2022年5月8日()チャーチルダウンズ競馬場 ダート2000m

レース結果 ~ケンタッキーダービー 2022~

  • 出走予定馬
  • 出馬表
  • レース結果



馬名 性齢 負担重量
(kg)
騎手 調教師 オッズ 人気
1 21 21    リッチストライク 牡3 57.0 S.レオン E.リード 95.1 19
2 3 3    エピセンター 牡3 57.0 J.ロザリオ S.アスムッセン 4.3 1
3 10 10    ゼンダン 牡3 57.0 F.プラ C.ブラウン 7.8 4
4 13 13    シンプリフィケーション 牡3 57.0 J.オルティス A.サノ 35.1 11
5 1 1    モードニゴール 牡3 57.0 I.オルティスJr. T.プレッチャー 18.0 9
6 14 14    バーバーロード 牡3 57.0 R.グティエレス J.オルティス 53.7 14
7 18 18    トーニーポート 牡3 57.0 R.サンタナJr. B.コックス 105.9 20
8 5 5    スマイルハッピー 牡3 57.0 C.ラネリー K.マクピーク 16.6 8
9 9 9    ティズザボム 牡3 57.0 B.ヘルナンデスJr. K.マクピーク 50.5 13
10 19 19    ゾゾス 牡3 57.0 M.フランコ B.コックス 44.3 12
11 17 17    クラシックコーズウェイ 牡3 57.0 J.ルパルー B.リンチ 75.6 16
12 12 12    テイバ 牡3 57.0 M.スミス T.ヤクティーン 6.2 2
13 7 7    クラウンプライド 牡3 57.0 C.ルメール 新谷功一 6.5 3
14 2 2    ハッピージャック 牡3 57.0 R.ベハラーノ D.オニール 91.7 18
15 6 6    メッシエー 牡3 57.0 J.ヴェラスケス T.ヤクティーン 9.6 5
16 15 15    ホワイトアバリオ 牡3 57.0 T.ガファリオン S.ジョセフJr. 10.7 6
17 8 8    チャージイット 牡3 57.0 L.サエス T.プレッチャー 21.6 10
18 16 16    サイバーナイフ 牡3 57.0 F.ジェルー B.コックス 16.0 7
19 11 11    パイオニアオブメディーナ 牡3 57.0 J.ブラーヴォ T.プレッチャー 85.5 17
20 4 4    サマーイズトゥモロー 牡3 57.0 M.バルザローナ B.シーマー 66.3 15
取消 20 20    イシリアルロード 牡3 57.0 L.コントレラス D.ルーカス
取消 22 22    ラトルンロール 牡3 57.0 J.グラハム K.マクピーク

■払戻金

単勝21 9,510円
複勝21 2,740円
3 160円
10 260円
馬連3-21 45,390円
ワイド3-21 18,580円
10-21 26,590円
3-10 720円
馬単21-3 109,680円
3連複3-10-21 155,910円
3連単21-3-10 1,667,880円

予想一覧を見る

会員登録(無料)すると予想を登録して予想コロシアム(予想大会)に参加できます。

※レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。

最新出走予定馬情報 ~ケンタッキーダービー 2022~

JRAは5月11日、米GⅠケンタッキーダービーで13着だったクラウンプライド(栗東・新谷功一厩舎、牡3歳)が、10日午前に成田国際空港に到着し、輸入検疫のため千葉県白井市の競馬学校の国際厩舎に入ったと発表した。

【2022ケンタッキーダービー(G1)】出走日本馬が帰国05月11日(水) 13:19

JRAは11日、2022ケンタッキーダービー(G1)に出走したクラウンプライド(牡3歳 栗東・新谷功一厩舎)が、昨日(5月10日(火曜))に帰国したと発表した。

アラブ首長国連邦ドバイおよびアメリカ合衆国に遠征していたクラウンプライド(牡3歳 栗東・新谷功一厩舎)は、5月10日(火曜)10時32分に、成田国際空港に到着し、輸入検疫のため、同日13時10分に競馬学校(千葉県白井市)の国際厩舎に入厩した。

(JRA発表)

[もっと見る]

【ケンタッキーダービー】繰り上がり出走のリッチストライクが米3冠初戦を制す! 日本馬クラウンプライドは13着に敗れる05月08日() 08:28

【ルイビル(米ケンタッキー州)7日(日本時間8日)】第148回ケンタッキーダービー(GI、ダート2000メートル)がチャーチルダウンズ競馬場で20頭によって争われ、S・レオン騎手のリッチストライク(牡3歳、E・リード厩舎)が、後方で脚をためると直線内から抜け出してGI初制覇。イシリアルロードの出走取消で、繰り上がりでの出走で大波乱を起こし、米国3冠レースの初戦を制した。

2着はエピセンター、3着にはゼンダンが入った。なお、日本調教馬として3年ぶりに参戦したC・ルメール騎手のクラウンプライドは2番手追走と積極的にレースを進めたが、直線で馬群に沈み13着に敗れた。

リッチストライクは、父Keen Ice、母Gold Strike、母の父Smart Strikeという血統。

◆C・ルメール騎手「とても良いスタートで、良いポジションが取れました。楽に2番手に付けることができましたが、3~4コーナーで内側の馬にプレッシャーをかけられて、直線では疲れてしまいました。馬の状態はとても良く、リラックスしていて、自信があったのでとても残念です。応援してくれた日本の皆さんありがとうございました」

新谷功一調教師「スタートから1コーナーの入りまでは良かったですが、前半のペースが早すぎました。精一杯頑張ってきて、馬の状態もとても良かっただけに、残念です。日本からたくさんの応援を頂き感謝しています。ありがとうございました」

[もっと見る]

【ケンタッキーダービー】クラウンプライドいよいよ出陣!「本番が楽しみ」05月07日() 11:54

7日(日本時間8日朝)のケンタッキーダービーに挑むクラウンプライドは5日、決戦の地・チャーチルダウンズ競馬場で引き運動。偉業達成へ、着々と態勢を整えている。

新谷調教師は「きのうの追い切りで馬体は一段と良くなった。臨戦態勢は整っています」と仕上がりに自信。4日に手綱を取ったルメール騎手も、「この馬にとって走りやすい馬場で、日本やドバイよりも走りやすそうな印象。とてもいい状態ですし、本番が楽しみです」と気合十分だ。

前走のUAEダービーを含め、1800メートル以上では3戦していずれも圧勝。ブックメーカーでは10番人気前後だが、どんなパフォーマンスを披露するか期待が高まる。

ブックメーカーのオッズで一歩リードしているのがゼンダンとエピセンター。前者は2走前のリズンスターSでエピセンター、スマイルハッピーに後れを取っての3着だったが、前走のブルーグラスSでスマイルを逆転し、2馬身半差をつけたことが評価されている。後者は1900メートルのルイジアナダービーも楽勝し、レーティング117はメンバー中トップだ。

サンタアニタダービー(2着)を叩かれたメッシエー、そこの勝ち馬テイバ、フロリダダービー完勝のホワイトアバリオ、ウッドメモリアルS勝ちのモードニゴールなどがクラウンプライドのライバルになりそうだ。

なお、現地6日夜の段階で馬場は不良(SLOPPY)となっている。(夕刊フジ)

[もっと見る]

【ケンタッキーダービー】イシリアルロードの取消でリッチストライクが繰り上がり出走05月06日(金) 23:33

7日(日本時間8日)の米GⅠケンタッキーダービー(チャーチルダウンズ、ダ2000メートル)に出走を予定していた(20)イシリアルロードは出走を取り消した。これにより(21)リッチストライク(57Sレオン)が繰り上がり出走する。また、補欠の2番目だった(22)ラトルンロールも出走を取り消している。日本国内での馬券の発売は7日午前7時から。

[もっと見る]

2022ケンタッキーダービー 日本馬の近況(5月5日(木曜))05月06日(金) 12:26

現地時間5月7日(土曜)にアメリカ合衆国のチャーチルダウンズ競馬場で行われるケンタッキーダービー(G1)に出走予定のクラウンプライド(牡3歳・新谷功一厩舎)の調教状況および関係者コメントは以下の通り。

クラウンプライド
・本日の調教状況
曳き運動のみ

新谷功一調教師のコメント
「昨日(4日)の追い切りで、クラウンプライドの馬体は一段と良くなっています。ここまで順調にきていて、臨戦態勢は整っています」

(JRA発表)

[もっと見る]

【ケンタッキーダービー】クラウンプライド7番、ルメール「楽しみ」05月06日(金) 11:39

 米3冠レース初戦「第148回ケンタッキーダービー」(GI、ダ2000メートル)が7日(日本時間8日朝)、米チャーチルダウンズ競馬場で行われる。

 日本から挑むUAEダービー馬クラウンプライド(牡3歳、栗東・新谷厩舎)は、3日に発表された枠順で(7)番(馬番も7)に決定した。4日に感触を確かめたルメール騎手は「ホームストレッチでは馬なりで感触を確かめた。いいタイミングで自ら手前を替え、コーナリングも問題ない。とてもいい状態だし、本番が楽しみ」とコメント。新谷調教師も「直前としてはいい調教ができた。強い馬もいると思うが、結果を残せる自信があります」と万全の仕上がりをアピールした。国内での馬券発売は7日午前7時から開始される。(夕刊フジ)

[もっと見る]

【ケンタッキーダービー】クラウンプライドが現地で追い切り05月06日(金) 04:50

米3冠初戦のケンタッキーダービー(7日=日本時間8日、チャーチルダウンズ、GⅠ、ダ2000メートル)に出走するクラウンプライド(栗・新谷、牡3)が4日、チャーチルダウンズ競馬場で追い切りを行った。ルメール騎手を背にダートコース5ハロンのキャンターを行い、4ハロン46秒6を計時。鞍上は「とてもリラックスしていいストライドで走っていました。クラウンプライドにとって走りやすい馬場で、日本やドバイより走りやすそうな印象です」と語った。国内での馬券発売は7日の午前7時から。

[もっと見る]

2022ケンタッキーダービー 日本馬の近況(5月4日(水曜))05月05日(木) 12:18

JRAは、5日(木)、アメリカ合衆国のチャーチルダウンズ競馬場で現地時間5/7(土)に行われるケンタッキーダービーに出走予定の日本馬の調教状況および関係者のコメントを伝えた。


ケンタッキーダービー(G1)(ダート・2,000メートル)

クラウンプライド(牡3歳 栗東・新谷功一厩舎)
チャーチルダウンズ競馬場
ダートコース5F(キャンター) 46.60(4F)
C.ルメール騎手 騎乗

新谷功一調教師のコメント
C.ルメール騎手に任せて、コーナーワークを含めた感触などを確認してもらいました。無理することもなく、スピードも出ていましたし、レース直前としては良い調教ができました。当日の天候は、他馬と同条件ですしあまり気にしていません。強い馬もいるかと思いますが、結果を残せる自信があります。

C.ルメール騎手のコメント
今朝は興奮することもなく、とてもリラックスして良いストライドで走っていました。馬は既にコースにも慣れていて、ホームストレッチでは馬なりで感触を確かめました。良いタイミングで自ら手前を替えて、コーナリングも問題ありませんでした。クラウンプライドにとって走りやすい馬場で、日本やドバイよりも走りやすそうな印象です。とても良い状態ですし、強い相手とのレースとなりますが、本番が楽しみです。


(JRA発表)

[もっと見る]

2022ケンタッキーダービー 日本馬の近況(5月3日(火曜))05月04日(水) 14:00

JRAは、4日(水)、アメリカ合衆国のチャーチルダウンズ競馬場で現地時間5/7(土)に行われるケンタッキーダービーに出走予定の日本馬の調教状況および関係者のコメントを伝えた。


ケンタッキーダービー(G1)(ダート・2,000メートル)

クラウンプライド(牡3歳 栗東・新谷功一厩舎)
本日の調教状況
チャーチルダウンズ競馬場
ダートコース1周(キャンター)
松田全史調教助手 騎乗

新谷功一調教師のコメント
今朝の調教はとても良い動きでした。ドバイの時よりも良くなっています。今日は不良馬場でしたが、こちらの馬場はクラウンプライドに合いそうです。明朝(4日)はC.ルメール騎手に騎乗してもらい、馬の状態を確認してもらう予定です。

松田全史調教助手のコメント
リラックスしていて、良い状態が続いています。明日の追い切りに向けていい調教ができました。


(JRA発表)

[もっと見る]

⇒もっと見る

過去10年の結果 ~ケンタッキーダービー 2022~

開催日 勝ち馬 性齢 調教国 タイム 騎手 調教師
2021/05/01 マンダルーン 牡3 アメリカ 2.01.02 F.ジェルー B.コックス
2020/09/05 オーセンティック 牡3 アメリカ 2.00.61 J.ヴェラスケス B.バファート
2019/05/04 カントリーハウス 牡3 アメリカ 2.03.93 F.プラ B.モット
2018/05/05 ジャスティファイ 牡3 アメリカ 2.04.20 M.スミス B.バファート
2017/05/06 オールウェイズドリーミング 牡3 アメリカ 2.03.59 J.ベラスケス T.プレッチャー
2016/05/07 ナイキスト 牡3 アメリカ 2.01.31 M.グティエレス D.オニール
2015/05/02 アメリカンファラオ 牡3 アメリカ 2.03.66 V.エスピノサ B.バファート
2014/05/03 カリフォルニアクローム 牡3 アメリカ 2.03.66 V.エスピノサ A.シャーマン
2013/05/04 オーブ 牡3 アメリカ 2.02.89 J.ロサリオ C.マゴーヒー
2012/05/05 アイルハヴアナザー 牡3 アメリカ 2.01.83 M.グティエレス D.オニール

歴史・概要 ~ケンタッキーダービー 2022~

アメリカ競馬におけるダービー相当の競走で、例年5月最初の土曜日にケンタッキー州ルイビルにあるチャーチルダウンズ競馬場で行われる。
優勝馬にはバラのレイが送られることから、ラン・フォー・ザ・ローゼス「The Run For Roses」と呼ばれている。
アメリカ三冠レースの第1戦で、第2戦はプリークネスステークス、第3戦はベルモントステークスとなる。
出走条件はサラブレッド3歳。負担重量は126ポンド=約57キロ。
賞金総額は2,000,000米ドル、1着賞金は1,240,000米ドル(2016年現在)。
日本調教馬では1995年にスキーキャプテン(栗東・森秀行厩舎)が初挑戦するも14着と敗れている。
なお、日本人馬主としては関口房朗氏が2000年にフサイチペガサスで勝利している。

挑戦した日本馬 ~ケンタッキーダービー 2022~

スキーキャプテン 14着(1995年)
血統
父:Storm Bird
母:Ski Goggle(ロイヤルスキー)
成績
6戦3勝
8,462万円
主な勝ち鞍
きさらぎ賞(G3)
歴史を切り開いた芦毛の大器

 日本調教馬として初めてケンタッキーダービーに出走したスキーキャプテン。
 父は世界一の種付け価格(6000万円)でギネス認定されている大種牡馬ストームキャットを輩出したストームバード。母はニューヨーク牝馬3冠のひとつCCAオークスを制したスキーゴーグルという超良血で、デビュー前から管理する森調教師が海外挑戦プランを発表するなど多くの競馬関係者の注目集めた。
 迎えたデビュー戦では1.3倍の支持を受け、後方一気の豪快な競馬で楽勝。前評判に違わぬ、圧巻のパフォーマンスでそのポテンシャルを見せつけた。
 その後の京都3歳ステークスも勝利し、無敗で迎えた朝日杯3歳Sでは猛然と追い込むもフジキセキにクビ差届かず、惜敗。敗れたもののそのレースぶりから「敗れてなお強し」を印象づけた一戦だった。
 注目されたその後のローテーションは、当時クラシックに出走できない外国産馬であったこともあり、陣営はアメリカの三冠レースへの挑戦を発表。
 ステップレースとして出走したきさらぎ賞では単勝1.0倍の断トツの支持。レースでは鞍上の武豊が『本当に僕はつかまっていただけ』というほどの大楽勝で人気に応えた。
 初の海外遠征に向け、順風満帆だったスキーキャプテンだったが、この後に蹄が欠けるアクシデントに見舞われ、ぶっつけでのケンタッキー・ダービー出走を余儀なくされる。レースでは日本馬の初参戦とあって現地でも注目を集めたが、見せ場なく19頭立ての14着に敗れた。
 鞍上の武豊はレース後、「前走からレース間隔が開きすぎていた。ダートは心配したほど戸惑った感じはなかったが、雰囲気の違いとか、初めての多頭数の競馬とかに違和感があった。これが能力とは思わない」とコメントした。
 また、社台ファーム代表の吉田氏は後に「今から考えればスキーキャプテンの遠征は無謀だった。ただし、経験でしか得られない多くのものを学ぶことができた」とコメント。
 惨敗に終わったこのスキーキャプテンの遠征だったが、後の日本馬の海外G1制覇(タイキシャトル/ジャック・ル・マロワ賞、シーキングザパール/モーリス・ド・ゲスト賞など)に大きな意義をもたらした。

施行年馬名性齢騎手調教師着順
2016年ラニ牡3武豊松永幹夫9着
2019年マスターフェンサー牡3J.ルパルー角田晃一6着