レシステンシア(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
レシステンシア
レシステンシア
レシステンシア
レシステンシア
レシステンシア
レシステンシア
レシステンシア
写真一覧
現役 牝5 鹿毛 2017年3月15日生
調教師松下武士(栗東)
馬主有限会社 キャロットファーム
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績16戦[5-5-2-4]
総賞金44,952万円
収得賞金23,150万円
英字表記Resistencia
血統 ダイワメジャー
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
スカーレットブーケ
マラコスタムブラダ
血統 ][ 産駒 ]
Lizard Island
Mapul Wells
兄弟 グラティアスミッキーブラック
市場価格
前走 2022/06/05 安田記念 G1
次走予定

レシステンシアの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
22/06/05 東京 11 安田記念 G1 芝1600 1881621.0911** 牝5 56.0 横山武史松下武士 512
(+2)
1.32.7 0.433.6⑤⑥ソングライン
22/05/15 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 184712.863** 牝5 55.0 横山武史松下武士 510
(-6)
1.32.5 0.334.1ソダシ
22/03/27 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 18472.216** 牝5 55.0 横山武史松下武士 516
(+18)
1.08.6 0.335.2ナランフレグ
21/12/12 香港 5 香港スプリン G1 芝1200 12--------2** 牝4 55.5 C.スミヨ松下武士 498
(--)
1.08.7 0.1----スカイフィールド
21/10/03 中山 11 スプリンター G1 芝1200 166123.422** 牝4 55.0 C.ルメー松下武士 506
(-2)
1.07.4 0.333.5④④ピクシーナイト
21/09/12 中京 11 セントウルS G2 芝1200 17481.911** 牝4 54.0 C.ルメー松下武士 508
(+4)
1.07.2 -0.034.0ピクシーナイト
21/05/16 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 188187.126** 牝4 55.0 武豊松下武士 504
(-2)
1.31.9 0.934.1グランアレグリア
21/03/28 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 188162.912** 牝4 55.0 浜中俊松下武士 506
(-2)
1.09.2 0.034.5⑥⑦ダノンスマッシュ
21/02/28 阪神 11 阪急杯 G3 芝1400 17482.411** 牝4 54.0 北村友一松下武士 508
(+8)
1.19.2 -0.333.8ミッキーブリランテ
20/11/22 阪神 11 マイルCS G1 芝1600 17129.948** 牝3 54.0 北村友一松下武士 500
(+24)
1.32.8 0.834.3グランアレグリア
20/05/10 東京 11 NHKマイル G1 芝1600 18233.012** 牝3 55.0 C.ルメー松下武士 476
(-6)
1.32.7 0.234.7ラウダシオン
20/04/12 阪神 11 桜花賞 G1 芝1600 188173.712** 牝3 55.0 武豊松下武士 482
(-6)
1.36.3 0.238.2デアリングタクト
20/03/07 阪神 11 チューリップ G2 芝1600 14341.413** 牝3 54.0 北村友一松下武士 488
(+4)
1.33.5 0.234.2マルターズディオサ
19/12/08 阪神 11 阪神JF G1 芝1600 162411.241** 牝2 54.0 北村友一松下武士 484
(-4)
1.32.7 -0.835.2マルターズディオサ
19/11/02 京都 11 ファンタジー G3 芝1400 154613.661** 牝2 54.0 北村友一松下武士 488
(-2)
1.20.7 -0.234.9マジックキャッスル
19/10/14 京都 5 2歳新馬 芝1400 187131.411** 牝2 54.0 武豊松下武士 490
(--)
1.22.9 -0.235.8キーダイヤ

レシステンシアの関連ニュース

9月22日(木)の栗東トレセンでは、2歳馬34頭がゲート試験に合格。デビューへの関門を突破した。

アウロス(母アサクサフルート、牝、上村洋)

アズライトムーン(母アズールムーン、牝、池添学

アリクテラー(母シャスターデイジー、牡、武幸)

カフェノワール(母デプロマトウショウ、牝、池江寿)

ガルミッシュ(母フィドゥーシア、牡、松永幹)=祖母ビリーヴスプリンターズS高松宮記念・GⅠなど重賞4勝

カレンチャンキー(母カレンコティヤール、牝、鈴木孝)

クリーデンス(母クルゼファー、牝、吉村圭)

グレン(母Purely Hot、牡、野中賢)

コイニョウボウ(母ラプザントゥール、牝、中尾秀)

ジャスティンボルト(母マラコスタムブラダ、牡、友道康)=半姉レシステンシア阪神JF・GⅠなど重賞4勝~現役、半兄グラティアスは京成杯・GⅢ勝ち~現役

スイープラン(母ブランシェール、牝、渡辺薫)

ストーンヘンジ(母ディアエナ、牡、鈴木孝)

タカネノハナコサン(母ジャムトウショウ、牝、飯田雄)

タンバッフェ(母ラパージュ、牝、飯田雄)

テネット(母レオフラッパー、牝、辻野泰)

ハットリ(母クナウ、牡、吉村圭)

ヘウレシス(母アスティル、牝、辻野泰)=おばハープスター桜花賞・GⅠなど重賞4勝

ボン(母ボロンベルラルーン、牡、吉村圭)=おばカワカミプリンセスオークス秋華賞・GⅠ勝ち

マイエルエンペラー(母マイネテレジア、牡、清水久)=半姉ユーバーレーベンオークス・GⅠ勝ち~現役、マイネルファンロン新潟記念・GⅢ勝ち~現役

ヨドノリリー(母クイーンマルサ、牝、北出成)

ローツェ(母マウンテンウーマン、牝、中尾秀)

ロードトラスト(母エルテアトロ、牡、長谷川浩)

アイムユアーズⅡの2020(牡、友道康)

アスクデピュティの2020(牝、大久保龍)=半兄ミュゼスルタンは新潟2歳S・GⅢ勝ち

アピールⅡの2020(牝、長谷川浩)

ヴェルサイユパークの2020(牡、鈴木孝)

エヴィータアルゼンティーナの2020(牝、鈴木孝)

エルメスショコラの2020(牝、牧田和)

クレオールの2020(牝、渡辺薫)

サンソヴールの2020(牡、寺島良

ノバラの2020(牡、羽月友)

ハコダテダリアの2020(牡、岡田稲)

メメビーナスの2020(牝、長谷川浩)

レゲウーマンの2020(牡、大橋勇)

【逃げ馬の作る展開から勝ち馬を見極める】セントウルS2022 コース替わりで傾向一変?好走に必要な能力を徹底分析! 2022年9月10日() 17:00

中京芝1200m戦は向こう正面半ばから勾配の緩やかな上りのあと、4角までは下りで道中は息を入れにくく、コーナーの角度が急なため遠心力で外にふられると消耗するうえに、直線には急坂が控えています。

他場のスプリント戦に比べて、スピードだけでなくタフさも同時に求められるレイアウトとなっているため、スピードに特化したタイプより、スプリントより長い距離に実績のある馬の好走が目立ちます。

実際、中京開催のここ2年で着内好走した6頭をみると、2020年は着内好走した3頭すべてが前走マイルからの距離短縮、2021年は着内好走した3頭中2頭は距離短縮、3頭すべてがマイル重賞で連対して実績をもっていました。

また、過去10年のセントウルSの逃げ馬の成績は【3-1-0-7】となっているものの、京都改修工事の影響で阪神から中京へ開催場が移行した直近2年は、逃げ馬は馬券絡んでいません

それどこか、直近2年は前半3ハロン33秒0、32秒9と、同じコースで施行されるGⅠ高松宮記念と比較しても速いペースで進行しており、逃げた馬と番手の馬がいずれも最下位とブービー着順に終わりました。

ただでさえ、タフなレイアウトであるうえに、ハイペースでレースが進行したことによって前が崩れたと考えられるものの、昨年は番手で並ぶように追走したレシステンシアが勝ち、2着ピクシーナイト、3着クリノガウディーも4角6番手以内と前々での決着。

一方、上位3頭に比べると一枚力の落ちるジャンダルムが4角13番手から上がり最速の脚を使って4着へ好走していることから、前が楽ではない展開の中、GⅠ級の能力のある上位3頭が押し切ったレースとみています。

以上から、セントウルSの好走にはスプリントより長い距離での実績が必要で、流れが速くなるほど地力が問われると総括できます。

そこで、今年のペースを予測すると、逃げ候補の一頭だったジャングロの回避が回避したものの、昨年このレースをハイラップで逃げたシャンデリアムーンの出走があり、2枠2番と逃げるには絶好枠。

ほかで逃げを一考できるモントライゼファストフォースが各々真ん中より外に入ったため、比較的に楽にハナへ行けそうですが、開幕週も相まって33秒前半には収まりそうです。

オッズ的にメイケイエールソングラインの2強。どちらもスプリントより長い距離に実績があり、G1級の能力がある馬。ただ、ソングラインは国内初スプリント、マイルでも比較的後方を追走するタイプだけに一気の短縮は若干不安です。

本命はメイケイエール高松宮記念では不利な外枠から、4角でも外を回る苦しい競馬での5着は立派で、前走は1400mの京王杯でかかりながらも能力のちがいをみせての重賞制覇。3歳時にはマイル重賞で1着とスタミナ、スピードともに不安はありません。

馬券はメイケイエールの単複と、サンライズオネストシャンデリアムーンへのワイドで勝負します。

(文・垣本大樹)

[もっと見る]

【血統アナリシス】セントウルS2022 母の父にDanzig系種牡馬を配された馬が代替開催で2連覇中 2022年9月10日() 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はセントウルS2022・血統予想をお届けします!

今年も京都競馬場整備工事に伴う開催日割の変更があり、セントウルSは3年連続で中京芝1200mに舞台を移して行われることになる。

代替開催された直近2年の勝ち馬をみると、20年ダノンスマッシュは母の父がハードスパン、21年レシステンシアは母の父がLizard Islandとなるため、2頭には母の父がDanzig系種牡馬という共通点を挙げられるだろう。なお、昨年においては2着ピクシーナイト、3着クリノガウディー、そして3着とはハナ差だった4着のジャンダルム、1~4着すべての馬がDanzigの血を引いていた。

メイケイエールは、父ミッキーアイル×母シロインジャー(母の父ハービンジャー)。父がサンデーサイレンス系、母の父がデインヒル系という配合は昨年の勝ち馬レシステンシアと共通。本馬の前進気勢にあふれるレースぶりは父を彷彿とさせるが、高松宮記念で勝ち馬から0秒1差に敗れた戦歴にも姿を重ねてしまうところがある。中京芝1200mでは22年シルクロードSを勝った実績もあり、やはりこのコースでは主役の座は譲れないだろう。

ラヴィングアンサーは、父ダイワメジャー×母ラブレター(母の父ロックオブジブラルタル)。父は昨年の勝ち馬レシステンシアを出しているが、同馬と本馬は母がデインヒルの直系という共通点も持つ。また、父サンデーサイレンス系×母の父ロックオブジブラルタルという観点ではミッキーアイルも連想させる。本馬は過去2年も出走して、ともに8着と結果こそ出ていないものの、その末脚には見どころがあっただけに展開が嵌れば侮れない。

タイセイアベニールは、父ベーカバド×母ハロードリーム(母の父ブライアンズタイム)。好相性を示すDanzigの直系となり、本馬は2年前のセントウルSでも4着と好走した実績を持つ。また、2代母ハローサンライズがダイワメジャーの従姉にあたる血統背景も興味深いところ。脚質的に当てにしづらいタイプであることは否めないが、3走前の函館スプリントSで13番人気3着と波乱を演出していたことを鑑みても一考する価値はありそうだ。

【血統予想からの注目馬】
メイケイエール ⑬ラヴィングアンサー ⑥タイセイアベニール

[もっと見る]

【初ダート出走馬 7/31(日)版】新潟1Rシナロアテソーロは外枠引いて好勝負期待 2022年7月30日() 17:00

初めてダート戦を走る馬の取捨選択は、予想する上で重要なファクターのひとつです。当欄では、7/31(日)の出走馬たちの中から初ダートとなる馬をピックアップしています。ぜひ馬券検討にお役立てください。


【7月31日(日)札幌】
3R 3歳未勝利 ダ1700m
ライトウェイ ⑬スパイダーバローズ

12R ポプラ特別 ダ1700m
イルヴェントデーア

3Rの⑬スパイダーバローズレシステンシアの半弟且つグラティアスの全弟。ここまで芝を使い続けて勝ち切れていないが、ダート替わりで末の甘さを補える可能性はあるだろう。きょうだいは芝馬ばかりなので、この馬が将来的にダート戦線で活躍できるかというと疑問符が付くが、外枠を引いた上でスムーズに先行できれば今回勝ち上がるシーンもあり得るか。


【7月31日(日)新潟】
1R 2歳未勝利 ダ1200m
ウィルオブラガー ②マリノペガサス ⑥キスウマイ ⑫シナロアテソーロ ⑬ストリートジャガー

3R 3歳未勝利 ダ1800m
オセアブライト

1Rには対象馬が5頭。中でも新馬戦3着の⑫シナロアテソーロは人気を集めそうだ。新潟ダート千二コースで外枠を引いたのは先行力ある初ダートの馬にとって僥倖と言えるし、血統面から見てもおじにゴールドドリームがおり魅力十分。鞍上に松山弘平騎手を据えたのもプラスだろう。スタート良く出てポジション取りが上手くいくようならば好勝負する可能性は高い。

[もっと見る]

レシステンシア骨折判明 3カ月以上の休養見込み 2022年7月1日(金) 04:45

骨折の疑いがあり、函館競馬場で精密検査を受けていたレシステンシア(栗・松下、牝5)は左第1指骨剥離骨折だったことが30日に判明した。3カ月以上の休養を要する見込み。同馬は2019年のGI阪神JFなど重賞4勝で、今年の安田記念11着後に北海道のノーザンファーム早来へ放牧に出ていた。

[もっと見る]

レシステンシアが左前球節に軽度の骨折疑い 2022年6月28日(火) 18:28

2019年の阪神JF(GⅠ)など重賞を4勝しているレシステンシア(栗・松下、牝5)が、左前球節に軽度な骨折の疑いがあることが分かった。28日、所有するキャロットクラブがホームページで発表したもので、今週中に函館競馬場の診療所で改めて精密検査を行う予定。安田記念11着後に北海道のノーザンファーム早来へ放牧に出ていた。

[もっと見る]

⇒もっと見る

レシステンシアの関連コラム

閲覧 2,086ビュー コメント 0 ナイス 6



日本ダービーは3番人気のドウデュースが外から差し切り勝ち。伏兵勢が引っ張る淀みない流れで直線は力と力のぶつかり合い、内外の有利不利もなく外からの差しも届いた。その流れをドウデュース武豊騎手は手応え抜群に悠々と外に持ち出すと、最後はイクイノックスの追撃を振り切った。武豊騎手はなんとこれで6度目のダービー制覇、観客の戻った競馬場が最も似合う、絵になる男の華麗なる勝利だった。

1番人気の支持を集めたダノンベルーガは直線伸び切れず4着止まり。オークスで人気になったサークルオブライフ同様に人気を裏切る形になったが、この2頭には共通点がある。それは前走で4着に敗れながらも、「負けて強し」として評価された点だ。

オークスで1番人気のサークルオブライフは内有利の桜花賞で外から差して来て4着。内枠勢が台頭する中でただ一頭外枠から差して来たのを見て、多くのファンは「次こそは」と期待し、オークスで1番人気に押し上げた。

日本ダービーで1番人気のダノンベルーガは、外有利の皐月賞で内を立ち回って4着。やはり外枠勢が台頭する中で内枠から見せ場を作ったのを見て、多くのファンは「次こそは」と期待し、日本ダービーで1番人気に押し上げた。

~負けて強しは案外裏切られる一方で…

この「次こそは」という期待が、しばしば裏切られるのが競馬の面白さであり難しいところ。負けて強しはもちろんその通りのケースもあるが、一方で、不器用さの裏返しだったりもする。実際ウオッカダイワスカーレットの関係性を考えても、常に先行して安定した立ち回りを見せるダイワスカーレットに対し、ウオッカは常に外から差して来て「次こそは」と思わせたが、結局たいてい先着するのはダイワスカーレットの方だった。

そう考えると、馬券的に狙うべきなのは3着に入ったアスクビクターモアのようなタイプなのかもしれない。アスクビクターモアは弥生賞で勝利を挙げながらも、地味な勝ちっぷりが嫌われたのか続く皐月賞では6番人気止まり。それでも不利な内枠から逃げの手に出て、5着に粘る健闘を見せた。

しかしながら、今回のダービーではさらに人気を下げた。それでも、再び持ち味のしぶとさと並んでの強さを発揮し、ダノンベルーガの追撃を振り切り3着と健闘を見せた。レースぶりが地味なだけに今後もそうは人気にならないかもしれないが、馬券的にはむしろ「負けて強し」よりも、「地味な勝利」を評価すべきシチュエーションは多い。

もっとも、偉そうなことを書いていながら、私自身負けて強しと見たダノンベルーガを対抗に、アスクビクターモアを無印にしているのだから、まさに上記のような失敗をしてしまう大衆(オッズ構成者)の一人なのだが…。

いずれにしても、競馬は同じことの繰り返しであるからこそ、上記のような傾向はアタマに入れておくようにしたい。派手さは危険の裏返しであり、地味さと妙味はコインの裏表なのである。

では、今回も先週の競馬から次走狙えそうな馬を一頭。

【次走狙い馬】ワンダーウィルク(日曜中京1レース・3歳未勝利/5着)

単勝2.0倍という断然の支持を集めたが、今回は距離延長に加えて最内枠と厳しい条件が揃っていた。レースでも前半から折り合いを欠き、直線入り口の時点でほぼ絶望的な位置取り。それでもラストは地力で差して来て5着と脚は見せた。最内枠と1400m延長が敗因といえる内容で、レベルが下がった今の未勝利なら上位の力はある。次走は人気も多少は緩和されるはずなので、距離短縮で改めて狙いたい。

安田記念展望

では、いつも通り週末の注目馬で締めたい。今週末は安田記念。昨年は年明け初戦のダノンキングリーグランアレグリアを下すというジャイアントキリングが起こったレース。今年も伏兵を狙う。

レシステンシア横山武史騎手)

面白そうなのはレシステンシア。前走のヴィクトリアマイルは人気を集めた高松宮記念から一転、8番人気と支持急落の一戦だったが、好位に控えるとしぶとく粘って3着。改めて地力の高さを見せた。確かに展開に恵まれた面もあったとはいえ、自分のリズムならG1でも勝ち負けできる能力を維持している。今回は先行馬が少ないメンバー構成で前走同様展開が向きそう。上手く先行できれば、日本ダービーアスクビクターモアのように、地味ながらもしぶとい粘りを見せてくれそうだ。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2022年5月29日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2022年05月29日号】特選重賞データ分析編(308)~2022年安田記念
閲覧 2,941ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 安田伊左衛門生誕150周年記念 農林水産省賞典 安田記念 2022年06月05日(日) 東京芝1600m


<ピックアップデータ>

【生産者別成績(2017年以降)】
○ノーザンファーム [3-4-3-16](3着内率38.5%)
×ノーザンファーム以外 [2-1-2-47](3着内率9.6%)

 基本的にノーザンファーム生産馬が強いレース。なお、生産者がノーザンファーム以外だったにもかかわらず3着以内となった5頭のうち4頭は、“東京・中山、かつG1のレース”において“着順が1着、もしくは1位入線馬とのタイム差が0.0秒”となった経験のある馬でした。今年は関東圏のG1を制したことのある馬が少ないので、例年以上にこの傾向を重視すべきでしょう。

主な「○」該当馬→ソングラインレシステンシア
主な「×」該当馬→イルーシヴパンサーセリフォスナランフレグロータスランド


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“東京、かつ重賞のレース”において“着順が1着、かつ上がり3ハロンタイム順位が5位以内”となった経験がある」馬は2017年以降[4-5-5-20](3着内率41.2%)
主な該当馬→イルーシヴパンサーソングライン

[もっと見る]

2022年5月27日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】ファン心理の逆を突かれたオークスの結末/日本ダービー展望
閲覧 1,765ビュー コメント 0 ナイス 2



オークススターズオンアースが中団から堂々の差し切り。桜花賞に続いての2冠制覇となった。

スターズオンアースは、デビュー2戦目で1番人気の支持に応え初勝利を挙げると、以後は赤松賞→フェアリーSクイーンCまで4戦連続で1番人気。しかし、勝ち切れずに迎えた桜花賞は7番人気、今回のオークスも3番人気だった。デアリングタクト以来2年ぶりの2冠を達成したスターズオンアースは、恐らく順調なら秋は秋華賞で3冠に挑むことになる。今度は堂々の1番人気で迎えるのか、それとも再び人気の面では他の馬に譲ることになるのか…。

人気という点では、2着に入ったスタニングローズについても少し触れておきたい。スタニングローズフラワーCを制し、オークスでレーン騎手が騎乗するとの一報を聞いたとき、

「これは危険な人気馬になるかもしれない」

というのが正直な感想だった。レーン騎手自身やや早仕掛けの傾向があり、距離延長に加えて少し掛かる面もあるスタニングローズとの相性は微妙に感じられたからだ。ところが、フタを開けてみればなんと10番人気。レーン騎手が来日後イマイチ乗り切れていないこともありファン心理として買い控えが起こったのかもしれない。後になって考えれば、前走重賞を勝ったノーザンファーム生産馬にレーン騎手が騎乗したにも関わらず10番人気などというシチュエーションはそうそう起こることではなかったかもしれない。

近走成績が良いにも関わらず買い控えられた2頭がワンツーを決めた一方、桜花賞で「いかにも」な負け方をしたサークルオブライフは、結果的に負けて強しとしてオークスでは桜花賞以上に支持を集めたが12着に惨敗。もちろんレース前のアレコレで気性面の課題を露呈したのもあるかもしれないが、それも含めて馬の能力。やや過大評価になってしまったのかもしれない。

個人的に期待した◎ベルクレスタも、直線は力負けという内容だった。終わってみればいろいろ頭を捻った層がまんまとその罠にハマり、シンプルに考えた層が的中できた、そんなオークスだった。競馬予想は期待値のゲームでもあるので、個人的にも今回は中途半端なところを狙ってしまったという反省の残る一戦だった。

では、今回も先週の競馬から次走狙えそうな馬を一頭挙げておきたい。

【次走狙い馬】シェイリーン(日曜東京5レース・3歳1勝クラス/3着)

最内枠で包まれつつの追走で直線は一旦下がることになったが、そこからスペースができると再び加速して伸びて来た。気性的に包まれると良くないようで、ルメール騎手も「キックバックが苦手」とコメント。今回は最内枠が敗因とみていいだろう。それでも最後伸びて来て馬券圏内確保は性能の高さの証明で、引き続き東京ダートなら安定◎。中~外枠ならば信頼度はより高まる。

日本ダービー展望

では、いつも通り週末の注目馬で締めたい。今週末はいよいよ日本ダービー。昨年は久々に内枠有利ではなく、むしろ中~外枠の差し馬の決め手が生きた一戦。最内枠から2着に突っ込んだエフフォーリアは、素直に負けて強しといえる内容だった。

今年はどんな馬場状態になるかだが、ひとつ確実に言えることは皐月賞は「外有利」の馬場だったということ。その観点から行けば、皐月賞で内を通った馬の巻き返しに期待したくなる。ベタなところならダノンベルーガとなるが、ひと捻り加えてこの馬から。

キラーアビリティ横山武史騎手騎手)

狙いたいのはキラーアビリティホープフルSからのぶっつけローテで期待された皐月賞は、不利な内枠に加えてスタートで出遅れ、直線もインを突く形で悪いところがすべて出た一戦。大敗もノーカウントでOKだろう。横山武史騎手は春G1前半で期待に応えられないシーンも目立ったが、高松宮記念で人気を裏切ったレシステンシア桜花賞で人気を裏切ったナミュールともに次走で巻き返している。キラーアビリティも、人気が落ちそうな今回は巻き返しが怖い。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2022年5月20日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】第2のハギノピリナはどこにいるのか?/オークス展望
閲覧 2,377ビュー コメント 0 ナイス 4



ヴィクトリアマイルソダシが好位から力強く抜け出し。最後は後続を2馬身突き放す完勝だった。

東京の芝はBコース替わり1週目。それでも日曜日になると徐々に内の伸びが悪くなってきており、直前の9レースでは距離短縮&外枠のトウシンモンブランが差し切り勝ち。人気のディープ産駒2頭が4~5着に敗れる中波乱決着となった。

ただ、メインレースに関しては隊列が外有利にはならず。中枠のローザノワールが先手、内枠のレシステンシアソダシらが先団を形成したために外から差しに回った組はかなりのロスを被ることになった。内枠が先行、外枠が差し、という馬群の隊列になると、基本的に外枠の差し馬は不利になる。基本的に…と書いたのはもちろん例外もあるためで、わかりやすい例外は先団を形成する逃げ先行勢が力不足で早々に失速するようなケース。

ただヴィクトリアマイルは、レシステンシアソダシも力のある馬。これらの馬が直線も脚を伸ばすと、内枠の馬はそのスペースを利用して加速しやすいし、外枠の馬は流れの中で押し上げるタイミングがなくなってしまう。結果的にせいぜいが中枠の差し馬までしか出番がなく、外枠の差し勢は速い上がりを使っても届かず…という結末になった。

もっとも、勝ったソダシは隊列の利もあったとはいえ完勝。スタートが速くイメージ以上に高速上がり戦にも対応できるので、力が一枚上だった。中距離やダートを使われていたことで少し忘れられていた面もあるが、これで芝のマイルでは4戦無敗、白毛伝説が再び幕を開けた。

オークスは第2のハギノピリナ探しが予想のテーマ

さて、今週末はオークス。昨年は桜花賞ソダシが単勝1.9倍の支持を集めながらも8着に敗れる一方、3着に16番人気のハギノピリナが突っ込んで大波乱となった一戦。最近の東京芝G1は差し馬の台頭が見られるケースが多いが、オークスも同様の傾向が見られる。

もともとオークスは逃げ先行勢が距離不安から失速するケースが多く、馬場問わず差しが届きやすいレース。加えて近年は東京芝の外の伸びが良くなっており、これまで以上にスタミナ差しが炸裂する条件が揃っている。さらにいえば今年は桜花賞が完全な先行イン有利レースだった。つまり、枠順や馬場のメリットが大きかった桜花賞上位馬の大半は距離や馬場変化に不安を抱えている状態なのである。

昨年同様に、ハギノピリナのようなスタミナ型の大穴馬の台頭があるかもしれない。一見格下と思えるような戦績の馬でも、キッチリとこれまでのレース内容を見直す必要がありそうだ。特に距離不安のない馬や、末脚がしっかりした馬には注意が必要だろう。狙い馬については最後に。

では、今回も先週の競馬から次走狙えそうな馬を一頭挙げておきたい。

【次走狙い馬】ワールドバローズ(土曜東京11レース・京王杯スプリングC/4着)

今回は久々の1400mで追走が苦しく、いつも以上に後方の位置取りに。それでも直線はしぶとく脚を伸ばしてあと僅かの4着まで迫り地力を見せた。前走の東京新聞杯でも決して有利とはいえない内枠から7着とまずまずの結果を残しており、重賞でも通用するところまで地力をつけて来ている。今回1400mの流れを経験したことは次走に生きそうだし、改めてベストのマイル戦に戻れば出番だろう。上手く行けばサマーマイルシリーズでの活躍にも期待できそうなので、今から覚えておきたい。

オークス展望

では、いつも通り週末の注目馬で締めたい。オークスは前述通り、今年は桜花賞とはまったく異なるレースになる可能性が高く波乱の可能性もありそうだ。というわけで、今回はこの馬。

ベルクレスタ吉田隼人騎手)

狙いたいのはベルクレスタ。前走の桜花賞では外枠で流れに乗れず位置を下げ、直線は外に出したが不利もあり伸び切れなかった。それでも枠順や展開を考えればラストは見せ場を作れており、距離延長を控えていることを考えれば悪くない内容だった。追って味があり、今年の世代の中では距離延長は歓迎のタイプ。クイーンCでは差して来て桜花賞馬のスターズオンアースと差のない競馬をしており、能力的にも引けを取らないだろう。直線の末脚比べになれば怖い一頭だ。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2022年5月8日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2022年05月08日号】特選重賞データ分析編(305)~2022年ヴィクトリアマイル
閲覧 2,446ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 ヴィクトリアマイル 2022年05月15日(日) 東京芝1600m


<ピックアップデータ>

【前走の出走頭数別成績(2017年以降)】
×12頭以下 [0-0-1-18](3着内率5.3%)
○13頭以上 [5-5-4-54](3着内率20.6%)

 少頭数のレースを経由してきた馬は過信禁物。前走の出走頭数が12頭以下だった馬は期待を裏切りがちでした。今年は主要な前哨戦と位置付けられている阪神牝馬ステークスが11頭立てだったので、別路線組を重視すべきでしょう。

主な「○」該当馬→アカイイトアブレイズレイパパレレシステンシア
主な「×」該当馬→デアリングタクトメイショウミモザ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「出走数が13戦以内」の馬は2017年以降[5-3-3-33](3着内率25.0%)
主な該当馬→アブレイズデアリングタクトレイパパレ

[もっと見る]

2022年3月24日(木) 10:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 高松宮記念2022  
閲覧 1,157ビュー コメント 0 ナイス 4



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


3月27日(日) 中京11R 第52回高松宮記念(4歳以上G1・芝1200m)

【登録頭数:20頭】(フルゲート:18頭)

<優先出走馬>

ジャンダルム(前走510kg(-4kg)、中2週)<B>
前走が叩き2戦目で抜群の出来。この中間は軽めの調整で、当時の出来をどれだけキープできているかがテーマに。最終追い切りの動きに注目したい。

ダイアトニック(前走478kg(-2kg)、中3週)<A>
元来坂路で速い時計の出る馬だが、前走時は入念な乗り込みで仕上りは良かった。この中間も、1週前にはジョッキー騎乗で追われ、右にモタれる面を気にしながらではあるものの、終いまでしっかりと伸びていて、引き続き好仕上がりをアピールしている。


<以下、賞金上位馬>

レシステンシア(前走498kg(-8kg)、3ヵ月)<A>
休み明けも2週前、1週前と追われるごとに時計を詰めてきている。1週前の動きを見ると力強い走りで、仕上りは良好。

サリオス(前走542kg(-4kg)、3ヵ月)<A>
かなり大きな馬だが間隔を空けて使ってくることの方が多いタイプ。1週前の動きを見ても重さは感じさせず、重心が低い走りで仕上りは良さそう。

グレナディアガーズ(前走468kg(+2kg)、3ヵ月)<B>
休み明け。CWコースを、ジョッキー騎乗で長めから強めに追われた1週前は、好時計で先着と、いつも通りの調整で仕上りは順調。

ロータスランド(前走484kg(+18kg)、中4週)<B>
前走時は休み明けでもすべて馬なりでの調整だったが、この中間は1週前に強めに追われている。大きく先着もはたし、叩き2戦目での上積みに期待がもてる。

エイティーンガール(前走456kg(+2kg)、中3週)<C>
CWで調整されている馬で、休み明けの前走時は気分よく走らせながらも目立つ時計はでていなかった。この中間は、1週前追い切りでは行きたがるところを抑えながらの好時計。気合いが乗りすぎている面があるので、直前はテンションを上げ過ぎない調整ができれば。

メイケイエール(前走472kg(+2kg)、中7週)<C>
気性的に難しいところのある馬。この中間も、ジョッキー騎乗で追われた1週前は、力みと硬さが感じられる走りだった。

レイハリア(前走446kg(-6kg)、4ヵ月)<D>
休み明け。この中間は南Wでの調整に変えてきた。いつもと調教内容を変えてきた時点で何らかの不安があり。

トゥラヴェスーラ(前走492kg(+22kg)、中3週)<B>
前走は長期休養明けで+22キロ。反動も心配になるところだが、前走時にしっかり乗り込まれていたこともあってか、この中間も1週前にはジョッキー騎乗でスピード感ある走りを披露。上積みが期待できそう。

クリノガウディー(前走494kg(±0kg)、中3週)<A>
近走凡走が続いているが、中京コースは(降着の1昨年も含め)かなり相性が良い馬。この中間も坂路で好時計が出ていて、変わり身があってもおかしくない。

キルロード(前走506kg(+2kg)、中2週)<C>
大型馬の叩き2戦目で迎えるこの中間は、1週前に坂路で馬なりの調整。輸送もあるので、中2週で上積みまではどうか。

ライトオンキュー(前走512kg(+2kg)、4ヵ月)<D>
休み明けで、しっかりと乗り込まれて坂路で好時計も出ている。ただ、1週前追い切りでは、前半から速い時計でびっしり追われているので仕上がりに余裕はない感じ。

ファストフォース(前走518kg(-12kg)、中2週)<D>
この中間は中2週で軽めの調整。1週前は軽めだったとはいえ走りに勢いがなく、変わり身なし。

ナランフレグ(前走498kg(+4kg)、中2週)<C>
この中間は坂路で軽めの調整。最終追い切りを南Wで良い動きを見せてくれば、上積みも期待できそう。

サンライズオネスト(前走480kg(+10kg)、中3週)<C>
1週前追い切りでは、終い追われてバランスを崩すところも見せたが、しっかり伸びており、引き続き出来良好。

ダイメイフジ(前走528kg(-8kg)、中2週)<D>
この中間は軽めの調整。前走時のパドックでも元気がない印象を受けた。使い詰めでの疲れがあるかもしれない。

シャインガーネット(前走480kg(±0kg)、中7週)<A>
この中間は坂路でも好時計が出ていて、前走時よりも調教内容が良い。気合い乗り抜群に南Wコースで終いまでしっかりと伸びた1週前内容からも、上積み期待が高まる。


<以下、除外対象馬>

カイザーメランジェ(前走490kg(-6kg)、中5週)<D>
休み明けを2度使われているが、この中間も乗り込み量は豊富でも坂路での時計が良化せず。

ヴェントヴォーチェ(前走518kg(+6kg)、中5週)<D>
前走から間隔が空いているが坂路での時計がかなりかかっていて、出来はイマイチ。



※今回のこのコラムで中間の状態からの推奨馬は、ダイアトニックサリオスレシステンシアシャインガーネットクリノガウディーの5頭をあげておきます。



<出走予定馬の前走時の追い切りVTR>









◇今回は高松宮記念編でした。
先月サウジアラビアで行われたサウジカップデーでは、日本から遠征した馬が大活躍。特にルメール騎手の積極的な競馬が目立ちました。個人的に印象に残っているレースは、ステイフーリッシュの勝ったレッドシーターフハンデキャップ(G3)。2006年に新婚旅行で行ったドバイワールドカップツアーの日に行われた、ドバイシーマクラシックでのハーツクライを思い出すレース内容でした。同じ勝負服で同じような逃げる競馬で、鞍上もルメール騎手。当時は、武豊騎手がユートピアで勝利していて、初めての海外競馬観戦で日本の馬が2勝するところを観ることができました。あの興奮は今でも蘇ってきますし、日本では味わえない経験でした。今週はそのドバイワールドカップデーに日本の馬が多数参戦します。今回現地に行くことはできませんが、グリーンチャンネルで生中継されますし馬券も買うことができます。16年前の興奮を思い出させてくれるような熱戦を期待しています。そして、日本馬の応援に、高松宮記念にと、前夜から存分に楽しんでいきたいと思っています。

高松宮記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

⇒もっと見る

レシステンシアの口コミ


口コミ一覧

エフフォーリア

 マリー(marie 2022年8月19日(金) 11:23

閲覧 148ビュー コメント 2 ナイス 9

昔ながらのアバンティー製のぬいぐるみ、購入しちゃいました~♪(^^)/


以前のレシステンシアの時のようにクラブ限定仕様のエフフォーリアも販売して欲しい、、、。
少し割高でも絶対に買っちゃいます。(^.^)

 ブルースワン 2022年6月28日(火) 20:09
レシステンシア 骨折
閲覧 127ビュー コメント 0 ナイス 13

スプリンターズSには間に合わないようです。

香港スプリントには間に合いそうですが・・・

休み明けで出走するだろうか😖💧

軽度の骨折だったのが救いです。

復帰待ってます😌

[もっと見る]

 プラス1 2022年6月25日() 19:23
2022 POG 第4週 検討 
閲覧 139ビュー コメント 0 ナイス 5

今日 気付きましたけど

ジャスティンボルト

に(ウマニティPOG)入札してたらとれてましたね



何か ふーん、って感じですね


いや、あんまり熱心にとろうとしてなかったんで、う~ん、あれですかね、みんなが必死になってとりにいってると 気になって 獲りに行ってみるけど 手に入るとこんなもんか って

いやいやいや、レシステンシア の弟ですよ、デビューに期待しましょう



ブラストウェーブは 獲れなかったですね

なんか、今週 デビューしそうだったんですかね

また来週 札を入れるか ですけど 、何か こちらは入札参加数が多くて ちょっと高めの金額入れないと獲れないですかね

まぁ 獲れなかったら 走った後みて また入札するかですけどね




JRAVANPOGのほうは 今日出走の ルクスドヌーヴ (3着)入れて 6頭登録しちゃってますね

あと4頭しか指名できませんね


明日は コズミックコール が気になってはいるんですけど、どうしたものか

見送りですかね

走るかもしれないですけど 既に指名している6頭中 2頭が まだ良いところみせてくれてなくて 3頭ぐらいは 既に 夏休み入ってるかも知れないんで 

もう これ以上 走ってくれるかよく分からない馬に賭けるのは よろしくなさそうですし


よく分からないですけど 多分 体重 軽い馬っぽいんで そこまで活躍しないはずなんで きっと指名しなくても大丈夫、のはず(無理やり納得するの巻)

[もっと見る]

⇒もっと見る

レシステンシアの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
9:
  HELPRO   フォロワー:0人 2022年3月27日() 16:01:29
いきなりの鞍上変更がまずかった。負けて当然。おまけに大幅プラス重量も仇。
8:
  fc0703d559   フォロワー:6人 2020年11月21日() 00:15:23
jac、◉サ○グ▲レ△イ穴ペ
7:
  fc0703d559   フォロワー:6人 2020年11月21日() 00:11:50
全レ、◉グラン○インディ▲レシス

⇒もっと見る

レシステンシアの写真

レシステンシアの厩舎情報 VIP

2022年6月5日安田記念 G111着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

レシステンシアの取材メモ VIP

2022年6月5日 安田記念 G1 11着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。