ダイアトニック(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ダイアトニック
ダイアトニック
ダイアトニック
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2015年5月12日生
調教師安田隆行(栗東)
馬主有限会社 シルクレーシング
生産者酒井牧場
生産地浦河町
戦績13戦[6-3-1-3]
総賞金17,265万円
収得賞金7,550万円
英字表記Diatonic
血統 ロードカナロア
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
レディブラッサム
トゥハーモニー
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
エアレジェーロ
兄弟 レオプライムコンコード
前走 2020/01/05 スポニチ賞京都金杯 G3
次走予定

ダイアトニックの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/01/05 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 18364.822** 牡5 57.0 北村友一安田隆行484(+12)1.34.2 0.234.3⑨⑨サウンドキアラ
19/11/17 京都 11 マイルCS G1 芝1600 178159.3410** 牡4 57.0 C.スミヨ安田隆行472(-4)1.33.8 0.834.0⑬⑫インディチャンプ
19/10/26 京都 11 毎日スワンS G2 芝1400 188172.911** 牡4 56.0 C.スミヨ安田隆行476(0)1.21.3 -0.033.6⑫⑪モズアスコット
19/05/26 京都 10 安土城S (L) 芝1400 13572.511** 牡4 54.0 北村友一安田隆行476(+2)1.19.6 -0.033.7⑧⑦リバティハイツ
19/03/30 中山 11 ダービーCT G3 芝1600 1671410.254** 牡4 54.0 北村友一安田隆行474(0)1.31.9 0.233.4⑬⑭⑬フィアーノロマーノ
19/02/17 京都 10 斑鳩S 1600万下 芝1400 7772.121** 牡4 57.0 北村友一安田隆行474(-8)1.22.2 -0.033.8④④レインボーフラッグ
19/01/19 京都 9 祇園特別 1000万下 芝1400 118111.411** 牡4 56.0 北村友一安田隆行482(+6)1.21.5 -0.034.1⑤④グランドロワ
18/11/10 東京 10 三鷹特別 1000万下 芝1400 13682.412** 牡3 56.0 C.オドノ安田隆行476(-4)1.20.2 0.033.2⑥⑥デスティニーソング
18/09/23 中山 10 外房特別 1000万下 芝1600 12682.613** 牡3 55.0 北村友一安田隆行480(+8)1.33.5 0.433.6⑩⑩⑨シャルルマーニュ
18/07/28 新潟 10 月岡温泉特別 1000万下 芝1600 15352.812** 牡3 54.0 福永祐一安田隆行472(+4)1.33.3 0.032.3ヴゼットジョリー
18/05/27 京都 5 3歳500万下 芝1400 168152.311** 牡3 56.0 北村友一安田隆行468(0)1.21.4 -0.534.7キャッチミーアップ
18/02/17 東京 6 3歳500万下 芝1600 15472.314** 牡3 56.0 C.ルメー安田隆行468(0)1.34.9 0.334.6⑤④ハーレムライン
17/12/16 阪神 5 2歳新馬 芝1600 13222.921** 牡2 55.0 C.ルメー安田隆行468(--)1.36.6 -0.033.6⑦⑪カンタービレ

ダイアトニックの関連ニュース

 京都金杯が5日、京都競馬場で18頭によって争われ、3番人気で松山騎乗のサウンドキアラが、先団から直線で抜け出し重賞初制覇を飾った。今春はヴィクトリアM(5月17日、東京、GI、芝1600メートル)を最大目標にする。2着に2番人気のダイアトニック、3着に14番人気のボンセルヴィーソが入った。

 淀のターフを覆う厚い雲を吹き飛ばすような熱走をみせた。明け5歳牝馬サウンドキアラが、2着に1馬身1/4差をつける快勝。約1年8カ月ぶりのコンビで、重賞初Vへとエスコートした松山騎手が白い歯をこぼした。

 「思い描いた通りのレースができました。スタートがよかったし、前に行く馬を行かせて、その後ろで脚をためられた。馬がよく頑張ってくれました」

 中団前めの好位を確保。3、4コーナーでポジションを押し上げ、ラスト1ハロン付近で先頭へ。ダイアトニックに迫られると、もうひと伸びして押し切った。「抜け出してからソラを使うと聞いていたので、気を付けました。最後までいい脚を使ってくれましたね」。

 パートナーをたたえた松山騎手は昨年、キャリアハイとなる91勝をマーク。着実にステップアップする29歳は、「さらに技術を向上させて、いい成績を残せるよう頑張っていきたいです」と力を込めた。

 安達調教師は母サウンドバリアーも現役時代に管理し、GIIフィリーズレビューを制覇。母子重賞Vに「ようやくという感じ。(ハンデ)53キロもあったでしょうが、最後までしっかり走れたし、よかったです」と喜びもひとしおだ。

 今後のローテーションは未定ながら「ヴィクトリアマイルが目標になると思います」と指揮官。令和最初の京都金杯を制した孝行娘が、今年の牝馬マイル路線を担っていく。 (山口大輝)

サウンドキアラ 父ディープインパクト、母サウンドバリアー、母の父アグネスデジタル。鹿毛の牝5歳。栗東・安達昭夫厩舎所属。北海道千歳市・社台ファームの生産馬。馬主は増田雄一氏。戦績15戦5勝。獲得賞金1億2353万3000円。重賞は初勝利。京都金杯は安達昭夫調教師、松山弘平騎手ともに初勝利。馬名は「冠名+輝くの意味を持つ人名より」。



★5日京都11R「京都金杯」の着順&払戻金はこちら

【スポ京都金杯】ダイアトニックは鋭伸も2着 北村友「追ってから勝ち馬と同じ脚になりました」 2020年1月5日() 19:07

 1月5日の京都11Rで行われた第58回京都金杯(4歳以上オープン、GIII、芝・外1600メートル、ハンデ、18頭立て、1着賞金=4100万円)は、松山弘平騎手騎乗の3番人気サウンドキアラ(牝5歳、栗東・安達昭夫厩舎)が好位5、6番手から直線力強く抜け出して重賞初制覇を飾った。タイムは1分34秒0(良)。



 スワンS優勝馬で、2番人気に推されたダイアトニックは道中、中団馬群で折り合い、直線では勝ち馬の直後から馬場の真ん中を鋭伸したが、1馬身1/4差届かず2着に敗れた。



 北村友一騎手「思っていたポジションで運べました。追ってから勝ち馬と同じ脚になりましたが、1600メートルでも脚を使ってくれました」



★5日京都11R「京都金杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【スポ京都金杯】ディープ娘サウンドキアラが重賞初Vでマイル戦線に浮上 2020年1月5日() 16:09

 1月5日の京都11Rで行われた第58回京都金杯(4歳以上オープン、GIII、芝・外1600メートル、ハンデ、18頭立て、1着賞金=4100万円)は、松山弘平騎手騎乗の3番人気サウンドキアラ(牝5歳、栗東・安達昭夫厩舎)が好位5、6番手から直線力強く抜け出して重賞初制覇を飾った。タイムは1分34秒0(良)。

 1馬身1/4差の2着にはダイアトニック(2番人気)、さらに1馬身差遅れた3着に2番手から粘った14番人気のボンセルヴィーソが続き、1番人気に支持された武豊騎手騎乗のカテドラルは後方のまま17着に終わった。

 京都金杯を勝ったサウンドキアラは、父ディープインパクト、母サウンドバリアー、母の父アグネスデジタルという血統。北海道千歳市・社台ファームの生産馬で、馬主は増田雄一氏。通算成績は15戦5勝。

 ◆松山弘平騎手(1着 サウンドキアラ)「うれしい気持ちと、馬がよく頑張ってくれたという気持ちが半々です。抜け出すとソラを使うと聞いていたので、そのへんに注意しながら乗りました。スタートがよかったし、行く馬を行かせてその後ろで脚をためる、思い描いていたとおりの競馬ができました」

 ◆安達昭夫調教師(同)「好位で前に馬を置いて脚をためる、レース前に話したとおりのレースをしてくれました。次走については未定ですが、ヴィクトリアマイル(5月17日、東京、GI、芝1600メートル)を目標にしていきます」

★【京都金杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【スポーツニッポン賞京都金杯】入線速報(京都競馬場) 2020年1月5日() 15:48

京都11R・スポーツニッポン賞京都金杯(1回京都1日目 京都競馬場  芝・右外1600m サラ系4歳以上オープン)は、1番手3番サウンドキアラ(単勝5.5倍/3番人気)、2番手6番ダイアトニック(単勝4.8倍/2番人気)、3番手7番ボンセルヴィーソ(単勝83.7倍/14番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連3-6(12.6倍) 馬単3-6(23.7倍) 3連複3-6-7(219.1倍) 3連単3-6-7(834.6倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2020010508010111
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【斬って捨てる!】京都金杯2020 単勝50倍以上の連対ゼロ!前走マイル戦0秒6以上敗退馬の巻き返しは困難! 2020年1月5日() 11:30

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、スポーツニッポン賞京都金杯の近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
8歳以上馬の連対例は皆無(2009年以降)

マルターズアポジー

前走で1600m戦に出走、かつ0秒6以上の着差で敗れていた馬の好走例はゼロ(2009年以降)

エメラルファイト
オールフォーラヴ
メイケイダイハード
ダイアトニック
マイネルフラップ
タイムトリップ

前走がタイム差なしの1着だった馬の好走例はみられない(2009年以降)

ストロングタイタン

前走中山組の連対例はゼロ(2009年以降)

オールフォーラヴ

【人気】
4番人気以下、かつ牝馬の連対例は皆無(2009年以降)
※11時00分現在の4番人気以下の牝馬

オールフォーラヴ
メイショウショウブ

6番人気以下、かつ美浦所属馬の連対例はゼロ(2009年以降)
※11時00分現在の6番人気以下、かつ美浦所属馬

エメラルファイト
マルターズアポジー
ドーヴァー
タイムトリップ
ブレステイキング

14番人気以下の好走例は皆無(2009年以降)
※11時00分現在の14番人気以下

マルターズアポジー
メイケイダイハード
ボンセルヴィーソ
マイネルフラップ
タイムトリップ

単勝オッズ帯20.0~29.9倍の好走例はなし(2009年以降)
※11時00分現在の単勝オッズ20.0~29.9倍

エメラルファイト
オールフォーラヴ
ストロングタイタン

単勝オッズ50.0倍以上の連対例はゼロ(2000年以降)
※11時00分現在の単勝オッズ50.0倍以上

メイケイダイハード
ボンセルヴィーソ
マイネルフラップ
タイムトリップ

【枠順】
7~8枠を引いた1番人気馬の連対例は皆無(2009年以降)
※11時00分現在の1番人気、かつ7~8枠の馬

カテドラル

馬番枠11番、17番、18番の好走例はゼロ(1600m施行の2000年以降)

ハッピーグリン
メイショウショウブ
ソーグリッタリング


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
サウンドキアラ
モズダディー
エントシャイデン



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【重賞データ分析】京都金杯2020 1、3番人気が好成績!1~4枠の伏兵に要注意! 2020年1月5日() 09:30

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、スポーツニッポン賞京都金杯のファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。




【全般】
ハンデ55~57キロの馬が好成績(2008年以降)

エメラルファイト
マルターズアポジー
ダイアトニック
ドーヴァー
ストロングタイタン
ハッピーグリン
カテドラル
ブレステイキング
ソーグリッタリング

京都かつ芝1600m以上のレースで勝ち鞍がある馬の上位占有率が高い(2008年以降)

エメラルファイト
サウンドキアラ
オールフォーラヴ
ストロングタイタン
モズダディー
エントシャイデン
ソーグリッタリング

【人気】
1、3番人気が優秀な成績(1998年以降)
※9時00分現在の1、3番人気

サウンドキアラ
カテドラル

【脚質】
やや先行優勢(2000年以降)

マルターズアポジー
メイケイダイハード
ボンセルヴィーソ
タイムトリップ
ブレステイキング
モズダディー
メイショウショウブ
ソーグリッタリング

※近走の内容を参考に中団より前の位置取りになりそうな馬を想定

【枠順】
1~4枠が好成績(2000年以降)

エメラルファイト
マルターズアポジー
サウンドキアラ
オールフォーラヴ
メイケイダイハード
ダイアトニック
ボンセルヴィーソ
ドーヴァー

【血統】
サンデーサイレンス内包馬が強い(2008年以降)

エメラルファイト
サウンドキアラ
オールフォーラヴ
メイケイダイハード
ダイアトニック
ボンセルヴィーソ
ドーヴァー
マイネルフラップ
ハッピーグリン
カテドラル
ブレステイキング
エントシャイデン
メイショウショウブ
ソーグリッタリング

2400m以上のG1を自身が勝利しているサンデーサイレンス系種牡馬を父あるいは母父に持つ馬が好相性(2008年以降)

エメラルファイト
サウンドキアラ
オールフォーラヴ
マイネルフラップ
カテドラル
ブレステイキング
エントシャイデン
ソーグリッタリング

父もしくは母父にミスプロ系種牡馬を持ち、かつサンデーサイレンスを内包している馬の好走例が多い(2008年以降)

サウンドキアラ
オールフォーラヴ
メイケイダイハード
ダイアトニック
ドーヴァー
ブレステイキング
メイショウショウブ


【5項目以上該当馬】
サウンドキアラ(6項目)
エメラルファイト(5項目)
オールフォーラヴ(5項目)
ブレステイキング(5項目)
ソーグリッタリング(5項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダイアトニックの関連コラム

閲覧 1,263ビュー コメント 1 ナイス 4

東西金杯からスタートした2020年の中央競馬は、中山金杯をトリオンフが、京都金杯をサウンドキアラが制した。中山金杯はトリオンフ以下、2着は先行したウインイクシード、3着には最内枠の11番人気テリトーリアルが入線し3連複は2万馬券。京都金杯も2着には内枠のダイアトニック、3着には2番手から粘った14番人気のボンセルヴィーソが入線し、3連複は2万馬券。東西ともに内枠先行有利の決着での幕開けとなった。

現代競馬における定番ともなっているイン有利の先行決着だが、昨年はとりわけ中山競馬場でその形が増えていた。有馬記念こそ厳しい流れになり差しが届いたが、それ以外の重賞レースでは軒並み内枠勢が活躍。2019年の中山芝重賞における1枠(白帽子)の馬の3着内率は実に35.3%と3回に1回は馬券に絡んでおり、単複ともに回収率は100%を超えていた。

実は中山芝自体は2014年の馬場改修以降、むしろ外が有利になるケースが増えていた。だが昨年はその傾向が一転し、再びかつてのように内有利の決着が目立った。ちなみに1枠が活躍した一方、昨年の中山芝重賞における8枠の馬の3着内率は14.6%、複勝回収率も48%と低調だった。

現状の中山芝は迷ったらインを買え…が長期的に見れば正解となる。中山金杯の決着もそれを証明するものだった。


~クラシックでも注目したい今週末の出走馬

さて、今週末は年明け早々の3日間開催。重賞は日曜日にシンザン記念、月曜日にフェアリーSと、注目の3歳重賞が2レース行われる。

シンザン記念は、かつてはまだ裏路線のイメージも強かったが、近年は様相が一変。2012年にはジェンティルドンナシンザン記念制覇をキッカケに牝馬3冠に輝いたほか、なんといっても一昨年はアーモンドアイが勝利。その後桜花賞に直行し牝馬3冠、さらに現役最強馬へと上り詰めた。トライアルを使って本番…という常識が覆されつつある昨今の傾向からも、より一層シンザン記念の注目度は増してきている。

今年の注目馬はサンクテュエールルーツドールの牝馬2頭。ともにスケールは重賞級で、ココの内容次第では上記の2頭同様に大舞台での活躍も期待できそうだ。器用さと立ち回りならサンクテュエール、不器用だがスケールに溢れるのがルーツドールという感じなので、あとは週末の馬場を見て見極めたい。

一方、フェアリーSはトリッキーな中山マイルが舞台。こちらは今でもやや裏街道のイメージも強いが、今年は注目の素質馬が出走してきた。その馬こそ、アヌラーダプラ。デビューから2戦2勝、昨年の当コラムでも名前を挙げたことがあるがとにかく折り合いやレースセンス、そして追っての良さともに申し分なく、その実力は阪神ジュベナイルフィリーズ出走馬を凌ぐ可能性もある。ココでの内容次第では桜花賞の主役へと浮上するかもしれないので、レースぶりに注目したい。もっとも枠順次第で難しい競馬になりかねない舞台なので、馬券的な扱いは枠順が出ないと何とも言えないが、本馬の走り次第では、フェアリーSの価値も今後は大きく向上するかもしれない。

いずれにしても3日間は長いので、あまり焦らず、勝負どころを見極めて臨みたい。今さら言うまでもないが、競馬は毎週やって来る。したがってあれもこれもと目の前のレースを思い付きで買うのではなく、ある程度事前に計画を立てて、しっかり予想して臨むことが大事になる。

というわけで、今年も競馬の予想や回顧のみならず競馬にまつわる様々な事象を取り上げて行きたいと思うので、1年間よろしくお願いいたします。

※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年12月28日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2019年12月28日号】特選重賞データ分析編(183)~2020年京都金杯~
閲覧 2,788ビュー コメント 0 ナイス 3



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 スポーツニッポン賞京都金杯 2020年01月05日(日) 京都芝1600m外


<ピックアップデータ>

【前走との間隔別成績(2015年以降)】
○中4週以内 [4-3-5-35](3着内率25.5%)
×中5週以上 [1-2-0-33](3着内率8.3%)

 臨戦過程が明暗を分けそう。好走馬の大半は前走との間隔が中4週以内でした。ちなみに、前走との間隔が中5週以上、かつ“京都芝1600m外、かつ重賞のレース”において優勝経験のない馬は2015年以降[0-0-0-28](3着内率0.0%)と、まったく上位に食い込めていません。

主な「○」該当馬→オールフォーラヴサウンドキアラモズダディー
主な「×」該当馬→ソーグリッタリングダイアトニックドーヴァー


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の着順が1着、もしくは前走の1位入線馬とのタイム差が0.4秒以内」だった馬は2015年以降[4-3-5-23](3着内率34.3%)
主な該当馬→サウンドキアラドーヴァー

[もっと見る]

2019年11月15日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】反省を生かせた武蔵野S/豪華メンバー・マイルCS展望
閲覧 1,499ビュー コメント 0 ナイス 3

先週の当コラムではエリザベス女王杯の穴馬として、マーフィー騎手のウラヌスチャーム、そして2年連続2着のクロコスミアを挙げたが、最終的な本命は◎サトノガーネット

レースは逃げたクロコスミアがスローに落とし、直線ではラッキーライラックに交わされたものの粘りに粘って3年連続の2着。一方、期待したサトノガーネットは9着と惨敗。まるで想定と異なるレース展開になってしまったこともあるが、人気を見て欲にまみれた予想をするとロクなことがないな…という意味でも反省のレースだった。どうも、秋はオッズに目がくらむ。

それにしても勝ったラッキーライラックは鮮やかだった。スローの流れをインで溜め、直線は上がり32秒8。7年前、父オルフェーヴルでは早仕掛けによりあと一歩のところで凱旋門賞制覇を逃したスミヨン騎手だったが、その娘で、今度は仕掛けを我慢して強烈な末脚を引き出したのだから、競馬はドラマである。


~ハズレをただのハズレで終わらせない

さて、エリザベス女王杯は悔しいレースだったが、収穫もあった。土曜の武蔵野Sだ。先週の当コラムで、

『ダートの差し追い込み決着は”非日常”。なかなか見られるものではないが、上手くハマれば大きな馬券を手にできる可能性がある。これから冬場を迎えるとタフなダートのレースも増えて来るので、みやこSのような差し追い込み馬が台頭する波乱のパターンは頭に入れておきたい』

と書いたが、早速その教訓を生かす機会が訪れたのだ。

本命に推奨したのは◎タイムフライヤー。ここ2走は掛かってしまい全く力を出せない競馬ながら見せ場を作っており、溜めることができれば一変の可能性ありとみた。そして今回は陣営も溜める競馬を示唆。距離も縮めて来たし、狙うならココしかないという読みだった。

あとは相手だが、差し馬の流れになる可能性があるとみて、みやこSの教訓を生かした。そこで穴で狙ったのがワンダーリーデル。直線は抜け出したタイムフライヤーワンダーリーデルが差し切り勝ち。3連系の馬券は難しすぎるとみて、馬連での波乱を狙ったのも功を奏し、馬連にして2万円台の馬券がキレイに舞い込んだ。



別に、ココで当たった自慢をしたいわけではない(多少はしたいが)。そうではなく、競馬は続いているということを言いたいのだ。ただ今週が終われば来週、来週が終わればまた再来週では教訓が生きない。頭とお金を使った渾身の予想だからこそ、的中も不的中も先に生かさなければ意味がない。外れてもタダでは転ばない、その気持ちを大事にしたい。

競馬はストーリーであり、また記憶のギャンブルでもあるのだ。


~ダノン2騎にインディチャンプ、豪華メンバーが揃うマイルCS

さて、今週末は今年の京都ラストG1・マイルチャンピオンシップ。来年の秋に京都競馬場が改装工事に入るため、京都での当レースの開催は2023年までしばしのお別れとなる。

そして今年は締め括りにふさわしい豪華メンバーが揃いそうだ。天皇賞(秋)アーモンドアイとの激戦を繰り広げたダノンプレミアム皐月賞~ダービーでは惜しくも及ばなかったものの秋初戦の毎日王冠を快勝したダノンキングリー、今年の安田記念の覇者インディチャンプなどが参戦してきた。

上位勢はいずれ劣らぬ強豪揃いだが、その中で狙ってみたいのはインディチャンプ安田記念では出遅れたアーモンドアイ、そして今回人気を集めるだろうダノンプレミアムらが後方でもがくのを尻目に、好スタートからインを捌いて抜け出しを決めた。前述の2頭よりは生粋のマイラーといったタイプで、多少折り合い面での難しさがあるだけに、毎日王冠からゆったり間隔を取って距離短縮となる今回は絶好の狙い目だろう。池添騎手の騎乗も面白そうなので、あとは内枠を引きたいところだ。

上位勢は強力だが、伏兵で怖い馬も挙げておきたい。

最大の惑星候補はクリノガウディー。まだ1勝馬の身ながら、朝日杯FSではアドマイヤマーズの2着など、重賞での実績は豊富だ。近走はイマイチの印象もあるが、2走前の京成杯AHはロスが大きく脚を余しており、前走の富士Sも不利があった。京都の外回りは合いそうだし、スムーズならチャンスがあるはずだ。

また、上がり馬のダイアトニックも侮れない。全6勝中5勝が1400mという生粋の1400m巧者だが、ロードカナロア産駒らしい器用さと自在性が武器。上手く立ち回れれば、実績上位勢にひと泡吹かすシーンもありそうだ。

マイルチャンピオンシップの結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2019年11月14日(木) 14:20 覆面ドクター・英
マイルCS・2019
閲覧 2,266ビュー コメント 0 ナイス 10

エリザベス女王杯は、ある程度予測してはいましたが、乗り替わったスミヨン騎手がラッキーライラックの能力をしっかり引き出して、最内をついて突き抜け、圧勝という結果でした。スノーフェアリーでムーア騎手に二度やられたように、何で内を掬うのが有利な京都で最内ズコーンとやられるのかなあ?と正直思ってしまいますが、それをきっちりやってのけるのが世界トップレベルの騎手たちということなんでしょうね。父オルフェーヴルの評価が下がっている状況下、ラッキーライラックの頑張りは親孝行だし、凱旋門賞オルフェーヴルで勝ち切れなかったスミヨン騎手も嬉しそうでしたね。


それでは恒例の全頭診断へ

<全頭診断>
1番人気想定 ダノンプレミアム安田記念は脚元がゴトゴトしての最下位に終わり、その後休み明けの天皇賞・秋の走りを見てからここで狙おうと思っていたのですが......。秋初戦からいきなり走っちゃいましたね。ただ、得意のマイルで、調教の動きからも順調で当然最有力。

2番人気想定 ダノンキングリー皐月賞3着、ダービーで2着、秋初戦の毎日王冠では複数の古馬G1馬相手に最後方からずばっと差し切り勝ちと、斤量差は減るがまだまだ伸び盛り。昔は、高額な良血馬を次々落札するも、不発弾ばかりつかまされてきた印象(笑)のダノン軍団だが、最近は好成績の馬が多くなり、同馬主同士での争いも更に増えていくのだろう。

3番人気想定 インディチャンプ安田記念を制した春のマイル王は、毎日王冠をそれなりの3着と叩いての参戦。安田記念は色々うまく行き過ぎての戴冠(要は福永騎手の好騎乗)でもあり、実力上位グループに居るがそう突き抜けた強さではない。

4番人気想定 アルアイン:大外だったり、速い時計での決着だったり向かない材料はあったにせよ、物足りない秋の天皇賞14着。昨年のこのレースは惜しい3着だったが、ちょっと力が落ちてきている印象で、堅実だった馬が崩れ出すとなかなか立ち直らないもの

5番人気想定 ダイアトニック:前哨戦のスワンSで1番人気に応えて鋭く差し切ったが、1400mベストな感があり、引き続きスミヨン騎手の騎乗で人気になりそうなだけに悩ましいところ。

6番人気想定 ペルシアンナイト:昨年のこのレースでの2着以降は馬券圏内無しで、ピークを過ぎており、今回は相手が特に弱くないので引き続き買わない予定(というか、衰えたと指摘して私自身も買わずにここまで来れている以上、恐らく引退までもう買わない)。

7番人気想定 レイエンダ新潟記念を使ったのは正直イマイチかと思ったが、母父シンボリクリスエスだけに叩いて上昇するロベルト系というあたりを意識してのローテなのかもしれない。また、前走レース後のスミヨン騎手はもう1Fあった方がいいというコメント出しているが、この数十年、何でもマイラーに作ってくる感のある藤沢和厩舎だけに、ここら辺りがストライクゾーンで、激走あるかも。

8番人気想定 モズアスコット:昨年は連闘で安田記念を制覇したり、1番人気でマイルCS惨敗したりと激動の一年。明け5歳となった今年正直パッとしない状況で、調子を崩したフランケル産駒は狙いにくいというのが定説となってしまっているところも、この馬に関してはあり。ただ、前走のスワンSは瞬発力負けであり、今回瞬発力頼りでない鞍上・和田騎手に乗り替わってくるようなので、やれる可能性は十分ある。

9番人気想定 プリモシーン:鋭い末脚で活躍してきたが、秋初戦の府中牝馬Sで1番人気でブービー15着と大凡走。過去最高馬体重もあったが、闘争心が失せ、もう繁殖入りしたい心境なのでは。これまでの実績から、ガラリ一変ももちろんあっておかしくないのだが、牝馬の不可解な負け方の後というのは、巻き返しをあまり期待できないもの。

10番人気以下想定
マイスタイル:田中勝騎手と函館記念を楽逃げで制し、距離短縮のスワンSでも3着と好走した。ただG1でこの騎手を買おうとは全く思わない。私が競馬を始めた30年前くらいは、岡部ラインの「乗れる若手」だったのだが(笑)

グァンチャーレ:オープン特別が主戦場で長く活躍してきていて、たまに重賞で2着や3着に来るキャラ。前走は不利があったとはいえ、G1では要らない。

カテドラル:3歳馬でアーリントンC2着、NHKマイルC3着とこの世代のマイル路線では、頑張っているのだが、相手に恵まれた感もあり、激走はあまり期待できない。

クリノガウディー:朝日杯FSでアドマイヤマーズの2着、今夏の中京記念でも2着とそれなりの力はあるようだが、安定感が無く凡走も多い。ただ調教の動きは良く、いい波が来ているのかもしれない。

レッドオルガ:母エリモピクシーだけに春のヴィクトリアマイルでは血統から3番人気となったが11着と惨敗し、まあそんなものかなと思ったら、秋になり富士S3着とやはり東京マイルが向く血統であることを示した。ただ、京都マイル向きかというとそうでもないのでは。

フィアーノロマーノ:春はダービー卿CT勝ちの巨漢馬。瞬発力は劣るが、京都で内枠でも引いて先行できたらしぶといかも。

エメラルファイト:3歳馬で春には10番人気でスプリングSを勝ってしまったが、ダービー12着、秋になり富士S7着と、まだこれから強くなっていく馬で現時点では厳しいのでは

タイムトリップ:古馬になってからはオープン実績ゼロで、距離ももっと短いほうが良い。


<まとめ>
有力:ダノンプレミアムダノンキングリーレイエンダ

ヒモに:インディチャンプモズアスコットダイアトニック

穴で:クリノガウディーフィアーノロマーノ

[もっと見る]

2019年1月18日(金) 20:00 凄馬
『凄馬』で今週の鉄板馬情報をゲット! 2019年01月18日
閲覧 1,207ビュー コメント 0 ナイス 0

毎週、確勝級の鉄板馬をお知らせする『凄馬(スゴウマ)』情報。
さっそく、今週の凄馬を紹介いたしましょう!

<2019年1月19日()の凄馬!>
極凄馬
中山6R 3歳500万以下
オリオンパッチ(+4.9)

極凄馬
京都5R 3歳未勝利
モズハチキン(+4.3)

超凄馬
中京4R 障害4歳以上未勝利
シゲルメジロザメ(+3.9)

超凄馬
京都6R 3歳未勝利
ラシェーラ(+3.5)

超凄馬
京都1R 3歳未勝利
ベイズンストリート(+2.7)

超凄馬
京都12R 4歳以上500万以下
クインズチャパラ(+2.5)

超凄馬
中山9R 若竹賞
ドラウプニル(+2.2)

超凄馬
京都9R 祇園特別
ダイアトニック(+2.0)

<『凄馬』の見方>
超凄馬・・・勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬・・・凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
馬名の右にある数字・・・数字が大きいほど勝率が高い
(集計期間:2008年6月1日~2019年1月20日、集計数:33,890レース分)

<日曜日の『凄馬』を受信しよう!>
日曜日の凄馬情報は『凄馬』メールに登録(無料)することで受信できます。
『凄馬』メールは、その日に出走する馬の中から確勝級の馬を携帯メールでお知らせしてくれる無料サービスです。

<『凄馬』メールの登録のしかた>
携帯電話で右上のQRコードを読み取って、何も記入せずにメールを送信してください。
1、2分ほどで登録完了メールが返ってきたら、登録は完了です。
日曜日の『凄馬』は、土曜日の午後6時以降にお届けになりますのでお楽しみに!

QRコードがうまく読み取れない場合は、直接、s@umanity.jp へ空メール※を送っても登録できますのでお試しください。
※件名と本文に何も記入せずにメールを送信してください

[もっと見る]

ダイアトニックの口コミ


口コミ一覧

重賞レース 解読法(2)

 数馬三択 2020年1月15日(水) 22:51

閲覧 110ビュー コメント 0 ナイス 10

予想コロシアム&日記に 書いた事~

京都金杯
◎3番 サウンドキアラ
○6番 ダイアトニック


このレースは 18頭立て
◎軸馬は 偶数枠の奇数ゲート馬。

2枠3番ゲート
4枠7番ゲート
6枠11番ゲート
8枠17番ゲート


上記 4頭の中で比較して、プラス材料の
重なる3番ゲートを 軸にしました。


相手はー

○軸馬は 奇数枠の偶数ゲート馬。

1枠2番ゲート
3枠6番ゲート
5枠10番ゲート
7枠14番ゲート


◎軸 3番から 相手に 4点買えば
良いですが、1番手に 6番が本線だと推理して

予想は 3番ー6番にしました。



中山金杯は、枠連4ー8と 予想して
結果は 4ー4のゾロ目。

この方法では ゾロ目は 買い目にありません。
気になれば 押さえます。



シンザン記念の予想は
◎軸 1番から、
1番ー6番、1番ー9番。

このレースは 10頭立てでした。
少ない頭数の場合は、仮枠に変えて 読みます。




ほとんどの人が 馬券の買い方は
3連単や 3連複。

それか、馬連 馬単かと思います。

共通するのは 馬番で見る、馬番で買う習慣が
出来ています。


枠連で 買う人は、枠で見る習慣があります。



どんな買い方でも、まず枠番で見る事を
お勧めします。

必勝法を研究していると、発想が
煮詰まる時がありますよね。


軸馬を決める時に、16頭や 18頭の中から
選ぶのは 大変です。


発想を変えてみて、立ち位置を変えたら
8枠の中から 選ぶ
4枠の中から 選ぶ
(奇数枠または偶数枠)


そうすると、18頭立てのレースでも
◎軸馬の候補は 4頭。

4頭の中から 選ぶのは 難解では ありません。


相手にも ○軸馬 4頭。
◎軸馬が 決まれば、連れて来る馬は 4頭。


軸が決まれば、自動的に 馬連4点です。




ファブル 面白かったなぁ♪

 おがちゃん 2020年1月11日() 09:28
馬券に絡む寸評上位馬 (1月6日)
閲覧 29ビュー コメント 0 ナイス 3

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いします。

自称「優馬」研究家のおがちゃんです。
馬券に絡む「優馬」の寸評の統計を取っています。
80パーセント複勝馬券に絡む馬をウマニティの読者予想で公開しています。

http://umanity.jp/coliseum/registration_list2.php

1月6日の寸評上位馬結果です。

< 勝ち負け >

京都5R  〇⑪オールザワールド 1着、1番人気

< 好勝負 >

京都12R 〇⑯ピアシック 4着、1番人気

< 上位争い >

中山12R ◎⑩ヴァンランディ 4着、1番人気

京都8R  ▲⑥シールドヴァルト 6着、4番人気

1月5日の寸評上位馬結果です。

< 勝ち負け >

< 好勝負 >

中山12R ◎⑩フォレブルート 5着、1番人気

京都5R  △⑭スリーコーズクライ 14着、7番人気
京都10R 〇③レッドルゼル 2着、1番人気
京都11R 注⑥ダイアトニック 2着、2番人気

< 上位争い >

京都2R  ▲②スマートコマンダー 5着、1番人気
京都5R  ▲④ロードベイリーフ 6着、1番人気
京都9R  ▲⑤レッドフラヴィア 7着、1番人気

実績

勝ち負け 勝率 32%、連対率 49%、複勝率 65%

好勝負  勝率 25%、連対率 43%、複勝率 55%

上位争い 勝率 22% 連帯率 37% 複勝率 50%

[もっと見る]

 ほけきょ 2020年1月8日(水) 19:53
ほけきょのシンザン記念推奨馬 
閲覧 536ビュー コメント 0 ナイス 21

ほけきょが現時点で好走可能性が高いと思うとる馬をあげてみる
・サンクテュエール
・プリンスリターン
・ルーツドール
・オーマイダーリン

こんなところが実力ある軸馬候補かのう

京都金杯では軸をダイアトニック、逆転1番手にディープ産駒のサウンドキアラをあげたでござる
ウマコロ、リアルともディープ産駒信頼でサウンドキアラの単勝勝負じゃった

2匹目のドジョウはおるのかどうか?
同じ京都マイルなら、もう一度ディープ産駒を信じてみようと思うとる

軸はサンクテュエール、逆転一番手もディープ産駒のオーマイダーリンじゃ

人気が予想されるルーツドールじゃが、京都マイルのジャスタウェイ産駒ではどうにも信用のしようがござらん
父にあたるハーツクライの産駒も京都マイルは、からっきしじゃからのう
これからの種牡馬、期待の産駒がどんな走りをするのか、興味はあるが・・

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダイアトニックの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ダイアトニックの写真

ダイアトニック
ダイアトニック
ダイアトニック

ダイアトニックの厩舎情報 VIP

2020年1月5日スポニチ賞京都金杯 G32着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ダイアトニックの取材メモ VIP

2020年1月5日 スポニチ賞京都金杯 G3 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。