セルバーグ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
セルバーグ
セルバーグ
セルバーグ
セルバーグ
セルバーグ
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2019年4月12日生
調教師鈴木孝志(栗東)
馬主桑畑 夏美
生産者前谷 武志
生産地新ひだか町
戦績18戦[5-0-4-9]
総賞金10,888万円
収得賞金4,450万円
英字表記Selberg
血統 エピファネイア
血統 ][ 産駒 ]
シンボリクリスエス
シーザリオ
エナチャン
血統 ][ 産駒 ]
キンシャサノキセキ
エンジェルシード
兄弟 ギーロカスタルエナジーボーイ
市場価格
前走 2024/02/18 小倉大賞典 G3
次走予定

セルバーグの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師



馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
24/02/18 小倉 11 小倉大賞典 G3 芝1800 165918.8103** 牡5 57.0 今村聖奈鈴木孝志 442
(+2)
1.45.4 0.336.8エピファニー
24/01/06 京都 11 スポ京都金杯 G3 芝1600 185920.61113** 牡5 57.0 松山弘平鈴木孝志 440
(+4)
1.35.0 1.236.7⑥⑥コレペティトール
23/11/19 京都 11 マイルCS G1 芝1600 16713153.51216** 牡4 58.0 松山弘平鈴木孝志 436
(+4)
1.34.8 2.336.5ナミュール
23/08/13 新潟 11 関屋記念 G3 芝1600 173513.778** 牡4 58.0 吉田豊鈴木孝志 432
(0)
1.32.7 0.634.4アヴェラーレ
23/07/23 中京 11 中京記念 G3 芝1600 163616.681** 牡4 55.0 松山弘平鈴木孝志 432
(-4)
1.33.0 -0.335.6ディヴィーナ
23/06/17 阪神 11 米子S (L) 芝1600 138126.9212** 牡4 57.0 松山弘平鈴木孝志 436
(-2)
1.33.5 1.836.5④⑥メイショウシンタケ
23/03/26 阪神 11 六甲S (L) 芝1600 15234.624** 牡4 57.0 今村聖奈鈴木孝志 438
(0)
1.35.9 0.434.8⑨⑨サヴァ
23/02/19 阪神 10 武庫川S 3勝クラス 芝1600 14466.331** 牡4 58.0 岩田望来鈴木孝志 438
(0)
1.34.0 -0.234.3サマートゥリスト
23/01/29 中京 12 4歳以上2勝クラス 芝1600 9662.911** 牡4 54▲ 今村聖奈鈴木孝志 438
(+8)
1.32.9 -0.434.0トゥードジボン
22/11/06 阪神 12 3歳以上2勝クラス 芝1600 9224.833** 牡3 53▲ 今村聖奈鈴木孝志 430
(-2)
1.32.8 0.234.8ルージュスティリア
22/10/10 阪神 9 3歳以上1勝クラス 芝1800 11665.741** 牡3 51★ 今村聖奈鈴木孝志 432
(+4)
1.45.3 -0.234.9トゥデイイズザデイ
22/09/24 中京 7 3歳以上1勝クラス 芝1600 164817.463** 牡3 51★ 今村聖奈鈴木孝志 428
(-2)
1.33.4 0.133.2⑥⑦⑨ルージュスティリア
22/05/01 阪神 5 3歳1勝クラス 芝1400 125613.266** 牡3 56.0 池添謙一鈴木孝志 430
(-4)
1.22.3 1.135.9⑧⑥ブッシュガーデン
22/04/16 阪神 11 アーリントン G3 芝1600 18817151.11713** 牡3 56.0 古川吉洋鈴木孝志 434
(0)
1.33.8 1.134.8⑩⑧ダノンスコーピオン
22/01/29 中京 9 白梅賞 1勝クラス 芝1600 116620.773** 牡3 56.0 古川吉洋鈴木孝志 434
(-2)
1.36.1 0.134.7カワキタレブリー
22/01/09 中京 11 シンザン記念 G3 芝1600 1581592.71111** 牡3 56.0 和田竜二鈴木孝志 436
(+8)
1.35.5 1.436.3⑤④マテンロウオリオン
21/11/06 東京 11 京王杯2歳S G2 芝1400 144638.6117** 牡2 55.0 和田竜二鈴木孝志 428
(-2)
1.22.0 0.734.6キングエルメス
21/10/17 阪神 5 2歳新馬 芝1600 163629.581** 牡2 55.0 和田竜二鈴木孝志 430
(--)
1.35.6 -0.235.3④④サザンステート

セルバーグの関連ニュース

高松宮記念2着ナムラクレア(栗・長谷川、牝5)は、キーンランドC(8月25日、札幌、GⅢ、芝1200メートル)に進む。

アンタレスS1着ミッキーヌチバナ(栗・高橋亮、牡6)は、平安S(5月18日、京都、GⅢ、ダ1900メートル)へ。3着ハギノアレグリアス(栗・四位、牡7)は、平安S名古屋グランプリ(5月6日、名古屋、JpnⅡ、ダ2100メートル)へ。

大阪杯13着ハーパー(栗・友道、牝4)は、池添騎手でヴィクトリアマイル(5月12日、東京、GⅠ、芝1600メートル)を使う。

小倉大賞典3着セルバーグ(栗・鈴木孝、牡5)は、新潟大賞典(5月5日、新潟、GⅢ、芝2000メートル)に向かう。

★モルガナイトS6着 ゾンニッヒ(栗・池江、牡6)は、函館スプリントS(6月9日、函館、GⅢ、芝1200メートル)に向かう。僚馬で阪急杯10着スマートクラージュ(牡7)は、鞍馬S(5月5日、京都、OP、芝1200メートル)へ。

★福島民報杯16着バビット(栗・浜田、牡7)は、鳴尾記念(6月1日、京都、GⅢ、芝2000メートル)へ。

★春雷S3着ヨシノイースター(栗・中尾、牡6)は、北九州記念(6月30日、小倉、GⅢ、芝1200メートル)を使う。8着シナモンスティック(美・宗像、牝5)は、函館スプリントSが視野に

【次走激アツ君メモ】フェブラリーS 内容良かったキングズソードの次走に期待! 2024年2月19日(月) 14:00




週開催の全レースVTRをくまなく見直し、着順・走破時計など、数値データだけでは判断できない“視覚的要素”を踏まえ、次走狙える馬(激アツ君)をピックアップします。


【2月17日(土)】
東京4R 3歳新馬 ダ1600m 曇 良
5番 マフィン(14番人気2着)
スタートは悪くはないが二の脚つかず。4角でも最後方と極端な競馬だったが残り200mからの脚を見る限りフロックの印象はなくむしろこのメンバーで脚力の違いは明らか。次走ある程度人気になっても走りそう。狙ってみたい。 【次走注目度:S】

東京11R 4歳上オープン G3ダイヤモンドS 芝3400m 曇 良
8番 サリエラ(1番人気2着)
金言』記事の本命。好スタートから好位を取り4番手インの経済コースを走る内容は良かった。レースが動いた4角手前で既に絶好の位置取り。直線も絶好の手応えで抜け出したが、勝ち馬に外から併せられたのが痛かった。斤量差を考えると力差は否めないが内容としては悪くない。次走どこになるかわからないが長距離ハンデ戦ならば十分渡り合える。 【次走注目度:S】

京都8R 4歳上1勝クラス ダ1400m 晴 稍重
14番 ジャーヴィス(4番人気2着)
スタートが良くないが二の脚はまずまず。それでも今日は内枠先行馬が多かったので自然と後方から。4角を回って10番手から一度外に併されて止まりかけたが残り150mあたりから二段加速して2着。勝ち馬は京都のコース形態と展開を利したが、阪神ならこの馬の持ち味がより生きるはず。次、仁川で狙ってみたい。 【次走注目度:A】


【2月18日(日)】
小倉11R 4歳上オープン G3小倉大賞典 芝1800m 晴 良
9番 セルバーグ(10番人気3着) 
金言』記事で本命にしたエピファニーの快勝だったが、レースで今後の注目馬として挙げたいのはむしろこの馬。小倉の重賞は距離を問わずゴール前一斉に入れ替わってしまう展開が少なくないがこのレースもまさにそれ。1000m通過57.2秒は後続を4馬身ちぎる一人旅で普通に考えて速すぎるが、4角の手応えを見る限り馬にまだ余裕があり、騎手も追っていない。残り200mで手応えが怪しくなり最後はかわされたが、空馬に外から来られなかったらもう少し粘れた気も。過去の成績を全てさらってみたが、とにかく逃げた時は着順が良い。この後どの戦法に落ち着くかわからないが今村騎手騎乗の時は逃げる可能性が高いので要注意だ。 【次走注目度:A】

東京11R 4歳上オープン G1フェブラリーS ダ1600m 晴 良
11番 キングズソード(4番人気5着)
勝ったペプチドナイルはお見事。こういう馬を本欄で当てたいが、なかなかこの馬の好走を予測するのは難しかった。穴はタガノビューティーと思っていたが、上位に来た馬を見ればそれぞれ頷ける要素はあった。そんななか注目したのはキングズソード。勝ち馬と中団から伸びた2着ガイアフォース以外は軒並み後ろから、と展開に乗った感はあるが、とにかくゴール前の脚が一番目立っていたのはこの馬だ。パトVで見ると直線のロスは2回あり、坂の手前で外に持ち出そうとした際に前が詰まり動けず、その後はガイアフォースが壁になり、仕方なく内に戻して再度追っている。この時わずかに判断が遅れた感があり、こじ開けてでも真っすぐ走っていれば3着はあったように思う。器用な馬ではないが力はあるので、次は大きなところではチャンピオンズCになるだろうが、狙ってみたい一頭だ。 【次走注目度:A】


(文:のら~り) 


**************************************
⇒注目馬の次走を見逃さないよう、注目ホースに登録しよう!
登録は競走馬情報ページ内「注目ホースに登録」をクリックorタップしてください。マイページ内の「設定変更」より、注目ホース情報通知メールを「受信する」に設定すれば、枠順確定時に出走お知らせのメールが届きます。
**************************************

[もっと見る]

【小倉大賞典】エピファニー 豪快差し切り重賞初制覇 2024年2月19日(月) 06:32

杉原誠人(31)=美・フリー=騎乗で、3番人気のエピファニーが重賞初制覇。中団追走から馬場の外めを通って力強く差し切った。4番人気のロングランが2着、10番人気のセルバーグが3着に入り、1番人気のアルナシームは4着だった。

エピファニー 父エピファネイア、母ルールブリタニア、母の父ディープインパクト。青鹿毛の牡5歳。美浦・宮田敬介厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は㈲シルクレーシング。戦績14戦6勝。獲得賞金1億3516万6000円。重賞は初勝利。小倉大賞典杉原誠人騎手、宮田敬介調教師ともに初勝利。馬名は「公現祭。父名より連想」。

◆杉原騎手(エピファニー1着)「ペースが速くて楽に折り合いがつきましたし、スムーズな競馬ができました。搭載エンジンはすごいものがありますね。コントロールに難しいところはありますけど、今日はコース形態、展開や馬の状態がマッチしました」

◆丹内騎手(ロングラン2着)「この馬の競馬はできました。悔しいですね」

◆今村騎手(セルバーグ3着)「最近は自分のリズムでなかったり、行きっぷり自体がひと息なこともあったようなので、きょうは気合をつけていかせました。ハイペースになりましたけど、この馬の持ち味はハイペースでも粘ってくれるところですから。勝ちたかったです」

◆鮫島駿騎手(アルナシーム4着)「いい形でスムーズなレースはできました。前を捕まえにいったぶん止まってしまいましたが、脚は使い切ってくれました」

◆幸騎手(フェーングロッテン5着)「4コーナーでカラ馬を気にしましたが、スムーズならもっと頑張れたと思います。力はある馬ですから、気持ちの問題だと思います」

[もっと見る]

【小倉大賞典】エピファニーが鋭く差し切り待望の重賞初制覇 2024年2月18日() 18:32

2月18日の小倉11Rで行われた第58回小倉大賞典(4歳以上オープン、ハンデ、GⅢ、芝1800メートル、15頭立て=ディープモンスターは出走取消、1着賞金=4300万円)は、杉原誠人騎手の3番人気エピファニー(牡5歳、美浦・宮田敬介厩舎)が道中は中団で脚をためると、直線で外から鋭く差し切りV。前走の中山金杯で1番人気に支持された期待馬が、待望の重賞初制覇を果たした。タイムは1分45秒1(良)。

1馬身差の2着には後方から追い込んだロングラン(4番人気)が続き、さらに半馬身差の3着には今村聖奈騎手との再コンビ結成で果敢に大逃げを打ったセルバーグ(10番人気)が粘り込んだ。なお、ホウオウアマゾン(8番人気)が、スタート直後に騎手が落馬し競走中止となっている。

小倉大賞典を勝ったエピファニーは、父エピファネイア、母ルールブリタニア、母の父ディープインパクトという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)シルクレーシング。通算成績は14戦6勝。重賞初制覇。宮田敬介調教師、杉原誠人騎手ともに小倉大賞典は初勝利。

杉原誠人騎手(1着 エピファニー)「ペースが速くて楽に折り合いがつきましたし、スムーズな競馬ができました。搭載エンジンはすごいものがありますね。コントロールに難しいところはありますけど、今回はコース形態、展開や馬の状態がマッチしました。いいときに乗せてもらいました」

[もっと見る]

【小倉大賞典】入線速報(小倉競馬場) 2024年2月18日() 15:25

小倉11R・小倉大賞典(2回小倉4日目 小倉競馬場  芝・右1800m サラ系4歳以上オープン)は、1番手12番エピファニー(単勝5.8倍/3番人気)、2番手11番ロングラン(単勝6.6倍/4番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連11-12(22.4倍) 馬単12-11(44.2倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2024021810020411
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【逃げ馬の作る展開から勝ち馬を見極める】小倉大賞典2024 過去に好走した逃げ馬と一致!?セルバーグは巻き返せるのか? 2024年2月17日() 17:00

小倉大賞典は小倉芝1800mで施行されるハンデ戦のG3。

波乱のイメージが強い重賞ながら、過去10年勝ち馬は1~4番人気から出ている。一方、2桁人気も計7頭馬券に絡むなど健闘。
今年は上位人気だったはずのディープモンスターが出走取消。ただでさえ、上位勢に信頼を置きづらいメンバーが多いなか、より混戦の度合いが深まった。大波乱を見られるのだろうか。過去10年のデータを使用し、勝ち馬を見極めたい。

逃げた馬の成績は【2-0-1-8】。内訳は2015年3番人気人気1着カレンブラックヒル、2017年4番人気1着マルターズアポジー、2019年14番人気3着サイモンラムセス

カレンブラックヒルは番手から道中動いてハナに立つ形。重馬場の1000m通過59秒7は楽なペースではなく、実際2・3着馬は初角2桁位置を通過している。
マルターズアポジーの年は良馬場、1000m通過57秒6だからこの馬も飛ばしている。同じように、2・3着には前半控えていた馬が追い込んだ。
馬場状態は違えど、自分の形に持ち込むとペースに関わらず強いという意味では、今年の逃げ候補筆頭セルバーグも同じ。少し楽しみが出てきた。
サイモンラムセスは当時9歳。最内枠もあり、積極策をとった。1000m通過59秒4と緩め、番手以下を離し、淡々と逃げられたのに加え、53キロも味方した。

今開催の小倉は先週からBコースへ変更。とはいえ、ラチ沿いの傷みはカバーしきれていない。ペース次第ではロスなく運んだ先行馬も残ったが、特に直線は外に進路を求める騎手が多く、外が伸びやすい。このあたりも念頭に置くべきだろう。

小倉芝1800mのスタートは、スタンド前の直線にある。平坦からすぐに上りとなり、かつ1コーナーまで272mと短いため、形状的にはペースが上がりにくい。
上りは2コーナーまで続き、そこからは下りと平坦の組み合わせ。前半はゆったりと走り、後半は負荷が少ないとなれば、基本的には前に利が出る。

逃げ馬に注目すると、久々に今村騎手に手が戻ったセルバーグがいる。一応、フェーングロッテンもいるが、近走の行き脚を見るとハナに立つ率は低そう。
セルバーグは昨年の中京記念勝ち馬。この時は松山騎手の騎乗、3枠6番から押していき、テン1ハロンは12秒3。道中もペースを緩めずに押し切っており、2・3着馬は初角2桁位置から追い込んできた。
その後、関屋記念はスローペースの逃げで8着、マイルCSはハイペースの番手で16着、前走の京都金杯は逃げ馬が飛ばす展開を6番手から13着。噛み合わない競馬が続いている。
今回はハナを叩けそうなメンバーとなり、施行が重なり時計がかかるようならさらに良さそう。人気も落ちるだろうし、今回のメンバーなら頑張れないか。

セルバーグ。どう乗るのかわからないが、変わるならハナだろうし、逃げてくれると祈るばかり。中京記念のように、マイペースで淡々と運べばなかなかしぶとい。後に中京記念2着ディヴィーナは府中牝馬S(G2)を勝ち、4着馬ウイングレイテストはスワンS(G2)を勝っている。実績的に57キロも有利に映り、一変を期待。

馬券は◎の単勝。⑤⑩⑪への馬連・ワイド。

(文・垣本大樹)

[もっと見る]

⇒もっと見る

セルバーグの関連コラム

閲覧 1,582ビュー コメント 0 ナイス 5



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。


最新版公開中! 本稿掲載重賞含む、その他の注目競走見解はコチラ『週末メイン「1点」分析EXTRA編』で!


<次週の特選重賞>

G3 関屋記念 2023年08月13日(日) 新潟芝1600m外


<ピックアップデータ>

【性が牡・センだった馬の、馬齢ならびに前走の馬体重別成績(2017年以降)】
○馬齢が5~6歳、かつ前走の馬体重が480kg以上 [4-3-2-20](3着内率31.0%)
×馬齢が4歳以下・7歳以上、もしくは前走の馬体重が480kg未満 [0-0-1-41](3着内率2.4%)

 基本的に牝馬が強いレース。性が牝の馬は2017年以降[2-3-3-18](3着内率30.8%)とまずまず堅実でした。一方、性が牡・センだったにもかかわらず3着以内となった馬の大半は、馬齢が5~6歳、かつ前走の馬体重が480kg以上。馬格のない牡馬や高齢の牡馬だけでなく、4歳以下の牡馬もあまり上位に食い込めていません。

主な「○」該当馬→サクラトゥジュールラインベック
主な「×」該当馬→カワキタレブリーセルバーグ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“前年以降の、JRAの、今回と同じ距離のレース”において“着順が2着以内、かつ4コーナー通過順が5番手以内”となった経験がある」馬は2017年以降[5-6-4-31](3着内率32.6%)
主な該当馬→カワキタレブリーセルバーグラインベック

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2023年7月28日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】助かる2場開催と3場開催の心得/クイーンS展望
閲覧 1,289ビュー コメント 0 ナイス 1

先週こちらで取り上げた中京記念セルバーグがスッと先手を取るとそのまま押し切り勝ち。後続勢の追い上げを完封した。

決して馬場状態は良くなく逃げ先行勢が有利とはいえなかったが、セルバーグ自身はタフな馬場をまったく苦にしないタイプ。その持ち味を存分に生かした逃げ切り勝ちだった。2着ディヴィーナは強敵相手のヴィクトリアマイル好走がフロックではないことを証明した。こちらは父モーリス、母ヴィルシーナともに成長力がありそうで、今後さらに力をつけて行きそうだ。デムーロ騎手とも非常に手が合うように思う。3着ルージュスティリアは川田騎手が騎乗し始めてからより一層掛かる面がキツく出てしまっている。繊細な騎乗をする福永騎手が上手く制御していた面もあるので、この新コンビは少しミスマッチという気も…。今のままだと今後も展開や枠順などのハマり待ちのようなタイプになってしまうかもしれない。

というわけで、これで夏の中京&福島開催は終わり、今週からは新潟開催がスタート。夏の小倉開催が始まるまでの2週間はしばしの2場開催ということで、少し落ち着いて臨めそうだ。

それぞれの立場によって違うだろうが、個人的には、2場開催は集中できてありがたい。別に3場開催だからと言ってすべて追い掛けなくてはいけないわけでもないが、やはりそこにレースがあると買いたくなってしまうのは馬券好きとしては仕方ないところ。2場開催はそういう立場からすると、落ち着いてレースを観ることができるし、余計なレースを買う確率も減る。

それにしてもこれは性格なのかもしれないが、目の前でレースをやっているととりあえず何でもかんでも買ってしまうのはどうにかしたいところ。JRAにとってように思える。

たまにどうしたら余計なレースを買わなくていいのかと考えてみたりする。対処法としてはいくつかあって…

1、観ているから買いたくなるのであって余計なレースは観ない
2、なんとなく買うレースは少なめの上限金額を設定しておく
3、『馬券力の正体』を読み直してメンタルを鍛える

などが思いつくのだが、1は、そもそも私のような予想や回顧をお送りして、なおかつ場合によってはお金もいただく立場としては職場放棄に近いもので現実的ではない。

となると、2は良いかもしれない。勝負レースは何万突っ込んでもいいが、サクッと買うレースは例えば1000円まで、など決めておけば仮に外れても傷口は小さくなる。

そして忘れてはならないのが3だ。ありがたいことに読者の多くの方から、この本を読んで臨んだ今年は回収率が改善しているとご報告をいただく。というわけで、一家に一冊、まだお手元にない方は是非お買い求めください。

…というのは半分冗談だが、今週末からは強制的にいろいろ買わなくて済む2場開催を存分に楽しみつつ、次なる3場開催に向けて対策を練っていきたい。

それでは最後に先週からの狙い馬と、今週末の注目馬を。

【次走狙い馬】 7/22(土)中京5R エヴァンスウィート 1番人気3着

今回は4コーナーで外に振られて追い出しが遅れ、完全に脚余した3着。それでもラストはよく伸びていた。正直なところ誰でも気づく不利なので次走の人気面では逆に不利(過剰に人気する)だろうが、それを踏まえても素質を感じる馬。父スワーヴリチャードの産駒は総じて叩き良化型で、成長力も◎。小柄な馬体ながらパワーも感じる走りで、上手くいけばクラシック戦線に乗って来れそうな器。気は早いがオークス路線で見たい好素材、未勝利にいる馬ではないだろう。距離はもう少し延びても良さそうだ。

~今週末の注目馬~

今週はクイーンSから。

イズジョーノキセキ岩田康誠騎手)

注目はイズジョーノキセキ岩田康誠騎手。

昨年秋には重賞初制覇、さらに有馬記念でも4着に激走したが、今年に入ってからの2戦は不発。マイルは忙しい印象で、5走ぶりに全5勝中4勝を挙げる1800mに戻るのはプラスだろう。上手く脚を溜めて運べれば、久々にこの馬らしい末脚を見せてくれそうだ。

※週末の重賞の最終本命馬は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開予定です。


○TARO プロフィール

栃木県出身、競馬予想家。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。『競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書』(ガイドワークス)など著書多数。最新刊は『馬券力の正体 収支の8割は予想力以外で決まる』(オーパーツ・パブリッシング)。

[もっと見る]

セルバーグの口コミ


口コミ一覧
閲覧 153ビュー コメント 0 ナイス 4

今晩は!? いつも訪問される方々、ありがとうございます。

陽春の候、すでに花粉症の季節到来!?
我が懐からは、福沢諭吉がどんどん飛散?悲惨な状況です。 (>_

 競馬戦略研究所所長 2024年2月21日(水) 10:15
重賞回顧 小倉大賞典
閲覧 95ビュー コメント 0 ナイス 4

2024年02月18日 小倉 11R 15時20分 小倉大賞典(G3)
◎:6枠 12番 エピファニー
◯:1枠 2番 カテドラル
△:3枠 6番 アドマイヤビルゴ
△:4枠 7番 アルナシーム
△:7枠 14番 ゴールドエクリプス


所長◎のエピファニーは好位に付けるとペースが遅いとみるや、早めに進出開始。直線では馬場の良いところを選ぶ余裕を見せ着差以上の強い勝ち方。陣営が「凄いエンジンの持ち主」と語るように、ゴーサインが掛かってからの脚は一段上の重賞でも通用するもの。いよいよ本格化したと言っていいでしょう。

 2着中団からしっかり脚を伸ばしたロングラン。丹内騎手との相性もバッチリで、重賞制覇が視野に入ってきました。

 3着セルバーグは今村騎手がインで粘りを見せましたが惜しくも連対を逃しました。それでも大健闘の拍手を送りたいと思います。

[もっと見る]

 ちびざる 2024年2月18日() 16:36
【GⅢ】小倉大賞典の結果
閲覧 164ビュー コメント 2 ナイス 20

1着:⑫エピファニー
2着:⑪ロングラン
3着:⑨セルバーグ


私の本命の②カテドラルは7着でした。
1着の⑫エピファニーは無印
2着の⑪ロングランは△
3着の⑨セルバーグは無印

でした。


買い目は

ワイドボックス
②⑦⑤⑪


でしたので、予想は、ハズレました。_| ̄|○


 まずは②カテドラルに関して。
スタートは五分に出ました。
道中は後方を追走。
勝負所でペースを上げて直線へ。
直線で脚を伸ばすも7着でした。
道中の位置取りが後ろすぎましたね。
上がり三ハロン最速の脚を使っていたのがせめてもの救いでした。
小回りでおの位置ではさすがに厳しいですね。
年齢的に厳しいかもしれませんね。


 1着の⑫エピファニーついて。
スタートは五分に出ました。
道中は中団やや後ろを追走。
勝負所でペースを上げて直線へ。
直線で脚を伸ばしての勝利でした。
素質馬がローカル重賞とはいえ、ようやく重賞に手が届きました。
これで素質が開花するのか注目。
次の重賞挑戦が試金石になりそうです。

的中された方々、おめでとうございます。🎉

[もっと見る]

⇒もっと見る

セルバーグの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  HELPRO   フォロワー:2人 2023年3月26日() 15:30:16
女子が特別レースで人気に乗るなど百万年早い。男女機会均等法は職業で分けなければいつか悲劇が訪れるのでいくら何でも女子を鞍上にしてはいけない。
1:
  HELPRO   フォロワー:2人 2022年5月1日() 12:38:13
追えない癖に後方待機など片腹痛い。親お陰者は縁故が無ければただのクズと言うのが良く分かったので武豊でも称えながら助手に成れば良い。池添はもう既に弟が厩舎を開いてるのでこれ以上凡才など必要無い。兼雄の息子は凡才の証!

セルバーグの写真

セルバーグの厩舎情報 VIP

2024年2月18日小倉大賞典 G33着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

セルバーグの取材メモ VIP

2024年2月18日 小倉大賞典 G3 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。