ミスエルテ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ミスエルテ
ミスエルテ
ミスエルテ
写真一覧
現役 牝4 鹿毛 2014年4月7日生
調教師池江泰寿(栗東)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 7戦[2-0-0-5]
総賞金4,742万円
収得賞金1,850万円
英字表記Mi Suerte
血統 Frankel
血統 ][ 産駒 ]
Galileo
Kind
ミスエーニョ
血統 ][ 産駒 ]
Pulpit
Madcap Escapade
兄弟 ミカリーニョ
前走 2017/12/23 阪神カップ G2
次走予定

ミスエルテの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/12/23 阪神 11 阪神カップ G2 芝1400 1881637.21115** 牝3 54.0 川田将雅池江泰寿464(-6)1.20.5 1.034.7⑪⑩イスラボニータ
17/10/28 京都 11 毎日スワンS G2 芝1400 1881716.9815** 牝3 52.0 川田将雅池江泰寿470(+24)1.23.4 1.035.7⑰⑰サングレーザー
17/05/07 東京 11 NHKマイル G1 芝1600 1861212.257** 牝3 55.0 川田将雅池江泰寿446(-4)1.33.1 0.834.3⑬⑬アエロリット
17/04/09 阪神 11 桜花賞 G1 芝1600 181116.7511** 牝3 55.0 川田将雅池江泰寿450(-4)1.35.4 0.935.9⑥⑨レーヌミノル
16/12/18 阪神 11 朝日杯FS G1 芝1600 187132.414** 牝2 54.0 川田将雅池江泰寿454(-4)1.35.8 0.434.7⑥⑧サトノアレス
16/11/05 京都 11 ファンタジー G3 芝1400 12111.411** 牝2 54.0 川田将雅池江泰寿458(-6)1.21.8 -0.233.6⑩⑩ショーウェイ
16/09/24 阪神 5 2歳新馬 芝1600 15581.311** 牝2 54.0 川田将雅池江泰寿464(--)1.37.2 -0.333.7⑥⑤デルマコイウタ

ミスエルテの関連ニュース

 12月23日(土)に阪神競馬場で行われる第12回阪神カップ(3歳上、牡・牝、GII、芝1400メートル、定量、フルゲート18頭、1着賞金=6700万円)の枠順が確定した。



 このレースがラストランとなる14年の皐月賞イスラボニータは1枠2番、スワンS勝ち馬サングレーザーは5枠10番、桜花賞レーヌミノルは3枠5番、昨年の覇者シュウジは8枠17番、目下4連勝中の上がり馬モズアスコットは4枠7番に決まった。



(左から)枠順−馬番 馬名 斤量 騎手

1− 1 ムーンクレスト   57.0藤岡佑介

1− 2 イスラボニータ   57.0C.ルメール

2− 3 タガノブルグ    57.0酒井学

2− 4 オールザゴー    56.0中谷雄太

3− 5 レーヌミノル    54.0和田竜二

3− 6 キャンベルジュニア 57.0R.ムーア

4− 7 モズアスコット   56.0C.デムーロ

4− 8 エポワス      57.0H.ボウマン

5− 9 ビップライブリー  57.0大野拓弥

5−10 サングレーザー   56.0福永祐一

6−11 アポロノシンザン  57.0津村明秀

6−12 ダンスディレクター 57.0武豊

7−13 モーニン      57.0岩田康誠

7−14 サンライズメジャー 57.0池添謙一

7−15 トウショウピスト  57.0古川吉洋

8−16 ミスエルテ     54.0川田将雅

8−17 シュウジ      57.0横山典弘

8−18 シャイニングレイ  57.0北村友一



阪神カップの枠順はこちら 調教タイムも掲載

【阪神カップ】厩舎の話2017年12月22日(金) 05:01

 ◆アポロノシンザン・鈴木伸師 「ここを目標に調整。速いペースで後続に脚を使わせる形で」

 ◆イスラボニータ・栗田博師 「(引退レースに向けて)満足いく仕上がり。1400メートルがどうかだが、スムーズなら」

 ◆エポワス・藤沢和師 「間隔はあいているが、動きが良くていい仕上がり。衰えもない」

 ◆オールザゴー・久保助手 「びっしりやって動きはいい。1400メートルはいい。舞台も合う」

 ◆キャンベルジュニア・森助手 「スピードに乗せる走りができた。良馬場なら巻き返せる」

 ◆サングレーザー・川上助手 「いつも通りの動きで変わりない。落ち着きも出てきた」

 ◆サンライズメジャー・浜田師 「今なら1400メートルの方がいい」

 ◆シャイニングレイ・高野師 「脚部不安で休ませて完調手前だが、能力に期待したい」

 ◆シュウジ・須貝師 「前走は前残りの展開でも差を詰めた。連覇に期待したい」

 ◆タガノブルグ・鮫島師 「動きは変わらずにいい。ある程度ペースが流れてくれれば」

 ◆ダンスディレクター・笹田師 「調教はいつも通りの動き。折り合いもつくようになっている」

 ◆トウショウピスト・古川騎手 「この馬なりに動いている。時計がかかってほしい」

 ◆ビップライブリー・久保助手 「動きは悪くない。折り合い重視でしまいも動いていた」

 ◆ミスエルテ・池江師 「動きは抜群。精神的にもしっかりしてきた」

 ◆ムーンクレスト・藤岡佑騎手 「変わりなくいい感じ。すんなり先行できれば」

 ◆モズアスコット・Cデムーロ騎手 「いいスピードがあってコンディションもいい。いい競馬はできると思う」

 ◆モーニン・古川助手 「時計も動きもいい。坂路で動いているから芝の短距離はいいと思う」

 ◆レーヌミノル・本田師 「いい動き。変わりなく順調で競馬に注文はつかない」



★阪神Cの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【阪神カップ】厩舎の話2017年12月21日(木) 11:07

 アポロノシンザン・鈴木伸調教師「相手は強いが、力をつけている。今回もハナを切る競馬で」

 イスラボニータ・栗田博調教師「調教のフットワークはスムーズ。1F短縮に対応できれば」

 エポワス・藤沢和調教師「適度に休み休み使っているので、まだ実戦で真面目に走ってくれる」

 キャンベルジュニア・森助手「相手は強いが、良馬場なら巻き返しも」

 サングレーザー・川上助手「いつもどおりの動きで変わりはない。落ち着きも出てきた」

 サンライズメジャー・浜田調教師「追い切りの動きはいい。今は1400メートルのほうが合う」

 シャイニングレイ・高野調教師「相変わらず動く。休ませて完調手前だが、能力に期待したい」

 シュウジ・須貝調教師「いい感じ。前走は前残りの展開でも差を詰めた。連覇に期待したい」

 タガノブルグ・鮫島調教師「変わらずに気配は上々。詰めて使うほうがいいし、舞台は合う」

 ダンスディレクター・笹田調教師「動きはいつもどおり。折り合いもつくようになっている」

 トウショウピスト・古川騎手「この馬なりに動いている。感触はいいし、時計がかかれば」

 ビップライブリー・久保助手「動きは悪くない。折り合い重視でしまいも動いていた」

 ミスエルテ・池江調教師「動きは抜群。前走もパドックでは落ち着いていたし、精神的に成長」

 ムーンクレスト・藤岡佑騎手「体調は安定している。すんなり先行できれば変わっていい」

 モズアスコット・Cデムーロ騎手「反応は良かった。いいスピードがあるし、状態もいい」

 モーニン・古川助手「時計も動きも上々。坂路で動いているから芝の短距離はいいと思う」

 レーヌミノル・本田調教師「変わりなく順調。競馬に注文がつかないし、力を出せる状態だ」

(夕刊フジ)

★阪神Cの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【阪神カップ】追って一言2017年12月21日(木) 05:02

 ◆アポロノシンザン・鈴木伸師 「放牧を挟んでここを目標に。速いペースで後続に脚を使わせる形がいいね。ここでも楽しみがある」

 ◆エポワス・藤沢和師 「間隔はあいているが、動きも良くていい仕上がり。真面目に走るし、衰えもないよ」

 ◆キャンベルジュニア・森助手 「放牧明けでトモ(後肢)が緩かったが、先週がいい動きで、今日もスピードに乗せる走りができた。良馬場なら巻き返せる」

 ◆サングレーザー・川上助手 「いつも通りの動きで変わりない。落ち着きも出てきた」

 ◆サンライズメジャー・浜田師 「動きはいい。今なら1400メートルの方がいい」

 ◆シャイニングレイ・高野師 「相変わらず動く。脚部不安で休ませて完調手前だが、能力に期待したい」

 ◆シュウジ・須貝師 「リラックスしていい感じ。前走は前残りの展開でも差を詰めた。連覇に期待したい」

 ◆タガノブルグ・鮫島師 「動きは変わらずにいい。舞台は合っている。ある程度流れてくれれば」

 ◆ダンスディレクター・笹田師 「しまい重点の指示でいつも通りの動き。最近は折り合いもつくようになっている」

 ◆トウショウピスト・古川騎手 「この馬なりに動いている。時計がかかってほしい」

 ◆ビップライブリー・久保助手 「動きは悪くない。折り合い重視でしまいも動いていた」

 ◆ミスエルテ・池江師 「動きは抜群。前走もパドックとかでは落ち着いていたし、精神的にもしっかりしてきた」

 ◆ムーンクレスト・藤岡佑騎手 「変わりなくいい感じの動き。体調も安定しているし、すんなり先行できれば」

 ◆モーニン・古川助手 「時計も動きもいい。坂路で動いているから芝の短距離はいいと思う」

 ◆レーヌミノル・本田師 「いい動き。順調だし、競馬に注文がつかない。力を出せる状態」

[もっと見る]

【阪神カップ】特別登録馬2017年12月17日() 17:30

[もっと見る]

【朝日杯FS】レースの注目点 2017年12月11日(月) 20:25

★唯一の無敗馬ダノンプレミアム、無傷3連勝でGIタイトル手にするか

 今年の朝日杯フューチュリティS登録馬18頭のうち無敗馬は、2戦2勝のダノンプレミアム(牡、栗東・中内田充正厩舎)1頭のみ。同馬は新馬→GIIIサウジアラビアロイヤルCと連勝中だが、無傷の3連勝で勝利を飾ることができるだろうか。

 Vなら、無敗馬の朝日杯FS制覇は、グレード制が導入された1984年以降、2015年リオンディーズ以来2年ぶり13頭目となる。なお、サウジアラビアロイヤルCの前身であるいちょうS勝ち馬からは、3冠馬シンボリルドルフを筆頭に、GI5勝馬メジロドーベルなど、多くのGIホースが誕生している。

 また、ダノンプレミアムに騎乗予定の川田将雅騎手は、初の朝日杯FS制覇がかかっている。同騎手は、昨年、牝馬のミスエルテで参戦し、1番人気で4着という結果だったが、今年は勝利を挙げることができるだろうか。

武豊GI完全制覇に王手かけるか 18度目の挑戦

 アサクサゲンキ(牡、栗東・音無秀孝厩舎)に騎乗予定の武豊騎手が、朝日杯FS初制覇を目指す。同騎手はJRAで実施されるGI競走24レースのうち、22レースで計74勝を挙げており、完全制覇へ残すは2歳GIの「朝日杯FS」と「ホープフルS」となっている。

 朝日杯FSには、過去17回騎乗し4度の2着があるが、果たして、GI完全制覇に王手をかけることができるだろうか。なお、武豊騎手はアサクサゲンキに2度騎乗し、GIII小倉2歳S優勝、GII京王杯2歳S3着の成績を残している。





★唯一の3勝馬タワーオブロンドン、モハメド殿下はライトオンキューも登録

 タワーオブロンドン(牡、美浦・藤沢和雄厩舎)は、18頭の登録馬のうち唯一の3勝馬で、通算4戦3勝の成績である。同馬は、7月29日の新馬戦を勝ったあと、2戦目のクローバー賞では2着に敗れたが、3戦目のききょうS、4戦目のGII京王杯2歳Sと連勝。京王杯2歳Sの勝ち馬は、グレード制が導入された1984年以降の朝日杯FSで22戦5勝、2着6回(勝率22.7%、連対率50.0%)の成績を残しているが、タワーオブロンドンは4勝目をGIの舞台で挙げることができるのだろうか。

 また、本邦外居住馬主のH.H.シェイク・モハメドは、タワーオブロンドンライトオンキュー(牡、栗東・昆貢厩舎)の2頭を登録。同馬主は、外国馬では1996年ジャパンCシングスピールで制しているが、JRAの馬主として初のGI制覇を遂げることができるだろうか。

 なお、今回登録している2頭はダーレー・ジャパン・ファームの生産馬で、タワーオブロンドンはRaven’s pass、ライトオンキューはShamardalの持込馬である。ちなみにRaven’s passは、現役時2008年ブリーダーズCクラシックなどGI・2勝、Shamardalは2005年仏ダービーなどGI・4勝を挙げている。

★連覇かかる藤沢和師、今年の2歳戦で4頭がオープン入り

 昨年、サトノアレスで優勝した藤沢和雄調教師は、タワーオブロンドン(牡)とファストアプローチ(牡)の2頭で連覇に挑む。今年、同調教師は、12月11日現在、出走させた2歳馬15頭のうち8頭が勝ち上がっており、そのうち4頭がオープン入りを果たしている。朝日杯FSの連覇を決めれば、グレード制が導入された1984年以降、境勝太郎元調教師(1987・88年)以来2人目となるが、今年も藤沢調教師は勝利を挙げることができるだろうか。

 また、タワーオブロンドンにはC・ルメール騎手、ファストアプローチにはV・シュミノー騎手が騎乗する予定。特にルメール騎手は、藤沢調教師の管埋馬で、12月11日現在、JRA通算178戦57勝、2着32回(勝率32.0%、連対率50.0%)と高い数字をマーク。重賞レースでもGI3勝を含む9勝を挙げており、今年のオークスとダービーも制している。





★活躍目立つ新種牡馬ロードカナロア産駒 ステルヴィオダノンスマッシュが登録

 今年の新種牡馬ロードカナロアは、12月11日現在、JRAで32勝を挙げており、1990年以降の新種牡馬の2歳戦勝利数では、2011年ダイワメジャーと並び2位タイとなっている。同産駒は、朝日杯FSにGIIIサウジアラビアロイヤルC2着のステルヴィオ(牡、美浦・木村哲也厩舎)ともみじS勝ち馬ダノンスマッシュ(牡、栗東・安田隆行厩舎)が登録しているが、初年度産駒からGIホースが誕生するだろうか。Vなら、新種牡馬産駒の朝日杯FS制覇は2005年フサイチリシャール(父クロフネ)以来12年ぶりとなる。

 また、今年の朝日杯FSには、新馬戦開幕週の6月3・4日にデビューした馬が登録しており、ケイアイノーテック(牡、栗東・平田修厩舎)は6月3日の阪神、ステルヴィオは4日の東京でデビューした。6月デビューの朝日杯FS優勝馬は、グレード制が導入された1984年以降5頭いるが、この2頭のどちらかが勝てば、もっとも早いデビューの優勝馬となる。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ミスエルテの関連コラム

閲覧 1,377ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさん、こんにちは。ウマニティ公認プロ予想家のkmです。
今週は、2歳スピード王決定戦『朝日杯フューチュリティステークス』を分析します。


■2017秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=9354


このコラムでは、決め撃ち穴馬ハンターのkmが、『過去5年で勝利馬を出していないデータから今年破られそうな項目』を「データブレイカー」と称し、ウマニティ会員の方だけに独自の見解を交えてお伝えします! 
データ競馬全盛期の今だからこそ、“逆張り”は威力を発揮します。データ派の意表を突く、過去の傾向を覆す可能性の高いポイントにズバッと斬り込んでいきますので、ぜひご活用ください。


G1データブレイカー 2nd season
朝日杯フューチュリティステークス

朝日杯フューチュリティステークスは、近5年で3連単10万円オーバーを3回記録しています。中山から阪神に舞台が替わっても、荒れるレースと考えていいようです。

2016年朝日杯フューチュリティステークス
1着 サトノアレス
主なデータブレイク項目(0/6)

Frankelの初年度産駒ミスエルテに注目が集まった昨年でしたが、今年の藤沢和雄厩舎フィーバーを予期するかのようにサトノアレスが快勝しました。
では、来年のトレンドが潜む宝の海へ航海に出かけましょう!


・前走馬体重471kg以下【0.1.2.32】
・馬体重465kg以下【0.0.0.25】


アイアンクロー
アサクサゲンキ ←オススメ
イシマツ
カシアス ←オススメ
ケイティクレバー
ステルヴィオ ←オススメ
ダノンスマッシュ
ナムラアッパレ
ニシノベースマン
フロンティア ←オススメ

中山開催の朝日杯フューチュリティステークスと言えば巨漢マイラーの巣窟だったのですが、翌々週にホープフルSができたことで短距離馬の登録が目立ちます。
通常なら短距離馬の方がマイラーよりも筋肉質なわけですが、ここで指す短距離馬は、早熟で馬体が小さくまとまっている馬です。2歳G1ならまだまだ完成度で勝負ができます。
アサクサゲンキカシアスの2頭は夏の重賞制覇以後も順調に歩んできました。同じく、フロンティアも復帰戦こそ4着ですが、完調手前のもので巻き返しが期待できます。重馬場のコスモス賞を勝った後も東京で好走したステルヴィオは、勢いのあるロードカナロア産駒で、のびのび走れる阪神外回りコースは合うはずです。
他にも小粒でも中身の濃い早熟短距離馬が、完成前のマイラー軍団に挑みます。ビバ、早熟馬!

続きは、VIPクラブ会員登録でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、一般会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2017年5月10日(水) 18:38 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(5/6〜5/7)岡村信将プロが安定感抜群の予想で的中ラッシュ!
閲覧 1,049ビュー コメント 0 ナイス 6

先週は、7(日)に東京競馬場でG1NHKマイルカップが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
1番人気はカラクレナイで5.0倍、2番人気がアエロリットで5.8倍、続いてモンドキャンノ6.3倍、アウトライアーズ7.7倍とここまで10倍を切る形で人気を形成しました。
 
注目のスタートはアエロリットが絶好のスタートを切りますが、内からボンセルヴィーソがこれを制して先頭に立ちます。先頭はボンセルヴィーソでリードは1馬身、2番手に早めの競馬を選択したモンドキャンノ、続いてディバインコードトラストアエロリットプラチナヴォイスと先団を形成。中団からはタイムトリップリエノテソーロタイムトリップカラクレナイオールザゴーレッドアンシェルと中団を形成。後方からはジョーストリクトリミスエルテアウトライアーズタイセイスターリーキョウヘイと続いて最後方にナイトバナレットの態勢。
  
前半の600m通過は34秒5(参考)の平均ペース。ボンセルヴィーソが先頭で直線コースへ差し掛かります。逃げるボンセルヴィーソのリードは1馬身、後続からは内目からモンドキャンノ、中からトラストディバインコード、外からはアエロリットが追い出しにかかります。残り200mを通過、ここで逃げるボンセルヴィーソに並びかけたアエロリット、外目からはリエノテソーロが追い込んで3頭が抜け出す形!残り100m、ここでボンセルヴィーソを交わして単独先頭に躍り出たアエロリットはさらに加速!ゴール前まで力強い末脚を見せ、懸命に追い込むリエノテソーロを振り切って優勝しました!勝ちタイムは1分32秒3(良)。1馬身半差の2着にリエノテソーロ、そこから2馬身半差の3着にボンセルヴィーソが入っています。
 
公認プロ予想家ではマカロニスタンダーズプロ山崎エリカプロスガダイプロ河内一秀プロが的中しています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
新潟の勝負レースに選んだ6(土)新潟7Rで◎ナミノリゴリラの単勝を5900円的中!4万2480円を払い戻しました!また、東京の勝負レースに選んだ東京6Rでも◎ノワールギャルソン(3.6倍)の単勝を仕留めました!この他にも京都8Rで6万8140円、7(日)京都10Rで6万5270円払い戻しなど高精度予想を幾度となく披露し、週末トータル回収率129%、的中率76%、収支プラス9万5440円をマークしました!
  
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
7(日)東京11RNHKマイルカップを◎アエロリットで的中!6(土)東京10Rでは◎シルクドリーマー(単勝48.8倍)からの馬連80.2倍、複勝7.6倍を仕留め、2万3680円を払い戻しました!この他にも京都7Rで◎○▲のパーフェクト予想を披露するなど的中を重ね、週末トータル回収率115%、収支プラス3万5920円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
6(土)東京10Rで『前走・金鯱賞は、よくありがちな二走ボケパターン。放牧で立て直されての一戦。巻き返しが期待できる』と本命に推した◎ヴォルシェーヴと▲シルクドリーマーの馬連80.4倍を2000円的中させ、16万800円を払い戻しました!週末トータル回収率176%、収支プラス7万6800円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
7(日)京都5Rで◎タガノポムルウォーターマーズミキノトランペットの3連複16倍を1点勝負1万円で仕留め、16万円を払い戻しました!週末トータル回収率157%、収支プラス10万6000円をマークしています。
 
※全レースの結果速報はこちら!
 
 
今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年5月7日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第270回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜NHKマイルカップ G1
閲覧 1,498ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は東京11R「NHKマイルカップ G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)は、アエロリットカラクレナイの2頭。
第2グループ(黄)は、アウトライアーズディバインコード
第3グループ(薄黄)はジョーストリクトリからミスエルテまでの6頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと上位ではカラクレナイアウトライアーズ間に1.7の溝が生まれていますが、その他では大きな溝がない大混戦の分布となっています。

土曜日の東京芝の馬場は全体に時計が早く内枠有利、特にスピードの裏付けは必須です。また、上がり3位内の馬が全てのレースで馬券に絡んでいますので切れる足を使えるタイプはさらに面白そうです。

以上の傾向を踏まえ、本命は◎アウトライアーズにしたいと思います。上記の傾向にバッチリ当てはまりますし、マイルでのパフォーマンスが一番高い馬。距離短縮で上昇してくると見ました。以下、○モンドキャンノ、▲アエロリット、△ボンセルヴィーソカラクレナイタイムトリッププラチナヴォイスジョーストリクトリ、☆ガンサリュートと印を打ちます。

【3連複1頭軸ながし】
3

1,4,5,6,7,8,16,18

計28点

[もっと見る]

2017年5月4日(木) 11:00 覆面ドクター・英
NHKマイルカップ・2017
閲覧 4,796ビュー コメント 0 ナイス 17



天皇賞(春)もQE2世Cも○▲◎と三連単は微妙にかみ合わず、個人的に購入した抑え馬券のみの小的中でしたがレースは見ごたえありました。人気のシャケトラの評価を下げたりは合っているんですが最終結論がイマイチでした......。

今週末のNHKマイルカップは昔はマイル適性うんぬんより、強いマル外がここを使って決着をつけるというようなレースでしたが、すっかり様変わりしてマイル以下に適性のある牡牝が集結するレースとなりました。今回はいつもと少し趣を変えて、前走ごとに分けて分析していきたいと思います。


<前走NZT組>今回出走頭数が示すように、本来王道のローテなのだが中山マイルと東京マイルの違いに加えて今年は稍重馬場だったのもあり前走着順を鵜呑みにはできない組。

1着ジョーストリクトリ シュタルケ騎手が内をすくって勝ったがうまくいきすぎな感もあるが、脚があるから内を突けるのも事実。ジョーカプチーノは産駒数少ないのにきわめて優秀で種付け増えるであろうワンダー種牡馬でここでもあっと言わせるかも。前哨戦勝ち馬の割に人気なさそうだし楽しみ。

3着ボンセルヴィーソ 前に行って粘りこむダイワメジャー産駒らしいスタイルで上位食い込みは可能かもしれないが掲示板の下の方か。中山向きでは。そこそこ人気そうであまり妙味ないか。

5着タイムトリップ 前残りの流れの中を上がり最速の末脚発揮で本番では上位食い込みあり。人気的にも盲点となりそうで楽しみ。

7着タイセイスターリー シンザン記念で2着したように重馬場適性はあるのかもしれないが、近況から強調材料なし。

10着ナイトバナレット ジリジリ延びるタイプなので東京はいいのだろうが力が足りないか。


<前走桜花賞組>オークスは長い、向かないと判断されこちらに矛先向けてきた馬達で、2kg斤量差もあり近年は牝馬も十分通用するので要注意ではあるのだが、ちょっと人気になりすぎ傾向かも。

4着カラクレナイ フィリーズRでの末脚の鋭さからも1400適性高くて東京マイルは案外合わない可能性もありそう。鞍上込みで人気になりそうで妙味小だが追い込んできて3着あたりを期待。

5着アエロリット 桜花賞組の中では東京マイルが最も向きそう。人気だろうが買う予定。おそらく本命にはしないが......。

11着ミスエルテ まだ人気になっちゃうのだろうが、一度気難しくなってしまった牝馬は復活するまでは消して妙味か。


<前走皐月賞組>着順は悪くてもごちゃついて力をうまく出し切れない事はよくあり巻き返しも十分ある。

10着プラチナヴォイス 右回りだと直線内にささるのもあり左回り良いのかもしれないが回りに関係無く気難しさ見せるかもしれない。ただ人気無さそうでヒモには加えたい。

12着アウトライアーズ 2走続けて好走しない体調安定しない厩舎で(ブログなどファンサービスは好きなのですが)、人気だろうから消して妙味では。

13着トラスト 行きたがる感じあるので距離短縮はいいのだろうがダートに早く戻してあげて欲しい。買えない。


<前走スプリングS組>皐月賞に出られなかった組という理解でよさそう。

6着エトルディーニュ どんな相手にもそれなりに食らいついていくタイプで人気になりにくいタイプだが東京マイル適性イマイチでは。

10着モンドキャンノ 前走は先行して前つぶれの流れでノーカウント。乗り替わりでタメが利けば頭まであるのでは。でも人気になりそうなのは残念。


<前走マーガレットS>阪神1400とは本番は適性違いそうだがスプリンター寄りでなければ通用も。

1着オールザゴー 逃げても差しても勝っておりゆっくり力つけていて楽しみな一頭。


<前走アーリントンC組>右回りだが直線長いマイルで似た舞台だけに末脚みどころある馬は通用。

2着レッドアンシェル 朝日杯FSはダメだったが力秘めており、ここ好走あるのでは。

7着キョウヘイ 重馬場での決め打ちで追い込み決めたが、ここは厳しい。


<前走橘S>京都1400だけに本番とは適性違いそうだが行って粘るだけの脚質だと
向かない。

1着ディバインコード 常にこの世代の上位陣に食らいついていっており通用して全然おかしくない力あるが、突き抜ける決め手にも欠けるか。


<前走毎日杯>勝ったアルアインが皐月賞も制したように昔より強い馬が集まるようになってきたレースなので要注意のローテか。

7着ガンサリュート 振り返ると低レベルだった京成杯の2着だが距離短縮は良さそうで巻き返しありそう。


<前走アネモネS>中山マイルだけに逃げ粘りタイプだと本番にはつながらなそう。

4着リエノテソーロ 明らかにダート馬で買わない。


<まとめ>大混戦で難しく絞り込めていないが、現状有力視しているのは、ジョーストリクトリタイムトリップアエロリットモンドキャンノオールザゴーレッドアンシェル

ヒモでカラクレナイプラチナヴォイスディバインコードガンサリュート

人気で評価下げたいのがアウトライアーズボンセルヴィーソミスエルテ

[もっと見る]

2017年4月13日(木) 19:10 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(4/8〜4/9)kmプロが中山11Rで248万超の特大ホームラン!
閲覧 1,232ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は、9(日)に阪神競馬場でG1桜花賞が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1桜花賞は1番人気がソウルスターリングで1.4倍、2番人気がアドマイヤミヤビ5.1倍と2頭のみが10倍を切る形で上位人気を形成しました。

注目のスタートは内からベルカプリショーウェイ、中からはヴゼットジョリーが先手を主張しますが、外から一気に仕掛けたカワキタエンカが先頭に立ちます。先頭はカワキタエンカでリードは4馬身、2番手にヴゼットジョリー、続いてショーウェイレーヌミノルベルカプリジューヌエコールと先団を形成。中団からはミスエルテリスグラシューミスパンテールライジングリーズンアロンザモナが追走します。やや間が開いてアエロリットカラクレナイディアドラと続いて最後方にアドマイヤミヤビの態勢。

前半600mを34秒7(良)の快調なペースで引っ張ったカワキタエンカが先頭で直線コースへ。先頭のカワキタエンカのリードは3馬身、2番手グループは横に広がってジューヌエコールショーウェイレーヌミノルソウルスターリングが前を追います。

残り200mを通過、逃げるカワキタエンカレーヌミノルが並びかけて激しい比べ、ソウルスターリングは外から懸命に追われますが、脚色鈍くなかなか差を詰められません。

残り50m、ようやくカワキタエンカを振り切ったレーヌミノルが粘り込みを図るところにリスグラシューが猛追!ゴール前では2頭の追い比べとなりましたが、追撃は半馬身及ばず、レーヌミノルがV。待望のG1制覇となりました!2着にリスグラシュー、そこからクビ差の3着にソウルスターリングが入っています。

公認プロ予想家では蒼馬久一郎プロ他5名が的中しています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

☆☆☆注目プロ →kmプロ
8(土)中山11RニュージーランドトロフィーG2で中山向きと狙った単勝51.1倍の◎ジョーストリクトリを1着固定にした強気の3連単で4962.2倍を500円的中!248万1100円の高額払い戻しを達成しました!週末トータル回収率641%をマークしています。

☆☆☆注目プロ →霧プロ
9(日)阪神5Rで◎タガノアンピールムイトオブリガードイイデファイナルのパーフェクト予想を披露!単勝18.8倍、馬連77.7倍、3連複96.2倍を本線で仕留め、7万970円を払い戻しました!この他にも中山4R中山5Rなどヒットを重ね、週末トータル回収率132%、収支プラス10万1280円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →蒼馬久一郎プロ
8(土)中山11RニュージーランドトロフィーG2で◎メイソンジュニアからの馬連293.2倍、3連複498.1倍を仕留め、10万8450円を払い戻しました!週末トータル回収率127%、収支プラス8万100円をマークしています。

この他にもきいいろプロ(121%)、くりーくプロ(117%)、シムーンプロ(112%)、マカロニスタンダーズプロ(112%)、サラマッポプロ(108%)、岡村信将プロ(108%)、スガダイプロ(105%)、伊吹雅也プロ(104%)、はははふほほほプロ(100%)が回収率100%超の活躍を見せています。

※全レースの結果速報はこちら
 
来週も競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2017年4月7日(金) 10:00 km
【kmのG1データブレイカー】〜2017 桜花賞〜
閲覧 2,516ビュー コメント 0 ナイス 11


みなさん、お久しぶりです。ウマニティ公認プロ予想家のkmです。
この春もG1週に連載をさせていただきます。よろしくお願いします。


このコラムでは、決め撃ち穴馬ハンターのkmが、『過去5年で勝ち馬を出していないデータから今年破られそうな項目』を”データブレイカー”と称し、ウマニティ会員の方だけに独自の見解を交えてお伝えします。
データ競馬全盛期の今だからこそ、”逆張り”が効果的です。データ派の意表を突く、過去の傾向を覆す可能性の高いポイントにズバッと斬り込んでいきますので、ぜひご活用ください。
また、以前コラムとして連載し好評をいただいていた”次走の狙い馬”につきましては、後半部分でご紹介いたします。さらに、おまけコーナーとして”血統診断”も追加しましたので、合わせてお楽しみください。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


G1データブレイカー
桜花賞

桜花賞』といえば、”荒れるG1”の代名詞です。今週末の阪神競馬場は雨予報で、早くも波乱の香りが漂ってきました。
今年は、2歳女王ソウルスターリングを筆頭に、世代屈指の末脚を誇るアドマイヤミヤビ、東の秘密兵器ライジングリーズンなど、近年まれに見る豪華メンバーが出走を予定しています。
暗雲を突き破り、明るい未来を手に入れるのはどの馬なのでしょうか。咲き乱れる桜とともに、少女たちが伝説の第一歩を踏み出します。


・前走455kg以下【0.4.4.49】
・455kg以下【0.4.4.52】

今年は、栗東の上位厩舎に所属する該当馬が複数います。
年間80勝ペースでリーディング首位を独走中の角居勝彦厩舎が送り出すサロニカは、エルフィンステークスを逃げ切って以来のぶっつけで出走します。キャリア3戦ながら競馬センスの高さは折り紙付き、小さな馬体の不利を補って余りある才能の持ち主です。
昨年リーディングを獲得した矢作芳人厩舎のリスグラシューも、実績ではサロニカに負けていません。ソウルスターリングに注目が集まることで競馬がしやすくなる本番で、チューリップ賞3着からの巻き返しを狙います。
上記2頭以外にも、名門池江泰寿厩舎のFrankel産駒ミスエルテや、スタミナを武器に上位を脅かす鮫島一歩厩舎のハローユニコーンなどがスタンバイしています。ギュッと身が詰まった小柄な素質馬のデータブレイクを期待しましょう!

ゴールドケープ→前走432kg(フィリーズレビュー3着)
サロニカ→前走430kg(エルフィンステークス1着)
ハローユニコーン→前走434kg(黄梅賞1着)
ミスエルテ→前走454kg(ファンタジーステークス1着)
リスグラシュー→前走438kg(阪神ジュベナイルフィリーズ2着)

[もっと見る]

⇒もっと見る

ミスエルテの口コミ


口コミ一覧

2018_2017期待馬の結果

 landr 2018年1月1日(月) 23:16

閲覧 45ビュー コメント 0 ナイス 4

2016末にエントリした、2017年の期待馬が果たしてどうなったのか。

2歳牡馬
◎レイデオロ ダービー馬になりました。
△エアウィンザー クラシックに乗れず。気性ですよねえ。
△ヴァナヘイム 怪我でクラシックに乗れず。1600万2着なら来年に期待ですね
◎スワーヴリチャード この時の評価は「地味」。地味にダービー2着とアル共勝ち。
○サトノアーサー これも来年に期待。
×エリンソード 500万すら勝てないとは・・・
△モンドキャンノ すっかり行き詰まる。どこかで浮上するきっかけはないものか
×ズアー 現状500万だが、ろくな条件で走ってないので注意すべき
×バスカヴィル 500万を勝ち抜けそうで勝ち抜けない現実 

2歳牝馬
◎ソウルスターリング 春はともかく、秋も素直にクラシック歩んでいればよかったものの。
○リスグラシュー 今年のクラシックで一番盛り上げてくれた馬 
△ハナレイムーン ここ2走がやたら強い内容。開花が遅かったなあ。
×アドマイヤミヤビ 電撃引退しました・・・・
○リカビトス 怪物リカビトスもまだキャリア4戦。無事是であってほしいものだ。
△フローレスマジック オークスには出走で6着はまずまず。まだまだこれからだろう
×ミスエルテ ミスエルテとは何だったのか。
○ラビットラン ロースステークス勝つとは思わなかった。ダート路線で期待していただけにこれは意外。
未勝利
○ネコビッチ 穴空けましたね。さすがネコ。
ヤクシャハソロッタ 未勝利のまま佐賀競馬へ・・・・

古馬OP
×リアファル 来週、1年ぶりに復帰とか・・・・
○サトノダイヤモンド うーん・・阪神大賞典は強かったが・・・・
◎キタサンブラック いや、まさか、歴代馬最高賞金を上回るとは思わないですよね。
△レインボーライン 天皇賞3着はあるが、基本的に爆発まではせんかったなあ。
×ジュエラー 引退してしまいました・・・
◎レッツゴードンキ G12着2回は素直にすごいと思います。
△デニムアンドルビー そして、来年も現役続行らしい。うーむ・・・
△ストロングバローズ ようやく復帰して、まだまだこれから
×アウォーディー 2017年未勝利とは・・・

古馬条件戦
△16チュラカーギー 降級して、未だに1600万。まあ休養もあったしね。
×16アップクォーク 2017年は3戦。しかも降級で1000万になりました
◎16グレーターロンドン G1で買い続けました。
△16ハナズレジェンド まさか、1600万勝てずに終わるとは。
×16ラヴィエベール まさかの1000万降級で、更に勝てないとは・・・・。
◎16メートルダール 今年の凱旋門賞馬です。
△16バンドワゴン 1600万は卒業したが、オープンはやっぱり厳しいか
○10ビップライブリー 重賞2着までよく来たなあ。多分一番の上り馬
△10エイシンティンクル 2017年は3戦だけで降級もあり。強いのだけどな。
×10パープルセイル 引退しました・・・・
○10ペイシャゴンジセ この馬が昇級できたことにまずびっくりだ。
×10シゲルノマオイ 障害に行きました・・・・
△10ブロワ 降級して500万勝ち。一貫して逃げ続ける貴重な存在。
△10エリシェヴァ ブロワと一緒。 
×5ポルトフォイユ 引退してしまいました・・・
○5ダブルイーグル 昨年は12戦した上に、500万勝ちもありました。今年は10歳。ガンバレー
×0マーキークラブ 引退してしまったようです…

 青龍白虎 2017年12月23日() 19:49
阪神カツブJRAホームページ写真掲載成績
閲覧 22ビュー コメント 0 ナイス 2

モズアスコット
イスラボニータ→1着
サングレーザー→3着
レーヌミノル
シヤイニングレイ
ダンスデイレクター→2着
アポロノシンザン
ミスエルテ

[もっと見る]

 ちびざる 2017年12月23日() 15:44
【G供杠綽瀬ップの予想
閲覧 59ビュー コメント 0 ナイス 1

◎:▲ぅ好薀椒法璽
〇:サングレーザー
▲:ゥ譟璽魅潺離
△:ダンスディレクター
×:Д皀坤▲好灰奪
×:殴轡礇ぅ縫鵐哀譽
×:哀潺好┘襯


【買い目】
3連複フォーメーション
□キ→キЛ沖


個人的に▲ぅ好薀椒法璽燭料りに注目しています。
これが引退レースなので、有終の美を飾ってほしいと願望もあるのですが、
これまでのレースぶりからも、衰えは感じていませんし、
G兇琉堕蟯兇呂海海任肋絨漫
好走する条件はそろっています。
内枠がどうかが気になりますが、ルメール騎手なら問題ないと思います。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ミスエルテの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  トモ クレイジー   フォロワー:0人 2016年11月5日() 16:39:04
何?この馬??出遅れでこの勝ち方・・
1:
  おかき   フォロワー:0人 2016年10月26日(水) 15:14:05
フランケル

ミスエルテの写真

ミスエルテ
ミスエルテ
ミスエルテ

ミスエルテの厩舎情報 VIP

2017年12月23日阪神カップ G215着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ミスエルテの取材メモ VIP

2017年12月23日 阪神カップ G2 15着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。