パラスアテナ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牝3 鹿毛 2017年1月18日生
調教師高柳瑞樹(美浦)
馬主広尾レース 株式会社
生産者木村 秀則
生産地新ひだか町
戦績 7戦[2-2-0-3]
総賞金5,345万円
収得賞金1,600万円
英字表記Pallas Athena
血統 ルーラーシップ
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
エアグルーヴ
ステラリード
血統 ][ 産駒 ]
スペシャルウィーク
ウェルシュステラ
兄弟 カイザーノヴァエンジェルリード
前走 2020/10/18 秋華賞 G1
次走予定

パラスアテナの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/10/18 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 1881681.1124** 牝3 55.0 坂井瑠星高柳瑞樹444(-8)2.00.9 0.335.8⑮⑮⑮⑤デアリングタクト
20/09/12 中山 11 紫苑S G3 芝2000 1881825.0102** 牝3 54.0 武豊高柳瑞樹452(0)2.02.3 0.235.6⑧⑧⑥④マルターズディオサ
20/07/05 福島 11 ラジNIK賞 G3 芝1800 12793.814** 牝3 52.0 武豊高柳瑞樹452(+10)1.48.2 0.936.2⑩⑩⑦⑤バビット
20/05/23 東京 9 カーネーショ 1勝クラス 芝1800 8223.621** 牝3 54.0 武豊高柳瑞樹442(0)1.45.9 -0.333.3⑤⑤⑤セイウンヴィーナス
20/04/18 福島 4 3歳未勝利 芝2000 16366.341** 牝3 54.0 吉田隼人高柳瑞樹442(0)2.02.7 -0.935.9④④ウインアルカンナ
20/02/16 東京 3 3歳未勝利 ダ1600 167146.644** 牝3 54.0 吉田豊高柳瑞樹442(-8)1.39.9 0.638.4⑫⑪リアンフィーユ
20/01/26 中山 6 3歳新馬 ダ1800 162413.962** 牝3 54.0 吉田豊高柳瑞樹450(--)1.57.2 0.939.3⑦⑦⑥④ヴォートルエロー

パラスアテナの関連ニュース

当企画のコンセプトにつきましては、コチラにてご確認ください。今週も“勝ち逃げ馬券師”新良武志氏に、注目の乗り替わりをピックアップしてもらいます。
※データは2016年以降の結果をもとに集計

編集部(以下、編) 先週の重賞は有力馬の多くが継続騎乗と選択肢が少ない状況でしたが、府中牝馬Sで最低人気で3着に入ったサムシングジャストを指名。これは本当にお見事でした。

新良(以下、新) ありがとうございます。会員さん向けの予想では、継続騎乗で勝ったサラキアに◎を打って的中しましたので、我ながら完璧に近い結果だったと思います。

編 秋華賞のほうは非常に惜しかった。指名した12番人気のパラスアテナがハナ差4着……。

新 あともう一歩でしたね。乗り替わりという限られた選択肢のなか、両レースとも馬券になるヒモ穴を推奨できていたら、言うことなしだったんですが。

編 今週も菊花賞コントレイルを筆頭に、有力どころは継続騎乗ばかり。なかなか厳しいかと思いますが、サムシングジャストのようなスマッシュヒットに期待しております。

新 頑張ります。

編 まずは菊花賞の見解からお聞かせください。

新 M.デムーロ騎手からルメール騎手に乗り替わる⑨アリストテレスを取り上げます。

編 ルメール騎手は先週の秋華賞で、抽選対象だったレイパパレに騎乗する予定で待機するも、残念ながら抽選漏れ。今回の菊花賞は同じ6分の4の抽選となりましたが、なんとか突破してくれましたね。

新 乗り替わりで狙うならこれしかないと思っていましたので、抽選を通ってくれてよかったです。

編 では、推奨根拠を教えてください。

新 過去10年の菊花賞でただ1人2勝を挙げているのがルメール騎手です。一昨年、7番人気のフィエールマンを勝利に導いたのは印象的でした。「長距離戦は騎手で買え」という競馬格言があるように、昨年も実績十分の武豊騎手が勝っていますからね。アリストテレスは強力な援軍を得たと思います。

編 相手は相当強くなりますが……。

新 もちろん、コントレイルには一目置く必要があります。でも、この馬のポテンシャルも侮れません。なんかこう、フワフワした走りだったのが、ここ2戦は集中力が増してきているように感じます。道中はしっかり折り合って、末脚を活かせる馬が活躍する、この菊花賞のようなレースにノーザンファーム生産馬は強いですからね。好位につけて切れる脚を使えるこの馬には、ピッタリのレースと言えるでしょう。

編 振り返れば、アリストテレスの初勝利のときの鞍上はルメール騎手ですね。

新 はい。テン乗りではないという点も心強いです。穴人気しそうな雰囲気はありますが、多少の売れ過ぎ感があっても外すわけにはいきません。

編 わかりました。続きまして、今年からG2に昇格した、土曜日に行われる富士Sの注目の乗り替わりをお聞かせください。

新 岩田望来騎手から福永祐一騎手に手が戻る⑤ヴァンドギャルドに期待しています。

編 岩田ジュニアもなかなかですが、さすがにこの乗り替わりは鞍上強化感にあふれています。福永騎手は翌日の菊花賞に向けて勢いをつけたいところでしょうね。

新 最近の福永騎手からは、達観の境地にあるというか、静かなる闘志のようなものを感じます。気負うことなく、ここもたんたんと騎乗してくれるはず。東京芝1600mにおける勝率は、2019年以降16.7%と悪くありません。ここ2戦は、主戦を務めるG1馬のインディチャンプと出走レースがかぶっていためコンビを組むことは叶いませんでしたが、馬は相手なりに走れています。

編 そこにきて、今回の鞍上強化で一気に前進と?

新 そうなってほしいですね。ヴァンドギャルドは全4勝のうち3勝を渋った馬場で記録していますので、東京の週末の雨も味方してくれそうです。

編 好メンバーがそろいましたが、相手なりに走れる馬ということですし、チャンスは十分にあるのではないでしょうか。

新 そうですね。人気的にも、妙味のある狙い目になってくれると思います。

編 期待しましょう!


★その他の注目乗り替わり★
土曜京都6R ⑥ライティア武豊川田将雅
日曜京都10R コンパウンダー秋山真一郎武豊


【プロフィール】
新良武志(しんら・たけし)
かつてはどこにでもいる競馬ファンの1人だったが、データベースソフト【TARGET】との出合いを経て、眠っていた馬券師としての素質が開花。騎手・種牡馬にウマニティU指数を組み合わせた独自のデータ活用術を考案し、常勝スタイルを確立させる。2015年秋にメディアデビュー。雑誌、WEBを中心に精力的に予想家活動を行っている。著書に『毎日コツコツ勝ち逃げリーマン馬券術』(ベストセラーズ)、『ジョッキー未来予測2019』(秀和システム)。
最新情報は『“新良式”データ馬券ブログ』で公開中。

【秋華賞】レースを終えて 2020年10月19日(月) 04:54

 ◆坂井騎手(パラスアテナ4着)「思ったよりポジションが後ろになって、コーナーでももたつきました。それでもハミをとって、直線は“やったか!!”と思いました。能力の高い馬です」

 ◆長岡騎手(ミスニューヨーク5着)「道中の位置取りは良かったんですが、4コーナーで下がってくる馬がいてごちゃついた。力があるのは感じました」

 ◆幸騎手(オーマイダーリン6着)「勝ち馬の後ろで“これなら”という手応えでしたが…」

 ◆田辺騎手(マルターズディオサ7着)「桜花賞オークスも馬場に泣かされて、今回は傷んだところを走らされた。距離も本来はもう少し短い方がいい」

 ◆秋山真騎手(ムジカ8着)「スタートでロスがあったし、ラストもじりっぽくなった」

 ◆和田竜騎手(ウインマイティー9着)「ゲートで落ち着きがなかった。思ったほど脚を使えず、直線では内にもたれた」

 ◆北村友騎手(フィオリキアリ10着)「前回より具合も良く、思ったポジションで運べましたが、ラストで力尽きた感じでした」

 ◆藤井騎手(アブレイズ11着)「3~4コーナーで狭くなるところが2度あった。そこから気持ちを切り替えることができませんでした」

 ◆太宰騎手(ダンツエリーゼ12着)「上手に走れましたが、3、4コーナーでごちゃついたのがもったいなかった」

 ◆川田騎手(リアアメリア13着)「道中はいいところで進めることができましたが、3コーナーで手応えがなく、直線で外に出す余力もありませんでした。現状は極端に乾いた馬場でないと力を発揮できないのかなという感じでした」

 ◆福永騎手(ミヤマザクラ14着)「やりたい競馬はできた。馬場が悪いなか、内を走らされて脚をとられる感じ。良馬場なら踏ん張りも違ったはず」

 ◆横山武騎手(ウインマリリン15着)「久々が影響したのか、本来の良さが全く発揮できなかった。まともならこんなに負ける馬ではありません」

 ◆ルメール騎手(サンクテュエール16着)「向こう正面からペースが上がって、馬場も距離も合わなかった」

 ◆M・デムーロ騎手(クラヴァシュドール17着)「デキは良かったが直線でつまずき、馬場が合わなかった」

 ◆池添騎手(ホウオウピースフル18着)「3コーナーで手応えがなくなった。レースに集中していない感じでした」

[もっと見る]

【秋華賞】ソフトフルートが激しい3着争い制す 藤岡康「スタートが悔やまれる」 2020年10月18日() 19:20

 10月18日の京都11Rで行われた第25回秋華賞(3歳オープン、牝馬、馬齢、GI、芝2000メートル、18頭立て、1着賞金=1億円)は、松山弘平騎手騎乗の1番人気デアリングタクト(栗東・杉山晴紀厩舎)が直線抜け出し、史上初となる無敗での牝馬3冠制覇を果たした。タイムは2分00秒6(稍重)。



 「6分の4」の抽選を突破してGIの舞台に立ったソフトフルートパラスアテナとの激しい3着争いをハナ差制した。伸び上がるようなスタートを切り、最後方からのレースを強いられるも、直線では上位2頭を上回る上がり最速35秒7の末脚を発揮した。



 ◆藤岡康太騎手「ゲートをうまく出せなかったのが悔やまれます。切り替えてじっくり乗りましたが、長くいい脚を使ってくれただけに、余計にスタートが悔やまれます」

 

★【秋華賞】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】秋華賞2020 雨上がり・蛍原さん、ジャンポケ・斉藤さんほか多数!競馬大好き芸能人・著名人がガチ予想! 2020年10月18日() 05:30


※当欄では秋華賞について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。




【蛍原徹(雨上がり決死隊)】
◎③マルターズディオサ
単勝

3連単1頭軸流しマルチ
③→②⑦⑧⑫⑬

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎①ミヤマザクラ
単勝


【田中将大(マー君・NYヤンキース)】
◎⑬デアリングタクト
○⑩クラヴァシュドール
▲③マルターズディオサ
△②リアアメリア
△⑦ムジカ

【DAIGO】
◎②リアアメリア
ワイド
②-⑬
②-⑤
②-⑰

【田中裕二(爆笑問題)】
◎⑤ウインマイティー
○⑬デアリングタクト
▲⑰ウインマリリン
△⑧ソフトフルート
△⑭オーマイダーリン
△②リアアメリア
△⑪フィオリキアリ
3連単1頭軸流しマルチ
⑤→②⑧⑪⑬⑭⑰

【徳光和夫】
◎⑯パラスアテナ
複勝


【杉本清】
◎⑬デアリングタクト
○②リアアメリア
▲⑤ウインマイティー
☆⑰ウインマリリン
△③マルターズディオサ
△⑩クラヴァシュドール
△⑯パラスアテナ
△⑭オーマイダーリン

【ゴルゴ松本(TIM)】
◎⑤ウインマイティー
○①ミヤマザクラ
▲⑧ソフトフルート
△⑬デアリングタクト
△⑫マジックキャッスル
△⑱アブレイズ

【林修】
注目馬
デアリングタクト

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑬デアリングタクト
○①ミヤマザクラ
▲③マルターズディオサ
△②リアアメリア
△⑤ウインマイティー
△⑩クラヴァシュドール
△⑭オーマイダーリン

【増沢末夫(元JRA調教師)】
◎⑬デアリングタクト

【中村均(元JRA調教師)】
◎⑬デアリングタクト
○②リアアメリア
▲⑰ウインマリリン
☆①ミヤマザクラ
△⑤ウインマイティー
△③マルターズディオサ

【小原伊佐美(元JRA調教師)】
◎⑬デアリングタクト

【細江純子(元JRA騎手)】
◎②リアアメリア
○⑬デアリングタクト

【谷中公一(元JRA調教助手)】
◎⑬デアリングタクト

【東信二(元JRA騎手)】
◎⑬デアリングタクト

【吉沢宗一(元JRA騎手)】
◎⑬デアリングタクト

【橋本マナミ】
◎⑬デアリングタクト
○②リアアメリア
▲⑰ウインマリリン
△⑤ウインマイティー
△①ミヤマザクラ
△③マルターズディオサ
△⑫マジックキャッスル

【横山ルリカ】
◎⑬デアリングタクト

【神部美咲】
◎⑬デアリングタクト
3連単1着軸流し
⑬→①②③⑨⑩⑫
馬単
⑬→⑯

【旭堂南鷹】
◎⑤ウインマイティー
○⑬デアリングタクト
▲⑧ソフトフルート
△⑮ミスニューヨーク
△⑪フィオリキアリ

【嵐(横浜銀蝿)】
◎⑬デアリングタクト

【稲富菜穂】
◎⑬デアリングタクト
○⑤ウインマイティー
▲⑫マジックキャッスル
△③マルターズディオサ
△①ミヤマザクラ
△⑭オーマイダーリン

【やべきょうすけ】
◎⑬デアリングタクト
○①ミヤマザクラ
▲②リアアメリア
△⑤ウインマイティー
△⑧ソフトフルート
△⑨サンクテュエール
△⑰ウインマリリン

【小木茂光】
注目馬
ウインマイティー
デアリングタクト
マルターズディオサ
マジックキャッスル
3連単フォーメーション
①②③⑤⑨⑩⑫⑰→⑬→③⑤⑫

【津田麻莉奈】
◎⑤ウインマイティー

【キャプテン渡辺】
◎⑤ウインマイティー
単勝

馬単・馬連・ワイド
⑤→③マルターズディオサ

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑩クラヴァシュドール
○⑬デアリングタクト
▲③マルターズディオサ
△①ミヤマザクラ
△②リアアメリア
△⑧ソフトフルート
△⑰ウインマリリン

【じゃい(インスタントジョンソン)】
◎⑬デアリングタクト
○⑦ムジカ
▲⑧ソフトフルート
☆⑩クラヴァシュドール
△②リアアメリア
△⑭オーマイダーリン
△⑯パラスアテナ
△①ミヤマザクラ
△③マルターズディオサ
△④ホウオウピースフル
△⑤ウインマイティー
△⑨サンクテュエール
△⑫マジックキャッスル
△⑮ミスニューヨーク
△⑰ウインマリリン
△⑱アブレイズ

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎⑬デアリングタクト
○⑤ウインマイティー
▲③マルターズディオサ
△①ミヤマザクラ
△②リアアメリア
△⑫マジックキャッスル
△⑰ウインマリリン

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎⑬デアリングタクト
3連単2頭軸流しマルチ
⑬→⑤→①②③④⑦⑧⑩⑫⑮⑰
⑬→①→②③④⑤⑦⑧⑩⑫⑮⑰
3連単ボックス
②⑤⑬

【ギャロップ林】
◎③マルターズディオサ
単勝

3連単フォーメーション
②⑬→②③⑬→②③⑬

【こいで(シャンプーハット)】
◎①ミヤマザクラ
3連単フォーメーション
⑬→⑦⑧⑨⑩⑫→①

【てつじ(シャンプーハット)】
◎③マルターズディオサ
馬単
⑬→③
3連単
⑬→③→②
⑬→②→③

【浅越ゴエ】
◎⑬デアリングタクト
馬連
⑤-⑬
⑦-⑬
3連単1着軸流し
⑬→③⑤⑦⑯

【盛山晋太郎(見取り図)】
◎⑬デアリングタクト
3連単フォーメーション
⑬→②⑧⑫→②③⑤⑦⑧⑪⑫⑰

【リリー(見取り図)】
◎⑬デアリングタクト
3連単フォーメーション
⑬→①③⑧⑫⑰→①③⑤⑥⑧⑪⑮⑯

【船山陽司】
◎⑯パラスアテナ

【鷲見玲奈】
◎⑰ウインマリリン

【曽田麻衣子】
◎①ミヤマザクラ

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑤ウインマイティー

【大島麻衣】
◎⑬デアリングタクト

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑫マジックキャッスル
○⑬デアリングタクト
▲③マルターズディオサ
△⑧ソフトフルート
△⑰ウインマリリン
△⑯パラスアテナ

【皆藤愛子】
◎⑬デアリングタクト

【高田秋】
◎②リアアメリア
3連複2頭軸流し
②-⑬-③⑨⑮⑰
②-⑬-①④⑤⑥⑦⑧⑩⑪⑫⑭⑯⑱

【小宮有紗】
◎②リアアメリア

【大原優乃】
◎⑬デアリングタクト

【えなこ】
◎⑬デアリングタクト

【ほのか】
◎⑰ウインマリリン
○③マルターズディオサ
▲①ミヤマザクラ
注②リアアメリア
△⑨サンクテュエール
△⑩クラヴァシュドール
△⑭オーマイダーリン

【塩地美澄】
◎⑬デアリングタクト

【守永真彩】
◎⑬デアリングタクト
3連複フォーメーション
⑬-⑤⑰-①②③⑤⑦⑧⑰

【天童なこ】
◎⑤ウインマイティー
○⑬デアリングタクト
▲⑰ウインマリリン
☆⑫マジックキャッスル
△①ミヤマザクラ
△②リアアメリア
△④ホウオウピースフル
△⑯パラスアテナ

【目黒貴子】
◎③マルターズディオサ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【秋華賞】最新ナマ情報 2020年10月18日() 05:01

◆重なら大丈夫 〔1〕ミヤマザクラ

 オークス7着以来の実戦に向け、栗東角馬場からBコースを1周半。冷たい雨も気にせず、力強い脚取りだった。田中博助手は「追い切り後も気負いもなく、いいと思うよ。馬場は重ぐらいなら大丈夫。時計が速くなるよりいい」と語った。

◆気合は十分!! 〔2〕リアアメリア

 ローズS勝ち馬は栗東角馬場とCWコースで体をほぐしたあと、Pコースをキャンターで駆けた。気合十分といった走りで、猿橋助手は「強い相手はいますが、もともとのポテンシャルの高さをここでも発揮してくれれば」と期待を込めた。

◆初舞台も不問 〔3〕マルターズディオサ

 重賞2勝のキズナ産駒は僚馬ウインマリリンとともに午後0時14分に京都競馬場に到着した。「いろいろな競馬場で結果を出しているから初めての京都も気にしていません。前走からのプラスアルファは大きいはず。3冠の最後に結果を出せれば」と手塚調教師は意気込む。

◆自分との闘い 〔4〕ホウオウピースフル

 紫苑S13着から巻き返したいオルフェーヴル産駒は午後0時18分に京都入りした。「輸送は問題ないタイプですね。前走はゲート裏でテンションが上がってしまった。相手うんぬんよりもまずは自分との闘いです」と大竹調教師は冷静な姿を待ち望んでいる。

◆デキは一番 〔5〕ウインマイティー

 オークス3着馬は栗東の角馬場調整のみで決戦の日に備えた。五十嵐調教師は「角馬場で微調整。状態はいうことないね。馬場が悪くなっても、高速決着よりいいと思う。デキはデビュー以来、一番」と力を込めた。

◆状態は維持 〔6〕ダンツエリーゼ

 抽選突破のダート3勝馬は、栗東角馬場で入念に汗を流す意欲の調整。平山助手は「中2週ですが、状態は維持していると思います。ゲートが速くなくて、ストライドが大きいので、大外を回ってしまいにかける競馬を」とイメージした。

◆漂う好気配 〔7〕ムジカ

 ローズS2着の1勝馬は栗東坂路で4ハロン70秒2-16秒8。リラックスムードで、前走時から好雰囲気を維持している。井手助手は「いつも通りです。デキ落ちはないですし、自分なりに走れると思います」と腕をぶす。

◆康太に期待 〔8〕ソフトフルート

 未知の魅力がある上り馬は4ハロン77秒5-16秒8とゆったりとしたペースで栗東坂路を駆け上がった。松田調教師は「予定通り、やってこられました。康太(藤岡騎手)は勝ちにいってくれるジョッキーだし、期待しています」と笑みを浮かべた。

◆体調がいい 〔9〕サンクテュエール

 デビューからルメール騎手が手綱を取り続けるディープインパクト産駒は決戦の地に午後0時18分に到着した。「今は体調がいいし、輸送も大丈夫。牡馬相手にシンザン記念を勝ったくらいだし、もう少し頑張れていい」と藤沢和調教師。

◆実力はある 〔10〕クラヴァシュドール

 世代上位の戦績を残すハーツクライ産駒は栗東角馬場での運動から坂路へ向かい、4ハロン67秒0-15秒7。落ち着いた走りをみせた。「気持ちを自分でうまくコントロールできるようになってほしい。クリアできればGIでも好勝負できるだけの実力はある馬です」と猿橋助手。

◆いい状態で 〔11〕フィオリキアリ

 3冠皆勤のキズナ産駒は、開門直後の栗東坂路で4ハロン70秒5-17秒2と落ち着いた走り。清水久調教師は「けさの雰囲気はよかったです。追い切り後も順調ですし、いい状態で送り出せますね」と状態面に自信をのぞかせた。

◆輸送問題なし 〔12〕マジックキャッスル

 “牝馬の国枝”が送り込むディープインパクト産駒は午後0時9分に決戦の地に到着した。京都は昨年のファンタジーS(2着)で経験済み。「輸送は問題ない。馬体重は減ってしまうんだけど、今回は前走よりプラスで出せそう」と国枝調教師。

◆雨が上がれば 〔14〕オーマイダーリン

 ローズSの3着馬は、栗東CWコースを気持ちよさそうに1周。好調気配を振りまいた。河内調教師は「今までで一番いいですね。あとは雨が上がってくれれば。枠もあまり内めになるよりよかった」とうなずいた。

◆雨は「残って」 〔15〕ミスニューヨーク

 2冠牝馬の同僚は栗東角馬場から坂路へ。キビキビとした走りで4ハロン69秒1-16秒4をマークした。植山助手は「追い切り後も変わらずテンションも上がっていません。雨は残った方がいいですね」と話した。

◆素質はある 〔16〕パラスアテナ

 GI初挑戦の紫苑S2着馬は午後0時9分に京都競馬場に足を踏み入れた。「福島に輸送した時とは距離も時間も違うが、問題ないと思う。ソエがひどくてデビューできるかわからなかったほどの馬がGIに出られる。素質はあります」と高柳瑞調教師は可能性にかける。

◆2頭出し好感 〔17〕ウインマリリン

 関西初登場のオークス2着馬は午後0時14分に淀入りした。「関東圏でしか競馬をしていないけど、(同厩のマルターズディオサと)2頭で行けるのはいい。どれくらい雨の影響が残るかだけど、調子はいいので頑張ってほしい」と手塚調教師はエールを送る。

◆上積みある 〔18〕アブレイズ

 フラワーC勝ち馬は栗東坂路で4ハロン64秒1-14秒4。渋った馬場も苦にせず、軽やかに駆け上がった。兼武助手は「元気は良さそうですよ。前走は骨折明けでしたし、久々で力んでいた。上積みはありそうです」と納得の表情。

秋華賞の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【秋華賞】最新ナマ情報 2020年10月17日() 04:55

◆1枠「縁起いい」〔1〕ミヤマザクラ

 オークス7着以来となる芦毛のディープインパクト産駒は〔1〕枠(1)番。最内枠から最後の1冠を狙う。自身は全2勝を〔1〕枠でマークしており、田中博助手は「縁起はいいですね」と笑みを浮かべていた。



◆2戦連続の1枠〔2〕リアアメリア

 ローズSの勝ち馬は〔1〕枠(2)番からGI初制覇を狙う。2001年にテイエムオーシャンが勝った枠で、〔1〕枠からのスタートは前走((1)番)と同じだ。猿橋助手は「決められた枠でやるだけです」と話した。



◆内枠には「いい」〔3〕マルターズディオサ

 紫苑S勝ち馬は〔2〕枠(3)番。09年にブエナビスタが2位入線から降着になるなど2着1回が最高の枠だ。手塚調教師は「奇数は嫌だけど内の方がいいと思っていた。調子はいいし、スタート良く出てくれれば」と話した。



◆「内枠は大歓迎」〔5〕ウインマイティー

 オークス3着馬は〔3〕枠(5)番からスタート。過去2勝を挙げており、好枠ゲットといえそうだ。柴田助手は「内枠は大歓迎です。前走はスタートを出なかったですが、久々のぶんだと思います」と期待を寄せていた。



◆馬場悪化を期待〔6〕ダンツエリーゼ

 ダートで3勝のキズナ産駒は〔3〕枠(6)番。2014年にショウナンパンドラが勝った枠だ。古川助手は「後ろから行くの馬なので、ゲート入りの順番も含めて枠はどこでもよかった。馬場が重くなってほしい」と話した。



◆内外過ぎず満足〔7〕ムジカ

 ローズS2着の1勝馬は、2016年の勝ち馬ヴィブロスと同じ〔4〕枠(7)番。「先行する馬じゃないので枠はどこでも良かったけど、極端な枠でなかったのはいいね」と鈴木孝調教師は満足顔。



◆作戦立てやすい〔8〕ソフトフルート

 夕月特別を4馬身差で圧勝した上がり馬は〔4〕枠(8)番からのスタートとなった。過去に勝ち馬が出ていない枠だが、松田調教師は「この枠なら、ジョッキーがいろんなことを考えられる。いいところだと思います」と上機嫌だった。



◆ゲート問題なし〔9〕サンクテュエール

 美浦坂路を4ハロン59秒2-14秒9で駆け上がったシンザン記念勝ち馬は、2着2回が最高で未勝利の〔5〕枠(9)番。「枠順は大丈夫だし、ゲートも問題ない。桜花賞(6着)は頑張っていたし、もう少し走れるはず」と藤沢和調教師は奮起を期待。



◆「やるだけです」〔10〕クラヴァシュドール

 1勝馬ながら世代上位の実力を秘めるハーツクライ産駒は〔5〕枠(10)番。過去2勝を挙げているが、2005年のエアメサイア以降、勝利から離れている枠で、猿橋助手は「決められた枠でやるだけです」と話した。



◆好枠で巻き返す〔11〕フィオリキアリ

 ローズS8着からの巻き返しへ〔6〕枠(11)番からスタートする。過去2勝2着1回の枠で、清水久調教師は「まずまず。ゲートはそんなに悪くないし、極端な外枠でなくてよかった」と胸をなでおろした。



◆「脚をためれば」〔12〕マジックキャッスル

 GIIIで2着2回のディープインパクト産駒は〔6〕枠(12)番。02年ファインモーション、06年カワカミプリンセスがVの馬番で、〔6〕枠は一昨年に同厩のアーモンドアイが勝ったときと同じだ。「枠はいいところ。デアリングの隣じゃ注目されるな。ためれば切れる脚を使えるぞ」と国枝調教師。



◆13番「問題ない」〔13〕デアリングタクト

 史上初となる無敗での牝馬3冠を目指し、外めの〔7〕枠(13)番からスタートを切る。杉山晴調教師は「無難な枠だと思います。内過ぎても…、というのが頭にありましたが、ここなら問題ないですね」と歓迎した。



◆好枠も馬場心配〔14〕オーマイダーリン

 ローズS3着のディープインパクト産駒は〔7〕枠(14)番。最多タイの3勝を挙げる好枠だ。「根性があって馬混みは平気な馬だし、もう少し内の方がよかった。今は落ち着きがあるし、いい馬場でやりたい」と河内調教師。



◆「枠なりに行く」〔15〕ミスニューヨーク

 抽選を突破した2冠牝馬の同僚は〔7〕枠(15)番と外めの枠に入った。過去2勝で3着も3度の実績を残す枠で、杉山晴調教師は「本当は内枠がよかったのですが、センスがいい馬なので、枠なりに行ければ」と力を込めた。



◆高柳師「いい枠」〔16〕パラスアテナ

 紫苑S2着馬は99年ブゼンキャンドル、13年メイショウマンボと2勝の〔8〕枠(16)番。「内すぎなければいいと思っていた。絡まれない枠でいいですね。この相手でも頑張ってほしい」と高柳瑞調教師は外枠を歓迎した。



◆外枠にも動じず〔17〕ウインマリリン

 オークス2着のスクリーンヒーロー産駒は〔8〕枠(17)番。03年にスティルインラブが3冠を達成した枠順からデアリングの3冠阻止を狙う。「極端な枠だね。ただ、オークスの時は外は嫌だと思ったけど、今回はそうでもないかな。展開次第で枠順(の有利不利)はわからないから」と手塚調教師は泰然としていた。



◆大外「仕方ない」〔18〕アブレイズ

 フラワーC勝ち馬は大外の〔8〕枠(18)番となった。過去1勝は同じ池江厩舎のミッキークイーン(2015年)だが、不利な枠には違いない。兼武助手は「決まったものは仕方ない。枠なりの競馬をするだけ」と言葉少な。



秋華賞の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

パラスアテナの関連コラム

閲覧 1,342ビュー コメント 1 ナイス 8



注目を集めた秋華賞は、デアリングタクトが見事に無敗での3冠を達成。前日に降った雨の影響で京都の芝は外が伸びる状態。加えてマルターズディオサの逃げを各馬が差なく追い掛けたため、ペースも引き締まり、直線は外からの差しが届いた。

その流れをいち早く追い掛けて動いていったのが、他でもないデアリングタクト。直線早々に先頭に立つと、デアリングタクトが作った進路をなぞるように伸びて来たマジックキャッスル、出遅れて後方待機となり大外から伸びて来たソフトフルートらの追撃をしのぎ、見事に3冠を達成した。見た目はそこまで派手ではなかったが、まさに着差以上の完勝と言える内容だった。

自身の馬券の話をするならば4着のパラスアテナを2列目に置いていたため、勝ちを確信したところからストップモーションを見て一転、首の上げ下げでの負けという悔しい結果となった。それでも各馬息つく間のない好レースを観られたという満足感が残った。

~荒れるレースでは無理に絞る必要はない

個人的な馬券の歓喜は秋華賞の10分前、オクトーバーSだった。ココで本命にしたのは◎オウケンムーン。超久々を叩かれての2走目だったが、前走・オールカマーのまずまずの内容と東京適性を信じて軸にした。このレースは当初より波乱の可能性を考えていたので印は10頭、3連複は2列目に5頭を置く30点をベースに勝負。常識からいえば「点数多過ぎ」と言われそうな買い方だが、結果的にはその選択が功を奏した。



ココでお話ししたいのは的中話ではなく、点数についてである。これはもう何度も書いているが、馬券を買っているとどうしても点数を絞りたくなる。たくさん買うのはカッコ悪い、自信がないみたいでダサい、絞らないと勝てない……といった定番の言説は昔も今も健在だ。

これらを否定するつもりはない。馬券を買うスタンスや考え方は人の数だけあるのだから、ある面では正しいかもしれない。しかし、絞るというのはなかなか難しい。とりわけ3連系馬券を買う上で点数を絞ろうとすると、当然のことだが抜ける可能性が高くなる。

そこで私がオススメするのが、点数を絞るのとはまったく逆、「絞らない勇気」を持つことだ。たくさん点数を買うと必ず前述したようなことを考える(言われる)と思うのだが、その際は以下のような言葉を用意しておけば良い。

たくさん買うのはカッコ悪い → 目的は当てること・儲けることでありカッコ良く買うことではない
自信がないみたいでダサい → 勝つために最善を尽くそうとせず先入観にとらわれている方がダサい
絞らないと勝てない → 勝てるかどうかは配当によるので絞ることと勝ち負けとの因果関係はない

……もっとも、このようなことを面と向かって反論しろと言っているわけではない。むしろそれをするとかなり面倒くさい奴になってしまうので避けた方が良い。そうではなくて、自分の心に留めて、いついかなるときでも絞らない勇気を持てるようにしておくことが大事なのである。

とりわけ、荒れると思ったレースは思い切った多点買いが功を奏すことが多い。人間が動物を操るギャンブルである競馬は、そもそもがだいたい思い通りに行かないのだから、あとは野となれ山となれという気持ちでいろいろ買ってみると、思わぬ高配当が引っ掛かることもある。秋華賞だって大本命が勝ったのに3連複は万馬券。絞らなくても儲けることができた。

菊花賞展望&穴馬候補

さて、今週は菊花賞。先週に引き続き無敗の3冠馬誕生に注目が集まる。

その主役であるコントレイル。前走の神戸新聞杯では馬群をサッと抜けて完勝。とにかく操縦性が高く折り合いにも大きな問題はないので、3000m大歓迎とはいかずも、恐らく能力でこなせる可能性が高い。

確実に勝つとは言わないし、そういう馬券を買うのはあまり期待値が高いとは言えないが、軸としての信頼度は高いとみている。というわけで、ココでは相手候補の伏兵馬を2頭挙げてみたい。

アリストテレス

無事抽選を突破し、出走が叶った。前走の小牧特別はそこまで派手な内容ではなかったが、坂を上り切ったところからもうひと伸びするしぶとさを見せており、過去のレースを見てもどちらかといえば平坦向き、京都に替わるのは間違いなくプラスだろう。距離延長に強いエピファネイア産駒でもあり、菊花賞の舞台は歓迎とみている。鞍上にルメール騎手を迎えるのも心強い。同騎手は京都の長丁場には滅法強く、いきなりのG1の舞台でも侮れない。

ブラックホール

札幌2歳ステークス勝利以後は苦戦が続くが、ダービーの直線ではラストで鋭く伸びて見せ場を作った。前走の札幌記念は立ち回り戦になってしまい対応できずに終わったが、追って長く脚を使えるので距離延長は大歓迎だろう。ダービー→札幌記念菊花賞のローテは過去にもファストタテヤマレインボーラインが穴をあけており、テン乗りの藤岡佑介騎手も過去の菊花賞においてフローテーションクリンチャーなどで大穴を出した実績がある。

※週末の重賞の結論は、『TAROの競馬』にて一部無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。


登録済みの方はこちらからログイン

2020年10月16日(金) 21:20 覆面ドクター・英
秋華賞・2020
閲覧 2,562ビュー コメント 0 ナイス 12

まずは前回のG1回顧から。土曜段階で、逃げ不利、外差し馬場となっていてモズスーパーフレア向きでないとは感じていたのですが(実際予想コメントにも記載)、グランアレグリアに変更して失敗したら後悔するかな――と思い返し、結局逃げ粘りに期待した今年のスプリンターズS。散々ごねて発走を遅らせた挙句に、執拗に絡んできた最下位ビアンフェの一件もあり、最悪な展開となってしまいました。
若い頃は「変更しないで失敗すると後悔する」と思ってたのですが、歳をとると保守的になってくるのか、「変更して失敗したら後悔する」と思うようになってしまいました(笑) 流れを読んで、大胆にいかないとなりませんね・・・。


<全頭診断>
1番人気想定 デアリングタクト:無敗の二冠馬で、ぶっつけとなったが調教の動きは鋭く、ある程度位置をとる競馬も可能とみる。小回り云々を言われているが、無敗での三冠は濃厚では。

2番人気想定 リアアメリア:昨秋アルテミスSで強い勝ち方をみせて以降は、やや低迷気味だったが、前哨戦のローズSでは再びの横綱相撲。成長力に乏しいと揶揄されることのある中内田厩舎の痩せ気味仕上げではあるが、この馬に関してはそういうわけでもなさそう。ただ、前哨戦がやたら強い厩舎とも言える(笑)

3番人気想定 ウインマリリン:春はフローラS勝ち、オークスでも2着と活躍したが、秋になり肝心の動きがいまひとつに感じる。

4番人気想定 マルターズディオサチューリップ賞を勝つも桜花賞オークスはイマイチ。調教の動きなど、それほど良くは見せていなかった中で紫苑Sを勝ち、動きが良くなってきたここは楽しみ。

5番人気想定 ウインマイティー:忘れな草賞を勝ち、オークスでも13番人気ながら3着と激走した。秋初戦の紫苑Sは、展開向かず追い込んできての6着止まりでここを迎える。ただ、立ち回りの巧さを求められるここでなく、広々して距離がもっとある舞台が活躍の場では。

6番人気想定 クラヴァシュドール:2歳時はサウジアラビアロイヤルC2着、阪神JF3着と世代トップレベルだったが、3歳になってチューリップ賞2着以降は馬券にならず。ひと叩きで良くなるだろうが、ものすごく変わった感じもしない。

7番人気想定 ミヤマザクラ:母ミスパスカリの晩成型兄弟の多いディープインパクト産駒で、秋になり成長が見込める血統。ただ、厩舎的にも人気になりやすく妙味はあまり無いか。

8番人気想定 マジックキャッスルディープインパクト×ソーマジックといういかにもPOGなどで人気になりそうな馬だが、馬体が小さく成長力いまひとつか。

9番人気想定:パラスアテナ:春は桜花賞オークスに参戦できなかったが、紫苑S2着とじわじわ力をつけてきて、再度上位入線のある馬では。

10番人気以下想定
ホウオウピースフルブラストワンピースの下だが気難しいようで戦意喪失しやすく、紫苑Sも13着と惨敗。フローラSで2着好走させたレーン騎手あたりが乗れるのであれば買いたいがそうもいかず……。

ソフトフルート:前走2勝クラスを4馬身で完勝してきた。ディープインパクト産駒でゴドルフィン軍団らしく母も良血馬。ここも通用の能力はある。

サンクテュエール:昨年の今頃はアルテミスSでリアアメリアの2着、年明けのシンザン記念を勝ったところまでは良かったのだが、桜花賞6着、オークス13着と尻すぼみな結果。今回の距離短縮はいいのだろうが、2000mでも長いかも。

ミスニューヨーク:キングズベスト産駒らしく重馬場や、瞬発力を問われないほうがいいタイプ。今回は要らないのでは。

アブレイズ:3月のフラワーCは藤井騎手が激走させて12番人気で勝利するも、オークス17着、ローズS12着と実力が足りない。

オーマイダーリン:連闘でローズS3着と権利は取ったが、鞍上が硬さをコメントしていた。ただ調教の動きはよく、案外やれそうな穴候補。

フィオリキアリ:ローズSでの7番人気8着を見るに、トップグループとは少し差がある印象。

ムジカ:ローズSは14番人気ながら2着と秋山騎手らしい激走を見せた。ただ乗り難しいようだし、勢いよく追い込んできて最後止まるという使える脚の短さも抱える。二重の難しさがあっては、連続好走は難しいのでは。

ダンツエリーゼ:ダート実績しかない馬だが、前走は最後方近くからものすごい脚での追い込み勝利で、血統もキズナ×アグネスデジタルで芝でやれていい配合と、穴馬として面白い。ただ横山典騎手から太宰騎手というのは……。


<まとめ>
有力:デアリングタクト

ヒモに:リアアメリアマルターズディオサオーマイダーリン

穴で:ダンツエリーゼソフトフルートパラスアテナ

[もっと見る]

2020年9月18日(金) 13:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(9/12~9/13) ろいすプロがセントウルS、京成杯AH 3連複W的中で好回収率マーク!
閲覧 202ビュー コメント 0 ナイス 1


 
12(土)のG3紫苑S、13(日)のG2セントウルS、G3京成杯オータムハンデキャップほか、様々な的中がマークされた先週。
好成績を収めた注目プロ予想家や、その的中の数々をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →ろいすプロ
13(日)のメインG2セントウルSできっちりと3連複的中(804%回収)とすると、続くG3京成杯オータムハンデキャップでは◎ボンセルヴィーソを軸に3連複的中(2594%回収)のスマッシュヒットをマーク。他にも、中山12R3歳以上2勝クラス的中などを記録し、週間トータル回収率203%の好成績で終えています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
12(土)を、中京8R木曽川特別中山8R3歳以上1勝クラス中京11RエニフSと尻上がりに調子を上げて終えると、13(日)はまず中京1R障害未勝利での1508%回収を披露。さらに、中山5R2歳新馬中京7R3歳以上1勝クラスなどの的中で、連日の大幅プラスをマークしました。週間トータルでは、回収率183%、収支19万7930円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
12(土)は中山8R3歳以上1勝クラス的中などでがっちりプラス収支をキープ。13(日)は勝負予想指定のG3京成杯オータムハンデキャップでの◎△△的中や、中山8R3歳以上1勝クラス中山3R2歳新馬等の活躍で2日連続のプラス収支を記録。土日2日間トータル回収率112%を達成し、5週連続週末プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
先週は、12(土)G3紫苑Sマルターズディオサパラスアテナシーズンズギフト3連単的中(14万7440円払戻し)や、13(日)G3京成杯オータムハンデキャップ△△◎的中などの活躍を披露!
 
 
 
この他にも、いっくんプロ(225%)、サラマッポプロ(183%←3週連続週末プラス)、あおまるプロ(151%←2週連続週末プラス)、豚ミンCプロ(142%)、金子京介プロ(127%←2週連続週末プラス)、シムーンプロ(123%)、ゼット1号プロ(123%←2週連続週末プラス)、きいいろプロ(116%)、岡村信将プロ(113%)、イレコンデルパサープロ(108%←2週連続週末プラス)、ジョアプロ(106%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
 
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

2020年6月28日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年06月28日号】特選重賞データ分析編(208)~2020年ラジオNIKKEI賞~
閲覧 2,239ビュー コメント 0 ナイス 2



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 ラジオNIKKEI賞 2020年07月05日(日) 福島芝1800m


<ピックアップデータ>

【前走との間隔別成績(2015年以降)】
×中3週以内 [0-0-1-11](3着内率8.3%)
○中4~7週 [5-4-3-24](3着内率33.3%)
×中8週以上 [0-1-1-23](3着内率8.0%)

 休養明けの馬や間隔を詰めて使ってきた馬は過信禁物。2015年以降に好走を果たした馬の大半は、前走との間隔が中4~7週でした。このレースを大目標としているような馬は少ないと思いますが、それでも臨戦過程に不安のある馬は強調できません。

主な「○」該当馬→グレイトオーサーサクラトゥジュールパラスアテナ
主な「×」該当馬→キメラヴェリテコンドゥクシオンルリアン


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“JRA、かつ1800~2000m、かつ出走頭数が10頭以上のレース”において1着となった経験がある」馬は2015年以降[5-5-4-39](3着内率26.4%)
主な該当馬→グレイトオーサーコンドゥクシオンサクラトゥジュールパラスアテナ

[もっと見る]

2020年1月31日(金) 12:15 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(1/25~1/26)いっくんプロが日曜小倉メイン門司Sで58万オーバー払戻し達成!
閲覧 668ビュー コメント 0 ナイス 5



26(日)に行われたG2AJCC、G2東海Sほか、様々なスマッシュヒットが記録された先週。
好成績を収めた注目プロ予想家や、その的中の数々をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
26(日)G2東海Sで◎エアアルマスヴェンジェンスインティのパーフェクト的中を披露した先週。同じく勝負予想指定の小倉11R門司Sでは、◎クリノフウジングアンスマートフルーレで計58万7700円払戻しのビッグヒットを達成。他にも京都1R3歳未勝利京都8R4歳以上1勝クラスなどで的中をマークし、回収率126%、収支19万3590円プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
25(土)は小倉12R脊振山特別の◎ナリスパルフェクォーツマイネルウィルトス本線的中などでプラス。26(日)には勝負予想指定の小倉1R3歳未勝利チェインストーリー×ビハインドザサンスマートラビリンス的中でスタートを切ると、同勝負予想京都6R3歳新馬ヴォートルエロー×パラスアテナブライトオーシャン的中、中山9R若竹賞×シーズンズギフトマイネルデステリョキングサーガ的中などを披露。週間トータルでは回収率111%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →KOMプロ
26(日)の勝負予想G2AJCCを◎△×的中で仕留めた先週は、他にも同中山12R4歳上2勝クラス、同京都3R3歳未勝利、25(土)小倉12R脊振山特別などで好回収的中をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →金子京介プロ
25(土)中山8R4歳上2勝クラス、26(日)中山5R3歳未勝利などの的中をマークすると、同中山8R4歳上1勝クラスでは、「好調キープ、トモ腰安定」評価の○フィストバンプ、「結構良い形。芝しか無理な血統だが返し馬まとも」と評した△ライトカラカゼの予想で、計12万1590円払戻しのスマッシュヒットを記録。週間トータル回収率130%を達成しています。
 
 
 
この他にも、導師嵐山プロ(145%)、ゼット1号プロ(111%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
また、プロテスト最終審査参加者からは、Umavishさん(201%)、馬っしぐらさん(120%←2週連続週末プラス)、内田の予想さん(115%)、西野圭吾さん(108%←3週連続週末プラス)、ゆめさん(101%)らが、プラス収支で最後の竜門ラスト1週へと進めています。
 
 
 
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

パラスアテナの口コミ


口コミ一覧

重賞回顧 秋華賞

 組合長 2020年10月20日(火) 16:02

閲覧 69ビュー コメント 2 ナイス 13

デアリングタクト以外の人気馬は、デアリングタクトの後ろでは勝機がないと判断し、何かが起こることを信じての先行策。無敗の3冠馬を狙うデアリングタクトは普通にスタートを切り、不利のない外側でじっくり待機。この時点でデアリングタクトに軍配が上がった。後ろから来る恐怖におびえながら先行馬は少し早めのレースで展開。京都の3コーナーからのくだりを利用して余力を残そうとするが、それ以上にデアリングタクトが下りを利してスムーズに加速し、4角では5番手に進出。あとは前の馬をさばいて伸びるだけといわんばかりの余裕綽々のレース。2着と1馬身以上、上りもNO1は文句のつけようがない勝利。素直に称賛したい。言い方は悪いですが、勝ちに行った人気馬は全滅。

 その中しっかり2着に伸びてきたのは、アーモンドアイに稽古をつけてもらいながらも馬体増で出てきたマジックキャッスル。 大崩れは馬場が悪かった桜花賞のみ。この馬の成長力を考えれば、競馬場に関係なく、今後も要注目の馬です。

 3着はデアリングタクトの進出に付いていきスタミナ勝負に持ち込もうとしたパラスアテナと後方から一発を狙っていたソフトフルートでしたが、ハナ差ソフトフルートが先着。

 特にパラスアテナはスタミナが無尽蔵に見えるロングスパート。自分の競馬を続ければ大仕事ができるかもしれません。

 AI◎のリアアメリアはハッキリ、馬場が敗因。パンパンの良馬場限定で見直したい馬です。

 ビター ティー 2020年10月19日(月) 16:14
一人勝ちだったデアリングタクトの秋華賞! レース展開に学...
閲覧 214ビュー コメント 0 ナイス 14

 圧勝で無敗の三冠牝馬に輝いたデアリングタクト。牝馬クラシック路線は、2冠馬だつたこの馬の相手の序列が決められない・・・と、レース前の予想に悩まされた秋華賞でした。

 結果はご存知の通り、牡馬の決戦よりも一足早く、期待に応え無敗でデアリングタクトが歴史的な栄光を手に入れました。

 「一脚速く」ではなく「一足早く」と表現した理由は、言うまでもありません。十中八九コントレイルが勝つだろうと思っているからです。しかし、牡馬の場合はナンバー2の馬を決めることに悩まされずに済むところが秋華賞と違うと思っています。

 秋華賞は、強いライバルと言える馬がいなかったので予想で悩み、レースの結果も、それを裏付けるもの(ヒモ荒れ)になりました。上位人気の他の馬は悉く惨敗して、上位に入着したのは下位人気の馬ばかり。2着は10番人気で、3着は9番人気!これに続いて掲示板に乗ったのは、12番人気と16番人気。
 嘘みたいな悪夢とも言える結果で、デアリングタクトの強さだけが際立った牝馬三冠の最終戦でした。

 これでは予想が的中するはずがない。私的には穴馬として興味があった14番人気のオーマイダーリンがもう一歩で掲示板の6着に来てくれたことで「惜しかったなぁ」と負け惜しみとも嘆きとも言えない言葉を吐いて、溜息を吐くのがせいぜいです。

 ところが、神様は違いますね。スガダイさんは3着に来たソフトフルートを注目馬の2番手に挙げていましたから。しかも、抽選漏れで出走できず、メインレース前の大原ステークスで楽勝したレイパパレにも注目していました。これで抽選を突破していたら・・・相馬眼と予想する感覚はさすがです。

 さて、これからが本題『「秋華賞のレース展開に学ぶ』です。10番人気のマジックキャッスルがどうして2着に来られたのか、レース展開をよく見ると頷けるものが見つかります。


 レースの序盤、デアリングタクトは、いつもの通りは後方に控えて脚を貯めてながら追走します。マジックキャッスルも後方に控えていたのですが、向こう正面で展開のアヤとなる偶然が重なりました。いつの間にか、デアリングタクトの直後に位置取りする格好になりました。(意図的にその位置を取りに行ったようには見えませんでした)

 その絶好機を大野騎手は逃さず、直後にぴったりついて絶対的本命馬を徹底マークしたようでした。

 レース中盤、マジックキャッスルを引っ張るような形でデアリングタクトが追い上げを始めると、マークを外さないように一緒に上がっていきます。
 

 勝負どころの4コーナー出口。「・・・も進出。デアリングタクトは、この一角にもう居ます。好位に取り付いている。4コーナーから直線。・・・」と実況アナウンサーが伝えています。間を割ってデアリングタクトが伸びて先頭に躍り出ようとした瞬間、真後ろの位置から、ぽっかり空いたビクトリーロードの内側にマジックキャッスルは持ち出されます。

「間から13番のデアリングタクトが抜け出した。懐に潜り込む12番のマジックキャッスル。」と、実況が叫びます。
2頭が併せ馬の形になって先行勢を交わして行きます。


「外からパラスアテナ、ソフトフルート。それを従えて13番デアリングタクト。リードを取って1着でゴールイン。」「2着12番マジックキャッスル。無敗で牝馬三冠、達成!」と興奮気味に三冠達成を盛り上げようとする実況アナウンサーの声が聞こえてきます。

 やはり、マークすべき相手を間違えずに上手にレースできた馬は、その能力を存分に引き出されて、好成績を収めることができるのです。その典型的な例として、秋華賞の結果をレース展開から学ばなければならないと思います。

 マジックキャッスルは2着になりましたが、本命馬との能力差によっては逆転することもあります。この場合は、デアリングタクトがあまりにも強すぎたので、あり得ないことでした。


 さて、同じ不敗三冠の達成が期待されるコントレイルの場合はどうでしょうか。菊花賞でマジックキャッスルと同じレース展開に持ち込める馬は居るでしょうか。

 菊花賞の予想をする上で、、これは重要であると考えています。そして、コントレイルとの比較で能力差はどのくらいなのかを考察することも忘れてはなりません。

 先ず、牝馬路線と牡馬路線の違いをもう一度確認しておきたいと思います。一つ目は、コントレイルが2歳でもG1を勝っており、すでにG1を3勝。G2・G3をそれぞれ1勝で、重賞5勝をあげた更に強力な王者として出走してくること。

 二つ目は、休養明けに前哨戦を挟んで、より万全な体勢で三冠の最終戦を迎える、ということ。

 三つ目は、相手の選択に秋華賞ほど悩まなくても済むライバル、ナンバー2が存在している、ということ。これまでは、サリオスが強力なライバルでしたが、距離適性やコントレイルの強さを認めて路線転向・離脱してしまいました。

 最後に、これまでの6戦は、デアリングタクトよりも楽に勝利している、ということ。G1以外ではノーステッキでゴール前は流しても勝てる余裕も持っている。2着馬につけた着差も大幅にデアリングタクトを上回っていましたね。


 これらを踏まえて、コントレイルを徹底マークできそうな馬はいるのか?相手本線になるナンバー2はどの馬か?を考察すると・・・ヴェルトライゼンデをナンバー2に選ぶことになります。

 セントライト記念を4連勝で勝ったバビットを対抗に挙げる方もいるでしょうが、戦ってきた相手が違います。これまで本当に強い馬と戦った経験がありません。

 ヴェルトライゼンデは、ダービー以降に限定すれば、コントレイルとサリオス以外に先着を許していません。ダービー前を含めた全レースで唯一の例外は、皐月賞ですが、これについては後で述べたいと思います。2歳G1ホープフルステークスでもコントレイルの2着に来ている実力馬です。サリオスがいなくなったこの路線では間違いなくこの馬がナンバー2になります。

 では、マジックキャッスルのような展開に持ち込める馬の存在は・・・これも何と!他ならぬヴェルトライゼンデで間違いないでしょう。その根拠の一つ目はホープフルステークスの展開です。5番枠から内側2番枠のコントレイルをマークして0.2秒差の2着にきています。

 二つ目は、前走神戸新聞杯。ここでも大外18番枠から2番枠のコントレイルを徹底マークして、0.3秒差の2着に健闘しています。

 三つ目は、8着に敗れた皐月賞です。馬群に包まれて追い出しができなかったことばかりが敗因に挙げられていますが、相手へのマークという観点で展開を見直してみましょう。

 コントレイルとの関係性から見れば、相手を一切マークしていないレースです。コントレイルは最内1番枠。ヴェルトライゼンデは17番枠です。ホープフルステークスとほぼ同じ枠順の関係でスタートしています。

 では、何故コントレイルの後方の位置を取りに行かなかったのか? 行けなかったのか?ホープフルステークスと何が異なっていたのか。

 この2頭の間にいる7番枠サリオスの存在、影響が大きかったのです。皐月賞で初対決する2頭の2歳G1馬。どちらが勝つかが話題になっていました。。この時点では、いずれが最強か分っていませんでした。

 ヴェルトライゼンデは、枠順で近いこともあり、コントレイルよりも前に位置取ったサリオスの方をマークする相手に選んだのは自然の流れだったと解釈しています。

 結果として、マークするべき相手を間違えたことになり。サリオスが追い出したタイミングで、内側に入ろうとしたのですが、進路が開かず、内ラチ側に押し込められる展開になって着順を下げてしまったと感じました。

 続くダービーでは、皐月賞の結果が影響して10番人気まで評価を落としましたが、発走枠が隣同士だったこともあり、再度コントレイルを徹底マークして3着に巻き返えすことができました。休養明けの前走も同じ展開に持ち込んで2着。着差もホープフルステークスと同じ程度ですから、コントレイルの成長度合いと変わらない成長が認められ、ナンバー2の座を不動にしたのではないかと予想しています。

 秋華賞のマジックキャッスルと同じレース展開に持ち込むことができれば、逆転の芽も少しは残されているかもしれません。マジックキャッスルとデアリングタクトほど決定的な能力差は、コントレイルとの間にないと思うからです。

 菊花賞は、この2頭を軸に予想を組み立てたいと思います。

[もっと見る]

 すみぺ~にゃ 2020年10月18日() 16:24
久々に秋華賞 
閲覧 130ビュー コメント 2 ナイス 21

切った馬が当たるの法則を痛感中です。

せっかく7頭まで絞って、泣く泣く切ったソフトフルート🏇

パラスアテナがハナ差で4着、惜しかったぁ。

リアかミヤマを切れば良かったのに、自分の決断力はまだまだです。

無敗の三冠馬 デアリングタクト、本当に素晴らしいですね!

アーモンドアイに続く最強牝馬となるでしょうね。

今月末にプリキュア映画に行くので、競馬の予算がほぼ無いって言う(笑)

今日のが当たっていれば、映画グッズも馬券も買えたのに無念です。

[もっと見る]

⇒もっと見る

パラスアテナの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
7:
  fc0703d559   フォロワー:2人 2020年9月10日(木) 21:41:49
関係、調教○ 特に抜群、パワーアップ、前走は雨✖️
6:
  fc0703d559   フォロワー:2人 2020年7月4日() 23:52:46
自在。前走強い勝ち方。
5:
  fc0703d559   フォロワー:2人 2020年7月4日() 19:49:33
予想神。そこを見せてない。
人気だとマイナス。

⇒もっと見る

パラスアテナの写真

投稿写真はありません。

パラスアテナの厩舎情報 VIP

2020年10月18日秋華賞 G14着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

パラスアテナの取材メモ VIP

2020年10月18日 秋華賞 G1 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。