会員登録はこちら
天皇賞(春) G1   日程:2018年4月29日() 15:40 京都/芝3200m

レース結果

天皇賞(春) G1

2018年4月29日() 京都/芝3200m/17頭

本賞金:15,000万 6,000万 3,800万 2,300万 1,500万


レコード:3分12秒5
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 6 12

レインボーライン

牡5 58.0 岩田康誠  浅見秀一 452(-2) 3.16.2 6.0 2
2 6 11

シュヴァルグラン

牡6 58.0 H.ボウマ  友道康夫 474(+4) 3.16.2 クビ 3.0 1
3 4 8

クリンチャー

牡4 58.0 三浦皇成  宮本博 488(+2) 3.16.3 1/2 8.0 4
ラップタイム 13.0-11.2-11.4-12.0-12.5-12.3-12.0-13.2-12.6-12.6-12.8-12.6-12.1-12.1-11.4-12.4
前半 13.0-24.2-35.6-47.6-60.1
後半 60.6-48.0-35.9-23.8-12.4

■払戻金

単勝 12 600円 2番人気
複勝 12 190円 2番人気
11 140円 1番人気
8 240円 4番人気
枠連 6-6 1,020円 5番人気
馬連 11-12 1,030円 1番人気
ワイド 11-12 400円 1番人気
8-12 810円 9番人気
8-11 530円 3番人気
馬単 12-11 2,510円 6番人気
3連複 8-11-12 2,060円 1番人気
3連単 12-11-8 11,650円 8番人気

天皇賞(春)のニュース&コラム

【天皇賞・春】レインボー、駆け抜けたVライン!
 第157回天皇賞・春(29日、京都11R、GI、4歳上オープン国際(指)、定量、芝・外3200メートル、1着本賞金1億5000万円 =出走17頭)ゴール前は上位人気2頭の激しい攻防となり、最後は2番人気のレインボーラインがクビ差で1番人気のシュヴァルグランを退けて優勝。10度目の挑戦でGI初勝利を挙げた。タイム3分16秒2(良)。岩田康誠騎手は2015年の桜花賞(レッツゴードンキ)以来の美酒だったが、ゴール後に異常を感じて下馬。診断結果は右前肢跛行(はこう)と発表された。3着は4番人気のクリンチャーだった。 青空が広がる淀のターフに、希望の虹が架かった。レインボーラインが、気迫の末脚で馬群から突き抜けた。10度目のGI挑戦で、ようやく訪れた歓喜の瞬間。だが喜びもつかの間、息をのむ衝撃シーンが待っていた。勝利に導いた岩田騎手が、ゴール後にまさかの下馬。うれしさと不安が入り交じった表情で言葉を紡いだ。 「うれしいですが、馬の様子が心配です。ゴールを過ぎてから歩様がおかしいなと思って、すぐに下馬しました。無事で次も出走できれば…」 展開は完璧だった。序盤は後方で折り合いに専念。「最初の(3~4コーナーの坂の)下りだけ気をつけて、流れに乗っていった」。2周目の3コーナー手前で他の有力馬が動き出しても我慢。ひと呼吸遅らせてゴーサインを出すと、直線は馬群の真ん中から果敢にインへ切り込んだ。2着シュヴァルグランの内をすくうように、ゴール直前でクビ差差し切り。メンバー最速の上がり3ハロン35秒2で戴冠を果たした。 「(体は)小さいですが、毎回ちゃんと走ってくれる、すごく真面目な馬です。直線は絶対にいい脚を使ってくれると思っていました」 入線後、馬運車で競馬場内の厩舎へ運ばれて検査。約1時間半後に発表された診断は『右前肢跛行』。浅見調教師は「着順は最高でしたが、レース後の馬の状況が状況なので、心苦しいです。次に向けて何とかケアしてあげたい」とコメント。軽症だったことは、不幸中の幸いだろう。 3歳時にはNHKマイルC3着のあと、秋には3000メートルの菊花賞で2着。距離を問わず力走し、古馬になってからも天皇賞・秋3着など実力を発揮してきた。岩田騎手や担当の若松厩務員が「どんな条件でも一生懸命に走ってくれる」と口をそろえる頑張り屋がついに勲章をつかんだ。 「去年に比べて、ひとまわり大きくなって成長を感じられます」と目を細めた岩田騎手は、2015年桜花賞(レッツゴードンキ)以来のGI勝ち。「今度は笑顔でGIを勝ちたいと思います」と、相棒とのさらなる飛躍を誓った。 まずは体を癒やし、きっとまた鋭い末脚で、ゴールへ鮮やかな虹を描いてくれるはずだ。 (山口大輝) ◆天皇賞・春の表彰式プレゼンターを務めた俳優・沢村一樹「きょう乗った新幹線のホームが18番だったので、1と8に関係する馬券を購入しました。惜しくも外れてしまいましたが、久しぶりに生のレースと大歓声にワクワクしっぱなしでした」
2018年4月30日(月) 05:07

 2,366

【天皇賞・春】レースを終えて…関係者談話
 ◆和田騎手(ミッキーロケット4着) 「うまく走ってくれた。最後は同じ脚になったけど、ロスなく運べれば頑張れますね」 ◆蛯名騎手(チェスナットコート5着) 「58キロを背負い慣れていないからスタートから進んでいかなくて、最後も苦しくなってモタれていた。いい経験になった」 ◆M・デムーロ騎手(トーセンバジル6着) 「外枠で大変だった。直線で一瞬オッと思ったけど、最後は止まった」 ◆四位騎手(スマートレイアー7着) 「指示もあり、じっくりと構える競馬を。この距離でも最後までよく伸びていたよ」 ◆ルメール騎手(アルバート8着) 「向こう正面でポジションを上げたかったけど、内から押されて外を回る形になって最後は止まった」 ◆浜中騎手(シホウ9着) 「スタートから自分のペースを守って運びました。いい経験になったと思いますよ」 ◆松山騎手(ヤマカツライデン10着) 「この馬のレースはできました。最後までしっかりと踏ん張っています。切れ味のある馬にやられました」 ◆国分恭騎手(トウシンモンステラ11着) 「ゆっくりと運んでしまいの脚を生かすレースをしました。よく頑張ってくれたと思います」 ◆川田騎手(サトノクロニクル12着) 「勝ちにいくために組み立てた競馬で精いっぱい頑張ってくれたと思います」 ◆福永騎手(ソールインパクト13着) 「考えていた通りの内を狙う競馬をしました。調子は良かったですし、現状の力差ですね」 ◆藤岡佑騎手(ガンコ14着) 「一度は先頭に立ったのですが…。最後は苦しくなりました。いい経験になったと思います」 ◆宮崎騎手(ピンポン15着) 「最後はいっぱいいっぱいでしたね。でも、GIで恥ずかしくないレースはできました」 ◆池添騎手(カレンミロティック16着) 「向こう正面でペースが上がってからきつくなった。10歳でよく頑張ったと思います」 ◆秋山騎手(トミケンスラーヴァ17着) 「自分のレースはできました。頑張っていますよ」
2018年4月30日(月) 05:06

 1,977

【天皇賞・春】シュヴァルグラン、2年連続2着
 第157回天皇賞・春(29日、京都11R、GI、4歳上オープン国際(指)、定量、芝・外3200メートル、1着本賞金1億5000万円 =出走17頭)念願のタイトルは、ゴール寸前でスルリと逃げた。1番人気に推されたシュヴァルグランは道中3番手の積極策。残り400メートルで先頭に立って押し切りを図ったが、勝ち馬のイン強襲に屈してクビ差2着に終わった。 「前にいた馬が下がってファイトする相手がいなくなり、フワフワしてしまった」とボウマン騎手。“魔神”こと佐々木主浩オーナーは「仕方ない。強い競馬をしていると思います」と、2年連続での銀メダルをサバサバと振り返った。今後は宝塚記念には向かわず放牧へ。秋は昨年と同じ京都大賞典→ジャパンC→有馬記念の3走を予定している。★29日京都11R「天皇賞・春」の着順&払戻金はこちら
2018年4月30日(月) 05:06

 947

【天皇賞・春】クリンチャー3着 秋は凱旋門賞挑戦
 第157回天皇賞・春(29日、京都11R、GI、4歳上オープン国際(指)、定量、芝・外3200メートル、1着本賞金1億5000万円 =出走17頭)クリンチャーはシュヴァルグランをマークするような形で追い上げたものの3着まで。「(2周目)3~4コーナーでうまく内に潜り込めたが、追い比べで上位2頭に負けてしまった。急にいただいたチャンスに勝って応えたかった」と三浦騎手。73回目の挑戦でも悲願のJRA・GI制覇はかなわず、思わず天を仰ぐシーンもあった。 「力を出し切ったが悔しい」と語った宮本調教師は、今秋のフランス遠征を明言。フォワ賞から凱旋門賞に挑む予定で、鞍上は武豊騎手に戻る。★29日京都11R「天皇賞・春」の着順&払戻金はこちら
2018年4月30日(月) 05:06

 993

天皇賞(春)のニュースをもっと見る >

【天皇賞・春】クリンチャー長距離戦線の主役頂く!皇成も好感触
 29日に京都競馬場で行われる伝統の古馬長距離GI「第157回天皇賞・春」(芝3200メートル)で、宮本博調教師(55)がJRA・GI初制覇を狙う。擁するクリンチャーは昨年の菊花賞で2着になった、強い世代の代表候補。京都記念で皐月賞馬アルアイン、ダービー馬レイデオロを破ったことで大きく注目されている。勝てばフランスの夢も見えてくる一戦で、新たな王者となれるか。 --今年初戦の京都記念が衝撃的。アルアインを2着、レイデオロを3着、エリザベス女王杯馬モズカッチャンを4着に破って優勝した 宮本博調教師「昨秋の菊花賞で2着になったあとは大山ヒルズ(鳥取県)へ放牧へ。有馬記念を使うプランもあったけど、来年に賭けようということになって、今年は京都記念からスタートした。想像以上に強い勝ち方をしてくれたね」 --その勝利を受けて1番人気になった阪神大賞典は、引っ掛かる面を見せて3着 「正直ガッカリした。GIホースに勝っての臨戦ということで、馬に負荷をかけすぎたのかも。調教も抜群の動きで、すべて順調なように見えたけど、いつもの調教内容ではなく、中距離向けの仕上げになってしまっていた。それで折り合いを欠いたんだと思う」 --今回は 「中間のテーマは、折り合い重視の調教をすること。2週前、1週前はコースでやって、今週は坂路。先週ある程度やって、25日は流すようにした。菊花賞と同じような調教過程で、長距離仕様の仕上げに戻したんだ」 --そのさなかに、予期せぬ事態が。手綱を取るはずだった武豊騎手が先週、騎乗停止になった 「日曜(22日)の8Rで騎乗停止になってしまい、すぐに(前田幸治)オーナーと相談をしました。悔いのない乗り役にということで、三浦皇成騎手になった」 --25日はその三浦騎手が追い切って、「どういうときにどういう反応をするかは確認できた。馬のリズムを一番に考えて乗りたい」と好感触を口にしていた 「すごくズブいイメージを持っていたようだけど、この1年で別の馬のように変わっているからね。以前はまったく調教で動かなかったけど、今は普通の馬のように時計も出るようになった。急激に力をつけている」 --レースに向けてはどんな打ち合わせを 「こちらの思惑は、十分に伝わったと思っている。作戦については今は言えないけど、“必ずグッドレースはしますから”ということでお許しください」 --京都は3戦して2勝・2着1回。未勝利が3馬身差の圧勝で、菊花賞が極悪馬場で2着。そして京都記念だ。菊花賞の内容からすれば3200メートルの春天でも 「京都での好成績はたまたまだと思っている。これからは関東圏でも走ってくれると思っているよ。3200メートルは折り合いがポイントにはなるけど、持って生まれたスタミナは優れたところがあるからね」 --秋には仏遠征、凱旋門賞(10月7日、ロンシャン、GI、芝2400メートル)のプランもある 「とにかくここで、いいレースをしないことには。勝って凱旋門賞へ行ければ最高ですね」(夕刊フジ)★天皇賞・春の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年4月26日(木) 11:15

 1,856

【天皇賞・春】厩舎の話
 アルバート・堀調教師「叩いて気配は上向いた。昨年、一昨年以上の結果を期待している」 カレンミロティック・平田調教師「昨年は裂蹄で順調さを欠いた。今年はいい状態できている」 ガンコ・藤岡佑騎手「馬場も悪かったので無理はしなかった。臨機応変に立ち回りたい」 サトノクロニクル・池江調教師「前走で距離にメドは立った。阪神より京都のほうが合う」 シホウ・笹田調教師「状態はいい。勝負どころでペースが上がったときにどう対応するか」 シュヴァルグラン・ボウマン騎手「ハートを確認したかったが、よく走った。メンタルはいい」 スマートレイアー・大久保調教師「叩いて馬体の張りが良くなった。京都ならこの距離でも」 ソールインパクト・戸田調教師「時計は遅かったが、反応は良かった。胸を張って大舞台へ」 チェスナットコート・岡助手「この馬場でこれだけ動けば上等。広いコースのほうが合う」 トウシンモンステラ・村山調教師「長距離でいいタイプ。状態は悪くないし、力を出し切れば」 トミケンスラーヴァ・竹内調教師「動く馬に楽についていけた。これで反動が出なければ」 トーセンバジル・藤原英調教師「ここを目標にレベルアップ。調整もしっかりできている」 ピンポン・粕谷調教師「変わりなくいい状態。8歳でも若いし、胸を借りる気持ちでいく」 ミッキーロケット・和田騎手「先週より動きは良化。自分のリズムで思い切ったレースを」 ヤマカツライデン・池添兼調教師「攻め駆けするにしても動きは良かった。ハナに行きたい」 レインボーライン・若松厩務員「前走は見た目にもパワーアップ。使って体の張りも良化した」(夕刊フジ)★天皇賞・春の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年4月26日(木) 11:14

 2,962

【天皇賞・春】急上昇!シュヴァル1馬身先着
 天皇賞・春(29日、京都、GI、芝3200メートル)に出走するシュヴァルグラン(栗東・友道康夫厩舎、牡6歳)の追い切りが25日、滋賀県の栗東トレセンで行われた。ジャパンCでVに導いたヒュー・ボウマン騎手(37)=豪州=が騎乗して坂路で4ハロン54秒6-12秒8をマーク。力強いフットワークで前走・大阪杯13着からの上昇をアピールした。主役不在の一戦だが、唯一のGIホースが混戦を断つ構えだ。枠順は26日に確定、27日に金曜発売が実施される。 “世界NO・1ジョッキー”との強力タッグが復活だ。3度目の挑戦で悲願の天皇賞・春制覇を目指すシュヴァルグランが、ボウマン騎手を背に雨中の坂路で豪快に先着。大阪杯13着からの巻き返しを猛アピールした。 「メンタルがハッピーなのか確かめたかった。馬場が悪いなかで(反応を)促しながらだったけど、気分良く走れていたね。去年の秋と同じくらい、すごく良かった」 豪州の名手は友道調教師とガッチリ握手を交わすと、ストレートに好感触を伝えた。僚馬ジェニシス(1000万下)を3馬身ほど追走する形。内外で大きく離れていた馬体を徐々に寄せていき、鞍上のGOサインに応えて残り1ハロンから一気に1馬身突き抜けた。タイムは4ハロン54秒6-12秒8。力強さに満ちあふれた脚どりで、「追い出されてからの走りに迫力を感じた。ハッピーな感じだったと思います」とトレーナーも同調する。 初めてコンビを組んだ昨秋のジャパンCでレイデオロ、キタサンブラックなど並みいる強豪を撃破。昨年、ポイント制で争われるロンジンワールドベストジョッキーに輝いたボウマン騎手にとっても「思い入れのあるスペシャルホース」だ。 直線での不利がこたえて3着に終わった有馬記念の夜。友道師、佐々木主浩オーナーとの“残念会”で「ぼくが(日本に)行きます」と春の盾での騎乗を直訴。当初は25日に予定していた来日を追い切りにまたがるため1日早めるなど、並々ならぬ意気込みがうかがえる。 過去3、2着と惜敗してきた天皇賞は、陣営にとって是が非でも欲しいタイトルだ。本番に余力を持って臨むために、始動戦を前2年の阪神大賞典(芝3000メートル)から大阪杯(芝2000メートル)に変更した。久々の2000メートルで急激なペースチェンジに戸惑って力をほとんど出せずに終わったが、「今年は疲れが見られない。確実に使って良くなっている」と指揮官は手応えをつかんでいる。 「切れないが長くいい脚を使える。スタミナがあるね。キタサンブラックは強かったが、チャンピオンがいないなら期待できる。ジャパンCと同じ枠(〔1〕枠(1)番)がいいが、外なら外でまた作戦を考えたい」。頼れる“豪腕”を背に三度目の正直を決める。 (漆山貴禎)
2018年4月26日(木) 05:10

 2,309

【天皇賞・春】シュヴァルグラン・友道師トーク
 --今季初戦の大阪杯は13着 「2000メートルは守備範囲を離れていたし、スローペースからのヨーイドンは経験がなく走りづらかったと思います」 --舞台は京都3200メートルに替わる 「2000メートルを使った影響で中間は行きたがる面もあったが、3200メートルも走れるように修正した。断然2400メートル以上の(距離が合う)馬だと思います。それに走り方が大きいので広い馬場がいい。京都外回りが一番合いますね」 --春の盾では過去3、2着。今年こそとの思いは強い 「他のメンバーを見ると、連勝してきている馬もいるし、長距離で結果を出している馬もいる。簡単に勝てるレースではないと思います。ただ、3年越しで狙ってきたので、何とか1着を取れるように頑張りたいですね」★天皇賞・春の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年4月26日(木) 05:09

 1,662

天皇賞(春)の直前追い切り情報をもっと見る >

天皇賞(春)の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

4月29日 15:45更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv121 
2,060円 20,600円
Lv117 
11,650円 11,650円
Lv112 
400円 40,000円
Lv111 
2,060円 2,060円
Lv111 

2,060円
1,030円
4,120円

的中情報をもっと見る >

天皇賞(春)過去10年の結果

2017年4月30日() 京都競馬場/芝3200m 天候: 馬場:
2016年5月1日() 京都競馬場/芝3200m 天候: 馬場:
1着 キタサンブラック 武豊 3:15.3 4.5倍 107.9
2着 カレンミロティック 池添謙一 ハナ 99.2倍 107.9
3着 シュヴァルグラン 福永祐一 1 1/4 6.4倍 107.2
2015年5月3日() 京都競馬場/芝3200m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

天皇賞(春)のデータ分析とレース傾向

コース図京都芝3200m

国内G1のなかでも、長い歴史と伝統を誇る天皇賞(春)。2008年以降の連対馬の前走着順を検証すると、20頭中16頭中が前走3着以内。好調馬がそのまま結果を残す傾向の強いレースである。ちなみに、例外4頭のうち3頭は前年の覇者(2頭)と3着馬。相応の実績&適性がないと、勝ち負けに持ち込むことは難しい。前走のレース別では、大阪杯、日経賞、阪神大賞典の三つ巴。3着以内馬30頭中、実に25頭を占めている。なかでも、これら3重賞の連対馬に絞ると好走率がグンと上昇するので、軸馬はココから選ぶようにしたい。舞台となる京都3200mは外回りコースを1周半する形態。最初のホームストレッチで、いかに折り合いをつけられるかが勝負に大きくかかわってくる。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

天皇賞(春)ステップレース

大阪杯   G1 
2018年4月1日() 阪神競馬場/芝2000m
天候: 馬場:
1着 15 スワーヴリチャード M.デムーロ 1:58.2 3.5倍 107.4
2着 5 ペルシアンナイト 福永祐一 3/4 16.3倍 106.8
3着 8 アルアイン 川田将雅 1/2 3.6倍 106.2
4着 3 ヤマカツエース 池添謙一 1 1/2 38.5倍 105.0
5着 1 ミッキースワロー 横山典弘 クビ 12.3倍 104.5
日経賞   G2 
2018年3月24日() 中山競馬場/芝2500m
天候: 馬場:
1着 12 ガンコ 藤岡佑介 2:33.9 5.4倍 101.1
2着 3 チェスナットコート 蛯名正義 3/4 20.6倍 100.6
3着 11 サクラアンプルール 田辺裕信 3/4 12.3倍 100.2
4着 4 ロードヴァンドール 横山典弘 アタマ 6.3倍 100.2
5着 7 トーセンバジル M.デムーロ 3/4 3.5倍 99.2
2018年3月18日() 阪神競馬場/芝3000m
天候: 馬場:
1着 7 レインボーライン 岩田康誠 3:03.6 5.6倍 105.1
2着 6 サトノクロニクル 川田将雅 1 1/4 6.3倍 104.3
3着 8 クリンチャー 武豊 1 1/2 1.9倍 103.6
4着 10 アルバート 福永祐一 クビ 3.7倍 103.2
5着 4 カレンミロティック 池添謙一 29.5倍 102.0

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

天皇賞(春)の歴史と概要


2016、17年の優勝馬キタサンブラック

日本の競馬史のなかでも屈指の長い歴史と伝統を誇る、権威ある一戦。年に春と秋の2回開催され、2000mで行われる中距離王決定戦の秋に対し、3200mを舞台に争われる春は最強ステイヤー決定戦として認知されている。歴代優勝馬はいずれ劣らぬ名馬ばかりで、このレースを勝ってその年の年度代表馬に輝いた馬は数知れない。グレード制導入後だけを見ても、3冠馬として臨んで鮮やかに勝利を収めた第91回(1985年)のシンボリルドルフ、第133回(2006年)のディープインパクト、このレースの連覇を含め7つのG1タイトルを獲得した第121・123回(2000~2001年)のテイエムオペラオー、第153・155回(2016~2017年)のキタサンブラックをはじめ、メジロマックイーンビワハヤヒデマヤノトップガンメイショウサムソンゴールドシップなど、G1を複数回制した実績を持つ強豪の名前がズラリと並ぶ。ただし、かつては人気の実力馬が勝つ堅いレースとして有名だったものの、長距離レースを敬遠する世界的な風潮によってもたらされた近年のレベル低下は否めず、第129回(2004年)のイングランディーレ(10番人気)、第131回(2005年)のスズカマンボ(10番人気)、第139回(2009年)のマイネルキッツ(12番人気)、第145回(2012年)のビートブラック(14番人気)など、2桁人気の伏兵が番狂わせを演じ、大荒れになる年も増えつつある。

▼2015年のゴールドシップは3度目の挑戦でついに天皇賞の盾を獲得した。

歴史と概要をもっと見る >

天皇賞(春)の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年6月24日(
宝塚記念 G1

競馬番組表

2018年6月23日(
1回函館3日目
3回東京7日目
3回阪神7日目
2018年6月24日(
1回函館4日目
3回東京8日目
3回阪神8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る