会員登録はこちら
菊花賞 G1   日程:2018年10月21日()  京都/芝3000m

菊花賞のニュース&コラム

ウオッカの子が菊花賞へ
 名牝ウオッカの子タニノフランケル(栗・中竹、牡3、父フランケル)が19日、小倉10R西部スポニチ賞(芝1800メートル)を1分45秒4(良)の好タイムで逃げ切って3勝目(9戦)を挙げた。レース後、オーナーサイドは神戸新聞杯(9月23日、阪神、GII、芝2400メートル)から菊花賞(10月21日、京都、GI、芝3000メートル)に向かうことを明言した。
2018年8月20日(月) 05:03

 409

タニノフランケルが3勝目~神戸新聞杯から菊花賞へ
 8月19日の小倉10R・西部スポニチ賞(3歳以上1000万下、芝1800メートル)で、幸英明騎手騎乗の2番人気、タニノフランケル(牡3歳、栗東・中竹和也厩舎、父フランケル、母ウオッカ)が逃げ切って3勝目。タイムは1分45秒4(良)。2着に4馬身差をつける完勝だった。 ◆幸英明騎手「強かったですね。引っ張らずに自分のペースで運びました。最後まで止まる感じはなかったですね。こういう競馬が合っていると思います」 今後は、神戸新聞杯(9月23日、阪神競馬場、GII、芝2400メートル)から菊花賞(10月21日、京都競馬場、GI、芝3000メートル)へ。レース後にオーナーサイドが明言した。★タニノフランケルの競走成績はこちら
2018年8月19日() 15:32

 313

【古馬次走報】アルアイン、産経賞オールカマーへ
 ★香港GIクイーンエリザベス2世C5着後、休養していたアルアイン(栗・池江、牡4)は、産経賞オールカマー(9月23日、中山、GII、芝2200メートル)に北村友騎手とのコンビで臨む。 ★ダービー11着のタイムフライヤー(栗・松田、牡3)は、和田騎手で神戸新聞杯(9月23日、阪神、GII、芝2400メートル)、菊花賞(10月21日、京都、GI、芝3000メートル)の2戦に挑む。 ★関屋記念2着ワントゥワン(栗・藤岡、牝5)、4着ヤングマンパワー(美・手塚、牡6)、10着ショウナンアンセム(美・田中剛、牡5)は、京成杯AH(9月9日、中山、GIII、芝1600メートル)へ。 ★レパードSを制したグリム(栗・野中、牡3)は、白山大賞典(10月2日、金沢、交流GIII、ダ2100メートル)、日本テレビ盃(10月3日、船橋、交流GII、ダ1800メートル)を視野に入れる。 ★エルムS2着ドリームキラリ(栗・矢作、牡6)は、武蔵野S(11月10日、東京、GIII、ダ1600メートル)を選択肢に入れながら交流重賞路線も。僚馬で13着リーゼントロック(栗・矢作、牡7)は白山大賞典を視野に入れる。僚馬でダービー10着ステイフーリッシュ(牡3)は、神戸新聞杯を川田騎手、菊花賞を藤岡佑騎手で挑む。★アルアインの競走成績はこちら
2018年8月17日(金) 05:01

 269

【古馬次走報】ダイメイフジ、北九州記念かセントウルSへ
 ★1番人気に支持されたCBC賞で11着に敗れたダイメイフジ(栗・森田、牡4)は、北九州記念(8月19日、小倉、GIII、芝1200メートル)か産経賞セントウルS(9月9日、阪神、GII、芝1200メートル)の予定。僚馬で9着ダイメイプリンセス(牝5)と、葵S2着ラブカンプー(牝3)は、アイビスSD(29日、新潟、GIII、芝1000メートル)へ。 ★ラジオNIKKEI賞を勝ったメイショウテッコン(栗・高橋忠、牡3)は、菊花賞(10月21日、京都、GI、芝3000メートル)を目標に、神戸新聞杯(9月23日、阪神、GII、芝2400メートル)などの菊花賞トライアルで始動する見込み。2着フィエールマン(美・手塚、牡3)は、ノーザンファーム天栄で放牧、秋に備える。「菊花賞に向かうかは未定だが、トライアルからでは」と手塚調教師。 ★アハルテケSを勝ったサンライズノヴァ(栗・音無、牡4)は、オーバルスプリント(9月24日、浦和、交流GIII、ダ1400メートル)を視野に入れる。 ★巴賞3着ハッピーグリン(ホッカイドウ・田中淳、牡3)はSTV賞(8月11日、札幌、1000万下、芝1500メートル)へ。勝てば富士S(10月20日、東京、GIII、芝1600メートル)などが視野に。6着アングライフェン(栗・安田隆、牡6)は札幌日経オープン(8月4日、札幌、OP、芝2600メートル)へ。 ★帝王賞3着サウンドトゥルー(美・高木、セン8)は日本テレビ盃(10月3日、船橋、交流GII、ダ1800メートル)へ。 ★パラダイスS4着トウショウドラフタ(美・萱野、牡5)は関屋記念(8月12日、新潟、GIII、芝1600メートル)か朱鷺S(同26日、新潟、OP、芝1400メートル)。 ★昨秋のシリウスS9着後、休養しているマインシャッツ(栗・西浦、牡5)は名鉄杯(15日、中京、OP、ダ1800メートル)で復帰する。 ★新潟大賞典14着のロッカフラベイビー(美・鹿戸、牝6)は、関屋記念(8月12日、新潟、GIII、芝1600メートル)へ。僚馬でカーネーションCを制したゴージャスランチ(牝3)とサンスポ賞フローラS7着のレッドベルローズ(牝3)は、ともに紫苑S(9月8日、中山、GIII、芝2000メートル)へ向かう。 ★メイS10着マイネルアウラート(美・高橋裕、牡7)は、中京記念(22日、中京、GIII、芝1600メートル)へ。 ★CBC賞6着トーキングドラム(美・斎藤誠、牡8)は、今週末に北海道・日高町にある下河辺牧場に移動、夏休み。次走未定。僚馬で同13着ワンスインナムーン(牝5)は、次走未定。
2018年7月5日(木) 05:00

 558

菊花賞のニュースをもっと見る >

ただ今の時間は追い切り情報はありません。

※更新時間の目安は水曜日05:00頃となります。
(年始やG1レースで異なる場合があります)

菊花賞過去10年の結果

2017年10月22日() 京都競馬場/芝3000m 天候: 馬場:不良
1着 キセキ M.デムーロ 3:18.9 4.5倍 99.3
2着 クリンチャー 藤岡佑介 30.9倍 98.1
3着 ポポカテペトル 和田竜二 ハナ 44.2倍 98.1
2016年10月23日() 京都競馬場/芝3000m 天候: 馬場:
1着 サトノダイヤモンド C.ルメール 3:03.3 2.3倍 101.9
2着 レインボーライン 福永祐一 2 1/2 24.9倍 100.3
3着 エアスピネル 武豊 ハナ 20.5倍 100.3
2015年10月25日() 京都競馬場/芝3000m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

菊花賞のデータ分析とレース傾向

コース図京都芝3000m

「三冠」最終戦、かつ3000mの長距離戦ということもあり、トライアルを順調に使われてきた馬が強い。なかでも神戸新聞杯組が圧倒的で、2400mに生まれ変わった2007年以降、9頭もの勝ち馬を輩出。前哨戦としては極めて優秀な成績を残している。もうひとつのトライアルであるセントライト記念をステップに菊花賞を制した馬は、2015年のキタサンブラック1頭のみ。シンボリルドルフ以来31年ぶりの偉業であることからも、関連性の薄さが問われても仕方がない。だが、2009年2着フォゲッタブル(7番人気)、2012年2着スカイディグニティ(5番人気)、2017年2着クリンチャー(10番人気)など、キタサンブラック以外にも近年で勝ち負け争いを演じた馬はいる。ステップがセントライト記念だからといって、過度に不安視する必要はないだろう。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

菊花賞ステップレース

2018年9月23日() 阪神競馬場/芝2400m
2018年9月17日() 中山競馬場/芝2200m
あと26日

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

菊花賞の歴史と概要


2015年の優勝馬キタサンブラック

3歳クラシック最後の1冠。春シーズンから活躍を続ける実績馬と、夏に力をつけてきた上がり馬が頂点を争う。皐月賞日本ダービーとともにこのレースを制し“3冠馬”の称号を獲得したのは、セントライト、シンザン、ミスターシービーシンボリルドルフナリタブライアンディープインパクトオルフェーヴルと過去に7頭。春は惜敗続きだった馬による待望のクラシック戴冠や、まったく無名だった馬が一躍スターダムに駆け上がるきっかけとなった勝利など、これまで数々のドラマが繰り広げられてきてた。近年では、のちに歴史的名馬の1頭に数えられることになるキタサンブラックが、距離不安説を覆して初G1制覇(2015年・第76回)を達成したレースとして知られる。ほか、著名かつ人気のある優勝馬は、ミホシンザンメジロマックイーンビワハヤヒデマヤノトップガンゴールドシップなど。

▼1995年マヤノトップガン。直線では後続を寄せつけずレースレコード(当時)で優勝。

歴史と概要をもっと見る >

菊花賞昨年のBIGヒット予想家

去年の菊花賞を見事的中させた予想家です。
今年もBIGヒットが期待される予想家の無料予想を枠順確定から発走直前まで続々と公開します!
無料予想は 会員登録(無料)するだけでご覧頂けます。

今すぐ会員登録(無料)する!

2017年10月22日(日) 15:58更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv 95 
559,700円 559,700円
Lv 105 
3,070円 307,000円
Lv 114 
136,350円 272,700円
Lv 92 
12,360円 247,200円
Lv 109 

15,890円
10,660円
177,580円
Lv 104 
15,890円 158,900円
Lv 97 
15,890円 158,900円
Lv 97 

136,350円
10,660円
147,010円
Lv 105 

10,660円
3,730円
143,900円
Lv 93 
136,350円 136,350円
Lv 93 
136,350円 136,350円
Lv 84 
136,350円 136,350円
 

10,660円
770円
123,780円
Lv 94 
12,360円 123,600円
Lv 112 
1,110円 111,000円
Lv 91 
10,660円 106,600円
Lv 83 
10,660円 106,600円
Lv 82 
10,660円 85,280円
Lv 97 
15,890円 79,450円
Lv 104 
770円 77,000円

菊花賞の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年8月26日(
キーンランドカップ G3
新潟2歳ステークス G3

競馬番組表

2018年8月25日(
2回札幌3日目
2回新潟9日目
2回小倉9日目
2018年8月26日(
2回札幌4日目
2回新潟10日目
2回小倉10日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 マカヒキ 牡5
48,298万円
8 スマートレイアー 牝8
47,984万円
9 レッドファルクス 牡7
46,924万円
10 サウンズオブアース 牡7
46,745万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る