会員登録はこちら
菊花賞 G1   日程:2019年10月20日() 15:40 京都/芝3000m

レース結果

菊花賞 G1

2019年10月20日() 京都/芝3000m/18頭

本賞金:12,000万 4,800万 3,000万 1,800万 1,200万


レコード:3分01秒0
天候:
馬場:



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 3 5

ワールドプレミア

牡3 57.0 武豊  友道康夫 484(+12) 3.06.0 6.5 3
2 7 14

サトノルークス

牡3 57.0 福永祐一  池江泰寿 470(+8) 3.06.0 クビ 24.7 8
3 7 13

ヴェロックス

牡3 57.0 川田将雅  中内田充 490(0) 3.06.2 2.2 1
ラップタイム 12.9 - 12.4 - 12.3 - 12.6 - 12.2 - 12.2 - 12.7 - 12.7 - 12.5 - 12.8 - 12.5 - 12.0 - 12.0 - 11.8 - 12.4
前半 12.9 - 25.3 - 37.6 - 50.2 - 62.4
後半 60.7 - 48.2 - 36.2 - 24.2 - 12.4

■払戻金

単勝 5 650円 3番人気
複勝 5 180円 2番人気
14 390円 8番人気
13 120円 1番人気
枠連 3-7 610円 2番人気
馬連 5-14 4,680円 17番人気
ワイド 5-14 1,460円 17番人気
5-13 320円 1番人気
13-14 720円 7番人気
馬単 5-14 7,640円 29番人気
3連複 5-13-14 3,070円 9番人気
3連単 5-14-13 23,510円 70番人気

菊花賞のニュース&コラム

【菊花賞】ワールドV!武豊が史上初3元号GI制覇
 3歳クラシック3冠の最終戦となる菊花賞が20日、京都競馬場で18頭によって争われ、3番人気のワールドプレミアがGI初制覇。鞍上の武豊騎手は史上最多記録を更新する5度目のVで、「50歳7カ月6日」の史上最年長V、『昭和、平成、令和』と史上初の3元号GI制覇と、記録ずくめの勝利となった。1番人気のヴェロックスは直線で伸びを欠いて3着に終わった。 大歓声に迎えられ、千両役者が先頭でゴールに飛び込んだ。不遇の春を乗り越え、菊の大輪を咲かせたのはワールドプレミア。手綱をとった競馬界のレジェンド・武豊騎手は、馬をたたえた。 「枠もよく、勝てるレースをしようと思っていましたし、いいレースができました。一生懸命走ってくれましたね」 ポンと好スタートを決めると、〔3〕枠(5)番を生かしてラチ沿いを追走。スタミナを温存しつつ、中団前めを進んだ。2周目の3、4コーナーでもグッと我慢し、勝負の直線へ。内めを突いてラスト1ハロン手前で先頭に立つと、2着サトノルークスの猛追をクビ差でしのぎきった。検量室に引き揚げる直前、馬上の名手は右手で小さくガッツポーズ。6戦全てでコンビを組んできた相棒をVに導き、喜びもひとしおだ。 同騎手にとってはディープインパクトで無敗の3冠を成し遂げた2005年以来14年ぶりで、最多記録を更新する5勝目。1988(昭和63)年にスーパークリークで最年少V(19歳7カ月23日)を決め、今回は50歳7カ月6日の最年長記録を樹立した。「決められてうれしかった」。『昭和・平成・令和』と3元号でのGI制覇という空前絶後の記録も、令和元年で成し遂げた。 コンビを組んでGIを7勝したディープインパクトが7月に急死。“喪中”ともいえる同じ年に、ディープの子で菊を制覇。「そういう意識はありました。ディープの後押しもあったと思います」と感慨にふけった。 春は皐月賞の優先出走権をつかみながら、ソエなどでGIを断念。全ては秋の実りのためだった。前走から12キロ増の馬体重も成長の証し。名手は「走りが良くなって、全身を使えるようになっています。稽古をしっかりやれての馬体重(増)。ようやく本格化したかな」と目を細めた。 これまで皐月賞、日本ダービーを制している友道調教師にとって、菊花賞は13頭目の出走で初V。史上13人目の3歳クラシック3冠完全制覇に「ジョッキーがうまかったですね」と最敬礼だ。 ちょうど1年前。菊花賞当日の新馬戦で勝利を収め、競走馬のキャリアをスタートさせた。回り道はしたが、やっとたどり着いた栄光。“世界規模での上映会”で描かれる夢は、果てしなく広がっていく。 (山口大輝)★アラカルト ○…春クラシック不出走馬の勝利 2017年(キセキ)、18年(フィエールマン)に次ぐ3年連続23頭目。 ○…神戸新聞杯3着馬の勝利 14年(トーホウジャッカル)以来5年ぶり7度目。 ○…武豊騎手 5勝は自身の記録を更新する歴代最多勝。50歳7カ月6日での勝利は、伊藤勝吉元騎手の48歳9カ月23日を更新する最年長記録。同騎手は19歳7カ月23日の最年少優勝記録(1988年スーパークリーク)も持っている。3元号での重賞勝ちは史上初でGIは昭和1勝、平成75勝、令和1勝。JRA・GIはフェブラリーS(インティ)に次ぐ今年2勝目で通算77勝目。 ○…友道康夫調教師 13頭目の挑戦で初勝利。これまでの最高着順は2012年(スカイディグニティ)、18年(エタリオウ)の2着。JRA・GIはNHKマイルC(アドマイヤマーズ)に次ぐ今年2勝目で通算12勝目。 ○…ディープインパクト産駒 2年連続3勝目。JRA・GIは日本ダービー(ロジャーバローズ)に次ぐ今年6勝目で通算51勝目。 ○…馬主・大塚亮一氏 初挑戦で初勝利。JRA・GIは延べ6頭目の出走で初勝利。これまでの最高着順は17年、18年エリザベス女王杯(ともにクロコスミア)の2着。JRA重賞は通算2勝目。★入場&売り上げ 菊花賞の売り上げは162億9025万3800円で前年比88・3%の大幅減となった。今年の平地GIは15レースで、売り上げ減は6レース目。なお、入場者は5万5452人で前年比100・7%の微増だった。ワールドプレミア 父ディープインパクト、母マンデラ、母の父アカテナンゴ。黒鹿毛の牡3歳。栗東・友道康夫厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は大塚亮一氏。戦績6戦3勝。獲得賞金1億9472万9000円。重賞は初勝利。菊花賞は友道康夫調教師が初勝利、武豊騎手は1988年スーパークリーク、96年ダンスインザダーク、2000年エアシャカール、05年ディープインパクトに次いで5勝目。馬名は「世界規模での上映会を目指して」。★20日京都11R「菊花賞」の着順&払戻金はこちら
2019年10月21日(月) 05:06 NEW!

 280

【菊花賞】大塚亮一オーナー、初のGI制覇「長かった」
 3歳クラシック3冠の最終戦となる菊花賞が20日、京都競馬場で18頭によって争われ、3番人気のワールドプレミアがGI初制覇。鞍上の武豊騎手は史上最多記録を更新する5度目のVで、「50歳7カ月6日」の史上最年長V、『昭和、平成、令和』と史上初の3元号GI制覇と、記録ずくめの勝利となった。 ワールドプレミアの生産者、ノーザンファームは昨年のフィエールマンに続く連覇。吉田勝己代表(70)は「いいレースでしたね。良発表だけど時計のかかる馬場でしたし、そのなかで鞍上もうまく乗ってくれました」と頬を緩めた。 馬主の大塚亮一氏(44)=大塚総合税理士法人代表=にとっては、うれしい初のGI制覇。「長かった。29年越しですから」。高校時代の1990年、オグリキャップのラストランとなった有馬記念を見て武豊騎手に感化され、JRA騎手を目指すも不合格に。それなら…と、次は「馬主になって武豊騎手に乗ってもらおう」と誓った。初めて所有したカルテブランシェ(2007年産)の背中にいたのは、まさにその人。今回、初のビッグタイトルをプレゼントしてくれたのも同じレジェンドだった。「(騎乗依頼を)断られるまでユタカさんで行こうと決めていました。本当に良かった」と喜びをかみしめた。 現在2歳の半弟ヴェルトライゼンデ(父ドリームジャーニー)は、栗東の池江厩舎から9月1日にデビューし、見事に勝ち上がった。1歳はおらず、今年ロードカナロア産駒の牝馬が誕生している。また、母のお腹にはリアルスティールの子が受胎中だ。★20日京都11R「菊花賞」の着順&払戻金はこちら
2019年10月21日(月) 05:05 NEW!

 432

【菊花賞】サトノルークス、祐一悔し2着
 8番人気のサトノルークスは、序盤は後方待機。最後の直線では外めを通り、メンバー最速タイの上がり(3ハロン35秒7)を駆使したが、勝ち馬をクビ差で捕らえられず2着だった。 福永騎手は「ヴェロックスを見ながら進みました。4コーナーを回るときは思い描いていた通り。直線でも伸びてくれましたが、さらに内に1頭いましたね」と悔しそうな表情。春は皐月賞14着、日本ダービー17着ながら、ひと夏で成長。「長距離への対応もできたし、来年はもっと良くなる」と前向きにまとめた。★20日京都11R「菊花賞」の着順&払戻金はこちら
2019年10月21日(月) 05:04 NEW!

 327

【菊花賞】ヴェロックス、伸び負け3着
 1番人気のヴェロックスは5番手付近から正攻法も、距離の壁に泣いた。直線では内をついたワールドプレミアとの叩き合いに敗れ、外からきたサトノルークスにも差されて3着。川田騎手は「位置取りもよく、リズムもよく走ってくれました。ただ、3000メートルが長かったといわざるを得ない直線の苦しさでした」と語り、中内田調教師も「(勝ち馬に)伸び負けていた。距離なのかな」。皐月賞2着、日本ダービー3着に続く惜敗に、師は「まだ3歳、成長してくれそう」と来年に目を向けた。★20日京都11R「菊花賞」の着順&払戻金はこちら
2019年10月21日(月) 05:04 NEW!

 257

菊花賞のニュースをもっと見る >

【菊花賞】ヴェロックス完璧11秒6
 皐月賞2着、ダービー3着と春2冠で世代の頂点を争ってきたヴェロックスは、栗東CWコースで単走。ゆったりと行き出し、半マイル過ぎから徐々にペースを上げると持ったまま直線へ。反応を見るように軽く気合を入れられると、それだけでしっかり前を向いた。余力たっぷりにラスト1Fを11秒6(6F85秒4)で駆け抜け、申し分のない仕上がりだ。 「折り合って、そこで反応できるかどうか、確かめました。スムーズだったのでラストはサッと。6F83~85秒台のつもりだったし、予定どおりですね」と猿橋助手。 神戸新聞杯は皐月賞馬サートゥルナーリアの2着。スローからの追い比べと、不向きな展開で敗れたが、ダメージなくこられた。「乗り込みは十分。自分のタイミングでスイッチが入るし、折り合えば長くいい脚を使ってくれますから」。春2冠の勝者が不在なら、V最有力のポジションにいることは間違いない。(夕刊フジ)★菊花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年10月17日(木) 11:48

 1,532

【菊花賞】レッドジェニアル高橋忠師手応え
 レッドジェニアルは神戸新聞杯で4着。上位とは離されたが、京都新聞杯勝ちの京都ならチャンスはあるか。栗東CWコースでクリノオウジャを1馬身追いかける流れ。4角で内に入ると、馬なりのまま馬体を合わせてフィニッシュした。 「テンションが高くなりすぎないよう、つかず離れずの併せ馬。予定どおりの調教を消化し、状態面は何の問題もない。春に比べて精神的に安定。3000メートルは未知の世界だが、いい心臓をしているので、落ち着いて臨めれば」と、高橋忠調教師は手応えを感じさせていた。(夕刊フジ)★菊花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年10月17日(木) 11:46

 1,701

【菊花賞】厩舎の話
 ヴァンケドミンゴ・犬山助手「前2走でいい脚を使った。着実に良化」 カウディーリョ・森助手「落ち着きがある。馬具でも対策をしていく」 カリボール・須貝調教師「状態はいい。ゆったり運べればここでも」 ザダル・大竹調教師「10キロ弱は絞れているので今週も馬なり。思ったとおり自ら動けた」 サトノルークス・池江調教師「ためる調教を重ねてきた。前走で力を証明。能力を出せれば」 シフルマン・松山騎手「しまい重点でいい動き。自分のリズムなら」 タガノディアマンテ・鮫島調教師「上積みは十分。うまく噛み合えば」 ディバインフォース・中嶋助手「順調にきている。スタミナは豊富」 ナイママ・武藤調教師「春とは臨戦過程が違う。内めの枠がほしい」 ニシノデイジー・ルメール騎手「3000メートルでも走れそう。雨が降っても大丈夫だと思う」 ヒシゲッコウ・上原助手「調教では本気を出さない。折り合いに問題はなく、最後に脚を使う」 ヒッチコック・中竹調教師「芝は1度だけだが柔らかい走りをする」 ホウオウサーベル・蛯名騎手「先週やったので軽く気合を乗せる程度。長丁場に不安はない」 メイショウテンゲン・池添兼調教師「体つきが大人になってきた」 メロディーレーン・森田調教師「3角過ぎからまくる自分の競馬で」 ユニコーンライオン・岩田康騎手「先週と全然違う。消耗戦になれば」 ワールドプレミア・友道調教師「坂路54秒くらいは予定どおり。初めて何の心配もなく使える」(夕刊フジ)★菊花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年10月17日(木) 11:46

 2,568

【菊花賞】ヴェロックス・川田将雅騎手会見談話
--前走を振り返って 「返し馬から力みがあって、レースでも力みが強い競馬でした。サートゥルナーリアが強かったですが、良い内容で秋初戦を終えられたと思います」--レースで見えた課題は 「春には見られなかった力む面が出てきて、次は3000メートルになるので改善しないといけないと思いました」--春のクラシック2戦を振り返って 「皐月賞はスムーズに競馬を組み立てられて、しっかり走り切ってくれました。着差以上にサートゥルナーリアの強さも感じました。ダービーは外枠で求める競馬ではなかったですが、3着までがんばってくれました。この世代で常にトップクラスの能力を示してくれています」--今回はサートゥルナーリアがいない 「皐月賞馬も日本ダービー馬もダノンキングリーもいないので、すごく注目される立場なのは重々承知していますが、ヴェロックスの競馬をしてということです。正直、もう少し早く成長できるかなと思っていましたが、成長し切れていなくて来年に良くなるのかなと思います。その中でもこれだけの結果を出せているのは、ポテンシャルの高さなのかなと思います」--京都3000メートルへの適性は 「ダービーの2400メートルを思えば、3歳世代同士なら3000メートルもこなしてくれるんじゃないかと思います。みんな初めて走る距離で、どの世代のどの馬にもいえることですが、3000メートルを走りきれるリズムで走ることが大事ですね。ただ、馬場が今週も悪くなりそうなので、その辺りがどうでるかは分かりません」--ラスト1冠がかかる 「前走後も順調に歩みを進められているので、精いっぱいの競馬をヴェロックスとともにしたいです」★ 菊花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2019年10月17日(木) 11:29

 1,299

菊花賞の直前追い切り情報をもっと見る >

プロ予想家の的中情報


菊花賞の無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

10月20日 15:38更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv120 
3,070円 30,700円
Lv114 
23,510円 23,510円
Lv113 
650円 65,000円
Lv112 
120円 12,000円
Lv110 

3,070円
3,070円
24,560円

的中情報をもっと見る >

菊花賞過去10年の結果

2018年10月21日() 京都競馬場/芝3000m 天候: 馬場:
2017年10月22日() 京都競馬場/芝3000m 天候: 馬場:不良
1着 キセキ M.デムーロ 3:18.9 4.5倍 99.2
2着 クリンチャー 藤岡佑介 30.9倍 98.1
3着 ポポカテペトル 和田竜二 ハナ 44.2倍 98.1
2016年10月23日() 京都競馬場/芝3000m 天候: 馬場:
1着 サトノダイヤモンド C.ルメール 3:03.3 2.3倍 101.8
2着 レインボーライン 福永祐一 2 1/2 24.9倍 100.3
3着 エアスピネル 武豊 ハナ 20.5倍 100.3

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

菊花賞のデータ分析とレース傾向

コース図京都芝3000m

「三冠」最終戦、かつ3000mの長距離戦ということもあり、トライアルを順調に使われてきた馬が強い。なかでも神戸新聞杯組が圧倒的で、2400mに生まれ変わった2007年以降、9頭もの勝ち馬を輩出。前哨戦としては極めて優秀な成績を残している。もうひとつのトライアルであるセントライト記念をステップに菊花賞を制した馬は、2015年のキタサンブラック1頭のみ。シンボリルドルフ以来31年ぶりの偉業であることからも、関連性の薄さが問われても仕方がない。だが、2009年2着フォゲッタブル(7番人気)、2012年2着スカイディグニティ(5番人気)、2017年2着クリンチャー(10番人気)など、キタサンブラック以外にも近年で勝ち負け争いを演じた馬はいる。ステップがセントライト記念だからといって、過度に不安視する必要はないだろう。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

菊花賞ステップレース

2019年9月22日() 阪神競馬場/芝2400m
天候: 馬場:
1着 3 サートゥルナーリア C.ルメール 2:26.8 1.4倍 103.2
2着 5 ヴェロックス 川田将雅 2.6倍 100.8
3着 8 ワールドプレミア 武豊 1 1/4 13.2倍 99.9
4着 4 レッドジェニアル 酒井学 1 3/4 22.8倍 98.5
5着 2 ユニコーンライオン 岩田康誠 クビ 41.6倍 98.5
2019年9月16日() 中山競馬場/芝2200m
天候: 馬場:
1着 8 リオンリオン 横山典弘 2:11.5 5.3倍 101.2
2着 2 サトノルークス 川田将雅 14.5倍 99.6
3着 1 ザダル 石橋脩 クビ 6.8倍 99.1
4着 16 ルヴォルグ C.ルメール 3/4 7.9倍 98.5
5着 12 ニシノデイジー 勝浦正樹 3/4 5.8倍 98.0

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

菊花賞の歴史と概要


2015年の優勝馬キタサンブラック

3歳クラシック最後の1冠。春シーズンから活躍を続ける実績馬と、夏に力をつけてきた上がり馬が頂点を争う。皐月賞日本ダービーとともにこのレースを制し“3冠馬”の称号を獲得したのは、セントライト、シンザン、ミスターシービーシンボリルドルフナリタブライアンディープインパクトオルフェーヴルと過去に7頭。春は惜敗続きだった馬による待望のクラシック戴冠や、まったく無名だった馬が一躍スターダムに駆け上がるきっかけとなった勝利など、これまで数々のドラマが繰り広げられてきてた。近年では、のちに歴史的名馬の1頭に数えられることになるキタサンブラックが、距離不安説を覆して初G1制覇(2015年・第76回)を達成したレースとして知られる。ほか、著名かつ人気のある優勝馬は、ミホシンザンメジロマックイーンビワハヤヒデマヤノトップガンゴールドシップなど。

▼1995年マヤノトップガン。直線では後続を寄せつけずレースレコード(当時)で優勝。

歴史と概要をもっと見る >

菊花賞の攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2019年10月19日(
富士ステークス  G3
2019年10月20日(
菊花賞  G1

競馬番組表

2019年10月19日(
3回新潟3日目
4回東京6日目
4回京都6日目
2019年10月20日(
3回新潟4日目
4回東京7日目
4回京都7日目
2019年10月21日(月)
4回東京4日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
88,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 サートゥルナーリア 牡3
31,176万円
2 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
3 クロノジェネシス 牝3
24,993万円
4 ダノンキングリー 牡3
24,181万円
5 ダノンファンタジー 牝3
23,621万円
6 グランアレグリア 牝3
19,878万円
7 ヴェロックス 牡3
18,521万円
8 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
9 リオンリオン 牡3
13,748万円
10 カレンブーケドール 牝3
13,594万円
» もっと見る