ダイアトニック(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ダイアトニック
ダイアトニック
ダイアトニック
ダイアトニック
ダイアトニック
ダイアトニック
ダイアトニック
ダイアトニック
写真一覧
現役 牡7 鹿毛 2015年5月12日生
調教師安田隆行(栗東)
馬主有限会社 シルクレーシング
生産者酒井牧場
生産地浦河町
戦績23戦[8-3-3-9]
総賞金30,588万円
収得賞金11,650万円
英字表記Diatonic
血統 ロードカナロア
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
レディブラッサム
トゥハーモニー
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
エアレジェーロ
兄弟 レオプライムコンコード
市場価格3,240万円(2016北海道セレクションセール)
前走 2022/06/05 安田記念 G1
次走予定

ダイアトニックの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
22/06/05 東京 11 安田記念 G1 芝1600 18612142.71714** 牡7 58.0 岩田康誠安田隆行 478
(+4)
1.33.0 0.734.1ソングライン
22/03/27 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 1871418.4614** 牡7 57.0 岩田康誠安田隆行 474
(-4)
1.08.9 0.634.0⑱⑱ナランフレグ
22/02/27 阪神 11 阪急杯 G3 芝1400 146103.111** 牡7 56.0 岩田康誠安田隆行 478
(-2)
1.19.9 -0.134.2トゥラヴェスーラ
22/01/05 中京 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 162427.2124** 牡7 57.5 岩田康誠安田隆行 480
(+8)
1.33.0 0.134.4⑦⑨⑨ザダル
21/08/29 札幌 11 キーンランド G3 芝1200 167138.8414** 牡6 57.0 池添謙一安田隆行 472
(-2)
1.10.0 0.935.5④⑤レイハリア
20/10/04 中山 11 スプリンター G1 芝1200 165914.5513** 牡5 57.0 横山典弘安田隆行 474
(-2)
1.09.7 1.435.7⑧⑩グランアレグリア
20/08/30 札幌 11 キーンランド G3 芝1200 16112.3115** 牡5 58.0 武豊安田隆行 476
(+2)
1.12.9 2.337.5⑧⑫エイティーンガール
20/06/21 函館 11 函館SS G3 芝1200 16362.511** 牡5 58.0 武豊安田隆行 474
(+2)
1.07.5 -0.333.9ダイメイフジ
20/03/29 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 18239.243** 牡5 57.0 北村友一安田隆行 472
(+2)
1.08.7 0.033.7④④モズスーパーフレア
20/03/01 阪神 11 阪急杯 G3 芝1400 18233.413** 牡5 57.0 北村友一安田隆行 470
(-14)
1.20.3 0.034.5④④ベストアクター
20/01/05 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 18364.822** 牡5 57.0 北村友一安田隆行 484
(+12)
1.34.2 0.234.3⑨⑨サウンドキアラ
19/11/17 京都 11 マイルCS G1 芝1600 178159.3410** 牡4 57.0 C.スミヨ安田隆行 472
(-4)
1.33.8 0.834.0⑬⑫インディチャンプ
19/10/26 京都 11 毎日スワンS G2 芝1400 188172.911** 牡4 56.0 C.スミヨ安田隆行 476
(0)
1.21.3 -0.033.6⑫⑪モズアスコット
19/05/26 京都 10 安土城S (L) 芝1400 13572.511** 牡4 54.0 北村友一安田隆行 476
(+2)
1.19.6 -0.033.7⑧⑦リバティハイツ
19/03/30 中山 11 ダービーCT G3 芝1600 1671410.254** 牡4 54.0 北村友一安田隆行 474
(0)
1.31.9 0.233.4⑬⑭⑬フィアーノロマーノ
19/02/17 京都 10 斑鳩S 1600万下 芝1400 7772.121** 牡4 57.0 北村友一安田隆行 474
(-8)
1.22.2 -0.033.8④④レインボーフラッグ
19/01/19 京都 9 祇園特別 1000万下 芝1400 118111.411** 牡4 56.0 北村友一安田隆行 482
(+6)
1.21.5 -0.034.1⑤④グランドロワ
18/11/10 東京 10 三鷹特別 1000万下 芝1400 13682.412** 牡3 56.0 C.オドノ安田隆行 476
(-4)
1.20.2 0.033.2⑥⑥デスティニーソング
18/09/23 中山 10 外房特別 1000万下 芝1600 12682.613** 牡3 55.0 北村友一安田隆行 480
(+8)
1.33.5 0.433.6⑩⑩⑨シャルルマーニュ
18/07/28 新潟 10 月岡温泉特別 1000万下 芝1600 15352.812** 牡3 54.0 福永祐一安田隆行 472
(+4)
1.33.3 0.032.3ヴゼットジョリー

⇒もっと見る


ダイアトニックの関連ニュース

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は函館スプリントS2022・血統予想をお届けします!


東京オリンピックの開催に伴い、札幌芝1200mへと舞台を移した昨年はキズナ産駒の5番人気ビアンフェが勝利。今年は2年ぶりに本来の函館芝1200mで施行されることになるが、当該コースでの直近3年は18年セイウンコウセイ(父アドマイヤムーン)、19年カイザーメランジェ(父サクラオリオン)、20年ダイアトニック(父ロードカナロア)とMr. Prospectorの直系が勝利をつかんでいる。

なお、99年にはシンコウフォレストシンボリスウォードが1・2着、00年3着&01年1着とメジロダーリングがリピート好走するなど、7月上旬開催時にはGreen Desertの直仔が存在感を示していたが、6月中旬移設後にも直系の17年イッテツ(父Invincible Spirit)が11番人気5着と人気薄ながらに健闘していた。

ほか、近年はマンハッタンカフェの直系が幅を利かせており、14年1着ガルボは8番人気、18年2着ヒルノデイバローは10番人気と直仔が波乱を演出。後継ジョーカプチーノ産駒からも20年3着ジョーマンデリンが出ているため、今後の動向も注視していきたい。

レイハリアは、父ロードカナロア×母ライトリーチューン(母の父マンハッタンカフェ)。父は2年前に勝ち馬ダイアトニックを出しており、自身も現役時に2着となった実績を持つ。昨年、本馬は連勝の勢いのままにキーンランドCで古馬重賞も制してみせたが、もとよりダートをこなせるパワーもあるため、北海道の馬場にも適性があったのだろう。レース傾向からは母の父の血脈も興味深く、札幌と同じ洋芝開催の函館で見直す手はありそうだ。

タイセイアベニールは、父ベーカバド×母ハロードリーム(母の父ブライアンズタイム)。父は10年パリ大賞などフランスで重賞を4勝、何よりもGreen Desert直系の種牡馬であることに注目すべきだろう。本馬は近親にヴァーミリアンがいる血統背景からも芝であればタフなほうが好ましく、新馬&未勝利とはいえ函館芝1200mでは「0-3-0-0」と連を外していない。自慢の末脚が活きる展開になれば、勝ち負けを見込める舞台といえそうだ。

ビアンフェは、父キズナ×母ルシュクル(母の父サクラバクシンオー)。本馬は昨年の勝ち馬となるが、函館芝1200mも19年函館2歳Sを制するなど「2-1-0-0」と好相性を示している。なお、半姉ブランボヌール、母ルシュクルも名うての洋芝巧者だった。母の父は種牡馬として04年1着、05年1着、06年2着とリピート好走したシーイズトウショウを出しており、別場所とはいえ、本馬も2連覇して何ら不思議ない血統背景の持ち主だろう。


【血統予想からの注目馬】
レイハリア ⑤タイセイアベニール ⑬ビアンフェ

【安田記念】レースを終えて…関係者談話 2022年6月6日(月) 04:55

◆藤岡佑騎手(セリフォス4着)「ソングラインの位置が理想でしたが、外枠からほぼイメージ通りのレースができました」

武豊騎手(ファインルージュ5着)「馬場の悪い内を通らされました。いい馬だし、(牡馬相手でも)通用しますよ」

◆川田騎手(ダノンザキッド6着)「とても健康に競馬場にこられたので、自分で進んでいく競馬を選択しました。着順は6着ですが、前回よりはるかにいい競馬ができました」

◆幸騎手(エアロロノア7着)「不器用なので前には行けないですけど、通用する脚はあります」

◆丸田騎手(ナランフレグ9着)「久々のマイル戦でしたが上手にこなしてくれました」

◆M・デムーロ騎手(ロータスランド10着)「いい位置が取れたけど、自分から進んでいかなかった」

◆横山武騎手(レシステンシア11着)「やっぱり(マイルは)長かったです。よく頑張ってくれました」

◆坂井騎手(ホウオウアマゾン12着)「きょうの馬場状態、メンバーで自分の力は出せたと思います」

◆浜中騎手(ソウルラッシュ13着)「直線は前が壁になり追えませんでした」

◆岩田康騎手(ダイアトニック14着)「結果的に迷いなくハナに行くべきでした」

◆岩田望騎手(ヴァンドギャルド15着)「外に出すタイミングがなくて、馬場の悪いところを走らされてしまいました」

◆菅原明騎手(カラテ16着)「自分から動きたかったのですが、内枠でそれができませんでした」

◆福永騎手(カフェファラオ17着)「芝だとトップスピードが足りないところは感じました」

◆戸崎騎手(カテドラル18着)「追ってからが良くなかったです」

[もっと見る]

【馬場の有利不利、教えます!】安田記念2022 土曜日の芝競走は上がり3F最速馬が全勝!最後の直線で馬場の3分~中央に進路を取る馬が優位! 2022年6月5日() 09:21



ウマニティ重賞攻略チームが、毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は安田記念・馬場の有利不利、教えます! をお届けします!


土曜日の東京芝のレース結果、近年の安田記念の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

日本ダービーも終わり、春の東京開催は7週目に突入。芝のCコース使用は前週からの継続で2週目。NHKマイルカップ週あたりから、直線で中~外を通る馬の差しが利いていたが、前週以降はその傾向が色濃くなってきた印象。馬場の3分~中央部分が今週もよく伸びている。

開幕当初よりも芝の生育が進んでいることに加え、前週からのコース替わりによって傷んでいた箇所の多くをカバー。それを思えば、偏りのあるトラックバイアスは発生しなくてもいいはずなのだが、土曜日の芝競走では、直線を向いてから内めを避ける馬が一段と増していた。

土曜日施行の芝競走は5鞍。勝ち馬の最終4角通過順位は7、5、7、5、5番手。上がり3ハロン最速馬は【5.0.0.0】と末脚の要求度がかなり高い状況。逃げ・先行勢が押し切りを図るところに、残り1ハロンを過ぎたあたりで待機勢が捕らえる、という場面が目立つ。

枠順については真ん中より外の枠が優勢。3着以内に入った15頭のうち、過半数を優に超える11頭を5~8枠の馬で占めている。内枠がまったくダメというわけではないが、勢力が弱まってきているのは確か。少なくとも、内枠の逃げ・先行型が幅を利かせるコンディションではない。

日曜日の予報は下り坂で微妙な空模様。ただ、予報通りであれば降り出しが早まったとしても、開催中の雨量はそれほどでもなさそう(5日7時の時点)で、馬場に深刻な影響を与えるほどではないものと思われる。突発的な大雨でもない限り、土曜日の傾向を踏襲する可能性は高いだろう。

となれば、優先すべきは末脚のしっかりしたタイプ。殊に無理なく加速可能な位置からスムーズに進出する馬が有利という捉え方がベター。それゆえ前日に引き続き、真ん中より外の枠が優位に働くことも考えられる。従って、軸足は5~8枠に寄せたほうが、好結果につながりやすいのではないか。

血統的には過去5年の安田記念を参考にすると、ストームキャットの血を引く馬が好調。とりわけ、3代内に保持していた馬の好走頻度が高く、必ず馬券圏内(3着以内)に1頭は絡み、なおかつ3度の優勝を果たしている。条件を満たす馬は積極的に狙っていきたいところだ。

今年の出走馬で、血統面と先述した馬場傾向(5~8枠)の要点をともにクリアしているのは、⑫ダイアトニック、⑬ソングライン、⑭ソウルラッシュ。いずれも近3走内に控えた位置での善戦・好走歴があることから、差し優勢のバイアスにもマッチする。よって当欄では、これら3頭を注目株として推奨したい。


【馬場予想からの注目馬】
ダイアトニック ⑬ソングライン ⑭ソウルラッシュ

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】安田記念2022 大久保先生、カンニング竹山さんほか多数!競馬大好き芸能人・著名人が真剣予想! 2022年6月5日() 05:30

※当欄では安田記念について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑭ソウルラッシュ
○⑯レシステンシア
▲⑮セリフォス
△⑦ファインルージュ
△⑧イルーシヴパンサー
△⑱ナランフレグ

【カンニング竹山】
◎①カフェファラオ
複勝


【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑩エアロロノア
複勝


【キャプテン渡辺】
◎②ヴァンドギャルド
単勝

馬連流し・ワイド流し
②-⑨⑬
3連複
②-⑦-⑨
②-⑨-⑬





【DAIGO】
◎⑮セリフォス
ワイドボックス
カフェファラオ
ダノンザキッド
ソウルラッシュ
セリフォス
レシステンシア

【井森美幸】
◎⑧イルーシヴパンサー
馬連流し
⑧-⑦⑨
⑧-③④⑬⑭⑮

【粗品(霜降り明星)】
◎⑬ソングライン
馬連流し
⑬-⑥⑦⑧⑨⑮

【林修】
注目馬
ソングライン

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎⑧イルーシヴパンサー
ワイド流し
⑧-①②④⑫⑭⑱
⑱-①②④⑫⑭

【レッド吉田(TIM)】
◎⑮セリフォス
馬連流し・ワイド流し
⑮-⑦⑧

【長岡一也】
◎⑧イルーシヴパンサー
○⑨シュネルマイスター
▲④ダノンザキッド
△⑦ファインルージュ
△⑬ソングライン
△⑮セリフォス
△⑰サリオス

【杉本清】
◎⑮セリフォス
○⑭ソウルラッシュ
▲⑧イルーシヴパンサー
☆⑨シュネルマイスター
△⑦ファインルージュ
△⑬ソングライン

【神部美咲】
◎⑧イルーシヴパンサー
馬連流し
⑧-⑨⑬
⑧-①④⑦⑭⑮⑰⑱

【田中裕二(爆笑問題)】
◎④ダノンザキッド
○⑧イルーシヴパンサー
▲⑬ソングライン
△③ロータスランド
△⑰サリオス
△⑥カラテ
△⑩エアロロノア
3連単1頭軸流しマルチ
④→③⑥⑧⑩⑬⑰

【増沢末夫(元JRA調教師)】
◎⑧イルーシヴパンサー

【中村均(元JRA調教師)】
◎⑧イルーシヴパンサー
○⑨シュネルマイスター
▲⑮セリフォス
☆⑭ソウルラッシュ
△⑦ファインルージュ
△⑬ソングライン
△⑯レシステンシア
△⑰サリオス

【小原伊佐美(元JRA調教師)】
◎⑧イルーシヴパンサー

【田原成貴(元JRA調教師)】
◎⑧イルーシヴパンサー
○⑬ソングライン
▲⑨シュネルマイスター
△⑦ファインルージュ
△⑯レシステンシア
△⑰サリオス
△⑭ソウルラッシュ





【細江純子(元JRA騎手)】
注目馬
ソングライン
シュネルマイスター
イルーシヴパンサー
カフェファラオ
ソウルラッシュ

【佐藤哲三(元JRA騎手)】
注目馬
ソングライン

【谷中公一(元JRA調教助手)】
◎⑧イルーシヴパンサー

【東信二(元JRA騎手)】
◎⑧イルーシヴパンサー

【吉沢宗一(元JRA騎手)】
◎⑨シュネルマイスター

【橋本マナミ】
◎⑦ファインルージュ
○①カフェファラオ
▲⑧イルーシヴパンサー
☆⑨シュネルマイスター
△③ロータスランド
△⑬ソングライン
△⑭ソウルラッシュ
△⑮セリフォス

【酒井一圭(純烈)】
◎③ロータスランド

【横山ルリカ】
◎⑦ファインルージュ

【旭堂南鷹】
◎⑭ソウルラッシュ
○③ロータスランド
▲⑦ファインルージュ
△⑨シュネルマイスター
△⑤ホウオウアマゾン

【稲富菜穂】
◎⑮セリフォス
○⑧イルーシヴパンサー
▲⑨シュネルマイスター
△⑬ソングライン
△⑦ファインルージュ
△⑫ダイアトニック
△⑩エアロロノア

【やべきょうすけ】
◎⑮セリフォス
○⑦ファインルージュ
▲⑧イルーシヴパンサー
△④ダノンザキッド
△⑭ソウルラッシュ
△⑰サリオス

【小木茂光】
◎⑤ホウオウアマゾン
3連単フォーメーション
⑤⑧⑮→①③④⑤⑦⑧⑨⑬⑭⑮⑰→⑤⑧⑮

【津田麻莉奈】
◎⑨シュネルマイスター

【駒場孝(ミルクボーイ)】
◎③ロータスランド

【内海崇(ミルクボーイ)】
◎①カフェファラオ

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑰サリオス
○⑨シュネルマイスター
▲⑧イルーシヴパンサー
△③ロータスランド
△⑦ファインルージュ
△⑬ソングライン
△⑯レシステンシア

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎⑬ソングライン
○⑦ファインルージュ
▲⑧イルーシヴパンサー
☆③ロータスランド
△⑥カラテ
△⑯レシステンシア
△⑱ナランフレグ

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎⑭ソウルラッシュ
○⑦ファインルージュ
▲⑱ナランフレグ
△②ヴァンドギャルド
△⑧イルーシヴパンサー
△⑨シュネルマイスター
△⑬ソングライン

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑭ソウルラッシュ
馬単流し
⑭→③④⑦⑧⑨⑬⑯⑱
3連単フォーメーション
③④⑦⑧⑨⑬→⑭→②③④⑥⑦⑧⑨⑪⑬⑮⑯⑰⑱
③④⑦⑧⑨⑬→②③④⑥⑦⑧⑨⑪⑬⑮⑯⑰⑱→⑭

【ギャロップ林】
◎⑬ソングライン
3連単フォーメーション
⑬→③⑧⑭→①②③④⑤⑦⑧⑨⑭⑮⑯⑰⑱

【恋さん(シャンプーハット)】
◎③ロータスランド
3連単2頭軸流しマルチ
③→⑬→①②④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑭⑮⑯⑰⑱

【てつじ(シャンプーハット)】
◎⑤ホウオウアマゾン
単勝

馬連流し
⑤-⑦⑧⑬
3連単2頭軸流しマルチ
⑤→⑬→②③④⑦⑧⑨⑭⑮⑯⑰⑱

【浅越ゴエ】
◎⑧イルーシヴパンサー
3連単フォーメーション
⑧→④⑬→④⑬
④⑬→⑧→④⑬
⑧→④⑬→②
④⑬→⑧→②
⑧→②④⑬→②④⑬
②④⑬→⑧→②④⑬
⑧→②④⑥⑪⑬→②④⑥⑪⑬
②④⑥⑪⑬→⑧→②④⑥⑪⑬

【月亭八光】
◎⑧イルーシヴパンサー
馬単流し
⑧→④⑬⑮
3連単フォーメーション
⑧→③⑦⑨⑭⑯→①②③④⑤⑥⑦⑨⑩⑪⑫⑬⑭⑮⑯⑰⑱

【岩部彰(ミサイルマン)】
◎⑭ソウルラッシュ
馬単
⑭→⑧イルーシヴパンサー
⑧→⑭
3連単フォーメーション
⑧⑭→④⑦⑨⑬⑮→⑧⑭
3連単ボックス
①⑨③
③⑤⑩

【西代洋(ミサイルマン)】
◎⑮セリフォス
3連単フォーメーション
⑮→⑭→①④⑥⑦⑧⑨⑬⑯⑰
⑮→①④⑥⑦⑧⑨⑬⑯⑰→⑭

【下田真生(コウテイ)】
◎⑦ファインルージュ
3連単フォーメーション
⑦→⑨→①③⑰
⑦→①→④⑬⑭
3連単
⑨→⑦→①

【九条ジョー(コウテイ)】
◎⑰サリオス
複勝






【岡野陽一】
◎⑮セリフォス
○⑬ソングライン
▲⑨シュネルマイスター
△⑦ファインルージュ
△⑪カテドラル
△⑭ソウルラッシュ
△⑰サリオス

【船山陽司】
◎⑮セリフォス

【篠原梨菜】
◎⑧イルーシヴパンサー

【小泉恵未】
◎⑧イルーシヴパンサー

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑰サリオス

【大島麻衣】
◎⑬ソングライン

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑦ファインルージュ
○⑬ソングライン
▲⑭ソウルラッシュ
△③ロータスランド
△⑧イルーシヴパンサー
△⑨シュネルマイスター

【皆藤愛子】
◎⑯レシステンシア

【高田秋】
◎⑬ソングライン

【原奈津子】
◎⑦ファインルージュ
○⑭ソウルラッシュ
▲⑮セリフォス

【ほのか】
◎③ロータスランド
○⑨シュネルマイスター
▲⑦ファインルージュ
☆⑭ソウルラッシュ
△⑯レシステンシア

【熊切あさ美】
◎⑨シュネルマイスター
馬連ボックス
カラテ
ファインルージュ
イルーシヴパンサー
シュネルマイスター
ソングライン
セリフォス

【守永真彩】
◎⑮セリフォス
3連複フォーメーション
①⑦⑮-①⑦⑮-①④⑤⑦⑧⑨⑬⑭⑮⑯⑰

【天童なこ】
◎⑬ソングライン
○⑧イルーシヴパンサー
▲⑮セリフォス
☆④ダノンザキッド
△⑦ファインルージュ
△⑨シュネルマイスター
△⑫ダイアトニック
△⑭ソウルラッシュ
△⑯レシステンシア





ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【安田記念】前走後の談話 2022年6月5日() 04:48

カフェファラオ「砂をかぶらない3番手の位置を非常にいい形で進められた」(福永騎手=フェブラリーS1着)

ヴァンドギャルド「いい脚で追い込み、もう少しだった」(バルザローナ騎手=ドバイターフ3着)

ロータスランド「マイルでも短いと思うくらいだったが、この距離にも対応できた」(岩田望騎手=高松宮記念2着)

ダノンザキッド「中山に嫌な記憶が残っているのか、全く走る気になってくれませんでした」(川田騎手=中山記念7着)

ホウオウアマゾン「こういう(渋った)馬場は得意」(坂井騎手=マイラーズC2着)

カラテ「3コーナーへ入るところで、他馬からぶつけられた」(菅原明騎手=マイラーズC7着)

ファインルージュ「直線で前の馬が外に出てきて接触したことでリズムを崩した」(ルメール騎手=ヴィクトリアマイル2着)

イルーシヴパンサー「使うごとに成長しているし、カッとする面も落ち着いてきた」(田辺騎手=東京新聞杯1着)

シュネルマイスター「直線で加速せずワンペースの走りで最後は(馬が)疲れてしまった」(ルメール騎手=ドバイターフ8着)

エアロロノア「きれいな馬場の方が脚を使ってくれる」(幸騎手=マイラーズC5着)

〔11〕カテドラル「直線では伸びを欠いてしまった」(戸崎騎手=ダービー卿CT9着)

〔12〕ダイアトニック「スタートをうまく出なかったのが全て」(安田隆師=高松宮記念14着)

〔13〕ソングライン「スムーズさを優先して引いたことで位置取りが悪くなったのが敗因」(池添騎手=ヴィクトリアマイル5着)

〔14〕ソウルラッシュ「4コーナーを回ってゴーサインを出すと、しっかり反応してくれた」(浜中騎手=マイラーズC1着)

〔15〕セリフォス「スタート直後にゴチャつくところがあった」(福永騎手=NHKマイルC4着)

〔16〕レシステンシア「この距離は長いかと思っていたが、この馬の根性に救われた」(横山武騎手=ヴィクトリアマイル3着)

〔18〕ナランフレグ「馬のリズムだけ考えてのポジション取りだった」(丸田騎手=高松宮記念1着)

[もっと見る]

【重賞データ分析】安田記念2022 ファインルージュ、シュネルマイスター、ダノンザキッド、カラテ、ソングラインの5頭が全条件をクリア 2022年6月4日() 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は安田記念・データ分析をお届けします!


【馬齢】
2012年以降の3着以内馬延べ30頭の馬齢をみると、3歳から7歳の間で収まっている。なお、7歳の2着連対圏入りは前年1着のリピーターのみ。3歳の最高着順は3着にとどまっている。その点には注意したい。

(減点対象馬)
ダイアトニック ⑮セリフォス

【前走着順】
前走の着順については、芝のG1なら12着以内、芝のG2は10着以内、それ以外の芝競走であれば2着以内がひとつの目安。2012年以降の1~3着馬延べ30頭すべてがこの条件をクリアしていた。

(減点対象馬)
カフェファラオ ⑪カテドラル ⑫ダイアトニック ⑰サリオス

【前走人気】
2012年以降の1~2着馬延べ20頭中16頭が前走で単勝3番人気以内の支持を集めていた(海外戦については、JRA単体の勝馬投票券発売分における単勝人気順が対象)。残りの延べ4頭はいずれも芝マイルのG1ウイナー。前走で高評価を受けていた馬および芝1600mのG1実績馬を上位に取るべきだろう。

(減点対象馬)
ヴァンドギャルド ③ロータスランド ⑧イルーシヴパンサー ⑩エアロロノア ⑪カテドラル ⑫ダイアトニック ⑭ソウルラッシュ ⑱ナランフレグ

【東京芝実績】
2012年以降、東京芝コースに2回以上出走し、勝利経験がなかった馬の好走例(3着以内)は4頭。ただし、いずれも3着止まり。2着連対圏に届きそうで届かない状況が続いている。

(減点対象馬)
ホウオウアマゾン ⑪カテドラル ⑫ダイアトニック ⑯レシステンシア


【データ予想からの注目馬】
上記4項目で減点がないのは、④ダノンザキッド、⑥カラテ、⑦ファインルージュ、⑨シュネルマイスター、⑬ソングラインの5頭。

中心には⑦ファインルージュを据えたい。2012年以降、前走がG1かつ単勝3番人気以内に支持され2着以内だった美浦所属馬は【1.2.1.0】の好成績。直近4年連続で2着連対馬を送り出している、前走ヴィクトリアマイル組であることも加点材料だ。

過去10年【1.1.1.2】の3歳時にG1を勝っていた美浦所属かつ4歳馬に該当する、⑨シュネルマイスターを2番手評価。以下、④ダノンザキッド、⑥カラテ、⑬ソングラインらが続く。

<注目馬>
ファインルージュ ⑨シュネルマイスター ④ダノンザキッド ⑥カラテ ⑬ソングライン


[もっと見る]

⇒もっと見る

ダイアトニックの関連コラム

閲覧 1,393ビュー コメント 0 ナイス 3



先週末のスプリングSビーアストニッシドが逃げ切り勝ち。雨の影響で中山の芝の状態が懸念されたが、フタを開けてみればイン有利だった。

それにしても、ビーアストニッシドの鞍上・岩田康誠騎手の活躍がこのところ目立っている。土曜日は同じ皐月賞トライアル・若葉Sをデシエルトで制覇。スプリングSと同じ逃げ切り勝ちだった。岩田康誠騎手は今年だけで早くも重賞3勝の大活躍。それも毎週騎乗しているわけではなく、2022年の重賞騎乗数は9。その中で、フェブラリーS2着のテイエムサウスダンなど、実に5レースで馬券に絡む活躍を見せている。

~迷いがなくなった岩田康誠騎手

岩田騎手といえば、先週はレースよりもインタビューの方が話題になった。私自身はむしろ「関係者に感謝」ばかりの予定調和的なインタビューよりもよほど面白かったと思うが、岩田康誠騎手自身も今年は迷いがなくなっており、それがインタビューにも表れているように感じられた。

3週間前の当コラムでも少し触れたが、今の岩田康誠騎手は馬を作り、強敵を倒すことに喜びを感じているように思える。今年の年明けのスポーツ報知のコラムでは、

「追い切り以外の調教にも積極的に携わり、自分の騎乗で勝利をつかむ。そこには騎手としてのやりがいを感じます」

と語っている。これは憶測だが、かつてのように最高ランクの素質馬が自分の手に次々に回ってくる状況はもう来ない。だからこそ、自分にしかできないやり方と濃密な関係の中で結果を出して行きたい、という決意表明のように思えた。テイエムサウスダンではその形でG1にもあと一歩まで迫るなど、結果も出始めている。特にビーアストニッシドのように内枠に入った際は要注意。今週末の高松宮記念ではダイアトニックも控えており、かつてのように大舞台でどんどん炎上して盛り上げてほしい。

【次走狙い馬】ビューティフルデイ(土曜中京10レース・豊橋S/13着)

折り合い欠いたのは仕方ないが、そこから大外に持ち出してマクるという土曜日の内有利馬場を考えれば無謀な競馬。今回は三浦騎手らしいというか…そういう内容だったので完全にノーカンでOK。もともと1400m以下がベスト。次走距離短縮なら大敗から巻き返せる。

高松宮記念展望

さて、今週末からいよいよ春G1がスタートする。開幕を飾るのは高松宮記念。というわけで最後はいつも通り、今週末の注目馬で締めたい。今回は高松宮記念からこの馬。

ダイアトニック岩田康誠騎手)

本編で取り上げたからというわけではないが、今週も岩田康誠騎手に注目。ダイアトニックは前走絶好スタートから上手く内に入れて溜めて抜け出し。1400mでも掛かるくらいのスピードを秘めているので短縮はプラスだろう。一昨年はゴチャついた影響もあり繰り上がりの3着とあとひといき及ばなかったが、枠順次第では(=週半ば執筆=)2年の月日を経ての雪辱もあるかもしれない。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2022年3月24日(木) 10:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 高松宮記念2022  
閲覧 994ビュー コメント 0 ナイス 4



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


3月27日(日) 中京11R 第52回高松宮記念(4歳以上G1・芝1200m)

【登録頭数:20頭】(フルゲート:18頭)

<優先出走馬>

ジャンダルム(前走510kg(-4kg)、中2週)<B>
前走が叩き2戦目で抜群の出来。この中間は軽めの調整で、当時の出来をどれだけキープできているかがテーマに。最終追い切りの動きに注目したい。

ダイアトニック(前走478kg(-2kg)、中3週)<A>
元来坂路で速い時計の出る馬だが、前走時は入念な乗り込みで仕上りは良かった。この中間も、1週前にはジョッキー騎乗で追われ、右にモタれる面を気にしながらではあるものの、終いまでしっかりと伸びていて、引き続き好仕上がりをアピールしている。


<以下、賞金上位馬>

レシステンシア(前走498kg(-8kg)、3ヵ月)<A>
休み明けも2週前、1週前と追われるごとに時計を詰めてきている。1週前の動きを見ると力強い走りで、仕上りは良好。

サリオス(前走542kg(-4kg)、3ヵ月)<A>
かなり大きな馬だが間隔を空けて使ってくることの方が多いタイプ。1週前の動きを見ても重さは感じさせず、重心が低い走りで仕上りは良さそう。

グレナディアガーズ(前走468kg(+2kg)、3ヵ月)<B>
休み明け。CWコースを、ジョッキー騎乗で長めから強めに追われた1週前は、好時計で先着と、いつも通りの調整で仕上りは順調。

ロータスランド(前走484kg(+18kg)、中4週)<B>
前走時は休み明けでもすべて馬なりでの調整だったが、この中間は1週前に強めに追われている。大きく先着もはたし、叩き2戦目での上積みに期待がもてる。

エイティーンガール(前走456kg(+2kg)、中3週)<C>
CWで調整されている馬で、休み明けの前走時は気分よく走らせながらも目立つ時計はでていなかった。この中間は、1週前追い切りでは行きたがるところを抑えながらの好時計。気合いが乗りすぎている面があるので、直前はテンションを上げ過ぎない調整ができれば。

メイケイエール(前走472kg(+2kg)、中7週)<C>
気性的に難しいところのある馬。この中間も、ジョッキー騎乗で追われた1週前は、力みと硬さが感じられる走りだった。

レイハリア(前走446kg(-6kg)、4ヵ月)<D>
休み明け。この中間は南Wでの調整に変えてきた。いつもと調教内容を変えてきた時点で何らかの不安があり。

トゥラヴェスーラ(前走492kg(+22kg)、中3週)<B>
前走は長期休養明けで+22キロ。反動も心配になるところだが、前走時にしっかり乗り込まれていたこともあってか、この中間も1週前にはジョッキー騎乗でスピード感ある走りを披露。上積みが期待できそう。

クリノガウディー(前走494kg(±0kg)、中3週)<A>
近走凡走が続いているが、中京コースは(降着の1昨年も含め)かなり相性が良い馬。この中間も坂路で好時計が出ていて、変わり身があってもおかしくない。

キルロード(前走506kg(+2kg)、中2週)<C>
大型馬の叩き2戦目で迎えるこの中間は、1週前に坂路で馬なりの調整。輸送もあるので、中2週で上積みまではどうか。

ライトオンキュー(前走512kg(+2kg)、4ヵ月)<D>
休み明けで、しっかりと乗り込まれて坂路で好時計も出ている。ただ、1週前追い切りでは、前半から速い時計でびっしり追われているので仕上がりに余裕はない感じ。

ファストフォース(前走518kg(-12kg)、中2週)<D>
この中間は中2週で軽めの調整。1週前は軽めだったとはいえ走りに勢いがなく、変わり身なし。

ナランフレグ(前走498kg(+4kg)、中2週)<C>
この中間は坂路で軽めの調整。最終追い切りを南Wで良い動きを見せてくれば、上積みも期待できそう。

サンライズオネスト(前走480kg(+10kg)、中3週)<C>
1週前追い切りでは、終い追われてバランスを崩すところも見せたが、しっかり伸びており、引き続き出来良好。

ダイメイフジ(前走528kg(-8kg)、中2週)<D>
この中間は軽めの調整。前走時のパドックでも元気がない印象を受けた。使い詰めでの疲れがあるかもしれない。

シャインガーネット(前走480kg(±0kg)、中7週)<A>
この中間は坂路でも好時計が出ていて、前走時よりも調教内容が良い。気合い乗り抜群に南Wコースで終いまでしっかりと伸びた1週前内容からも、上積み期待が高まる。


<以下、除外対象馬>

カイザーメランジェ(前走490kg(-6kg)、中5週)<D>
休み明けを2度使われているが、この中間も乗り込み量は豊富でも坂路での時計が良化せず。

ヴェントヴォーチェ(前走518kg(+6kg)、中5週)<D>
前走から間隔が空いているが坂路での時計がかなりかかっていて、出来はイマイチ。



※今回のこのコラムで中間の状態からの推奨馬は、ダイアトニックサリオスレシステンシアシャインガーネットクリノガウディーの5頭をあげておきます。



<出走予定馬の前走時の追い切りVTR>









◇今回は高松宮記念編でした。
先月サウジアラビアで行われたサウジカップデーでは、日本から遠征した馬が大活躍。特にルメール騎手の積極的な競馬が目立ちました。個人的に印象に残っているレースは、ステイフーリッシュの勝ったレッドシーターフハンデキャップ(G3)。2006年に新婚旅行で行ったドバイワールドカップツアーの日に行われた、ドバイシーマクラシックでのハーツクライを思い出すレース内容でした。同じ勝負服で同じような逃げる競馬で、鞍上もルメール騎手。当時は、武豊騎手がユートピアで勝利していて、初めての海外競馬観戦で日本の馬が2勝するところを観ることができました。あの興奮は今でも蘇ってきますし、日本では味わえない経験でした。今週はそのドバイワールドカップデーに日本の馬が多数参戦します。今回現地に行くことはできませんが、グリーンチャンネルで生中継されますし馬券も買うことができます。16年前の興奮を思い出させてくれるような熱戦を期待しています。そして、日本馬の応援に、高松宮記念にと、前夜から存分に楽しんでいきたいと思っています。

高松宮記念出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2022年3月21日(月) 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2022年03月21日号】特選重賞データ分析編(298)~2022年高松宮記念
閲覧 1,597ビュー コメント 0 ナイス 6



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 高松宮記念 2022年03月27日(日) 中京芝1200m


<ピックアップデータ>

【“前年以降、かつJRA、かつG1・G2のレース”において“着順が2着以内、かつ4コーナー通過順が3番手以内”となった経験がなかった馬の、枠番別成績(2016年以降)】
○1~4枠 [2-4-4-34](3着内率22.7%)
×5~8枠 [0-0-0-45](3着内率0.0%)

 先行力が高い実績馬は素直に信頼して良さそう。“前年以降、かつJRA、かつG1・G2のレース”において“着順が2着以内、かつ4コーナー通過順が3番手以内”となった経験のある馬は2016年以降[4-2-2-11](3着内率42.1%)と堅実でした。一方、この経験がなかったにもかかわらず3着以内となった10頭は、いずれも内寄りの枠を引いた馬。枠順次第では大胆に絞り込んで良いかもしれません。

主な「○」該当馬→未定
主な「×」該当馬→未定


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“前年以降、かつ中山・阪神のレース”において入線順位が2位以内となった経験がある」馬は2016年以降[6-5-6-45](3着内率27.4%)
主な該当馬→ジャンダルムダイアトニックトゥラヴェスーラメイケイエール

[もっと見る]

2022年3月4日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】存在感増す岩田康誠騎手/チューリップ賞展望
閲覧 1,000ビュー コメント 0 ナイス 3



阪急杯は、岩田康誠騎手騎乗のダイアトニックがインを捌いて抜け出し久々の重賞制覇を飾った。ダイアトニックは前走の京都金杯から岩田康誠騎手が手綱を取っており、今回は2度目の騎乗で見事に結果を出した。

2着にはそのダイアトニックの影を追うように内から伸びて来たトゥラヴェスーラが入り、3着にはサンライズオネスト。今年はメンバーレベル自体があまり高くない印象があり、本番の高松宮記念に繋がるかは微妙なところ。ただ、勝ったダイアトニックは掛かるくらいのスピードを見せており、既に高松宮記念でも実績のある馬。本番でも怖い存在になりそうだ。

~存在感増す大ベテラン岩田康誠騎手

それにしても最近、岩田康誠騎手の存在感が増している。今年最初のG1・フェブラリーSでもテイエムサウスダンに騎乗し2着。根岸Sからの距離延長を不安視されながらも持ち味を引き出したように、随所でベテランの腕が冴え渡っている。

その他にも、昨年の京都2歳S、そして今年の共同通信杯で穴をあけたビーアストニッシド、再三に渡り先行策で穴をあけているショウナンバルディなど、重賞に限っても穴馬例は多数。これらに全て共通するのは、継続騎乗であるということだ。

なんでもテイエムサウスダンには毎日のように騎乗し、馬とのコンタクトを確かめていたとのこと。岩田騎手自身、かつてのようなメインストリームからは撤退した分、一頭の馬をコツコツと育てながら騎乗することにやりがいを感じているように、今後の岩田騎手は継続騎乗での連続穴パターンが増えそう。元々腕があるのは間違いなく、今後はベテランの職人騎手としてジェンティルドンナの頃とは違った活躍が見られそうだ。

もちろん、かつて見せていたインを捌く技術であったり、思い切った先行策などは今でも健在。以前より人気にならなくなっている分、馬券的な妙味も上がって狙いどころは多々ありそうだ。

【次走狙い馬】ミニョンルミエール(土曜中山2レース2着)

中山ダート1200mに照準を合わせて使われており、この条件なら戦績通り崩れない。エイシンヒカリ産駒は自信の得意条件なら安定して走るタイプが多く、軸なら信頼度は高い。次走引き続き柴田大知騎手でもこの舞台なら信頼。

チューリップ賞展望

さて、今週末はクラシックに向けてのトライアルがスタート。土曜日は桜花賞トライアル・チューリップ賞が行われる。最後はいつも通り、今週末の注目馬で締めたい。今回はチューリップ賞からこの馬。

アンジェリーナ(横山典騎手)

注目はアンジェリーナ&横山典騎手。勝ち上がりには7戦を要したが、一戦ごとに内容良化。前走は好位から楽々差し切り、ゴール前はまだまだ余力もあった。小柄ながらパワーもあるので急坂コースも問題なく、レースセンスの高さを生かせればクラスの壁はない。恐らく人気はないだろうが、穴馬として一枚相手には加えておきたい。

最後に新刊発売のお知らせです。

新刊『キムラ&TAROが教える馬券の授業』(ガイドワークス)が発売されました。ウマニティ動画でもおなじみのキムラさんとともに、1番人気との向き合い方や、外が伸びる馬場への対応方法などについてお話しする、実践的な内容になっております。是非お買い求めください。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2022年3月4日(金) 10:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(2/26~2/27) シムーンプロ 日曜小倉11R◎トップオブメジャーから3連単的中18,075%回収の一撃を披露!
閲覧 257ビュー コメント 0 ナイス 1



27(日)に行われたG2中山記念、G3阪急杯ほか様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
27(日)の小倉11R下関Sでは、◎トップオブメジャーから3連単30点勝負を敢行し、54万2260円馬券的中(18,075%回収)の大ホームランを達成! さらには、続く勝負予想指定小倉12R4歳以上1勝クラスの◎レットミーアウト(近走は道悪に泣かされている印象で再ブリンカー着用で走り切れれば通用する)的中計13万200円払戻しや、26(土)の中山1R3歳未勝利キットクル的中などもマークした先週は、週末トータル回収率311%、収支49万7860円の大幅プラスで終えています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
26(土)を中山2R3歳未勝利リュタン単勝1点的中で好発進とすると、阪神11R仁川S含む後半4連チャン、翌27(日)小倉2R3歳未勝利G2中山記念などの的中を記録。週末トータルでは、回収率173%、収支10万3700円プラスの好成績を収めています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
先週は、26(土)阪神3R3歳未勝利、同阪神9R伊丹S、27(日)阪神9R松籟Sなどの活躍を披露すると、G3阪急では○ダイアトニックトゥラヴェスーラサンライズオネスト的中をマーク! 複勝、ワイド、馬連、3連複トータルで6万2550円払戻しを達成しています。
 
 
 
この他にも、織本一極プロ(162%)、にしのけいごプロ(152%←2週連続週末プラス)、キムラヨウヘイプロ(141%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(123%←2週連続週末プラス)、きいいろプロ(115%←2週連続週末プラス)、イレコンデルパサープロ(120%←2週連続週末プラス)、3連単プリンスプロ(120%)、蒼馬久一郎プロ(113%←2週連続週末プラス)、馬単マスタープロ(109%)、新参者プロ(105%)、暴君アッキープロ(105%)、田口啄麻プロ(101%)が回収率100%超をマークしています。
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2020年10月2日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】ロードカナロア産駒と相性の良い横山典騎手に注目
閲覧 1,889ビュー コメント 0 ナイス 3

先週は東西でG1へ向けて重要なトライアルレースが2つ。

神戸新聞杯コントレイルが難なく秋初戦を制し、無敗の3冠へ向けて順調なスタートを切った。3~4コーナーでは内枠ゆえに渋滞に巻き込まれそうな場面もあったが、福永騎手とのコンビで難なく捌いて抜け出し。脚力に加えて折り合いもつく、レースセンスも良い、と3拍子揃っており、まさに現代競馬のチャンピオンにふさわしい馬。菊花賞へ王手、あとは道悪や極端な外枠を避けられれば結果もついてきそうだ。

一方オールカマーはゴール寸前でカレンブーケドールを捉えたセンテリュオが大外一気の差し切り勝ち。個人的にもセンテリュオには自信の本命を打っていたが、同時に勝ち切らない自信もあったので、2~3着馬券でズドンと勝負。ゴール前は、「差せ…でも差し過ぎるな…!」と微妙な声援を上げたのも空しく、想定以上の末脚で勝ち切ってしまった。これも競馬なので仕方ない。

それにしても、中山芝は雨の影響もあったとはいえ、特に日曜日は想定以上に外が伸びていた。今週末は雨の心配はほぼなさそうだが、先週の傾向がどう引き継がれるのか注目したい。ちなみに秋の中山3週目(つまりスプリンターズSの前の週)時点で芝が外伸び傾向になるのは、私が個人的に付けている馬場記録を見返すと2016年以来となる。その2016年のスプリンターズSレッドファルクスが外から差し切り勝ち。果たして今年は―。

スプリンターズS展望

というわけで、いよいよ秋G1の開幕戦・スプリンターズSの展望へ。

今年は例年以上に有力馬の乗り替わりが多く、ダノンスマッシュは三浦騎手から川田騎手に戻り、グランアレグリアは池添騎手からルメール騎手に戻る。さらにダイアトニックはココ2戦で手綱を取った武豊騎手が凱旋門賞に遠征するため、横山典騎手がテン乗りとなる。

その中で、注目はダイアトニックと横山典騎手のコンビ。ダイアトニックの父は言わずと知れたトップサイアーのロードカナロア。同産駒は操縦性が高くセンスの良い馬が多く、この特徴が横山典騎手にピタリとハマりそうだ。

実際、横山典騎手はロードカナロア産駒で重賞を3勝。これはアーモンドアイサートゥルナーリアなどで合計10勝を挙げているルメール騎手を別格とすれば、最多タイの記録となる。他に3勝しているのは北村友騎手、武豊騎手の2人。しかし、北村騎手は騎乗機会25、武豊騎手は同12に対し、横山典騎手はわずか5回の騎乗で3勝をしている。その内訳はトロワゼトワルで2勝、そしてキングオブコージで1勝。

ココまで書いておいてなんだが、正直データはどうでも良い。ただ、レースぶりを見ていても横山典騎手とロードカナロア産駒は非常に手が合っている。同騎手のイマジネーションに対して、同産駒はきちんと応えられる運転のしやすさがあるからだろう。とりわけキングオブコージとのコンビで飾った4連勝は、世界でも横山典騎手でしか成し得なかったものだと思う。テン乗りで勝利した今年の年明け1回京都の4歳上1勝クラスでのレースぶりは、その映像を観ながらハイボールを3杯くらい飲めてしまう。

余談が過ぎたが、ダイアトニックはタイミング的にも狙いやすい。前走は完全な外差し競馬での最内枠。私自身も同レースでは評価を5番手まで下げたが、結果は想像を超える15着のいう大敗。ただ、スプリント戦の着順など馬場一つでどうにでも変わる物なので全く気にすることはない。前走は2.3倍の1番人気、今回は恐らく4番人気程度。タイミング的には反発しそうな今回こそが狙いどころだろう。

その他は、人気どころならば、再注目はグランアレグリア。純然たるスプリンターではないと思うが、単純な能力を見れば、ひたすらスプリント路線(付近)で実績を積み重ねているモズスーパーフレアダノンスマッシュよりも能力は上位。前述した通り、今年は例年よりも外が伸びている馬場状態もプラスで、順当に最有力候補とみる。

※週末の重賞の結論は、『TAROの競馬』にて一部無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダイアトニックの口コミ


口コミ一覧

第72回 安田記念回顧

 競馬場の神様 2022年6月9日(木) 22:38

閲覧 168ビュー コメント 0 ナイス 4

 見事、今年の安田記念を制したのは、馬名の意味がである7枠⑬番のソングラインだった。

1.今年の安田記念 = 安田伊左衛門生誕150周年記念競走
2.安田伊左衛門 = 英ダービーではなく東京優駿(日本ダービー)の創設などに尽力した人物
3.2022年日本ダービー
3・1.安田伊左衛門 = 東京優駿(日本ダービー)の創設などに尽力した人物から、今年の安田記念 = 先週行われた日本ダービーの結果を色濃く反映するレース。
                           {1着 7枠⑬番ドウデュース
3・2.歌舞伎とコラボした今年の日本ダービーの結果 → {2着 8枠⑱番イクイノックス
                           {3着 2枠③番アスクビクターモア

3・3.2022年北海道スプリントカップ予想
3・3・1.今日6月2日は横浜港が正式に開港した横浜港開港記念日        <徳川家茂>
3・3・2.横浜港開港の契機となった条約 = 江戸時代後期(1858年)に締結された日米修好通商条約 3・3・3.江戸時代後期の文化 = 歌舞伎作者の「ツル」マル「ボ」ーイ =「つる」やなん「ぼ」く(鶴屋南北)で知られる化政文化(政治の中心は11代将軍家斉)。よって、今年の北海道スプリントカップを制するのは、化政文化を代表する絵画の1つである『東海道五十三次』を描いた歌川「広重」=「ヒロシゲ」ゴールドだと私は考える。武豊J、53歳での日本ダービー制覇おめでとう!!!!!!

  5月29日 日本ダービー    7枠⑬番ドウデュース   武豊 1着  <元禄文化>
  6月02日 北海道スプリントC 7枠⑦番ヒロシゲゴールド 武豊 1着? <化政文化>

と予想するも、残念ながら、ヒロシゲゴールドが馬券になることは一切無かった。そうであれば、『東海道五十三次』の歌川広重は、ダービーの結果を色濃く反映する安田記念で馬券になるのではないか?よって、今年の安田記念を制するのは、ドウデュースやヒロシゲゴールドと同じ7枠に入った馬名の意味が東海「道」五十三次 = の「歌」川広重 =「ソング」ラインだと私は考える、とすべきだったなあ。
 ところで、このレースが終わった後、「今年の安田記念は安田伊左衛門生誕150周年記念競走だから、ソングラインは⑱番から数えて150番目(①の次は⑱)の7枠⑬番に入った。それを事前に見抜けていれば…」といった回顧をどこかで見かけた。どうやら、この回顧の主はサイン読みの人間らしいのだが、こんなものは、サイン読みを自称する人間なら真っ先に考えなければならないことだろう。
 私も彼(彼女)同様にサイン読みを自称する人間の1人である。それでは、なぜ私はサイン読みの人間であるにも関わらず、150番を無視して6枠⑫番のダイアトニックを本命にしたのか?アドマイヤシ「゛ャスタ」=「安田」伊左衛門から、私は鳴尾記念の本命を6枠のアドマイヤジャスタとしたが、予想に反して、この馬は最下位という結果に終わった。「翌日の安田記念は安田伊左衛門生誕150周年記念競走である以上、JRAが馬名に安田を含んだアドマイヤジャスタを邪険に扱うはずはない。きっと、今回の結果は安田記念に向けたサインなのだろう。」私が安田師の管理する6枠のダイアトニックを本命にしたのは、こういった判断に由来する。

  6月4日      鳴尾記念(15:35)         アハルテケS(15:45)
          「アドマイヤ」ジャスタ   10着  「アドマイヤ」ルプス     1着


  6月5日      安田記念(15:40)         松 風 月S(15:30)
       2枠 ④ダノンザキッド 安田隆行 06着  ③オーロラテソーロ 03番人気 1着
       6枠 ⑫ダイアトニック 安田隆行 14着  ⑫ノンライセンス  12番人気 2着
                                      ※馬連¥7,820!

 これこそがJRA競馬の難しさなのだが、それはさて置き、改めてミスターJRAの53歳でのダービー制覇を祝福したいと思う。


⦿7⃣2⃣安田記念予想 → https://umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?user_id=a59884603d&race_id=2022060505030211

 ken1 2022年6月5日() 17:08
安田記念、折角穴でサリオス抜擢出来たが、、、
閲覧 203ビュー コメント 0 ナイス 3

★安田記念 過去10年のデータから

★A……ZI値3位以内が8/10年連対、3着以内9/10年
⇒○1位1カフェファラオ、2位9シュネルマイスター、3位3ロータスランド
7ファインルージュ、15セリフォス

★B……3人気以内が連対8/10年、毎年3着以内
⇒○1人9番、2人8番、3人13番

★C……前走重賞3着以内かOP連対19/30、前々走重賞連対2/30、あるいは
前走重賞3人気以内5/30か、前々走重賞2人気以内2/30、残り2頭は
12年グランプリボス(11年NHKマイル1)15年クラレント(12年NHKマイル
3)
⇒○1,2ヴァンドギャルド、3,5ホウオウアマゾン、7,8イルーシヴパンサー
14ソウルラッシュ、16レシステンシア
 ▲6カラテ、9,12ダイアトニック、13ソングライン、15番
  4ダノンザキッド、

★※D……前走G1組で3人気以内(3/4/2/13)4人気以下(0/1/0/17)2着は14年
グランプリボス(12年2着のリピーター)今回1人気(2/3/2/0)
⇒◎9番
 ○1,7,9,13,15番
 ×2,3,12,16,17,18番

★E……マイラーズC勝ち(0/0/1/8)3着は20年インディチャンプ(19年1着)
京王杯SC勝ち(0/0/1/7)3着は17年レッドファルクス(16年スプリンターズ1着)
⇒×14番

★F……牝馬(1/4/1/11)牡馬セン馬(9/6/9/119)
⇒○3,7,13,16番

★G……前走上がり3F2位以内(7/5/3/35)3位以下(2/4/6/79)
⇒○1,8,(9、前走は海外で2走前)14,18番

★H……近5年の勝ち馬は、国内出走レースで3人気以内が3/5頭は全R、残り2頭は
G1の1Rのみ4人気以下
⇒◎15番
 ▲1,4,9,17番

★I……3才(0/0/1/2)4才(4/2/2/25)5才(3/5/3/41)6才(3/2/3/37)7才
(0/1/1/25)2着は17年ロゴタイプ(16年勝ち)3着は16年フィエロ
(15年マイルCS2)
⇒△15番
 ×12番

★※J……前走上がり1位(4/4/1/19)2位(3/1/2/16)上がり2位以内で勝ち
(2/2/3/9)
⇒○1、8、14番
 ▲(9番前走海外で2走前)18番
 ◎1,8,14,18番

★※K……前走1人気(4/2/3/22)2人気(3/3/2/12)前走国内組の勝ち馬9頭は
全て4人気以内
⇒○4,5,15番
 ▲1,6,13番

※L……前走海外組(1/1/1/15)3頭は前走勝ちで今回1人気
⇒×2,9番

★★M……ノーザンファーム生産馬は、12~16年(0/2/0/18)17~21年
(3/3/2/12)18年以降牝馬は(1/4/1/2)で当日3人気以内(1/3/1/0)
一方、キャロットファーム(0/0/0/8)G1レーシング(0/0/0/5)
⇒◎13番
 ○7、16番
 ▲4,5,9,11番
 ×11,15番

★※N……3着以内馬は、馬体重480k以上27/30頭、500k以上15/30
⇒○1,4,5,6,7,10,14,16,17番
 ▲3,8,9,11,12,13,15番
 
★O……勝ち馬の条件
 a前走阪神以外10/10年
⇒△5,6,10,14番
 b前走国内レースなら4人気以内10/10年
⇒○1,4,5,6,7,8,13,15,17番
 c近4走以内に重賞連対10/10年
⇒○1,3,5,6,7,8,9,11,12,13,14,15,16,18番

★※P(J補足)……前走上がり3位以内17/30、2、3走前上がり3位以内5/30
※残り7頭は、14年リピーターのグランプリボス、NHKマイルを上がり3位で3着
の15年クラレント、逃げ先行で連対した16,17年ロゴタイプ(先行して朝日杯1)
と18,19年アエロリット(NHKマイル1)かと思えば共同通信杯と毎日王冠を
上がり1位で勝ってダービー2着のある21年ダノンキングリー
⇒◎8,11,12,14、18番
 ○3,4,6,7,9,10,15番
 ▲16番(NHKマイル逃げて2)17番(毎日王冠など上がり1位勝ちでダービー2


12~17年の6年間で4才馬は2連対のみだったが、18年の3着以内独占を始めに
近4年は3着以内に6/12頭と台頭し、昨年こそ4才馬は3着以内無しだったが
代わりに3才馬の9番が3着と若駒が来ている

と同時に17年以前は皆無だった牝馬が、18年以降は3着以内に6頭と毎年
連対、しかし近3年連続単オッズ1倍台と圧倒的人気になりながら、3,2,2着
と勝てずにいる
18年5人気アエロリットも含めて勝てない牝馬の前走はいずれもVマイル
一方20年3人気で勝ったグランアレグリアの前走は高松宮記念で2ヶ月半の
休み明けで、Vマイル組の中2週よりは余裕があった
今回、Vマイル組は7番、13番、16番のうち、圏内の7,13番も有力だが
頭までは買い被れない

昨年3着で鞍上ルメールの9番が1人気だが、海外遠征帰り組はいずれも前2走
連勝と絶好調で臨んだ馬ばかりで、9番はドバイで負けているだけに危険な
人気馬かもしれないが、近4年のルメールならば押さえは必要か

東京コースで上がり1位で4連勝、東京新聞杯勝ちの8番は、秋華賞とVマイル2着
の7番を0.3差下して既にG1で勝ち負けの能力を示しているので、今の勢いと
伸びしろある4才ならここもあっさり5連勝となる公算大

外からハナを叩いて行くか番手マークでも粘りそうな16番と、昨年は相性の悪い
大阪杯使って臨み、出っ歯イマイチで先行叶わず直線でも進路が狭まった不利の
あって惜敗、重馬場の前走大敗から休み明けで立て直してきた昨年のダノンキングリー
を彷彿させる17番が穴

馬連8→7,9,13,各五百円 8→16,17各二百円
三連複8=(7,9,13)ー1,16,17各二百円、7-8-9と7-8-13、8-9-13は
各三百円、合計12点
三連単8→(7,9,13,16,17)2,3着BOX各百円
(7,9,13,16,17)→8→(7,9,13,16,17)合計50点
複勝勝負は、降雨無く良馬場で問題無ければ8番へ
≫≫13-9-17
34.7-46.7-58.7-45.6-33.6=1.32.3
まさかの田辺が普通に出していけば中団になると踏んでいたのが最後方( ̄▽ ̄;)
勝ち馬の位置に居れば、あるいは三角までに押し上げて行けば結果は違ったはず
後傾ラップにしても前後半1秒差以上とはスロー過ぎた、流石の8番も上がり32.6
でも届かぬ
9,13番は理想的な位置取りと追い出し、9番はやや緩い仕上げだった分の負けか
折角17番を穴で抜擢出来てただけに残念無念
16番は内枠ならまた結果が違ったのかも
1分32秒台とは近5年では一番遅く、高速馬場としては凡レースだったか

[もっと見る]

 プラス1 2022年6月5日() 14:06
安田記念GⅠ 馬券買ってきました(2022/6/5(日)) 
閲覧 214ビュー コメント 0 ナイス 6

馬券買ってきました


今日は予想プログラムが 

東京2R・・ 荒れるかも知れん・・

というので、朝から 馬券買いに行きました


荒れるというなら 人気馬を外して 買うか ということで 220通りの不人気3連複で勝負・・!

結果・・はずれ・・

うぉおぉ・・ 死んだ・・ 諭吉さんが2人~ほど・・


まぁ 後から 客観的に見ると アホなことしてるんですけど 事前に予測が出来ないんですよね、実際 アホなので



まぁ 今日は 安田記念のほうが本番ということなので 気分を切り替えましょうか


安田記念は 13 ソングライン(4番人気、単勝7倍) 軸でいいんじゃないかと

相手は 1~5番人気の

9 シュネルマイスター
8 イルーシヴパンサー
7 ファインルージュ
15 セリフォス

でも買ってれば という感じな気はしますが


予想プログラムが
12 ダイアトニック(17番人気、単勝125倍)

が気になる とかいうんですよね


お前、まじか

朝から外したのに またそんな誘惑を俺にするのか

がはは、俺には そんな誘惑は効かんわ


と言いつつ 体は欲望に忠実なので 

13 ソングライン
12 ダイアトニック

で高配当になりそうなところ買いましたね


まぁ この無謀な 馬券の結末は この後 1時間40分後ぐらい ということで
(結果みなくても どうなるかは 予測できますけどね)

[もっと見る]

⇒もっと見る

ダイアトニックの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
12:
  fc0703d559   フォロワー:6人 2020年10月2日(金) 17:00:57
スガ、キム、消しに近い抑え
11:
  fc0703d559   フォロワー:6人 2020年9月29日(火) 20:00:27
関係、ノリ本気
10:
  HELPRO   フォロワー:0人 2020年8月30日() 15:48:32
馬場が悪い上に58㎏ではここが目標でないだけに着を外しても仕方がない。
それでも入賞するかと思ったが、さすがはニセモノ武豊らしい惨敗。
これでスプリンターズSは人気が落ちるので狙い目には持って来いのはず。
これで本番も惨敗したなら救いようもなくなるが!

⇒もっと見る

ダイアトニックの写真

ダイアトニックの厩舎情報 VIP

2022年6月5日安田記念 G114着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ダイアトニックの取材メモ VIP

2022年6月5日 安田記念 G1 14着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。