パラスアテナ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牝3 鹿毛 2017年1月18日生
調教師高柳瑞樹(美浦)
馬主広尾レース 株式会社
生産者木村 秀則
生産地新ひだか町
戦績 4戦[2-1-0-1]
総賞金1,856万円
収得賞金900万円
英字表記Pallas Athena
血統 ルーラーシップ
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
エアグルーヴ
ステラリード
血統 ][ 産駒 ]
スペシャルウィーク
ウェルシュステラ
兄弟 エンジェルリードステラバレット
前走 2020/05/23 カーネーションカップ
次走 2020/07/05 ラジオNIKKEI賞 G3

パラスアテナの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
20/07/05 福島 11 ラジNIK賞 G3 芝1800 -- 12794.5----** 牝3 52.0 武豊高柳瑞樹-- --------
20/05/23 東京 9 カーネーショ 1勝クラス 芝1800 8223.621** 牝3 54.0 武豊高柳瑞樹442(0)1.45.9 -0.333.3⑤⑤⑤セイウンヴィーナス
20/04/18 福島 4 3歳未勝利 芝2000 16366.341** 牝3 54.0 吉田隼人高柳瑞樹442(0)2.02.7 -0.935.9④④ウインアルカンナ
20/02/16 東京 3 3歳未勝利 ダ1600 167146.644** 牝3 54.0 吉田豊高柳瑞樹442(-8)1.39.9 0.638.4⑫⑪リアンフィーユ
20/01/26 中山 6 3歳新馬 ダ1800 162413.962** 牝3 54.0 吉田豊高柳瑞樹450(--)1.57.2 0.939.3⑦⑦⑥④ヴォートルエロー

パラスアテナの関連ニュース

 みちのく路を知り尽くしたトレーナーが送り込む道悪巧者に要注意! コンドゥクシオンが混戦を断つ。

 福島は土日とも雨の予報。やや地盤が緩いコースだけに、開幕週といえども馬場悪化は避けられそうにない。また、アルサトワなど前走で逃げた馬が6頭もエントリーしており、先行激化が予想される。馬力型の差し馬が狙い目だ。

 コンドゥクシオンは芝の重、不良で2戦2勝。今回と同じ舞台のデビュー戦は2番手から押し切り、2走前の山桜賞はメンバー中最速タイの上がり3F38秒4(!)で中団からしぶとく差し切っている。まさに“恵みの雨”となりそうだ。

 「ダイワメジャー産駒らしいパワーがあるからね。2回勝っているように道悪は上手。他の馬が苦手にするようなら有利に働くはず。流れも速くなりそうだし、バテ比べになれば面白いよ」

 ニヤリと笑うのは中舘調教師だ。ジョッキー時代には当地で歴代2位の425勝をあげ、年間最多勝を9回も飾った“福島男”。超快速ツインターボの大逃げ切り(93年七夕賞)でも、スタンドをわかせた。コースの勘どころを知り尽くしたその勝負師が、「重賞でも楽しみ」と言うのだから目が離せない。

 前走・青葉賞は12着に終わったが、血統的に2400メートルが長かったことは明白だ。ハンデ54キロを背負わされる2勝馬もいるなかで、前走の大敗が考慮されて53キロにとどまったとすればもっけの幸いだろう。

 「短期放牧でリフレッシュして、本当に予定どおりに調整できている。状態は一戦ごとに良くなっているからね。血統馬だし、まだまだ伸びると思うよ」と、指揮官の期待は大きい。3代母はオークスダイナカール、近親にはドゥラメンテなどGIホースがずらりとそろう名牝系で、ローカルGIIIならあっさり手が届いていいはずだ。

 “究極の3連単”はコンドゥクシオンを1着に固定。芝に転じて2戦2勝で当地Vもあるパラスアテナを2、3着に据えた10点買いだ。(夕刊フジ)



ラジオNIKKEI賞の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

【ラジNIK賞】牝馬の夏到来!パラスを狙え 2020年7月3日(金) 05:00

 安田記念を勝ったグランアレグリア宝塚記念を制したクロノジェネシスなど、中央競馬ではこのところ牝馬の活躍が目立つ。今週から本格的な夏のローカル開催に突入。『夏は牝馬を狙え』の格言からも、牝馬優勢の流れは加速するに違いない。今週の日曜福島メイン、ラジオNIKKEI賞には、芝で連勝中のパラスアテナがスタンバイ。その才能を高く評価する武豊騎手を背に、このレース28年ぶり牝馬Vの快挙に挑む。

 ◇

 先週の宝塚記念は、牝馬優勢の時代を象徴するかのようにクロノジェネシスが圧勝した。その流れは夏競馬も続く。そもそも『夏は牝馬を狙え』といわれるほど。福島開幕週の3歳限定GIIIでは、牝馬パラスアテナが躍動する。

 脚元に弱さがあってデビューから2戦はダートを使っていたが、芝に転向した2走前から素質が開花。福島未勝利戦を圧勝し、続く東京のカーネーションC(1勝クラス)も上がり3ハロン33秒3の鋭い末脚で快勝した。

 「東京の前走で、あんなに切れる脚を使えるんだ、と驚いた。普段はテンションが高い面があるけど、競馬に行くと乗り手がみんな『乗りやすい。コントロールが利く』と言う。馬のセンスがいいのだろうね。今回の舞台で勝っているのも強みになると思う」

 高柳瑞調教師は振り返りながら今回に向けて自信の表情を浮かべる。それもそのはず。稍重、良と馬場状態に関係なくメンバー最速の上がり3ハロンの時計をマーク。出走頭数、コースの広さ、展開も問わず連勝と、この2戦でマルチな才能を発揮しているからだ。

 さらにトレーナーの自信を後押しするのが、鞍上の存在だろう。年に数えるほどしかない福島遠征。2戦続けて手綱を取る武豊騎手が、その能力の高さに太鼓判を押す。「前走は非常に楽なレースだった。乗りやすいのが一番いいところで、乗り味もすごくいい。福島は未勝利で強い勝ち方をしているし、勝負になると思っている」と気合十分。実際のハンデは52キロだが「(2000年以降で3回しかない)51キロでも乗るつもりだった」とまで言い切る。しかも高柳瑞厩舎とは「今年すごく勝たせてもらっている」と語るとおり、過去5戦4勝と相性抜群なだけになおさらだ。

 「(福島で最後の重賞勝利となった2006年七夕賞の)メイショウカイドウ以来もう14年か。頑張ろう」

 競馬界のレジェンドから素質を見込まれたパラスアテナが、1992年のシンコウラブリイ以来となるこのレース牝馬V、そして厩舎待望のJRA重賞初勝利を飾る。(板津雄志)



★福島でもさえる名手の手綱…武豊騎手はこれまで福島での騎乗数は74鞍と少ないが、【16・8・9・41】で勝率は21・6%。重賞限定だとさらに好走率が上がり、【2・1・3・2】で勝率25・0%。8戦中7戦で掲示板を確保し、複勝率は75・0%。重賞初挑戦Vを目指すパラスアテナにとっては、願ってもない強力なパートナーだ。

★パラスだけじゃない!クインダム一発…もう一頭の牝馬、アールクインダムも一発を狙っている。前走の関東オークス8着について、伊藤大調教師は「けっこう負けたけど、ダートうんぬんよりも距離が長かった」と敗因を分析。そのぶん今回はハンデが軽く「51キロはラッキーだね。体調はいいし、勝ったときのように後ろから差す競馬ができれば」と巻き返しに意欲を見せる。3走前の菜の花賞は鮮やかな末脚を見せており、ここも軽視は禁物だ。

★夏に強い牝馬…牝馬が夏に強いことは数字に表れている。2017~19年の3年間のデータ(牝馬限定戦を除く)で牝馬の月別成績を分析すると、7月が勝率7・6%、連対率15・2%ともに最も高い数値が出た。また、暑い7~9月が勝率7%台であることに対し、寒い1~3月は同4%台まで落ち込む。牡馬の勝率は年間を通じて7・4%~8・0%で推移しており、牝馬は暑くなればなるほど活気が出てくるといえよう。



ラジオNIKKEI賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ラジNIK賞】厩舎の話 2020年7月2日(木) 10:36

 アルサトワ・斉藤崇調教師「使うごとにしまいの反応が良化。ここも逃げる形になると思う」

 グレイトオーサー・森助手「動きは良かった。違う競馬、展開で勝ってきたあたり能力は高い」

 コスモインぺリウム・和田雄調教師「週末に追ったのでサラッと。良馬場でも切れる脚を使う」

 コンドゥクシオン・中舘調教師「まずまず動けた。行く馬が多いので競馬はしやすくなりそう」

 サクラトゥジュール・森助手「口向きに難しい面があるが、動きは上々。自分のリズムなら」

 ディープキング・藤原英調教師「体調は変わらず。成長するのはこれからだが、期待は大きい」

 バビット・浜田調教師「ハナへのこだわりはない。右へ張る面があるのでハミを替えてみる」

 パラスアテナ・高柳瑞調教師「短期放牧でリフレッシュ。変わらずにきたし、仕上がっている」

 パンサラッサ・岡助手「中1週で輸送もあるので反応を見る程度。道悪になればさらにいい」

 ベレヌス・杉山晴調教師「馬体が絞れて、動きが素軽くなってきた。ハナにはこだわらない」

 ルリアン・佐々木調教師「ここを目標に完璧な仕上げを目指してきた。輸送も小回りも大丈夫」

(夕刊フジ)

ラジオNIKKEI賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ラジオNIKEEI賞】パラスアテナ確かな脚取り 2020年7月2日(木) 04:58

 芝で2戦2勝のパラスアテナは、美浦Wコースで一杯に追われて5ハロン68秒0-12秒5。暴風雨の中でもしっかりとした脚取りで、5馬身先行した外ロンゴノット(2勝クラス)と併入した。

 高柳瑞調教師は「テンションが高いところはあるけど、短期放牧でリフレッシュして、いい意味で変わらず来ているし、馬も仕上がっている」と状態面に合格点を与える。牝馬は1992年シンコウラブリイ以来勝っていないが、「ハンデ(52キロ)もあるし、福島コースを経験して勝っているのも強み」と、28年ぶりの快挙を狙う。

ラジオNIKKEI賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【トレセンけいこ総見】ラジオNIKKEI賞&CBC賞 2020年7月2日(木) 04:47

 正木 宝塚記念が終わって、いよいよ本格的に夏競馬が始まるな。今週の重賞は、阪神のCBC賞と福島のラジオNIKKEI賞や。CBC賞はほぼ関西馬なので、栗東からいこうか。

 斉藤 3連勝でオープン入りしたミッキースピリットが本格化ムード。坂路は不良馬場でしたが、松若騎手を背に、馬なりでラストまでブレることなく、併走馬にクビ差先着しました。力強い伸びでマークした4ハロン51秒9-12秒9は、馬場状態を考慮すれば優秀な時計です。

 正木 昨年の勝ち馬レッドアンシェルも坂路の併せ馬で1馬身先着。昨年は不良馬場の中京でこのレースを制したように、この時期は活気が出る感じや。先週、自己ベストの4ハロン50秒4をマークして、最終追いも軽快な脚さばきで、馬なりでラスト1ハロン12秒6なら上々やね。

 斉藤 先週の坂路で4ハロン50秒4の一番時計をマークしたクリノガウディーは、上がり重点にラスト1ハロン11秒9。人気になるでしょうけど、本当に具合が良さそう。

 片岡 美浦からただ1頭参戦のショウナンアンセムは、屈腱炎後の休養明けで1年ぶりになるけど、1週前に坂路で4ハロン51秒7の好時計。今週も4ハロン53秒6で水準以上の仕上がり。昨年の高松宮記念3着の実績からも、軽視は禁物です。

 正木 ラジオNIKKEI賞は、アルサトワが時計を要した栗東CWコースの3頭併せで最先着。ラスト1ハロン11秒8も文句なし。先週の宝塚記念クロノジェネシスで制した斉藤崇厩舎で、勢いも感じる。

 片岡 美浦はグレイトオーサーがWコース単走で『S』評価と抜群の雰囲気だった。穴ならコスモインペリウム。1週前のPコースで6ハロン80秒2の猛チャージ。今週はP単走でも、仕上がりに不足なしで道悪も得意。芝で開花したパラスアテナコンドゥクシオンは、福島でV経験があるのは強みになる。

ラジオNIKKEI賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

CBC賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ラジオNIKKEI賞&CBC賞】レースの注目点 2020年7月1日(水) 12:29

アールクインダムパラスアテナが登録 28年ぶりの牝馬Vなるか/ラジオNIKKEI賞



 今年のラジオNIKKEI賞には、アールクインダム(牝、美浦・伊藤大士厩舎)、パラスアテナ(牝、美浦・高柳瑞樹厩舎)と2頭の牝馬が登録している。ラジオNIKKEI賞では1992年のシンコウラブリイを最後に牝馬の優勝がないが、今年の牝馬2頭は牡馬を相手に重賞初制覇を飾ることができるかどうか。



 また、パラスアテナには武豊騎手が騎乗予定。同騎手は福島競馬場の重賞で8戦2勝、2着1回、3着3回と好成績を残しており、昨年のラジオNIKKEI賞でも3着に入っている。同騎手は2006年七夕賞メイショウカイドウ)以来、14年ぶりの福島重賞制覇を決めることができるだろうか。なお、パラスアテナのハンデは52キロと発表されているが、武豊騎手が負担重量52キロの馬でJRA重賞に参戦するのは2014年のCBC賞ベルカント:5着)以来、6年ぶりとなる。



ダイワメジャー産駒&ロードカナロア産駒 JRA全10場重賞制覇なるか/ラジオNIKKEI賞



 ダイワメジャー産駒と口ードカナロア産駒は、福島を除く9場でJRA重賞を制しており、ラジオNIKKEI賞でJRA全10場重賞制覇がかかる。ダイワメジャー産駒はコンドゥクシオン(牡、美浦・中舘英二厩舎)、今回が福島重賞初出走となる口ードカナロア産駒はパンサラッサ(牡、栗東・矢作芳人厩舎)が登録しているが、福島で重賞を制して、グレード制が導入された1984年以降では11頭目となる全10場重賞制覇を決めることができるかどうか。なお、パンサラッサが勝てば、同馬を管理する矢作芳人調教師は福島重賞初勝利となり、全10場重賞制覇へ残すは小倉のみとなる。



★史上3頭目の連覇を狙うレッドアンシェル クリノガウディー横山典弘騎手とのコンビで参戦/CBC賞



 レッドアンシェル(牡6歳、栗東・庄野靖志厩舎)が、CBC賞連覇を目指す。同馬は昨年のCBC賞優勝後はシルクロードS18着、京王杯SC11着と2戦連続でフタ桁着順に終わっているが、昨年制したCBC賞で1年ぶりの勝利を挙げることができるかどうか。Vなら、リキタイコー(1977・78年)、マジンプロスパー(2012・13年)以来、史上3頭目のCBC賞連覇となる。なお、レッドアンシェルには昨年同馬を勝利に導いた福永祐一騎手が騎乗する予定。



 また、クリノガウディー(牡4歳、栗東・藤沢則雄厩舎)には、重賞初制覇がかかる。同馬は高松宮記念で1位に入線したが、他馬の走行を妨害したことにより4着に降着となった。クリノガウディーは通算13戦1勝という成績で、待望の2勝目をCBC賞で挙げることができるかどうか。なお、同馬には横山典弘騎手が騎乗する予定。



田辺裕信騎手は地元・福島で活躍なるか 年間100勝が迫るC.ルメール騎手は函館に参戦予定



 7月4日、2回福島競馬が初日を迎える。過去5年の同開催リーディングジョッキーを見ると、戸崎圭太騎手が3回、北村宏司騎手、田辺裕信騎手が各1回獲得している。このうち、田辺騎手は地元・福島県の出身で、今年もゆかりの地で活躍を見せることができるか注目される。5日のラジオNIKKEI賞では、戸崎騎手がディープキング(牡、栗東・藤原英昭厩舎)、北村宏司騎手がキメラヴェリテ(牡、栗東・中竹和也厩舎)、田辺騎手がアルサトワ(牡、栗東・斉藤崇史厩舎)に騎乗予定だが、2回福島の開幕を飾る重賞を制すことができるかどうか。



 また、JRA騎手リーディングのトップを走るC.ルメール騎手は、今年のJRAでの勝利数を「95」としており、JRA年間100勝が目前に迫っている。ルメール騎手は土日とも函館で騎乗予定だが、6年連続6回目の年間100勝を達成することができるかどうか。なお、今週末に年間100勝を達成すれば、自身最速、歴代でも3番目の速さでの達成となる。



ラジオNIKKEI賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★CBC賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

パラスアテナの関連コラム

閲覧 1,873ビュー コメント 0 ナイス 2



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 ラジオNIKKEI賞 2020年07月05日(日) 福島芝1800m


<ピックアップデータ>

【前走との間隔別成績(2015年以降)】
×中3週以内 [0-0-1-11](3着内率8.3%)
○中4~7週 [5-4-3-24](3着内率33.3%)
×中8週以上 [0-1-1-23](3着内率8.0%)

 休養明けの馬や間隔を詰めて使ってきた馬は過信禁物。2015年以降に好走を果たした馬の大半は、前走との間隔が中4~7週でした。このレースを大目標としているような馬は少ないと思いますが、それでも臨戦過程に不安のある馬は強調できません。

主な「○」該当馬→グレイトオーサーサクラトゥジュールパラスアテナ
主な「×」該当馬→キメラヴェリテコンドゥクシオンルリアン


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“JRA、かつ1800~2000m、かつ出走頭数が10頭以上のレース”において1着となった経験がある」馬は2015年以降[5-5-4-39](3着内率26.4%)
主な該当馬→グレイトオーサーコンドゥクシオンサクラトゥジュールパラスアテナ

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2020年1月31日(金) 12:15 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(1/25~1/26)いっくんプロが日曜小倉メイン門司Sで58万オーバー払戻し達成!
閲覧 614ビュー コメント 0 ナイス 5



26(日)に行われたG2AJCC、G2東海Sほか、様々なスマッシュヒットが記録された先週。
好成績を収めた注目プロ予想家や、その的中の数々をご紹介していきたいと思います。
 
 
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
26(日)G2東海Sで◎エアアルマスヴェンジェンスインティのパーフェクト的中を披露した先週。同じく勝負予想指定の小倉11R門司Sでは、◎クリノフウジングアンスマートフルーレで計58万7700円払戻しのビッグヒットを達成。他にも京都1R3歳未勝利京都8R4歳以上1勝クラスなどで的中をマークし、回収率126%、収支19万3590円プラスを達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
25(土)は小倉12R脊振山特別の◎ナリスパルフェクォーツマイネルウィルトス本線的中などでプラス。26(日)には勝負予想指定の小倉1R3歳未勝利チェインストーリー×ビハインドザサンスマートラビリンス的中でスタートを切ると、同勝負予想京都6R3歳新馬ヴォートルエロー×パラスアテナブライトオーシャン的中、中山9R若竹賞×シーズンズギフトマイネルデステリョキングサーガ的中などを披露。週間トータルでは回収率111%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →KOMプロ
26(日)の勝負予想G2AJCCを◎△×的中で仕留めた先週は、他にも同中山12R4歳上2勝クラス、同京都3R3歳未勝利、25(土)小倉12R脊振山特別などで好回収的中をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →金子京介プロ
25(土)中山8R4歳上2勝クラス、26(日)中山5R3歳未勝利などの的中をマークすると、同中山8R4歳上1勝クラスでは、「好調キープ、トモ腰安定」評価の○フィストバンプ、「結構良い形。芝しか無理な血統だが返し馬まとも」と評した△ライトカラカゼの予想で、計12万1590円払戻しのスマッシュヒットを記録。週間トータル回収率130%を達成しています。
 
 
 
この他にも、導師嵐山プロ(145%)、ゼット1号プロ(111%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
また、プロテスト最終審査参加者からは、Umavishさん(201%)、馬っしぐらさん(120%←2週連続週末プラス)、内田の予想さん(115%)、西野圭吾さん(108%←3週連続週末プラス)、ゆめさん(101%)らが、プラス収支で最後の竜門ラスト1週へと進めています。
 
 
 
 
今週も「プロ予想MAX」にぜひご注目下さい。

[もっと見る]

パラスアテナの口コミ


口コミ一覧
閲覧 19ビュー コメント 0 ナイス 0

こんばんわ明日7/5単複王です
No.456 阪神 9レース 兵庫特別(2勝クラス)  芝 2400m ◎ ヒートオンビート ◯ メロディーレーン
No.457 阪神 10レース 西脇特別(2勝クラス)  ダート 1800m ◎ ミステリオーソ ◯ ラインベック
No.458 阪神 11レース CBC賞(G3)  芝 1200m ◎ クリノガウディー ◯ タイセイアベニール
No.459 福島 9レース 南相馬特別(1勝クラス)  芝 1800m ◎ エリスライト ◯ ビバヴィットーリオ
No.460 福島 10レース さくらんぼ特(2勝クラス)  芝 1200m ◎ ドリームジャンボ ◯ シオミチクレバ
No.461 福島 11レース ラジオNIKKEI賞(G3)  芝 1800m ◎ コスモインペリウム ◯ パラスアテナ
No.462 函館 10レース 噴火湾特別(2勝クラス)  ダート 1000m ◎ トモジャスティス ◯ ガーデンコンサート
No.463 函館 11レース 巴賞(OP)  芝 1800m ◎ ブレステイキング ◯ カリビアンゴールド
No.464 函館 12レース HTB杯(2勝クラス)  芝 1200m ◎ アヌラーダプラ ◯ ウォーターエデン
つづいて
No.69 CBC賞 ◎ クリノガウディー ○ タイセイアベニール ▲ ロケット ☆ ミッキースピリット グランドロワ
No.70 ラジオNIKKEI賞 ◎ コスモインペリウム ○ パラスアテナ ▲ グレイトオーサー ☆ サクラトゥジュール ベレヌス
明日7/5のメインレースは
阪神 11レース CBC賞(G3) 芝 1200m
福島 11レース ラジオNIKKEI賞(G3) 芝 1800m
函館 11レース 巴賞(OP) 芝 1800m
です
CBC賞(G3) ◎ クリノガウディー ○ タイセイアベニール ▲ ロケット ☆ ミッキースピリット グランドロワ
ラジオNIKKEI賞(G3) ◎ コスモインペリウム ○ パラスアテナ ▲ グレイトオーサー ☆ サクラトゥジュール ベレヌス
巴賞(OP) ◎ ブレステイキング ○ カリビアンゴールド ▲ レッドサイオン ☆ ベストアプローチ ドゥオーモ
https://youtu.be/Ad_6kSN5wd0
よろしくお願いします

 浪花のクマ 2020年7月4日() 21:57
ラジオNIKKEI賞/CBC賞最終決断
閲覧 99ビュー コメント 0 ナイス 2


ラジオNIKKEI賞 GⅢ
◎ ⑫ ルリアン
〇 ⑨ パラスアテナ
▲ ⑧ グレイトオーサー
△ ⑤ サクラトゥジュール
× ⑩ コスモインペリウム
☆ ⑪ パンサラッサ

◎骨折明け後、圧勝連発で2連勝のルリアンが軸
〇福島で実績あり、連勝でここへ、パラスアテナ
が対抗・・

馬単
⑫⑨⇒⑫⑨⑧⑤⑩⑪


11R CBC賞 GⅢ
◎ ⑬ ミッキースピリット
〇 ⑦ クリノガウディー
▲ ⑨ タイセイアベニール
△ ⑪ アウィルアウェイ
× ⑧ ロケット
☆ ⑩ ショウナンアンセム

◎あれよあれよの3連勝、勢いならミッキー
スピリットが1番・・
〇58Kも最強の1勝馬なら・・クリノガウディー
が相手・・

馬単
⑬⑦⇒⑬⑦⑨⑪⑧⑩

[もっと見る]

 una_una 2020年7月4日() 19:43
2020ラジオNIKKEI賞
閲覧 85ビュー コメント 0 ナイス 1

2020ラジオNIKKEI賞
◎4コンドゥクシオン
○9パラスアテナ
▲12ルリアン
×5サクラトゥジュール
△10コスモインペリウム

[もっと見る]

⇒もっと見る

パラスアテナの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
6:
  fc0703d559   フォロワー:0人 2020年7月4日() 23:52:46
自在。前走強い勝ち方。
5:
  fc0703d559   フォロワー:0人 2020年7月4日() 19:49:33
予想神。そこを見せてない。
人気だとマイナス。
4:
  fc0703d559   フォロワー:0人 2020年7月4日() 19:40:55
相手まで。

⇒もっと見る

パラスアテナの写真

投稿写真はありません。

パラスアテナの厩舎情報 VIP

2020年7月5日ラジオNIKKEI賞 G3
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

パラスアテナの取材メモ VIP

2020年5月23日 カーネーションカップ 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。