスエーニョの2014)が17位、ソウルスターリング(スタセリタの2014)が20位と、Frankel産駒の2頭が上位にランクインしていました。先週7月2日の中京5R(2歳新馬・芝1400m)では同じFrankel産駒のライズイーグル(Rose of Summerの2014)がデビューし、単勝オッズ1.7倍の1番人気に支持されるなど、かなりの注目を集めていましたね。残念ながらライズイーグルは5着に敗れてしまったものの、この2頭の初陣も話題となりそうです。

 種牡馬別成績でダントツの数字をマークしていたのはディープインパクト。デビューが近いと思われる産駒は16頭います。

オンリートゥモロー(牝/父ディープインパクト×母アコースティクス)
アドマイヤラッシュ(牡/父ディープインパクト×母アドマイヤマリン)
サトノシャーク(牡/父ディープインパクト×母オジャグワ)
ワラッチャウヨネ(牝/父ディープインパクト×母クリームパフ)
●馬名未定(牝/父ディープインパクト×母コケレール)
サウンドラブリー(牝/父ディープインパクト×母サウンドバリアー
サトノアレス(牡/父ディープインパクト×母サトノアマゾネス)
クールデザイン(牝/父ディープインパクト×母シンディ)
エイプリルミスト(牝/父ディープインパクト×母スターダムバウンド)
ナンヨープルートー(牡/父ディープインパクト×母ハイカックウ)
サングレーザー(牡/父ディープインパクト×母マンティスハント)
メイショウテンシャ(牡/父ディープインパクト×母メイショウベルーガ
ワンフォーオール(牡/父ディープインパクト×母ラヴェリータ
マイティドリーム(牡/父ディープインパクト×母ラグジャリー)
ムーヴザワールド(牡/父ディープインパクト×母リッスン)
ダノンオブザイヤー(牡/父ディープインパクト×母レディジョアン)

 前述のムーヴザワールドを除くと、「注目POG馬ランキング」最上位はコケレールの2014。母がサンタラリ賞(仏G機砲鮠,辰討い詢彪貲呂任后83歳の全兄ラヴィエベールが6月11日の東京7R(3歳以上500万下・芝2400m)で2勝目をマークしたこともあり、指名した皆さんの期待度はますます高まっているはず。馬名はまだJRA-VANに登録されていないものの、今後の動向が楽しみな一頭と言えるでしょう。

 生産者別成績はノーザンファームの“一強”でしたが、こちらは該当馬が69頭もいるため、「注目POG馬ランキング」で1000位以内にランクインした馬のみを列挙しておきます。まぁ、それでも44頭ほどおり、注目度の高さを改めて実感しましたが……。気になる血統を見かけたら、ぜひチェックしてみてください。

マジカルスペル(牡/父Creative Cause×母プラウドスペル)
ランニングウインド(牡/父Discreetly Mine×母ランニングボブキャッツ)
ミスエルテ(牝/父Frankel×母ミスエーニョ)
フィアマロッサ(牝/父アイルハヴアナザー×母フィロンルージュ)
バレーロ(牡/父ヴィクトワールピサ×母ベルベットローブ)
ヴァンクールシルク(牡/父ヴィクトワールピサ×母ルシルク)
プレスト(牡/父キングカメハメハ×母ポップコーンジャズ)
バルコラベーロ(牡/父クロフネ×母アペラシオン)
クルークハイト(牝/父クロフネ×母ヴァイスハイト)
ハッシュタグ(牡/父クロフネ×母サンデースマイル2)
ジューヌエコール(牝/父クロフネ×母ルミナスポイント
シャープシューター(牡/父ゴールドアリュール×母シャーペンエッジ)
クインズゴールド(牝/父ステイゴールド×母ストールンハート)
ディアマイラブ(牝/父ステイゴールド×母ディアジーナ
トリコロールブルー(牡/父ステイゴールド×母ペンカナプリンセス)
サトノマサムネ(牡/父ゼンノロブロイ×母エリドゥバビロン)
デクレアビクトリー(牡/父ゼンノロブロイ×母クーデグレイス
ラバピエス(牡/父タートルボウル×母サルスエラ)
シェルブルック(牡/父タートルボウル×母シャルルヴォア)
シャプレドサクレ(牝/父タートルボウル×母ピュアチャプレット)
ピンクスター(牝/父タートルボウル×母レアクラシック)
ミッキークルソラ(牝/父ダイワメジャー×母クルソラ)
ユアスイスイ(牝/父ダイワメジャー×母ケイティーズベスト)
オールポッシブル(牝/父ダイワメジャー×母シーズインポッシブル)
ピンクブリザード(牝/父ダイワメジャー×母ピンクリップス)
●マイティーキュート(牝/父ダイワメジャー×母マイティースルー
ポールヴァンドル(牝/父ダイワメジャー×母レディドーヴィル)
オンリートゥモロー(牝/父ディープインパクト×母アコースティクス)
アドマイヤラッシュ(牡/父ディープインパクト×母アドマイヤマリン)
●馬名未定(牝/父ディープインパクト×母コケレール)
エイプリルミスト(牝/父ディープインパクト×母スターダムバウンド)
ムーヴザワールド(牡/父ディープインパクト×母リッスン)
カトリーヌ(牝/父ハーツクライ×母デビルズコーナー)
バラダガール(牝/父ハーツクライ×母バラダセール)
ビートフォーセール(牝/父ハーツクライ×母ライフフォーセール)
アドマイヤミヤビ(牝/父ハーツクライ×母レディスキッパー)
アドマイヤゲーム(牝/父ハービンジャー×母アドマイヤテンバ
●サンキューゴッド(牡/父ハービンジャー×母アンナヴァン)
キュイキュイ(牝/父ハービンジャー×母スナップショット)
ピスカデーラ(牝/父ブラックタイド×母ドリームスケイプ)
ルタンデュボヌール(牡/父マンハッタンカフェ×母アドマイヤハッピー
アトラーニ(牡/父ルーラーシップ×母アマルフィターナ)
ダンビュライト(牡/父ルーラーシップ×母タンザナイト)
アドマイヤウイナー(牡/父ワークフォース×母ソングバード)

※次回のコラムは8/2(火)になります。


■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。主な著作に『コース別 本当に儲かる血統大全』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。


登録済みの方はこちらからログイン

レクレドールの口コミ


口コミ一覧
口コミ情報はありません。

レクレドールの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

レクレドールの写真

投稿写真はありません。

レクレドールの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

レクレドールの取材メモ VIP

2007年3月11日 中山牝馬ステークス G3 10着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。