会員登録はこちら
菊花賞 G1   日程:2018年10月21日() 15:40 京都/芝3000m

レース結果

菊花賞 G1

2018年10月21日() 京都/芝3000m/18頭

本賞金:12,000万 4,800万 3,000万 1,800万 1,200万


レコード:3分01秒0
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 6 12

フィエールマン

牡3 57.0 C.ルメー  手塚貴久 480(+4) 3.06.1 14.5 7
2 5 9

エタリオウ

牡3 57.0 M.デムー  友道康夫 472(+4) 3.06.1 ハナ 3.6 2
3 4 7

ユーキャンスマイル

牡3 57.0 武豊  友道康夫 488(-2) 3.06.3 1 1/2 31.7 10
ラップタイム 12.8 - 11.9 - 12.5 - 12.9 - 12.6 - 12.4 - 13.3 - 13.0 - 12.8 - 12.7 - 12.8 - 12.2 - 12.2 - 10.7 - 11.3
前半 12.8 - 24.7 - 37.2 - 50.1 - 62.7
後半 59.2 - 46.4 - 34.2 - 22.0 - 11.3

■払戻金

単勝 12 1,450円 7番人気
複勝 12 450円 8番人気
9 160円 1番人気
7 600円 10番人気
枠連 5-6 1,860円 6番人気
馬連 9-12 2,380円 6番人気
ワイド 9-12 930円 8番人気
7-12 4,610円 45番人気
7-9 1,550円 18番人気
馬単 12-9 6,010円 22番人気
3連複 7-9-12 16,710円 56番人気
3連単 12-9-7 100,590円 317番人気

菊花賞のニュース&コラム

【血統アナリシス】天皇賞(秋) 本領発揮を予感させる菊花賞馬!一撃あっても不思議はない良血牝馬!
日曜日に行われる天皇賞(秋)の出走馬について、血統的な舞台適性の有無を1頭ずつシンプルに考察していきます。 予想の際にお役立てください。 ①ステファノス 祖母はマイルCS南部杯を制し、近親にもクイーンエリザベス2世S勝ち馬や米G1勝ち馬がいる。スピードとパワーに優れた牝系で、中距離がベストの印象だ。もとより本馬自身、2015、2016年と2年連続で好走しているのだから、高い適性を備えているのは間違いない。ただし、ディープインパクト産駒かつ7歳以上馬のG1における成績がイマイチ。そのあたりを勘案すると、馬券圏内までは届かないのではないか。 ②ブラックムーン 大舞台に強いニジンスキー系を母父に持つ点は悪くない。だが、一族を検証するとG1級どころか重賞級の名もまばらで、ここに入ると母系の活力で大きく見劣る印象。加えて、キングマンボを経由しない父ミスプロ系の当レースにおける成績も沈滞気味とあっては手を出しづらい。父の父エンドスウィープの持ち味である決め手を引き出すことができれば、見せ場程度は作れるかもしれないが……。劣勢は否めないだろう。 ③ヴィブロス 父サンデーサイレンス系の牝馬は天皇賞(秋)で好成績。母はヴィルシーナ、シュヴァルグランを輩出。牝系全体で見ても、シングスピールなど多数のG1馬を送り出している。活力と底力は、ここでも上位の存在と言えよう。ディープインパクト×ミスプロ系×ノーザンダンサー系の配合に、マイルG1馬のきょうだいを有する点は2014年の勝ち馬スピルバーグを想起させる。一撃あっても不思議はない血統背景の持ち主だ。 ④レイデオロ 祖母の半弟にディープインパクトを持つ良血馬。キングカメハメハ×ロベルト系という重めの配合ではあるが、その重さをミスプロの3×4のクロスで解消。各要素のバランスが絶妙の中距離型に仕上がっている。ただし、パワー重点の配合であることは間違いなく、速い上がりの瞬発力勝負では後手を踏みやすい。勝ち切るには、一定以上の持久力を必要とする競馬、あるいは自身から動いて持続質勝負に持ち込むことが絶対条件となる。 ⑤スワーヴリチャード 父は持続力に優れたハーツクライ。その父に、パワーとスピードを兼備したアンブライドルズソングの肌馬を組み合わせることで、バランス抜群の総合力を実現している。中距離以上でスピードの持続力を活かしたいタイプなので、マイル→2000mの臨戦過程はプラス。成長力に富む父ハーツクライの特徴を鑑みると、この舞台でハイパフォーマンスを見せる可能性もある。要注目の1頭だ。 ⑥マカヒキ 父は当舞台で好相性のディープインパクト。マイラー型の活躍例が多い天皇賞(秋)の特徴を鑑みると、兄姉にマイル以下を得意とするタイプが多いことも好材料だ。母父にヴァイスリージェント系を持つ馬の舞台相性も良く、潜在適性については申し分なし。持ち味のスピードを最大限に発揮できる高速決着、あるいは速い上がりの瞬発力勝負になれば、好勝負可能とみる。 ⑦アルアイン 父は天皇賞(秋)で毎年のように好走馬を送り出しているディープインパクト。一方、母父エーピーインディ系の当該コースにおける成績が芳しくない点は気がかり。加えて、スピード&パワー型である母の影響が濃いため、長い直線の決め手勝負では、どうしてもツメが甘くなりがち。そのあたりを踏まえると、前回以上のパフォーマンスを望むのは難しいかもしれない。 ⑧ダンビュライト 近親の活躍馬を見ると、アロンダイトやクリソライト、リアファル、マリアライトなど、タフなレースにマッチしたパワー&スタミナ型に偏りがち。それだけに、速い上がりの決め手勝負は分が悪い。どちらかと言えば、小回りの持久力勝負がベターの血統背景。中山→東京の臨戦過程にメリットはない。上位に食い込むには極端な馬場悪化など、多くの馬が苦にする状況にならないと厳しいだろう。 ⑨サングレーザー 父のディープインパクトは毎年のように上位入線馬を輩出。母マンティスハントの仔は軽い芝を得意にしているタイプが多い。父と母の特徴を鑑みると、相応の舞台適性を持ち合わせているものと考えられる。母父ヴァイスリージェント系の当レースにおける相性も良く、コレといった血統面のマイナス材料は見当たらない。持ち味のスピードとパワーを活かせる持続質勝負になれば、侮れない存在と言えよう。 ⑩キセキ 父は1997年の勝ち馬エアグルーヴを母に持つルーラーシップ。近親にはG1戦線で活躍した馬が多数おり、母系の活力&底力についても不足はない。持続力型×スピード型牝馬の配合をみるに、長くいい脚を使える馬が幅を利かせやすい直線の長いコースはピッタリ。キングカメハメハ×トニービンに、ディープインパクト直仔の肌馬を掛け合わせた良血馬。府中の根幹距離で本領発揮のシーンがあってもおかしくない。 ⑪ミッキーロケット 父は身体能力の高さが持ち味のキングカメハメハ。母父であるピヴォタルはブルードメアサイアーとして、欧州中心に中距離以上のG1で活躍馬を多数送り出している。パワーとスタミナに優れた配合と言えよう。ただし、サンデーサイレンスの血を内包していないため、速い上がりの瞬発力比べはイマイチ。上位進出には、血の良さを最も活かせる体力勝負の展開、あるいは馬場の出現がほしいところ。 ⑫サクラアンプルール キングカメハメハ×サンデーサイレンスという、芝の主流血統同士の組み合わせ。スピードの持続力に長け、パワーと器用さをも兼ね備えた好配合だ。半面、母母父のノーザンテーストや、ノーザンダンサーの多重クロスが濃く反映されているせいか、速い上がりを求められる競馬はイマイチ。血の良さを活かすためには、時計を要する馬場、もしくは上がりのかかる展開が不可欠となる。 ⑬アクションスター アグネスタキオン産駒の当該コースの成績が振るわない点はマイナス材料。母父にロベルト系種牡馬を持つ馬の当レースにおける相性も良いとは言えない。父方のスピードと機動力、母系から受け継いだ持続力とパワーを活かしたいところだが、加齢に伴う衰えが顕著な現状。ハイレベルの決め手を求められる東京芝のG1では厳しい。 ウマニティ重賞攻略チーム
2018年10月27日() 16:40

 4,542

【古馬次走報】フィエールマン、手塚師は有馬記念出走を示唆
 ★菊花賞を制したフィエールマン(美・手塚、牡3)は、近日中に福島・ノーザンファーム天栄へ移動。手塚師は「オーナーサイドと相談することになるが、その可能性はある」として、有馬記念(12月23日、中山、GI、芝2500メートル)出走を示唆した。菊花賞11着ステイフーリッシュ(栗・矢作、牡3)は、チャレンジC(12月1日、阪神、GIII、芝2000メートル)か中日新聞杯(12月8日、中京、GIII、芝2000メートル)を視野。 ★富士Sを勝ったロジクライ(栗・須貝、牡5)は、マイルCS(11月18日、京都、GI、芝1600メートル)に向かう。2着ワントゥワン(栗・藤岡、牝5)は、香港マイル(12月9日、シャティン、香港GI、芝1600メートル)、阪神C(12月22日、阪神、GII、芝1400メートル)、ターコイズS(12月15日、中山、GIII、芝1600メートル)の三択。僚馬で7着ヒーズインラブ(牡5)はマイルCSへ。17着ストーミーシー(美・斎藤誠、牡5)は、リゲルS(12月8日、阪神、OP、芝1600メートル)などが視野に。 ★札幌記念14着のネオリアリズム(美・堀、牡7)はマイルCSに向かう。ラジオ日本賞5着の僚馬ゴールデンバローズ(牡6)は武蔵野S(11月10日、東京、GIII、ダ1600メートル)へ。 ★ブラジルC5着ナムラアラシ(栗・牧田、牡5)は、浦和記念(11月23日、浦和、交流GII、ダ2000メートル)と名古屋グランプリ(12月24日、名古屋、交流GII、ダ2500メートル)を視野に入れる。8着ミキノトランペット(栗・大橋、牡4)は、名古屋グランプリかベテルギウスS(12月28日、阪神、OP、ダ1800メートル)を視野。 ★室町Sを勝ったオールドベイリー(栗・中内田、牡4)は、カペラS(12月9日、中山、GIII、ダ1200メートル)が視野に入る。
2018年10月25日(木) 12:02

 964

【天皇賞・秋】レースの注目点
★今年もGI馬が多数登録 豪華メンバーが揃った天皇賞・秋 今年の天皇賞・秋には15頭の登録があるが、昨年のダービー馬レイデオロ(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)、一昨年のダービー馬マカヒキ(牡5歳、栗東・友道康夫厩舎)を筆頭に、GI馬が9頭登録している(※うちワグネリアン、ディアドラは出走回避予定)。昨年の天皇賞・秋にはGI馬8頭が出走し、1番人気のキタサンブラックが勝ち、サトノクラウンが2着に入ってGI馬がワンツーフィニッシュを決めたが、今年はどんな結果になるだろうか。 過去10年の天皇賞・秋優勝馬の年齢を見ると、5歳が最多の6勝を挙げていて、2014年のスピルバーグから4連勝中。今年の古馬中長距離GIは、4歳馬のスワーヴリチャードが大阪杯を勝利したが、天皇賞・春はレインボーライン、宝塚記念はミッキーロケットが勝ち、5歳馬が連勝中となっている。さて、今年の天皇賞・秋を制すのはどの世代になるのか注目だ。★オールカマーで1年ぶりVのレイデオロ 鞍上は、天皇賞初制覇がかかるC.ルメール騎手 昨年のダービー馬レイデオロ(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)は、オールカマー(GII)で、前年の神戸新聞杯(GII)以来、約1年ぶりの勝利を挙げた。天皇賞・秋の距離が芝2000mになった1984年以降、ダービー馬は5勝、2着1回(勝率.294、連対率.353)という成績を挙げているが、レイデオロは2つ目のGIタイトルを手にすることができるだろうか。Vなら、オールカマー優勝馬の同年の天皇賞・秋制覇は史上初となる。 レイデオロを管理する藤沢和雄調教師は歴代2位の天皇賞・秋5勝を挙げており、Vなら、2014年スビルバーグ以来の6勝目となる。また、レイデオロに騎乗予定のC.ルメール騎手は天皇賞で春4回、秋8回の計12回騎乗しているが、2004年天皇賞・秋の2着が最高成績となっている。“藤沢和雄調教師&C.ルメール騎手”のコンビは、今年のJRA重賞で4勝を挙げているが、ルメール騎手は天皇賞初制覇を遂げることができるだろうか。★昨年の三冠レース優勝馬3頭がエントリー アルアイン、レイデオロ、キセキ 今年の天皇賞・秋には、昨年の皐月賞馬アルアイン(牡4歳、栗東・池江泰寿厩舎)、ダービー馬レイデオロ(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)、菊花賞馬キセキ(牡4歳、栗東・中竹和也厩舎)が登録している。同一年の三冠レース優勝馬3頭がその後同じレースで対決すれば、グレード制を導入した1984年以降では初のケースとなるが、3頭の対決はどの馬が先着するだろうか。 なお、アルアインとレイデオロは秋初戦のオールカマー(GII)で対戦し、レイデオロが1着、アルアインが2着となった。また、キセキは秋初戦の毎日王冠(GII)で3着に入っている。★約2年1カ月ぶりの復活Vなるか 武豊騎手との新コンビで挑むマカヒキ 2016年のダービー馬マカヒキ(牡5歳、栗東・友道康夫厩舎)が、約2年1カ月ぶりの勝利を目指す。同馬は2016年9月のニエル賞(G2)以来、勝利から遠ざかっているが、前走の札幌記念(GII)では、勝ったサングレーザーとハナ差の2着に入っている。2012年の天皇賞・秋では、約2年5力月の間、勝利から遠ざかっていたダービー馬エイシンフラッシュが復活Vを決めたが、マカヒキも天皇賞・秋で久々の勝利を挙げることができるだろうか。 また、マカヒキは今回、武豊騎手との初コンビで出走する予定となっている。同騎手は、昨年の天皇賞・秋をキタサンブラックで制しており、自身2度目の天皇賞・秋連覇がかかっている。武豊騎手は春8勝・秋6勝の計14勝を挙げる天皇賞最多勝ジョッキーだが、マカヒキを復活Vに導くことができるだろうか。なお、武豊騎手が天皇賞・秋でダービー馬に騎乗するのは今回が6回目で、過去5回の騎乗では3勝、3着1回と好成績を挙げてる。★大阪杯優勝馬の連覇なるか スワーヴリチャードは安田記念以来の出走 大阪杯優勝馬のスワーヴリチャード(牡4歳、栗東・庄野靖志厩舎)は、安田記念(GI)3着以来、中146日での出走となる。同馬は、今年初戦の金鯱賞(GII)で、GI2勝馬サトノダイヤモンドなどを破って重賞3勝目を挙げると、続く大阪杯(GI)では、3コーナーで早々と先頭に立ち、ペルシアンナイト、アルアインといったGI馬を退け、GI初制覇を飾った。スワーヴリチャードは初めての芝1600m戦に出走となった安田記念では3着に敗れたが、芝2000m戦では3勝、2着1回(勝率0.600、連対率0.800)と好成績を挙げている。昨年の天皇賞・秋では、宝塚記念以来、中125日での出走となった同年の大阪杯優勝馬キタサンブラックが勝利を挙げたが、スワーヴリチャードも大阪杯に続いて天皇賞・秋のタイトルを手にすることができるだろうか。Vなら、天皇賞・秋の距離が芝2000mになった1984年以降で、前走からの間隔が最も長い優勝馬となる。 なお、スワーヴリチャードに騎乗予定のM.デムーロ騎手は天皇賞・秋に5回騎乗して1勝、2着2回、3着1回という成績を挙げており、2016、17年と2年連続連対中だ。★宝塚記念で悲願のGI初制覇 昨年12着のリベンジなるか、ミッキーロケット 宝塚記念の覇者ミッキーロケット(牡5歳、栗東・音無秀孝厩舎)が、GI連勝を狙っている。同馬は3歳時、皐月賞13着、菊花賞5着とクラシックにも出走。古馬になってからも重賞戦線で出走を続け、7度目のGI挑戦となった宝塚記念で悲願のGI初制覇を遂げた。ミッキーロケットは、昨年の天皇賞・秋では12着に敗れたが、GI馬として臨む今年はどんな走りを見せてくれるだろうか。 なお、近年の天皇賞・秋では、宝塚記念以来の出走となる馬が好成績を挙げており、昨年は1~3着を“宝塚記念組”が占めている。また、ミッキーロケットに騎乗予定の和田竜二騎手は、テイエムオペラオーとのコンビで天皇賞3勝を挙げており、Vなら、武豊騎手(14勝)に次ぐ現役2位タイの天皇賞4勝目となる。
2018年10月24日(水) 15:04

 3,255

【東西現場記者走る】二千ベスト!キセキあるぞ
 1週間の密着取材で勝ち馬を探るGI連載『東西現場記者走る』。天皇賞・秋は、大阪サンスポの山口大輝記者(27)が担当し、初日はキセキに注目した。3000メートルの菊花賞を制しているが、陣営は中距離適性に自信を見せている。前走の毎日王冠3着で復調ムードは明らか。連載の3週連続的中に向けて、初日から穴馬候補を見いだした。 板津先輩の本命馬・フィエールマンが差し切った菊花賞を見た後で、栗東へ移動。いや~なプレッシャーをかけられてしまったが、いい流れをもらったと前向きに考えたい。連載の3連続的中に気合を入れて、全休日取材へ自転車を走らせた。 初日、気になったのは、昨年の菊花賞馬キセキ。GI勝利後は、香港ヴァーズ9着など思うような結果が出ていなかったが、前走の毎日王冠で3着と久々に好走した。過去に2000メートル戦では2戦2勝。淀の長丁場を制しているとはいえ、実は中距離馬ではないのか? 担当の清山助手に疑問をぶつけてみた。 「気性を考えても、それぐらい(2000メートル前後)がベストじゃないですか。乗ってもらっているジョッキーも『2000メートルが一番いい』といってくれる」 思っていた通りの答えが返ってきた。2000メートルの経験は3歳夏の2戦しかない。中京の500万下では、最速の上がり3ハロン33秒2の末脚で2馬身差V。続く、新潟の信濃川特別(1000万下)では、上がり最速3ハロン32秒9という極上の切れ味で1馬身半差の快勝だった。条件戦とはいえ、内容は抜群にいい。 ここ4戦、勝ち星から遠ざかっているが、原因はつかめている。歴史的な不良馬場となった菊花賞の疲れだ。同助手は「やっているときはそうは思いませんでしたが、菊のダメージが浮き彫りになったと思います」と回顧する。過去の不振が明らかに分かるほどの復調ぶりというわけだ。 宝塚記念8着後の放牧で「心身ともに1回リセットした」(清山助手)ことにより、毎日王冠では3着。さらにレース後も「状態はアップしています。前走は体の使い方や反応も、もさっとしていた。気持ちの乗りも問題ない」と続けた。 ここが始動戦となる有力馬が多いなか、ひと叩きして臨むのは大きなアドバンテージ。父ルーラーシップの背中も知る清山助手は「お父さんに一番似ている」と話す。2頭のダービー馬やスワーヴリチャードなどが人気を集めそうな豪華メンバー。配当面を加味すれば、菊花賞馬を軽く扱うのは失礼かもしれない。(山口大輝)東西現場記者走る 2014年の春に始まったGI限定の連載企画。東西サンスポの精鋭記者がトレセンで1週間の密着取材を行い、勝ち馬に迫る。結論を出すのはレース当日の紙面。山口記者は初めて連載を担当した16年のエリザベス女王杯で、3連単15万8930円を◎◯▲の大本線で仕留めた。昨春の安田記念も◎△◯で3連単28万3000円をヒットしている。★天皇賞・秋の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年10月23日(火) 05:04

 2,360

菊花賞のニュースをもっと見る >

【菊花賞】タイムフライヤー楽々先着81秒7
 2歳GI・ホープフルS勝ち馬で、神戸新聞杯6着のタイムフライヤーは、和田騎手を背にCWコースで併せ馬。終始持ったまま先を行くサトノファンタシー(オープン)を追いかけ、直線では内から抜き去って6ハロン81秒7-12秒2で2馬身半先着した。松田調教師は「前走は1角までに折り合いを欠いた。今回はファンの歓声がある正面スタンド前がポイント。そこをチェックしながらの追い切りで、スムーズな走りをしていたし、これなら折り合いも大丈夫」と納得していた。★菊花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年10月18日(木) 12:42

 1,403

【菊花賞】エタリオウ1勝馬初の菊制覇へ!友道師「長距離体型に」
 今年のクラシック3冠最終戦「第79回菊花賞」は、春の実績組と夏の上がり馬の実力が拮抗して激戦の様相を呈している。そんななか、“3冠トレーナー”の偉業がかかるのが友道康夫調教師(55)。次週の天皇賞・秋を予定していたダービー馬ワグネリアンこそ疲れが抜けずに回避が決まったが、その分も今週のラス冠には力が入る。ユーキャンスマイルとの2頭出しながら、人気は神戸新聞杯2着のエタリオウ。史上初の1勝馬による菊制覇なるか、その手応えに迫った。 --最終追い切りは、同じくここへ出走するユーキャンスマイルを含めた3頭併せ 友道康夫調教師「1週前にしっかりやっているので、手応えを見てもらう感じ。乗っていた助手は『真剣に走っていた』と言っていたし、見た目もそんな感じだった」 --ユーキャンには遅れた 「向こうがジョッキー(武豊騎手)で、こちらが助手の差だろうね。最後まで集中して走れていたと思う」 --秋初戦の神戸新聞杯と比較して状態面は 「前走が最後だけ脚を使う形だったので、そんなに疲れもないと思うし、使った上積みはあるよ」 --その前走は最後方からの競馬で2着 「ダービーのときにボウマン騎手が『集中力が続かないなら、最後の脚に賭けたらいい』と言っていて、そんなレースをしたら前残りのなか、0秒2差4着まで詰め寄った。それで前走もそんなレースをしたんだ」 --ダービーで馬が変わったということか 「その前の青葉賞からメンコとブリンカーを着けた。それで真面目に走るようになってきたところはある」 --ひと夏を越しての変化は 「肉体面では胴が伸びて、より長距離体型になってきたと思う」 --3000メートルに延びる点に関しては 「体型的にもそうだけど、血統的にも距離は問題ないはず。それに、真面目に走らない気性からも距離はもつと思っている」 --後ろからの競馬が板についてきた今、やはり展開がカギになる 「前に行く馬が何頭かいるし、流れてくれればいいね」 --鞍上(ミルコ・デムーロ騎手)には連覇がかかる 「もちろん、昨年の再現を期待しているよ」 --もう1頭のユーキャンスマイルは、追い切りでは武豊騎手が乗ってエタリオウに先着 「ジョッキーも『馬がしっかりして、良くなっている』と言っていた。ここを目標にしていたので、レース間隔は空いたが、じっくり調整することができた」 --こちらにも期待がかかる 「同じオーナー(金子真人HD)の昨年の3着馬ポポカテペトルと同じローテーション(阿賀野川特別勝ち)だし、馬体も成長しているからね」 --菊花賞を勝てば、史上13人目の“3冠トレーナー”となる 「ボクのことより、馬に頑張ってもらいたいね」★馬名の由来 「得たりおう」。うまく仕留めたとき、または応戦するときに発する言葉。日本古来のかけ声で、「得たりやおう」ともいう。■友道康夫(ともみち・やすお) 1963年8月11日生まれ。兵庫県出身。89年に浅見国一厩舎の厩務員としてキャリアをスタート。松田国英厩舎で調教助手となり、2001年に調教師免許を取得。02年に開業し、05年朝日チャレンジC(ワンモアチャッター)で重賞初V、08年天皇賞・春でGI初制覇。16年のマカヒキ、今年のワグネリアンで“ダービー2勝トレーナー”となった。先週までJRA通算484勝(うち重賞35勝)をあげている。(夕刊フジ)★菊花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年10月18日(木) 11:54

 1,509

【菊花賞】ミルコ菊連覇へエタリオウは「距離延びていい」
 エタリオウの手綱を取るミルコ・デムーロ騎手(39)には、菊花賞連覇の期待がかかる。Vなら菅原泰夫元騎手(1981-82年)以来、36年ぶり4人目の快挙。 昨年はキセキに跨がり、1番人気でV。神戸新聞杯でダービー馬レイデオロの2着に食い下がったあとのラス冠奪取だった。エタリオウも神戸新聞杯でダービー馬ワグネリアンの2着に迫り、「距離が延びていい」と本番への期待を口にした。 先週14日には史上43人目、現役21人目のJRA通算900勝をマークしたものの、「きのう(13日)、ルメール騎手に先を越されて残念」。“ライバル”のクリストフは秋華賞でアーモンドアイをド派手な牝馬3冠に導いたが、今週はミルコが豪快な連覇を決めるか。★菊花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年10月18日(木) 11:52

 1,236

【菊花賞】気合注入!テッコン好反応1馬身先着
 メイショウテッコンは連勝で夏のラジオNIKKEI賞を制し、強豪とぶつかった秋初戦の神戸新聞杯も3着に逃げ粘った。展開のカギを大きく握る1頭だ。栗東CWコースでメイショウタラチネを追いかけて、直線で内へ。ラスト1Fで気合をつけられると力強く末脚を伸ばして1馬身先着した。 「1回使って素軽くなっているし、息のもちもいいね。前走は1角で接触する不利があったが、道中はリラックスして走っていた。最後は甘くなったけど、よく頑張ってくれたと思う。スタミナがあるし、心肺機能も高いから、(3000メートルでも)前へ行ったほうがいい。完歩が大きいので、京都の外回りは合う」と中塚助手。積極策からの逆転を狙う。(夕刊フジ)★菊花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年10月18日(木) 11:49

 1,066

菊花賞の直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


菊花賞の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

10月21日 18:21更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv125 
600円 18,000円
Lv110 
160円 160円
Lv106 
1,550円 38,750円
Lv105 
600円 18,000円
Lv105 
16,710円 16,710円

的中情報をもっと見る >

菊花賞過去10年の結果

2017年10月22日() 京都競馬場/芝3000m 天候: 馬場:不良
1着 キセキ M.デムーロ 3:18.9 4.5倍 99.3
2着 クリンチャー 藤岡佑介 30.9倍 98.1
3着 ポポカテペトル 和田竜二 ハナ 44.2倍 98.1
2016年10月23日() 京都競馬場/芝3000m 天候: 馬場:
1着 サトノダイヤモンド C.ルメール 3:03.3 2.3倍 101.9
2着 レインボーライン 福永祐一 2 1/2 24.9倍 100.3
3着 エアスピネル 武豊 ハナ 20.5倍 100.3
2015年10月25日() 京都競馬場/芝3000m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

菊花賞のデータ分析とレース傾向

コース図京都芝3000m

「三冠」最終戦、かつ3000mの長距離戦ということもあり、トライアルを順調に使われてきた馬が強い。なかでも神戸新聞杯組が圧倒的で、2400mに生まれ変わった2007年以降、9頭もの勝ち馬を輩出。前哨戦としては極めて優秀な成績を残している。もうひとつのトライアルであるセントライト記念をステップに菊花賞を制した馬は、2015年のキタサンブラック1頭のみ。シンボリルドルフ以来31年ぶりの偉業であることからも、関連性の薄さが問われても仕方がない。だが、2009年2着フォゲッタブル(7番人気)、2012年2着スカイディグニティ(5番人気)、2017年2着クリンチャー(10番人気)など、キタサンブラック以外にも近年で勝ち負け争いを演じた馬はいる。ステップがセントライト記念だからといって、過度に不安視する必要はないだろう。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

菊花賞ステップレース

2018年9月23日() 阪神競馬場/芝2400m
天候: 馬場:
1着 3 ワグネリアン 藤岡康太 2:25.6 2.7倍 98.9
2着 2 エタリオウ M.デムーロ 1/2 4.6倍 98.4
3着 6 メイショウテッコン 松山弘平 アタマ 16.7倍 98.4
4着 8 エポカドーロ 戸崎圭太 2 1/2 2.7倍 96.4
5着 4 ステイフーリッシュ 川田将雅 1 3/4 11.9倍 95.0
2018年9月17日() 中山競馬場/芝2200m
天候: 馬場:
1着 4 ジェネラーレウーノ 田辺裕信 2:12.1 7.3倍 97.8
2着 15 レイエンダ C.ルメール 1 1/4 1.9倍 96.7
3着 2 グレイル 岩田康誠 1 1/4 19.4倍 95.6
4着 7 ブレステイキング M.デムーロ ハナ 6.9倍 95.6
5着 14 オウケンムーン 北村宏司 1 3/4 52.3倍 94.0

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

菊花賞の歴史と概要


2015年の優勝馬キタサンブラック

3歳クラシック最後の1冠。春シーズンから活躍を続ける実績馬と、夏に力をつけてきた上がり馬が頂点を争う。皐月賞日本ダービーとともにこのレースを制し“3冠馬”の称号を獲得したのは、セントライト、シンザン、ミスターシービーシンボリルドルフナリタブライアンディープインパクトオルフェーヴルと過去に7頭。春は惜敗続きだった馬による待望のクラシック戴冠や、まったく無名だった馬が一躍スターダムに駆け上がるきっかけとなった勝利など、これまで数々のドラマが繰り広げられてきてた。近年では、のちに歴史的名馬の1頭に数えられることになるキタサンブラックが、距離不安説を覆して初G1制覇(2015年・第76回)を達成したレースとして知られる。ほか、著名かつ人気のある優勝馬は、ミホシンザンメジロマックイーンビワハヤヒデマヤノトップガンゴールドシップなど。

▼1995年マヤノトップガン。直線では後続を寄せつけずレースレコード(当時)で優勝。

歴史と概要をもっと見る >

菊花賞の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年12月22日(
阪神カップ  G2
2018年12月23日(
有馬記念  G1

競馬番組表

2018年12月22日(
5回中山7日目
5回阪神7日目
2018年12月23日(
5回中山8日目
5回阪神8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
92,522万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
86,512万円
3 レイデオロ 牡4
73,559万円
4 オジュウチョウサン 牡7
55,899万円
5 スワーヴリチャード 牡4
54,047万円
6 マカヒキ 牡5
48,298万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 ファインニードル 牡5
47,828万円
9 アップトゥデイト 牡8
47,571万円
10 レッドファルクス 牡7
46,924万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
72,022万円
2 ワグネリアン 牡3
36,086万円
3 ステルヴィオ 牡3
27,773万円
4 エポカドーロ 牡3
27,016万円
5 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
6 フィエールマン 牡3
17,886万円
7 ケイアイノーテック 牡3
17,668万円
8 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
9 ルヴァンスレーヴ 牡3
16,344万円
10 エタリオウ 牡3
14,754万円
» もっと見る