今週の競馬:注目レース

  • 東京優駿 G1
    5/27(
  • 目黒記念 G2
    5/27(
  • 葵ステークス G
    5/26(
  • 出馬表
  • 重賞攻略
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 平成最後のダービーを勝つのは、“規格外”の怪物だ。ブラストワンピースが史上11頭目の無敗Vを決める。

 無傷V3を飾った毎日杯はまさに圧勝。直線入り口で内ラチに接触してもひるまずに2馬身突き抜けて、「自分が求めていたものに応えてくれて結果も内容も満点」と、池添騎手は花マル評価だ。

 さらにVタイム1分46秒5にも注目。実はこれまでに毎日杯を1分46秒台で制した馬は、ダービーで08年ディープスカイがV、13年キズナがV、14年マイネルフロストが3着、17年アルアインが5着とオール掲示板。好走は約束されたようなものだ。

 前記4頭と異なるのは、毎日杯からの直行を選択したこと。しかし、これには明確な理由がある。

 「競馬のあとは背腰に疲れが出るので、目標に向けてベストの臨戦過程と判断した。以前とはローテーションの概念が違ってきている」と大竹調教師。思えば同じシルクレーシング所有のアーモンドアイは、シンザン記念からの直行で桜花賞制覇。強ければ本番前のひと叩きなど必要なし-まさに新時代のダービー馬にふさわしい。

 23日のWコースは5F67秒3。追われてからの反応が鈍く映ったが、「調教ではモタモタするが実戦では全然違う」と池添騎手。帰厩当初は牛のように太く見えた馬体も気温の上昇とともにスッキリして、当日はおそらく、ひとケタ台の馬体増で済むだろう。

 破壊力抜群の末脚が再び唸りを上げる。“究極の3連単”はブラストを1着に固定し、相手も別路線組から。過去10年で6連対の最強(1)番枠を引き当てたダノンプレミアム京都新聞杯の好時計勝ちが光るステイフーリッシュを2着に据えた12点で獲る!(夕刊フジ)



日本ダービーの枠順はこちら 調教タイムも掲載

【日本ダービー】夕刊フジ・調教チェッカーズ 5月26日() 11:16

 1番手はジェネラーレウーノ

 大目標へグイグイ調子を上げてきたのが、こちら。田辺騎手を背にした先週は反応の鈍さ、上体が起きてこない点など不満もあったが、今週はそれらも見事に解消。併走馬が来れば来るだけ伸びる迫力満点の走りで1馬身先着した。毛ヅヤの良さ、馬体の張りもピークの域に達している。

 サンリヴァルは前走後にダメージが残ったというが、中5週でうまくケア。今週は本来の走りを取り戻し、直線、シャープに伸び1馬身先着した。皐月賞のけいこも相当良く見せていたが、反応の鋭さはまるで見劣らない水準にある。

 ブラストワンピースはシェイプアップのため、直前もハードな併せ馬。馬なりの相手をパスするのにかなりモタモタしたが、抜け出してからは楽に1馬身先着した。排気量を武器に長くいい脚を使える印象だが、まだシルエットは余裕残しに映るだけに、ハードトレで絞れてほしい。(夕刊フジ)



日本ダービーの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【細江元騎手のダービーパドック必勝法】キタノコマンドールイチ押し! 5月26日() 05:10

 27日の日本ダービーに出走する有力馬をJRAの元騎手、細江純子さん(43)が、詳細にチェック。大一番に向けての仕上がり、パドックを見るときの注意点などを、プロの視点で解説します。現時点での注目馬にキタノコマンドールを挙げました。また、サンケイスポーツ「ZBAT特捜班」が、出走全18頭のパドックの見方を解説。ともに馬券的中に、きっと役に立ってくれるはずです。

★返し馬も観察を〔1〕ダノンプレミアム

 前回の弥生賞が今までの中でも一番のハイテンション。ダービーのパドックの空気は独特ですから、それにのまれないか? 休み明けですし、その点が気になります。体に関しては右前脚と左トモ(後肢)がウイークポイントと思え、これまでも左トモの運びが遅れると感じている中でも圧勝。なので、パドックよりも返し馬で、この馬の良さである弾むようなフットワークが見られればグッドです。

★馬体が絞れれば〔5〕キタノコマンドール

 一戦ごとの変わり身がすごい。デビュー時は、四肢の運びがバラバラで心配になるほどでした。2戦目は前肢の柔らかみがでていたものの、トモが独立。前回はようやくバランスがとれた脚の運びとなったものの、初輸送でもあり、体を大きめにつくった中で減らずの余裕残しでした。今回の好走の条件としては、体が絞れてスッキリとした馬体になっていることだと思います。

★体形と歩様良化〔6〕ゴーフォザサミット

 春あたりから、体形や歩様の変化を出走馬中で一番、感じるのがこの馬。以前は、だらだらと歩くタイプでしたが、2走前あたりから上体が起きてくるようになり、前走は、担当者の方の引き手の手が添えられている程度で、体幹がしっかりとして自ら上体が起きての前進気勢。良いと思います。

★踏み込みが深い〔8〕ブラストワンピース

 大型馬らしく、デビュー戦から使うごとに良くなり、トモの踏み込みが深くなっている印象です。この馬の良さは体重ほど重たく見せない素軽い脚の運び。一見、種牡馬のような重厚さを感じるほど。腹袋がしっかりとしていることから、太いと感じる体形ですが、肌の薄さも感じられますし、さほど心配しなくてもよい気がします。

★馬体と気性次第〔10〕ステイフーリッシュ

 共同通信杯時がマイナス12キロの馬体重に加え、首を上下に振り続けるほどのイレ込みぶり。ステイゴールド産駒だけに落ち着きすぎているのも良くないですが、自分を見失うほどのハイテンションはNG。この馬の良さであるシュッとした胴の伸びと、引き手をグイグイと引っ張るような前進気勢を保って歩けていれば、グッドです。馬体的には東京2400メートルはベストだと思えますので、極端な体重減と激しすぎるイレ込みがなければ楽しみです。

[もっと見る]

【東西現場記者走る】ジェネラーレウーノ状態最高 5月26日() 05:08

 1週間の密着取材でGIの勝ち馬を探る名物企画。競馬の祭典・日本ダービーは、大阪サンスポの斉藤弘樹記者(38)が担当する。連載5日目は、厳しい展開の皐月賞で3着に健闘したジェネラーレウーノに注目。心身ともに気配は前走以上で、前残りに警戒が必要だ。

 金曜は引き続き美浦トレセンで関東馬をチェック。5日目は、皐月賞3着馬ジェネラーレウーノに注目した。北コースの角馬場で入念に体をほぐすターゲットは、はち切れんばかりの馬体を誇っていた。矢野調教師を直撃すると開口一番、威勢のいい言葉が返ってきた。

 「最高潮! 毛づやもピカピカ。今までにない光り方だよ」

 デビュー以来、最高のデキだったという皐月賞からさらに上向き、状態面はピークといえそうだ。前走は序盤から3頭で競り合うハイペース。メンタル的にもストレスのかかる形で、直線でバタバタになってもおかしくなかったが、見せ場十分の3着に踏ん張った。田辺騎手も「一気にメンバーが強くなって半信半疑でしたが、『やれる』と分かりました」と手応えアリだ。

 〔8〕枠(16)番には矢野調教師も「まさか外に行くとは…」と一瞬、表情を曇らせたが「スタートが速いし、ポジションを取っちゃうと思う」。今回は、前走のようにガリガリ先手を主張するタイプも見当たらず、指揮官の見解通りなら、自然と好位置につけられそうだ。

 もともと精神面で難しさがあり、「先頭に立つとフワフワして、リミッターがかかる」と鞍上も気持ちのコントロールに頭を悩ませる。それでも先週、今週の追い切りでは併走馬を抜いてからも、集中力を切らさずに走れていた。矢野調教師は「期間が詰まったこのローテもいい。全てがいい方向にいっている」と自信をみなぎらせる。最高の状態に展開利も加われば、前走以上の着順が期待できそうだ。

 土曜は東京競馬場で、到着する関西馬を取材。馬場傾向を踏まえて結論を出す。(斉藤弘樹)

日本ダービーの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【日本ダービー】データ大作戦(5)枠順 5月26日() 05:07

 ダービーをあらゆる角度から分析する当コーナーも、いよいよ大詰め。5日目は「枠順」と、それを加味したうえで脚質や出遅れ癖などを検証する。実績があっても、血統が良くても、枠順だけは運任せ。昔から“最も運のいい馬が勝つ”といわれるレースだけに、それすらも味方につけた馬が最高の栄誉を手にするのだ。なお、すでに脱落した7頭の評価は割愛する。

〔1〕馬番実績((6)番=4点減、(15)番、〔8〕枠=3点減、(7)、(8)、(9)、(11)番=2点減)

 フルゲートが18頭となった1992年以降で成績がいいのは(1)番【4・2・2・17】、(3)番【3・2・3・18】、(5)番【3・2・2・19】あたり。東京芝2400メートルは枠順の有利不利があまりないフェアなコースとされているが、ダービーウイークにコースが替わる影響があるのか、優勝馬26頭中14頭が(1)~(5)番に集中している。内枠優勢の傾向が顕著だ。

 連対0の馬番はないが、優勝歴がない馬番は6つ。うち(6)番は【0・1・1・24】で、連対率、複勝率ともに最低となっている。加えて、過去10年で1度も馬券に絡んでいない。(6)ゴーフォザサミットは4点減とする。(8)番は【0・2・1・23】で連対率7・7%。(8)番ブラストワンピースは2点マイナスとする。(9)番も【0・2・0・24】で、連対率7・7%。(9)オウケンムーンも2点減だ。

 また、勝ち馬が出ている(15)番も【1・0・5・20】で、連対率は最低タイの3・8%。(15)ステルヴィオは3点減。

 過去10年に限定すると〔8〕枠のみ連対がない。2009年に〔8〕枠(18)番アンライバルド(単勝2・1倍)が12着と、1番人気が大敗したこともある。〔8〕枠(16)番ジェネラーレウーノ、〔8〕枠(17)番ワグネリアンは3点減だ。

〔2〕脚質(最大3点減)

 1992年以降の優勝馬26頭中15頭、過去10年の優勝馬10頭中6頭が、4コーナー7番手より後ろの位置から差し切っている。1コーナー10番手以内が“ダービーポジション”(勝つために必要な位置取り)といわれたのはフルゲート28頭だったころの話。近年は差し・追い込み馬が優勢だ。

 ダノンプレミアムは4勝いずれも好位からの競馬、エポカドーロオウケンムーンジェネラーレウーノは3勝いずれも好位からの競馬だった。グレイルステイフーリッシュは2勝とも好位から。前記の6頭は3点減とする。ブラストワンピースは3勝中2勝が好位からの競馬だった。2点マイナス。

〔3〕出遅れ癖(最大3点減)

 過去10年で出遅れて連対した馬はいない。2005年にディープインパクトが出遅れて優勝した例はあるものの、7冠馬クラスのハイレベルな能力がなければ挽回は不可能。少しのロスでも致命傷になる。

 出遅れ癖があったり、何度か出遅れた経験のある馬が減点対象。

 大一番の皐月賞で出遅れたオウケンムーングレイルは2点減とする。

[もっと見る]

【日本ダービー】柴田阿弥エポカ&高見侑里ブラスト! 5月26日() 05:06

 競馬の祭典、日本ダービーに人気キャスターも参戦だ!! 競馬中継でMCを務める柴田阿弥(25)と高見侑里(30)が2年連続でダービー予想にチャレンジ。高見は昨年の◎レイデオロに続く2年連続的中を狙い、昨年◎アドミラブル(3着)で外した柴田は今年こそと力が入る。

 高見 去年のダービーは◎レイデオロで予想が当たってうれしかったけど、あの頃はたまたまという感じで。最近はちゃんと根拠が自分の中にあって、当たったときはよりうれしい。

 柴田 私の◎アドミラブルは3着でしたから、今年こそは…です!

 高見 じゃあ、阿弥ちゃんの今年の本命は?

 柴田 ◎(12)エポカドーロです。先日、戸崎騎手を取材して“ダービージョッキーになりたい”という気持ちをすごく感じました。皐月賞馬なのに、それほど人気にならなさそうで(配当的に)オイシイかも。単複にしようかな~。

 高見 私は◎(8)ブラストワンピース。予想するときは上がりタイムを重視するけど、(ダービーと同じ舞台の)ゆりかもめ賞が後方から4馬身差をつける圧倒的な強さ。あの勝ち方は「私の好きなタイプ」だなって。

 柴田 他では(15)ステルヴィオに注目しています。ルメール騎手が乗りに乗っていますし、アーモンドアイが牝馬2冠をとって勢いのあるロードカナロア産駒。堅実に走っているのに人気にならないのでは…。この馬こそ、単複がオイシイと思いますよ。

 高見 また、単複オイシイ(笑)。私はやっぱり(1)ダノンプレミアムも気になるなぁ。これまで負けていない馬だから。あとは(6)ゴーフォザサミット青葉賞で本命にして当たったので、今回も注目しないとね。どんなレースになるか楽しみ。

 柴田 GIはどのレースも感動しますけど、その中でもダービーは特別ですね。



日本ダービーの枠順はこちら 調教タイムも掲載

柴田 阿弥(しばた・あや) 1993(平成5)年4月1日生まれ、25歳。愛知県出身。2010年9月、SKE48に研究生として加入。同12月、正規メンバーに昇格。16年8月末に卒業。昨年1月からテレビ東京系「ウイニング競馬」(BSジャパンでは土曜後2・30~)でMCを務めている。好きな馬はオジュウチョウサン。1メートル54。

高見 侑里(たかみ・ゆり) 1987(昭和62)年6月30日生まれ、30歳。神奈川県出身。立大在学中の2008年にミス立教大学に選ばれ、ミスオブミスキャンパスクィーンコンテスト2008でグランプリに輝いた。フジテレビ系「めざましテレビ」などで人気に。昨年1月から「BSイレブン競馬中継」(土・日正午~)で土曜メインMCを務めている。好きな馬はディアドラ。1メートル61。

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 39ビュー

一年で最も競馬が盛り上がる週末を迎えました。ダービーウィークです。現3歳世代のサラブレッドのナンバーワンが決まります。皐月賞上位組、別路線好走組、アクシデントにより皐月賞回避を余儀なくされた2歳チャンプのダノンプレミアム。素晴らしいメンバーが揃いました。本当に楽しみです。予想をするのもレースを見るのも。そしてこれに先立ち、土曜日の夜には第4回競馬好き飲み会が開催されます。豪華ゲストに楽しい企画に美味しいお酒。こちらも大盛況必至です。参加される皆さん、よろしくお願いします。笑顔と興奮と喜びに満ちたこの最高のイベントを、存分に楽しみましょう。

競馬好き飲み会が終わったあとは、日曜日の競馬予想にシフトチェンジ。未勝利もG1も払戻率は原則的に同じですが、やっぱり特別なレースであるダービーは当てたいですよね。今週は、ダービー的中の強力な援軍になってくれそうな予想家を紹介します。僕が注目したのは、ウマニティ予想コロシアムのレース分析部門のNo.1予想家H&Mさんです。今年はビッグレースで勝負強さを見せており、G1では回収率288.9%という圧倒的な成績をマーク。下記4つのレースを見事に的中させています。

皐月賞
エポカドーロ◎で10万円超の払戻し!

天皇賞(春)
シュヴァルグランを軸に馬連・3連複をズバリ!

ヴィクトリアマイル
◎○の1、3着ワイドでガッチリ!

オークス
馬連2点予想で大的中!

H&Mさんは今年、古馬戦の回収率82.6%に対し、3歳限定戦は同99.2%を計上。芝2000m超では回収率132.8%を誇っています。G1、3歳限定戦、芝2400mと得意条件が重なるダービー予想に大きな注目が集まることは言わずもがな。レース分析部門No.1予想家の底力に期待しましょう。




なお、予想コロシアムのランキングに入るためには、規定予想レース数をクリアする必要があります。週間ランキングは6レース、大会ランキングは24レースの登録が条件となりますので、仮に超高額配当を一発当てたとしても、予想レース数が規定に満たない場合は上位にランクされませんのでご注意を!

予想自慢の方も、競馬初心者の方も、予想コロシアムでぜひ腕試しをしてみませんか? お金を賭けずに競馬予想ができ、成績も自動集計してくれますので、予想シミュレーションツールとして、とても便利ですよ!

大会成績の上位者には、トロフィーや賞状のアイテムがプレゼントされ、更に副賞として、ウマニティを更に楽しくする『ウマニティ・ポイント』が進呈されます。

優勝者:    10万ポイント
2位~10位:  5万ポイント
11位~20位: 3万ポイント

『予想コロシアム』に参加するにはウマニティの会員登録(無料)が必要です。
まだ会員でない方は、コチラから会員登録(無料)してください。

5月26日() 08:00 山崎エリカ
【山崎エリカのG1ナビゲーション】~2018日本ダービー~
閲覧 200ビュー



 先週のオークスは、サヤカチャンがしっかりとレースを引っ張って平均ペースに持ち込んでくれたことでほぼ能力どおりに決着しました。最内枠から内々を上手く立ち回ったとはいえ、リリーノーブルラッキーライラック桜花賞での着順が入れ替わったことは意外でしたが、これはリリーノーブル自身の成長力によるものでしょう。

 私の本命◎マウレアは、桜花賞から大きな上積みを見せることができずの5着。しかし、現時点で成長力を欠いたと判断するのは早計。阪神ジュベナイルFチューリップ賞の上位3頭の中で、マウレアだけがデビューから一度も休養させていないので、その辺りの影響もあったのではないでしょうか。立て直されてからのレースぶりを見てみたいです。


■2018春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=10147


 さて、今週はいよいよ春競馬のクライマックス、日本ダービー。今週も決着指数の高かったハイレベルなレースをピックアップしました。ぜひ、参考にして下さい♪


 ★レベル1位 2018年 皐月賞 (PP指数21)

 前夜~朝方にかけての雨の影響で、タフな馬場で行われた皐月賞。内から押して押してアイトーンが逃げ、ジェネラーレウーノジュンヴァルロがそれに競って行く形。スタートしてから7F目(3コーナー)までペースがほとんど緩まず、レースは消耗戦となりました。

[もっと見る]

5月25日(金) 22:58 夢月
【各馬の前走と妙味】~2018日本ダービー~
閲覧 336ビュー



東京芝2400m左回りで行われる日本ダービー
簡単にレースの特徴を説明したうえで出走馬の前走を踏まえた妙味について書いていきたいと思います。


■2018春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=10147


■レースの特徴■
直線を迎えるとすぐに急坂があり、そのまま長い直線のため瞬発力と持続力を同時に求められるコース。
内をロスなく立ち回ってどれだけスタミナを温存出来るかが鍵となります。
求められるものが多く地力を発揮しやすいので荒れにくいレースと言えるでしょう。
力を出しやすいということは極端なペースになりにくいということでもあるので、前にしろ後ろにしろ極端な脚質は軽視した方が良さそうです。
BコースからCコースに替わるので穴が来やすいのはやはり内枠。
それに加えて今回は平均的な時計から1秒以上も速い超高速馬場で、例年以上に切れ味が求められるでしょう。
冒頭に述べた基本的な考えとは逆になってしまいますが、今年の場合は決め手さえあれば何とかなりそうな馬場。とくれば、(例年と比べて)多少荒れやすいと言えるのではないでしょうか。


■前走の分析■

アドマイヤアルバ
●前走京都新聞杯 G2 2着 (経由3頭)
やや折り合いを欠くも、中団の後ろで何とか我慢。
3~4コーナーで大外から一気の仕掛けで押し上げ手応え良く直線を迎えたが、早め先頭に立っていた馬をとらえられなかった。
ラストは脚が鈍っていたものの、仕掛けどころや通ったコースを考えればなかなか強い競馬をしており、戦績通り能力が高い。
ただ今回は相手が大幅に強化。
決め手ではどうしても上位陣に見劣りしてしまうし、まだ折り合い面でも課題がある。
本来は距離が伸びたほうが良いタイプなだけにもったいないところなのだが……。上手に競馬が出来ない以上厳しいか。

エタリオウ
●前走青葉賞 G2 2着 (経由2頭)
スタートで促すも1コーナーを過ぎたあたりでスっと折り合い、近走で一番スムーズに運ぶ。
終始外を回して直線で早めに抜け出したが、勝ち馬の決め手に屈した。
非常に長く脚を使えるタフな馬なので本質的にはステイヤーだろう。
より切れ味が求められる今回はさすがに厳しい印象だが、鞍上がボウマン騎手に替わるのは不気味。
さばきが硬くパワーの伝わる走りなので、道悪になれば一気にパフォーマンスを上げてきそうで要注意だ。

エポカドーロ
●前走皐月賞 G1 1着 (経由12頭)
好スタートから二手に分かれた中団馬群の先頭。
直線を迎えた時点では先頭集団に大きく離されていたが、鋭く伸びて最後は突き放した。
逃げた馬は1000m59.2で通過してハイペースを刻んでいたが、エポカドーロは61秒よりも遅いペースで1000mを通過しており、先頭から4番手の馬が既になかなかのスローペース。
そのまま前と差を詰めることなく直線を迎えたので後ろは届くわけがないし、エポカドーロが楽勝なのも納得だ。
パワータイプでスタミナを活かす馬なので切れ味勝負の今回は適性的に疑問。
さらに前走の派手な勝ち方から相当過剰人気になるのでは。

[もっと見る]

5月25日(金) 22:15
【濃霧注意報DX】~日本ダービー(2018年)展望~
閲覧 464ビュー



 普段はディープな競馬ファンであることを極力隠し、”普通の競馬好き”という皮を被って生活している私ですが、先週辺りから普段は全く競馬に触れていない方々から、「そろそろダービーだっけ?」と聞かれることが増えました。
 その都度、出走馬の見解や血統など諸々を熱く語りたくなる衝動を抑えて、「はい、そうですよ(にっこり)」などと無難な返答を繰り返しているわけですが、1年を通してこんな現象が発生するのは、ダービーと有馬記念の時くらい。関係者、ファンのみならず、ごくごく一般の方にとっても特別なレースなんだなぁと実感します。


■2018春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=10147


 私ももう20年以上競馬を観てきていますが、ダービーウィークの高揚感、当日発走直前の何とも言えない緊張感、そしてレースが終わった後の余韻……これらは何度でも何度でも体感したくなってしまいます。そこに”予想的中”というメインディッシュが加われば、より忘れられない一日になるのは間違いないでしょう。
 今回もまたコラム執筆を通して納得いく最高の結論を導き出せることを祈りつつ……気合を入れて日本ダービー展望、まいります。



 ダービーを考える上で毎年難しい問題として挙がるのが、”皐月賞の結果が直結するか否か”という点。先週のオークス桜花賞組による上位独占という結果だったのは記憶に新しいところですが、皐月賞とダービーでは求められる適性がまるで違うために、両レースで全く違う結果になることもしばしば。昨年の皐月賞1~3着馬がダービーでは揃って圏外に沈み、皐月賞5,6着馬と青葉賞勝ち馬が上位に……といった、極端な逆転現象も発生しています。
 今年の皐月賞は昨年ほどの大荒れではなかったものの、1着が7番人気馬、2着が9番人気馬、3着が8番人気馬という、普通に考えれば十分に波乱と言えるレベルの決着。勝ったエポカドーロは着差的にも完勝と言える内容ではありましたが、逃げ馬3頭が道中後続を大きく離すという特殊な展開だったことも考えると、各馬の力量差がしっかりと出た結果とは言えないように感じています。昨年のような、敗れた馬による逆転、もしくは別路線の馬の台頭があるような予感がしてなりません。

 ……とは言っても、クラシックで2馬身差を付けて勝つというのはなかなかできない芸当。エポカドーロの能力の高さは認めるべきでしょう。非常に高いレースセンスを生かして理想的な立ち回りができていたというのも勝因ではあるのでしょうが、勝負所の手応え、追ってからの反応の速さ、刻んだラップも高い評価ができるもの。7番人気というのは少し過小評価されていたように思いますし、これからも中距離路線の一線級で活躍できる馬になるはず。
 ただ、ダービーの舞台でどうかという点に関しては、イメージが少々ズレるというのが正直なところ。父オルフェーヴルという血統面に加え、前半から回転の速いフットワークは小回りでこそ最大のパフォーマンスを発揮できるという印象。ここまでの連対は全て小回り・内回りコースでのものですし、短距離色の濃い母系から2400mへの距離延長も歓迎ではなさそう。東京の長い直線で末脚勝負となると分が悪いように思います。

 皐月賞2着馬サンリヴァルも懐疑的な目で見てしまう1頭。
 新潟のデビュー勝ち以降は全て中山でのレースを選択している上、余裕残しの仕上がりだった弥生賞を叩いて、皐月賞では-12kgというかなりしっかりした仕上げ。ダービーよりも皐月賞の方に照準を合わせていた感が強くあります。
 血統面は父ルーラーシップ、母母にオークス馬のウメノファイバー……一見すると東京は合いそうに映りますが、このウメノファイバーから連なる牝系の出身馬は何故か小回り巧者が多数。近親にAJCCやオールカマーを勝った中山巧者ヴェルデグリーンがいることからも、東京よりは中山寄りの適性の持ち主と見ていいのではないでしょうか。昨年ダービーで着順を落とした同父のダンビュライトと似たイメージもあり、好走するにはかなり高いハードルを越える必要がありそう。

 同3着のジェネラーレウーノもレースぶりが悪かったとは思いませんし、むしろその粘り腰は評価されるべきところ。ですが、そうした粘りで勝負するタイプであるが故に、ある程度の瞬発力も求められるダービーでは苦戦を強いられそう。
ここ数週の東京の高速馬場に対応できそうな血も持ってはいますが、本馬のレースぶりからはそうした”軽さ”はあまり感じられず……また違った条件で狙ってみたい存在と言えます。

 では、皐月賞組で巻き返しの可能性が高そうなのは……と考えた時、一番よくあるパターンなのが、”人気で凡走した”馬。昨年ワンツーだったレイデオロスワーヴリチャードも、このパターンに近い馬だったと思います。
 特に今年の皐月賞は後方からいい脚を使いつつも届かなかった馬が多く、その中にダービーでの逆転を果たす馬がいても不思議ではなさそう。
 
 その中でも真っ先に名前が挙がるのは、・・・

[もっと見る]

5月25日(金) 19:00 山崎エリカ
ダノンプレミアムの距離適性は?中内田調教師インタビュー※皐月賞直前に配信した記事(全3部作)のおまとめ版です。
閲覧 323ビュー

「あなたに代わって聞いてきます!」企画で皐月賞直前に山崎エリカさんが中内田調教師にインタビューを行い、4月10日~12日に配信した記事(全3部作)のおまとめ版です。
残念ながらダノンプレミアム皐月賞に出走できませんでしたが、日本ダービーの課題や適性についても語ってくれています。
見逃した方は是非ご覧ください。

■中内田厩舎のHPはこちら
http://nakauchida.com/

馬券を買ってくれる人がいるから、僕たちは仕事ができる

――この度はお忙しい中、インタビュー取材に応じて頂きまして、ありがとうございます。中内田先生は華々しい第1回目。ウマニティのユーザーさんから、なかなか聞きづらいような質問も頂いていますが、お答え頂ければ幸いです。

中内田 僕が人気があるんじゃなくて、馬ががんばってくれているからでしょう。いい馬を預けてもらっているおかげです。どうかお手柔らかにお願いします(笑)。

――早速ですが、「馬の育成でもっとも重要視していることは何ですか」という質問を頂いています。育成といっても生産牧場、内厩、外厩と様々ありますが、この場合は内厩でしょうか? 中内田厩舎でもっとも重要視している育成ポイントを教えて頂きたいです。

中内田 体調から、飼食いから、調教の動きから全て気になります。馬のことは全て気になります。馬のことは全て知りたいです。ですからもっともと言われると困るんですが、その馬に携わっている人たちが、どう思っているか、どう感じているか、よく聞くようにしています。それと自分が見た目と触った感触を照らし合わせて、いい方法を探し出して行くという感じでやらせてもらっています。アプローチが違うだけで、その馬をどうやって勝たせるかという志は同じですから。

――厩舎はひとつのチームのようなもの。コミュニケーションは大事ですね。ところで先生は、16歳でアイルランドに渡って、イギリス、フランス、アメリカと世界の最前線でキャリアを積んで来られました。だからこそ聞きたいのですが、海外と比べて日本が劣っている競馬環境を教えて下さい。

中内田 一番の違いはやっぱり内厩制度ですね。ひとりの調教師が抱える頭数制限、馬房数が決まっていることです。だから外厩を使わないとダメというところです。海外でしたら怪我したら外に出すこともありますが、入厩したら引退するまでそこの厩舎にいられるので。

――日本のトレセンは敷地の広さに対して、馬が多いですからね。日本はレース10日前(初出走の場合は30日前)までに所属厩舎に戻ってくればいいことになっていますから、馬によっては外にいることのほうが多かったりしますからね。

中内田 そうですね。ただ、逆に言えば、日本の場合は、競馬会が厩舎を管理する内厩制度があるからこそ、競馬がここまで大きくなったと言えるんですよね。メディアさんなどに対して情報公開することになっていますし、だからファンも馬券を買ってくれるじゃないですか。海外は情報がないから産業が伸びない。馬券を買おうという意欲にならないんですよ。日本は毎週時計を取られていますし、コメントも聞いてきますし、競馬新聞を見れば1~12レースまでの全頭にコメントがついています。

――アメリカはオフィシャルクロッカーがいて時計を取っていて、競馬新聞にも記載されていますが、ヨーロッパはそういうのを見たことがないですね。凱旋門賞を予想するにしても、現地の新聞では情報不足だから、『Racing Post』で個別に見ていかないといけない。

中内田 勝ち馬のタイム表示はあっても、2着以下は勝ち馬からのlength(馬身差)表記でタイムの記載がないでしょう。これでどうやって予想するんだろうなあと思います。だから一概に内厩制度がダメとは言えないんですよね。ここまで産業を大きくしてくれたのも、内厩制度がひとつの要因だと思います。

――今の発言、とっても感心しました。これまでも調教師さんから内厩制度に対する不服は何度も聞きました。ですので、そういう気持ちも理解しているつもりです。だけど、内厩制度の良い面を一度も聞いたことがなかったから。

中内田 そうですか? 馬券を買ってくれる人がいるから、僕たちは仕事ができるし、いい思いもさせてもらっている。だから調教師も、ファンに対して情報を提供する義務があると思っています。時間が取れずに取材をお断りさせて頂く場合もありますが、調教師としてできる限り対応したいという思いはあります。

――誠実な方ですね。人間って物事には良い面と悪い面があるのはわかっていても、軸がブレて迷ったり、相手に言いくるめられるのがイヤで悪い面ばかりを持ち出して一方的に押し切ろうとするところがあります。まあ、それは、自分のことですが…(笑)。そういう自分を客観的に見て「余裕がない」と思うことがあります。先生は気持ちに余裕がある(笑)。馬主さんの信頼を勝ち得ているのは、そういうところじゃないでしょうか?

中内田 いや、まだまだですよ。今年で開業5年目。最初の頃は、ダート馬が多かったんですけど、やっとクラシック路線を狙える馬が増えてきたという状況です。POGなどでも、うちの馬はあんまり人気がなかったでしょう。僕だったら中内田厩舎の馬を指名しない。いい馬を預からせてもらっているんですけど、厩舎が…(笑)。

――それを言われると、そのとおりというか…すいません(汗)。他の人はともかく、私は中内田厩舎の馬を1頭も指名していませんでした。正直に言えば、最初の頃は先生の学歴や海外での経歴にさほど興味もなく、新鋭の若手のひとりという認識でした。だけど、昨年のセレクトセールでH.H.シェイク・ファハド殿下の発言を聞いて、先生にすごく興味を持ちました。ファハド殿下とご一緒されていましたよね?

中内田 はい。ファハド殿下は、チームを組んでセリに来ています。David Redversというマネージャーがいて、彼がメインで見ているんですけど、彼はそこまで日本の競馬を熟知していないので、僕もチームのひとりとしてお手伝いしています。

――チームを組まれているんですね。ファハド殿下が馬を落札した際に報道陣が集まって来て、そのとき殿下が「僕は中内田調教師のアドバイスを聞いて、馬を落札している。中内田氏をとても信頼している。だから彼もここに一緒にいいですか?」というのを、強く主張していたんですよ。それで報道陣の誰かが先生を呼びに言ったわけですけど、そのときのどうやって殿下の信頼を勝ち得たのだろうと、興味を持ったんです。その答えが今、わかりました。配慮ある対応と人の話を聞く協調性、気持ちにもゆとりがあるからでしょう。



運とか、ツキとかやっぱりあるし、それらは自分で切り開いて行くものだと思っています

――先生の競馬に対する姿勢は、十分に伝わりました。今度は、先生のおちゃめな面が知りたかったりするのですが…ユーザーさんから頂いた、この質問を聞いてみましょう! 「運やツキと呼ばれるものを気にしますか? 気にしませんか?」

中内田 小心者なので気にします。

――おおっ! いいですね。

中内田 競馬は生き物なので、流れがあるかなあと思っています。運とか、ツキとかやっぱりあるし、それらは自分で切り開いて行くものだと思っています。ですから馬としっかり向き合って、日頃から努力するだけですね。馬のことをわかってあげる。そうすれば馬も一所懸命に走ってくれると信じています。

――ゲン担ぎはしないんですか? ゲンのいいネクタイをつけるとか、こっそり赤いパンツを履くなど。パワーストーンやラッキーチャームを身につけるとかでもいいです。

中内田 赤いパンツも持っていないですし、そういうのは全くないです。ちなみに、僕はパンツをユニクロで買っています(笑)。

――朝日杯フューチュリティSで、ダノンプレミアムナリタブライアンと並ぶ史上最大の着差をつけたのは、赤いパンツのおかげだったら面白いのに…。全く意外性のない答えでした(笑)。なので、話を戻して競馬の相違点、日本競馬の改善したほうがいい点について伺います。調教師さんの中には、日本の装蹄技術はまだまだとおっしゃる方もいますが、先生はどう思われますか?

中内田 僕は正直、日本は日本の競馬にあった蹄鉄を使っていると思います。日本の蹄鉄が良くないとよく言うんですけど、日本の装蹄師さんやスタッフさんはすごくよく考えているし、爪のことも勉強している人も多いです。僕は、装蹄師さんともよく話しますから。

――日本の競馬にあった蹄鉄とは、どういう蹄鉄ですか?

中内田 日本のスピード競馬と日本の調教に対応できる蹄鉄です。もちろん、これからどんどん進化していくとは思うんですけど、現状はベストのものを使っています。蹄鉄の最先端はアメリカで日本よりも種類はあります。しかし、それはダートを走るための蹄鉄。深いダートをしっかり掻き込める蹄鉄で、スパイクのようなものもあります。一般的にヨーロッパと比べて日本の蹄鉄のほうが軽いですし、今は海外の情報もすぐに手に入るので、装蹄師さんはすごく腕を上げてきています。その中でも特にもうちでやってくれている装蹄師さんは、信頼しています。

――レースで人気馬が負けると「落鉄していました」など、何となく蹄鉄のせいにする風潮があるので、装蹄師さんも切ないところですね。ちなみに蹄鉄は装着してから次の付け替えまで、どれくらいの期間があるのでしょうか?

中内田 2~3週間ですね。最近はある程度、蹄鉄のサイズがあって、爪を見て微調整していくんですが、その微調整がすっごく大事なんですね。その微調整の仕方が本当に職人。建築士レベルの技術を持っています。

――先ほど、日本の蹄鉄は軽いとおっしゃいましたが、素材は何ですか? 昔、競馬場の売店で買った蹄鉄をペーパーウェイトとして使っていましたが…。

中内田 競馬場のショップで売っているのはたぶん鉄製です。乗用馬がつける蹄鉄で競走馬用ではないです。それは装蹄師さんが、それ用に鉄で作ったものだと思いますよ。競走馬の蹄鉄はアルミニウム合金材から造られてます。

――なるほど!(笑)。意外と知らないファンの方も多いんじゃないでしょうか? 私も何も考えずに重りとして使っていましたから。競馬の仕事をしているのに恥ずかしいですね(笑)。それはさておき、ユーザーさんからの次の質問。「中内田先生は、日本以外でどこの国の競馬が好きですか?」というのを頂いています。

中内田 僕は、フィッシュアンドチップス派。イギリスでは、よくフィッシュアンドチップスを食べながら飲んだくれていました(笑)。特にロイヤルアスコットは女性がドレスアップして、大きな帽子を被って競馬が華やか。僕は、正直、日本の競馬もそうなって欲しいです。華やかさは、競馬をさらに盛り上げてくれます。

――ロイヤルアスコットは、ドレスコードが一番高いというのを聞いたことがあります。日本も競馬場がどんどん綺麗になっていますから、そういうのがあってもいいですね。女性によっては、あんなに豪華な帽子を用意するのが大変だなあと思う方もいらっしゃると思うんですけど…あっ、それは自分のことですが!(汗)。

中内田 女性からしたら、それが楽しいんじゃないですか? 着飾るとか。多くの男性は、ドレスアップした女性を見ていたいものですよ。

――着飾るのは好きですけど、私自身は競馬場では馬券を買ってレースを見たい派で(笑)。視界を遮る大きな帽子はレースを見る度に外して、そのうちどこかに忘れて来てしまいそうです。

中内田 アハハハ! 男じゃないですか(笑)。



――いい年して、確かに…(笑)。でも、イギリス、ロイヤルアスコットはまだ行ったことがないので、行ってみたいのです。ダノンプレミアム皐月賞を回避することになってしまいましたが、この先の日本ダービーを勝って、秋も順調だったならば、使いたいレースは、やっぱりイギリスですか?

ダノンプレミアムは、(中略)もっと長い距離の馬だと思っています

中内田 ダノンプレミアムは弥生賞が課題残りの走りでしたし、挫跖もありましたので、この後の日本ダービーでの走りにもよりますが、機会があればイギリスの英チャンピオンSに連れて行きたいと考えています。

――弥生賞で残した課題とは何ですか?

中内田 道中行きたがっていましたし、力みながら走っていました。もうちょっとリズム良く、走ってくれないと、っていうところですよね。どう修正してくるかが課題ですね。

――弥生賞は、けっこうスなスローペースで流れた中で、課題だった折り合い面もかなり修正されたように感じました。弱点がないのが怖いくらいだなあと。ダノンプレミアムがこれまで以上に課題を修正して、ダービー馬となったならば、秋は天皇賞(秋)と菊花賞、どちらに出走しますか?

中内田 いい質問ですね。これから探って行きます。ただ、ダノンプレミアムサウジアラビアRC朝日杯FSとマイル戦を使いましたが、ストライドも大きく、もっと長い距離の馬だと思っています。ダノンプレミアムはまだ成長途上。ホープフルSを使わなかったのは芝2000mがダメなのではなく、あの時期の中山は馬場が悪く、レースもタフだからです。

――確かに、ホープフルSを使うとその後が順調にいかない馬が多いですね。一昨年の勝ち馬レイデオロも予定どおりだったのかもしれませんが、その後、休養することになりました。今年のタイムフライヤーも勝ちに行ったぶんもあるんでしょうけど、次走の若葉Sで5着に負けてしまいましたね。ところでユーザーさんから「ダノンプレミアムの走りは道悪にも対応できると思いますか」という質問を頂いていますが、これはどうでしょうか?

中内田 得意ではないですけど、対応はします。ストライドも大きくてスピードもあるので、それが削がれるという意味で、得意ではないですね。ただ、そのスピード、センスが他馬にはない良さです。

――ダノンプレミアムばかりではなく、タングルウッドのことも知りたいです。ダノンプレミアムの新馬戦は番手で折り合ってラスト5F目からいい脚を持続させてぶっちぎる、超A級の勝ち方でした。だけど自ら逃げで、再加速したタングルウッドの新馬戦もかなり強い勝ち方、A級の勝ち方でした。新馬戦でタングルウッドに潰されたエポカドーロをずっと追い駆けてきましたが、皐月賞トライアルスプリングSで2着になるなど、儲けさせてもらっています。新馬戦でタングルウッドに完敗のアイトーンにも、若葉Sで儲けさせてもらっただけに、タングルウッドは思い入れがあります。

中内田 本当は、タングルウッド朝日杯FSに向かう予定でした。その前に膝を骨折してしまって、軽傷でしたが、今はリハビリ中です。間違いなく、秋には復帰できますよ。タングルウッドは当歳のセレクトセールで寺田千代乃さんに買ってもらった馬だったんですけど、その時からすごくバランスが良かったです。偉いのは、そのままバランスを崩さずに成長してくれたことですね。普通はどこかで崩れるのに、本当に順調にいい形のまま成長してくれました。

――朝日杯FSに2頭出ししていたら、1着ダノンプレミアム、2着タングルウッドだったかもしれませんね。そうだったら、その後のクラシックで悩まされることになります。自分の厩舎の馬が、自分の厩舎の馬に負けみたいな(笑)。調教師としては嬉しい悩みかもしれませんが…。

中内田 まあまあまあ、クラシックだけが競馬ではありませんから! 僕はどちらかというと、2歳の時点ではタングルウッドのほうがマイル向きだと思っていました。このあと復帰してどういう走りをするかにもよりますけど、その路線も視野には入れています。

――調教師の立場では答えられないかもしれませんが、初期の段階で先生はダノンプレミアムよりもタングルウッドに期待していたような? 私、パールコードの肩幅とか触りたくなるようなトモの弾力感が好きなんですが、そのパールコードはファハド殿下が「先生が選んでくれた」と言っていました。タングルウッドもそういう雰囲気がありますよね?

中内田 うちの馬には全部、同じくらいの思い入れがあります。どれっていうのを作っちゃいけないと思っているんです。将来を期待して馬を買って、うちを信頼して預けてくれている馬主さんに失礼ですし、今後の可能性を紡ぐことにもなりかねないですから。

――今はダメでも、大きく変われる馬もいますからね。ところでイギリスの話のときに、「英チャンピオンSに連れて行きたいと考えています」とおっしゃっていました。やっぱり、凱旋門賞よりも英チャンピオンSですか? 最近は2400mのクラシックシスタンスより、2000mのチャンピオンディスタンス。世界では2000mのG1勝ちのない馬はスピード不足、ステイヤーと見られることが多いですよね。

中内田 まず、日本のG1を勝たないとダメですが、海外には積極的に馬を連れていきたいと思っています。その中でも特に挑戦したいのは、英チャンピオンS。凱旋門賞のほうが賞金も高く、日本人には人気がありますが、距離が2000mの英チャンピオンSの勝ち馬のほうが種牡馬として高く評価されることが多いですからね。

――実際に無敗で英チャンピオンSを勝ったFrankelは、産駒が日本でも海外でも活躍していますしね。昨年、英チャンピオンSを7馬身差で勝って、世界に衝撃を与えたのもFrankel産駒のCracksmanでした。

中内田 G1を勝った馬に箔をつけてあげるのが、うちらの仕事。種牡馬としての価値を上げてあげるも調教師の仕事です。それを考えた場合、海外のレースも色々と変わっていきますけど、今のところ目標にするのは英チャンピオンSかなあと。世界に歴史を残すような馬を育てたいですね。


(文中敬称略)

以上、中内田調教師でした。



貴重なお話をたくさんありがとうございました!

[もっと見る]

5月23日(水) 18:00 競馬プロ予想MAX
最速プロ予想『シューナカ☆』~プロ予想家陣がアノ注目馬の見解を語る!Vol.49・G1日本ダービー2018編~
閲覧 3,076ビュー



前回の~オークス編~では、優勝したアーモンドアイへの「(前走指数は)ブエナビスタと同等クラスで二冠を狙えるレベル」(河内一秀プロ)「今までの常識が通用しないスーパーホースの可能性も」(スガダイプロ)といった高評価の声をご紹介。また、3番人気で6着に敗れたサトノワルキューレへの「減り続ける馬体に加え、再度の関東への輸送となる今回、前走の状態を維持するのも厳しい状況ではないか。相手も前走とは比べものにならないくらい強くなり、厳しいレースになりそう」(くりーくプロ)との見解をご紹介。人気馬の取捨検討に、また指数評価面や状態面のチェックに必見の当コラムを、ぜひ週末の予想にお役立てください。
○コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。⇒ http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7125

本日のターゲットは、5/27(日)G1日本ダービー
ウマニティ公認プロ予想家のスガダイ河内一秀伊吹雅也くりーくの4名に加え、スペシャル参戦の岡村信将プロを加えた5人にアノ注目馬3頭を中心に、その他の特注馬も含め見解を直撃!
※見解は全て5/21(月)時点のものです。


●今回のプロ予想家陣
スガダイプロ・・・ウマニティ「プロ予想MAX」No.1予想家。タイム理論(主にオリジナルのスピード指数)と血統をベースに、調教や展開などあらゆるファクターをそこに加味し総合的に判断して結論を出すスタイルで「プロ予想MAX」のエースとして活躍中。
河内一秀プロ・・・自身が開発した競馬予想ソフト「カツラギ」ウマニティ特別版を採用し予想を展開。
伊吹雅也プロ・・・埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』において「データ分析」のコーナーを担当する。2018年02月23日には最新刊『コース別 本当に儲かる血統大全 2018-2019』(ガイドワークス)をリリースするなど著者としての活動も精力的に行っている。
くりーくプロ・・・調教中心に予想を展開。関西の新馬戦+重賞が主戦場で、全頭調教評価コメントにも定評。
岡村信将プロ・・・フリーランス競馬ライター。『ラップギア』と『瞬発指数』を構築し、2008年には単行本『タイム理論の新革命・ラップギア』の発刊に至る。ウマニティでは創設当初の2007年より公認プロ予想家初期メンバーとして活躍中。


●各馬へのコメント
ダノンプレミアム
 河内一秀 新馬戦は超ハイレベルな指数での圧勝。それを皮切りに、2戦目以降の重賞戦線でも危なげなく勝ち続け、指数的にも各レースの史上最高レベルの数字を記録し続けているよ。デビュー以来、余裕のあるローテーションで、しかも馬体重を増やしながら出走していることもあり、まだまだ上積みも期待できるね。
 岡村信将 “持続する末脚”で勝負する皐月賞とはまるで違い、ダービーは瞬発力の勝負になりやすいレースです。新潟2歳Sと並んで、重賞レベルでは“究極の瞬発力勝負”と言っても良いかも知れません。確かに、2歳の早い時期からハイレベルな瞬発力を見せているダノンプレミアムですが、ひとつ気がかりなのは、皐月賞を回避したことで懸念される現在の体調よりも、弥生賞スタート直後に見せた“行きたがるような素振り”。大歓声の日本ダービーでテンションが上がりすぎ、派手に引っ掛かって1コーナー手前で終了という可能性もゼロではないのかも?
 スガダイ ザ石で皐月賞を回避になった時には、ダービーも厳しいだろうと思ったけどねえ。追い切りの動きを見るとあんまり割り引く必要はないかもしれないね。状態は悪くないんじゃないかな。まあ、そのあたりのことは専門分野のくりーくプロに任せるとして、ただ問題はやっぱり距離だよ。弥生賞は力の違いで楽勝だったけど、かなり力んで走っていたし、いかにもマイラーって感じの勝ち方だった。この距離で折り合いがつくかどうかだね。能力自体はこの世代では一枚上だから、折り合いさえつけば、距離はこなせると思うし、今の府中は例年以上の高速馬場だから、あのスピードと前向きさは、今の馬場ならむしろプラスに出る可能性もあると思うけど。折り合いを欠いてどこにもいないって危険性も結構あると思うよ。
 伊吹雅也 レースの傾向を見る限りだと、特に不安要素は見当たりません。近年の日本ダービーは「中距離の重賞を勝っていない馬」「前走で大敗を喫した馬」「前走で出走メンバー中上位の上がり3ハロンタイムをマークできなかった馬」が不振。逆に言うと、これらの条件さえクリアしていれば高く評価する必要があります。皐月賞を回避した影響はもちろん気になりますが、この馬よりも割り引きが必要な馬はたくさんいる――という印象です。
 くりーく 能力があるのは周知の事実ですので、やはり状態面が一番気になるところだと思います。まず、この馬の調教パターンで重要なポイントは、1週前追い切りの内容です。新馬戦時を除く前3戦ともにこの馬は1週前追い切りを併せ馬で内に併せて終いビッシリと追われています。サウジアラビアRCの時こそモタモタしていましたが、朝日杯FS、弥生賞時は仕掛けられると抜群の反応で迫力満点の伸び脚を見せていました。これだけ動けば直前は軽めで十分なので、最終追い切りは単走で馬なりというのがここ2戦の調整内容です。特に、輸送があると弥生賞のようにテンションが上がってしまう可能性があるので、最終追い切りは単走で軽めにサーと流す程度にしたいというのが本音だと思います。で、今回はどうかというと、皐月賞を使えなかったぶん早い段階から乗り込まれていて良い時計も出ている(今の栗東は時計が出やすいのでどんな馬でも速い時計は出る馬場)のですが、肝心の1週前追い切りの動きを見ると3頭併せの外に併せて仕掛けられてからの反応がかなり悪く、ゴール板を過ぎて1コーナーまでビッシリ追われていました。これはいつもとは違う動きと内容なので、この時点で弥生賞時の状態にはないと私はみています。こうなってくると最終追い切りをどのような内容にしてくるかがポイントになってくると思いますが、いつも通り軽めにすれば調整不足の可能性があり、強めに追えばテンションが上がり過ぎるリスクが高まり……と、どちらにしてもこの馬には試練が待っているといったところでしょう。


ブラストワンピース
 伊吹雅也 ダノンプレミアムのところでお話した通り、前走の内容が良かった重賞ウイナーは堅実なので、この馬もそれなりに高く評価すべきでしょう。……ただし、弥生賞も皐月賞も使っていなかった馬は、2009年まで遡っても[0-1-4-58](複勝率7.9%)。2008年のディープスカイを最後に優勝例が途絶えています。“王道”を避けるのは時代遅れと言わざるを得ませんし、注目を集めるようならば疑ってかかりたいですね。
 くりーく この馬に関しては牧場で乗られて、トレセンでは2週前、1週前、最終追い切りと3本追い切られて出走するのがパターンで、美浦の南Wではかなり速い時計の出る馬という印象があります。この中間もいつも通りの調整内容で、いつも通り好時計が出ていて出来に関しては順調と言っていいと思います。ただ気になるのは、調教でもレースでも首を使わないというか、首が高いダート馬のような走りをする点で、今回一戦級の馬を相手にした時にどうなのかというところはあります。
 スガダイ 3戦3勝でいずれも大楽勝。強いねぇ。・・・

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 10ビュー

今シーズンのPOG戦線も最終週。
オーラスのこの期に及んで4頭の出走となりました。

どうでもいいけど「オーラス」と聞いて南4局(または東4局でも可)だと思うのはギャンブラー。
ほんで『恋人選び』という言葉が出てくる人は昭和の人ですねw

【出走】
・5月26日 京都5R
△スペイシー(高倉稜騎手)

まずは京都の未勝利戦にスペイシーが出走します。

スペイシー
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 18.5ベスト 栗坂不 1 回 53.5 39.2 25.9 13.1 一杯に追う
 助 手 ◇ 栗坂良 1 回 54.1 39.7 26.3 13.5 馬なり余力
助 手 5.20 栗坂良 1 回 59.1 44.6 29.9 15.5 馬なり余力
☆助 手 5.23 栗坂良 1 回 55.8 40.0 26.0 13.1 一杯に追う
ステイフーリッシュ(三オープン)馬なりに1.1秒先行0.4秒遅れ

まさかの変則連闘で使ってきました。
半年ぶりの前走は16日の川崎の交流戦。節は十分すぎるぐらい空いていたのにそこで初ダートという「伝家の宝刀」を抜くのかと思っていたら、見せ場なく勝ち馬から3.4秒遅れの11着。
せっかく戸崎を確保したのに、何を宝刀の無駄遣いをしとんねん!?って当時は思っていたのですけどね。
でも木曜日の新聞を見たら、ダービー出走のステイフーリッシュと併せ馬をやっているから「今週、使う気あるの!?」とビックリしていたら実際に出馬表に名前があるし。
こうなるとちょっと話が変わってくる。
川崎から中9日なのに坂路で2本時計を出して、しかもダービー出走馬の調教パートナーを務めるくらいだから元気がいいのは間違いない。
問題はその川崎の大敗をどう受け取るかなのだが、ここは「公開調教」だったと割り切りたい。少なくとも単複は買ってみる価値はあると思います。


・5月26日 東京5R
☆シエラネバダ(内田博幸騎手)

続いて東京の500万下にシエラネバダが出走します。

シエラネバダ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 18. 2ベスト 栗坂良 1 回 51.9 38.4 25.4 13.0 一杯に追う
 和田竜 ■ 栗坂良 1 回 52.9 39.1 26.3 13.3 一杯に追う
 助 手 ◇ 栗坂良 1 回 55.7 40.8 26.2 12.7 一杯に追う
 助 手 5. 4 栗坂稍 1 回 55.0 40.5 26.1 12.9 馬なり余力
 助 手 5.10 栗坂稍 1 回 53.9 39.4 25.4 12.6 馬なり余力
       アカカ(古500万)馬なりに0.3秒先行同入
  5.11 栗プール
 助 手 5.13 栗坂良 1 回 59.4 44.5 29.9 15.1 馬なり余力
★助 手 5.16 栗坂良 1 回 53.2 38.8 25.2 12.8 一杯に追う
       サンライズノヴァ(古オープン)馬なりを0.1秒追走同入
  5.17 栗プール
 助 手 5.20 栗坂良 1 回 58.4 42.3 27.9 13.8 馬なり余力
☆助 手 5.23 栗坂良 1 回 52.7 38.9 25.2 12.7 一杯に追う
       セネッティ(古1000万)馬なりと同入

見てもらえれば一目瞭然なのだが、5月4日以降、追い切り日のラスト1ハロンは4週とも12秒台を計時しており、ハッキリと追い切りで動くようになっています。
音無厩舎の上級馬って坂路のラスト1ハロンがコンスタントに12秒台でまとめられるのはあるので、ここに来てようやく馬が変わってきた感じがします。
未勝利戦を勝った時はケイティクレバーを一蹴したくらいなので元値は高いハズなんです。
すみれSと若葉Sは一応、格上挑戦でしたし、正直、坂路の時計もイマイチでした。
ゴールデンウィークに栗東に戻ってきて追い切り6本で自己条件のために東上というのは狙い済ました一戦という印象はあります。
この馬は特にそうですけど、兄弟もそれなりにズブいところがあるので内田博幸騎手に乗り替わるのも好材料。ここは頭から勝負するタイミングではあると思っています。


・5月27日 東京6R
☆レッドシャーロット(横山典弘騎手)

ダービーデーの500万下にレッドシャーロットが出走します。

レッドシャーロット
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 18. 2ベスト 栗坂良 1 回 51.9 36.8 23.7 11.8 末強目追う
 助 手 ■ 栗坂良 1 回 60.7 45.1 29.4 13.5 馬なり余力
 加藤祥 ◇ 栗坂良 1 回 54.0 39.4 25.8 13.2 馬なり余力
 助 手 4.25 栗坂不 1 回 58.9 43.4 28.4 13.8 馬なり余力
 助 手 4.29 栗坂良 1 回 61.2 44.8 29.3 14.0 馬なり余力
 助 手 5. 2 栗坂良 1 回 54.8 39.4 25.3 12.2 馬なり余力
 助 手 5. 6 栗坂良 1 回 59.0 43.3 28.4 13.8 馬なり余力
 助 手 5. 9 栗坂不 1 回 53.7 39.6 26.0 12.3 馬なり余力
       ロードワンダー(新馬)一杯を1.1秒追走0.4秒先着
 助 手 5.13 栗坂良 1 回 56.0 41.3 27.7 13.7 馬なり余力
★助 手 5.16 栗坂良 1 回 53.4 38.1 24.2 11.8 末強目追う
 助 手 5.20 栗坂良 1 回 63.4 46.3 29.7 14.2 馬なり余力
☆助 手 5.23 栗坂良 1 回 56.8 41.0 26.3 12.8 馬なり余力

こちらはシエラネバダ以上にここ目標の印象が強いですね。
16日の坂路の時計は強烈だし、能力的には500万下でウロウロしている馬ではないと思っています。
ただ、能力を上手く発揮できていない現状を考えると不安は気性面。とにかく朝の1レースから客の方が半端なくテンションが高いダービーデーで、パドックを落ち着いて周回できるのか?って懸念は率直に言ってあります。
それと内枠有利のダービーデーの芝コースを考えると14番枠というのも心配ではありますね。でも500万下なら能力差もそこそこあるでしょうから、なんとか快勝を収めて馬券的にもレッドシャーロットの当たり馬券をそっくりそのまま目黒記念に突っ込めるぐらいの配当を期待します。
(↑ダービーじゃねーのかよw)


・5月27日 東京10R 東京優駿
☆アドマイヤアルバ(丸山元気騎手)

そしてダービーにアドマイヤアルバが出陣です。

アドマイヤアルバ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 18. 4ベスト 栗CW良 78.5 63.7 50.2 37.4 12.7[4]馬なり余力
 岩 田 ■ 栗CW良 82.0 65.5 51.0 37.4 12.0[5]一杯に追う
★北村友 5.17 栗CW良 68.3 52.2 37.8 11.7[5]馬なり余力
       アドマイヤエイカン(古1600万)馬なりの内0.8秒追走クビ先着
 助 手 5.22 栗坂良 1 回 61.6 44.6 28.8 13.7 馬なり余力
☆丸 山 5.23 栗CW良 83.0 65.8 51.0 37.2 12.2[5]強目に追う
       アドマイヤエイカン(古1600万)強目の内0.4秒追走0.2秒先着

重賞未勝利の分際なので大きなことは言えませんけど、デキは引き続き順調だと思うし、何より9戦して複勝圏を一度も外していないのはそれなりに強みだと思います。
枠もいいところを引いたよね。単純に4番枠というのもあるけど、初芝のテーオーエナジーに先行力があるとは思えないし、タイムフライヤーもキタノコマンドールも出していくタイプじゃないから、ダノンプレミアムの真後ろで息を潜めることは可能だよね。
で、ダノンプレミアムが抜け出すその後ろをくっついていければ、さすがに頭があるとは言わないけど2着か3着ならチャンスはあると思うのよね。
もっと言えばスペシャルワールドの残留争いのことを考えれば掲示板に載ってくれれば御の字なので、馬券対象にはならなくても掲示板のチャンスは十分にあると思えばいい枠ですよw
だから丸山君、とりあえずダノンプレミアムの真後ろの位置は取ろう。それをやってくれさえすれば個人的には十分に満足だ。だって17番人気だもの。多くの注文はつけないよ。

まあ与太話をするなら今年のダービーはキャプテン翼とコラボしているそうなんだけど、南葛ではなく日本代表の翼君のようなので、本当はここに岩崎翼騎手がいりゃドンピシャなんでしょうけど、W杯イヤーなので直近の日本代表に置き換えると、今年のダービー出場騎手と日本代表で共通する名前は「元気」だけなんだよね。日本代表が原口元気で、騎手が丸山元気。
そんなことでも言わないと、アドマイヤアルバが馬券に絡む可能性は普通は考えにくいじゃんw

どのみち穴馬券になることは間違いないのでダービーは気楽に見ますよ。
勝負は目黒記念!
蛯名、蛯名、蛯名…


あと今シーズンの最後に書いておくけど
スペシャルワールドを『POG猛者が集まる至高の舞台』と謳っているのならね、GⅠワールドからの昇格者が10人というのは多すぎる。
現状、昇降格の対象になるスペシャルワールドでの一般ユーザー枠の人数を数えてみたら22人になるハズなんだけど、近い数字で言えばサッカーのリーグ戦の参加チーム数があるわけですけど、各国のトップリーグで18~20チームのリーグ戦で昇降格は3枠しかないのですよ。
ほんでウマニティPOGにおいて、GⅠワールドから昇格してきた人がスペシャルに定着するイメージがほとんどないのね。
去年昇格した人で今シーズン残留できそうな人は1人いるかいないかだもの。

JリーグではJ2からJ1への昇格枠は3枠あるけど、J2の1位と2位が自動昇格なのに対して残りの1枠は昇格プレーオフで決めていたのだけど、これが設立から4年連続で翌年のJ1最下位で降格したものだから、2018年は昇格プレーオフの勝者がJ1の16位と入れ替え戦を行うようになるんですよ。
要するに結果が出ていないから枠も縮小されるわけで、それが広がるというのはどういう了見だというわけで。

この事は今夜の渋谷のイベントに出席しますので、思いっきりアピールしてきますw

5月26日() 11:44 しんすけ46さん
東京優駿8
閲覧 56ビュー

迷うなぁ~。

買いたい馬を買いましょう!
と言う訳でステイフーリッシュから買おうかな?

輸送?かも知れんけど中山へ輸送した時は問題なかったからね。
単純に共同通信杯の時は状態が悪かったと言う事で。
前走も強かったし新馬勝ちの2戦目でGI3着。
能力は十分あるんで。

今のところは
馬連⑩ー①・⑤・⑧・⑬・⑯への5点へ1000円。
馬単⑩ー①・⑤・⑧・⑬・⑯への5点へ500円。
三連複は二頭軸の相手をどうするか検討中。

しっかしなんでこんなに人気ないんだろ?
大儲けが期待できるぞぉ~(^^♪

[もっと見る]

5月26日() 07:38 コジユキさん
5月最終週!!
閲覧 138ビュー

おはようございます!
コジユキです。

いよいよ5月最終週…
みなさまいかがお過ごしでしょうか?
本日は新設重賞の葵ステークス、目黒記念。
そして何より日本ダービー!!

予想の仕方で悩んだ結果、
やはり経験と学びが必要だと思い、
本日は京都の全12レースをワイドで買う!ということをしたいと思います!
正直未勝利戦や500万下のレースがどのようなものか分かりませんが、
騎手やコースの傾向等をみて、しっかり予想していきたいと思います!!

それでは今から仕事なので、また夜に本日の反省をしたいと思います!!

[もっと見る]

日本ダービー
閲覧 264ビュー

今年の日本ダービーは混戦になりましたね

原因としては、ダノンプレミアムの皐月賞回避と皐月賞の悪い馬場
ワグネリアンの不発と・・・色々あります

ダノンプレミアムとワグネリアンが何もなく前評判通りの強さでいけばよかったんですが
使えなかったのと皐月賞の着外で混とんとしてきましたね

今のところ有力馬は
ダノンプレミアム、ワグネリアン、皐月賞馬エポカドーロ、
無敗のブラストワンピース
青葉賞勝利のゴーフォザサミット
京都新聞杯勝利のステイフーリッシュなど
他にもステルヴィオ、キタノコマンド―ル、タイムフライヤー、コズミックフォース、
サンリヴァル、ジャンダルム、オウケンムーン、ジェラーレウーノと挙げればきりがないよなぁ

久しぶりに波乱の予感なので思い切って狙うのもありなのかなぁ・・・
馬場もとりあえず良さそうなので
展開を考えて何を本命にするか考え中ですね

[もっと見る]

5月26日() 01:17 しもよしさん
日本ダービー 予想(前半)
閲覧 286ビュー

ん~、難しいですね。
切ったら来そうだし、人気でも来ない感じもするし・・・。

思い切って切る馬は切りましょう!

まずはいつも通り8頭に絞りたいと思います。

(50音順)
エタリオウ
何となく気になって・・・ 残しました。
そんなんでいいのかな?(笑)

エポカドーロ
皐月賞では◎にしましたからね。この段階ではまだ切れないです。
皐月賞馬でこの人気なら狙いどころではありますよね。

キタノコマンドール
ダービーには出れないかと思っていましたが、最後の最後に残りましたね。
そういう運も必要かと思います。

ジェネラーレウーノ
皐月賞では負けましたが強い競馬だったかと思います。
今回は単独で逃げれそうなので、簡単には切れないかと思います。

ステルヴィオ
皐月賞では○にしました。
天候、馬場が良ければ◎にするつもりでしたが、東京は合っている気がします。

ダノンプレミアム
一番ダービー馬に近いのではないでしょうか。
1枠に入ったのも有利かと思います。

ブラストワンピース
Dプレミアムと同じ無敗馬ですからね。
この段階ではまだ切れないです。

ワグネリアン
個人的には「?」なんですが、馬柱を見ると切りづらいです。
皐月賞だけで見限るか? が焦点になりそうです。

明日は、この中から2~3頭は切って、予想コロに載せたいと思います。

皆さんも頑張って下さい!

[もっと見る]

5月25日(金) 22:54 正義の魂さん
今週の私の予想について
閲覧 251ビュー

昨日5月24日(木)及び本日5月25日(金)の
大井競馬にて、私が絶対に負けると
断言した馬が、計7頭勝っている。

先の日記にて、私は今年の日本ダービー予想を、
ダノンプレミアム大本命にすると書いたが、
この日記の読者の皆さんには、その事実を、
充分に考慮された上で、馬券を買って頂きたい。

[もっと見る]

  • 出馬表
  • 重賞攻略
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 ソールインパクトは天皇賞・春にトライして13着に敗れたが、道中は不利の連続だったようだ。

 「後ろから乗っかけられたみたいで、外傷を負って落鉄もしていた。途中まではいい感じで走れていたのに…」

 戸田調教師も残念そうに話すが、ダメージが尾を引かなかったのは不幸中の幸いで、23日には自らが跨がり、Wコースを5F70秒4で駆け抜けた。

 「走り切っていない分、すぐに息も戻ったからね。東京はいいし、ハンデ差もあるから」と、昨年のアルゼンチン共和国杯で2着になった舞台で反撃を期す。

 “究極の3連単”はソールを1着に固定し、2着にチェスナットコートパフォーマプロミスを据えた12点。(夕刊フジ)



目黒記念の枠順はこちら 調教タイムも掲載

【目黒記念】厩舎の話5月25日(金) 12:02

 ◆ウインテンダネス・杉山師 「中1週なので軽めで十分。3走前にメンコを外してからよくなった」

 ◆ヴォージュ・寺崎助手 「動きはいつも通り。前走は時計が速すぎた。東京コース、距離延長はいい」

 ◆サウンズオブアース・藤岡師 「放牧先で体調を崩して遅れたけど、帰厩後は順調。宝塚記念へ向けていい競馬を」

 ◆ゼーヴィント・太田助手 「以前のようなガツンと来る感じがない。ズブくなってきたかも」

 ◆チェスナットコート・矢作師 「上積みはどうかも、維持できている。左回りの広いコースは合う」

 ◆ノーブルマーズ・宮本師 「タフな馬で、前走はいい内容。今回も東京で期待したい」

 ◆ハッピーモーメント・酒井助手 「使って上向いています。スムーズな立ち回りができれば」

 ◆パフォーマプロミス・藤原英師 「単走でいい動き。休み明けでも順調にきている」

 ◆フェイムゲーム・丸田騎手 「今までと変わりない動きで、機嫌よく走っていた。力は出せそう」

 ◆ホウオウドリーム・矢作師 「動きはいつも通り。間隔は詰まった方がいいタイプ。自分のレースに徹するだけ」

目黒記念の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【目黒記念】追って一言5月24日(木) 05:03

 ◆ヴォージュ・寺崎助手 「動きはいつも通り。東京コース、距離延長はいい」

 ◆コウキチョウサン・和田郎師 「手応えよくいい動き。パワーアップしているので楽しみ」

 ◆サウンズオブアース・藤岡師 「体調を崩して復帰に時間がかかった。宝塚記念へ向けていいレースを期待」

 ◆ゼーヴィント・太田助手 「以前のようなガツンと来る感じがない。ズブくなってきたかも」

 ◆ソールインパクト・戸田師 「前走は落鉄して外傷。走っていないぶん、疲れもない」

 ◆チェスナットコート・矢作師 「上積みはどうかも、維持はできている。左回りの広いコースは合う」

 ◆ノーブルマーズ・宮本師 「タフな馬で、前走はいい内容。今回も東京で期待したい」

 ◆ハッピーモーメント・酒井助手 「使って上向いています。スムーズな立ち回りができれば」

 ◆パフォーマプロミス・藤原英師 「単走でいい動き。休み明けでも順調にきている」

 ◆フェイムゲーム・丸田騎手 「今までと変わりない動きで、機嫌よく走っていた。力は出せそう」

 ◆ホウオウドリーム・矢作師 「動きはいつも通り。自分のレースに徹するだけ」

 ◆ポポカテペトル・友道師 「調教で動くようになっている。実戦でも追ってからの伸びが良くなってきた」

 ◆リッジマン・庄野師 「順調。使って良くなる馬だし、距離とハンデも魅力だね」

目黒記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【目黒記念】サウンズオブアース「疲れは取れた」 5月23日(水) 05:02

 サウンズオブアース(栗・藤岡、牡7)は有馬記念7着以来、5カ月ぶりの復帰戦になる。「しっかりと休ませて疲れは取れました。リフレッシュしていますよ。東京の2500メートルという条件はいいと思います。力通りなら」と仲田助手。4年1カ月ぶりの勝利と重賞初Vを狙う。



★目黒記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【目黒記念】フェイムゲーム「帰厩後も順調」 5月23日(水) 05:02

 前走のダイヤモンドSで重賞6勝目を挙げたフェイムゲーム(美・宗像、セン8)は、59キロのハンデで連覇に挑む。「牧場でしっかりとやってきて、帰厩後も順調です。昨年と比べて状態面はいい意味で変わりないですが、今回は59キロを背負うので、そのあたりがどうかですね」と永楽助手。



目黒記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【目黒記念】チェスナットコート、思っていた以上 5月23日(水) 05:02

 チェスナットコート(栗・矢作、牡4)は天皇賞・春で5着。地力強化を証明する走りだった。矢作調教師は「思っていた以上に早くに力をつけている。前走の疲れも取れて順調だし、東京の2500メートルはいい条件だから」と期待を寄せている。



目黒記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 1,177ビュー



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週の掲載は、葵ステークス、欅ステークス、安土城ステークス、日本ダービー、白百合ステークス、目黒記念の6レースです。


■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2018年05月26日(土) 京都11R 葵ステークス
【馬番別成績(2013年以降)】
●1~5番 [5-3-3-14](複勝率44.0%)
●6~8番 [0-2-1-12](複勝率20.0%)
●9~16番 [0-0-1-29](複勝率3.3%)
→圧倒的に内枠有利なレース。先週の京都芝内回りも内寄りの枠に入った馬の活躍が目立っていました。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】
京都芝1200m内×ヨハネスブルグ×1~9番
→複勝率43.8%、複勝回収率273%


▼2018年05月26日(土) 東京11R 欅ステークス
【馬齢別成績(2015年以降)】
●5歳以下 [3-3-2-9](複勝率47.1%)
●6歳以上 [0-0-1-30](複勝率3.2%)
→近年は特に若い馬が優勢。高齢馬は評価を下げましょう。


▼2018年05月27日(日) 京都10R 安土城ステークス
【出走数別成績(2015年以降)】
●25戦以下 [3-3-1-21](複勝率25.0%)
●26戦以上 [0-0-2-21](複勝率8.7%)
→こちらも若い馬を重視した方が良さそう。また、前走の出走頭数が15頭以下だった馬は2015年以降[0-0-1-16](複勝率5.9%)と優勝争いに食い込めていません。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 10ビュー

今シーズンのPOG戦線も最終週。
オーラスのこの期に及んで4頭の出走となりました。

どうでもいいけど「オーラス」と聞いて南4局(または東4局でも可)だと思うのはギャンブラー。
ほんで『恋人選び』という言葉が出てくる人は昭和の人ですねw

【出走】
・5月26日 京都5R
△スペイシー(高倉稜騎手)

まずは京都の未勝利戦にスペイシーが出走します。

スペイシー
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 18.5ベスト 栗坂不 1 回 53.5 39.2 25.9 13.1 一杯に追う
 助 手 ◇ 栗坂良 1 回 54.1 39.7 26.3 13.5 馬なり余力
助 手 5.20 栗坂良 1 回 59.1 44.6 29.9 15.5 馬なり余力
☆助 手 5.23 栗坂良 1 回 55.8 40.0 26.0 13.1 一杯に追う
ステイフーリッシュ(三オープン)馬なりに1.1秒先行0.4秒遅れ

まさかの変則連闘で使ってきました。
半年ぶりの前走は16日の川崎の交流戦。節は十分すぎるぐらい空いていたのにそこで初ダートという「伝家の宝刀」を抜くのかと思っていたら、見せ場なく勝ち馬から3.4秒遅れの11着。
せっかく戸崎を確保したのに、何を宝刀の無駄遣いをしとんねん!?って当時は思っていたのですけどね。
でも木曜日の新聞を見たら、ダービー出走のステイフーリッシュと併せ馬をやっているから「今週、使う気あるの!?」とビックリしていたら実際に出馬表に名前があるし。
こうなるとちょっと話が変わってくる。
川崎から中9日なのに坂路で2本時計を出して、しかもダービー出走馬の調教パートナーを務めるくらいだから元気がいいのは間違いない。
問題はその川崎の大敗をどう受け取るかなのだが、ここは「公開調教」だったと割り切りたい。少なくとも単複は買ってみる価値はあると思います。


・5月26日 東京5R
☆シエラネバダ(内田博幸騎手)

続いて東京の500万下にシエラネバダが出走します。

シエラネバダ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 18. 2ベスト 栗坂良 1 回 51.9 38.4 25.4 13.0 一杯に追う
 和田竜 ■ 栗坂良 1 回 52.9 39.1 26.3 13.3 一杯に追う
 助 手 ◇ 栗坂良 1 回 55.7 40.8 26.2 12.7 一杯に追う
 助 手 5. 4 栗坂稍 1 回 55.0 40.5 26.1 12.9 馬なり余力
 助 手 5.10 栗坂稍 1 回 53.9 39.4 25.4 12.6 馬なり余力
       アカカ(古500万)馬なりに0.3秒先行同入
  5.11 栗プール
 助 手 5.13 栗坂良 1 回 59.4 44.5 29.9 15.1 馬なり余力
★助 手 5.16 栗坂良 1 回 53.2 38.8 25.2 12.8 一杯に追う
       サンライズノヴァ(古オープン)馬なりを0.1秒追走同入
  5.17 栗プール
 助 手 5.20 栗坂良 1 回 58.4 42.3 27.9 13.8 馬なり余力
☆助 手 5.23 栗坂良 1 回 52.7 38.9 25.2 12.7 一杯に追う
       セネッティ(古1000万)馬なりと同入

見てもらえれば一目瞭然なのだが、5月4日以降、追い切り日のラスト1ハロンは4週とも12秒台を計時しており、ハッキリと追い切りで動くようになっています。
音無厩舎の上級馬って坂路のラスト1ハロンがコンスタントに12秒台でまとめられるのはあるので、ここに来てようやく馬が変わってきた感じがします。
未勝利戦を勝った時はケイティクレバーを一蹴したくらいなので元値は高いハズなんです。
すみれSと若葉Sは一応、格上挑戦でしたし、正直、坂路の時計もイマイチでした。
ゴールデンウィークに栗東に戻ってきて追い切り6本で自己条件のために東上というのは狙い済ました一戦という印象はあります。
この馬は特にそうですけど、兄弟もそれなりにズブいところがあるので内田博幸騎手に乗り替わるのも好材料。ここは頭から勝負するタイミングではあると思っています。


・5月27日 東京6R
☆レッドシャーロット(横山典弘騎手)

ダービーデーの500万下にレッドシャーロットが出走します。

レッドシャーロット
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 18. 2ベスト 栗坂良 1 回 51.9 36.8 23.7 11.8 末強目追う
 助 手 ■ 栗坂良 1 回 60.7 45.1 29.4 13.5 馬なり余力
 加藤祥 ◇ 栗坂良 1 回 54.0 39.4 25.8 13.2 馬なり余力
 助 手 4.25 栗坂不 1 回 58.9 43.4 28.4 13.8 馬なり余力
 助 手 4.29 栗坂良 1 回 61.2 44.8 29.3 14.0 馬なり余力
 助 手 5. 2 栗坂良 1 回 54.8 39.4 25.3 12.2 馬なり余力
 助 手 5. 6 栗坂良 1 回 59.0 43.3 28.4 13.8 馬なり余力
 助 手 5. 9 栗坂不 1 回 53.7 39.6 26.0 12.3 馬なり余力
       ロードワンダー(新馬)一杯を1.1秒追走0.4秒先着
 助 手 5.13 栗坂良 1 回 56.0 41.3 27.7 13.7 馬なり余力
★助 手 5.16 栗坂良 1 回 53.4 38.1 24.2 11.8 末強目追う
 助 手 5.20 栗坂良 1 回 63.4 46.3 29.7 14.2 馬なり余力
☆助 手 5.23 栗坂良 1 回 56.8 41.0 26.3 12.8 馬なり余力

こちらはシエラネバダ以上にここ目標の印象が強いですね。
16日の坂路の時計は強烈だし、能力的には500万下でウロウロしている馬ではないと思っています。
ただ、能力を上手く発揮できていない現状を考えると不安は気性面。とにかく朝の1レースから客の方が半端なくテンションが高いダービーデーで、パドックを落ち着いて周回できるのか?って懸念は率直に言ってあります。
それと内枠有利のダービーデーの芝コースを考えると14番枠というのも心配ではありますね。でも500万下なら能力差もそこそこあるでしょうから、なんとか快勝を収めて馬券的にもレッドシャーロットの当たり馬券をそっくりそのまま目黒記念に突っ込めるぐらいの配当を期待します。
(↑ダービーじゃねーのかよw)


・5月27日 東京10R 東京優駿
☆アドマイヤアルバ(丸山元気騎手)

そしてダービーにアドマイヤアルバが出陣です。

アドマイヤアルバ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 18. 4ベスト 栗CW良 78.5 63.7 50.2 37.4 12.7[4]馬なり余力
 岩 田 ■ 栗CW良 82.0 65.5 51.0 37.4 12.0[5]一杯に追う
★北村友 5.17 栗CW良 68.3 52.2 37.8 11.7[5]馬なり余力
       アドマイヤエイカン(古1600万)馬なりの内0.8秒追走クビ先着
 助 手 5.22 栗坂良 1 回 61.6 44.6 28.8 13.7 馬なり余力
☆丸 山 5.23 栗CW良 83.0 65.8 51.0 37.2 12.2[5]強目に追う
       アドマイヤエイカン(古1600万)強目の内0.4秒追走0.2秒先着

重賞未勝利の分際なので大きなことは言えませんけど、デキは引き続き順調だと思うし、何より9戦して複勝圏を一度も外していないのはそれなりに強みだと思います。
枠もいいところを引いたよね。単純に4番枠というのもあるけど、初芝のテーオーエナジーに先行力があるとは思えないし、タイムフライヤーもキタノコマンドールも出していくタイプじゃないから、ダノンプレミアムの真後ろで息を潜めることは可能だよね。
で、ダノンプレミアムが抜け出すその後ろをくっついていければ、さすがに頭があるとは言わないけど2着か3着ならチャンスはあると思うのよね。
もっと言えばスペシャルワールドの残留争いのことを考えれば掲示板に載ってくれれば御の字なので、馬券対象にはならなくても掲示板のチャンスは十分にあると思えばいい枠ですよw
だから丸山君、とりあえずダノンプレミアムの真後ろの位置は取ろう。それをやってくれさえすれば個人的には十分に満足だ。だって17番人気だもの。多くの注文はつけないよ。

まあ与太話をするなら今年のダービーはキャプテン翼とコラボしているそうなんだけど、南葛ではなく日本代表の翼君のようなので、本当はここに岩崎翼騎手がいりゃドンピシャなんでしょうけど、W杯イヤーなので直近の日本代表に置き換えると、今年のダービー出場騎手と日本代表で共通する名前は「元気」だけなんだよね。日本代表が原口元気で、騎手が丸山元気。
そんなことでも言わないと、アドマイヤアルバが馬券に絡む可能性は普通は考えにくいじゃんw

どのみち穴馬券になることは間違いないのでダービーは気楽に見ますよ。
勝負は目黒記念!
蛯名、蛯名、蛯名…


あと今シーズンの最後に書いておくけど
スペシャルワールドを『POG猛者が集まる至高の舞台』と謳っているのならね、GⅠワールドからの昇格者が10人というのは多すぎる。
現状、昇降格の対象になるスペシャルワールドでの一般ユーザー枠の人数を数えてみたら22人になるハズなんだけど、近い数字で言えばサッカーのリーグ戦の参加チーム数があるわけですけど、各国のトップリーグで18~20チームのリーグ戦で昇降格は3枠しかないのですよ。
ほんでウマニティPOGにおいて、GⅠワールドから昇格してきた人がスペシャルに定着するイメージがほとんどないのね。
去年昇格した人で今シーズン残留できそうな人は1人いるかいないかだもの。

JリーグではJ2からJ1への昇格枠は3枠あるけど、J2の1位と2位が自動昇格なのに対して残りの1枠は昇格プレーオフで決めていたのだけど、これが設立から4年連続で翌年のJ1最下位で降格したものだから、2018年は昇格プレーオフの勝者がJ1の16位と入れ替え戦を行うようになるんですよ。
要するに結果が出ていないから枠も縮小されるわけで、それが広がるというのはどういう了見だというわけで。

この事は今夜の渋谷のイベントに出席しますので、思いっきりアピールしてきますw

5月26日() 07:38 コジユキさん
5月最終週!!
閲覧 138ビュー

おはようございます!
コジユキです。

いよいよ5月最終週…
みなさまいかがお過ごしでしょうか?
本日は新設重賞の葵ステークス、目黒記念。
そして何より日本ダービー!!

予想の仕方で悩んだ結果、
やはり経験と学びが必要だと思い、
本日は京都の全12レースをワイドで買う!ということをしたいと思います!
正直未勝利戦や500万下のレースがどのようなものか分かりませんが、
騎手やコースの傾向等をみて、しっかり予想していきたいと思います!!

それでは今から仕事なので、また夜に本日の反省をしたいと思います!!

[もっと見る]

5月26日() 07:33 単複勝負.comさん
【競馬予想】目黒記念2018 最終結論
閲覧 42ビュー

目黒記念2018 最終結論をアップしました。

もし宜しければ見ていってください。

https://tanpukushoubu.com

【お願い!!!】
ウマフレ随時どしどし募集しています。お気軽にリクエスト下さい。よろしくお願いします。

[もっと見る]

5月26日() 00:04 みかぼうさん
目黒記念予想と買い目
閲覧 54ビュー

目黒記念
【チェックデータ】
・4〜5歳馬
・天皇賞5着以内、2走前4着以内
・キンカメ、ディープ産
・上がり3ハロンの速い馬
・前走条件戦はカット

【推奨馬】
◎パフォーマプロミス
○ゼーヴィント
▲チェスナットコート
△ホウオウドリーム
✖︎フェイムゲーム

【買い目】
んーーー
これはワイドのボックスでいいかな
①②⑧⑩⑭

[もっと見る]

5月25日(金) 16:01 tnpstarsさん
目黒記念(GⅡ) 5/25現在 JRA競馬レース展開予想 2018年【競...
閲覧 54ビュー

目黒記念(GⅡ) 5/25現在 JRA競馬レース展開予想 2018年【競馬予想】
動画はこちら⇒ https://web-crew.net/keiba/?p=6304
どうぞお役立てください。

[もっと見る]

5月25日(金) 14:42 山勘のマサさん
今週の天気と馬場状態(2会場)第142回第2週2日間開催
閲覧 158ビュー

ウマフレの皆さま・会員・サークルのさま、コンニチワ^^

今週も恒例に成りました。今週の天候・馬場状態のお知らせです。

今週は新潟競馬が終了し同じ2場開催と成ります。

第142回の予想コロシアム大会の第2週に成ります。
-----------------------------------------------------------------------
【京都競馬場】直前情報(5月25日(金)正午現在の情報)天候:晴

5/26(土)   気温     降水確立      5/27(日)   気温     降水確立
  晴/曇  32℃/18℃   10%         晴/曇   31℃/18℃    20%  

馬場状態:(芝) 良馬場 (ダート) 良馬場

芝の状態:コース全体内側に傷みが出てます。

芝の草丈(芝コース) 野芝約8~10cm、洋芝約14~18cm
   (障害コース) 野芝約8~10cm

使用コース:Dコース(Aコースから直線部10m、曲線部9m外に内柵設置)引き続きDコース使用。

※ 金曜日正午以降の「気象情報」は5月18日(金)、19日(土)、
                  23日(水)、24日(木)に15.5mm降雨有り。

【作業内容】

※ 特に記載のない限り、芝刈り、散水、肥料の散布等は実施していません。
  但し、芝の生育管理の為に前日夜に散水を実施することが有り、
  また、ダートコースの乾燥が著しい場合は競走馬の安全の為
  散水を実施する事が有り。

(1)芝コース  5月21日(月)      芝刈り実施。
       5月21日(月)~22日(火)
         24日(木)~25日(金) 芝の生育管理の為散水実施。
       5月24日(木)      肥料散布。

(2)ダートコース 5月24日(木)~25日(金) クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)

(3)障害コース  5月24日(木) クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)
         5月24日(木) 肥料散布。

  コースの馬場状態は 5/25(金)正午時点。
     天気予報等は 5/25(金)14時30分時点の予報です。

京都競馬場は土曜日・日曜日共降水確率10%・20%と安定した天候で
馬場状態は2日間良馬場状態で出来そうです。
2日とも真夏日に成りますので出掛ける際は熱中症対策を忘れずに
充分に水分摂取にお気お付け下さい。
---------------------------------------------------------------------------
【東京競馬場】直前情報( 5月25日(金)正午現在の情報)天候:晴
5/26(土)    気温    降水確立     5/27(日)   気温    降水確立
 晴/雨     28℃/18℃  60%       晴/曇    26℃/17℃   30%  

馬場状態:(芝) 良馬場 (ダート) 良馬場

芝の状態:今週からCコースを使用。柵移動により傷みの出始めた箇所は概ねカバーされ、
     全体的に良好状態。

芝の草丈 (芝コース) 野芝約10~12cm、洋芝約12~16cm
    (障害コース) 野芝約 8~12cm、洋芝約 8~12cm

使用コース:Cコース(Aコースから6m外に内柵設置)Bコースに変わりCコース使用。

※ 金曜日正午以降の「気象情報」は5月23日(水)、24日(木)に5.0mmの降雨有り。

【作業内容】

※ 特に記載のない限り、芝刈り、散水、肥料の散布等は実施していません。
  ただし、芝の生育管理の為に前日夜に散水を実施する事が、
  また、ダートコースの乾燥が著しい場合は競走馬の安全の為
  散水を実施する事が有り。

(1)芝コース   5月22日(火) 芝刈り実施。
         5月21日(月)、23日(水)、25日(金) 芝の生育管理の為散水実施。

(2)ダートコース 5月23日(水)~25日(金) クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)。

(3)障害コース  5月23日(水)      芝刈り実施。

  コースの馬場状態は 5/25(金)正午時点。
     天気予報等は 5/25(金)14時30分時点の予報です。

東京競馬場は土曜日の降水確率60%と高く不安定な天候に成りそうです。
天候が急変する可能性は高く常に天候・馬場状態の確認をした方が良さそうです。
日曜日は降水確率30%と低く安定した天気になりそうです。
土曜日の馬場状態から見ると徐々に回復傾向になると思います。
-----------------------------------------------------------------
以上のように成っています。この時期は天候が不安定なことも有りますので
天候・馬場状態には気を付けて下さい。

5月26日(土)

【京都競馬場】

11R 第1回 葵ステークス

       芝・右 1200m サラ系3歳オープン (国際)(特指) 別定

      https://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2018052608031111

5月27日(日)

【東京競馬場】

10R 第85回 東京優駿(日本ダービー) G1

       芝・左 2400m サラ系3歳オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量

      https://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2018052705021210

12R 第132回 目黒記念 G2

       芝・左 2500m サラ系4歳以上オープン (国際)[指定] ハンデ

      https://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2018052705021212

今週は3つの重賞の開催と成ります。

    今週も皆さま、大いに春競馬を楽しんでいきましょう^^

            良い週末を迎えて下さいね。^^

[もっと見る]

  • 出馬表
  • 重賞攻略
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、過去の葵ステークスの結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。


※オープン特別時の結果を対象に分析

【全般】
キャリア3戦以下馬の好走例はゼロ(2010年以降)

ミッキーワイルド

キャリア10戦以上馬の連対例はなし(2010年以降)

ビリーバー

1勝馬の好走例は皆無(2010年以降)

ウインジェルベーラ
アイアンクロー

1200mを経験かつ、1200m未勝利馬の好走例はゼロ(2010年以降)

マドモアゼル

前走から中9週以上のローテで臨んだ馬の好走例は皆無(2010年以降)

アサクサゲンキ
ウインジェルベーラ
レグルドール
セイウンクールガイ
オジョーノキセキ
ビリーバー
タイセイプライド
アイアンクロー

前走で地方交流戦に出走していた馬の好走例はなし(2010年以降)

ウインジェルベーラ

前走で重賞に出走していた関東馬の好走例は皆無(2010年以降)

ウインジェルベーラ
ビリーバー

前走でファルコンステークスに出走していた馬の連対例はゼロ(2010年以降)

アサクサゲンキ
タイセイプライド

【人気】
前走で重賞に出走かつ、今回1番人気だった馬の好走例はゼロ(2010年以降)
※10時30分現在の1番人気かつ、該当馬

アサクサゲンキ

前走でマーガレットステークスに出走かつ、前走5番人気以下だった馬の連対例はなし(2010年以降)

レグルドール
アイアンクロー

【脚質】
前走4角2番手以内で通過かつ、前走6着以下敗退馬の好走例はゼロ(2010年以降)

ラブカンプー
タイセイプライド

【枠順】
7枠の好走例はゼロ(2010年以降)

タイセイプライド
トゥラヴェスーラ

【血統】
父サンデーサイレンス系の馬券絡みはゼロ(2010年以降)

レグルドール
オジョーノキセキ
マドモアゼル
ウィズ
トゥラヴェスーラ


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
ゴールドクイーン
ペイシャルアス
アンヴァル



ウマニティ重賞攻略チーム

【葵ステークス】重賞データ分析5月26日() 10:00

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、葵ステークスのファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。


※オープン特別時の結果を対象に分析

【全般】
距離短縮組が強い(2010年以降)

ラブカンプー
アサクサゲンキ
ゴールドクイーン
ペイシャルアス
セイウンクールガイ
マドモアゼル
アンヴァル
ビリーバー
タイセイプライド
ミッキーワイルド

【人気】
4~9番人気が好調(2010年以降)
※9時30時現在の4~9番人気

ラブカンプー
ゴールドクイーン
オジョーノキセキ
マドモアゼル
タイセイプライド
ミッキーワイルド

10番人気以下の馬券絡みが多い(2010年以降)
※9時30時現在の10番人気以下

ペイシャルアス
ウインジェルベーラ
レグルドール
セイウンクールガイ
ビリーバー
ウィズ
アイアンクロー

【脚質】
上がり3F1~2位馬が活躍(2010年以降)

アサクサゲンキ
ペイシャルアス
オジョーノキセキ
アンヴァル
トゥラヴェスーラ

※近3走の走りを参考に上がり上位馬を想定

【枠順】
内枠(1~3枠)が絶好調(2010年以降)

ラブカンプー
アサクサゲンキ
ゴールドクイーン
ペイシャルアス
ウインジェルベーラ
レグルドール

【血統】
父方では、ダイワメジャーアドマイヤムーンの好走率が高め(2013年以降)

アイアンクロー

ナスルーラ系種牡馬やロベルト系種牡馬を父もしくは母父に持つ馬の活躍が目立つ(2010年以降)

ラブカンプー
ゴールドクイーン
ペイシャルアス
レグルドール
トゥラヴェスーラ
アイアンクロー

米国型ノーザンダンサー系種牡馬を父もしくは母父に持つ馬の好走例が多い(2010年以降)

アサクサゲンキ
セイウンクールガイ
アンヴァル
タイセイプライド


【4項目以上該当馬】
ペイシャルアス(5項目)
ラブカンプー(4項目)
アサクサゲンキ(4項目)
ゴールドクイーン(4項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【葵ステークス】ズバリ調教診断! 5月26日() 09:20

葵ステークスの出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


ラブカンプー
栗東坂路で行われた最終追い切りは、行きっぷりが良い一方でラストは平凡。とはいえ、前回の最終追い切り時の止まり方と比べたら、しぶとく粘れている印象。この馬なりに良いデキではないか。

アサクサゲンキ
1週前に栗東坂路で自己ベストを更新。今週は攻め巧者のモズスーパーフレアを相手に手応えでは見劣ったものの、最後までしぶとく食い下がった。走破タイムも悪くなく、及第点の仕上がりと言えよう。

ゴールドクイーン
間隔が詰まることもあってか、この中間は軽めの調整に終始しているが、栗東坂路で行われた最終追い切りではラスト1F12秒3の好ラップを計測。目一杯に追われた前回時と比較すると、ラップの踏み方も良くなっている。好ムードであることは間違いない。

ペイシャルアス
中間の時計だけを鑑みると凡庸な印象を受けるが、それでも追い切り本数をこなせているぶんマシな部類。栗東坂路で行われた最終追い切りでも、やや反応に鈍いところを見せていたが、この馬としては脚を伸ばしたほう。好調ととらえてもいいのではないか。

ウインジェルベーラ
この中間は丹念に併せ馬を消化。2週前までの動きに目立つところはなかったが、南Wで実施した1週前追い切りではマズマズのラップを踏んでいる。約7カ月半のブランクを考慮すれば、決して悲観する内容ではない。

レグルドール
1週前に栗東坂路で4F50秒3、ラスト1F12秒0の好ラップを計測。同じく坂路で行われた最終追い切りでは、サラッと流して加速ラップを刻んできた。動き自体は問題ない半面、乗り込み量が少ない点は気がかり。最後のツメが甘くなる可能性もあるので、その点には注意を払いたい。

セイウンクールガイ
2週前に南Wで及第点の時計をマーク、1週前には坂路で古馬1000万下を相手に先着と、この中間の内容はなかなかのもの。間隔が開いた割に、帰厩後の追い切り本数が少ない点は気になるが、一応の態勢は整っているとみていい。

オジョーノキセキ
1週前の坂路で行われた追い切りでは、タフなコンディションにもかかわらず上々の伸び脚を披露。最終追い切りは輸送を考慮して控えめだったが、ラップの刻み方を見るに問題はなさそう。ただし、馬体は緩め。当日の気配はシッカリ確認しておきたい。

マドモアゼル
中2週かつ再度の西下にもかかわらず、最終追い切りは南Wで長めから3頭併せを敢行。古馬1600万下を追走してキッチリ併入を果たしているのだから、デキは決して悪くない。一方で、加速するまでの動きについては素軽さを欠く印象。久々の芝1200mということを考慮すると、少し不安は残る。

アンヴァル
この中間は栗東坂路主体に入念な乗り込み。栗東CWで行われた今週の追い切りでも、全体時計こそ目立たないが、ラスト1Fは11秒台半ばを記録した。1Fごとのラップの踏み方は、前回のほうが良かったかもしれないが、決して調子は悪くない。自身の力を出せるデキにある。

ビリーバー
最終追い切りは南Wで4Fから併せ馬を行い、上々の時計をマーク&追走先着を果たした。動きも軽快そのもので雰囲気は悪くない。半面、約2カ月半ぶりのレースの割に、帰厩してから負荷をかけた調教本数が少ない点は気がかり。あと1~2本時計を出していれば、文句なしだったが……。

ウィズ
コンスタントに使われての遠征帰りながらも、栗東坂路で順調に調教を消化。少なくとも体調面の不安はなさそうだ。最終追い切りは流すようなかたちで、ラスト1F12秒4のラップを計測。好調キープとみて差しつかえない。

タイセイプライド
帰厩後は栗東坂路と栗東CWを併用して入念な乗り込み。負荷をかけた調教をキッチリこなし、水準以上の時計も出している。栗東坂路で行われた最終追い切りでも好時計をマーク。攻め巧者だけに、過剰な評価はできないが、ひと追いごとに良くなっているのは明らか。走れる態勢は整っているとみていい。

トゥラヴェスーラ
最終追い切りは軽めの調整。とはいえ、栗東坂路で全体57秒8の走破タイムはかなり遅い印象を受ける。2週前と1週前に速い時計を出しているので、問題ないのかもしれないが……。前回もこうした感じで結果を出しているので、マイナス材料にはならない半面、高評価をするわけにもいかない判断に悩ましい1頭である。

ミッキーワイルド
栗東CWで行われた1週前追い切りは、6Fから及第点の時計を計測。栗東坂路の最終追い切りでも力強い脚捌きを見せた。欲を言えば、併走馬を突き放して欲しかったが、走破時計を踏まえると大きな問題ではなさそう。動ける状態にあるとみたい。

アイアンクロー
この中間は栗東CWで長めの追い切りを丹念に消化。半面、上がり重点の調整が主で、速い時計を出していない点は気がかり。前走後は馬体の回復に専念していただけに、やむを得ないのかもしれないが……。前回から相手強化の重賞ということを鑑みると不安は募る。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【葵ステークス】スプリンター血統アンヴァル“初代”王座へ 5月25日(金) 11:45

 アンヴァル桜花賞でしんがりの17着と大敗した。はっきり、「マイルは長かった」と藤岡調教師が言い切る。母アルーリングボイスは7FのファンタジーSと6Fの小倉2歳Sを勝った生粋のスプリンターで、娘も3勝の実績が物語るように、6Fでこそ持ち味が生きる。「1200メートルがベスト。前走後はここを目標に調整してきた。先週くらいから一気に状態は上がってきたよ」。直線が平坦な京都はいかにも合うし、葵の“初代”王座に就く。(夕刊フジ)

葵ステークスの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【葵ステークス】追って一言5月24日(木) 05:03

 ◆アイアンクロー・斉藤崇師 「掛かっていく感じの動き。もう少し我慢できるようになってほしい」

 ◆アサクサゲンキ・音無師 「調教駆けする馬に最後までついていくことができた」

 ◆アンヴァル・藤岡師 「先週ぐらいから調子が上がってきた。1200メートルはベストです」

 ◆アンフィトリテ・宗像師 「先週やっているので今週はサラッと。レースセンスがいい」

 ◆ウインジェルベーラ・金成師 「今回は骨折休養明けなので…」

 ◆ゴールドクイーン・坂口師 「体が戻ってきている。動き自体も悪くなかった」

 ◆タイセイプライド・菊本助手 「攻め馬は動くタイプで、いい走りをしてくれた。力の要る馬場になってほしい」

 ◆ペイシャルアス・坂口師 「体調は引き続きいい。多頭数をどうさばくかがポイント」

 ◆マドモアゼル斎藤誠師 「小細工の要らないこの距離は合う。前走くらいの馬体重がいい」

 ◆レグルドール・杉山師 「ひと息入れてリフレッシュできた。平均的に流れてほしい」

葵ステークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【葵ステークス】レース展望 5月21日(月) 20:40

 京都では土曜メインに新設重賞として3歳限定の葵S(26日、未格付け、芝1200メートル)が行われる。昨年までの同名のオープン特別が昇格した形だが、3歳のスピード自慢が28頭登録し、フルゲート(16頭)は確実だ。

 デビュー以来の連勝を“4”に伸ばすか、その走りに注目が集まるのはロードカナロア産駒のアンフィトリテ(美浦・宗像義忠厩舎、牝)。今年初戦となった2月のマーガレットSでは2番手から直線でしぶとく伸びて、オジョーノキセキ以下を封じ込め、無傷の3連勝を飾った。チャンピオンスプリンターだった父譲りのスピードとレースセンスを、これまでの3戦で存分に引き出してきたクリストフ・ルメール騎手が今回も手綱を取るのは、混戦だけに頼もしい材料。前々走(3カ月ぶり)、前走(2カ月ぶり)とレース間隔があいても問題なかっただけに、ひと息入った今回も力を発揮できそうだ。

 昨年の小倉2歳Sの覇者アサクサゲンキ(栗東・音無秀孝厩舎、牡)は前走のファルコンSで0秒2差2着。重賞路線を歩みながら、芝1600メートルの朝日杯フューチュリティS10着以外は大きく崩れておらず、実績的には最右翼の存在だろう。京都は初参戦となるが、小倉戦の走りを見ても、直線が平坦のコースはぴったりの印象。武豊騎手を背に、2つ目のタイトルを狙える位置にいる。

 アンヴァル(栗東・藤岡健一厩舎、牝)は前走の桜花賞ではしんがり17着と大敗を喫したが、芝6ハロンは4戦3勝と得意にしており、昨年の福島2歳Sでは好位から楽に抜け出して2着に2馬身半差をつけた。不良馬場の京都で500万下を圧勝しているように、馬場状態を問わないタイプ。2走前のフィリーズレビュー(芝1400メートル)では差す形で0秒1差4着と差のない走りを見せており、展開に左右されない自在性も持ち合わせている。

 マドモアゼル(美浦・斎藤誠厩舎、牝)は芝1400メートルのオープン特別・橘Sを逃げ切って3勝目をマーク。関東馬ながら京都芝は2戦2勝とコース適性は抜群だ。今回はデビュー戦(2着)以来の1200メートルとなるが、スピード的には十分対応可能なはず。それよりも京都での2勝は8、7頭立てと少頭数だったことから、多頭数への対応が鍵になりそうだ。

 抽選(21日現在、6/18)待ちの賞金900万円の馬にも魅力的な存在は多い。トゥラヴェスーラ(栗東・高橋康之厩舎、牡)は前走、阪神の芝1200メートルを豪快に差し切って2勝目をゲット。6ハロンに矛先を向けてから2、1着と堅実だ。京都も芝1600メートルながら新馬戦を3馬身差で圧勝しており、適性も高そうだ。

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 198ビュー

ウマニティオリジナルのスピード指数=U指数が掲載されたネット競馬新聞【U指数競馬新聞】を下記からダウンロードできます。
※4/11より無料会員登録が必要になりました。無料会員登録はこちらからどうぞ。


葵ステークスのU指数競馬新聞はこちら(PDFファイル)
U指数競馬新聞

5月23日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2018年05月23日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(99)
閲覧 1,177ビュー



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週の掲載は、葵ステークス、欅ステークス、安土城ステークス、日本ダービー、白百合ステークス、目黒記念の6レースです。


■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2018年05月26日(土) 京都11R 葵ステークス
【馬番別成績(2013年以降)】
●1~5番 [5-3-3-14](複勝率44.0%)
●6~8番 [0-2-1-12](複勝率20.0%)
●9~16番 [0-0-1-29](複勝率3.3%)
→圧倒的に内枠有利なレース。先週の京都芝内回りも内寄りの枠に入った馬の活躍が目立っていました。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】
京都芝1200m内×ヨハネスブルグ×1~9番
→複勝率43.8%、複勝回収率273%


▼2018年05月26日(土) 東京11R 欅ステークス
【馬齢別成績(2015年以降)】
●5歳以下 [3-3-2-9](複勝率47.1%)
●6歳以上 [0-0-1-30](複勝率3.2%)
→近年は特に若い馬が優勢。高齢馬は評価を下げましょう。


▼2018年05月27日(日) 京都10R 安土城ステークス
【出走数別成績(2015年以降)】
●25戦以下 [3-3-1-21](複勝率25.0%)
●26戦以上 [0-0-2-21](複勝率8.7%)
→こちらも若い馬を重視した方が良さそう。また、前走の出走頭数が15頭以下だった馬は2015年以降[0-0-1-16](複勝率5.9%)と優勝争いに食い込めていません。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 55ビュー

趣味が競馬です。へたくそです。当たりません…。
恥ずかしい予想を…記録用に書きます。
今日も競馬を楽しみましょう。

東京10R 葉山特別 4歳以上1000万下(混合)[指定]
◎ 4 ★トゥザクラウン
○ 2 アオイシンゴ
▲ 5 ウィンドライジズ
△ 9 シンギュラリティ
× 8 コスモヨハネ

東京11R 欅ステークス 4歳以上オープン(国際)[指定]
◎ 3 サンライズノヴァ
○11 アキトクレッセント
▲12 スマートダンディー
× 5 ☆トラキチシャチョウ
×16 ☆キョウエイアシュラ

京都 2R 3歳未勝利[指定]
◎14 キンショーヘニー
○ 3 マースゴールド
▲12 ☆ナリタミニスター
△16 ミッキーマラン
× 5 キタノナシラ

京都 6R 3歳500万下(混合)[指定]
◎16 ウェルカムゴールド
○13 ノーウェイ
▲10 ☆カリブメーカー
△ 4 デルマカルヴァドス
× 5 ☆エルティグレ

京都10R 朱雀ステークス 4歳以上1600万下(混合)[指定]
☆ 4 エリーティアラ

京都11R 葵ステークス 3歳オープン(国際)(特指)
◎ 2 ★アサクサゲンキ
○14 トゥラヴェスーラ
▲13 タイセイプライド
△10 アンヴァル
×16 ☆アイアンクロー

今日は休みです。
昼から妻さんと映画を観に行きます。
のみとり侍を観に行きます。
映画が終われば、馬券が当たっていると思います。

5月26日() 07:38 コジユキさん
5月最終週!!
閲覧 138ビュー

おはようございます!
コジユキです。

いよいよ5月最終週…
みなさまいかがお過ごしでしょうか?
本日は新設重賞の葵ステークス、目黒記念。
そして何より日本ダービー!!

予想の仕方で悩んだ結果、
やはり経験と学びが必要だと思い、
本日は京都の全12レースをワイドで買う!ということをしたいと思います!
正直未勝利戦や500万下のレースがどのようなものか分かりませんが、
騎手やコースの傾向等をみて、しっかり予想していきたいと思います!!

それでは今から仕事なので、また夜に本日の反省をしたいと思います!!

[もっと見る]

5月26日() 06:58 しんすけ46さん
葵ステークス(新設重賞)
閲覧 77ビュー

週末ぅ~、週末ぅ~♪
待ちに待った週末よん(^^♪

来週からは更にハードになるけれど
全て忘れて競馬を楽しみましょう!

足跡20,000まで後118踏み。
上手くいけば明日には達成出来そうです。
誰が踏んでくれるかな?

京都11R 葵ステークス(新設重賞)

◎⑬タイセイプライド
〇②アサクサゲンキ
△⑧オジョーノキセキ
△⑩アンヴァル
△⑭トゥラヴェスーラ

馬連⑬ー②・⑧・⑩・⑭への4点へ300円。
馬単⑬ー②・⑧・⑩・⑭への4点へ200円。
三連複②・⑬ー⑧・⑩・⑭・⑮への4点へ200円。

このレースは距離短縮組が良いとの事。2走前の千二で強い内容でしたしね。
外枠がいまいちなのがチト不安なのですが・・・。

今日は後3レース買いまーす。

[もっと見る]

5月26日() 06:45 スペースマンさん
葵ステークス、
閲覧 51ビュー

連日の記者会見に、うんざりしてますわ!

日大の前監督は、指示してない言うしな、コーチは、はっきり

言わないしな!

さらに、広報の担当者の謝罪会見の突然のうちきりは、

ないやろ!

そして、昨日の会長の会見もどうかな?

すぐには、部活出来ないやろ!

プライドが、高いんかな?

プライド?


そうなんですよ、川崎さん!

実は、ですね、山本さん!

葵ステークスの◎本命は、タイセイプライドから狙ってみる!

元々馬体の良い馬なんで、距離の短いほうが、良いのかな?

調教も36.5秒が出ているからね!

休み明け2走目、期待するわ!

〇対抗は、ラブカンプーだね!

逃げの得意な和田が乗るんで、期待する!

本来、テイエムオペラオーの追悼競走、欅ステークスに、

出るべきでわないかな?

▲単穴は、オジョーノキセキだね!

あとは、パドックを見て、決めますわ!


プライドか?

私は、今♪

[もっと見る]

5月26日() 06:18 あらこんさん
土曜重賞私の◎【11週目】
閲覧 69ビュー


葵ステークスは、
アサクサゲンキでいきます(o^^o)
狙い馬が内枠に入らなかったため
ユタカさんのソツない騎乗に期待します☆彡

[もっと見る]

5月26日() 02:34 ミドリコの85さん
実はダービーより楽しみな新設重賞
閲覧 93ビュー

今年から重賞に昇格した葵ステークス。得意の荒れそうな短距離重賞が増えて夢見る馬券野郎としては嬉しい限り!まぁ得意といっても滅多に当たりませんがねf^_^;笑

イエローマリンバの抽選落ちは残念だけど。
密かに狙っていたセイウンクールガイが出走!
東スポ見たけど誰も印つけてないな。よし。笑
芝もイケるのに単勝100倍越えてるこの人気のなさは美味しすぎ(*´-`)
おやじはいつもお世話になっておりますネロ様と同じヨハネスブルグ。
おふくろのキョウワハピネスもダートで未勝利勝ったあと、ちょうど3歳の同じぐらいの時期に芝千二のG3勝ってますからね(*'ω'*)しかも10番人気で☆

あとはゴールドクイーン、ラブカンプー、ウインジェルベーラあたりも面白いかな。あんまりハイペースにならないことを祈るのみ(๑˃̵ᴗ˂̵)

[もっと見る]

今週の競馬:番組表

開催日
  • 5月26日(
  • 5月27日(

 は会員登録(無料)でご覧頂けます。は月額1008円のVIPクラブ会員専用コンテンツです。


最新レース

⇒超凄馬、極凄馬とは?

  • 全開催競馬場
  • 2回東京11日目
  • 3回京都11日目
開催場・レース名 発走時間 予想オッズ 凄馬 ネット競馬新聞
東京
6R
3歳500万下
3歳500万下 ダ1400m 16頭
13:00
0分前
 
4
ジャスパーウィン
3
スターリーウォリア
5
キタノユウキ
2.0
6.0
11.4
MY新聞
京都
7R
3歳500万下
3歳500万下 芝2000m 12頭
13:15
15分前
 
12
ロクセラーナ
10
ウォーターパルフェ
2
メールドグラース
3.2
4.0
5.4
MY新聞
東京
7R
4歳以上500万下
4歳以上500万下 ダ1600m 16頭
13:30
30分前
 
10
ディアシューター
3
スターライトブルー
1
リアリスト
3.0
3.3
9.2
MY新聞
京都
8R
4歳以上500万下
4歳以上500万下 芝2200m 14頭
13:50
50分前
 
7
シャドウブリランテ
10
ドルフィンマーク
5
メイショウタチマチ
2.3
5.4
5.5
MY新聞
東京
8R
4歳以上500万下
4歳以上500万下 芝1600m 18頭
14:01
1時間前
 
7
フローラデマリポサ
6
バトルスピリッツ
3
スーパーブレイク
3.0
4.3
5.9
MY新聞
京都
9R
與杼特別
4歳以上1000万下 ダ1800m 16頭
14:25
1時間前
 
15
カフジキング
4
ダノンレーザー
6
サンオークランド
3.1
4.0
4.9
MY新聞
東京
9R
富嶽賞
4歳以上1000万下 ダ1400m 16頭
14:35
1時間前
 
14
イーグルバローズ
2
キタサンガンバ
13
デピュティプライム
2.2
2.8
10.9
MY新聞
京都
10R
朱雀ステークス
4歳以上1600万下 芝1400m 14頭
15:01
2時間前
 
2
アッラサルーテ
10
カルヴァリオ
7
エスティタート
3.1
3.8
4.8
MY新聞
東京
10R
葉山特別
4歳以上1000万下 芝1600m 11頭
15:10
2時間前
 
2
アオイシンゴ
9
シンギュラリティ
4
トゥザクラウン
2.5
3.4
4.2
MY新聞
京都
11R
葵ステークス G
3歳オープン 芝1200m 16頭
15:35
2時間前
 
2
アサクサゲンキ
10
アンヴァル
13
タイセイプライド
2.5
5.2
5.3
MY新聞
東京
11R
欅ステークス
4歳以上オープン ダ1400m 16頭
15:45
2時間前
 
3
サンライズノヴァ
10
ベストマッチョ
1
ルグランフリソン
1.4
10.0
12.1
MY新聞
京都
12R
4歳以上1000万下
4歳以上1000万下 ダ1200m 16頭
16:10
3時間前
 
1
サヴィ
16
サンキュー
12
ワキノアタリ
2.9
3.5
8.9
MY新聞
東京
12R
4歳以上1000万下
4歳以上1000万下 ダ1600m 16頭
16:25
3時間前
 
4
ジュンスターホース
14
ホッコーライデン
7
ドラゴンカップ
3.8
6.0
6.1
MY新聞
開催場・レース名 発走時間 予想オッズ 凄馬 ネット競馬新聞
東京
6R
3歳500万下
3歳500万下 ダ1400m 16頭
13:00
0分前
 
4
ジャスパーウィン
3
スターリーウォリア
5
キタノユウキ
2.0
6.0
11.4
MY新聞
東京
7R
4歳以上500万下
4歳以上500万下 ダ1600m 16頭
13:30
30分前
 
10
ディアシューター
3
スターライトブルー
1
リアリスト
3.0
3.3
9.2
MY新聞
東京
8R
4歳以上500万下
4歳以上500万下 芝1600m 18頭
14:01
1時間前
 
7
フローラデマリポサ
6
バトルスピリッツ
3
スーパーブレイク
3.0
4.3
5.9
MY新聞
東京
9R
富嶽賞
4歳以上1000万下 ダ1400m 16頭
14:35
1時間前
 
14
イーグルバローズ
2
キタサンガンバ
13
デピュティプライム
2.2
2.8
10.9
MY新聞
東京
10R
葉山特別
4歳以上1000万下 芝1600m 11頭
15:10
2時間前
 
2
アオイシンゴ
9
シンギュラリティ
4
トゥザクラウン
2.5
3.4
4.2
MY新聞
東京
11R
欅ステークス
4歳以上オープン ダ1400m 16頭
15:45
2時間前
 
3
サンライズノヴァ
10
ベストマッチョ
1
ルグランフリソン
1.4
10.0
12.1
MY新聞
東京
12R
4歳以上1000万下
4歳以上1000万下 ダ1600m 16頭
16:25
3時間前
 
4
ジュンスターホース
14
ホッコーライデン
7
ドラゴンカップ
3.8
6.0
6.1
MY新聞
開催場・レース名 発走時間 予想オッズ 凄馬 ネット競馬新聞
京都
7R
3歳500万下
3歳500万下 芝2000m 12頭
13:15
15分前
 
12
ロクセラーナ
10
ウォーターパルフェ
2
メールドグラース
3.2
4.0
5.4
MY新聞
京都
8R
4歳以上500万下
4歳以上500万下 芝2200m 14頭
13:50
50分前
 
7
シャドウブリランテ
10
ドルフィンマーク
5
メイショウタチマチ
2.3
5.4
5.5
MY新聞
京都
9R
與杼特別
4歳以上1000万下 ダ1800m 16頭
14:25
1時間前
 
15
カフジキング
4
ダノンレーザー
6
サンオークランド
3.1
4.0
4.9
MY新聞
京都
10R
朱雀ステークス
4歳以上1600万下 芝1400m 14頭
15:01
2時間前
 
2
アッラサルーテ
10
カルヴァリオ
7
エスティタート
3.1
3.8
4.8
MY新聞
京都
11R
葵ステークス G
3歳オープン 芝1200m 16頭
15:35
2時間前
 
2
アサクサゲンキ
10
アンヴァル
13
タイセイプライド
2.5
5.2
5.3
MY新聞
京都
12R
4歳以上1000万下
4歳以上1000万下 ダ1200m 16頭
16:10
3時間前
 
1
サヴィ
16
サンキュー
12
ワキノアタリ
2.9
3.5
8.9
MY新聞

レース結果

  • 全開催競馬場
  • 2回東京11日目
  • 3回京都11日目
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
京都
6R
3歳500万下
3歳500万下 ダ1800m
4
 デルマカルヴァドス
26.6倍 (⑦人気)
5
 エルティグレ
9.6倍 (④人気)
16
 ウェルカムゴールド
2.8倍 (①人気)
払戻
東京
5R
3歳500万下
3歳500万下 芝2400m
5
 グロンディオーズ
1.6倍 (①人気)
4
 リビーリング
3.2倍 (②人気) 極凄馬
2
 エストスペリオル
17.8倍 (⑤人気)
払戻
京都
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2000m
8
 キングフォルテ
3.1倍 (①人気)
16
 プリヒストリー
4.9倍 (②人気)
4
 エールグリーツ
7.3倍 (⑤人気)
払戻
東京
4R
障害4歳以上未勝利
障害4歳以上未勝利 障3000m
6
 サンホッブズ
7.1倍 (④人気)
4
 ウルラーレ
4.3倍 (②人気)
7
 シシオウ
8.0倍 (⑤人気)
払戻
京都
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1600m
5
 メイショウタオヤカ
4.5倍 (①人気) 極凄馬
1
 ピースラヴィング
21.8倍 (⑩人気)
2
 ハギノアグレッシブ
19.7倍 (⑧人気)
払戻
東京
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1800m
12
 モンツァ
7.0倍 (③人気)
1
 オースオブゴールド
60.7倍 (⑧人気)
7
 ウェディングベール
17.7倍 (⑤人気)
払戻
京都
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1900m
7
 ミトノブラック
2.7倍 (①人気)
15
 サンライズソル
3.8倍 (②人気)
6
 スターズテソーロ
9.6倍 (⑤人気)
払戻
東京
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1400m
9
 アートシュアリー
4.5倍 (①人気)
12
 ラヴァクール
4.6倍 (②人気)
8
 シンボリセイント
44.0倍 (⑨人気)
払戻
京都
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1400m
14
 キンショーヘニー
2.4倍 (①人気)
1
 チャーチタウン
10.8倍 (⑤人気)
12
 ナリタミニスター
5.5倍 (③人気)
払戻
東京
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1600m
2
 トーセンロザリオ
6.5倍 (③人気)
10
 サミットプッシュ
3.2倍 (②人気)
14
 ラプチュア
349.4倍 (⑯人気)
払戻
京都
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
3
 シャンテューズ
6.5倍 (②人気)
13
 タイセイプリマ
2.2倍 (①人気)
16
 カルチョ
93.8倍 (⑪人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
東京
5R
3歳500万下
3歳500万下 芝2400m
5
 グロンディオーズ
1.6倍 (①人気)
4
 リビーリング
3.2倍 (②人気) 極凄馬
2
 エストスペリオル
17.8倍 (⑤人気)
払戻
東京
4R
障害4歳以上未勝利
障害4歳以上未勝利 障3000m
6
 サンホッブズ
7.1倍 (④人気)
4
 ウルラーレ
4.3倍 (②人気)
7
 シシオウ
8.0倍 (⑤人気)
払戻
東京
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1800m
12
 モンツァ
7.0倍 (③人気)
1
 オースオブゴールド
60.7倍 (⑧人気)
7
 ウェディングベール
17.7倍 (⑤人気)
払戻
東京
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1400m
9
 アートシュアリー
4.5倍 (①人気)
12
 ラヴァクール
4.6倍 (②人気)
8
 シンボリセイント
44.0倍 (⑨人気)
払戻
東京
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1600m
2
 トーセンロザリオ
6.5倍 (③人気)
10
 サミットプッシュ
3.2倍 (②人気)
14
 ラプチュア
349.4倍 (⑯人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
京都
6R
3歳500万下
3歳500万下 ダ1800m
4
 デルマカルヴァドス
26.6倍 (⑦人気)
5
 エルティグレ
9.6倍 (④人気)
16
 ウェルカムゴールド
2.8倍 (①人気)
払戻
京都
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2000m
8
 キングフォルテ
3.1倍 (①人気)
16
 プリヒストリー
4.9倍 (②人気)
4
 エールグリーツ
7.3倍 (⑤人気)
払戻
京都
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1600m
5
 メイショウタオヤカ
4.5倍 (①人気) 極凄馬
1
 ピースラヴィング
21.8倍 (⑩人気)
2
 ハギノアグレッシブ
19.7倍 (⑧人気)
払戻
京都
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1900m
7
 ミトノブラック
2.7倍 (①人気)
15
 サンライズソル
3.8倍 (②人気)
6
 スターズテソーロ
9.6倍 (⑤人気)
払戻
京都
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1400m
14
 キンショーヘニー
2.4倍 (①人気)
1
 チャーチタウン
10.8倍 (⑤人気)
12
 ナリタミニスター
5.5倍 (③人気)
払戻
京都
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
3
 シャンテューズ
6.5倍 (②人気)
13
 タイセイプリマ
2.2倍 (①人気)
16
 カルチョ
93.8倍 (⑪人気)
払戻

 は会員登録(無料)でご覧頂けます。は月額1008円のVIPクラブ会員専用コンテンツです。


最新レース

⇒超凄馬、極凄馬とは?

  • 全開催競馬場
  • 2回東京12日目
  • 3回京都12日目
開催場・レース名 発走時間 予想オッズ 凄馬 ネット競馬新聞
京都
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1200m 16頭
9:50
20時間前
 
15
スマートギャツビー
13
ミキノトムトム
5
ヴァンフレ
1.8
4.8
4.8
MY新聞
東京
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1400m 16頭
10:05
21時間前
 
15
キャルファースト
1
アロングショット
10
オグマンテ
1.7
3.8
15.0
MY新聞
京都
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m 16頭
10:20
21時間前
 
14
クールリフレイン
4
ガッツィーソート
16
ネリチャギ
2.5
3.0
7.5
MY新聞
東京
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1600m 16頭
10:35
21時間前
 
4
ミスタープリサイス
2
ヴィジリア
15
ヘッドスタート
1.3
6.4
9.5
超凄馬 MY新聞
京都
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2400m 16頭
10:50
21時間前
 
12
ランパートエース
15
バイマイサイド
13
デサフィアンテ
3.1
3.7
4.6
MY新聞
東京
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1300m 16頭
11:05
22時間前
 
4
ホーカスポーカス
9
ドナプリモ
11
パワフルテソーロ
1.5
4.4
8.7
MY新聞
京都
4R
障害4歳以上未勝利
障害4歳以上未勝利 障2910m 14頭
11:20
22時間前
 
4
メイクアップ
14
シロクニ
12
スズカグランデ
2.5
3.8
5.0
MY新聞
東京
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2000m 16頭
11:35
22時間前
 
8
ロシュフォール
16
ラヴベローナ
13
ナリノレーヴドール
1.6
4.8
7.2
MY新聞
京都
5R
3歳500万下
3歳500万下 芝1400m 16頭
12:10
23時間前
 
11
メジェールスー
15
ダイアトニック
8
シンデレラメイク
1.6
5.3
15.9
MY新聞
東京
5R
3歳500万下
3歳500万下 ダ1600m 15頭
12:35
23時間前
 
5
ゴライアス
1
フロリアヌス
11
レッドアマポーラ
1.1
9.1
9.1
MY新聞
京都
6R
4歳以上500万下
4歳以上500万下 ダ1800m 16頭
12:45
23時間前
 
12
フュージョンロック
16
ワンダーアビルマン
15
タイセイブルグ
1.4
8.3
16.6
MY新聞
東京
6R
3歳500万下
3歳500万下 芝1400m 18頭
13:05
1日前
 
18
アルーシャ
16
アンリミット
1
ステラローザ
1.0
8.3
16.6
MY新聞
京都
7R
4歳以上500万下
4歳以上500万下 ダ1400m 16頭
13:20
1日前
 
15
アドマイヤロマン
7
アタミ
5
ヒルノケープタウン
1.4
7.5
7.5
超凄馬 MY新聞
東京
7R
4歳以上500万下
4歳以上500万下 ダ1400m 16頭
13:35
1日前
 
13
クーリュ
6
キングズミッション
11
リチュアルローズ
1.7
5.6
5.6
MY新聞
京都
8R
4歳以上1000万下
4歳以上1000万下 芝2000m 8頭
13:55
1日前
 
7
アドマイヤキズナ
8
サイモンラムセス
4
タガノガジュマル
1.6
4.8
4.8
MY新聞
東京
8R
青嵐賞
4歳以上1000万下 芝2400m 14頭
14:10
1日前
 
4
ムイトオブリガード
7
ケイブルグラム
8
パリンジェネシス
1.8
6.9
10.3
超凄馬 MY新聞
京都
9R
東大路ステークス
4歳以上1600万下 ダ1800m 16頭
14:30
1日前
 
13
フォンターナリーリ
11
キクノルア
8
サトノプライム
2.7
2.7
5.3
MY新聞
東京
9R
むらさき賞
4歳以上1600万下 芝1800m 15頭
14:50
1日前
 
12
プロフェット
7
エアウィンザー
8
コーカス
2.3
4.5
5.6
MY新聞
京都
10R
安土城ステークス
4歳以上オープン 芝1400m 17頭
15:15
1日前
 
1
モズアスコット
10
スマートカルロス
4
アポロノシンザン
1.3
11.5
11.5
極凄馬 MY新聞
東京
10R
東京優駿 G1
3歳オープン 芝2400m 18頭
15:40
1日前
 
1
ダノンプレミアム
8
ブラストワンピース
5
キタノコマンドール
1.7
9.7
10.6
超凄馬 MY新聞
京都
11R
白百合ステークス
3歳オープン 芝1800m 10頭
16:05
1日前
 
6
メイショウテッコン
7
サラキア
4
ノストラダムス
2.2
5.0
5.0
MY新聞
東京
11R
薫風ステークス
4歳以上1600万下 ダ1600m 16頭
16:25
1日前
 
12
アディラート
14
ティソーナ
16
レッドオルバース
2.1
6.1
6.1
MY新聞
京都
12R
御池特別
4歳以上1000万下 芝1200m 16頭
16:40
1日前
 
8
エルカミーノレアル
14
キッズライトオン
13
ヤマニンマンドール
1.8
5.3
8.0
MY新聞
東京
12R
目黒記念 G2
4歳以上オープン 芝2500m 16頭
17:00
1日前
 
10
チェスナットコート
8
パフォーマプロミス
14
フェイムゲーム
3.3
3.9
5.1
MY新聞
開催場・レース名 発走時間 予想オッズ 凄馬 ネット競馬新聞
東京
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1400m 16頭
10:05
21時間前
 
15
キャルファースト
1
アロングショット
10
オグマンテ
1.7
3.8
15.0
MY新聞
東京
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1600m 16頭
10:35
21時間前
 
4
ミスタープリサイス
2
ヴィジリア
15
ヘッドスタート
1.3
6.4
9.5
超凄馬 MY新聞
東京
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1300m 16頭
11:05
22時間前
 
4
ホーカスポーカス
9
ドナプリモ
11
パワフルテソーロ
1.5
4.4
8.7
MY新聞
東京
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2000m 16頭
11:35
22時間前
 
8
ロシュフォール
16
ラヴベローナ
13
ナリノレーヴドール
1.6
4.8
7.2
MY新聞
東京
5R
3歳500万下
3歳500万下 ダ1600m 15頭
12:35
23時間前
 
5
ゴライアス
1
フロリアヌス
11
レッドアマポーラ
1.1
9.1
9.1
MY新聞
東京
6R
3歳500万下
3歳500万下 芝1400m 18頭
13:05
1日前
 
18
アルーシャ
16
アンリミット
1
ステラローザ
1.0
8.3
16.6
MY新聞
東京
7R
4歳以上500万下
4歳以上500万下 ダ1400m 16頭
13:35
1日前
 
13
クーリュ
6
キングズミッション
11
リチュアルローズ
1.7
5.6
5.6
MY新聞
東京
8R
青嵐賞
4歳以上1000万下 芝2400m 14頭
14:10
1日前
 
4
ムイトオブリガード
7
ケイブルグラム
8
パリンジェネシス
1.8
6.9
10.3
超凄馬 MY新聞
東京
9R
むらさき賞
4歳以上1600万下 芝1800m 15頭
14:50
1日前
 
12
プロフェット
7
エアウィンザー
8
コーカス
2.3
4.5
5.6
MY新聞
東京
10R
東京優駿 G1
3歳オープン 芝2400m 18頭
15:40
1日前
 
1
ダノンプレミアム
8
ブラストワンピース
5
キタノコマンドール
1.7
9.7
10.6
超凄馬 MY新聞
東京
11R
薫風ステークス
4歳以上1600万下 ダ1600m 16頭
16:25
1日前
 
12
アディラート
14
ティソーナ
16
レッドオルバース
2.1
6.1
6.1
MY新聞
東京
12R
目黒記念 G2
4歳以上オープン 芝2500m 16頭
17:00
1日前
 
10
チェスナットコート
8
パフォーマプロミス
14
フェイムゲーム
3.3
3.9
5.1
MY新聞
開催場・レース名 発走時間 予想オッズ 凄馬 ネット競馬新聞
京都
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1200m 16頭
9:50
20時間前
 
15
スマートギャツビー
13
ミキノトムトム
5
ヴァンフレ
1.8
4.8
4.8
MY新聞
京都
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m 16頭
10:20
21時間前
 
14
クールリフレイン
4
ガッツィーソート
16
ネリチャギ
2.5
3.0
7.5
MY新聞
京都
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2400m 16頭
10:50
21時間前
 
12
ランパートエース
15
バイマイサイド
13
デサフィアンテ
3.1
3.7
4.6
MY新聞
京都
4R
障害4歳以上未勝利
障害4歳以上未勝利 障2910m 14頭
11:20
22時間前
 
4
メイクアップ
14
シロクニ
12
スズカグランデ
2.5
3.8
5.0
MY新聞
京都
5R
3歳500万下
3歳500万下 芝1400m 16頭
12:10
23時間前
 
11
メジェールスー
15
ダイアトニック
8
シンデレラメイク
1.6
5.3
15.9
MY新聞
京都
6R
4歳以上500万下
4歳以上500万下 ダ1800m 16頭
12:45
23時間前
 
12
フュージョンロック
16
ワンダーアビルマン
15
タイセイブルグ
1.4
8.3
16.6
MY新聞
京都
7R
4歳以上500万下
4歳以上500万下 ダ1400m 16頭
13:20
1日前
 
15
アドマイヤロマン
7
アタミ
5
ヒルノケープタウン
1.4
7.5
7.5
超凄馬 MY新聞
京都
8R
4歳以上1000万下
4歳以上1000万下 芝2000m 8頭
13:55
1日前
 
7
アドマイヤキズナ
8
サイモンラムセス
4
タガノガジュマル
1.6
4.8
4.8
MY新聞
京都
9R
東大路ステークス
4歳以上1600万下 ダ1800m 16頭
14:30
1日前
 
13
フォンターナリーリ
11
キクノルア
8
サトノプライム
2.7
2.7
5.3
MY新聞
京都
10R
安土城ステークス
4歳以上オープン 芝1400m 17頭
15:15
1日前
 
1
モズアスコット
10
スマートカルロス
4
アポロノシンザン
1.3
11.5
11.5
極凄馬 MY新聞
京都
11R
白百合ステークス
3歳オープン 芝1800m 10頭
16:05
1日前
 
6
メイショウテッコン
7
サラキア
4
ノストラダムス
2.2
5.0
5.0
MY新聞
京都
12R
御池特別
4歳以上1000万下 芝1200m 16頭
16:40
1日前
 
8
エルカミーノレアル
14
キッズライトオン
13
ヤマニンマンドール
1.8
5.3
8.0
MY新聞

超凄馬、極凄馬とは?

ウマニティが独自に開発した高精度スピード指数=U指数(ウマニティVIPクラブ会員向けコンテンツ)をもとに、U指数1位馬が指数2位馬との間につけた指数差が「2.0以上」の時に1位馬は 超凄馬 超凄馬となり、「4.0以上」になるとさらに格上の 極凄馬 極凄馬に指定されます。

<『凄馬』の成績>

超凄馬 超凄馬…勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬 極凄馬…凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
(集計期間:2008年6月1日~2018年5月20日、集計数:31,899レース分)

●開催日の凄馬をメールで無料配信中!

会員登録(無料)後に配信メール設定から凄馬メール(毎週開催日前日、開催終了翌日)をお受け取りいただけます。
※ウマニティ会員登録(無料)がお済みでない方はコチラ
※ウマニティ会員の方はコチラ(各種メール設定)

最新の天気・馬場

会員登録(無料)でできること
開催スケジュール
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
3 エポカドーロ 牡3
17,421万円
4 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
5 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
6 リリーノーブル 牝3
13,810万円
7 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
8 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
9 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
10 サンリヴァル 牡3
9,338万円
» もっと見る
データベース検索

キーワード検索

» さくいん検索