会員登録はこちら
スプリンターズS G1   日程:2018年9月30日() 15:40 中山/芝1200m

レース結果

スプリンターズS G1

2018年9月30日() 中山/芝1200m/16頭

本賞金:11,000万 4,400万 2,800万 1,700万 1,100万


レコード:1分06秒7
天候:
馬場:稍重



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 4 8

ファインニードル

牡5 57.0 川田将雅  高橋義忠 470(0) 1.08.3 2.8 1
2 5 9

ラブカンプー

牝3 53.0 和田竜二  森田直行 436(+2) 1.08.3 クビ 31.7 11
3 1 1

ラインスピリット

牡7 57.0 武豊  松永昌博 444(+2) 1.08.4 1/2 63.7 13
ラップタイム 11.7 - 10.3 - 11.0 - 11.3 - 11.5 - 12.5
前半 11.7 - 22.0 - 33.0 - 44.3 - 55.8
後半 56.6 - 46.3 - 35.3 - 24.0 - 12.5

■払戻金

単勝 8 280円 1番人気
複勝 8 150円 1番人気
9 510円 9番人気
1 1,400円 14番人気
枠連 4-5 1,150円 4番人気
馬連 8-9 4,140円 15番人気
ワイド 8-9 1,340円 15番人気
1-8 3,740円 40番人気
1-9 13,850円 87番人気
馬単 8-9 5,260円 20番人気
3連複 1-8-9 65,370円 165番人気
3連単 8-9-1 209,620円 578番人気

スプリンターズSのニュース&コラム

【凱旋門賞】武クリンチャーの乱「意外性に期待したい」
 世界最高峰のレース・凱旋門賞(仏GI、芝2400メートル)が7日、フランスのパリロンシャン競馬場で行われる。サンケイスポーツでは、クリンチャー(栗・宮本、牡4)の手綱を取る武豊騎手(49)=栗・フリー=に直撃インタビュー。4000勝ジョッキーが前哨戦のフォワ賞を振り返り、大一番への思いを語った。 (取材構成・山口大輝) ――前哨戦のフォワ賞は最下位の6着 「もうちょっとやれるかな、と思ったけどね。ただ、体に余裕もあったので。そういう仕上げでしたしね。上がり勝負では分が悪かった。悪くないレースはできたと思います」 ――叩き良化型の馬 「叩いて良くなる馬ですよ。(本番は)雨が降った方がいいんじゃないかな。これまでそんな日本馬はいなかったね(笑)。本番は競馬も変わってくる。(ペースも)流れるだろうし、(持ち味が生きる)スタミナ勝負になるだろうからね」 ――レースのイメージ 「どれか行くでしょうし、全体的に流れると思う。誰も行かなかったら(ハナに)行ってもいいしね。同じ競馬場、距離で1回できたので、いろいろ修正したい。馬も2回目になるし、人も経験できたのは大きい」 ――2013年キズナ(4着)以来の参戦 「キズナ以来か。(今回は)伏兵にはなりますけど、ワクワクしますね。ヨーロッパ最高峰のレースだし、僕にとっても目標のレース。毎年、騎乗したいレースです」 ――クリンチャーには今年から騎乗している 「年明けに前田幸治オーナーから、『クリンチャーで(凱旋門賞を)目指すぞ』と声をかけてもらいました」 ――国内GI未勝利馬の挑戦となる 「ありだとは思いますけどね。うまくかみ合えば。ジェニアルだって特別レースも勝っていなかったのにGIII(今年7月の仏GIIIメシドール賞)を勝ったしね」 ――日本馬のレベル自体は欧州馬と遜色ない 「そうですね。世界各国で結果を出していますからね。日本馬が(凱旋門賞を)勝っていないというのは不思議ですよね。他のレースは勝っているのに、凱旋門賞だけが残った感じ」 ――日本競馬界の悲願がかかる 「全く人気はないけど、これまでもそうやって走ってきた馬(3勝は14、5、4番人気)。意外性に期待したいですね」★スプリンターズSで20万馬券演出 武豊騎手は29日に前人未到のJRA通算4000勝を達成。新たな金字塔を打ち立てると、続く30日のGIスプリンターズSでは13番人気の伏兵ラインスピリットを3着に導き、3連単20万9620円という波乱を演出した。大記録にも満足することはなく「早く4001勝をしたいですね」と意気込む天才ジョッキー。今週のパリロンシャンではラルク(栗・松永幹、牝5)でオペラ賞、ジェニアル(同、牡4)でフォレ賞と、日本馬で他にも2つのGIに騎乗する。4001勝はフランスで達成!?★3年ぶりパリロンシャン 凱旋門賞の舞台は、3年ぶりにパリロンシャン競馬場に戻ってくる。2015年凱旋門賞の後から改修工事で休止。ここ2年はシャンティイ競馬場で開催されていた。競馬場名は従来の「ロンシャン」から「パリロンシャン」へと改称。総工費1億4000万ユーロ(約185億円)をかけてメインスタンドのデザインなどを一新した。また、パドックは従来の左回りから右回りに変更。入場門、検量室などもリニューアルされた。武 豊(たけ・ゆたか) 1969(昭和44)年3月15日生まれ、49歳。京都府出身。父は騎手時代“ターフの魔術師”といわれた故・武邦彦氏。87年にデビューし、89、90年、92~2000年、02~08年に全国リーディング首位。同一年に最多勝利騎手、最高勝率騎手、最多賞金獲得騎手を受賞した騎手に贈られる騎手大賞を9回受賞。1日現在、JRA通算2万1242戦4000勝、うち重賞はGI75勝を含む329勝。JRA以外では地方通算194勝(うち交流GI31勝)、海外GIは9勝。1メートル70、51キロ。
2018年10月2日(火) 05:05

 1,048

【スプリンター】ファインが春秋スプリント王!
 第52回スプリンターズステークス(30日、中山11R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝・外1200メートル、1着本賞金1億1000万円 =出走16頭)秋のGI開幕戦は、川田将雅騎乗で春の高松宮記念を勝ったファインニードルが、1番人気に応えて史上5頭目の春秋スプリントGI制覇を達成した。タイム1分8秒3(稍重)。このあとは未定だが、香港スプリントなどが候補に挙がっている。2着は唯一の3歳馬ラブカンプー、3着は武豊騎手のラインスピリット。香港のラッキーバブルズは競走を中止した。 雨がやんだそのとき、鋭い末脚でゴールを貫いた。中山の坂を外から一気に駆け上がった春の王者、ファインニードルがクビ差で史上5頭目の同一年春秋スプリントGI制覇を達成。現役最速馬の座を死守した。 「春秋スプリントGIを勝ちきってくれたことをうれしく思います」 再び降り出した雨の中でも、川田騎手の表情は晴れやか。自分の馬が一番強いと信じてゴール前の接戦を制し、ホッとした様子だ。 スタートから中団の外めは、いつものポジショニング。だが、3コーナーを過ぎてジョッキーの手が動いても、瞬時に反応はしなかった。直線入り口では8番手。先行勢の脚いろに衰える様子はなかったが、坂の手前でエンジンに火がついた。あっという間に差を詰めると、計ったように先頭でゴールに飛び込んだ。 「返し馬では『いいな』という感じではなかったけど、競馬ではしっかり走ってくれる。道中もいい流れではなかったし、4コーナーの手応えもあまり良くなかったので、ただただ信じるのみでした」 ジョッキーの信念が呼び込んだ勝利。川田騎手はこの夏、英国に遠征した。ファインニードルの馬主で英国の本家ゴドルフィンの所有馬にも騎乗。海外での経験を糧にして秋のGIシリーズで好スタートを切った。 高橋忠調教師は「昨年のこのレース(12着)の後、放牧から帰ってきて別馬かと思うほど、成長していました。あそこが転機だったのかな」と、本格化した時期を振り返る。この後は、優先出走権を得た米GIブリーダーズCターフスプリント(11月3日、チャーチルダウンズ、芝1100メートル)や、暮れの香港スプリント(12月9日、シャティン、GI、芝1200メートル)でのリベンジを期待する声もあるが、「まだ白紙」と話す。だが、「もし(香港に)行くことになったら、春とはまた違った思いで行くことになると思います」と、自信ものぞかせた。 川田騎手も「今年、国内では負けていないわけですし、日本の短距離界の頂点として歩んでいってほしいですね」と、チャンピオンスプリンターとしての自信を深めた様子だ。これで最優秀短距離馬のタイトルはほぼ確定。本格化した日本最速馬の走りを、今度は世界に見せつけるときがきそうだ。 (柴田章利)★30日中山11R「スプリンターズS」の着順&払戻金はこちら★アラカルト ◆春秋スプリントGI制覇 同一年では5頭目。この他、ビリーヴが2002年スプリンターズS、03年高松宮記念、カレンチャンが11年スプリンターズS、12年高松宮記念を制覇している。 ◆スプリント重賞年間最多勝 ファインニードルは今年、シルクロードS、産経賞セントウルSも制覇。スプリント(1000~1200メートル)重賞年間4勝は単独1位。3勝は2度記録したロードカナロア(海外も含む)の他、6頭がいる。 ◆川田将雅騎手 07年サンアディユ(2着)が最初の挑戦で、6度目の今回が初勝利。JRA・GIは12勝目。 ◆高橋義忠調教師 昨年のファインニードル(12着)に次ぐ2度目の挑戦だった。JRA・GIは2勝目。 ◆アドマイヤムーン産駒 JRA・GIは3勝目。ファインニードルの2勝の他、セイウンコウセイの昨年の高松宮記念Vがある。 ◆関西馬 1990年のGI昇格後、15年ストレイトガール以来の17勝目。関東馬は9勝で、他に香港2勝、豪州1勝。★入場&売り上げ 台風24号の影響で30日の中山競馬場の入場人員は2万4336人で前年比65・1%と大幅にダウンしたが、秋最初のGIスプリンターズSの売り上げは126億850万3700円で、同100・8%と僅かながらアップした。今年の平地GIの売り上げは13レース中、フェブラリーS、大阪杯、皐月賞、天皇賞・春、宝塚記念以外の8レースが前年を上回っている。ファインニードル 父アドマイヤムーン、母ニードルクラフト、母の父マークオブエスティーム。鹿毛の牡5歳。栗東・高橋義忠厩舎所属。北海道日高町ダーレー・ジャパン・ファーム(有)の生産馬。馬主はゴドルフィン。戦績27戦10勝(うち海外1戦0勝)。獲得賞金4億9141万3600円(うち海外1313万7600円)。重賞は2017年GII産経賞セントウルS、18年GIIIシルクロードS、GI高松宮記念、GII産経賞セントウルSに次いで5勝目。スプリンターズSは高橋義忠調教師、川田将雅騎手ともに初勝利。馬名は「細針」。
2018年10月1日(月) 05:07

 672

【スプリンター】ダーレー・ジャパン福田マネジャー「期待通り」
 第52回スプリンターズステークス(30日、中山11R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝・外1200メートル、1着本賞金1億1000万円 =出走16頭)秋のGI開幕戦は、川田将雅騎乗で春の高松宮記念を勝ったファインニードルが、1番人気に応えて史上5頭目の春秋スプリントGI制覇を達成した。 豪快な差し切りとはいへ、クビ差の辛勝。それでも、ダーレー・ジャパンの福田洋行マネジャーと、ウィリアム・ボールディング、トレーニングマネジャーは、愛馬の勝利を信じて疑わなかった。「外々を回って、よく最後までたえて伸びてくれた。期待通りだった」と福田さんが言えば、ボールディングさんも「川田騎手は完璧だった」と笑顔で答えた。 生産者のダーレー・ジャパン・ファームのハリー・スウィーニィ代表は、ドバイのモハメド殿下に同行、アイルランドのセリに参加しており不在だったが、福田さんは「良い報告ができるのがうれしい」と話す。国際的な馬主組織として知られるゴドルフィンは、この勝利で今年、世界各国でGI21勝目となった。 今後について福田さんは、「暮れの香港など、これから煮詰めていくのでしょう」と話すにとどめた。 同牧場では昨年2月25日に全妹(父アドマイヤムーン)が誕生。この馬も日本でデビューする予定だ。★30日中山11R「スプリンターズS」の着順&払戻金はこちら
2018年10月1日(月) 05:06

 654

【スプリンター】ナックビーナス、最後力尽き7着
 第52回スプリンターズステークス(30日、中山11R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝・外1200メートル、1着本賞金1億1000万円 =出走16頭)モレイラ効果もあり2番人気に推されたナックビーナスは7着。絶好の3番手でレースを進めて直線も粘っていたが、最後は力尽きた。JRA・GI初制覇を狙ったモレイラ騎手は、「渋った馬場のせいか、きょうはレース中にモタれたり、バランスが取りにくかった。前走のように、この馬の能力をフルに引き出すことができなかった」と、キーンランドCに続くVはならず肩を落とした。★30日中山11R「スプリンターズS」の着順&払戻金はこちら
2018年10月1日(月) 05:05

 979

スプリンターズSのニュースをもっと見る >

【スプリンター】香港ラッキーバブルズ日本馬撃破へ豪快11秒9
 香港からの刺客ラッキーバブルズは、プレブル騎手が騎乗して中山競馬場の芝コースへ。馬場入りの際には物見をして頭を上げる素振りを見せていたが、ジョッキーがムチで叩くとシャキッと集中。キャンターからペースアップして、直線の坂に差しかかって軽く仕掛けられると力強く駆け上がり、ラスト1F11秒9(5F74秒1)をマークした。 「1頭だけなので最初は迷っていたが、いったん走り出してしまえば問題はない。馬場が軟らかいので時計はそれほど速くないだろうけど、いい動きだよ」と、プレブル騎手は笑顔で好状態を伝えた。 ブリンカーの着用や舌を縛るなど、集中力を増す工夫もして臨む可能性があり、「この馬は安定感がある。日本の速いペースはリラックスして走れるのでは」と期待していた。10年ウルトラファンタジー(香港)以来の外国馬Vを狙う。(夕刊フジ)★スプリンターズSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年9月27日(木) 11:22

 2,220

【スプリンター】厩舎の話
 アレスバローズ・角田調教師「テンションを上げないように気をつけた。能力を出し切れば」 スノードラゴン・高木調教師「左後肢を痛めて前哨戦を使えなかったのが誤算。イマイチ」 セイウンコウセイ・池添騎手「気を抜かせないように最後はしっかり伸ばした。脚さばきや走りの感じは前走よりいい」 ダイメイプリンセス・森田調教師「イレ込みはマシだし、体も成長。この舞台は脚質的に合う」 ティーハーフ・西浦調教師「ジョッキーも馬のことは分かっている。自分のレースをするだけ」 ナックビーナス・杉浦調教師「春より体にボリュームが増して、完成してきている。馬の能力を100%出し切って結果につながれば」 ヒルノデイバロー・昆調教師「前走は洋芝の道悪が合わず、デキも函館SSより良くなかった。今は前々走に近い状態」 ファインニードル・高橋忠調教師「賢い馬でスイッチの入れどきが分かかっている。チーム・ゴドルフィンで大きなタイトルをモノにしたい」 ムーンクエイク・藤沢和調教師「動きはいいんじゃないか。千二も2回目だから少しは違う」 ラインスピリット・松永昌調教師「今週はしまい重点。年齢を重ねつつ、充実してきた」 ラブカンプー・森田調教師「今年9戦目になるが、疲れを見せていない。体も増えている」 レッツゴードンキ・梅田調教師「年齢的なものは気になるが、臨戦過程は去年よりいい」 レッドファルクス・尾関調教師「戸崎騎手に感触をつかんでもらった。動きは良かったし、去年と同じような感じ」 ワンスインナムーン・斎藤誠調教師「今回は不安なくいける。馬自身も分かっているのか、前向きさがある」(夕刊フジ)★スプリンターズSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年9月27日(木) 11:21

 2,506

【スプリンター】レッドファルクス、極上の走り再び
 スプリンターズSの追い切りが26日、東西トレセンで行われた。美浦では、JRA史上初の同一平地GI3連覇がかかるレッドファルクスが、新コンビの戸崎騎手を背に併せ馬で先着。1週前と一変の動きに名手も絶賛した。ワンスインナムーンがサンケイスポーツ調教評価で最高の『S』となった。 初コンタクトの鞍上に“極上”の印象を抱かせた。JRA同一平地GI3連覇がかかるレッドファルクスは、新コンビの戸崎騎手を背にWコースで4ハロン52秒5-12秒5をマークし、併せ馬で先着。史上初の快挙へ、上々の仕上がりをアピールだ。 「またがった瞬間から違った。力があるし、筋肉の質もいいし、背中もいい。GI馬の中でも、さらに上の感触。圧倒されるような感じがあった。さすが2連覇するだけの馬ですね」 関東のリーディングを走る名手が絶賛する。動きはこの1週間で一変。先週は追われながら僚馬トップライセンス(1000万下)に1馬身の後れをとったが、この日は同じ相手をインからあっさり1馬身引き離した。「先週の映像を見てどんな感じかと思ったけど、いい反応をして、その後のギアの入り、フットワークも良かった。こういう馬にまたがれてうれしいだけじゃなく、勝ちたい」と戸崎騎手は自信を深めた様子だ。 7歳を迎えた今年の成績は過去2年と比べて物足りないが、近2走は行き脚がつかず競馬に参加できていない。それを解消すべく、この中間は追い切りでメンコ(耳覆い)を外し、2週前にはゲートから実戦を想定して追うなど、尾関調教師は対策を講じてきた。「メンコを外せば、ピリッとしてくるところがあるし、ジョッキーとのコンタクトを近くする意味合いもある。状態は去年と同じくらい」と復活の手応えを感じ取っている。 唯一の誤算は主戦のM・デムーロ騎手が乗れなくなったことだが、それも「関東ナンバーワンの騎手が空いていた。レッドファルクスが勝つ前のこのレースを勝ったジョッキーですから」。王者に運は残っている。 「前人、いや前馬未到ですかね。馬も元気。最高の結果を目指したい」とトレーナー。 もう一度、圧巻の走りを-。大偉業を前に芦毛の王者が奮い立つ。 (板津雄志)★スプリンターズSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年9月27日(木) 05:06

 2,315

【スプリンター】ファインニードル・川田トーク
 --前走を振り返って 「追い切りに乗って、前哨戦の仕上げで、これを使って良くなりそうだなという感触でした。雨が降って、外枠(15頭立て(14)番)で、いい条件ではなかったですが、いい雰囲気で競馬を組み立てて、いい内容で無事にゴールできてホッとしました」 --春と比べて 「そんなに表立って変わったところはないですが、レース内容だったり、前走のような条件で勝ち切ったり、GI馬らしいGI馬になったなと思います」 --中山芝1200メートルの舞台について 「中京とはまた違ったレースで、枠順によっても大きく変わってきます」 --意気込みを 「春はギリギリでも勝ってくれて、秋初戦もいい内容で終えられました。秋も一番望みうる結果を出せればと思います」★スプリンターズSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年9月27日(木) 05:05

 1,960

スプリンターズSの直前追い切り情報をもっと見る >

スプリンターズSの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

9月30日 15:38更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv114 
280円 28,000円
Lv107 
150円 15,000円
Lv106 
1,150円 2,300円
Lv105 
280円 18,200円
Lv104 
510円 5,100円

的中情報をもっと見る >

スプリンターズS過去10年の結果

2017年10月1日() 中山競馬場/芝1200m 天候: 馬場:
2016年10月2日() 中山競馬場/芝1200m 天候: 馬場:
1着 レッドファルクス M.デムーロ 1:07.6 9.2倍 103.7
2着 ミッキーアイル 松山弘平 アタマ 8.2倍 103.7
3着 ソルヴェイグ 田辺裕信 クビ 27.1倍 103.7
2015年10月4日() 中山競馬場/芝1200m 天候: 馬場:
1着 ストレイトガール 戸崎圭太 1:08.1 4.4倍 102.8
2着 サクラゴスペル 横山典弘 3/4 28.8倍 101.8
3着 ウキヨノカゼ 四位洋文 クビ 19.6倍 100.7

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

スプリンターズSのデータ分析とレース傾向

コース図中山芝1200m

秋のG1シリーズの幕開けを告げる一戦で、国内外からトップスプリンターが集う。上位人気が比較的強く、競馬史にその名をのこす一流馬が快勝するシーンも多々見られるが、時にヒモが荒れて波乱が起こることもある、つかみどころのないレースだ。G1実績のない馬の激走も少なくない。セントウルSやキーンランドCといった主要前哨戦を使ってきた組と、夏場を休養に充ててきた組はほぼがっぷり四つで、好走馬のローテーションは多岐にわたる。馬券検討には毎年頭を悩まされるが、それだけ攻略しがいのある一戦ということがいえよう。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

スプリンターズSステップレース

2018年9月9日() 阪神競馬場/芝1200m
天候: 馬場:
1着 14 ファインニードル 川田将雅 1:08.8 3.4倍 101.6
2着 2 ラブカンプー M.デムーロ 1 1/2 3.9倍 99.6
3着 13 グレイトチャーター 幸英明 1/2 20.0倍 98.5
4着 4 コウエイタケル 小牧太 1/2 69.7倍 97.5
5着 8 ラインスピリット 森一馬 アタマ 28.2倍 97.5
2018年8月26日() 札幌競馬場/芝1200m
天候: 馬場:稍重
1着 11 ナックビーナス J.モレイラ 1:09.4 3.7倍 108.7
2着 7 ダノンスマッシュ 北村友一 2 1/2 6.4倍 104.6
3着 4 ペイシャフェリシタ 田辺裕信 クビ 26.2倍 103.6
4着 13 キャンベルジュニア M.デムーロ 1 1/4 8.3倍 101.5
5着 2 スターオブペルシャ 内田博幸 1/2 79.9倍 100.5
5着 6 レッツゴードンキ 岩田康誠 1/2 4.1倍 100.5
2018年7月29日() 新潟競馬場/芝1000m
天候: 馬場:
1着 15 ダイメイプリンセス 秋山真一郎 0:53.8 2.7倍 107.3
2着 8 ラブカンプー M.デムーロ 1 1/4 5.4倍 104.7
3着 12 ナインテイルズ 戸崎圭太 1 1/4 18.6倍 102.1
4着 7 レジーナフォルテ 杉原誠人 1/2 9.6倍 100.9
5着 6 ラインスピリット 森一馬 1 3/4 21.7倍 97.0
2018年7月1日() 中京競馬場/芝1200m
天候: 馬場:
1着 8 アレスバローズ 川田将雅 1:07.0 9.1倍 103.2
2着 10 ナガラフラワー 高倉稜 1 1/4 20.7倍 101.1
3着 9 セカンドテーブル 水口優也 1/2 14.0倍 100.1
4着 18 アサクサゲンキ 武豊 1/2 6.7倍 99.1
5着 3 レーヴムーン 荻野極 クビ 74.6倍 99.1

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

スプリンターズSの歴史と概要


2012、13年の優勝馬ロードカナロア

後世に語り継がれる“伝説の一戦”や“衝撃の一戦”には枚挙に暇がなく、日本競馬史上最強スプリンターと並び称されるサクラバクシンオーロードカナロアが、いずれも圧倒的な強さで連覇(前者が第27~28回、後者が第46~47回)。1998年の第32回は、引退レースとしてこのレースに臨み、誰もが勝利を信じて疑わなかった単勝1.1倍のタイキシャトルがよもやの3着に敗れ、競馬界に衝撃が走った。2000年の第34回は16頭立ての最低人気、単勝257.5倍のダイタクヤマトが逃げ切り勝ちを収め、場内が騒然。2005年の第39回は、当時の世界最強スプリンターサイレントウィットネス(香港)が噂に違わぬ異次元の強さを見せつけ、ファンの喝采と溜息を誘った。

▼2005年は香港馬サイレントウィットネスが異次元の強さを見せつけた。

歴史と概要をもっと見る >

スプリンターズSの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年11月17日(
東京スポーツ杯2歳S  G3
2018年11月18日(
マイルチャンピオンS  G1

競馬番組表

2018年11月17日(
3回福島5日目
5回東京5日目
5回京都5日目
2018年11月18日(
3回福島6日目
5回東京6日目
5回京都6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
88,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
86,512万円
3 レイデオロ 牡4
73,559万円
4 オジュウチョウサン 牡7
55,899万円
5 サトノクラウン 牡6
48,604万円
6 マカヒキ 牡5
48,298万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 ファインニードル 牡5
47,828万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
41,720万円
2 ワグネリアン 牡3
36,086万円
3 エポカドーロ 牡3
27,016万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 フィエールマン 牡3
17,886万円
6 ケイアイノーテック 牡3
17,668万円
7 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
8 ステルヴィオ 牡3
16,395万円
9 エタリオウ 牡3
14,754万円
10 ジェネラーレウーノ 牡3
14,217万円
» もっと見る