コスモス(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
コスモス
写真一覧
現役 牡4 栗毛 2014年5月1日生
調教師中村均(栗東)
馬主有限会社 コスモヴューファーム
生産者中神牧場
生産地浦河町
戦績 6戦[0-0-0-6]
総賞金0万円
収得賞金730万円
英字表記Cosmos
血統 フリオーソ
血統 ][ 産駒 ]
ブライアンズタイム
ファーザ
カーラ
血統 ][ 産駒 ]
ゴールドアリュール
パルブライト
兄弟
前走 2018/04/29 4歳以上1000万下
次走予定

コスモスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/04/29 東京 12 4歳以上1000万下 ダ2100 15713112.51212** 牡4 57.0 柴田大知中村均484(+8)2.16.4 2.940.6④⑦ピアシングステア
18/03/31 阪神 10 仲春特別 1000万下 芝1400 116635.9911** 牡4 57.0 和田竜二中村均476(+2)1.21.8 1.336.7ダノンハイパワー
18/03/18 阪神 9 山陽特別 1000万下 芝1400 94421.866** 牡4 57.0 松山弘平中村均474(-2)1.22.4 0.634.4バリス
18/01/28 京都 12 4歳以上1000万下 ダ1800 1371022.5812** 牡4 56.0 国分優作中村均476(0)1.57.9 3.843.1ベストセラーアスク
18/01/14 京都 8 4歳以上1000万下 ダ1800 107719.159** 牡4 56.0 幸英明中村均476(+3)1.55.6 2.137.8⑦⑥⑦⑧ミキノトランペット
16/12/25 中山 9 ホープフルS G2 芝2000 1481412.049** 牡2 55.0 柴田大知河津裕昭446(-5)2.02.3 1.037.2⑧⑧⑥④レイデオロ

コスモスの関連ニュース

 新企画『覆面記者の耳よりトーク』第4回は、クラシック初戦の皐月賞を取り上げる。ダノンプレミアムが回避し、一気に混戦模様となったが、上位人気勢の中ではステルヴィオが信頼を置けそう。開催最終週の荒れ馬場に加え、雨予報も出ているだけに道悪巧者のサンリヴァルが穴候補で浮上。“消し”はキタノコマンドールワグネリアンだ。

 記者A 新企画の第4回は、2歳王者ダノンプレミアムの出走回避で混戦模様の皐月賞や。

 記者B ある出走馬の調教師が「あの馬がいたら強気なことは言えないけど、いないとなったら話は別。他と差はない」と息巻いていました。

 記者C ポイントになりそうなのが馬場状態やな。今週、タイムフライヤーの追い切りのため栗東にいた内田騎手は「(中山の芝コースは)内の馬場が悪くなっていて、走れない馬には全く走れないぐらい特殊な馬場。道悪になれば、もっとどうなるかわからない」と話していた。開催最終週に加え、日曜は降雨の予報。しっかりと予想に織り込まなあかん。

 記者D Z騎手は「雨で精神的な面も左右すると思います。下が緩かったり、泥が跳ねたりすると、嫌気がさす馬もいますから」と助言をくれました。さらに「中山は雨が降るとますます前が有利だと思います。スピードがあって器用さもある馬が勝ちそう。いいと思います」とステルヴィオをおすすめ。差し馬ですが、直線入り口ではある程度の位置にいますし、デビュー2戦目のコスモス賞で雨中の重馬場を快勝。素直に信頼します。

 記者E その意見にはQ騎手も同調していた。“消し”はキタノコマンドールや。キャリア3戦目でのクラシック挑戦で道悪の経験もないし「未知の部分が大きい分、割引は必要」と冷静にジャッジしていたで。

  記者B  V調教師が「母父アグネスタキオンに父ルーラーシップ。雨が降ったら、絶対に面白いでしょ。不気味な存在だよ」と話していたサンリヴァルが穴候補。逆にワグネリアンは「小回り中山のコース形態が脚質的にどうかなあ」と疑問視。“消し”で妙味ありです。

 記者A 人気上位ならステルヴィオが軸に適任。穴ならサンリヴァルの一発に期待というところやな。



皐月賞の枠順はこちら 調教タイムも掲載

【皐月賞】15番ステルヴィオ、内見る余裕! 2018年4月13日(金) 05:06

 皐月賞(15日、中山、GI、芝2000メートル)の枠順が12日に確定した。フジテレビ賞スプリングSを勝ったステルヴィオは〔8〕枠(15)番。1990年のハクタイセイ以来、勝ち馬が出ていない馬番だが、陣営は「内の様子を見ながら競馬ができる」と歓迎ムードだ。唯一のGI馬タイムフライヤーは〔1〕枠(1)番。キタノコマンドールは〔3〕枠(5)番に決まった。馬券は13日に金曜発売が実施される。

 フジテレビ賞スプリングSの勝ち馬ステルヴィオは、〔8〕枠(15)番に決定した。1990年のハクタイセイが勝ってから勝ち馬が出ていないが、陣営は気にしていない。

 「いいんじゃないでしょうか。内の様子を見ながら競馬ができますし、悪くないと思います。行く馬が何頭かいるので、馬群が固まることもないでしょうから、外を回らされる感じにはならなさそうですし」と太田助手は歓迎ムードだ。

 朝日杯FS2着以来となったスプリングSは、それまでより若干前めの7、8番手を進んだ。「馬が良くなっていたので、位置を取れるようになりました。2000メートルなので、1800メートルよりも1コーナーまでは距離がありますし、そのあたりもうまく対応してくれると思います」と太田助手。今回も中団あたりからの競馬になりそうだ。

 思い描いたメニューを順調に消化してきた。重馬場でも勝っており(コスモス賞)、週末の雨予報も問題ない。桜花賞を制したロードカナロア産駒で、鞍上はルメール。開業8年目の木村厩舎の悲願をかなえるときがきた。



★皐月賞の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【スプリングS】ハッピーグリン、いざ中央連破 2018年3月14日(水) 05:06

 フジテレビ賞スプリングSに出走を予定している地方・ホッカイドウ競馬所属のハッピーグリンの追い切りが13日、門別競馬場の屋内坂路で行われた。軽快な動きで駆け上がり、好調をアピール。中央の重賞は初挑戦となるが、前走のセントポーリア賞を完勝しており、チャンスは十分ありそうだ。

 2004年のコスモバルク以来の地方所属馬による皐月賞出走へ。バルクと同じホッカイドウ競馬のハッピーグリンが軽快に坂路を駆け上がった。

 「強い道営馬」をつくる礎とも言える屋内調教用坂路で3ハロン36秒0-12秒3をマーク。馬なりで好時計をたたき出した。手綱を取った服部茂史騎手(レースは大野騎手)も、「ノーステッキであれほど動いたのは初めて」と驚きの表情だ。

 「昨夏、札幌で2戦(コスモス賞・すずらん賞)した頃は多少トモ(後肢)が疲れやすい面もみられたが、冬場にかけて弱さがすっかり解消された」と成長ぶりを振り返るのは、地元で3年連続リーディングを獲得中の田中淳司調教師。

 「ぜひ中央の芝で走らせたい」。2歳時から期待を込めた通り、芝での3戦は馬券圏内を外していない。前走・セントポーリア賞は15年にドゥラメンテが制した出世レース。直線で外に持ち出すと、上がり3ハロン33秒3の豪脚で中央馬を撃破した。

 「大野騎手もレース後、『すごく切れる』と言ってくれた。思ったよりも遠征のダメージも少なく、相変わらずびっしりと調整できている」

 前走同様、通常のメニューに加え、週1~2回坂路で1日3本乗り込む「打倒中央仕様」で鍛え上げてきた。6日の1週前追い切りも、3本目の坂路ながら、力強い足取りで3ハロン36秒0を計時。再度の遠征も「2度本州へ運んだ際も動じなかったので苦にしないはず」と不安はない。中山への輸送は約1100キロメートル。14日の午後6時に門別を出発し、15日の午後2時に中山に到着予定だ。

 「コースは中山に替わるが、右回りの千八はコスモス賞で経験済み。末脚を生かせる流れになれば」

 ホッカイドウ競馬からの挑戦者が中央クラシック戦線を沸かせて14年。北のトップトレーナーは、「まずはスプリングSに集中。目の前にある目標をひとつずつつかんでいきたい」とトライアルから全力投球の構えだ。 (山下広貴)

[もっと見る]

【スプリングS】豪脚ゴー、3戦連続上がり最速 2018年3月13日(火) 05:05

 今週の中山メインは、皐月賞トライアルのGIIフジテレビ賞スプリングステークス。有力馬ゴーフォザサミットを管理する藤沢和雄調教師(66)=美浦=は、このレースを過去に3勝しており、勝てば歴代最多タイとなる。昨年のダービートレーナーが送り出す素質馬に注目だ。

 昨年、レイデオロでダービーを制した藤沢和厩舎が、今年も春クラシック戦線に殴り込みをかけようとしている。関東の名匠がスプリングSに送り出すのはゴーフォザサミット。ここ3戦続けて上がり3ハロンメンバー最速の脚を使っている切れ者が、皐月賞の権利取りに必勝態勢だ。

 「ハーツクライ産駒でもう少し時間がかかるかと思ったけど、早めに2つ勝たせてもらえたからね。何とかクラシックに連れていきたい」

 そう意気込む藤沢和調教師はこれまで、スプリングSを3勝(1996年バブルガムフェロー、2007年フライングアップル、14年ロサギガンティア)。今回勝てば、尾形藤吉元調教師に並ぶ歴代最多Vとなる。現役最多のJRA1388勝トレーナーにとって、舞台に不足はない。

 手綱を託される田辺騎手も、確かな感触をつかんで臨む一戦だ。

 「馬群が固まったレースになりやすい中山は、この馬にはいいかもしれませんね」

 初めてコンビを組んだ共同通信杯は4着に終わった。スタート直後に内の馬に寄られてダッシュがつかず、最後方からのレース。勝負どころでインを突いて馬群をさばいたが、スローペースで先行勢を捕らえきることができなかった。ただ、3ハロン33秒2の末脚は、ひときわ目を引くもの。上位馬と能力の差はないと感じさせるに十分だった。

 「まだ緩いところがあって、追走に余裕がありませんでしたね。それでも、追い出してからの反応はよかったし、いいものがあるのは確かです」

 美浦のWコースで行った1週前追い切りにも同騎手が騎乗。4ハロン53秒6?12秒9と軽めながら反応は上々で、重心の低いフットワークと引き締まった馬体が目を引いた。

 中山芝1800メートルは、未勝利戦を中団から一気に突き抜けた舞台。優勢が伝えられる弥生賞組への対抗勢力として、ゴーフォザサミットが勝って世代の頂点へ突き進む。

★フジテレビ賞スプリングSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載



★展望

 朝日杯FS2着のステルヴィオが実績は上位。広いコース向きの末脚勝負タイプだが、札幌のコスモス賞を制しており、小回りの1800メートルにも適性はある。ゴーフォザサミットは前走で出遅れに泣いたが、重賞でも通用する力を示した。セントポーリア賞を快勝した道営馬ハッピーグリンも侮れない。他にも東スポ杯2歳S2着のルーカスや、逃げて連勝中のエポカドーロ、高野厩舎&北村友騎手でフィリーズレビューに続く重賞Vを狙うレノヴァールなどが有力視される。

[もっと見る]

【スプリングS】レース展望 2018年3月12日(月) 19:46

 今週の中山日曜メインはフジテレビ賞スプリングS(18日、GII、芝1800メートル)。3着までに皐月賞(4月15日、中山、GI、芝2000メートル)の優先出走権が与えられるトライアルレースで、過去10年を見ても、アンライバルド(2009年)、オルフェーヴル(11年三冠馬)、ロゴタイプ(13年)と、このレースの優勝馬から3頭の皐月賞馬が誕生。2着馬からもディープブリランテ(12年)がダービーを制し、世代の頂点に立った。また、08年の勝ち馬スマイルジャックはダービーで2着に好走。15年のこのレースで重賞初制覇を飾ったキタサンブラックは菊花賞でGI初勝利を挙げ、その後は年度代表馬に2度輝いた。かつては弥生賞組がクラシック戦線で優位に立つシーンが多かったが、近年はこのレースで好走した馬が数多く飛躍している。その弥生賞では、昨年の最優秀2歳牡馬ダノンプレミアムが無傷の4連勝を決めた。最後のトライアルで王者に挑戦状を叩き付けるのは果たしてどの馬か?。

 主役はステルヴィオ(美浦・木村哲也厩舎、牡)だ。新馬戦→コスモス賞を連勝し、早くから頭角を現していた実力馬。サウジアラビアロイヤルC、朝日杯FSではともに2着に敗れているが、相手はいずれもダノンプレミアムだった。ここなら実績は上位といえる。前走後は放牧を挟み、2月23日に美浦トレセンに帰厩。1週前には美浦Wコースで6ハロン82秒1をマークし、僚馬で重賞2勝のゼーヴィントを相手に半馬身先着した。ここ2戦のレースぶりを見ても、距離が延びるのはプラス材料。体もひと回り成長しての復帰戦で、どんな走りを見せるか興味が尽きない。

 ゴーフォザサミット(美浦・藤沢和雄厩舎、牡)は共同通信杯の4着馬。スタートで後手に回りながらも、メンバー最速の上がり3ハロン33秒2の末脚を使い、勝ったオウケンムーンに0秒3差まで迫っている。13年の安田記念2着などGIで活躍した半兄ショウナンマイティ(父マンハッタンカフェ)を思い出させる末脚の破壊力。初勝利を挙げた中山芝1800メートルで重賞初制覇を狙う。

 公営・ホッカイドウ競馬からの参戦で、皐月賞出走を目指すハッピーグリン(田中淳司厩舎、牡)も注目の存在だ。初めての芝出走だった昨夏のコスモス賞で、ステルヴィオから0秒2差の3着に奮闘。続くすずらん賞でも、距離が短かったにもかかわらず3着と好走し、芝適性を示した。その後はダートで3戦して勝てなかったが、前走のセントポーリア賞ではゲート入りに苦労しながらも、メンバー最速の上がり3ハロン33秒3の末脚で快勝。直後に弥生賞で5着に入るリビーリングを、楽々と差し切った。競馬のスタイルは異なるが、芝初勝利を東京芝1800メートル戦で挙げたのは、04年にホッカイドウ競馬所属のまま中央のクラシックに挑戦したコスモバルク(皐月賞2着、ダービー8着、菊花賞4着)と同じ。偉大な先輩と同様、トライアルを制して大一番を目指す。

[もっと見る]

【スプリングS】朝日杯FS2着ステルヴィオ皐月へ弾み 2018年3月12日(月) 12:02

 中山では18日、皐月賞TR「第67回フジテレビ賞スプリングS」(GII、芝1800メートル)が行われる。注目は朝日杯FS2着以来となるロードカナロア産駒のステルヴィオ。世代の最前線で【2200】と崩れ知らずの実力派が、勝って大一番へ弾みをつけるか。

 “再戦”までは負けられない。サウジアラビアRC朝日杯FSと、2戦続けてダノンプレミアムの後塵を拝したステルヴィオが、天敵のいないTRで重賞初タイトルを狙っている。

 調整は順調だ。復帰戦をここに定めて、帰厩後はWコース中心に乗り込んできた。7日は厩舎の古馬エース格・ゼーヴィントに馬なりで半馬身先着し、「この中間も長めから乗れているし、毛ヅヤは去年の秋よりもいいくらい。未勝利戦でもどのレースでも、勝つことが大事。TRという意識はないよ」と、木村調教師は必勝の構えだ。

 父ロードカナロアは1200?1600メートルでGIを6勝した短距離王だったが、意外や産駒は芝1800メートルで【24215】連対率26・1%と、中距離でも数字を残している。ステルヴィオ自身、昨夏の札幌・コスモス賞で結果を出しており、9F回帰へ不安はさらさら感じていない。

 「パドックでカッカしているのに、レースだと全然違うんだから、お父さんのロードカナロアがすごい種牡馬なんだと思う。(ライバルの)ダノンプレミアムは素晴らしい馬だけど“1強”だと面白味がないでしょう」

 そのプレミアムは弥生賞で改めて“最強”をアピールした。皐月賞本番で堂々挑戦状を叩きつけるためにも、一段と成長した姿を見せたい。(夕刊フジ)



阪神大賞典の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

コスモスの関連コラム

閲覧 1,536ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさん、こんにちは。ウマニティ公認プロ予想家のkmです。
今週は、2歳スピード王決定戦『朝日杯フューチュリティステークス』を分析します。


■2017秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=9354


このコラムでは、決め撃ち穴馬ハンターのkmが、『過去5年で勝利馬を出していないデータから今年破られそうな項目』を「データブレイカー」と称し、ウマニティ会員の方だけに独自の見解を交えてお伝えします! 
データ競馬全盛期の今だからこそ、“逆張り”は威力を発揮します。データ派の意表を突く、過去の傾向を覆す可能性の高いポイントにズバッと斬り込んでいきますので、ぜひご活用ください。


G1データブレイカー 2nd season
朝日杯フューチュリティステークス

朝日杯フューチュリティステークスは、近5年で3連単10万円オーバーを3回記録しています。中山から阪神に舞台が替わっても、荒れるレースと考えていいようです。

2016年朝日杯フューチュリティステークス
1着 サトノアレス
主なデータブレイク項目(0/6)

Frankelの初年度産駒ミスエルテに注目が集まった昨年でしたが、今年の藤沢和雄厩舎フィーバーを予期するかのようにサトノアレスが快勝しました。
では、来年のトレンドが潜む宝の海へ航海に出かけましょう!


・前走馬体重471kg以下【0.1.2.32】
・馬体重465kg以下【0.0.0.25】


アイアンクロー
アサクサゲンキ ←オススメ
イシマツ
カシアス ←オススメ
ケイティクレバー
ステルヴィオ ←オススメ
ダノンスマッシュ
ナムラアッパレ
ニシノベースマン
フロンティア ←オススメ

中山開催の朝日杯フューチュリティステークスと言えば巨漢マイラーの巣窟だったのですが、翌々週にホープフルSができたことで短距離馬の登録が目立ちます。
通常なら短距離馬の方がマイラーよりも筋肉質なわけですが、ここで指す短距離馬は、早熟で馬体が小さくまとまっている馬です。2歳G1ならまだまだ完成度で勝負ができます。
アサクサゲンキカシアスの2頭は夏の重賞制覇以後も順調に歩んできました。同じく、フロンティアも復帰戦こそ4着ですが、完調手前のもので巻き返しが期待できます。重馬場のコスモス賞を勝った後も東京で好走したステルヴィオは、勢いのあるロードカナロア産駒で、のびのび走れる阪神外回りコースは合うはずです。
他にも小粒でも中身の濃い早熟短距離馬が、完成前のマイラー軍団に挑みます。ビバ、早熟馬!

続きは、VIPクラブ会員登録でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、一般会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

コスモスの口コミ


口コミ一覧
閲覧 160ビュー コメント 2 ナイス 14


日曜日の中山競馬場メインレースは、GⅠ皐月賞です



日曜メインレースの好走枠、好走脚質と予想です
※皆さんの予想の参考になると思われるJRA-VANよりの好走枠、好走脚質を付加しました




福島11R 米沢特別 オープン 芝2,000

福島芝 2,000(JRA-VANより)
・好走枠
内枠:勝率9、0% 3着内率23、6%
・好走脚質
 先行:勝率15、6% 3着内率39、1%

 ◎ ⑯レトロロック
 ○ ⑧マイスタイル
 ▲ ⑦ヴォージュ
 △ ⑤サトノスティング
⑯は、前走小倉で勝ちあがり、福島コースも2着経験有り

ビンゴ馬:⑯レトロロック
1着狙い


阪神11R アンタレスステークス オープン ダート1,800

阪神ダート 1,800(JRA-VANより)
・好走枠
 フラット
・好走脚質
 先行:勝率18、1% 3着内率42、9%

 ◎ ②ナムラアラシ
 ○ ⑮ミツバ
 ▲ ①グレイトパール
 △ ⑬クインズサターン
②は、2連勝中阪神コースも4012と得意にしている

ビンゴ馬:③ディアデルレイ
6着狙い



中山11R 皐月賞 GⅠ 芝2,000

中山芝 2,000(JRA-VANより)
・好走枠
フラット
・好走脚質
 先行:勝率12、1% 3着内率34、0%

 ◎ ⑮ステルヴィオ
 ○ ①タイムフライヤー
 ▲ ⑫グレイル
 △ ⑪マイネルファンロン
⑮は、鞍上は名手ルメール騎手、重馬場も札幌でコスモス賞を勝っているので大丈夫!

ビンゴ馬:③ジャンダルム
6着狙い



※ビンゴ馬については、下記の日記を参照下さい

http://umanity.jp/home/view_diary.php?id=48bc819cc8&owner_id=2ec1608dab

 清瀬のよっちゃん 2018年4月12日(木) 15:51
★今週のmyPOG馬の出走馬は、皐月賞にステルヴィオが出走... 
閲覧 121ビュー コメント 2 ナイス 14

写真は、スプリングステークス勝った時の「ステルヴィオ」です


出走馬

・ステルヴィオ・牡・木村哲也厩舎(美浦)
 父:ロードカナロア 母:ラルケット 母父:ファルブラヴ





日曜日

★中山競馬11R皐月賞賞(芝2,000)にステルヴィオ・牡・木村哲也厩舎(美浦)(ロードカナロア産駒)鞍上はC・ルメール騎手、出走頭数は16頭
近2走は
03/18中山競馬場 芝1,800 スプリングS GⅡ 1番人気 1着 2着に-0,0差 上り3F34,1 Cルメール騎手
12/17阪神競馬場 芝1,600 朝日杯FS  GⅠ 3番人気 2着 1着に0,6差  上り3F33,8 Cデムーロ騎手

前走レース短評
下見所ではチャカつくしぐさを見せたが、レースでは中団で折り合う。むしろ勝負どころからは気合をつける場面も。直線で先に抜け出したエポカドーロに迫ると、ゴール寸前で差し切った。これで5戦3勝。敗れたのはダノンプレミアムのみ。

レース後コメント
ルメール騎手「ゴールしたときは負けたと思いました。(昨年は)緩かったので、マイルではスタートして後ろのポジションになってしまった。きょうは真っすぐポジションを取れました。良くなっていますね」

ダノンプレミアが出走しないので、頑張って貰い、日曜日は雨模様だが昨年の夏の札幌・コスモス賞は重馬場で勝っているので馬場状態に関しては大丈夫だと思います



今回の出走も、怪我無く走って貰いたい!


・・・d(^ v●)bわくわくd(●v ^)bルンルン・・・

[もっと見る]

 モズ@ 2018年3月17日() 18:33
スプリングS予想
閲覧 120ビュー コメント 0 ナイス 4



◎ステルヴィオ

そこまでペースは上がらないと思うので、
この馬の脚なら差し込める展開になると予想。



〇エポカドーロ

瞬発力は感じるが
そこからの伸びが弱い印象はあるので、
あまり緩め過ぎても捕まってしまいそう。

ただ、他の馬も正直そんなになので、
今回は残り切れると信じて対抗。



△ハッピーグリン

終いの加速勝負に対応できそうな馬を考えると
この馬以外に見つからず。

積極的に動かれると
コスモス賞のように止まりそうなので、
内目でじっとして脚を温存してほしい。



△マイネルファンロン

上がり勝負想定で買える馬かは疑問だが、
何となく買ってみたい馬なので一応の押さえ。




ルーカス

終い勝負に寄ってしまえば
新馬戦のように動ける可能性はあるが、
どうしても伸び脚が足りなく映るので今回は見送り。



レノヴァール

2走前でもう少し伸びていれば買いたかったが、
現状の走りからは物足りない。



ゴーフォザサミット

イメージとしては
昨年のウインブライトのような感じで、
中盤からペースが上がってくれないと
モタついてしまう気はする。






馬券は◎〇からの3連複2点買い。

コスモイグナーツが
中弛み逃げの多い津村騎手へ乗り替わりなので、
あまりペースは上がらない想定。

何となくのマイネルファンロンを買ってる時点で
今回は自信なし。

[もっと見る]

⇒もっと見る

コスモスの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

コスモスの写真

コスモス

コスモスの厩舎情報 VIP

2018年4月29日4歳以上1000万下12着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

コスモスの取材メモ VIP

2016年12月25日 ホープフルステークス G2 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。