セントウル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡4 黒鹿毛 2016年5月21日生
調教師森秀行(栗東)
馬主中西 宏彰
生産者タイヘイ牧場
生産地新ひだか町
戦績14戦[2-1-3-8]
総賞金2,800万円
収得賞金900万円
英字表記Centaur
血統 ハーツクライ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
アイリッシュダンス
マルケサ
血統 ][ 産駒 ]
Kingmambo
Dietrich
兄弟 トラインカフジジュエル
前走 2020/05/10 4歳以上2勝クラス
次走予定

セントウルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/05/10 京都 8 4歳以上2勝クラス 芝1600 137113.412** 牡4 57.0 幸英明森秀行474(+4)1.33.4 0.034.6⑨⑧ウェーブヒーロー
20/04/25 京都 10 六波羅特別 2勝クラス 芝1600 11785.235** 牡4 57.0 松山弘平森秀行470(-6)1.34.4 0.233.0⑧⑦ステイオンザトップ
20/04/12 阪神 7 4歳以上1勝クラス 芝1600 154610.851** 牡4 57.0 北村友一森秀行476(+12)1.34.9 -0.734.7⑫⑨ミッドサマーハウス
19/12/07 阪神 10 境港特別 2勝クラス 芝2200 117914.467** 牡3 53.0 和田竜二森秀行464(-6)2.13.5 0.635.3メイショウタカトラ
19/09/28 阪神 6 3歳以上1勝クラス 芝2600 10772.413** 牡3 54.0 北村友一森秀行470(+2)2.38.1 1.036.5メロディーレーン
19/09/07 阪神 9 野分特別 2勝クラス 芝1800 73314.644** 牡3 54.0 和田竜二森秀行468(+8)1.45.3 0.633.8ゴータイミング
19/08/17 小倉 9 英彦山特別 1勝クラス 芝2000 1181017.844** 牡3 54.0 山口勲森秀行460(-4)2.00.2 0.835.4⑥⑦⑧⑦アールスター
19/07/20 中京 8 3歳以上1勝クラス 芝2200 125511.143** 牡3 54.0 田中勝春森秀行464(-8)2.14.9 1.637.3④⑤⑤⑥モズベッロ
19/06/29 福島 9 南相馬特別 1勝クラス 芝1800 13698.866** 牡3 54.0 三浦皇成森秀行472(+6)1.48.7 0.436.3ヴァンケドミンゴ
19/04/27 東京 11 青葉賞 G2 芝2400 1624170.1167** 牡3 56.0 B.アヴド森秀行466(0)2.26.0 1.037.1リオンリオン
19/03/23 阪神 11 毎日杯 G3 芝1800 1371065.41012** 牡3 56.0 小牧太森秀行466(0)1.48.6 1.435.1⑧⑩ランスオブプラーナ
18/10/20 東京 9 アイビーS OP 芝1800 105556.766** 牡2 55.0 武豊森秀行466(-10)1.49.3 0.732.7⑨⑩⑩クロノジェネシス
18/09/17 中山 3 2歳未勝利 芝2000 118104.131** 牡2 54.0 戸崎圭太森秀行476(+12)2.02.7 -0.035.7サンルイス
18/08/25 小倉 5 2歳新馬 芝2000 10115.833** 牡2 54.0 浜中俊森秀行464(--)2.02.5 0.534.8⑦⑦⑤ルタンブル

セントウルの関連ニュース

【函館SS】レース展望

2020年6月15日(月) 17:03

 函館2週目の日曜メインは北海道シリーズ最初の重賞で、サマースプリントシリーズ初戦(全6戦)の函館スプリントS(21日、GIII、芝1200メートル)。2013年以降、1番人気が連対すらしていない荒れるレースとしても知られる。例年は開幕週に組まれているが、今年は開幕が1週前倒しされたため、2週目の開催となった。それでも、馬場がいい時期に行われることに変わりはなく、傾向としては先行有利だろう。

 今年、最有力なのはダイアトニック(栗東・安田隆行厩舎、牡5歳)。重賞勝ちは昨年のスワンSだけだが、今年は京都金杯2着、阪急杯2位入線後3着降着、そして高松宮記念でも3着と安定した力を発揮している。特に高松宮記念は1位入線4着降着のクリノガウディーに進路を妨害される不利があったもの。手応え的には十分、勝ち負けを狙えた。今回は賞金別定で他馬より1~4キロ重い58キロを背負うのが鍵。過去に経験したことのない斤量なので、最後のひと伸びに影響するかどうかだろう。

 フィアーノロマーノ(栗東・高野友和厩舎、牡6歳)は、阪急杯ダイアトニックに前をカットされたことが響いて3位入線、繰り上がり2着。マイラーズCを右前肢跛行で競走除外となったが、立て直して順調に調整されている。初めての1200メートル戦で、スピード勝負への対応は未知だが、陣営としては「一度試してみたかった」ということで、勝算ありの参戦だ。

 ダートから芝に路線を転向し、しかも1200メートルでオープン・北九州短距離S勝ちと頭角を現してきたシヴァージ(栗東・野中賢二厩舎、牡5歳)。最近はスタートがひと息なことも多いが、逆にそれによって爆発的な末脚を引き出せるようになった。高松宮記念も上位からはやや離されたものの、メンバー最速タイの3ハロン33秒1の脚で5着まで押し上げてきたように、有力勢とも互角に戦える下地はある。雨でも降って時計がかかる馬場になればなおいいだろう。

 昨年の京阪杯勝ち馬ライトオンキュー(栗東・昆貢厩舎、牡5歳)は、それ以来約7カ月ぶりの実戦になる。目標にしていたドバイのアルクオーツスプリントが中止になったため、現地まで行って、出走せずに帰ってくる憂き目にあったのはアーモンドアイと同じパターン。当然、体調面の影響が心配されたが、1週前追い切りでは栗東の坂路を4ハロン49秒4-12秒9と破格の時計で駆け上がっており、仕上がりに不安はなさそうだ。昨年は禁止薬物問題で不運にも競走除外となっており、1年越しのリベンジを狙う。

 シルクロードS2着の実績があるエイティーンガール(栗東・飯田祐史厩舎、牝4歳)、同じ舞台で行われた3勝クラスのUHB杯を快勝して連闘で挑むジョーマンデリン(栗東・清水久詞厩舎、牝4歳)なども争覇圏内。

 以上は関西馬だが、関東馬では3勝クラスの芝1400メートル戦・晩春Sを勝ったスイープセレリタス(美浦・藤沢和雄厩舎、牝4歳)が函館入り。1200メートル戦は初めてだが、着実に力をつけており、1400メートルでは(3)(1)(1)着。1600メートルより安定した内容から、さらなる距離短縮も合うかもしれない。昨年はタワーオブロンドン函館SS3着、キーンランドC2着、産経賞セントウルS勝ち)をサマースプリントシリーズチャンピオンに就かせた藤沢和調教師が「洋芝は合うと思う」と期待を持って送り出す。

 もう1頭、関東の注目はマリアズハート(美浦・菊沢隆徳厩舎、牝4歳)。大事に使われていてまだ7戦しかしていないが、崩れたのは勝負どころで不利があった葵S(12着)だけ。前走のリステッド・春雷Sは昇級初戦だったが、後方からメンバー最速の上がり3ハロン33秒1の脚でハナ差の2着まで追い上げた。一気に加速するタイプで、小回り向きの末脚の持ち主。メンバーは強くなるが、展開次第で上位に食い込む力はある。



函館スプリントSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【古馬次走報】インディチャンプ、秋はマイルCS連覇を目指す 2020年6月10日(水) 04:49

 ★安田記念3着インディチャンプ(栗・音無、牡5)は福島・ノーザンファーム天栄で放牧中。秋はマイルCS(11月22日、阪神、GI、芝1600メートル)で連覇を目指す。6着アドマイヤマーズ(栗・友道、牡4)は北海道苫小牧のノーザンファーム空港で夏休み。秋はスワンS(10月31日、京都、GII、芝1400メートル)か富士S(同24日、東京、GII、芝1600メートル)で始動し、マイルCS香港マイル(12月13日、シャティン、GI、芝1600メートル)が視野に。8着ダノンスマッシュ(栗・安田隆、牡5)は放牧に出て、秋は産経賞セントウルS(9月13日、中京、GII、芝1200メートル)から、スプリンターズS(10月4日、中山、GI、芝1200メートル)を見据える。9着ペルシアンナイト(栗・池江、牡6)は、宝塚記念(28日、阪神、GI、芝2200メートル)を視野に入れる。

[もっと見る]

ビアンフェはセントウルSからスプリンターズSへ 2020年6月4日(木) 12:52

 葵Sを制したビアンフェ(栗・中竹、牡3)は、5日に鳥取県の大山ヒルズに放牧に出されて、秋は産経賞セントウルS(9月13日、中京、GII、芝1200メートル)からスプリンターズS(10月4日、中山、GI、芝1200メートル)を目指す。中竹調教師は「明日(5日)、放牧に出ます」と語った。



ビアンフェの競走成績はこちら

[もっと見る]

【京王杯SC】レーン技あり!スマッシュ初の逃げ切り 2020年5月17日() 04:18

 京王杯スプリングC(芝1400メートル)が16日、東京競馬場で13頭によって争われ、レーン騎乗で2番人気のダノンスマッシュが逃げ切って重賞5勝目を飾った。2着は4番人気のステルヴィオ。連覇を狙った1番人気のタワーオブロンドンは8着に終わった。

 ◇

 オーストラリア出身のクールガイが輝きを取り戻した。降雨の中、レーン騎手に導かれたダノンスマッシュが、デビュー18戦目にして初めて逃走劇を披露し、後続を完封。重賞5勝目をマークした。

 「作戦は特に決めていなかったけど、非常にスタートが良かったし、ペースもそんなに流れないと思ったからね。いい流れになった」

 雨でびしょぬれの勝負服を着たまま、殊勲のジョッキーが笑顔を見せる。昨年(タワーオブロンドン)に続く連覇は、待望の今年最初のJRA重賞V。「惜しい結果が続いていただけに勝てて本当にうれしい。(ダノンスマッシュは)脚が速いことがストロングポイント。久々の1400メートルで止まるか心配したが、最後まで一生懸命走ってくれた」とパートナーをたたえた。

 安田隆調教師は場内のモニター越しに「オシッ」と拳を握りしめた。「いつもはゲート内でソワソワするのですが、きょうは(ゲートに)最後入れですごくタイミング良く出てくれた。まさかハナ(に立つ)とは思っていなかったけど、モニターで最初の3ハロン(35秒2)を確認して、いいぞと思いました」と高松宮記念10着大敗からの鮮やかな逆襲劇に目を細めた。

 父ロードカナロア安田記念を制したときと同じ5歳春。マイルを克服しての父子制覇の夢も見えたが、トレーナーは「(安田参戦も)一瞬頭をよぎりましたが、厚かましいのでやめておきます(笑)。秋は産経賞セントウルS(9月13日、中京、GII、芝1200メートル)からスプリンターズS(10月4日、中山、GI、芝1200メートル)を狙います」と短距離界の頂点を目指すことを明言した。

 GIII、GIIと積み上げた実績に足りないのは、ビッグタイトルだけ。今秋、全力でそのラストピースを取りにいくつもりだ。(内海裕介)

ダノンスマッシュ 父ロードカナロア、母スピニングワイルドキャット、母の父ハードスパン。鹿毛の牡5歳。栗東・安田隆行厩舎所属。北海道新ひだか町・ケイアイファームの生産馬。馬主は(株)ダノックス。戦績18戦8勝(うち海外1戦0勝)。獲得賞金3億3734万1000円。重賞は2018年GIII京阪杯、19年GIIIシルクロードS、GIIIキーンランドC、20年GIII夕刊フジ賞オーシャンSに続く5勝目。京王杯SC安田隆行調教師が初勝利。ダミアン・レーン騎手は19年タワーオブロンドンから2年連続2勝目。馬名は「冠名+打ち砕く。相手を打ち砕く強烈な走りを期待して」。

★16日東京11R「京王杯SC」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【古馬次走報】キセキ、天皇賞・春へ 2020年3月26日(木) 05:01

 ★阪神大賞典2着トーセンカンビーナ(栗・角居、牡4)、5着メロディーレーン(栗・森田、牝4)、7着キセキ(栗・角居、牡6)は、天皇賞・春(5月3日、京都、GI、芝3200メートル)に向かう。

 ★中山牝馬S1着フェアリーポルカ(栗・西村、牝4)は、福島牝馬S(4月25日、福島、GIII、芝1800メートル)からヴィクトリアM(5月17日、東京、GI、芝1600メートル)へ。3着エスポワール(栗・角居、牝4)は、福島牝馬Sに駒を進める。

 ★昨年のマーメイドSを制したあと休養しているサラス(栗・西村、牝5)は、新潟大賞典(5月10日、新潟、GIII、芝2000メートル)で復帰する。

 ★千葉S2着ノーフィアー(美・佐藤、牡6)、3着シュウジ(栗・須貝、牡7)は、京葉S(4月19日、中山、L、ダ1200メートル)。

 ★産経賞セントウルS10着後、戦列を離れていたカイザーメランジェ(美・中野、牡5)は、春雷S(4月12日、中山、L、芝1200メートル)で復帰へ。

[もっと見る]

【高松宮記念】レース展望 2020年3月23日(月) 15:58

 中京開催は最終週を迎え、日曜メインに春のGI開幕戦の高松宮記念(29日、芝1200メートル)が行われる。今年は別路線組からの有力馬の出走が目立ち、ハイレベルの混戦ムードといったレースで馬券の妙味もたっぷりある。

 タワーオブロンドン(美浦・藤沢和雄厩舎、牡5歳)は昨年夏にマイル路線からスプリント路線に転向したのが大成功し、セントウルS、スプリンターズSと連勝。5カ月半ぶりのレースとなった前走の夕刊フジ賞オーシャンSは3着に敗れたが、道中の反応がひと息でいかにも休み明けという感じだったので、叩かれての上積みが見込める今回はGI2勝目のチャンス十分だ。

 同厩のグランアレグリア(牝4歳)もマイル路線から転向してきた。桜花賞制覇後、NHKマイルCで5着(4位からの)に終わった後、休養し、復帰戦の阪神Cを圧勝。今回はさらに距離が200メートル短くなるが、前走が余裕のある内容だったけにスムーズに対応できる可能性はある。

 前哨戦の夕刊フジ賞オーシャンSで重賞4勝目をマークしたダノンスマッシュ(栗東・安田隆行厩舎、牡5歳)は昨年のこのレースを1番人気で4着に敗れ、スプリンターズSも1番人気で3着に終わっているが、後者は内で窮屈なレースを強いられるなど、運もない感じだった。スプリント路線を歩み続けてきたアドバンテージがあるだけに、巻き返しがあっても不思議はない。

 新型コロナウイルス拡大の影響で豪GIドンカスターマイルを自重してスプリント戦初挑戦が決まったモズアスコット(栗東・矢作芳人厩舎、牡6歳)も大いに注目される。安田記念フェブラリーSと芝、ダート両カテゴリーでGIを制覇。その柔軟性は侮れない。

 ヴィクトリアマイルをレコード勝ちしたノームコア(美浦・萩原清厩舎、牝5歳)、一昨年のマイルチャンピオンシップを制しているステルヴィオ(美浦・木村哲也厩舎、牡5歳)の2頭もスプリント戦は未経験だが、軽視はできない。

 スワンS勝ち馬ダイアトニック(栗東・安田隆行厩舎、牡5歳)、近況は今ひとつながら2017年の覇者で昨年も2着のセイウンコウセイ(美浦・上原博之厩舎、牡7歳)、スプリンターズS2着の快速逃げ馬モズスーパーフレア(栗東・音無秀孝厩舎、牝5歳)、スプリント重賞の常連ナックビーナス(美浦・杉浦宏昭厩舎、牝7歳)、シルクロードSで重賞初制覇を飾ったアウィルアウェイ(栗東・高野友和厩舎、牝4歳)などのレースぶりも興味深い。



高松宮記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

セントウルの関連コラム

閲覧 1,599ビュー コメント 0 ナイス 6



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



9月29日(日) 中山11R 第53回スプリンターズステークス(3歳以上G1・芝1200m)


ダノンスマッシュ(C)中4週
前走は函館スプリントSを除外になった調整の狂いをうまく調整し、かなり良い仕上がりだった。レースでも直線外から力強く伸びての快勝。前走時にしっかり仕上げてきていたこともあるのか、この中間はこれまでほとんど1週前の追い切りでは併せ馬を行ってきていたが、坂路を単走での追い切りだった。動きに関して特に気になるところはなかったが、これまでの調整とは違う点は気がかり。そのあたりは函館スプリントSの除外での影響がここに響いてきているのかもしれず、人気になる馬だけに状態面に関しては気になるところ。

タワーオブロンドン(A)中2週
夏場のサマースプリントシリーズを使われてきて、今回もセントウルSを使って中2週での参戦。かなり厳しいローテーションではあるが、1週前追い切りの動きを見ると馬なりで軽めの調整も力強く、疲れを感じさせないくらい出来は良さそう。

ミスターメロディ(B)中2週
前走時は追い切りの時からかなり行きたがる感じがあって、パドックでは太め感はなかったが予想以上にテンションが高かったように思う。この中間は土曜日に福永騎手が騎乗して馬なりでの調整。前走でガス抜きができて、最終追い切りでしっかり折り合いがついてくるようなら良さそう。

レッツゴードンキ(E)4ヵ月半
ヴィクトリアマイルからの休み明けのレースとなる今回は、いつも通り1週前に岩田騎手が騎乗しての追い切り。ただ今回はいつも坂路で行っているところをCWでと追い切るコースの変化が気になるところ。その動きを見るとかなり行きたがる感じで、直線で追われて時計は出ているものの、馬体が伸びきってしまっている走りで、内容的にはかなり物足りない。

セイウンコウセイ(B)中4週
もともと調教では速い時計の出る馬ではあるが、ここ1年半はあまり調教では目立つ動きを見せることがなかった。ただこの中間は速い時計も出ていて、1週前追い切りの動きを見ても首が上がり気味になることもなく、しっかりと前に伸びていて調子はかなり良さそう。

ディアンドル(A)中5週
2歳時は調教ではそれほど目立つ時計が出ていなかった馬だが、3歳になってから坂路では好時計が出るようになってきた。この中間も2週前、1週前と坂路でかなり速い時計が出ており、1週前追い切りの動きを見ても重心が安定していて終いグッと加速する走りで、かなり良く見えた。

ファンタジスト(C)中2週
休み明けの北九州記念時も良い動きに見えたが、前走時の追い切りの動きは素軽さが出て一度使われて良くなった感じだった。この中間は1週前追い切りの動きを見ると、前走時のような軽さは見られず。間隔も詰っているので、上積みがある感じの動きではなかった。

ラブカンプー(B)中2週
昨年2着馬も近走は物足りないレース内容。夏場に3戦使われて、この中間も中2週で間隔は詰まるが、日曜日に好タイムをマークし、久しぶりに終い速い時計で少し変わり身がありそうな感じもする。

ダイメイプリンセス(C)中2週
前走時も状態は特に悪い感じはなかったが、乗り替わりの影響もあったと思う。今回は手の合う秋山騎手が乗るのでその点はプラスになりそうで、この中間は中2週で日曜日に速い時計を出し、終い伸びており調子落ちはなさそう。

リナーテ(A)中4週
この中間は中4週空いた中で、2週前にビッシリと速い時計を出して1週前は控えめという京王杯SCの時のような調教内容で、状態面の良さが窺える。

モズスーパーフレア(C)中5週
今回が叩き2戦目。もともと坂路では速い時計の出る馬で、2週前、1週前と時計的には出ているが、内容としては前走時とそれほど変わらず。大きな上積みは感じられない。

マルターズアポジー(F)中6週
この中間は南Wでの調整で時計は出ているが、1週前の動きを見てもスプリンターの走りではない感じがする。今回1200m戦は初めてになるが、マイルから中距離の逃げ馬でスプリント戦ではテンのスピードが違うので、逃げられず何もできないまま終わりそう。

アレスバローズ(D)中5週
この中間も坂路で速い時計は出ているが、1週前追い切りの動きを見るとステッキが入り首も上がり気味で、動きは物足りない感じに映った。

ノーワン(C)4ヵ月半
オークスからの休み明け。どちらかと言うとこの距離の方が向いているとは思うが、休み明けでいきなりここでは、馬がペースに戸惑うのではないかと思う。状態に関しては、3週前から坂路で速い時計を出してきていて乗り込み量は十分。ただ、ここを目標にしていたのならばどこかを使っての本番のハズで、ぶっつけ本番ということは調整が間に合わなかったということも考えられる。

イベリス(B)中2週
休み明けの前走時はしっかり乗り込まれて時計もしっかり出ていて、仕上りは良かったと思う。この中間も1週前に坂路で好時計が出ていて調子落ちはなく順調。

ハッピーアワー(E)中4週
休み明けの前走は見せ場なく10着に敗退。この中間もコース追い中心で、走りを見ても首が高くダート向きの走りをしており、特に目につくところはない。



◇今回はスプリンターズS編でした。
スプリンターズSのコラムは2016年以来ということで、その時にはG1に昇格して初めて勝ったバンブーメモリーの強烈な末脚が印象に残っているということを書いたと思いますが、その次の年の勝ち馬ダイイチルビー、そしてその次の年の勝ち馬のニシノフラワーとこの2頭もバンブーメモリーと同じような直線一気の末脚での差し切り勝ち。
それぞれの馬の末脚が強烈だったため『スプリンターズS=直線一気!!』というレースのイメージは、30年近く経った今でも私の頭の中を大きく支配しています。

バンブーメモリー
( https://www.youtube.com/embed/rmU6ynjQhpw?rel=0&wmode=transparent&autoplay=1 )

ダイイチルビー
( https://www.youtube.com/embed/0zQsjCJjBZc?rel=0&wmode=transparent&autoplay=1 )

ニシノフラワー
( https://www.youtube.com/embed/v1I0tNFrdPA?rel=0&wmode=transparent&autoplay=1 )

今年は逃げ切りか、先行抜け出しか、それとも直線一気か、いずれにしても強烈な印象の残るレースになることを期待したいと思います。

それでは次回、毎日王冠編(予定)でお会いしましょう。


※スプリンターズS出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。


登録済みの方はこちらからログイン

2019年9月27日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】先行イン有利が続く中山芝/スプリンターズS徹底展望
閲覧 1,772ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は東西で秋G1へ向けての重要トライアルが行われた。

菊花賞への最終トライアルとなる神戸新聞杯は、断然人気に支持されたサートゥルナーリアヴェロックスを楽々と3馬身突き放し復帰戦を飾った。折り合いにも問題はなさそうで菊花賞に出てくれば断然の候補となりそうなものだが、どうやら距離適性も考えて今後は古馬路線に向かう模様。次は天皇賞(秋)か、あるいはジャパンカップになるのだろうか。

負けたヴェロックスサートゥルナーリアには完敗だったが、まずまずのスタートを切った。菊花賞ではセントライト記念組や2勝クラスを勝ち上がってきた上がり馬と激突することになるが、皐月賞2着、ダービー3着と辛酸をなめて来た春クラシックの無念を晴らせるだろうか。いずれにしても今年は春のクラシックホース2頭が主役不在の菊花賞となるだけに、例年以上の混戦となりそうだ。

一方、東では古馬のG2オールカマーが行われた。こちらはレイデオロウインブライトミッキースワローの3強の様相だったが、勝ったのは伏兵スティッフェリオ。好スタートを決めて先手を奪うと、直線も楽な手応えで突き放した。今年の秋の中山芝コースでは内枠の馬や逃げ馬の活躍が目立っているが、今回もその傾向通りの逃げ切りとなった。

2着は最後に伸びて来たミッキースワローが入線し格好はつけたが、レイデオロは伸び切れず4着、ウインブライトは久々に加えて距離延長が響いたのか9着と惨敗。どちらも秋のG1戦線へ向けて不安の残る始動戦となった。今年の天皇賞(秋)ジャパンカップ路線にはどうやっても前述のサートゥルナーリアや現役最強馬アーモンドアイがいるので、それを打ち負かすほどの馬は見当たらなかった。


モズスーパーフレアの枠順がカギ!

さて、今週末は早くも秋の中山開催最終週、そしていよいよ秋G1の開幕となる。開幕戦・スプリンターズSを攻略するにあたり、今年は特に重要なポイントの一つが枠順だろう。というのも前述通り、この秋の中山開催は総じて逃げ先行馬が有利で、インを立ち回った馬の活躍が目立つ。重賞を振り返ってみても、逃げ先行&内枠の活躍が顕著だ。

紫苑S→先行勢3頭がそのまま粘り込み
京成杯AH→トロワゼトワルが逃げ切り、2着以下も先行馬と内枠
セントライト記念→リオンリオンがインの馬群を捌いて抜け出し、1枠の2頭が2~3着
オールカマースティッフェリオの逃げ切り

以上の通り、4重賞のうち、逃げ切りが2度、その他も内枠勢の活躍が目立つ。

またスプリンターズSが行われる中山芝1200mに限ってみると、さらにイン有利が顕著になる。先週終了時点で8レースが施行されているが、2桁馬番での勝利は2番手から抜け出したアゴベイただ一頭だけで、その他の勝ち馬はすべてひと桁馬番。特に5番枠より内の馬が8レース中5レースで勝利している。

逃げ馬の活躍が目立つのも特徴で、8レースのうち5レースで逃げた馬が3着以内。しかもほとんどが人気薄で、先週土曜のセプテンバーSを6番人気で2着に粘ったエンゲージリングを筆頭に、ヨークテソーロマーマレードガールなど2ケタ人気での馬券絡みも2頭。そして全馬が4番人気以下で5頭も馬券に絡んでいるのだから、「どの馬が逃げるのか?」を探すことが、穴馬を見つける近道なのかもしれない。

以上を踏まえて今年のメンバーを見渡すと、逃げる可能性がもっとも高いのはモズスーパーフレアだろうか。モズスーパーフレアの前走は外枠を引かされたこともあり先手を取れなかったが、先週はスティッフェリオで逃げ切りを決めた音無厩舎が、今週も逃げ馬で沸かせることができるか。陣営も「タメても持ち味は出ない」と強気の構えだ。その他ではラブカンプーセイウンコウセイイベリスマルターズアポジーもスピードがあるので先行争いをかき乱すかもしれない。

いずれにしても、金曜日の枠順発表にはいつも以上に注目したい。短距離戦は特に隊列が重要になる。今年のスプリンターズSは、モズが内枠を引ければスンナリハナを取れ、レース全体も傾向通りイン先行有利になる。一方もしモズが外枠になり、内から伏兵の逃げ先行勢が主張するような隊列になると、外からの差しが届く流れになるかもしれない。

当コラムが公開される頃には既に枠順が決まっている。実際の結果と照らし合わせて、展開&隊列を考えてみたい。モズスーパーフレアがどの枠を引くか、これは今年のスプリンターズSを考える上で重要なポイントとなる。


~最有力はダノンスマッシュ、不利怖いタワーオブロンドン

さて、最後に結論とまではいわないが、現時点での大まかな見解を書いておきたい。

まず、最有力とみているのはダノンスマッシュだ。人気も集めそうなので特に奇をてらったものではないが、前走のキーンランドCは強い競馬だった。昨年の同レースでも2着と好走しているが、その時と比べてもトモに力がつき、いよいよ競走馬として完成の域に近づいて来た印象だ。本質的には平坦向きだろうとは思うが、本格化した今ならば急坂コースでも問題はないとみる。父ロードカナロアも初G1制覇は4歳秋のスプリンターズSだった。父同様の道をたどれるか、極端な内枠や外枠を引かなければ有力だろう。

続く人気を集めそうなタワーオブロンドンは、グランアレグリアの回避により引き続きルメール騎手が乗れるのは大きなプラスになりそう。ただ、本馬の場合は本質的にバリバリのスプリンターではないだけに、多頭数でゴチャつく競馬になった場合には一抹の不安も残る。能力を出し切れれば勝ち負けだろうが、馬群で詰まる、差し遅れるなどのリスクはアタマに入れておきたい。

そして最も枠順に左右されそうなのがミスターメロディ高松宮記念ではインから最高の立ち回りを見せたが、セントウルSでは一転して外枠に苦しんだ。今回もどの枠を引けるか、立ち回り勝負に持ち込めれば侮れないが、外枠になると苦しい戦いを強いられるかもしれない。

ココまでは人気馬を取り上げたが、最後に伏兵馬を2頭挙げてみたい。

まず1頭目は、3歳馬のディアンドルだ。前走の北九州記念で連勝はストップしたが、展開や馬場などを考えれば勝ち馬と同等か、それ以上の競馬をしたのがこの馬だった。何より多頭数のスプリント戦で、本馬の操縦性の高さと器用さは大きな武器になる。5連勝中もすべて異なる騎手で勝利しているが、それも本馬の乗りやすさゆえだろう。内枠を引いて、立ち回り戦の流れになればチャンスは広がりそうだ。

逆に差しが届く流れになれば、怖いのはリナーテだ。前走は今回人気する2頭に追い負けたが、それでも着差は僅かだった。1200mではほぼ不発なく差して来るので、あとは展開一つだろう。何より今年はキーンランドCのメンバーレベルが、数ある前哨戦の中でも最も高かった。3着という戦績から人気の盲点になりそうだが、能力的には通用しておかしくない。

秋G1開幕戦、大いに推理を楽しみたい。

※スプリンターズSの最終結論は、『TAROの競馬』にて無料公開の予定です。是非当日のブログをご覧ください。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2019年9月25日(水) 10:35 覆面ドクター・英
スプリンターズS・2019
閲覧 1,967ビュー コメント 0 ナイス 13

お久しぶりです。秋のG1シーズンがやってきてコラム再開です。8月末までの地方競馬プロテストを勝ち抜き、香港競馬もダントツ1位で、ともに晴れてプロとしての活動をスタートさせる運びとなりました。
「なんだ、またお前か」と、ちょっと飽きられた頃かもしれませんが(^^;、中央競馬でもいい成績を残せるよう、“三部門”全てで好成績を残せるよう頑張ります。

スプリンターズSへの桜花賞グランアレグリアの参戦は、左前脚不安で無くなってしまいましたね(もまれ弱いので、内枠を引いたら消そうと思っていたのですが)。
昔はニシノフラワーが、牝馬三冠が終わってから参戦しての勝利なんてのもありましたが、年末施行の時代でしたからね。でも、これからの時代は、距離適性から秋華賞に向かわない馬も増えてくるのかもしれませんね。

当初参戦を表明していたステルヴィオも(ノド鳴り馬なので消す予定でした)右目炎症で回避と、ノーザンFの確実に人気になるであろう2頭は出走せず、こうなってくると割と堅めの決着になっちゃうんでしょうかねぇ。


それでは恒例の全頭診断へ。

1番人気想定 ダノンスマッシュ:飼料への異物混入での大量競走除外問題でのとばっちりで函館SSを使えなかったりもしたがキーンランドCをしっかり勝ち、この路線の主役をアピールした。高松宮記念では1番人気に応えられなかったが、引き続き今回も当然有力。

2番人気想定 タワーオブロンドンキーンランドCではダノンスマッシュに完敗だったが次第にスプリント戦のペースにも慣れてきて前走セントウルSは3馬身差の楽勝で、中山ならダノンスマッシュ逆転もあるのでは。ただゲートが悪く、前走も出遅れたように、大出遅れで、即終了という危険性もあり。

3番人気想定 モズスーパーフレア:3月には同舞台のオーシャンSを制覇したスピード馬。ただ逃げないと力を出せないタイプで、テンに速い馬が揃うここは、逃げられる保証は無く、人気を考えると消して妙味か。前走は26kg増で、逃げられなかったのは松若騎手が悪かったわけじゃないと思うが。

4番人気想定 ミスターメロディ高松宮記念は福永騎手の腕でG1馬になってしまったがあれは出来過ぎ、前走のセントウルS8着は走らなさ過ぎで、その中間くらいの実力が本来の姿ではないかとみている。デビューから4戦続けてダートを使っていたように、先々はダート短距離王にシフトしていくのでは。本番に向けて調子を上げてくる藤原英厩舎だけに、上積みはあるのだろうが、春のスプリント王者といえど今回も気楽なチャレンジャー的な立場か。

5番人気想定 ディアンドルルーラーシップ×スペシャルウィークという血統面からはスプリンターに見えない配合。前走セントウルSで2着に敗れるまでは5連勝と勝負強さを備えており、楽しみな素材。53kgだけに十分好走はあり得る。

6番人気想定 ファンタジスト:昨秋は新馬戦、小倉2歳S、京王杯2歳Sと3連勝したがその後はいまひとつ。前走は和田騎手が返し馬段階から気合いをつけてセントウルSで2着と、それまでの二桁着順続きから一変した。スプリント適性もあってこその結果ではあるのだろうが、武豊騎手に戻るのはマイナスかも。

7番人気想定 リナーテサトノダイヤモンドの半妹で、ステイゴールド産駒らしい、ゆっくりした成長力みせている馬。差しにくい札幌の夏競馬で1着、3着と鋭い末脚を披露していて、ヒモには入れたいのだが、鞍上が三浦皇騎手なのには正直がっかり。

8番人気想定 イベリスアーリントンCを逃げて勝った3歳馬で、前走のセントウルSは差し競馬の練習。それなりに形になっており、斤量も軽くやれても良く、ダービージョッキーとなった浜中騎手も良い。

9番人気想定 セイウンコウセイ:一昨年は高松宮記念を制して今年も2着と中京は得意なようだが、中山はさっぱりで買えない。

10番人気以下想定 レッツゴードンキ:昨年はファインニードルの5着、一昨年はレッドファルクスの2着とまだやれておかしくない。常識的には7歳秋の牝馬というのは買えないのだが、この馬は例外で、これだけ人気落とすようならヒモには入れたい。

ダイメイプリンセス:昨年は10番人気で4着と好走したし、今年も北九州記念をズバッと差し切って健在ぶりをアピールしているが、得意の新潟直千舞台アイビスSDでも昨年よりパフォーマンスを落としたように加齢の衰えがありそうで、昨年以上は難しいのでは。

アレスバローズ:昨年はCBC賞と北九州記念の重賞連勝で臨んだスプリンターズSで14着だったが、今年はCBC賞2着、北九州記念6着と昨年より成績を落としており、衰えがありそう。ただ去年より斤量を背負っての着順悪化だととらえれば、それほど衰えてない可能性もあるか。

ノーワン:父がハーツクライで母はカーリアン×サドラーズウェルズと血統面からは長距離馬に見えるが、フィリーズR勝ち後は桜花賞11着、オークスもビリの18着と距離延びるほどに惨敗という戦績。その点、この条件自体は向くのかもしれないが、能力的に、さすがにこの相手は厳しいのでは。

ラブカンプー:昨年スプリンターズSで9番人気2着と波乱を演出したが、その後は二桁着順続きで坂路調教でも以前ほど動けなくなっており、今年は激走は無さそう。

マルターズアポジー:2年前の関屋記念制覇後は勝ち星から遠ざかり、ダートを使ってみたり、距離を詰めてみたりと試行錯誤を続けているが、逃げ馬特有の気力の衰えで惨敗続き。そろそろ引退の時期なのでは。

ハッピーアワー:ハービンジャー産駒にしては珍しい短距離馬。3月にファルコンSを制したもののキーンランドCでは10着惨敗と序盤もたつく癖が抜けず、一線級相手では厳しいのでは。

キングハート:1年半前に同舞台のオーシャンSを10番人気で勝ったが、その後はさっぱりで、得意舞台とはいえ強調材料なし。


<まとめ>
有力:タワーオブロンドンダノンスマッシュ

ヒモに:ディアンドルリナーテファンタジストイベリス

穴で:レッツゴードンキアレスバローズ

[もっと見る]

2019年9月13日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】騎手の距離適性を考える/東西トライアル展望
閲覧 1,399ビュー コメント 0 ナイス 2

秋競馬開幕週となった先週末は、東西で3つの重賞が行われた。

中山の2重賞は、ともに開幕週らしく先行イン有利の競馬に。京成杯AHでは逃げたトロワゼトワルが、横山典騎手の鮮やかなペース配分で逃げ切り勝ち。2着も先行したディメンシオン、3~5着には2・3・1番枠の馬が入り典型的な、

「逃げ馬が内枠を連れて来る」

という決着となった。

土曜の紫苑Sでも先行馬がそのまま粘り込んでおり、かつては差しも届く中山の芝が話題になってはいたが、今年は春開催も含め、以前のような内枠勢の活躍が再び目立つようになっている。この馬場トレンドの変化は、今後もアタマに入れておきたい。

秋G1に向けて注目という意味ではセントウルSだろう。高松宮記念の覇者ミスターメロディもここから始動となったが、レースは強行軍の中1週で出走したタワーオブロンドンが、後続に3馬身差をつける鮮やかな勝利でスプリンターズSに名乗りを上げた。

スプリント路線に参戦して今回で3戦目。経験を積むごとに追走もスムーズになっており、今回の内容ならばダノンスマッシュとの再戦となる本番にも期待が持てる内容だった。


ファンタジストの好走は”和田スタイル”がもたらした

さて、そのセントウルSだが、2着には和田騎手が騎乗したファンタジストが入線、スプリングS以来久々の好走を果たした。前走まで騎乗していた武豊騎手からの乗り替わりで結果を出した形だが、今回に関しては和田騎手のテンから出していく積極性が実を結んだ形だ。

ファンタジストの好走を見て改めて感じるのは、ジョッキーの距離適性だ。いわずもがな、ジョッキーの巧拙は絶対的なモノではなく、相性や状況によって変わってくる。

ファンタジストを例にすれば、1800mという本来の適性距離より長いスプリングSで2着と好走できたのは武豊騎手の手腕によるものが大きい。武豊騎手は、距離を持たせることに関していえば今でもトップクラスの技術を持っている。だが、マイル以上を使われた後に再びスプリント路線に戻ってくると、かつてのような追走力がなくなり、テンに置かれるようになった。前走の北九州記念では最後方追走となり、さすがに見せ場を作れず終わってしまったのも中距離のペースに慣れてしまっていたのが大きい。

いわば馬が中距離仕様になってしまったわけだが、こうなると、今度は武豊スタイルだと位置取りが悪くなってしまい、テンからガシガシと気合を入れていくタイプのジョッキーの方が結果を出せるようになる。和田騎手はどちらかといえばファイター系の騎手で、積極性やインを突く強気のスタイルが武器だ。今回のファンタジストでもスタートから気合を入れて先行させ、そのスタイルが好走をもたらしたといえるだろう。

馬にも距離短縮や距離延長の適性があるように、騎手にも短縮や延長の適性がある。今週末の競馬でいえば、例えばローズSに出走するスイープセレリタスは、初距離となるが距離をもたせる技術に長けているルメール騎手の手腕をもってすれば1800mは難なくこなせる可能性が高い。

一方、穴人気を集めそうなシャドウディーヴァは、最近の岩田騎手の溜めるスタイルだと、久々の1800mは流れに乗りにくくなる可能性が高い。もちろん馬場や展開などによって状況は変わるが、騎手のスタイルを頭に入れておくことで、位置取りや馬との相性なども考えられるようになる。


菊花賞の隠し玉・オセアグレイト

ローズSの話題が出たところで、今週末の重賞の展望をしたい。

ローズSはその年によって先行イン有利か外差し有利かハッキリ分かれる傾向があり、まずはその見極めが重要になる。今年のメンバーをザックリ見る限り、先行馬がそこまで多くなく、また先週の馬場状態を見ても先行イン有利が濃厚かもしれない。

現時点で注目は前述したルメールのスイープセレリタス、伏兵ならアルティマリガーレが面白そうだ。いずれも前走はマイル戦を先行して制しており、前で流れに乗れるのは確実だろう。オークス組の多くは差し馬で、使われている強みと先行力で十分に太刀打ち可能とみる。

一方、菊花賞へ向けて中山ではセントライト記念が行われる。こちらは18頭の多頭数となり難解な一戦となりそうだ。

コチラの注目は3連勝で臨むオセアグレイト。まだ一線級との対戦実績はないが、非常にレースセンスが高く、個人的に菊花賞の隠し玉とみている一頭だ。2400m以上の長距離を使われていたので2200mへの対応が課題になるが、内寄りの枠を引いて流れに乗れれば能力的にも好勝負になるはずだ。今年は穴馬での好走も目立つ野中騎手の手腕にも期待したい。

※一部重賞の最終結論は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開します。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2019年9月13日(金) 12:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(9/7~9/8)はははふほほほプロが京成杯AH◎ジャンダルム、セントウルS◎ファンタジスト、日曜中山6R◎アルマスティングなど披露!
閲覧 734ビュー コメント 0 ナイス 4


 
7(土)、8(日)にそれぞれ行われたG3紫苑S、G3京成杯オータムハンデ、G2産経賞セントウルステークスほか、様々なスマッシュヒットが記録された先週。
好成績を収めた注目プロ予想家や、その的中の数々をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
8(日)G3京成杯オータムハンデを「休み明けの前走は0秒5差6着。まだ結果は出ていないが復調気配が見えてきた。発馬を決めて先行~好位の競馬。今回も55kgで穴になるならこの馬」とのジャッジで◎ジャンダルム、勝負予想指定のG2産経賞セントウルステークスでは、「出遅れて後方をついて回った前走は、直線は脚を使ったが位置取りが悪すぎた。好位で流れに乗れれば勝ち負けする力はある」と評した◎ファンタジストで的中と好調予想を披露。他にも先週は、7(土)中山8R3歳以上1勝クラススズカユース、8(日)中山6R3歳以上1勝クラスアルマスティング、同阪神10Rムーンライトハンデキャップインビジブルレイズなど、随所にヒットを記録した先週は、トータル回収率122%、収支10万8850円の大幅プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
先週は8(日)中山4R3歳以上1勝クラスでの◎△○的中42万500円払戻しマーク、さらには阪神12R3歳以上2勝クラスで◎○△的中22万4600円払戻しを披露!全予想家中トップの週末トータル回収率134%、収支16万5100円を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
先週は8(日)中山9R習志野特別などの高精度予想を披露し、土日トータルで的中率54%、回収率132%を達成し、4週連続の週末プラスマークとなっています。
 
☆☆☆注目プロ →豚ミンCプロ
7(土)中山2R2歳未勝利ラファームソルティ、8(日)勝負予想指定の阪神6R3歳以上1勝クラスや、阪神9R瀬戸内海特別での的中などの予想を披露し、土日2日間トータル回収率129%を記録しています
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
8(日)の勝負予想阪神2R2歳未勝利では、◎イズジョーノキセキマドルガーダの本線的中を披露し計13万3580円払戻しのスマッシュヒット。阪神7R3歳以上1勝クラスの◎サマーセント単勝1点勝負的中を含め、週末トータル回収率128%の好成績を収めています。
 
 
 
この他にも、馬っしぐらプロ(124%←3週連続週末プラス)、岡村信将プロ(120%←2週連続週末プラス)、ジョアプロ(106%)、馬侑迦プロ(104%←5週連続週末プラス)、山崎エリカプロ(103%←3週連続週末プラス)、田口啄麻プロ(100%←3週連続週末プラス)が、週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2019年9月6日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】不振脱出の兆しがみえるデムーロ騎手/セントウルS展望
閲覧 1,536ビュー コメント 0 ナイス 2

先週末は長く続いた夏競馬の最終週、土日で3つの重賞が行われた。

新潟記念は2番人気のユーキャンスマイルが接戦を制して重賞2勝目。各路線から上がり馬も多数参戦したが、天皇賞(春)以来の出走で57キロを背負った同馬が底力で退けた形だ。馬群を上手く突いて直線外に出した岩田騎手の好騎乗も光った。

2着には3勝クラスを勝ち上がって重賞初挑戦となったジナンボーが入り、金子オーナーの所有馬のワンツーとなった。なお、両馬は父母もともに現役時代は金子オーナーの持ち馬で、まさに「リアルダビスタ馬主」を地で行く決着でもあった。

小倉と札幌で行われた2歳ステークスの中では、やはり印象深いのは札幌だろうか。勝ったブラックホール、2着サトノゴールドともに新種牡馬のゴールドシップ産駒。8年前、父はグランデッツァに及ばず敗れた同レースだったが、初年度産駒が早速一発で答えを出した形だ。まだ産駒の全貌は見えないが、まずは順調な第2のキャリアのスタートといえそうだ。


~大不振…から復調気配あるデムーロ

さて、いよいよ今週末から秋競馬のスタートとなるが、個人的に気になるジョッキーが一人いる。ミルコ・デムーロ騎手だ。

何を今さらと言われてしまいそうだが、長らく不振を極めていた。デムーロがどれだけ不振だったかというのは、単純に今年に入ってからの単勝回収率=51%というのを見ても明らかだ。感覚的にもとにかく人気馬を飛ばしていた印象が強い。デムルメ…といえば昨今の騎手界のシンボルでもあるが、現状は明らかに成績、馬質も含めルメール騎手に押され気味である。

とりわけ7月のデムーロは僅か3勝と不振を極めた。特に2~4番人気馬に27回騎乗して未勝利という散々な時期で、レース内容を見ても明らかに精彩を欠いていた印象が強く、ダイメイプリンセスはデムーロから乗り替わった途端に北九州記念を制した。

今年は特に人気薄での活躍がまったく見られず、5番人気以下での勝利は2月のバレンタインS(サングラス)以来一度もない。当然デムーロ人気の中での5番人気以下ということはその程度の馬だともいえるが、それでも昨年と比べてみるとよくわかる。

2018年 デムーロ&5番人気以下(2-2-3-23)30戦
2019年 デムーロ&5番人気以下(1-5-6-58)70戦

ご覧の通り、成績もさることながら、そもそも5番人気以下に騎乗する回数が増えている。これが何を示すかというと、

1、かつてほどデムーロは人気しなくなっている(さすがに不振に気づかれている)
2、乗り馬の質が下がっている

主に以上の2点であろう。乗り馬の質の低下はデムーロの不振によるものか、あるいはエージェントの交代によるものか、はたまた両方なのか、という話になるが、ファンもさすがにデムーロの調子の悪さを察しているということだろう。

だが、デムーロはもともと「気分屋」の面がある。昔からどちらかといえば常に安定しているルメールと比べると好不調の波が激しい。昨年の秋、ルメールが立て続けにG1を制し我が世の春を謳歌していたが、ルヴァンスレーヴでのチャンピオンズC制覇から流れが一変。アドマイヤマーズ(朝日杯FS)、サートゥルナーリア(ホープフルS)、オメガパフューム東京大賞典)で、G1級レースを立て続けに制したのは記憶に新しい。

いわば、デムーロは”バイオリズムジョッキー”なのだ。戦略としては、調子が良い時に乗っかっていくのが良いし、今年もなんだかんだG1を2勝しているように大舞台にはめっぽう強い。今年はこれまで不振を極め、移籍後は必ず2ケタに乗せて来ていた重賞勝利数もわずかに3つ。だが、デムーロ株はそろそろ底をついてきた印象がある。

先々週は久々に(人気馬ばかりではあるが)4勝の固め打ち。ゴールデンレシオではデムーロらしい出遅れからじわじわ押し上げての差し切り、サトノダムゼルでは道中リズムよく運んでスムーズに抜け出していた。そして、先週末は土日メインでアガラスジナンボーといずれも伏兵馬を連対圏まで持ってきており、デムーロの持ち味である馬と一体になったリズムの良い道中の運びが見られるようになって来ている。

今週からは2場開催が続き、良い意味でローカルよりも目立たなくなり人気的には妙味も出て来るだろう。中山&阪神という得意の急坂コースでの開催が続くだけに、そろそろ復調のゾーンに入って来ても良いはずだ。

ちなみに今週末の京成杯AHではロードクエストに騎乗する。恐らく4~5番人気程度に収まるこの馬をどこまで持ってこられるだろうか。タイミング的にはそろそろ底打ちから反騰へと変化するころとみているだけに、上手く上昇のタイミングに乗っていきたい。


~直行ローテが増えた影響で手薄になりつつあるセントウルS

さて、秋競馬の開幕を飾るのは京成杯AH、そしてセントウルSだ。ココではスプリンターズSへ向けて重要な前哨戦となるセントウルSを考えてみたい。

人気は強行軍での参戦ながらサマースプリント制覇がかかりルメールが騎乗するタワーオブロンドン、そして高松宮記念を勝利し堂々スプリント王者として参戦するミスターメロディの2頭だろう。

だが、前者はスプリント戦未勝利、後者は久々と、人気でも十分に付け入るスキがありそうだ。何より今年はダノンスマッシュキーンランドCからの直行を選んだほか、モズスーパーフレアも間隔を詰めると良くないという反省から北九州記念をステップに選んだ。近年はあらゆる局面で直行ローテが主流になっており、本番まで中2週となるこの舞台に必ずしも主力が集結していない。だからこそ波乱の余地があるというものだろう。

そこで現時点での注目は、ダイメイプリンセス北九州記念では鮮やかに外からの差し切りを決めたが、決して平坦巧者というわけではなく、急坂コースもこなせる馬だ。実際昨年のスプリンターズSでも4着と健闘しており、何より前述のような近年のトライアル事情から今年の北九州記念は例年以上にメンバーが揃っていた。

そういう意味ではアンヴァルにも再度注目。ズブさが増しているのは気掛かりではあるが、毎度キッチリ末脚を使えるだけに、あとは流れ一つだろう。

大穴ならペイシャフェリシタも侮れない。近走はようやく行きっぷりが戻り復調気配がみられ、メンバーが揃ったキーンランドCでもそこそこ見せ場を作っていた。

いずれにしても、セントウルSはG1の前哨戦とはいえ、例年夏競馬の延長戦ともいえる舞台。一発狙うならば、夏場にレースを使っている組の中から選びたい。


※一部重賞の最終結論は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開します。是非当日のブログをご覧ください。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)。2018年12月14日には最新刊『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)をリリース。

[もっと見る]

⇒もっと見る

セントウルの口コミ


口コミ一覧
閲覧 290ビュー コメント 8 ナイス 82

情熱大陸で、東京フィルハーモニー交響楽団の再出発に涙腺が緩んでいたら、
数分後のエクリプスステークスで、ゴドルフィンのガイヤースの快勝に歓喜しました。
ガイヤースは、目黒記念を勝ったキングオブコージと、母が姉妹の従兄です。
(写真:PA Images/アフロより)


~CBC賞 GⅢ~
荒れましたねぇ~(;^_^A
イベリスが除外なってしまいましたが、勝ったラブカンプー調べると
2018年4回阪神2日目 セントウルS 16頭立 
1着 ファインニードル 表14番 裏2番 (ゴドルフィン)
2着 ラブカンプー   表2番 裏14番

2019年4回阪神2日目 セントウルS 13頭立
1着 タワーオブロンドン 5枠 (ゴドルフィン)
2着 ファンタジスト 5枠
3着 イベリス    4枠
11着 ラブカンプー 4枠

ラブカンプーは、4回阪神2日目には、要注意の馬でしたねぇ

~ラジオNIKKEI賞 GⅢ~
初勝利 → 1勝クラスと連勝して臨んだ馬が4頭出走
その昔、「残念ダービー」と言われたこのレース
バビット 父ナカヤマフェスタ(ダービー4着) 父父ステイゴールド(ダービー未出走)
グレイトオーサー 父ノヴェリスト(アイルランド調教馬)
パラスアテナ 父ルーラーシップ(ダービー5着) 父父キングカメハメハ(ダービー1着)
ルリアン 父キズナ(ダービー1着) 父父ディープインパクト(ダービー1着)

こう見るとバビットの悲願が見えてくる。
バビット 表1番 裏12番
ルリアン 表12番 裏1番 
父も父父もダービー馬の馬を対角に配置するなんて・・・

夏の重賞は難しいなぁ
今週は、七夕賞とプロキオンステークス 星空の勉強でもします(^^♪


では

 グラニースミス 2020年7月1日(水) 11:58
朝令朝々改 ~CBC賞GⅡ~ 
閲覧 653ビュー コメント 5 ナイス 79

うちの会社は、朝令朝々改 
ケンシロウ風にいうと「それは、もう変わっている」が、社用語です。
お爺さんとその家族が発した事を聴いて、変化を予測すると
だいたい上手い事行く。素直じゃないのが一番のようです(笑)

今年の競馬日程も迷走しています。
愛知杯が小倉、東海Sが京都、金鯱賞は中京でおこなれたけれど、日程変更。
五輪で特別日程組んだら、マラソンでケチがつき、さらにコロナで五輪が延期。
変更に変更を重ねて、手書きの番組変更なんてあった。

第56回 CBC賞 GⅢ 阪神芝1200M戦
昨年3回中京2日目 → 今年4回阪神2日目に変更
昨年の4回阪神2日目は、セントウルS  阪神芝1200Mだった。

そのセントウルS は、今年2回中京2日目の予定(9月)
CBC賞とセントウルSを入れ替えている。

阪神で行われるCBC賞
2011年以来で、1着は、ダッシャーゴーゴーだった。
3.11震災直後の3.25高松宮記念11着 
16立7枠 表13番 裏4番 (1着キンシャサノキセキは、表4番)

次走CBC賞1着ダッシャーゴーゴー  2着ヘッドライナー

セントウルS 3着 15頭立8枠表14番 裏2番 ダッシャーゴーゴー 
(9着ヘッドライナー表2番 )

なーんてことを妄想すると

コロナ禍、無観客競馬で最初のGⅠ高松宮記念
4着 降着 クリノガウディー 18頭立6枠 表11番 裏7番 
2着 繰上 グランアレグリア 18頭立4枠 正7番 裏11番

このCBC賞、サマースプリントの第2戦目でもある。
第1戦の函館SS(昨年1回函館2日目→今年4日目に変更)
1着 ダイアトニック  3枠 
8着 ティーハーフ  3枠 

前走高松宮記念 (昨年2回中京6日目 → 今年1回中京8日目に変更)
3着 ダイアトニック  2枠
8着 ティーハーフ  2枠

そういえば イベリス って馬がいる。
2018年4回阪神2日目 新馬 3着
2019年4回阪神2日目 セントウルS 3着

ゴドルフィンは、 ロケット ジョイフル の2頭登録です。
こんな感じで枠順を待とうと思います

仕事は上手く行っても、競馬はうまくいかないんですよねぇ(汗)


では

[もっと見る]

 グラニースミス 2020年6月19日(金) 09:21
白蛇占い ~米子ステークス L~ 
閲覧 325ビュー コメント 20 ナイス 126

昨年からリステッド競走になった、日曜メイン米子S
今年は副題がつきます
「サマーマイルシリーズ ウインズ米子開設20周年記念」
2つも副題がついているのに、あまり話題になってない気がする

実は、昨年の米子Sから、リステッド競走のゼッケンが
「黒地・白文字」から「黒地・黄文字」急に変更になりました。
なんでだろうと・・・考えいてたら、また夏がやってきてしまいました(;^_^A

そして今週から、イマイチ話題にならないサマーシリーズが開幕。
日程を見ると、サマーマイルで始まり、サマーマイルで終わります。

そのサマーマイルは、昨年3戦 → 今年4戦に変更
追加されたのが、この米子Sで、GⅢの中にポツンとリステッドです。

サマーマイル
米 子 S (L) 3回阪神6日目
中 京 記 念 GIII 4回阪神6日目
関 屋 記 念 GIII 3回新潟2日目
京成杯AH GIII 4回中山2日目

同じ現象がある
サマースプリントはGⅢの中に、ポツンとGⅡセントウルS
サマー2000はGⅢの中に、ポツンとGⅡ札幌記念
なーんかへんなのッ

今年はマイルCSが京都改修工事の為、阪神競馬場のマイルCS
っていうことは・・・
米子S 3回阪神6日目
中京記念 4回阪神6日目
マイルCS 5回阪神6日目

Oh! It’s beautiful

♬ラッタッタぁ~ こんなん出ましたけど~
桜花賞   2回阪神6日 3着 スマイルカナ

白蛇占い 泉アツノさんは、今もお元気なんだろうかぁ?

週末になると雨ばかりですが、
よい週末を
Good Luck!!

[もっと見る]

⇒もっと見る

セントウルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

セントウルの写真

投稿写真はありません。

セントウルの厩舎情報 VIP

2020年5月10日4歳以上2勝クラス2着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

セントウルの取材メモ VIP

2020年5月10日 4歳以上2勝クラス 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。