ブラヴィッシモ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ブラヴィッシモ
ブラヴィッシモ
写真一覧
抹消  鹿毛 2012年2月18日生
調教師須貝尚介(栗東)
馬主金子真人ホールディングス 株式会社
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績34戦[5-5-3-21]
総賞金12,768万円
収得賞金2,100万円
英字表記Bravissimo
血統 Fastnet Rock
血統 ][ 産駒 ]
Danehill
Piccadilly Circus
メイキアシー
血統 ][ 産駒 ]
Sadler's Wells
Gwynn
兄弟 スワーヴアーサーエストスペリオル
市場価格5,250万円(2013セレクトセール)
前走 2018/10/28 ルミエールオータムD OP
次走予定

ブラヴィッシモの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/10/28 新潟 11 ルミエAD OP 芝1000 1861216.2810** 牡6 55.0 荻野極須貝尚介B 502
(+8)
0.57.3 1.034.2--ミキノドラマー
18/09/09 阪神 11 セントウルS G2 芝1200 15712144.2137** 牡6 56.0 和田竜二須貝尚介B 494
(0)
1.09.2 0.434.6⑫⑫ファインニードル
18/06/24 東京 11 パラダイスS OP 芝1400 107744.798** 牡6 56.0 柴田善臣須貝尚介B 494
(+6)
1.23.2 1.534.4⑥⑤ショウナンアンセム
18/06/17 阪神 11 米子S OP 芝1600 1281118.1612** 牡6 56.0 浜中俊須貝尚介B 488
(-4)
1.34.9 3.037.2ベステンダンク
17/05/28 京都 10 安土城S OP 芝1400 166125.3114** 牡5 55.0 和田竜二須貝尚介B 492
(0)
1.21.6 1.836.0⑧⑪シャイニングレイ
17/05/13 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 135717.9712** 牡5 56.0 北村宏司須貝尚介B 492
(-4)
1.23.9 0.734.5レッドファルクス
17/04/09 阪神 10 大―ハンC OP 芝1400 12112.412** 牡5 56.0 M.デムー須貝尚介B 496
(-2)
1.22.5 0.134.8⑤⑨エポワス
17/03/04 中山 11 オーシャンS G3 芝1200 1671414.555** 牡5 56.0 北村宏司須貝尚介B 498
(-2)
1.08.6 0.333.6⑭⑭メラグラーナ
17/02/26 阪神 11 阪急杯 G3 芝1400 12337.934** 牡5 56.0 武豊須貝尚介B 500
(-14)
1.21.7 0.335.9トーキングドラム
17/01/29 京都 11 シルクロード G3 芝1200 135649.799** 牡5 55.0 S.フォー須貝尚介B 514
(+12)
1.08.5 0.734.1⑤⑤ダンスディレクター
16/11/27 京都 12 京阪杯 G3 芝1200 1871423.897** 牡4 56.0 北村友一須貝尚介B 502
(+2)
1.11.5 1.235.6⑫⑬ネロ
16/10/29 京都 11 毎日スワンS G2 芝1400 1851040.01115** 牡4 56.0 藤岡康太須貝尚介B 500
(+4)
1.22.0 1.335.5サトノアラジン
16/09/18 阪神 10 仲秋S 1600万下 芝1400 11112.311** 牡4 57.5 浜中俊須貝尚介B 496
(0)
1.22.2 -0.036.0ムーンクレスト
16/08/13 新潟 11 新潟日報賞 1600万下 芝1400 175103.723** 牡4 57.5 戸崎圭太須貝尚介B 496
(0)
1.20.4 0.434.1④④ウインガニオン
16/05/14 東京 11 京王杯SC G2 芝1400 1661119.0610** 牡4 56.0 内田博幸須貝尚介B 496
(-8)
1.20.3 0.733.9サトノアラジン
16/03/27 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 181139.71114** 牡4 57.0 横山典弘須貝尚介B 504
(-2)
1.07.7 1.034.1⑧⑦ビッグアーサー
16/02/28 阪神 11 阪急杯 G3 芝1400 18239.153** 牡4 56.0 川田将雅須貝尚介B 506
(+2)
1.20.0 0.134.4ミッキーアイル
15/12/06 阪神 11 タンザナイト OP 芝1400 167142.515** 牡3 54.0 川田将雅須貝尚介B 504
(+8)
1.21.0 0.334.1⑧⑦テイエムタイホー
15/11/15 東京 10 奥多摩S 1600万下 芝1400 16113.211** 牡3 56.0 北村宏司須貝尚介B 496
(+6)
1.21.4 -0.233.9⑨⑧シンデレラボーイ
15/09/21 阪神 11 仲秋S 1600万下 芝1400 11793.212** 牡3 54.0 福永祐一須貝尚介B 490
(0)
1.21.2 0.134.3⑨⑧ダンスアミーガ

⇒もっと見る


ブラヴィッシモの関連ニュース

 《栗東》阪急杯2着から参戦するレッツゴードンキ(梅田、牝7)は坂路単走でスピード感にあふれた動き。主戦・岩田康騎手が騎乗し、この日最速タイの4ハロン49秒4-12秒5という破格の時計をマークした。「1週前だし、距離も1ハロン短くなるから、岩田騎手には気合を乗せる意味でしっかり追ってもらった」と梅田調教師。そして「全部12秒台のハロンラップやからね。7歳の牝馬だが、あんまり衰えもないかな。たいしたもの」とべた褒めした。前3年で8、2、2着に続く4年連続の挑戦が実を結ぶか。

 坂路で同じ一番時計を叩き出したのが、阪急杯3着のロジクライ(須貝、牡6)。ブラヴィッシモ(OP)と併せてラスト1ハロンをビシッと追われ、同49秒4-12秒4を計時して4馬身先着と気を吐いた。須貝調教師は「攻めは変わりなく動く。前走はゲートで挟まれて位置取りが悪くなったが、それでも3着に食い込んだのは収穫」と、能力を再認識。さらに初の1200メートルについても「折り合い面ではむしろ対応しやすいし、左回りはよりいい馬」と、前向きな姿勢を見せた。

 シルクロードS5着のアレスバローズ(角田、牡7)は、坂路でステッキがビシッと入って同52秒5-12秒0の力強さ。「しっかりやって、いい状態。前走は外枠で前に壁を作れなかった割に頑張った。良馬場前提など注文はつくが、うまくかみ合えば」。角田調教師も復調への手応えは感じた様子だ。

高松宮記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【高松宮記念】スマッシュ好調 2019年3月8日(金) 05:04

 《栗東》京阪杯、シルクロードSと重賞連勝中のダノンスマッシュ(安田隆、牡4)は、坂路単走で4ハロン53秒0-12秒9。馬なりでしまいをサッと伸ばした。北村友騎手は「負荷をかけつつもピリッとさせたくなかったので、しまいは楽な感じで上がってきました。2週前としてはすごくいい内容。雰囲気は落ち着いていていい感じでしたよ」と好感触を伝えた。

 阪急杯3着ロジクライ(須貝、牡6)は坂路での併せ馬で4ハロン53秒1-12秒3。余力十分にブラヴィッシモ(OP)と同入した。遠藤助手は「相手に合わせる形の調整。間隔は詰まっているけど疲れは全くない。レースに向けて徐々に上げていければ」と力を込めた。

[もっと見る]

【毎日放送賞スワンステークス】特別登録馬2018年10月21日() 17:30

[もっと見る]

【古馬次走報】ロジクライ、富士Sへ 2018年9月28日(金) 05:00

 ★京成杯オータムH3着のロジクライ(栗・須貝、牡5)は、ルメール騎手との新コンビで富士S(10月20日、東京、GIII、芝1600メートル)へ。同10着のウインガニオン(栗・西園、牡6)も参戦する。

 ★スプリンターズSを除外された3頭のうち、アドマイヤゴッド(栗・須貝、牡6)とグレイトチャーター(栗・鮫島、牡6)は、夕刊フジ杯オパールS(10月7日、京都、OP、芝1200メートル)へ、ブラヴィッシモ(栗・須貝、牡6)は信越S(10月14日、新潟、OP、芝1400メートル)に向かう。



★ロジクライの競走成績はこちら

[もっと見る]

【スプリンターズステークス】特別登録馬2018年9月17日(月) 17:30

[もっと見る]

【セントウルS】レースを終えて…関係者談話2018年9月10日(月) 05:07

 ◆小牧騎手(コウエイタケル4着) 「惜しかったね。良馬場なら勝っていたかもしれない」

 ◆森一騎手(ラインスピリット5着) 「雰囲気がすごく良かった。良馬場ならもっと楽しみ」

 ◆福永騎手(ネロ6着) 「行ってほしいという指示だったけど、行けなかった。もう少し内枠なら」

 ◆和田騎手(ブラヴィッシモ7着) 「しまいにかけて、内に潜り込んで脚をためた。いい伸びだった」

 ◆北村友騎手(アドマイヤゴッド8着) 「気合をつけてもあの位置。内からジリジリとは伸びている」

 ◆国分優騎手(フミノムーン9着) 「あえてきょうは出していった。いいバランスで走れていた」

 ◆松若騎手(アンヴァル10着) 「前半の位置取りのぶん、外を回らされてしまった」

 ◆武豊騎手(ダイアナヘイロー11着) 「流れに乗れたけど、手応えがなくなった。こういう馬場もあまり良くなさそう」

 ◆松山騎手(アサクサゲンキ12着) 「直線は思ったより伸びなかった」

 ◆杉原騎手(レジーナフォルテ13着) 「直線で手応えがなくなった。良馬場の方がいい」

 ◆菱田騎手(ウインソワレ14着) 「周りが速くて行けず、自分の競馬ができなかった」

 ◆荻野極騎手(マッチレスヒーロー15着) 「ついて行けなかったし、ダートの方が合う」

★9日阪神11R「産経賞セントウルS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ブラヴィッシモの関連コラム

閲覧 2,144ビュー コメント 0 ナイス 9



いよいよ秋競馬が本格化してG1シーズンが始まります。日々、忙しいせいか、歳をとったせいか、あと数か月で今年も終わりなんて信じられないです。G1は待ち遠し過ぎて、もうだいぶ前からスプリンターズSに関しては買いたい馬を決めていたのですが、さあどうなるでしょうか。願わくば、昨年のチャンピオンズCの時のように帯封ゲットで好スタートを切りたいものですが。

それでは恒例の全頭診断です。


1番人気想定 ファインニードル:3月の高松宮記念を制して、秋始動戦のセントウルSも8分程度のつくりで、着差以上の完勝だった。安田記念を制したモズアスコットが出てこないメンバーでは、ここでの本命はこの馬で仕方ない。自信の本命(来なかったら職場の競馬好きにも笑われるが・・・)。

2番人気想定 ナックビーナス:鞍上モレイラ騎手だけに、中山も巧く乗ってしまうはず(小回りが巧いので、札幌だとお手上げ状態)。前走もモレイラ騎手で予想外の逃げで2馬身半差の圧勝で、高松宮記念で3着だった時よりもファインニードルとの差を詰められるのでは。

3番人気想定 レッツゴードンキ桜花賞を獲ってから短距離志向になってきてスプリント路線でも活躍中。ただ、前走は衰えを感じる内容で、この人気なら消すべき馬。

4番人気想定 レッドファルクス:まだこんなに人気になるのかなあ?というのが正直な印象。かつて強かった馬だが、ここ2走のG1での走りは衰えを感じるもの。騎乗停止でM・デムーロ騎手が乗れなくなり、戸崎騎手への乗り替わりではびっくり騎乗も望み薄で、こちらも消すべき馬とみている。今後はダートならまだやれるのでは。

5番人気想定 アレスバローズ:G3を連勝中で、ディープインパクト×トニービンで差し脚がしっかりしている上り馬。遅刻王である菱田騎手はおろされたようだが(私自身も遠距離通学だった高校時代は遅刻四天王と言われていたが、社会人になってからは遅刻ゼロ・病欠ゼロでタフに働き続けています(^_^;))、藤岡佑騎手は今なら買える騎手であり、乗り替わりを含めて楽しみな一頭。

6番人気想定 ムーンクエイク:5月に京王杯SCでG2勝ちしたが、初の1200m戦だったキーンランドCで惨敗したように本質的にスプリンターではないのだろう。忙しいレースの流れに慣れるにしてもまだ時間が掛かりそうで、能力が高いことは認めてもここは消して妙味なのでは。

7番人気想定 ラブカンプー:スピードを生かして春からずっと好走し続けてきたこと、53kgの軽量ということで余分に人気になりそうだが、そろそろ疲れが出てきておかしくない時期。何より、速い馬にガシガシ来られて厳しい展開となっての予想外の凡走、というシーンがそろそろあるのではとみている。

8番人気想定 セイウンコウセイ:昨年の高松宮記念を重馬場巧者として制してから1年3か月勝ち星から遠ざかっていたが、函館SSでは久々の復活V。鞍上・池添騎手とも手が合っている可能性があり、今回も逃げに拘らなくてもうまく力を引き出せばやれていい。

9番人気想定 ラッキーバブルズ:2年前の香港スプリントで2着だったように強かった馬だが。さすがにピークは過ぎており日本の高速馬場で買いたいとは思わない。

10番人気以下想定
ダイメイプリンセス:新潟直千に滅法強く、この条件では恐らく日本での現役最強馬だが、前走の北九州記念でも2着したように直千でなくても好走できるようになっていて、地力強化を感じる。ただ、中山に関しては4月の同コースの船橋S(1600万下)で6着とあまり買いたい感じはしない。

キャンベルジュニア:もともとは中距離を使っていて段々と距離を詰めてきて前走で初めての1200m参戦。慣れが見込める今回は、能力的に激走があってもいい。南半球産でフェアリーキング系×母父デインヒル系なので、距離うんぬんより前後半の差の無い締まったペースのレースに向くはずで、ここは期待大の人気薄馬。

ワンスインナムーン:印象は薄いのかもしれないが昨年のこのレースで6番人気3着した馬で、昨年同様の朱鷺Sを勝っての臨戦で臨む今回。この時期がいいのか今年も激走ありえる雰囲気なうえに、人気しないのであればおいしい存在なのかもしれない。

ラインスピリット:OPでは3勝2着2回3着2回と頑張っているが、G3では3着が最高とここで激走を期待できる馬ではない。

スノードラゴン:10歳とは思えない調教の動きを見せているが、芝ではもう2年半馬券になっておらず、買い要素なし。

グレイトチャーターサクラバクシンオー産駒最後の世代で、ちょうど私が競馬を始めた頃のスターホースだったバクシンオーの仔だけに頑張って欲しいが、前走無欲の追い込みでオープン(G3)初馬券内では、あまり期待できない。

ティーハーフ:3年前がピークで3連勝で函館SSを制してから、5月の京都で3年ぶりの勝利を強烈な追い込みで決めた。ただ、その後は2桁着順が続いているようにここでは期待できない。

ヒルノデイバロー:人気薄の中で激走が見込めるのはこの馬では。オープンでの2着が5回あり(G2で1回、G3で2回、OPで2回)、ムラ馬でいつ走るかわかりにくい馬だが四位騎手はこの馬を手に入れている。余談だが、職人肌で頑固すぎなせいか技量ほどは勝ち星があがらなかった四位騎手だが、私と同年齢で札幌のスープカレーが大好きなど共通項が多数あって大好きな騎手。残りの騎乗で大活躍してほしいと思っている。

タマモブリリアン:最近は短距離で牝馬が活躍する傾向のダンスインザダーク産駒牝馬で、7月のバーデンバーデンCでOP勝ちを果たした。ただ、かなり低レベルな一戦での勝利で、前走キーンランドC(13着)が示すように、ここで激走する感じはしない。

アドマイヤゴッド:母父ダンチヒの影響が強いからかハーツクライ産駒にしては珍しい短距離馬。昨年7月に函館で1600万下を勝ってオープン入りするも、一度もオープン連対のない状況だけに望み薄。

キングハート:昨年の函館SSで2着、そして今年3月の中山1200mのオーシャンSを10番人気で制して重賞ウイナーとなったが、その後は二桁着順続きで得意コースでも厳しいだろう。

カイザーメランジェ:超マイナー種牡馬のサクラオリオン(父エルコンドルパサー)産駒で、母父がサクラプレジデントという、サクラ軍団が強かった時期のオールドファンは喜びそうな配合だが、賞金的に出走は厳しいだろうし、1600万下で6着止まりでは・・・・・・。極悪馬場などでないと出番はないだろう。

ブラヴィッシモ:再OP入りして以降は約2年勝ち星がなく、稍重馬場の1400mでのOP2着が最高と壁に当たっている。もうひと花咲かせるには、血統構成からも今流行りのオーストラリア移籍も良いかもしれない一頭。


<まとめ>
本命:ファインニードル

ヒモ:ナックビーナスアレスバローズセイウンコウセイキャンベルジュニア

穴に:ヒルノデイバローワンスインナムーン

人気で消し(大恥かくかもしれないが):レッツゴードンキレッドファルクスラブカンプー


登録済みの方はこちらからログイン

2017年3月4日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第250回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~オーシャンステークス G3
閲覧 1,178ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさんこんにちは!

本日は中山11R「夕刊フジ賞オーシャンステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、スノードラゴンから1.0ポイント差(約1馬身差)内のアースソニックナックビーナスまでの3頭。
第2グループ(黄)は、ブレイブスマッシュから1.0ポイント差(約1馬身差)内のブレイズアトレイルクリスマスまでの3頭。
第3グループ(薄黄)は、バクシンテイオーから同差内のメラグラーナブラヴィッシモまで3頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、上位2G内までの6頭には大きな差は見られず、その下の第2G→第3G間以降に少し開きが生じています。

高齢の実績馬が人気薄でよく来るレース、それにも関係しますがリピーターレースであること、などが特徴的なレースという印象があります。そんな訳でちょっと“今さら感”があって人気を落としている高齢実績馬を狙って今回の本命◎は、拮抗する上位2Gの中からスノードラゴンとしました。意欲的な調整過程に映りますし、近2走を度外視すれば1200m戦なら十分中心視可能とみます。一つ年を重ねて、それでいて昨年より人気してしまいそうな点は歓迎材料ではないのですが、指数評価も高く出ていますし、ダートも含めて中山1200mでめっぽう走る点からも、この馬にもう一丁を期待してみようと思います。
以下、前走の完勝ぶりを見てもここでは外せない印象の○メラグラーナ、前走休み明け+18キロでまずまずの内容を示し今回2キロ減の▲バクシンテイオー、特に一週前の動きから一発あっても驚けない☆レッドアリオンと印を打ち、今回の私の馬券は◎=○▲☆ラインからの3複で勝負としたいと思います。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
10=5,8,9=1,2,3,4,5,8,9,14,15,16(24点)

[もっと見る]

2017年3月3日(金) 12:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(2/25~2/26)サラマッポプロが阪急杯◎トーキングドラムで本線的中!
閲覧 1,385ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は25(土)に阪神競馬場でG3アーリントンカップが、26(日)に阪神競馬場でG3阪急杯が中山競馬場でG2中山記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3アーリントンカップカロスがレースを引っ張って直線コースへ。逃げるカロスのリードは半馬身、2番手にミラアイトーン、後続は団子状態で各馬追い出しにかかります。残り300m、ここでゴーサインの出たペルシアンナイトが1頭次元の違う末脚で一気に先行各馬を捉えて先頭!そのままグングン後続を突き放し圧勝しました!3馬身差の2着に直線追い込んだレッドアンシェル、そこから1馬身1/4差の3着にディバインコードが入っています。
 
公認プロ予想家ではサラマッポプロ他7名が的中しています。
 
G3阪急杯カオスモスが先頭で直線コースへ。逃げるカオスモスの直後にテイエムタイホー、1馬身ほど間があいて1番人気シュウジブラヴィッシモ、外からはミッキーラブソングが追い出しにかかります。残り200mを通過、ここで最内を突いたトーキングドラムが先頭に変わるとヒルノデイバローも脚を伸ばして2頭の叩き合い!ゴール前まで続いた激戦は僅かに内トーキングドラム!嬉しい初の重賞制覇となりました!アタマ差の2着にヒルノデイバロー、そこから2馬身差の3着にナガラオリオンが入っています。
 
公認プロ予想家ではKOMプロ他5名が的中しています。
 
G2中山記念マイネルミラノが先頭で直線コースへ。直線に入ると逃げるマイネルミラノを捉えたロゴタイプが力強い脚で先頭に躍り出ます!残り200m、ここで粘るロゴタイプネオリアリズムサクラアンプルールの2頭が併せ馬の形で差を詰めて3頭の叩き合い!残り100m、ゴール前の坂でネオリアリズムがグイッとひと伸び!懸命に粘るロゴタイプを一気に捉えると最後は流して優勝しました。3/4差の2着にサクラアンプルール、そこから半馬身差の3着にロゴタイプが入っています。
 
公認プロ予想家ではマカロニスタンダーズプロ他3名が的中しています。
 
------------------------------------------------------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
25(土)阪神11RアーリントンカップG3を◎○▲の本線的中で3万7090円を払い戻し!26(日)阪神11R阪急杯G3では『相手なりに走れるタイプ。ロスなく運べれば一発ある。』と狙った◎トーキングドラムの単複、馬連、ワイドを的中!3万6540円を払い戻しました!この他にも阪神12Rで◎ミスズスターの単勝(8.5倍)を5000円的中など絶好調!週末トータル回収率251%、収支プラス11万9630円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →蒼馬久一郎プロ
26(日)小倉3Rで◎レッドストーリアジュンテオドーラからの3連単1020.3倍を的中!小倉11Rでは◎▲○の印で3連単653.4倍、3連複105.6倍、馬連94.1倍を的中!9万8220円を払い戻しました!週末トータル回収率171%、収支プラス19万8560円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →マカロニスタンダーズプロ
25(土)阪神1Rで単勝13.8倍のケンシュナウザーの単複を的中!6万1200円を払い戻しました!翌日の中山9Rでは◎パワースラッガーの単複を的中!3万4300円を払い戻しました!週末トータル回収率147%、収支プラス9万9570円をマークしています。

この他にもスガダイプロ(124%)、おかべプロ(119%)、山崎エリカプロ(111%)、KOMプロ(110%)、佐藤洋一郎プロ(107%)、岡村信将プロ(106%)、ろいすプロ(103%)、河内一秀プロ(102%)が回収率100%超の活躍を見せています。

※全レースの結果速報はこちら
 
来週も競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2017年1月28日() 11:00 みんなの競馬コラム
【外厩】今週の重賞レース(根岸S・シルクロードS) byもっしゅ
閲覧 2,379ビュー コメント 0 ナイス 2

前回の「これからは外厩にも注目しよう!」で書いた通り、現在の競馬には外厩を知ることが不可欠になってきています。
そこで今週日曜の重賞2レースの出走予定馬で、今回外厩帰りの馬を一部ピックアップします。


<1/29(日) 東京11R 根岸ステークス
キングズガード (栗)寺島 宇治田原優駿ステーブル
タールタン (栗)吉村 ノーザンFしがらき
ベストウォーリア (栗)石坂 ノーザンFしがらき
ベストマッチョ (美)手塚 ノーザンF天栄


◆上記で注目の外厩―調教師コンビネーション
(データは2016年以降)

石坂厩舎+NFしがらき
16-11-4-68(勝率16.2/複率31.3)
単回値 233円/複回値 111円



<1/29(日) 京都11R シルクロードステークス
アースソニック (栗)中竹 大山ヒルズ
ソルヴェイグ (栗)鮫島 グリーンウッド
ブラヴィッシモ (栗)須貝 グリーンウッド
ブランボヌール (栗)中竹 大山ヒルズ


◆上記で注目の外厩―調教師コンビネーション
(データは2016年以降)

中竹厩舎+大山ヒルズ
10-9-8-81(勝率9.3/複率25.0)
単回値 465円/複回値 150円


石坂厩舎+ノーザンFしがらきは全調教師の中でも勝ち星2位。
馬券的にも10人気以下で2勝するなど穴馬好走もあり、単複ベタ買いでかなり儲かるコンビ。

また中竹厩舎+大山ヒルズも勝率や複勝率では目立ちませんが、単複共にかなりの高回収率。
今年のジャニュアリーSで6人気2着だったナンチンノンや、昨年末の阪神未勝利を14人気で勝ったミルトプリンスなどがいます。

是非、この組み合わせに注目してみてはいかがでしょうか。


執筆者:もっしゅ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

2016年5月14日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第185回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~京王杯スプリングカップ G2
閲覧 1,594ビュー コメント 0 ナイス 2

みなさんこんにちは!

本日は東京11R「京王杯スプリングカップ G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、エイシンスパルタンから1.0ポイント差(約1馬身差)内のサトノアラジンまで2頭。
第2グループ(黄)は 、ロサギガンティアから1.0ポイント差(約1馬身差)内のサンライズメジャーオメガヴェンデッタヒルノデイバローダッシングブレイズまで5頭。
第3グループ(薄黄)は、ダイワリベラルから同差内のサクラゴスペルまで2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

上位間にはまず第1G→第2G間にある3.1ポイントという大きな開きが目立ちます。一方で第2G内は大きな差が無く5頭が続き、第2G→第3G間には1.4ポイントとここにも少し開きが見られる構図。2プラス5といったメンバー構成というのが、今回の凄馬出馬表の見立てとなっています。

さて、そんな今回私の◎はダンスアミーガとします。総合評価を一見すると上位勢に遠く及ばない気もしますが、昨年のこのレースでの内容、今週からコース替わりの東京の馬場、枠順、近走はマイル戦ばかり使われて惨敗していること(それによって今回の指数評価が下がっていること)、鞍上強化などを考えると、ここでも3着なら十分一発の可能性あるのではないかと見ています。あとは少しでも時計が掛かって、昨年のような緩い流れになってくれれば。
○は一週前→今週と文句のつけようがないエイシンスパルタン。1200mでも先行できる脚質と3走前の内容、そして何より状態面から自分の形に持ち込めないなどのハプニングが起こらない限り重賞初挑戦のここでも相当信頼度は高いのではないかと見ています。本命にしなかったのは、単純にもしかしたら1番人気もあるのではという点とこのレースがそういう人気馬が順当に勝つようなレースではないだろうという安直な理由から(笑)。
その他の馬の印の前に先に買い目を書くと、本命が本命なので今回の私の馬券はおそらく◎の単複勝負になると思いますが、当コラムでは上記◎○2頭からの3複を中心に勝負としたいと思います。


【3複軸2頭流し】
◎○=印
5,9=1,6,7,10,11,13,14(7点)

【ワイド】
◎=▲☆△(6,13,14)
5=6,7,11,13,14(5点)

計12点


その他一応印は、▲に芝1400では阪急杯含め全て0.3秒差内で掲示板パーフェクトのブラヴィッシモ、☆にサクラゴスペル、△にサトノアラジンロサギガンティアサンライズメジャーオメガヴェンデッタアイラインとしています。

[もっと見る]

2016年3月30日(水) 17:15 【ウマニティ】
先週の回顧~(3/26~3/27)伊吹雅也プロが2週連続爆発!回収率318%をマーク!
閲覧 1,454ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は、27(日)に中京競馬場でG1高松宮記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1高松宮記念の1番人気はビッグアーサーミッキーアイルが並んで3.9倍、3番人気がアルビアーノで5.1倍、続いてウリウリ7.9倍、エイシンブルズアイ9.4倍とここまでが10倍を切る形で上位人気を形成しました。
 
注目のスタートは内から好スタートを切ったミッキーアイルが先手を奪いますが、これを制して外からローレルベローチェが先頭に立ちます。2番手外目にハクサンムーンミッキーアイルは控えて内の3番手、そこから2馬身ほど間が空いてビッグアーサー、直後にサクラゴスペルサトノルパンアクティブミノルと先行集団。中団からはブラヴィッシモアルビアーノスノードラゴンウリウリアースソニックヒルノデイバロー。後方からはレッツゴードンキエイシンブルズアイティーハーフと追走して離れた最後方にウキヨノカゼ。前半の600mを32秒6の早い流れ、ローレルベローチェハクサンムーンが併せ馬の形で直線コースへ差し掛かります。直線に入ると外目に進路を取ったローレルベローチェですが、脚色一杯、外からハクサンムーンが単独先頭に躍り出ます。その後ろからはミッキーアイルビッグアーサー、最内からはサトノルパンが差を詰め、後続はやや離れて横一線の状態。残り200mを通過、ここでハクサンムーンを交わしたミッキーアイルが先頭に立つと外からビッグアーサーも脚を伸ばします。残り100m、逃げ込みを図るミッキーアイルビッグアーサーが一完歩ごとに差を詰めるとゴール前で捉えて優勝!重賞初制覇をG1の舞台で達成しました!勝ちタイムは1分6秒7(良)。3/4差の2着にミッキーアイル、そこから1馬身3/4差の3着にアルビアーノが入っています。

公認プロ予想家では◎○▲のパーフェクト予想を披露した河内一秀プロほか15名が的中しています。


☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
27(日)阪神10Rで『4歳以上のレースに限ると、内寄りの枠に入った馬が優勢』と本命に抜擢した◎ウィットウォーター(単勝102.7)からの3連複を400円的中させ、14万6080円を払い戻しました!26(土)阪神11R毎日杯G3でも○◎△の本線!3連複6.6倍を4000円的中させ、2万6400円を払い戻しました!この他にも次々と的中を連発!週末トータル的中率は圧巻の75%、回収率318%、収支プラス17万4800円の好成績を収めています。

☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
27(日)中山5Rで単勝58.9倍のマイネルビクトリーの単勝を3000円的中させ、17万6700円を払い戻し!同日の中山2Rでも本命に単勝20.5倍の◎ビレッジエンパイアを指名し、5万9880円の払い戻しを記録!週末トータル回収率209%、収支プラス20万4160円をマークしています!

☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
26(土)中京3Rで▲◎○の印で馬連140.7倍、3連複246.7倍を大本線的中!翌日の中山11RマーチステークスG3では『キツイ流れや、外目で力んでいるのもあり、OPでは馬券に絡めていないがここは内枠から先手も可能なメンバー。楽に行ければ粘り込みも。』と狙った◎ショウナンアポロンの単複を的中させました。週末トータル回収率141%をマークしています。

☆☆☆注目プロ →河内一秀プロ
27(日)中京11R高松宮記念G1で◎ビッグアーサーミッキーアイルアルビアーノの印で単勝、3連複、3連単を大本線的中!4万710円を払い戻しました!中山8Rでも単勝2.1倍、3連複81.8倍、3連単322.6倍を的中させ、7万5690円の払い戻し!週末トータル回収率134%、収支プラス15万7370円をマークしています。


※全レースの結果速報はこちら


競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ブラヴィッシモの口コミ


口コミ一覧
閲覧 573ビュー コメント 1 ナイス 8

9/30(日) 中山11R スプリンターズステークス

■9/23(日)時点予想
〇買い
ナックビーナス(先行)
ファインニードル(先行)
ラブカンプー(逃げ)
グレイトチャーター(差し)
セイウンコウセイ(逃げ)
レッツゴードンキ(差し)
レッドファルクス(追込)
アレスバローズ(差し)

【現状見解】
・枠次第
逃げ・先行の4頭のうち、内枠に少数頭が入る形であれば◎
内枠(最内のぞく)~中枠に差し・追込が入る形で、逃げ・先行が固まって入る形であれば差し・追込が◎


■コース特徴
中山 芝1200m (右 外)
最後の短い直線310m以外はすべてカーブを描いている
多数頭になると内枠が揉まれやや不利になるが、
下り坂を降りての4コーナーのため、最内を走れればかなり大きいアドバンテージになる。
先行馬が内枠に入った場合は騎手の腕の見せ所
コーナーで外に振れる特徴のある馬はやや不利


■出走予定馬 ※9/23(日)時点
アドマイヤゴッド
アレスバローズ
カイザーメランジェ
キャンベルジュニア
キングハート
グレイトチャーター
スノードラゴン
セイウンコウセイ
タマモブリリアン
ダイメイプリンセス
ティーハーフ
ナックビーナス
ヒルノデイバロー
ファインニードル
ブラヴィッシモ
ムーンクエイク
ラインスピリット
ラッキーバブルズ
ラブカンプー
レッツゴードンキ
レッドファルクス
ワンスインナムーン

■レースローテーション

〇セントウルS(18.09.09 阪神)
・アドマイヤゴッド(10人気・8着)
・グレイトチャーター(7人気・3着)
・ファインニードル(1人気・1着)
・ブラヴィッシモ(13人気・7着)
・ラインスピリット(9人気・5着)
・ラブカンプー(2人気・2着)

人気通りのファインニードル・ラブカンプーは当然として
注目したいのは3着グレイトチャーター
OP以上ではギリギリ馬券外になることが多かったが、ここにきて抜群の走りを見せた。
通過順は14-14でありながら、後3Fで34.2秒と全頭トップ
雨の重馬場開催だったが、怯まない脚質を持っている

〇キーンランドカップ(18.08.26 札幌)
・キャンベルジュニア(5人気・4着)
・キングハート(11人気・15着)
・タマモブリリアン(12人気・13着)
・ティーハーフ(13人気・11着)
・ナックビーナス(1人気・1着)
・ヒルノデイバロー(8人気・14着)
・ムーンクエイク(3人気・9着)
・レッツゴードンキ(2人気・5着)

ナックビーナスが圧巻の走りを見せたレース
前で攻める競馬の強さについては一推し
気になるのはムーンクエイクの出遅れ癖がここでも発動したところ

〇北九州記念(18.08.19 小倉)
・アレスバローズ(6人気・1着)
・グレイトチャーター(14人気・4着)
・ダイメイプリンセス(4人気・2着)
・ラブカンプー(7人気・3着)

1・2・3人気がすべて掲示板の外へ飛んで行った北九州記念
アイビスサマーダッシュを制したダイメイプリンセスを抑えたのはアレスバローズ
上位3頭が1分7秒を切るという好タイムでレースが決まった
枠の有利不利・好位置を取れる馬かどうかが現れたレースでもある
ハイスピードになればアレスバローズにもチャンスがあるか

〇函館SS(18.06.17 函館)
・アドマイヤゴッド(13人気・4着)
・キングハート(5人気・11着)
・セイウンコウセイ(3人気・1着)
・タマモブリリアン(11人気・5着)
・ティーハーフ(7人気・13着)
・ナックビーナス(1人気・3着)
・ヒルノデイバロー(10人気・2着)
・ラインスピリット(9人気・6着)
・ワンスインナムーン(2人気・8着)

セイウンコウセイ・ナックビーナスが人気にこたえ能力を見せた
10人気のヒルノデバイローが馬群中団から後3Fで33.9の末脚を見せ2着に
13人気のアドマイヤゴッドも馬券は逃したが通過順13-13から最速の末脚を発揮して4着

■9/23(日)時点予想
〇買い
ナックビーナス(先行)
ファインニードル(先行)
ラブカンプー(逃げ)
グレイトチャーター(差し)
セイウンコウセイ(逃げ)
レッツゴードンキ(差し)
レッドファルクス(追込)
アレスバローズ(差し)

【現状見解】
・枠次第
逃げ・先行の4頭のうち、内枠に少数頭が入る形であれば◎
内枠(最内のぞく)~中枠に差し・追込が入る形で、逃げ・先行が固まって入る形であれば差し・追込が◎

〇検討
アドマイヤゴッド
カイザーメランジェ
キャンベルジュニア
タマモブリリアン
ダイメイプリンセス
ヒルノデイバロー
ラインスピリット

〇消し
キングハート
スノードラゴン
ティーハーフ
ブラヴィッシモ
ムーンクエイク
ラッキーバブルズ
ワンスインナムーン

 藤沢雄二 2017年4月9日() 14:43
4月9日のWIN5予想
閲覧 211ビュー コメント 0 ナイス 7

先週のWIN5は、2頭予想の伏竜Sで買った2頭が両方とも競走除外になるハプニング。
そこで繰り上がった1番人気をおとなしく買っていたら17万円になったのに…(´・ω・`)

気を取り直して桜花賞デーのWIN5予想です。

【中山10R 隅田川特別】⑨ビヨンジオール ⑭キャプテンベリー
【阪神10R 大阪-ハンブルクC】①ブラヴィッシモ ⑥ヒルノデイバロー
【福島11R 米沢特別】②タガノヴェリテ ⑫ショートストーリー ⑨コスモラヴモア
【中山11R 京葉S】⑥アールプロセス ⑬ブルドッグボス
【阪神11R 桜花賞】⑭ソウルスターリング ⑮アドマイヤミヤビ
2×2×3×2×2=48

隅田川特別は馬場を考えて真ん中から外の馬をチョイス。リンクスが勝ったら諦めますw

大阪ーハンブルクCは重馬場得意のブラヴィッシモとGⅠ帰りのヒルノデイバローを。

福島の米沢特別ははっきり言ってわからんw
運が良ければ当たるでしょ。

京葉Sは脚抜きのいい馬場でも決め手を重視。

桜花賞はソウルスターリングだけでもいいのだろうけど、どうしてもミルコが怖くてアドマイヤミヤビまでは押さえる。

オッズをよく見ていないのでどれが高めでどれが安めなのかよくわかっていませんがw
とにもかくにも当たってくれれば…。

[もっと見る]

 浪花のクマ 2017年2月21日(火) 16:56
阪急杯・出走登録馬
閲覧 97ビュー コメント 0 ナイス 7


人気はシュウジ!


阪急杯・出走予定馬
① シュウジ (川田)
② ロサギガンティア (四位)
③ ブラヴィッシモ (武豊)
④ ミッキーラブソング (松若)
⑤ ムーンクレスト (藤岡佑)
⑥ ヒルノデイバロー (-)
⑦ テイエムタイホー (-)
⑧ ダイシンサンダー (浜中)
⑨ トーキングドラム (幸)
⑩ ナガラオリオン (-)
⑪ メドウラーク (-)
⑫ ファインニードル (-)
⑬ カオスモス (-)
⑭ ヴァイサーリッター (-)



有力馬の寸評
①シュウジ
11戦(4-3-0-4)
前走、阪神C勝利、前々走のG1でも差のない
4着、今の勢いなら、ここでは主役だ・・
②ロサギガンティア 
22戦(5-2-2-13)
前走、阪神カップ0・2秒差の5着、重賞2勝
馬がソロソロ復活か・・
③ブラヴィッシモ  
25戦(5-4-3-13)
阪神、芝千四は2勝、2着1回3着2回と
好相性、昨年3着のこのレースで一発・・
④ミッキーラブソング 
28戦(6-4-1-17)
近走、不振だが、昨年の4着馬、阪神千四
2勝と実績もある・・
⑤ムーンクレスト
26戦(5-3-4-14)
京都金杯では惨敗だったが、距離短縮は
歓迎・・
⑥ヒルノデイバロー
18戦(4-2-3-9)
前走、シルクロード S4着も嵌まった
時のこの馬の末脚は脅威だ・・

[もっと見る]

⇒もっと見る

ブラヴィッシモの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ブラヴィッシモの写真

ブラヴィッシモ
ブラヴィッシモ

ブラヴィッシモの厩舎情報 VIP

2018年10月28日ルミエールオータムD10着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ブラヴィッシモの取材メモ VIP

2018年9月9日 産経賞セントウルS G2 7着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。