ダイアトニック(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ダイアトニック
ダイアトニック
ダイアトニック
ダイアトニック
ダイアトニック
ダイアトニック
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2015年5月12日生
調教師安田隆行(栗東)
馬主有限会社 シルクレーシング
生産者酒井牧場
生産地浦河町
戦績16戦[7-3-3-3]
総賞金25,588万円
収得賞金9,500万円
英字表記Diatonic
血統 ロードカナロア
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
レディブラッサム
トゥハーモニー
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
エアレジェーロ
兄弟 レオプライムコンコード
前走 2020/06/21 函館スプリントS G3
次走予定

ダイアトニックの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/06/21 函館 11 函館SS G3 芝1200 16362.511** 牡5 58.0 武豊安田隆行474(+2)1.07.5 -0.333.9ダイメイフジ
20/03/29 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 18239.243** 牡5 57.0 北村友一安田隆行472(+2)1.08.7 0.033.7④④モズスーパーフレア
20/03/01 阪神 11 阪急杯 G3 芝1400 18233.413** 牡5 57.0 北村友一安田隆行470(-14)1.20.3 0.034.5④④ベストアクター
20/01/05 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 18364.822** 牡5 57.0 北村友一安田隆行484(+12)1.34.2 0.234.3⑨⑨サウンドキアラ
19/11/17 京都 11 マイルCS G1 芝1600 178159.3410** 牡4 57.0 C.スミヨ安田隆行472(-4)1.33.8 0.834.0⑬⑫インディチャンプ
19/10/26 京都 11 毎日スワンS G2 芝1400 188172.911** 牡4 56.0 C.スミヨ安田隆行476(0)1.21.3 -0.033.6⑫⑪モズアスコット
19/05/26 京都 10 安土城S (L) 芝1400 13572.511** 牡4 54.0 北村友一安田隆行476(+2)1.19.6 -0.033.7⑧⑦リバティハイツ
19/03/30 中山 11 ダービーCT G3 芝1600 1671410.254** 牡4 54.0 北村友一安田隆行474(0)1.31.9 0.233.4⑬⑭⑬フィアーノロマーノ
19/02/17 京都 10 斑鳩S 1600万下 芝1400 7772.121** 牡4 57.0 北村友一安田隆行474(-8)1.22.2 -0.033.8④④レインボーフラッグ
19/01/19 京都 9 祇園特別 1000万下 芝1400 118111.411** 牡4 56.0 北村友一安田隆行482(+6)1.21.5 -0.034.1⑤④グランドロワ
18/11/10 東京 10 三鷹特別 1000万下 芝1400 13682.412** 牡3 56.0 C.オドノ安田隆行476(-4)1.20.2 0.033.2⑥⑥デスティニーソング
18/09/23 中山 10 外房特別 1000万下 芝1600 12682.613** 牡3 55.0 北村友一安田隆行480(+8)1.33.5 0.433.6⑩⑩⑨シャルルマーニュ
18/07/28 新潟 10 月岡温泉特別 1000万下 芝1600 15352.812** 牡3 54.0 福永祐一安田隆行472(+4)1.33.3 0.032.3ヴゼットジョリー
18/05/27 京都 5 3歳500万下 芝1400 168152.311** 牡3 56.0 北村友一安田隆行468(0)1.21.4 -0.534.7キャッチミーアップ
18/02/17 東京 6 3歳500万下 芝1600 15472.314** 牡3 56.0 C.ルメー安田隆行468(0)1.34.9 0.334.6⑤④ハーレムライン
17/12/16 阪神 5 2歳新馬 芝1600 13222.921** 牡2 55.0 C.ルメー安田隆行468(--)1.36.6 -0.033.6⑦⑪カンタービレ

ダイアトニックの関連ニュース

 CBC賞の追い切りが1日、東西トレセンで行われた。栗東では、高松宮記念で1位入線も4着降着になったクリノガウディーが坂路単走でラスト1ハロン11秒9(4ハロン55秒8)と確かな伸びを披露。仕切り直しの一戦で、待望の重賞初勝利を狙う。ミッキースピリットも栗東坂路で充実の脚取りを見せ、最高の調教評価『S』となった。

 ◇

 名誉挽回の一戦に向けて、真っすぐに急勾配を駆け上がる。雨が上がった栗東トレセンで、クリノガウディーが坂路ラスト1ハロン11秒9の鋭い切れ味を披露。見届けた藤沢則調教師は、納得の表情で切り出した。

 「しまいが切れるような調教をしたかった。馬場が悪かったので全体の時計は1、2秒遅かったけど、思った通りの調教ができた。ここできっちり決めて賞金を加算して、スプリンターズSを逆算していきたいね」

 整地直後の坂路で、森裕騎手(実戦は横山典騎手)を背に前半はゆったりしたペースで折り合いに専念。直線に向いてスムーズに加速すると、ゴール前で軽く仕掛けられるともうひと伸び。余力十分に4ハロン55秒8-11秒9をマークした。

 雨の影響が残った不良馬場とあって全体時計は目立たないが、ラスト1ハロンで11秒台をマークしたのは、1日に坂路で追い切った延べ778頭でわずか3頭。6月24日の1週前追い切りでは坂路で自己ベストの4ハロン50秒4-12秒1を叩き出しており、仕上げに抜かりはない。

 1200メートル初挑戦だった前走、高松宮記念は好位で流れに乗り、ゴール前で左にモタれながらも1位入線。しかし喜びもつかの間、進路妨害で4着降着となり、GI初勝利は幻と消えた。とはいえ、2着グランアレグリアはその後にアーモンドアイを倒して安田記念を制し、3着ダイアトニック函館スプリントSを快勝。ガウディーも一線級の力があるのは明白で、その後の3カ月の休養で成長を遂げた。

 担当の丸田助手は「昨年はまだ緩かった後肢が、だいぶしっかりしてきた」と証言。藤沢則調教師は「硬さがなくて柔らかみがある。前後(肢)が連動して全体的なバランスが良くなっている」と目を細める。トップハンデの58キロを背負うが、前走と同距離の今回に懸ける思いは、どの陣営よりも強い。

 「“最強の1勝馬”という称号をここで外して、2勝目をゲットしたいね」とトレーナーは力強く結んだ。2018年10月の新馬戦以来となる白星をつかみ、秋は再びGIの舞台へ。ここで、負けてはいられない。(川端亮平)

CBC賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【CBC賞】クリノガウディー貫禄12秒2 2020年7月1日(水) 11:11

 高松宮記念で1位入線→4着降着となったクリノガウディーが、栗東坂路で切れを感じさせた。先週4F50秒4の自己ベストを出しているため、けさはテンからゆったり。それでも仕掛けられてラスト1Fは11秒9と、さすがのフットワークを見せつけた。

 「全体的な時計は遅いが、ラストで12秒を切ったので十分だ。馬が成長して硬さもない。前走の2着グランアレグリア、3着ダイアトニックがそのあと勝ったし、ハンデ58キロは仕方ないかな。少し時計がかかる馬場がいいが、斤量的に不良とかにはなってほしくない」と藤沢則調教師。“最強の1勝馬”を返上だ。(夕刊フジ)



CBC賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【CBC賞】6F標準で迷いなしクリノガウディーG奪取 2020年6月29日(月) 11:56

 西は引き続き阪神開催となる。7月5日のメーンはサマースプリントシリーズ第2戦「第56回CBC賞」。夏場のハンデ戦ということで激戦の様相だが、無念のGIの悔しさを晴らしたいのがクリノガウディーだ。

 前走の高松宮記念は混戦から抜け出し1位で入線したものの、ゴール前で内に斜行し他馬の進路を妨害したため4着に降着。2着に繰り上がったグランアレグリア安田記念アーモンドアイを破り、3着に繰り上がったダイアトニック函館SSを楽勝した。再対決する日までは、負けられないだろう。

 その前走が初めての1200メートル参戦で、「以前は距離を延ばそうと試行錯誤してきたが、気性的にも短い距離の適性が高かったということだね」と藤沢則調教師。確実な目標が見えてきた今は迷いがなくなった。

 調教では抜群の動きを見せるタイプで、先週24日の坂路も4F50秒4、ラスト1F12秒1の一番時計。「さすがの動きだったね。帰厩してからうまく調整できている。後肢の緩さも解消されてきたし、6Fは折り合いがつくので心配していない」とトレーナー。

 朝日杯FS2着の実績はあるものの、実はまだ1勝馬。スプリンターズS(10月4日、中山、GI、芝1200メートル)に堂々向かうためにも、G奪取は必須だ。(夕刊フジ)

CBC賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【古馬次走報】ダイアトニックはキーンランドCへ 2020年6月25日(木) 04:47

 ★函館SSを勝ったダイアトニック(栗・安田隆、牡5)は、キーンランドC(8月30日、札幌、GIII、芝1200メートル)からスプリンターズS(10月4日、中山、GI、芝1200メートル)を目指す。6着ライトオンキュー(栗・昆、牡5)はUHB賞(8月16日、札幌、OP、芝1200メートル)を経由するか直行でキーンランドCへ。10着メイショウショウブ(栗・池添兼、牝4)はUHB賞へ。

 ★鳴尾記念10着エアウィンザー(栗・角居、牡6)は、三浦騎手とのコンビで七夕賞(7月12日、福島、GIII、芝2000メートル)に向かう。鳴尾記念15着キメラヴェリテ(栗・中竹、牡3)は、選出されているジャパンダートダービー(7月8日、大井、交流GI、ダ2000メートル)には向かわず、ラジオNIKKEI賞(7月5日、福島、GIII、芝1800メートル)へ。

 ★三宮S2着クリンチャー(栗・宮本、牡6)は、マーキュリーC(7月21日、盛岡、交流GIII、ダ2000メートル)を目指す。7着オーヴェルニュ(栗・西村、牡4)は、ジュライS(7月18日、阪神、L、ダ1800メートル)へ。

 ★天皇賞・春11着メロディーレーン(栗・森田、牝4)は兵庫特別(7月5日、阪神、2勝クラス、芝2400メートル)に松山騎手とのコンビで向かう。

 ★米子S5着ミラアイトーン(美・菊沢、牡6)は巴賞(7月5日、函館、OP、芝1800メートル)と七夕賞の両にらみ。

[もっと見る]

【函館SS】ダイアトニック父の日に父雪辱V 2020年6月22日(月) 04:56

 父の日に父のリベンジだ。函館スプリントSが21日、函館競馬場で16頭によって争われ、武豊騎乗で1番人気のダイアトニックが2番手から直線で抜け出して快勝。昨秋のスワンSに続く重賞2勝目を挙げるとともに、2012年に2着だった父ロードカナロアの雪辱を果たした。2馬身差の2着に、逃げた10番人気のダイメイフジ。3着は3番人気のジョーマンデリンだった。

 ◇

 人馬ともに父ゆかりの地で、父の日に鮮やかな親孝行だ。快晴の函館で行われたサマースプリントシリーズ開幕戦は、1番人気のダイアトニックが2番手から直線で早めに抜け出し、横綱相撲で押し切った。

 「断然の人気だし、結果を出せてほっとしています」

 穏やかな海風が流れる検量室前で、テン乗りで手綱を取った武豊騎手から白い歯がこぼれる。初めて背負った58キロの斤量を克服しての勝利に「スタート次第でハナに立ってもいいと思っていたし、実際(スタートが)抜群に速くて楽にいいポジションが取れた。かなり高いスプリント能力を秘めている」とパートナーの走りをたたえた。自身JRA重賞通算340勝目だが、意外にも函館スプリントSは初勝利(前身の札幌スプリントSは1994年ゴールドマウンテンで勝利)。亡き父・邦彦元調教師が誕生した地でのVに「(このレースを)勝っていないことは知らなかったし、レース前にそれを言われなくてよかった。僕にとってもゆかりの地だしね」と笑顔。サマージョッキーズシリーズでも10ポイントでトップと、幸先のいいスタートを切った。

 直線の不利に泣いた高松宮記念のうっぷんを晴らす快勝劇に「前走は本当に不本意だったけど、きょうで能力をはっきり証明してくれた。次はキーンランドC(8月30日、札幌、GIII、芝1200メートル)。その後はスプリンターズS(10月4日、中山、GI、芝1200メートル)に挑戦させたい」と安田隆調教師は力強い口調で今後のローテーションを明かした。

 父ロードカナロアが2着だった舞台ではずみをつけた孝行息子が、秋を見据えて躍動する。(内海裕介)



★21日函館11R「函館スプリントS」の着順&払戻金はこちら



ダイアトニック 父ロードカナロア、母トゥハーモニー、母の父サンデーサイレンス。鹿毛の牡5歳。栗東・安田隆行厩舎所属。北海道浦河町・酒井牧場の生産馬。馬主は(有)シルクレーシング。戦績16戦7勝。獲得賞金2億5588万2000円。重賞は2019年GIIスワンSに次いで2勝目。函館スプリントS安田隆行調教師が11年カレンチャン、17年ジューヌエコールに次いで3勝目、武豊騎手は初勝利。馬名は「7音構成の音階。母名より連想」。

[もっと見る]

【函館SS】逃げたダイメイフジが2着 菱田「自分のリズムでうまく運べた」 2020年6月21日() 19:23

 6月21日の函館11Rで行われた第27回函館スプリントステークス(3歳以上オープン、GIII、芝1200メートル、別定、16頭立て、1着賞金=3900万円)は、武豊騎手騎乗の1番人気ダイアトニック(牡5歳、栗東・安田隆行厩舎)が2番手を追走から直線では楽々と抜け出して快勝。タイムは1分07秒5(良)。



 10番人気のダイメイフジは、大外枠スタートから勢いよくゲートを出ると迷うことなくハナを主張。直線に入っても脚色衰えず逃げ切りを図るも、ピタリとマークされた2番手追走のダイアトニックに並ぶ間もなく交わされて2着。



 ◆菱田裕二騎手「ハナにこだわるというより、リズム良くいこうと思っていた。その通りに自分のリズムでうまく運べたし、悔しいけどよく頑張ってくれた」



★【函館スプリントS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダイアトニックの関連コラム

閲覧 1,971ビュー コメント 0 ナイス 1

函館スプリントSは人気のダイアトニックが堂々の抜け出しで勝利したが、2着に大外枠から逃げたダイメイフジが入り、3連複は万馬券の波乱。

菱田騎手は今年、”買い時”のジョッキーだ。重賞での騎乗機会は多くないが、今年4度目の騎乗でファルコンSヴェスターヴァルト(8番人気3着)に次いで2度目の穴。オープン特別でもジョーカナチャンで複数回馬券に絡むなど、上級条件でも地味ながら活躍を見せている。

もともとあの安藤勝己元騎手をして、「乗れる若手」と言わしめた腕達者。以前ほど存在感はなくなっているが、その分、馬券的な妙味は増している。これから夏のローカルが本格化すれば、まだまだ穴をあけてくれそうだ。”お買い得”な今のうちに先物買いしておきたい。

ユニコーンSでも人気のカフェファラオが勝利したが、こちらもヒモ穴で波乱。その立役者がケンシンコウ酒井学騎手。同騎手は、鳴尾記念レッドジェニアルマーメイドSサマーセントに次いで、重賞で3週連続の馬券圏内となった。いずれのレースを見ても、位置取りやコース取りなど、騎手の判断が光っている。

もともとハンデ戦や中長距離戦で強みを発揮するベテラン騎手。こちらも夏のローカルシリーズで引き続き注目したいジョッキーだ。

夏競馬は小回りが中心の上に、力差の少ない混戦になりやすい。騎手の判断や腕一つでどうにかなるレースも多いので、通常の中央場所以上に騎手の特徴や買いどころについてはチェックしておきたい。

買いどころを探る上では、拙著『競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書』が参考になるはずだ。


宝塚記念展望

さて、今週末はいよいよ上半期の総決算、宝塚記念が開催される。今年は海外遠征ができない分、頭数も揃い楽しみなメンバーが揃った。

その中でも注目はサートゥルナーリア金鯱賞以来の実戦となるが、ルメール騎手が乗れる上にパワーを問われる急坂コースもプラスで、死角は少ないのではないか。今回は信頼の軸で良いだろう。

問題は相手。大阪杯を制したラッキーライラックは、最内を完璧に立ち回ったメリットも大きかった。今回はその大阪杯で外枠からキッチリ2着に好走したクロノジェネシスが逆転する可能性が高いとみる。

またその大阪杯ではまったく力を出せずに終わったブラストワンピースが、開催後半の阪神2200mなら怖い存在。タフな馬場でスタミナを問われれば、よりこの馬向きのレースになりそうだ。

近走は不発続きながら昨年2着好走のキセキも、スタートさえ決めることができれば一連の内容からもまだ見限れない。タフな阪神コースは間違いなく合うし、今回は展開面の恩恵もありそうだ。

あとは週末の馬場に注目。今季の阪神芝は非常に内の状態が良く、今週はBコース替わり。通常の宝塚記念は外枠の方が良いレースなのだが、今年はどうなるか。週末は雨予報も出ているので、馬場のチェックはキッチリしておきたい。

宝塚記念の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2020年6月26日(金) 13:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(6/20~6/21)先週の回顧~(6/20~6/21) ユニコーンS◎○×的中のnigeプロが週間回収率トップ! スガダイプロは函館SS○▲◎的中などで回収率141%達成
閲覧 471ビュー コメント 0 ナイス 2



21(日)のG3函館SS、G3ユニコーンSほか、様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家や、その的中の数々をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
 
☆☆☆注目プロ →nigeプロ
21(日)G3ユニコーンSを◎カフェファラオデュードヴァン×ケンシンコウで的中。20(土)阪神10R安芸Sなどの活躍で土日両日プラス達成の先週は、週間回収率トップの197%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
20(土)東京8R3歳以上1勝クラス阪神11R三宮S、21(日)阪神6R3歳以上1勝クラス函館9R3歳以上1勝クラスなどで高精度予想を幾度となく披露。迎えたG3函館SSでは、○ダイアトニックダイメイフジジョーマンデリンで的中! さらには、続く函館12R津軽海峡特別を▲レンブランサスパイスマジックソルトイブキ的中とし、週間トータル回収率141%、収支8万5560円プラス、的中率46%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →イレコンデルパサープロ
先週は、20(土)函館1R3歳未勝利◎○▲的中、21(日)函館1R3歳未勝利◎○的中、阪神11R米子S▲◎△的中などの活躍で、週間トータル回収率168%、収支21万7590円の大幅プラスをマーク。3週連続プラス収支を達成してします。
 
☆☆☆注目プロ →ジョアプロ
20(土)函館5R2歳新馬での21万6840円、21(日)函館3R3歳未勝利函館6R3歳未勝利的中などの活躍で、週間トータル回収率129%、収支20万8620円を達成。こちらはプラス収支4週連続マークとしています。
 
 
 
この他にも、KOMプロ(137%)、金子京介プロ(134%)、新参者プロ(134%)、山崎エリカプロ(129%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(129%←2週連続週末プラス)、あおまるプロ(126%←3週連続週末プラス)、ゼット1号プロ(112%)、馬侑迦プロ(111%←2週連続週末プラス)、暴君アッキープロ(106%←7週連続週末プラス)、【U指数】3連単プリンスプロ(104%)、きいいろプロ(102%)、蒼馬久一郎プロ(101%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2020年3月27日(金) 11:40 覆面ドクター・英
高松宮記念・2020
閲覧 1,622ビュー コメント 0 ナイス 6

3連単449万馬券と大波乱決着だった昨年は、3番人気ミスターメロディ→12番人気セイウンコウセイ、17番人気ショウナンアンセムとG1馬はまだしもショウナンアンセムがかなり買いにくい決着。
今年は、有力馬が複数いて人気が割れるので、昨年ほどの大荒れにはならないまでも、結構いい配当は期待できそう。どこからでも入れそうな好メンバーが揃い、非常に馬券的にも面白い一戦となりそうです。
新型コロナ騒動に負けず、ドカンと当てて楽しい週末を過ごしましょう。


<全頭診断>
1番人気想定 グランアレグリアディープインパクト×G1・2勝のタピット牝馬という現在の日本競馬での最高峰の配合と言える。強い時には無茶苦茶強い勝ち方をする能力の高い馬。朝日杯FSやNHKマイルCで凡走した時は寄られたり、内でもまれたりという競馬で、嫌気をささないようにスムーズな競馬ができるかがポイント。自分自身との闘いの馬。1200mの距離自体は全く問題なさそうだが、ただただ、スムーズにレースを運べるかどうかに尽きる。枠も重要となりそう(→8番枠に決定)。

2番人気想定 タワーオブロンドングランアレグリアと同様に藤沢和厩舎の馬で、昔から血統うんぬんより、ほとんどの馬をマイラー(スプリント戦にも対応可能)につくってくる厩舎。この馬も、昨秋は徐々にスプリント戦に適応してスプリンターズSを制した。ただ前走見ると、1200mはやはり正直ちょっと忙しい感じ。中京なら差してくることも可能だろうし、本番に向けて絞って引き締めてがっちり仕上げてくるのだろうが、序盤にもたつくことが多く、相手が強いだけにラストで挽回しきれないシーンもあり得そう。

3番人気想定 ダノンスマッシュ:昨年1番人気で負けていて、G1では毎度人気で足りないレースを繰り返しており、父ロードカナロアをかなりスケールダウンした感じか。前哨戦を快勝しただけに人気になりそうだが、中山や京都は良くても差し比べになる中京適性は高くない。過去中京では2戦ともに1番人気で敗れている(7着と4着)。前走快勝を一皮むけたととらえるか、G1では足りないから確実にとれるG3狙いでみっちり仕上げていた賜物とみるか……。

4番人気想定 ダイアトニック:昨秋に1400mのスワンSでG2勝ち、京都金杯で2着、前哨戦の阪急杯1400mで降着3着(2位入線)と善戦を続けている。安田隆厩舎だけに1200mはむしろ向きそうで、鋭い末脚も中京向き。結構人気になりそうなのが残念。

5番人気想定 モズアスコット:前走のフェブラリーSを制して、一昨年の安田記念とあわせて芝ダートのマイルG1馬となった。正直、距離は1400mあったほうが芝だとより良いとみるが、中京なら1200mでもやれそうで、能力と充実ぶりで頭まであり得る。

6番人気想定 アウィルアウェイ:母母トキオリアリティの影響が強いようで、ジャスタウェイ産駒だがスプリンターに出た。前哨戦のシルクロードSを鋭く差し切り、前々走こそ不利があり4着も、その前のオパールSも鋭い伸びで勝ち切っている。目下充実の今なら、今年大活躍の松山騎手の力込みで、激走可能か。

7番人気想定 セイウンコウセイ:3年前のこのレースの覇者で、一昨年6着、昨年2着でこのレース適性は極めて高い。7歳となったが元気で、今年も頑張れて良い。ただ穴人気しそうで、妙味はあまり無いか。

8番人気想定 モズスーパーフレア:昨年2番人気15着と逃げて大敗。逃げるとしぶとい馬で、昨秋のスプリンターズSでは2着と大一番でも通用をアピールした。中京実績がないように、逃げ切りが難しいこの舞台では要らないのではとみる。前傾ラップ向きの逃げ馬で、やはりここよりも引き続き中山で狙うべきでは。

9番人気想定 ノームコアヴィクトリアマイルや富士Sを勝っているように東京マイルの得意な馬だが、さすがに初のスプリント戦はハービンジャー産駒には忙しそう。

10番人気以下想定 
アイラブテーラー:正直もっと人気になるかと想定している一頭だが、父が種付け料80万円とかのトーセンラーだからかそうでもなさそう。前走は相手が弱かったとはいえ完勝。ここも通用していい力量はあって、ヒモには是非入れたい。

ステルヴィオ:一昨年のマイルCS勝ち馬だが、ノド鳴りや、目の外傷があったりと、G1制覇以降は順調に使えず成績は冴えない。今回のこの距離短縮自体は歓迎なのかもしれないが、陣営が問題ないと言っているノドについては当然問題アリだろう。

ナックビーナス:7歳牝馬だが、昨年12月のラピラズリSを勝ち、タンザナイトSとオーシャンSで2着と頑張っている。逃げがベターだが、2番手でも好走できるタイプ。ただG1で出番の馬でないのでは。

グルーヴィット:初芝のファルコンSで2着、中京記念を勝ちと中京が得意な馬。昨秋からは、人気で惨敗という状態が続いている母母母エアグルーヴの良血馬だが、一方で気難しさが強くなっていく馬も近親に結構いて(ポルトフィーノとかも能力出し切れなかった)、走る方に全力を傾けれない状態では。

シヴァージ:ジャイアンツコーズウェイ産駒のファーストサムライが父というマル外。北九州短距離Sでは、最後方近くからズバっと追い込んだ。ダートで勝ち星を積み上げてオープンに上がり、オープンの芝で勝鬨を上げた。芝はまだ3戦しかしておらず、未知の部分も大きくそこそこやれてもいい。

クリノガウディー:一昨年の朝日杯FSは9番人気ながら、今回人気のグランアレグリアには先着して、アドマイヤマーズの2着と好走。中京記念で昨夏2着、東京新聞杯3着と時折好走するが続かないタイプだし、G1でどうこういうタイプでないのでは。

ラブカンプー:一昨年のスプリンターズS2着馬だが昨年のこのレースでは最下位で、最近は2桁着順が多く、そもそも追い比べは向かないタイプでここは要らない。


<まとめ>
有力:モズアスコットタワーオブロンドングランアレグリアダイアトニックダノンスマッシュ

穴で:アウィルアウェイアイラブテーラーシヴァージ

[もっと見る]

2020年3月6日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】阪急杯は浜中騎手の”馬場読み力”が生きた/豪華メンバーのチューリップ賞展望
閲覧 855ビュー コメント 0 ナイス 1

先週末は東西でG1に繋がるG2が行われた。

東の中山記念ダノンキングリーが好位から抜け出し完勝。横山典騎手らしいインを自在に立ち回る隙のない競馬だった。3歳クラシックでは皐月賞3着、ダービー2着とあと一歩のところで涙を飲んだが、古馬初戦で順調なスタートを切り、このまま行けば大阪杯で改めて初のG1制覇に挑むことになりそうだ。

一方、西の阪急杯は連勝中の伏兵・ベストアクターが勝利。近走の勢いそのままに外からの差し切りを決めた。2位入線は人気のダイアトニック、さらにフィアーノロマーノと続いたが、直線抜け出すときの接触が審議になり降着処分となった。結果、2着フィアーノロマーノ、3着ダイアトニックの順番で決着。勝ったベストアクターは3連勝での重賞制覇となった。既に6歳になる同馬だがキャリアはまだ12戦と若い。順調に行くかどうかもポイントになるが、能力的にはまだ上積みも見込めそうだ。

余談ながら、地上波の中継ではゴール直後に川田騎手が北村友一騎手に怒りをぶつける音声が拾われていた。騎手同士のこういったやり取りが聞こえてくるのも現在の無観客競馬ならではであろう。もちろん、騎手は命がけ。危険なプレーに関して熱くなり、時に怒りをぶつけるのは当然だし、対する北村友騎手もあそこで突っ込むのは重賞で人気馬に騎乗する立場としてこれもまた当然の決断だったように思う。着順の入れ替わりが起きたのは正直なところ意外というか、過去との整合性という点を考えるとどうかとも思うが、なかなか興味深いシーンだった。


~ケガから復帰の浜中騎手の”馬場読み力”

さて、ベストアクターの重賞制覇でもうひとつ印象に残ったのは、鞍上・浜中騎手の手綱捌きだろう。昨年の11月以来約3カ月半ぶりのターフ復帰となったが、道中も直線のコース取りも外枠のロスを最大限に防いでおり、その余力がゴール前の伸びに繋がった印象だ。

浜中騎手の長所は馬場読み力の高さ。昨年のダービーではロジャーバローズで最内枠をロスなく立ち回って勝利しているが、その伏線は前日、同じ2400mの未勝利戦にあった。その時の騎乗馬ラクローチェでもやはり浜中騎手はロスなく好位から立ち回り勝利。ダービーの週末におけるイン有利を確認していた。

先週も阪急杯の3つ前のレースをナルハヤで逃げ切り勝ち。サッと先手を取り最内枠をロスなく立ち回っていた。開幕週らしくインが良い馬場状態を確認していたからこそ、ベストアクターでも極力ロスのない競馬を心掛けたのだろう。”馬場読みの浜中”は、故障明けでも健在を示した一戦だった。


~豪華メンバーが揃ったチューリップ

最後に週末の重賞展望を。今週末は東西で3つの重賞が行われる。

弥生賞は、今年から弥生賞ディープインパクト記念と称しての開催となる。ディープインパクトが当レースを制したのは今から15年前になるが、当時と比べると最近はメンバーが手薄になることが増えた。かつてほどクラシックへ直結…という雰囲気ではなく、今年もやや手薄なメンバー構成だろうか。その中で注目はオーソリティオルフェーヴル産駒としては非常に操縦性が高く安定感のあるトライアル型。上手く立ち回れば今年の相手ならば好勝負になりそうだ。

一方、豪華メンバーが揃ったのは西のチューリップ賞。阪神JFの1~4着馬が挙って出走してきた。注目は当然レシステンシアだろうが、前走とは異なりマークされる側になるだけにスンナリとした競馬ができるかどうかがカギになりそうだ。

個人的な期待馬はウーマンズハート。デビュー戦の内容がとにかく濃く、能力的にはまだまだ上を目指せる器。前走の阪神JFは積極的に前を追い掛ける競馬をしたことがアダになった印象もあり、自分のリズムで運ぶ形ならばまだレシステンシアとの勝負付けは済んでいないとみている。


※東西重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2020年1月10日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】裏路線は過去の話、クラシックへ向けて注目のシンザン記念&フェアリーS
閲覧 1,470ビュー コメント 0 ナイス 5

東西金杯からスタートした2020年の中央競馬は、中山金杯をトリオンフが、京都金杯をサウンドキアラが制した。中山金杯はトリオンフ以下、2着は先行したウインイクシード、3着には最内枠の11番人気テリトーリアルが入線し3連複は2万馬券。京都金杯も2着には内枠のダイアトニック、3着には2番手から粘った14番人気のボンセルヴィーソが入線し、3連複は2万馬券。東西ともに内枠先行有利の決着での幕開けとなった。

現代競馬における定番ともなっているイン有利の先行決着だが、昨年はとりわけ中山競馬場でその形が増えていた。有馬記念こそ厳しい流れになり差しが届いたが、それ以外の重賞レースでは軒並み内枠勢が活躍。2019年の中山芝重賞における1枠(白帽子)の馬の3着内率は実に35.3%と3回に1回は馬券に絡んでおり、単複ともに回収率は100%を超えていた。

実は中山芝自体は2014年の馬場改修以降、むしろ外が有利になるケースが増えていた。だが昨年はその傾向が一転し、再びかつてのように内有利の決着が目立った。ちなみに1枠が活躍した一方、昨年の中山芝重賞における8枠の馬の3着内率は14.6%、複勝回収率も48%と低調だった。

現状の中山芝は迷ったらインを買え…が長期的に見れば正解となる。中山金杯の決着もそれを証明するものだった。


~クラシックでも注目したい今週末の出走馬

さて、今週末は年明け早々の3日間開催。重賞は日曜日にシンザン記念、月曜日にフェアリーSと、注目の3歳重賞が2レース行われる。

シンザン記念は、かつてはまだ裏路線のイメージも強かったが、近年は様相が一変。2012年にはジェンティルドンナシンザン記念制覇をキッカケに牝馬3冠に輝いたほか、なんといっても一昨年はアーモンドアイが勝利。その後桜花賞に直行し牝馬3冠、さらに現役最強馬へと上り詰めた。トライアルを使って本番…という常識が覆されつつある昨今の傾向からも、より一層シンザン記念の注目度は増してきている。

今年の注目馬はサンクテュエールルーツドールの牝馬2頭。ともにスケールは重賞級で、ココの内容次第では上記の2頭同様に大舞台での活躍も期待できそうだ。器用さと立ち回りならサンクテュエール、不器用だがスケールに溢れるのがルーツドールという感じなので、あとは週末の馬場を見て見極めたい。

一方、フェアリーSはトリッキーな中山マイルが舞台。こちらは今でもやや裏街道のイメージも強いが、今年は注目の素質馬が出走してきた。その馬こそ、アヌラーダプラ。デビューから2戦2勝、昨年の当コラムでも名前を挙げたことがあるがとにかく折り合いやレースセンス、そして追っての良さともに申し分なく、その実力は阪神ジュベナイルフィリーズ出走馬を凌ぐ可能性もある。ココでの内容次第では桜花賞の主役へと浮上するかもしれないので、レースぶりに注目したい。もっとも枠順次第で難しい競馬になりかねない舞台なので、馬券的な扱いは枠順が出ないと何とも言えないが、本馬の走り次第では、フェアリーSの価値も今後は大きく向上するかもしれない。

いずれにしても3日間は長いので、あまり焦らず、勝負どころを見極めて臨みたい。今さら言うまでもないが、競馬は毎週やって来る。したがってあれもこれもと目の前のレースを思い付きで買うのではなく、ある程度事前に計画を立てて、しっかり予想して臨むことが大事になる。

というわけで、今年も競馬の予想や回顧のみならず競馬にまつわる様々な事象を取り上げて行きたいと思うので、1年間よろしくお願いいたします。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2019年12月28日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2019年12月28日号】特選重賞データ分析編(183)~2020年京都金杯~
閲覧 2,999ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 スポーツニッポン賞京都金杯 2020年01月05日(日) 京都芝1600m外


<ピックアップデータ>

【前走との間隔別成績(2015年以降)】
○中4週以内 [4-3-5-35](3着内率25.5%)
×中5週以上 [1-2-0-33](3着内率8.3%)

 臨戦過程が明暗を分けそう。好走馬の大半は前走との間隔が中4週以内でした。ちなみに、前走との間隔が中5週以上、かつ“京都芝1600m外、かつ重賞のレース”において優勝経験のない馬は2015年以降[0-0-0-28](3着内率0.0%)と、まったく上位に食い込めていません。

主な「○」該当馬→オールフォーラヴサウンドキアラモズダディー
主な「×」該当馬→ソーグリッタリングダイアトニックドーヴァー


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の着順が1着、もしくは前走の1位入線馬とのタイム差が0.4秒以内」だった馬は2015年以降[4-3-5-23](3着内率34.3%)
主な該当馬→サウンドキアラドーヴァー

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダイアトニックの口コミ


口コミ一覧
閲覧 299ビュー コメント 0 ナイス 8

CBC賞予想します(o^^o)

◎レッドアンシェルでいきます!

昨年の覇者☆休養明けの近2走は大敗していますが叩き3走目ですし右回りでも条件戦でダイアトニックとそう差のない競馬をしてきた力を今回期待します♪

 グラニースミス 2020年7月1日(水) 11:58
朝令朝々改 ~CBC賞GⅡ~ 
閲覧 640ビュー コメント 5 ナイス 79

うちの会社は、朝令朝々改 
ケンシロウ風にいうと「それは、もう変わっている」が、社用語です。
お爺さんとその家族が発した事を聴いて、変化を予測すると
だいたい上手い事行く。素直じゃないのが一番のようです(笑)

今年の競馬日程も迷走しています。
愛知杯が小倉、東海Sが京都、金鯱賞は中京でおこなれたけれど、日程変更。
五輪で特別日程組んだら、マラソンでケチがつき、さらにコロナで五輪が延期。
変更に変更を重ねて、手書きの番組変更なんてあった。

第56回 CBC賞 GⅢ 阪神芝1200M戦
昨年3回中京2日目 → 今年4回阪神2日目に変更
昨年の4回阪神2日目は、セントウルS  阪神芝1200Mだった。

そのセントウルS は、今年2回中京2日目の予定(9月)
CBC賞とセントウルSを入れ替えている。

阪神で行われるCBC賞
2011年以来で、1着は、ダッシャーゴーゴーだった。
3.11震災直後の3.25高松宮記念11着 
16立7枠 表13番 裏4番 (1着キンシャサノキセキは、表4番)

次走CBC賞1着ダッシャーゴーゴー  2着ヘッドライナー

セントウルS 3着 15頭立8枠表14番 裏2番 ダッシャーゴーゴー 
(9着ヘッドライナー表2番 )

なーんてことを妄想すると

コロナ禍、無観客競馬で最初のGⅠ高松宮記念
4着 降着 クリノガウディー 18頭立6枠 表11番 裏7番 
2着 繰上 グランアレグリア 18頭立4枠 正7番 裏11番

このCBC賞、サマースプリントの第2戦目でもある。
第1戦の函館SS(昨年1回函館2日目→今年4日目に変更)
1着 ダイアトニック  3枠 
8着 ティーハーフ  3枠 

前走高松宮記念 (昨年2回中京6日目 → 今年1回中京8日目に変更)
3着 ダイアトニック  2枠
8着 ティーハーフ  2枠

そういえば イベリス って馬がいる。
2018年4回阪神2日目 新馬 3着
2019年4回阪神2日目 セントウルS 3着

ゴドルフィンは、 ロケット ジョイフル の2頭登録です。
こんな感じで枠順を待とうと思います

仕事は上手く行っても、競馬はうまくいかないんですよねぇ(汗)


では

[もっと見る]

 qaz 2020年6月28日() 21:40
2020上期重賞激闘譜  単勝回収率112% 複勝回収率120%
閲覧 71ビュー コメント 0 ナイス 7

毎度のことですが、備忘録として投稿しておきます。


宝塚記念。皆さんはいかがだったでしょうか。
私は、◎が出遅れスタート直後にレース終了w

結構攻めたコメントを記載しましたので、
ど派手に外しておりますが、コロシアムの予想張っておきます。

https://umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?user_id=9a61000ac5&race_id=2020062809030811

函館SSの払戻し46000円に4000円を追加して、5万円ベットして・・・一瞬で溶けました。
上期のプラスを考えれば、必要経費と考えることにしたいと思います。

では、結果一覧です。
エクセルのコピペなので見にくいところがあるかもしれませんがご容赦ください。

2020上期

レース名 本命馬 人気 結果(着) 単勝 複勝
京都金杯 ダイアトニック 2 人気 2 着 単 0 複 210
京成杯 スカイグルーヴ 1 人気 2 着 単 0 複 150
日経新春杯 モズベッロ 2 人気 1 着 単 490 複 210
AJCC ミッキースワロー 2 人気 4 着 単 0 複 0
根岸S ミッキーワイルド 2 人気 11 着 単 0 複 0
シルクロードS ナランフレグ 8 人気 3 着 単 0 複 530
東京新聞杯 レッドヴェイロン 1 人気 9 着 単 0 複 0
きさらぎ賞 アルジャンナ 1 人気 3 着 単 0 複 110
デイリー杯クイーンC アカノニジュウイチ 5 人気 4 着 単 0 複 0
京都牝馬ステークス サウンドキアラ 1 人気 1 着 単 430 複 210
フェブラリーS インティ 2 人気 14 着 単 0 複 0
中山記念 ダノンキングリー 1 人気 1 着 単 250 複 120
阪急杯 ダイアトニック 1 人気 3 着 単 0 複 150
フィリーズレビュー ヤマカツマーメイド 2 人気 2 着 単 0 複 170
阪神大賞典 キセキ 1 人気 8 着 単 0 複 0
高松宮記念 グランアレグリア 2 人気 2 着 単 0 複 210
マーチS スワーヴアラミス 1 人気 1 着 単 270 複 140
大阪杯 ワグネリアン 4 人気 5 着 単 0 複 0
ニュージーランドT シーズンスギフト 5 人気 2 着 単 0 複 230
阪神牝馬S サウンドキアラ 1 人気 1 着 単 320 複 160
桜花賞 ミヤマザクラ 7 人気 5 着 単 0 複 0
アンタレスS ベストタッチダウン 1 人気 14 着 単 0 複 0
皐月賞 サリオス 2 人気 2 着 単 0 複 170
フローラS スカイグルーヴ 1 人気 5 着 単 0 複 0
マイラーズC ヴァンドギャルド 2 人気 3 着 単 0 複 120
青葉賞 オーソリティ 3 人気 1 着 単 430 複 150
スイートピーS L アカノニジュウイチ 4 人気 3 着 単 0 複 230
天皇賞 春 フィエールマン 1 人気 1 着 単 200 複 130
NHKマイル タイセイビジョン 3 人気 4 着 単 0 複 0
ヴィクトリアマイル アーモンドアイ 1 人気 1 着 単 140 複 110
平安S ロードレガリス 1 人気 10 着 単 0 複 0
オークス デアリングタクト 1 人気 1 着 単 160 複 130
ダービー サリオス 2 人気 2 着 単 0 複 140
安田記念 アーモンドアイ 1 人気 2 着 単 0 複 110
マーメイドS サマーセント 7 人気 1 着 単 1470 複 430
エプソムC ピースワンパラディ 1 人気 7 着 単 0 複 0
函館SS ジョーマンデリン 3 人気 3 着 単 0 複 230
ユニコーンS カフェファラオ 1 人気 1 着 単 200 複 120
宝塚記念 グローリーヴェイズ 5 人気 16 着 単 複

的中率は64%
単勝回収率112%
複勝回収率120%

京成杯はワイド1点買いで1000%
◎が圧倒的人気のアーモンドアイだったヴィクトリアマイルと安田記念も
3連複できっちり仕留めて大幅プラスを回収していますので、
見た目ほど地味な回収でもなかったのが救いです。

単勝回収率150%を目指す買い方もできるのですが、どうしても的中率が下がります。
逆に、的中率を80%にあげると回収率が下がります。

上期は転がしで利殖を試みていた関係で、連敗が少なく複勝回収率が110%以上を
着実に確保することを目標に掲げていましたので、
ノルマは達成できたかと思います。コロガシの場合は馬場が読めていることや、
得意の競馬場であることなどの要素が合致した場合にのみ勝負しています。

上期これ以上の結果を出されている方もいらっしゃることと思いますが、
瞬間風速でなく、プラス収支を継続し続けることが難しいのです。
何度も方針変更の誘惑にも駆られました。


一定期間で区切って100%を超え続けることは、想定以上に難しいことです。
振り返ることが嫌になるくらいの結果が表面化するので、
この手の投稿はほとんど見かけないと思います。


これ以前の結果は前回の日記でご確認いただけます。
https://umanity.jp/home/view_diary.php?id=14b7ef5625&owner_id=9a61000ac5

(かなりの長文なので、ご容赦ください)


気が向いたら下期も継続するかも・・・謎

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダイアトニックの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ダイアトニックの写真

ダイアトニックの厩舎情報 VIP

2020年6月21日函館スプリントS G31着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ダイアトニックの取材メモ VIP

2020年6月21日 函館スプリントS G3 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。