会員登録はこちら
天皇賞(春) G1   日程:2019年4月28日()  京都/芝3200m

天皇賞(春)のニュース&コラム

【天皇賞・春】エタリオウ、高性能
 天皇賞・春(28日、京都GI)エタリオウは1勝馬だが、昨年の菊花賞2着を含めた実績からも分かるように、高いポテンシャルを備えている。日経賞2着からの臨戦過程は好感が持てるうえ、長丁場も得意。乗り方ひとつで、勝ち切るシーンまである。 フィエールマンはAJCC2着が、少し物足りない印象。GI勝ちした京都の舞台で、強烈な決め手がよみがえるか。一発候補のグローリーヴェイズは一戦ごとに確実に力をつけている。自在の立ち回りを武器に肉薄以上の場面も。
2019年4月22日(月) 05:01 NEW!

 10

【天皇賞・春】エタリオウ、3頭併せ最先着
 《栗東》日経賞2着エタリオウ(友道、牡4)は、CWコースで3頭併せで一杯に追われた。もやの影響で時計は不明も最先着。M・デムーロ騎手は「前とは10馬身くらい離れていたけど、最後は抜け出して上がりの時計は速いと思う。フワッとすることなく一生懸命走っていた。いつも一度使うとよくなるので状態はよさそう」と好感触を伝えた。 矢作厩舎のカフジプリンス(牡6)とチェスナットコート(牡5)は坂路で併せ馬。先行したカフジが4ハロン51秒5-12秒6を計時して1馬身先着した。安藤助手は「1週前なのでしっかりやった。時計がかかっている中でも51秒台が出て、予定通りに負荷をかけられた」とうなずいた。★天皇賞・春の特別登録馬はこちら 調教タイムも掲載
2019年4月19日(金) 05:00

 1,133

【天皇賞・春】フィエールマン、W4馬身先着
 《美浦》昨年の菊花賞馬フィエールマン(手塚、牡4)はWコースで直線一杯に追われ、5ハロン65秒5-12秒6。外ゴルトマイスター(3歳500万下)に2馬身、中ムスコローソ(1000万下)に4馬身先着した。「AJCC(2着)は一頓挫(熱発)があったけど、今回は菊花賞同様に非常にいい感じ」と手塚調教師は笑み。 日経新春杯勝ち以来のグローリーヴェイズ(尾関、牡4)はWコースで6ハロンからびっしり追われ、82秒1-12秒5で僚馬と併入した。「相手も動く馬だし、まだ体に重いところもある中で頑張って動いてくれた」と尾関調教師は話した。 《栗東》日経賞を逃げ切ったメイショウテッコン(高橋忠、牡4)はCWでの3頭併せで最先着。今回がテン乗りとなる福永騎手は初コンタクトを取り、「いい馬ですね。ある程度、話も聞いていたし、この馬の個性は把握できました」と満足げだった。 ダイヤモンドSを制したユーキャンスマイル(友道、牡4)はCW6ハロン81秒5-11秒8で3頭併せの最先着。友道調教師は「しっかりとやりました。動きも良かったと思う。前走は改めて距離適性を感じさせた」と期待を寄せていた。 昨年の3着馬クリンチャー(宮本、牡5)はCWで長めから追われて7ハロン98秒3-11秒8。上昇ムードを漂わせ、宮本調教師は「使って格段に良くなっている。前走(日経賞)も7着でも兆しはみせていた」と強気の姿勢だった。★天皇賞・春の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年4月18日(木) 05:03

 1,537

天皇賞・春の最有力馬シャケトラが調教中に骨折し安楽死
 阪神大賞典を制し、来週の天皇賞・春(28日、京都、GI、芝3200メートル)で最有力と目されていたシャケトラ(栗・角居、牡6)が、17日に行われた1週前追い切り中に骨折。安楽死の処置が取られた。 角居調教師は「第1指骨開放骨折。つなぎと関節の種子骨複雑骨折でした」と説明。GI勝ちこそないもののGII3勝と実績を残し、タイトル奪取が期待されていただけに「もともと、骨折をして1年も待った馬。状態がよかっただけに、負荷がかかったのかもしれません。残念です」と沈痛な面持ちで話した。★シャケトラの競走成績はこちら
2019年4月17日(水) 11:20

 3,463

天皇賞(春)のニュースをもっと見る >

【天皇賞・春】エタリオウ、3頭併せ最先着
 《栗東》日経賞2着エタリオウ(友道、牡4)は、CWコースで3頭併せで一杯に追われた。もやの影響で時計は不明も最先着。M・デムーロ騎手は「前とは10馬身くらい離れていたけど、最後は抜け出して上がりの時計は速いと思う。フワッとすることなく一生懸命走っていた。いつも一度使うとよくなるので状態はよさそう」と好感触を伝えた。 矢作厩舎のカフジプリンス(牡6)とチェスナットコート(牡5)は坂路で併せ馬。先行したカフジが4ハロン51秒5-12秒6を計時して1馬身先着した。安藤助手は「1週前なのでしっかりやった。時計がかかっている中でも51秒台が出て、予定通りに負荷をかけられた」とうなずいた。★天皇賞・春の特別登録馬はこちら 調教タイムも掲載
2019年4月19日(金) 05:00

 1,133

春盾本命候補シャケトラ安楽死…追い切り途中、左前肢骨折
 朝一番のCWで、まさかの悲劇が起こった。天皇賞・春(28日、京都、GI、芝3200メートル)の最有力と目されていたシャケトラ(栗・角居、牡6)が17日、栗東トレセンでの1週前追い切り中に左前肢を骨折。駆けつけた獣医師の判断で安楽死の処置がとられた。 角居調教師は「第1指骨開放骨折でした。つなぎと関節の種子骨複雑骨折もですね」と声を振り絞るように説明した。同馬は3歳6月とデビューは遅れたものの、キャリア5戦で日経賞を制覇。2017年は宝塚記念4着など、春秋のGI5レースに出走した。しかし18年2月に左膝および左球節の骨折に見舞われ、長期離脱。今年1月のAJCCで1年1カ月の休み明けを克服して復活Vを果たすと、続く阪神大賞典でGII2連勝。GI初制覇が期待された矢先だった。 トレーナーは「もともと、骨折をして1年も待った馬。状態がよかっただけに、負荷がかかったのかもしれません。残念です」と沈痛な面持ちで話した。通算成績は13戦6勝で重賞3勝。桜の花びら散る栗東トレセンに、悲しみのため息が広がった。★シャケトラの競走成績はこちらシャケトラ 父マンハッタンカフェ、母サマーハ、母の父シングスピール。青鹿毛の牡6歳。栗東・角居勝彦厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は金子真人ホールディングス(株)。戦績は13戦6勝。獲得賞金2億7512万5000円。重賞は2017年のGII・日経賞、19年のGII・AJCC、GII・阪神大賞典の3勝。馬名は「イタリアの幻のデザートワイン」
2019年4月18日(木) 05:04

 619

【天皇賞・春】フィエールマン、W4馬身先着
 《美浦》昨年の菊花賞馬フィエールマン(手塚、牡4)はWコースで直線一杯に追われ、5ハロン65秒5-12秒6。外ゴルトマイスター(3歳500万下)に2馬身、中ムスコローソ(1000万下)に4馬身先着した。「AJCC(2着)は一頓挫(熱発)があったけど、今回は菊花賞同様に非常にいい感じ」と手塚調教師は笑み。 日経新春杯勝ち以来のグローリーヴェイズ(尾関、牡4)はWコースで6ハロンからびっしり追われ、82秒1-12秒5で僚馬と併入した。「相手も動く馬だし、まだ体に重いところもある中で頑張って動いてくれた」と尾関調教師は話した。 《栗東》日経賞を逃げ切ったメイショウテッコン(高橋忠、牡4)はCWでの3頭併せで最先着。今回がテン乗りとなる福永騎手は初コンタクトを取り、「いい馬ですね。ある程度、話も聞いていたし、この馬の個性は把握できました」と満足げだった。 ダイヤモンドSを制したユーキャンスマイル(友道、牡4)はCW6ハロン81秒5-11秒8で3頭併せの最先着。友道調教師は「しっかりとやりました。動きも良かったと思う。前走は改めて距離適性を感じさせた」と期待を寄せていた。 昨年の3着馬クリンチャー(宮本、牡5)はCWで長めから追われて7ハロン98秒3-11秒8。上昇ムードを漂わせ、宮本調教師は「使って格段に良くなっている。前走(日経賞)も7着でも兆しはみせていた」と強気の姿勢だった。★天皇賞・春の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年4月18日(木) 05:03

 1,537

天皇賞・春の最有力馬シャケトラが調教中に骨折し安楽死
 阪神大賞典を制し、来週の天皇賞・春(28日、京都、GI、芝3200メートル)で最有力と目されていたシャケトラ(栗・角居、牡6)が、17日に行われた1週前追い切り中に骨折。安楽死の処置が取られた。 角居調教師は「第1指骨開放骨折。つなぎと関節の種子骨複雑骨折でした」と説明。GI勝ちこそないもののGII3勝と実績を残し、タイトル奪取が期待されていただけに「もともと、骨折をして1年も待った馬。状態がよかっただけに、負荷がかかったのかもしれません。残念です」と沈痛な面持ちで話した。★シャケトラの競走成績はこちら
2019年4月17日(水) 11:20

 3,463

天皇賞(春)と同条件を得意とするプロ予想家

京都・芝・長距離の過去5シーズンを集計


天皇賞(春)過去10年の結果

2018年4月29日() 京都競馬場/芝3200m 天候: 馬場:
2017年4月30日() 京都競馬場/芝3200m 天候: 馬場:
2016年5月1日() 京都競馬場/芝3200m 天候: 馬場:
1着 キタサンブラック 武豊 3:15.3 4.5倍 107.9
2着 カレンミロティック 池添謙一 ハナ 99.2倍 107.9
3着 シュヴァルグラン 福永祐一 1 1/4 6.4倍 107.2

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

天皇賞(春)のデータ分析とレース傾向

コース図京都芝3200m

国内G1のなかでも、長い歴史と伝統を誇る天皇賞(春)。2008年以降の連対馬の前走着順を検証すると、22頭中17頭が前走3着以内。好調馬がそのまま結果を残す傾向の強いレースである。ちなみに、例外5頭のうち4頭は前年の覇者(2頭)、2着馬、3着馬。相応の実績&適性がないと、勝ち負けに持ち込むことは難しい。前走のレース別では、大阪杯、日経賞、阪神大賞典の三つ巴。3着以内馬33頭中、実に28頭を占めている。なかでも、これら3重賞の連対馬に絞ると好走率がグンと上昇するので、軸馬はココから選ぶようにしたい。舞台となる京都3200mは外回りコースを1周半する形態。最初のホームストレッチで、いかに折り合いをつけられるかが勝負に大きくかかわってくる。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

天皇賞(春)ステップレース

大阪杯   G1 
2019年3月31日() 阪神競馬場/芝2000m
天候: 馬場:
1着 3 アルアイン 北村友一 2:01.0 22.2倍 102.7
2着 6 キセキ 川田将雅 クビ 4.1倍 102.7
3着 2 ワグネリアン 福永祐一 クビ 8.2倍 102.1
4着 1 マカヒキ 岩田康誠 3/4 37.4倍 101.5
5着 9 エアウィンザー 浜中俊 クビ 9.3倍 101.5
日経賞   G2 
2019年3月23日() 中山競馬場/芝2500m
天候: 馬場:稍重
1着 1 メイショウテッコン 武豊 2:34.2 4.9倍 102.1
2着 7 エタリオウ M.デムーロ 1 1/4 2.1倍 101.2
3着 4 サクラアンプルール 横山典弘 1 1/4 8.2倍 100.3
4着 10 ハッピーグリン 服部茂史 1 1/4 93.7倍 99.4
5着 2 ゴーフォザサミット 石橋脩 クビ 19.6倍 98.9
2019年3月17日() 阪神競馬場/芝3000m
天候: 馬場:稍重
1着 10 シャケトラ 戸崎圭太 3:06.5 2.2倍 107.1
2着 7 カフジプリンス 中谷雄太 20.3倍 104.1
3着 1 ロードヴァンドール 横山典弘 2 1/2 41.2倍 102.5
4着 6 ソールインパクト 福永祐一 30.7倍 101.8
5着 9 アドマイヤエイカン 岩田康誠 1 1/2 7.8倍 101.0

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

天皇賞(春)の歴史と概要


2016、17年の優勝馬キタサンブラック

日本の競馬史のなかでも屈指の長い歴史と伝統を誇る、権威ある一戦。年に春と秋の2回開催され、2000mで行われる中距離王決定戦の秋に対し、3200mを舞台に争われる春は最強ステイヤー決定戦として認知されている。歴代優勝馬はいずれ劣らぬ名馬ばかりで、このレースを勝ってその年の年度代表馬に輝いた馬は数知れない。グレード制導入後だけを見ても、3冠馬として臨んで鮮やかに勝利を収めた第91回(1985年)のシンボリルドルフ、第133回(2006年)のディープインパクト、このレースの連覇を含め7つのG1タイトルを獲得した第121・123回(2000~2001年)のテイエムオペラオー、第153・155回(2016~2017年)のキタサンブラックをはじめ、メジロマックイーンビワハヤヒデマヤノトップガンメイショウサムソンゴールドシップなど、G1を複数回制した実績を持つ強豪の名前がズラリと並ぶ。ただし、かつては人気の実力馬が勝つ堅いレースとして有名だったものの、長距離レースを敬遠する世界的な風潮によってもたらされた近年のレベル低下は否めず、第129回(2004年)のイングランディーレ(10番人気)、第131回(2005年)のスズカマンボ(10番人気)、第139回(2009年)のマイネルキッツ(12番人気)、第145回(2012年)のビートブラック(14番人気)など、2桁人気の伏兵が番狂わせを演じ、大荒れになる年も増えつつある。

▼2015年のゴールドシップは3度目の挑戦でついに天皇賞の盾を獲得した。

歴史と概要をもっと見る >

天皇賞(春)昨年のBIGヒット予想家

去年の天皇賞(春)を見事的中させた予想家です。
今年もBIGヒットが期待される予想家の無料予想を枠順確定から発走直前まで続々と公開します!
無料予想は 会員登録(無料)するだけでご覧頂けます。

今すぐ会員登録(無料)する!

2018年04月29日(日) 15:45更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv 104 
1,030円 103,000円
Lv 98 

2,060円
240円
99,450円
Lv 106 
11,650円 81,550円
Lv 92 
810円 81,000円
Lv 91 
810円 81,000円
Lv 86 

2,510円
1,030円
75,950円
Lv 99 
11,650円 69,900円
Lv 97 
11,650円 69,900円
Lv 101 

11,650円
2,510円
69,380円
 

2,510円
2,060円
65,140円
Lv 92 
2,510円 62,750円
Lv 86 
2,510円 62,750円
Lv 107 

2,060円
2,060円
61,800円
Lv 87 

2,060円
1,030円
60,770円
Lv 91 
600円 60,000円
Lv 91 
600円 60,000円
Lv 83 
600円 60,000円
Lv 83 
600円 60,000円
Lv 95 
11,650円 58,250円
Lv 89 
11,650円 58,250円

天皇賞(春)の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年4月27日(
テレビ東京杯青葉賞  G2
2019年4月28日(
天皇賞(春)  G1
2019年4月29日(
新潟大賞典  G3

競馬番組表

2019年4月27日(
1回新潟1日目
2回東京3日目
2019年4月28日(
2回東京4日目
3回京都3日目
2019年4月29日(
1回新潟2日目
3回京都4日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
85,655万円
3 アーモンドアイ 牝4
72,022万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
54,977万円
6 マカヒキ 牡6
51,710万円
7 アルアイン 牡5
48,870万円
8 アップトゥデイト 牡9
47,571万円
9 キセキ 牡5
46,841万円
10 レッツゴードンキ 牝7
44,174万円
» もっと見る

3歳
1 サートゥルナーリア 牡3
22,716万円
2 グランアレグリア 牝3
18,828万円
3 ダノンファンタジー 牝3
17,237万円
4 アドマイヤマーズ 牡3
16,462万円
5 クロノジェネシス 牝3
11,447万円
6 ファンタジスト 牡3
11,012万円
7 ヴェロックス 牡3
10,942万円
8 ニシノデイジー 牡3
9,910万円
9 ダノンキングリー 牡3
8,689万円
10 エメラルファイト 牡3
8,123万円
» もっと見る