今週の競馬:注目レース

  • チャンピオン G1
    12/6(
  • ステイヤーズ G2
    12/5(
  • チャレンジC G3
    12/5(
  • 特別登録
  • 重賞攻略
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 開幕を迎える中京では、日曜メインにダートGIのチャンピオンズC(12月6日、1800メートル)が行われる。

 連覇を狙うクリソベリル(栗東・音無秀孝厩舎、牡4歳)が主役を務める。昨年は無傷の6連勝で当レースを制し、並み居る古豪を撃破。17年覇者ゴールドドリームと19年フェブラリーS勝ち馬のインティとの追い比べを制し、ダート界の新王者に君臨した。今年は2月のサウジCで7着と初めて敗れたが、帝王賞JBCクラシックに勝利し、国内では未だ無敗。1週前追い切りでは川田騎手を背に坂路で4ハロン52秒6-12秒4をマークしダンビュライト(OP)を2馬身追走する形から、一杯に追われて併入した。音無師が「跳びの大きい馬で、坂路はそんなに動かないしね。悪い動きじゃなかった。来週もまだやれるので、ちょうどいいと思う」と話したように、調整は順調のようで連覇に向けて視界は良好だ。

 ダート界の新星カフェファラオ(美浦・堀宣行厩舎、牡3歳)はデビュー3連勝で臨んだジャパンダートダービーは7着に敗れたが、次のシリウスSで年長馬を一蹴した。相手は一気に強化されるが、100メートルの距離短縮はプラスで、先週のジャパンカップを勝ったルメール騎手が継続騎乗するのも心強い。勢いそのままに再び年長馬を撃破してGI奪取を狙う。

 チュウワウィザード(栗東・大久保龍志厩舎、牡5歳)は昨年のJBCクラシック東京大賞典勝ち馬のオメガパフュームに競り勝ちGI初勝利。GI馬として臨んだ昨年の当レースは4着に入った。今年は川崎記念Vを筆頭に、帝王賞JBCクラシックで3着に入るなどトップレベルの成績を残している。1週前追い切りではCWコースで6ハロン82秒0-12秒1をマーク。ヒラボクラターシュ(OP)に1馬身半先着と仕上がりは上々のようだ。

 17年覇者で昨年2着のゴールドドリーム(栗東・平田修厩舎、牡7歳)はGI5勝を挙げており、実績は最上位だ。昨年のかしわ記念以来、勝ち星からは遠ざかっているが、和田竜二騎手との新コンビで底力を発揮したい。

 昨年の南部杯覇者のサンライズノヴァ(栗東・音無秀孝厩舎、牡6歳)は前走の武蔵野Sで58キロを背負いながらも貫禄の勝利を収めた。チャンピオンズCは6着だった18年以来2度目の挑戦で戴冠なるか。

 クリンチャー(栗東・宮本博厩舎、牡6歳)は前走のみやこSを圧勝。ダート転向後7戦目にして、ようやくダート重賞のタイトルを手に入れた。右回りを多く使われており、結果が出ていない左回りをこなせるかが鍵になる。

 アルクトス(美浦・栗田徹厩舎、牡5歳)は南部杯をレコード勝ちし、念願のGI初勝利を挙げた。マイルを主戦にしており、過去3回走った1800メートル戦では8、5、6着といずれも馬券圏外に終わっている。1ハロンの距離延長に対応できれば好勝負は十分に可能だろう。

 今年のフェブラリーSを勝って、史上5頭目の芝・ダート両GIを制覇したモズアスコット(栗東・矢作芳人厩舎、牡6歳)はこのレースで引退が発表された。前走の武蔵野Sは59キロの斤量がこたえて7着に敗れたが、実力はトップクラス。ダートでは初めての1800メートルとコーナー4つのコースをこなせるかがポイントになる。

 エルムS勝ち馬のタイムフライヤー(栗東・松田国英厩舎、牡5歳)は昨年8着からの巻き返しを図る。ここを勝ってこの馬も芝・ダート両GI制覇の偉業達成が期待される。

 他にも骨折休養明けのみやこSで4着に健闘した東海S覇者のエアアルマス(栗東・池添学厩舎、牡5歳)や、ダート重賞初Vを虎視眈々と狙う武蔵野S3着馬のエアスピネル(栗東・笹田和秀厩舎、牡7歳)、近走不振も19年フェブラリーS覇者で昨年の当レース3着と実力は確かなインティ(栗東・野中賢二厩舎、牡6歳)、ダイオライト記念覇者アナザートゥルース(美浦・高木登厩舎、セ6歳)、19年マーチSの勝ち馬サトノティターン(美浦・堀宣行厩舎、牡7歳)などの伏兵陣も多彩で楽しみな一戦になりそうだ。

★チャンピオンズCの出馬表(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【血統アナリシス】チャンピオンズカップ2020 芝G1勝ち馬を出した種牡馬の産駒が活躍、例外ゴールドアリュールは母の父Nureyevに注目 11月30日(月) 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はチャンピオンズカップ・血統予想をお届けします!


ダートのチャンピオンを決める戦いではあるが、過去の優勝馬の種牡馬を並べてみると、キングカメハメハスズカマンボ、フレンチデピュティ、ゴールドアリュール(2回)、シンボリクリスエス、と5頭のうち4頭が芝のG1ウィナーを出しており、非該当のゴールドアリュールにおいても延べ3頭の産駒が芝G3勝ち、自身は02年日本ダービー5着の実績を持っていた。

なお、2勝を挙げるゴールドアリュールは母の父NureyevがSadler's WellsやFairy Kingの叔父にあたる血統で、この血脈はKingmambo(ホッコータルマエサンビスタクリソベリル)やジャングルポケット(アウォーディ)、Northern Afleet(インティ)の母の父としても本競走で存在感を放っている。

クリソベリルは、父ゴールドアリュール×母クリソプレーズ(母の父エルコンドルパサー)。クリソライトの全弟、マリアライトリアファルの半弟にあたり、叔父に06年ジャパンCダートを制したアロンダイトがいる血統。本馬は昨年の勝ち馬でもあり、国内では8戦8勝といまだに底を見せていない。前々で立ち回れる先行力、瞬時に抜け出す加速力、しっかり最後まで脚を使える持続力、昨年のJRA賞最優秀ダートホースに違わぬ実力の持ち主だ。

タイムフライヤーは、父ハーツクライ×母タイムトラベリング(母の父ブライアンズタイム)。04年ジャパンCダートなどダートグレード競走を9勝したタイムパラドックスの甥で、サクラローレルエピセアロームカポーティスターが出たBold Ladyに遡る牝系。本馬は母系の血統を考慮すれば、ワンターンよりもコーナー4回、休み明けよりも叩き2戦目でパフォーマンスを上げる可能性が高く、前走よりも条件は好転するはず。古馬になってもう一皮むけるあたりに父の成長力も垣間見える。

チュウワウィザードは、父キングカメハメハ×母チュウワブロッサム(母の父デュランダル)。アイアンテーラーの甥で、同い年のいとこに18年チャンピオンズC-G1などダートグレード競走を5勝したルヴァンスレーヴがいる血統。本馬は浦和競馬場で開催された19年JBCクラシックでJpn1初制覇を飾っていたように、器用に立ち回れる機動力が最大の武器と言えるだろう。昨年のチャンピオンズC-G1ではポジション取りに失敗したことを敗因に挙げており、それでいて4着なのだから一線級の力は示せていた。

(文・シンヤカズヒロ)


【血統予想からの注目馬】
クリソベリル タイムフライヤー チュウワウィザード

[もっと見る]

【チャンピオン】3歳新星カフェファラオ砂中距離王だ 11月30日(月) 10:34

 いよいよ師走開催に突入。12月6日は中京で砂の中距離王を決める「第21回チャンピオンズC」が行われる。国内無敗のダート現役最強馬クリソベリルが中心となるが、真っ向勝負を挑むのは3歳のエース・カフェファラオ。無限の可能性を秘める逸材が下克上へ牙を研ぐ。

 やはり実力は本物だった。断然の人気を集めた7月の交流GI・ジャパンダートダービーで7着と、デビュー4戦目にして初の敗戦を喫してしまったカフェファラオ。しかし古馬との初対決となった秋初戦の前走・シリウスSでは、初めて手綱を取ったルメール騎手に操られて力強く中団から抜け出し、歴戦の強豪を封じ込めた。

 取り戻しつつある王者の威厳。前走後は武蔵野Sへ向かうプランもあったが、賞金的に出走可能なことから、ここ一本に目標を定めて厩舎で調整を続けてきた。けいこの動きは相変わらず古馬顔負けの力強さ。19日にWコースで5F66秒4を馬なりでマークし、一杯に追われた26日の1週前追いは6F81秒8、ラスト1F11秒9で古馬OPポンデザールに1馬身先着した。

 「前の週は心身のバランスが取れず気持ちが高ぶっていたが、今週(26日)は折り合いがスムーズで、仕掛けてからの反応も速かった。しまいで気を抜く仕草を見せたので、前へ出してしっかり追った」と堀調教師。

 「今回は相手も強いし経験不足も否めない」と古馬に一目置きながらも、「仕上がりは前走以上だし、距離短縮とルメール騎手の連続騎乗はプラス」と強調材料も用意する。昨年のクリソベリルに続く3歳馬Vへ、ピークの状態のまま全力でぶつかっていく。(夕刊フジ)

★チャンピオンズCの出馬表(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【チャンピオン】クリソベリルが堂々の主役 11月30日(月) 04:45

 初の海外遠征だったサウジC7着以外は無敗。クリソベリルが堂々の主役だ。昨年の同レースの勝ち馬で、条件に不安はなし。中間の調教も熱心で、1週前追い切りでは、びっしりと併走追いを消化した。底力は実績が示す通りで、現在の国内ダート路線ではトップと言い切れる存在。前走の交流GI・JBCクラシックも危なげのない勝利だった。スムーズに立ち回れれば好結果が出る。まだ底を見せていない感のある3歳馬のカフェファラオが食い下がる。

★チャンピオンズCの特別登録馬はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【みんなの反省会】ジャパンC~3強がそれぞれ最高のパフォーマンスby野田TM 11月29日() 18:35

デスク 無敗の3歳3冠馬2頭に現役最強の8冠馬が対決した、歴史的な一戦ジャパンカップアーモンドアイが見事に勝利。これでGIは9勝目で今回がラストランとなり、有終の美を飾った。東京競馬場で取材にあたった野田慶一郎トラックマン(TM)の印象は?

野田TM とにかく強かったですね。前走より落ち着いていましたし、直線は持ったままで馬場の真ん中へ行きました。仕掛けてからの反応は俊敏で、残り1ハロンで先頭に立つとそのまま寄せ付けずに押し切ってゴールイン。これで引退なのが惜しい気もします。

デスク コントレイルもさすが3冠馬と言える走りで2着だったね。

野田TM 道中はデアリングタクトをマークして進み、直線の手前で一気に前との差を詰め、直線でも長くいい脚を使って2着を確保。上がり3ハロン(34秒3)は1着のアーモンドアイ(34秒7)をも上回っており、力を見せた感じです。

デスク デアリングタクトもなんとか最後に意地を見せて3着。これで3強が1、2、3着と前評判通りの結果に。

野田TM 4コーナー手前で少しズブさを見せてもたもたしているところで外からコントレイルにかぶされてしまいました。ゴール前は苦しい態勢からでも2着争いに加わったように、こちらも能力の高さは発揮したと思いますよ。3頭がそれぞれ最高のパフォーマンスを見せたというのが正直なところです。

デスク 3強に割って入ってくる事を期待されたグローリーヴェイズ(4番人気)とカレンブーケドール(5番人気)。君の本命馬グローリーヴェイズは4コーナーを2番手で進み、直線でも3強に真っ向勝負を挑んでの5着だった。

野田TM 4コーナーではアーモンドアイより少し外にいましたが、久々の左回りが影響したのか、少し内にもたれて馬場の悪いところを通ってしまいましたね。3強の走った位置を考えると、もったいなかったです。

デスク もう一頭のカレンブーケドールもゴール直前まで文字どおり3強に割って入ろうかという勢いで、最後はデアリングタクトとの写真判定で惜しくも4着。

野田TM 残り400メートルの地点では勝ち馬アーモンドアイのすぐ後ろまで迫っていましたが、いざ追い出そうとすると、アーモンドアイには一瞬の反応の差で引き離されてしまいましたね。ただ、この馬もゴールまで粘り強く走り、この馬らしさは発揮したと思います。

デスク 今回ただ1頭参戦してきた外国馬ウェイトゥパリスはどうだった? かなりゲート入りに手こずっていたが…。

野田TM 金曜日に馬場から帰るときに急にテンションが上がったりして、難しいところがある馬なのかとは思っていましたが、レース直前にそれが出てしまったようで残念でしたね。

デスク ジャパンカップウオッカエピファネイアで2勝を挙げていた角居勝彦調教師が来年2月で勇退予定。最後の出走として送り出したキセキが1000メートル通過57秒9と、かなりのハイペースで大逃げしたが最後は失速…。

野田TM 息を入れようとした1コーナーで外からヨシオに来られて馬がエキサイトした感じ。折り合いを欠いての大逃げになってしまい、さすがに息がもたなかったですね。残念ですが、今回は参考外と見ていいと思います。

デスク 最高の3強対決を見させてもらったが、来週のGIチャンピオンズカップ(中京競馬場)でも国内では8戦無敗馬のクリソベリルが登場するなど、まだまだ今後も目の離せないレースが続く。来週以降も頼むぞ!

野田TM はい、楽しみなレースが多いのでワクワクしています。エイト紙上「帯封狙いマスっ」のコラムでも読者の期待に応えたいと思います。任せてください!



★【ジャパンC】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【チャンピオン】クリソベリル坂路併せ併入 11月27日(金) 04:49

 《栗東》国内で8戦無敗を誇るクリソベリル(音無、牡4)は、川田騎手を背に坂路で4ハロン52秒6-12秒4。ダンビュライト(OP)を2馬身追走する形から、一杯に追われて併入を果たした。音無調教師は「跳びの大きい馬で、坂路はそんなに動かないしね。悪い動きじゃなかった。来週もまだやれるので、ちょうどいいと思う」と連覇に向けて順調さを伝えた。

 JBCクラシック3着チュウワウィザード(大久保、牡5)は、CWコースで6ハロン82秒0-12秒1。ヒラボクラターシュ(OP)に1馬身半先着した。戸崎騎手は「しっかり動けていましたし、調子は良さそうです」と話した。

 ゴールドドリーム(平田、牡7)はCWコースで6ハロン81秒3-11秒9。初コンビの和田竜騎手は「動きは良かったです。コントロールもしやすかった」と好感触。

 《美浦》南部杯1着アルクトス(栗田、牡5)は、坂路で4ハロン51秒6-12秒3。馬なりで僚馬と併入した。「2、3週前から競馬モードに入っている。距離等課題はあるけど順調」と栗田調教師。

 シリウスS1着カフェファラオ(堀、牡3)は南Wコース6ハロン81秒8-11秒8で併走相手に1馬身先着。「前走後は在厩で調整して十分乗り込んだ。今週は落ち着いていたし、折り合いもスムーズだった」と堀調教師。

★チャンピオンズCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 73ビュー

ウマニティが誇るスピード指数=「U指数」の上位馬を最大18頭掲載!ネット競馬新聞【U指数競馬新聞(特別登録版)】を下記からダウンロードできます。



■今週の注目重賞レース/第21回 チャンピオンズカップ GIの新聞はこちら(PDFファイル)

11月29日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年11月29日号】特選重賞データ分析編(230)~2020年チャンピオンズカップ~
閲覧 629ビュー



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 チャンピオンズカップ 2020年12月06日(日) 中京ダ1800m


<ピックアップデータ>

【前走の条件別成績(2015年以降)】
○“国内、かつG1・G2のレース” [5-2-3-24](3着内率29.4%)
ד国内、かつG1・G2のレース”以外 [0-3-2-38](3着内率11.6%)

 2014年のホッコータルマエを含め、チャンピオンズカップの名称で施行されるようになってからの優勝馬は、前走の条件が“国内、かつG1・G2のレース”だった馬ばかり。古馬ダート戦線の実績馬は大半が地方のダートグレード競走を主戦場としているわけですし、武蔵野ステークス組やみやこステークス組を信頼し過ぎないよう心掛けるべきでしょう。

主な「○」該当馬→インティクリソベリルゴールドドリーム
主な「×」該当馬→カフェファラオクリンチャーサンライズノヴァ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の着順が3着以内」だった馬は2015年以降[4-4-3-31](3着内率26.2%)
主な該当馬→カフェファラオクリソベリルクリンチャーサンライズノヴァ

[もっと見る]

11月24日(火) 15:28 山崎エリカ
【山崎エリカのダートグレード攻略】~浦和記念2020~
閲覧 927ビュー

 暮れの大一番、東京大賞典へ向けての前哨戦となる浦和記念。この時期は、中央ではチャンピオンズカップが行われ、トップクラスはそちらに出走するため、GⅡとしては中央勢が手薄。このため南関東のトップクラスが、ここを狙って出走してくることが多い。

 過去10年の優勝馬を見ても、2011年のボランタス、2014年のサミットストーン、2015年のハッピースプリントと地方勢が3勝。2着も2017年のヒガシウィルウィンを始め、4頭が入線している。古馬の中距離路線は特に中央勢が席巻している中、地方馬のこの活躍は驚異的なレベルと言える。

 中央馬も含めてどのような馬がこのレースで勝ち負けしているのかを見ていくと、過去1年以内の古馬混合GⅠで3着以内の実績があった馬がとにかく活躍している。その成績は過去10年で【5・0・2・1】。1着の該当馬は2010年のスマートファルコン、2011年のボランタス、2015年のハッピースプリント、2019年のケイティブレイブ、2018年のオールブラッシュ。3着の該当馬は、2012年のランフォルセ、2017年のオールブラッシュだ。

 唯一の4着以下馬は2018年のアポロケンタッキー(4着)だが、同馬は前走のJBCクラシックで1.8秒差の大敗を喫していた馬。前走であまりに大敗しているようなことがなければ、本命馬として信頼できるだろう。

 他に過去1年以内(前年の浦和記念以降)のG2の連対馬も活躍。それらの成績は過去10年で【2・4・1・3】と、これだけ見るとそこまででもないが、過去1年以内のGⅠで3着以内の実績馬が不在の年ほど、このタイプが活躍している。同年のダイオライト記念の2着馬ピイラニハイウェイと前年の名古屋グランプリの2着馬エイシンモアオバーがワン、ツーを決めた2012年も、同年のブリーダーズゴールドカップの2着馬シビルウォーが2着、前年の名古屋グランプリの優勝馬エイシンモアオバーが3着だった2013年も、過去1年以内のG1で3着以内の実績馬が不在だった。

 最後にこのレースで穴を開ける地方馬を紹介しよう。最有力は2月に行われる金盃に次ぐ、長距離2400mで行われる同年の東京記念の3着以内馬だ。同レースは南関東では数少ない長距離重賞だけあって、地方のトップクラスが出走する。つまり、その中で3着以内の実績があることは、地方の超一流を示す。

 実際に2011年に4番人気で優勝したボランタスは、同年の東京記念の3着馬。2014年に6番人気で優勝したサミットストーンも、同年の東京記念の2着馬だった。遡れば2009年に5番人気で2着したルーズリンドも、同年の東京記念の勝ち馬だけに、東京記念で3着以内だった馬はとにかく注意したほうがいいだろう。


 まとめるとこうなる!

 ●本命候補
 ・過去1年以内のG1で3着以内の実績がある馬。
 ・過去1年以内のG1で3着以内の実績馬が不在の場合、過去1年以内のG2で連対した馬。

 ●穴馬候補
 ・同年の東京記念で3着以内の馬。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 34ビュー

ジャパンカップ同様に各世代のダート最強馬が登録しており
面白うそうなレースになりそうです。

本命クラスの5頭ですが
  インティ     :今年の2走大敗。衰えか?
  カフェファラオ  :休み明け2走目やや不安
  クリソベリル   :国内では無敵、信用するしかない
  ゴールドドリーム :やや衰えが見え始めたか?
  チュウワウイザード:休み明け2走目が不安
と、クリソベリルを除いて、少しの弱みは持っているように思います

各馬ともに道悪での実績は申し分ないのですが、
良馬場となると、取りこぼしの可能性もありそうで、
穴馬の台頭が期待できそうです。

穴馬候補も4頭見つかりましたので、
馬体重、展開、上り時計をよく検討して、
絞り込んでいきたいと思います


登録馬の強み・弱み、データ分析からの狙い馬を
Youtubeにまとめましたので、よかったら見てください

   https://youtu.be/0JmrqqoK8Y0


   

11月30日(月) 13:37 ☆コノホシカツ☆さん
チャンピオンズカップ『GⅠ』★九星出目★
閲覧 28ビュー

2020年12月6日(sun) 3回中京2日
★五黄先勝

中京11R(15:30)ダ1800
第21回チャンピオンズカップ『GⅠ』

【日盤出目】
「枠」



「馬」







【時盤出目】
「枠」
◆1
◇5
「馬」
◆該当なし

【九星出目予想】
「枠」
★1
☆7
*6
*5
*3
*2
枠連1-7・6・5・3・2
「馬」
★①
☆⑬
*②
*⑫
*⑨
*⑤
*⑪
*④
馬連①-⑬②⑫⑨⑤⑪④

馬名は枠順が決まり次第、このページに書き込みます

[もっと見る]

11月30日(月) 06:03 しんすけ49さん
イルミネーションジャンプステークス&ステイヤーズステーク...
閲覧 73ビュー

おはよ~♪

いやぁ~、みんなが書いてましたけど

予想を上回る良いレースでしたね、ジャパンカップ(^^♪

馬券は外れたけどね。

京阪杯が当たっただけなんで引き続きマイナス収支。

上手く行きませんな、( ´Д`)=3 フゥ

洗濯物は昨日の内に畳んだんでね。

月末で忙しくなりそうだ・・・。

[もっと見る]

11月29日() 22:48 イークラさん
◆チャンピオンズC【有力馬】 ▼3連複予想
閲覧 181ビュー

◆チャンピオンズカップ
【有力馬】
◎クリソベリル
○カフェファラオ
▲チュウワウィザード
☆サンライズノヴァ
△クリンチャー
△ゴールドドリーム
△インティ
△モズアスコット

▼3連複予想
◎○
→◎○▲☆
→△△△△

[もっと見る]

11月29日() 17:55 青龍白虎さん
チャンピオンズカップ注目馬
閲覧 201ビュー

3歳カフェファラオ
4歳クリソベリル
5歳チュウワウイザード
3頭の共通項は
3着以下が1回しか無い
と言う点
チュウワウイザードは
去年チャンピオンズカップ
以降は地方重賞専門
これをどう考える?
いろんなファクターで
検討して行きたい。😁✌

[もっと見る]

11月25日(水) 23:33 ちびざるさん
【雑感】ミルコ・デムーロ騎手について・・・
閲覧 529ビュー

先週の日曜のメインからマイルチャンピオンシップを回顧。
勝ったのは、グランアレグリアでした。
五分のスタートから道中は、好位からの競馬。
勝負所でも好位のまま直線へ。
直線へ入ってからは外からかぶせられて出すところがない状態になりましたが
外の馬が先に行くまで我慢して外が空いてから外に出して追い出し開始。
そこからはあっという間に前を捕らえました。
ヒヤッとするところはありましたが、追い出してから捕らえるまでが速かったですね。
スプリンターとマイルでは敵ナシという所を見せましたね。
やはりマイルだと追走が楽のようで楽々と好位に付けられました。
マークがきつい中での完勝なので強いの一言。
来年は、距離を伸ばすとも言われていますが、個人的にはスプリンターとマイルで
無双の強さを誇って欲しいと思っています。


さて、今日の本題に入りたいと思います。今回は、ミルコ・デムーロ騎手について。
そのマイルチャンピオンシップで2番人気のサリオスに騎乗して5着でした。
その騎乗についていろいろと言われていますが、大外枠であの位置取りになった時点で仕方ないですね。
最後は上がり三ハロン最速の脚を使っているので片鱗は見せたと思います。
前置きはそのくらいにして、ミルコ・デムーロ騎手についてですが
ここのところ、極端な騎乗が多いような気がしています。
そもそもエージェントを変えている時点で良い馬が回ってこないので
能力差をカバーするために極端な競馬になっているのかなあとも思っています。
決して腕が落ちたとは思っていません。ただ、極端な競馬が板につきつつあるのが気になります。
あと、アグレッシブさが影を潜めている感じもします。
以前はもっとインを突いたりして際どい騎乗をしていたように思っています。
そのため騎乗停止も多かったわけですが、最近は、騎乗停止が少なくなっているように思います。
騎乗技術が落ちていない理由は、何だかんだで毎年、GⅠ(ビッグレース)を勝っているからです。
リーディング上位の騎手ですら今年、GⅠを勝ってない方もいるわけで、それだけも騎乗技術は確かな証拠だと思います。
ツキもないかなと思っています。
二年前のこの時期のミルコ・デムーロ騎手は凄かった。
ルヴァンスレーヴでチャンピオンズカップを勝ったのも皮切りに
朝日杯フューチュリティステークスをアドマイヤマーズ、ホープフルステークスをサートゥルナーリアで勝ち。
東京大賞典をオメガパフュームで勝って、こりゃ来年はミルコ・デムーロ騎手の年かも・・って思ったものでした。
しかしその翌年は、アドマイヤマーズかサートゥルナーリアか選択を迫られ、アドマイヤマーズを選択すると
サートゥルナーリアにはルメール騎手が騎乗。ルヴァンスレーヴは故障で長期離脱になり
一気に下降線をたどることに。
まさにツキがないって感じがします。これが今に至るまで続いている感じです。
以前の輝きを取り戻してほしいなぁと思っています。


最後に、ジャパンカップについて。現時点での私の注目馬は、デアリングタクトですね。
前走の秋華賞は1着でした。
その前走は、ぶっつけで秋華賞に挑んで。1馬身1/4差の快勝。
しかも後方から早めに前に取り付き外を回す安全策でストレスのないレース。
全く疲れを残さないレースだったと思います。
叩き2走目ということでさらに状態は上がると思います。
加えて、斤量も53キロなのも有利だと思います。
あと、開催が進んで馬場が痛み出してパワーを有する馬場状態もプラスに働く可能性があります。
心配事は当日のテンション。一叩きされて悪いほうに出てしまう可能性があるので
そこはパドックで確認したいと思います。

[もっと見る]

  • 特別登録
  • 重賞攻略
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 関東の開催は東京から中山へと舞台を移し、土曜メインに古馬の長距離重賞ステイヤーズS(12月5日、GII、芝3600メートル)が行われる。

 アルバート(栗東・橋口慎介厩舎、牡9歳)は2015~17年の当レースを3連覇した名ステイヤー。JRA史上初の同一重賞4連覇がかかっていた一昨年は右前肢ハ行のため無念の出走取消となったが、復帰した昨年も0秒1差の2着に好走した。9歳となった今年も、昨年と同じ京都大賞典(17着)を叩いて臨む。JRA史上初の同一平地重賞4勝目なるかに注目だ。

 19年の弥生賞覇者のメイショウテンゲン(栗東・池添兼雄厩舎、牡4歳)は昨年4着からの前進が期待される。宝塚記念では出遅れながらも5着に入る地力の高さはもちろん、ダイヤモンドS2着と阪神大賞典3着とステイヤーとしての素質も持ち合わせている。前走はアルゼンチン共和国杯17着と大きく敗れたが、距離延長で巻き返してくる可能性は十分にある。

 ボスジラ(美浦・国枝栄厩舎、牡4歳)は今年2月に3勝クラスを勝ち、オープン馬の仲間入りを果たすと、すぐに阪神大賞典目黒記念に挑戦。しかし、8、9着に敗れて重賞の壁に当たったが、札幌日経OPで2着に入ると、続く丹頂Sを勝利。1年をかけて着実にステップアップしてきた。連勝で重賞初制覇を目指す。

 札幌日経OP覇者のポンデザール(美浦・堀宣行厩舎、牝5歳)は前走の札幌記念でGIウイナーたちを相手に4着と健闘した。距離延長がプラスに出ればここでも好勝負は可能。

 オセアグレイト(美浦・菊川正達厩舎、牡4歳)は前走のアルゼンチン共和国杯で11着に敗れているが、3400メートル戦のダイヤモンドSで3着の実績があり、ステイヤーの素質を秘めている。3600メートルへの距離延長で巻き返しても不思議はない。

 他には18年Vのリッジマン(栗東・庄野靖志厩舎、牡7歳)や、京都大賞典4着のシルヴァンシャー(栗東・池江泰寿厩舎、牡5歳)、アルゼンチン共和国杯5着のタイセイトレイル(栗東・矢作芳人厩舎、牡5歳)、重賞2勝馬ダンビュライト(栗東・音無秀孝厩舎、セン6歳)、万葉S覇者のタガノディアマンテ(栗東・鮫島一歩厩舎、牡4歳)などにも注意を払いたい。

ステイヤーズSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【血統アナリシス】ステイヤーズステークス2020 Hornbeamのスタミナを体現するトニービンの血脈に注目 11月30日(月) 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はステイヤーズS・血統予想をお届けします!


デスペラードが2連覇(13・14年)、アルバートが3連覇(15~17年)、リピーターとして活躍する2頭のなかで注目したいのはトニービンの血脈。近年は母の父にトニービンの血を引くハーツクライルーラーシップの産駒も上位を賑わせており、後者においては半兄フォゲッタブルが09年ステイヤーズS-G2の勝ち馬でもある。

ほか、Roberto直仔のブライアンズタイムやSilver Hawkも好相性と言える血脈で、とくに後者は母の父Amerigoが先述したトニービンの母の父Hornbeamとはとこ(=3代母Point Duty)の間柄であることもポイントだろう。

ヒュミドールは、父オルフェーヴル×母アヴェクトワ(母の父チチカステナンゴ)。ロンググレイスやロングシンホニーが出たスイーブに遡る牝系で、2代母キストゥヘヴンは06年桜花賞など重賞4勝。本馬は2代母の父アドマイヤベガ経由でトニービンの血を引くが、アドマイヤベガは本競走3連覇の実績を持つアルバートの父アドマイヤドンの半兄でもある。父系も母系もスタミナ勝負は歓迎で、充実ぶりも目を引くだけに楽しみは大きい。

ダンビュライトは、父ルーラーシップ×母タンザナイト(母の父サンデーサイレンス)。アロンダイトの甥、ブラックスピネルの叔父にあたる血統で、いとこにクリソベリルマリアライトがいるキャサリーンパーに遡る牝系。本馬は17年ダイヤモンドS-G3・2着など長距離戦線で活躍したラブラドライトの半弟でもあり、自身も不良馬場で行われた17年菊花賞-G1・5着と3000m越えのスタミナ勝負をこなせる下地はある。そろそろ去勢手術の効果にも期待が持てる頃合いで、気性面での不安が拭えていれば。

タイセイトレイルは、父ハーツクライ×母マザーウェル(母の父シンボリクリスエス)。ロードクロノストレジャーの甥にあたる血統で、ロードマイウェイムイトオブリガード、シンメイフジが出たシンコウラブリイに遡る牝系。本馬は気の悪さを見せる場面が増えてきているものの、4角5番手以内で立ち回るような競馬ができれば、このファミリー特有のしぶとさを発揮してくれる。加齢とともにテンの速力も落ちてきているため、マラソンレースで活路を見出したい。

(文・シンヤカズヒロ)


【血統予想からの注目馬】
ヒュミドール ダンビュライト タイセイトレイル

[もっと見る]

【ステイヤーズ】同一重賞4勝へ挑むアルバート 11月30日(月) 10:28

 東は中山が開幕し、12月5日のメインは名物のマラソンレース「第54回ステイヤーズS」。15~17年に3連覇を果たした9歳の古豪アルバートが4勝目を狙う。3連覇のあとは18年が取消で、昨年は京都大賞典16着を叩いて臨み、0秒1差2着とさすがの走りを見せつけた。

 今年も昨年同様、長休明けの京都大賞典17着を叩かれての出走。「前走はプラス16キロが示すように太かったが、先週の追い切りがいい動きだったように1回使ってガラッと変わってきた。9歳でもまだ馬は若い。去年と同じ雰囲気で、心臓の強さを感じる」と、橋口調教師も期待する。同一重賞4勝の大記録へ、必勝の構えだ。(夕刊フジ)

ステイヤーズSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス】特別登録馬 11月29日() 17:30

[もっと見る]

【ステイヤーズ】ボスジラ坂路馬なり併入12秒5 11月26日(木) 04:37

 《美浦》丹頂S勝ちのボスジラ(国枝、牡4)は坂路でモクレレ(2勝クラス)と併せて4ハロン51秒0-12秒5で馬なり併入。「動きは良かった。仕上がりは十分だし、(3600メートルの)距離も向きそう」と国枝調教師。

[もっと見る]

【古馬次走報】ボスジラは横山武でステイヤーズSへ 11月14日() 04:40

 ★丹頂S勝ちのボスジラ(美・国枝、牡4)は引き続き横山武騎手でステイヤーズS(12月5日、中山、GII、芝3600メートル)に参戦する。同厩のダノングレース(牝5)は津村騎手でキャピタルS(28日、東京、L、芝1600メートル)を予定。

[もっと見る]

⇒もっと読む

展望コラムはまだありません。作成され次第公開致します。

閲覧 160ビュー

京都大賞典に出走するアルバート☆

今回10ヶ月半の休み明けでの出走です!

今年で9歳を迎えました~

同年代のクラシックホースは皐月賞を勝ったイスラボニータ♪日本ダービーを勝ったワンアンドオンリー♪菊花賞を勝ったトーホウジャッカルです(^^)懐かしい~

休み明けではありますが今回のメンバーの中でも実績は上位♪得意とする長距離戦でいくつもの勝ち星を挙げてきました(^^)

重賞も4勝しておりその全てが3000メートルを超えるロングレース♪♪♪

特に芝・3600メートルのステイヤーズSはこの馬にあるものという感じでした!

2015年=ステイヤーズS=1番人気=1着(^^)

2016年=ステイヤーズS=1番人気=1着(^^)

2017年=ステイヤーズS=1番人気=1着(^^)

『3連覇』(o^^o)(o^^o)(o^^o)

2018年=ステイヤーズS=まさかの取り消し……

2019年=ステイヤーズS=1番人気=2着(-.-;)

2020年=今年!今年も必ず出てきてくれる(o^^o)

まずはこの秋初戦の京都大賞典で上位を目指します~

  • 特別登録
  • 重賞攻略
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 阪神の土曜メインにチャレンジC(12月5日、GIII、芝2000メートル)が行われる。春のGI大阪杯と同じ舞台で、来年以降の中距離戦線での活躍が期待される馬たちが顔を揃えた。

 注目はデビューから無傷の4連勝中のレイパパレ(栗東・高野友和厩舎、牝3歳)だ。秋華賞を除外となったため、同日の大原Sに回ったが、そこで危なげない逃げ切り勝ち。後続に2馬身差をつける完勝だった。2着馬のサトノウィザードが先週勝ち上がっていて、レースのレベルの高さも感じられた。重賞は初挑戦だが、出走していれば秋華賞でも有力視されていた素質馬。まだ底を見せておらず、連勝を伸ばしても不思議はない。

 七夕賞2着の後、新潟記念で重賞初勝利を飾りサマー2000シリーズ王者に輝いたブラヴァス(栗東・友道康夫厩舎、牡4歳)は、母がGI2勝の名牝ヴィルシーナで父がキングカメハメハという良血馬。じっくり成長をうながして、本格化気配の今なら重賞連勝を狙える。

 約1年8カ月ぶりの産経賞オールカマーで7着だったジェネラーレウーノ(美浦・矢野英一厩舎、牡5歳)は、長期休養明け2戦目で前進が期待できる。コンビ2戦目の三浦騎手と18年京成杯セントライト記念に続く重賞3勝目を目指す。

 古馬重賞初挑戦だった七夕賞で4着のヒンドゥタイムズ(栗東・斉藤崇史 厩舎、牡4歳)は、前走のケフェウスSでも4着。これまで11戦して1度も掲示板を外しておらず、その安定感は魅力的だ。

 ロードクエスト(美浦・小島茂之厩舎、牡7歳)は重賞3勝馬。サトノクロニクル(栗東・池江泰寿厩舎、牡6歳)は17年の当レースで重賞初勝利を挙げた。2頭とも近走不振だが、実績的にこのメンバーなら侮れない存在だ。

)★チャレンジCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【血統アナリシス】チャレンジカップ2020 NureyevやRobertoのパワー、トニービンの持続力が活きやすく、上がりがかかればノーザンテーストにも要注意 11月30日(月) 12:02

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はチャレンジカップ・血統予想をお届けします!


何かと施行条件が安定しない重賞で、現行と同じ条件になったのは2017年以降。コーナー4回かつ内回りで行われる阪神芝2000m戦ということもあり、NureyevやRobertoのパワー、トニービンの持続力がプラスに作用している印象を持つ。

また、18年のように上がりがかかるとマウントゴールドステイフーリッシュステイゴールド産駒が2・3着となるほか、勝ち馬エアウィンザー、4着(3着とはハナ差)ダンビュライトとノーザンテーストの血を引く馬が上位を独占。

ブラヴァスは、父キングカメハメハ×母ヴィルシーナ(母の父ディープインパクト)。シュヴァルグランヴィブロスの甥で、母は13・14年ヴィクトリアマイル-G1連覇などマイル重賞を3勝。牝系はRahyやSingspiel、ダノンシャンティが出たGlorious Songに遡る。母が12年秋華賞-G1でジェンティルドンナと肉薄していたように、総じて機動力に秀でた立ち回りが強みとなるファミリー。本馬は父系と母系からNureyevの血を引いており、例年とは異なる連続開催の荒れた馬場も追い風となりそうだ。

ヒンドゥタイムズは、父ハービンジャー×マハーバーラタ(母の父ディープインパクト)。マハーバリプラムの甥で、ニシノデイジーマヤノライジンが出たThe Brideに遡る牝系。本馬はデビューから一貫して芝2000mを使われており、それでいて5着以下歴のない堅実な戦歴が目に留まる。どちらかと言えばスローペースの瞬発力勝負の方が勝ち負けを期待しやすいだけに、少頭数の恩恵にあずかれば展開利を見込めそうだ。

レイパパレは、父ディープインパクト×母シェルズレイ(母の父クロフネ)。14年ホープフルS-G2、17年CBC賞-G3と重賞を2勝したシャイニングレイの全妹で、ブラックシェルアンコールプリュの姪にあたる血統。本馬は小柄な馬格を考慮されながら休み休み上手く使われており、ここまで無傷の4連勝でオープン入りを果たした。全兄シャイニングレイが気性難から距離が保たなくなっているだけに前走で逃げる競馬をしたことは気になるものの、血統のポテンシャルを踏まえれば重賞でも楽しみは大きい。

(文・シンヤカズヒロ)


【血統予想からの注目馬】
ブラヴァス ヒンドゥタイムズ レイパパレ

[もっと見る]

【チャレンジC】レイパパレ無傷V5だ 11月30日(月) 10:26

 西は阪神開催が続き、12月5日は「第71回チャレンジC」が行われる。デビューから無傷4連勝中のレイパパレが、一気にGも突破するか。

 秋華賞で無念の抽選除外。矛先を向けた3勝クラスの大原Sが、とんでもない強さだった。古馬を相手に楽に先手を奪うと2馬身差押し切った。

 「逃げたけど、どんな位置からでも競馬はできる。中間もカイ食いは良く順調。成長を感じる。相手が強くなるし、コーナー4つの2000メートルもカギになるが、ここをクリアできれば、先々の展望が広がると思う」と、高野調教師は気合十分だ。

 父ディープインパクトの良血馬。勝てばGIへの道も見えてくる。(夕刊フジ)★チャレンジCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【チャレンジカップ】特別登録馬 11月29日() 17:30

2020年12月5日(土)に阪神競馬場で行われるチャレンジカップ(GIII)の登録馬は以下の通り。

エヒト 牡3
キングニミッツ 牡7
サトノクロニクル 牡6
ジェネラーレウーノ 牡5
セントウル 牡4
トーアライジン 牡7
ナイママ 牡4
ヒンドゥタイムズ 牡4
ブラヴァス 牡4
レイパパレ 牝3
ロードクエスト 牡7

チャレンジカップ(GIII)の重賞攻略はこちら

[もっと見る]

【古馬次走報】ワーケア、レイエンダは富士Sへ 10月8日(木) 04:40

 ★新潟記念を勝ったブラヴァス(栗・友道、牡4)はチャレンジC(12月5日、阪神、GIII、芝2000メートル)に向かう。同厩舎で小倉記念6着のランブリングアレー(牝4)はカシオペアS(11月1日、京都、L、芝1800メートル)、ケフェウスSを勝ったトリコロールブルー(牡6)はオクトーバーS(18日、東京、L、芝2000メートル)へ。

 ★新潟記念10着ワーケア(美・手塚、牡3)は引き続きルメール騎手とのコンビで富士S(24日、東京、GII、芝1600メートル)へ。函館記念11着のレイエンダ(美・藤沢和、牡5)も同レースに向かう。

 ★産経賞オールカマー7着ジェネラーレウーノ(美・矢野、牡5)はチャレンジCへ。

 ★京都大賞典に登録があるバラックパリンカ(栗・平田、牡4)は同レースを自重して、オクトーバーSへ。

 ★秋風S勝ちのインターミッション(美・手塚、牝3)はターコイズS(12月19日、中山、GIII、芝1600メートル)に向かう。

[もっと見る]

【古馬次走報】ブラヴァスはチャレンジCへ 10月7日(水) 13:38

 新潟記念で重賞初制覇を飾り、サマー2000シリーズを優勝したブラヴァス(栗・友道、牡4)は、チャレンジC(12月5日、阪神、GIII、芝2000メートル)に向かう。

ブラヴァスの競走成績はこちら

[もっと見る]

⇒もっと読む

展望コラムはまだありません。作成され次第公開致します。

閲覧 73ビュー

おはよ~♪

いやぁ~、みんなが書いてましたけど

予想を上回る良いレースでしたね、ジャパンカップ(^^♪

馬券は外れたけどね。

京阪杯が当たっただけなんで引き続きマイナス収支。

上手く行きませんな、( ´Д`)=3 フゥ

洗濯物は昨日の内に畳んだんでね。

月末で忙しくなりそうだ・・・。

今週の競馬:番組表

開催日
  • 12月5日(
  • 12月6日(
5回中山1日目 3回中京1日目 6回阪神1日目
8

イルミネーションJS

障害3歳以上オープン 障3570m

9

葉牡丹賞

2歳1勝クラス 芝2000m

9

鳥取特別

3歳以上2勝クラス ダ2000m

10

北総ステークス

3歳以上3勝クラス ダ1800m

10

浜名湖特別

3歳以上2勝クラス ダ1800m

10

御影ステークス

3歳以上3勝クラス ダ1400m

11

ステイヤーズS G2

3歳以上オープン 芝3600m

11

浜松ステークス

3歳以上3勝クラス 芝1200m

11

チャレンジカップ G3

3歳以上オープン 芝2000m

12

栄特別

3歳以上1勝クラス 芝2000m

5回中山2日目 3回中京2日目 6回阪神2日目
9

舞浜特別

3歳以上2勝クラス ダ1800m

9

こうやまき賞

2歳1勝クラス 芝1600m

9

さざんか賞

2歳1勝クラス 芝1200m

10

市川ステークス

3歳以上3勝クラス 芝1600m

10

中京日経賞

3歳以上2勝クラス 芝1200m

10

逆瀬川ステークス

3歳以上3勝クラス 芝1800m

11

ラピスラズリS L

3歳以上オープン 芝1200m

11

チャンピオンズカップ G1

3歳以上オープン ダ1800m

11

りんくうステークス

3歳以上オープン ダ1200m

12

鳴海特別

3歳以上2勝クラス ダ1400m

先週の競馬:注目レース

  • ジャパンC G1
    11/29(
  • 京阪杯 G3
    11/29(
  • 京都2歳S G3
    11/28(
  • 出馬表
  • 重賞攻略
  • 結果・払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 開幕を迎える中京では、日曜メインにダートGIのチャンピオンズC(12月6日、1800メートル)が行われる。

 連覇を狙うクリソベリル(栗東・音無秀孝厩舎、牡4歳)が主役を務める。昨年は無傷の6連勝で当レースを制し、並み居る古豪を撃破。17年覇者ゴールドドリームと19年フェブラリーS勝ち馬のインティとの追い比べを制し、ダート界の新王者に君臨した。今年は2月のサウジCで7着と初めて敗れたが、帝王賞JBCクラシックに勝利し、国内では未だ無敗。1週前追い切りでは川田騎手を背に坂路で4ハロン52秒6-12秒4をマークしダンビュライト(OP)を2馬身追走する形から、一杯に追われて併入した。音無師が「跳びの大きい馬で、坂路はそんなに動かないしね。悪い動きじゃなかった。来週もまだやれるので、ちょうどいいと思う」と話したように、調整は順調のようで連覇に向けて視界は良好だ。

 ダート界の新星カフェファラオ(美浦・堀宣行厩舎、牡3歳)はデビュー3連勝で臨んだジャパンダートダービーは7着に敗れたが、次のシリウスSで年長馬を一蹴した。相手は一気に強化されるが、100メートルの距離短縮はプラスで、先週のジャパンカップを勝ったルメール騎手が継続騎乗するのも心強い。勢いそのままに再び年長馬を撃破してGI奪取を狙う。

 チュウワウィザード(栗東・大久保龍志厩舎、牡5歳)は昨年のJBCクラシック東京大賞典勝ち馬のオメガパフュームに競り勝ちGI初勝利。GI馬として臨んだ昨年の当レースは4着に入った。今年は川崎記念Vを筆頭に、帝王賞JBCクラシックで3着に入るなどトップレベルの成績を残している。1週前追い切りではCWコースで6ハロン82秒0-12秒1をマーク。ヒラボクラターシュ(OP)に1馬身半先着と仕上がりは上々のようだ。

 17年覇者で昨年2着のゴールドドリーム(栗東・平田修厩舎、牡7歳)はGI5勝を挙げており、実績は最上位だ。昨年のかしわ記念以来、勝ち星からは遠ざかっているが、和田竜二騎手との新コンビで底力を発揮したい。

 昨年の南部杯覇者のサンライズノヴァ(栗東・音無秀孝厩舎、牡6歳)は前走の武蔵野Sで58キロを背負いながらも貫禄の勝利を収めた。チャンピオンズCは6着だった18年以来2度目の挑戦で戴冠なるか。

 クリンチャー(栗東・宮本博厩舎、牡6歳)は前走のみやこSを圧勝。ダート転向後7戦目にして、ようやくダート重賞のタイトルを手に入れた。右回りを多く使われており、結果が出ていない左回りをこなせるかが鍵になる。

 アルクトス(美浦・栗田徹厩舎、牡5歳)は南部杯をレコード勝ちし、念願のGI初勝利を挙げた。マイルを主戦にしており、過去3回走った1800メートル戦では8、5、6着といずれも馬券圏外に終わっている。1ハロンの距離延長に対応できれば好勝負は十分に可能だろう。

 今年のフェブラリーSを勝って、史上5頭目の芝・ダート両GIを制覇したモズアスコット(栗東・矢作芳人厩舎、牡6歳)はこのレースで引退が発表された。前走の武蔵野Sは59キロの斤量がこたえて7着に敗れたが、実力はトップクラス。ダートでは初めての1800メートルとコーナー4つのコースをこなせるかがポイントになる。

 エルムS勝ち馬のタイムフライヤー(栗東・松田国英厩舎、牡5歳)は昨年8着からの巻き返しを図る。ここを勝ってこの馬も芝・ダート両GI制覇の偉業達成が期待される。

 他にも骨折休養明けのみやこSで4着に健闘した東海S覇者のエアアルマス(栗東・池添学厩舎、牡5歳)や、ダート重賞初Vを虎視眈々と狙う武蔵野S3着馬のエアスピネル(栗東・笹田和秀厩舎、牡7歳)、近走不振も19年フェブラリーS覇者で昨年の当レース3着と実力は確かなインティ(栗東・野中賢二厩舎、牡6歳)、ダイオライト記念覇者アナザートゥルース(美浦・高木登厩舎、セ6歳)、19年マーチSの勝ち馬サトノティターン(美浦・堀宣行厩舎、牡7歳)などの伏兵陣も多彩で楽しみな一戦になりそうだ。

★チャンピオンズCの出馬表(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

アーモンドアイ、ラストランから一夜明けリラックス 11月30日(月) 12:08

 引退レースのジャパンCで世紀の3冠馬3頭対決を制してGI9勝目を飾ったアーモンドアイ(牝5歳、美浦・国枝厩舎)は激闘から一夜明けた30日朝、美浦トレーニングセンター(茨城県美浦村)の厩舎で静かに過ごした。

 昨夜は19時20分ごろに到着し、「体は疲れていますが、カイバをよく食べてリラックスしています。大きなけがもなく、最後にいい結果を残してくれた。感謝です」と担当の根岸真彦調教助手(37)は話した。

 今後はいったん放牧に出され、来月19日に中山競馬場で行われる引退式に備える見込み。来春からは繁殖牝馬となり、順調なら最初の子供は2024年にデビューする。「ウチの厩舎に来るのであればぜひ担当したいですね」と、根岸助手は夢を膨らませていた。

ジャパンCの着順&払戻金はこちら★アーモンドアイの競走成績はこちら

[もっと見る]

【村瀬プレイバック&次は買い】◎アーモンド日本競馬の最高傑作 11月30日(月) 10:38

 まるで大作映画でも見終えたあとのような気分だ。◎アーモンドアイが最強を証明し、ターフを去った。

 天皇賞・秋に続く◎。中3週、ベストより長い距離、若き無敗3冠馬2頭との対決-。不安材料はあったものの、意を決して有終を信じてよかったと心から思う。パドック、返し馬、そしてレースと、威風堂々とした立ち居振る舞いは日本競馬の最高傑作を思わせるもの。全15戦で本命を打ったこの馬には様々なことを学ばせてもらった。

 視線を前へ。伏兵に隙を与えなかったコントレイルデアリングタクトにも感服。次代はもちろんこの2頭が担う。(夕刊フジ)

ジャパンCの着順&払戻金はこちら



[もっと見る]

【ジャパンC】アーモンドアイGI9勝目「常に夢ふくらむ馬」 11月30日(月) 05:00

 有終9冠だ。ジャパンCが29日、東京競馬場で15頭によって争われ、1番人気のアーモンドアイが直線で抜け出して快勝。ラストランで芝GI9勝目をマークし、国枝栄調教師(65)=美=は安堵の表情を浮かべた。世紀の一戦として注目を集めた3歳3冠馬2頭は、コントレイルが2着、デアリングタクトが3着。これで今秋のGIはここまで1番人気馬が史上最多タイの7連勝となった。

 万感のラストランだ。デビューから2年以上管理してきた国枝調教師は、ルメール騎手の夫人、バーバラさんが手作りしたアーモンドアイ・マスクを着用して最後のレースを見守った。

 「天皇賞のときとは手応えが違った。エネルギーをためて反応できていたし、“これなら”と思ったよ」

 万歳で人馬を出迎えると、愛馬の鼻面をなでて激走をねぎらい、鞍上とがっちりと抱擁をかわした。

 「無事に走ってくれて結果も良かったし、レース後も問題ない。われわれがいろいろと心配することがあっても全てアーモンドは乗り越えてしまう。本当にホッとしました」

 日本の競馬史にきらびやかに輝く女傑と過ごした3年余り。「アーモンドアイは常に夢がふくらむような馬。毎回わくわくさせてくれたね。何回かがっかりもしたけど(苦笑)。自分としては充実した日々を過ごすことができました」と振り返る。

 積み重ねた9つのGIタイトルで「一番うれしかった」と語るのは昨年のドバイターフだ。初めての海外への輸送で20キロ近く馬体重を減らし、トレーナー自身も慣れない環境で体調を崩した。

 それでも女王は強かった。外ラチを目いっぱい手でたたいた指揮官の激励に応え、堂々と抜け出してきた。「勝った騎手への馬上インタビューであったり、外国の競馬は雰囲気が違うよね。おかげで、いろいろと経験できたよ」。若き日にドバイ奨学生として欧州へ渡った国枝師の夢が実現した瞬間だった。

 史上最多の芝GI9勝馬は、来春から繁殖牝馬として次のステージに進む。

 「競馬はブラッドスポーツ。無事に子供を産んでくれて、その子をやらせてもらえるなら、そんなうれしいことはない」

 順調にいけば初子がデビューするのは2024年。国枝師は69歳を迎え、調教師としての集大成となるはずだ。アーモンドアイとの物語はハッピーエンドではなく、第2章が始まったばかりなのかもしれない。 (漆山貴禎)

 ■アーモンドアイ 父ロードカナロア、母フサイチパンドラ、母の父サンデーサイレンス。鹿毛の牝5歳。美浦・国枝栄厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)シルクレーシング。戦績15戦11勝(うち海外1戦1勝)。獲得賞金19億1526万3900円(うち海外3億9570万900円)。重賞は2018年GIIIシンザン記念、GI桜花賞、GIオークス、GI秋華賞、GIジャパンC、19年ドバイGIドバイターフ、GI天皇賞・秋、20年GIヴィクトリアマイル、GI天皇賞・秋に次いで10勝目。ジャパンC国枝栄調教師が2018年アーモンドアイに次いで2勝目。クリストフ・ルメール騎手は2009年ウオッカ、18年アーモンドアイに次いで3勝目。馬名は「美人とされる顔の目の形」。

 ★来春の花婿候補はエピファネイア…生産者のノーザンファーム・吉田勝己代表も有終Vに大喜び。「下見所で落ち着いていたし、体も抜群。レース前から勝てると思ったよ。5歳まで走れるのは本当に大したものだし、これだけの馬は2度と現れないかもしれない」と最大限の賛辞を送り、「初年度の種付けはエピファネイアを考えています」と来春の花婿候補を明かした。現役時、菊花賞(2013年)とジャパンC(14年)を制している父と合わせ、もし実現すれば“GI11冠ベビー”が誕生することとなる。

 ★今秋GIは1番人気7連勝…今秋のJRA・GIは、スプリンターズSから1番人気馬が7連勝。これはグレード制が導入された1984年以降、85年の菊花賞から86年桜花賞までに並ぶ最多タイとなった。

 ★2000年以降最高272億円…ジャパンCの売り上げ金は272億7433万4600円で、昨年比147・5%と増加。3冠馬3頭が激突する空前の一戦に大幅アップで、2000年以降でも最高額となった。入場者は4604人(うち有料入場人員3942人)だった。

 ★国枝栄調教師…JRA重賞は天皇賞・秋以来で今年4勝目、通算54勝目。JRA・GIは今年3勝目、通算19勝目。

 ★C・ルメール騎手…JRA重賞は本馬の天皇賞・秋から5週連続で今年17勝目、通算107勝目。なお、トップは1998年に武豊騎手が記録した6週連続。JRA・GIは通算35勝目。

 ★ロードカナロア産駒…2018年以来、通算2勝目。JRA重賞は天皇賞・秋以来で今年12勝目、通算34勝目。JRA・GIは今年3勝目、通算11勝目。

 ★馬主(有)シルクレーシング(シルク・有限会社シルク名義も含む)…18年以来、通算2勝目。JRA重賞はアルゼンチン共和国杯オーソリティ)以来で今年14勝目、通算69勝目。JRA・GIは天皇賞・秋以来で今年4勝目、通算16勝目。

 ★生産者ノーザンファーム…17年(シュヴァルグラン)、18年、19年(スワーヴリチャード)に続く4連覇で、通算12勝目。JRA重賞は前日の京都2歳Sワンダフルタウン)に続く今年50勝目、通算654勝目。なお、JRA重賞年間50勝は、生産牧場のJRA重賞レース年間勝利の3位タイ。JRA・GIは天皇賞・秋から実施機会4連勝で今年10勝目、通算154勝目(他にJ・GI3勝)。

 ★日本馬の勝利…日本馬は06年(ディープインパクト)から15連勝中。

 ★関東馬の勝利…18年以来で、今年を含む通算成績では関東馬6勝、関西馬20勝、外国馬14勝。

 ★3冠馬同士の対決…これまで4回実現したが、3頭が同一レースに出走するのは初めてのこと。また、3冠馬同士の対決で年上の馬が先着するのは初めてのこと。

 ★牝馬の勝利…18年以来で、通算10勝目。また、今年の牡牝混合GIにおける牝馬の勝利は8勝目で、グレード制導入以降で年間最多。

 ★5歳馬…19年(スワーヴリチャード)に続く勝利で、通算12勝目。

 ★馬番(2)… 11年(ブエナビスタ)以来の勝利で、3勝目。勝利数が最も多いのは(14)番の6勝。

 ★払戻金… 複勝(2)、(6)ともに110円(従来は110円)、枠連〔2〕〔4〕350円(460円)、馬連(2)(6)330円(590円)、ワイド(2)(6)170円(230円)、馬単(2)(6)610円(700円)、3連複(2)(5)(6)300円(960円)、3連単(2)(6)(5)1340円(2690円)は本レースの最低払戻金額。

ジャパンCの着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【ジャパンC】アーモンドアイ有終9冠!最強女王のまま引退 11月30日(月) 04:59

 3歳3冠馬2頭との最初で最後の戦いで、最強女王が真の実力を見せつけた。世紀の一戦、ジャパンCが29日、東京競馬場で行われ、1番人気のアーモンドアイが自身の持つ史上最多記録を更新する芝GI9勝目をマーク。歴代獲得賞金ランキングでトップとなった。主戦のルメール騎手は天皇賞・秋からGI4連勝。2着に2番人気コントレイル、3着には3番人気のデアリングタクトが入った。

 最後の最後まで、アーモンドアイは強いままだった。3冠馬3頭が激突する世紀の一戦。最強女王は後輩にトップを譲らずにゴールした。天皇賞・秋で自身がマークした芝GI最多勝利記録をラストランで更新。9つめの勲章を手にしてターフに別れを告げた。

 「引退レースのジャパンCを勝って、無事に帰ってきました。それが一番うれしいです。きょうはさよならパーティーでしたけど、さすがアーモンドアイ。素晴らしい走りでした。絶対に日本で一番強い馬です」

 主戦を務めてきたルメール騎手が誇らしげにパートナーをたたえた。2017年8月のデビュー戦から3年4カ月、全15戦のうち14戦でコンビを組んだ最愛の馬。前走の天皇賞・秋で芝GI最多勝記録を樹立した際には涙を流したが、「きょうはノークライ(泣かない)、ノーサッド(悲しくない)です」と満面の笑みを浮かべた。

 女王らしく、そつのない戦いぶりだった。好スタートから道中4、5番手の内につける。キセキの大逃げにも動じることなく、直線の手応えも抜群。薄暗い東京競馬場の照明に照らされたゴール板を真っ先に駆け抜け、後輩の3冠馬2頭、コントレイルデアリングタクトには、決定的といえる1馬身1/4差をつけ、現役生活を終えた。

 「いいペースだと思いました。スムーズなペース。そうなった場合、一番強い馬が勝ちます。後ろ(の脚音)? 何も聞こえませんでした。彼女の手応えに集中していました」

 もうレースで乗ることはない女王の背中の感触や、手綱から伝わってくるエネルギーを、心ゆくまで味わった鞍上は、満足そうに振り返った。

 総獲得賞金は19億1526万3900円。キタサンブラックテイエムオペラオージェンティルドンナを抜き、戦前の4位から一気に歴代1位となった。

 「(世界レコードで勝った)3歳のジャパンCは素晴らしかったけど、彼女の(強さの)ピークはきょうじゃないですかね。引退して寂しくなります。これでアーモンドアイの競馬のストーリーはフィニッシュです。でも彼女のストーリーは終わっていない。いい子供を産んだら、また乗れます。みなさんも子供を応援してください」

 ルメール騎手は穏やかに別れを惜しんだ。女王は12月19日に中山競馬場で引退式を行い、その後は生まれ故郷の北海道・ノーザンファームへと帰る。この伝説のストーリーは、早ければ22年の春に誕生する子供へと受け継がれるに違いない。その日が来ることを、ファンは待ち望んでいる。 (柴田章利)

 ★生涯成績…15戦11勝(海外1戦1勝)。

 ★GI勝利数…9勝(2018年桜花賞オークス秋華賞、18&20年ジャパンC、19年ドバイターフ、19&20年天皇賞・秋、20年ヴィクトリアM)=芝では歴代最多。

 ★JRA重賞勝利…9勝=牝馬ではヒシアマゾンと並ぶトップ。

 ★東京重賞勝利…6勝=ウオッカと並ぶトップ。

 ★生涯獲得賞金…19億1526万3900円(うち海外3億9570万900円)=別表、歴代1位。

 ★通算レース距離…2万8500メートル(平均レース距離=1900メートル)。

 ★クラブ募集時の一口価格…6万円 (500口=総額3000万円)。

 ★馬名の由来…美人とされる顔の目の形。

ジャパンCの着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【ジャパンC】コントレイル2着 福永「非常にタフなバテあいレース」 11月30日(月) 04:58

 差を詰めるのが精いっぱいだった。無敗のクラシック3冠馬として女王に真っ向勝負を挑んだコントレイル。中団9番手から直線、先に抜け出したアーモンドアイを目標に追い出したが、1馬身1/4差の2着に敗れ、デビュー8戦目で初めて土がついた。

 レース後、時間をおいて検量室を出てきた福永騎手は「返し馬の感触はいい頃と変わらなかったけど、ゲートでいつもよりエキサイトしていた。プレッシャーのかからない位置で運べたし、直線もいい脚を使ってくれたけど、最後は左にモタれていた」と初の敗戦に悔しさをにじませつつ「レースの上がり(3ハロン)が37秒8と非常にタフなバテあいのレース。最後まで頑張ってくれたけど、アーモンドアイは強かった」と勝ち馬をたたえた。

 矢作調教師も「勝った馬が強かった。もう1回戦えないのが悔しいけど、リスペクトします」と勝者に最敬礼。「もう少し瞬発力勝負になって欲しかったけど、すごく頑張って2着をキープできたのが能力。負けたことで肩の荷も降りたし、今後は本当のベストの距離の2000メートルくらいを使っていきたい。大阪杯(4月4日、阪神、GI、芝2000メートル)を選択肢に考えてます」と来春の方向性を明かした。

ジャパンCの着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 2,335ビュー

皆さん、こんにちは。ウマニティU指数攻略チームです。『予想力・回収率UP大作戦!』との連動企画コラム『U指数で斬る今週のひと鞍』をお送りします。U指数が持つ圧倒的なポテンシャルにご期待ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
当コラムは『凄馬』のように推奨馬を個々に挙げるのではなく、期待値の高い連勝馬券の組み合わせを推奨するもの。過去データから導き出された回収率の高いパターンに合致するU指数配列のレースに注目し、当週行われるレースのなかからオススメのひと鞍をピックアップします。丸ノリするもよし。アレンジするもよし。馬券購入の際の参考になさってください。
※データは2017年以降の結果をもとに集計。今年については前週までが対象
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



【今週の推奨レース】
■29日(日) 東京11R ウェルカムS 3歳以上3勝クラス

皆さん、先週の結果はいかがだったでしょうか? 当コラムで推奨した土曜日のレースは不的中に終わりました。が、「月曜日にも同じ条件のレースが組まれていますので、このレースの結果にかかわらず、月曜日も勝負してみてください」としたところ、そちらは1→3位で決まって鮮やかに的中。単勝560円、馬連5,220円のビッグヒットとなりました。土曜日の結果を受け、「まだ月曜日にもチャンスがある」と信じてくれた方が多いことを祈るのみです。今週はなんとしても、推奨レースそのものをズバリと当てたいと思います。狙い目にあげるのは、日曜日のジャパンカップのひとつ前に組まれているウェルカムS。いつもは下級条件戦を狙うことが多いですが、今回は珍しく3勝クラスの一戦で勝負に臨みます。目指すはもちろん、ジャパンカップの資金稼ぎにほかなりません。

まず紹介したいのは「東京芝2000m×3歳以上3勝クラス」という条件におけるU指数1位の成績です。集計期間内に7レースが該当し、勝率42.9%、連対率85.7%、複勝率85.7%、単回率287.4%、複回率142.1%と驚異的な数字をマークしています。優秀極まりないとはまさにこのこと。1位イェッツトは、2位に1.5ポイントの指数差を付けていますので、相当信頼度の高い本命候補と評価していいでしょう。さらに注目できるのは、2位と3位の指数差。ここも1.9ポイントと大きな差が付いており、明確な能力差があることがわかります。ハンデ戦で、1位と2位、2位と3位にはそれぞれ1キロの斤量差がありますが、それを埋めきれない指数の開きと判断するのが適当です。よってここは、手広く流してトリガミになることを避け、思い切って1位と2位の馬連1点で勝負しようと思います。馬連1位と2位の1点買いの馬券をシミュレートすると、的中率42.9%、回収率217.1%を記録。母数が少ないとはいえ、十分に評価できる成績ですので、勝負する価値はおおいにあるでしょう。さらに攻めたい方は1位→2位の馬単、押さえ馬券も欲しい方は1位→2位のワイドを買うなどして、馬券の組み立てを工夫してみてください!


1位 イェッツト 96.0
2位 カントル 94.5


★結論★
馬連 1位→2位(1点)



○重賞レースの『U指数』は無料会員向けで開放中!無料会員登録はコチラからどうぞ

○『U指数』掲載のネット新聞『U指数新聞』(PC版)のダウンロードはコチラ
(U指数新聞サンプル)


○『U指数』を全レース、フルに活用したいという方はウマニティVIPクラブへご入会ください

-------------------------------------------------------------------
ウマニティVIPクラブには『U指数』見放題以外にも特典が盛りだくさん!

(その他特典例)
予想に役立つ競馬エイトGallopの取材情報が手に入り・・・
      +
「予想コロシアム」に登録したあなたの予想を自動分析してくれる人気機能「分析データ」をフルで利用可能
・・・etc

といったメリットがある、1開催日あたり約120円でウマニティサイトをフル活用頂ける“ワンランク上”のサービスです。月額934円(税別)⇒入会はこちら(全特典について詳しくはこちら
-----------------------------------------------------------------

11月27日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】ジャパンカップ展望/意外とスンナリ決まらない最近の3強対決
閲覧 1,564ビュー



先週は豪華メンバーのマイルチャンピオンシップが行われた。

当日の阪神芝は前日以上にインが有利。レシステンシアが内枠からスンナリ単騎の逃げを打ったことで、レース全体も先行イン有利の決着となった。

その中で絶好位につけて抜け出して来たのは人気のグランアレグリア。道中の折り合いを心配したが結果的には全く問題なく、直線少し前が詰まるシーンもあったが、体勢を立て直してからの脚の鋭さには目を見張るものがあった。まさに完勝。不安要素もあるとみて最終的な評価は3番手に下げたが、終わってみればとんだ見立て違いだった。

レースの明暗を分けたのは展開だ。当コラムで、「恐らくレシステンシアの逃げはそれほどハイペースにはならず流れは落ち着く可能性が高い」と書いた通り、落ち着いた流れになったことで、外を回った馬はほぼノーチャンスだった。

レシステンシアの北村友騎手に「もっと飛ばして欲しかった」という意見も見られたが、そもそもレシステンシアはこれまで実質的なハイペースで逃げたことはない。阪神JFは確かにそれなりの流れだったが、隊列はスンナリ、前走で1400mを使われていたことで、馬なりでもそれなりのスピードを発揮しただけのことだ。

北村友騎手は馬の気持ちを重視する「馬なり系」のジョッキー。強引に飛ばすような逃げはまずしないので、その特徴通りだった。騎手の特徴を知っておけば、無茶な期待をすることはない。逆に騎手の特徴を知らないままだと、何でもっと違う乗り方をしないんだと、不満ばかりが溜まっていく。納得いかない騎乗があったら、文句を言う前にその騎手について調べた方が良い。

(騎手の動き・特徴については『競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書』を読めばわかるようになります)

…と偉そうに語ってしまったが、私の本命は◎サリオスだったので、何も言えないのが悔しい。

~意外とスンナリ決まらない”3強”のG1レース

さて、今週末はこの秋屈指の、いや、21世紀屈指の好カードジャパンカップが行われる。

2年前の3冠牝馬にして8冠馬のアーモンドアイに、3歳牡馬牝馬の無敗の3冠馬コントレイルデアリングタクトの激突。この対決は海外遠征があまりできないコロナ禍がもたらした面もあり、今後も恐らく観ることのないドリームマッチとなりそうだ。

こういったレースは得てして馬券的には面白くないケースもあるが、今年はなかなか伏兵陣も充実している。昨年の香港ヴァーズを制し、前哨戦の京都大賞典をステップに臨むグローリーヴェイズ、2年前の2着馬で近走は復調気配を感じる古豪のキセキ、昨年の2着馬でオールカマー2着からココに臨むカレンブーケドールなどなど、通常ならば人気の一角を占めそうな有力どころが参戦。サートゥルナーリアの故障回避は残念だが、それでも十分豪華なメンバーと言えるだろう。

ちなみに、3強対決は今年のG1でも複数回見られるが、3頭での決着はほとんど見られない。3強の定義をどうするかが難しいところだが、仮に、

1、1番人気馬が2倍以上
2、2~3番人気が5倍程度までで拮抗
3、4番人気が10倍超程度と上位3頭から離れている

以上を3強を定義すると、条件にほぼ収まる今年のG1レースは以下の4度あった。

皐月賞

2.7倍 コントレイル →1着
3.6倍 サトノフラッグ →5着
3.8倍 サリオス →2着
(4番人気ヴェルトライゼンデは13.0倍)

天皇賞(春)

2.0倍 フィエールマン →1着
5.0倍 ユーキャンスマイル →4着
5.3倍 キセキ →6着
(4番人気ミッキースワローは11.9倍)

宝塚記念

2.4倍 サートゥルナーリア →4着
4.1倍 クロノジェネシス →1着
4.9倍 ラッキーライラック →6着
(4番人気ブラストワンピースは9.9倍)

スプリンターズS

2.2倍 グランアレグリア →1着
3.9倍 モズスーパーフレア →10着
5.1倍 ダノンスマッシュ →2着
(4番人気レッドアンシェルは13.3倍)

結果はご覧の通り、3強での決着は皆無だ。

さらに遡っても、3強っぽいオッズはしばしば発生しているが、驚くほどその3頭で決まることはない。それらしい決着でいうと2017年の朝日杯だろうか。

2.3倍 ダノンプレミアム →1着
3.9倍 タワーオブロンドン →3着
5.3倍 ステルヴィオ →2着
(4番人気ダノンスマッシュは8.7倍)

オールドファンなら、マヤノトップガンが差し切り、以下サクラローレルマーベラスサンデーで決まった1997年の天皇賞(春)などが3強対決&3強決着として思い浮かぶかもしれないが、近年は意外なほど一筋縄では収まっていない。

もし人気の3冠馬3頭で決まったらごめんなさいだが、馬券的には3頭のうち2頭くらいが馬券に絡み、1頭は別の組が入る…というような買い方が面白いのではないか。

例えば軸馬Aから、3強の残りBCを2列目に、3列目にはあえてBCを入れずに買うというような組み方は効率も良く、期待値も大きいように思う。

ジャパンカップの有力馬&穴馬

というわけで、最後は3強のなかで最も有力と考える馬と、3強以外の伏兵候補を1頭挙げておきたい。

コントレイル

菊花賞は外が有利な馬場状態の中での内枠。スピード豊富なこの馬には、馬場も枠も厳しい条件だった。それでもアリストテレスに詰め寄られながらも退けたのは地力の高さゆえ。東京芝2400mに替わるのは間違いなくプラスで、レースセンスも高く不発リスクの少ないタイプ。3強の中でも最有力とみる。

ユーキャンスマイル

かなり人気は落ちそうだが侮れないのがユーキャンスマイル。前走のアルゼンチン共和国杯は馬場の悪い内を通らされたことと久々が敗因で、悲観するものではなかった。昨年は内が伸びるレースだったジャパンカップだが、その中で外からよく伸びていたし、左回りの長丁場はベスト。今年は昨年よりも外が伸びる馬場になる可能性が高く、岩田騎手の決め打ち的な騎乗がハマれば怖い存在になりそうだ。

※週末の重賞の結論は、『TAROの競馬』にて一部無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

11月26日(木) 10:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック ジャパンカップ2020
閲覧 1,495ビュー



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


11月29日(日) 東京12R 第40回ジャパンカップ(3歳以上G1・芝2400m)

【登録頭数:17頭】(フルゲート:18頭)


<外国馬>

ウェイトゥパリス (動きC 時計C)中7週
競馬学校ダートコースでのキャンター1600m。24日にゲート試験に合格し、追い切りも行い疲れ等は特に感じられない。追い切りの動きに関しては、直線で首が高い感じの走りから、ゴール前で首が前に伸びるフォームへと変わっていて悪くない走り。ただ白い馬なので、もう少し迫力とバネを感じさせる走りがみられると良いのだが。


<賞金上位馬>

アーモンドアイ (動きA 時計B)中3週
天皇賞(秋)から中3週となるが、1週前追い切りの動きは(前回同様に間隔が詰まっていた)安田記念の1週前と比較しても断然今回のほうが上。この馬としては、間隔は詰まるが前走後いつも通り牧場に戻って短い期間だが気持ちが一度リセットされている点は大きく、有終の美を飾るだけのパフォーマンスも期待できそう。

コントレイル (動きB 時計B)中4週
この馬も間隔を空けて使われてきた馬。前走の菊花賞がデビューから初めて在厩調整での競馬で、1週前追い切りが馬なりでの調整というのも初めてだった。今回は牧場に戻り、1週前追い切りでも遅れはしたものの強めには追われていて、その意味ではこれまで通りの調整ができている。1週前の動きに関してはもうひと伸びほしい感じもしたが、鞍上が激しく手綱を動かすこともなく、どちらかというと馬の走りに逆らわないようにソフトに乗っていたとの印象で、特に遅れは気にしなくても良さそう。

デアリングタクト (動きA 時計A)中5週
前走時の+14キロは太め感はなく、ほとんどが成長分と考えて良さそう。追い切りに関しては、前走時まで(特にCWでの追い切り)は、終いの伸びに物足りなさを覚えたが、今回の1週前追い切りでは解消。馬なりだったが、力強さがありラストは良化していて、成長した馬体と休み明けを一度使われての上積みが期待できそう。オークス秋華賞と、パドックでテンションが高くなっている点は多少気掛かりだが、調教には好印象。

サートゥルナーリア (動き- 時計-)5ヶ月※左トモの不安のため出走回避

グローリーヴェイズ (動きA 時計B)中6週
関東馬だが、ほとんど関西の競馬場で使われてきていて東京コースも今回は初めてと、そのあたりはやや不安材料。状態に関しては、前走時の1週前追い切りでも直線で併走馬を突き離したのと同様に今回も1週前に併走馬を圧倒し先着と良好。加えて、左回りの追い切りで大きく先着している点は、引き続き状態が良い証拠と考えて良さそう。

キセキ (動きC 時計A)中3週
前走中2週で関東への輸送がありながら、馬体は増えていてパドックでもお腹のあたりに余裕が感じられた。太め残りがあったように思う。その点、この中間は中3週で前走時よりも乗り込み量豊富、1週前追い切りではまだ重い感じも残すが叩き良化型で、前走時より良化の見通しも立つ。余談だが、昨年は凱旋門賞にも出走し、今年は春から古馬の王道を無事に使われ続けてきてと、馬主さんからすると理想的な馬かもしれない。

カレンブーケドール (動きD 時計E)中8週
昨年は◎を打ったほど状態が良く、実際に2着に好走した馬だが、今年は様相が異なる。間隔に余裕があるにもかかわらず、この中間の追い切りは坂路での時計は平凡、併せ馬でも見劣りと、昨年と比べると物足りない。相手も昨年よりも強い馬が多いので、今年この出来だとかなり厳しいくなるのではないかと思う。

ラヴズオンリーユー (動き映像なし 時計-)中1週
エリザベス女王杯から中1週で、この中間は時計を出しておらず出走回避の予定。

ミッキースワロー (動きD 時計D)中8週
2年前のジャパンカップでは、アーモンドアイから1.3秒離された5着。右回りのほうが走り、左回りではパフォーマンスが落ちる馬。調教内容に目を向けると、前走時も物足りなかったが、この中間も間隔が空いている割に時計が掛かっている。1週前追い切りの動きも、何かピリッとしたところがなく、前走時から良くなってきている感じはない。

ワールドプレミア (動きC 時計D)11ヶ月半
昨年の有馬記念3着から11ヶ月半ぶりの出走。早い段階からここを目標に調整されていて、乗り込み量は豊富だが、昨年の休み明けの神戸新聞杯時のようなCWを長めから併せ馬でというような内容は少ない。坂路中心で、1週前追い切りを見ても終いに首が上がり気味で、伸び脚も物足りない動きだった。

ユーキャンスマイル (動きB 時計B)中2週
この馬も早い段階からジャパンカップ目標で調整されてきていた馬。休み明けの前走時は、かなり入念に乗り込まれていて仕上りも悪くなかった。中2週となるが、前走時にしっかり乗り込まれていたので反動はなく、1週前に坂路、日曜日にを長めから併せ馬で追い切られていて一度使われての上積みがありそう。

パフォーマプロミス (動きB 時計B)中6週
休み明けの前走時は乗り込み量が少ない感じはしたが、パドックで良く見せていた。この中間は坂路で乗り込まれており、時計的に大きく変わった感じはしないが、1週前追い切りの動きは悪くなかった。上積みはありそうで、東京芝2400m以上では2、2、3、1着と相性の良い馬。

マカヒキ (動きB 時計C)8ヶ月
札幌記念を使う予定でいたが状態が整わず、8ヶ月ぶりでここを迎える。11月初めからトレセンで時計を出して乗り込まれ、1週前追い切りでは、3頭併せの内から直線突き放して先着と動きは良かった。ただ、日曜の併せ馬では、ここにも出走するワールドプレミアユーキャンスマイルに遅れていて、まだ不安の残る調教内容。

クレッシェンドラヴ (動きC 時計D)中8週
東京競馬場ではデビュー当初3回走ったことはあるが、その後は3年半以上出走したことはなく、そのあたりは何かあるのではないかと思う。状態に関しても、この中間は間隔に余裕がある中で、2週前、1週前と前走時と比べ物足りない時計が並ぶ状況。

トーラスジェミニ (動き映像なし 時計E)中1週
春から休みなく使われてきて、前走から中1週とかなり厳しいローテーションで、この距離も初めて。この中間は、土、日、月と坂路で軽く乗られていて速い時計は出していない。この相手にこの調教内容では厳しい。

ヨシオ (動きD 時計C)4ヶ月半
芝のレースを使うのが新馬戦の1200m戦以来と、普通に考えてもなぜ芝のレースを? この舞台を? と疑問を覚える。坂路で乗り込まれているが、終いの時計が掛かり1週前追い切りも終い伸びきれずと、状態面でも特に良いところはない。


このコラムからの推奨馬はデアリングタクトアーモンドアイグローリーヴェイズの3頭をあげておきます。



◇今回はジャパンカップ編でした。
今年でジャパンカップも第40回。私が競馬を観始めた頃は、外国の一流馬と迎え撃つ日本代表馬との戦いといった構図。特に、外国の競馬に詳しい訳ではなかったので、凱旋門賞やキングジョージ、ブリーダーズカップターフに英国ダービー等々、外国の歴史のあるレースを勝った馬が日本で観られるというだけで、それはもう「メジャーリーガーを生観戦できる」というような感覚でワクワクして東京競馬場に観戦に行ったものでした。
時代も変わり、昨今は日本のトップクラスの馬でも無理して使ってこないような状況にまでになってしまっていたジャパンカップ。それが今年は、無敗の3冠馬2頭にアーモンドアイの引退レースと、40回を記念するにふさわしい豪華な顔ぶれとなっています。これには、コロナ禍で海外レース参戦がままならないという背景もあるとは思いますが、この厳しい状況下でも開催だけは守り抜きここまで競馬を無事に続けてきた日本競馬、そしてそれを支えている競馬ファンへのご褒美だと言っても良いのではないでしょうか。競馬に関わるすべての人たちと馬たちのおかげでこのような夢のあるレースが観られることに感謝して、今年のジャパンカップを楽しみたいと思います。
https://youtu.be/jrbUNXEccU4
https://youtu.be/H8Cy_TCpS4k
https://youtu.be/itKP5_IocbY

それでは次回、阪神ジュベナイルフィリーズ編(予定)でお会いしましょう。


ジャパンカップ出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

11月25日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年11月25日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(229)
閲覧 2,069ビュー



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、カトレアステークス・キャピタルステークス・京都2歳ステークス・ジャパンカップ京阪杯の5レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2020年11月28日(土) 東京09R カトレアステークス
【前走の4コーナー通過順別成績(2017~2019年のカトレア賞)】
●2番手以内 [0-0-0-19](3着内率0.0%)
●3番手以下 [3-3-3-10](3着内率47.4%)
→2017~2019年に2歳1勝クラスのレースとして施行されていたカトレア賞は、先行力の高さを活かしたいタイプが不振。オープン特別となった今年も同様の決着を警戒しておくべきでしょう。

<<さらにプラス1!>>
【『血統偏差値』要注目種牡馬】
東京ダ1600m×ヘニーヒューズ×2歳
→3着内率46.2%、複勝回収率130%


▼2020年11月28日(土) 東京11R キャピタルステークス
【前走の条件別成績(2017年以降)】
●G1・G2のレース [3-1-0-4](3着内率50.0%)
●G1・G2のレース以外 [0-2-3-36](3着内率12.2%)
→近年の優勝馬は格の高いレースを経由してきた馬ばかり。なお、前走の条件がG1・G2のレース以外、かつ出走数が12戦以上だった馬は2017年以降[0-0-1-34](3着内率2.9%)と苦戦していました。


▼2020年11月28日(土) 阪神11R ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス
【前走の条件が“JRAのレース”だった馬の、前走の上がり3ハロンタイム順位別成績(2014年以降)】
●1位 [5-5-2-9](3着内率57.1%)
●2位以下 [1-1-4-29](3着内率17.1%)
→前走で出走メンバー中1位の上がり3ハロンタイムをマークしていた馬は堅実。一方、前走の条件が“JRAのレース”、かつ前走の上がり3ハロンタイム順位が2位以下、かつ前走の出走頭数が11頭以下だった馬は2014年以降[0-0-1-21](3着内率4.5%)とあまり上位に食い込めていません。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

11月24日(火) 10:25 【ウマニティ】
【U指数競馬新聞(特別登録版)】ジャパンカップ2020・GIのネット競馬新聞を無料公開!
閲覧 821ビュー

ウマニティが誇るスピード指数=「U指数」の上位馬を最大18頭掲載!ネット競馬新聞【U指数競馬新聞(特別登録版)】を下記からダウンロードできます。



■今週の注目重賞レース/第40回 ジャパンカップ(国際招待) GIの新聞はこちら(PDFファイル)

[もっと見る]

11月23日(月) 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年11月23日号】特選重賞データ分析編(229)~2020年ジャパンカップ~
閲覧 1,865ビュー



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 ロンジン賞 ジャパンカップ 2020年11月29日(日) 東京芝2400m


<ピックアップデータ>

【前走の出走頭数別成績(2009年以降)】
×12頭以下 [1-1-0-42](3着内率4.5%)
○13頭以上 [10-10-11-110](3着内率22.0%)

 前走の出走頭数が12頭以下だったにもかかわらず3着以内となったのは、2016年1着のキタサンブラックと2016年2着のサウンズオブアースのみ。2019年は単勝オッズ4.2倍(1番人気)の支持を集めたレイデオロが11着に敗れました。少頭数のレースを経由してきた馬は扱いに注意すべきでしょう。

主な「○」該当馬→グローリーヴェイズワールドプレミア
主な「×」該当馬→アーモンドアイ・ウェイトゥパリス・カレンブーケドールクレッシェンドラヴ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“東京・京都、かつG1のレース”において4着以内となった経験がある」馬は2009年以降[11-11-11-73](3着内率31.1%)
主な該当馬→アーモンドアイカレンブーケドールグローリーヴェイズワールドプレミア

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 34ビュー

ジャパンカップ同様に各世代のダート最強馬が登録しており
面白うそうなレースになりそうです。

本命クラスの5頭ですが
  インティ     :今年の2走大敗。衰えか?
  カフェファラオ  :休み明け2走目やや不安
  クリソベリル   :国内では無敵、信用するしかない
  ゴールドドリーム :やや衰えが見え始めたか?
  チュウワウイザード:休み明け2走目が不安
と、クリソベリルを除いて、少しの弱みは持っているように思います

各馬ともに道悪での実績は申し分ないのですが、
良馬場となると、取りこぼしの可能性もありそうで、
穴馬の台頭が期待できそうです。

穴馬候補も4頭見つかりましたので、
馬体重、展開、上り時計をよく検討して、
絞り込んでいきたいと思います


登録馬の強み・弱み、データ分析からの狙い馬を
Youtubeにまとめましたので、よかったら見てください

   https://youtu.be/0JmrqqoK8Y0


   

11月30日(月) 14:23 たぶお統括本部長さん
今週の推奨馬+先週の◎成績
閲覧 12ビュー

《今週の推奨馬》

★土曜日・中山10R・北総S(3歳以上3勝クラス・ダート1800m)
・ダノンファスト
(前走に続いて2度目の推奨)
前走は自己条件に戻って昇級初戦の錦秋Sをクビ差2着に好走。
これでダートでは[3.3.0.0]の連対率100%で全く底を見せておらず、中山ダート1800mも2戦2勝の無敗だ。
右回りダート全体でも3戦3勝の無敗だし、ベストの舞台に戻るなら勝ち負け必至。

★日曜日・阪神10R・逆瀬川S(3歳以上3勝クラス芝1800m)
・ラルナブリラーレ
前走は府中芝1800mの2勝クラス平場戦を4馬身差で圧勝して昇級してきた。
勝ちタイム1.45.9は、前日の準オープンのユートピアSより0.7秒速く、1週前の準オープンのノベンバーSよりも0.8秒も速い優秀な時計。
これで芝1800mは[2.1.0.0]の連対率100%で、今回の阪神でも[1.1.0.0]と実績がある。
阪神では他にもマイル勝ちがあるので、全3勝中2勝が阪神コースだからベストの舞台に戻って勝ち負け必至。

《先週の推奨馬成績》
★土曜日・東京9R・カトレアS
2着タケルペガサス
複勝110円

★日曜日・東京8R・ベゴニア賞
2着ステラリア
複勝110円

これで今年の推奨馬成績は
成績・[34.18.7.49]
勝率・0.314
連対率・0.481
複勝率・0.546

単複回収率(108戦)
単勝・75.0%(8100円)
複勝・66.9%(7230円)
総合・70.9%

《先週の重賞レース◎成績》

★京都2歳S(GⅢ)
2着ラーゴム
複勝150円

★京阪杯(GⅢ)
2着カレンモエ
複勝190円

★ジャパンカップ(GⅠ)
2着コントレイル
複勝110円

これで今年の重賞◎成績は
成績・〔29.18.10.61〕
勝率・0.245
連対率・0.398
複勝率・0.483

単複回収率(118戦)
単勝・60.5%(7150円)
複勝・70.7%(8350円)
総合・65.6%

《先週の重賞以外のメイン◎成績》

★キャピタルS
1着ピースワンパラディ
単勝320円
複勝150円

成績・[29.26.22.71]
勝率・0.195
連対率・0.371
複勝率・0.520

単複回収率(148戦)
単勝・59.4%(8800円)
複勝・85.4%(12650円)
総合・72.4%

[もっと見る]

11月30日(月) 14:09 デンジャラスさん
ジャパンカップのサインどうりストレートで使いました❗
閲覧 27ビュー

コマシャルから→コントレイルとデイアリングタクト
前日のサインから2枠
素直に買えば1点しかありませんでした
度胸が足らないのでコントレイルの複勝に数万にしてしまいました❗
画像アップしても自慢には出来ません
競馬は度胸が試される❗☝️

[もっと見る]

11月30日(月) 12:07 メグ3さん
来年のダービー馬⁉️池江厩舎に入厩😁🎶
閲覧 79ビュー


おはようございます😉✨

ジャパンカップ凄いレースでしたね👀‼️

たくさんの感動をもらったレースでした、有終の美を飾ったアイちゃんの強さに驚くばかり、これで本当の伝説の名馬になりましたよね、9冠おめでとう🎵
競馬=ブラッドスポーツって教わってる私、アイちゃん次はお母さんとしていい仔を生んでね、ホントありがとう💖
2、3着だった3歳三冠馬の2頭、あなた達がいたから史上最高のジャパンカップになったのよ、本当に良く頑張ってくれましたね❗
なかでもタクトちゃんの頑張りは凄いなって、女の意地ね❗
この2頭が来年以降の競馬界を引っ張ってくれると思うと、ますます競馬やめれなくなっちゃう (笑)

馬券的にはブーケドールちゃんが残っていれば配当3倍違ったんだぞって思ってる方もたくさんいるでしょ?私もそーだよ (笑)

リアルタイムでは見れず同じ感動は味わえなかったけどリプレイ4回見たから満足です😅

いずれにしても、このジャパンカップに出走させてくださった関係者の皆さまに敬意を表したいと思います、素敵なレースをありがとうございました。


でね、タイトルだけど、ここで先月の19日に書いたパパが一目惚れしたお馬さん「ヴィジャーヤ」君、先週の金曜日に池江厩舎に入ったの、土曜日にお友達から電話もらって早速栗東に行く約束を...
パパ曰く名前も登録されてないし、ゲート試験もまだでやっと競走馬としての一歩が始まったばかりだよってことだけど、それにしては入れ込みすぎじゃないの😆

本当に競馬って楽しいしロマンだわ😃🎶

皆さ~ん、今週もお仕事頑張ってくださいね、で、競馬ライフ楽しみましょう。

失礼しま~す➰👋😃

[もっと見る]

11月30日(月) 11:39 こまとさん
初めての日記🐴
閲覧 50ビュー

いつも何か書きたいなーって思っても
つぶやき程度しか思いつかず、、、

書いてなかった日記ですが、

今日初めて書いてみる!!✍笑

お恥ずかしながら、競馬初心者過ぎて
ばかすか負けているので
お馬さん情報は書けません、、、

しかも今は仕事中です💻

大体、平日の地方競馬をしているときは
仕事をしながらこっそりやっています

はい、いけない子ですね
そりゃ勝てません🙅🙅🙅

それよりも昨日のジャパンカップは
感動しましたッ!!!🏇🏇

ビール片手に(正確には発泡酒)
テレビに釘付けで大声を
出しまくっていたら愛犬が
怒ってました🐶🐶

イッヌよ、日曜日の競馬は譲れんのじゃ

アモちゃん、強かったですね!!
可愛くて強くて引退がもったいない!!

馬券、負けてもいいって思ってたけど
見事に鬼マイナスでございます笑

さーて、月末の忙しい月曜日ですが
ちょっと地方で遊んできます(*´σー`)エヘヘ

[もっと見る]

11月30日(月) 10:11 グラニースミスさん
浮気の代償 ~先週の競馬~
閲覧 65ビュー

先週、4年ぶり2度目の不倫の文春砲が炸裂しました。
自分には、やましい事がまったくないので、
他人の不幸を観て笑っていましたが、
馬券では、迷って浮気して、ハズしました。(笑)

ラジオNIKKEI杯京都2歳S は、やっぱりノーザンファームの独占で、
馬券ゲット出来ました。

ジャパンカップ は、コントレイルからアーモンドアイの馬連、デアリングタクトのワイド予定が
浮気して、コントレイルの単勝で勝負して玉砕しました。

京阪杯は、フィアーノロマーノとカレンモエと日記にまで書いておきながら、直前で変更して
玉砕しました。

【ラジオNIKKEI杯京都2歳S JRA HP出走馬情報と結果】
バスラットレオン6着、ラーゴム2着、グロリアムンディ4着、グラティトゥー9着
ワンダフルタウン1着、マカオンドール3着、ダノンドリーマー5着、ビップランバン8着
1~3着まで挙げられていました。
またノーザンファームの生産馬が1~3着を独占し、札幌2歳から2歳重賞を9連勝

【ジャパンカップ JRA HP出走馬情報と結果】
アーモンドアイ1着、コントレイル2着、デアリングタクト3着、ウェイトゥパリス10着、
グローリーヴェイズ5着、ワールドプレミア6着、カレンブーケドール4着、ユーキャンスマイル12着
1~3着まで挙げられていました。
3頭の3冠馬の共演は、次いつみられるんでしょうかぁ?

【京阪杯 JRA HP出走馬情報と結果】
レッドアンシェル14着、プリモシーン10着、フィアーノロマーノ1着、リバティハイツ8着
カレンモエ2着、アンヴァル4着、シヴァージ5着、タイセイアベニール9着
1・2着は挙がっていました。
3着ジョーアラビカは、難しかったですねぇ
ちなみに4枠は、親子馬主枠でした。
ジョーアラビカ 馬主 上田けい子氏 娘
ジョーカナチャン 馬主 上田江吏子氏 母

JRAのHPからの分析は、まあまあですが…移り気な性格が問題のようです。
しかし、かなりダサい負け方をしました。
これじゃプロなんてダメですねぇ。


では

[もっと見る]

  • 出馬表
  • 重賞攻略
  • 結果・払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 京阪杯が29日、阪神競馬場で16頭によって争われ、3番人気で吉田隼騎乗のフィアーノロマーノが、中団追走から差し切って重賞2勝目。昨年のダービー卿CT以来、1年8カ月ぶりの勝利を飾った6歳馬は、状態が整えば阪神C(12月26日、阪神、GII、芝1400メートル)で重賞連勝を狙う。2着は1番人気のカレンモエだった。

 ■フィアーノロマーノ 父ファストネットロック、母ハートアシュレイ、母の父ライオンハート。鹿毛の牡6歳。栗東・高野友和厩舎所属。オーストラリア産。馬主は吉田和美氏。戦績18戦7勝。獲得賞金2億231万8000円。重賞は2019年GIIIダービー卿CTに次いで2勝目。京阪杯高野友和調教師、吉田隼人騎手ともに初勝利。馬名は「イタリアのコムーネ(共同体)の一つ」。

京阪杯の着順&払戻金はこちら

【京阪杯】レースを終えて…関係者談話 11月30日(月) 04:52

 ◆吉田隼騎手(フィアーノロマーノ1着)「1200メートルなのでスタートだけ気をつけて、リズム良く競馬をしたいと思っていました。思ったより反応良く出てくれて競馬がしやすかったです」

 ◆松若騎手(カレンモエ2着)「すごくいいスピードを持っていますし、軽い走りをしますね。最後は決め手の差ですかね」

 ◆和田騎手(ジョーアラビカ3着)「脚力がついてきているし、6ハロンでもスムーズに運べれば」

 ◆酒井騎手(アンヴァル4着)「もうちょっとという感じでしたね。力は付けているし、重賞でもやれると思います」

 ◆藤岡佑騎手(シヴァージ5着)「よく脚は使ってくれているんですが…。差し届くは脚は持っています」

 ◆丸山騎手(トゥラヴェスーラ6着)「形は良かったのですが、もう少し弾けてくれれば。ワンパンチが欲しいですね」

 ◆田中健騎手(ロードアクア7着)「初めての重賞でもいつも通り好位につける脚をみせてくれました。昇級初戦でこれだけやれれば楽しみです」

 ◆幸騎手(レッドアンシェル14着)「伸びきれなかったですね。テンションが高かったのが影響したのかもしれません」

京阪杯の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【京阪杯】フィアーノロマーノが差し切って重賞2勝目! 11月29日() 16:40

 11月29日の阪神12Rで行われた第65回京阪杯(3歳以上オープン、GIII、芝1200メートル、別定、16頭立て、1着賞金=3900万円)は、吉田隼人騎手騎乗の3番人気フィアーノロマーノ(牡6歳、栗東・高野友和厩舎)が、道中は中団後ろめからレースを進め、直線で外から差し切り快勝。重賞2勝目を挙げた。タイムは1分8秒2(良)。



 クビ差の2着に2番手追走から抜け出して押し切りを図った1番人気のカレンモエ、さらにクビ差遅れた3着には馬場の内めから伸びた12番人気のジョーアラビカが入った。



 京阪杯を勝ったフィアーノロマーノは、父Fastnet Rock、母Heart Ashley、母の父Lion Heartという血統。オーストラリアのKia Ora Studの生産馬で、馬主は吉田和美氏。通算成績は18戦7勝。重賞は2019年のダービー卿CT・GIIIに次いで2勝目。管理する高野友和調教師、騎乗した吉田隼人騎手はともに京阪杯初勝利。



 ◆吉田隼人騎手(1着 フィアーノロマーノ)「1200メートルなのでスタートだけ気をつけて、リズムよく競馬をしたいと思っていました。思ったより反応良く出てくれて競馬がしやすかったです。枠も良かったので、(直線は)馬場のいいところを選んで走ることができました。前にいる馬も力があるので、何とか届いてくれと思っていました。1200メートルでもスピードを生かす競馬ができました。これだけの馬でチャンスをいただいているので、結果を出せてホッとしています。(5カ月連続の重賞勝利は)できすぎですが、また勝てるようにがんばります」



★【京阪杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【京阪杯】入線速報(阪神競馬場) 11月29日() 16:21

阪神12R・京阪杯(5回阪神9日目 阪神競馬場  芝・右1200m サラ系3歳以上オープン)は、1番手10番フィアーノロマーノ(単勝5.7倍/3番人気)、2番手13番カレンモエ(単勝4.6倍/1番人気)、3番手7番ジョーアラビカ(単勝36.5倍/12番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連10-13(15.0倍) 馬単10-13(32.3倍) 3連複7-10-13(189.9倍) 3連単10-13-7(850.7倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2020112909050912
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【馬場の有利不利、教えます!】京阪杯2020 有利不利の少ない標準的なコンディション!決着時計が落ち着きつつある点に要注意! 11月29日() 09:15

ウマニティ重賞攻略チームが、毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は京阪杯・馬場の有利不利、教えます! をお届けします!


5回阪神第1~3週ならびに土曜日の阪神芝のレース結果、過去の京阪杯の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

この中間の雨量はゼロ。土曜日も天候に恵まれ、芝コースは終日良馬場(JRA発表)でレースが行われた。なお、水曜日に芝刈りを実施。散水作業も予報が不透明だった日を除いて、定期的に施している。つまり、芝の生育状況は良好。路盤もよく締まっているということだ。

しかし、土曜日の結果を振り返ると、一連の高速決着に伴う馬場の酷使の影響もあってか、内めを進む逃げ馬や番手追走馬が踏ん張り切れない場面が目につくようになってきている。決着時計も落ち着きつつあり、高速馬場から標準的なコンディションに移行した、と捉えるのが正解だろう。

枠順的には内~中枠がやや有利の状勢。だが、大きな偏りが発生しているとは言い難く、フラットとみるのがベター。展開や立ち回り次第でどうにでもなる、有利不利の少ない馬場状態と考えたほうがいいかもしれない。

血統面に関しては、5回阪神開催における芝1200m戦5クラの結果を検証すると、父または母の父にノーザンダンサー系種牡馬を配する馬が優勢。連対馬10頭のうち6頭が該当し、対象5レースいずれも2着連対圏を確保している。重要視すべき血脈であることに疑う余地はない。

とはいえ、出走馬と照らし合わせてみると、該当馬が多い印象。もうひとつフィルターをかけて、近5回の京阪杯の好走馬多くに共通する、前走G1・G2出走馬、ならびに前走がG3以下で3着以内だった馬に的を絞りたい

今回の出走メンバーで条件を満たしているのは、③レッドアンシェル、⑪シヴァージ、⑬カレンモエ。従って当欄では、この3頭を軸馬候補として推奨する。


【馬場予想からの注目馬】
レッドアンシェル シヴァージ カレンモエ

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】京阪杯2020 ジャパンカップデーの締めは混戦模様のスプリント重賞!ヒキが強いのは誰!? 11月29日() 06:30


※当欄では京阪杯について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。




【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑬カレンモエ
○③レッドアンシェル
▲⑨リバティハイツ
△⑦ジョーアラビカ
△⑩フィアーノロマーノ
△⑮タイセイアベニール
△⑯トゥラヴェスーラ

【杉本清】
◎⑬カレンモエ
○③レッドアンシェル
▲⑩フィアーノロマーノ
☆⑪シヴァージ
△②アンヴァル
△⑨リバティハイツ
△⑮タイセイアベニール
△⑯トゥラヴェスーラ

【キャプテン渡辺】
◎②アンヴァル
単勝

馬連・ワイド
②-③レッドアンシェル

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎③レッドアンシェル

【目黒貴子】
◎⑬カレンモエ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 2,069ビュー



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、カトレアステークス・キャピタルステークス・京都2歳ステークス・ジャパンカップ京阪杯の5レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2020年11月28日(土) 東京09R カトレアステークス
【前走の4コーナー通過順別成績(2017~2019年のカトレア賞)】
●2番手以内 [0-0-0-19](3着内率0.0%)
●3番手以下 [3-3-3-10](3着内率47.4%)
→2017~2019年に2歳1勝クラスのレースとして施行されていたカトレア賞は、先行力の高さを活かしたいタイプが不振。オープン特別となった今年も同様の決着を警戒しておくべきでしょう。

<<さらにプラス1!>>
【『血統偏差値』要注目種牡馬】
東京ダ1600m×ヘニーヒューズ×2歳
→3着内率46.2%、複勝回収率130%


▼2020年11月28日(土) 東京11R キャピタルステークス
【前走の条件別成績(2017年以降)】
●G1・G2のレース [3-1-0-4](3着内率50.0%)
●G1・G2のレース以外 [0-2-3-36](3着内率12.2%)
→近年の優勝馬は格の高いレースを経由してきた馬ばかり。なお、前走の条件がG1・G2のレース以外、かつ出走数が12戦以上だった馬は2017年以降[0-0-1-34](3着内率2.9%)と苦戦していました。


▼2020年11月28日(土) 阪神11R ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス
【前走の条件が“JRAのレース”だった馬の、前走の上がり3ハロンタイム順位別成績(2014年以降)】
●1位 [5-5-2-9](3着内率57.1%)
●2位以下 [1-1-4-29](3着内率17.1%)
→前走で出走メンバー中1位の上がり3ハロンタイムをマークしていた馬は堅実。一方、前走の条件が“JRAのレース”、かつ前走の上がり3ハロンタイム順位が2位以下、かつ前走の出走頭数が11頭以下だった馬は2014年以降[0-0-1-21](3着内率4.5%)とあまり上位に食い込めていません。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 12ビュー

《今週の推奨馬》

★土曜日・中山10R・北総S(3歳以上3勝クラス・ダート1800m)
・ダノンファスト
(前走に続いて2度目の推奨)
前走は自己条件に戻って昇級初戦の錦秋Sをクビ差2着に好走。
これでダートでは[3.3.0.0]の連対率100%で全く底を見せておらず、中山ダート1800mも2戦2勝の無敗だ。
右回りダート全体でも3戦3勝の無敗だし、ベストの舞台に戻るなら勝ち負け必至。

★日曜日・阪神10R・逆瀬川S(3歳以上3勝クラス芝1800m)
・ラルナブリラーレ
前走は府中芝1800mの2勝クラス平場戦を4馬身差で圧勝して昇級してきた。
勝ちタイム1.45.9は、前日の準オープンのユートピアSより0.7秒速く、1週前の準オープンのノベンバーSよりも0.8秒も速い優秀な時計。
これで芝1800mは[2.1.0.0]の連対率100%で、今回の阪神でも[1.1.0.0]と実績がある。
阪神では他にもマイル勝ちがあるので、全3勝中2勝が阪神コースだからベストの舞台に戻って勝ち負け必至。

《先週の推奨馬成績》
★土曜日・東京9R・カトレアS
2着タケルペガサス
複勝110円

★日曜日・東京8R・ベゴニア賞
2着ステラリア
複勝110円

これで今年の推奨馬成績は
成績・[34.18.7.49]
勝率・0.314
連対率・0.481
複勝率・0.546

単複回収率(108戦)
単勝・75.0%(8100円)
複勝・66.9%(7230円)
総合・70.9%

《先週の重賞レース◎成績》

★京都2歳S(GⅢ)
2着ラーゴム
複勝150円

★京阪杯(GⅢ)
2着カレンモエ
複勝190円

★ジャパンカップ(GⅠ)
2着コントレイル
複勝110円

これで今年の重賞◎成績は
成績・〔29.18.10.61〕
勝率・0.245
連対率・0.398
複勝率・0.483

単複回収率(118戦)
単勝・60.5%(7150円)
複勝・70.7%(8350円)
総合・65.6%

《先週の重賞以外のメイン◎成績》

★キャピタルS
1着ピースワンパラディ
単勝320円
複勝150円

成績・[29.26.22.71]
勝率・0.195
連対率・0.371
複勝率・0.520

単複回収率(148戦)
単勝・59.4%(8800円)
複勝・85.4%(12650円)
総合・72.4%

11月30日(月) 10:11 グラニースミスさん
浮気の代償 ~先週の競馬~
閲覧 65ビュー

先週、4年ぶり2度目の不倫の文春砲が炸裂しました。
自分には、やましい事がまったくないので、
他人の不幸を観て笑っていましたが、
馬券では、迷って浮気して、ハズしました。(笑)

ラジオNIKKEI杯京都2歳S は、やっぱりノーザンファームの独占で、
馬券ゲット出来ました。

ジャパンカップ は、コントレイルからアーモンドアイの馬連、デアリングタクトのワイド予定が
浮気して、コントレイルの単勝で勝負して玉砕しました。

京阪杯は、フィアーノロマーノとカレンモエと日記にまで書いておきながら、直前で変更して
玉砕しました。

【ラジオNIKKEI杯京都2歳S JRA HP出走馬情報と結果】
バスラットレオン6着、ラーゴム2着、グロリアムンディ4着、グラティトゥー9着
ワンダフルタウン1着、マカオンドール3着、ダノンドリーマー5着、ビップランバン8着
1~3着まで挙げられていました。
またノーザンファームの生産馬が1~3着を独占し、札幌2歳から2歳重賞を9連勝

【ジャパンカップ JRA HP出走馬情報と結果】
アーモンドアイ1着、コントレイル2着、デアリングタクト3着、ウェイトゥパリス10着、
グローリーヴェイズ5着、ワールドプレミア6着、カレンブーケドール4着、ユーキャンスマイル12着
1~3着まで挙げられていました。
3頭の3冠馬の共演は、次いつみられるんでしょうかぁ?

【京阪杯 JRA HP出走馬情報と結果】
レッドアンシェル14着、プリモシーン10着、フィアーノロマーノ1着、リバティハイツ8着
カレンモエ2着、アンヴァル4着、シヴァージ5着、タイセイアベニール9着
1・2着は挙がっていました。
3着ジョーアラビカは、難しかったですねぇ
ちなみに4枠は、親子馬主枠でした。
ジョーアラビカ 馬主 上田けい子氏 娘
ジョーカナチャン 馬主 上田江吏子氏 母

JRAのHPからの分析は、まあまあですが…移り気な性格が問題のようです。
しかし、かなりダサい負け方をしました。
これじゃプロなんてダメですねぇ。


では

[もっと見る]

11月30日(月) 09:31 あらこんさん
★重賞○○買い(64.65.66)★
閲覧 33ビュー

(64)京都2歳ステークス
☆馬連流し買い
*外れ→(-10000)
(65)ジャパンカップ
☆馬連2点買い
*外れ→(-10000)
(66)京阪杯
☆馬連流し買い
*外れ→(-10000)
☆①~66まで
66R中30R的中。(-228200)
3つ外すとダメージがデカい💦
JRA注目馬来てるのに、当たらないのは買い方がダメなんヾ(。・∀・)oダナ!!😅

[もっと見る]

11月30日(月) 08:20 オッズの魔法つかいさん
自己流馬券術の真髄
閲覧 44ビュー

土曜のメインR・キャピタルステークスと日曜の京阪杯で過去10年間の
結果からの今回の馬券術。

キャピタルステークスの過去10年間では9番人気~13番人気で3連複に絡んだ馬は4頭。

京阪杯で過去10年間で3連複で9番人気~13番人気で絡んだ馬は10頭。

10年間で3連複に絡んだ馬は各レースで30頭となることから
人気による3連複に絡んで来る馬の取捨が非常に重要なファクターであることは明白ですね。


そこでこのようなデータ重視での馬券での的中となった。

001 東京 土 11R 3連複
フォーメーション 馬1:05,10
馬2:01,06,08,12,13
馬3:01,06,08,12,13 各 100円
 
計2,000円 01-05-13

的中 16,390円


001 阪神 日 12R 3連複
フォーメーション

馬1:03,10,13
馬2:03,10,13
馬3:05,06,07,15,16

各 100円
計1,500円

的中 07-10-13
18,990円

因みにジャパンカップは3頭傑出なので馬券的妙味はないのでコントレールを軸に
6番人気までの流し3連複1,000円でトリガミの的中でした。

3.4着は5番人気のカレンプーケドールが鼻差で4着惜敗のプチドキドキ馬券でした(笑)

[もっと見る]

11月30日(月) 06:03 しんすけ49さん
イルミネーションジャンプステークス&ステイヤーズステーク...
閲覧 73ビュー

おはよ~♪

いやぁ~、みんなが書いてましたけど

予想を上回る良いレースでしたね、ジャパンカップ(^^♪

馬券は外れたけどね。

京阪杯が当たっただけなんで引き続きマイナス収支。

上手く行きませんな、( ´Д`)=3 フゥ

洗濯物は昨日の内に畳んだんでね。

月末で忙しくなりそうだ・・・。

[もっと見る]

11月29日() 19:55 DEEBさん
恥ずかしい馬予想2020.11.29[結果]
閲覧 82ビュー

東京 8R ベゴニア賞 2歳1勝クラス(混合)(特指)
◎10 ヴィクトゥーラ…3着
○ 6 ☆キングストンボーイ…1着
▲ 4 アルコディオーサ…5着
[結果:アタリ△ 複勝 6 ワイド 6-10 210円]

東京11R ウェルカムステークス 3歳以上3勝クラス(混合)[指定]
◎14 レッドアルマーダ…5着
○ 4 カントル…6着
▲ 9 ☆イェッツト…6着
△ 5 ショウナンハレルヤ…2着
× 2 グレンガリー…9着
[結果:ハズレ×]

東京12R ジャパンカップ GⅠ 3歳以上オープン(国際)(指定)
◎ 2 アーモンドアイ…1着
○ 6 コントレイル…2着
▲ 5 デアリングタクト…3着
△15 ☆グローリーヴェイズ…5着
[結果:アタリ△ 馬連 2-6 330円]

阪神 2R 2歳未勝利(混合)[指定]
◎10 セファーラジエル…2着
○16 レイオブウォーター…1着
▲ 9 ☆フォルテデイマルミ…7着
△ 7 フィリウスデイ…8着
×11 アスクスタイルマン…4着
[結果:アタリ△ 馬連 10-16 450円]

阪神 4R 3歳以上1勝クラス(混合)[指定]
◎15 ★ハニエル…4着
○ 8 メイショウマサヒメ…1着
▲ 1 クーファピーカブー…9着
△16 エールショー…14着
× 5 セカンドエフォート…6着
[結果:ハズレ×]

阪神 8R 3歳以上2勝クラス(混合)[指定]
◎ 8 ストームガスト…4着
○ 3 ブルーコンパクタ…3着
▲ 7 ☆オレンジペコ…7着
△ 9 スパイスマジック…8着
[結果:ハズレ×]

阪神 9R 白菊賞 2歳1勝クラス(混合)牝(特指)
◎ 7 サナティオ…9着
○ 3 スパークル…1着
▲ 2 ナムラメーテル…10着
[結果:ハズレ×]

阪神10R 立雲峡ステークス 3歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎ 6 ウイングレイテスト…8着
○ 3 サトノウィザード…1着
▲ 5 アルティマリガーレ…2着
△ 4 オースミカテドラル…9着
[結果:アタリ○ 馬連 3-5 1,660円]

阪神11R カノープスステークス 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎12 メイショウカズサ…15着
○ 9 ダノンスプレンダー…3着
▲ 4 バーンスター…4着
△ 2 ネオブレイブ…5着
×14 ☆ハナズレジェンド…1着
☆ 6 ビルジキール…10着
[結果:アタリ△ 複勝 14 860円]

阪神12R 京阪杯 GⅢ 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 3 レッドアンシェル…14着
○ 9 リバティハイツ…8着
▲13 カレンモエ…2着
△10 フィアーノロマーノ…1着
× 4 ☆プリモシーン…10着
☆ 1 ジョイフル…13着
[結果:ハズレ×]

これから、仁川に行きます。
指定席が当たりました。
JCは、阪神競馬場で観戦します。
楽しみです。

[今日の結果:10戦1勝5敗4分]
結果は、さっぱりです。
でも、JCは感動しました。
アーモンドアイさん、お疲れ様でした。
3陣営の皆さん、ありがとうございました。
感動のレースに感謝します。

[もっと見る]

  • 出馬表
  • 重賞攻略
  • 結果・払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 有終9冠だ。ジャパンCが29日、東京競馬場で15頭によって争われ、1番人気のアーモンドアイが直線で抜け出して快勝。ラストランで芝GI9勝目をマークし、国枝栄調教師(65)=美=は安堵の表情を浮かべた。世紀の一戦として注目を集めた3歳3冠馬2頭は、コントレイルが2着、デアリングタクトが3着。これで今秋のGIはここまで1番人気馬が史上最多タイの7連勝となった。

 万感のラストランだ。デビューから2年以上管理してきた国枝調教師は、ルメール騎手の夫人、バーバラさんが手作りしたアーモンドアイ・マスクを着用して最後のレースを見守った。

 「天皇賞のときとは手応えが違った。エネルギーをためて反応できていたし、“これなら”と思ったよ」

 万歳で人馬を出迎えると、愛馬の鼻面をなでて激走をねぎらい、鞍上とがっちりと抱擁をかわした。

 「無事に走ってくれて結果も良かったし、レース後も問題ない。われわれがいろいろと心配することがあっても全てアーモンドは乗り越えてしまう。本当にホッとしました」

 日本の競馬史にきらびやかに輝く女傑と過ごした3年余り。「アーモンドアイは常に夢がふくらむような馬。毎回わくわくさせてくれたね。何回かがっかりもしたけど(苦笑)。自分としては充実した日々を過ごすことができました」と振り返る。

 積み重ねた9つのGIタイトルで「一番うれしかった」と語るのは昨年のドバイターフだ。初めての海外への輸送で20キロ近く馬体重を減らし、トレーナー自身も慣れない環境で体調を崩した。

 それでも女王は強かった。外ラチを目いっぱい手でたたいた指揮官の激励に応え、堂々と抜け出してきた。「勝った騎手への馬上インタビューであったり、外国の競馬は雰囲気が違うよね。おかげで、いろいろと経験できたよ」。若き日にドバイ奨学生として欧州へ渡った国枝師の夢が実現した瞬間だった。

 史上最多の芝GI9勝馬は、来春から繁殖牝馬として次のステージに進む。

 「競馬はブラッドスポーツ。無事に子供を産んでくれて、その子をやらせてもらえるなら、そんなうれしいことはない」

 順調にいけば初子がデビューするのは2024年。国枝師は69歳を迎え、調教師としての集大成となるはずだ。アーモンドアイとの物語はハッピーエンドではなく、第2章が始まったばかりなのかもしれない。 (漆山貴禎)

 ■アーモンドアイ 父ロードカナロア、母フサイチパンドラ、母の父サンデーサイレンス。鹿毛の牝5歳。美浦・国枝栄厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)シルクレーシング。戦績15戦11勝(うち海外1戦1勝)。獲得賞金19億1526万3900円(うち海外3億9570万900円)。重賞は2018年GIIIシンザン記念、GI桜花賞、GIオークス、GI秋華賞、GIジャパンC、19年ドバイGIドバイターフ、GI天皇賞・秋、20年GIヴィクトリアマイル、GI天皇賞・秋に次いで10勝目。ジャパンC国枝栄調教師が2018年アーモンドアイに次いで2勝目。クリストフ・ルメール騎手は2009年ウオッカ、18年アーモンドアイに次いで3勝目。馬名は「美人とされる顔の目の形」。

 ★来春の花婿候補はエピファネイア…生産者のノーザンファーム・吉田勝己代表も有終Vに大喜び。「下見所で落ち着いていたし、体も抜群。レース前から勝てると思ったよ。5歳まで走れるのは本当に大したものだし、これだけの馬は2度と現れないかもしれない」と最大限の賛辞を送り、「初年度の種付けはエピファネイアを考えています」と来春の花婿候補を明かした。現役時、菊花賞(2013年)とジャパンC(14年)を制している父と合わせ、もし実現すれば“GI11冠ベビー”が誕生することとなる。

 ★今秋GIは1番人気7連勝…今秋のJRA・GIは、スプリンターズSから1番人気馬が7連勝。これはグレード制が導入された1984年以降、85年の菊花賞から86年桜花賞までに並ぶ最多タイとなった。

 ★2000年以降最高272億円…ジャパンCの売り上げ金は272億7433万4600円で、昨年比147・5%と増加。3冠馬3頭が激突する空前の一戦に大幅アップで、2000年以降でも最高額となった。入場者は4604人(うち有料入場人員3942人)だった。

 ★国枝栄調教師…JRA重賞は天皇賞・秋以来で今年4勝目、通算54勝目。JRA・GIは今年3勝目、通算19勝目。

 ★C・ルメール騎手…JRA重賞は本馬の天皇賞・秋から5週連続で今年17勝目、通算107勝目。なお、トップは1998年に武豊騎手が記録した6週連続。JRA・GIは通算35勝目。

 ★ロードカナロア産駒…2018年以来、通算2勝目。JRA重賞は天皇賞・秋以来で今年12勝目、通算34勝目。JRA・GIは今年3勝目、通算11勝目。

 ★馬主(有)シルクレーシング(シルク・有限会社シルク名義も含む)…18年以来、通算2勝目。JRA重賞はアルゼンチン共和国杯オーソリティ)以来で今年14勝目、通算69勝目。JRA・GIは天皇賞・秋以来で今年4勝目、通算16勝目。

 ★生産者ノーザンファーム…17年(シュヴァルグラン)、18年、19年(スワーヴリチャード)に続く4連覇で、通算12勝目。JRA重賞は前日の京都2歳Sワンダフルタウン)に続く今年50勝目、通算654勝目。なお、JRA重賞年間50勝は、生産牧場のJRA重賞レース年間勝利の3位タイ。JRA・GIは天皇賞・秋から実施機会4連勝で今年10勝目、通算154勝目(他にJ・GI3勝)。

 ★日本馬の勝利…日本馬は06年(ディープインパクト)から15連勝中。

 ★関東馬の勝利…18年以来で、今年を含む通算成績では関東馬6勝、関西馬20勝、外国馬14勝。

 ★3冠馬同士の対決…これまで4回実現したが、3頭が同一レースに出走するのは初めてのこと。また、3冠馬同士の対決で年上の馬が先着するのは初めてのこと。

 ★牝馬の勝利…18年以来で、通算10勝目。また、今年の牡牝混合GIにおける牝馬の勝利は8勝目で、グレード制導入以降で年間最多。

 ★5歳馬…19年(スワーヴリチャード)に続く勝利で、通算12勝目。

 ★馬番(2)… 11年(ブエナビスタ)以来の勝利で、3勝目。勝利数が最も多いのは(14)番の6勝。

 ★払戻金… 複勝(2)、(6)ともに110円(従来は110円)、枠連〔2〕〔4〕350円(460円)、馬連(2)(6)330円(590円)、ワイド(2)(6)170円(230円)、馬単(2)(6)610円(700円)、3連複(2)(5)(6)300円(960円)、3連単(2)(6)(5)1340円(2690円)は本レースの最低払戻金額。

ジャパンCの着順&払戻金はこちら

【京都2歳S】レースを終えて11月29日() 04:46

 ◆武豊騎手(ラーゴム2着)「惜しかったね。ある程度は思い通りのレースができたし、ラストまで止まってはいない。現状での決め手の差が出たと思うが、将来性はありそう」

 ◆今野調教師(マカオンドール3着)「もう少しスムーズなら、という場面があっただけに残念。馬は良くなっていたし、距離が延びても良さそう。来年に向けて手応えも感じた」

 ◆福永騎手(グロリアムンディ4着)「外に出そうと思ったが、出せない形になってしまいました。うまく乗れず、申し訳ありません」

 ◆岩田望騎手(ダノンドリーマー5着)「半馬身ほど出負けしました。もう1列前の位置が欲しかったですね。でも、スムーズなら重賞でもやれそうです」

 ◆坂井騎手(バスラットレオン6着)「2番手から直線までいい感じで、抜け出すところまでいったのですが…。本質的にはもう少し短い方がいいと思います」

 ◆藤岡康騎手(タガノカイ7着)「このメンバーでも先手が取れたし、最後まで脚も使っています。これから良くなってくると思います」

 ◆川田騎手(ビップランバン8着)「1コーナーまで力みましたが、道中はリズム良く運べました。自分で動ける形の方が結果を得やすいと思います」

 ◆松山騎手(グラティトゥー9着)「折り合いがついて、タメも利いたのですが、前2走とは馬場が違いました。重い馬場の方がいい馬ですね」

 ◆菱田騎手(テリオスルイ10着)「前半は我慢も利いて勝ち馬の後ろから運べたのですが、伸び負けしました」

★28日阪神11R「京都2歳S」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【京都2歳S】鮮やかな末脚でワンダフルタウンが重賞初V 11月29日() 04:45

 京都2歳Sが28日、阪神競馬場で10頭によって争われ、後方を追走した3番人気のワンダフルタウンが差し切って重賞初制覇を飾った。2着は2番人気のラーゴム。1番人気のグロリアムンディは4着だった。

 持続力ある末脚だ。3番人気のワンダフルタウンが、鮮やかに差し切って重賞初制覇を決めた。

 「思ったより展開も向いて、きっちり力を出し切ってくれました。前走を意識して早めに踏んでいって、最後まで長く脚を使ってくれました」

 持ち味を最大限に引き出した和田竜騎手が、笑みを浮かべながら振り返る。序盤は後方で運び、3コーナーあたりから外めを通って進出。直線では馬場の大外から力強く脚を伸ばし、ゴール寸前でラーゴム(2着)を3/4馬身かわした。

 デビュー前の育成段階から評価は高かった。6月の阪神新馬戦ではのちに東スポ杯2歳Sを勝つダノンザキッドに敗れたが、2戦目に新潟芝千八の2歳コースレコードをマークして初勝利。4戦目でタイトルをつかんだ。

 「ルーラーシップ産駒にしてはおとなしくて扱いやすいし、丈夫。2歳馬にしては全てが優秀」と高橋忠調教師は総合力の高さを強調する。次走にはホープフルS(12月26日、中山、GI、芝2000メートル)も視野に入ってきそうだが、「使うかどうかは1週間くらい馬の様子を慎重に見ていきたい」とトレーナー。一方、デビュー戦から手綱を取っている鞍上は「先々が楽しみ。長くいい脚を使えて、決め手もしっかりしているし、頼りになる相棒」と今後に向けて期待を膨らませた。

 これでデビューから4戦全て、上がり3ハロンの時計はメンバー最速(タイ記録も含む)。いずれ迎える大舞台でも、この末脚が大きな武器となるに違いない。 (斉藤弘樹)



ワンダフルタウン 父ルーラーシップ、母シーオブラブ、母の父ディープインパクト。鹿毛の牡2歳。栗東・高橋義忠厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は三田昌宏氏。戦績4戦2勝。獲得賞金4558万3000円。重賞は初勝利。京都2歳S高橋義忠調教師、和田竜二騎手ともに初勝利。馬名の意味は「曲名」。

★28日阪神11R「京都2歳S」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【京都2歳S】武豊騎乗のラーゴムは2着惜敗「将来性はありそう」 11月28日() 18:37

 11月28日の阪神11Rで行われた第7回京都2歳S(2歳オープン、GIII、芝2000メートル、馬齢、10頭立て、1着賞金=3300万円)は、和田竜二騎手騎乗の3番人気ワンダフルタウン(牡、栗東・高橋義忠厩舎)が後方待機策から最後の直線で豪快に差し切って勝利。デビュー4戦目で重賞初制覇を果たした。タイムは2分1秒6(良)。



 京都2歳Sで3勝(オープン特別時代を含めると10勝)を挙げている武豊騎手と新コンビを結成して挑んだラーゴム(2番人気)は、道中は中団で脚を溜めて最後の直線で渋太く伸び先頭に立つも、ゴール寸前で勝ち馬に捕まり2着に惜敗した。



 ◆武豊騎手「惜しかったですね。ある程度は思い通りのレースができたし、ラストまで止まってはいません。現状での決め手の差が出たと思うが、将来性はありそう」

★【京都2歳S】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【京都2歳S】伏兵のマカオンドールが3着善戦 今野師「来年に向けて手応え」 11月28日() 18:36

 11月28日の阪神11Rで行われた第7回京都2歳S(2歳オープン、GIII、芝2000メートル、馬齢、10頭立て、1着賞金=3300万円)は、和田竜二騎手騎乗の3番人気ワンダフルタウン(牡、栗東・高橋義忠厩舎)が後方待機策から最後の直線で豪快に差し切って勝利。デビュー4戦目で重賞初制覇を果たした。タイムは2分1秒6(良)。



 岩田康誠騎手と初コンビを結成したマカオンドール(7番人気)が、中団から末を伸ばして3着に善戦。低評価を覆す好走で、次走以降が楽しみになったと言えそうだ。



 ◆今野貞一調教師「もう少しスムーズなら…という場面があっただけに残念。それでも馬は良くなっていたし、距離が延びても良さそう。来年に向けて手応えも感じた」

★【京都2歳S】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【京都2歳S】1番人気のグロリアムンディは4着…福永「申し訳ありません」 11月28日() 18:35

 11月28日の阪神11Rで行われた第7回京都2歳S(2歳オープン、GIII、芝2000メートル、馬齢、10頭立て、1着賞金=3300万円)は、和田竜二騎手騎乗の3番人気ワンダフルタウン(牡、栗東・高橋義忠厩舎)が後方待機策から最後の直線で豪快に差し切って勝利。デビュー4戦目で重賞初制覇を果たした。タイムは2分1秒6(良)。



 デビュー戦の快勝劇が評価されてキャリア1戦ながら1番人気に支持されたグロリアムンディは、五分のスタートから道中で後方2番手までポジションを下げると、直線では内を突いて前を追ったものの4着止まり。2連勝での重賞初制覇とはならなかった。



 ◆福永祐一騎手「外へ出そうと思ったが、出せない形になりました。うまく乗れず、申し訳ありません」

★【京都2歳S】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 212ビュー

ウマニティオリジナルのスピード指数=U指数が掲載されたネット競馬新聞【U指数競馬新聞】を下記からダウンロードできます。
※4/11より無料会員登録が必要になりました。無料会員登録はこちらからどうぞ。


ラジオN杯京都2歳S・GIIIのU指数競馬新聞はこちら(PDFファイル)
U指数競馬新聞

11月25日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年11月25日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(229)
閲覧 2,069ビュー



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、カトレアステークス・キャピタルステークス・京都2歳ステークス・ジャパンカップ京阪杯の5レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2020年11月28日(土) 東京09R カトレアステークス
【前走の4コーナー通過順別成績(2017~2019年のカトレア賞)】
●2番手以内 [0-0-0-19](3着内率0.0%)
●3番手以下 [3-3-3-10](3着内率47.4%)
→2017~2019年に2歳1勝クラスのレースとして施行されていたカトレア賞は、先行力の高さを活かしたいタイプが不振。オープン特別となった今年も同様の決着を警戒しておくべきでしょう。

<<さらにプラス1!>>
【『血統偏差値』要注目種牡馬】
東京ダ1600m×ヘニーヒューズ×2歳
→3着内率46.2%、複勝回収率130%


▼2020年11月28日(土) 東京11R キャピタルステークス
【前走の条件別成績(2017年以降)】
●G1・G2のレース [3-1-0-4](3着内率50.0%)
●G1・G2のレース以外 [0-2-3-36](3着内率12.2%)
→近年の優勝馬は格の高いレースを経由してきた馬ばかり。なお、前走の条件がG1・G2のレース以外、かつ出走数が12戦以上だった馬は2017年以降[0-0-1-34](3着内率2.9%)と苦戦していました。


▼2020年11月28日(土) 阪神11R ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス
【前走の条件が“JRAのレース”だった馬の、前走の上がり3ハロンタイム順位別成績(2014年以降)】
●1位 [5-5-2-9](3着内率57.1%)
●2位以下 [1-1-4-29](3着内率17.1%)
→前走で出走メンバー中1位の上がり3ハロンタイムをマークしていた馬は堅実。一方、前走の条件が“JRAのレース”、かつ前走の上がり3ハロンタイム順位が2位以下、かつ前走の出走頭数が11頭以下だった馬は2014年以降[0-0-1-21](3着内率4.5%)とあまり上位に食い込めていません。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 12ビュー

《今週の推奨馬》

★土曜日・中山10R・北総S(3歳以上3勝クラス・ダート1800m)
・ダノンファスト
(前走に続いて2度目の推奨)
前走は自己条件に戻って昇級初戦の錦秋Sをクビ差2着に好走。
これでダートでは[3.3.0.0]の連対率100%で全く底を見せておらず、中山ダート1800mも2戦2勝の無敗だ。
右回りダート全体でも3戦3勝の無敗だし、ベストの舞台に戻るなら勝ち負け必至。

★日曜日・阪神10R・逆瀬川S(3歳以上3勝クラス芝1800m)
・ラルナブリラーレ
前走は府中芝1800mの2勝クラス平場戦を4馬身差で圧勝して昇級してきた。
勝ちタイム1.45.9は、前日の準オープンのユートピアSより0.7秒速く、1週前の準オープンのノベンバーSよりも0.8秒も速い優秀な時計。
これで芝1800mは[2.1.0.0]の連対率100%で、今回の阪神でも[1.1.0.0]と実績がある。
阪神では他にもマイル勝ちがあるので、全3勝中2勝が阪神コースだからベストの舞台に戻って勝ち負け必至。

《先週の推奨馬成績》
★土曜日・東京9R・カトレアS
2着タケルペガサス
複勝110円

★日曜日・東京8R・ベゴニア賞
2着ステラリア
複勝110円

これで今年の推奨馬成績は
成績・[34.18.7.49]
勝率・0.314
連対率・0.481
複勝率・0.546

単複回収率(108戦)
単勝・75.0%(8100円)
複勝・66.9%(7230円)
総合・70.9%

《先週の重賞レース◎成績》

★京都2歳S(GⅢ)
2着ラーゴム
複勝150円

★京阪杯(GⅢ)
2着カレンモエ
複勝190円

★ジャパンカップ(GⅠ)
2着コントレイル
複勝110円

これで今年の重賞◎成績は
成績・〔29.18.10.61〕
勝率・0.245
連対率・0.398
複勝率・0.483

単複回収率(118戦)
単勝・60.5%(7150円)
複勝・70.7%(8350円)
総合・65.6%

《先週の重賞以外のメイン◎成績》

★キャピタルS
1着ピースワンパラディ
単勝320円
複勝150円

成績・[29.26.22.71]
勝率・0.195
連対率・0.371
複勝率・0.520

単複回収率(148戦)
単勝・59.4%(8800円)
複勝・85.4%(12650円)
総合・72.4%

11月28日() 17:12 DEEBさん
恥ずかしい馬予想2020.11.28[結果]
閲覧 49ビュー

東京 2R 2歳未勝利[指定]
◎15 レオンベルガー…4着
○11 ジンジャーブラッド…3着
▲14 ボルゲリ…9着
△ 8 フクウン…1着
× 2 ☆セイウンオードリー…8着
[結果:ハズレ×]

東京11R キャピタルステークス (L) 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 5 ピースワンパラディ…1着
○ 9 ウーリリ…10着
▲13 ロードマイウェイ…2着
△ 8 ☆サトノフェイバー…4着
[結果:アタリ○ 馬連 5-13 1,420円]

阪神 2R 2歳未勝利[指定]
◎ 5 ★ショウリュウレーヴ…1着
○ 4 セリシア…4着
▲ 8 ワールドバローズ…2着
△ 3 レッドフランカー…3着
× 9 ユキノフラッシュ…5着
[結果:アタリ○ 単勝 5 230円、複勝 5 120円、馬連 5-8 680円]

阪神 9R 江坂特別 3歳以上2勝クラス(混合)(特指)
◎ 6 レティキュール…1着
○ 3 タイセイシリウス…6着
× 9 ☆ダンシングリッチー…8着
[結果:ハズレ×]

阪神11R ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス GⅢ 2歳オープン(国際)(指定)
◎ 9 ラーゴム…2着
○ 8 ☆ワンダフルタウン…1着
▲ 1 ビップランバン…8着
[結果:アタリ○ 複勝 8 140円、馬連 8-9 710円、ワイド 8-9 300円]

今日は、休みです。
予定は、日刊ゲンダイを買いに行くことだけです。

[今日の結果:5戦3勝2敗0分]
久しぶりの、勝ち越しでプラス終了です。
うれしい!

[もっと見る]

11月28日() 14:13 グリーンセンスセラさん
本日の買い目を公開します!
閲覧 100ビュー

━━━━ 11月28日(土) ━━━━


東京11R
キャピタルS

◎ 5番 ピースワンパラディ
○ 10番 カテドラル
▲ 11番 ソーグリッタリング
△ 9番 ウーリリ
△ 1番 ミラアイトーン
△ 12番 トライン
△ 13番 ロードマイウェイ

三連複軸1頭流し

軸:5
相手:1, 9, 10, 11, 12, 13


---------------------------------------


阪神11R
京都2歳S(G3)

◎ 9番 ラーゴム
○ 5番 グロリアムンディ
▲ 8番 ワンダフルタウン
△ 1番 ビップランバン
△ 2番 バスラットレオン
△ 4番 グラティトゥー
△ 7番 ダノンドリーマー

三連複軸1頭流し

軸:9
相手:1, 2, 4, 5, 7, 8

[もっと見る]

11月28日() 10:52 ゼファーさん
第7回 ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークスGⅢ
閲覧 116ビュー

<馬場状態>

内回り3コーナーから4コーナーに傷みが、向正面直線・外回り3コーナーから4コーナー・
正面直線に軽微な傷みがあります。

今週も馬場状態は良いはず、ただし、差し脚も効く馬場。

<馬券>

ビップランバン:★

バスラットレオン:◎

ワンダフルタウン:〇

ラーゴム:▲

△:
グラティトゥー
グロリアムンディ

【キャピタルステークスリステッド 】

馬場状態を把握したいので、東京のメインレースも馬券購入。

<馬場状態>

JRA発表
3コーナーから4コーナーおよび正面直線に傷みがあります。
野芝約10から12センチメートル、洋芝約14から18センチメートル
Cコース(Aコースから6メートル外に内柵を設置)
芝クッション値:9.0

<馬券>

クリストフ ルメール:1着

戸崎 圭太:2着

3着
ダノングレース
トーセンブレス
ソーグリッタリング
トライン
ロードマイウェイ

[もっと見る]

11月28日() 08:39 DEEBさん
恥ずかしい馬予想2020.11.28
閲覧 80ビュー

趣味が競馬です。へたくそです。当たりません…。
恥ずかしい予想を…記録用に書きます。
今日も競馬を楽しみましょう。

東京 2R 2歳未勝利[指定]
◎15 レオンベルガー
○11 ジンジャーブラッド
▲14 ボルゲリ
△ 8 フクウン
× 2 ☆セイウンオードリー

東京11R キャピタルステークス (L) 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 5 ピースワンパラディ
○ 9 ウーリリ
▲13 ロードマイウェイ
△ 8 ☆サトノフェイバー

阪神 2R 2歳未勝利[指定]
◎ 5 ★ショウリュウレーヴ
○ 4 セリシア
▲ 8 ワールドバローズ
△ 3 レッドフランカー
× 9 ユキノフラッシュ

阪神 9R 江坂特別 3歳以上2勝クラス(混合)(特指)
◎ 6 レティキュール
○ 3 タイセイシリウス
× 9 ☆ダンシングリッチー

阪神11R ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス GⅢ 2歳オープン(国際)(指定)
◎ 9 ラーゴム
○ 8 ☆ワンダフルタウン
▲ 1 ビップランバン

今日は、休みです。
予定は、日刊ゲンダイを買いに行くことだけです。

[もっと見る]

11月28日() 07:13 ジュン☆彡さん
2020年ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス予想🎵
閲覧 140ビュー

ラジオN杯京都2歳S (G3)
2020年11月28日(土) 15:40
阪神/芝2000m
【有力馬】
2枠②バスラットレオン
7枠⑧ワンダフルタウン
8枠⑨ラーゴム

💬予想パターン(1)
 馬連 ⑧ - ⑨ 1点

💬予想パターン(2)
 3連複 ⑧ - ⑨ - ①②③ 3点

💬予想パターン(3)
 3連単 ⑧ ⇄ ⑨ - ①②③ 6点

💬こんなカンジで~👍 
   

[もっと見る]

先週の競馬:番組表

開催日
  • 11月28日(
  • 11月29日(

レース結果

  • 全開催競馬場
  • 5回東京8日目
  • 5回阪神8日目
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
東京
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1600m
11
 フィールザワールド
1.8倍 (①人気)
4
 アンクラウデッド
2.7倍 (②人気)
3
 サノノヒーロー
30.4倍 (⑤人気)
払戻
阪神
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1800m
10
 フランスゴデイナ
4.2倍 (③人気) 超凄馬
11
 エマージングロール
24.1倍 (⑥人気)
9
 ビシャモンテン
10.2倍 (④人気)
払戻
東京
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1400m
8
 フクウン
37.4倍 (⑦人気)
3
 フクノルッカ
124.5倍 (⑩人気)
11
 ジンジャーブラッド
5.4倍 (②人気)
払戻
阪神
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1400m
5
 ショウリュウレーヴ
2.3倍 (①人気)
8
 ワールドバローズ
5.4倍 (②人気)
3
 レッドフランカー
6.6倍 (④人気)
払戻
東京
3R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1800m
13
 バジオウ
5.2倍 (②人気)
4
 シテフローラル
1.5倍 (①人気)
9
 ミッキーセサミ
8.6倍 (③人気)
払戻
阪神
3R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1200m
1
 エナジーロッソ
1.8倍 (①人気)
2
 メイショウヒューマ
3.0倍 (②人気)
6
 サウンドブライアン
121.7倍 (⑨人気)
払戻
東京
4R
障害3歳以上未勝利
障害3歳以上未勝利 障3000m
2
 モサ
3.9倍 (②人気)
3
 ダイシンクローバー
3.1倍 (①人気)
12
 マコトガラハッド
4.3倍 (③人気)
払戻
阪神
4R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1600m
10
 スンリ
5.1倍 (③人気)
9
 マイネルクハージュ
104.5倍 (⑩人気)
4
 インワンシティング
4.9倍 (②人気)
払戻
東京
5R
2歳新馬
2歳新馬 芝1600m
14
 ジャングルキング
1.8倍 (①人気)
12
 エクセルローグ
7.4倍 (③人気)
11
 スマイルフェアリー
3.9倍 (②人気)
払戻
阪神
5R
2歳新馬
2歳新馬 芝1800m
9
 ヴィクティファルス
1.4倍 (①人気)
6
 カサデガ
15.5倍 (④人気)
1
 タナキーボー
7.6倍 (③人気)
払戻
東京
6R
2歳新馬
2歳新馬 ダ1600m
2
 ビーカレイジャス
2.0倍 (①人気)
12
 タイセイスラッガー
4.6倍 (②人気)
11
 モーリスシチー
123.6倍 (⑬人気)
払戻
阪神
6R
2歳新馬
2歳新馬 芝1600m
1
 ティフォーザ
13.4倍 (⑥人気)
5
 エニシノウタ
55.9倍 (⑪人気)
3
 メイショウオニユリ
5.7倍 (③人気)
払戻
東京
7R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス 芝2400m
10
 コトブキテティス
2.3倍 (①人気)
9
 カイザースクルーン
10.7倍 (⑤人気)
12
 アイブランコ
16.9倍 (⑦人気)
払戻
阪神
7R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1800m
13
 メイショウヨカゼ
13.6倍 (⑤人気)
10
 レッドレビン
16.4倍 (⑥人気)
3
 ミッキーメテオ
1.9倍 (①人気) 超凄馬
払戻
東京
8R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス 芝1600m
6
 レッドヴァール
6.0倍 (④人気)
4
 ノルカソルカ
4.0倍 (②人気)
10
 インテンスライト
6.8倍 (⑤人気)
払戻
阪神
8R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス ダ1200m
12
 ゴッドバンブルビー
3.0倍 (①人気)
4
 オンリーワンスター
32.3倍 (⑩人気)
14
 トモジャドット
12.2倍 (⑤人気)
払戻
東京
9R
カトレアステークス
2歳オープン ダ1600m
1
 レモンポップ
2.4倍 (②人気)
11
 タケルペガサス
1.9倍 (①人気)
7
 プルスウルトラ
35.8倍 (⑦人気)
払戻
阪神
9R
江坂特別
3歳以上2勝クラス 芝2600m
6
 レティキュール
8.4倍 (④人気)
5
 ノーチカルチャート
13.0倍 (⑥人気)
2
 トロピカルストーム
13.1倍 (⑦人気)
払戻
東京
10R
銀嶺ステークス
3歳以上3勝クラス ダ1400m
7
 スパーダ
2.0倍 (①人気)
8
 エアコンヴィーナ
14.5倍 (⑦人気)
6
 ロジヒューズ
24.9倍 (⑨人気)
払戻
阪神
10R
竹田城ステークス
3歳以上3勝クラス ダ2000m
10
 メイショウマトイ
94.8倍 (⑬人気)
14
 ヴォウジラール
3.4倍 (①人気)
5
 メイショウダジン
5.1倍 (③人気)
払戻
東京
11R
キャピタルステークス L
3歳以上オープン 芝1600m
5
 ピースワンパラディ
3.2倍 (①人気)
13
 ロードマイウェイ
9.8倍 (⑤人気)
1
 ミラアイトーン
28.3倍 (⑨人気)
払戻
阪神
11R
ラジオN杯京都2歳S G3
2歳オープン 芝2000m
8
 ワンダフルタウン
4.4倍 (③人気)
9
 ラーゴム
3.8倍 (②人気)
6
 マカオンドール
25.6倍 (⑦人気)
払戻
東京
12R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス 芝1400m
1
 セルフィー
3.4倍 (①人気)
2
 フィルムフェスト
9.2倍 (④人気)
11
 ヴェルスパー
9.2倍 (⑤人気)
払戻
阪神
12R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス 芝1200m
4
 ファンタジステラ
4.6倍 (②人気)
6
 ブラックダンサー
3.4倍 (①人気)
5
 トンボイ
8.1倍 (⑤人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
東京
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1600m
11
 フィールザワールド
1.8倍 (①人気)
4
 アンクラウデッド
2.7倍 (②人気)
3
 サノノヒーロー
30.4倍 (⑤人気)
払戻
東京
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1400m
8
 フクウン
37.4倍 (⑦人気)
3
 フクノルッカ
124.5倍 (⑩人気)
11
 ジンジャーブラッド
5.4倍 (②人気)
払戻
東京
3R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1800m
13
 バジオウ
5.2倍 (②人気)
4
 シテフローラル
1.5倍 (①人気)
9
 ミッキーセサミ
8.6倍 (③人気)
払戻
東京
4R
障害3歳以上未勝利
障害3歳以上未勝利 障3000m
2
 モサ
3.9倍 (②人気)
3
 ダイシンクローバー
3.1倍 (①人気)
12
 マコトガラハッド
4.3倍 (③人気)
払戻
東京
5R
2歳新馬
2歳新馬 芝1600m
14
 ジャングルキング
1.8倍 (①人気)
12
 エクセルローグ
7.4倍 (③人気)
11
 スマイルフェアリー
3.9倍 (②人気)
払戻
東京
6R
2歳新馬
2歳新馬 ダ1600m
2
 ビーカレイジャス
2.0倍 (①人気)
12
 タイセイスラッガー
4.6倍 (②人気)
11
 モーリスシチー
123.6倍 (⑬人気)
払戻
東京
7R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス 芝2400m
10
 コトブキテティス
2.3倍 (①人気)
9
 カイザースクルーン
10.7倍 (⑤人気)
12
 アイブランコ
16.9倍 (⑦人気)
払戻
東京
8R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス 芝1600m
6
 レッドヴァール
6.0倍 (④人気)
4
 ノルカソルカ
4.0倍 (②人気)
10
 インテンスライト
6.8倍 (⑤人気)
払戻
東京
9R
カトレアステークス
2歳オープン ダ1600m
1
 レモンポップ
2.4倍 (②人気)
11
 タケルペガサス
1.9倍 (①人気)
7
 プルスウルトラ
35.8倍 (⑦人気)
払戻
東京
10R
銀嶺ステークス
3歳以上3勝クラス ダ1400m
7
 スパーダ
2.0倍 (①人気)
8
 エアコンヴィーナ
14.5倍 (⑦人気)
6
 ロジヒューズ
24.9倍 (⑨人気)
払戻
東京
11R
キャピタルステークス L
3歳以上オープン 芝1600m
5
 ピースワンパラディ
3.2倍 (①人気)
13
 ロードマイウェイ
9.8倍 (⑤人気)
1
 ミラアイトーン
28.3倍 (⑨人気)
払戻
東京
12R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス 芝1400m
1
 セルフィー
3.4倍 (①人気)
2
 フィルムフェスト
9.2倍 (④人気)
11
 ヴェルスパー
9.2倍 (⑤人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
阪神
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1800m
10
 フランスゴデイナ
4.2倍 (③人気) 超凄馬
11
 エマージングロール
24.1倍 (⑥人気)
9
 ビシャモンテン
10.2倍 (④人気)
払戻
阪神
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1400m
5
 ショウリュウレーヴ
2.3倍 (①人気)
8
 ワールドバローズ
5.4倍 (②人気)
3
 レッドフランカー
6.6倍 (④人気)
払戻
阪神
3R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1200m
1
 エナジーロッソ
1.8倍 (①人気)
2
 メイショウヒューマ
3.0倍 (②人気)
6
 サウンドブライアン
121.7倍 (⑨人気)
払戻
阪神
4R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1600m
10
 スンリ
5.1倍 (③人気)
9
 マイネルクハージュ
104.5倍 (⑩人気)
4
 インワンシティング
4.9倍 (②人気)
払戻
阪神
5R
2歳新馬
2歳新馬 芝1800m
9
 ヴィクティファルス
1.4倍 (①人気)
6
 カサデガ
15.5倍 (④人気)
1
 タナキーボー
7.6倍 (③人気)
払戻
阪神
6R
2歳新馬
2歳新馬 芝1600m
1
 ティフォーザ
13.4倍 (⑥人気)
5
 エニシノウタ
55.9倍 (⑪人気)
3
 メイショウオニユリ
5.7倍 (③人気)
払戻
阪神
7R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1800m
13
 メイショウヨカゼ
13.6倍 (⑤人気)
10
 レッドレビン
16.4倍 (⑥人気)
3
 ミッキーメテオ
1.9倍 (①人気) 超凄馬
払戻
阪神
8R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス ダ1200m
12
 ゴッドバンブルビー
3.0倍 (①人気)
4
 オンリーワンスター
32.3倍 (⑩人気)
14
 トモジャドット
12.2倍 (⑤人気)
払戻
阪神
9R
江坂特別
3歳以上2勝クラス 芝2600m
6
 レティキュール
8.4倍 (④人気)
5
 ノーチカルチャート
13.0倍 (⑥人気)
2
 トロピカルストーム
13.1倍 (⑦人気)
払戻
阪神
10R
竹田城ステークス
3歳以上3勝クラス ダ2000m
10
 メイショウマトイ
94.8倍 (⑬人気)
14
 ヴォウジラール
3.4倍 (①人気)
5
 メイショウダジン
5.1倍 (③人気)
払戻
阪神
11R
ラジオN杯京都2歳S G3
2歳オープン 芝2000m
8
 ワンダフルタウン
4.4倍 (③人気)
9
 ラーゴム
3.8倍 (②人気)
6
 マカオンドール
25.6倍 (⑦人気)
払戻
阪神
12R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス 芝1200m
4
 ファンタジステラ
4.6倍 (②人気)
6
 ブラックダンサー
3.4倍 (①人気)
5
 トンボイ
8.1倍 (⑤人気)
払戻

レース結果

  • 全開催競馬場
  • 5回東京9日目
  • 5回阪神9日目
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
東京
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1600m
11
 ゴーストレート
25.2倍 (⑨人気)
4
 タピテール
2.5倍 (①人気)
1
 メリオダス
7.7倍 (③人気)
払戻
阪神
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1400m
14
 メディーヴァル
3.1倍 (①人気)
15
 スマッシャー
3.5倍 (②人気)
13
 コンヴェクトル
58.1倍 (⑩人気)
払戻
東京
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1600m
6
 ジュリオ
3.4倍 (②人気)
16
 ドラミモン
17.0倍 (⑥人気)
18
 マイネルレイヨン
81.3倍 (⑨人気)
払戻
阪神
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝2000m
16
 レイオブウォーター
6.2倍 (②人気)
10
 セファーラジエル
1.7倍 (①人気) 極凄馬
6
 トーホウバロン
238.9倍 (⑮人気)
払戻
東京
3R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝2000m
5
 パープルレディー
1.8倍 (①人気)
10
 フォクシーレディ
9.8倍 (④人気)
12
 ノワールドゥジェ
5.6倍 (③人気)
払戻
阪神
3R
2歳新馬
2歳新馬 ダ1800m
1
 タイセイヴィーナス
11.0倍 (⑤人気)
2
 ヒロノクイーン
5.6倍 (③人気)
6
 インテグラルシチー
3.1倍 (①人気)
払戻
東京
4R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1400m
6
 ファイヴレター
2.2倍 (①人気)
4
 ファイナルマズル
6.4倍 (③人気)
12
 グローサーベア
18.2倍 (⑥人気)
払戻
阪神
4R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1400m
2
 イルミネーター
14.4倍 (⑧人気)
8
 メイショウマサヒメ
3.1倍 (①人気)
4
 ポンペイワーム
8.6倍 (④人気)
払戻
東京
5R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1600m
7
 シークレットアイズ
1.9倍 (①人気)
10
 ハディア
148.3倍 (⑪人気)
6
 スペロデア
4.3倍 (②人気)
払戻
阪神
5R
障害3歳以上未勝利
障害3歳以上未勝利 障2970m
11
 メイショウタカトラ
9.6倍 (④人気)
1
 メイショウキタグニ
11.2倍 (⑤人気)
10
 エイシンクリック
2.5倍 (①人気) 超凄馬
払戻
東京
6R
2歳新馬
2歳新馬 芝1800m
9
 アビッグチア
49.1倍 (⑩人気)
10
 ウインチェレステ
17.9倍 (⑤人気)
2
 ロジローズ
3.8倍 (②人気)
払戻
阪神
6R
2歳新馬
2歳新馬 芝1400m
9
 ドリアード
3.7倍 (①人気)
8
 テーオーディエス
5.3倍 (③人気)
7
 サトノスバル
20.1倍 (⑧人気)
払戻
東京
7R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス ダ1400m
2
 スズカコーズマンボ
8.5倍 (⑤人気)
10
 モリトユウブ
4.6倍 (③人気)
8
 オルクリスト
37.2倍 (⑨人気)
払戻
阪神
7R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス 芝2000m
1
 イルマタル
7.7倍 (③人気)
2
 ラヴユーライヴ
2.7倍 (②人気)
3
 イズジョーノキセキ
1.6倍 (①人気)
払戻
東京
8R
ベゴニア賞
2歳1勝クラス 芝1600m
6
 キングストンボーイ
4.6倍 (③人気)
1
 ステラリア
2.5倍 (①人気) 超凄馬
10
 ヴィクトゥーラ
2.8倍 (②人気)
払戻
阪神
8R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス ダ1800m
5
 アサカディスタンス
24.3倍 (⑩人気)
10
 キャノンバローズ
12.6倍 (⑥人気)
3
 ブルーコンパクタ
6.7倍 (④人気)
払戻
東京
9R
オリエンタル賞
3歳以上2勝クラス 芝2000m
1
 コスモインペリウム
12.2倍 (④人気)
3
 ミモザイエロー
9.7倍 (③人気)
5
 セントオブゴールド
1.7倍 (①人気)
払戻
阪神
9R
白菊賞
2歳1勝クラス 芝1600m
1
 エイシンヒテン
22.5倍 (⑧人気)
3
 スパークル
6.8倍 (④人気)
4
 サトノルーチェ
2.9倍 (①人気)
払戻
東京
10R
シャングリラ賞
3歳以上2勝クラス ダ1600m
9
 オーバーディリバー
3.2倍 (①人気)
13
 フルデプスリーダー
3.4倍 (②人気)
8
 プリミエラムール
135.7倍 (⑭人気)
払戻
阪神
10R
立雲峡ステークス
3歳以上3勝クラス 芝1600m
3
 サトノウィザード
3.0倍 (②人気)
5
 アルティマリガーレ
11.3倍 (⑤人気)
2
 ショウリュウハル
14.2倍 (⑥人気)
払戻
東京
11R
ウェルカムステークス
3歳以上3勝クラス 芝2000m
12
 ヒシイグアス
8.9倍 (⑤人気)
5
 ショウナンハレルヤ
11.3倍 (⑥人気)
6
 ギャラッド
65.0倍 (⑪人気)
払戻
阪神
11R
カノープスステークス
3歳以上オープン ダ2000m
14
 ハナズレジェンド
32.2倍 (⑦人気)
13
 メイショウエイコウ
54.5倍 (⑫人気)
9
 ダノンスプレンダー
3.5倍 (②人気)
払戻
東京
12R
ジャパンカップ G1
3歳以上オープン 芝2400m
2
 アーモンドアイ
2.2倍 (①人気) 超凄馬
6
 コントレイル
2.8倍 (②人気)
5
 デアリングタクト
3.7倍 (③人気)
払戻
阪神
12R
京阪杯 G3
3歳以上オープン 芝1200m
10
 フィアーノロマーノ
5.7倍 (③人気)
13
 カレンモエ
4.6倍 (①人気)
7
 ジョーアラビカ
36.5倍 (⑫人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
東京
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1600m
11
 ゴーストレート
25.2倍 (⑨人気)
4
 タピテール
2.5倍 (①人気)
1
 メリオダス
7.7倍 (③人気)
払戻
東京
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1600m
6
 ジュリオ
3.4倍 (②人気)
16
 ドラミモン
17.0倍 (⑥人気)
18
 マイネルレイヨン
81.3倍 (⑨人気)
払戻
東京
3R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝2000m
5
 パープルレディー
1.8倍 (①人気)
10
 フォクシーレディ
9.8倍 (④人気)
12
 ノワールドゥジェ
5.6倍 (③人気)
払戻
東京
4R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1400m
6
 ファイヴレター
2.2倍 (①人気)
4
 ファイナルマズル
6.4倍 (③人気)
12
 グローサーベア
18.2倍 (⑥人気)
払戻
東京
5R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1600m
7
 シークレットアイズ
1.9倍 (①人気)
10
 ハディア
148.3倍 (⑪人気)
6
 スペロデア
4.3倍 (②人気)
払戻
東京
6R
2歳新馬
2歳新馬 芝1800m
9
 アビッグチア
49.1倍 (⑩人気)
10
 ウインチェレステ
17.9倍 (⑤人気)
2
 ロジローズ
3.8倍 (②人気)
払戻
東京
7R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス ダ1400m
2
 スズカコーズマンボ
8.5倍 (⑤人気)
10
 モリトユウブ
4.6倍 (③人気)
8
 オルクリスト
37.2倍 (⑨人気)
払戻
東京
8R
ベゴニア賞
2歳1勝クラス 芝1600m
6
 キングストンボーイ
4.6倍 (③人気)
1
 ステラリア
2.5倍 (①人気) 超凄馬
10
 ヴィクトゥーラ
2.8倍 (②人気)
払戻
東京
9R
オリエンタル賞
3歳以上2勝クラス 芝2000m
1
 コスモインペリウム
12.2倍 (④人気)
3
 ミモザイエロー
9.7倍 (③人気)
5
 セントオブゴールド
1.7倍 (①人気)
払戻
東京
10R
シャングリラ賞
3歳以上2勝クラス ダ1600m
9
 オーバーディリバー
3.2倍 (①人気)
13
 フルデプスリーダー
3.4倍 (②人気)
8
 プリミエラムール
135.7倍 (⑭人気)
払戻
東京
11R
ウェルカムステークス
3歳以上3勝クラス 芝2000m
12
 ヒシイグアス
8.9倍 (⑤人気)
5
 ショウナンハレルヤ
11.3倍 (⑥人気)
6
 ギャラッド
65.0倍 (⑪人気)
払戻
東京
12R
ジャパンカップ G1
3歳以上オープン 芝2400m
2
 アーモンドアイ
2.2倍 (①人気) 超凄馬
6
 コントレイル
2.8倍 (②人気)
5
 デアリングタクト
3.7倍 (③人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
阪神
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1400m
14
 メディーヴァル
3.1倍 (①人気)
15
 スマッシャー
3.5倍 (②人気)
13
 コンヴェクトル
58.1倍 (⑩人気)
払戻
阪神
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝2000m
16
 レイオブウォーター
6.2倍 (②人気)
10
 セファーラジエル
1.7倍 (①人気) 極凄馬
6
 トーホウバロン
238.9倍 (⑮人気)
払戻
阪神
3R
2歳新馬
2歳新馬 ダ1800m
1
 タイセイヴィーナス
11.0倍 (⑤人気)
2
 ヒロノクイーン
5.6倍 (③人気)
6
 インテグラルシチー
3.1倍 (①人気)
払戻
阪神
4R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1400m
2
 イルミネーター
14.4倍 (⑧人気)
8
 メイショウマサヒメ
3.1倍 (①人気)
4
 ポンペイワーム
8.6倍 (④人気)
払戻
阪神
5R
障害3歳以上未勝利
障害3歳以上未勝利 障2970m
11
 メイショウタカトラ
9.6倍 (④人気)
1
 メイショウキタグニ
11.2倍 (⑤人気)
10
 エイシンクリック
2.5倍 (①人気) 超凄馬
払戻
阪神
6R
2歳新馬
2歳新馬 芝1400m
9
 ドリアード
3.7倍 (①人気)
8
 テーオーディエス
5.3倍 (③人気)
7
 サトノスバル
20.1倍 (⑧人気)
払戻
阪神
7R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス 芝2000m
1
 イルマタル
7.7倍 (③人気)
2
 ラヴユーライヴ
2.7倍 (②人気)
3
 イズジョーノキセキ
1.6倍 (①人気)
払戻
阪神
8R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス ダ1800m
5
 アサカディスタンス
24.3倍 (⑩人気)
10
 キャノンバローズ
12.6倍 (⑥人気)
3
 ブルーコンパクタ
6.7倍 (④人気)
払戻
阪神
9R
白菊賞
2歳1勝クラス 芝1600m
1
 エイシンヒテン
22.5倍 (⑧人気)
3
 スパークル
6.8倍 (④人気)
4
 サトノルーチェ
2.9倍 (①人気)
払戻
阪神
10R
立雲峡ステークス
3歳以上3勝クラス 芝1600m
3
 サトノウィザード
3.0倍 (②人気)
5
 アルティマリガーレ
11.3倍 (⑤人気)
2
 ショウリュウハル
14.2倍 (⑥人気)
払戻
阪神
11R
カノープスステークス
3歳以上オープン ダ2000m
14
 ハナズレジェンド
32.2倍 (⑦人気)
13
 メイショウエイコウ
54.5倍 (⑫人気)
9
 ダノンスプレンダー
3.5倍 (②人気)
払戻
阪神
12R
京阪杯 G3
3歳以上オープン 芝1200m
10
 フィアーノロマーノ
5.7倍 (③人気)
13
 カレンモエ
4.6倍 (①人気)
7
 ジョーアラビカ
36.5倍 (⑫人気)
払戻

超凄馬、極凄馬とは?

ウマニティが独自に開発した高精度スピード指数=U指数(ウマニティVIPクラブ会員向けコンテンツ)をもとに、U指数1位馬が指数2位馬との間につけた指数差が「2.0以上」の時に1位馬は 超凄馬 超凄馬となり、「4.0以上」になるとさらに格上の 極凄馬 極凄馬に指定されます。

<『凄馬』の成績>

超凄馬 超凄馬…勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬 極凄馬…凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
(集計期間:2008年6月1日~2020年11月29日、集計数:39,854レース分)

●開催日の凄馬をメールで無料配信中!

会員登録(無料)後に配信メール設定から凄馬メール(毎週開催日前日、開催終了翌日)をお受け取りいただけます。
※ウマニティ会員登録(無料)がお済みでない方はコチラ
※ウマニティ会員の方はコチラ(各種メール設定)

会員登録(無料)でできること
データベース検索

キーワード検索

» さくいん検索

開催スケジュール
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
151,956万円
2 オジュウチョウサン 牡9
78,186万円
3 グランアレグリア 牝4
72,022万円
4 ラッキーライラック 牝5
69,247万円
5 キセキ 牡6
66,256万円
6 フィエールマン 牡5
63,378万円
7 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
8 クロノジェネシス 牝4
57,002万円
9 マカヒキ 牡7
56,210万円
10 サートゥルナーリア 牡4
52,359万円
» もっと見る

3歳
1 コントレイル 牡3
79,611万円
2 デアリングタクト 牝3
47,318万円
3 サリオス 牡3
33,089万円
4 レシステンシア 牝3
20,813万円
5 ラウダシオン 牡3
19,965万円
6 オーソリティ 牡3
15,779万円
7 ヴェルトライゼンデ 牡3
15,081万円
8 タイセイビジョン 牡3
14,621万円
9 ウインマリリン 牝3
13,921万円
10 サトノフラッグ 牡3
13,424万円
» もっと見る